無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【コロナ2年の水面下で「自由な国への移動」の動きが若い成功した 起業家、投資家の間では進んできている】

2022 1月 18 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【コロナ2年の水面下で「自由な国への移動」の動きが若い成功した
起業家、投資家の間では進んできている】

⇒編集後記で

~~~~~~~~~~~~~~~



どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして

ありがとうございます!



さてさて、前号で以下の号を流しました~


まあ今はトンガ噴火騒動なんかが煽りにあおられてますが

こればかりは報道絶対されませんが


裏側では軍産と多極派の攻防が実際は見えてるので

それについてぶっちゃけで書きました~


それで

「なんで行政役人たちは緊急メールを深夜に20通近く
送って大音量でスマホを慣らしたがるのか?」


ですがまあ それは表向きはミスといいつつ
実際は分かりやすくいうと 恐怖あたえてびびらせる

っていうショックドクトリンのためですし


行政がやりたいのはショックドクトリンであって

情報を伝えるためではないですし

まあだからそういう変なことが起きる。


一方多極派ってのは

今までタブーだった地球温暖化と間逆にある

地球寒冷化議論をこの騒動をもって

ようやくスタートできるかもしれない。


■バックナンバー
【恐怖煽るショックドクトリンとしてのトンガ噴火騒動、
および 「偶然にも」開かれた
メルマガで事前に書いてきた寒冷化議論について考える!】

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3189#3189


まあほんと、きな臭い、この言葉がすごい似合う

そんな時代ですよね。


それこそ仮に今年にコロナ騒動が鎮静化したとしても

為政者たちってのは


気象災害であるとかあとはインフレ、物価上昇

あとは寒冷化による食糧不足演出などなど、


色々仕掛けてくることは考えられるけど、今後も多くの人をテレビ通じて

ビビらせていく、っていう方針は続きそうですよね。


ちなみにここ最近だと日本ではマスコミたちが

マンボーマンボー言ってまして


多くの日本人は「いい加減にしてくれ、いつまでこの騒動やるんだ

もう2年だぞ、鼻水だけ出たからといって入院させてたら

そりゃー医療逼迫するわ」


という感じなわけですが


最近はブラマヨの小杉さんが勇気持って民衆の声を代弁されてますね。


■ブラマヨ・小杉竜一、
まん延防止等重点措置適用に疑問
「弱毒化のオミクロン株なのに改めてなんでやるのかな?」
https://news.yahoo.co.jp/artic……6410adea22



これ本当にブラマヨ小杉さんの思ってることは

みんな日本の民衆が思ってることでしょうから


これをあの有名な立場で代弁してる立派さがあるんですが


コメントなんかでも色々気になる民衆側の意見が目立ちますよね。


ちなみにですが

私が上の記事で気になったコメントがこれで


「なんか、もう数字で煽るのやめない?とうんざりしてる 

その数字の内容もきちんと見ないで
一体何年同じことしてるの?

ときっと高齢者が洗脳されてるんでしょ、
と思いきや、


Twitter見てると若い人が
この数字に踊らされて怖い怖いと言ってる人の多いこと!


飼い慣らされて素直すぎるのか、
スマホ持ってても検索用に全く使ってない、

単に動画みるだけのツールになってしまってる 

若い人が意識変えてくれないとこの騒動は終わらないんだ」



なんてのがあって、最近はネットの普及でそこで

多国籍企業のSNSが巨大な影響力持っていて


高齢者はテレビで、若者はツイッターとユーチューブで

かなり多くがこれ洗脳済みとなっていて


そこに落胆してる方ってのは結構いるんだなと

私なんかは上のコメントを見て思いました。



ちなみにですがよく

「テレビはダメだ、次はユーチューブとツイッターの時代だ」

(ドヤ顔)


みたいな人ってかなり今の時代、いるわけですが

実際はこれユーチューブもツイッターも検閲しまくりですからね、


私なんかはテレビや新聞ばかり見ているのも問題だけど

同時にユーチューブやツイッターってのは同じく洗脳装置で

検閲しまくりなんですから


それを今の時代に情報取得として最善と思ってる層なんかも

結構危険だな~なんて思いますよね。



まあユーチューブもツイッターも思想としては

左の人しかアカウント残らない仕組みだから


結局左巻きにしっかり長く使ってると

最近は洗脳されていくように作られてるわけで


まあ実際はテレビも新聞も多国籍企業がやってる

動画サービスもSNS系チャットサービスも

大差ないななんて思いますよね。




それで最近ですが、とにかくもうコロナ騒動が2年間続いて

うんざりしてるって人は多いと思うのですが


実は最近私が把握してることがあって

それが報じられないだけで


成功した日本人の起業家さんや投資家さんが

水面下でどんどん自由な国、地域に移動しだしてる現象


ってのがこの2年ですごい進んだなと。


この2年間で 日本に住んでいた起業家とか投資家が

より自由で暮らしやすい国や場所に移動してるなんてのは


日本のマスコミなんかは自分達の親分の官僚たちの支配が

日本では過酷だと認めることになるから


それは報じないんだけど、


私の周りでも元々コロナ前は日本にいたけど

この2年で海外に移住したなんて人は結構いたりするわけです。



ちなみに最近の若い成功した起業家とか投資家は

昔の前の世代のように アメリカもカナダもオーストラリアも目指さないし

さらには西欧なんかにも住みませんね。


なぜか?っていうと

一言で「実際は不自由」だからですよね。


逆にやはりこの2年、なんだかんだ実際の生活では

自由に暮らせる場所があって


それが中東ドバイだったり、あとは東欧 中欧もそうだし


あとはタイもなんだかんだ人気ですが


いずれにしても最近の成功した起業家や投資家は

ユーラシア大陸の自由が比較的担保されてる場所に

移動してるわけです。


私の周りでもこの2年で 日本から自由な地域に移住した

っていう人が実際は結構増えました。


最近はこれ「自由な国への移動」ってのがもう水面下で

現実的には

若い世代で成功した人の間では普通になってきてますよね。


今日はこの辺について考えたいと思います。


編集後記で!







■バックナンバー

【「政府が狙う!あなたの個人資産を何があっても守り抜け」
(根尾知史著)が1月28日に発売になるようです!】
(日本語で初めて、世界中の富裕層たちの資産保全の戦略、を 学べる本)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3188#3188


【世界が寒い、ことについて考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3186#3186


【首都高料金が現行の最大1320円⇒1950円に
大幅値上げされることについて考える!】
(官僚が「移動の自由」を制限するスキーム)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3185#3185




【ワクチン未接種でクビ?になってしまう従業員が未だに出ていることについて
考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3184#3184

【mRNAワクチンが自然免疫機能を破壊、もしくは低下させること、
が徐々に世界の研究や統計で
明らかになってきてることについて考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3182#3182


【動画を見て「暴走するイタリアの50代以上へのワク強制」や、
スーパーグリーンパス制度について知り、
そして各国で保守政権樹立される新しい流れ、を考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3181#3181

【韓国で 副作用リスクを知りつつ
ワクチン接種をテレビで推奨し続けた専門家が告発された、ことについて
考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3179#3179


【安倍元首相が新年に 「コロナを季節性インフルと同じ5類扱い」
にすることを提案したことを 考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3177#3177

【バイデンが「コロナ対策を放棄する宣言」を言ってしまったこと、
および日本・中国・韓国・ASEANのRCEP発効の重要な意味などを考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3176#3176



【次の時代は「住める国の選択肢」を増やすのが重要!?という話】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3174#3174


【韓国ではコロナワクチン被害者家族協議会というのが作られ
遺族によるワクチン反対デモが年末に起こった、ことについて 考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3173#3173

【元K1チャンプに挑戦し、勝利した「シバターさんの生き様」が
私たちに教えてくれること】
(キレイゴトのないリバータリアン思想など)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3172#3172


【2022年は北朝鮮化する欧州EUと、
意外に自由な極東アジアの構造が より顕著になりそう】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3161#3161



【写真50枚】トルコ・イスタンブールの日本料理店や
中華料理店や韓国料理店とは!? (意外にアジア食が充実してきてる)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3168#3168


【ヒグマが住宅街に現れ12人が襲われたことから
寒冷問題について考える!】(今後の「人類総・冷え問題」を考える)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3166#3166



【「コロナの飲み薬、経口薬」が日本で初承認されたことと、
今回の騒動で見えるお金の限界と自由 について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3164#3164


【リラ乱高下、インフレが進むトルコに住んでみて 色々考えること】
(世界各国のコロナ関係アプリはデジタル通貨構想のシステムテストっぽい)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3163#3163


【最近日本で「経済の方が大事」
「五類に下げろ」という声が 一気に増加してきていることについて考える!】
(マスコミの恐怖扇動が効かなくなってる日本)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3162#3162


【オミクロン関連の大本営発表に民衆が対抗する
戦略とは何か?を考える!】
(まだ人々が知らない教育による脳や知能の成長特性、について。)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3161#3161


【最近は、収入や資産格差は○○の差で出来上がってる】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3159#3159



【写真40枚】トルコの下町を散策して韓国料理屋に行ってみる
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3157#3157







========編集後記=======

さてさて、今日は2022年1月18日でございまして

世間的にはマンボー蔓延防止措置をこれまた多くの地域でやっていく

ってことで

「いい加減にしてくれよ」

って雰囲気になっておりますね。


ちなみに私はもう友達と良く話すんだけど

今のこの時点で、2年も経過して沢山情報がある中で


オミクロン怖いだとかコロナ怖いだとか

インフルより脅威だって言ってる人は



情報扇動のための工作員か、

もしくは頭が弱く、知能に問題がある人で


実際はもう通常の知性や知能がある人は

このコロナ騒動が茶番そのものであり

それが政治的な意図のもとにずっと継続されてるってのは


分かってるわけですね。



まあだからそんな状況だから

多くの人から「マンボーとかもういいよ、

いい加減にしてくれよ、

早く2019年以前の状態に戻してくれよ」


って声が相次いで上がっており、


私もそう思いますが


しかし行政官僚やマスコミや医師会たちは

この騒動が終わると

一気に困ることになるから


無理やり政治家たちに圧力かけてそれを続けさせてる

そんな感じはありますよね。


といっても政治家達もそれを逆に利用して

オミクロンを米軍問題に絡めて戦って行きたいだろうけど


しかし今はもう多くの人々がおかしさに気付いてる状況だから

このコロナ騒動を長引かせるのは、色々疑念を生むから


そのバランス感覚は大事でしょうね。



私個人も2020年2月以前から「コロナで恐怖煽って

ワクチン売るんでしょ」って書いていた人ですから


もうそれが2年近く メルマガで書いたとおりの脚本で

茶番がずっと続いてるので うんざりしてるってのは

ありますし、


私の日本の友人たちもやっぱしみんな同じことを言ってる。

「いつまでやるの」ってのがよく聞かれる声です。



さて、それでそんな中なのですが

実はこの2年間で水面下で進んでる動きがあって


それが


「若い成功した起業家とか投資家が

実は裏側で、どんどん自由な国、暖かい国なんかに

移住している」


って動きはこれ加速してたりしますよね。


ちなみに以前はそれこそ2019年とか2018年だとかは

私の日本の投資家とか起業家の友人たちも


日本住みがなんだかんだ多くて、


半分以上の友人たちが日本の東京とか大阪とか名古屋とか沖縄とか

その辺にいたのですが


もう2022年となりましたが

最近はこれ当時の日本在住の友人たちは

半数以上がもう海外にいるのでは?


っていう状況になってきたのは気づくんです。


ちなみに最近は「住む国を選ぶ」ってのは

日本の大体20~40代の現役世代の若いIT系の

起業家、投資家たちの間では常識の考え方となっていて


やっぱり飛行機代なんかは別に彼らからしたら高くもないし、

そこで現地で住む場所確保するなんてのも今の時代は簡単だし


英語もスマホあればなんとかなるしってことで


この世代では国境や言葉の違いって概念があまり重視されなくて

この世代の成功者たちの間では


「より自由な国、より自由な地域に移動する」


って流れがもう普通になってるわけですね。


それで私の周りでもこの動きは加速しているのを感じまして

もうみんな自分でネットで稼ぐなんてのは10年以上やってるような

人らだから


住む場所は選択できる人ばかりなんだけど


そこでこの2年とかで 色々日本にいて不自由感じる人が

多いようで、


やっぱりそれで移住する人が私の周りでは

もうすごい増えてるわけです。


リアル店舗系の人々はさすがにリアル店舗が日本にあるから

それは場所の縛りがあるから、海外移住とはならないけど


しかしITで投資やらビジネスで稼げてる人だと

別にどの国でもネットあればなんとかなっちゃうから


そこで最近は 日本を出てしまって

ドバイとかタイあたりが最近は人気だけど


もうそっちで暖かく自由に暮らして、

なんとかやりますなんて人が裏側では相当増えてるなって

私は思います。



ちなみに2019年前はそんなことなくて

私なんかはその前から既にマレーシアにMM2Hとかとって

移住したけど


あくまで日本在住者のほうが当時は周りの友人は多くて

「海外の良さはまあ分かるけど

それでも日本が暮らしやすいから日本にいる」


って人は若い起業家や投資家では多かったですね。


ただそこで2020年からコロナ騒動が始まってしまって

実質の生活では そこそこ自由なはずだった日本で

かなりの自由の制限が 行政とマスコミによって加えられた

わけです。


それで表向きはどうあれ、

実際はそこで自由に生活しづらいところに

嫌気さして、


そこで移住しちゃう人ってのが特にIT系の富裕層の若い世代では

増えてきたわけですが


そこで目星つけた国のビザを取得してしまって

移住しましたなんて人は実際かなり私の周りでは増えちゃいましたよね。


ちなみに私はこれ自分も海外在住なんで

気持ちはスゴイ分かりまして


それこそ思考体系として投資家とか起業家って

感情で動かないし、あくまで合理で動く特徴があるんですが


それこそもう合理で考えたら2020年初っ端から

もうコロナ騒動はワクのプロダクトローンチであり


単なるショックドクトリンだってのは私も書いていたし

私以外もみんな稼いでる人らってすぐ気づいていたわけですね。


はっきり言ってしまえば オミクロンは弱毒化だから、とか言うけど

元々その前から 純粋にコロナで死んだ人なんてほとんどいないわけで

統計嘘やってるだけで


元からコロナってのは普通感冒の代表的なウイルスで

ワクも作れないなんてのは知られていて


元から単なる風邪なわけですよね。


それで既に若くして何億円とか何十億円とか稼いでる彼らは

当然それに早期で気づいてるのですが


投資とかビジネスだったら間違ったらすぐ軌道修正するってのが

当たり前なんですが


今回行政機構が暴走するってのも裏側にあるから

ずーっと、合理的な考え方を無視して


この間違いが合理では明白な茶番が

2年継続してるわけですね。


合理的な信頼できる統計数値も取られておらず

(PCRでも検査数もCT値も未だ固定されてないのなら
全く陽性者数の統計は意味を持たない)


ほぼほぼ感情で 全てが動いてるわけで


そこで「いい加減に合理で動いてくれよ」ってのが

やはり若いIT系の起業家投資家たちの本心にあって


そこで裏側で彼らは失望して、改善スピード遅くて不自由だし、

じゃあ自由なスピードある国に移動してるってのはあるんだろうと。



ちなみに日本の最近の若い成功者たちってのは

大声で言わないんだけど


やっぱり表向きと実質は見ているもので、


それこそ表向きはマスクもワクも強制じゃないってのは

法的な部分は理解してるけど


しかし日本では国民性もあって同調圧力使ってでの

マスコミ扇動してでの実質強制って圧力がかかっており


それが実質の強制力を持ってるってのも見てるわけでして


それを考慮して もう外に出て行ってしまってるって

若い成功者は増えてるのかなと。


実際に法的には強制じゃないんだけど

やはりじゃあそこで マスクしないでスーパーとか

レストラン入ると 場合によってはひと悶着発生するわけで


そういう「実質」を見て 日本にいるのかもしくは自由な国に行くのか

って判断してる人は多いですよね。



日本の役人とかマスコミたちが

表向きは要請という言葉使いつつ

報道プロパガンダで実質は強制力が働くようにしてる


っていう意図もしっかり分かった上で

彼ら若き成功者は、あくまで法律や憲法にそって運営されてる

行政があんまし威張っていない自由な地域に移動しだしてるわけですね。



ちなみに最近はそれこそドバイは人気で

私もメルマガで案件を時々扱うけど


その案件の総合担当者がドバイの人ですなんてことは

増えてきていて


結局表では出ていないけど

実力がすごい若い成功者たちってのが


情報交換してどんどんユーラシア大陸に向かってるなってのは

肌感覚として最近すごい感じますよね。


東南アジアではFXNさんもそうでしたが

タイが人気ですが


タイなんかもまあユーラシア大陸の一部ですから

結局情報が早い人たちってのは


もう自由と暖かさを求めて、

表でマスコミがコロナコロナって騒いでるのに愛想つかして


どんどん水面下で自由を求めてでの移動ってのが

はじまっている。


そんでこの前に副島先生の学問道場の中でも

抜きん出た実力を発揮している

金融コンサルタントとして富裕層サポート事業を

されている


根尾さんの書籍について扱ったけど


【「政府が狙う!あなたの個人資産を何があっても守り抜け」
(根尾知史著)が1月28日に発売になるようです!】
(日本語で初めて、世界中の富裕層たちの資産保全の戦略、を 学べる本)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3188#3188




ここでまえがき、あとがきも扱いましたが


まあここでドバイのことが書いていたと思うんですが

これがあまり表では言われない真実なんです。



引用ですが

以下のように根尾さんが書かれてましたよね。


(引用開始)
===========
 激動の時代のまっただ中で、
先が見えない不安ばかりがつのる。


しかし、新しい世界史の幕開けという、
新鮮で青天井(あおてんじょう)の、好奇心にあふれる時代でもある。


 「日本の外側の世界」を、
ゆがみなく見ることができれば、

たくさんの可能性が広がっている。


日本人は、目の前に広がるアジアの世界へ向かうべきである。
 


日本は、アメリカとも中国ともバランスを取りながら、
ゆったりと立ち回ればいいのだ。


日本人はすぐに「長いものに巻かれろ」で、
強そうなアメリカの

「グローバリスト(地球支配主義者)」や
世界のエリート権力者たちに、考えもなく引っぱられていく。


ふらふらとついて行く。


 私たちは騙(だま)されると、
最後は「戦争」に巻き込まれる結果になる。

これまでの日本の「戦争」は、
政治家も国民もみんなで騙されて、
引きずり出されたものばかりだ。

歴史をじっくり検証すれば、必ず分かる。



 第3章でも書いたとおり、

タイとシンガポールが、昨年11月に、
外国人旅客を受け入れ始めた。


12月からは、
オーストラリアやアメリカ、イギリス、イタリアなども
観光客を受け入れ始めている。



中東の「保税特区(フリーポート)」であるドバイは、
ワクチンを接種していない外国人旅行客も、

「PCR検査の陰性証明」だけで受け入れている。


それで、シンガポールや
ヨーロッパの資産家や事業家たちが、


どんどんうるさい規制を嫌って、

自由でオープンなドバイへ移り住んでいる。



この2年間で、世界の富裕層とその資金が集まり続けて、

ドバイはすごいことになったようだ。

http://www.snsi.jp/tops/kouhou

==========

以上です!


このように根尾さんが書かれてましたが

これが富裕層の実態に詳しい人が知ってる本当の情勢であって


いちいち行動に対して行政があれこれ言う国、地域、

もしくは行政のプロパガンダ機関のメディアの影響受けてる人が

社会で過半数と見られる国や地域、


これを富裕層は自由主義だから相当嫌ってまして


国境の入出国で根拠なしの水際対策とか隔離とか

ごちゃごちゃ言ってる国には行かないもので


やはり今の実態としては「実質はしっかり自由が担保されてる国」

に若い富裕層たちがこれは日本だけではないけど


世界中の若い富裕層たちが そういう「実質は」自由な国

に移動しているわけですね。


そんでこの一文が大事で

「シンガポールや
ヨーロッパの資産家や事業家たちが、


どんどんうるさい規制を嫌って、

自由でオープンなドバイへ移り住んでいる。」


ってのがまあ実際の話でしてそれが

2020年~2022年の富裕層動向でして


以前まではシンガポールとか人気だったんだけど

今やワクチン打ってないと色々制限されるようになったし


強権的な体制が露わになったのがシンガポールですから

もうそれに嫌気さして、


そこからドバイなんかに行く人も多いわけですが


これは日本でも実質は結構色々制限されがちな日本から

ドバイやらタイやらに移動する人は増えてるわけでして



これが大きな世界の若い富裕層たちの本当の動きですよね。



ちなみに歴史的には


行政機構、官僚機構と


そして成功した投資家や企業家などの

小金持ち富裕層たちってのは


ずっと敵対して戦ってきた歴史があるから


だから行政公務員とか官僚は小金持ちを叩き潰そうとしてきたし

金持ちたちは金持ちたちで訴訟なんかで

行政と戦ってきた歴史があるのですが


(自営業者はだから経費ってのが認められるわけ)


自営業者たちってのは根本的に

行政機構の暴走は大嫌いですから


最近は行政機構の暴走が目立つ国からは彼らは出だしており

ドバイなんかを中心にした


自由なオープンな国や地域に行きだしてるって流れは

水面下で加速してますよね。



ちなみに実質って言葉がよく出てくるけど

これはどういうことかっていうと


例えば、実質、社会生活の中でマスク着用の強制力があるかどうか

ってことと


法的にそれが強制化されてるかってのは

この2年 国によるわけですよね。


それで分かりやすいのは日本の場合はマスクもワクチンも

これ法的には強制じゃないんだけど


しかし一部のマスコミに影響されやすい層は

かなりおりますから


そしてこの人たちは権威従順主義だから

マスクしてない人に対して マスク警察として

色々言ったりするわけですが


ここで日本では 建前はマスク強制じゃないのに

実質それが半強制化されてしまってるわけで


それが役人とマスコミの狙ってやってきたことでもありますが


実質、日本ではそこそこ社会生活であらゆる自由は制限されてる

わけですね。


要請なんだけど任意なんだけど

実質は強制される


これはよく職務質問で問題になる話なんだけど


例えば実際職質を断ることは法的に任意だからできるけど

しかし実際にそれをすると相当体力使いますが


まあ日本ではマスク着用でもワクでも

似たような問題が起こってる。


だからそこそこ実質は、色々な生活の現場で

相互監視が働いてるから あらゆる行動に規制や強制力が働くってのが

日本でもあるでしょうが


この辺の「実質」を若い富裕層たちはじーっと見てるわけですよね。


それで「実質その国が自由かどうか」ってのは

ぶっちゃけもう最近は「入国基準」で各国の実質が

見えるんだけど


そこで入国して14日間隔離=ホテル牢屋に閉じ込められる国

もあれば


PCR陰性証明だけでOKな国もあって


実はこれ見るだけで「実質」ってのは分かるわけです。


行政が威張り腐ってる国では

隔離という行政による民衆への人権制限が平然と行われてるのは

想像に難くなく、


逆に入国制限がある程度 緩い国ってのは

表向きどうあれ、実質は暮らしてみると 行政による

民衆への自由の制限が弱い国で


まあドバイもそうでしょうが


やはり最近の若い成功者たちってのは「実質」を見るわけですね。


だからよく 各国の情報交換ってのをするんですが

例えばA国では 建前はワクパス制度が一応存在してるとします。


大使館ページでもワク打たないとレストランで飲食できませんだとか

書いてあるんだけど


けど実際重要なのは「実質」なわけですね。


要するに実は世界では沢山の国があって

「制度的にはワクパス制度は導入してるんだけど


実際の生活では 警察官たちも取り締まりなんてしないから

店の人もワクパス制度なんて実質無視していて

そのまんま カフェもレストランも 有害物質を体内に打ち込まなくても

利用できる国」


ってのは結構あるわけですよね。


ちなみにこういう国は結局ユーラシア大陸の内陸に集中してますが

表向き大変そうだけど

実際は規制がゆるく自由な国って


沢山あるわけでそれを富裕層たちは情報交換して知ってるから

結局、実質は自由な国に移動しだしてるわけですね。



ちなみに最近はじゃあ以前は人気だった

カナダとかオーストラリアに行くやついるかっていうと

私の周りだと聞いたことないくらいですが


もうやっぱり最近の若いIT系の成功した企業家やら投資家は

欧米の時代は終わるって前提で動いてるのは間違いなくて


先進国たちが 表向きは自由掲げてるけど

実際は ファシズム、もしくは共産主義国家みたいになってるってのは

分かってるわけですね。


だから彼らは欧米やオセアニアではなく

あくまで「実質」自由なところに向かうわけです。



それでこの傾向が2020~2022年にはさらに進んできた。


私の周りでも以前は日本に住んでいた人たちが

実質自由な国に移住していくケースが増えてますよね。



ちなみに最近は「自由」に加えて

寒冷化してるから「暖かい」ってのも重視されますが


ドバイが人気なのもよく分かる。


ドバイほどの自由度はないけどタイも暖かいですからね、

やはり人気が出る国の特徴ってのは分かりやすいですよね。


ちなみに「自由なんだけど寒い国」ってのは

やはり人気は落ちてしまうけど

それこそエストニアなんかは誰もマスクしてない

自由な国だったけど


しかし北欧だからスーパー寒いですが

エストニアに税制だけの理由で移住する富裕層って

滅多に聞きませんが


最近は 実質の自由さとそして気候安定度ってのは

すごい重視されだしてますね。




それで私なんかは色々な国にいて、やっぱりそこで

日本出てきた富裕層の方と会うこともあるんだけど


今後は実質自由な国で、気候が安定してる国ってのが

勝っていくだろうなってことですよね。


私もよく聞きますが

ドバイなんかはこの2年間で実質はかなり自由の制限が緩くて

そこで自由は確保しましたが


各国の実力ある若い富裕層たちが続々とドバイに集まって

投資が集まってすごいことになってきてますが


気候も暖かいどころか時に暑いくらいで素晴らしいですが

結局そういう国が 若い優秀な 人材を集めて

マネー集めて


今後繁栄していくってことでしょうね。


逆に実質自由がない国ってのは大変になっていて

人材もカネも 自由な国に移動しますから


どんどん空洞化、貧窮化は加速するわけですが


それこそ私がいたマレーシアなんかは2020年のマハティール政権まで

すごい自由だったのですが、だから一気に発展してたけど


しかしクーデターが起こって一気に官僚独裁が進んで

マレーにいた富裕層たちもどんどん他の国に流出して


経済がもう大変なことになってますが


結局、今後は実質は自由な国ってのが繁栄していく流れってのは

当たり前だけど、間違いないんだろうなと。


それで最近思うのが

勿論、世界各国の富裕層たちマネーを取り込むってのは

多くの国が意識してることなんだけど


それ以上に重視されてるのが結局「人材」であって


投資やビジネスの知識がある人材をその国は取り込めれば

勝手に彼らが 資本主義進めてくれるから


国は豊かになるんですが


結局稼げる人材ってのは 世界でも数が限られるから

それを取り込む国が今後発展するわけですね。


それでその稼げる優秀な人材ってのは

官僚的な社会主義や共産主義的なものを嫌いますから


あくまで自由を重視して 公的部門と私的企業が分離されてる

資本主義がちゃんと機能してる自由な国を選びますが



ドバイなんかは最近はこの 

「稼げる人材取り込み戦略」

で相当成功してるわけです。


そんで稼げる人材取り込めれば、マネーもついでに付いて来るから


(その国が気に入れば富裕層たちは何千万円 何億円、何十億円と

自宅買ったり、不動産運用しだしたりする)


その国はどんどん豊かになるわけですね。


最近の新興国は 内需だけでなんとかなるなんて

鎖国理論を認めないから


もう現実にあわせて 自由を担保して

狡猾にコロナでも発展軌道に乗せてる。


そしてそういう国が今後勝っていく。



まあそれで私なんかが実はここで心配するのが日本でして

日本はもう2年近く鎖国をしてることになりますが


そこでインバウンド消滅して、

それこそ「内需だけでなんとかなる論者」は以前いたけど

彼らも黙ってますが


やはり冷静に観察すると

内需だけではどうにもならない時代になってますよね。


そこで実際の中小経営者からしたら

インバウンド がゼロ状態ですと


それがきっかけで損益分岐点を割ってしまう経営者も実際は

かなり多いわけで


経済ってのは血流と似ていて

血流でどっかが止まると、それが全身に血の巡りの問題が

生じますが


まさに今の日本ってのは2年間鎖国を続けてきており

経済の血流が悪い状態になってるわけですね。



ちなみにそこで私が今後何よりも問題になると思うのが

やはり海外から日本を見ていて思うんだけど


「2年間 実質は鎖国した事実」ってのはやっぱり

今後コロナが終わっても残ってしまうわけですね。


私はこれ日本人だけど、しかし海外に住んでるから

外国人投資家の視点も持ってたりするんだけど


例えば外国人の富裕層たち、これは最近は中東だったり

中国ロシアとかの投資家だったりするけど


彼らがまあ日本が未来あると考えて

それで投資対象として良いもの見つけたとしますよね。

コロナ後に。



しかしそこで必ず彼らが気にかかるのは

「当時のコロナ状況の時の対応」であって


まあ日本政府は多くの外国籍の人間の入国をシャットダウンした

わけでありますが


そこで当然多くの投資家たちは


「日本に投資したいけど、

しかしこの前コロナの状況で日本は2年間、

私たち外国人投資家に対して国境を閉じた。


もし再びこういうことが起こった際

私は日本に投資した○億円を回収しに入国できるのか」


とやはり考えるはずなんですね。


それこそ日本では官僚機構が強すぎて

時に非効率な、水際対策という名前のもとに


国境が閉じて、投資金が回収できないリスクがある

と多くの外国人投資家が気づいてしまった場合、


やはり今後海外からの投資ってのは募るハードルが高く

わけですね。



これは私たち日本人がどっかの国に投資することを考えても

良く分かりますが


ある国はすごい成長可能性があると判断できるけど


しかしコロナの最中、ずっと外国人は入国できなかった鎖国実績があるとして


その国の中では

「内需だけでなんとかなる、外国人のマネーなんぞいらない」

と、 鎖国的な社会主義が 流行しちゃっていたのを観察していたとして


「じゃあその国に その後 投資する勇気はありますか」


って話になる。


強烈な資金回収リスクがあるということになる。



それで今はもう既に日本は2年間、この国境をとじてる

鎖国を継続してしまっており


PCR検査だけで入国できるドバイのような制度の間逆を行っており

入国するためには今は10日だけど2週間の隔離 人権制限も受け入れないといけない

となってるわけですが


これはやはり世界中の日本に注目する投資家には

見られてるわけですよね。


「2年間、日本では政治家達が全く力もてなくて

官僚たちの求める 水際対策なるものを拒否できず

鎖国状態を継続した」


ってのはやはり事実ですから


今後それがボディーブローのように効いて来る可能性は

見えてきてるわけです。


私も世界に投資してるから分かるんだけど

やっぱり 色々な国に投資する際の最も大きなリスクって


資金回収リスクなんだけど


「外国人は入国できません」ってのが制度的に時にはOKな国に

投資するってなかなかな冒険ですが


日本が今の 鎖国状態を継続する事実、ファクトってのを

長期化していくと


今後いざコロナ騒動も落ち着いて

再度 復興するぞとなったとき、


投資金集めるのは大変になるかもしれませんね。


私は日本人だから日本国籍だから日本の状況は分かるんだけども


しかし外国人投資家たちが今後

コロナ終わって日本政府のアナウンスで

「今まで入国できずすみませんでした。2年3年と国境閉じて

鎖国して入国拒否していてすみませんでした。


投資家の方々は資金回収ができるかどうか不安だったと思いますが、

けど次からは国境閉じないので日本に投資してくださいね」


と言ったところで果たして信用は戻るんだろうかって話ですよね。



たぶん日本の官僚たちも官僚の言うとおりに動いてる政治家達も

それについて大して考えていないように見えるけど


しかしドバイなんかは逆にコロナであっても

ちゃんとPCR陰性で入国できる、


投資家としては資金回収リスクが

抑えられる国と認知されただろうから


今後投資は世界各国から集まってもおかしくない。


そんで私が実は最近 母国の日本を心配してるのが

この辺で

今も2022年1月時点で


日本は10日間の隔離とは言うけど

鎖国政策を続けてしまってるわけで


鎖国した日数のファクト、事実ってのはどんどん

裏側でカウントされてるわけです。


それが今は2年近くだけど


これ2年3年と鎖国日数が積み重なると

今後日本がいざ 外国から投資を招きいれようとしても


この鎖国日数の事実ってのは残りますから

結構それが今後の復興で障壁になる可能性は大いにあるんですね。


日本では工作員の人たちが官僚機構の擁護のために

内需でなんとかなるんだ~論を言ってますが


実際はまあそうはなっていません。


緊急事態全面解除しても

経済がよくならず、苦しんでる事業者が増えておりますが


やはり外国からの投資金ってのはどうしても

経済では重要だったってのは誰も言わないけど

今は分かりますよね。


ちなみに結局今のコロナ状況でもなんとか勝ちあがってる国ってのは

結局 キレイゴト抜きで

世界の富裕層たちの人材とマネーを取り込んだ国でありますが


日本は今鎖国してるけど

この鎖国実績が残るってのが実は結構今後 痛いことになるかも

しれません。


それで若い優秀な富裕層たちは水面下で

どんどん 自由な行政が暴走してない国に移動してしまってるわけで


これが今後、じわじわとボディーブローのように

経済に効いてくる確率が上がりつつあるんですね。


いざ復興しようとなったとき、

生産性高い若い人材たちってのが日本で悪者扱いされて


そんでドバイとかタイに行っちゃいましたとなったら


じゃあ誰が復興のスキーム作るのって話になる。


Y=C+Iの Iの層の海外流出ってのは

意外に深刻ですよね。


■若干タブーな「ケインズ経済学Y=C+Iの本質」について考える!
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……_y_c_i.pdf


まあだからこんなのを考えると日本は日本で

さっさと政治家たちが主導して

マスコミ官僚主導国家ってのを卒業しないと


そろそろまずいことになりそうです。


それこそ第2次大戦とかの戦前戦中は

いわゆる実力ある人間ってのが 海外に住むことは当時

簡単ではなかったから


自国に残ったため、戦後でも人材が確保されていたため

彼らが日本で復興時に相当力になったのですが


しかし今のコロナは同じ戦争でも

人材は1国に引き止められないわけですね。


日本人でも実力ある人たちってのがどんどん

自由な国に移動できる時代です。


言語も国境も以前ほど重要な意味を持たなくなっていて

それは移動の障壁には現代ではならないわけですね。


そんで今はコロナで実質の自由の制限が

マスコミ主導で行われてるんだけど


まあこれ・・・今後日本の復興時に禍根を残しそうです。



最近私が心配してるのはこの辺ですよね。


まあそれでいずれにしても大きく捉えると

今後勝つ国ってのは


コロナの鎖国性をなるべく弱めて自由を守ってきた国に

集中しそうで、


それこそドバイ以外だと、トルコとかジョージアとか

メキシコとかエジプトとか


まあこの辺は実際は移動の自由を

PCR陰性証明だけで入国できるとかで

相当裏側で守ってきたのですが


これは今後投資家が世界中の投資対象を選ぶ時代になりますが

この辺の「鎖国をなるべく短期間にした実績」は

やはり今後の 世界からの人材と資金吸収では


相当評価されそうです。



だからまあそういう国々は今後発展して行きますから

注目していきたいものですね。


ってことで今後はドバイもそうですが

コロナであっても、実質は自由だった国、

変な入国制限をかけなかった国ってのが


その実績を評価されて

必然で人材と資金吸収していき


発展してく流れだから


この辺の大きな動きは知っておきたいものですね。



それでは!



ゆう



追伸・・・それで最近、ドバイの成功も見て

この「投資家の視点」ってすごい大事と思うんですが



例えば私はコロナ前にマレーシアにある程度の金額投資すること

ってのも考えていたし、さらに投資案件の精査もかなり進めていた

のでありますね。


が、国境を封鎖、鎖国してそれが2年になりつつある。


一応ビザがあれば入国できるとはなってましたが


「仮に以前投資していたとしたら

入国して資金回収するにしても 2週間ホテルで奴隷のように

人権制限されて隔離されないといけない」


という状況になったわけですね。


ちなみにホテル隔離ってのは実際は刑務所より人権制限されてるわけで

刑務所だったらきっと、他の囚人と会って話したり

食事も一緒に食うことはできるでしょうが


ホテル隔離ってのは14日間、誰とも話せないわけで

外出禁止であって(したら逮捕)


実は刑務所の囚人より人権が制限されてると私は思ったんだけど


まあもしその国に投資するとしたら、



仮に資金回収したくても、場合によっては

そういう人権制限を受け入れて

なんとか入国しないといけないとなることも

今後、想定しなくてはいけなくなるるわけですね。


だからこの先「2年間鎖国した実績がある国」ってのは

開国したとしてもある種その鎖国した事実は残るわけでして


投資家に対して「鎖国解除したから資金を投資してね」と

訴えてもなかなかこれは・・・

きつくなるかもしれませんよね。


一度そういうことをしたってことは、


今後も何かあって、入国規制などが復活して

投資金回収が困難になる可能性ってのは


どうしてもリスクヘッジが仕事の投資家は

考えないといけないから

ですよね。


実際にコロナ騒動が終わったとしても

各国投資家は「その国が実際にコロナ最中に

どういう入国規制を実施していたか、資金回収リスクは生じなかったか」

は見るはずで


そういう意味で 各国政府は官僚の言うこと聞いて

国境閉じてたりするけど


実際はかなりリスクある行為ですよね。


投資家は移動の自由があるからこそ

国境またいだ投資ができるわけであって


それがなくなれば、投資は控えるわけで。

例えば国境を何十年も閉じてきた鎖国実績がある

北朝鮮が仮にオープンになったとして


そこに投資しろって言われてもなかなかきついものはありますが

やはり今後現実問題としては 鎖国政策を何年もやってしまうという実績を

作った国々が今後 各国から投資を募ろうにも

それが集まりづらい問題ってのは


出てくるかも。



一方そういう未来も見据えて投資家からの信頼を重視して

国境での規制を実際は弱めて 入国の自由があった国は

今後ちゃんと 評価されそうでして


そういう狡猾にうまいことやってきた国は

今後 投資家から信頼を獲得して お金集まって

発展するんでしょうね。


ドバイなんか見てるとその辺感じます。



今後は

人材もマネーも結局自由な国に移動するんで

そういう国が今後必然的に勝っていくのでしょう。


それでは!



ゆう








【「政府が狙う!あなたの個人資産を何があっても守り抜け」
(根尾知史著)が1月28日に発売になるようです!】
(日本語で初めて、世界中の富裕層たちの資産保全の戦略、を 学べる本)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3188#3188


【世界が寒い、ことについて考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3186#3186


【首都高料金が現行の最大1320円⇒1950円に
大幅値上げされることについて考える!】
(官僚が「移動の自由」を制限するスキーム)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3185#3185




コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください