無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【動画】続・イタリアの地方トリエステでのワクパス反対運動の この数日の動きを追って、 「自由を放棄しなくなってる人類の変化」について考える!

2021 10月 20 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【動画】続・イタリアの地方トリエステでのワクパス反対運動の
この数日の動きを追って、
「自由を放棄しなくなってる人類の変化」について考える!
⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~

どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして
ありがとうございます!


さてさて、前号にて以下の

副島先生の最新言論などを扱った号を流しました~



今回の騒動でフロイトが昔指摘していたように
自由を自ら放棄する人間の傾向などは

かなり目立ったわけですが、

その辺について考えさせられますよね。



■バックナンバー
【副島先生の最新言論から
「ウイルス騒動で見られる自由を自ら放棄する人間の傾向」
について考える!】

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3097#3097



が、そんな中ですが「今までの人類とは少し違う流れ」

ってのも世界で見られていて



それが以前に扱ったイタリアの地方トリエスタでの
動向ですが、


以前にイタリアではワクパスに疑問を持つ市民たちの
デモが暴動レベルに発展しているってのを

現地在住の日本人MIHOさんが発信されていたので

扱いましたが


10月15日にイタリアであらゆる業種の人に
ワクパスが強制されだしてからというもの


その後もトリエスタの人たちは自由のために抗議活動を
続けており、


その人数たるやもうすごいものですが


イタリアで今見られるのは

「自由を自ら放棄しない人間たちの戦い」

でもあるわけですね。



こういった映像は

当然マスコミは流さないとなってるわけですが

見ていただければ分かりますが


もうトリエスタという地方において

多くの人が集結して今回のワク強制騒動に立ち上がっております。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【動画】イタリアのグリーンパス反対運動・
トリエステで起こった悲しい出来事

⇒  https://youtu.be/9rwTjamMA7I


●動画内で説明されてるトリエステでのライブ映像

⇒  https://youtu.be/fVbl063OZuI?t=8238

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




ちなみになんですが、やはり10月になってきて

世界中で指摘されていることでもあり、


またメルマガではもうワク集団接種が始まる事前に

「ワクは自然免疫を下げていく」ということをある種仮説として

書いていたわけですが


もう10月になってこれがかなり表面化してきてる

わけですね。


この前メルマガで明らかに10月あたりになって

ワク接種した人の後遺症などのネット上の報告が

増えてるってのは扱ったんだけど、



やはり日本のお医者さんも

外来で「ワク打った後の後遺症で

悩んでやってくる患者」がやたら10月くらいに増えてきたってことで


今まではワク反対はしていないでワクを高齢者たちに

打ってきたけど


しかしあまりにワクの後遺症の外来が多いため

ワクについてはもっと真剣に考えたほうがよい

と方針転換するお医者さんたちも出てきてますね。


こちらの長尾医師は生粋の関西弁の医師でありますが

以前はワクについては肯定でも反対でもない立場で

ワクを高齢者の方には打ってきたのですが


しかし外来で10月になってから急に

ワク打ってからの体調不良の人がやってくるようになったので

方針転換を宣言されてます。



こちらはマスメディアなんかに情報統制されていない

現場の10月の生の声なんで、貴重かと私は思いましたし

こうした発信を医師がするのは勇気が必要でしょうが

それは立派なことだと思いました。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【ニコ動】ワクの後遺症をうけ、
ワク方針を転換する医師も日本では出てきてる

⇒  https://sp.nicovideo.jp/watch/sm39471028

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




ちなみに私もやはり自分のアレルギーと向き合うために

コロナのもっと前から自然免疫ってのを勉強してきて

医者たちもあまり自然免疫を勉強していないので

(日本の医師免許はなんと自然免疫を勉強しないで取れてしまう)


自分で色々 英語も論文も見ながら学んできたわけですが


そこでメルマガで何度か ワクってのは自然免疫を下げる可能性が

大いに考えられるってことは書いてきたわけですが・・・


まあ数ヶ月前はあくまでmRNAが大量接種される前だったから

仮説であったのだけど


どうも最近のある種の実験して数ヶ月の傾向を見ると 

もう間違いないと私なんかは

見てるわけですね。


おそらく5ヶ月前後で免疫機構の働きが

相当低下するのでしょう。



そして現場の医師たちも 臨床にあたってる医師たちも

ワク肯定だった人たちまでもが最近はあまりにワク後遺症外来が多いから

上の医師のように方針転換しだしてるわけですよね。


上にあげたいくつかの動画は、本当のことを現場から言ってるため

いずれ消される可能性もあるから是非見てみるとよいでしょうが



まあもう10月あたりになっていろいろ

ワクの今まで言われていた仮説(自然免疫機構を低下させるなど)

が実際は かなりの程度正しいってのが見えてきてるのではないかと。



それで世界的にもその辺は知られてきていて

そんな危険なものを制度的に強制するのはあまりにもおかしいだろう

ってことで 立ち上がる市民は増えてましてですね、


今まではそれこそ人類全体は「自由を放棄」してきたのだけど

最近はイタリアの地方 トリエステの人達は

大勢が立ち上がりだしてるわけです。


今日はその辺りの10月に見える動きなどを

色々追って行きたいと思います。


編集後記で!












■バックナンバー

【最近ネットでワクチン接種後の副作用や 
周囲の死亡報告事例が異様に増えてることから考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3095#3095

【動画】イタリアにおけるワクパス反対デモが
既に暴動に発展しつつあることから、
今後の欧米の流れについて考える!(保守派政権が欧州で台頭してくるシナリオ)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3094#3094


【中東で時速120キロで走るバスに乗った話】
(成長国は「スピード」がヤバい?)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3092#3092


【ブラジル大統領は「ワクチン打たない」でブレず】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3091#3091

【ガソリン価格が7年ぶりの1リットル162円超になってきたこと、
などから 今後の世界の物価上昇・インフレを考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3090#3090










==========編集後記==========


さてさて、それで今日は上に書いたように

以前メルマガのほうで扱わせていただいた

イタリア在住のMIHOさんの動画がやはりすごい情報価値が

高いと思いましたので、


引き続き 続報みたいな感じで扱いたいなと思いました。


以前にイタリアでワクを事実上強制して

全労働者にそれを強制するワクパス制度の狂気に立ち上がる

イタリアのトリエスタの人達の動きについて扱ったけど




【動画】イタリアにおけるワクパス反対デモが
既に暴動に発展しつつあることから、
今後の欧米の流れについて考える!(保守派政権が欧州で台頭してくるシナリオ)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3094#3094



その後10月15日にこの全労働者への義務化が始まったのですが

イタリアトリエスタの人たちはそれにやはり屈するのではなく


あくまで「自由を放棄しない、自由を大事にする」

ということで立ち上がりだしました。

最近の人類は昔ほど簡単に黙って自由を放棄しなくなってきてる。



今までの歴史からすると、結局行政の圧力に対して

自由を求める市民たちは 敗北してきたってのが近代でありましたが


今回ばかりは大きく世界の潮流が

軍産主流から多極派主流に転換する


世界的な覇権転換が起こってる状態なので


自由を求める市民たちが最終的には

自由を担保していく新しい流れってのは

大いに想定できるし、考えられるわけですね。



それはもうこのMIHOさんの説明動画であったり

あとは実際のトリエスタの警察の放水や催涙ガス攻撃などにも

「平和的に」立ち向かう

大多数のイタリア市民たちの姿勢を見ていると感じ取れることです。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【動画】イタリアのグリーンパス反対運動・
トリエステで起こった悲しい出来事

⇒  https://youtu.be/9rwTjamMA7I


●動画内で説明されてるトリエステでのライブ映像

⇒  https://youtu.be/fVbl063OZuI?t=8238

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



ちなみにメルマガでは定期的にまあこのコロナ騒動に関しては

今の世界で起こってる大事なところだから

扱ってきたのですが



それこそもうかなり早い段階で

私のメルマガでは2020年2月の段階で自然免疫などの

分析も踏まえて


「今後コロナ騒動を恐怖を使って煽りつつ

そこでワクを推進していく流れが形成される」


ってのはもうコロナの初動で書いていたのだけど



■2020年2月の記事より
【人間の免疫は「どのように」ウイルスを殺してくれるのか?】 を知って考える!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2236#2236


まあ大きくはそのシナリオに沿って動いてると言う風に

私は見ていたわけです。


それでその流れでワク接種が2021年4月あたりに始まって

私はじーっと様子も見ていたわけですが


しかし当初想像していた以上に

軍産は相当腐っているってのが

まあもう10月に見えてきてることですよね。



ちなみに私のメルマガってのはもう10年以上

民衆を苦しめる軍産の暴走をいかに民衆が止められるか?


にフォーカスして書いてきた経緯がありまして

自分でネットで稼ぐなんてのもその一環ですよね。


それでコロナ前から読んで頂いてる方はご存知ですが


それこそコロナ前から私は 医薬複合体、日本でいうと

医師会、厚労省官僚、製薬会社のこの複合体の恐ろしさってのは

書いてきた経緯があるわけです。


じゃあなんでコロナ前の2019年とか2018年に

そういう西洋医学政治の恐ろしさってのを書いていたかっていうと


結局軍産の 部門として在外米軍などの軍事部門

および医薬複合体があるのですが


中東に関してはもう当時トランプが軍産とうまく

過激にやって失敗させる策で戦ってましたから


あとは残るは極東アジア米軍くらいになりますが


そこで「いよいよ次は民衆が、医薬複合体と戦う時期が

いずれ来る」


ってことでコロナ前から医薬複合体の恐ろしさについては

記事でちょくちょく書いていたわけですね。


が、意外に早く2020年にコロナ騒動で医薬複合体が

暴走して今まさに暴走の最中なのですが


だからそういう流れがあって2020年の2月に

既に コロナ騒動を恐怖であおり、ワクに持っていく流れってのは

上記記事で書けていたわけですが



しかし今はやはりマスコミの扇動力が強く

2021年10月でそのワク推進が行われ

大多数がワクを接種してる事態に陥ってますが


そこで当初の想像以上に軍産の医薬複合体は本当の意味で

狂っているってのがまあ分かってきてるわけです。



ちなみに今はアメリカ、英語圏で

「ワクを打つと自然免疫が下がるのではないか」

と偉い大学の民衆側に立つ医師たちがようやく論文で仮説として

出しだしてるけど


これは私のメルマガで既に1年近く前から書いていたことですから

個人的には少し遅い、と思ってみているのですね。


以前に仮説ではあるけど書いていた

mRNAワクがもたらす自然免疫低下ってのはどうも間違いないのだろうと。


ちなみにこのシナリオってのは当然私は事前に危惧はしていたけど

ただその流れの証拠はまだ


治験中のmRNAワクの結果が見えていないから

じーっと見ていたのだけど


しかし10月の今はどうも間違いないと今思ってることがありまして

それが西洋医学の歴史ってのは

「反・自然免疫」の歴史でもあるわけですよね。


通常病気ってのは自然免疫を十分機能するように維持していれば

まさに「その自然免疫の神の遺伝子」そのものが

病気を治してくれるわけであって


だから風邪とかインフルも私なんかは40度くらい出ても

病院自体に行きませんが


まあ家で温かいお茶とかコーラとか飲んで

温かくしていれば治るわけですが


まあその風邪の状態、インフルの状態を治してくれるのは

やはり自然免疫であって 西洋医学で処方される薬ではない

わけですね。


薬は病気を治していないのですが

やはり病気を治すのは其の人の

何十世代、何百世代と受け継がれた遺伝子なわけです。



ちなみに自然免疫で体内のウイルスや歪みなどを

治す場合


そこで熱が必要ですが、風邪をひいて熱が出るってのも

熱が出ると自然免疫の細胞たちが活躍しやすいからでありまして


だから人間の神の遺伝子ってのは無駄なことはしないわけですね。


例えば風邪で何か食べると苦くなる、いわゆる味覚障害が出る

ってのはよくあるけど


あれも物の消化をしてると免疫が活躍できませんからですね、

だから敢えて空腹状態を作るように体が「おまえ、メシ食うな」と

ちゃんと私たちに免疫の一連の反応として

「苦味」として命令してくれるわけで食欲抑えてくれるわけで


そこで体内に蓄えられた脂肪をエネルギーとして

免疫機構が戦ってくれるわけですね。



人間の体ってのはまあすごい。


しかしそこで せっかく体内の自然免疫が

出してくれる熱を解熱剤とかで 下げさせるのが

自然免疫を学ばないでも免許取れてしまう、


医者2世、3世の金持ちの息子たちがメインで構成されてる

西洋医学だけども


この人達ってのは究極 医師という名前がついた


製薬会社の薬やワクチンの販売代理店でもありますから


そこで「自然免疫で治しましょうとは言えない」わけですね。



そうしたら医者ってのは世界に必要なくなってしまうわけで

薬の売り上げも伸ばせませんね。


だからバンバン自然免疫に対抗するような 対症療法の薬を

出しまくって 本来は熱ってのはウイルスなど異物と対抗するために

自然免疫を強化するために出てるのに


そこで解熱剤出して「熱下がってよかったですね~」とか

やってるのが西洋医学であって


本質的に西洋医学というか西洋医学政治ってのは

「自然免疫が敵」なわけですね。


本当は悪魔の学問であり

神が人類に授けた遺伝子を敵としてるのが


大きく西洋医学という軍産学問であると勉強していけば

見えてくるわけです。



私の場合、大学で政治学を学び

あとは自然免疫なども自分にとって必要だから学んだけど



大きな構造としてはやはりそういう構造が

学んでいくと見えてくるわけですね。


逆に政治学っていう哲学の最高峰を学ばない限り

医学っていう下位学問の本質は見えないんだろうと。



ちなみにそういった政治力学が実際は健康だとか

医学には働いてるものであるから


当然 西洋軍産医学者たち、製薬会社たちには

「あるモチベーション」が働くわけで


それが「多くの人の自然免疫を下げるためにはどうすればいいか」

という視点が入ってくるわけですね。彼らの経済合理性として。


要するに 自然免疫ってのが多くの人の健康を守ってるけども

しかし多くの人が健康であって病院もいかない、薬も飲まないだと


当然 継続的に薬にサブスク課金してくれる患者ってのは少なくなり


製薬会社もまた製薬会社からリベートもらってる医師会も官僚も

儲からないとなりますが


そこで「どうやって人々の自然免疫を下げればよいか」

という議論に 彼ら寡占されてる医薬業界なりの

経済合理性として入っていくのは

どうしても避けられないわけですね。


人々の自然免疫が上がっていくのであれば

売り上げが下がる


人々の自然免疫が下がれば あらゆる病気の人が増えて

売り上げが上がる


わけです。


(また主に彼らは本当は知ってるはずだが
自然免疫が下がれば人類の最大の敵であるヘルペスウイルスなどが
神経節で増殖して各種難病が増えるわけだ)


それで今回のワク騒動では10月あたりから

明らかにワク接種者の後遺症などの報告がネットで目立ちだしてるけど


最近はもうさすがに世界でも「ワクの自然免疫機構の低下の可能性」

を言い出す人が世界中の学者で増えだしてるわけですが


どうも本当に軍産官僚の医薬複合体の人間たちは

なりふり構わずと言っていいでしょうが


「自然免疫をワクで低下させてあらゆる病気に

かかる人を増やして売り上げ立てる」


と言う戦略を実行してる可能性が見えてきてるわけです。


実際ワクの後遺症で苦しむ人達が更なる免疫抑制剤でそれに対処するから

特定の薬の売り上げが上がっちゃってる、

っていう悪魔のループが見られますよね。


私が ワクは自然免疫を下げる可能性があって

その結果 多くの副作用 後遺症で悩む人が増える可能性がある

って年初に何度も書いてるのは


まあ上記のような 医薬複合体の政治が働くことを危惧してだった

わけですが


そしてそのようになってほしくなかったですが

しかし現実どうもそうなってきてるのではないかと危惧してるわけです。



ちなみにこういった製薬会社や官僚、製薬会社など

為政者、行政をけん制するために憲法21条の

「一切保障される」言論表現の自由が

あると思ってメルマガでそれを書くのだけど


やはり今回のワク騒動ってのは、大きな国家犯罪なんだろうと

私は考えてます。


10月になって、もうある程度結果が見えてきた。


やはりmRNAワクってのは人類が初めて遭遇する

未知の化学物質ですから


それが実験的に治験通さず投与されて

それが数ヶ月でもしてどうなるのか?


ってのはまさに今世界中で人体実験が行われてる最中ですから

それを見るしかないのですが


どうもあらゆる声や報告などを見ると

以前書いたように自然免疫低下の症状と一致してるので
(例:帯状疱疹で苦しむ報告がやたら多い。)


それが大きくはワク投与の目的である可能性は高い


と私はこの 実験結果を見て今仮説ですが、考えてるわけです。


ちなみに日本でも当初はワクを患者たちに打ってきたけど

しかし10月になって急に ワク打ってから体調がおかしいという

外来患者が急増しだして


そこで気づいてきた医師たちも出ていて

そこでこの医師なんかは


もうそこで「ワクは今までは中立的に見ていたけど

この「結果」を見て推進をこれ以上できない」


と臨床しながら態度を変えてきてる

民衆側に立つ医師たちも

10月になって出てきてるわけですね。



いわゆる職域接種で進められた

ワクの後遺症を、現場の臨床医師たちも

無視できなくなってきてる。


やはり話を聞くとこの10月あたりから

急にワク後遺症を訴える外来患者たちが増えてるようですが


それはこの前メルマガでも10月になって

やたらワク後遺症を訴えるネット上の一般アカウントが増えてる

って扱ったけど その話とも矛盾しないわけですね。



いつかこの動画も消される可能性はあるけども

こういう良心を持って発言できる医者がどれだけ日本に増えてくるか

ってのも大事です。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【ニコ動】ワクの後遺症をうけ、
ワク方針を転換する医師も日本では出てきてる

⇒  https://sp.nicovideo.jp/watch/sm39471028

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



ちなみに今後世界で危惧されるのが

やはり冬に入って行きますがそこでは

しっかりと免疫が機能してその冬を乗り切るってことが

人類にとって大事なのですが


どうも色々 この辺の自然免疫低下についての

視点を見ると



■自然免疫低下を指摘する研究者たちの声が出てきてる
kaikaku33.blog.jp/archives/27265016.html



例えばインフルなんかは毎年冬に流行しますが

ここで死者が急増しないかってのはやはり個人的に危惧してる

点ですよね。


むしろ 最近はネット上で


ワクで自然免疫低下させてでの
⇒冬にぶつけてパンデミックの死者数で煽る政治


ってのは危惧されてますが


仮にそうなれば「ワク打ってない人のせいだ」とマスコミは

やるでしょうが


しかしそこで死者のほとんどはおそらく

ワク接種者に集中するだろうから


仮にそういうシナリオになっても騙されないことが

大事ですね。



今年中でPCRの感染者数の発表が終わり

次は死者数発表が主体となりますが


やはり死者数を増えるように、軍産官僚の政治が

自然免疫低下を促進させてワクを推進させているという軍事作戦に

出てくる可能性は無視できないわけです。


基本的にやはり私は今回の騒動は戦争の代替物と

考えてますが


とりあえず言えることは軍産官僚たちは

もう2016年のイギリスEU離脱以降、一気に追い込まれてきてるけど

捨て身の作戦に入ってきてるのは間違いないかと。



ちなみにそろそろ、マスコミなんかがよく使う

陰謀論って言葉があるんだけど


それも私たちは疑わないといけないですよね。


というのは、以前に陰謀論と言われていたものの

多くが私たちの「現実」として出てきてるのは事実でありますから。


ちなみに陰謀論って言葉はもともとCIAなんかが

ケネディ暗殺の時に 真相追及から逃れるために

ジャーナリストたちを「社会的におかしい人」とレッテル貼りして


「社会性」を持つ人々、すなわち自ら自由を放棄する人

ってのが昨日の話でいうと 人類には多いですから


そういう人の思考追及を阻害するための目的として

軍産官僚が使い出した言葉がそれですが


実際はやはり権力者共同謀議はある論ってのが

正しい翻訳だと副島先生はおっしゃってるけど


まさにそういう謀議が「ないわけがない」わけですね。


大人であれば「マスコミで発表される上辺の発表だけで

社会が物事が進んでるわけがない」とみな分かる。


だからそろそろ陰謀論って言葉をやたらマスコミがレッテル貼りするために

使うんだけども、


それに疑問を持つってことは大事ですよね。


ちなみにもっと本当の事を言えば

こういった陰謀論って用語を使うマスコミ人ってのは


私の大学生時代の同級生たちにも多いのだけど

そして私の親父もそうだったけど


大体が「優等生だった人」なんですね。


これはもう ある程度 集団の中の偏りを偏差値と

表現するけども


ある程度 勉強が出来て、優等生で頭よいほうでした

っていう人、偏差値でいうと60~70ちょっとくらいの

ある程度勉強できた優等生ですね、


このエリートで大企業とかに勤めてるような人達が 

この陰謀論って言葉をよく使う。



しかし見れば分かりますが例えば日本では

知能の偏差値で言えば 80超えるみたいな人たちってのは

結構いて、


それは成人移行、知能をさらに強化した

田中先生も副島先生も


あとはメルマガでよく扱うようなすんごいトレーダーとかいるけど


あとは英語圏でワクの危険性を分析して発言する研究者がいるけど

日本でも免疫生物学の大橋教授やドクターヒロもすごいものだけど


ああいう人ってのは知能でいうと

おそらく偏差が80とかそれを超えるそういうレベルなわけです。


すなわち上記の人らは

「頭が良すぎて 一般的に理解されない」人らでしょう。



そういった天才レベルの人達の言論などを

軍産官僚の手下のエリートたちは陰謀論とするんだけど


それを言ってるマスコミ人ってのは

本当はそういう単なる優等生レベルだった

人であり


上記のような人らのような天才ではないわけで

本当のその危険性を言う天才たちのいうことをマスコミ人は

理解ができない、わけです。


大体のワクの危険性を分析してる

陰謀論者扱いされてしまってる研究者などは


本来は相当な知能がある方であり

「優等生レベル」ではないわけであり


やはり私たちは陰謀論とかって優等生エリートのマスコミ人たちが

馬鹿にしてる「世界中にいる民衆側に立ってる天才たち」の意見もちゃんと聞いて

判断することが大事だと私は最近すごく思いますね。


それこそ「世間で陰謀論者扱いされてる人」を冷静に見てると

どうみても「頭がよすぎる人」にそれが集中しちゃってるってのは

私以外の人もみな感じ取ってることかと思います。


だからワクについてネガティブな意見を持ってる人ってのは

大卒の優等生層には少ないけど



一方 PHD博士号レベルで知能がある人は一気に増えてくる、
って以前扱った現象になるのでしょう。


あとは、大学教育ってのは学生の思考停止化を進めて

多くの人間を馬鹿にしてしまう傾向がありますが


そこで敢えて大学や高校に行っていない層は

実際は暗記が苦手なだけで


物事の本質をつなぎあわせて真を見抜けるという部分で

頭が良い人がかなり多いですから



(だから中卒で富裕層、みたいな人が現実社会では

やたら多いとなる。


私は中卒とか高卒で各方面で活躍する友人も多いですが、

彼らは話していて

一般的な大卒者より明らかに頭が良い人が多いと判断してます。

例えば、私の韓国の友人のD君は

若い頃 先輩に騙されて運び屋やってしまった過去があって

前科があり中卒だけど


しかし韓国の国家資格で 韓国内トップの成績を

日本の東大にあたるソウル大の受験生を抜き差って、

「獄中から」取った。当時韓国内の新聞にも掲載された)



そういう 実際は頭が悪くなってしまう

変な洗脳を受けていない大学教育を受けていない層が


ワク非接種者に多いってのも

シンプルにあらゆる事象をつなぎあわせて

様子見るという判断をしてる人が多いってことでしょう。




それでまあやはり

大きくは世界のワクの危険性をちゃんと言う

一部の勇敢な学問を続けてきた民衆側に立ってきた

陰謀論者扱いされていた研究者たちが

正しかったってことはもう10月になっておぼろげに見えてきてる。



それでまあそういう天才だけど世の中というよりはマスコミに理解されない

研究者たちの一部が英語圏で ワクの自然免疫低下の論文を

最近出しては削除されてるけども


どうもそれらを見ても、

またネット上であったりの後遺症報告のあまりの増加


およびそれらを訴える外来患者が明らかに10月から増えてるなんて

医師たちの声を見ると、


もうワクが自然免疫を下げるってのは間違いないことなのだろうな

ってのが私が見てる点ですね。



今後やはりこの自然免疫の低下ってのが

世界的に民衆側の議論として重要になっていくでしょう。



それでもうイタリアの人達ってのは

私も知ってるけどやはり哲学とか難しい部分を

色々幼少期から叩き込まれてる人間が多いですから


気合い入ってますが


最近はもうイタリア人たちも黙っておりませんね。



この前MIHOさんの動画を扱いましたが


最近はイタリアの地方のトリエスタの人達は

ちゃんと自由を守るために戦いを進めてるわけです。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【動画】イタリアのグリーンパス反対運動・
トリエステで起こった悲しい出来事

⇒  https://youtu.be/9rwTjamMA7I


●動画内で説明されてるトリエステでのライブ映像

⇒  https://youtu.be/fVbl063OZuI?t=8238

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





ちなみに動画の中でMIHOさんが語られておりますが

もう今はこのイタリアのある種のグリーンパス、ワクパスの圧政に対して

ワク打ってる人も打ってない人達もおかしいと声をあげるって

状況となってまして



それでもう今回のトリエステでのワクパス反対デモに関しては

「イタリア政府がグリーンパスを撤回するまでは

このデモを終わらせない」


という感じになってきておりまして


イタリア全土から応援の人達も駆けつけてる状態である

ということですね。



ちなみにその後、警察が大勢武装して集まって

平和的に抗議をする市民たちに威嚇を開始したそうで


最初に放水、その次 催涙ガスを使い出したと。


ちなみにあくまで今回はこのグリーンパス反対デモのリーダーが

「平和的にデモをしよう、暴動には至らないように」

と相当気をつけて動いたらしいのですが


もうそこでグリーンパスデモに集まった人達は

抵抗はしないで耐えたのですが


だから絵としては

一方的に警察に放水と催涙ガスでいじめられてる、みたいな

感じになったそうです。



当然だからそんな一方的に

行政の警察が市民をいじめる絵となってしまったものですから

イタリアのメディアは その大きな出来事を報じられないとなって


市長選なんかの選挙が当日あったそうでそれで

ニュースの枠を埋めて


このイタリア、トリエステの動きの報道の扱いは

相当小さかったようですね。



それで今度 は市民とイタリア政府との話し合いが

23日に行われるってことでしたが


まあ私が思ったのが

「今までは自由を民衆は放棄してきたけども

今回ばかりはそうとも言えない」


ってことですよね。


「自由を守ろうというイタリア地方のトリエステの人々の勇姿」


ってのはこの映像で見ることができるんだけど



●動画内で説明されてるトリエステでのライブ映像

⇒  https://youtu.be/fVbl063OZuI?t=8238



これを見るとこの人達が今後、この暴政に今回ばかりは

屈するとは思えないわけです。





ちなみに私が最近の一連の流れを見て気づいたことがあって

それが「今まで政治のことに特に興味なかった人達も

さすがに世界中で行われてる暴政」に対して


声を上げだしてる、って傾向が最近強く見られると思うんですね。


それこそ上のMIHOさんは今でこそこういう

イタリア政府の暴政に対して さすがにおかしいんじゃないの

ってことで声を上げられてますが


実はこのチャンネルよく見てみると

普段は料理チャンネルなんですね。


MIHOさんは普段は料理のことをイタリアから

こうやって発信されてる方であるわけです。


■アスパラのカルボナーラ【イタリア家庭料理レシピ】パスタレシピ
https://youtu.be/Tj1h-DwLnFY



だから最近はこう政治的なことを普段から発言してるような人というよりは

普通に料理とかに興味があって発信してきたような人であったりとか

あくまで普通に、政治的な発言はしなかったような人達


そういう人達までもが 自由について 言い出してる

ってのが大きな流れですよね。


実際にワクの後遺症の話でも以前扱ったように

それを言ってたのは数ヶ月前は 研究者が中心でありましたが


しかし実際にワクの後遺症で苦しんでる一般のSNSアカウントの人らが

それを言い出しており



これが大きな世界の胎動となってきていると。



上のトリエスタのデモ映像見てみても

政治運動を仕事にしてるある種のプロ市民ではなく


あくまで普段、イタリアで人生を楽しんで生きてる、

女性を見たらナ・ンパしないと失礼だ、なんていってるような


私たちが普段 ちょくちょく見る一般的なイタリア人たちが

そのデモを行ってるわけでして



世界中の人々が本気で自由を考え出してるって

流れは感じ取れますよね。



それでこれはコメントなんかでもそうで

以前はこういう自由について大事さを伝えようとする人がいたら

軍産側の工作員っぽいのがそれを袋たたきするって流れは


あったと思うんですが


最近は違って 例えば上記のトリエステの人達の

勇姿に対して


以下のような日本語のコメントも沢山ついてるわけです。






■ジャーナリズムが本来の役割を全く果たしていない今、
貴重な情報の発信をしてくださりありがとうございます!

わたしもイタリア在住ですが、
大手マスメディアからはトリエステの状況が伝わってこないです。

日本でもイタリアの状況に関心を持っていただき、
応援の気持ちも伝わり嬉しいです!



■トリエステの方達の勇気と団結力に感動し、
無防備なのに攻撃されても平和的な対応をされる!
素晴らしいです!そして泣けてきます。

ミホさん今回も近況発信して頂きありがとうございます。
ミホさん、イタリアの皆さん応援しています!


■トリエステの皆さんの有志をお伝えしていただき本当にありがとう。
遠い日本からMihoさん並びに彼らを応援しています。

明日は我が身。私たちも心の準備を
そろそろしないといけませんね。

素敵な未来をみんなで築き上げていきましょう。 (=´∀`)ノ Ciao!


■トリエステの皆さん、負けないで!
決して権力に屈しないで!
自由の歌を唄って!


■貴重な情報ありがとうございます。
トリエステの方々の抵抗は全人類のための抵抗でもあると思います。


■イタリアを含めグリーンパスを導入している、
しようとしている国々が撤回することを願います。

トリエステの有志たちの勇気ある行動を讃えます!
このストライキが怪我なく目標を遂げることができますように。



■このグリーンパス抗議の話題を拡散して、
ワクチンパスポートについて考える人が増えて欲しいです。

経済優先が走る余りに個々の人権配慮がなくなり、
社会不安を招くのではなんの意味もありません。



■トリエステの映像観ました。

放水、催涙ガス、報道陣らしき人達も大勢いましたが
テレビでほんの少ししか放送されないとは

イタリアの言論の自由はどうなっているのか疑問です。

女性の人や老人の方もいたし、みんな非武装でした。
政府は暴力でしか解散させられないと思っているのでしょう。
労働者の皆さん負けないでください。






以上です。


ちなみに中に、やはりこういう真実の発信をしようという方を

攻撃するようなコメントとかも見えましたが


逆にそういう工作員っぽいコメとかから

真実を伝えようという配信者を守ろうという動きも

出ていまして


これは私も見たことがない動きだったので

印象的でした。



ちなみに上にある ワクについての立場を大きく変えることを

表明した

長尾医師もそうですが、



それこそ今までは権力者がどんなに悪いことを 強要してきても

それに黙って従うってのがある種の空気であったと思いますが


それこそ昨日扱ったようにフロイトがいったように

人類の近代の歴史は 自由を自ら放棄してきたってのが歴史だったけど


最近は・・・・そうとも言えなくなって来てますね。



むしろ、ワクの接種するかしないかの自由権について

侵害しようという行政に対して声をあげたり


あとはワクの後遺症問題も勇敢に声を上げる人達ってのが

この数ヶ月で相当増えておりまして


今回ばかりは200年以上負け続けてきてボロボロに

されてきた人類ですが


負けるとは言い切れないわけですね。



やはりこれはインターネットっていう元々軍産側の

アーパネットっていう軍事兵器から発達した ある種の兵器が

民生化されて 私たちも今それを使ってるわけですが


そのインターネットが登場して、

情報統制なんぞ100%はできませんからね、


それがきっとこういう状況を作った。


元々アーパネットのDARPAの開発者たちの中には

自分達の

作ってる兵器が今後民生化されて


それが軍産のプロパガンダに使われることを承知していたけども


しかし、そこで「無限パケット」で構成されるネットは

実はそこで人類の自由を守る反軍産の兵器になるという

面従腹背の姿勢でネット開発を進めた人間が一定数いたはずなんだけど


今まさにその 本当は反軍産立場として使われる

インターネットってのが

今すごい役割を果たしてるのだろうとも思います。



それで最近は女性が強いですね。


男性の多くは空気とか相互監視で攻撃されるのにビビッて

本当の思ってることを言えない人が多数の中


イタリアに単身で渡ってそのおかしさを目撃した女性は

こうやって世界に向けて、発信しだしている。


男の多くは利権だなんだですぐヘナヘナになるものですが

最近は女性が強いものだな・・・ってのは同時に私が強く感じた点ですね。


たぶんワクの後遺症や危険性の問題でも

今後本当の意味での強い女性たちが次世代の子供たちを守るため

多く世界中で立ち上がってくるかもしれない。


最近時々 色々見てると「今後は女性性の時代だ」なんて

言論を見るんだけど


まあそれはどうしても感じてしまいますね。


次世代の子供の健康を守ろう、

社会の笑顔を守ろう

命を守ろう


と言う点で本来の保守的な側に立ってる女性ってのは

とんでもなく強いってのを最近

私はどうしても感じてしまいます。



そして今後自由のために、こういう方々が

沢山立ち上がっていくのでしょう。



ということで最近はある種の暴政ってのが

世界で長らく続いておりますが

(といっても、日本はうまいこと緊急事態宣言も解除して

ワクパス暴政には至っていない。)


しかしこの流れを見ると

イギリスのEU離脱の動きが2016年にあって


「反エスタブ・反エリート支配」の動きってのがありましたが


これは今回の 軍産の過激な暴走策で

反動が起こって、欧州各国で本来の保守政権が樹立されて


民衆の自由が守られるっていう流れも想定はできるように

なってきてますね。



軍産官僚のクレイジーな意図ってのも

ワク行政で見えますが


しかし多極派ってのは自由を守る民衆側とスタンスが最近は近いですが

こっちは強いですから


今後 治療薬開発などで対抗していくのでしょう。


それで軍産側ってのはまさにそのワクの後遺症問題などは

メディアプロパガンダで押し潰せるという算段でしょうが、


どうも最近の動きを見るとそうとも言えなくなってる

っていう状況ですね。



従順な人が多いと揶揄される日本ですら

ワクのしばらくして分かってきた危険性に対して

声を上げる人が日に日に増えてます。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【ニコ動】ワクの後遺症をうけ、
ワク方針を転換する医師も日本では出てきてる

⇒  https://sp.nicovideo.jp/watch/sm39471028

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




という感じで最近は決して悲観だけの時代ではなくなってきてるな~

ということですね。


今世界を形容するとしたら

全体主義、社会主義、共産主義みたいなところですが


しかし歴史を見れば過激に自由を圧迫すると

その反動として多くの人が自由について考え出して


自由を重視する政治が出来上がるものですが


今後世界ではそういった流れが観察できるかもしれないので

引き続き注目ではあります。


では!




ゆう












追伸・・・ちなみに私はこの前まで旧ソ連地域だった

コーカサスにいたのでその辺がよく分かるんですが


もうジョージアあたりになるとどの国より

自由を重んじていたのですね。


なんでそんなに自由を重んじるようになったかっていうと

それは当然で

昔 ソ連時代に 今まさに先進国の人が味わってるような

自由の消失ってのを多くの人が味わっておりまして


すなわち地獄を見てですね、


その反動として「自由って大事だ」とみな気付いて

自由が重んじられるように変化したわけですね。



ちなみに最近のこの10数年の先進国のやり方を見ると

「表向き自由でデモクラシーで資本主義であるけど」


「実態は緩やかな社会主義が進んできた」ってのが実態であった

でしょうが


それこそ私のアメリカを脱出したアメリカの友達が私に昔

「アメリカは共産主義になってきている」って私に説明してくれたことが

ある。


すなわち

「表面ではデモクラシーだけど実際に左傾化を緩やかに進めていく動き」

ってのが先進国で沢山見られたんだけど


これを逆に破壊するには?っていうと過激にやらせればよいわけですね。


今回のコロナやワク騒動のように過激に人権も奪いつつやれば

その反動として 旧ソ連諸国がそうだったように


物理法則における反動として


自由を求める動き、世論が強まり


自由を重視する保守政権が立ち上がる。



なんとなくそこまで計算されて仕掛けられてるのが

一連の騒動のようにも見えるわけです。


だから今後数年は個人的には

欧州などで、既得権益のエリート層の支配が見直されて

保守政権が一気に誕生するかどうか

ってのが注目だなって見てるわけです。



そういう意味では2016年のイギリスEU離脱の時から

ずーっと数年にわたって反エスタブ(軍産)の政治ダイナミズムが

働いてるんだってのは感じ取れますね。



そういった大きな反エスタブ、反エリートのダイナミズムが

発生してるため


今回ばかりは自由を求める民衆が敗北するという

いつものシナリオに収まらない可能性が見えてるとも言えるわけです。


実際に自由を求めるイタリアのトリエスタの人達の

勇姿がこうやって数千キロ離れた私たちに伝わってくる時代です。


それでは!



ゆう





















☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【動画】イタリアのグリーンパス反対運動・
トリエステで起こった悲しい出来事

⇒  https://youtu.be/9rwTjamMA7I


●動画内で説明されてるトリエステでのライブ映像

⇒  https://youtu.be/fVbl063OZuI?t=8238

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






«  【動画】続・イタリアの地方トリエステでのワクパス反対運動の この数日の動きを追って、 「自由を放棄しなくなってる人類の変化」について考える!  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください