無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【日本で一番暖かく過ごせる場所は「北海道?」という話】 (暖かく高気密・断熱の部屋で過ごしてネットで稼ぐ)

2022 1月 23 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【日本で一番暖かく過ごせる場所は「北海道?」という話】
(暖かく高気密・断熱の部屋で過ごしてネットで稼ぐ)

⇒編集後記で


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆうさん読者限定 案内】


年間2億円を稼ぐ狂人億トレーダーが17年積み重ねた
失敗成功・知識知恵・投資哲学・心理学の数々の経験を

約30時間以上の動画コンテンツや補足資料へと昇華させた
『強く自立するために負けない力を身につける』ための

無料FX道場コンテンツサイトがリニューアルしました!



【リニューアル版】無料FX道場コンテンツサイト

⇒  https://www.fxdojo.jp/opening


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして

ありがとうございます!


さてさて、前号で野田さんと中森社長とコラボの企画である

無料FX道場のリニューアルしたものを流しましたが

すごい反響ですね~


まあやはりFXとか投資の知識って

ネット上にバラバラに散らばっていて

何も知らない素人の人だと FIREとかいって


今後危険性が高いアメリカ市場の投資信託買って投資とか

やりがちだと思うんですが

(近年中に狩られるかと)


まあやはりちゃんとしっかり学んだ人が

負けない、もしくは負けを小さくして


今後も資産を増やすのでしょうから

ここで無料FX道場で学ぶことは長期的に意味があると

私なんかは思います。


ちなみにネットで投資でもビジネスでも稼ぐって

簡単な部分はあって


それが多くの人が本気で勤勉にも学んでいないし

さらにスピードも遅いので

ちゃんと一流に勤勉に学んで 

スピード早く行動できる人にとっては


すごい簡単な分野なんですね。


多くの人が本気でない、ってのが実際の話

ネットで稼ぐ分野ではすごい有利な点なのかな~と

私はよく思います。


さてさて、それで私は今は

ユーラシア大陸の中欧地域にいるのですが

まあとにかく最近は以前から書いてるのですが

「寒い」の一言なんですが


こっちと日本の友達つないでよくアプリの電話でも話すのですが

日本の投資家や起業家の友達も


「とにかく寒い」と言ってたりします。


特に東京とか周辺の人たちが「寒すぎる、どっか暖かいところ行きたい」

といってる状況でして


そんな会話をしていて

「6000キロ以上離れていても世界中で悩みは一緒だな~」

と私は感じるわけです。


ちなみに日本ではあまりないと思うんですが


私がいる中欧地域ですと、以前までは暖かい地域だったけど

最近急に寒くなった地域にいるのですが

それこそ道にヤシの木が生えてるのに

雪が積もってたりする。


ここでもう人々は寒冷化対策などをしていなかったので

寒くなると電力需要を賄えなくて

停電が頻発してたりして


そんなのを見ていると

今年は一気に寒冷化が進んだのだろうと私は思いますが

最近は暖房などで電力逼迫して

停電とかがすごい問題になってたりしますね。


それでやはりこの寒さはおそらく

日本の関東とかその辺より東の人は

問題として捉えてる人は実際

かなり私の友人たちも含め増えてるでしょうが


まあやはりネットで稼ぐとなった場合、

「家にいる時間」って特に会社に通勤するわけでもないから

増えてくると思うんですが


そこで私の日本の関東の友人たちも言うんですが

「寒いとパフォーマンス落ちる」ってのはあるわけです。


実際に寒いと色々な病気とか増えるのは既に研究結果が出てるけど

免疫がシンプルに下がりますから


活動力減って(スピード低下して)

それで長期的に体力も落ちて収入や資産に悪影響が出てくる可能性は

大いにあるわけですね。


それでまあやはり私は今後

世界全体の傾向は寒冷化なんだろうなって

思って色々調べるのですが


今後、「暖かく過ごす」ってのがすごい大事で

暖かい部屋で、


ネットで稼いでるなら検証とか色々投資銘柄調べたり

ネットビジネスしたりってのは健康のためにも

夏以外は大事になってくると思うのですが



そこで富裕層の人たちなんかは最近は

ドバイとかタイに移住しちゃいますけど


しかし「それでも日本で暮らしたい人」ってのも

やはり多いわけですよね。


ただ日本の東京らへんにいると私の友人たちも言ってますが

寒さは我慢しないといけないわけですが


実は日本で「暖かく過ごせる先進地域」ってのがあるわけですね。


そうこれは住宅性能なんかを調べたことがある人はご存知かと

思いますが


実は日本でもっとも暖かく暮らせるのが

「北海道」なわけです。


そして2位が沖縄なんですね。


これは「え?北海道が一番暖かい?何言ってるんだ?」と普通は

思うんですが


多くの人はやはり冬は室内で暮らすことが増えてるわけですが

その室内温度平均で日本のトップは・・・


というとやっぱり北海道なんですね。


■北海道の住宅事情[前編] 部屋の暖かさが日本一ってホント!?
https://suumo.jp/journal/2017/……12/123803/


以前にウェザーニューズ社が行った調査によると

実は部屋の温度が高い都道府県を調べたところ


1位が北海道で

2位が沖縄だった

ってのがこれ調査で分かったわけで


部屋の平均室温で見ると、

北海道が沖縄を抜いてたわけですね。


だからよく北海道の人はTシャツ一枚で部屋の中で過ごしてる

って話を聞くと思いますが


その部屋の暖かさってのは調査でも出ているわけです。


それで私の関東の実家なんかもそうですが

とにかく寒いから、局所暖房ってことで

こたつ を常備してる家庭は関東では多いのだけど


実は北海道ではコタツ常備してる家がもっとも比率が低く

特に最近施工された北海道のマンションは

高気密と高断熱の家が多いですからね、


そこで暖房やセントラルヒーティングで事足りて暖かいから

それで北海道の方は最近はコタツなんか置かないで


暖かく暮らしてる人が

増えてるわけです。


まあそれで勿論外は日本一

北海道は寒いかもしれませんが


そもそも冬の寒い日に素で外にいる時間なんて

大体が限られてるから

実は暖かく過ごしたい=室内環境が暖かいこと


ってのが大事になるんだけど


ここで高気密 高断熱を研究し続けた

北海道が日本では一番暖かい都道府県になりつつあるわけですね。


そんで「寒いから暖かい地域で過ごしたい」

って人は私の友人でも最近すごく多いんですが

(20代後半とか30代前半の友人でも寒い寒い言ってるから
本当に寒いんだと思う)


そこで「実際は暖かく過ごせる日本の地域は北海道だ」

っていうところを色々その理由を知れば、


私たちが暖かく今後数十年過ごすことにつながるので


たぶん寿命も延びる話なので


考えて行きます!

編集後記で!










■■■■■■■■■■■■■■■■■


「あの無料FX道場が復活」しました!

(年間1億以上稼ぐ野田さんの30時間以上の講義
⇒無料です)




■■■■■■■■■■■■■■■■■



さてさて、今日はズバリ投資やトレーディングをやってる方にとっては

おそらく嬉しいお知らせだと思うのですが



以前、年間2億円稼ぐ

スーパートレーダー野田さんと、


そして事務局の中森(ナカモリ)社長と


「無料FX道場」というコラボ企画をメルマガでやってまして

これが大反響だったのですが、


あの「無料FX道場」のサイトですが

リニューアルしてさらにパワーアップして


戻ってきました!!


それこそちゃんと学んでいただいた方に

「30万円入った投資の塾よりも深くて

内容が無料なのにすごい」


と多く言って頂いたのですが



今年2022年1月後半に


無料FX道場のサイトがリニューアルされて

復活しました!



今日は事務局社長のナカモリ社長から

あなたに1年半ぶりのメッセージです!!




↓↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆうさん読者限定 案内】


年間2億円を稼ぐ狂人億トレーダーが17年積み重ねた
失敗成功・知識知恵・投資哲学・心理学の数々の経験を

約30時間以上の動画コンテンツや補足資料へと昇華させた
『強く自立するために負けない力を身につける』ための

無料FX道場コンテンツサイトがリニューアルしました!



【リニューアル版】無料FX道場コンテンツサイト

⇒  https://www.fxdojo.jp/opening


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




初めましての方は、初めまして。

お久しぶりの方は、1年以上ぶりですね!


無料FX道場 事務局のナカモリ社長です。




去年20年の3月から8月頃までゆうさんのメルマガで

無料FX道場の企画を扱って頂いて、

ご存知の方も多いと思いますが、


先述でご案内した通り、大好評の声をたくさん頂いていた

無料FX道場のコンテンツサイトを新しくリニューアルし、



そしてさらに、以前のコンテンツサイトでは公開されていない、

最新動画の講義の追加、既存講義内容の追記修正などを行い、


バージョンアップして帰ってきました!



【リニューアル版】無料FX道場コンテンツサイト

⇒  https://www.fxdojo.jp/opening





サイト内で公開している動画講義や補足資料などは、

年間2億円を稼ぐ狂人レベルの億トレーダーの野田さんが


トレード歴17年間で経験してきたことのすべてを

ある種の作品として体系化させたコンテンツとなっていて、



FXをこれから学ぶ初心者さんから経験者さんまでもが、

トレードで稼ぐ力を身につける、、、正確に言えば、


『負けないためのトレード力』を身につけるために、

必要な要素を詰め込んだ数々の講義で構成されています。




公開予定としている動画講義だけでも約30時間以上はあり、

今はまだ、旧サイトからの移行中で15時限目までの講義しか

公開準備はできていませんが、


これから新しい講義も含めて公開をしていく予定でいるので、

ぜひ興味があれば、ご覧になられてみて下さい。




【リニューアル版】無料FX道場コンテンツサイト

⇒  https://www.fxdojo.jp/opening





本日は告知だけの案内になりますが最後に、


無料FX道場という企画では、


『強く自立し自分の人生やお金の判断は、自分でしていく。
===================================

 つまり自分の人生の判断を自身で自由に選択肢し、
===================================

 コントロールしていくために学び、向上をさせていく。』
===================================


これを根幹とした最大のテーマとして掲げています。




よって、自立に反した依存心を駆り立てる

「この手法を使うだけで誰でも○◯万円は簡単に稼げます!」
「ツールを使ってほったらかすだけで、毎月◯◯万円稼げます!」
「この裏情報のままに投資をするだけで、何十倍になります!」

などのような思考を放棄する内容のものではなく、


「スキル上達・自己成長 」にフォーカスを内容のため、



自ら思考を繰り返し、脳ミソに汗をかき、判断と行動を繰り返し、

何ものにも縛られることなく自身の意思決定で

お金や人生をコントロールしていくことを目指していく。



そのために「真剣にガチ学びをする向上意欲」があれば、

きっと とんでもない成長ができるキッカケになるし、



無料での公開とは言え、無料の領域を圧倒的に凌駕した

コンテンツの素晴らしさを、肌感覚で理解するでしょう。




それでは、

狂人レベルの億トレーダーが魅せるFX相場の世界を通して、

強く自立するために負けない力を身につけることを目的とした

リニューアル版 無料FX道場コンテンツサイトをご覧下さい。



【リニューアル版】無料FX道場コンテンツサイト

⇒  https://www.fxdojo.jp/opening





===========

以上です!!



さて、それで以前に

本当に多くの方に反響、好評いただいたのが

野田さん、ナカモリ社長との

無料FX道場の企画であったのですが


「無料で298000円とかで売られてる塾以上の

内容をオンラインで学べる」


というものですが


実はもう去年から色々サイトリニューアルなども

中森社長がかけてくれていて


それでようやく2022年になって

新しい無料FX道場のサイトを公開できる運びとなりました!



ちなみに野田さんに関しては

以前にメルマガで扱ってるので昔からの読者さんには

馴染みがある人でしょうが


最近メルマガを見だした方に紹介すると

いわゆる億トレーダーで年間1億円とか2億円稼いでいて


なおかつトレーダーを増やすために

指導にあたってる


ガチの本物のすごい人ですね。


個人的にはコロナで最近ちょっと国境問題があり

会えてませんが


以前なんかはまだ自由だったマレーシアで

3人で会って色々話したりしたこともよい思い出として

覚えてまして


なんというかトレーダーでもあり

哲学者の一面もある方なんですが


いわゆる自由市場で神の見えざる手で動いてるのが

これ相場なんですが


その神の見えざる手の市場法則、市場ルールってのを

日本でもトップレベルに解明してしまったスゴイ人

がこれ野田さんであって


日本でおそらく初めて

「相場というのはこういう構造で形成されていく」

ってのを解明してしまった人ですよね。



それで今回の無料FX道場ではその野田さんが

基礎部分~発展まで無料で解説してくれてるコンテンツでありまして


本気で投資や投機を学んでる人にとっては


「これ無料で本当にいいの?」っていう感じでしょうが


今回無料で公開できる運びとなりました。



ちなみに投資や投機系のコンテンツって

今はネットに多く溢れてると思うんですが


こうやって年間2億円とか1億円とか稼いでるトレーダーの

考え方が基礎から発展までまとまってるものって

ほとんど 無料ベースではないはずなのですが


今回の無料FX道場、リニューアル版では

それらが大きく分かりやすくまとまっており、


おそらくここまでFXのトレーディングを

ガチに無料で学べるコンテンツって日本では存在しないはずです。



それで野田さんに関しては

この無料FX道場の内容を基礎として


それで年間1億円~2億円という金額を

普通に稼いでる方なんですが


あまりこういうスゴイ人の思考形態を学べる場所ってのは

ネットにないのですが、


それを作ってくれてるのが

上記の中森社長なんですね。



二人とも多くの生徒さんに慕われてる

そんな立派な方です。


それで今回、このメルマガとのコラボ企画みたいな感じに

なるんですが


以前もやっていた無料FX道場の企画ですが

もう少し 見やすい、分かりやすいサイトをってことで


無料FX道場のサイトも基礎から実践まで

すごい学びやすいように


中森社長が何ヶ月もかけて作り直してくれたので


それを今号では公開です!



全部で今のところ30時間以上くらいのコンテンツですが

たぶん色々見ていただければ


「ああこういう人が億行くんだな」

ってのは大人なら誰でも分かると思いますので


是非世界でもトップレベルのトレーディング知識に

触れたい人は是非ご覧くださいね~



ちなみに基本的には 

「勝つことを目的とせず

負けないことを目的とします」


が、はっきり言えばこれを継続するのだけが

お金持ちになるコツですが


勝ちばかりにこだわってる

大手SNSに集ってる素人の方々とは

レベルが違うのも見たら分かると思います。



野田さんの投資経験は17年とかになりますから

その辺にいる投資経験2年とか3年の人とちょっと

「水準」が違うのですね。


それで今回基礎部分になりますが

「なぜそれが大事で、なぜそういった考え方をするのか」

という部分で


コンテンツでも野田さんが言葉で、文章で

しっかりその重要性をロジカルに説明してたりするので


すごい勉強になると思いますので


是非今回リニューアルした無料FX道場ですが

ガッツリ 今後楽しんで学んでいきましょう!



よければこの土日に

のんびりとゆっくりと、楽しく学んでみてくださいね~




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆうさん読者限定 案内】


年間2億円を稼ぐ狂人億トレーダーが17年積み重ねた
失敗成功・知識知恵・投資哲学・心理学の数々の経験を

約30時間以上の動画コンテンツや補足資料へと昇華させた
『強く自立するために負けない力を身につける』ための

無料FX道場コンテンツサイトがリニューアルしました!



【リニューアル版】無料FX道場コンテンツサイト

⇒  https://www.fxdojo.jp/opening


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





追伸・・・

ちなみに今回のリニューアルされた無料FX道場ですが、

実はこの内容だけで

「負けなくなっていく」っていう内容なので


投資ってのは負けてお金が減るか

負けないでお金が増えるかの

ある種2択の世界ですから


要するに今回の無料FX道場の内容、30時間以上になりますが

それをしっかり学ばれる一部の方は


まあ負けなくなる=資産を増やすのが極めて簡単になる

っていう内容で


それを今回無料でなんと提供することになりました。



ちなみに何事も基礎が大事でして

基礎固めたら、結局発展は後に乗っかってくるので

うまくいくんですが


今まで色々な方を見ても

基礎を固めた人ってのが2021年も稼ぎましたけど


発展ばかり見るというよりは

億トレーダーの野田さんがおっしゃってる

基礎が哲学が最も大事ですね!


投資の市場、チャートってのはやっぱり

自由市場だから、

「神の見えざる手」ってのが働くんだけど


投資とか投機トレーディングを理解するってのは

その「神の見えざる手」=自然を勉強するってことと

同じ意味ですけど


それこそ日本の大哲学者である

故・小室直樹先生が解明できなかった


市場法則を解明したのが 実は野田さんっていう

すごいトレーダーなんだけど


これが実は億トレーダーの世界観なんですね。

日本のトレーダーでトップレベルの実力を持ってるといっても

過言ではないのが野田さんです。


それで、多くの人にとって触れたことのない世界観が

チャート上で展開されてるのが分かるでしょうが


これが億トレーダーの思考形態なので

是非 じっくりと学んでみてくださいね!!






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆうさん読者限定 案内】


年間2億円を稼ぐ狂人億トレーダーが17年積み重ねた
失敗成功・知識知恵・投資哲学・心理学の数々の経験を

約30時間以上の動画コンテンツや補足資料へと昇華させた
『強く自立するために負けない力を身につける』ための

無料FX道場コンテンツサイトがリニューアルしました!



【リニューアル版】無料FX道場コンテンツサイト

⇒  https://www.fxdojo.jp/opening


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★









========編集後記=======

さてさて、今日はズバリ


「日本においては大多数の人が暖かく過ごせる地域は

実は北海道である」

っていう ほんまかいな って話を書いていきたいと

思います。


たぶんこれは断熱とか気密性とか

調べた人とか寒いから建て替えやリフォームを考えてる人とか


高気密、高断熱の長く持つ家ってのを

調べてる人はきっと知ってる話かもしれませんが


実は意外に知らない人も多いけど

この寒冷化してる現状では意外に大事な話に

つながってるので


今日はそれを扱いたいな~と思いました。


まあそれで私も今この前いたトルコから中欧にいるのですが

そこで日本の友人たちとも電話、通話つないで

よく話すのですが


そこで日本の友人、特に東京近辺の人が

みんな口をそろえて言うことがあって

それがやっぱり「最近あまりにも寒い」ってことなんですね。


この「寒い問題」ってのはメルマガでずっと

定期的に扱ってるけど


私の友達でも東京近辺の人は寒い寒い言ってる人が

とにかく増えてる。


特にIT系で IT使ってビジネスや投資やってる人間たちは

やはり自宅で仕事してる人もかなり多いからだと

思うんですが


とにかく寒いってのは、本当にみんな口を揃えたかのように

言うわけです。


ちなみにですが、

今までのこれ 軍産官僚支配が顕著だった日本では

大手ハウスメーカーとか官僚機構の癒着ってのが

許されてきたけど


大きく、民衆が重視される多極派時代に今後入っていくので


この「日本の家寒い問題」ってのは今まで

既得権益が関わるので タブー扱いだったんだけど


今はもう結構色々な方面で言われてますよね。


去年、書いたセントラルヒーティングの話も

すごい反響があったけど


■【日本ではなぜ 暖かいセントラルヒーティングが
普及してないのか?を 考える!】
(日本の大企業利権などなど)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3111#3111


やはり「GDP3位の経済大国 日本の家は寒い問題」

ってのはこれ一言で政治なわけですね。


ただ流石に今後、寒冷化する中で

多極派有利となる流れで


この 「日本の家・寒い問題」ってのは

最近は一部のメディアも攻撃されつつも報じだしてますから

変化、解決していくかもしれない。



ちなみに、寒い家で暮らしてると

当然ですが体温下がって免疫機能が低下するってのは

想像に難くないですが


最近はもう「寒い家は早死にする」ってことが

公にちゃんと言われだしてますよね。


■「18度未満の寒い家」は脳を壊し、寿命を縮める
(最新研究でわかった室内温度リスク)
https://president-jp.cdn.amppr……F-%2F30551


これは室内気温差ってのが、

ヒートショック死につながってることは知られてるから

確かにそうなんだろうなという人は多いと思うんですが


まあ日本でも年間1万7000人くらい

コロナとは比べ物にならないほど

ヒートショックで死んでますから


そんで実は寒い部屋にずっといると

各種疾病リスクってのは急増しますからね、


やはり今後考える必要がある問題だと私は思います。


それで以前にも扱ったけど慶応大学の研究室が

研究した研究結果ですが


それは

「暖かい家に住んだら

どんだけ病気減るのか」の研究なんだけど


寒い家から⇒暖かい家

に住んだら


なんと以下のようになったのですね


■アレルギー性鼻炎
28.9%⇒21%

■アレルギー性結膜炎
13.8%⇒9.3%

■高血圧性疾患
8.6%⇒3.6%

■アトピー性皮膚炎
7%⇒2.1%

■気管支喘息
6.7%⇒4.5%

■関節炎
3.9%⇒1.3%

■肺炎
3.2%⇒1.2%

■糖尿病
2.6%⇒0.8%


■心疾患
2.0%⇒0.4%

■脳血管疾患
1.4%⇒0.2%


まあもうこの研究がすごい大事ってのは

分かると思うんですが


逆をいうと、(低気密で低断熱の)寒い家に住むと、

健康が著しくダウンして、

元気なくなっちゃうし、各種疾病が増えて

早死にしやすくなるってことですよね。



免疫が低下するってのが大きいでしょう。


それで私の友人たちでも東京近辺の人は

寒い寒い言う人は多いわけで


仕事の効率性も相当落ちるってことを言う人が多いですが

やはり今後、ネットメインの仕事の人でも


暖かさを維持して、健康維持して

元気に経済活動するのは大事でして


この「寒さ」に対応する知識を持っておくのは

すごい大事なわけです。



それで、昔から私のメルマガ見てる人は

ご存知だと思うんですが


まあ私ゆうは 昔は日本に住んでいたけど

日本に住んでるとアレルギーが出てくるからですね、

生活の質が相当下がるから



やはり海外に移住したってのは大きな理由のひとつとして

あるんですが


まあこれが人生を本当に変えましたが

私のケースですと 日本に帰るとアレルギーが大変なんだけど

なぜか海外にいると アレルギー治ってきちゃう


ってのは昔からあったんです。


私の場合、だから日本は母国なんだけど

しかし日本に帰るとアレルギー出てくるから

健康に過ごせる海外にいるってのが実際ではありますが


これ実は当初「なんでそうなるのか」ってのを

色々調べていたわけですね。


それこそ 空気、食事、水の塩素など色々要素は

考えられるのですが


とにかく色々調べた。


その結果分かったことが

上でも研究室の結果が出てるけど

「住宅の気密性、断熱」この辺に大きな原因があるってのは


まあ分かってきたわけです。


というのが北海道と似てる高気密、高断熱の

家ってのが韓国なんかだと同じく寒いから一般的なんだけど


なぜか私の場合、

韓国にいるとアレルギー出なくなっちゃうって

不思議があって


そういう経験もあって

「住む場所、部屋が相当自分の健康に影響を与えてる」

ってのは私自身もよく知ってることなんですね。


ちなみに私は色々な国の色々な家に住んだ経験があるから

これは自らの体で

実験、比較して分かったことなんだけど


高気密、高断熱の家では健康に暮らせて

比較的古い、低気密、低断熱の家では体調が悪くなるってのは


もうこれは間違いないんです。


私の場合自分の体で世界各国で実験してるようなものなんですが

まあそうい経験通して分かったのが


高気密で高断熱の家ってのはすごい健康にも

ダイレクトに良い影響があるってことですよね。



ちなみにですが、日々「寒い」と感じてる人は

おそらくほぼ間違いなく、

気密性の低い家に住んでるはずで


気密性を測る数値ってのがC値って言うんだけど

このC値の値が高いと気密性が悪くて

C値の値が低いと気密性が高い強い家ですが


そういう人はC値が高い、いわゆる「スカスカな家」に

住んでるはずなんですね。

(ちなみに気密性低くて断熱工事しても限界があるから
気密性がやっぱり大事ですよね)


このC値ってのは日本の大手企業住宅メーカーってのは

かなり不都合な数値だから

隠したがるんだけど


日本の既得権益ズブズブの大手企業ハウスメーカーの

家ってのは

大体がC値では2以上であって


「スカスカハウス」を分譲で販売してるわけですが

ここに住むと、テントに住んでるのに近くて


外の冷気、外気、花粉、粉塵などはドンドン実は

室内に入ってますからね、

そこで寒い日には

暖房が効きづらくなってたりするわけですが


そこで多くの人が寒い寒いと震えながら

暮らすことになるわけです。


だから日本の北海道や東北以外の地域の家の多くは

実は低気密なわけですね。


が、低気密住宅ってのは量産には適していて

時間かけないで、工事技術が微妙でも

下請け孫請けに丸投げして

テキトーに作って 3000万円とか4000万円で販売できるから


大手住宅メーカーはそこで利益は上がるんだけど

住んでる人はその辺知らないから

まあ大変なことになって


ヒートショックで亡くなったり

欝やらアレルギーで苦しんだりって人は増えるわけですよね。



日本の住宅問題ってのはまさに

エスタブ官僚機構と大企業の暴走問題とも直結しており


「新築してから30年しか持たない低気密のスカスカハウス」

ってのがメインで売られているのも


やはり政治なんです。


ここでだから多くの人は

30年で建て替え・リフォームが必要となりますから


そこでまた何千万円もかかるんだけども


そこで「代々受け継ぐ家」ってのはなくなっていき


世帯分離してそれぞれの 世帯、おじいちゃんおばあちゃん世帯と

子供や孫世代の世帯が分離して暮らすことになるわけですが


そこで核家族化が進みますから、


大手企業はさらに儲けられるってのが

日本の経済構造なんですが


これは以前にバリ島のアニキがそのカラクリを

説明されてましたね。

「日本人が貧乏になる仕組み」ってのは


住宅の構造から既に仕掛けられてるわけです。


深く知りたい方はこのバックナンバー見ると

良く分かると思います。


■バックナンバー
【「日本人が貧乏になる仕組み」を
大富豪バリの兄貴の動画からその本質を知る!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3104#3104


まあそれで日本の住宅の寿命ってのは

かなり短くなるように設定されていて


スカスカハウスで、C値高く、外気がバンバン外から入ってくるわけで

結露も発生しまくりますが


そこで住宅寿命は短く、30年で建て替えが必要となり

そして寒い家に住む人が増えることになるわけですが



そうここで 例外的に日本の最北である

「北海道」ってのは

ちゃんとした住宅作りってのがされてきたわけですね。


高気密、高断熱の家ってのが北海道では

最近の建築物ではかなり多いわけでありまして



高気密で高断熱であるから

暖房とかつけたら外気の冷気に影響されずらいので


すぐ部屋が暖かくなるわけです。


そういうマンションが、

最近の北海道に建築された

マンションだとほとんどとなってるでしょうが

(昔の建築物はおそらく低気密なものも残ってる)


やはり北海道は寒い地域ですから

この住宅性能が高い家ってのは多くて


高気密、高断熱の家が多いわけです。


その結果以前のウェザーニュースの調査では

室内の気温ランキングでは


なんと北海道が1位を取ったりしたけど


■北海道の住宅事情[前編] 部屋の暖かさが日本一ってホント!?
https://suumo.jp/journal/2017/……12/123803/

実は、北海道の人たちは

部屋の中でTシャツ一枚で過ごしてるなんてことを

よく聞きますが



実はこれは北海道の中小工務店たちの事業者たちの頑張りが

おそらくあるんだけど


彼らが必死こいて北海道民を暖めるために

高気密、高断熱技術を研究し続けた結果、


北海道の室内が最も暖かいって結果になったわけですよね。


ちなみに私は今後人生どうなっていくのかは

分かりませんから


「いつか日本に住むとなった場合

どの地域が暖かく過ごせるか」


ってのは考えるんだけど


やはり東京とか関東とかってのは

上記住宅の政治問題が放置されてるため寒いのですが


だから高気密、高断熱の家に住むってのは

結構ハードルが高いわけですね。


探せば見つかるかもしれませんが


上の政治やハウスメーカーの事情で

関東圏内で提供されてる住居ってのは


大体が低気密で 秋、冬、初春はどうしても寒く


気密性が守られてる

C値0.5未満の家ってのは見つけるのがかなり

難しいかと思います。


しかし実は日本の北海道の住宅って

その気候に対策するために

高気密、高断熱の家がかなりありますから


そしてそれらの高機能な欧州にも負けない家ってのは

北海道は意外に賃料安いですからね、


「現状、日本だと北海道が一番実際は暖かく暮らせる地域」

とおそらく なってくるわけです。


ちなみに私はこの前、2年くらい前に沖縄にしばらく

いたのですが

しかし沖縄は春はそこそこ寒かったのをよく覚えてますが

(長袖が必要だったのには驚いた)


イメージとしては沖縄は南国なので

常夏のイメージでしたが


実際は結構住んでみたら春でもそこそこ最近は

沖縄も冷えるんだなってことでしたよね。


暖かい地域に住む⇒緯度低い地域に行けばいい


と思いがちですが


沖縄も最近は寒い日が結構ありますよね。


だから最近は暖かいからっていうことで

沖縄に住みだしたけど


意外に寒いからってことで他の暖かい国に移住しちゃう

ってケースもIT系の人だと増えてますよね。


それでここで実は意外に

日本で最も暖かくこんな寒冷化でも快適に過ごせるのが

日本の最北である北海道であるって話でして



この辺、気密性とか断熱性の話を知ってるかどうか

って話につながってくるわけですね。


今後、夏以外はなんだかんだ室温が20度切る

ってことが増えてくるでしょうが


そこで暖かく健康に過ごしたい人は

やはり気密性と断熱性ってのはすごい重要な話になってくる

わけです。


ちなみに最近は世界ですと

気密性と断熱性の話ってのは


住宅性能の研究が進んでる国ですと

かなり重視されていて


それこそ確か聞いた話だとイギリスなんかは

気密性、断熱性はすごい住宅事情だと厳しいわけですね。


すなわちそれは 寒い家に住まわせると

自然免疫が低下するって事実を大英帝国イギリスは

よく知っていて


だから住宅性能についても厳しいのだろうってことです。


最近だとイギリスがmRNAワクが自然免疫に悪いから

ワク強制をやめたってのが

大きなニュースとなってますが


腐ってもイギリスはアメリカを牛耳る支配国家ですから

自然免疫の研究もした上でそれを政策に反映させる。


それで、イギリスなんかだと気密性が悪すぎる

スカスカな家ってのは仮に建ててしまうと

強制リフォームを政府から命じられるなんてことも

聞きますが


そういうのを知ると

イギリスなんかは今後寒冷化が人類に襲い掛かるのを

前提として政策組んでるんじゃないかな?ってのも

良く分かるんですが


今後人類全体にとっても高気密、高断熱の家ってのは

すごい大事な話になっていくのでしょう。


最近はWHOもまともなことを言い出しており

冬の住宅の最低室内温度として「18度以上」が最低でも守られてること

ってのを公言しだしておりますが


WHOも背後が昔は軍産支配だったけど

今は多極派支配に代わってきてるから


時々本当のことを言い出してますよね。



いずれにしても今後、春でも秋でも冬でも

室内が20度以上ある部屋に住むってのは


全人類が頑張って経済活動をするために

大変重要な話になるんですが


そこで住宅事情としては高気密、高断熱ってのは

すごい大事になってくる。


それで日本もこの世界的な流れに適応していく流れでして

最近は大手ハウスメーカーでは対応できないから


日本の良心的な中小事業者たちが

力ある大工さんたちとうまくやって


高気密、高断熱の家の建て替えなどを行ってるのですが

おそらくこの辺に今後日本では大きな需要は発生するのですね。


今やはり実際は寒冷化ですから

「家を暖かくしたい、高気密で高断熱な、

長く100年持つ家が欲しい」

って人は裏側で増えてまして


最近は

日本の高気密、高断熱の技術を持ってる中小工務店が

相当忙しくなってるようですが


経産省もこの辺の動きをバックアップしてるのですが

今後 数十年でおそらく日本の家、住宅も

グレードアップしていくのでしょう。


ただ現状を言うとやはり日本の住宅ってのは

気密性のC値だけで言うと 最低でも1未満、できれば0.5未満を

満たしてる家、部屋がいいのですが


それを満たしてる家ってのは相当少ないわけでして

それこそ私の日本の実家なんかはC値がおそらく4超え、

冬は激寒くて夏は超暑いんですが


北海道以外だと

暖かく過ごせる家ってのはまだ日本全土だと

多くないのですね。

(今後10年とか15年で増えてくるでしょうが)


しかし北海道にはそういう家が既にたくさんあるから

そして高性能なマンションの賃貸もそこまで高くないので


実は現実的に

北海道が意外に暖かく、健康を守って暮らしやすい地域に

なっているわけですね。



だから、PCで投資とかビジネスやっていて

どこでも暮らせますって人で


ただ英語で暮らすのはいやで

あくまで

日本で暮らしたいって人も多いだろうけど


そういう人は意外に北海道は 室内温度も安定していて

20度以上で健康的に暮らせるので


車運転できれば、ですが

選択肢としてはありですよね。


(デメリットは公共交通機関は東京ほどは整っていない
車社会ってところかなと。

けど車移動は私は熱海でよくやっていたけど
慣れると、公共交通機関より自由で楽。)


まあだから東京とか大阪近辺では最近

寒い寒い言ってる人は増えてるんだけど


それは住宅事情によるものが大きいので


ここで場所の自由が効く人は意外に北海道は

高気密で住宅性能が高いため

暖かく過ごせるので


ためしに住んでみるとかやってみると良いかもしれませんね。


やっぱり理想は冬でもパンツ一丁とか

Tシャツ一枚で過ごせる部屋だと思います。


移動に関しても実際は北海道暮らしだと暖房効いてる

車で移動することになるから


あまり外気に何時間もいるなんてことは

ないでしょうから


意外に寒さは感じないってのが北海道暮らしなんだろうと。


実は私は北海道並みに冷え込んでる

韓国のインチョンに住んでいたので


この生活実感はよく分かるんですが


それこそ高気密性能が当たり前で考えられてる地域だと

外はすごい寒いけど


中は暖かいのが一般的だから

あんまし寒さに苦労はしないんですね。


駅から乗り継ぎの移動ってのも、関東とかだと

色々寒い場所を移動して 乗り継ぎすることが多いでしょうが


しかし高気密、断熱が考えられてる地域だと

暖かさが守られてる 駅構内を移動する感じで


移動もあまり寒くないのが一般的です。


北海道も最近は札幌とか函館は

多くの場所がそうだと思うんですが


だから最近は意外なことに

暖かく暮らすなら北海道みたいになってきてますよね。


北海道の行政はこの辺の住宅性能が日本一レベルだってところを

アピールすれば


関東で寒い思いしてる移住者たちを

北海道に相当数、移住させられそうだ。


ただ一応北海道のアパート、マンションとかでも

おそらく築年数が20年とか超えてくると


リフォームしてない場合、

近代マンションと比べるとどうしても気密性は落ちるから

その辺はマンション借りる際に


高気密高断熱ができてるかどうか確認する必要はあるんでしょう。




まあそれで、このように思う人もいるかもしれません。


「北海道が実際は高気密高断熱の

優れた家が日本では集まってる地域で


実際は沖縄以上に暖かく健康に暮らせるのか。


けど北海道って遠いな・・・」


って人も多いとは思うのですが


やはり関東や関西に住んでる人からしたら

一番良いのが


自分が住んでる家が高気密高断熱になること

なんですね。



ただやっぱり限界があって

それこそ30年とか40年も前の家だと


高気密、高断熱なんて考えないで大手ハウスメーカーが

大量生産した分譲の家が多いから


これリフォームで高気密にするってのは

現実問題は結構難しいってのがどうも最近の技術の限界なんですね。

(あるのかもしれないけど)


ちなみに高気密、高断熱とかで

それこそ施工した家の平均C値が0.4前後とかやってる

ガチ実力ある工務店とかですと


もう家の基礎、だけでも全然違うわけですね。



家の基礎作りってのがすごい高気密、高断熱では重要だけど

その基礎自体がそもそも全然一般の大手ハウスメーカーとは

違って


高気密な家ってのは基礎自体の強さが違う物なんですが

(だから耐震性もめちゃくちゃ高いことが多い)


これだから大手ハウスメーカーのいい加減な

基礎の上に立った家をリフォームしても

高気密な家を作るってのは限界が生じるから


やはり最近は建て替えが多いのだろうと。


それで高気密の家作るとしたら

大体2000~3000万円くらいのレンジが

多いんでしょうが


この辺出せるって人なら

高気密高断熱の家を 今いる場所に作ってしまって


寒くても暑くても 室温20度前後で快適に

健康に暮らすってのはできるわけです。


また高気密高断熱の家ってのは家の寿命が30年ってことはなくて

50年どころか100年持つ家もあるから


2100年代まで軽い補修で持つでしょうから

3世代で住む予定のあるような子供多い家庭は


高気密、高断熱のこういう建て替えを最近はしてますよね。


それで実は関東関西、北海道以外の地域だと

やはり問題があるのが


分譲であって、大手ハウスメーカーは分譲マンションとか

売ってるんだけど


日本だとまだこの高気密高断熱の知識が

一般的ではないから


分譲だとおそらく大体のケースで

低気密のスカスカ寄りのものが多いわけです。


実際にイギリスとかですと 住宅メーカーが

その住宅性能を公表するそうですが


日本の大手住宅メーカーで気密性のC値自体を

分譲マンションとか分譲一軒家とかで

ちゃんと公表してるところってほとんどないはずなんですね。


C値測定なんてのは10数万円とかで出来るから

公表すればいいのですが


一般的に言われるのが大手住宅メーカーの

見た目だけはよい分譲住宅ってのは


スカスカなハウスが多くて

C値は2を超えるものがかなり多いとも言われてますが


C値2を超えるって住まいとしてはありえない

不健康なものになるので


それを敢えて発表していないのかもしれない。


だから日本で北海道以外の場所で

他国レベルの高気密で高断熱の家に住むとしたら


分譲はダメだから

注文住宅しかないと現状なってますが


まあそこで2000万円とか3000万円くらい

払える人なら


そこで良心的な高気密な家が作れる大工さん確保してる

中小工務店探して、


建て替えしてしまって、 高気密、高断熱の

家を作って 世界基準の家に住むってのは

選択肢としてはありますよね。


ちなみに高気密だと冷暖房費ってのも

相当安くなるから


あとは最近は夏場の太陽光の売電で

電気代ほぼゼロでペイしてる人もいるけど

(今後寒冷化したら 売電量が減って

若干電気代はそれでもかかるだろうけど)


長い目で見たら医療費もかからなくなって

光熱費も抑えられるから


それで考えたら2000万円とかの投資は

数十年単位ではトクだと考える人たちなんかは


最近は関東や関西でも高気密住宅ってのを

建て替えで作り出してますよね。



ただ今既にもうC値だったり

UA値(外皮平均熱貫流率)をちゃんと

公表してる中小事業者中心とした


競争は2022年の今も日本で出て来てるから

今後ひょっとしたらもう少し値段は安くなる可能性も

ありますよね。



まあいずれにしても関東や関西にこだわって

現実問題、暖かい家、高気密、高断熱の高性能な家に住むとなると


まあそこそこお金、投資は必要になるってことですよね。



それでここで 2000万円とか3000万円なんて

出せない、とりあえず早く暖かい家に住みたい

って場合は


意外に日本だと北海道が住宅性能が高い

住宅性能の先進地域だったりするので


仕事で場所が関係ない人なんかは

北海道の高気密マンションとかアパートを色々

調べて 探してみるってのも


今後寒くなったとしても対応できる

良い方法なのかなと私は思いました。


北海道も今や東京行きたければLCCで数千円で

いける場所ですし。



ちなみにですがやはり日本だと

子供さんの喘息やアトピーで苦しんでる人は多いわけですが

そういう家庭がやはり

高気密 高断熱の建て替えする人に多いわけですが


これは憲法21条の一切保障される

言論表現の自由で書きますが


そこで子供さんのアレルギーがほとんどなくなったなんて

家庭は多いわけですよね。


これは実は薬事法などの憲法21条に違反する言論規制が

あってあまり知られてないのですが


実は、低気密の家でアレルギーの花粉症に苦しむ人も多いわけだけど


(花粉症はその花粉に密着した化学物質が本当の原因である

ってのは役人たちが知らないはずがない)


やっぱり家ってのは健康問題そのものなわけです。


私なんかも海外在住ですが

高気密の家に住むと あれだけ

日本で何十年も苦しんだアレルギーが

なくなってしまうわけですから。


だから実はこの住宅問題ってのは

政治そのもので、今もコロナで製薬会社と厚労省の役人たちが

暴走してるけども


彼らの 薬漬けビジネスにも反するのが

高気密、高断熱の住宅でもあるから


政治的な内容なんだけど


しかしやはり家庭や家族のことを考えたら

今後 大企業や官僚のためではなく


家族のために高気密高断熱の家ってのは

必然で民衆から今後、求められていくのでしょう。



ちなみに日本では現状まだ高気密や高断熱の重要性ってのは

十分認知されていないのだけど


これこそ情報統制が厳しいためと思われますが

例えば花粉症の時期がもうすぐやってきますが

毎年花粉症問題で空気清浄機の話ってのは話題になるわけです。


ちなみに空気清浄機で言うとやはり

日本の富裕層たちが好むのが

スウェーデン社のブルーエアでして

米軍も導入してるってところがすごいですが


しかし「スカスカな低気密の家でこれら空気清浄機は意味があるのか」

って話は毎年花粉症の話がされても

あまり言われないわけですね。


空気清浄機で空気きれいにしたつもりでも、

外から外気で花粉入りまくってたら

意味なくない?って普通は思うわけですが


この辺は毎年マスコミに華麗にスルーされてるわけです。


だから空気清浄機なんかも結局、高気密じゃないと

本来の性能は発揮できないわけですが


ただ花粉症患者が減ったら困る製薬会社とか

沢山おりますからね、


まあやはり背後で政治が絡むわけですね。



そういう意味でやはり高気密、高断熱の住宅ってのは

今後、日本の民衆が

より一層健康的に、経済活動を続けていくためには

大変重要となりそうです。


それで日本だと北海道はこの辺、

あの寒い大地で 住宅性能は鍛えあげられてるので


それこそ関東の 良心的な高気密設計をやってる

中小工務店でも


「北海道基準」ってのは言われてるくらいでして


住宅性能は日本トップレベルが北海道だったりするので


関東の住宅性能が世界基準になるまで

10年はかかるでしょうが


もう早く暖かい家に住みたいなんて人は

意外に北海道はありなのかなとは私は思いました。



寒さをしのいで

暖かく過ごすってことを考えたら


高気密の知識とかは必須でしょうが

この辺の知識があれば今後寒くなったとしても

暖かく、健康的に活動的に暮らせそうですね。



それでは!



ゆう




追伸・・・ちなみに高気密な高断熱な家って

住んでみないと良さって分からないのですが


例えば夏、これがなんか息苦しいのでは?

なんていう人がいますが


実際は 冷房とか弱でつけっぱなしって人が多いですよね。


すぐ冷房効くから、弱でつけっぱなしにしてしまって

けどある程度の広さでも冷房代は月1000円も変わらない

ってことが高気密の住宅では当たり前なわけです。


ネットでは色々政治的な話題なので

歪んだ大企業側の情報で溢れてますが


日本語だと、高気密住宅を提供してる住宅メーカーの

お客さんの声とかが本当の真実であって


実は高気密の家は 欧州でもトルコでも当たり前だったけど

圧倒的に過ごしやすいってのが事実ですよね。


そういう意味で寒さで風邪引いてしまってたり

パフォーマンス低下してるのを実感してる人は

最近多いでしょうが


それはおそらく気密に起因するものなんで

この辺 DUCKDUCKGOとかの検索エンジンで

色々調べてみると良いのだと思います。


日本にこだわるとしたらやはり北海道の住宅は強いですね。

沖縄は住宅性能が良いとはいえなくても

天然の暖かい気候はある。


あと海外なら東南アジアはそもそも住宅性能は高くないけど

暖かいからいいでしょうし、


あとはトルコなんかは時に寒いけど

住宅メーカーが高気密当たり前で相当能力高いため、

結構良い 暖かい住宅作ってましたね。


(最近ユーラシア大陸ではトルコ建築レベルの家ってのが

注目されてますね。

トルコメーカーが作った家といって販売すると、ちょっと

ブランドがつく感じ。


トルコの築20年内の家だと最近は結露とか見ませんね)



という感じでこの住宅の気密性とかの知識は

持っておくとダイレクトに人生の質をあげることにも繋がるので

知っておいて損はないかなという感じです。


それでは!




追伸2・・・ちなみに北海道って

私個人は日本の中でもかなり注目してる地域なんですが


最近の2000年以降建築された

マンションではC値も欧州に負けないマンションも多いし

なおかつセントラルヒーティングも当たり前で


高気密・断熱で、セントラルヒーティングって黄金の組み合わせは

普通なんですよね。


それでさらに今経産相と岸田さんや鈴木宗男さんがやってますが

今後ロシアのプーチンとうまくやって 天然ガスのパイプライン建設も

いずれ進む可能性がありまして


かなりポテンシャルが高い地域なわけです。

いずれ2030年2040年にかけて

北海道とロシア結ぶ トンネル計画も出てくるでしょうし


そうなるとロシア人の富裕層って激増してるんだけど

ここを取り込む要衝地になりそうなんですね。


中国人富裕層がやたら北海道に投資したがるってのは

まあこの辺でしょうね。


そういった意味で 海鮮丼だけがやたら注目されがちな

北海道ですが


裏側でそのポテンシャルたるや

多極派時代に入って行く中で相当急増してますので


ネットで稼げて場所の自由がある人なんかは

北海道は掘っていくと面白そうです。


またあまり知られていないけど北海道から東京ってのは

飛行機だけじゃなくて

新幹線でも 青函トンネル通って直行で


4時間くらいでいけるんですね。


ただ東京-新函館北斗の値段が22,690円するんで

飛行機よりは高いんですが


今後まあさすがに国交省が調整して飛行機レベルに

安くしないといけないとは思いますが


この辺の東京と北海道結ぶ新幹線の料金が安くなると

地上でもダイレクトに東京と結ばれるから

非常に便利になるわけです。


そういう意味で北海道は実は、下手したら沖縄より

ポテンシャルが高いかもですね。


北海道は住宅も日本トップレベルの性能だから

高気密住宅に住むにしてもコスパいいですし、


なおかつ東京へのアクセスも今後さらに便利になりそうです。


そういう意味で今後北海道は面白いですね。


では!








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆうさん読者限定 案内】


年間2億円を稼ぐ狂人億トレーダーが17年積み重ねた
失敗成功・知識知恵・投資哲学・心理学の数々の経験を

約30時間以上の動画コンテンツや補足資料へと昇華させた
『強く自立するために負けない力を身につける』ための

無料FX道場コンテンツサイトがリニューアルしました!



【リニューアル版】無料FX道場コンテンツサイト

⇒  https://www.fxdojo.jp/opening


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください