無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【エンデミックを明言したイギリスのボリスジョンソン首相】

2022 1月 21 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【エンデミックを明言したイギリスのボリスジョンソン首相】
⇒編集後記で

~~~~~~~~~~~~~~~



どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして

ありがとうございます!



さてさて前号で以下の号を流してます。


最近日本ではこれマンボー蔓延防止措置ってのが

話題だとは思うのですが


もうこの2日3日で一気に世界の流れとかが

変化しつつあって


多くの国で一気にワクチンパスポート廃止であったり

この2年の騒動を終わらせていくっていうエンデミック、の動きが

一気に加速してきておりますよね。


今までのワク推進のトレンドとは間逆の

大きな動きが1月後半になり出てきている。



■バックナンバー
【「世界各国がワクチンパスポートを廃止する動き」に
急速に入ってきたことを考える!(エンデミックへ)】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3192#3192


まあそれで一気にこの数日で世界各国で

ワクパス制度を廃止する流れなどが

出てきてるのですが


その中でもイギリス、イスラエルという

国際政治上 極めて隠然と影響力を維持してる国々から

19日あたりからですか


一気に新しい、ワクパス廃止の動きなんかが出てきてまして

これは世界中に波及していきそうです。

(日本はまだこの動きを傍観してる)


ちなみに世界ではワクパスとか言いませんで

最近は「グリーンパス」なる名前もよく使われてまして

私が今いる地域でも ワクパスって名称じゃなくて

グリーンパスだったりするんだけど


この大元がイスラエルだったかと思いますが

同じようにグリーンパスって名称使ってる国は

今後イスラエルがそうやって廃止方向に転じたのだから


その大きな方針転換を迫られそうですよね。



さて、それで

昨日もちょっと扱いましたが

世界では最も今注目がイギリスの動きでして


イギリスでは、ボリスジョンソン首相が

コロナ騒動の終わり、エンデミックを明言してきてる

わけですが



早速その翌日、ボリスジョンソン首相に対して

エスタブのBBCが辞任要求ってことで

攻撃してきております。


【BBC解説】 ジョンソン首相に辞任要求、何が起きているのか 
官邸揺るがすパーティー問題
https://www.bbc.com/japanese/f……s-60063797


まあある意味分かりやすいですよね。


コロナ騒動を終わらせてしまうと困る人たちが

軍産系メディアではたくさんおりまして


そこでボリスジョンソンがエンデミックを明言しだしたら

一気にマスコミがボリスジョンソン辞任要求の報道を展開する

という感じで


とにかくこのコロナ騒動が終わってしまうと

軍産の人たちは困ってしまうから


今エンデミックを言う政治家たちに一気に圧力かけてる構造は

見えてきます。



まあそれでこの辺の戦い、続きそうですが

田中先生がイギリスのあたりの分析をかなり

書かれていたので


今日はその辺を見て世界全体の動きの変化を

引き続き考えたいと

思います。



かなり大事な世界の動きを田中先生が

書かれてるわけですね。


編集後記で!











■バックナンバー


【2022年の中間選挙でトランプ共和党が圧勝するシナリオ可能性
について考える!】(多極は主導の世界体制への転換が各国で進むかも)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3191#3191




【コロナ2年の水面下で「自由な国への移動」の動きが若い成功した起業家、投資家の間では
進んできている】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3190#3190


【「政府が狙う!あなたの個人資産を何があっても守り抜け」
(根尾知史著)が1月28日に発売になるようです!】
(日本語で初めて、世界中の富裕層たちの資産保全の戦略、を 学べる本)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3188#3188


【世界が寒い、ことについて考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3186#3186


【首都高料金が現行の最大1320円⇒1950円に
大幅値上げされることについて考える!】
(官僚が「移動の自由」を制限するスキーム)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3185#3185




【ワクチン未接種でクビ?になってしまう従業員が未だに出ていることについて
考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3184#3184

【mRNAワクチンが自然免疫機能を破壊、もしくは低下させること、
が徐々に世界の研究や統計で
明らかになってきてることについて考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3182#3182


【動画を見て「暴走するイタリアの50代以上へのワク強制」や、
スーパーグリーンパス制度について知り、
そして各国で保守政権樹立される新しい流れ、を考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3181#3181

【韓国で 副作用リスクを知りつつ
ワクチン接種をテレビで推奨し続けた専門家が告発された、ことについて
考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3179#3179


【安倍元首相が新年に 「コロナを季節性インフルと同じ5類扱い」
にすることを提案したことを 考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3177#3177

【バイデンが「コロナ対策を放棄する宣言」を言ってしまったこと、
および日本・中国・韓国・ASEANのRCEP発効の重要な意味などを考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3176#3176



【次の時代は「住める国の選択肢」を増やすのが重要!?という話】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3174#3174


【韓国ではコロナワクチン被害者家族協議会というのが作られ
遺族によるワクチン反対デモが年末に起こった、ことについて 考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3173#3173

【元K1チャンプに挑戦し、勝利した「シバターさんの生き様」が
私たちに教えてくれること】
(キレイゴトのないリバータリアン思想など)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3172#3172


【2022年は北朝鮮化する欧州EUと、
意外に自由な極東アジアの構造が より顕著になりそう】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3161#3161



【写真50枚】トルコ・イスタンブールの日本料理店や
中華料理店や韓国料理店とは!? (意外にアジア食が充実してきてる)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3168#3168


【ヒグマが住宅街に現れ12人が襲われたことから
寒冷問題について考える!】(今後の「人類総・冷え問題」を考える)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3166#3166



【「コロナの飲み薬、経口薬」が日本で初承認されたことと、
今回の騒動で見えるお金の限界と自由 について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3164#3164


【リラ乱高下、インフレが進むトルコに住んでみて 色々考えること】
(世界各国のコロナ関係アプリはデジタル通貨構想のシステムテストっぽい)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3163#3163


【最近日本で「経済の方が大事」
「五類に下げろ」という声が 一気に増加してきていることについて考える!】
(マスコミの恐怖扇動が効かなくなってる日本)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3162#3162


【オミクロン関連の大本営発表に民衆が対抗する
戦略とは何か?を考える!】
(まだ人々が知らない教育による脳や知能の成長特性、について。)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3161#3161


【最近は、収入や資産格差は○○の差で出来上がってる】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3159#3159



【写真40枚】トルコの下町を散策して韓国料理屋に行ってみる
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3157#3157







========編集後記=======


さてさて、ここ最近ですが米軍基地がある日本では

マンボー蔓延防止措置ってのが大きな話題となってますが

(この辺は過去号でかなり関連を書いたので省略します)


まあ世界ではもう「エンデミック」という言葉が使われてきて

そしてワクパス廃止の動きが一気に各国で進みつつあるということで

前号で扱いました。



それでやはり非常に重要な国がこれやはり

イギリスであると思うんですが


まあイギリスってのも内部で軍産と民衆の闘争がある国ですが



現在しっかり分析してると見えてくるのが

軍産と多極派の戦いでありますが


そもそもここで多極派が一気に軍産支配に仕掛けたのは

2016年のイギリスのEU離脱選挙あたりからですからね、


やはりこのイギリスの動向ってのは世界に影響力を持つわけで

無視ができませんよね。


ちなみにイギリスの戦いが今のコロナ騒動の

メインの舞台となってる感じはありまして


この前 ボリスジョンソン首相がエンデミックを明言したのでありますが

その後上に貼り付けてるように


一気に今日、イギリスのマスコミたちが

「ボリスジョンソンを辞任させろ」と一気に報道展開しておりますが


とにかくこのエンデミックってのは軍産系のメディアやマスコミには

都合が悪いものなんだってのが良く分かりますよね。



コロナ騒動を終わらせるエンデミックを明言したところ

多極派のボリスジョンソンにこれ

軍産マスコミたちが辞任要求で襲い掛かるという

分かりやすい構造となってますが



イギリスが現在のコロナ騒動の主要舞台となってる感じはありますよね。



さて、それで世界中で今はワクパス制度廃止の動きが

一気にこの数日で打ち出されてきたのは扱いましたが


やはり重要なのが 海の時代の国である

大英帝国、イギリスでありますから



イギリスについて今日は考えたいと思います。



それで田中宇先生がこのイギリスの動きを

詳しく無料記事で説明してくださってるので


今日はこの辺についてみて考えて行きましょう!


■コロナ愚策をやめた英国
https://tanakanews.com/220120corona.htm


より


↓↓

=============
■コロナ愚策をやめた英国


英国のボリス・ジョンソン首相が1月19日、
新型コロナに関する政策を大幅に見直した。


イングランドは即日開始し、スコットランドなど
自治を持つ諸地域はそれぞれに最終決定するが、

これは全英的な措置になる。


新措置の中心はコロナワクチン強制と接種旅券体制の廃止で、
1月26日までの期限になっている
今の接種旅券体制を更新せず終わらせる

(医療者に対してだけはワクチン強制が続く)。


屋内でのマスク義務も1月20日から解除する。

企業などの従業員に対するリモート勤務の強制策も廃止し、
コロナ愚策の柱だった都市閉鎖とワクチン強制が終わりになる。


ワクチン非接種者に対する行動規制や自宅軟禁策は3月24日まで続く。

だが接種旅券体制が終われば、非接種者に対する規制は実効性がなくなる。

1月中に、接種せずマスクをしなくても取り締まられずに
街や店内を闊歩できる。


コロナ愚策にはもうひとつ、

偽陽性など誤診断を多発させるPCR検査を絶対の判定とみなして

ゼロコロナ策をやるという領域がある。


この側面についてジョンソンは具体的なことを言っていない。


だがジョンソンは、それよりも包括的で重要な宣言を発している。


「(ほとんど重症化しない)オミクロン株の感染が山を越え、

新型コロナは(パンデミック=危険な世界的感染症から)


エンデミック(ヒトが共存できる大したことない風土病)に変わった
(Covid becomes endemic)。


そのため英政府はコロナ対策を、法的な強制から、
人々が政府の忠告を受けつつ自分で慎重に判断するものへと

変えることにした」


という趣旨を、ジョンソンはさらりと宣言した。


ジョンソンは、コロナが英国でエンデミックになったと明言している。

これは重大だ。


(PM statement to the House of Commons on COVID-19
https://www.gov.uk/government/……nuary-2022


コロナに対する世界のすべての愚策は、

コロナがパンデミックであるという認定に依拠している。


一人でも感染してはならないとても危険な伝染病だから、

もしかしたら感染しているかもしれない、



といった程度のいい加減さのPCR陽性が一人でもいたら

その街を2週間全部閉鎖するゼロコロナ策が採用された。


ワクチンは効きそうもないと最初からわかっていても、

一応コロナ用に作られたのだから全員が接種せねばならず、


効かないなら繰り返し打つことも強制される。


マスク義務も、繁華街や学校の閉鎖も、

すべてコロナがパンデミックだからだ。



コロナが危険さを低めてエンデミックに変身したのなら、

あらゆるコロナ愚策が不必要になる。


ジョンソンの新政策の要諦はそこにある。


エンデミックなら感染発症しても健康な人ならまあ大丈夫だ。

コロナは英国において、風邪やインフルと同じになった。


世界はパンデミックの感染拡大防止策として、

PCR検査を「コロナに感染したが重症化していない人」

を探し出すために使ったが、



PCRでウイルス付着量の少ない軽症以下の感染者を判定するのは

もともと不可能だった。


付着ウイルスが少なくても増幅すれば見えてくるはずだと思って

増幅すると、無数の「ゴースト・枯れすすき」が出現し、


お化けがいないのにお化けに見えてしまう偽陽性が頻発する。


PCRは軽症以下の人でなく、かなり発症してウイルスが体内に

たくさんいそうな人を検査して


「やっぱりコロナのようだ」と医師が確信を強めるための道具だ。


それがわかっていたのに、WHOなど世界の権威ある医者たちが、

わざと使い方を間違えるインチキをやってきた。



エンデミックになると、感染拡大を防止する必要が大幅に低下する。


PCR検査は今後のインチキ終了後、

インフルエンザの検査などと同様、


発症者への治療法を確定するための医師の診断の目安の一つとして、

低い増幅度で使われるようになっていくだろう。


中程度以上に発症して体内のウイルス量が多ければ、

低増幅PCRでも抗原検査でも陽性になる。


健康な人はPCR検査すべきでない。

誤診してくださいと申し込んでいることになるからだ。


英国ではコロナがエンデミックになった。



だが世界的にコロナはまだまだパンデミックだ。

WHOがそう言っている。



英国だけコロナの脅威が大幅に低下しました、っておかしいでしょ。

ジョンソン首相はこっそり開いた酒宴がばれたスキャンダルで

低下した人気を復活させるために、


ありもしない脅威低下をでっち上げてエンデミック宣言して、

国民に不人気な接種旅券をやめることにしただけじゃないんですか??。


コロナ愚策を恒久化したいマスコミとその軽信者たちは、

そんな風に言っている。


しかし私の前回の記事「コロナワクチンもうやめて」を読んだ人は、

今回の英国の転換が、それよりはるかに重要な、


効かないmRNAコロナワクチンが自然免疫低下の

薬害を起こすことを避けるための接種停止の措置であることを知っている。



前回記事で紹介したように、英政府のワクチン政策の

権威クライブ・ディクスは10日ほど前に、

今回のジョンソンの宣言とほぼ同じことを言っている。



前回記事では、ロンドン大学の教授(David Heymann)が



「英国は国民の90-95%がコロナの免疫を獲得し、

北半球で最も免疫率が高く、すでに集団免疫に達したようなので、

もうワクチンの強制は不要だ。


英国人にとってすでにコロナは風邪だ」と言っているのも紹介した。


ジョンソンの今回のエンデミック宣言は、

これらの英国の権威筋の見立てに基づいている。




英国が集団免疫に達したかどうかは確定できない。


それより重要なのは、オミクロンになって

コロナの重篤性が大幅に下がり、

どうみてもエンデミックでしかない状況になっていることだ。



そして、ワクチンの反復接種が自然免疫を破壊する可能性の増大。


それなのにWHOは今後もずっとパンデミック宣言を解除せず、

人類とくに先進諸国の人々に反復接種させようとしている。


反復接種による免疫破壊は、とくに自然免疫が強い

子供たちの人生を台無しにする。


英国の上層部は、国民をそんな目に合わせることはできないので、

これまでコロナ愚策で独裁体制の強化を享受してきたのをやめて、

自国だけ集団免疫に達したことにして


コロナをエンデミックに格下げし、ワクチン接種を不要にした。


英政府が、いきなり反復接種の危険性を大っぴらに公言して

接種を全停止すると、


WHOやワクチン推進派との対立を激化させて

円滑に転換できなくなるし、


すでに反復接種している英国民から行政訴訟を起こされ、

野党から猛批判される。



WHOは中国に牛耳られており、中国は米英覇権を自滅させて

自国を優勢にする多極化のために、


米英やNATO諸国にワクチンを反復接種させて

欧米人のとくに子供たちの免疫を破壊したい。


これは隠然とした覇権の戦いでもある。


だから英政府は、ワクチンの危険性を言わず、

接種した方が良いという姿勢を維持しつつ、


まず英国民への接種義務を解除し、エンデミックになったと宣言した。


ワクチンが効かないのはすでにみんな知っているので、

エンデミックなら接種は不要だ。




英国では最近、国立病院の医師がビデオ診療で、

女性の患者に対し


「コロナワクチンは間もなく

(効かないことが公式化して)流通停止になる。


もう接種しない方が良い。とくに子供への反復接種はやめなさい」

という趣旨のことを述べている動画がネット上で拡散している。



この動画を贋作だという人もいるが、

ジョンソンら英国の権威筋の最近の動きから見て、

この医師の発言は方向的に間違っていない。


動画が偽物だという人の方が売国奴の疑いがある。


これまで反復接種を国民に強要してきたイスラエルでも最近、

政府のワクチン政策の権威(Cyrille Cohen)が



「オミクロンで、コロナは風邪みたいなエンデミックになる。

接種旅券はもはや概念として正しくない。


イスラエルも間もなく接種旅券をやめる。

ワクチンが感染拡大を止めなかったのは驚きの失望だ。


感染を容認して集団免疫に達するしかない。

教育分野(子供たち)にコロナ対策を広げるべきでなかった。


深く後悔している(反復接種で子供たちの免疫を破壊したから?)」


という趣旨を述べている。



前回記事で紹介したように、イスラエルでは最近、

テルアビブ大学の教授(Ehud Qimron)も、

コロナの愚策を全て批判する公開書簡を政府あてに出している。



他の欧米諸国でも今後、ワクチン強制などの

コロナ愚策をやめようとする動きが広がるだろう。



コロナ愚策に反対する人々の集会やデモも拡大している。

少し前までインチキなコロナ危機が

世界的にまだまだ続くような感じだったが、

状況は急速に変化している。



■コロナ愚策をやめた英国
https://tanakanews.com/220120corona.htm

■田中宇の国際ニュース解説
https://tanakanews.com/

=============

以上です!


それで最近はイギリスの話が重要になってきてるので

よく扱ってますが


やはり自然免疫をワクは下げてしまって

長期にわたって副作用が出るってのが


わかってきてしまったってのが大きいでしょうが


【mRNAワクチンが自然免疫機能を破壊、もしくは低下させること、
が徐々に世界の研究や統計で
明らかになってきてることについて考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3182#3182



このmRNAワクってのが自然免疫を下げる可能性、仮説については

既にメルマガでは1年ほど前から ワク推進が始まる前に書いてるのですが


それが証明されてきて、それが2022年には

重要な政治問題に発展して

イギリスはもうワクの強要策から離脱しつつあるって感じですよね。



mRNAワクが自然免疫を破壊するってこの事実が

欧米の世界のワクパス政策にも影響を与えてきてるってことですよね。


が これmRNAワクを推進するってところで

巨大な利権が発生しており、イギリスでもやはり

軍産マスコミたちはそこでワク推進のプロパガンダを展開していたわけですから


多極派として動く

ボリスジョンソンが2日前にこの

エンデミックの転換を言い出してからというもの


ボリスジョンソンに対しても辞任要求だなんだと

すごい圧力が軍産マスコミから

かかるようになってるっていう現状ですよね。


ちなみに日本の岸田さんが動くとしたら

この辺のイギリスの多極派、軍産の戦いで

多極派優勢が再度確信されてからなのかもしれない。



それで実はこのコロナ騒動ってのはその前に

2016年のイギリスのEU離脱選挙から続いてるものでして


今まではもう圧倒的な軍産支配ってのが何百年も続いていたけど

あの2016年のイギリスのEU離脱選挙で


離脱派が勝って、そして「多極派側が一気に軍産支配に奇襲をかけた」

わけですが


そこでその後 多極派側の反軍産官僚である

トランプ大統領がアメリカで登場となり



そして軍産利権であった

中東からの米軍はなんと撤退方向性が決まっていき


今は既に中東からの米軍は撤退で中東も安定しましたが

軍産が一気にこの6年で追い込まれる流れとなってるわけですね。

(今や多極派が攻略できていないのは

日韓の軍産利権の駐留米軍のみ、とすらいえる状況。

米軍マンボーが日本では行われてるってのはこの辺の関連かと)



それで軍産は2020年からのコロナ騒動でも

そこで巻き返そうとしたけども


実際は多極派側の諜報のほうが頭良く

実際は軍産たちはどんどん追い込まれて


今戦況としては多極派が勝利確定してるとさえ言える状況で

時代は変わった。



それでこの2016年の離脱選挙で一躍注目されたのが

イギリスであったけど



そのイギリスから、今回のエンデミックの具体的な動きが

多極派のボリスジョンソンから仕掛けられたってのが

非常に注目であります。



やはり英諜報の軍産に対しての影響力なんかも

よく書くのですが


イギリスに全ては始まってるな~と思いまして

このエンデミックなのか、もしくはさらに騒動続けさせるのかっていう

戦いの主戦場は今はイギリスですよね。


それでまあ私個人としてははっきり言うと

イギリス政府より10数ヶ月も早く自然免疫破壊可能性を

mRNAワクでは書いていた人間なんで


今 強固な意志で周りからの圧力にも負けずに

ワク打ってない人はもうその調子でいいんじゃないですかとすら

思いますが


まあ今後mRNAワクに関しては

打って後悔する事はあれど

打たないで後悔する事はない


という代物に陥ってるなとは思います。


私も以前にこのmRNAワクが自然免疫を破壊する仮説は

書いてきたのですが



■バックナンバー
【歌手の大江千里さんがワクチン打って失神したこと、
アメリカの最高裁での会議が来週まで持ち越しとなってること についてリンウッド弁護士の言論から考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2836#2836


以前にこれ免疫下がるってことは

人間にとって最も怖いウイルスが実はヘルペスウイルスであるから


普段免疫が神経節に閉じ込めてるヘルペスウイルスが暴れて

様々な神経系の病気増えるだろうねってのも書いてましたが


マスコミは言いませんがワク打った人がやたら

ヘルペス原因とした帯状疱疹になるのはそれですけども


(実はまだ西洋医学は利権消滅するから証明したくないだけで

難病の多くの原因が8種類のヘルペスウイルスだったりするんだけど。

これは本当は日本の優れた臨床医たちは知ってるけど大声では言わない)


まあこれがもう最近は自然免疫低下が証明されつつあるわけで

mRNAワクがやっぱりすごい危険な代物ってのが

分かりつつある。



ただまだ世界の人は政治的にこの事実を知らされていないけど

少し遅れて、もうイギリス政府レベルでそれが言われてるわけだから

世界にこの重要な情報は伝達されざるを得ない。



それで田中先生の記事で書かれてる重要なことがあって

それが



「英国では最近、国立病院の医師がビデオ診療で、

女性の患者に対し


「コロナワクチンは間もなく

(効かないことが公式化して)流通停止になる。


もう接種しない方が良い。とくに子供への反復接種はやめなさい」

という趣旨のことを述べている動画がネット上で拡散している。



って部分ですよね。



要するに世界で猛威を振るってるのは

コロナでもオミクロンでもなく

mRNAワクなんだけど


このmRNAワクが自然免疫低下の恐ろしい副作用を持ってるってのが

周知されていき


その後、流通停止のシナリオも

考えられるようになってきたってことですよね。



ただこれは本来は当たり前で、最近は韓国とかでは

どんどんmRNAワクの副作用被害で行政訴訟がされてますが


本来ここまで副作用被害者が出て、

ワク副作用が理由と疑われる死者が

過剰に増えたら

(日本でも超過死亡数が6万人ほどで実際は

役人主導のこの政策でとんでもない数が死んでる可能性が指摘されてる)


そんなもの当然市場に流通なんぞさせてはいけないのですが



そろそろ世界各国の政治が多極派主導になって

ある種軍産のクレイジーな政治から最近は抜け出してるので


そこで司法などを通して ワクの流通停止措置なんかが

各国で採られてもおかしくない情勢にはなってきてます。



この2年間では考えられなかったことでしょうが

今後はmRNAワクに関しては


ワク後遺症の訴訟が激化して、


各国で

流通、供給停止措置なども採られる可能性が出てきてるので

注目ですよね。



そこでじゃあワクの代わりに治療はどうするのだって話になってきて

治療薬政治ってのは 今は供給問題が起こってるので

まだ出てきませんが


以前から書いてる治療薬政治なんかが台頭するという

シナリオも考えられますよね。


私なんかは色々な視点で 例えば日本の政府の動きなんかも

見るんだけど


岸田首相なんかは米軍問題もあるでしょうが

同じく この辺の大きな流れで治療薬政治の供給問題解決まで、

現状は緩めの規制で時間稼ぎしてるようにも見えますかね。



何にしてもこのクレイジーなある種本物の毒ですけど

mRNAワクの強制問題が今後世界的に疑問視される流れだけど


その後、新しい流れが作られる可能性も見えてきてはいる。



それで既にイギリスからその流れが出てきたと。


ちなみにブースター接種なんかですと

イスラエルは4回目のmRNAワクを人々は接種させられており


すなわちイスラエル人たちは

大多数の自然免疫が相当低下してるという状況ですが

まあPCR検査の色々問題はあるにせよ、


とりあえず陽性反対が過去ないレベルとなっておりまして


もうチャートがある種

仮想通貨みたいになってますよね。


地球の記録さんがチャート扱ってるけど

もうすごいことになってるイスラエル。


■イスラエルの1日の新たな感染数が10日前の十倍以上の24万人超に
https://earthreview.net/israel……ostershot/



まあそれでここでもうイスラエルで見えてきているのが

今までのワク推進のマスコミの常套文句がこれ

ワク打ってれば重症化しづらい、なる本当かよって思う内容でしたが


イスラエルの状況が教えてくれるのは

「ワクを打てば打つほど自然免疫は低下して

より重症化する」


ってことですよね。


地球の記録さんが書かれてるのが以下ですが


「1月20日のイスラエルの大手報道社
「タイムズ・オブ・イスラエル」の記事に、以下のようにありました。



> 1月19日のデータは、コロナウイルスで入院した 1,548人の患者を示し、

それらの大多数は比較的軽度の症状だったが、

540人が深刻な状態だった。


> データによると、深刻な状態の患者の半数以上が

ワクチン接種を受けており、

ワクチン接種を受けていない重症者は約 175人だった。 (timesofisrael.com)



このワクチンは、感染予防ができないだけではなく

「重症化も予防できていない」ことが明らかとなっています。






ということですが


mRNAワクは「唯一」ウイルスと戦ってくれる

自然免疫を弱体化してしまうのでありますから


(現代西洋医学の薬ってのは 自然免疫のように

ウイルスを退治できませんね。

せいぜいウイルスの増殖を「阻害」することくらいしかできない。)



そこで当然ワクを打ってる人ほど重症化するはずですが

まあそれが既にイスラエルではガッツリ証明されてきてしまった

ってことですよね。


だから重症化をワクで予防できていないどころか

「mRNAワクを打ってるとより重症化する」


ってのがイスラエルのデータがしっかり示している

事実ですよね。



百害あって一利でもあればよかったでしょうが

人工遺伝子組換えワクのmRNAワクに関しては

百害あって一利さえない、ってのが定量的な観察が

私たちに教えてくれることですよね。



ちなみに私はこの2年、色々な国に住んでみて

各国の実際のコロナのワク政策とかも生で自分の目で

見てきたのですが


もうそこで分かることがあって田中先生が書かれてるストーリーに

合致してるんだけど


多極派の中国やロシアと表向きは対立していても

隠然と仲良くして発展していこうっていう


ユーラシア内陸、もしくはロシアに近い国って

実はぶっちゃけ話で

以前も書いたけど、mRNAワクってあまり打たれていないわけですね。


日本では中華ワクであるシノバックとかシノファームのような

mRNAワクではない非活性化ワクは推奨されてないと思うのですが


多極派が今後 積極的に経済発展させたいと考えてるであろう

国や地域では


非活性化ワクが主流であって

アメリカ系のmRNAワクってのは

ぶっちゃけ情報弱者系の人たちが打ってるみたいな感じで


民衆間では「アメリカ製危ないからやめとけ

中華にしとけ」


みたいなことは普通に会話でも言われてたりするんだけど

(だからそれらの国では非活性化ワクのほうが打たれたりする)


これは実は民衆レベルで

田中先生が書いてる



WHOは中国に牛耳られており、中国は米英覇権を自滅させて

自国を優勢にする多極化のために、


米英やNATO諸国にワクチンを反復接種させて

欧米人のとくに子供たちの免疫を破壊したい。


これは隠然とした覇権の戦いでもある。



この政治を読み取ってるわけですね。


だから実は最近の新興国の人ってのは

先進国の人は知らないけど 相当頭良かったりする。


トルコなんかは大変分かりやすい事例ですが

まあそういう国が今後、自然免疫の破壊を免れつつ、

行政訴訟でも荒れないで、


経済発展する軌道に入って行くってのが

おそらく多極派が考える構造でしょうね。


結局今後は新興国ではmRNAワクを打ってる比率が少ないのですが

それらの国が 副作用の行政訴訟などを最小限にして

発展する大きな世界構造が作られてるとさえいえると思います。

(mRNAワクを強制化した欧米は行政訴訟で長らく荒れる。)


それで日本については分からない部分もありますが

いずれにしてもイギリスでもう既に公式レベルで

mRNAワクの問題が議論されだして公に出てきてしまいましたから


それこそ自然免疫が下がってしまうという

恐ろしい本当の真実も公に議論が2日前くらいから

開始されだしてるので


おそらく来月あたりに日本でもこの辺の問題が

論じられる可能性がありますが


とりあえずこの軍産が主導した

狂ったmRNAワク騒動は 

多極派たちが主導して終わりが模索されつつある段階に

なってきてますね。


一気に情勢が動いてきた感じがあり

今までにない動きが見られるので

今後とも注目です。


それでは!


ゆう




追伸・・・ちなみにやはり読者さんでも

日本に住んでる方でやはり職場などで

周りからのワク圧力がまた激しくなってきたってことで

悩む方も多くいらっしゃるようですが

個別に返事は全てできておりませんが


まあ私個人の考え方としては

上記のようなmRNAワクをめぐる政治状況が

今年になり分かってるわけですから


そこで打つって行為は

これゼロリスク、ハイリターンの行為なんで


私だったらという話ですが

絶対これは打たないでしょうね。


周りからの圧力じゃなくて

あくまで大人になれば自分の行為の判断は自分自身で決めるもので


周りからどうこう言われるってのは

あまり重要じゃないので。

(また判断が未熟な子供を守るのは大人の責任ですね)


自分の行為の判断は

自分がどう考えるかってのが大事かと思います。


同調圧力で動けば失敗するってのが

まあ歴史の教訓ですね。

(我々日本の上の世代が第2次大戦で

財産と命を役人たちに奪われた。)



それで私なんかがイギリスの件について調べると

まだ表には出ていない研究があって


それが自然免疫を下げるといった場合、

それが一時的なものか、永続的なものかは分かっていない

っていう部分なんです。


自然免疫の細胞ってのは調べれば分かりますが

ちゃんとお母さんの親細胞みたいのがありまして


これを幹細胞というのですが

これが各種免疫細胞を生み出してくれる親の細胞なんですね。


がmRNAワクが 免疫細胞の特に親の細胞である

幹細胞を減らしてるかどうかって研究は

まだ世界では不思議と出てきていないのですが


mRNAワクで深刻な副作用に悩んでる人は溢れてますが

私個人は おそらく、免疫の幹細胞事態が減ってしまってる

ってことをイギリス政府も把握してるんじゃないかなとは

疑ってるわけです。


もしそうであれば、一生mRNAワクを打った人たちは

血中の各種免疫の細胞量が以前ほどは戻らないってことになるから


なんとなくダルいだとか体調よくないって

状態がずっと続くことになってしまいますが


その可能性があるのかどうなのかはデータが出ていないから

不透明なんですね。


そういう意味でやはりリスクがありまして

結局よく言われてるように長期治験をやってないっていう

問題につながるわけです。


そういった意味でmRNAワクはリスク無限大で

メリットは謎だったりするってのが

合理的に見た場合の結論といわざるを得ないので


リスキーなもんだなと思います。


私たち投資家は利益が限定されていて

損失が無限大というものに絶対投資しませんが


ワク打つか打たないかって判断もそれに似てますね。


日本のお隣の韓国では今年からワク副作用の行政裁判が

相次いでるわけですから


既に大統領制で動きが早い国でそういう動きが

出てきてるヤバいプロダクトを打つってのは

どうみてもギャンブルですね。


そういった意味でmRNAワク打たないって判断は

悩む必要すらない状況となってきてると個人的には見てます。


それでこの認識は今は少数派だけど

しばらくしたら大多数がそう考える時代になっていきそうだから

多くの国で巨大薬害訴訟は免れないでしょうから、


変なものを打たないで

普段 体冷やさないで、自然免疫高める生活を

心がければよいんでしょう。



色々な考え方の人がおりますが

私個人はそう考えてます。

それでは!





【2022年の中間選挙でトランプ共和党が圧勝するシナリオ可能性
について考える!】(多極は主導の世界体制への転換が各国で進むかも)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3191#3191


【コロナ2年の水面下で「自由な国への移動」の動きが若い成功した起業家、投資家の間では
進んできている】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3190#3190


【「政府が狙う!あなたの個人資産を何があっても守り抜け」
(根尾知史著)が1月28日に発売になるようです!】
(日本語で初めて、世界中の富裕層たちの資産保全の戦略、を 学べる本)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3188#3188


【世界が寒い、ことについて考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3186#3186


【首都高料金が現行の最大1320円⇒1950円に
大幅値上げされることについて考える!】
(官僚が「移動の自由」を制限するスキーム)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3185#3185




コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください