無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【2022年は北朝鮮化する欧州EUと、意外に自由な極東アジアの構造が より顕著になりそう】

2021 12月 30 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【2022年は北朝鮮化する欧州EUと、意外に自由な極東アジアの構造が
より顕著になりそう】

⇒編集後記で

~~~~~~~~~~~



どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして

ありがとうございます。



さてさて、前号にて以下の号を流しまいた~

まあ本人かどうかは誰も分かりませんが

ある種、超有名人であるジェイコブロスチャイルド名義の返事ってのが

英語圏のネットで話題になってましたが



逆にそれは、軍産の弱点をかなり露呈してるって感じで

面白いですよね。



■バックナンバー
【世界で話題の「ジェイコブ・ロスチャイルドの返事」を見て
「軍産プロパガンダの限界」について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3170#3170


ちなみに私は今年2021年ですが

結局の話、軍産、英米諜報の力ってのがどんどん弱体化してきた

そんな年だったな~と見てまして


実際に

「海の時代を数百年引っ張ってきた

イギリスを中心とする欧米の自滅、

一方 日本・韓国・中国・ASEANが陸の時代に対応する準備ができてきた」


まあそんな年だったなと見てますね。


コロナ騒動ってのは大きく政治的なそういった構造を

作るためにされてる感じはありまして、


それこそ この陸の時代に対応させようとする

多極派たちってのが軍産の意図もしっかり利用しつつ


世界の多極派への転換を進めておりましたよね。

ちなみに今軍産側の英米諜報側の人たちは大変ですね。


どんどん自分達の権限が縮小してきて

アジアは表向き戦っているようで、協調するタイミングを

見計らって動いてますし、


そうなると アジア地域を分断して統治せよ戦略で

利権むさぼっていた軍産たちも消滅状態になりますから

彼らや彼らに従ってきた工作員の焦りってのは

やはり最近は結構強いものになっている。


日本でもやはり以前と違い、かなり考える人ってのが増えてきて


既存の官僚側の右にも左にも属さない反官僚機構政治ってのは

岸田さんになってからそして維新がこの前相当議席伸ばして

顕著になってきてますし


だから今は本当は、官僚側の左も、

また反中反韓だけを保守イデオロギーにしてきた自称保守たちも


実は両方とも英米諜報に操作されてるものですから

彼らも今までなかった軍産弱体化の事態に戸惑ってる様子ってのは

もう手に取るように私には伝わってくる。


上のジェイコブロス茶の名義メッセージってのも

そういう段階で出てきましたからまあ興味深いわけです。


しかし今後も軍産たちはプロパガンダ力を落としていき、

そしてこの前なんかは岸田首相が在日米軍に対して怒りまで表明してるけど

近年中に日本の軍産、官僚たちの利権である在日米軍問題も

本格議論される土台が整いだしてますね。



さて、それで2021年の傾向なのですが

やはり上に書いたように


欧米の没落、そしてアジア地域は意外に安泰化ってのが

かなり顕著に見え出してるのですが


この辺、まあ日本の主流言論では色々不都合で

語られていないって感じですが


今年2021年は欧米の没落、アジア地域の今後の安定化

みたいな構造がかなり顕著に出てきた年かと思います。



それでこの前 よくメルマガでも扱わせていただく

田中先生がその辺よく分析されてまして、

基本的には小さいところで逆の動きはありつつも

大きくはそういった流れで進むでしょうから


2022年も欧米の没落なんてのは

顕著になりそうですから


編集後記で!












■バックナンバー

【世界で話題の「ジェイコブ・ロスチャイルドの返事」を見て
「軍産プロパガンダの限界」について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3170#3170



【写真50枚】トルコ・イスタンブールの日本料理店や
中華料理店や韓国料理店とは!? (意外にアジア食が充実してきてる)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3168#3168


【ヒグマが住宅街に現れ12人が襲われたことから
寒冷問題について考える!】(今後の「人類総・冷え問題」を考える)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3166#3166



【「コロナの飲み薬、経口薬」が日本で初承認されたことと、
今回の騒動で見えるお金の限界と自由 について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3164#3164


【リラ乱高下、インフレが進むトルコに住んでみて 色々考えること】
(世界各国のコロナ関係アプリはデジタル通貨構想のシステムテストっぽい)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3163#3163


【最近日本で「経済の方が大事」
「五類に下げろ」という声が 一気に増加してきていることについて考える!】
(マスコミの恐怖扇動が効かなくなってる日本)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3162#3162


【オミクロン関連の大本営発表に民衆が対抗する
戦略とは何か?を考える!】
(まだ人々が知らない教育による脳や知能の成長特性、について。)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3161#3161


【最近は、収入や資産格差は○○の差で出来上がってる】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3159#3159




【フランスの実質のワクチン義務化の狂気な政策と、
その暴政を冷静にみる日本の人々】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3158#3158


【写真40枚】トルコの下町を散策して韓国料理屋に行ってみる
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3157#3157













==========編集後記==========

さてさて、前号ではジェイコブロスチャイルドを名乗る人間の

返事ってのを扱いましたが、


まあ欧州でかなり注目されたメッセージですが

実際は軍産ってのは余裕気取っていながら

武器はプロパガンダしかありませんから、


実は今後 さらに軍産官僚が追い込まれていく大きな流れってのが

形成されやすい土壌になってるってことを書きました。


ちなみに実際はもうちゃんと状況捉える能力がある人は

気づいてるように


実際日本人の多くもコロナ騒動のおかしさってのは

大声で言わないだけでかなり気づいてますからね、


特に維新なんかを支持したのが

小金持ち系の自営業者層が多いでしょうが自営業者層なんてのは

もう大声で言わなくても大体分かってますから



大体やはり3割から4割あたりでしょうか

この人たちは「なんか」おかしいなという感覚を持ち出してる現状でしょうが

このマスクもワクも従ってるけどしかし

「なんか」おかしいと感じる層は

日本で今後もさらに増えるでしょうから


やはり日本の政治も今後注目だったりします。


それで今はおそらく工作員の左の人間と右の人間、

両方とも実は官僚機構のマネーで作られた組織ですが


彼らこそが本当の今の流れのまずさに気づいて焦ってるのは

よく私には見えるのですが


大きく今年は彼らの敵にあたる多極派が圧倒的強さを見せて

軍産の力が縮小する流れが顕著でした。


それで来年も多極派たちがやはり大きくは軍産の権限をさらに

縮小どころか機能不全に追い込むだろうから

来年の2022年以降も世界政治には注目ですよね。


それでもう今見えてるのが

欧米やアングロサクソン地域の今後の衰退

そして 中国や日本や韓国やASEANなどの地域は意外に安泰みたいな

流れですが


日本でも自民岸田も維新もこの大きな流れを捉えながら

反官僚機構ということで支持を得ましたから

大きく来年もその流れを基準に進む感じですよね。


それで現状やはり見える大きな世界の流れってのが

欧米の人たちなんかはワクチン接種も義務化されて

ワク打たないと生活自体ができないとか、


それこそもう西欧地域ですとワク打ってないから

バスも乗れない、電車も乗れないから 徒歩で移動してます

みたいな現地日本人もいらっしゃるくらいなんだけど


いずれにしても「何でもかんでも強制」されるのが欧州西側となってまして

もはや、経済発展のためには自由が自由市場のためにもっとも大事ですが

それが欧州西側では消滅してきた。


要するに面白いことに、軍産官僚たちはまさに欧米主体の世界体制を

維持してきたけど


西欧ってのが自滅、してるわけですね。


一方、ここでは日本や韓国なんかは分かりやすいですが

なんだかんだマスクは同調圧力でしないといけない状況はあるでしょうが


しかしやはり欧州ほど自由は奪い取られてませんから

それこそ欧州だとワク打たないと電車乗れないとか起こってますが


そんなのも日本は許されておらず、

これは安倍なんかが昔実は頑張ったんだけど

そして軍産マスコミに攻撃されたんだけど


しかし日本では自由は守られてたりする。


あとは韓国も規制が進んでるとはいえ、西欧ほどではない。


まあだから自由そのものってのが

欧米が今までは自由の国だったけど、この欧米が凋落して

以前の北朝鮮みたいな全体主義と共産主義の国に実質なっており


一方、

自由を守ってるのがアジアの日本とか韓国って感じになってるのが

最近の大きな傾向ですよね。


ちなみにトルコなんかもやはり似ていて

トルコの写真なんかも扱ってますがやはり西欧みたいな

ワクを基準としての変な規制はしていないし、


自由はなんとか守ってる感じでして


もう世界では 自由を何とか守って行政による

人権侵害を最小限にしてる地域と、


西欧のように完全に人権侵害を許している地域で

きっぱり分かれだしてる感じは見えます。



それで西欧なんかでは人権侵害が度を越えてますから

人々も怒ってるけど、行政は意に返さず暴走しておりますが

自由に暮らしたい人は西欧は今は少し住める場所じゃないのかな・・・

って私は思っちゃいますね。


それこそイタリアとかフランスとかドイツとか私も色々な国の人と

話してきたけど 大多数の人たちは気の良い人たちであって

素晴らしい人が多いけども、


行政は・・・まあ西欧では最近問題が大きいですね。



さてさて、それで田中先生がこの大きな流れを俯瞰して

無料の記事にて書かれてました。


それでもう2021年も終わりとなりますが

2022年も基本的に田中先生が書かれてる世界構造で

世界は動いていくでしょうから

学んでいきましょう!



ちなみに今後は欧米の自滅傾向が強まるので


私たちとしてはそれに巻き込まれない、

地獄に道連れにされない、

その地獄への道連れの被害を最小限にするにはどうすればいいか

みたいな考え方も来年以降は特に大事になりそう。


それでは以下田中先生の無料記事

「コロナ帝国の頓珍漢な支配が強まり自滅する欧米」

より。


少し内容難しいという方もいらっしゃるんですが、

しかし日本語でここまで世界情勢を俯瞰して分析できる

分析人はなかなかおりませんので、


もし分からなければ何度か読んで見ると良いと思います!


最近の日本語ではこういう全部裏側を分析してしまった記事が

普通に見ることができるってのはやはりすごいことなんですね。



============


コロナ帝国の頓珍漢な支配が強まり自滅する欧米
https://tanakanews.com/211226corona.htm

より




欧州と米国で、ワクチン接種や都市閉鎖などの

新型コロナウイルスへの「対策(超愚策)」を

人々に強要するコロナ帝国(コロ帝。コロナ独裁)の支配が強化されている。



この支配強化はタイミング的に、

ちょうどコロナの流行株が症状のとても弱い(風邪以下の)

オミクロン変異種に替わり、


ほとんど誰も発症しなくなった「コロナの終わり」の

直後に始まっている。


ウイルスは変異するほど重篤性が下がるものであり、

今後のコロナは風邪以下・病気未満の弱さになることが確定的なので、

もう都市閉鎖もワクチンも不必要だ。


そういう時を見計らったかのように、

今という頓珍漢なタイミングで、

欧米では都市閉鎖やワクチンが強制され始めた。


強制はおかしいぞと思う人々が増え、反政府運動が広がり、

支配層エリート内部でもコロ帝に反逆する人が増えている。



コロ帝の体制は各国がばらばらにやっているのでなく、

WHOやその上の世界勢力が統一政策を各国にやらせている

(一国単位だと独裁、国際支配だと帝国)。



欧米各国の政府やエリート層は、国際的な上の方から

言われて自国民に超愚策を強要している。



上の方が頓珍漢なタイミングでコロ帝の支配を強め、

欧米は自滅していく流れにある。



だがしばらくは、頓珍漢さを乗り越えて

コロ帝の支配を成功させようとするので強権発動が続き、


欧米の人々は、巨大な薬害や人道犯罪であるワクチンや

都市閉鎖を延々と強要されてひどい目にあい続ける。



対照的に、日韓中国や途上諸国など欧米以外の国々は、

大してひどい目にあわない。


コロ帝は既存の覇権勢力である欧米だけを自滅させる。


欧米在住の日本人は、早く日本に帰ってきた方が楽になる。


EUの行政府である欧州委員会は12月21日、

すべてのEU加盟国にワクチン旅券制度の実施を義務づけた。


ワクチン接種を完了していない人は旅券をもらえず、

行動の自由を失う。


旅券は接種完了から9か月しか有効でなく、

EUの全市民が9か月ごとに追加接種を義務づけられる。


コロナが病気未満のものになったのに、

欧州人たちは効かない副作用だらけの

危険なワクチンを9か月ごとに打たされる。


旅券制度と別に都市閉鎖も行われ、

ワクチンを打っても打たなくても人々の行動は制限され続ける。


EUは北朝鮮や、巨大なアウシュビッツになった。


独裁強化とともに、コロナの最初からのインチキが

バレる傾向も増している。


英国の大手新聞テレグラフ紙の記者(Allison Pearson)によると、

ロンドンの病院に入院したコロナ患者の70%は、

コロナで入院したのでなく、


他の病気で入院した後、8日後とかにPCRなどのコロナ検査を

したところ陽性になったので病名がコロナに変更された人だ。


コロナに「発症」したから入院したのでなく、

他の病気の患者たちが入院後に(偽)陽性反応が出た。


入院から8日後なら「感染」したのは病院内だ。

そもそも、大半は偽陽性だろう。


米国などでも行われてきた、典型的なコロナ統計の水増しの手口だ。


また現在、イングランドの公立病院全体での

コロナ入院者(前出の偽陽性含む)は前入院者の5%しかいない。


全体の病床占有率は89%で、

コロナ以前の冬の水準と比べて少なめだ。


英国の病院は満杯でない。

英政府の担当者は、毎日780人がコロナで入院していると発表したが、


この担当者は同時に620人が

毎日退院していることをわざと言わなかった。


これもよくある手口だ。

コロナの発表数字は詐欺だらけだ。


テレグラフは英国のマスコミで、

コロ独を推進するエスタブ権威筋の一部だった。


それが今や、記者個人の調査とはいえ、

コロ独のインチキ体制をすっぱ抜く側に回っている。


コロナの重篤性の低下とともにインチキ体制が

露呈する傾向が増し、


エスタブ権威筋の人々もコロ独を正当化できなくなって

賛成から反対に転向する人がしだいに増える。


米国の有名人だとテスラの経営者イーロン・マスクが最近、

ワクチン強要には反対だと言い出している

(彼自身はワクチン推進派だと言いつつ)。



彼は人気を取り続けたいポピュリストなので

世論の風向きに敏感で、


コロ独に賛成するより反対する方が有利だと感じて

転向したのでないか。


マスクは同時に、米民主党左派のエリザベス・ウォーレン上院議員

との喧嘩も激化させており、

これも民主党の人気凋落と同期している。



コロナを誇張する論文を載せてきた

英医学誌ランセットは11月末、

既接種者も感染拡大の原因になっており、


ワクチン接種強要の理由になっている

「非接種者が感染を拡大している」という、


米欧政府が好む言い方は間違いだとする

ドイツの研究者(Günter Kampf)の投稿を掲載した。


世界的に、既接種者の比率が多い地域ほど

既接種者の(偽)陽性率も高く、


コロナワクチンは効果がないことが明らかになっている。


感染拡大を非接種者のせいにする

欧米政府の言い方が間違っているのは明白になったので、

ランセットは自分らの権威保持のため、


このような投稿の掲載が必要になったのだろう。


英米の科学誌ネイチャーは

「健康な子供は生来の自然免疫が大人よりずっと強いので、

新型コロナに感染してもほとんど発症しない。


子供は、感染によって作られる獲得免疫も

大人よりずっと強いし長持ちする」


(だから子供にはワクチン接種せず、

自然免疫と獲得免疫でコロナを乘り越えるのが良い)

という趣旨の論文を12月22日に掲載した。


子供がコロナにかかりにくいことは当初からわかっていたが、

WHOなど上の方や各国の政府マスコミ権威筋は

それをわざと無視して、


学校閉鎖や外出禁止、マスクやワクチンの義務などの

超愚策を子供にも強制した。


当然ながら、それは明らかに害悪だらけで何の利得もなかった。



今回コロナがさらに弱い病気未満のオミクロン株になり、

超愚策が百害あって一利なしなことが誰の目にも明らかになった。


それで権威筋のネイチャーも、自分たちの権威を保つために、

子供が高免疫でワクチン不要なことを

今さらながらに認めざるを得なくなった。


権威筋の他の諸組織も、

ワクチンやマスクなどの効果がないことを

指摘する論文や記述を発表するようになっている。


権威筋や上の方の中にも、

いまだにコロナの歪曲と超愚策を推進し続けている

「逃げ遅れ」な奴らはいる。


たとえばビルゲイツとか。


ゲイツは少し前に

「来年にはコロナは(重篤性が低下して)終わる」と言っていた。


ところが最近彼は

「オミクロンはこれまでで最も大きな被害を人類に与えるだろう」と、

以前と正反対のことを言い出している。


オミクロンでの入院率はとても低く、

世界的にほとんど実際の被害を出していない。


発祥地である南アフリカではすでに、

オミクロンが終わっていく段階に入ったと

正式に宣言されている。


ゲイツが大間違いもしくは大ウソを言っていることが

誰の目にも明らかになっていき、

自滅的に権威を失っていく。



ゲイツはもっと上の筋から誘導もしくは加圧されて

動いてきたのだろうが、


上の方はゲイツを「逃げ遅れ」の状態にして、

終わりに向かわせているようだ。



CDCのファウチも逃げ遅れの状態になっている。


ゲイツだけでなく、米国のネット大企業群は全体的に、

逃げ遅れの負け組に入れられ始めている。



先日、英国のメディカルジャーナル(BMJ)が

権威保持の策略をやり出した。



ファイザー製薬から米国でのコロナワクチンの実証試験を

受注したリサーチ会社(Ventavia Research Group)の

専門家の一人(Brook Jackson)が、


実証試験にごまかしや稚拙さが多いことを内部告発し、

その記事をBMJが掲載した。


すると、フェイスブックやグーグルやツイッターなど

ネット大企業が「ファクトチェック」活動の一環として

「この記事には間違いがあります」と表示するなど


偽ニュース扱いし、

ネット上でその記事の情報が拡散していくのを妨害した。


BMJはフェイスブックなどに対し、

お前たちこそ間違いだらけで不誠実だとやり返す宣言を発表し、

権威筋の内部での喧嘩に発展している。



BMJは、自分たちの権威を保持するため、

ファイザーの実証実験でのごまかしを内部告発することに

協力したのだろう。



だが、逃げ遅れているネット大企業たちは、

権威保持のための方向転換など思いもよらず、


従来通りの自動運転でファイザーのインチキを暴露した

BMJの記事を無力化するための誹謗中傷や偽ニュース扱いを

やってしまった。


しかしそれは、権威筋の内戦や内部崩壊を

引き起こしてしまっている。


フェイスブックなどは、他の場面でも

ファクトチェック(と称するプロパガンダのばらまき)における

事実誤認や誹謗中傷行為について提訴され


「弊社がやっているファクトチェックは、

実のところファクトチェックでなく意見表明にすぎません」

と自白させられている。


コロナの重篤性の低下をきっかけに、

権威筋が転向組と逃げ遅れ組に分裂して喧嘩を始めて

内部崩壊していく。


ざまあみろなわくわく状態が始まっている。


米国のネット大企業は、諜報界の一部であり

軍産の新形態だからさっさと潰れた方が良い。


マスコミもグーグルもなくなってしまった方が人類にとって良い。


米国では政府が大企業に対し、

ワクチン接種していない従業員を働かせるなと加圧してきた。


企業はこれまで政府に従ってきたが、

それによって人手不足がひどくなり、

業務に大きな障害が出ている。


たとえば航空会社はクリスマス休暇の開始にともなう

旅客の急増をさばききれず、多くの便が運行停止に陥った。


これではやっていけないため、

企業は従業員に対するワクチン接種の強要策を停止し始めている。



コロナ帝国は、確立する前から頓珍漢な策略ゆえに

自滅しつつある。



「上の方」の事務局の一つである

WEF(世界経済フォーラム。ダボス会議の主催者)などは、


以前から頓珍漢な自滅過程を醸成したり、

上の方が世界を支配して人類を苦しめている構図を

「大リセット」として露呈してみせて


人々を怒らせる試みをやるなど、

コロ帝の意図的(隠れ多極主義的)な頓珍漢さの源泉になっている。


最近出てきた

「メルケルもサルコジもブレアもWEFが育てた」みたいな

誇張っぽい漏洩情報も、


人々を怒らせるための策略の一つだろう。

欧州は狙い撃ちされている。


米国も独自のシナリオで自滅していく。

左翼は世界的に自滅させられている。



日本はG7内で唯一自滅していない。


中国の傘下に入っている日韓ASEANは平穏だ。

日本人のほとんどはこれに気づいていない。


この手の興味深い仰天話は最近どんどん出てきて書ききれない。

毎回同じテーマが続くかもしれない。今回はここまでにする。





田中宇の国際ニュース解説
https://tanakanews.com/

コロナ帝国の頓珍漢な支配が強まり自滅する欧米
https://tanakanews.com/211226corona.htm



より

============



以上です!


それで上に田中先生が分析されてるのがもう

大きな世界の構造でしょうが


この大きな構造に気づいてる人はっていうと

やはり少ないんだろうと思いますが、


基本的には上記の構造で来年もまあ世界の構造変化は

続いていくだろうと。


ちなみに 今世界で日本がなぜか自由を守ってるってのは

欧州人たちも知っていて 今までは日本人を馬鹿にしていた人たちも

日本を馬鹿にできなくなってきてるってのはあるんだけど、


ここでこの前書いてるように

トルコでもやはり日本と同じように自由は担保されてたり

するわけです。


それでじゃあ 日本とトルコの共通点は?ってことなんですが

これは本当は 多極派側の中国やロシアとうまいこと

やってるからってのはあるんだと正直思いますね。


ちなみに日本とトルコだと最近違うのは

日本の場合は、今までは欧米に従うそぶりをして、後ろ側で

アジアの協調を安倍時代から進めてきたのですが


だから建前と本音っていうところで

建前はこれファイブアイズの英米諜報に従ってるようで


実際は多極派と同調して動いてきて

中国とも関係改善をしてきたのですが


これは日本の政治の特徴ですよね。


ちなみにですが、日本のネットウヨって人は

基本的に国家社会主義なので本質は左翼なのですが


彼らは表向き反中を言う高市さんなんかを推してますが

実際はまあ高市さんなんかは安倍さんとくっついてるんだから

表向きは反中をいっても実際仮にトップになっても


おそらく岸田さんと基本的には似た多極派側にあわせる政治には

ならざるを得ないわけですね。


日本の左もネット保守も結局 政治家の表向きと本音

この辺を見ないから今大変になってるわけですね。



逆に今後日本では あくまで近代デモクラシーや資本主義を大事にして

なおかつ近隣国ともうまくやってアジアで発展していこうみたいな

本当の保守勢力ってのが来年はさらに力を増す可能性は高まってますし

おそらくそうなっていくんだろうって私は見てますね。


まあそれで日本の政治ってのは実質は中国と協調してるわけですが

しかしそれは表向きは反中だったりするんですが


トルコなんかは少し違うのは

以前は日本と同じ姿勢だったんだけど、


しかし今はもう振り切っていて思いっきり ロシアと中国と

仲良くやって多極派世界に順応しますってのを

エルドアンはやってるわけですね。


もちろんそれで欧米軍産メディアに叩かれるわけですが

しかしやはりもう私が色々な国で生活して感じるのは


多極派側のロシアやら中国と実質はうまくやってる国ってのは

自由が担保されてたりするわけですね。


それなので日本やトルコや韓国もそうだけど

自由制限が実際は西欧ほどじゃないってのは

やはり裏側の政治として 多極派側の今後の核となる

中国やロシアと背後でうまいことやってるから

ってのが一番大きな要因でしょう。




ちなみに今の欧米は自滅、中国や韓国や日本やASEAN諸国はなんだかんだ

経済回りだしてる構造ですが


やはり大きくは多極派の人間たちが

軍産に西欧で暴走させてそういった構造を作ってるんだろうな

なんて私は見てるわけですが


イーロンマスクなんかは多極派側の人ですから

まあ転換早いですよね。


一応表向きは自分はワク推進なのだと言いつつ

ワクチン強要には反対と表明しだしましたが


イーロンマスクのバックはまあトランプ応援していた

ペイパルマフィアのドンのティールさんですから


思いっきり多極派の人なんで、

最近は本来の多極派側の人らの考え方である

ワク強要は反対の姿勢を打ち出してきました。


ちなみにこれは以前に書いたのですけど

「軍産側を装っていて、実は多極派側のエージェントさん」

って結構いらっしゃいまして、


この辺はインテリジェンスの分析をしてると見えてくるんだけど

誰とは言わないけど


まあ日本で大手サイトに言論が取り上げられる有名人って

いるわけですね。


それでその人たちは一見このコロナ騒動で

ワク推進の軍産側にいきなり転じて左翼みたいに振舞ってるんだけど


実はそういう人も最近は経済再開を言い出していたり

オミクロンに過度に騒ぐべきじゃないと結構真っ当?なことを

言い出してたりするんですけど


これも実はイーロンマスクと一緒で「軍産側を装ってみて

実は多極派のエージェント」っていう感じなんだと思いますよね。



これは各国で実は見られて

もう2020年とかは行政と同調して暴走がひどかった

コロナ皇帝(各国の保健省の役人たち)なんかも


軍産側に当然当時は見えたんだけど

最近はコロっと立場を逆転させたりしてるわけです。


だから諜報の世界ってのは色々謎が多いと思うんですが

そういうの見ると、いわゆる2重スパイみたいな人ってのは

結構日本にもいるんだな~なんて私は観察してますね。



この辺が政治分析していると結構気づいて面白い点かもしれません。



ちなみに最近はあの、どう見ても軍産側に従ってしばらく動いてきたように

見えていた尾身会長が


「オミクロン感染入院はさ、都道府県で柔軟判断をしたほうがいいよね」


みたいな「え?あなたが言う?」みたいな提言をしてるわけですが


それこそ旧内務省官僚に従う今までの姿勢だったら

もっと隔離厳格化を、なんて主張が今までなら出てきたはずですが


しかし今回は意外に真っ当で

自宅での健康観察の併用も可能にするように彼は提言してたり

するわけです。


ちなみにこれは日本だけじゃなくて

東南アジアでも見られて


「一見軍産側を装っていたけど

実際は多極派側だったと思われる人」


ってのは結構散らばってまして


だから2022年なんかは 今まではコロナでロックダウンとか

ワク強制とか強硬派だったのに


いきなりイーロンマスクのように逆の主張に転じる有名人なんかは

増えるでしょうね。


要するにコロナ騒動ってのは結局裏側の諜報戦争がおそらく

舞台なんだなとは気づきますよね。



それで今は実際は多極派のシナリオに沿っていて


大きくは今までの英米諜報の力の源泉であった

欧米覇権みたいのはどんどん崩れる形でして


逆にユーラシア大陸内陸部は発展させるという

陸の時代に入って行くってのは


もう2022年は顕著になりそうですね。


そこで今までの覇権を持っていたアメリカであったり

英米諜報の影響力が強い西欧やオセアニアなどは

どんどん崩れていくわけですが


逆に中国や韓国や日本やASEAN地域は意外に自由の制限は

小さくなるみたいな大きな傾向は

2022年にはさらに顕著に見られそうで


やはりアジアの時代に入って行く大きなセットアップが

実際はコロナ騒動でされてますね。


だから実際は日本でも韓国でも左翼やネットウヨ(ネチズン)などが

いるんだけど


彼らは結局軍産が左右に設置した勢力なんだけど

どんどん世界の構造が、軍産の利権が崩されてきてるから


そして 近代デモクラシーと資本主義大事にして

アジア同士は仲良くやろうという本当の保守勢力が育ってきてしまってるから

彼らが焦ってるのは私にはよく見えるのですが


2022年もこの大きな動きは継続する。


共産主義を影ながら進めようとした左翼の方も

反中反韓をイデオロギーにしてきた自称保守の方も


今までのようには扇動はうまくいかないでしょう。


もう多くの日本人がこの構造に大声で言わなくても

実感としてなんとなく気づいてきてるってのが


選挙で野党が議席減らして

逆に自民や維新がトータルでは議席を伸ばしたっていう

大きな今年の選挙の本当の意味ですね。



それでこういった政治構造に2021年末時点では

なりましたので、


田中先生が書かれてることとして



コロナの重篤性の低下をきっかけに、

権威筋が転向組と逃げ遅れ組に分裂して喧嘩を始めて

内部崩壊していく。


ざまあみろなわくわく状態が始まっている。


米国のネット大企業は、諜報界の一部であり

軍産の新形態だからさっさと潰れた方が良い。


マスコミもグーグルもなくなってしまった方が人類にとって良い。




とあるわけですが


今後大きく軍産側、権威筋でも

いわゆる負け組になるのが確定した軍産側に従うのか


もしくはなんとか勝ち馬に乗るかっていうところで

大きく権力側の内部分裂は激しくなるでしょうが


それも2022年に見られるであろう状況ですよね。



まさに書かれてるように「ワクワク状態」です。


それで今なんかは軍産側のグーグルもそうですし

ユーチューブなんかも巨大な影響力を保持してますが


このビッグテックの独占状態ってのは以前書いたように

もう既にアメリカの 本当の保守派 たちが放置しないという

姿勢ですね。


しかも、保守派だけではなく、さらには

民主党の左翼側ってのは実は日本と違って反軍産の多極派側の

左側のエージェントなので


実はトランプやジョッシュホーリーと同じで

反ビッグテックです。


【トランプの「反ビッグテックの新SNS会社」が
投資家から1,120億円を調達することについて考える!】
(副題:なぜアメリカ人たちはGAFA独占に怒るのか?)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3145#3145


すなわち実はアメリカの保守派と、

民主党の中でも軍産系と左翼で分かれていて、その中の米民主党の左翼ってのは


ぶっちゃけ多極派側のエージェントですから

今後アメリカでは 右からも左からもビッグテック包囲網が

2022年以降は強烈に敷かれていくってことになりますよね。



大きく多極派の思想ってのがあって

これは田中先生が「資本側」とも書きますが


やはり資本主義ってのを重視する勢力なんですけども

大きくは投資家たちで構成されるのが多極派なんですが


彼らは軍産の共産主義や社会主義ってのが

確かにその国の国民に 主権国家アイデンティティを持たせて

短期成長させる分には良いと知ってるのですが


しかし長期成長を世界経済で実現するには

やはり中小のイノベーションなどが中心の本来の資本主義体制が

世界経済成長で必須と理解してるわけです。


そこで中間層が新興国などで多く増えてきたら

投資家の彼らも儲かりますが


そこで資本主義を死なせてしまうのが

大企業の独占 寡占問題ですが、これは今までは

敵の共産主義思想の軍産側が放置してたけど


これはしかし多極派の資本側の人たちはもう放置しないと

意思決定してるのは政治見てると分かる。


だから今後アメリカでは多極派のトランプとジョッシュホーリーなどが

中心となって、時には左側の反エスタブともそこでは同調するだろうけど

ビッグテック包囲網ってのは2022年以降本格的になりそうです。



だから来年は軍産側のビッグテックから徐々に余裕がなくなる年に

なる可能性はかなり高く、


それは例えば軍産ビッグテック側の動画サイトなんかでも

最近 広告が2つ出てきてさらに5秒じゃなくて

15秒強制広告となってたりしますが


まあそこで視聴者離れもかなり実は水面下で進んでますが

ビッグテックの天下ってのは軍産の天下の凋落と共に

徐々に終わっていく可能性が高いですね。



ちなみに最近は検索エンジンでも

今まではグーグルが使われてたけど


最近はDUCKDUCKGOがIT関係者ではよく使われだしてますが

(こっちのほうが官公庁や大企業のHPではなく

個人の鋭い意見がスピーディーに集まる)


それこそ今まではユーチューブだったけど

今は中華系のTIKTOKとなってますが


そんな大きなネットサービスの転換なんかも

来年はよく見える年になりそうです。


ちなみに今までは軍産系の大企業に従属していれば

ビジネスも投資も成り立つってのがある種常識だったでしょうが


しかし今後はその常識は崩れていくでしょうね。


今は世界の大企業の時価総額ランキングでも

アメリカ系のテックGAFAなどが上位独占状態ですが


しかし今後10年で、それは変わってきまして

アジア系企業とかあとはユーラシア大陸系の企業ってのが

世界の時価総額ランキングを占める時代になっていくわけです。



そういう意味で欧米は自滅していく方向なので

西欧やアメリカへの投資ってのは昔は流行しましたが


今後はリターン取りづらくなっていくでしょうね。


ちなみに私が今年見ていたのが

「裏側で起こってる既存先進国から

成長先進国への起業家・投資家人材の流出問題」

でして


これは以前ちょっと記事にしたけど

これも大きくは この大きな政治で起こって来てることですね。


例えば、今の時代やはり注目なのが

暗号通貨関連のビジネスや投資であって

DEFIとかはある種 既得権益からしたら恐ろしいものですが


ただ今日本なんかでは暗号通貨関連の能力ある人間ってのが

税制上、海外に追い出されてる?状況なんですが


これは仮に起業家が資金調達したら30%とかそれ以上を

実質官僚様に召し上げられるというとんでもない体制が

敷かれてるからでしょうが、


今実は先進国の優秀な起業家や投資家人材が

まさに多極派側の国々に流出する大きな流れも構造作られてる

のは実態ですよね。


だから今は投資家だけではなくて

日本の相当優秀なクリプト系の起業家たちはドバイに行ったりしてるし


先進国の優秀な投資家や起業家ってのが

どんどん今後発展する新興国に吸収される流れってのも

実は2021年に見られたことです。


例としては「この人すげえな」なんてビジネスとか投資で思う人が

調べたらタイ在住でした、なんてのは増えてますね。


だから今後、おそらく先進国の優秀なY=C+IのI側にあたる

起業家と投資家ですが、


これを今後発展する多極派側に同調する

新興国が人材を先進国から取っていくってのがさらに進むのは

おそらく間違いない。


最近はヨーロッパでも暴走する西欧政治に嫌気さして

トルコとかジョージアとかドバイとかその辺の

内陸にある種逃げてくる西欧人も多いわけですが


今後欧米なんかが自滅していき、

先進国の生産性高い人材も

おそらく多極派側の新興国に集結するようになりまして


そこでアジアであったりユーラシア内陸部が

先進国の人材も吸収し、

急激に発展する流れとなりますよね。


それでこの優秀な生産性高い人材を

先進国⇒新興国に移動させて新興国を イノベーションと資金面から

発展させるってのは


実は多極派側の大きなスキームでしょうから

これは来年以降も進みそうだ。



まあだから大きな多極派側の構想が

あらゆる小さな部分に影響与えてるってのが観察できるのですが


基本的には来年もその流れが継続しそうなので

時代の変化を捉えながら生きたいものですね。


今回のオミクロン騒動なんかも多極派が実際は仕掛けてるっぽいのですが


軍産に暴走させて実際は多くの人におかしさに気付かせる教育として

それは機能してしまってるわけですが


大きくは多極派と軍産の諜報分野の戦いがこの一連のコロナ騒動だ

としか言えないですね。


それで今回はもう戦況としては

多極派側が勝ちを確定させてるってのが2021年の実際でしょうから

今後世界は多極化していき


今まで貧しかった新興国で中間層激増しますから

次の世代は商売とかにあたって

中国語やロシア語、トルコ語などの言語も

すごい大事になりますよね。


まあほんとこの2年で世界の既存ルールが大きく変化してきてますね。


では!



ゆう




追伸・・・

ちなみに今後、この多極的な世界になっていくってことで

その大きなダイナミズムってのは

日常の小さな変化に反映されるようになってくるのですが


例えば軍産側の義務教育では

日本では髪型が指定されたりしてたわけですね。


これは義務教育ってのは基本的には大企業の奴隷になり

そしてそこで忠実に工場作業の反復作業をロボットと同じように

こなす人間を作り上げるために


産業革命以降 普及したものですが

そこでは当然個性などは必要とされないわけで


髪型なんかも心理的に軍産の共産主義に沿った

「みんなと同じ」ことが求められてきたし

それは校則にも反映されてるのですが


おそらく今後は多極派側の価値観にそって

髪型も自由にみたいな校則がおそらく日本でも裁判を通して

増えてくる。


■市に支払い命令も 教師が生徒の「髪」を切る行為、どんな法的問題がある?
https://otonanswer.jp/post/102818/


生徒の髪を勝手に切った教員の責任を巡り

裁判で市に11万円の支払いが命じられましたが


今後の時代の教育は、みんなと同じ、ロボットと同じようなことをする

人を育成するっていう考え方は通用しなくなるので

自分で考える人を増やすってことが大事になるので


そこでみんなと同じが正しいと誤認識させる同調心理効果を狙った

同じ髪型、髪色を強制する校則なんかは

色々議論されていくでしょう。



近代デモクラシーの行政権に対する

表現言論の自由は 一切 保障されないと

いけないわけですが


現行の校則はあくまで日本の官僚機構の意図が強く

反映されてきただけであり

日本国憲法の本来の思想からしてもおかしいですから。


そして今までは裁判所も軍産官僚が強かったから

こういった校則関係の訴訟では 行政側の判決が多かったのですが


最近この裁判の結果の傾向が変わってきてるってのも

大きくは軍産の劣勢が明らかになってきたってことから

司法で起こってる現象ですね。



そういう意味でこの大きな転換は

あらゆる日常の人々の考え方の変化につながっていくわけです。


今も日本で大声で言わないものの、

「ワク強制って果たしておかしくないか」って声は増えてきておりますが

今後はそういう真っ当な意見を密かに持つ人は

さらに増えるでしょうね。


そしてみな空気を読んでそれを大声では言わないで
仲間内だけで そういった話をしてるでしょうが

しかしこのコロナ騒動のおかしさを疑う人たちが一定程度の勢力になった

と確信を得たら一気に人々は本音を奇襲的に言い出すかもしれません。


軍産にとってそれが脅威なのはよく分かりますが

この流れはもう止まらない。


ということで2022年もこの大きな変化が

色々な小さなところに影響与えるでしょうから

引き続き来年の動きも注目ですね。


それでは!



ゆう










■バックナンバー

【写真50枚】トルコ・イスタンブールの日本料理店や
中華料理店や韓国料理店とは!? (意外にアジア食が充実してきてる)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3168#3168


【ヒグマが住宅街に現れ12人が襲われたことから
寒冷問題について考える!】(今後の「人類総・冷え問題」を考える)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3166#3166



【「コロナの飲み薬、経口薬」が日本で初承認されたことと、
今回の騒動で見えるお金の限界と自由 について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3164#3164


【リラ乱高下、インフレが進むトルコに住んでみて 色々考えること】
(世界各国のコロナ関係アプリはデジタル通貨構想のシステムテストっぽい)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3163#3163









コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください