無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






fx商材:鬼斬りFX 特典、 あとイランイスラエルの事 メルマガから抜粋

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

    ■ゆうの月5万以上稼げるようにステップアップ■  

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


イランとイスラエルの戦争の可能性を考えます

→詳しくは編集後記で☆


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


12月の新商品です!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/
(超豪華特典付き)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





♪♪♪♪♪♪♪♪メルマガBGM♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

アマゾンっぽい音ですごい癒されます。

・:*:・(*´∀`*)・* .:・。


http://p.tl/1t8Z

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪







どうもこんにちは!

ゆうです☆



さて、ここ数日政治経済情報に関して

ちょっと扱えずじまいでしたが


今日は後記でも最近の動きを追っていきたい

と思います♪


さてさて、


それで鬼斬りFXですが

かなり人気でFX部門では

現在1位ですね!


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/
(超豪華特典付き)




さて、こちらの

為替鬼運営事務局から

あなたへのメッセージです♪


======================================
[[name1]]様、

こんにちは。



前回は

『”鬼”斬りFX』が完全オリジナルの

インジケーターである

事はお伝え致しました。



では、何故そのインジケーターで、

いとも簡単に利益をあげていけるのか?


その点をお話していきたいと思います。



まず、今世の中に多く販売されている

トレードノウハウ(インジケーターを含めてです)

がどういったものか考えて欲しいのです。



・トレンド相場で機能するトレンドフォロー(順張り)ノウハウ

・レンジ相場で機能するカウンタートレード(逆張り)ノウハウ



細かなロジックは手法によって様々ですが

ざっくりとこの2つに大別できるのはなんとなくご理解頂けるのでは

ないでしょうか?




王道のトレードノウハウのパターンは、

ざっくりこんな感じです。

——————————————–

1、今がトレンド相場か、レンジ相場かを判定して、
  その状況によって使うルールを決定。





2、トレンド判定後に、フィルターをかけて
  エントリー条件を探る。条件に合致すればエントリー。



3、エントリー条件に合致すれば、エントリーし、
  決済ポイントを待つ。
——————————————–


もちろん、具体的なトレードルールは違いますが、

大まかな流れはほぼこういった流れになります。



で、これで簡単に結果出るかというと、

現実はなかなか難しいのです。



何故か?というと、


各ステップ、程度の差こそあれ、

どうしても例外的に裁量を必要とする場面が出てきてしまうからですね。



例えば、トレンド判定の時に、

「移動平均線が十分に傾いたら・・・」

といった表現が良くあるのですが、”十分に”なんて、

あまりに抽象的過ぎて意味が分かりません。



まだまだ指摘する箇所は沢山ありますが、

何故、こういった王道と呼ばれるような手法を用いても、

誰もが結果にまで結び付かないかというと、

そこには「大きな裁量の余地」があるからですね。



為替鬼氏はこう言っています。


「そもそもこのトレンド相場・レンジ相場の判定

そのものが非常に曖昧であり、

難しいもの。


今後の相場が上がるか下がるかは誰にも分からない。」



もちろん、テクニカル指標を使い

過去のデータを参考にすることで、


ある程度の傾向を把握することができるのは、

相場の世界の常識として

存在しますが、


ただそれでも「このテクニカル指標が

この数値になったらトレンド開始の合図」という

明確な基準は相場にはありえません。



実際には、ある程度の間の値動きを振り返ってみて、

はじめてこの時期はダウントレンドが

発生していたのだなといった

事がわかるのです。


それだけではなく、

今の相場は、過去の相場のデータからは

全く予想できない値動きが、


予想できないスピードでやってくる

非常に厳しい環境となっています。



こういった背景があり、


為替鬼氏は、そのトレードにおいて、

今後の相場が上がるか下がるかといった

予想を極力排除した手法を採用してきました。



そして、今回の『”鬼”斬りFX』も、そうです。


【過去のデータを参考にしないロジックを搭載】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


実はこの『”鬼“斬りFX』、

一般的な手法とは違い、

過去のデータを全く参考にしていません。



そんな事ができるのか?!と

思われるかも知れません。



過去のデータを使わずに、

どうやって、今買うべきか売るべきかを

判定しているかというと・・



それが、『通貨間のパワーバランス』です。



これは、為替におけるあまりに当たり前とも言える

大原則ですので、

今さら言う事では無いのですが、


例えば、ユーロ米ドル(EURUSD)のレートが

どうやって決まっているのか?という事に

大きなヒントが隠されているのです。



「ユーロ米ドル(EURUSD)は、

ユーロと米ドルのパワーバランス(需給関係)によって

レートが決まる。」


もの凄い当たり前の話です。


なので、既にFXをやられている方は、

驚かれたかもしれません。




ただ、重要なのは、

この大原則が為替の世界を支配している

という事実と、


その力を上手く手法に活用できれば、

非常に高い精度で勝てるということです。



ではこの通貨間のパワーバランスが

一目で視覚的に分かったら

どうでしょうか?



今、ユーロと米ドルの力関係が逆転した。

という事が、視覚的にわかれば?


後は、それに順じて売買するだけです。


実は、この『”鬼”斬りFX』は、

その「通貨間のパワーバランス」を視覚的に表示し、

その力関係が逆転した箇所で売買サインを出すという

非常に画期的なインジケーターなのです。



こういう話をすると、


ユーロ米ドル(EURUSD)をトレードするのに、

ユーロ円(EURJPY)と米ドル円(USDJPY)を表示していれば

済むのではないか?と思われる方がいるかもしれません。



ただ、そんな簡単ではありません。

※確認されたい方は、実際にやってみてください。



この『”鬼”斬りFX』も”ある”コンセプトに基づき、

各通貨のパワーバランスを算出しており、

そうすることによって、

最高のロジックへと昇華されているからです。



一度まとめます。




■何故『”鬼”斬りFX』が、再現性100%かというと・・


曖昧な過去のデータから予測して

売買ポイントを探っているのではなく、


今のその時の通貨間のパワーバランスが傾いた

箇所が売買ポイントとなるので、


非常に明確。




■何故『”鬼”斬りFX』が、

安定したパフォーマンスを叩けるかというと・・



為替市場を支配する大原則を利用している為、

そこに普遍的な”エッジ(優位性)”が存在するため。



となります。



非常に興味が出てきたのではないでしょうか?


本日のメールはここまでとなりますが、

これからも宜しくお願いします。

では。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/
(超豪華特典付き)


=====================


以上ですね!


通貨間のパワーバランスを見るという

ロジックは結構他でもあったのですが


実際に私も今週メタトレーダーにいれて

やってみてましたが


非常に分かりやすいインジケーターで

使いやすかったです(^^)



さて、それで

こちらの為替鬼事務局からの

直近の公式成績になります!


=========================


あなた

お世話になっております。


為替鬼事務局です。



為替鬼氏監修【再現性100%】の

投資術『”鬼”斬りFX』


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/
(超豪華特典付き)



昨日のトレード結果のご報告です。


————-<直近実績>————————

【12月1日(木)】
※トレード時間:17時~24時

・EURUSD(ユーロ米ドル)
 6戦1勝5敗
 -51pips

・GBPUSD(英ポンド米ドル)
 7戦1勝6敗
 -62pips


ここ数日、プラス終始を継続していましたが、

珍しく昨日は負け日となってしまいました。



今日に期待したいと思います。


※あまりないのですが、

相場によっては、

ロジック合わずに負けてしまう日もあります。



もちろん、これはいかなるロジックを使っても

100%絶対は無い投資ですので、当然です。


『”鬼”斬りFX』はトータルでは

継続してしっかり利益を取れるものですので、


今後も、淡々と継続してサインを

追っていきたいと思いいます。



—————————————————

では、今後とも『”鬼”斬りFX』をよろしくお願い致します。


■詳細ページはこちら

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/
(超豪華特典付き)





==================================================










■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

特典はなんと・・・


各種インジケーターや

トレードに大事な音声などを

含めた 

超豪華特典です!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さて、特典もかなり豪華になっていまして

実際にこの鬼斬りFXを補足するような

ものなのでご活用下さい!!



1商材代金を稼ぐ
~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらの方法で大体10万円くらいは簡単に
稼ぐ事ができます!なので
今回の商材の 購入代金のリスクは

こちらを実践していただくならば
ないとも言えます


ちなみに夢リタ塾というところでも
最初広告投資金を手早く作る為に
導入されている方法です



2 プロトレーダーの清水さんの

インジケーター含めた 超豪華特典です!
=======================



特典の中身すごい

「使えます」(笑)


では特別特典


ですが


これは清水さんのインジケーター
=================

とトレード手法などのまとめPDF
================


になります

。・:*:・(*´∀`*)・* .:・。

♪☆★(^^)♪☆★//




実は私これ特典見させていただいたのですが


「いい!!!」です。

インジケーターなんですけど

これは


ボリンジャーフィボナッチの

インジケーターなのですが


これが付属しており、

さらになんと取引手法が

色々PDFにまとめられていますね!!


ボリンジャーフィボのインジケーター

という「武器」の使い方を

覚えたら



あなたの人生でお金を稼ぐための

強力な武器になると思います!!!


今回の為替鬼さんの商品と

組み合わせて使っていただくのも

トレードの幅が広がるのでとても有効だと思います!


はっきりいってこの特典だけで

3万円分くらいの価値があるかもしれません(笑)


勿論今回の鬼斬りFXは

基本的にサインに従う系ではあるんですけど


それプラス裁量技術もあなたが

高められる!


ということで超お得です(^0^)/




3 「FXアズマの為替入門 実践編」
=================

さて、こちらは

私も最近個人的にお会いした方なのですが

FXアズマさんの為替入門の実践編です!

すごい役立ちます。


こちら

かなり内容が濃いので相当
運用に際して武器になるはずです

是非熟読してください!

あずまさんにわざわざ書き下ろしていただいたものですので
かなり役に立つでしょう

内容は


目次
第 一 章:FXとは?
FX(外国為替証拠金取引)とは? ………………………………………… P4
第 二 章:FXのメリット
FXのメリット ………………………………………………………………… P6
第 三 章:FXのリスク
FXのリスク …………………………………………………………………… P9
第 四 章:FXで稼ぐ秘訣
FXは統計学ということを念頭に! ……………………………………………… P12
実際に体験することで、自分の経験値となる …………………………………… P15
トレードスタイルの確立 …………………………………………………………… P16
第 五 章:ロジック
使用するテクニカル……………………………………………………………… P17
ロジック……………………………………………………………………………P18」


こんな感じ!

すごいですよね??(笑)







4FXコピートレード自動売買ソフト、シグナル配信を
    利用する際に大事な事
====================================================




さて、こちらの特典は私ゆうが

新しく8月に書き下ろしたものになります。

というのは多くの方からメールを頂く中で

メールから多くの方が


「ギャンブル的取引」でEAなどを運用していることを

感じたからです


EAを運用するのは実はこれも戦略的にやる必要があります!


私の失敗や経験をもとに
それをレポートにしました。


正直これがあるかないかで

確実に1年後に勝ってるか、退場しているか、

変わってくる内容です

(私の失敗や経験が詰まった内容です。

22ページの中にかなり大事なことが書かれています)



今回コピートレードを利用するにあたって

必ず読んでおいてください!


内容は

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

1章 コピートレードやFX自動売買ソフトの
推奨される使い方について

2章具体的にはEA群はどのように運用するべきか?

3章EA、コピートレード、シグナル配信共通の
重要な考え方

4章運用に際して非常に大事なこと

最後に

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
になります!

ほんとにあなたの長期的な結果を確実に左右する
重要な内容なので
是非読んでください


私自身コピートレードなりEAで失敗してきた体験を

元に書きあげたものなので

はっきりいってめちゃくちゃ大事です



自分が昔失敗する前にこういう特典があれば

失敗しなかったろう・・と書き上げた後に

思いました(笑)


http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/




5不況を生き残る
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こちらは現在数千円で売られているE-BOOKです!

こちらは[[name1]]様がこれから不況を生き残る上で

相当役立つはずです!





6アマゾンのサイト作成ツール「メンフィス」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こちらはアフィリエイトツール開発の

チーム478さんから提供いただきました!


amazonのサイト作成ツール
と操作マニュアル25ページになります!





7 絶対に知っておくべき
アフィリエイターのバナー作成方法
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アフィリエイトで欠かせない
バナーの作成方法です!
実践的になっていますので
かなりアフィリエイトされている方は

役立つはずです!






8トップアフィリエイター

ひろと と 椿の音声対談

「アフィリエイト後発組でも実績を出すための

3つの極意」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



1後発組でも稼げるようになった具体的手法

2ブログとメルマガの連動方法

3稼げるブログ構築手法など


が語られています!



9モチベーションを保って成功するためには
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こちらも今大体2000円前後で売られているE-BOOKですが

内容はかなり役に立つと思います

モチベーション維持は成功のためには

必須でしょう!


10 9800円で売られている伝授からベルさんの動画
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、これは今9800円で売られている伝授から

ベルさんの動画です!


こちらかなり面白い手法なので

結構収益に結び付けやすいと思いますので

参考にしてください!




11 FX確定申告
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、FXで利益があがったら確定申告が

必要です

この確定申告で

経費で落とせるものややり方などが

記載されているので


利益があがった後重宝する特典です!


12トライ&エラー音声
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こちらはトライ&エラーという大変重要な考え方の

音声です


日本人は失敗を恐れます。

しかしその考え方では一生成功できません。


私自身が実際に体験してきて

確実な考え方です


マインドセットとか、格好つけて言う人がいますが、

これだけ知っておけば 長期的には

うまくいくようになります



13松下誠の7ルールの法則
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さて、超有名投資家の松下誠さんの

7ルールという音声とPDFです

これだけで人によっては10万円以上の価値があります

(私はこの知識だけでゆうに10万円以上は結果が上向いてます)


これは大変重要なファイルですから

確実にきいてください!



14トップアフィリエイターのセミナー動画
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

月数百万円を稼ぐアフィリエイターの

セミナーの動画です!

はっきりいってすごいこといいまくってます(笑)


冗談抜きで今アフィリやってる方とか

収益上がっていない方には

これだけで10万円の価値があるといっても過言では

ないです、ほんと。

http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/



14PPC動画
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これはPPC関係の動画です。

PPCって何??って方はご覧ください


PPCもFXと同じようにある程度勉強して

時間をかけていただければ

効率的に稼げる お金稼ぎの方法です

(投資として考えるといいです)


「お金に働いてもらう」のがPPCです。

是非ご覧ください!

はっきりいってこの特典だけで

数万円以上の価値を感じる方も

多いようです(笑)


http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/


=======================


以上になりますね!!


特典に関しても

また別の手法のインジケーターなどが

入っていて

はっきりいって

すごい得になっていますので


是非ご活用くださいね!


裁量技術も磨けるような特典になっています!!

(^^)


為替鬼さんの

鬼斬りFXですが

今インフォトップも上位で


みなさんからかなり

評判ですので

あなたも是非チェックしてみてくださいね~




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



鬼斬りFX

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/

(豪華特典の対象です!)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





======編集後記========

さて、最近結構国際政治の動き

さらには

大阪都構想など


政治が動き出している感じですね~


ちなみにどうやら橋下さんの背後では

小沢一郎さんが

仕切っており維新の会の今後を

仕切っているらしいです。


これは知っている方は

知っていると思いますが


大阪市長選挙、そして大阪府知事選挙の

ダブル選挙において

小沢一郎元代表は水面下で

バックアップしていたようです。



これは小沢さんの「別働隊」

約60人がいわゆる

隠密行動を行い成果をあげた、

といわれています。



小沢一郎さんは


「橋下君は国政選挙に打って出てくる」

ということを近くにいる人間に

どうやら言っているということです。



そして小沢さんは

「名古屋維新の会」

「東京維新の会」

など


全国各地に維新の会を

設立したうえで

地域住民の支持を拡大して


政治資金集めに力を入れるように

小沢別働隊60人の一新会



そして秘書軍団に指示しているようです。


とりあえず小沢さんは

もう既に民主党が国民の支持を得られないことを

念頭において動いており

政界大再編を念頭にして

親衛隊の

一新会を中核とする


先ほどの60人と

秘書軍団に


維新の会を設立させて

第2の受け皿作りをしているようです。



民主党が大敗したとき

いざというとき


「大阪維新の会」の橋下会長の

活動力と勢力が

大いに助けになると考えて



先手を打っているようです。


橋下氏に関しても

「あれはすごいな~

一種の才能だ、彼は国政をねらってくるぞ」

という発言もされているようです。



さて、それで小沢さんが何故ここまで

行動をしようとしているのかというと

間違いなく


イラン、イスラエルの緊張というものが

あるはずです。


小沢一郎氏は確実に日本が

戦争に巻き込まれる可能性、という世界情勢の

シナリオも描いているはずです。


さて、それでこのメルマガでは

いわゆるアメリカのネオコンだったり

米国軍産複合体のことを


長年扱ってきたわけですが
(これが分からないと日米関係は

読めませんよね)



日米関係では相当な分析力を

誇る

副島氏も


イランーイスラエル間の将来の

戦争について重たい掲示板にて

言及されてます。


引用です

==================================


件名:イランが決定的な間違いをした。 

欧米は、中東を戦場にすることで、

金融危機(世界恐慌突入)を阻止する気だ。





副島隆彦です。 

イランが決定的な間違いを犯したようだ。


イランの愚か者たちが仕掛けた首都テヘランの

英国大使館への襲撃、一時占拠の事件である。


11月29日のことだ。



これで、来年の2,3月あたりに、

イスラエルと米軍の共同での 

イランの核施設数カ所への 


おそらく戦術核

(ストラテジック・ニュークレア・ボム、超小型の核爆弾)での

バンカーバスターでの攻撃を実行するだろう。 



イランへの制裁行動は、“国際社会が容認した”という

大義名分を、このようにして、

イランは欧米に着々と作られている。




来年の2月に、イタリア国債

(世界中の強欲投資家たちの、損切り・投売りが

続いて暴落を繰り返している)の



大きな償還・借り換えの期限が来る。



その前に、さらなるヨーロッパ金融崩れを

食い止めようとして、



ヨーロッパ諸国とアメリカ合衆国は、

もう逃げられなくなった 国家債務危機、

ヨーロッパ各国国債連鎖暴落、


大銀行の連続破綻を阻止するたために、やっぱり、 

私が、10年来、主張してきた 



“戦争刺激経済 war economyウォー・エコノミー“ 

War boosts economy ! に打って出る

決定をしたようである。




転載開始
=============================


【テヘラン鵜塚健、ロンドン笠原敏彦、ワシントン白戸圭一】 

イランのイスラム体制派民兵組織「バシジ」に属する学生らが11月29日午後、

在イラン英国大使館を襲撃した事件で、イラン警察は29日夜、大使館を占拠していた学生らを退去させた。




英国のキャメロン首相は29日に発表した声明で

「イラン政府は重大な結果を見ることになる」と述べ、

イランに対する報復措置を示唆した。



オバマ米大統領も「容認できない」と非難しており、

イランの核兵器開発疑惑に端を発する

欧米とイランの緊張は一層高まっている。





 バシジはイラン体制派「革命防衛隊」傘下の

民兵組織。


警察は催涙ガスなどで襲撃を鎮圧したが、

学生らは約8時間、大使館の一部を占拠した。



革命防衛隊系ファルス通信によると、

テヘラン北部の別の英国施設にも29日午後、

学生ら約200人が侵入し、


英国人職員6人を一時拘束したが、



警察が排除し、学生ら12人を逮捕した。




 目撃者の話や国営メディアの映像によると、

英国大使館前には29日、

警官隊が配置され、群衆を押し返していた。


だが、大使館への乱入を徹底して防ぐ様子はなく、

学生らは壁をよじ登り、

イラン国旗を振るなどした。



今年3月に反政府デモに参加し、

警察に拘束された男性(45)は

「イランの警官はデモの際にはもっと強硬だ。

バシジの大使館侵入を許したようにしか見えない」と


話した。



 襲撃に加わった学生らは声明を発表し、


「イスラム革命の理念に基づき行動し、


いかなる(政治的)組織にも指示を受けていない」と主張、



「(イラン政府に)英国大使の即時追放と


対英関係断絶を求める」と訴えた。


一方、イラン外務省は29日、


「(襲撃は)許せない行為であり遺憾」との声明を

発表した。



(転載貼り付け終わり)


=============================--

副島隆彦です。

この 「イラン革命防衛隊」の学生組織(ハシジ)が実行犯だ。

わずか20名で大使館襲撃、占拠の行動している。

この動きは、背後にアフマドネジャド大統領(現職)がいて、

彼は、

過去に何度もニューヨークの国連総会での

演説のふりをして(機会をとらえて)、


CFR(シー・エフ・アール。米外交評議会)の幹部たちと

会っている。




アフマドネジャドは、アメリカの軍事狂暴派とも

つながっている。


だから、今度の、愚か極まりないイランでの事件は、

英国政府(やっぱり、過去の帝国主義者、植民地支配主義者の栄光が

忘れられない残忍な連中だ。

表面だけはい自分たちは、

温和で上品な人間たちを徹底的に装う。


それがヨーロッパ近代人 modern man だ。

内部に狂気を秘めている。


ヨーロッパ人たちは500年前に、いち早く 

modern モダンを達成したので、

同時に人類の狂気を身につけた。)



の中の軍事狂暴派は、アメリカと深く仕組んで、

このあと、イラン制裁を加速させ、


国連安保理(あんぽり)の決議をとる動きに出て、

イランへの空爆(軍事行動、懲罰行動)を実行するだろう。



大使館への襲撃と占拠は、絶対に許してはならない 

国際法のルールだ。

宣戦布告にも等しい。



アフマドネジャドたちは、決定的に、

敵の術中に嵌(はま)った。




 それに対して、イランの本当に温厚で堅実な 

ハメネイ(元大統領。イラン僧侶の

高僧アヤトラ級。

日本の小沢一郎派のような )派の勢力は、

抑えこまれている。



違法なことは一切しないハメネイたちは、

現在、深刻な状況に追い込まれているだろう。


この点で、アルル君と考えが一致した。 

帝国(覇権国)側が仕掛けている、

なんとしても戦争を避けること、こそは、



国家(民族)指導者がなによりもまず

心がけなければいけない外交の基本だ。



絶対に、イスラエルとアメリカに、

戦争突入のきっかけと口実を与えてはいけなかったのだ。



 私は、3年前に出した対談本の

「小沢革命政権で日本を救え」(日本文芸社刊)で、

対談相手の佐藤優(さとうまさる)氏に、



「あと5年ぐらいで、イスラエルとイランが

核兵器を一発ずつ撃ち合うでしょう」と予言をしたら、


佐藤氏がぎょっとしたことを覚えてる。



副島隆彦の冷酷な未来予測は、

人間たちが好むと好まざるとに関わらす、

起きるべきことを起きると予測(予言)する。


私には、長い人類の恥多き過去の事実の集積である

「歴史に学ぶ知恵」があるから

未来予測が出来る。


ただし、イランの核兵器がきちんと

完成しているのか、


標的に当たるほどの弾道ミサイルになっているのか、

どうかが、分からない。


イスラエルにとっては、先制攻撃

(プリエンプティヴ・アタック)して、


イランの、ナタンツやコムの周辺の核施設を

破壊するすることは自分たちの国家の存亡


(国家のプライマリー・アジェンダ)に関わる。


さて、イラン国内の数カ所を急襲したあと、

イスラエルの爆撃機は、どこに脱出するか。


来た道をそのまま帰ると、

かならずイランの追尾型(ガイデッド)ミサイルで

撃墜される。



ということは、


ペルシャ湾 the Gulf  ザ・ガルフ に 

浮かべている米空母に降りたり、

空中給油機の支援が必要になる。


あるいはバーレーンやオマーン国の

空港に降りるしかない。



遂に、アルジャジーラ放送局 が公然と変質を始めた。

経営陣であるオマーンの王族が

アメリカ(ヒラリー)に屈服したようだ。



リビヤ、シリア報道は大嘘だ。



イスラエル 国民わずか600万人

(このうちユダヤ人は、

350万人から400万人、

あとは同じセム族系のアラブ人など)で、



周囲を 合計10億人ほどの

アラブ人国家 ( the Arabs ジ・アラブズ)

とり囲まれている。


そしてさらにその周りを世界中で合計で

17億人(今も増えつつある)と言われる

イスラム教徒 Moslem、Muslim の国々に取り囲まれている。



 アメリカ合衆国に 700万人の

ユダヤ系市民(国民)がいる。


しかし、さらに真実は、どうも2千万人ぐらいの 

closet Jew  隠れユダヤ人 

(自分をユダヤ系とは認めないが、

混血していることは認めている)がいる。



だからアメリカ政治を彼らが動かせる。 

ヨーロッパ諸国も支配層は同じような感じだ。

彼らが金融財界を形成している。


英国政府は待ってましたとばかりに直ちに反撃に出た。



(転載貼り付け始め)


●「 ”襲撃に報復。緊迫した事態に”  

在英イラン大使館の即時閉鎖 と外交官全員の退去命令…英国 」


毎日新聞 2011年12月1日 1時01分
http://mainichi.jp/select/worl……4000c.html



【ロンドン笠原敏彦】 英政府は11月30日、

テヘランの英国大使館襲撃事件への報復措置として、

駐英イラン代理大使に対し、

在英イラン大使館の即時閉鎖と

外交官全員の48時間以内の国外退去を命じた。




 英政府はまた、テヘランの英大使館を閉鎖し、

外交官全員を国外退去させた。



両国大使館の閉鎖に伴い、英・イラン関係は

「最低レベル」に縮小され、緊迫した事態になった。



 ヘイグ英外相が議会で明らかにした。

外相は、襲撃事件の中心となった

民兵組織「バシジ」を

「イラン体制の一翼が動かす組織」だと指摘し、


「襲撃が体制の同意なしに行われたと考えるのは空想だ」と

イランを厳しく糾弾。



「事件が外交官の保護を定めたウィーン条約違反で

あることは世界の誰にとっても明白である」と述べた。



 ヘイグ外相は、サレヒ・イラン外相に電話し

「最も強い言葉」で抗議したという。



一方で、ヘイグ外相は今回の措置について


「外交関係の完全な断絶ではない。


両国の関係を最低レベルに低下させる行動だ」と説明。


外交関係を維持するのが「好ましい」理由として、

イラン核開発や人権問題などで両国の代表が

交渉する必要性を挙げた。



 ヘイグ外相によると、30日に始まる

欧州連合(EU)外相会議は、

襲撃事件や核開発問題でイランへの

「追加措置」を検討する。


英国とイランは79年2月にイランで

イスラム革命が起きて以来、

関係悪化と修復を繰り返してきた。


米国はイスラム革命後の79年11月の

米国大使館占拠人質事件を受け、


80年4月からイランとの国交を断絶している。

(転載貼り付け終わり)



副島隆彦です。 ヒラリーが、

リビアのカダフィを始末(しまつ)したあと、

今度は、ミャンマーを懐柔して、

中国に対する大きな包囲網づくりと、


ASEAN(アセアン諸国連行)

に背後から楔を打ち込む、


地政学(geopolitics ジオポリティックス 

Geopolitik ゲオポリティ―ク)の動きに出ている。



 中国とロシアは、安保理で、拒否権を使って、

イラクへの制裁爆撃に抗議し反対するだろう。


が、ここは、大きくて恐ろしい世界政治の駆け引きがあって、 「自分たち(の国境線、国防線 )に直接、関わらないのなら黙認してもいい。世界秩序を乱そうとする者は制裁を受けるべきだ」と判断するかもしれない。

 中国は、東シナ海での軍事紛争 を一番嫌がる。

戦争などしている暇はない。



今は、経済成長と国内開発で手一杯だ、と考えている。

東シナ海での戦争を、

アメリカが仕掛けるう戦略としての、 


韓国、日本、台湾(の軍事礼賛派、戦争好き人間たち、

挑発者 warmonger ウォーモンガー、

jingoist ジンゴウイスト )をけしかけて中国の 


東側(東海!)が混乱するのを恐れる。


 
 だから、中国は、


「分かった、分かった。ヨーロッパ諸国を

助けるために資金を出す

(ただし、もっと暴落してから、

イタリア国債やフランス国債を買うだろう)」



という態度に出ている。

中国のほうが、いまのところ一枚上手位である。 


中国が、困窮を始めた欧と米の挑発に乗らなければ、

中国の勝ちだ。 


私、副島隆彦が、ずっと引いてきた図式のとおりとなる。



 私が一ヶ月に書いた、自分の親友達との

やりとりのメールがある。


こういうのは、私でもあまり公開したくない。


それでも、私は、この時はさすがに腹に据えかねた。 

のちのちの記録ために、ここに、

それとなく貼り付けておきます。


こういう私が私的に書いているメールの文が

すでに2千本ぐらいはあるはずです。


私が死んでから公開してほしいと、

弟子たちに頼んでおきます。


(倉庫からの持ち出し、始め)
> From: ???@nifty.ne.jp
> To: ************
> Subject: Re: 日経の記事
> Date: Thu, 3 Nov 2011 03:42:41 +0900
>
> **くんへ
>
> 副島隆彦から
>
> 私の最新の考えを書きます。君は、

「自分は文学部歴史学科出身だから、歴史も分かる」 と 言うが、 

私、副島隆彦は、リビアのカダフィが、

10月2日にひどい殺され方(市中引き回しの上で、なぶり殺し) を

した死体の写真と、この5日間( 初七日、しょなぬか までする)と、


ずっと向き合って、拝みながら、「アメリカの恐ろしさ」をずっと 

考えていて、人類史(人間の歴史) の 

恐ろしさを、 ずっと 考えていました。


日本人も、 66年前に、ひどい 皆殺し のような 

集団殺戮の 目にあって、最後に、アメリカに 

土下座して、 命乞いをして、 

そして、今の属国・日本がある。 



今も、 お金をアメリカに 一回あたり

5兆円とか 差し出しながら生き延びている。  


これが私たちの 厳しい現実だ。 


へらへら、 笑って、 

「安住(あずみ)という 財務大臣になった男は、

見るからに馬鹿だなあ。(円高介入で) またアメリカに

7.5兆円も貢いだよ。米国債を 買わされただけだ 」


 と 言っていればいいことではない。  



 野田首相のような 連中をあやつる、

日本の財務官僚どもにしても、 

必死でアメリカ帝国に、 貢ぎ物を捧げることで、


ようやく 日本国は生き延びている、という真実があります。


そうしないと彼らだってやられる。


アメリカの言うことを聞かないと、政治家として失脚させられる。

日本の大臣たちはすべて脅されているのです。


このことを日本国民に教えるには、私だけだ。



 だから、アメリカにべったりで生きている 

日本の 支配層・富裕層 (本当の保守)という人 たちだって、 

本当は、「アメリカに逆らったら、何をされるか分からない。

おそろしいんだ。小沢一郎は 反抗的になって、

日本の(徐々の)独立なんか 言うが、これは 

日本にとっては、許されないことなんだ」 と 


本当は分かっているのです。 



 彼らが本物の大人たち(日本の支配階級の 幕閣、お奉行様たち) だから、

 アメリカのおそろしさを自分たち自身が、日常的に、

対米交渉の場で脅(おど)されてたりしているから、

肌身で 知っている人たちなのだ。そうだろう。


これで、リビアの石油は、すべて、

影の真の占領軍である アメリカ 

(だから、トリポリに、占領者のヒラリーが18日=カダフィを殺す2日前) 

飛んでいった) と、

そして、 その手先となって、 


「今にも、自分の国の三大銀行が潰れそうな」フランスと、 

イギリスが、 


「公式発表でも2万回の  NATO軍 の空爆」 で、

リビアを、自分たちの財産にしてしまった。

これが冷厳な事実だ。



 仏英は、アメリカの手先に成り下がることで、

自分の国の財政破綻の危機をこうやって、

リビアの豊かな 石油を手に入れたことで、 

分前が大きいから、これで一息つけるのだろう。


 その横の、エジプトだって、ムバラクを

“豪華な裁判”にかけて、

それで、軍政のまま、 アメリカの家来を続ける気だ。 


このあと、じわじわと、 シリアを奪い取り、 

そして、本命のイラン に 襲いかかる準備をしている。

次は、イランへの 核施設破壊の 空爆攻撃だ。 


イスラエルが絶対にやると 宣言しているから、アメリカもやる。



それが、「戦争をすることで、ぼろぼろの金融・経済をなんとかする」という 

戦争経済(war economy ウォー・エコニミー)だ。 



「中東の諸国の 民主化革命、独裁制の 打倒」 の

 今年の2月からの動きは、すべて、イスラエルと アメリカのネオコンの 

凶暴な合作 での 動きだ。 


自分たち 帝国主義(インペリアリスト)諸国は、

旧 植民地共をやっぱり 餌食にする。


そうすることで、 

今の自分たちの金融危機、財政破綻 を、

乗り切ろうとするのだ。 



 そこまで、世界は 恐ろしい現実で、動いている。 

「死肉、腐肉(ふにく)を漁(あさ)ることこそは、

残忍な 肉食獣(プレダターpredator ) の本質だ。



人間(人類) は、猿(エイプ、ape 高等猿類) の頃から、

このプレダターの一種だ。 

トルコは震えあがって動けない。 


中国 と インドと ロシアも、「自分たちが打撃を受けないのなら」

 ということで、冷酷に計算して、 

中東での戦争には、 知らん顔をしている。  


次々に、 米、英、仏に 奪い取られてゆく 

中東の小国の資源を じっと 横から見ている。 


「民衆というのは、いつも哀れなものだ」 という慨嘆しか、

私、副島隆彦には浮かばない。


**くん。 君を含めて、 目先の仕事としの、 

金融相場の 動きのことしか 頭にない人たちには、 

私のこの、厳しい、ひとりで歯噛みをする、

日本の自称国家戦略家 としての 苦しさ は、

分かってもらえないだろう。


***書店の **編集長のような、

冷酷な 体制派・保守派の人間は、 

「カダフィの殺され方を見て、一番、

ぞっとしたのは北朝鮮の 金正日だろうなあ」 と、 


ニヤニヤ笑いながら答える。


そういう真正保守人間 (どんなに卑屈でも、

アメリカの家来をやり続けつしか、

日本は生き延びれないんだよ、と考える

現実主義の人間たち) を、


私は あと数十人、自分のそばに抱えている。  


**くん。なぜ、中国の 上海閥=太子党 の 

連中が、「アメリカの 国債を、中国は買い続ける」 と 

言っているか。 


君は、其の大きな背後(の真の理由) を知っているか。 


君の頭では、 「上海閥=太子党は、 自分たちが 

ドル建ての巨額の資金を 国外に隠し持っているから、

ドルが下がると困るからだ」 で 君は、押している。


そうではないんだ。 アメリカに向かって、中国は、 

「極東=東アジアでは、戦争は起こさないでくれ。

日本や韓国を使って、けしかけて、

中国に戦争を仕掛けてくるのを、お願いだから、やめてくれ。

その代わりに、米国債を買い続けるよ。戦争だけは勘弁してよ」 


ということ、なのです。 分かりますか。 

この一点が分からなければ、ただの 金融屋だ。 


「政治(外交、軍事を含む) と 

経済(実体経済の他に、金融を含む) は

互いに貸借を取って、バランスしあうのだ」という


副島隆彦が気づいて、築いた、この理論と、 

「帝国ー属国」理論の 恐ろしいまでの貫徹を 使わなければ、

今の大きな世界史の現実も、見えない。


このことを、君に 教えておきます。 

副島隆彦の 歴史学を 甘く見ないように。


副島隆彦は、カダフィの死体の写真を5日間、

拝みながら、このように考えた。 


 私は、以上のこのような文を、 学問道場に書けなくて(

載せられなくて。いくら、私でも 会員たちを 震え上がらせるのは

好まない。 今日のぼやきに、

カダフィの死体の写真を載せることができない。困っている。 


弟子たちと相談しようと思う。


まだ30代の半ばである彼らでは、私の相談相手にはならない。 



 私は、企業の 経営者たちと同じで、いつも孤独だ。

58歳にもなると、大企業でも役員クラスだから、

人に相談して決める、

ということができなくなっています。 


頼りになる友人も癌で倒れたり、とか、

どんどん友人も少なくなってゆきます。 

どんな人にとっても、人生は厳しい。  副島隆彦拝

(貼り付け終わり)



副島隆彦です。以上が、私が、11月3日に書いた本心です。

もうほとぼりが覚めたからいいか、ということで載せます。

私の最新刊の『金・ドル体制の終わり』(祥伝社刊)を

10月26日に描き上げて、

その直後の気の緩みの時に書いた文です。 


 こういう文は私は滅多に公開しない。


副島隆彦拝

================================

以上ですね!


ということでこれは

前もメルマガで色々解説しましたが


世界、特に中東が

私達の極東の変わりに戦場になっていく


という冷酷な現状がこれから出てくる可能性がありますね。


恐らく小沢一郎はそれもにらんで

2013年を目安に


日本のためにも

権力を掴みたい

ということでしょう。


なんとも冷酷な現実ですが

これが今の世界情勢の

かなり真実に近い姿なのだ


と私も思います。


イラン、イスラエルのこれからの動きに関しては

注視していかないといけないですね。


イランもアメリカの策略どおり

戦争を始めるのか、

そんな瀬戸際になりつつあります。



ついにアメリカが

自国の経済をなんとかするため、


戦争経済を利用するために


動き出しそうな感じなので


注視しなければいけないですね~



それではまた!





■■■■■■■ゆうの名曲アルバム■■■■■■■■■

Without You (Acoustic Cover – ILYA)

http://p.tl/tHiU

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


12月の新商品です!

インフォトップでも上位で人気です♪


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/


(超豪華特典付き)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

    ■ゆうの月5万以上稼げるようにステップアップ■  

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


イランとイスラエルの戦争の可能性を考えます

→詳しくは編集後記で☆


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


12月の新商品です!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/
(超豪華特典付き)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





♪♪♪♪♪♪♪♪メルマガBGM♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

アマゾンっぽい音ですごい癒されます。

・:*:・(*´∀`*)・* .:・。


http://p.tl/1t8Z

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪







どうもこんにちは!

ゆうです☆



さて、ここ数日政治経済情報に関して

ちょっと扱えずじまいでしたが


今日は後記でも最近の動きを追っていきたい

と思います♪


さてさて、


それで鬼斬りFXですが

かなり人気でFX部門では

現在1位ですね!


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/
(超豪華特典付き)




さて、こちらの

為替鬼運営事務局から

あなたへのメッセージです♪


======================================
[[name1]]様、

こんにちは。



前回は

『”鬼”斬りFX』が完全オリジナルの

インジケーターである

事はお伝え致しました。



では、何故そのインジケーターで、

いとも簡単に利益をあげていけるのか?


その点をお話していきたいと思います。



まず、今世の中に多く販売されている

トレードノウハウ(インジケーターを含めてです)

がどういったものか考えて欲しいのです。



・トレンド相場で機能するトレンドフォロー(順張り)ノウハウ

・レンジ相場で機能するカウンタートレード(逆張り)ノウハウ



細かなロジックは手法によって様々ですが

ざっくりとこの2つに大別できるのはなんとなくご理解頂けるのでは

ないでしょうか?




王道のトレードノウハウのパターンは、

ざっくりこんな感じです。

——————————————–

1、今がトレンド相場か、レンジ相場かを判定して、
  その状況によって使うルールを決定。





2、トレンド判定後に、フィルターをかけて
  エントリー条件を探る。条件に合致すればエントリー。



3、エントリー条件に合致すれば、エントリーし、
  決済ポイントを待つ。
——————————————–


もちろん、具体的なトレードルールは違いますが、

大まかな流れはほぼこういった流れになります。



で、これで簡単に結果出るかというと、

現実はなかなか難しいのです。



何故か?というと、


各ステップ、程度の差こそあれ、

どうしても例外的に裁量を必要とする場面が出てきてしまうからですね。



例えば、トレンド判定の時に、

「移動平均線が十分に傾いたら・・・」

といった表現が良くあるのですが、”十分に”なんて、

あまりに抽象的過ぎて意味が分かりません。



まだまだ指摘する箇所は沢山ありますが、

何故、こういった王道と呼ばれるような手法を用いても、

誰もが結果にまで結び付かないかというと、

そこには「大きな裁量の余地」があるからですね。



為替鬼氏はこう言っています。


「そもそもこのトレンド相場・レンジ相場の判定

そのものが非常に曖昧であり、

難しいもの。


今後の相場が上がるか下がるかは誰にも分からない。」



もちろん、テクニカル指標を使い

過去のデータを参考にすることで、


ある程度の傾向を把握することができるのは、

相場の世界の常識として

存在しますが、


ただそれでも「このテクニカル指標が

この数値になったらトレンド開始の合図」という

明確な基準は相場にはありえません。



実際には、ある程度の間の値動きを振り返ってみて、

はじめてこの時期はダウントレンドが

発生していたのだなといった

事がわかるのです。


それだけではなく、

今の相場は、過去の相場のデータからは

全く予想できない値動きが、


予想できないスピードでやってくる

非常に厳しい環境となっています。



こういった背景があり、


為替鬼氏は、そのトレードにおいて、

今後の相場が上がるか下がるかといった

予想を極力排除した手法を採用してきました。



そして、今回の『”鬼”斬りFX』も、そうです。


【過去のデータを参考にしないロジックを搭載】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


実はこの『”鬼“斬りFX』、

一般的な手法とは違い、

過去のデータを全く参考にしていません。



そんな事ができるのか?!と

思われるかも知れません。



過去のデータを使わずに、

どうやって、今買うべきか売るべきかを

判定しているかというと・・



それが、『通貨間のパワーバランス』です。



これは、為替におけるあまりに当たり前とも言える

大原則ですので、

今さら言う事では無いのですが、


例えば、ユーロ米ドル(EURUSD)のレートが

どうやって決まっているのか?という事に

大きなヒントが隠されているのです。



「ユーロ米ドル(EURUSD)は、

ユーロと米ドルのパワーバランス(需給関係)によって

レートが決まる。」


もの凄い当たり前の話です。


なので、既にFXをやられている方は、

驚かれたかもしれません。




ただ、重要なのは、

この大原則が為替の世界を支配している

という事実と、


その力を上手く手法に活用できれば、

非常に高い精度で勝てるということです。



ではこの通貨間のパワーバランスが

一目で視覚的に分かったら

どうでしょうか?



今、ユーロと米ドルの力関係が逆転した。

という事が、視覚的にわかれば?


後は、それに順じて売買するだけです。


実は、この『”鬼”斬りFX』は、

その「通貨間のパワーバランス」を視覚的に表示し、

その力関係が逆転した箇所で売買サインを出すという

非常に画期的なインジケーターなのです。



こういう話をすると、


ユーロ米ドル(EURUSD)をトレードするのに、

ユーロ円(EURJPY)と米ドル円(USDJPY)を表示していれば

済むのではないか?と思われる方がいるかもしれません。



ただ、そんな簡単ではありません。

※確認されたい方は、実際にやってみてください。



この『”鬼”斬りFX』も”ある”コンセプトに基づき、

各通貨のパワーバランスを算出しており、

そうすることによって、

最高のロジックへと昇華されているからです。



一度まとめます。




■何故『”鬼”斬りFX』が、再現性100%かというと・・


曖昧な過去のデータから予測して

売買ポイントを探っているのではなく、


今のその時の通貨間のパワーバランスが傾いた

箇所が売買ポイントとなるので、


非常に明確。




■何故『”鬼”斬りFX』が、

安定したパフォーマンスを叩けるかというと・・



為替市場を支配する大原則を利用している為、

そこに普遍的な”エッジ(優位性)”が存在するため。



となります。



非常に興味が出てきたのではないでしょうか?


本日のメールはここまでとなりますが、

これからも宜しくお願いします。

では。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/
(超豪華特典付き)


=====================


以上ですね!


通貨間のパワーバランスを見るという

ロジックは結構他でもあったのですが


実際に私も今週メタトレーダーにいれて

やってみてましたが


非常に分かりやすいインジケーターで

使いやすかったです(^^)



さて、それで

こちらの為替鬼事務局からの

直近の公式成績になります!


=========================


あなた

お世話になっております。


為替鬼事務局です。



為替鬼氏監修【再現性100%】の

投資術『”鬼”斬りFX』


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/
(超豪華特典付き)



昨日のトレード結果のご報告です。


————-<直近実績>————————

【12月1日(木)】
※トレード時間:17時~24時

・EURUSD(ユーロ米ドル)
 6戦1勝5敗
 -51pips

・GBPUSD(英ポンド米ドル)
 7戦1勝6敗
 -62pips


ここ数日、プラス終始を継続していましたが、

珍しく昨日は負け日となってしまいました。



今日に期待したいと思います。


※あまりないのですが、

相場によっては、

ロジック合わずに負けてしまう日もあります。



もちろん、これはいかなるロジックを使っても

100%絶対は無い投資ですので、当然です。


『”鬼”斬りFX』はトータルでは

継続してしっかり利益を取れるものですので、


今後も、淡々と継続してサインを

追っていきたいと思いいます。



—————————————————

では、今後とも『”鬼”斬りFX』をよろしくお願い致します。


■詳細ページはこちら

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/
(超豪華特典付き)





==================================================










■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

特典はなんと・・・


各種インジケーターや

トレードに大事な音声などを

含めた 

超豪華特典です!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さて、特典もかなり豪華になっていまして

実際にこの鬼斬りFXを補足するような

ものなのでご活用下さい!!



1商材代金を稼ぐ
~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらの方法で大体10万円くらいは簡単に
稼ぐ事ができます!なので
今回の商材の 購入代金のリスクは

こちらを実践していただくならば
ないとも言えます


ちなみに夢リタ塾というところでも
最初広告投資金を手早く作る為に
導入されている方法です



2 プロトレーダーの清水さんの

インジケーター含めた 超豪華特典です!
=======================



特典の中身すごい

「使えます」(笑)


では特別特典


ですが


これは清水さんのインジケーター
=================

とトレード手法などのまとめPDF
================


になります

。・:*:・(*´∀`*)・* .:・。

♪☆★(^^)♪☆★//




実は私これ特典見させていただいたのですが


「いい!!!」です。

インジケーターなんですけど

これは


ボリンジャーフィボナッチの

インジケーターなのですが


これが付属しており、

さらになんと取引手法が

色々PDFにまとめられていますね!!


ボリンジャーフィボのインジケーター

という「武器」の使い方を

覚えたら



あなたの人生でお金を稼ぐための

強力な武器になると思います!!!


今回の為替鬼さんの商品と

組み合わせて使っていただくのも

トレードの幅が広がるのでとても有効だと思います!


はっきりいってこの特典だけで

3万円分くらいの価値があるかもしれません(笑)


勿論今回の鬼斬りFXは

基本的にサインに従う系ではあるんですけど


それプラス裁量技術もあなたが

高められる!


ということで超お得です(^0^)/




3 「FXアズマの為替入門 実践編」
=================

さて、こちらは

私も最近個人的にお会いした方なのですが

FXアズマさんの為替入門の実践編です!

すごい役立ちます。


こちら

かなり内容が濃いので相当
運用に際して武器になるはずです

是非熟読してください!

あずまさんにわざわざ書き下ろしていただいたものですので
かなり役に立つでしょう

内容は


目次
第 一 章:FXとは?
FX(外国為替証拠金取引)とは? ………………………………………… P4
第 二 章:FXのメリット
FXのメリット ………………………………………………………………… P6
第 三 章:FXのリスク
FXのリスク …………………………………………………………………… P9
第 四 章:FXで稼ぐ秘訣
FXは統計学ということを念頭に! ……………………………………………… P12
実際に体験することで、自分の経験値となる …………………………………… P15
トレードスタイルの確立 …………………………………………………………… P16
第 五 章:ロジック
使用するテクニカル……………………………………………………………… P17
ロジック……………………………………………………………………………P18」


こんな感じ!

すごいですよね??(笑)







4FXコピートレード自動売買ソフト、シグナル配信を
    利用する際に大事な事
====================================================




さて、こちらの特典は私ゆうが

新しく8月に書き下ろしたものになります。

というのは多くの方からメールを頂く中で

メールから多くの方が


「ギャンブル的取引」でEAなどを運用していることを

感じたからです


EAを運用するのは実はこれも戦略的にやる必要があります!


私の失敗や経験をもとに
それをレポートにしました。


正直これがあるかないかで

確実に1年後に勝ってるか、退場しているか、

変わってくる内容です

(私の失敗や経験が詰まった内容です。

22ページの中にかなり大事なことが書かれています)



今回コピートレードを利用するにあたって

必ず読んでおいてください!


内容は

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

1章 コピートレードやFX自動売買ソフトの
推奨される使い方について

2章具体的にはEA群はどのように運用するべきか?

3章EA、コピートレード、シグナル配信共通の
重要な考え方

4章運用に際して非常に大事なこと

最後に

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
になります!

ほんとにあなたの長期的な結果を確実に左右する
重要な内容なので
是非読んでください


私自身コピートレードなりEAで失敗してきた体験を

元に書きあげたものなので

はっきりいってめちゃくちゃ大事です



自分が昔失敗する前にこういう特典があれば

失敗しなかったろう・・と書き上げた後に

思いました(笑)


http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/




5不況を生き残る
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こちらは現在数千円で売られているE-BOOKです!

こちらは[[name1]]様がこれから不況を生き残る上で

相当役立つはずです!





6アマゾンのサイト作成ツール「メンフィス」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こちらはアフィリエイトツール開発の

チーム478さんから提供いただきました!


amazonのサイト作成ツール
と操作マニュアル25ページになります!





7 絶対に知っておくべき
アフィリエイターのバナー作成方法
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アフィリエイトで欠かせない
バナーの作成方法です!
実践的になっていますので
かなりアフィリエイトされている方は

役立つはずです!






8トップアフィリエイター

ひろと と 椿の音声対談

「アフィリエイト後発組でも実績を出すための

3つの極意」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



1後発組でも稼げるようになった具体的手法

2ブログとメルマガの連動方法

3稼げるブログ構築手法など


が語られています!



9モチベーションを保って成功するためには
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こちらも今大体2000円前後で売られているE-BOOKですが

内容はかなり役に立つと思います

モチベーション維持は成功のためには

必須でしょう!


10 9800円で売られている伝授からベルさんの動画
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、これは今9800円で売られている伝授から

ベルさんの動画です!


こちらかなり面白い手法なので

結構収益に結び付けやすいと思いますので

参考にしてください!




11 FX確定申告
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、FXで利益があがったら確定申告が

必要です

この確定申告で

経費で落とせるものややり方などが

記載されているので


利益があがった後重宝する特典です!


12トライ&エラー音声
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こちらはトライ&エラーという大変重要な考え方の

音声です


日本人は失敗を恐れます。

しかしその考え方では一生成功できません。


私自身が実際に体験してきて

確実な考え方です


マインドセットとか、格好つけて言う人がいますが、

これだけ知っておけば 長期的には

うまくいくようになります



13松下誠の7ルールの法則
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さて、超有名投資家の松下誠さんの

7ルールという音声とPDFです

これだけで人によっては10万円以上の価値があります

(私はこの知識だけでゆうに10万円以上は結果が上向いてます)


これは大変重要なファイルですから

確実にきいてください!



14トップアフィリエイターのセミナー動画
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

月数百万円を稼ぐアフィリエイターの

セミナーの動画です!

はっきりいってすごいこといいまくってます(笑)


冗談抜きで今アフィリやってる方とか

収益上がっていない方には

これだけで10万円の価値があるといっても過言では

ないです、ほんと。

http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/



14PPC動画
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これはPPC関係の動画です。

PPCって何??って方はご覧ください


PPCもFXと同じようにある程度勉強して

時間をかけていただければ

効率的に稼げる お金稼ぎの方法です

(投資として考えるといいです)


「お金に働いてもらう」のがPPCです。

是非ご覧ください!

はっきりいってこの特典だけで

数万円以上の価値を感じる方も

多いようです(笑)


http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/


=======================


以上になりますね!!


特典に関しても

また別の手法のインジケーターなどが

入っていて

はっきりいって

すごい得になっていますので


是非ご活用くださいね!


裁量技術も磨けるような特典になっています!!

(^^)


為替鬼さんの

鬼斬りFXですが

今インフォトップも上位で


みなさんからかなり

評判ですので

あなたも是非チェックしてみてくださいね~




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



鬼斬りFX

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/

(豪華特典の対象です!)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





======編集後記========

さて、最近結構国際政治の動き

さらには

大阪都構想など


政治が動き出している感じですね~


ちなみにどうやら橋下さんの背後では

小沢一郎さんが

仕切っており維新の会の今後を

仕切っているらしいです。


これは知っている方は

知っていると思いますが


大阪市長選挙、そして大阪府知事選挙の

ダブル選挙において

小沢一郎元代表は水面下で

バックアップしていたようです。



これは小沢さんの「別働隊」

約60人がいわゆる

隠密行動を行い成果をあげた、

といわれています。



小沢一郎さんは


「橋下君は国政選挙に打って出てくる」

ということを近くにいる人間に

どうやら言っているということです。



そして小沢さんは

「名古屋維新の会」

「東京維新の会」

など


全国各地に維新の会を

設立したうえで

地域住民の支持を拡大して


政治資金集めに力を入れるように

小沢別働隊60人の一新会



そして秘書軍団に指示しているようです。


とりあえず小沢さんは

もう既に民主党が国民の支持を得られないことを

念頭において動いており

政界大再編を念頭にして

親衛隊の

一新会を中核とする


先ほどの60人と

秘書軍団に


維新の会を設立させて

第2の受け皿作りをしているようです。



民主党が大敗したとき

いざというとき


「大阪維新の会」の橋下会長の

活動力と勢力が

大いに助けになると考えて



先手を打っているようです。


橋下氏に関しても

「あれはすごいな~

一種の才能だ、彼は国政をねらってくるぞ」

という発言もされているようです。



さて、それで小沢さんが何故ここまで

行動をしようとしているのかというと

間違いなく


イラン、イスラエルの緊張というものが

あるはずです。


小沢一郎氏は確実に日本が

戦争に巻き込まれる可能性、という世界情勢の

シナリオも描いているはずです。


さて、それでこのメルマガでは

いわゆるアメリカのネオコンだったり

米国軍産複合体のことを


長年扱ってきたわけですが
(これが分からないと日米関係は

読めませんよね)



日米関係では相当な分析力を

誇る

副島氏も


イランーイスラエル間の将来の

戦争について重たい掲示板にて

言及されてます。


引用です

==================================


件名:イランが決定的な間違いをした。 

欧米は、中東を戦場にすることで、

金融危機(世界恐慌突入)を阻止する気だ。





副島隆彦です。 

イランが決定的な間違いを犯したようだ。


イランの愚か者たちが仕掛けた首都テヘランの

英国大使館への襲撃、一時占拠の事件である。


11月29日のことだ。



これで、来年の2,3月あたりに、

イスラエルと米軍の共同での 

イランの核施設数カ所への 


おそらく戦術核

(ストラテジック・ニュークレア・ボム、超小型の核爆弾)での

バンカーバスターでの攻撃を実行するだろう。 



イランへの制裁行動は、“国際社会が容認した”という

大義名分を、このようにして、

イランは欧米に着々と作られている。




来年の2月に、イタリア国債

(世界中の強欲投資家たちの、損切り・投売りが

続いて暴落を繰り返している)の



大きな償還・借り換えの期限が来る。



その前に、さらなるヨーロッパ金融崩れを

食い止めようとして、



ヨーロッパ諸国とアメリカ合衆国は、

もう逃げられなくなった 国家債務危機、

ヨーロッパ各国国債連鎖暴落、


大銀行の連続破綻を阻止するたために、やっぱり、 

私が、10年来、主張してきた 



“戦争刺激経済 war economyウォー・エコノミー“ 

War boosts economy ! に打って出る

決定をしたようである。




転載開始
=============================


【テヘラン鵜塚健、ロンドン笠原敏彦、ワシントン白戸圭一】 

イランのイスラム体制派民兵組織「バシジ」に属する学生らが11月29日午後、

在イラン英国大使館を襲撃した事件で、イラン警察は29日夜、大使館を占拠していた学生らを退去させた。




英国のキャメロン首相は29日に発表した声明で

「イラン政府は重大な結果を見ることになる」と述べ、

イランに対する報復措置を示唆した。



オバマ米大統領も「容認できない」と非難しており、

イランの核兵器開発疑惑に端を発する

欧米とイランの緊張は一層高まっている。





 バシジはイラン体制派「革命防衛隊」傘下の

民兵組織。


警察は催涙ガスなどで襲撃を鎮圧したが、

学生らは約8時間、大使館の一部を占拠した。



革命防衛隊系ファルス通信によると、

テヘラン北部の別の英国施設にも29日午後、

学生ら約200人が侵入し、


英国人職員6人を一時拘束したが、



警察が排除し、学生ら12人を逮捕した。




 目撃者の話や国営メディアの映像によると、

英国大使館前には29日、

警官隊が配置され、群衆を押し返していた。


だが、大使館への乱入を徹底して防ぐ様子はなく、

学生らは壁をよじ登り、

イラン国旗を振るなどした。



今年3月に反政府デモに参加し、

警察に拘束された男性(45)は

「イランの警官はデモの際にはもっと強硬だ。

バシジの大使館侵入を許したようにしか見えない」と


話した。



 襲撃に加わった学生らは声明を発表し、


「イスラム革命の理念に基づき行動し、


いかなる(政治的)組織にも指示を受けていない」と主張、



「(イラン政府に)英国大使の即時追放と


対英関係断絶を求める」と訴えた。


一方、イラン外務省は29日、


「(襲撃は)許せない行為であり遺憾」との声明を

発表した。



(転載貼り付け終わり)


=============================--

副島隆彦です。

この 「イラン革命防衛隊」の学生組織(ハシジ)が実行犯だ。

わずか20名で大使館襲撃、占拠の行動している。

この動きは、背後にアフマドネジャド大統領(現職)がいて、

彼は、

過去に何度もニューヨークの国連総会での

演説のふりをして(機会をとらえて)、


CFR(シー・エフ・アール。米外交評議会)の幹部たちと

会っている。




アフマドネジャドは、アメリカの軍事狂暴派とも

つながっている。


だから、今度の、愚か極まりないイランでの事件は、

英国政府(やっぱり、過去の帝国主義者、植民地支配主義者の栄光が

忘れられない残忍な連中だ。

表面だけはい自分たちは、

温和で上品な人間たちを徹底的に装う。


それがヨーロッパ近代人 modern man だ。

内部に狂気を秘めている。


ヨーロッパ人たちは500年前に、いち早く 

modern モダンを達成したので、

同時に人類の狂気を身につけた。)



の中の軍事狂暴派は、アメリカと深く仕組んで、

このあと、イラン制裁を加速させ、


国連安保理(あんぽり)の決議をとる動きに出て、

イランへの空爆(軍事行動、懲罰行動)を実行するだろう。



大使館への襲撃と占拠は、絶対に許してはならない 

国際法のルールだ。

宣戦布告にも等しい。



アフマドネジャドたちは、決定的に、

敵の術中に嵌(はま)った。




 それに対して、イランの本当に温厚で堅実な 

ハメネイ(元大統領。イラン僧侶の

高僧アヤトラ級。

日本の小沢一郎派のような )派の勢力は、

抑えこまれている。



違法なことは一切しないハメネイたちは、

現在、深刻な状況に追い込まれているだろう。


この点で、アルル君と考えが一致した。 

帝国(覇権国)側が仕掛けている、

なんとしても戦争を避けること、こそは、



国家(民族)指導者がなによりもまず

心がけなければいけない外交の基本だ。



絶対に、イスラエルとアメリカに、

戦争突入のきっかけと口実を与えてはいけなかったのだ。



 私は、3年前に出した対談本の

「小沢革命政権で日本を救え」(日本文芸社刊)で、

対談相手の佐藤優(さとうまさる)氏に、



「あと5年ぐらいで、イスラエルとイランが

核兵器を一発ずつ撃ち合うでしょう」と予言をしたら、


佐藤氏がぎょっとしたことを覚えてる。



副島隆彦の冷酷な未来予測は、

人間たちが好むと好まざるとに関わらす、

起きるべきことを起きると予測(予言)する。


私には、長い人類の恥多き過去の事実の集積である

「歴史に学ぶ知恵」があるから

未来予測が出来る。


ただし、イランの核兵器がきちんと

完成しているのか、


標的に当たるほどの弾道ミサイルになっているのか、

どうかが、分からない。


イスラエルにとっては、先制攻撃

(プリエンプティヴ・アタック)して、


イランの、ナタンツやコムの周辺の核施設を

破壊するすることは自分たちの国家の存亡


(国家のプライマリー・アジェンダ)に関わる。


さて、イラン国内の数カ所を急襲したあと、

イスラエルの爆撃機は、どこに脱出するか。


来た道をそのまま帰ると、

かならずイランの追尾型(ガイデッド)ミサイルで

撃墜される。



ということは、


ペルシャ湾 the Gulf  ザ・ガルフ に 

浮かべている米空母に降りたり、

空中給油機の支援が必要になる。


あるいはバーレーンやオマーン国の

空港に降りるしかない。



遂に、アルジャジーラ放送局 が公然と変質を始めた。

経営陣であるオマーンの王族が

アメリカ(ヒラリー)に屈服したようだ。



リビヤ、シリア報道は大嘘だ。



イスラエル 国民わずか600万人

(このうちユダヤ人は、

350万人から400万人、

あとは同じセム族系のアラブ人など)で、



周囲を 合計10億人ほどの

アラブ人国家 ( the Arabs ジ・アラブズ)

とり囲まれている。


そしてさらにその周りを世界中で合計で

17億人(今も増えつつある)と言われる

イスラム教徒 Moslem、Muslim の国々に取り囲まれている。



 アメリカ合衆国に 700万人の

ユダヤ系市民(国民)がいる。


しかし、さらに真実は、どうも2千万人ぐらいの 

closet Jew  隠れユダヤ人 

(自分をユダヤ系とは認めないが、

混血していることは認めている)がいる。



だからアメリカ政治を彼らが動かせる。 

ヨーロッパ諸国も支配層は同じような感じだ。

彼らが金融財界を形成している。


英国政府は待ってましたとばかりに直ちに反撃に出た。



(転載貼り付け始め)


●「 ”襲撃に報復。緊迫した事態に”  

在英イラン大使館の即時閉鎖 と外交官全員の退去命令…英国 」


毎日新聞 2011年12月1日 1時01分
http://mainichi.jp/select/worl……4000c.html



【ロンドン笠原敏彦】 英政府は11月30日、

テヘランの英国大使館襲撃事件への報復措置として、

駐英イラン代理大使に対し、

在英イラン大使館の即時閉鎖と

外交官全員の48時間以内の国外退去を命じた。




 英政府はまた、テヘランの英大使館を閉鎖し、

外交官全員を国外退去させた。



両国大使館の閉鎖に伴い、英・イラン関係は

「最低レベル」に縮小され、緊迫した事態になった。



 ヘイグ英外相が議会で明らかにした。

外相は、襲撃事件の中心となった

民兵組織「バシジ」を

「イラン体制の一翼が動かす組織」だと指摘し、


「襲撃が体制の同意なしに行われたと考えるのは空想だ」と

イランを厳しく糾弾。



「事件が外交官の保護を定めたウィーン条約違反で

あることは世界の誰にとっても明白である」と述べた。



 ヘイグ外相は、サレヒ・イラン外相に電話し

「最も強い言葉」で抗議したという。



一方で、ヘイグ外相は今回の措置について


「外交関係の完全な断絶ではない。


両国の関係を最低レベルに低下させる行動だ」と説明。


外交関係を維持するのが「好ましい」理由として、

イラン核開発や人権問題などで両国の代表が

交渉する必要性を挙げた。



 ヘイグ外相によると、30日に始まる

欧州連合(EU)外相会議は、

襲撃事件や核開発問題でイランへの

「追加措置」を検討する。


英国とイランは79年2月にイランで

イスラム革命が起きて以来、

関係悪化と修復を繰り返してきた。


米国はイスラム革命後の79年11月の

米国大使館占拠人質事件を受け、


80年4月からイランとの国交を断絶している。

(転載貼り付け終わり)



副島隆彦です。 ヒラリーが、

リビアのカダフィを始末(しまつ)したあと、

今度は、ミャンマーを懐柔して、

中国に対する大きな包囲網づくりと、


ASEAN(アセアン諸国連行)

に背後から楔を打ち込む、


地政学(geopolitics ジオポリティックス 

Geopolitik ゲオポリティ―ク)の動きに出ている。



 中国とロシアは、安保理で、拒否権を使って、

イラクへの制裁爆撃に抗議し反対するだろう。


が、ここは、大きくて恐ろしい世界政治の駆け引きがあって、 「自分たち(の国境線、国防線 )に直接、関わらないのなら黙認してもいい。世界秩序を乱そうとする者は制裁を受けるべきだ」と判断するかもしれない。

 中国は、東シナ海での軍事紛争 を一番嫌がる。

戦争などしている暇はない。



今は、経済成長と国内開発で手一杯だ、と考えている。

東シナ海での戦争を、

アメリカが仕掛けるう戦略としての、 


韓国、日本、台湾(の軍事礼賛派、戦争好き人間たち、

挑発者 warmonger ウォーモンガー、

jingoist ジンゴウイスト )をけしかけて中国の 


東側(東海!)が混乱するのを恐れる。


 
 だから、中国は、


「分かった、分かった。ヨーロッパ諸国を

助けるために資金を出す

(ただし、もっと暴落してから、

イタリア国債やフランス国債を買うだろう)」



という態度に出ている。

中国のほうが、いまのところ一枚上手位である。 


中国が、困窮を始めた欧と米の挑発に乗らなければ、

中国の勝ちだ。 


私、副島隆彦が、ずっと引いてきた図式のとおりとなる。



 私が一ヶ月に書いた、自分の親友達との

やりとりのメールがある。


こういうのは、私でもあまり公開したくない。


それでも、私は、この時はさすがに腹に据えかねた。 

のちのちの記録ために、ここに、

それとなく貼り付けておきます。


こういう私が私的に書いているメールの文が

すでに2千本ぐらいはあるはずです。


私が死んでから公開してほしいと、

弟子たちに頼んでおきます。


(倉庫からの持ち出し、始め)
> From: ???@nifty.ne.jp
> To: ************
> Subject: Re: 日経の記事
> Date: Thu, 3 Nov 2011 03:42:41 +0900
>
> **くんへ
>
> 副島隆彦から
>
> 私の最新の考えを書きます。君は、

「自分は文学部歴史学科出身だから、歴史も分かる」 と 言うが、 

私、副島隆彦は、リビアのカダフィが、

10月2日にひどい殺され方(市中引き回しの上で、なぶり殺し) を

した死体の写真と、この5日間( 初七日、しょなぬか までする)と、


ずっと向き合って、拝みながら、「アメリカの恐ろしさ」をずっと 

考えていて、人類史(人間の歴史) の 

恐ろしさを、 ずっと 考えていました。


日本人も、 66年前に、ひどい 皆殺し のような 

集団殺戮の 目にあって、最後に、アメリカに 

土下座して、 命乞いをして、 

そして、今の属国・日本がある。 



今も、 お金をアメリカに 一回あたり

5兆円とか 差し出しながら生き延びている。  


これが私たちの 厳しい現実だ。 


へらへら、 笑って、 

「安住(あずみ)という 財務大臣になった男は、

見るからに馬鹿だなあ。(円高介入で) またアメリカに

7.5兆円も貢いだよ。米国債を 買わされただけだ 」


 と 言っていればいいことではない。  



 野田首相のような 連中をあやつる、

日本の財務官僚どもにしても、 

必死でアメリカ帝国に、 貢ぎ物を捧げることで、


ようやく 日本国は生き延びている、という真実があります。


そうしないと彼らだってやられる。


アメリカの言うことを聞かないと、政治家として失脚させられる。

日本の大臣たちはすべて脅されているのです。


このことを日本国民に教えるには、私だけだ。



 だから、アメリカにべったりで生きている 

日本の 支配層・富裕層 (本当の保守)という人 たちだって、 

本当は、「アメリカに逆らったら、何をされるか分からない。

おそろしいんだ。小沢一郎は 反抗的になって、

日本の(徐々の)独立なんか 言うが、これは 

日本にとっては、許されないことなんだ」 と 


本当は分かっているのです。 



 彼らが本物の大人たち(日本の支配階級の 幕閣、お奉行様たち) だから、

 アメリカのおそろしさを自分たち自身が、日常的に、

対米交渉の場で脅(おど)されてたりしているから、

肌身で 知っている人たちなのだ。そうだろう。


これで、リビアの石油は、すべて、

影の真の占領軍である アメリカ 

(だから、トリポリに、占領者のヒラリーが18日=カダフィを殺す2日前) 

飛んでいった) と、

そして、 その手先となって、 


「今にも、自分の国の三大銀行が潰れそうな」フランスと、 

イギリスが、 


「公式発表でも2万回の  NATO軍 の空爆」 で、

リビアを、自分たちの財産にしてしまった。

これが冷厳な事実だ。



 仏英は、アメリカの手先に成り下がることで、

自分の国の財政破綻の危機をこうやって、

リビアの豊かな 石油を手に入れたことで、 

分前が大きいから、これで一息つけるのだろう。


 その横の、エジプトだって、ムバラクを

“豪華な裁判”にかけて、

それで、軍政のまま、 アメリカの家来を続ける気だ。 


このあと、じわじわと、 シリアを奪い取り、 

そして、本命のイラン に 襲いかかる準備をしている。

次は、イランへの 核施設破壊の 空爆攻撃だ。 


イスラエルが絶対にやると 宣言しているから、アメリカもやる。



それが、「戦争をすることで、ぼろぼろの金融・経済をなんとかする」という 

戦争経済(war economy ウォー・エコニミー)だ。 



「中東の諸国の 民主化革命、独裁制の 打倒」 の

 今年の2月からの動きは、すべて、イスラエルと アメリカのネオコンの 

凶暴な合作 での 動きだ。 


自分たち 帝国主義(インペリアリスト)諸国は、

旧 植民地共をやっぱり 餌食にする。


そうすることで、 

今の自分たちの金融危機、財政破綻 を、

乗り切ろうとするのだ。 



 そこまで、世界は 恐ろしい現実で、動いている。 

「死肉、腐肉(ふにく)を漁(あさ)ることこそは、

残忍な 肉食獣(プレダターpredator ) の本質だ。



人間(人類) は、猿(エイプ、ape 高等猿類) の頃から、

このプレダターの一種だ。 

トルコは震えあがって動けない。 


中国 と インドと ロシアも、「自分たちが打撃を受けないのなら」

 ということで、冷酷に計算して、 

中東での戦争には、 知らん顔をしている。  


次々に、 米、英、仏に 奪い取られてゆく 

中東の小国の資源を じっと 横から見ている。 


「民衆というのは、いつも哀れなものだ」 という慨嘆しか、

私、副島隆彦には浮かばない。


**くん。 君を含めて、 目先の仕事としの、 

金融相場の 動きのことしか 頭にない人たちには、 

私のこの、厳しい、ひとりで歯噛みをする、

日本の自称国家戦略家 としての 苦しさ は、

分かってもらえないだろう。


***書店の **編集長のような、

冷酷な 体制派・保守派の人間は、 

「カダフィの殺され方を見て、一番、

ぞっとしたのは北朝鮮の 金正日だろうなあ」 と、 


ニヤニヤ笑いながら答える。


そういう真正保守人間 (どんなに卑屈でも、

アメリカの家来をやり続けつしか、

日本は生き延びれないんだよ、と考える

現実主義の人間たち) を、


私は あと数十人、自分のそばに抱えている。  


**くん。なぜ、中国の 上海閥=太子党 の 

連中が、「アメリカの 国債を、中国は買い続ける」 と 

言っているか。 


君は、其の大きな背後(の真の理由) を知っているか。 


君の頭では、 「上海閥=太子党は、 自分たちが 

ドル建ての巨額の資金を 国外に隠し持っているから、

ドルが下がると困るからだ」 で 君は、押している。


そうではないんだ。 アメリカに向かって、中国は、 

「極東=東アジアでは、戦争は起こさないでくれ。

日本や韓国を使って、けしかけて、

中国に戦争を仕掛けてくるのを、お願いだから、やめてくれ。

その代わりに、米国債を買い続けるよ。戦争だけは勘弁してよ」 


ということ、なのです。 分かりますか。 

この一点が分からなければ、ただの 金融屋だ。 


「政治(外交、軍事を含む) と 

経済(実体経済の他に、金融を含む) は

互いに貸借を取って、バランスしあうのだ」という


副島隆彦が気づいて、築いた、この理論と、 

「帝国ー属国」理論の 恐ろしいまでの貫徹を 使わなければ、

今の大きな世界史の現実も、見えない。


このことを、君に 教えておきます。 

副島隆彦の 歴史学を 甘く見ないように。


副島隆彦は、カダフィの死体の写真を5日間、

拝みながら、このように考えた。 


 私は、以上のこのような文を、 学問道場に書けなくて(

載せられなくて。いくら、私でも 会員たちを 震え上がらせるのは

好まない。 今日のぼやきに、

カダフィの死体の写真を載せることができない。困っている。 


弟子たちと相談しようと思う。


まだ30代の半ばである彼らでは、私の相談相手にはならない。 



 私は、企業の 経営者たちと同じで、いつも孤独だ。

58歳にもなると、大企業でも役員クラスだから、

人に相談して決める、

ということができなくなっています。 


頼りになる友人も癌で倒れたり、とか、

どんどん友人も少なくなってゆきます。 

どんな人にとっても、人生は厳しい。  副島隆彦拝

(貼り付け終わり)



副島隆彦です。以上が、私が、11月3日に書いた本心です。

もうほとぼりが覚めたからいいか、ということで載せます。

私の最新刊の『金・ドル体制の終わり』(祥伝社刊)を

10月26日に描き上げて、

その直後の気の緩みの時に書いた文です。 


 こういう文は私は滅多に公開しない。


副島隆彦拝

================================

以上ですね!


ということでこれは

前もメルマガで色々解説しましたが


世界、特に中東が

私達の極東の変わりに戦場になっていく


という冷酷な現状がこれから出てくる可能性がありますね。


恐らく小沢一郎はそれもにらんで

2013年を目安に


日本のためにも

権力を掴みたい

ということでしょう。


なんとも冷酷な現実ですが

これが今の世界情勢の

かなり真実に近い姿なのだ


と私も思います。


イラン、イスラエルのこれからの動きに関しては

注視していかないといけないですね。


イランもアメリカの策略どおり

戦争を始めるのか、

そんな瀬戸際になりつつあります。



ついにアメリカが

自国の経済をなんとかするため、


戦争経済を利用するために


動き出しそうな感じなので


注視しなければいけないですね~



それではまた!





■■■■■■■ゆうの名曲アルバム■■■■■■■■■

Without You (Acoustic Cover – ILYA)

http://p.tl/tHiU

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


12月の新商品です!

インフォトップでも上位で人気です♪


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/7147036/1/


(超豪華特典付き)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


















«  fx商材:鬼斬りFX 特典、 あとイランイスラエルの事 メルマガから抜粋  »

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.

特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください