無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【止まらぬ日本の物価上昇と値上げ、および不況について考える!】 (3年前のメルマガを参照しつつ)

2022 2月 01 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【止まらぬ日本の物価上昇と値上げ、および不況について考える!】
(3年前のメルマガを参照しつつ)
⇒編集後記で!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆうさん読者限定 案内】


年間2億円を稼ぐ狂人億トレーダーが17年積み重ねた
失敗成功・知識知恵・投資哲学・心理学の数々の経験を

約30時間以上の動画コンテンツや補足資料へと昇華させた
『強く自立するために負けない力を身につける』ための

無料FX道場コンテンツサイトがリニューアルしました!



【リニューアル版】無料FX道場コンテンツサイト

⇒  https://www.fxdojo.jp/opening


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

   【ゆうPDFレポートのプレゼントです】

「学校では教えてくれない資本主義、について学ぼう!」



【インターネットの登場が 「人類に初めての資本主義」をもたらす】
⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ation1.pdf

(資本主義に重要な「完全情報とITの関連性」についての私の
レポートです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして
ありがとうございます!



さてさて、ここ最近ですが私のメルマガでは
もうこの数年書いてきた流れなんですが


世界的にインフレ、物価上昇と、
そして不況ですね、

これが悪化してまして


まあそれが報道の経済系では主要ニュースとなってますよね。


そして欧米ほどひどくはないものの、

日本でもこれ2022年2月からの一斉値上げが

まあヤバいってことで


報じられておりますね。



■2月から食料品など値上げ続々!
一方で『飲食店の時短営業で余る食材』は値下がりも
https://news.yahoo.co.jp/artic……1453dbf35c


実を言うとこれはコロナ以前から

私のメルマガでは書いていた流れではあるんですが、


まあとりあえず先進国は今後スタグフレーションに苦しむよね

ってことなんですが


日本ではとりあえず2022年になって

ネスレ日本のコーヒーが約10%値上がりで

カルビーのポテトチップが7~10%値上げで


また多くの方に好まれて食べられてきた

「うまい棒」も43年ぶりにこれ10円から12円に

20%アップとなると。


またこれ、日清フーズのパスタ、パスタソースが

これ3~9%の値上げで、


家庭用アルミホイルもこれ15%以上値上げですね。



また多くの人に愛されてきた

牛丼なんかも吉野家、松屋、すき家で値上げってことで

これもまた以前ニュースになってきたけど


一言

「止まらぬ物価上昇、値上げ」となってる。




それでまあこれが今 主要各メディアで

もう問題になって、色々報じられてるけど


実は私は本音としてはあくまでメディア報道は後付けであって

遅いって思ってるわけです。


なぜなら現在の経済状況を、物価上昇してんのに

景気悪いっていうのを

スタグフレーションっていうんだけど


これは私が学生時代に学んだ経済学の基礎の通り動いてるだけで

それは以前にそれが日本で起こっていくシナリオと

その対策は結構書いてるわけですね。


それで今は2022年だけど

コロナ前の2019年に、


日本がスタグフになって

景気上昇しないのに、物価上がるシナリオと

そしてその対策や考え方を書いてますので


今日はその辺を考えて行きます。


物価上昇ってのはある種の行政からの攻撃なんだけど

まあそこを防御するのが大事ですね。


編集後記で!



















■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【無料FX道場】
チャートの見方、MT4の設定と基本操作を学ぼう!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





さてさて、この前 リニューアルしました

無料FX道場を公開しました。!



それで今回の無料FX道場なのですけど

通常は動画だけとかで説明をしたりするのですけど


なかなかそれだけだと理解度が下がるのではないか?


ということで野田さんなんかがPDF資料も用意してくれて

今回無料FX道場にて、無料でご覧いただけるようになっているので


通常のFX塾とかでは有料で説明されているような内容だったりするのだけど

まずはFXの「基礎」から学んでみてくださいね~



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■野田式無料FX道場3・4時限目(基礎)


【準備編】チャートの見方、MT4の設定と基本操作
https://fxdojo.online/refree/zyunbi2/

【補足PDFマニュアル】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/6045160/3/

【PASS:Chart】


(注:C大文字です)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 
(今のところ公開してる講義はこちらより)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆうさん読者限定 案内】


年間2億円を稼ぐ狂人億トレーダーが17年積み重ねた
失敗成功・知識知恵・投資哲学・心理学の数々の経験を

約30時間以上の動画コンテンツや補足資料へと昇華させた
『強く自立するために負けない力を身につける』ための

無料FX道場コンテンツサイトがリニューアルしました!



【リニューアル版】無料FX道場コンテンツサイト

⇒  https://www.fxdojo.jp/opening


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




それで・・・今回は3時限目内容の

「チャートの見方、MT4の設定と基本操作」


を学んでいきましょう!!



こちらです。


動画とPDFがある感じなので、是非両方から学んでみてください!

PDFのファイルはパスワードかかってるので

PASSって書いてるワードをコピペして貼り付けしていただければ

PDFも中身が表示される形式にしております!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■野田式無料FX道場4時限目(基礎)


【準備編】チャートの見方、MT4の設定と基本操作
https://fxdojo.online/refree/zyunbi2/

【補足PDFマニュアル】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/6045160/3/

【PASS:Chart】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



それで、このチャートの使い方で、

野田さんなりのチャートの使い方を教えてくれていますが


なるべくこの動画で言われてるような使い方を完全にコピーするのが

良いと思います。



特に野田さんのチャートの使い方でおそらく普通のトレーダーと

違うところがあって


それが「チャートのろうそく足は半分だけ表示させて、

その後右側に未来の空のチャートも見られるようにする」



ってのも動画で語られていますよね!


これ実はとても重要で以前に音声で私が昔からのメルマガ読者には

お渡しているものだけど


全ての儲かってるトレーダーが用いてる考え方として

「シナリオ構想」というのがあります。


別の言い方をすると「ストーリーを構築してポジションエントリーする」

というものです。



これは文字で書くとちょっと長くなってしまいますので

15分前後の音声にして説明しておりますから


スマフォでも聞けるようにしてるので聞いてみてください!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   【ゆうプレゼント音声】

「FXにおけるシナリオ構想について」

⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……kousou.mp3




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



このシナリオ構想というのをするために、

実は今回の4時限目にある「チャートの使い方」って大事なんですね。




「将来どういうシナリオで動くことが想定されるか」


みたいなところでシナリオ構想というのをトレーダーはするわけだけど

野田さんの場合、そのシナリオ構想をするために


メタトレーダーの使い方も少し違って

「右側にシナリオ構想するための余白」を残しておりまして、


それで彼の場合はトレンドラインなんかもゾーンで捉えるということを

するのですけど(これはまた5話以降に「ゾーントレード」の動画での

講義があります)



そうやって右側に余白を残して、それで仕掛ける戦略を考えたり

するわけですね!!


それでまたこれはプロの儲けてる投資家さんがみなしてることだと

思うわけですが


講義でも言われていますが、

やはり「複数時間足」を見るのだ、ということですよね。


最初の段階で多くのトレーダーが短い時間足だけ、を見て

トレードして大きく負けたりするわけだけど


強いトレーダーたちは例えば4時間足で仕掛けるにしても

その上の日足、週足、月足、なんかは最低でも見るわけですね。



それで大きな流れを把握して、それで小さい足で仕掛ける、ということを

やるのですが


これが「マルチタイムフレーム分析」と言ったりするものです。



たぶん、このメルマガを読んでる読者さんでも

FXの塾に入ったことがある、もしくはインフォの業界でまだ

そういうのに入ったことがない、と言う人もいるかもだけど


有料の塾で教えられていてみな億トレーダーが共通して

やってること、これが「マルチタイムフレーム分析」というものです。



あくまで思想としては損小利大となりますね。



それでプロトレーダーはそこで

後々解説あるでしょうが、


勝率も担保できたりするのでここで勝率は30%40%50%は

リスクリワード1:5でも出せるわけです。



んで「え~勝率30%??」とか思うかもだけど

リスクリワード比率が1:5の場合はですね、


これそこで勝率30%でリスクリワード1:5なら

破産確率はそれでも0.372%です。

(バルサラの破産確率より)


これは「恐ろしきバルサラの破産確率」というPDFで説明してます。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    【ゆうPDFレポートのプレゼントです!】


「恐ろしきバルサラの破産確率とは?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/balsara1.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



ここで相当長い時間足で絞込みを行えば勝率は40%を

超えてくるわけだけど


そこで、40%を超えてこればもうこれ破産確率はほぼ0%になります。


強いトレーダーたちってのはこうやって複数時間足の

マルチタイムフレーム分析を使って

確率コントロールする、ってこをやってるわけですね。



それで野田さんのMT4の使い方をよくよく見てみるとそういう

「トレード思想」がいたるところに反映されてるので


億トレーダーなりの色々な世間的には注も去れない

小さなところではあるけど


工夫というのが動画の中の野田さんのMT4の独自の使い方で

感じ取れると思うので、


面白いと思います!




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■野田式無料FX道場4時限目(基礎)


【準備編】チャートの見方、MT4の設定と基本操作
https://fxdojo.online/refree/zyunbi2/

【補足PDFマニュアル】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/6045160/3/

【PASS:Chart】


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



またあと補足で書くと最近はチャートチェックするためにも

結構使えるのがスマフォのMT4アプリですよね。


これはもう最近はみんなある程度の経歴あるトレーダーさんたちは

使っていて


アップルストアとかでもMT4アプリっていうのがあるのだけど

こちらでMT4アプリをインストールすると


あなたのスマフォでこのMT4が使えます。




あくまで補足的に使うものだけど結構出先でチャートチェックしたり

損益チェックしたりで便利なんですね。


ただチャート分析はやはりPCのほうが便利なので

PCでメインのチャート分析をする、というのが野田さんや

野田さんから学んでる生徒のスタイルですね。



一応個人的には欠点としてはやはりトレードって

「損失を最初に確定させておくこと」が大事だったりするので


MT4だとポジション入れてOCOで指値と逆指値を入れたら


「逆指値のストップかかったらこんだけ損失ですよ~」って

カーソルをクリックしたら出してくれますけど


なのでそこで「よし、損きりになっても大体全体運用資金の2%以内だな」

とか簡単に確認できるわけですが


スマフォのMT4であったりアプリによってはものによっては

見つからないので(探せばあるのかも)


その辺の細かい不便さはあるんだけど


例えばフィボナッチを引いたり、MACDでダイバージェンス見たりとか

もスマフォのMT4でできるんで


結構これも使えますね。


また証券会社を複数持ってる人も多くて10個以上海外証券持ってるよ

って人もいらっしゃるかもだけど


そういう場合スマフォに海外証券登録しておけば

数タップでそれぞれの証券会社をスマフォのメタトレーダーで

一括して管理できるんで


この辺はとても便利かと思います!



なのでスマフォのMT4も補足としてスマフォに入れておくと

より便利になると思いますね~



ただメインはやはりPCでのMT4のほうが見やすいし、使いやすいのは

間違いないので


メインはPCのMT4、出先用にサブでスマフォのMT4みたいな

考え方のほうがいいと思います。



なのでMT4はみんな使ってるチャートソフトですけど

この使い方も微妙なところで違いがあったりするので


億トレーダーの野田さんの彼のMT4の使い方を今号の講座では


学べますから



是非動画も見てみてくださいね~~





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


■野田式無料FX道場4時限目(基礎)


【準備編】チャートの見方、MT4の設定と基本操作
https://fxdojo.online/refree/zyunbi2/

【補足PDFマニュアル】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/6045160/3/

【PASS:Chart】


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




※ちなみに上のMT4の操作が分からないと、

これから野田さんがゾーンを使ったラインの分析とか

ダウ理論とかの原理原則の話に入ってくるのですが


その使い方が基礎ない状態だと

まったく分からなくなると思いますので、また活用いただけないので

是非今号までの内容で基礎を身に着けてくださいね!












追伸・・・ちなみにここだけの話なのですが

この無料FX道場である人がこうコメントしました。


「トレンドライン??そんなの使えねーよ」っていうコメントでしたね。


これ、野田さん事務局や私の間である意味話題になって

「この人相場が全然見えていない人だね」っていうのは

苦笑しながら話されていたのは事実です。



実のところ トレンドラインゾーンっていうのはよく言われるのが

「人によってトレンドラインが違うから機能しない」なんて

ことでありますよね??


一方水平線 ホリゾンタルラインなんかは分かりやすいですよね。

みんな注目している。



けど実はトレンドラインゾーンって引き方があって、

野田さんもおっしゃってるけど


MT4のマグネット機能とか、高値安値に合わせて、

ゾーンはろうそく足の実体、もしくは次のろうそく足の実体に合わせる


とかするんですけど、


それやると、ある時間足、ある通貨でトレンドライン引かせたら

結構多くの人のトレンドラインゾーンは被ります。


当然大口もそこを見ているディーラーは結構多くて

そこで「意識」って発生するんですね。


だからたぶん「トレンドライン??そんなの使えねーよ」

っていう人、実は私自身が昔そう思ってたまさにそういう人だったんだけど


これはちゃんと引けるようになるとですね、

めちゃくちゃ機能してるのが分かるんですね。


それで上記のMT4の使い方でちゃんとラインというかゾーン引けるように

なるとある種発見がありまして、


これはちょっとこれからの講義の予習になりますが

「相場の対照性」ってのが分かってくるわけですね。


トレンドラインゾーンもちゃんと機能してるもの引けると

それが以前はレジスタンスになって上値抑えていたけど


それが一度上抜けされて、その後それがサポートに変わってたり

するんです。


ここで「あ、このトレンドラインゾーンで上と下で対照になってる」

って気づけるんですね。


いわゆるトレンドラインゾーンを基点にサポレジ転換してたりする

わけです。



だから意識としてはめちゃくちゃ効くんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だからそのトレンドラインゾーンが基点となるポイントが

数日前にあったとしても


それがまたその数日後にそのトレンドラインゾーンの延長が

意識として残っていて、相場の転換点になったりするんですね。


これは実は気づいてる人すごい少ないんです。


だから、相場の「意識」を捉えるために使うんですね。

特に大口さんの。



それでこのあたりがわかると相場っていうのは

不規則に動いてるように見えて、結構規則性を持って動いている

っていうのが「見えてくる」面白さがありますね。


そのために上記のMT4の使い方なんかは大事だよ~~


ってことです。


ちなみに、この辺のトレンドラインゾーンがちゃんと引けるように

なると起こることとしては


今までは水平線だけでやってるトレーダーだと


「なんでここで髭がついたの??」みたいなことがあったと

思うんですけど、


それが実はトレンドラインゾーン(の意識)にもろにぶつかって

髭ついた、とか見えるんですね。


逆に事前にそれを想定して利益確定で分割決済使ったり

損きりポイントとして利用できるようになるってことです。


すなわちトレードの効率性が上がるってことなんですね~~

そのためにこのトレンドラインゾーンの引き方は重要なんです。


そんで、これはFXだけじゃなくて株でも金ドルなんかのCFD取引でも

自由市場ならば、

もろに機能してますね。


ただそこが見えてる人は100人に1人もいない?

って感じだから知っておくと便利なんです。


この辺は実際に自分で過去チャートで引いてみれば

それがもろにその後意識として機能してるっていう発見が

ありますね。


すなわち、横の意識(水平線)斜めの意識(トレンドラインゾーン)

が見えているとチャートのマッピング(地図)が出来てくるってことですね。



世の中結局知ってるか知らないか、そして

その知ってるを生かせるかどうか、ですね!



では!






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


■野田式無料FX道場4時限目(基礎)


【準備編】チャートの見方、MT4の設定と基本操作
https://fxdojo.online/refree/zyunbi2/

【補足PDFマニュアル】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/6045160/3/

【PASS:Chart】


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★









========編集後記=======

さてさて、日本でも物価上昇、値上がりってのが

深刻になってきました。


といってもこのメルマガを

何年も読んでる読者さんは

「あ、スタグフシナリオやってきたね」

って感じで


あまり右往左往はしてないと思うんですが


ただ事前にそれに備えてなかった人たちの多くが

やはり今大変な状況です。


ネスレ日本のコーヒーが約10%値上がりで

カルビーのポテトチップが7~10%値上げで


また多くの方に好まれて食べられてきた

「うまい棒」も43年ぶりにこれ10円から12円に

20%アップとなって


またこれ、日清フーズのパスタ、パスタソースが

これ3~9%の値上げとなりまして


とにかく沢山の食品が値上がりしているから、

生活の中で、食費の割合、エンゲル係数が高い人ってのが

今かなり大変になってるわけですね。


ちなみに今年の冬は寒いわけですが

そして今年はより寒いって感じてる人が日本でも9割超えるってのも

見ましたが


イギリスでは日本以上の値上げラッシュだから

「暖房か食糧か」っていう状況になってるといいます。


今後実は世界で最も大きな問題に実質なるのは

寒冷化でしょうが


(食糧問題が言われるけど
何より大きいのが免疫低下・腎機能低下による、
疾病増加です。)


まあ今後食糧も値上がりしてきて

そんで地球は冷え込む可能性が上がってるから

人類にとって至難な時代がどうも続く。



まあそれで私は色々シナリオを考えて、

それでそれらのシナリオが現実化したら

対応できるようにしておく


ってのを重視してまして、


結局未来予知とか予想ってのは出来ないから

現状の「構造」から今後考えられるシナリオに対応しておく

ってのが大事だと思ってるけど



既にコロナ前の2019年ですね、

そこで日本で物価上昇、値上げと、そして不景気の

ダブルパンチのスタグフが出てきて


そんでまあ大変になるんだけど


2019年の当時、じゃあスタグフになる前に

どういう対策できるかな

ってのも書いてるわけです。


マスコミとかは常に後付けですから

今 物価上昇が誰の目にも明らかな時に


値上げラッシュ!と騒いでるんだけども、

事前にシナリオを考えて、それに事前対策していく

ってのが大事なわけですね、人生。


それで2019年なのでコロナ前の記事なんだけど

もう3年前となりますが


「今後日本がスタグフレーションになっていき

そこで物価上昇が起こって、経済停滞が起こって



その上でそのシナリオが起こる前に

私たちはどういう事前対策が行えるか」


ってのも書いてるんですね。


当時はスタグフレーションって文字だけで

検閲入りがちだったんだけど


まあけどやっぱり今2022年、そうなってきてるんです。



それでこの記事は今の2019年当時は理解されなかったけど

2022年の今は色々見ていて

学ぶ点があると思いますので


見てみましょう。


私が当時2019年のコロナ前に

日本に帰国した時に書いた内容ですね。

すき家の牛丼の話とか、その後話題になるカントリーマアム小さくなった

とかその辺の話も色々書いてます。


これを今2022年見たら、今のスタグフってのは

コロナが加速させただけであり、


元から兆候があったものが

顕在化しただけだって分かるかと。



それで基本的にその対策ってのは

3年後の今も変わらないと思いますから、


参考になる方は多いと思います。


当時はまだ物価上昇してるとかは

言われてなかったけど

その兆候は発生していたので


そこから、書いた記事ですね。


また各種値上がりだけではなく

最近問題として出てきた厚労省の統計偽装問題も

既に2019年に書いてるんで


あとは金ゴールドの話も


今見ると面白いと思います。


ということで

もう約3年前の記事ではありますが


2019年03月24日 の

【なんか日本の物価がめっちゃ上がった気がする・・・という話】

からの引用です!



↓↓

=============

どうもゆうです!

****さん、こんにちは!



さて、ここ最近ですが日本の物価って・・・

すごい上がってませんか?


久しぶりに日本に久しぶりに

旅行にきたりするとすごい感じるのだけど


「なんか全てが全般的にすごい高くなってる・・・」


なんて私は思うわけです。


以前も帰国したときに「なんかお菓子のカントリーマアム」

が小さくなってる・・・


なんてことを書いたものですが、


最近の日本の物価上昇ってデータではほとんどしていない

ということですが、

生活してると、すごい物価って体感で上がってるなと。


~~~~~~~~~~

さて、私は日本に旅行しにきていて、

やはり母国なので落ち着くな~とは思うのですが


ただ結構ビビるのが「日本の物価」だったりします。


私は日本生まれ日本育ちの生粋日本人ではありますが

なので日本に住んでいたときは


物価もある程度慣れていたのだけど


マレーシアとか韓国とか台湾とかで生活して日本に来ると・・・


結構物価にビビリます。



驚くっていう表現よりは「ビビる」って表現が正しいかな?

と。


日本にせっかく旅行で戻ってきたのですから

例えば友達と飯食ったり、居酒屋に行ったりするわけですが


これは日本に来ての楽しみの一つです。


まあ大変な中みんな頑張ってる。


それでお酒なんかは私は海外だと飲む機会がないのだけど

日本だとお酒なんかも飲みましてそれでみんなと話すわけです。

私はタバコやるけどお酒はほんと年に数回飲むかどうかって

感じですが


日本の人たちと酒飲みながら話すのは楽しいものです。


ただ・・・


やはり驚くのが会計のときでして

すごい金額になるわけですね。



普通の居酒屋さんでも一人あたり4000円、5000円ってのが

当たり前なわけですが


これはマレーシアでは1食4000円というと

どこの高級貴族だよって感じの値段なんだけど


普通に日本人はそれを定期的に払ってるわけで

すごいな・・と改めて海外に住みだして自国の生活を体験すると

思います。



それで居酒屋さんなんかも全般的に昔より

高くなったな~と思いまして、


私が学生のころは一人2000円台とか3000円台で

普通に飲めた記憶あるんですよね。


けど随分どこも値上がりしたんだな~と。


また、この前私は「すき家」に行ったのです。


マレーシアにもすき家はあるんだけど

私は若いころ「すき家」で育ちましたから


「すき家」が私の体を作ってましたからね、

やはり懐かしくて行くわけですよ。


しかし・・・驚いたのが価格でして、

安いメニューもあるっちゃあるんだけど、


私が好きなのがすき家のマグロたたき丼でして、


すき家のマグロたたき丼ってほかの店より安く

結構おいしく食べられるので昔から好きで頼むんです。


あとはチーズ牛丼もおいしい。


これが特盛だとなんとマグロが2倍になって

たっぷりのネギトロ丼を食べられるので


それが最高だったんだけど、


これが以前は確かセットで700円台とかで

食べられた記憶あるんだけど


今はというと1000円近くするんですね。


すき家で1000円・・・


いや、だから結構ビビリました。


おとなしく牛丼頼んだほうがいいんだな、と。


これは「うなぎ」なんかもそうで、うなぎ丼って

今の若い人は知らないだろうけど、


すき家なんかでうなぎが2枚乗ってるものが

昔は700~800円で食べられたんだけど


もう今はその値段でうなぎ2枚は食べられないのではないか?

と。


普通に1200円、1300円くらいするんでしょう。


それで、また私はこの前よくいくお寿司屋さんに

行った訳です。


ちなみに寿司屋とか言うと高級な感じもあるわけですが

私がいくのは「1皿100円!」とかどでかく書いてるところが

メインです。


私はどんだけ稼いでも、生活レベルは派遣のときと同じだったり

します。


ちなみにこれは友達に言うと結構珍しいケースだそうです。


ただやはり普段節制してると世界の株式とかで

「これ買いたい」って時に躊躇なく大きなお金で

企業に貸付できるっていうメリットはある。


消費を切り詰めると、投資額は必然的に大きくなるので

私は寿司屋も100円寿司に行くわけです。


しかし・・・私が驚いたのが私がいく100円寿司は

ちょっとよいところで、


もう港でその日水揚げされたものを

水槽にいれてそのまま新鮮な状態で握ってくれるところで

100円ってことで


すごい海に近いところなんですね。


ちなみにこれは豆知識で私は熱海に住んでたけど

海に近いすし屋で大衆の100円寿司とかでも


私は時々仕事関係で 久○衛さんとか高いところも

行くけど、そういうところより新鮮であった場合

100円寿司のほうがうまかったりもします。


どんなに職人の技術が高くても 魚の場合新鮮さが

結構物を言うんで、


新鮮であった場合100円でもすごいおいしいんです。


だから海の近くで新鮮な魚をずっと食べていた私からすると

東京の寿司屋はすごい高いけど味は?というと

確かに美味しいけど、新鮮さにはかなわないような気がすると

思います。



んで私は安く新鮮な魚が食べられる100円寿司屋に時々

行くんだけど


これが驚いたのが以前100円で提供されてた商品

3年前は100円だったものが


7割がた、150円とかになってるんです。


だから3年間で1.5倍になってるものが多いんですね。


100円をキープしてるものもあったけど

150円に値上げしてるものが7割くらいだったなと。


だからびっくりしました。

ちょっと日本離れて時々帰国してお店に行くと

「なんかすごい値上がったな」なんて感じますよね。


たぶん、定期的にそういうお店行ってたら

1品づつ値上がりがあって

「徐々に」値上がりするわけですけど、


海外在住者の場合は1年2年に1度とかで帰ってきて

その物価に接するので

比較が1年前とか2年前なんだけど


1年とか経過して行って見ると「すごい値上がった」と。


また私はコンビニに行くわけですが

それこそアセロラドリンクとかは好きで

ビタミンC取れますから、ちょくちょく買うんだけど


「あれ??こんな小さかったっけ?」

っていう感じで


なんかサイズが小さくなってるんですね。


値段はあまり変わらないけど、「小さくなってる」

ものがやたら多いなと。


この前もカルピス買ったんだけど、

カルピスは昔は2リットルとかで売られていて

もっと大きい容器だったように思うんだけど


1.5リットルとかになっていて値段は変わらないか

少し高くなってるわけです。



バスもそうでした。バスは私が日本にいたときは

200円とかだったのに今だと210円以上するんですね。

220円近くして結構値上がりしていて驚いた。


電車も。



ちなみに日本の電車賃なんかは結構ビビるわけで

ちょっとでも移動したらマレーシアにいたころの


一日の食事代を電車代だけでオーバーするわけで

これはもう驚くというかビビるのです。



ちなみに私が昔非正規で日本で働いていたころは

まさに「デフレ」って言われた時期で


牛丼なんかが吉野家で250円で食べられた時代です。


日本円の購買力が結構高かったんですね。


だからあらゆるものが100円台で購入できたり

食べられたりしたもので


量も今よりは多かったと思います。



けど最近の日本の「自称デフレ」は少し違うと思いまして、

物価が変わっていないと政府発表を見ると思いますが

体感としてはすごい物価上がってると。




未だに3月の記事をみると「デフレマインド」とか

そういう言葉がマスコミで使われていますが・・・


日本に久しぶりに帰国した私からすると

「デフレ??めっちゃ物価上昇してるんですけど」

と、思うわけです。



ちなみに2013年に私はアベノミクスを大きく批判しました。

けど当時、2013年は朝日とか毎日の左派系は

アベノミクスを記事で認めていたし、


読売産経の右も同じくでした。

(あれは安倍というよりは官僚の施策だから)


日本全体がアベノミクスは一定程度認めていたけど

私が当時書きまくっていたのが


「これから経済学の基礎通り解釈すると

ジャブジャブマネーによって、


日本の景気後退は実質進んで貧困化が進む、
(統計上は偽装するけど)

しかし物価は上昇するから


事実上スタグフレーションに近い状態に収束していく」


ってことでした。


これは日本円の購買力が必然的に低下していきますから

経済効率性も失われるから当たり前のことであるとも

思いますが


けど日本の景気については一応表の情報では


「景気が良い」ということになってます。



けど私が見てる日本では東京の一部、新宿とか渋谷とか

その辺に行けば確かに街は夜も明るいけど、


ちょっと外れると、例えば渋谷から10分くらい歩くと

原宿なんだけど


原宿なんかはもう夜8時くらいから真っ暗なんです。


これは地方なんかに行くと結構深刻でやはり

夜はすごい真っ暗で怖くて、


韓国なんかは夜どこも商店が空いていて

明るいですから、



少し怖かったりするわけです。


んで友人の起業家さん投資家さん、あとは

タクシーの運転手に

「景気は良いですか?悪いですか?どう感じますか」

ってよく聞くのだけど


誰も景気が良いとは言わないんですよね。


これは厚生労働省官僚たちの統計偽装があるけども

実際は体感だと日本が好景気ってのは


実際に好景気な国を見てきたのでにわかには

信じられないと。


ちなみに好景気な国のインフレの傾向として

やはり「メニューそのまま」だったりするんです。


どういうことか?っていうと

好景気な国ではインフレが進むわけだけど


「なぜインフレ物価上昇が進むの?」っていうと

需要と供給関係がありまして、


需要が供給よりすごく強いわけですね。


だから何かの商品を100円で売っていた商品も

どんどん人々が購入するわけで

接客も忙しいと。


もう店が回らないと。


だからそこで「値段少しあげても売れるでしょ」

ってなるわけで


メニューとか商品内実はそのままで値上げされたり

するんですね。


マレーシアとか韓国とかはそうです。

台湾も1度しか行ってないけどそうなんだろうと思う。



けど日本の場合、値上げはするんだけど商品がそのままな

ケースだけじゃなくて


いたるところに「容量は小さくなって実質値上げ」とか

そういう傾向が見えるわけで


これって好景気な国のインフレとはちょっと違うな

と思います。


どちらかというと「日本円の購買力が下がったことによる

日本円単位の物価上昇」


って感じですよね。


以前は100円出して買えたものが

110円出さないと買えなくなってくるっていう


物価上昇でして、すなわち日本円の購買力が

明確に低下しているってのが私が感じ取ったことです。


ちなみに日本や米国や欧州との円の関係はそこまで

強烈な変化はないわけですけど


ここで分かるのが「QE=ジャブジャブマネー」をやってる国々では

全体的に通貨価値が下がってるってことですよね。



ここで 政府は各国統計偽装なりをするんだけど、

例えば、実際の生活感ではどう生活しても物価が上昇してるんだけど

そこで「デフレだ」というんだけど


こういう統計偽装はおそらく相当強くあるんでしょうが

そこで通貨価値が下がって 日本円なりの購買力が下がりまして、


そこで景気もまた統計的にはよいことになってますが

実際は悪化してるわけで


スタグフレーションに近い状態ってのが進んでいると。



ただ、これは歴史の教訓があって

実は日本は昔同じようにスタグフレーションに陥ってる

わけです。


1927年に田中義一内閣がモラトリアム令を配布し、

各民間銀行に日本銀行が巨額の救済融資を行い、

取り付け騒ぎを鎮めたが、


再三の日銀特融による日本銀行券の増発によって、

不況の中のインフレの発生(スタグフレーション)に陥ってる

わけですね。



だからアベノミクスで日本銀行券の増発を沢山やってきた

日本だけど全く同じようにスタグフレーションになってるんだな~

と。


ただこの「スタグフレーション」って言葉は結構ヤバい言葉ですから

やはり統計偽装して


景気部門では「好景気」を偽装して

物価部門では「デフレ経済」を偽装してるんでしょう。


実態は不景気、物価上昇でしょうが

この2つが重なるスタグフレーションとなりますと


やはり失策となりますからなかなか本当のことは言えない

そんな2019年の日本なんでしょう。


ちなみにわたしが2013年に「日本は不景気の中の物価上昇が

進む」ってことを書いていて、


私はネットウヨという方に総バッシングを受けたんだけど

今思うとあれは官僚の工作員の人たちだったんだなと。


実際にどうみても2019年の日本ではスタグフが進んでいて

これは投資家のBNFさんも以前おっしゃってたけど


私が「日本を出よう」と考えたのも実はこの辺の

経済状況を自分なりに分析してたからです。


すなわちいくら稼いでも満足に資産が増えない時代に

日本は突入していくって当時から考えていて


海外移住も視野に入れだしたんですよね。



んで2019年なんかの日本の物価を体感すると・・・

やはり私から見るとスタグフレーションに見えて仕方ない

わけです。


ちなみに以前なんかはポールクルーグマンってこれは

色々問題が指摘される人でもあるけど


彼も「日本はスタグフに入っていく」なんて言ってたけど

実質はスタグフレーションなんでしょう。


ただ1920年代のスタグフレーションのときも

官僚たちはそれをしっかり認めなかったわけですから


そういう意味では今も同じなのかな、とは私が感じ取ったことです。


だからインフレ率2%をなんとか達成と数年前からやってるけど

とりあえず私のよく行く飲食店では十分インフレ率2%を

達成してますので、



そういう意味ではインフレ率なんかは政府発表はありますけど

それよりも実際の 自分がよく行く店 なんかを基準に

平均化して考えたほうが実際の政府が発表しないインフレ率に

近いのかな、とも思います。


インフレ率を測る基準として政府が「いったいどういう商品

どの商店の物価を基準に算定してるか?」ってのは

ブラックボックスな部分がありますので


本来の自由民主主義国家ですと

それらの統計対象を明らかにしてホームページで

詳細を公表するものですが


日本の場合は違いますから

インフレ率なんかは自分なりに政府統計を信用しないで

妄信しないでかんがえていくことが大事ですよね。



それで「資産形成」といった場合ですが

私はマレーシアや韓国に普段いるからよく分かるんだけど


それはインフレ率を考慮して資産が増えないといけない

わけです。



例えば1億円ある人が

その年資産を300万円増やしましたと。


けど、その国では 政府発表とは違う実質の

インフレ率が4%5%に迫ってましたと。


となるとこの1億300万円に資産が増えたとしても

実際の資産はトントンか少し減ってるわけです。



だからそれ以上の投資、ビジネスのパフォーマンスをあげないと

インフレ率を上回るパフォーマンスあげないと

資産って増えないわけですね。



そんでこれはマレーシアとか韓国とかの経済人には

共有されてる考え方だろうけど


日本でもそういう考え方が必要になってると。


前年度で資産は同じとなると

実際は日本のインフレは結構進んでるようにも強く感じますので


その資産で購買できるものは前年度より

小さくなってるわけですね。



例えば、以前は100円で500MLの

ドリンクを買えたとして


今は100円で350MLのドリンクしか買えないのならば


資産が100万円の人だと

同じドリンクでも


500万MLその100万円で飲めたわけだけど

今はその100万円では350万MLしか飲めないわけでして。


だからインフレだとお金の価値はどんどん下がっていく

わけですね。



通貨ベースで自分の資産を考える場合、

このインフレに対してそれ以上の増え方していないと

マズイ、ということになるわけです。


そうしないとどんどん実質の貧困化は進むと。



私なんかはアジアの好景気のインフレが進んでる国に

普段からいますから



「インフレで通貨ベースの資産が毀損される以上に

稼がないといけない」


という意識は強くあるんだけど


この意識はもう日本では必要になってくるんでしょう。



これから貧困化しないためには

少なくとも資産は年に10%以上は増やしていく必要は

日本人でも出てきてるってことですね。


以前の、私が非正規やっていた、牛丼が250円の時代は

そうではなかったんですが


それこそ資産が100万円の人が翌年も100万円の資産でも

同じような暮らしができたのだけど


当時も「デフレ」といわれましたが

2019年の「デフレ」とはかなり質が違うと。


当時のデフレは本当のデフレでしたから

物価は本当に下がる一方で嬉しい限りで


私みたいな非正規でもなんとか暮らせたけど

今のデフレは「本当にデフレ?」っていうレベルで

物価上昇してるから


そこで資産量をあげていかないと食えなくなってくると。


ちなみに以前は金ゴールドは

グラム4000円台前半で買えましたが

今はもうグラム5000円台が普通になってきてます。

大体5100円くらいだろうか。


そういう意味では 日本円で資産推定する人は多いだろうけど

資産でも「1億円」が富裕層といわれるけど



金とかのゴールドベースに

「金20キロ分の資産」とかそういう考え方が

これから大事ですね。


金はまさに「正貨」ですから

このように通貨が全体的に弱くなってくると

ちゃんと値段が上がってくるわけです。


ただこの「金が正貨」という考え方だと

「金に対して 各国の通貨の購買力が下がってる」

ってだけです。


ちなみに分かりやすく「物価上昇」と私は書いてるけど

本音で思ってるのは


「ただ単純に通貨の購買力が下がってるだけ」


と見ていまして


今までおにぎり1個買うために

1円玉を100個出さないといけなかったのが


120個出さないと買えなくなったわけで


通貨の価値がなくなってきただけ、ですよね。




だから・・・「資産保全として金=ゴールドを買う」

ってのはしつこいようですが私は日本人こそ大事だ、とも

思いました。



ちなみに日本円ベースで見ると確かに物価上昇してるように

見えるけど

ゴールドベースで見ると、物価はそこまで変わっていないものなんですね。



なのでゴールド金ベースでかんがえるという思考形態

「金が正貨だ」ていう考え方は大事ですね。


よーく見ると諭吉なんて紙です。


タバコの火がついてしまって燃えたら無価値です。

これに信用がついて一応購買力を担保してるけども

その円の購買力も 対ドル、対ユーロではそこまで大きく

変化していないけど


「通貨全体」が購買力を低下している事実は

もう認めないと資産形成が難しいですよね。



ちなみに、私ゆうは色々な国にいるから、

この「体感の物価感覚」を持ってる人間だけど


そこで「発見した事実」がありまして、


実はこの 私たちが使ってる通貨の購買力が低下してる

っていう現象は日本だけじゃないです。


マレーシアも、韓国も、台湾もそうでしょうしシンガポールも

そうでしょうし、香港もそうでしょうし


特にアメリカなんかはそれが強いですが
(不動産が高すぎますよね、アメリカ)



実は「世界のほとんどの通貨の購買力が下がってる」

のが現状なんですね。


これは実際に生活してると「インフレって怖い」ってのが

すごい分かるんだけど


マレーシアではつい半年前は200円で食べられたものが

半年後には230円になってたりすることもある。



日本では2013年まではそういう現象はあまり見出せなかったけど

この数年でマレーシアで体験するインフレに近い感じは

生活で感じますよね。


ちなみに韓国でも以前はタクシー初乗りが300円でしたが

今年、380円になりました。



もちろん値上がりしていないものもありますから、

平均的にインフレ率は抑えられるとはいえ、


やはりこんなのを日々体験してると「脅威」なんですよ。


「どんどん持ってる通貨の価値が下がってる」

ってのは生活の中で感じられるわけです。


一方、日本ではデフレが長く続いてきて、物価が下落している

のが長い基調であったけど


どうも他のアジア国のようにどんどん物価は上昇してきてますから

ここでインフレも資産形成で考慮する必要が出てきた

ってことですね。



一応メディアでは「日本はデフレ!日本はデフレ!」って

プロパガンダしてるから


みんな「なんかけど生活苦しくなってるな~」なんだけど

実質はかなり物価上昇してると私は強く感じますんで、



インフレに負けないレベルの資産形成力がこれから

大事ですね。


あとは、日本政府も大変だな、と感じることがあって

というのが おそらく日本で生活してる人の大多数が

「なんか」物価が上がったな~と近年感じてるはずなんだけど



ただここで年金なんかは年金額の伸びを

物価の上昇よりも抑える調整


すなわちマクロ経済スライドが加えられたとはいえ、

やはり物価上昇を認めると少々は引き上げないといけない、

そういう圧力はかかりますからね、


やはりインフレは認められないのが本音なんじゃないかな、と。



色々官僚たちもそういう年金支給額をどんどん減らすとかの

整備を整えてから初めてこのインフレを認めだすのではないかなとも

思います。


そこで景気は悪化してるからスタグフレーションなんですけどね、

やはり深刻な問題です。



それで世界的にもこの通貨価値が下がるという

問題は起きてきておりますが


そして日本は数十年それとは無縁に生きてこられましたが

どうも2019年の日本を体感するに


日本も政府が認める認めないは別として

インフレと戦っていきながら資産形成する時代に

突入していくんだな、というのが日本に旅行にきて分かったこと

でもあります。



ただ、アジア各国と比較して日本の場合は景気が良いというのは

一部の東京の人らの話であるだろうから


そこで全体の実需は小さくなってる感じは強く受けますので

となると「投資しても投資の資本効率が悪い」となります。



ちなみに私は投資家なんで資金をどっかに

あらゆる分野に投じて、インフレ率以上に利益をあげていくのが

仕事でもあるから


色々かんがえるのだけど


まず 経済成長国の特徴ってのは、

「資金投下をテキトーにしてもある程度年利が出る」ってのが

あります。


これはマクロ、大きな部分で経済が成長してるんですから

民間のミクロの企業も利益を得やすいから

投資家も大して フィルターしてなくても、


利益出しやすいんです。


テキトーに資金投下しても儲かってしまう、

経済成長が強い好景気の国だと。



一方・・・日本の場合はというとそもそも需要が小さいですから

そこで利益出せるのは


一部の優秀な人たちになりますから

すなわちそこを見極める能力は必要ですよね。



例えば経済成長国では100個の投資対象が見つかったら

60個くらいは利益がしっかり出ちゃうとして


一方、日本の場合は不景気ですから、

100個の投資対象のうち、本当に費用対効果で

回収できるのは100個のうち数個だったりすると

思います。



だから「眼力」が相当重要になるのが

日本市場での勝負なのかな、と私は感じます。



それで資産形成するために眼力に自信がある人は

起業や投資で日本で勝負すればいいし、


そうじゃなければ、海外に投資を考えてもいいでしょうし

もしくは金ゴールドなんかで資産を守るってのも大事かも

しれません。



ただ個人的にはあえて 茨の道、すなわち

成長しない国に投資するってのは非合理的なので


やはり成長してる国や金ゴールドに資金割り振るのが

ますます大事じゃないかなとも思いますよね。



だから日本は母国なので愛着はあるけど

投資対象としては・・・ちょっとキツイなというのは

感じますかね。


不景気、および物価上昇で経済効率性がこれから落ちることが

大いに想定できるので。

(といっても統計上は好景気なりが偽装されていくと思う)



まあなので物価上昇は日本にきてまず感じたことですので

すごいかんがえさせられました。



もし「身の回りのものの物価は上がっていない」とかんがえるなら

別に深刻に考える必要もないでしょうが


「なんかこの数年でどんどん物価が上がってる」って言う人なら

生活スタイルとして 実際に物価上昇に攻撃されだしてる

わけですから


そこで守りとしての攻撃、資産形成を考えるときなのかも

しれませんね。


そしてじゃあその資産を日本円じゃなくて米ドルとか

ユーロとかで持つといいのか?というとそうでもなくて


世界の通貨全体で価値が毀損してる現状なので

金ゴールドなり銀シルバーなり、そういう実物資産の

意味を再度考える時期なのかもしれません。


では!




ゆう





追伸・・・ちなみに私が消費行動として

自分がとった消費行動を分析するのだけど


上の寿司屋の話で今まで100円から150円になったもの

これは「本当に好きなメニュー」は150円でも食べる。


けど「1.5倍か~高くなったな」ってことで

やはり100円据え置きのものを結構注文したわけです。


周りの人も同じ。


となると、ここでその安い100円のものに

注文需要が殺到するわけで


そうなると次は 需要が高いから値上げしましょう

となるわけで


その最後の砦の100円のものも値上がりするんだろうと

思います。


今日本では「コスパ」が良い店に沢山人が流れてると

感じますが


ただ「コスパ」が良い店に人は集中してる。


となるとそこで次は需要が高まってお客さん回せない

という店も出てくるから


そこでやっぱり それは健全な需要と供給の法則で

値上がりするわけです。



ということで物価上昇、すなわち日本円の購買力が低下するのは

これからももっと続きそうです。


ただそこでみんながもらえる年金とか給料はそこまで

大きく変化していないので


ここで資産形成のための戦略を考えていく必要が出てくるってことですね。


=============

以上です!


それで上記の記事はこれ2019年3月の記事なんですが、

その後2019年後半にコロナ騒動が起こりまして

そして現在の2022年にスタグフレーション騒動が

現実化してる


って感じですよね。


物価は上がるけど収入は上がらない
っていうスタグフレーションが既に

日本でも貧困層を襲ってきている。


ただ実はここで私は自分の考え方を見直すのですが

当時2019年は金価格は5000円くらいでしたが

今は7500円で1.5倍ですから


実は本当は、日本円だけで貯金してるだけじゃなくて

資産をちゃんと正貨の金ゴールドに当時から

割り振っていたごく一部ってのは


実はインフレの影響受けていないっていうか

むしろ 通貨ベースなら資産が増えてるわけですね。



実はこれマスコミは言いたがりませんが

事実なんです。


実際に3年前にも上記のように考えていた人たちは

いて、そこで動いた人たちってのは

あくまで自己責任なんだけど


いま実は世界中で、日本で問題になってる

物価上昇、値上げもかなり冷静に見ることが出来てる

わけですね。



やはりちゃんと学んで知ってる人が強い時代

なのだと思います。


特にその傾向は大変な時代になればなるほど

顕著です。



それで上の記事は3年前に書いたものですが

大方そのシナリオで進んでると私は2022年の今見てるのですが


だからマスコミが言ってる、コロナのなんちゃらで

値上げってのは間違いであって


あくまでコロナ前から潜んでいた

先進国の問題ってのが


2022年になって誰でも分かるくらい

表に出て「見える化」しただけってのが


2022年の今マスコミでも取り上げられてる

物価上昇問題なんですね。


勿論コンテナ問題であるとかはあるんだけども

まあそれらはこの元からあった大きな政府の先進国が

抱えていた問題を加速させただけに過ぎない。


だから今のインフレ、物価上昇問題ってのは

元からあった傾向がコロナで加速しただけってことですよね。


それで当時はもう3年前に書いてるように

このシナリオ対策として


金などの実物資産ヘッジってのが

大きく通貨全体の価値下落、インフレシナリオで

考えられたわけですが


これをやってた人だけは2022年の今、

まあそこまであせっていないのだけど


逆に実物資産を軽視した人ですね、

例えば当時2019年はマスコミでも


通貨のドルとかポンドとかユーロに分散することを

薦めてましたが


それぞれアメリカでもイギリスでも欧州でも

物価上昇なんだから


この当時、色々な通貨に分散って人たちは

今困ってるな~って感じはあるわけです。



ドルも円もユーロもポンドもインフレ考えたら

通貨全体が弱くなってるのですから。


まあそれで、今の2022年に状況観察して

いえることとしては


「各国で貯金に依存してた人たちが

これ困ってる」


ってのは観察できるわけで


日本でも日本円で貯金ならぬ貯円ですね

これだけをしてた人たちが
(もしくはそもそも貯蓄をしてなかった人たちが)

値上げの打撃を受け、苦しんでるわけです。


ちなみにここで知っておくべき重要な考え方はあって

「貯金」って言葉がおかしいのですね。



金販売店で最近は本当の意味で金ゴールドを

貯蓄できますが


それが本当の「貯金」でありまして


実は日本人の多くがやってるのが

各銀行口座に日本円で貯蓄してるわけで

それは「貯円」ですね。



ちなみによくここで「貯金はおかしいから

投資しよう」って言われるんだけど


本当はこれ事態が正確に言うとおかしくて

「既に貯金してる人は日本円、もしくは日本の国債に

投資してるのと一緒」


なんです。


だから正確には

「貯金とは銀行口座で日本円、日本国債に投資してるのと

一緒だから、


ここで法定通貨以外の投資先、貯蓄先を考えよう」

ってのが正しいのかなと。


それで当時2019年時点で、

法定通貨以外の分散を行った人たち


金や銀などがありますが、まあこの人たちは

実はインフレという名前の世界中の先進国の通貨価値下落から

資産を守れてるわけですね。



本当の正貨、これは金ゴールドでありまして

ドルも円もこれその亜種ですから


そこで法定通貨一本張りってのは

危険な時代ですよね~



まあそれでこの辺のインフレに慣れてるのが

私がこの前いたトルコの民衆ですが

彼らは法定通貨なんて信じてませんから


給料もらったとしたら

使わないといけないトルコリラだけ残して


残りは金ゴールドに割り振ったりするのですが

(その辺の商店でゴールドかえるんで)



結局そうやって法定通貨だけに

依存しないことってのが今後の日本人では

求められてくるわけです。


給料が日本円で振り込まれましたってことで

ボケーっとしてると


その残って貯円してる日本円の購買力どんどん

下がってきてしまうとその後大変になるわけで


ここで未来は予想できないから

法定通貨以外にヘッジしていくってのが

大事なわけですね。


重要なのは

「勝つことより大損しないで負けないこと」

ですね!



そんで株なんかもやはりリスク上がりますから

やはり分散としては


法定通貨+実物通貨やモノ(最近は天然ガスとかウランとかもあります)


などが最低限必要なのだろうと思います。



まあそれで今起こってるのは

日本円やドルなど法定通貨に一択した人たち


日本で言うと特に上のようなこと考えないで

貯金(貯円)してた多数が困ってるわけですが



まあ今後何が起こるか誰にも予想不可能ですから

ちゃんと何が起こってもどっちに流れても大丈夫なように

ヘッジしていくってのが大事ですよね。


2019年の記事から

それこそ1000万円ありましたって人であっても


そこで日本円だけ貯金で持っていた人なんかは

今大変だろうけど


しかし500万貯金、500万ゴールドや銀

に分散してて実物資産の実力を正当に評価した人たちは


資産は法定通貨ベースでは

1300万円くらいあるはずなんで、


十分インフレ分を賄えるはずなんで


まあインフレ対策ってのは

知ってる人からしたらそこまで難しいものではないですね。


少し面倒かもだけど

一定程度のお金が法定通貨の円とかドルで入ってきたら

他の法定通貨じゃない今後構造上需要が上がらざるを得ないものに

一定割合を割り振る、


それだけかと思います。



まあそれで私は3年前に上の記事書いてるくらいなんで

やはり世界中の今後顕在化してくるインフレってのは

ずっと見てるわけですが


色々な国をこの数年回ったんだけど

「インフレと不景気のスタグフレーションが

2022年の今問題となってる国の

政治構造の特徴」


ってのがあるんですね。


さあこれはなんでしょう?


そう実はよくメルマガで書くんだけど

「大きな政府」の国が今スタグフで苦しんでるわけです。


大きな政府ってのは行政権限が大きくて

福祉のキレイゴトが強い国であって


実はこの大きな政府の国々でスタグフが問題となってる

わけで 日本もそれなんですね。



一方私は小さな政府の国が好きですが

実は報道されないだけで


小さな政府の国々ってのは先進国ほど

不況と物価上昇で実は苦しんでいない。


私がいる中欧ジョージアなんかはそれですが

こっちから見ると

「先進国は物価上昇やべえな」

くらいでして


シンプルに景気がそこそこ回っての物価上昇なんで

生活してても、景気の成長率から比べると




現地通貨ベースですと、

そこまで先進国ほど

おかしな物価上昇でもないのかなと。


(と言っても先進国の通貨価値が落ちてるので

先進国の人間からしたら、円やドルベースとかで考えると

高いなって感覚かも)


だから今実は大きくは世界全体で観察できるのが

ジャブジャブマネーを継続した

大きな政府の国々、いわゆる先進国がスタグフで大変になっているけど


意外に報道されないだけで

政治体制が小さな政府、行政が制限されて

ジャブジャブマネーをしなかった自由な国は 


裏側でしっかり楽しく回ってる


ってのが私が知ってる現実ですよね。


だから中欧なんかにいると確かに以前よりは上がってるけど

正直生活の中で「これ安い」って体験のほうが多いのですが


まあやはり国民全体が今後の負担も考えて

政府に節約を求めてきた国は今すごい強い。



それで大きく国レベルで見ると

歴史的には政府がジャブジャブ通貨やって暴走して

そこで通貨価値が下落して


そんで戦争とかっていう流れが一番多いのですね。


まあこのシナリオは多くの人が心配するところ。




ただ私から見ると、やはり

スタグフレーション、不況中の物価上昇は

主に2022年の現在、 行政権が拡大してる大きな政府で

起こってるわけで


本当は、できるかできないかは別として

大きな政府でスタグフに私が数年前から書いてるように

陥ってるのですから


これを小さな政府にしてしまえば

これ実は戦争などしないでも良いわけです。



ただ当然、大きな政府⇒小さな政府への転換ってのは

言うは易し行うは難しなわけで
(官僚と公務員という既得権益が猛反発しますので)


できるかできないかは別なんですが

まあ実は私が見る限り

本当は国家単位でのソリューションは見えてる。


というのはインフレ物価上昇で値上げ地獄です

ってなれば答えは一つしかなくて


「そのインフレ率以上に個々が稼ぐしかない」

のですね。


よく日本では左右の人たちが

政府、行政に「値上がりを止める策を~」とか言うけど


商品の自由市場ってのは人間が政府が

完全にコントロールできないのだから

いわゆる神の見えざる手で動くから、


それは政府が今までの歴史で

何とかコントロールしようとしてきたけど

全て失敗してるわけです。


結局対策としては個人個人がインフレ率以上に

稼ぐしかないわけですね。


さて、私は色々な国を回ってこの辺の経済問題を

自分の目で見てきたわけですが


既にこの先進国で社会主義市場で起こってる

スタグフ問題ってのに対してソリューションを示してる国が

あるんだけど


それが実はこんな先進国がスタグフで苦しんでる中

隠然と成長してるコーカサス地域のジョージアなわけですね。


ちなみにジョージアってのは

昔はソ連の構成国で社会主義だったんだけど


今の先進国も実際は旧ソ連と一緒で、

大きな政府でそこで経済効率性が失われて

スタグフになってるんですが


まあジョージアってのも昔のソ連時代は

社会主義で大変だったんだけど


そこで「資本主義」をちゃんと導入したわけです。


そこで一気に 経済の命ってのが

ジョージア経済に注入された。


そこで当時ソ連時代に大変であった

ジョージアが何したのかっていうと


当時ジョージアは日本そっくりで

「あらゆる規制や許可が社会に蔓延しており

何やるにしても許可が必要で

自由経済は機能してなかった」

んですね。


日本でもそうだと思います。

何やるにしても役所の許可が必要で


多くのビジネスやるにしても 色々な煩雑な手続きが

役所で要求されますよね?



それで資本主義で重要な営業の自由は実質失われて、

商売人は行政に監視され、大変なことになるんだけど


そこで当然 経済で投資や商売で這い上がる人数は

制限されるわけで


そこで這い上がる人は 官僚や公務員と癒着する人だけだった

わけですね。


が ジョージアの場合はソ連から独立して

資本主義を本格導入するわけですが


資本主義の定義は

公的部門(役人)と私的企業(自営業のおっさん、おばはん)

が完全に100%分離されてることだけど


ジョージアはそれを社会主義ソ連から自立して

一気に展開したのです。



そこで今まで多数あった許認可の大部分を廃止して

官僚、公務員利権を崩しにかかって、


自由に誰でも商売が簡単に開始できるようにした。


また税に関しても 日本のような社会主義のような

稼いだら稼いだ分だけ 税率上がるなんておかしいから


全て「フラットタックス」といいまして

いくら稼いでも20%前後として


そこで行政公務員が税金で自営業者イジメをできないように

いたしまして


ここで資本主義の主役である個人や中小事業者主役の

国を作ったわけです。



まあ当然、許認可権限ってのが役人の支配力の源であるから

そこをほとんど撤廃するってのは大変だったろうけど


許認可、要するに役人が私的企業に命令下す体制は

これ社会主義のもので


役人と私的企業が100%分離されてる資本主義体制とは

ほど遠いですが


ジョージアの場合はここで国の体制を

一気に資本主義に振ったわけです。


ここで政府が人気取りのために

ジャブジャブマネーなんてできなくなったわけですが


しかしここで 経済は息を吹き返し、

人々は自由商売して、とんでもない成長率を遂げて

今に至る。



それで勿論インフレはあるんだけど

それは先進国で見られる不健全なインフレではなく


あくまで経済が成長して

そこでその後 それに付随して健全なインフレが起こってる

わけでして


まあ実は日本が抱えてる現在の問題と、

昔ソ連時代にジョージアが抱えていた問題は一緒なんで


成功事例は既にコーカサス地域で見られるので

これ真似すればいいだけなんですね。


ただ上に書いたけど

言うは易し、行うは難しってことで


例えば今の日本でジョージアがやったみたいに


「これから公務員や役所がやってる

各種許可や規制を撤廃いたします。


なおかつ税の累進課税とか社会主義なんで

資本主義ベースで どれだけ稼いでも稼がなくても

20%に均一化します」


とでも政治家が主張したら?


まあ既得権益の主に官僚やマスコミから

猛反発食らうわけです。


だからこの辺の政治が大事ですよね。


政治家がちゃんと、資本主義への転換に成功すれば

日本はスタグフが沈静化して


そこで健全な成長が開始できるけど


そうじゃない場合、官僚利権が温存されてしまうと

実質は社会主義に陥るから


それこそ最悪シナリオで戦争なんかも出てくるわけで

やはり今後 日本の資本主義を考える

真正保守の政治家がどう動くかが大事でして


岸田首相がその転換への方向性に舵を切れるか

ってのが注目なわけです。



ちなみに日本ではやはりその転換は今まで難しくて

世界一官僚機構が強いわけですが


世界一 日本は社会主義体制が成功した

表向き資本主義の国なんですね。


ここで官僚や公務員の既得権益たるや

すごいものです。


それで今の日本の右翼と左翼、ネットウヨ、ネットサヨ

両方の共通点が

「官僚や公務員には優しい」

のですが


経済では実は正体が分かりやすいんです。


まず左翼は 金をばらまく政策を推進しますよね。

しかし右翼、自称保守もMMT理論で

金ばらまきを推進するわけで


そのMMT理論ってのは社会主義政策なんです。


だから日本のマスコミ世論ってのは、

共産主義の左翼と

社会主義の自称保守で形成されてるわけで


ここでジョージアで見られるような

資本主義を進めていき、財政健全化をしていく

って勢力は表にはないわけですね。


岸田はそれをしたがってるけど

彼がネットウヨにもネットサヨにも叩かれてるのは

まあそれです。


ちなみにオミクロンの話の裏側はやはり

マンボーでしばらく米軍問題をやりたいっていう

反官僚機構の左からのアプローチなんですが

(日本の左も軍産側と、反エスタブで分かれてます)


これは大きくは官僚機構の利権が米軍だから

そこに切り込もうという流れですね。


だから最近ネットウヨもネットサヨもそれに

命令されたとおりに反発してるって構造かと私は見てます。


まあだから小さな政府に転換していくってのは

日本の政治家からしたらかなり難しく


左右両方に叩かれながら進めることだから

今後その辺で岸田がどれだけ奮闘できるかが

注目されますね。



まあだから実は先進国のスタグフレーション問題ってのは

もう歴史検証したら解決策なんてすぐわかりまして


「公的部門と私的企業を完全分離した

本来の純資本主義体制を政治で実現する」


これをやれば良い訳で


だから日本の岸田と一緒に動いてる

経産省官僚たちってのは


やはり今その転換に成功してる

ジョージアなどに行ってその転換方法を学ぶ必要がありますね。


「貧しいソ連時代から

一体どうやって資本主義を導入して

ここまで物価抑えてなおかつ経済発展したのか」


を現地の資本主義支持の高官たちや学者から

学べばよい。


ただそれを日本で進めようとすると

大日本時代の旧内務省官僚との官僚機構内のある種戦い

になるのは必須だから、


岸田と一緒に動いてる 数少ない

資本主義の重要性を理解してる

若い官僚たちにも覚悟は求められるでしょう。


まあだから、3年前に書いている

スタグフレーションのシナリオが現実化してるわけですが


個人ベースでは上に書いた

対策はあるんだけど


国家ベースでは

「実質社会主義の状態を

実質資本主義に転換していく」


ってことでスタグフ状態が長引くことを
防げるわけです。


そういった意味で今後日本の政治が

どのようにこのスタグフに対応していくか?


も注目となりますよね。


まあ実際はスタグフになっても

色々個人レベルでは対策できることは多くあるので


それらを知って資産保全に取り組みたいものです。


それでは!



ゆう




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆうさん読者限定 案内】


年間2億円を稼ぐ狂人億トレーダーが17年積み重ねた
失敗成功・知識知恵・投資哲学・心理学の数々の経験を

約30時間以上の動画コンテンツや補足資料へと昇華させた
『強く自立するために負けない力を身につける』ための

無料FX道場コンテンツサイトがリニューアルしました!



【リニューアル版】無料FX道場コンテンツサイト

⇒  https://www.fxdojo.jp/opening


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





«  【止まらぬ日本の物価上昇と値上げ、および不況について考える!】 (3年前のメルマガを参照しつつ)  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください