無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【3回目の接種券が11月から配布されていくクレイジーさから 色々考える!】(副題:田中先生の「コロナの意図」の分析を見て、 世界全体の小さな政府化の流れを考える)

2021 10月 22 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【3回目の接種券が11月から配布されていくクレイジーさから
色々考える!】(副題:田中先生の「コロナの意図」の分析を見て、
世界全体の小さな政府化の流れを考える)

⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして
ありがとうございます!



さてさて、前号で以下の号を流しました~

実際にコロナ騒動の中、

中欧⇒トルコに陸路で移動してみたら

現在はどんな感じなのか?


ってのを結構リアルに写真つきで扱いました~



【写真25枚】中欧ジョージアから陸路で
「トルコ」に行く方法とは? (コロナ特有の問題などなど)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3099#3099



ちなみに前号で書いてますが

コロナ騒動では色々各国要件があって


一番多いのがPCR陰性証明、あとは抗原検査、

あとは最近だとワクパスなんてのがあって

どれかが求められるケースが多いですが

(入国条件を見ればやはりワクパスに疑念を持ってる国のほうが
多数と分かります)


まあ例えばPCRとか抗原検査でも
陸路で動く場合、入国、出国両方の条件と
一致していないと

「どの国でもない両国間の廊下で野宿リスクが出てきてる」

ってのは私も知りませんでしたが最近の状況なわけですね~


まあほんとこの ちゃ番のような騒動がさっさと終わればいいなとは

思います。



ちなみに最近ですが、

日本では2回目打った人用に

3回目の接種券が今度から配布されるそうでして


ネット上ではそれがもう「令和の赤紙」と言われたり
してますが(笑)


いや~令和と赤紙っていう単語のセンスが

妙にマッチしていて光ってます。


それで最近はもう若い人中心に色々分かってる人が増えてるので

それらの声も見つつ、


今回の騒動の全体像なんかもまた見つつ、

考えて行きます!


編集後記で!










■バックナンバー

【動画】続・イタリアの地方トリエステでの
ワクパス反対運動のこの数日の動きを追って、
「自由を放棄しなくなってる人類の変化」について考える!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3098#3098


【副島先生の最新言論から
「ウイルス騒動で見られる自由を自ら放棄する人間の傾向」について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3097#3097


【ウォーレン・バフェットが 世界中の投資家に尊敬される理由とは!?】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3096#3096


【最近ネットでワクチン接種後の副作用や 
周囲の死亡報告事例が異様に増えてることから考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3095#3095

【動画】イタリアにおけるワクパス反対デモが
既に暴動に発展しつつあることから、
今後の欧米の流れについて考える!(保守派政権が欧州で台頭してくるシナリオ)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3094#3094











==========編集後記==========

さてさて、私は現在トルコにおりまして

写真とか、あとはスーパーの現在の物価とかどんな感じよ

ってことで


昨日の号にも挙げてますね~


結構リアルな部分で、色々コロナ状況での移動の規制の違いとか

コロナのそれぞれの国の入国ルールがちぐはぐで

そのため、国境間のどの国にも属さないエリアで野宿するリスクも

出てきてる だとか色々前号の内容は人によっては興味深いと

思いますね~


ちなみにこういったリアルな情報ってのは

大使館ページにもないのが現代でありまして

今の時代はもう自分で動いて、情報を自分なりに取っていく

なんて姿勢が大事なのかもしれませんね。




【写真25枚】中欧ジョージアから陸路で
「トルコ」に行く方法とは? (コロナ特有の問題などなど)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3099#3099



ちなみにトルコっていえばまあFXでいえば

トルコリラ暴落ってのがすごいおなじみトピックだと思うんですが


しかし現地だと

リラ暴落していようと人々は明るく、そして秩序もって

暮らしてるのがトルコの特徴ですよね。



ちなみに逆に先進国、例えばアメリカとかは

実際はもうホームレスがすごく多いってのも以前動画とかで

扱いましたけど、


そして最近は市民動画があるためそれがかなり

世界中の人にも知られてるんだけど


同じ大変な状況なのに、

なんで先進国のアメリカは荒廃しまくっていて、

一方新興国のトルコもジョージアもそうだけど

なぜかまあ国はお金持ちではないのに秩序が保たれてるのか?


っていうとこれは滞在していて分かるんだけど

結局

経済成長の可能性をみんな感じ取ってるんですね。


今度また扱えれば嬉しいですが

お店とか行けばすごい混んでますし、

今がボトム、底辺であっても次いけるっしょ、みたいな


ポジティブな感じは社会にあるんで

そこで多分 どちらかというと犯罪傾向があるような人でも

悪いことするくらいなら商売すんべ、となるから


結局治安は保たれてるんだろうな~と思いますね。



だから商売、営業の自由ってのはそのまんま治安につながるんだけど


勿論トルコの場合は少し強権的なところもあるんだろうなってのは

感じますが


しかし商売の自由は重んじてるから

風通しは悪くないような印象はありますね。



自分がどんな分野でも

「成長してる実感」があれば人間は幸せを感じられる


んですが


だから身体的に、また知識的にどんどん成長する子供たちは

大人よりよく笑いますが


トルコなんかも日本のニュースで見てるだけでは分からないと

感じていて


リラ暴落しようがなんだろうが

みんな生活はよくなってますからね、


やたら笑顔な人が多いのはその辺だろうな、と。


ちなみにトルコにしばらくいて分かるのが

トルコの人ってリラ暴落しようが生活水準が上がってるのは

分かるんですが


これは何でかっていうとトルコって食料が豊富なだけではなく

さらに白物家電とかの産業がどうも随分発展してるわけです。


ユーラシア大陸で言うと モノづくりのトルコみたいな

ところはおそらくあって


例えばユーラシア大陸でのコンドミニアムって

「トルコのディベロッパーが手がけた」とかだとブランドが

少し付くんだけど

(日本製ってのがアジアでちょっとしたブランドになる
ってのと似てる)


日本人に似ていて真面目な人が意外にトルコって多いんですね。

たぶん。


イメージ的にはパリピだけど真面目、みたいな感じ。


だからコンドミニアム、住居ひとつとってもすごいキレイで

しっかり作られてるわけですね。


あとはトルコ産の白物家電を私は日々使ってるけど

「意外に性能がすごいよい」ってのは特徴で


アジアの日本とか韓国と対抗できるくらいの製品は

最近作り出してる。


西欧の白物家電なんかは中欧でよく使ってたけど

すぐぶっ壊れるんですが、


それこそ日本の感覚で冷蔵庫開けっ放しで

ヨーグルトとか飲んでたら夏場 ドイツ製の冷蔵庫が

ぶっ壊れてトラブルになったことがありますが

(といっても1分くらい開けっぱにしただけ。)



しかしトルコ産の白物家電ってのはその辺は

今使ってるけど、日本とか韓国とかの

白物家電と同じように丈夫なんですね。


だからまあそんな状況ですから、リラ暴落しようが

次まだいけるっしょってのがトルコ全体ではあるように感じます。


仕事に対して真面目な国民性を持ってる国って

実際かなり限られるけど

トルコはそれをどうも持ってるから強いですよね。


ちなみにトルコの人々のワクの日常会話ってのもあって


みんなよく分かってるから 

ファから始まるあのメーカーのmRNAワクちんは

打たないで、


中華の非活性化のほう打っとけみたいな

会話ってのが友人間でされてるってのも私が知ってることで


そういう会話は先進国では一部の詳しい人しかしていないだろうけど

こっちでは結構市井の人がそういう会話をしてる人も

かなりいるっぽく


まあ行政に対して面従腹背的な人が多いのだろうな~

って感じますね。



まあとりあえずいればいるほど、魅力が発見できる面白い国です。


さて、それで私はそんな日本から数千キロ離れたところから

母国のことも色々見てるのですが


日本ではワクの3回目の接種券が

11月から配布されていくんだと。


いや~これは免疫イジメですよね。



■コロナワクチン3回目接種券、医療従事者に11月22日頃から到着 
https://news.yahoo.co.jp/artic……c20bd1118f


ちなみに最近はさすがにネット上で色々

接種後の問題が報告されすぎて


結局マスコミもこの数日 ワク後遺症問題を扱いだしてますが

こんだけ情報がある中で3回目打ちたい人ってどれくらいいるんだろう・・・

ってのが私が感じたところです。


個人的には自然免疫を重視するんでワクは眼中にないのですが

ただ今後、日本は同調圧力で2回打った人には3回目のお知らせ

が届いていくんだと・・・


これは以前アニキの動画で扱ったけど

mRNAワクとかの在庫ってのはやはり処分しないと

赤字出ちゃいますから


どうしても在庫は使わないといけないってことなのかも

しれませんね・・・


ちなみにネット上では今まではワクに肯定的なコメントとかも

見受けられましたが


今回、2回受けた人は

また3回目受けてくださいね、ってことになりまして


それまでの強烈な副作用(反応)を経験してる人も多くて

さすがにそれを再度3回目も打つって大丈夫だろうかって

不安になってる人も多いわけですが



コメントも今やすごい正直な民衆の声で溢れておりますね。

とりあえず「もう打ちたくないよ、嫌だ」

って声がすごく目立ってきてる。




以下コメント

↓↓

■2回終わった人は一律3回目じゃなくて、
抗体量を調べてから、
抗体が少なければ3回目ってできないのかな?
無駄に何回も打ちたくない。


■2回目 副作用が強かったから
3回目嫌だなぁ



■医療従事者ですが、拒否する選択肢も認めてほしい。
副反応であんな熱や頭痛に苦しみたくない。

もちろん接種するよね、職場に迷惑かけないでね、
みたいな暗黙の強制はもう嫌だ…



■医療従事者は義務化なんて真似は絶対にするなよ。
希望者のみにして三回目を打って

もし副作用で働けなくなったり亡くなる様な事になったら、
残った家族の養育費を一生分支払う位最低限の事はしろや。


■普通に考えて何もかもおかしい。

2回打てば大丈夫だったのではないか?
3回打って終わりなのか?
永遠に打ち続けるのか?

多くのワクチン接種後の死亡者、重篤な副反応の方の報道は?
今不自然に感染者が減ったのは何故?
そして何故今3回目?
ワクチンパスポートが無いと行動が制限される?

全て無茶苦茶。
テレビ、新聞で報道されているから
真実と認識している人が多いのかもしれないが、

これ一個人の人が行っていたら一貫性が無く支離滅裂。

挙げ句の果てに、打たない人が変人扱い。



■数年後に打たない方が良かったってわかっても、
ワクチンはやり直しがきかない。

家なら引越し出来る。

就職なら転職出来る。

嫁さんも、変えられる。

ワクチンは?打ったらやり直しがきかない。


打つメリット、デメリット考えて、検討したい。



■既に海外では3回目の治験は進んでいます。

人のためとか未来の子供達のためとかで
これ以上被験者になっていただかなくても大丈夫です。


どうか無理をせず、お体ご自愛下さい。



■これだけあとあと問題になって
3回目から受けないという人は周りにも増えました。
こんな危険なもの自分ももう打ちません


■3回が4回になり5回になり、
こんな意味のないワクチン打ってる人は本当に気の毒。

調べれば調べるほど怖いものなのにね。
それに気づかないのもどうかしてる。

医療従事者ほど怖さを知っているので、
一度もワクチン打っていない人たくさんいます。

報道では言ってない怖いこといっぱいありますよ



■赤紙ですね

ワクチン接種しないコロナ対策考えてる党は
ないのかな?


■会社の人数めっちゃ多いんですが

みんな2回目打って死にかけてました。

何日も休んでました。


もう3回目はやらない、

やったら死ぬ気がする、それぐらいしんどかったとみんな言ってます。



■周りにワクチン接種後に脳卒中で倒れた人2人と

お亡くなりになった方が1人。

ワクチン接種が原因だとは証明されないだろう。


副作用についてしっかりと報告すべき。




■基礎疾患のため様子見て未接種です。

医療従事者だからといって

強制するような事はなきようお願いいたします。


医師でも未接種の人いますから。
60歳以上の希望者のみで良いと思いますけどね。



■知り合いに医療関係者が2人いるのですが、

2人ともワクチンを打っておらず、


その知り合いが勤めている病院の方達も
打っていない方がほとんどだと言っていました。

理由としては、
あんな訳分からないもの打てる訳ないだろと言っていました。

私もそう思います。


■知人の30代前半の男性は、
ファイザーを2回打ったあとに咳が止まらなくなってしまった。
いつ治るかもわからない。


今のワクチンはあくまで「治験中」であって完璧とは程遠い。

それを納得して後で文句言わないなら

打てばいいし他人に強制する世論もだめだと思う。



■私は60歳ですが一度も打っていません。

副反応が出ようが仕事は絶対休めない個人事業です。

今のワクチンは2年前のコロナ用ではないですか。


個人的には初期のコロナに感染して無症状で済んだ、
と解釈しています。


そもそも集団接種が必要なほど患者も死者も出ていません。


■ワクチン先進国のイギリスではワクチン摂取者に
重篤な風邪(スーパーコールド)が
数十万人規模で発生している。


免疫力が低下したのか、

もしくはADEなのかはわからない。


これから冬のを迎える日本は大丈夫だろうか。


■町医者だって摂取しない人が多いのにね。

国会議員だって接種してない人が多いんじゃない?

時の雰囲気に流されないでよく考えた方がいいと思うよ。


このワクチン安全神話はなんか変じゃない?

世界的に見ても変に感じるけどね。


きっと世界中の人達も

気付き始めているのではないでしょうか?

だから急がしているのではないでしょうかね?


■本日のNHKのクロ現で、

ワクチンの副反応と死亡例の特集があり、

ワクチン検討部会の座長とこびナビの黒川医師が出演していました。


内容の結論は、ワクチンのリスクはまだ分からないから、

今後も鋭意検証していくとのこと。

安全性は確立されているんじゃなかったけ?

全く信用できなくなりましたね。


■各病院を出入りしてる理学療法士です。

強制的に12月3日に3回目のワクチン接種が

知らぬ間に決まっておりました。


任意とか体調とか有無を言わせず

「医療従事者」という肩書きの為らしいです。


コロナ禍の仕事で多くのことを縛られて、

救いのワクチンまで仕事のように追われて

それこそ「医療従事者」の

私たちはストレスと疲労と不安しかありません。

どうか助けて下さい。




■私は2回目の副作用が高熱で魘され2日感は寝たっきり、
完治するまでに5日かかりました。

もう、ワクチン接種にて仕事も休めない。
3回目は見送る予定。
勘弁して欲しい。



■最初2回だったのに、
3回、4回と回数がどんどん増えてく。
回数が増える度に危険性はより増す。
大多数が副作用で苦しむ事になる。
それだけ毒物という事でしょ。
人類初のワクチンで、
長期的にどうなるかもわからん。

推奨側コロコロ言う事がかわってる。
コロコロ言う事がかわる人間達を信用できるのか。
大規模な人体実験に付き合う必要性はない。

まあ、でも人それぞれ考え違うし
圧力、強要とかでなく、
本人が心から打ちたいならそうすればとは思うけど。



■二回接種して一週間くらいして、
手指関節に痛みがでて不安だったが一か月くらいで解消した。

その間、接種した医院に問診に行こうかと迷ったが、
行かずに済んでほっとしている。

そういう人は結構いると思う。

NHKで今放送中のワクチン副反応みても、
審査する医者たちのレベルの低さに呆れる。


接種して翌日亡くなったような場合、
その人が健康人であれば因果関係ありとしていいのではないか、

データ不足とか担当の医者言ってたが、
それならまず解剖をすべきだ。


どうも政府からの横やりでワクチン接種促進を
優先して都合のいい医者だけに審査させているんだろう。


被害者は数千名以上いると思われる、
実際はもっといるだろう、


彼らは集団訴訟して決着つけるべきだろうと思う。


■自分はもう3回目は打つ気は無い
今2回目の副反応中だけどとにかくキツい
ここ数年でこんな体調悪かった事ないってくらい今現在体調が悪い
副反応出やすい人は3回目躊躇すると思う






以上です。


ということで最近はもうコメントなんかが

正直なコメントで溢れまくっておりまして


それもあってなんとかこのコメント欄を閉鎖したい

エスタブのワクのマーケティング関係者たちが多くいらっしゃる

という感じでしょう。



ちなみに医療従事者に対して接種圧力がかかってるってこと

ですけど


もうさすがに10月になって

実際の社会実験である治験データが出てきてるから


空気読んで毒を盛られてる場合じゃないと

私は個人的に考えますが


さすがにNOと言えない日本人のままじゃなくて

こういう重要なところはNOと言う勇気は必要かと

思いますね。


NOと言えない日本人って言葉があるけども

本当にその日本人の優しいけど時に欠点になる性質が


製薬会社やら役人やらマスコミに

今回は大いに日本で悪用されてるように感じますよね。


とりあえず子供や妊婦にそれを打つってのは

野党が主張してるけど正気の沙汰とは思えない。


ちなみに最近はさすがにワクの副作用報告が

ネット上で色々あがりまくってるっていう傾向が

10月に出てきたわけですが


それは以前扱いましたが


もうNHKもこの数日、

結局報道せざるを得なくなってるようで


これ見るともうワク行政は・・・本格的に

きつくなってきそうだなってのが私が見ていた点です。



ワクを進んで3回も打つ人ってのは

ネットの検索方法が分からないとか

そんな人くらいじゃないかな・・・とすら思います。



ちなみに最近の英語圏の流行ってのは

上のようなコメントも含めて全部フェイクニュース!?として

扱って


マスコミ報道だけが正義だって主張するいつもの流れ

があるんだけど


それはたぶんトランプ大統領がどんどん復権してきており

新しいソーシャルメディアを彼が上場に向けて動き出したこと


それらの背景もあるだろうけど


もう本当の声をフェイクニュースだとかいって

情報検閲を進めていく・・・っていう手法は

限界が見えてきてますね。


あまりにも多くの人が気づいてしまった。


ちなみにあと、

全国のお医者さんでも日本でも

自然免疫をちゃんとご自身で勉強され論文を公開されてるような

当初からワクの危険性を訴えていて


この10月に見られるような副作用のひどさを

ちゃんと訴えていた人ってのは何人かいらっしゃって


医療従事者で どうしてもNOとは言えない、空気が怖い

って人は


一部お医者さんはワク免除のための診断書とかも

戦うために書いてくれるから

なんとかそういったものを使って


ちゃんと自分の意思を表明するってことが

今後は自分の健康を守るためにも大事になりそうですね。



ちなみにあと、医療従事者は強制されるって勘違いされてる方も

いらっしゃいますが


憲法でも法律の面でも本来日本では

ワクの強制なんかはできないわけで


それは強要罪にあたりますから


そして職場の空気ってのは

法律でも憲法でもありませんから


ちゃんと法律の知識もってしっかり主張するってことも

今後の日本人にとって大事なことなんでしょう。


まあ何にしても最近は役所までもが

「接種してませんね?打ってくださいね」

と精神的に弱い人に圧力をかけるのが

一部地域で常態化してるようで


民衆はちゃんとこれらの役所の人間の実際の圧力を録音して

法廷で争うなんてことも大事になるのでしょう。



ちなみにですが、これが日本の行政ってもので

警察の職務質問問題でも同じようなことがこの

10年以上されてきたのですが


職務質問ってのも警職法からしたら

任意なんだけど


現場の警察官はその職務質問を強制のように

振舞う、空気を作るわけですが


そうやって「本来は任意なのに強制を装う」

ってのが常態化してるのが日本の官僚支配の問題なんだけど


ワクに関しても

「これは任意なのか強制なのか」

っていうところをちゃんと聞く事が大事ですよね。


ちゃんと録音なりをしておいて

そこで強制って言質が取れた時点で

司法に入れますので


今回もうさすがに毒盛られ続けたくない人は

そういうおかしなやつらにNOという勇気は必要になってくる
んだと思います。

まあ何にしても日本では職域接種とかで



1 マスコミや役人の手下が作る

「空気」では強制っぽくなってるけど



2 法律、および憲法では強制ではない


ってのが事実でありますからね、


空気を重視する生き方なのか

近代国家の憲法に基づく

法制度を元に考える生き方なのか


それを考えるある種の良い機会なんでしょう。


ちなみに日本の最高裁判官ってのは

最近のアメリカとはちょっと違って

保守的な判決を下す人も結構多いので

(日本が救われてるテクニカル的な理由がここでしょう)


日本の裁判官の多くはやはり

最近は世界の流れにあわせて

ちゃんと近代法で判決出す人がなんだかんだ結構いるから


2を重視する人は、ちゃんと自分の健康を守れるのでしょう。




このワク問題は本当に考えさせられることが多いですね。



さて、あとこの前ですが

私がよく見てるのが田中宇先生なのですが


もう少し大きな視点で今回のコロナ騒動を

分析されていましたので


それが無料記事であげられておりましたので

見てみましょう!!



田中先生の場合はまあある種

全く意図的に空気を読まないで


真実を追ってきた立派な言論人ですが


今の時代にこそ田中先生みたいな言論が大事だろうな

って私は思うわけです。


以下引用です!


コロナ危機の意図(2)
https://tanakanews.com/211021corona.htm


より



============

この記事は「コロナ危機の意図(1)」
https://tanakanews.com/211020corona.htm


の続きです。



コロナ危機の意図(2)
2021年10月21日   田中 宇

この記事は「コロナ危機の意図(1)」の続きです。

日本に住んでいると、
コロナ危機の全体像や本質がわかりにくい。

日本は先進諸国の中で数少ない、
都市閉鎖を全くやってこなかった国だからだ。


他の先進国で都市閉鎖をやらなかったのは
スウェーデンぐらいだ
(世界の全体像が見えにくいので不正確だが)。


日本と対照的に、豪州やNZは陽性者が少ないのに
とても厳しい都市閉鎖を長く続け、
国民の人権をうんと侵害した。

豪NZでは街中のあちこちに検問所があり、
外出者を取り締まっている。

ワクチン非接種者は犯罪者に準じる扱いを受けており、
アパルトヘイトの南アフリカみたいだ。


豪NZだけでなく英国や米国(知事や市長が民主党の地域)は
厳しい都市閉鎖を行なっており、

アングロサクソン諸国が最もコロナで経済を自滅させている。
独仏伊などNATO諸国も「ナチス顔負け」の抑圧だ
(イラクのサダムなどと同様、ナチスも実態より悪く言われているはず)。


コロナは国際的な人的交流を大幅に制限しているため、
日本にいると、こうした無駄・無意味・抑圧的に厳しい
欧米の都市閉鎖のひどさを実感しにくい。




コロナ危機が始まった昨年3月、他の先進諸国の多くが
(偽陽性だらけのPCR検査を急拡大して感染者の急増を演出し、
その対策と称して超愚策な)都市閉鎖を開始する中で、


日本政府は都市閉鎖に準じる緊急事態宣言や、
それにさらに準じる蔓延防止措置を出すにとどまり、
それ以来それらの措置だけでやってきた。

当時の安倍政権は、それらの措置を出す判断を
日本政府でなく地方自治体にやらせ、首相でなく都知事が
「このままではロックダウン(都市閉鎖)が必要になる」と宣言した。

WHOから都市閉鎖をやれと加圧されたものの、
超愚策な都市閉鎖をやって後で批判されるのが嫌な安倍晋三は、

都市閉鎖の宣言役を都道府県の知事に押しつけ、
知事たちも記者会見でWHOから命じられた
「ロックダウン」を言葉として発しただけで実施しなかった。


感染者が多い国は都市閉鎖、少ない国は緊急事態宣言、
と考えるのは間違っている。豪NZは日本より陽性者が少ない。


豪NZは陽性者ゼロを目標にした「ゼロコロナ策」を展開したため、
陽性者が少ないのに厳しい都市閉鎖を敷き、

失敗して最近その策をやめた。

偽陽性多発のPCR検査に依拠して
(偽)陽性者ゼロを目指してもうまくいくはずがない。

超愚策である。

最初からわかっていたはずなのに、
WHOから加圧されて超愚策を延々とやっていた。

日本は、無体な米国に従属して鍛えられた敗戦国だけに、
WHOの「ご無理ごもっとも」な加圧に対し、

かわいそうだけど飲食業界を人柱にしつつ
閉鎖っぽい策をやるふりだけして超愚策を最小限にとどめた。


「もっと厳しいコロナ対策をやれ。自民党は無能だ」と
言ってきた野党やマスコミの方が無能で間抜けだ。


日本だけでなく、東アジアでは中国もうまくコロナと
付き合っている。中国はコロナ対策で経済を壊していない。

中国は新型コロナを発祥させた国なのに、
その後は陽性者が減っている。

全人民にスマホの追跡アプリを持たせて
厳しい感染対策をしているからと言われるが、そうではない。

世界的に、陽性者の大半はPCR検査による偽陽性であり、
感染対策と関係ない。中国で陽性者が少ないのは、

PCRの増幅サイクル数を低めに調整しているからだろう。

中共は、ときどき中国のどこかで
感染急増が起きるようにして、コロナとの戦いが
続いていることを演出している。

アングロサクソン独仏など欧米諸国は
コロナで経済が自滅したのと対照的に、

中国や日本や韓国はコロナによる経済成長が比較的少ない。

中国はいま経済が大きく減速しているが、
その原因はコロナでなく、

新たに起きている恒大集団の破綻を皮切りにした金融危機と、
石炭不足などから起こされたエネルギー危機によるものだ。

中国の金融危機やエネルギー危機の
意味については最近の記事に書いた。


アングロサクソンやNATOは、
世界を支配してきた覇権勢力だ。

それがなぜコロナで自滅させられているのか。


この疑問は私にとって、今回のテーマである
「コロナ危機の意図」を考える導入路だ。

WHOは最近、中国の影響力が強まっている。

WHOだけでなく国連や国際社会の全体で、
米国の覇権が低下し、
中国が主導する非米諸国が影響力を拡大している。


今夏の米欧のアフガン撤兵は、
ユーラシアの地政学的な転換と中国側の覇権拡大を加速している。

日本や韓国は、表向きの対米従属の継続と裏腹に、
本質的に経済面から中国の傘下に入っている。




コロナ危機は、欧米を自滅させ米覇権喪失を加速する半面、
中国と傘下の日韓では経済成長が保たれている。

コロナ危機は、米国(欧米)の覇権が
中国に移転する動きを加速している。

米国は単独覇権体制だが、中国は多極型の覇権構造を好む。

この覇権移転や多極化がコロナ危機の意図でないか、
というのが私の以前からの読みだ。


これまで何度か書いてきたが、
米国の覇権中枢(諜報界、深奥国家)では

世界の覇権構造をめぐる百年の暗闘がある。

単独覇権派(軍産)と多極派とが、
諜報界らしく相互に入り込み、
騙し合いながら相克している。


コロナ危機は、多極派が中共を引っ張り込み、
米国覇権を崩壊させて中国台頭と多極化を進めるために
展開している謀略だろう、というのが私の推測だ。


新型コロナは武漢で発祥している。

おそらく武漢のウイルス研究所から
実験途中のウイルスが漏洩した。


研究所の研究者の多くは米国に留学した経験を持ち、
米政府も研究支援資金を武漢ウイルス研究所に投入していた。


この資金投入を主導していたのが
米政府のコロナ対策の最高責任者である
アンソニー・ファウチだった。


ファウチは研究者・医者であるが、
権威の高さからして諜報界の人だ。


武漢の研究所では、生物兵器に転用しうる技術が
米中共同で研究されていた。ファウチは、軍産=単独覇権派の人だろう。

武漢研の研究者の中には、米国滞在中に誘われたり脅されたりして
米諜報界のスパイになり、

そのまま中国に帰国した者もいたはずだ。

彼らが、米諜報界に動かされて新型コロナのウイルスを
漏洩させたのでないか。


それは、米諜報界の単独覇権派が、敵である
中国を困らせ経済破綻させるために引き起こした事件のように見える。

だが実のところこの事件は、
その後の展開を見るとわかるように、

米国の覇権を自滅させ、
中国の覇権を増大させて多極化を加速している。


この事件は、米諜報界の多極派が、
単独覇権派のふりをして、

または単独覇権派を騙して引き起こしたものだろう。
諜報界では、この手の背乗り的な謀略が多い。

習近平の中共は、この漏洩事件の被害者である。
しかし事件直後、中共が新型ウイルスへの対策をとっている間に、

この事件の真の黒幕である
米諜報界の多極派が中共中央に連絡をとり、

漏洩したウイルスが世界に広がっていく中で欧米を自滅させ、
中国への覇権移動と多極化を促進するシナリオを
習近平に伝えたはずだ。


習近平の中共中央は謀略を理解し、
この時点で中共と多極派が裏で同盟する
新体制ができあがった。


この同盟体が国連のWHOなどを握り、
世界のコロナ対策とPCR検査などを使った歪曲策を主導し、
今に続くコロナ危機の展開を具現化させている。


それまで、世界(米国覇権)を運営する主導役は
米諜報界の単独覇権派(軍産複合体)だった。


しかし、コロナ危機の始まりとともに世界の主導役は
コロナ対策を主導する者たち、


つまりWHOや国連を牛耳る中共と
米諜報界多極派に替わった。


単独覇権派・軍産の政治力は大幅に低下した。

欧米日の外交官たちは軍産の一部であるが、
外交官の権限は、

米国のファウチや日本のWHO出身の尾身茂といった
各国政府のコロナツァーに奪われている。

外交官たちは不満を持っている。


中共はコロナ危機の謀略の勝ち組だが、
勝ち組であることを人々に悟られないよう、

欧米と同様に大変な病気である
新型コロナと苦闘している感じを演じている。


しかし、欧米の苦闘は経済と覇権の自滅につながっているが、
中国の苦闘は中国の台頭とともに演じられている。

欧米も中国も広範なワクチン接種を展開しているが、
欧米と中国ではワクチンが違う。

自然免疫でなおす新型コロナにワクチンが要るのか疑問だが、
副作用は欧米と中国で異なる。

欧米では、新型コロナのワクチン接種で出現した
副作用のうち1%しか報告されず、
残りは医師たちによってもみ消されていると言われている。

中国がどうなのかは不明だ。


欧米では最近、ドイツや北欧などが相次いで
都市閉鎖など制限的なコロナ対策の終了を打ち出している。

豪州とNZもゼロコロナ策を放棄した。
日本も緊急事態宣言をすべて解除した。

コロナ危機は終わりに向かっている感じが
醸成されている。

それはワクチン接種が進んだから、とされているが実は違う。
米政府の研究機関であるNIH(国立保健研究所)は、
世界各国の統計を調べ、

ワクチン接種者の比率とコロナ感染者の人数に相関性がなく、
接種者が増えるほど感染者が減る状態になっていないと
結論づけている。


ワクチンは効いていない。
副作用をもたらすだけだ。


やはりコロナは自然免疫で乗り越える病気である。


コロナ危機が終わりに向かっているのなら、
それは国際政治的な意図に基づいていると考えた方が良い。


中共は最近、中国の金融危機やエネルギー危機を
意図的に悪化させ、自国の経済を自滅させている。


欧米経済の自滅は、中共と多極派がWHOを通じて
欧米に超愚策なコロナ対策を強要した結果だが、
最近の中国の経済自滅は中共が自発的に進めているものだ。

一見、不可解である。


最近の記事に書いたように、
これは欧米のエネルギー高騰やインフレ悪化、

金融危機からドル崩壊、
米覇権の低下につながっていく可能性がある。


コロナ危機は、中国を壊すはずが欧米を壊す展開に
転換しており、それは中共と多極派の謀略の「成果」だ。


今回の中国の金融危機とエネルギー危機も、
中国を壊すはずが欧米を壊す結果になる
中共と多極派の謀略かもしれない。


もしそうなら、これらの新たな謀略が出てきたので、
これまでのコロナ危機の謀略を
下火にしていくことにしたのかもしれない。


なぜコロナ危機の謀略をもっと続けず、
ここで下火にするのか分析できていないが、
まずは事態の推移を見ていく。


コロナ危機の意図については、
まだ分析すべきことがある。


科学の権威を破壊していることなどについてだ。
それらは改めて書く。

2本続けて無料記事として書いたので、
次は有料配信になると思う。


田中宇の国際ニュース解説より
https://tanakanews.com/index.html


=========


以上です!!


それで今までのインフルも今のコロナも
まあ何も変な遺伝子組換えの毒物は体内に入れないで


自然免疫を大事にして何とかするのが
大事ですよね。


この辺をちゃんと伝え続けてるのが

私は個人的に田中先生の素晴らしさだと思ってますね。


それであと、10月になって

もうこれ、ワクの副作用、後遺症問題は隠せなくなってきており

マスコミも報じざるをえない事態になってきてるけども


やはり今後ある種の 疑似科学、擬似医学(西洋医学)事態が

やはり疑われていくっていうか

もう10月になって本格的に疑われてますね。



だから大きくは私は今10月で起こってることってのが

以前書いた


【公衆衛生学はどうも敗北していきそう】


っていう記事の動きで推移してるようにも見てるわけです。




■バックナンバー
【公衆衛生学はどうも敗北していきそう】
(「過激にやって失敗させる策」が軍産の医薬複合体を追い込むシナリオへ)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3028#3028



やはり政治学とかをずっと学んでいくと

結局 軍産支配の問題点にたどり着くのですが



軍産が持ってる大きな部門が 物理的な軍事の在外米軍とあとは

モンサントであるとか西洋医学利権関係の

医薬複合体でありますが



大きくこの視点で見ると

イギリスEU離脱の動きの中で


反軍産、反エスタブの流れが一気に2016年に仕掛けられ

その後、必然でアメリカにトランプ登場で

4年間で一気に多極派が

中東の軍産利権を潰しにかかって4年で成功しましたが

(といっても、在日、在韓米軍利権はまだ問題解決していない)



あとは2020年にコロナ騒動で結果としては

軍産利権の強力な医薬複合体部門も攻略できそうだ


ってのが コロナ騒動を戦争と見立てた場合の戦況分析

となりますね。


今回のワク騒動も1回目2回目接種はまだ人々は

受け入れたけども


3回目となって上のコメントに見られるように

「さすがにおかしくね?ワク行政なんかあるんじゃね?」

となってる人が相当増えてますが


それが最終的には軍産の医薬複合体利権の中でも

象徴的なワク行政(公衆衛生学)に

今後大ダメージを与える可能性


というか既にワクの信頼度は相当落ちてますが

この流れは継続する可能性は高い。


ちなみに私もこのコロナ騒動色々な国に住んでみて

色々学んでるのも意味なくそうしてるわけでもなく


やっぱり投資家として大きな世界の流れを肌で捉えたいってのが

あるんだけど


コロナの状態の中でもう6カ国の国で

色々生活して大体分かったことがあるんだけど


じゃあ今 軍産 VS 多極派 と展開されていて

多極派が強いんだけども


じゃあ多極派はどういう世界構造を作りたいのか?

っていうところですね、


これは私は今なんとなく分かってるわけです。


それはやはり多極派ってのは田中先生が書かれてるように

資本の側、ですから投資家集団で構成されますから


「世界経済の長期的な成長ができるように」という

資本主義に基づく思想があるんですけども


この辺の感覚は、以前に写真とかで扱った

エストニアだとかあとは中欧ジョージアあたりに

滞在すると分かるんですね。


世界経済を長期的に成長させられる

仕組み、すなわち政治の体制と経済の体制がありまして


政治体制で言えば自由主義と民主主義の合わさった

古きよきアメリカが取り入れた 

そして今のアメリカからはなくなってしまった

「近代デモクラシー」であって


そこでは自由(freedomというよりはliberty)が重視されますが


その上で自由市場の資本主義経済を

多極的に成り立たせるのが

世界経済が長期成長するには効率的なんですが


まあそれを多極派はきっと考えてるだろうと。



ちなみにその際なんですが

政治体制が近代デモクラシー

経済が純資本主義となりますが


(ちなみにその資本主義は 100%レベルで

公的部門と私的企業が分離される体制だから

共産主義の亜種であるそれが癒着してる新自由主義のことではない。)


ここでは当然、自由主義ってのは

民衆から行政の暴走をけん制する自由主義であるから


当然それは 行政の権限が制限された

小さな政府になるんですね。


先進国ってのは欧米日 全部が大きな政府でありますが

特に財政具合を見れば社会保障費ってのが

まあ相当大きくて


だから日本では厚労省なんかが威張り腐ってるわけですね。



それで当然、世界全体の経済が発展するためには

多くの人の自然免疫が高い状態で

バンバン経済活動させて競争させるってのが大事ですけど


逆に大きな政府ですと社会保障が肥大化して

多くの人が薬漬け、最近だとワクチン漬けとなっちゃってますが


これは社会保障費の肥大化、および

不健康による生産性の低下を招くので


多極派の資本側の人らが

その既存の軍産が強い大きな政府の状態を

非効率的と考えてるのはよく分かるわけです。

私自身もそのような考え方ですから。


だから本当は多くの人が病院など行く必要ないくらい

元気で、医療費がかからず社会保障費がかからず

小さな政府であればよいのですが


だからこそ自然免疫を強化すべきっていう言論が

今後重視されるわけでして


アジアだとタイなんかが既に首相が

中国やインドの伝統医学導入を2ヶ月くらい前に

言い出したのだけど


特に世界の金持ちたちってのは西洋医学じゃなくて

上記の伝統医学、薬草や漢方導入してる人はかなりいるから


それは 薬漬けにはならないで、

自然免疫を強化(保全)した上で社会保障費が

拡大しないで多くの人が健康になるアプローチであるから


今後はそれらのアプローチが強くなるのは

まあ間違いないだろうってことですね。


それでここで社会保障費ってのがとにかく

各国の大きな政府の財政を圧迫しておりますから


いわゆる西洋医学の薬の継続処方、継続課金である

いわゆるサブスクリプション制度をやめさせて


その上で根治療法(自然免疫強化の療法)に転換させれば


実は社会保障費を大幅圧縮させて

小さな政府化が多くの国で進められますから


大きくは多極派、資本側の人たちはそういう論理を

持っているだろうなってことが私が最近色々な国回って

強く感じたことです。


それでこの小さな政府化、

特に拡大しすぎた社会保障費を

ちゃんと自然免疫で治す人を増やして圧縮するためには


当然 公衆衛生学、製薬会社の売り上げ拡大のための

西洋医学ってのは権威を落とさないといけないはずでして


そのウソが多くの人に周知されないといけないわけですが


今回の「過激にやって失敗に入りつつあるワク騒動」

が その役割をになってる可能性は

大いに考えられるわけですね。



「3回目?どんだけ打つねん、

じゃあ4回、5回、6回とワクチンのサブスクみたいに

やり続けないとあかんのか」


という今多くの人から出てるツッコミがだから重要なんです。




だから必然で「結局自然免疫が大事だ~西洋の横文字の薬頼りは

ダメだよね」って価値観ですね


これはより拡大していく可能性が高いわけです。


ちなみにワク接種率が低い国ってのが実は結構あって

それらの特徴は

「既に小さな政府化が進んでる国」なんだけど



それらの国の指導者からしたら

「いや、もううちの国は小さな政府化進んでるから

ワクパスみたいに過激に失敗させる策をやる必要もないですよ」

って感じでしょうが


だからそういう国たちが続々とワク政策から

従うフリして抜けてるわけですね。



私が色々な国に滞在してなんとなく見てて

そこで矛盾しないのが、

上記の見方、構造ですよね。


だから今過激に打ちまくったワク政策で

問題が色々発生して後遺症被害が知られてきてるのは


公衆衛生学の権威を落とすための

必然的な戦略過程で出てきてる現象である可能性が高い

ってのが私が個人的に見てる点です。



それで今後多くの人がこの過激な政策の「反動」としてですね、

やはり自由を重んじるようになるでしょうから


特にイタリアなんかはローマカトリックの影響も強く

財政肥大化した

ひどい官僚国家のひとつでしたでしょうが


そういうところで自由を重視する保守政権が誕生すれば

小さな政府化が進められるわけでして


そういったすごい大きな視点で仕掛けられてるのが

今回のコロナ騒動ではないかっていう見方はあるわけですね。


だから軍産が牛耳ってきたのがこの

数百年の近代でありましたが


もうそれが終わっていく過程にあるってことでして

誰がどう見てもおかしいこの騒動も

多極派の戦略の中でしっかり動いてるってことなのかも

しれません。


日本においても3回目の接種券を配ることを

事前宣言するってのは


裏から見ると人々におかしさを気付かせるような

きっかけになってしまってるように思いますが


すなわち「そろそろおかしいのに気づこうよ」

って意図が裏側にあるようにも見えますね。


ちなみに本当は日本の菅さんなんかは

その辺の多極派の意図をしっかり理解して


あまりにも肥大化した日本の大きな政府を

ちょっとづつ小さな政府に近づかせようとしたのですが


すなわち自助、共助が大事で公助に頼るのは

そろそろ考えましょうってのがすごい大事な菅の考え方ですが


大きな政府で食ってる既得権益者、マスコミに

総攻撃を食らったわけですが


しかし日本の政治家たちってのは

この辺をしっかり理解して動いてますからね、


その辺は日本の政治家の老獪さなんだろうと私は見てます。


それでもう2年前から書いてたことですが

結局今回の騒動の最終的な落としどころとしては

人間に本来備わってる自然免疫を強化しないとだめですね


ってところに行き着くでしょうから

もうある程度 人類の価値観の今後の流れは

見えてるので その裏側の本来のトレンドを把握して


色々判断したいものですね


薬漬けで得をするのは製薬会社とそことつるんでる官僚と

医師会とマスコミくらいで


民衆は薬漬けになってもあまりメリットはないですね。


ワク漬けになるよりは


自然の太陽を沢山浴びてガンガン日焼けして
(トランプは自宅に日焼けマシーンがある)

良い空気吸って 

伝統的なお漬物とかの植物性乳酸菌がある食事を大事にして

自然免疫を強化することが

今後は大事になりそうですね。





では!



ゆう












☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【動画】続・イタリアの地方トリエステでの
ワクパス反対運動のこの数日の動きを追って、
「自由を放棄しなくなってる人類の変化」について考える!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3098#3098


【副島先生の最新言論から
「ウイルス騒動で見られる自由を自ら放棄する人間の傾向」について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3097#3097

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★









«  【3回目の接種券が11月から配布されていくクレイジーさから 色々考える!】(副題:田中先生の「コロナの意図」の分析を見て、 世界全体の小さな政府化の流れを考える)  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください