無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【福沢諭吉の「自由と独立の達成のためには経済的自立が必須」っていう 言葉の重要性を考える!】

2021 11月 24 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【福沢諭吉の「自由と独立の達成のためには経済的自立が必須」っていう
言葉の重要性を考える!】

⇒編集後記で!

~~~~~~~~~~~



どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして
ありがとうございます!


さてさて、前号で

【イギリスのUKHSA(英健康安全庁)がワクチンの効果を否定する
統計データを出した意味を田中先生の記事から学び、考える!】


という号を流しました~

【イギリスのUKHSA(英健康安全庁)がワクチンの効果を否定する
統計データを出した意味を田中先生の記事から学び、考える!】
https://yu-fxman1.com/BackNumb……G/EUd0IjiO


まあもうイギリスではこれ
UKHSA(英健康安全庁)が既にワクチンの効果を否定してる
統計データを出してきているわけでして


11月は金融でもパウエルFRB議長が
QEの縮小の方向性を出してきたり

さらにはワクも重症度を下げるという部分まで
ファウチが否定しだしたり

とにかく大きく転換してきてる感じがありますよね。


さてさて、それでここ最近よくメルマガで書く単語として

やはり「自立」とかそういう言葉が多いのですが


昨日の記事でも論じられていましたが

今後人類にとってのキーワードは自立であったり独立

っていうことなんだろうと思いますよね。



ちなみにやはり日本でも自立的な言論をしてる人って

沢山いらっしゃって それこそ田中先生もそうなのですが

あとは副島先生もそうですが

あとこの前扱っていたFXNさんもそうですが


実は自立的な言論とか考えを持ってる人の

共通点はやっぱり個人的には感じまして


それが「経済的に自立している」ってことは

あるのかな~と思うわけです。


それでまた面白い傾向があって

これ私の読者でもそうなんですが


自立とか自由の志向性が強い人って

やっぱり大変な検証とかテストとか沢山やって

経済的に稼いで、そして自立する方が多いですよね。


それで昔この辺を語っていたのが

福沢諭吉って言う人で


彼の言葉で 経済的自立なしに人は自由とか独立は

達成できないってのがあるんですが


今日はその辺を考えて行きます。


編集後記で!





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


PDFレポート
【「めんどくさいFX検証」を誰でも
自然にできるちょっとした工夫とは?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/fx_kenshou10.pdf



【「相場は予想・予測できない」という前提から
投資家には「対応力・修正力」が最も重要という話】】
http://fxgod.net/pdf/fx/souba_……ekinai.pdf




PDF【機械とAIの発達で「人が余剰になる」という未来で
生き残るための考え方】
⇒  http://fxgod.net/pdf/yojou2020.pdf



PDF【失敗】からデータをとりまくる!!
⇒  http://fxgod.net/pdf/shippai_data.pdf




    【ゆう音声プレゼント】


【「負けない技術」について考える!】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……skill_mp3/

(MP3音声です♪スマートフォンでもお聞きいただけますので
気軽に聞けるように後ろにBGMも入れておりますので
移動中や寝る前などなど、お好きなときにお聞きください♪)





【なぜ人は海外にいると言葉がペラペラになってくるのか?】

http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……rapera.pdf

(言語学や声楽の話も入ってます)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
















============編集後記============


さてさて、ここ最近メルマガでよく書くのが

自立とか自由とかその辺のテーマなのでありますが


まあ個人的には今回のコロナ騒動で

この自立とか自由の大事さってのを

ここまで痛感したことがないくらい


この自立とか自由について考える機会が増えました。


これはもう読者の多くの方もそうでしょうし

世界的にも自由とか独立とか自立だとかですね、


この辺を考える人ってのはやはり背後で増えてきてるんじゃないかな~

なんてのを私は感じてるわけですね。


まあそれで昨日の記事でも扱ってますが

やはり世界的に 多くの人を自立させる思考に誘導しよう

みたいな動きも見られるのですが


今後間違いなく大きな人類の流れとして

重要になってくるのが

自由とか自立とか独立とかそんなところなんだろうと。



ちなみに私のメルマガでは政治経済とかは自分が好きなので

それもあって扱ってるのもありますが


同時にやはり自分で稼ぐみたいな あまり世間的には

きれいとされないけども


お金稼ぐっていうところは

やはり現実必要だから扱ってたりするんですが


実はこの経済活動のお金稼ぐって言う行為と

あとは政治用語なのかな、自由とか自立とか独立ってのは

かなり密接につながってるわけでありますね。



ちなみにここ最近コロナとかもあって

お金と自由っていうところはすごい考えるんだけど


それこそ多くの人は頑張ってお金稼ごうとするのでありますが

自由がないと、何もこれお金ってのは

価値も出てこないものですよね。


それこそ今は居酒屋とか開いてるけども

居酒屋の営業も許されてなかったり

飲食店もワクパスないと入れないとかになってしまうと


これどんなにお金稼いでも使う場所も限定されて

事実上意味がなくなっていく

わけですね。


スーパーの食料品店だけでお金全部使えっていうのも

無理な話で。


さらにお金稼いだらこれ海外旅行行くって選択肢も

今までよくとられた経済行動だけど、


そもそも海外旅行の自由ってのもそれがなければ

お金稼いでも 海外に行くのが好きな人は特にそのお金は

あまり意味がなかったりして


ほんとここ最近は「自由」について考えさせれます。


シンプルに気づくのは

「どんなに頑張って稼いでも社会に自由も何もなければ

お金の意味ってマジなくなるんだな」と・・・


それで最近思い出すのが 昔聞いた北朝鮮の話で

以前から北朝鮮ではIT成功者ってのが首都ピョンヤンで

増えていたそうなんだけど


けどこの30代くらいのIT成功者たちってのは

やっぱり自国より自由な 中国に行くらしいんですね。


北朝鮮では今はどうか知りませんが

昔はかなり遊びが制限されてましたから

結局、北朝鮮でどんだけ稼いでも使うものがないですから


中国にいって何とかお金も使うらしいんだけど


最近はこの北朝鮮の金持ちたちの境遇ってのは

たぶん全世界共通になってるわけですね。


かなり世界的に不自由になってきたから

人々がお金を使う対象はこの2年すごい限られてきたのかと。


こんなことをふと考えながら私は生活してるのですが

まあほんと自由って大事だな~と改めて感じますね。

お金について色々学んでも 自由がなければ何も意味がないと。


2019年くらいには「自由?なにそれ?」みたいな感じだったろうけど

やはり当たり前の時はその価値に気付かないけど


人間これ当たり前じゃなくなると価値に気付くってのは

ありますよね。


それで今だと欧州の人が今までは当たり前だった

自由が急になくなってしまってるから


自由の価値に気付きだしてるけど

これがある種反動的に

今後の欧州の自由を求める大きな動きに

繋がる可能性が高いとも思います。


自由の価値ってのはそれが当たり前じゃなくなったときに

分かるものですね。





それで

実は最近よく考え直すのが

あの福沢諭吉の言葉であって


あの現状の1万円札に描かれてる慶応の創設者でも

ありますが


彼が以前に言っていた言葉がやはり今の時代に

また重要性を増してるなと思いまして


それが「経済的な自立なしに

人格的な独立も自由も達成できない」


って言う言葉ですね。



ちなみに独立とか自由とか自立とか言った場合に


やはり経済ってのは無視できず、



私もこれは昔会社に雇われていて

その後自分で自立して、なんとか個人で稼げるようになって

分かったことなんだけど


結局やはり福沢諭吉が言ったように



「経済的自立なしには、これ精神的な人格的な独立も自由も

本当の意味で達成できない」


わけですね。


ちなみに私がよく「この人強いな~マインド強いな~」とか

尊敬できる人なんかをこのメルマガで扱うんだけど


やはりその中で気づくことがあってそれが

「あ、そういえばこの人たちも、全員自営業者だな」


ってことに自分で気づきまして


私が「この人強いな~すげえな~」と思う人なんですが

共通して自営業者で 経済的に自立してる人がほとんどなわけです。


これは何も自営業者の人ばかりを中心にメルマガで

取り上げようとしてるわけでもなく


シンプルにすごいなって思う人がたまたま 

みんな自営業者ってことに

気づいたりするわけです。


それでそこから福沢諭吉の言葉の意味が分かるわけで

「経済的自立なしには、これ精神的な人格的な独立も自由も

本当の意味で達成できない」



まさにこれなんだろうなと。


この福沢諭吉の言葉は結構有名だから

聞いたことある人は多いはずなんですが


しかしあまりまともに正面から考える人がそこまで

多くなかった言葉であると私は思ってるんだけど


最近よく思うのは

「結局自由とか自立とか独立って考えていくと

それぞれがまず経済的に自立する人が大半の国じゃないと

そんな自由とか自立とか独立が重視される社会は形成されないよな」


ってことなわけですね。


まあ正直稼ぎ方ってのはその人に適性があって

憲法なりに合致して

社会を前進させる物だったら何でもよいのかもしれませんが


やはり最近思うのが

社会における自由とか自立とか独立精神ですね、


これを支えるのは経済的自立を成し遂げてる人だと

勝手に私は思うわけです。


というのが今回のコロナ騒動でも

それは見られて


まずマスコミなんかの記者ってのは


私の幼い頃家出て行った親父もそうだったんだけど


経済的には

自立しておらず、あくまで高給取りのサラリーマンというのが

現実ですが



そういう人たちってのがまあワクチンであるとか

あとはコロナの恐怖扇動ってのを上から言われるがままに

展開してきたわけでありますが


これはやはり給料の部分で大企業に役人に

自由を抑え込まれてますから

仮にある記者が「何かこの騒動はおかしい」と思っても


それを今回の騒動において

言論はできなかったりしたと思うんですね。


さすがに、全員のマスコミ人たちが

今回の騒動の恐怖扇動であったりとか

ワクの狂気の推進キャンペーンに疑問抱かず同意していたとは

思えないのですが


ただやはり逆らったらクビか左遷かで

家族も養えなくなってしまいますから


どうしても間違っていてもそれに従うしかないのが

サラリーマンという職業の大変なところで


私なんかも昔まさにそれに苦しんだことでありますが

やはり自立していない=自由に言いたいことも言えなくなって行く

ってのは事実あるのだろうと思います。


お金ってのはそれで人々は生存してるわけですから

お金稼げなくなるってのはイコールそれは

時に生存権を奪うに等しいですからね、


やはり何かに自分の収入だとか経済部分を依存しすぎると

結局コントロールされてしまうってのはあるのだろうと。



それで今回、その中でも果敢に言論を展開していた人たちってのが

いて


それが田中先生も副島先生もそうですが

やはりこの騒動のおかしさに声を上げていた人たちの

主体ってのは やはり自営業者たちだったのは私が観察していたこと

なわけです。



やっぱりこれ客観的に見ても

自営業で 経済的自立を出来てる人たちのすごさってのは

あって


バンバン書きたいこと、言いたいことは

ちゃんと 憲法21条言論表現の自由で行使するし


個人的に思ったのはこの経済的自立してる人たちってのは

こういうときにこそ強いなってのは本音で感じたわけですね。


まあ 強い の一言でして。



どんなにマスコミの高給サラリーマン記者たちが

ネットを馬鹿にしてでもですね、


この経済的自立を成し遂げてる人たちってのは

はっきりいえば忖度しないでも生きられる人だから

バンバン理屈で説明していくわけでして


これらの言論が まだ生きてるから、日本は何とかなってる部分

ってのは大いにあるだろうと。


それで経済的自立ってのはやはり今回のような騒動を見ても

すごい大事なんだなと思わされるわけですが


結局今後、世界の人たちが 

自由や独立や自立を重んじたいとなれば


最終的には経済的自立を志向するって方向性に

ならざるを得ないよなってのは私は感じたわけです。


ちなみに 自由とか独立とか自立と

かなり反する言葉ってのがあって


それが依存なんですが


依存度合いが強くなるとこれ自由がどんどん

制限されるわけですね。


例えば最近だとベーシックインカムの議論ってのが

あるんですが


まああれも後ろ側で色々考え方はあるから

一概に否定もしづらいなとは感じますが

(普通に考えたら共産主義の考え方だが、

大きな政府を破壊するという意味合いもありそう)


まあ例えば、多くの人がこれベーシックインカムってのに

慣れてしまうとですね、


これは政府からのお金に人生を生活を依存することになりますから


だから例えばですが

「○○しないと 、ベーシックインカムあげません」とか

言われると終わるわけですよね。


この「○○しないと」ってのがかなりひどい条件でも

依存してるとそれに当然逆らえなくなるわけで


そこでは「○○したくない」と主張する自由ってのは

なくなるわけですね。


すなわち選択の自由は消失する。


だから依存ってのは自由の対極にありまして


依存するとどんどん自由がなくなるわけです。



ちなみに今までの人類の支配方法ってのが

大きく言うと


「依存させて支配する」

っていう方法だったわけですが


結論、何かに依存させてしまえば

簡単に為政者ってのは民衆の自由を実質は制限できてしまう

わけですよね。



だから仮に大衆を洗脳して

そしてコントロールしたいみたいな人格歪んだ人がいれば

当然、その人たちを何かに依存させるわけですが


それは時に ベーシックインカムだとか配給制とか

時にそれは医療の製薬会社の薬だったりするわけですよね。


ちなみに製薬会社の薬ってのは大変分かりやすくて

少なくとも現状では 西洋医学の製薬会社の薬ってのは


実際は依存性が高いわけですよね。


それこそ 根治させない免疫抑制剤ってのが

西洋医学の薬の大半ですが


ここで一時的にですね、何かしらの症状は収まるんだけど


病気を治すのは例えばウイルスを殺してくれるのは

人間の免疫細胞しかありませんからね、すなわち自然免疫しかないから

西洋薬はそれらを殺す力はありませんから


結局免疫の働きとして自然に出てきてる

何かの痛みとかの物質を

一時的に抑える働きしかないのですが


そこでその薬をやめたら

免疫が復活してきて 免疫反応が回復してもっと痛くなるので


ずっと服用続けるしかないって状況に陥る人は多いわけですね。


免疫抑制剤に依存させて、

そしてそこでずっとそれを投与して儲けるってのが

西洋医学の大きなビジネス構造だけど


ここで根治させてしまうと患者いなくなってしまうから

まあ儲からないですから


その根治にはあまり西洋医学は興味ないわけですが


ここで薬に依存させて、最近だとワクですが

そこに依存させて しっかりそこで収益あげようという

構造は見えてくるわけです。


ただそこで依存し続けることで人間はこれ健康も失って

薬なしで生活する自由も実は失ってるんですけど


まあ依存が自由を喪失させるってのは

あらゆる場面で見えるところですね。



それで特に最も大きいのがお金の部分の依存でして

何かの大企業に、どこかの国に、生活のお金という根幹部分を

これ握られてしまうと


もう何もかも自由なんて消失してしまうわけですから


実はだから 

自由を守るために
=========

経済的独立、経済的自立性ってのが大事なわけです。
===============



ちなみにもう私も自分で稼ぐっていう分野を見てきて

分かったことがあって


やはり稼ぐ人もいれば、稼がない人もいるんだけど


結局の話「自由や独立や自立に対する欲求、渇望」


が大きい人が 稼ぐわけで


逆に「ただなんとなく贅沢したい」とかの人は

やっぱし弱くて


途中の小さな挫折でくじけてやめてしまって

結果にならないってことが起こるわけです。



だからよく思考の型のことを「マインド」とか

日本では言うんだけど



結局マインドの強さ、弱さってのは

自由を求めるその人の思考の度合いが物を言うんだなってのが


私が自分で稼ぐ業界を今まで見ていて

すごい感じたことですよね。



ちなみに私のケースだと分かりやすいんだけど

私がいたブラック会社なんかはまあやばくて


普通の感性があったら

「ここから抜けないと(精神的に)死んでしまうだろう」

と嫌でも分かる環境だったんだけど


なかなかすごい会社でですね、

営業成績悪い社員を 上司がみんなの前で罵倒するくらいは

まだマシで


本当に胸倉をつかんで、見た目があきらかにヤバい

大柄のマッチョ上司が「てめーなめてんのか」ってほんと営業成績で

恐喝レベルで言ってくる会社だったわけですね。



ちなみにそれを止めたりしてたのが

私だったんだけど

そしたらしばらくして


イジメを止めた私がこれ 悪者になってしまって

会社の統括って上の立場の人が


私が出勤する前に


「あいつは会社に逆らう反逆者だから

あいつとしゃべったらだめよ」


と朝礼で数百人いる従業員たちの前で

机に乗って怒鳴っていたらしい・・・(笑)



まあすごい会社で元祖ブラック会社でしたが

「いかに恐怖を与えて 従業員を従わせるか」っていう

政治が展開されいたのが

私がいたブラック会社だったんですね。


ただ営業成績だけ出しておけば何も言われないのと

歩合は結構つきましたから私は何年かいたのですけど


もうしばらくいると

「ここに一生いると いつか何かしらの理由で(たぶん精神的に)

死んでしまうな」


って実感はあったわけで


私はそこではどうしても自立する必要性は

当時あったわけですね。


会社から給料っていう餌をもらって依存していましたが

これ依存をずっとしてたら

このブラック会社の経営陣と株主に人生全部吸われてしまうと。



それで私はその後なんとかすったもんだして

とりあえず自立はしたのだけど


それこそ独立すると

毎日やることも全部自分で決めないといけないし

最近だと住む国も全部自分で事前調査して決めてますが


稼げなかったり何かとんでもないポジションとって

破産したらこれ自己責任とはなりますが


しかしそこで 依存はしなくなったから

自由度は大幅に広がったってのは事実ですね。



それで経済的な自立ってのが出来てくると

やっぱり そこで他人のせいにする傾向があった部分も

全部自分の責任として捉えるってのはまあ当たり前になるし


例えば投資で大損したらこれは全部自分のせいなので

当然 守り固めますけど


やはり自立して身についてくる部分ってかなりあるわけですね。



ちなみに私の場合は 労働者と自営業者

両方経験してるから分かるんだけど


例えば仕事ですよね、


これって労働者だったころは「仕事をやらされてやっていた」

のは間違いなくて、


その仕事が仮に好きでも、それでも会社に仕事として

任されてるからやっていたのは事実ですよね。


けど自営業者で自分のビジネス、投資ってのも

やらなくても誰も怒ってくれませんから


自分で毎日決断する必要があるわけでして


その決断とか判断の数ってのは圧倒的に増えました。


それでこの決断とか判断ですね、

例えばこういうところに資金投下するとか

こういうビジネスやってみるとか


まあそんな判断は自分でしなければいけないわけで

その繰り返しで、自立心って勝手に身についてくるわけです。


それでこんなのを私自身も経験して

福沢諭吉のいってる


「経済的な自立なしに

人格的な独立も自由も達成できない」


ってのはよく分かるわけです。


損しても、また仮に得しても

結局自分の責任となるわけですが


もうそんな状態で10年以上も生きてるとさすがに

ちょっとは自立してくるわけでして


そこから「自立思想」みたいのが立ち上がるわけですよね。


だから最近はこの本質を昔から言っていた

万札の福沢さんすげえな~とか思うんですが


ただ問題があってあまり人類はこの

「経済的自立、独立が 人格の自立、自由を作り出す」

ってことを真剣に考えてこなかったわけですね。


もし人類の敗因があるとしたら

この辺を真剣にあまり哲学してこなかったことですよね。



さらに依存していると、自由や自立は消失していくってのも

意外に論じられなかった。


もし民衆がこれ今後 自由とか自立とか独立を

大事にするなら


それを考えていく必要はあるよねってのが

私がよく考えることなわけです。


だから自由とか自立を大事にって言うと

究極、 経済的部分を何かに国や大企業に依存してたら

自由なんぞ生まれないから


独立した依存しない 商売や投資を覚えて行きましょう

となるんですが


まあこれが今後の人類の大きな流れに

ならざるを得ないだろうなと。


ちなみに今回のワク騒動でも私は自営業者でよかったな

って思うところがあって


やはり親戚周りとかでサラリーマンやってる家庭は

職域接種とかの圧力がすごかったわけですね。


ワクは様子見たほうが良いってのは理屈では

確かにみんな分かってるんだけども


しかし職域接種の圧力のほうがヤバかったから

打ってしまった人もいるんだけど


聞くと相当なプレッシャーで受けるか受けないかの

自由なんぞは実質ない状態にさせられていたわけです。


だから本来憲法や法律では強制ではないんですが

しかし会社でクビになったらこれ終わりって圧力が働きますから


そこでは憲法で保障されてる自己決定権なんかも

実質機能しなくなるし、


依存するとあらゆる自由が喪失してしまう怖さってのは

私は強烈に感じたわけです。


一方ですが自営業者ってのはこの辺は自由でありますから

それこそそもそも自分が職場ですから


ヤバい遺伝子薬を打たなければいけないみたいな

空気もなかったわけですね。


むしろ周りの事業者たちみんなとこの話すると

誰も打ってなかったりして


「いや、あんなもん、理屈で考えてヤバいから

うたないっしょ」


ってのが日常会話でもありまして


この辺の打つ打たないの自由ってのは実は自営業者たちってのは

保有していたわけです。


だから若い自営業者たちのほとんどはたぶん

今回のワクでも選択の自由ってのをフルに活用したんじゃないかと。



まあだから経済的な自由がなんとか

そのほかの自由も担保してくれたってのが

今回の騒動で本音で私が感じたことでもありますよね。


それで色々考えるんだけど

今後 人類が世界的にどうしても反動で

自由とか独立とか自立ですね、


この重要性に逆に気づいていくわけですが


そういったダイナミズムは欧州で発生してきておりますが


そうすると日本の福沢諭吉が言ってる言葉が

真実であって



経済的独立ってのは必須になってくるわけですね。


自由や自立について真剣に考える人ほど

この経済的独立の意味合いに気づいていく。



福沢の

「経済的自立なしには、これ精神的な人格的な独立も自由も

本当の意味で達成できない」

この言葉が真実なんで。




そんで私は日本のって言うか先進国の

言論界とか思想分野とか

哲学ですね


この辺の大きな欠点があることにも気づいてまして


それが


「金儲けを無視しすぎた」ってことは

ぶっちゃけあると思うわけです。


投資とかビジネスの勉強してると必ず出てくる命題があって

それが


「金儲けは汚いことか、どうなのか」


っていう命題があるんだけど


本当はこの金儲けを汚いこととして

性と金を悪者に仕立て上げて 民衆統制するってのが

ローマカトリックの坊さんの思想としてあったでしょうが


やはりここでお金儲けとか、すなわち商売や投資ってのを

あまりにも否定しすぎると人々は支配されて

そんで貧しくなるわけですね。



日本ですと失われた30年以上となってきてますが

これも結局 お金儲けに成功した人たちを次々叩き潰す


金持ち潰しってのがその大きな原因でしょうが


これはある種社会実験としてみると分かるんだけど

金持ち潰しをすると社会は貧しくなるわけですね。



必ず貧困層から這い上がるやつってのが

どの国にも地域にもいるんだけども


その人らが新しいビジネスや雇用作っていき

そこで若者がそこそこの給料とかもらえて


中間層ってのが誕生するのが良いわけですが


ここでこれ、 この能力ある経営者とか投資家を

悪者に仕立て上げてしまうと


栄えるのはこれ官と さらにそこと仲良しの大企業だけになりますが


そうすると中間層ってのもキレイに消滅するわけですね。


これが今の先進国特有の問題です。



ちなみに資本主義を死に至らしめるのは

まさに中間層の消滅であるでしょうが


だから独占的大企業とか官僚機構ってのは

本当は反資本主義的な性質を持ってるけど



まず資本主義ってのは富裕層ほどその恩恵を受けやすく

貧困層ほど弊害を感じやすい社会といえるでしょうが


そこで恩恵と弊害がバランスよく反映される

中間層がこれ多数を占めないと


資本主義は不安定になってしまうわけですね。


例えば少数の富裕層と、多数の貧困層って構造になると

当然反資本主義になびく人が増えていくわけで



そこで社会が分断されたり

あとは暴動、テロなどが起こりやすくなる。



まあそれで今世界で いわゆる多極派とか資本側が

重視するのが


「中間層を増やす」ってことでありますが


実はこれは福沢先生の


「経済的自立なしには、これ精神的な人格的な独立も自由も

本当の意味で達成できない」



にもつながっていくわけですね。



ちなみに「中間層を増やす、どうしましょう?」となったら

まあ主に2つあるんですが


実は今は2つあるうちの1つしかメディアでは

伝えられてないけど


それが「成功してる富裕層たちに

官僚が課税しまくって

引き釣り下ろして


それを貧困層に配る」とかそんなものですよね


ただこれはやはり歴史みてもうまくいかないのは

明白で


これでは中間層は増えるはずもないわけです。

社会は上級のエリートと大多数の貧困層になっていくだけ。


ちなみに上記の考え方で最も不足してるのは

経済がゼロサムゲームと捉えてる点ですが


実は世界経済ってのは毎年成長してるわけです。


それでもう1つ、大事な考え方があってそれが

「今は 貧困層でも 商売や投資学んで

リッチになっていけばいい」


って考え方があって


実はこっちが王道なわけですね。


これは実は日本人が歩んできた道でもあって、


戦後貧しかった日本でありましたが

勤勉に次ぐ勤勉で もうとにかく勉強しまくったわけですが


そこからアメリカに迫るGDP2位まで行ったのは

世界でも良く知られてます。


このとき日本では「貧困層⇒中間層や富裕層」っていう

そんな流れが作られていて


そこで一億総中流社会とまで言われるようになったけど

実はこの「貧困層から中間層に這い上がる」みたいなところは

日本が昔経験したことでもありますよね。


ただそこで問題があってあくまで大企業主義でやってきましたから

どうしても人々は経済的に自立したわけでもなくて


すなわち人々が自営業者として それぞれが自立した集積で

GDPが引きあがったわけではなく

あくまで大企業中心の成長だったから

短期的なものになってしまったってのはあるのかなと私は思います。


私の親父がそうでしたが 企業の利益のために

家族犠牲にして労働ってのは長くは続きませんね。



それで今後大事になってくるのが

「貧困層⇒中間層や富裕層」っていう流れは同じなんですが



これを個人事業主とか中小企業たちが達成できるかっていうところでして


ここで個人や中小が今は貧困であっても

それぞれ自立して 中間層や富裕層が増えていくかどうか

ってのが大事になりますよね。


いわゆるよく書くスモールビジネスの小さな社長さんが増えること

これが大事ですが


こうなると経済的自立する人が全体数として

増えますが


そこで生き方から自由や自立を求める人が

必然的に増えるわけです。


こうなっていくと例えば大企業の組織票ってのも選挙では

影響力は低下していくけど


一方スモールビジネスのそれぞれの人々の

個別票は影響力を持ち始めますよね。


ちなみに世界はこの方向に向かってるようにも

個人的には思います。


それで今まではこれお金儲けってのがこれ汚いこととされてきたのですが


やはり自由や自立を社会が持つためには

この経済的自立ってのが基盤になりますからね、


やはりキレイごと抜きで

個人や中小たちが金儲けを学べる場所ってのは

すごい大事だろうってことですよね。


というのは私も会社で労働者やっていたことがあるから

分かりますが


自由とか自立とか独立心をとか仮に言われても

やっぱり労働者やっていたら


「いやそれより給料を会社からもらえることのほうが大事」

となりますから。



まあだからやっぱり今後は

コロナの反動で自由とか自立の意味を理解する人が増えるから


自分で自立して稼ぐ哲学とか方法論を学べる場所


これはどうしても人々は必要とするのは

間違いないですよね。


ちなみにそこで問題がありまして

特に官僚が強い先進国ではそうだと思うんですが


「商売の自由」ですね、いわゆる営業の自由ってのも

本来憲法22条の職業選択の自由で保障されるはずなんだけど


これがやっぱりうまく機能してない問題はあるわけです。


貧困層⇒中間層とか富裕層への

這い上がりのためには何が必要かっていうと

やはり市場の自由であって職業選択の自由があることで、


例えば今だと日本の路上で商売を開始するとなれば

かなり複雑な手続き踏んで


そこで官僚たちのあらゆる 許可をもらわないと

商売なんぞ路上ではできないわけですね。


日本でなんでFXが人気か?

って言う問題があって


これもやはり政治でして、あらゆる業種ってのが

新規参入が極めて難しくなってますから


そこで結局 規制業種の金融とかの

FXとか株くらいしか 勝負する場所が

なくなってるという大きな問題があるわけです。



ちなみに私は今でも覚えてるけど

以前は例えば よく例に書くけど民泊業なんかは

中小事業のインフォの人たちが教えていてスゴイ面白かったんですね。


全員が稼げるってことはなかったけど

ちゃんとやれば誰でも自営業者として独立できるくらいは

稼げたんだけど


しかしまあマスコミとか官僚のキャンペーンで潰されまして

結果としては ホテル業界たちが生き残りましたが


そこで日本の宿泊料金たるや なかなか笑えない価格に

最近はなってますが


まあこういう民間の商売方法ってのは

どんどん 役人や大企業に潰されてきた歴史がある。


それで今後社会の自由性、独立性、自立性を

日本で上げていくとしたら


当然ですがその辺の 規制をどうしても

緩和しないといけないよね、って話にはどうしてもなりますよね。



だって今後仮に2000万人が自立して稼ぎたいとなっても

みんながみんなFXや株や物販やユーチューバーになるなんてのは

現実的ではないわけで


事業の選択にも多様さがないといけない。



だから今後仮に自由を大事にする人であれば

やはりあらゆる事業とか分野でも


今貧困な人でも勝負できるように

市場の調整は必要になってくるのでしょう。


この辺うまーくやったのが

社会主義で地獄見た中欧ジョージアでしたが


あの国の政治はロールモデルとして真似すると良いでしょうね。


それでいきなり稼げとか言われても普通は無理なんで

やはり中小事業者たちが ちゃんと稼ぎ方を教えるっていう

教育部分の自由競争も大事になってくるんでしょう。



完全情報ってのはインターネットなしに達成できませんが

その自分で稼ぐ方法論や哲学を学べるっていう部分で

インフォ業界なんかは良い教材も沢山あるのに


ほとんど潰されてしまったけど


やはり個人たちに稼ぎ方とか哲学教えるなんて

大企業も官も本当はできないのですから


やはりインフォみたいな業界も胡散臭くても意味がある。



それで今はまだ世界的に人々は依存から抜けられていない層も

多いのですが


徐々に徐々に、自立志向の人が増えますからね、


今後あらゆる業種で 大企業の独占や官僚の既得権益になってる

規制なんかは見直して


その上で人々が商売や投資を覚えていくってのは

大事なことですね。



結局福沢諭吉先生がおっしゃってるように


社会全体の自立とか自由とかってのは

其の人が経済的自立を成し遂げた後に


そういう人が多数を占めた社会で

達成できることですから。



それでやはり自由とか自立とかを求める人ほど

状況としてそれは必要なので


経済的自立が手に入るものなんで


本当のマインドセットってのは

この自由とか自立を求める 希求心なんだろうなってことですね。


自由と自立のためになんとしても

経済的自立は必要なのが世の中でしょうが


これが分かってると多くの人がやりたがらない

面倒なこともできるようになってくるわけです。



多くの人がこのコロナきっかけで

自由と自立について真剣に考え出してるけど


実はそれが 自分で稼ぐとかに取り組む際の

強烈すぎるマインドセットにも繋がるわけですね。



今までは経済的自立ってのはこれ真剣に考えれてこなかったけど

私たちの世代は今後は考える必要があることですね。


そんで社会で一定比率でこの

自分で稼ぐ経済的自立を成し遂げてる人が増えてきて


いわゆるローマ時代ではこの人たちが市民とされたわけですが

この人たちが一気に政治の春を巻き起こして

政治改革をすること、これがポピュリズムの本当の意味です。


今はまだ左派的な動きが世界各国、特に先進国で強いのだけど

長くは続きませんから


近年中にポピュリズムの巻き返しってのが

また世界でも発生してそれが大きなダイナミズムになるでしょうから


私たちも経済的自立について考えて生きたいものですね。


それでこのスモールビジネスでも何でも

それぞれが自立して独立してなんとか家族を養っていき

生きていくんだっていう思想ですね


これがリバータリアン思想なんです。


リベラルで動いてきた世界はそれが間違いと気づき、


今後は自由や自立を重視する

リバータリアン思想で動いていくんでしょう。


では!



ゆう









☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


PDFレポート
【「めんどくさいFX検証」を誰でも
自然にできるちょっとした工夫とは?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/fx_kenshou10.pdf



【「相場は予想・予測できない」という前提から
投資家には「対応力・修正力」が最も重要という話】】
http://fxgod.net/pdf/fx/souba_……ekinai.pdf




PDF【機械とAIの発達で「人が余剰になる」という未来で
生き残るための考え方】
⇒  http://fxgod.net/pdf/yojou2020.pdf



PDF【失敗】からデータをとりまくる!!
⇒  http://fxgod.net/pdf/shippai_data.pdf




    【ゆう音声プレゼント】


【「負けない技術」について考える!】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……skill_mp3/

(MP3音声です♪スマートフォンでもお聞きいただけますので
気軽に聞けるように後ろにBGMも入れておりますので
移動中や寝る前などなど、お好きなときにお聞きください♪)





【なぜ人は海外にいると言葉がペラペラになってくるのか?】

http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……rapera.pdf

(言語学や声楽の話も入ってます)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください