無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「国民総・自営業者時代」 について考える!】 (世界の潮流)

2021 11月 12 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【「国民総・自営業者時代」 について考える!】
(世界の潮流)

⇒編集後記で!

~~~~~~~~~~~~~



どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして
ありがとうございます!

さてさて、前号にて以下の号を流しました~


AIとかロボティクスが最近はどんどん進化しておりまして
コンビニの仕事ってのが今まではありましたが

その中の商品陳列なんかも
近年中にどんどんロボットが代替しそうですよね。



■バックナンバー
【最近コンビニで「商品陳列ロボット」が導入されてることから、
AIやロボティクスの新時代について考える!】

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3120#3120


まあそれで色々この仕事のロボット化、自動化ってのは
賛否両論というか

人間の仕事がなくなってしまう!

という人もいれば

自営業としてAIやロボットを中小でも使いこなせば
収益あげやすくなる、


という人もいれば まさに千差万別でして


色々な意見があるわけですが



いずれにしても、人類の今後の経済構造っていうのか
生き方、仕事のスタイルってのは

これらの技術革新によって変わりそうですよね。

これは不可避かなと。


ちなみに私はまあ色々な国に住んでみて生活してたり
するのですが

官僚独裁がまだ生き残ってる日本だけは少し特殊ながら

大体の日本以外の国でもう共通しだしてることがあって


それが「小さな自営業者、小さな社長」ってのが
やはり多いものですね。


これは新興国なんかはもう 起業奨励を思いっきり
行ってるからってのもあると思うんですが


結局、今後10年とか20年でどんどん
単純労働的なものってのは

AIやロボットができるようになっちゃうわけで


そこで人類の生き残り方としては

「なんとか小さな事業や投資をしながら生きるしかなくなってきてる」

わけですね。



まあそれで私が最近感じるのは


今後は

人類全体で「国民総自営業者時代!?」みたいに

なっていくのだろうなと。



それはヒシヒシと感じるわけで

私以外にもそう感じてる人はすごく多いかと思います。



そして

今日はこの今後考えられる

「国民総自営業者時代」について考えたいと思います!



編集後記で!















■バックナンバー

【最近コンビニで「商品陳列ロボット」が導入されてることから、
AIやロボティクスの新時代について考える!】

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3120#3120



【中国の東北部を襲いだしてる「寒波や大雪」の問題について考える】
(そこで見られる石炭価格の高騰問題や、 緯度の低い暖かい地域の重要性などなど)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3119#3119


NEW【ついに「コロナ経口治療薬の治験」がファイザーで終了へ】 (重症化リスク9割減へ)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3118#3118

【統計で「超富裕層になりやすいアメリカの職業ランキング」を見て 最近の富裕層の傾向について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3116#3116


【中間層と富裕層いじめ!?】贈与税の制度変更が検討されてることを考える!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3115#3115


【ワクチンの「因果関係なし」に 
さすがに疑問を抱く人が 増えてきていることについて考える!】
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3114#3114

【成功例より失敗例のほうが学べる点が
多いということを 考える!】
(副題:マスコミによる芸能人に対しての
集団イジメは狂っていると言う話)

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3113#3113



【覇権転換を引き起こす世界大戦としての
コロナ騒動 という視点から色々考える!】
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3112#3112


【日本ではなぜ
暖かいセントラルヒーティングが普及してないのか?を
考える!】(日本の大企業利権などなど)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3111#3111



【今回の選挙結果で分かる 「主流マスコミの影響力低下」について考える!】
(野党の議席減・維新の大躍進)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3110#3110


(写真33枚)トルコの地方のショッピングモールはどんな感じ!?
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3109#3109


【「最近寒いよね・・・」という会話の持つ本当の意味とは何か!?】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3108#3108




【2021年の世界人類は大きく
「モンゴル帝国時代」の歴史を繰り返している】
(ペスト流行が現代のコロナ騒動であり、海の時代⇒陸の時代に戻っていく)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3107#3107




【最近、トルコの「鉄のシルクロード」計画と中国の「一帯一路」が
電車で接続してすごい成果を出し始めてる】
(陸の時代に転換してる世界経済)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3106#3106



(写真50枚)トルコの活気にあふれた町並み!
(謎に美味しすぎるトルコ料理などなど)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3105#3105


【「日本人が貧乏になる仕組み」を
大富豪バリの兄貴の動画からその本質を知る!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3104#3104


 【音声プレゼント】
  お金は「手段・ツール」である。
お金を使って 「がっちり」つながる

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……nagari.mp3
(音出ます)


【大人気のトランプ大統領の自由なSNSの関連株が
400%ほど暴騰したこと などから「自由な言論」について考える!】
(副題:アメリカで流行のSPACの上場スキームとは!?)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3102#3102


【長期投資の素晴らしさって何だろう!?を考える!】
(楽すること、を「真剣に」考える!)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3101#3101











============編集後記===========


さてさて、昨日ですが

最近日本のファミマでは商品陳列のロボットが採用されだしてる

ってことを扱いました。



今まではアルバイトの人たちがやっていた仕事だったけど

これは今は経産省の中のファミマだけで採用されてるそうですが


今後こういう商品陳列ロボットってのが量産されて

コンビニでアルバイトの人たちが商品陳列してる、なんて光景も

過去の光景になりそうですよね。




ちなみに人類の仕事の仕方とか、生き方ってのは

着実に新技術に影響受けて変わって来るわけで


今後、AIとかロボティクスってのは、既にもう

海外だと子供たちが小学生のころからロボティクスの勉強しているから

否が応でもその動きは進んでいくのでしょう。


それでこれが今後大きく人類の生き方にまで

影響を及ぼしていくわけです。


ちなみにこの数十年、いわゆる単純労働の仕事って

どんどんなくなってきていて、


例えば昔は私は子供時代に覚えてるけど

電車に乗るときに切符切る駅員さんってのがいたのですね。



今はもうSUICAとかPASMOなんですが、

昔は切符を買って、そしてその切符を切ってる駅員のおじさん

ってのがいたのですが


いつの日か自動改札が導入されて

その切符切る駅員さんはいなくなったわけです。


この単純労働の仕事がどんどんなくなっていくってのは

何もAIに始まったことじゃなくて


この数十年で水面下で見られた光景だけど

今後はもっとこれが進むのでしょう。




それで、以前に今後、海の時代から陸の時代に入って行く

なんてことを沢山扱ってるんですが






【2021年の世界人類は大きく
「モンゴル帝国時代」の歴史を繰り返している】
(ペスト流行が現代のコロナ騒動であり、海の時代⇒陸の時代に戻っていく)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3107#3107




【最近、トルコの「鉄のシルクロード」計画と中国の「一帯一路」が
電車で接続してすごい成果を出し始めてる】
(陸の時代に転換してる世界経済)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3106#3106




実は私は大きく捉えて、

「AIとか自動ロボットの台頭で、

単純労働がなくなっていく未来」


ってのはやはりこの 海の時代⇒陸の時代への

転換において大きく起こってることだ、


と私は思ってるわけですね。



やはりこのコロナの状況の2020年からの数年を

境に、がらっと世界の状況はこれどうしても変わっていくのでしょう。


ちなみにやはり今までの「海の時代」でもっとも強かった国は

イギリスであって、はっきりいってしまうと

アメリカでさえ、ワシントンがイギリスシティの従属地域であったから


アメリカもまた大英帝国、イギリスの事実上の属国であったと

私は思ってますが



やはりそこで強かったのは1800年前後に推進された

イギリスの産業革命でしたよね。


産業革命ってのが起こって、そこで

まさに当時は今で言うAIとかロボティクスのような

技術革命があって



それがまあ人類の生活を「がらっ」と変えたわけです。


この数百年の動きは押さえておきたいところです。



それで昔もう10年以上前に私はこの

学校の義務教育は洗脳なんです、ってのを


産業革命と絡めて

音声で扱っていたのですが



まあこれは大変多くの方にこの10年以上聞いてもらった。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【ゆう音声プレゼント】

<義務教育は洗脳>
http://fxgod.net/onsei/gimukyo……sennou.mp3

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



最近はこの義務教育は洗脳です、ってのは

著名人たちが言い出したから結構知られてきてると

思ってるんですが



実はこの義務教育の必要性が生じたのは

やはり海の時代の 覇者であるイギリスの産業革命が

きっかけなのでありますが


ここで 単純労働に文句を言わず、

定時に出社して、


同じことを淡々と繰り返す工場労働者ってのが

経済界の要望から多く求められて


そこでどうしても大量生産、大量消費の経済モデルに

あわせるために 義務教育ってのが

実質は世界中の国で採用されたわけですね。



あくまでも産業革命以降の、単純労働ができる

工場労働者を大量生産するために義務教育ってのは

出来たのが本質でしょうが
(しかしそうとは言えないから
表向きは「みんなに教育の機会を!」だ。)



ここでだから今までは小さく商売していた人たちも

商売をやめて、工場労働者とかサラリーマンになっていったわけでして


自分で自営業する人じゃなくて

あくまで 雇われて労働する 仕事のスタイルが

人類ではこれ当たり前になってきたわけですね。



だから重要な気づきがあってそれが

「テクノロジーの進歩が人間の生き方を変える、

生き方に強烈に影響してきた」


ってのがあって



産業革命がなければ、日本はサラリーマン社会にすら

ならなかったわけですね。


産業革命があって、全く別の国になってしまったというくらい

変化した国はおそらく日本が代表でしょうが



イギリスが大きくは背後で起こした

明治維新というクーデターもありまして
(グラバー商会なんかも かかわりましたね。
坂本竜馬さんがスパイとして大活躍したでしょう)


日本もまた産業革命の経済構造の中に

組み込まれていったわけですが


そこでは徐々にサラリーマンっていうあの世界でも珍しい

グレイのスーツを着て、同じ髪型の、同じ髪色の、ある種の

「同じ格好」を強制されるのが サラリーマンですが


そこでは個性なんかはいらなくて、

「全く周りと同じ動きをする、労働者」ってのが

求められて


そこで日本ではサラリーマン社会ってのが形成されました。


ちなみに私なんかも親父はサラリーマンでしたから

この「サラリーマンであることは当たり前」と思いこんで

生きてきたものですが



大人になって海外に出るわけですね。


そうしたら日本で見る 同じ格好で満員電車のラッシュで

通勤するサラリーマンってのを滅多に見ないわけですが


「あれ?なんでサラリーマンがいないの?」って不思議になるんだけど


例えば今いるトルコなんかだとほとんど

日本的なサラリーマンという格好をする人たちを

見なかったりするんですが(イスタンブールに行ったらちょっとはいるかもだけど)


私なんかが最初海外に行って何よりもびっくりしたのが

日本ではおなじみの同じ格好した同じ髪型のサラリーマンみたいな人が

一般的ではないんだな、ってことでしたよね。


むしろ、小さな社長とか小さなビジネスオーナーたちで

あふれたりする国のほうが最近は多い。


トルコに至っては道歩くとヒゲ男ばかりですよね。
(私もひげ男だけど)

この人たちは日本で労働したらクビになってしまう格好だ。


まあそれで特に日本ってのは産業革命以降、

サラリーマン社会ってのが当たり前になって


そこでは産業革命以降に求められる

個性を出さないで、みんなと同じ作業とか同じ仕事

同じ考え方を持つこと、ってのが優先されまして



それこそ旧態依然の会社だと

従業員は同じような髪型、髪色、服装を求められるのは


それはかなり大きな意味があるんだけど


(多くの人の脳の潜在に眠る

自己アイデンティティを容姿から統制するわけですね。

脳科学がうまく活用されてる)


やはり産業革命以降の技術革新で

単純労働に疑問を持たないで、歯車として動いてくれる人

その思想に疑問を持たない人ってのを大量生産する必要が

経済界の要望としてはあったわけですね。


それに政治も応えたわけです。

これは日本だけではなく世界の先進国の傾向だったかと思います。



だからやはり世の中ってのはとんでもなくお金もった資本家たちが

確実に政治に影響力を発揮するわけでして


これは政治学でも政治影響力としてのカネがいかに

政治に影響するかってのは研究対象とされるのだけど



やはり産業革命以降の要望として

単純労働する人を大量生産するということが

大きな社会的な「海の時代」に対応するための


経済界からの要望に応えた

国家の役割だったのだろうと私は見てます。


だから重要なのは産業革命っていう技術革新が

これ人類の生き方やライフスタイルそのものに影響を与えた

わけですね。



家族も大家族で例えば米を分け合うよりも

核家族に分断してしまって、

さらに進めば独身家庭を多くして


それぞれが分け合わないで、個別に家賃も食料品も

消費してくれたほうが大量消費的には

良いという理屈になりますよね。


大量生産を大量に消費してもらうために。


だから産業革命の技術革新がこれ、人間の生き方そのものに

影響を与えたってのが 大英帝国が引っ張った海の時代の

大きな特徴でありました。




が、ここで出てきたのがやはり

昨日扱った AIやロボティクスとなるんですが



今までは 同じような動きをする労働者を大量生産して

そして工場回して大量生産という経済モデルであったのに



今後はこの労働者の同じような動きってのが

ロボットやAIで代替できるようになってくるわけですね。




だからここで大きな問題ってのが生じて

この200年あまり、人類は産業革命時代に合わせて

海の時代に合わせて、


同じような考え方や、同じような行動や

同じような労働をする人たちが沢山生まれるように

構造的にしてきたのに


一気に ルールそのものが今後変わってしまうわけですね。



私の友人でも海外に工場もって経営してる人がいるんだけど

彼なんかもどんどん新しいロボット、機械を導入して

生産性あげてるんだけど


「じゃあいままで雇用してきた東南アジアの労働者さんは?」

っていうとやっぱり雇用はどうしても打ち切ることになるだろうけど



もう機械で単純労働が代替してしまえますから

またその機械の維持費、購入費などを考えても


人件費より安いですからどうしても合理で経営者は

動かないと会社潰れてしまうから


この単純労働者⇒ロボットへの代替ってのは進まざるを得ないわけです。



だからおそらく 今までの

「海の時代⇒陸の時代」への転換ですが


それを今後大きくもたらすものってのは


やはり「技術革新」であって


ズバリ 海の時代にトドメを刺すのは

やはりAIとかロボティクスなどの新技術になるだろう

ってことですよね。



ちなみに、だからこういう技術革新によって

大きく人類の生き方が変化するときってのは


既存のあらゆるシステムが限界に達する、もしくは

崩壊していくのでありますが


それが今後の世界で多くの分野で見られることですよね。



それで分かりやすいのが教育であって


やはり教育ってのは経済界からの要望で教育要綱が

ぶっちゃけ決まるわけですが



今までは共産主義的な

みんな同じ、みんな平等、みたいなところが

大変日本の義務教育でも重視されてきたわけですが


この思想を中心にした人たちが サラリーマンになってくれると

やっぱり 雇う側としては扱いやすいわけですね。


権威をしっかり信じてくれるし、さらに

自分の意見も言えない人が多いため反抗してこないし


企業経営者としては扱いやすいわけです。


工場労働者を管理する仕事を誰かに与えたとして

従順にそれに従ってくれると 企業も生産性があげやすいけど



しかし労働者を扱うマネージャーにあたる彼が

個性満開で 髪型が志茂田景樹みたいな髪型で

「俺はこの工場労働に芸術性を持ち込みたい」とか言ってきたら

まあ経営者は困るわけです。



そういう人を作らないための教育として

やはり義務教育ってのが各国で実施されたのですが


これがまあ一番成功したのは日本かもしれませんよね。



ちなみに日本が成功したのは理由があって

「英語を話せない 文法中心の教育手法を取って、

海外の自由な思想を取り入れないようにする」


っていうところで成功したし、


さらに日本は地理的に海で囲まれてますが

例えばユーラシア大陸だと陸続きで移動できるんだけど



■【写真25枚】中欧ジョージアから陸路で「トルコ」に行く方法とは? (コロナ特有の問題などなど)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3099#3099



こうやって陸で続いてるとどうしても情報鎖国ってのは

しづらいのですが、


日本の場合は海で囲まれてるから

ある種の  海で囲まれたテーマパークを作りやすいですから


情報統制がしやすい国なわけですね。


だから地理的に、日本は情報が統制しやすい国だってのも

事実としてあるんでしょうが


やはりそこで産業革命以降の単純労働者をサラリーマンとして

増産するにはすごい向いていた国であったのかと

産業革命以降の海の時代の覇者、イギリス諜報は見ていたと思います。



しかし今後はコロナもあって

この産業革命以降の海の時代が終わってしまうわけですから


当然経済界からは

「次の陸の時代に合わせた教育方法を取りれてくれ」

と要望が政治にかかるのは当然ですから



だからここ最近、義務教育では当たり前だった

髪の黒染め問題であるとか、画一的教育とは間逆の考えさせる教育

であるホームスクーリングなんかが議論されだした


ってのは必然的な流れになるわけですね。


時代が全く違う時代に変わるのだから

それに対応する人材を今後数十年で生み出さないといけない

ってことになります。


なかなか大変ですね。



だからこの産業革命以降の200年ほどで当たり前だった

社会体制ってのは今後どんどん変化せざるを得なくなるわけで


ここでAIとかロボティクスの進化ってのが

産業革命以降そうだったように


人類の生き方そのものを変化させるようになるってのは

もう多くの人がなんとなく潜在的に感じ取ってることではないかな~と。



私は最近そういうことをよく考えるんですね。


そんで、この辺はやっぱり新興国にいると分かることでもあるんだけど

もう人類の多くは次の時代、陸の時代に対応しようと

大きく動いてるな!ってのが実感で、


とりあえずもう最近は 産業革命以降の工場労働者とか

単純労働がなくなっていくって前提で


少なくとも新興国の若者たちは動いてますよね。



だから最近だと海外のインターナショナルスクールあたりになると

「ロボティクス授業」ってのは必須になってきてるし

「自分でプログラミング学んでAI作る」とかもそうだし


もうこんなのが教育に取り入れられているわけですね。


だから海外だと、ある程度教育受けてる子供たちってのは

ロボティクス勉強して小学生でも、みんなで動くロボット作ってるし


そのロボットを自分達でファームウェアとかプログラミングして

それで動かすってのが授業に取り入れられてるわけです。



最終的には彼らが大人になったら、たぶん

自分らが作ったロボットを自分達のビジネスで生かすか、


もしくはそれを企業さんに卸してBtoBで儲けるとか

そんなことになるんでしょうけど



これがもう見えてる世界の流れですよね。




私たちオッサン世代が受けた教育は

「単純労働を従順にするための教育」であったわけですが


しかし今の子供たちは

「その単純労働をロボットやAI使って 機械にやらせる教育」

が主流となってきてるわけですね。



だから今のおっさん層と、今のこども層が

受けてる教育は海外だと間逆になってきていて



これは大きくはやはり

海の時代⇒陸の時代に転換する過渡期だからですね。



コロナというよりはその転換は

2016年のイギリスのEU離脱からその動きが加速した。

コロナ騒動はイギリスのEU離脱、多極派トランプ誕生、

の延長にありますね。




まあそれで今後、産業革命以降の

単純労働に人間が従事するっていう構造は

変化せざるを得なくなっていて


単純労働に固執すると、AIとかロボットが

徐々にそれらをやるようになりますからね、



そこで人間は「じゃあどうやって俺らは生活するのか」


って話なんですが




結局これは答えが新興国では見えていて

「みんな労働者だった体制から

みんな小さな経営者」の体制にならざるを得ないわけですね。



例えば今までの日本が国民総サラリーマン社会だったとしたら

今後は 国民総 自営業者社会 にならざるを得ないわけです。



最近の英語圏だと スモールビジネス small businessっていう単語が

よく使われるけど


この小さな商売とか小さな投資ですね、


これを産業革命前に江戸時代とか室町時代で日本の商人がやっていたように

「国民総商売人社会」みたいにしていくしか


これ人類が生き残る術はないわけですね。


というかそうなりますよね。



ちなみにこれは妄想のように思っちゃう人もいるだろうけど

よければ英語で 色々な国の起業ビザ、投資ビザなんかを

英語分かる人は調べてほしいんだけど



日本も最近はそうだろうけど、実は報じられないだけで

世界各国で「スモールビジネス用のビザや制度」ってのは



実はこの数年でどんどん整ってきてるわけです。



海外の流れとしては 各国の大企業を自国に取り入れようという

流れではなく、


各国のスモールビジネスオーナーやスモール投資家たちってのを

どんどん自国に吸収していくっていう

戦略にシフトしていってるんですね。



これは日本にいると報道もされないから

見づらい流れかもしれないのですが

実は日本もそういう動きを制度見ると、してます。



簡単に言うと、各国の(特に陸の時代のBRICS中心の時代に合わせてる

新興国の)ビザや制度設計見ると


「投資家や起業家カモン」状態になってるわけです。



はっきり言うと、投資家、起業家ってのは

ケインズのY=C+Iの I側、今後の主流の人たちですが



(ケインズなんやそれ?っていうひとはこれ見てください

以前副島先生がこの辺のケインズ思想の本質を見破ってまして

それを説明してます

■PDFレポート
若干タブーな「ケインズ経済学Y=C+Iの本質」について考える!
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……_y_c_i.pdf





しかし現状、I側を育てる教育システムが世界ではまだ構築されてないから

起業家や投資家として必要な知識バックグランドがある人ってのは

世界では相当少数なんですね。


だから世界各国はビザや制度設計をして

そういう 既存の少数のI側を

いち早く自国に吸収するっていう戦略なわけです。



それでその子供たちってのは教育をしっかり受ける層ですが

この自国に取り込んだ、外国人の起業家や投資家に永住権なりを発行してしまい


そこで子供たちをインターナショナルスクールとかで

教育受けさせてロボティクス覚えさせて

(最近は、新興国では公立学校でもロボティクス導入してる学校がある)



長期的に2世代、3世代でI側の人材取り込んで

自国の経済成長に役立たせようとしてるってのが

最近の新興国の大きな戦略だ、と私は気づいてますが



こういった大きな流れが背後で最近は発生してるわけですね。



そんで今後、産業革命以降の単純労働が

いよいよ200年の時を経て、


AIやロボットに代替が進んでいくわけですが



もうここでは結論は一つになってしまうのだけど


「みんなが労働者ではなく

みんなが小さな商人、小さな経営者、小さな投資家」



として生きていく社会になっていくのは

もう確定してると言ってよいのでしょう。



これが今世界で大きく確認できる経済構造の変化のダイナミズムでして

これはもう新興国ではあからさまになってきてますね。


ちなみにこの辺の世界のダイナミズムを

自分の目で見て確認して知っておきたいって言う人は


特に日本人だと手っ取りはやい国があって

それが飛行機で2時間もしないで行けてしまう

新興国の韓国でありますが



韓国なんかに行けば、


大企業競争というよりは

中小企業競争が激しく起こってるのは嫌でも分かりますよね。



ちなみに私はよく韓国にいて、生活するんだけど

クレジットカード決済が主流だけど


そこで気づくことがあって


日本で例えば消費行動をしてると、やっぱり

月の消費の80%とか90%はどうしても

上場してる大企業での消費になってることが多いのですが



韓国なり今いるトルコもそうなんですが

「自分の消費のほとんど」ってのを見直すと

中小事業者への消費が80%90%を占めてくるわけです。



名前もチェーン店じゃないホテルとか飲食店の

よく分からない名前の店での消費は増えるわけですね。



この辺は色々な国で生活してると分かる点ですよね。



だから最近は韓国もマレーシアも台湾もギリシャもエストニアも

ジョージアもそうでしたけど


結局、最近はスモールビジネスオーナーが社会の中心になってきてまして


小さな商店の小さな社長さんがこれ社会の主役みたいに

なってきてるわけですね。



ちなみに日本はまだまだその流れは過渡期であるんだけど

これはもう大きな世界の流れだから


だから結局日本も今後数十年で

国民総サラリーマン体制ではなく


国民総自営業者体制みたいに収束していかざるを得ない

わけですね。



ちなみにこれは本当の経産省の思想でもあるはずで

まさに日本でそれを進めるのが

これ岸田首相であって


これは岸田ビジョンっていう本があるから

是非知りたい人は読んだほうがよいでしょうが



岸田首相の本では、やはり経済政策で最も重視してるのが

結局、中小企業の生産性アップ、新しい新自営業者の構築である

ってのは見えてくるんだけど


日本の政治も実は見えないところで

そうやって動いてるわけですね。


日本の場合は政治が特殊で大企業があまりにも強い体制ですから

彼は書籍で「大企業と中小企業の共存」ってのを書いており

少し遠慮して書いてますが


その前に「中間層の底上げを」であって


中小企業とか個人事業主を重視する考え方が実は

彼の書籍には如実に、沢山書かれてるのですが


だから大きくは 陸の時代への移行を求める

多極派たちが岸田を首相に添える圧を背後でかけたのは

良く分かるんです。



また、今回の選挙では維新が相当議席数伸ばしたけど

あの維新を支持してるのは大体が実際は

関西の自営業者の小さい社長たちばかりであって


そこが票を伸ばしたってのはもうこの世界のダイナミズムが

日本にも徐々に波及してるってことに過ぎないわけですね。



岸田さんは私の大学の先輩でもあるんで

思想とかその辺すごい個人的にはよく理解できるのですが


大きくは日本の政治ってのは

「国民総自営業者時代」みたいなところに

焦点あわせて水面下で 新興国と連携して動き出してるってのが


実態ですよね。



日本の場合は大企業と官僚支配、まさに海の時代のイギリスっぽい支配が

強いのでこの辺が見えづらいのですが


しかし水面下で、政治家たちは新時代に合わせて

そのように動いてる。



ちなみにベーシックインカムっていう共産主義の色がする

制度を何故に保守陣営が推進してるのかってのも

これは裏側は分かりますが


海の時代の、イギリスの産業革命以来


各国 今は先進国の国々で官僚機構が強力になったわけですが

この官僚機構が強力になったのは 福祉国家論といって


「金持ちから カネを巻き上げて

俺ら正義の官僚様が 貧乏な人に福祉でお金ばらまくで~」


っていう福祉国家論が官僚機構の強大化の要因なわけですね。


ただこれ一見共産主義のベーシックインカムってのを

その先進国が進めますと


福祉財源の一本化されるわけであり

福祉にまつわる様々な支出、利権が見直されてしまうわけであって


例えば年間250兆円の支出ではなく

150兆円の支出に絞ってしまって


福祉国家論を主体として権限肥大化した

官僚機構を弱体化しようという思惑は感じ取れるわけです。


だからベーシックインカムの裏側には小さな政府論が

隠されてるわけであって


共産主義政策に見せたごりごり資本主義に向かう戦略として

最近はそれが議論されてる可能性も私は見てますかね。



それでおそらく最終的には共産主義の累進課税ではなく

陸の時代では当たり前の、エストニアなどが取り入れてる

フラットタックス 稼いでいようと稼いでいなかろうと

所得税20%前後みたいなところをおそらく狙ってる政治家は多いでしょうが



やはり今後の時代は

方式は変わっても最終的には


小さな政府ってのを推進していくのが

全世界的に当たり前になっていくし


(大きな政府の国ではベーシックインカムという

一見共産主義の政策で

福祉国家の共産主義を壊す策が取られやすく、


既に小さな政府の国ではそれらは取り入れる必要がないという判断になりそう。

このあたりは私も色々な議論を見て分析中。)



そこでは経済構造としては

労働者主体ではなく、Y=C+Iでいうと


投資家、経営者に当たる仕組みなどを作れる層ですね、

これを増やそうっていう流れになるのはほぼほぼ間違いないと。



だから今は多くの新興国では

国民総自営業者時代に入りつつあるのはトルコやグルジアなんかにいると

すごい感じちゃうのですが


これは数年遅れて日本でもそうなっていくのは

不可避なんだろうな・・・ってのが私が見てるところです。


というかもう日本でも「個人の時代」になってきてるわけで

その予兆を多くの人は感じ取ってるだろうけど



今はまだ個人や中小で最新技術使って稼ぐなんてのが

少数派だろうけど

だからそれは「怪しい扱い」だと思うんだけど


これが今後どんどん普通になっていくってことですね。



ちなみに私はメルマガで10年以上前から

今後の人類はネットを使って稼ぐのが当たり前になっていく


なんてことを書いていたのでありますが


これはこの茶番コロナでそれが進んでしまったわけでして

だから今回の茶番は茶番と馬鹿にできないところもあるんですが


「リモートワーク」なんていいますが

個人的には10年以上前からそれが当たり前だった


みたいな感じですが


リモートで仕事できるのが当たり前になっちゃうと

そもそも会社にオフィスに集まってっていう意味もなくなってしまうし


正社員じゃなくて より仕事できる外注に仕事任せたほうが

効率よいよねってならざるを得ないから



だから今回のリモートワークは昔から書いていたことですが

既存の 会社組織の形態を変えてしまうわけですね。


産業革命以降、生産性が高められた

上下の指令系統の組織ってのはなりたたくなって行き、


逆に横の I側の事業主、投資家たちがJVとかしていくのが

もう普通になっていき、合理的となっていく。


しかも今後は JVなんかが国境を越えてくる。


ある一つの商品を日本のAさんが作り

その商品をマーケティングできるマレーシアのBさんが

担当し

そのサポートをロシアのCさんがやるとか

ページのプログラミング関係の問題をインドのDさんがやるとか


そんな感じになるでしょうが


それぞれが事業主、自営業者として能力があって何かしらの

プロジェクトや事業が回っていくってのが

今後の体制ですよね。



だから今後は単純労働事態がAIとロボティクスの混合で

どんどん機械化、自動化されていくので


もう今後の人類は、「スモールビジネスオーナー」となって

生きていくことが世界中の人類にとっては

必然となるわけですね。



それでこれはおそらく海外にいる邦人の方々も多く見ていただいているので

実感されてるでしょうが


最近英語のニュースでやはりよく聞くのが

「Small business」っていう単語ですね。


スモールビジネス、日本語で小さな経営者、小さな社長みたいな

意味だけど


最近はどの国の首相、大統領も口を開けば


“Small business”という単語を言う。


トランプだってそうです。私はスモールビジネスやってるやつが好きだ

と彼は言いますが


これはブラジルのボルソナロ大統領もそうだし

韓国のムンジェインもそうであるし


いわゆる多極派側の政治家達ってのはみんな

Small businessスモールビジネス が世界の中心になるんだな

って知ってるわけです。


だからそこでスモールビジネスの競争環境を整えないといけませんから

大企業と官僚たちがタッグ組んで


その分野を独占するってことは最近けん制されていて


GAFAの独占体制ってのが右派からも左派からも

両陣営から攻撃されてるってのは


究極、スモールビジネスたちの競争環境を作るためですよね。


資本主義の唯一の欠点は独占と寡占ですから。


それで今はこれ小さな事業とか小さな投資するにしても

分野が限られてるってのはあると思うんですが



実は日本の岸田首相でいえば彼がどれだけ

役人の既得権益に穴あけて


新しい競争環境をこじ開けられるかっていうところですよね。


ここでは経産省も彼と一緒に動いてるけど

日本ってのは官僚たちが規制作りまくっており


広告一つでも文言の検閲があるわけで
(審査、という名称での検閲)


海外では当たり前の例えば路上で野菜でも販売すれば

またそこで調理した物を売り続ければ簡単に

警察のお世話になれるでしょうが



こういった官僚機構の利権に穴あけられるかってのが

実は重要なところで

実は岸田首相の本である

岸田ビジョンに書かれてる本質はそこです。


いわゆる安倍の第3の矢ってのがそれだったけど

これを岸田が進められるかってのを海外投資家たちは見てますよね。


それで今後、すったもんだしても

ベクトルとしてはもう日本は陸の時代に順応していくことが

政治的に決定したのでありますから(この前の総選挙で)



そうなるとやはり今後は

徐々に、少しづつ、

「個人や中小が自分で小さく事業や商売や投資をしていく時代」

に入っていかざるを得ないわけですね。



ちなみにこの辺の

「個人や中小が自分で小さく事業や商売や投資をしていく時代」


に対応してる先輩が最近の新興国なので

コロナ落ち着いて 自由に海外行けるようになったら


色々行って見ると勉強になると私は思います。




それで重要なのが

1800年代前後のイギリス産業革命で 

単純労働を是とする生き方がまさに人類の常識であったのだけど


今後 その単純労働をAIやロボティクスが

2030年代2040年代前後にかけてどんどん代替するから


人類の経済構造は再び、

小さな自営業者時代に入って行くってことなんですね。



ちなみにそこでは、小さな自営業者たちが

多極的に点在してその上で競争をしていき


中間層が増えて、資本家たちが投資家たちが儲からないといけない

という感じになりますから


罰金的な累進課税は徐々に世界で見直されていかざるを得ないですし


どちらかというと所得税なんかは

エストニア形式のフラットタックス、

稼いでいても稼いでいなくても20%前後とかは多くの国で

採用されますし(というか既に採用されてきてるし)


資本主義の論理が優先して動くため

共産主義の性質がある相続税なんかも多くの国で引き下げか

見直されるでしょうね。



私は色々な国に住んで色々な国のシステムを分析したりも

するけど


大きくはその傾向です。



ここで日本の岸田首相も言ってますが

金持ちをぶっつぶして貧困層を増やすという体制ではなく


どんどん貧困層とか中間層を金持ちにしていく

っていう思想ですね、


これが優先されまして



貧困層や中間層には大量にI側の人、投資家経営者層に

なれる人間がおりますから


これを育てていくという方向に大きくはなっていくわけです。



それで江戸時代の商売人と

今後の陸の時代の商売人の何が違ってくるかっていうと




これはやはり 今後の商売人たちは

IT使いこなすのは当然で


AIやロボティクスも小さな商店でも使いこなして


その上で競争することが今後は求められるわけですよね。

世界的に。



韓国とか台湾ではその辺の動きを私は察知しましたが


その辺のおっさんの資産数千万円くらいの

中小事業者たちが AI入ってる 注文マシーンを

店舗に構えたりするんだけど



それで集客するのが当たり前となってきてますが


今後はだから 新自営業者は

ITだけじゃなくて ロボティクスとかAIとか

それを使いこなして 勝負していくのが当たり前になっていく

ってことですね。



これは既に投資業界では見られるところで

以前に AI+人間の裁量の商品を扱いまして

今もそれで収益伸ばしてる方が多くいらっしゃいますが、


ああいったアプローチが今後

リアルビジネスでも当たり前になるってことです。



だからそこでもう 事前に分かってるのが


「AIやロボティクスをいかに自らのビジネスで

使いこなすのか分からない経営者や投資家」


のほうが多いですから


そしてこれは残念ながらお金にまつわることなんで

役人たちではその教育体制は作れないですから


どんなに怪しくても

やはりインフォ業界、情報の業界は


資本主義の完全情報を達成するために

資本主義の立場としてはすごい大事な業界なんですね。


これを共産主義思想の消費者庁などの暴走でつぶしかけてるのが

日本でありますが


これは大きな失策になる可能性がある。


というのは 個人や中小たちがネットを通じて

稼ぎたい人たちに 有料で教授するなんてのは


最早日本以外では当たり前のことだからです。


以前は例えばインフォ業界であったのが

かなり世界で最先端であった動きだけど


エアービーアンドビー民泊ってのがあって

ここでインフォの若い中小事業者たちが


自分で発注してAI組んで、その値段設定とかを

エアビー抜いて自動化するシステムを作って


常に部屋満室状態にして儲けるスキームが数十万円で売られていたのだけど


そしてその通りやった人たちは大いに「元」は取ったけど

ここで国家官僚とマスコミがタッグ組んで

民泊潰しをしたのですが


やはり今後は資本主義体制で世界は動いていくので

旧来の共産主義的な体制は全て見直す必要があるんでしょう。



それで今後はやはり 中小や個人で独立した人たちが

自分達でAIとかロボティクスやITを活用して

競争できるためには


民間中心の自由教育がどうしても大事になりますが


今後、これを制した国や地域が勝っていくわけですね。


っていうのは 「はいじゃあ今からあなたは自営業者になってください」

と言われても


何も知識も何もなしにI側、経営者、投資家側として

収益出すことは不可能ですから。



また自分で稼いだ経験がない、官僚の方々が

それを教えるのも無理ですし


労働集約体制でやってきた産業革命時代に成功した

大企業たちがそれを教えるのも

無理なわけですから。




そういった意味でインフォ業界ってのが

怪しいってことで、色々集中砲火を浴びてきたってのは

大きくは 政治が関わってるのでありますが



今後やはり それぞれの人たちが

独立して 個人や中小として 毎年数百万円とか

数千万円の収益をキレイゴト抜きで出せるような

民間中心の教育体制は大変大事になるでしょうね。



それで時々、こんな情報弾圧された時代でも

時々 AIとかそれらを個人たちが活用して稼ぐ方法を

教えてる 怪しげな人たちが見つかったりしますので


まあそれは既存の常識からしたら

怪しいけど他にはない勉強になったりするから

そうやって自力で学んでいくのが大事なのだと思います。


ちなみにそういったところで学んだ知識は

海外の人たちは大いに評価してくれるわけですね。

(意外に英語圏の人も突っ込んだ
投資とかビジネス知識は知らなかったりする。)


それで今後は今すぐではないにしろ

「国民総自営業時代」みたいなベクトルに社会全体が

世界でも日本でも進んでくるでしょうから



この大きな波、トレンドは理解して

それに逆らわないで生きることが人生の質を上げそうですね。



それでそこで大事になるのが

資本主義の精神なんだけど


これはもしもっと学びたければ

大哲学者の小室直樹先生の 資本主義原論

が最も正確で素晴らしいから


読んで見ると良いと思います。


例えば「勤勉さ」は最近のアジアの新興国は大事にするけど

その 勤勉さってのは資本主義の精神ですね。



「今後 AIとかロボティクス使って大もうけするぞ

ウッヒヒヒー」


よりは



「AIとかロボティクスを個人たちが活用して

収益を上げて、赤字にならないためには

どうすればいいか学ぼう」


みたいな学ぶ姿勢が大事になってくるわけです。



この勤勉性をもってると、次の時代は負けづらくなる

ってことですね。



と言うことで多くの人が裏側で感じてる

「なんか今後 国民総自営業者時代になるんじゃね?」

みたいな感覚があると思うけど


それはもう間違いないでしょうから

「商い」「商売」を学ぶことが今後は世界的に、日本でも

大事になりそうです。



テレビドラマで言えば

今の日本は官僚独裁国家だから


官僚が主役のテレビドラマが流行してるそうですが

(北朝鮮のドラマは将軍様が主役で

日本では官僚様が主役。

商売人はいつも悪役で描かれる。)



しかし今後はテレビドラマでも

商売人たちが主役のドラマとかも「教育」として必要ですね。



例えば以前から 韓国なんかでは

商売人が成り上がるドラマが流行していたけど


主人公の大商売人になる女の子が

「声だしの仕方」を商売で市場で覚えて行って


顧客を沢山獲得して商売人として成り上がるなんて

ドラマが普通に放映されてたりしたんだけど


やはりドラマの主役をどの政治アクターにするのか?ってのも

色々議論が必要でしょうね。


生活保護を受けてた人とかブラック会社で苦しんでいた労働者が、

商売を覚えて 成功して成り上がるストーリーとか

ドラマでは存在しないですがそんなドラマも必要になる。



それで

いずれにしても大きな世界の産業革命以来の

ダイナミズムには私たちは逆らえないから


大きな数百年来のトレンド転換が起こっていて


今後は小さな自営業者時代に入って行くので


この波のダイナミズムに逆らわず、うまく乗って

生きたいものですね!



この10年で 国民総自営業者時代により

世界は近づくかと思われますね。



では!




ゆう







追伸・・・ちなみにこういう

世界的な国民総自営業者時代に日本も対応してるってのは

日本のあんまし報じられないビザ制度を理解すると


見えてきたりもしますが



例えば

「海外に国籍持っていて 日本大好きの

外国人たちが日本で居住するには?」


なんですが


これ意外に知られてないと思うんですが

スタートアップビザってのを日本政府は発行してきてるんですね。


これは日本国籍を生まれたときから持ってる人は

それが当たり前だから その恩恵に気づかないけど


外国人では日本で商売で成功して

成り上がってやるぞ~って人も一定数はいるわけですね。


ここでは東京都、広島県、愛知県、仙台市、新潟市、今治市、福岡市

なんかで外国人は起業ができるんだけど

500万円とかで日本で外国人も挑戦できるわけです。


要するに日本政府も上の小さな自営業時代ってのが

世界的にやってくるのを分かってるんだけど


そこで海外のIの投資家、経営者層を日本に取り込みたい

ってのは日本も実はやっているんですね。



だからマスコミと旧内務省の官僚機構は

成功した起業家、投資家つぶしってのをするんだけど


政治家たちが水面下で進める制度では

思いっきり、高度人材を海外から取り入れて

起業文化を推進しようとしてるわけで


ちぐはぐであるんだけど


今後日本でどっちの路線が主流になるか?ですが

間違いなく後者なんです。


優秀な起業家や投資家を嫉妬やねたみで潰しまくる社会は

貧乏になっちゃいますから。



だから実は報じられないだけで

既に日本も次の小さな自営業者時代に合わせて

制度的には舵切ってるってことなんですね。


逆に今後は 外国人のスタートアップビザで

東京やら福岡で成功をつかんだ

外国人に色々私たちが学ぶ時代になるのかもしれませんね。



時代は変化してますので

その変化を楽しみつつ、


人生を満喫したいものですね。


では!


















☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【最近コンビニで「商品陳列ロボット」が導入されてることから、
AIやロボティクスの新時代について考える!】

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3120#3120



【中国の東北部を襲いだしてる「寒波や大雪」の問題について考える】
(そこで見られる石炭価格の高騰問題や、 緯度の低い暖かい地域の重要性などなど)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3119#3119

【中国の東北部を襲いだしてる「寒波や大雪」の問題について考える】
(そこで見られる石炭価格の高騰問題や、 緯度の低い暖かい地域の重要性などなど)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3119#3119


NEW【ついに「コロナ経口治療薬の治験」がファイザーで終了へ】 (重症化リスク9割減へ)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3118#3118

【統計で「超富裕層になりやすいアメリカの職業ランキング」を見て 最近の富裕層の傾向について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3116#3116


【中間層と富裕層いじめ!?】贈与税の制度変更が検討されてることを考える!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3115#3115


【ワクチンの「因果関係なし」に 
さすがに疑問を抱く人が 増えてきていることについて考える!】
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3114#3114


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください