無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【副島先生の最新言論からアメリカの上院議員たちで議論される ビッグテックの独占解体、および公共財産化について考える!】

2021 11月 17 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【副島先生の最新言論からアメリカの上院議員たちで議論される
ビッグテックの独占解体、および公共財産化について考える!】
⇒編集後記で!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   ~~PR新案件~~~


~ あなたの收入が今より10倍に!? ~

FXよりも稼ぎやすいのに、
まだ誰もこの魅力に気づいていない。

そんな、

FXに取り組んでいる方なら
絶対に見逃せない、

『 令和時代の所得10倍計画 』

が、人数限定で無料公開されています。

その内容はFXよりもカンタンに、

月収500万円・800万円が
当たり前目指せる情報ばかり。

無料募集中に参加しない理由がないので、
今すぐ下記の詳細ページからご確認ください。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/53/





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして
ありがとうございます!



さてさて、前号にて以下の号を流しました~


「かつて」先進国だったオーストリアは

これもう今は憲法も何もかも機能しない政治後進国に
陥ったと言えまして


世界のルール自体が大きく変わってきてますよね。


かつては西欧周辺の
白人国家が先進思想を作り出してきたわけですが


最近はそこが崩れてきていて

「強制と言えば欧米」みたいな感じになってきてますね


【欧州のオーストリアにてワクチン未接種の人は外出禁止で、
外出したら罰金最大19万円という狂った策が取られ出したことについて考える!】
(オーストリアは政治後進国へ転落)
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3125#3125


ちなみにこのメルマガを書いた後

日本でも一応 日本版ワクパスってのが発表はされたわけですが

有効期限とか求めないということで


それ自体意味があるのかというのが議論になってますが

それこそそれを馬鹿真面目に言われてやってる店は

多くの人が避けそうですが


日本は日本なりのやり方で、密かに対抗してるように見えますよね。


ワクパスってのは私も色々な国でその制度を一応見たけど


それが機能するためには

ワクパス+行政権力の警察官たちの厳しい憲法を飛び越えた取り締まり ってのが

存在して初めて有効になるものなんだけど

(警察が圧力かけないと誰もあほらしくて従わないから)


日本版ワクパス?はやはりまだ憲法は機能してる国だから

ある種独特の、

本当に意味あるのか謎なものとなってるのが注目した点です。


写メでも良いですっていういい加減さは指摘されてるけど

意図されたいい加減さかもしれないですね。


さて、それで副島先生が新しい書き込みをされていまして、

私は今日読んでましたが


今後数年、世界的に「ビッグテックの独占」ってのが

問題視されていくわけですが


やはりその後「ビッグテックの公有化」という議論が

開始されていきそうですね


これはアメリカのトランプ支持の上院議員たちから

出てきてる大きな動き。


やはりあまりに独占がひどく 実際は社会の発展を阻害しつつある

GAFAMなどのビッグテックですが


その辺を私も長いこと学ばせていただいてる

副島先生が書かれてました。


見て、考えます。


編集後記で!


















■■■■■■■■■■■■■■

【3週間で、885万円の利益を達成した
FXより稼ぎやすいもっと稼ぎやすい投資手法とは!?】

■■■■■■■■■■■■■■


さて、以前からコロナ騒動でこれといった
新しい案件などが少なくなっていたのですが


今日はそんな中、少しだけ以前より活気が出てきてまして
新しい案件の登場ですね~



ちなみによく副業、自分でネット通じて稼ぐなんていうと
FX,株、ネットビジネスなどなどが有名ですが

今回の案件は、FXより稼ぎやすい、

誰も魅力に気づいていない分野の新案件

ということですね~


月収500万、800万ほどでしたら
結構出現してきてるという状況だということでして

・3週間で、885万円の利益
・94.7%など圧倒的に高い勝率
・一撃で80万円超え、100万円超え


などの実績が出てるということで

そのFX以外の稼げる分野ってのは
なんなのか気になりますね~


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/53/




さて、今日はこちらの事務局さんより
あなたに広告メッセージです!



==============

【FXがオワコン?もっと稼ぎやすい投資手法が無料公開!】


『 FXよりも稼ぎやすいのに、
 まだ誰もこの魅力に気づいていない

 “ 副業投資 ”で、

 あなたの收入を
 今の10倍にしてみせます。 』

そんな、
FXに取り組んでいる方なら
絶対に見逃せない、

『 令和時代の所得10倍計画 』

が、人数限定で
緊急公開されました。

しかも、なんと今だけ、
参加者を” 無料 ”で募集している
とのこと・・・!

その内容は、
FXよりもカンタンに、

月収500万円・800万円が
当たり前に目指せる情報ばかり。

無料募集中に参加しない理由がないので、
今すぐ下記の詳細ページからご確認ください。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/53/
※期間限定、人数限定での公開のようです
 

今まで、FXで
勝てるようになるために、

・テクニカル分析
・ファンダメンタル分析
・マルチタイムフレーム分析

を、学んだことがあると思います。

この分析方法を学ぶだけでも、

あなたの有限な人生において、
相当な時間を費やしてきたのではないでしょうか。

しかし、

今後このような分析は
一切必要なくなると言えるでしょう。

何故なら、
今回あなたに紹介している、

『 令和時代の所得10倍計画 』

これに参加できさえすれば、

1日たった3分のスキマ時間に、
自動化された仕組みを使って
年収1億円すら狙えるから。


そして、
この仕組みを生み出したのは、
『天才サラリーマン投資家』。

その実績は、

・3週間で、885万円の利益
・94.7%など圧倒的に高い勝率
・一撃で80万円超え、100万円超え

などなど。

FXよりもお手軽に、
しかもサラリーマンをしながら、

片手間で莫大な金額を
手に入れているようです。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/53/
※羨ましい結果ばかりです


非常に魅力的な、
『 令和時代の所得10倍計画 』ですが、

冒頭でもお伝えした通り、

人数限定での無料募集なので、
参加できるのは、

ごく限られた人数のみとなっています。

もしあなたが、

FXで毎月500万円、
800万円と稼いでいるのであれば、

参加を見送るのもありだと思います。

ただ、

FXでは大勝ちするときもあれば、
大負けする時もあったり、

その結果最終的にはメンタルが崩れて、
コツコツドカンの連鎖。

そして、仕事でストレスを抱えながら
働いて、働いて、働いて、
わずかな給料で暮らす生活。

そんな毎日が続いているのであれば、

この情報が、
あなたの人生を変えるチャンスであることは

もはや間違いありません。

人数限定での
無料公開とのことなので、

今しかないこのチャンスを掴み取るために、
必ず無料登録をしてください。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/53/
※無料募集が終了している際はご了承ください


【早い者勝ち】1日3分で所得10倍!?令和の極ラク投資術が解禁!



誰でもラクに所得10倍、
そして億万長者を目指せる
奇跡とも呼べる投資術。

『令和時代の所得10倍計画』

の極秘計画が、
ついに解禁されました!

知識も経験も不要だから、
普通のサラリーマンや主婦でも問題なし。

1日わずか3分、
忙しい平日でもスキマ時間さえあればOK!

一撃80万円や100万円超え、
年収1億円も夢じゃない!?

FXでも株式投資でもない
ラクすぎる新しい投資、始めませんか?

▼気になる詳細はこちらから▼
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/53/

「もっとラクに稼ぎたい!」
「今すぐお金を増やしたい!」

このような願望を
多くの人が持っていることでしょう。

しかし、

毎日身を粉にして働いたところで、
給料はまったく増えていかない。

FXや株で一発逆転を狙っても、
せいぜい1000円、2000円しか稼げない……。

稼ぎたい気持ちとは裏腹に、
なかなか思うように稼げない、
そんな方が大半を占めるはず。

では、一体どうすればよいのでしょうか?

その答えは極めてシンプル。

天才のトレードを
100%そのまま再現すればいいんです。

今回あなたにお届けする
『令和時代の所得10倍計画』なら、

勝率94.7%、実質3週間で885万円を達成した
天才投資家の手法を再現することも

自動化の仕組みづくりによって
十分に可能。

月収500万円、800万円、
年収1億円だって狙えてしまう、

これまでの常識を覆す
新しい投資手法といえるのです。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/53/

この投資手法は、

FXや株、仮想通貨でも、
バイナリーオプションでもない、

まだ世間一般では
その魅力に気づかれていない
ブルーオーシャンの手法なので、

この情報を受け取ったあなただけに
億万長者への道が開かれた、
そういっても過言ではないでしょう。

高い再現性を誇るので、
努力・知識・経験・スキルは不要。

あなたに必要なのは、
1日たった3分のカンタン作業だけ。

片手間でやっても、
わずか数分で

33万円、44万円、80万円超えの利益を
何度も何度も狙えるんです。

ただし、この稼ぎ方を伝えるのは、
あくまでこのメールを受け取った方だけ。

また、定員に達し次第、
予告なく募集は打ち切られます。

今あなたの目の前に広がるのは、
成功に至る最短ルート。

二度訪れないチャンスなので、
絶対につかみ取ってくださいね。

▼『令和時代の所得10倍計画』への参加はこちら▼
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/53/


==============


以上です!!


それでまあ日本もあの暗澹とした
緊急事態宣言解除っていうことで


徐々に自分で稼ぐ系の案件が登場してきてますね~




ちなみに今回の案件の講師さんが

サポートでも定評のあるクロスリテイリングさんのプロデゥースする

吉田さんという方でして


以下のような方です。


昔はこれサラリーマンの人が自らを社畜と
自嘲することがネットでちょっと流行したけど

今はもうサラリーマンってのは収入源の1つのポートフォリオ

みたいになってきてるんですね



↓↓

==========
<吉田さんのプロフィール>


こんにちは。
サラリーマン投資家の吉田健史(よしだけんじ)と申します。

普段は都内でサラリーマンとして、
働いているのですが、

会社には内緒で、
「副業」として投資に取り組んでいます。

かれこれもう18年以上、
サラリーマン投資家として活動しており、

月収500万円、800万円くらいは、
当たり前に叩き出せるようになりましたし、

上司の給料の10倍以上は、
カンタンに稼げるようになりました。

でも、自分の上司には、

「私はあなたの10倍稼いでいますよ」

なんて、口が裂けても言えません(笑)

なので会社には内緒で、
副業投資に取り組んでいます。

もちろん仕事は好きですし、
会社の仲間と切磋琢磨することは、
人生の大きな喜び。

だから仕事を辞めるつもりはないのですが、
収入という点においては、

会社のお給料なんて、微々たるものです。

だからこそ、
本気でお金持ちになりたいのなら、
経済的自由を手にしたいのなら、

「今すぐお給料以外の収入源」

を作るべきなんです。

今回の無料講座では、

「令和時代の所得10倍計画」

という、
まったく新しい副業投資をお伝えします。

知識や経験、スキルは一切必要ありません。

まったくゼロの状態からでも、
誰もが1日3分のスキマ時間で、
年収1億円を狙える。

ほとんどの投資家が、
まだ気づいていない分野であり、

このチャンスを狙うなら、
「今」が一番良いタイミング。

あなたの想像のはるか上を行く、
圧倒的な稼ぎ方をお見せしましょう。

先着順で無料参加者を募っていますので、
まずはこちらからメールアドレスの登録を、
お済ませください。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/53/
==========

以上です!



それでまあ時代は変わったな~と思いまして

もうこんな吉田さんみたいに副業ってのが

全面的に禁止してはいけないっていう当たり前のことが

周知されてきてるので


サラリーマンの中でも、元々起業家、投資家の資質持った

人々が


どんどん会社の給料を超える額を稼ぐ・・・


なんてのが今は特に珍しい光景でもなくなってきました。


ちなみにこの吉田さんは

サラリーマン+(経営者的な)投資家 の兼業ということですが


労働者+経営者みたいなスタイルが

最近出てきてるのはこれ面白いですよね。


昔はこれ経営者VS労働者みたいな対立構造が一般的だったけど


今は「経営者的に副業でかなりの稼ぎあるけど

労働者も一応やってます」


みたいな人が出てきてるわけで


なんとも面白い時代です。



ちなみに今回の内容なんですが

ずばりよくある



FX
株式投資
仮想通貨
バイナリーオプション



これらではありませんで


おそらくまだ、ほとんどの日本人は、
この投資の凄さ、素晴らしさに気づいていない分野っていうことですが


これが大事ですよね。



よくメルマガで書くのが

「みんなと一緒は悪(あく)」というなかなか

偏ったようにも見える考え方なんですが


やっぱり私たちが生きてる、徐々に見えてきてる資本主義の世界

ってのは


みんなと同じことばかりやっていたら稼げないし、


逆にみんながやらないこと、みんなが気づいていないこと

これらをやったら圧倒的に稼ぎやすくなるってのは

事実です。



【みんなが気づいていない市場】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/53/




ちなみに今回のコロナ騒動でもすごい議論となったのが

いわゆる同調圧力ってやつだけど


「みんなと同じでなければいけないという

圧力」


がこれ同調圧力で、それは平等=みんな一緒を強制される

社会でありまして


この平等主義ってのは共産思想と切っても切り離せないんだけど


やっぱし、みんなと同じことをやっていたら

稼げないっていうことですよね。



だから常に、資本主義で経営者とか投資家として

生きるには


「自分のやり方がみんなと一緒になってないのかな?」


と自己チェックは必要なんですが


いわゆるブルーオーシャンを探す、

みんなと競争が発生しづらい場所を探すってのは


すごい今の時代は大事ですよね。


確かにFXも株も儲かるは儲かるのですが

しかし事実として「競争」はかなり発生してるのは

事実で


メルマガでも最早哲学的な内容が増えてるけど

そこまで水準は上がってしまってるってのは事実ですよね。


FXも株もやはり参入者が多いので

勝ってる人たちは最早話しを聞くと、哲学者のようだ

とすら多くの人は思うでしょうが


これがいわゆるレッドオーシャン、競争者が多い市場での

傾向なんですね。



一方ブルーオーシャンですと、

稼ぎつつ、哲学を身につけながら資金増やしつつ

強くなっていくことはできますので


勿論、やるやらないはあなたの自己の判断ですが

こういう色々な稼ぎ方を一応知って学んでおくのは

無駄ではないのかな~と私は思います。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   ~~PR~~~


~ あなたの收入が今より10倍に!? ~

FXよりも稼ぎやすいのに、
まだ誰もこの魅力に気づいていない。

そんな、

FXに取り組んでいる方なら
絶対に見逃せない、

『 令和時代の所得10倍計画 』

が、人数限定で無料公開されています。

その内容はFXよりもカンタンに、

月収500万円・800万円が
当たり前目指せる情報ばかり。

無料募集中に参加しない理由がないので、
今すぐ下記の詳細ページからご確認ください。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/53/





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆















========編集後記=========

さてさて、それで今日はズバリ

GAFAMに代表されるビッグテックの独占、寡占体制ですね、


この辺についてやはり今後議論が進んでいくと思われまして

既にそれはアメリカから強烈に起こってるんだけど


その辺について考えて行きたいと思います!



ズバリこれは私も長く学ばせていただいてる

副島先生の書籍で最近よく書かれてる大きな流れなんですが


日本だとGAFAMの独占問題ってのは

ちょっとは言われてるけどあまり言われていないわけです。


多くの人は何も疑わず

「今の時代は(グーグルのやってる)YOUTUBEだ」とかいって

情報検閲にも疑問を持たず 芸能人をはじめとして

ユーチューバーになろうとしてるし


あとはそこで検閲も疑問を持たずツイッターで

フォロワー増やしてインフルエンサーに

ってのは流れとしてあるし(が、最近の若い人はTIKTOKだけど)


そこで年齢が上の人はFACEBOOKを使って

いいねを競ってたりするし、


特に日本ではほとんどの人がIPHONEでアップルを使ってるわけでして

書籍や物を買うとしたら本屋ではなくAMAZONで買うってのが

一般化していて


パソコンは大多数の人は マイクロソフトのWINDOWSもしくは

アップルのMACを使ってるわけで



まあ言ってしまえば日常生活で、特に日本人にとって

切っても切り離せないのがGAFA-Mの多国籍企業ビッグテックであり


だからそれもあって多くの人はあまりその独占体制を疑わない

わけですね。


が、やはり資本主義の唯一の欠点がこれ独占にあるんですが

これは特に副島先生の先生にもあたる小室直樹先生の

資本主義原論読むとそれは良く分かるんですが


この独占があると、技術も何も経済が停滞してしまって

動画サイトなんて沢山本来はあって良いはずなのに

今はYOUTUBE一本化されてしまっており


そこでワクチンだとか温暖化の異なった意見は見られなくなってる

わけで


人類の発展はそこで止まってしまうわけですね。



それでアメリカ人たちの特にトランプを支えてる

保守派たち、


あとは逆の立場だけどGAFA-Mの独占に問題を言ってるのが

民主党の中道(軍産)ではない左派なんだけど


この右と左の反エスタブたちが今はGAFA-Mと戦う姿勢を強めてます。


アメリカの反エスタブの政治家達

VS

ビッグテックやビッグファーマ(製薬)


の大きな戦いが展開されてるわけでありますが


やはりそこで最終的にはGAFA-Mの国有化みたいなところを

政治家たちが狙う流れってのが今は出てきてる時代ですね。


それで副島先生がその世界の動きについて

色々語れてまして


勉強になりますから見てみましょう!


体と頭が結構きついって言う中、

力振り絞って書かれてる文章ですね。





==============

【私はここに書きたいことがたくさんある。
しかし体と頭がきつくてなかなか書けない。】

投稿者:副島隆彦



副島隆彦です。 今日は、2021年11月17日(水)です。

 
私は、ずっと、本書き、本作りの仕事をしていました。
10月と11月前半まで、ずっと、自分の本 および弟子たちの本を、
完成させるために、熱中していました。それで、疲れ果てました。

 自分の脳(頭)を使い過ぎて、それで、
高血圧症 (血圧の上 180ぐらい)を起こして寝ていました。 
降圧剤(血圧降下剤)を飲んで、なんとか沈めています。


この歳になると本当にもう、出版社に泊まり込んで、
徹夜に近い、最後の仕上げのための、

突貫工事での本作りは、きつい。
それでも、私は、自分の運命を知っているから、本を書き続けます。


4冊の本に関わって、それらは、次々に出版されます。
1冊目は、 金融本の 
「コロナ対策経済で 大不況に突入する世界」(祥伝社、2021年10月30日刊) 

「副島先生の学問道場のサイト」
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/



私は、この本の中に、
「トヨタが、水素自動車で、世界の自動車産業の最先端をゆく。
トヨタは、すでに、ハイブリッドの次の 
フリーエネルギー(ただで手に入るエネルギー)
のレベルに手を付けている」 と書いた。


 EV(電気自動車)なんか、誰も買わない。
電気自動車は、ダメなんだ。 

EV人気は、もうすぐ下火になるだろう。
イーロン・マスクのテスラのEVの人気もやがて、
がっかりで、あと5年で収束する。

なぜなら、リチウムイオン電池の 
蓄電池の技術が、この10年、ちっとも進んでいない。


私たちは、毎日、自分のスマホと携帯 の充電をやっている。
=======================================


リチウムイオン電池以外の電池の開発は遅々たるものだ。
 EVもリチウムイオン電池だ。

パナソニック(松下)が、最新型の電池をテスラに供給しはじめた。
だが、それでも、EV車は売れない。

なぜなら、リチウムイオン電池の 劣化(れっか)の問題もある。

始め、フル充電で400キロ走れる、と言っていたのに、
実際は、どんどん走行距離が落ちる。

私たちのスマホの微弱電流の電池でさえも、
どんどん劣化(デタリオレイション)する。


この問題を隠して、「これからはEVの時代だ」と、
まだ、本気で信じている者たちは、騙されている。 

騙されない日本人たちの、本当に、地べたを這って生きている、

“ヤンキーの虎(トラ)”たちは、
トヨタの「アルファード」を買っている
(佐藤優氏が、私との対談の企画書の録音で、この6月に言った) と。




まだ、騙しである、EVに嵌(はま)っている脳をしている人たちは、
さっさと切り替えた方がいい。 世の中は、ダマしだらけだ。 


これは、今のコロナウイルス と、ワクチン接種の問題と同じだ。
今、人類は、静かな集団発狂状態

( しゅうだんはっきょうじょうたい mass hysteria マス ヒステリア 。
精神医学の大家の思想家のジークムント・フロイトが作った理論)
に陥(おちい)っている。

前にここに書いた、 
Uber Ich ( ユーバー・イッヒ。super ego エゴ(自我)を超える、
人間集団が、まとめて罹(かか)る、

集団幻想、共同幻想)の、暴走だ。



私たち学問道場の、副島隆彦の本を読む勢力は、反ワクチン派 である。
ワクチンを打たない。


これを、 英語で、今、 Anti Vaxxer  「アンチ・ヴァクサー」 と言う。 
まさしく 反ワクチン派だ。 
anti vaccinated アンチ・ヴァクシネイテッド とも言う。



ワクチンを打った者たちの中から、これから多くの者が、
どんどん死んでゆく。


私たちの周囲で、大きな異変が起きている。 
恐ろしいことだ。 

ディープステイトの一角である、
ビッグ・ファーマ( Big Pharma 巨大製薬会社)たちの思うがままだ。 


この狂気のワクチン接種に、のめり込む者たちは、
自分を守りたいという本能(インスティンクト)が、
そのまま、社会統制(ソウシアル・コントロール)に向っていって、

それが、過剰な自己防御本能から、一転して、
自己破壊衝動、そして、他者への攻撃性となって現れる。


それが、人類の集団、国家、民族の 集団発狂症状となって、
戦争へとつながる。

私は、このことを、ずっと証明してきた。
このワクチン問題は、また書く。



私が関係した、2冊目は、今、今日のぼやきの広報ページで
宣伝しています、古村治彦君が、精魂込めて、翻訳した、 


今日のぼやき 「1965」番 
「 ジョシュ・ホウリー著『ビッグテック5社を解体せよ』(古村治彦訳、徳間書店)が発売 2021年11月15日 」
http://www.snsi.jp/tops/kouhou
です。 

ビッグテック5社を解体せよ
この 『ビッグテック5社を解体せよ』
(ジョシュ・ホウリー著、古村治彦訳、徳間書店) のジョシュ・ホウリーは、


今の現職のアメリカの上院議員
(わずか42歳。ミズーリ州選出)で、
トランプ大統領にずっと忠誠を誓っている、

共和党のバリバリの秀才の、法律家だ。

この本は、NYT(ニューヨークタイムズ紙)の書評部門で、
ベストセラー1位になった本だ。



この本は、いわゆる、GAFA (ガーファ)の 
“メガ通信屋” である、


アマゾン、アップル、グーグル、フェイスブック
(変名して、メタ・プラットフォーム)、
Twitter ツウイッター の5社。

を、解体する、という大きな動きだ。
これにはマイクロソフト(MS)も含まれる。

さらにはネットフリックスも含まれているようだ。  



これら、ビッグテック5社を解体する。
そしてアメリカ政府の財政の中に吸収して、

アメリカ連邦政府が抱える
巨大負債(累積の財政赤字。表面に出ているだけで、
28兆ドル。3000兆円。本当は、この6倍ある)を

減らすための穴埋めにしようという、動きだ。



日本語でわかり易く言えば、
「かつての電電公社(NTTになった) 」とか、

「国鉄解体(こくてつかいたい。JR各社へ)の動きと同じだ。


ただし、今度のアメリカの
「5大ビッグテック解体」は、丸々と肥え太った
民間大企業の5つを、社会の敵として、

公的に没収するかのように、
解体して再編する( Break Up ブレイクアップ する動き)だ。

これら、BigTech (ビッグテック)5社の創業者たちを、
経営から追い出して、

アンチ(反)トラスト法 (日本では、独占禁止法)違反で解体して、
=========================================================
公共財産(パブリック・プロパティ)にしてしまおう、という 
=================================================
アメリカ国家の重力を掛けた、大きな動きだ。
=======================================


 ビッグテック5社 は、ディープステイト(陰に隠れた大富豪たち)の一角で、
今年の1月の“アメリカの政治動乱” で、

散々トランプ大統領の再選を阻止する動きに関わった。

トランプ支持派の、アメリカの多数派の国民の 
ネット上の発言の、 アカウントを、すべて削除(デリート)した。



アメリカのビッグテックは、この本の英文の原書の書名どり、
“ The Tyranny of Big Tech “ 「ザ・タイラニ―・オブ・ビッグテック」、

「ビッグテックの 専制政治、独裁者たち」として、
アメリカ国民からも、怨嗟(えんさ)と怒りの標的になっている。

ディープステイトの中枢部が、自分たちの一部である、
ビッグテックを、もう野放しにすることを止めた。



それで、この超(ちょう)成金(なりきん)の
ビッグテックの創業者たちに、その個人の所有株式で、
10兆円(1千億ドル)ぐらいずつを与えて、経営から追放して、

そのあと、ある種の公営企業のようにして、
政府部門に吸収しようとしている。 

今日のぼやきで、あとの解説を読んで下さい。
それから、この本を読んでください。

3冊目は、もうすぐ発売される、私の恒例の中国研究本である。
そのタイトルは、
「ディープ・ステイトとの血みどろの戦いを勝ち抜く中国 」(2021/12/3発売、
ビジネス社)である。

この本は、今の世界で、最先端の政治情報と、
世界の見方(アウトルック)の全体像を示している。

私は、この本の突貫工事での仕上げを、
11月7,8、9,10日の4日間でやって、本当に自分の脳が擦り切れたように感じた。 


この本の表紙を見てくれたら分かる通り、
最新の最新の中国研究の本である。

習近平(しゅうきんぺい)体制が、この10月、11月に、何をやって、
10月23日に、集中して、「7つの巨大勢力」を、叩き潰したことを、
私、副島隆彦の洞察力で、大きく見破った。


そのひとつが、“中国版ビッグテック” であり、
その頂点である、巨大化したアリババと、テンセントたちを、
実質的に、中国政府が乗っ取って、


それで、「デジタル人民元」による、
新しい世界通貨体制(ニュー・ワールド・カレンシー・オーダー)
の建設に向かって突き進む動きである。

 アメリカのドル覇権(はけん)による世界支配は、もうすぐ終わる。


IMF世銀(せぎん)体制=金ドル体制=ブレトンウッズ体制 は、
あと数年で、終わるだろう。


なぜ、アメリカとヨーロッパのディープステイトが、
ビッグテックを、急激に、
実質的に国家が召し上げる動きになったか。

その理由は、中国が、ここでも先行したからだ。


この私の最新の中国本の宣伝は、
発売 間近(まじか)に、今日のぼやきで月末に始める。


4冊目は、私の弟子が書いて、
1月に出す金融本 の仕上げを、彼と一緒に、3日間掛けて、やった。
この本のことも12月に宣伝します。


私は、自分の脳(思考力。 mind マインド。知能)の限界まで考えて
本づくりをしている。


そのために、体と頭に打撃が来る。それを跳ね返しながらなんとか、
生きている。体も少しは鍛(きた)えなければいけない。


私は、今、思想家として、目の前に迫っている人類の危機のことを、
必死で考えなければいけない。


だが、その一方で、ただの独居老人としての、自分のつつましい、
一般国民としての生活が有る。

自分の頭の中だけで、大きな幻想、妄想を
引き起こしてはいけない、と自分を、ポツンと生きる、
ただのひとりの老人の人生に常に引き戻す。 

  今日は、最後に、昨日の朝日新聞の記事を一本だけ貼る。
日本は、隣国の朝鮮王国(李朝、りちょう )の 
王妃(おうひ)すなわち、皇后である 閔妃(みんぴ)を、 

「126年前の1895(明治28)年10月8日」に、ソウルの王宮である 
景福宮(けいふくきゅう、韓国の皇居)に乱入して殺したのである。


日本人は、そして、とりわけ、日本の右翼たちは、
しっかりと、この事実を正面から考えなければいけない。

  日本と朝鮮の歴史の中心にこの問題があるのだ。
ここを通らないで、日本人が、朝鮮、韓国と隣国として
付き合ってゆく道はない。 


日本外務省も、もう隠せないと自覚して、
国家としての日本がやったことを、正面から、考えないといけない。


 「いつまでも拉致問題ばっかりやって、北朝鮮と対決する」という路線を
変更しないといけない。

日本国民も、いやがらないで、
「誰も、こんなこと教えてくれなかった」などと、言っていないで、
この問題を正面から受けとめなければいけない。 


 副島隆彦記 


副島隆彦です。この問題については、
私は、もうここでは説明しない。私が、自分の後援会用に作った、
画像を一枚、以下に貼るだけにする


「副島先生の学問道場のサイト」
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/



副島隆彦拝 



=============


以上です!



ちなみに私ゆうがやはり共感することとして

副島先生の大スローガンというか哲学というか

「アジア人同士戦わず、戦争だけはしてはならない」

っていうこの言葉があるのですが


若い頃大変この(主流に反する)言葉に私は感銘を受けましたが

今後はやはりそれでも「アジア中心」となる時代となるでしょうから


そこで日中、日韓、日北・・・と理解していくことが

大変大事ですね。



ちなみに私は独学で、元々韓国音楽を個人輸入してたくらい

K-POPっていう単語がまだ使われていない時代から

韓国の音楽を聴いていて

(KIM JOHANとかKIM BUMSOOとか

WHEESUNGとかBMKとか、R&Bのレベルが当時アジアでも

アメリカと戦える歌唱力を誇る人たちが出てきていた。

韓国はBTSもいいけど、実力派が音楽畑の人間には面白い)


その影響で韓国語学習をやりだしたってのがあったんだけど

その後、韓国にも沢山住んでみて韓国語もかなり話せるようになったけど


やっぱり私は年齢として若い韓国人と話すことが多いのですが


若い人の多くはもう日本と早く仲良くしたいってのが

正直強いですよね。


引きこもり系の、一部のネットやりすぎの特殊な人以外は

大体がもうSUSHIに慣れ親しんで、

ソウルにもある丸亀製麺でウドンを食べて、

本当はだから日本語学習してる人も多いので、


日本に親しみを持ってる人のほうが多いのが韓国ですね。


ちなみに私の読者でも韓国の日本語分かる人も最近

翻訳使いながら読んでくれてるっぽいけど


まあ「アジア人同士戦わず」という日本の副島隆彦が

以前に書籍で示したこの哲学を基軸にするのが

アジア全体の発展のためには大事でしょう。



私は今トルコの地方でこのメルマガ書いてるんだけど

やっぱり白人の方や中東の方が民族としては主流の国で


自分はASIANアジア人だってよく感じるのですが

まあ1人のアジア人として

アジア全体が今後発展してくれればよいと思います。


軍産複合体のアジア統治戦略として

分断統治ってのがありまして、

英語ですとDivide and conquerとか言いますが、


まあこの分断統治から抜けられたら

アジアは世界を経済で引っ張る主要地域となっていくのでしょう。



ワクパスなどで分断統治が進んでボロボロになってる

オーストリアとか欧州とかの様子を見れば


分断統治がいかにその地域を衰退させる物なのか、

私たちは社会実験的にそれを今は知ることができますね。



まあそれであとは車のことについても書いてますが

電気自動車は結局主流にはなりえないってことも書かれてますが


本当にこれは私も日々感じますが

スマホのリチウム電池の充電が毎日必要なのは

ずっと変わりませんが


リチウム電池の技術向上のスピードは随分遅いってのは

日常生活でも分かってしまうことですね。


これを自動車で毎日充電するなんてことになれば

やはり面倒ですから、


結局アルファード買ってる、トヨタが当時言っていた

マイルドヤンキーたちってのが正しいんだろうと。


いわゆる騙されない日本人たちの、
本当に、地べたを這って生きている、

“ヤンキーの虎(トラ)”みたいな人たちですね、


これは私はやはり日常生活でもこの騙されてない

ヤンキーの虎みたいな人のほうが話しやすいから

よく日本にいたときは私もクラブのイベント作ってたりしてたから

話していたものだけど、


学歴とか職歴という意味なき肩書きががなかろうと、


結局ものごとの現実を

しっかり 脳内の変な妄想に取り付かれないで

見ることができてるのは彼らなんでしょう。


副島先生が書かれてる

人間集団が、まとめて罹(かか)る、集団幻想、共同幻想ってのが

まさに今の社会の問題であるけど


結局敷かれたレールをただただ疑わず歩いてきた

エリート面した人たちってのが

やはりこの集団幻想にかかってる代表であり


彼らが民衆を苦しめてるのでありますから

やはりこの自称エリート層の問題ってのが深刻だと

私は思いますよね。



さて、それで、私が今回の副島先生の言論で

大事だと思ったのが



「ただし、今度のアメリカの
「5大ビッグテック解体」は、丸々と肥え太った
民間大企業の5つを、社会の敵として、

公的に没収するかのように、
解体して再編する( Break Up ブレイクアップ する動き)だ。

これら、BigTech (ビッグテック)5社の創業者たちを、
経営から追い出して、

アンチ(反)トラスト法 (日本では、独占禁止法)違反で解体して、
=========================================================
公共財産(パブリック・プロパティ)にしてしまおう、という 
=================================================
アメリカ国家の重力を掛けた、大きな動きだ。
=======================================





この部分でして


このGAFA独占問題はよくメルマガでも扱うのですが

(なぜかっていうと私レベルの個人メルマガも検閲されたりする)


日本の独禁法、いわゆるアメリカのアンチトラスト法ってのが

今後はすごい注目されていくと。



やはりGAFA-Mやツイッターなどのビッグテックの独占が

この数年ひどくなりすぎて、

ネットはつまらなくなってますね。



昔は情報はかなりの部分ネットで取れましたが

情報の統制はひどいものでして 特に最近はそれが進んでるけど


個人ブログなんかも検索ではほとんど引っかからなくなってきていて

何か検索すれば


官公庁のサイトか、大企業のサイトばかりでありますよ。


本当に一言、ネットはつまらなくなったのですが

そこで最近は検索の面白さを取り戻そうとして

Duckduckgoとかも使われだしてるけども


このGAFA-Mの独占問題は「競争相手が全くいない」ってことですよね。


例えば情報検閲がひどくて 動画サイトA社がつまらなくなりました

⇒競合のB社、C社、D社は自由で面白い


となってきたら 今までのネットはちゃんと

B社とかC社にユーザーが移行できたのだけど


それは ビッグテックの独占問題で、もうそのユーザーの移行という

現象そのものが封じられた。


どんなに情報検閲がひどくても

その動画サイト、今ならユーチューブを私たちは

見るしかないという状況になってるわけですね。


ちなみに以前はFC2っていう動画サイトがあったんだけど

これがトラフィックとしてはユーチューブなんかを凌駕していたけど


これを日本の場合は警察だとかが著作権違反を元に潰しまして

ネットの動画トラフィックがFC2⇒多国籍企業の

(グーグルに買収された)ユーチューブに移った流れがあるんですが

というか意図的に日本の当局がそうしたでしょうが、


そこで当然政治的にトラフィックが 多国籍企業に意図的に

流されたから今のユーチューブ独占体制なども動画サービスでは

見られるのですが

(ニコニコ動画は残念ながら競争できてはいなかった)



だから本当は著作権思想ってのは、大企業じゃないと

現実活用できないから、 それは大企業独占に繋がる危険性も持ってる

わけですね。


私は実は昔著作権関係を取り扱う仕事も非正規でやっていた時があるので

分かるのですが、


基本的に著作権関係の話ってのは

組織もった大企業であったりその下請けじゃないと出来ない構造ですから

やはりこの「何が彼らの独占を許してるか」って言う問題も

考える必要はあるでしょう。



だから今欧州でも、このビッグテックの流れの背後に

著作権管理の思想があるってことで

そういった新政党が出てきてるのでありますが


要するに今後はそういう議論が沢山展開される。



それで今は中国なんかが中国版ビッグテックの公共財産化ってのを

進めているわけですけど


要するに表向き共産主義だけど


相続税だってないような状況の中国が

結局、資本主義の発展を阻害する

独占をけん制しだしてるっていう皮肉な構造ですが



世界各国もアメリカが最初は率先して

「大企業の独占状態」に手をつける状況になってきた

ってことですよね。


アメリカのトランプたちを支える上院議員たちが

今はその動きを展開させて、最終的には公共財産化を目指して


その上で中小企業たちの競争を活発化させるという

本来の資本主義に沿った動きを展開してるのですが


公共財産は最初は難しいにしても

大企業GAFA-Mの権限を弱体化させて


(そのテック分野の時価総額割合を減らして)


そして競合が沢山出るのを待つとか

そんな未来は想定できる時代となりました。



実は私のメルマガではもう2010年代当初から

このGAFAの独占問題を扱っていて、


そして完全無視状態で悲しかったんですが

しかしトランプが出てきてくれて、そしてさらに今回のコロナ騒動で

あえてGAFAが独占の問題を 過激にやって提示してくれたおかげで


今後の議論が進みそうで楽しみではあります。



田中先生がよく書く、資本側ってのは

今後中小事業者たちがそれぞれ競争する社会を構築しようとしてますから


本来の資本主義やろうとしてますからね、


やはり今後、どうしても大企業の独占問題は

GAFA-Mだけに留まらず、


各国でも 独占禁止法、アンチトラスト法なんかが

適用されることになります。


ちなみに最近だとGAFAだけじゃなくてそこに

Mのマイクロソフトも入ってるわけですが


最近だとWINDOWS11の件なんかは話題になってますよね。


■「Windows 10」のアップデートは年1回に 
サポートは2025年10月14日まで
https://news.yahoo.co.jp/artic……fa62b4d98a



■Windows 11アップグレード狂奏曲、
企業の「乗り換えできない」問題はどうなるのか?
https://www.sbbit.jp/article/cont1/67426




ちなみにコメントとしてもう色々強制アップデート問題や

あとは今回のWINDOWS11のアップデートで

多くの人が使ってるCPUなどが対応外となってしまうってことで



「無理やりにでも新しいPC買わないといけない状態」


になるってことで問題となってますが


以下のようなコメントがある




■ウィンドウズはアップデートのタイミングを
ユーザー側が選べることをデフォルトにするべきだ。

お節介な強制アップグレードはありがた迷惑なだけ。


■アップデートもいいけど、
そのために今使っているコンピューターが
使えなくなってしまうのは困る。


今デフレでみんなお金ないんだから、
アップデートのためにコンピューターの寿命が短くなるのはやめてほしい。


■私は2台PCを持っていますが、
たった4年前の現在でも問題なく使えるかなり
高性能なCPUであるCore i7-7700がWindows11に

対応していないということでした。

たった4年前の高性能なPCが使えないというのは、
ただ買い替えを促進するための足切り措置じゃないのですか?


■自宅使用のPCが、Windows11へアップデート対応不可と出ました。
土日しか使わないし、SSDで起動もそれほど遅くない。
使うソフトも特にアップグレードする必要はない。

セキュリティ面だけ担保できれば、今のままのWindows10で十分です。
多分11もこれまでのWindowsと同様に、

これから大量のBUGが出てくると思うので、
安定するまで様子見ですけどね。






上記のような感じで、


結局今後、PCは高性能であっても

新OSがそのCPUに対応してないものだから


新しいPC買わないといけないってのが

流れとして作られてるんですが


ここでWINDOWSを導入してる中小企業たちも悲鳴あげてますよね。



ちなみにこれが端的にいうと独占の問題であるわけですが

「じゃあ強制アップデートされるのが嫌で

昔のPCを長く大事に使いたい人はどうすればいいか」


っていうと、これは他に競争相手のOSがあれば

そっちに乗り換えられるはずですが


WINDOWSってのはある種OSでは完全にMACOSも考えて

寡占状態でありますが




結局競合が実質いないですから、

強制アップデートがされたとしても

PCがCPU対応不可であって新しいPCを買わないといけない

となっても


ユーザーは我慢して使い続けるしかないわけですね。


これは実際私の紹介していた塾であった話で

まあ中小のIT会社さんたちが塾やっていて


そこでオンラインセミナーってのをやるんだけど


講師さんがWINDOWS10を使っていたら

勝手に強制アップグレードされてしまって


その間ずっとPC使えなくて

オンラインセミナーでどうしようもなくなってしまった

なんてことが以前あったんですが


これはまあ裏側で設定する方法もあるけど

ただ日本中でこれが以前起こったわけですね。



ただ、そこで問題を感じたユーザーが

他OSに乗り換えるなんてのはできないのが

独占寡占問題でして



最近はGAFA-Mの独占問題ってのが

かなり身近になってきたようにも思います。



そこでやはり腐っても資本主義をちゃんと

純粋化していこうっていうアメリカ人たちの考え方があって


なんとかこのGAFA-Mだったりツイッターの独占を

しようという人たちが今頑張ってるわけですね。



ちなみに既にもうこの大企業の独占問題ってのは

日本でも経済停滞につながってきてるんだけど


私が今年把握してる事情としては

日本の独占的IT大企業ってのが


中小のIT企業たちが商品決済すること

これに実質の規制を入れだしてるわけです。


どういうことかっていうと

これは日本の消費者庁ってのも裏側で大企業と結託して

絡んでるんですが


中小の今伸びてる企業たちってのが

毎回決済する際にはクレジットカード決済を取り入れるわけだけど


そこで決済会社ってのを通すわけですね。


そこで実はその決済会社を「保有してる」企業ってのが

実は日本のIT系の大手企業なんだけど


彼らもまた日本の若いIT企業たちと競合する

大手企業のサービスを出してるんですが


まあこの大企業のそのサービスがしょぼいんです、本当に。


ただそこでも元気ある若い中小IT企業と真っ向に競争したら

負けてしまうから


例えばそうですね、1000人VISAクレジットカードで

その決済会社を使って決済したとして

クレームが1人出たとします。


クレーム比率としては1%を切るのですが

これは逆を言うと999人はそこそこ満足しており

何も言っていないわけだから


実質は優良サービスと言えるでしょうが


しかし現在進行形で消費者庁とか、大企業がやってるのが

この1人の、結構おかしいクレーマーみたいな人たちがいるんだけど


本当にヤ、クザのような雇われた人じゃないかと思われる人が

いるんだけど


そっち側に大企業と消費者庁はついて

その上で「これは詐欺だ、不当商品だ」と騒ぎまくって


中小の優良サービスのIT会社に

大企業と官庁が結託して圧力をかけるんですね。

(時にそこにマスコミも加担する)


本当にこれが行われていて、私はよくそれを聞く。


それでどうなるかっていうと

「1000人決済したけど1人クレーマーが出たので

もうあなたたち中小企業たちが

決済会社を使ってオンラインで決済できないようにします!」


ってのが本当にされてるわけです。


ちなみにこの決済会社を握ってるのが

実は本当は、

やはりIT系の大手企業でして、官僚たちとも結託してる

企業でありますね。


要するにこんなことをして

大企業独占を守るために 役人と大企業が結託して


若い30代とか40代の優秀な若い中小企業を追い込むってことが

報道されないだけで今日本でも本当はされてます。



この辺の決済会社が大企業に保有されていて

決済から 不当に独占状態をもって規制をかけてるってのは


いわゆる優越的地位の乱用にあたるのですが

だから本来は独禁法違反なんですが


これが今の日本のIT系の決済関連の問題としてあって

それはアメリカもそうでしょうが


今後この辺をどうにかしないと、結局

競争が健全にされないですから


大企業は競争力が失われてるにもかかわらず

ずっと淘汰されず、


資本主義は死ぬんだろうと私は思いました。


逆にこういった独占問題ってのがなくなっていくとどうなるか?

ですが


当然新規の新しい会社たちってのが

新サービスを立ち上げていきまして


そこに淘汰される企業は出てきて

一方生き残る企業も残ってきて


新しい雇用であるとか事業が生まれて

経済活性化が進むのでありますが



最近は中国がこの資本主義を死なせてしまう

大企業独占に手をつけましたが


いよいよ今後は世界中でそれがはじまっていくってのが

今見られる状況ですね。



だから例えば株なんかでも今までは

独占的大企業に投資して儲けるってことが普通だったろうけど


今後は中小企業とかを応援するみたいな姿勢が

より大事になりそうだなってのが私が見てるところです。


アメリカの現在起こってる GAFA-Mやツイッターなどの

独占をなんとかしようっていう動きは


日本に伝達が十分ではないですが

しばらくして日本であったり他国にも波及する流れですよね。



ちなみに今までは日本では経産省、旧通産省ってのは

ある種の官僚の中の窓際族でして


官僚の中ではその後旧内務省系官僚たちが

どんどんこの30年で強化されましたが


そういった力の構造もあって

日本でも独禁法ってのは事実上あってないようなもの、


それは独占とはいい難い、中小企業になぜか適用された物ですが


今は経産省たちも力つけてきてますから

今後、日本でもやはり独禁法適用ってのが

重視されていくのでしょう。


だから個人的には独禁法が適用されそうな企業ってのは

今後はリスクはらむのかなとも思います。


それで今後、いくら資本側の人たちが

世界中の中小企業、個人事業主たちに競争させて

その上で資本主義を盛り上げていこうと思っても


大企業たちの独占問題が

放置されていたら、結局競争が起こりませんから


今後はこの辺の見直しが世界的に急務となるのでしょう。



大企業が独占して、官僚たちと癒着して

そしてスーパーエリートたちが支配する体制

これが新自由主義っていう体制ですけど


やはり個人的には 独占寡占を見直して

その上で 個人や中小たちが同じ土俵で競争を重ねていくのが


本来の資本主義でありますから


そっちに世界が向かっていくのは大切だなと。


それで皮肉なのがその資本主義の王道を裏で走ってるのが

表向き共産主義の中国ってのが なんとも皮肉すぎるのですが


今後は大企業の独占問題っていう

この「最も難しい政治問題」を片付けた国が


成長できるのでしょう。


日本でも失われた30年ですが

本当の本当のその原因は 大企業独占+役人癒着の

この体制に原因があるわけですから


すなわちそこで街の商店主とかが競争できなくなってしまった

ってのが大きな原因でありますが、


そういった意味で本来の中小企業や個人事業主の

競争のダイナミズムを取り戻そうとする


アメリカ保守派たちの今後の反GAFAの戦い、

およびまた左を装ってる 民主党左派の今後の反GAFAの戦い


これには注目したいところですね。


それでは!



ゆう










【FXがオワコン?もっと稼ぎやすい投資手法が無料公開!】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/53/






コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください