無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【人類はインフレ(物価上昇)との戦いに入ってきてることを トルコ・イスタンブール現地で実感してる話】 (「デジタル・トルコリラ構想」もありそう!?)

2021 11月 25 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【人類はインフレ(物価上昇)との戦いに入ってきてることを
トルコ・イスタンブール現地で実感してる話】
(「デジタル・トルコリラ構想」もありそう!?)
⇒編集後記で

~~~~~~~~




どうもゆうです!
いつもご覧頂きまして
ありがとうございます!


さてさて、私は現在色々世界でも

通貨のリラ大暴落で話題になってしまってる
トルコにおります。


ちなみに、日本でもドル円が115円つけまして
円安で資産大丈夫かいなって話は出てると思うのですが


まあトルコの場合はこの自国通貨安ってのが

恐ろしいほど進んでいて


この前私も 驚いたのですが

トルコリラが1リラ=8円台をつけたのですね。


今書いてる時点では戻していて9円台になったのですが


それこそ数年前のリラってのはイメージとして
30円とか40円はしたイメージもってる人は多いと
思うのですが

この前リラが10円台になったってのも扱いましたが
まあこれが今は1リラ=9円台なわけです。


この前 現地レポみたいな感じで
トルコのイスタンブールの現状を載せました。

(現地レポ) 【なぜトルコではインフレが加速し、
リラは大暴落してるのに 人々は明るく治安が比較的安定してるのか?】
(トルコリラ 米ドル 一帯一路 IMFからの脱却 デジタル人民元 の話などなど)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3131#3131



ちなみに私はこの前トルコの地方、トラブゾンってところに
長くいたのですが

実は地方はこれインフレがまだ弱くて
上がってはいるけど、それが破壊的な物価上昇には
なっていないと感じたのですね。


だからお店でも食料とかも安かったし
タクシーも激安だし

コンドも激安だったわけです。


そして私はその後 トルコの最も大きい都市である
首都ではないんだけど

トルコ一番の大都市 イスタンブールに来ているのですが・・・


まあやっぱり物価上昇がハンパ無いわけです。

トルコの地方と、イスタンブールってのは

もう実質、他の国といえるほど、物価差がすごいことになってるな、

ってのは感じます。


ちなみにトルコってのは一応かなり発展してる国では
あるんですが


それでも近年物価が安いということで旅行先では
人気ではありますが

最近はインフレ、物価上昇の影響で
結構 現地のお店の値上がり幅がすごくて

以前はトルコの物価は日本の3分の1くらいの
時代もあったそうですが

イスタンブールに関しては・・・


「あんまり日本と変わらない?」くらいの
物価は感じちゃいます。


ちなみに最近私はアジア料理とかもイスタンブールは沢山あるので
よくアジア料理食べてるのですが

ただこれも1人あたり最近は1食1500円とか普通だし
日本より高い?と感じることもありますが

先日久しぶりにハンバーガー食べたくなって
行ったのですね。


ちなみに道を歩くとこんな感じで
活気ある。


(写真)活気はある。多くの店が開店してるので
http://fxgod.net/gazou/picture……an_bg1.jpg


天気が最近悪いのはあるんですが
まあそれもリアルってことで

こんな感じで街は人で賑わっていて
トラム(電車)も混んでます

(写真)トルコのイスタンブールの道1
http://fxgod.net/gazou/picture……an_bg2.jpg

(写真)トルコのイスタンブールの道2
http://fxgod.net/gazou/picture……an_bg3.jpg



まあそれで私はバーガーキングに行ったのですが
印象的だったのは「価格、値段」なんだけど


この前までいたトルコの地方だと

こういう世界的な大手チェーンって値段はそれでも
日本よりはかなり安くて日本の半額以下くらいだったんだけど

今はこんな値段なんです。

この値段に×10か×11をすれば日本円と考えて良いですね。


(写真)トルコのイスタンブールのバーガーキングは
意外に高い!?
(リラ建て表記。これは実際はクレカだと×11くらいで計算すると良い)
http://fxgod.net/gazou/picture……an_bg4.jpg


まあそれでこれが今のイスタンブールのバーガーキングの
物価なんですが私が思ったこと、それは

「GDP3位の経済大国の日本と
そこまで物価変わらない・・・」ってことですよね。

日本の物価の7~8割くらいのようにも時に感じまして
そこまで最近はイスタンブールに関しては安くないのかなと。


ちなみに量とかはこっちはかなり多いので
まあその辺のお得感はあるんだけど


それでも最近のイスタンブールはどんどん物価が上がってしまって

飲食店とか行くと、そこそこな値段するようになってきてる

んです。



トルコリラは暴落してるけど

それも重なってインフレ、物価上昇が最近はやばくて

1週間ごとに店も値上げを繰り返してる感じはあって


こんなのを生活で経験すると


「もう人類はインフレ、物価上昇との戦いに入ってきてるのだな・・・」


と嫌でも感じますよね。


まあそれでトルコ現地でも分かってくることが

結構ありまして


これは意外に日本人も知っておくとよいこともあるだろうから

編集後記で!









■以下バックナンバー


【福沢諭吉の「自由と独立の達成のためには
経済的自立が必須」っていう 言葉の重要性を考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3133#3133


【イギリスのUKHSA(英健康安全庁)がワクチンの効果を否定する
統計データを出した意味を田中先生の記事から学び、考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3132#3132


(現地レポ) 【なぜトルコではインフレが加速し、
リラは大暴落してるのに 人々は明るく治安が比較的安定してるのか?】
(トルコリラ 米ドル 一帯一路 IMFからの脱却 デジタル人民元 の話などなど)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3131#3131



【FIFA所属のサッカー選手の心臓周りの突然死が
2021年に5倍になってしまったことなどから 「科学の信用失墜」について考える】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3130#3130



【英語が通じないトルコで生活してたら、
意外に韓国語が通じる場面が多くて驚いたという話】
⇔  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3129#3129


【アメリカで6月にベストセラー1位の
「ビッグテック5社を解体せよ」 の日本語版が
25日に徳間書店から発売されるそうです】

(著者はトランプを支える上院議員ジョッシュホウリー)
⇔  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3128#3128




【副島先生の最新言論から
アメリカの上院議員たちで議論される
ビッグテックの独占解体、および公共財産化について考える!】
⇔  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3126#3126

【欧州のオーストリアにてワクチン未接種の人は外出禁止で、
外出したら罰金最大19万円という
狂った策が取られ出したことについて考える!】 (オーストリアは政治後進国へ転落)

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3125#3125


【パウエルFRB議長が「QE減額の方向性」を発表した
大きな流れの 背景を知って
2022年に警戒したいことなどを考える!】
⇔  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3123#3123


「投機」と「投資」の違いとは何か!?
を定義を知って切り分けして考える!】
⇔  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3122#3122



【最近コンビニで「商品陳列ロボット」が導入されてることから、
AIやロボティクスの新時代について考える!】
⇔  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3120#3120












============編集後記============

さてさて、私は現在トルコのイスタンブールに来てるのですが

この前までトルコの地方で意外に居心地が良いので長く

滞在してしまったのはあるんですが


やっぱりイスタンブールは一度は住んでみたいななんて

思って 勉強も兼ねて来ております。



それで上にも書いたのですが

やはり何よりも驚くのが「物価上昇、インフレ」ってやつでして


このインフレ問題が世界を襲うみたいな大きな流れを

このメルマガでは今年頻繁に書いていたのですが


トルコのイスタンブールなんかはそれがヤバいですね。


ちなみに以前はトルコの地方にいたのですが

インフレ具合はそこまでやばくなくて、


トルコの地方、トラブゾンあたりだと

「物価やすい!」って思うことが沢山ありまして


それこそスーパーとかで食材買いまくって、

1週間分のバンバン食材買っても3000円もいかないくらいだったりするんで


そこでは トルコリラが安い、暴落してる恩恵を
かなり受けたのですが、



しかし・・・「イスタンブールはちょっと話が違ってきてる」

わけです。


トルコってのはアンカラが首都で

それ以上の大都市がイスタンブールなんだけど



イスタンブールではコロナ騒動が落ち着いて

やはり商店たちがどんどん営業していて

活気はすごいものですが


(写真)活気はある。多くの店が開店してるので
http://fxgod.net/gazou/picture……an_bg1.jpg


ここで大きくは流通網のおかしさであるとか

トルコリラ暴落とか

コロナ制限が実質終わって経済の過熱がすごいことに

なってるってこととか


色々な要素はあると思うんですが



まあやはり リラ建てでトルコ中心都市の

イスタンブールの物価がかなり上がってるのは

間違いないわけですね。


これバーガーキングの今の値段なんですが

アメリカとか日本よりは当然安いでしょうが


しかしイスタンブールに関しては もう物価が

それらの先進国と大差なくなってきてるわけです。



トルコリラ TL 表記なんだけど

実際私たち外国人がクレジットカードとかで払うと

カード会社の提示レートが1TL=10円ちょいくらいなんで


それで ×10か×11で計算すると日本円の感覚で分かります。



(写真)トルコのイスタンブールのバーガーキングは
意外に高い!?
http://fxgod.net/gazou/picture……an_bg4.jpg



ちなみに色々な在トルコの日本人の方々の過去ブログを
見ると、


おそらくもう少し 以前までは安かったはずなのですが


最近はインフレ、物価上昇がすごいものでして

色々な飲食店も行ってみてるんですが


おそらく1週間に1度とか数日に1度の頻度で

お店の価格更新、値上げは繰り返しされてるわけですね。


だからメニュー表なんか見ても

例えば飲食店行くと、



間違って価格更新されていないメニュー表と

価格更新されてるメニュー表が両方渡されて


更新されてない以前のメニュー表は 一品が20リラなんだけど

しかし更新されてる新しいメニュー表は同じ一品が50リラってなっていたり

して


結構値段がすごい勢いで上昇してるわけです。


イメージとしては、日本のファミレスで

ボロネーゼスパゲッティが500円だったのが

翌月行ってみたらそれが1000円近くに値上がりしてるとか

そんな感じでして



まあなかなかパワフルなヤバい、物価上昇具合なわけですね。



ちなみにこの物価上昇についても

結構多くの人がこの数年で対策してるので


以前も扱いましたが




(現地レポ) 【なぜトルコではインフレが加速し、
リラは大暴落してるのに 人々は明るく治安が比較的安定してるのか?】
(トルコリラ 米ドル 一帯一路 IMFからの脱却 デジタル人民元 の話などなど)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3131#3131



まあそれこそ ある程度の金額扱うホテルとかは

ユーロ決済をかなり取り入れてますし、


あとは最近だとそれよりさらに大きい企業決済では

人民元決済ですよね、


それで民間だと 金地金の商品で資産保全ってのは

昔から行われておりまして


もう歩けばあらゆるところで ゴールドがこうやって

商店で売られてるわけですね。




(写真)トルコの地方の金ゴールドショップ。
あちこちにある1
http://fxgod.net/gazou/picture……town18.jpg


(写真)トルコの地方の金ゴールドショップ。
あちこちにある2
http://fxgod.net/gazou/picture……town27.jpg



(写真)トルコの地方の金ゴールドショップ。
あちこちにある3
http://fxgod.net/gazou/picture……town33.jpg




まあこうやって人々は備蓄してるので

だからまだ治安が大きくは崩れてないのですが、



しかしやはりこれも住んでて分かったけど

日本とスゴイ似てる部分があって


それが


「金持ちたちは金融知識があるけど

貧しい人たちは 金融知識はない」


ってのはトルコも一緒なんです。



だからですね、あまり低賃金の人は

そもそもゴールドに資産の一部とかを移すみたいなことも

当然してないし、そもそも資産もなかったりするから


ここで思いっきり、資産も何もない貧困層の人は

結構大変になってるわけですね。


お金をトルコリラで稼ぐのに、

そのトルコリラは持ってれば持ってるほど

どんどん価値が低下するっていう・・・



ちなみに私はこの辺、生活して分かったことがあって

トルコのタクシーは悪質だってのは結構旅行者では

有名なんですが



これもやはり上記の理由が間違いなくあるなと。


ちなみに、トルコのタクシーってのは規制業種だから

よほどイケイケなやばい運転手じゃなければ


メーターを回さないといけないのですが


トルコのタクシーのメーターってこれはたぶん

規制で決まっちゃってるんだけど


インフレしてようが

渋滞しようが何しようが、距離が伸びないと

料金があんま上がらない、わけですね。


これは、旅行者にとっては嬉しいのですが

最近経済再開が一気に進んでいるのもあって


渋滞がイスタンブールはヤバいわけです。


だから通常20分で着く距離が平気で1時間とか

かかったりするんだけど


ここでもタクシー運転手たちってのは

渋滞でも料金メーターがあまりあがらない仕組みだから

インフレ考慮すると全然儲からないわけですね。


それで乗客からなんとか正規の30TLをもらうんだけど

しかしそれだと 時給300円ですから


まあそうすると今のイスタンブールの上がりまくる物価だと

もう対応できないわけですね。


ハンバーガーセット一つ買えない。


だから最近は あからさまな遠回りとかはしなくなってますが

しかしちょっと道間違って距離伸ばしてみたとか

そんなことをするタクシー運転手って結構いるのですが


これは私なんかは今の状況の大変さも分かるけど


この政府に指定された正規料金ではとっても

タクシー運転手して家族養うことはできないのは明白だから

まあ考えさせられますよね。




本当はタクシーが色々そういうけち臭いことするのも

問題ですが、


ただトルコリラをいくら稼いでも

その振込み翌月にもっと仮に リラが暴落すれば


1時間で時給150円とかになって生活できないのは
どうしても分かってしまう。



だからそれこそある程度資産築いてるトルコ人たちはいいのだけど

そうじゃない、労働者の人たちってのは今相当大変なのは

住んでいて感じます。


政府がタクシー運転手に義務付けてるインフレ考慮しない
料金ってのは


もう生活自体インフレ下では無理ある料金であるから

日本の感覚だとこれ 仮にちょっと水増しされたらすぐ抗議ってのが

普通でしょうが


個人的にはやはりチップ渡したりは

現実としては時に必要になってるのかなと

思います。



だから最近はトルコのタクシーも

政府が指定してる 仮に片道30リラくらいの距離で

30リラだけもらっていたら


生活そもそもできないから

最初に乗客に「100リラでいい?」とかの事前交渉する流れも

出てきてますよね。



一部のタクシーアプリ(BITAXIやITAXIやUBER)では思いっきりこの

インフレ、物価上昇を考慮したタクシーの値段が表示されるようにも

なっていて


インフレ前はタクシーで片道30リラ(300円ちょい)だった距離も

今は時に政府の強い規制にはないそういうアプリだと

100リラ(1000円ちょい)を提示するように

なってきてます。



これは旅行者からしても タクシーの値段が

急速に2倍以上になってるんでやだな~と思いつつも


この物価上昇だと仕方ないと思う部分もあります。



それで労働者で貧しい人たちはそもそもリラで給料もらっても

そもそもそれがリラ建てだと安定していないから


1ヶ月後の給料日どうなってるか分からないから

なるべくその分の「余剰」を取るようになってきてるんだけど


これは本当に1ヶ月後に 飲食店でケバブ食べようとしても

それが20%とか30%平気で値段が上がったりするから


苦肉の策なんでしょうが


まあ一言、「物価上昇、特に通貨の価値がなくなるってのは

恐ろしいものだな」


ってことですよね。



それでじゃあ多くの人が 今後暴落しまくりの

仮想通貨レベルの動きを見せてるリラで資産を持ってるかっていうと

違って


街中に沢山の両替所があって

リラをユーロとかドルに変換できるのですが


今はもう多くのトルコの民衆が

ユーロとかドルとかあとは金とかですね、

この辺で資産ヘッジをしてる姿も街を歩くと良く分かるんです。


みんな両替所の前に行列作って

リラをユーロとかが多いでしょうがユーロに換えたりして

ヘッジするようになってるわけです。


特に富裕層ではない人たちも。


だからたぶんですが、トルコでリラで渡すよりも

ユーロで渡すほうが喜ばれる時代かもしれませんが


まあやはり通貨はヘッジするってのは

今後の時代はすさまじく大事になってるってのは

嫌でも感じるところです。


手数料分はかかるけど、

しかし 通貨でも色々な通貨でヘッジするってのは

今の時代は大事になってきてるのは


トルコいると強烈に分かりますよね。



ちなみに「じゃあこんなリラ暴落の中で

うまいことやってるトルコ人たちは何してるか」


ってのが大事で


それがやはりまず 金ゴールドやら銀シルバーにかなり

換えていたトルコ人たちは

主に中間層~富裕層たちになりますが


彼らは資産を守ってるし、



あとは不動産ですね、この不動産は

外国人たちにもユーロ建てで取引されだしてるので


不動産を持ってる人たちもリラ暴落の打撃を最小限にしてるし


あとはビットコインだとかイーサリアムの仮想通貨もってる人たちも

なんとかなってるんでしょう。


ちなみに 上記のどれかの価値が 今後暴落するか、上がるのか

予測は一切できませんから


やはりそれぞれ アセットアロケーションを組んだ人たちが

なんとか資産急減を防げていて

資産保全に成功してるんだけど



だからこんなリラ暴落でも なんとか悠々と消費できてるんだけど


上記の資産をメインで持ちながら

現金使う場合はリラに換える、みたいな考え方は

おそらくこっちの富裕層たちではもう当たり前になってるんだろうな、と。


そういう意味でトルコ人たちの富裕層とか中間層あたりになると

さすがに通貨暴落が長引いてるので


もう資産ヘッジに対しての意識が急激に高まっていて

それでなんとかやり過ごしてる人は多いってのはよく感じます。



だからたぶんタクシー運転手たちの間でも

「おまえ、リラずっと持ってるとどうなるか分からないから

一部はユーロとか金に一応換えておけ」


みたいな会話は普通にされてるんだろうと思います。



日本だとやはり日本円ってのはなんだかんだ安定してきてましたから

日本円に全部 張ってる人、すなわち日本円だけで貯蓄してる人が

大半だけど


トルコだとやはり通貨は一度崩れたらヤバいって分かってますから

だからトルコ人でトルコリラだけで資産持ってますってのは

たぶんかなり少数になってきてるのかもしれません。


とりあえずトルコだと
ユーロで支払ってほしいという人も
ちょくちょく いますんで。



それでやはりインフレ、物価上昇ってのは

恐ろしいものだな、とそれだけでもイスタンブールにきて

勉強になるんですが


これは生活がギリギリな人からすると

おそらく恐怖でしかないわけですね。


それこそ日本で例えれば

手取り20万円の人がいて毎月20万円消費しちゃってたら


3ヶ月後にはそれが手取り20万円のまんまで

3ヶ月前と同じ生活するには30万円かかるみたいな世界ですから。


これはヘッジしていない人からしたら恐怖そのものだと

思うんですが


分かるのは「インフレは民衆にとっての脅威そのものであって

恐ろしいことだ」


ってことですね。


だから私なんかは日本では 「経済をインフレにしろ論者」

っているじゃないですか。


インフレターゲティング論者っているけど


彼らが日本の経済新聞の主流だけど


日本の東京にずっといないで

一度トルコで記者を生活させてみればよいとさえ思います。


日本人だからまだ其の人 当人は生活は楽だろうけど

しかし現地いたら「インフレは素晴らしい」なんて

口が裂けても言えませんから。


それをもしトルコで言えばリアルに怒られるでしょうし。


「インフレが素晴らしいわけねーだろ

それで今みんな苦しんでるんだ」


という感じで。


まあだからやはりインフレ、物価上昇ってのは

最近はもう言う人が増えたから 多くの人が気づいてるだろうけど


インフレは人類の敵そのものですね。



これは私が大学時代に学んだ 本来の経済学の考え方ですが

まさに最近出てきたインフレ肯定の偽経済学ではなくて


本来の経済学、物価上昇は恐ろしいという前提から

はじまる伝統的経済学のほうが見直されないといけないのでしょう。




まあそれで結構考えさせられることは多くてですね、

それこそタクシーに乗るんだけど


タクシーの運転手さんの前に 小さい子供の写真があったりするんだけど

(たぶん子供)


そこで時々そのタクシー運転手さんが遠回りするんですが

こっちはそれに気づいてるわけですね。


ただ今のインフレ考えると たかが正規料金の20リラで

彼が家族養えるはずもないってのもどうしても分かる話で


普通にそういう問題がないときは私も色々言っていたんだけど

こっちだと・・・まあ言うのを考えちゃいますね。


タクシー運転手も愛想よく道を敢えて間違いますが

そこで支払いが200円から250円とか300円に増えるだけなんですが

まあそうでもしないと生きていけない彼らの苦境は

感じちゃいますね。



まず

政府の規制の中でインフレが考慮されない正規料金でやってると


とんでもなく大変なことも分かっちゃいますから


そのタクシー運転手がこのインフレ下で

その時給200円とかの料金で

家族や子供養うことなど無理なのも事実ですから

まあ考えさせられまして難しいところです。


それこそ インフレで大変なことを理解して

十分なチップ渡すのか、あえて気づかないフリしてチップ代わりに

水増しの数十円追加で払ってあげるのか


もしくはインフレなんぞ関係ない 

政府の指定料金だけチャージするべきだ

といって数十円値上がりして数十円や100円前後の水増しに対して

大クレームするのか これはもうその人の考え方によるんでしょうが、


まあこの辺は私も考えさせられるところです。



現地いると政府の規制業種で自由な時代にあわせた

需給や物価を反映した値段設定の権利がない


タクシー始めとした事業主の人とかめちゃくちゃ大変そうだなってのは

どうしても感じます。



それでやはり物価上昇ってのは社会の色々なところを

破壊してしまうんだなっていうところで


実はすごい勉強になってるんだけど


私は旅行者だから、そこは一歩引いてみるんですが

やはり今後人類にインフレってのが襲い掛かっていくので


というか既にトルコではそれが人々を襲い掛かってるので


色々「ヘッジ」を考えていくのは大事ですね。


資産をどれかに張らず、とにかく「守り」に固めていくと。


それこそ暗号通貨のどれか、とかNFTのどれかとか

なんかそういう 予想や予測した張り方を繰り返してると

どっかで破産確率が相当あがりそう。


それよりは「仮に通貨が使い物にならなくなったとしても

大丈夫なようにヘッジする」


ってのが大事ですね。



それでトルコにいて思うのは金ゴールドや暗号通貨も

よいのですが


不動産は強いなってのも感じまして


それこそトルコの不動産ってもう実質 ユーロで取引されてる

感じはあって


不動産サイト見るともはや リラ表記より

ユーロ表記だったりするんですが


最近はそれこそ不動産とかは トルコ人だけが買うわけでもなく

ヨーロッパの人も買いますから


市場はやはり自由化されてますからね、

こういう通貨の信用毀損があったとしても


その土地を買いたい人は沢山世界中におりますから

仮のその土地がどこかの国の土地であっても


世界中の人がその土地を買うってのが今の時代ですから


金ゴールドも同じくどの国でも売却できるんだけど

不動産も似た感じになってるから


やはり不動産って強いんだなとは感じました。


リラが暴落していてもでっかい価値ある不動産持ってる

トルコ人たちはなんとかなってるでしょうから。


(トルコ不動産が激上がりしてるのはこの辺もあるかも)



まあだから不動産をモノとして捉えるかは難しいですが

やはり実体があるもの、


不動産とかゴールドとかは以前から

言われてることでもありますが


やっぱし強いな~と思いますよね。



FXNさんの対談音声でも以前彼が言っていたけど


【新・対談音声1本目】タイで14日隔離を経験したFXNさんに
色々聞きました!(サイクル理論から見た
日本経済の今後の有力シナリオとは!?)

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_1/


【新・対談音声2本目】Nさんは 富士山の噴火や大震災なども
サイクル理論から想定して動いて準備している!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_2/


【新・対談音声3本目!】「不思議で気持ち悪い?サイクル理論」について
深く語っていただきました!(トレード回数、仮想通貨への応用などなど)
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_3/



【新・対談音声4本目!】コロナ渦中の2020年に年収1億円に到達した
Nさんに「ピンチをチャンスに変える考え」を学ぶ!
http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_4/





やはり「モノ」への変換ってのはすごい大事ですね。




これはもう 優雅に過ごしてるトルコ人と
色々大変になってるトルコ人ってのを

目の前で見てしまってどうしても感じます。




だから個人的にはこういうインフレが起こったときのための

ヘッジってのは昔からやってきたけど


しかしまだまだ足りていないところはあるな~とも

反省しまして


守りいわゆる資産保全ですが

それを固める、のではなく


激固める


くらいの意識が今後 必要になるんでしょう。





まあだから 日本にいると物価はトルコなんかと比べると

安定してるから


そこは日本はうまくやってるわけですが


しかし通貨はやはり紙切れっていうか

最近は紙でさえなくてデジタルの数字ですけど


やはり妄信はあまりしないほうがよいのかなとも

感じますね。


特に通貨の信用が毀損した場合、やはり

大変な目を見るのは貧困層の人たちであって

金融知識がない人たちなんだけど


もしそれが起こってもなんとかなるように

ヘッジは必要な時代なんでしょう。


最近は世界的な流れもあって

稼ぐのは勿論大事ですが


それ以上に 資産の価値を守っていく、もしくは

損をなるべく小さくするってほうが


考えとしては大事ですね。




さて、それでもうトルコリラなんかは

今世界で話題にもなってますから


だから前は少し暴落して その後戻し始めてるわけですが

(大体のケースで大手メディアが暴落を言い出すと
上がる法則がありますね)


個人的に見てるのは今後、どこかの段階で

デジタル人民元ならぬデジタルリラ構想は出てくるかもなと。


これは実は以前からトルコ政府がテストしてるはずなんだけど

以前もコインポストが報じてる


■トルコが「デジタル・リラ」の発行に着手 
2020年までに試用運転予定
https://coinpost.jp/?p=116240



最近はベネズエラもそうですがやはりインフレとか

通貨価値下落が進みすぎた国ってのは


大体がこれ それを口実にデジタル化を通貨で

進める構想に入って行くわけですが


このデジタル通貨ってのは言ってしまえば管理通貨ですが

しかし自由市場で NY金融街とかのショート攻撃から

自国通貨を守れるっていう側面もあるでしょうが


やはり私は正直 今は全然聞かないけど

デジタル・トルコリラとか

まあそんなのをたぶんですが 検討されてるはず・・・


ってのは今感じてます。


以前にデジタル人民元構想とか

あとはトルコの企業は人民元決済をしだしていて


一帯一路でうまいことやろうとしてるってのも扱ったけど




(現地レポ) 【なぜトルコではインフレが加速し、
リラは大暴落してるのに 人々は明るく治安が比較的安定してるのか?】
(トルコリラ 米ドル 一帯一路 IMFからの脱却 デジタル人民元 の話などなど)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3131#3131






まあここでリラの民衆の信用もかなり落ちてる状況ではあるけど

デジタルリラが登場して、それがさらに

中国のデジタル人民元と 価値がペッグされるとなれば


通貨は一気に安定するわけですよね。


だからこのデジタルリラの話もあまり出てきていないし

エルドアンも言ってないけど


しかし今トルコと中国はめちゃくちゃ仲良しなんで


ここでデジタル人民元構想にデジタルリラ構想も出てきて

うまいことリラを人民元にペッグさせるとか

そんな考え方も本当はあるんじゃないかな?


と私は思ってたりします。



っていうのはリラが暴落してるのを私は見ていたんだけど

これって街中にいると分かるんだけどリラの需要って

めちゃくちゃあるんですが


どうみても欧米の金融筋のQE使った全力ショートが

裏側の要因に見えてしまうんだけど


国家為政者として合理的に考えると

やはり管理通貨にしてしまって 今後デジタル化が進む

人民元とかとペッグさせる

っていう方向性だと


金融筋からのネーキッドショートから守れて

本来の実需を反映した通貨価値を取り戻せるっていう考えも

出てこないとおかしくて


トルコの場合はそれこそ国民と外国人を一応 個人把握する

HESコードってのはもうシステムが2020年に出来てるんですね。


もう基盤となりそうなシステムは作れてるから

あとはデジタルリラとかがあればそのシステムの上に乗っけて

運用できそうな感じもあって


だからひょっとしたらデジタルリラ構想なんかも

いずれエルドアンが言ってもおかしくないな・・・と。


個人的には現地でその辺も考えて見てました。



だから大きくはトルコがそう動くは誰も分からないけども

インフレがヤバい国はなんだかんだすったもんだして


その後通貨デジタル化っていう流れは

長い目で形成されていきそうですね。


まあだから今はトルコの特にイスタンブールでは

物価上昇インフレで見られるのが


経済の非効率化であるんだけど


毎回人々がリラ受け取ったら手数料を両替商に払って

ユーロで保全しないといけないとか、

毎回リラ受け取りすると 通貨価値の下落がちらついたりして

面倒くさそうですが



この辺の経済の非効率性はやはり経済発展を妨げるので


まあ近年中に何かしら通貨のデジタル化であるとか

そんなのはトルコからも出てきてもおかしくないって

私は現地で感じたわけですね。

(トルコの場合、軍産の管理する
イスラム国やアルカイダへの不正資金を根絶したいっていう
政治もある)


まあそれでじゃあそんな時代になったら

現金はなくなるのかっていうとたぶんそれは

人民元と一緒で まだすぐにはそうはならないでしょうが


本当のデジタル化の目的は

欧米金融筋からの 不正なショート攻撃から守れることであったり


あとは軍産系のヤバい奴に資金提供させないっていうのが

事情としてあるでしょうから

(コロナの国境規制も裏では軍産諜報機関のやつらが

自由に移動できないようにさせるって意図はある)


まあ仮にそうなっても現金決済は必要な人もいるから

そこは残すのかもしれない。




まあそれで今後はしばらく多くの国で

人類は インフレと戦うことになりそうですが


その後結局、すったもんだしてデジタル通貨って流れは

考えられますよね。


何にしてもインフレになれば経済回復する論者ってのが

いるけど


インフレは本来怖い物で、

なるべくそのインフレを中銀が通貨政策で抑えるっていう

基礎的な考え方が正しい考え方なんだなとつくづく思います。


それで今後BRICSとかの多極派はおそらくですが

通貨デジタル化で本来の経済学の考え方に回帰していくんでしょうから


この辺の大きな流れは捉えておきたいものですね。


色々と実物のモノの、ヘッジってのは

本当に大事だなと実感します。


では!




ゆう






追伸・・・ちなみにですが、これは長年色々 

政治を見てきた私の勝手な見方、感想なんですが


今後世界がこれ通貨デジタル化していくだろうって中で

(途中で物価上昇、インフレがはさまれていく)


やっぱりそこでは私も書いてきたけど

「政府による金の流れの把握」だとか


自由に反する感じは指摘されるし私もそれを書いてきたのだけど

最近各国に住んで分かったんだけど


やはり多くの国の指導者たちってのは多極派なんだけど

今後の陸の時代、多極派の時代に合わせる際に


軍産たちの再度の台頭ってのをけん制したいんだろうな

ってのは感じるわけです。


これは突っ込みすぎた話なんでネットでもメディアでも

出てこない話だけど



軍産が民衆側の多極派側の大統領やら首相を攻撃するのって

テロとかあとは金融のショート攻撃とか


ルートが決まってるんだけど


ここを管理通貨、デジタル通貨にすることで

けん制するってのがおそらく背後の政治として

本音ではあるはずなんですね。



現金流通を少なくして押さえれば

ここで武器の売買だとかのマネーの流れも押さえやすくなるし


やはり本当は、対軍産、として進んでるのが

今の流れである可能性も考えますよね。



特に最近の中国のデジタル人民元の実運用見てるとそれを

感じる。


どうも国民監視というよりは

軍産系の人間の監視に使いたいという思惑は正直

感じずにはいられないわけです。



今後今までの 軍産が優位の時代から

多極派優位の時代、すなわち 


海の時代から陸の時代になるんだけど

そこでやはり海の時代に引き戻そうとする軍産を押さえ込むってのが

背後の命題にないはずはなくて


だから とっとと日本に真の意味で独立していただいて

その上で日本や韓国や中国や北も加わるでしょうが


そこで合同演習などをして、軍産系の軍事的な動きを監視するってのは

おそらく多極派側の背後で考えとしてないとおかしいんですね。



要するに軍産系の資金がイスラム国みたいなああいう

集団を作ろうという動きが発見できたとき


今の中東でされてるように中国やロシアだけじゃなく

日本も韓国も加わって


それらの軍産の動きを潰す、けん制するっていう

背後の目的はあってもおかしくないわけです。


だから最近中国が少額決済とか 要するに普段の消費で使うくらいの

金額はデジタル人民元で個人情報介入できないようにして


巨額決済だけ見るとかそんな感じにアナウンスしてるのも、

おそらく反軍産の流れに通過デジタル化を使おうとしてる意図は

感じられるわけです。


そんでトルコでもやはり以前は軍産に忠実だったけど

エルドアンが一気に多極派につきましたから


当然それらの軍産監視をする必要性は高まってるため

例えばデジタルリラって構想が出てきてもおかしくないよね

って話です。


トルコでも日常生活でHESコードっていう謎なコードが
必要だけど

コロナ対策のためっていうと色々矛盾が出てくるんだけど
(街中は写真でみるように相当密。)


今後の通貨デジタル化のシステムテストって考えると

結構 筋通るわけで


今後どっちにしても通貨のデジタル化ってのは

進みそうですね。


それでようやくインフレがしばらくして

収まって正常化していく流れ、かもしれない。



まあほんとトルコいると生きた勉強になりますね。


では!









■以下バックナンバー




【福沢諭吉の「自由と独立の達成のためには
経済的自立が必須」っていう 言葉の重要性を考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3133#3133


【イギリスのUKHSA(英健康安全庁)がワクチンの効果を否定する
統計データを出した意味を田中先生の記事から学び、考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3132#3132


(現地レポ) 【なぜトルコではインフレが加速し、
リラは大暴落してるのに 人々は明るく治安が比較的安定してるのか?】
(トルコリラ 米ドル 一帯一路 IMFからの脱却 デジタル人民元 の話などなど)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3131#3131



【FIFA所属のサッカー選手の心臓周りの突然死が
2021年に5倍になってしまったことなどから 「科学の信用失墜」について考える】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3130#3130



【英語が通じないトルコで生活してたら、
意外に韓国語が通じる場面が多くて驚いたという話】
⇔  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3129#3129

«  【人類はインフレ(物価上昇)との戦いに入ってきてることを トルコ・イスタンブール現地で実感してる話】 (「デジタル・トルコリラ構想」もありそう!?)  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください