無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「GAFAに依存しない収益モデル」がこれからの時代は より一層大切になっていくという話】】(残り18名)

2021 9月 16 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【「GAFAに依存しない収益モデル」がこれからの時代は
より一層大切になっていくという話】】(残り18名)
⇒編集後記で!

______________

【CM】サイクル理論を学べるFX・Nさんのアカデミーの
CMが完成!

⇒  https://fx-ntre.com/yuuov/mp/pone.mp4


【サイクル理論を1年間に渡って学べる
FX・Nさんのアカデミーは
最終募集を開始しました】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……e_tokuten/
(残り18名)


【新・対談音声3本目!】「不思議で気持ち悪い?サイクル理論」について
深く語っていただきました!(トレード回数、仮想通貨への応用などなど)
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_3/



______________




どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして
ありがとうございます!


さて、昨日は対談音声3本目のちょっとした解説を

書きましたが


今回の対談音声3本目は入る入らないは別にして

やはり「仕掛ける側」がどういう視点で動いてるか?を

考える機会になるでしょうから


是非聞いてみてくださいね~



【新・対談音声3本目!】「不思議で気持ち悪い?サイクル理論」について
深く語っていただきました!(トレード回数、仮想通貨への応用などなど)
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_3/





さてさて、それで私は現在中欧地域で生活してるわけですが

日々こうやって海外で生活しながら

色々考えたりするわけです。


それで最近、というか昔から意識はしていたものの、

やはり改めて大事だなと思う考え方があって


それが件名にも書いたのですが

「今後の時代はますます GAFAなど多国籍企業に依存しない
収益モデルが大事になっていく」

ってことですね、これを最近はよく考えます。


最近私のメルマガでもよくネットで稼ぐっていうところで

GAFA系の人、とか独立系の人と書いてるのですが

やはりその辺は日々考えてることで


最近は特にアメリカの保守派のネットで稼いでる

トレーダーであるとか、ネットビジネスしてる人ですね、


この辺で徐々に予兆として出てきてるのが

「GAFAなど多国籍企業に依存しない収益モデルを

作るのが大事だ」


っていう考え方なわけですね。

日本ではあまり言われていないけど

(といってもメルマガでは昔から書いてたことでもありますが)



今のコロナ時代ですね、簡単にアカバン、チャンネルバンが

起こってしまう時代でありまして


最近は言論としてあまり登場していないけども

日本では結構そのGAFAに依存しない収益モデルの重要性を

感じてる人が多いのではないかな?

とも思ってるわけです。


それで、私のメルマガ読んでる人の大半は

やはりネットで収益が出るように構築して

人生に柔軟性を持たせたいっていう人が多いと思うんですが


「ネットで稼ぐ」といった場合、今の時代はやはり

主に2種類に分けられると思いまして


それが

1「GAFAなどの多国籍企業のプラットフォームにあえて思考停止して

乗っかって、その上でGAFAの請負契約の社員みたいになって

稼ぐ」

(アドセンス広告の動画系アフィリエイターとしての
ユーチューバーなんかがその代表的ビジネスモデル)


というメジャーな考え方と


2「色々大変だけどなるべくGAFAなどの多国籍企業に依存しないで

自分で収益体制を作る」

(海外証券の選択肢を持ってるFXであるとか

各国に分散された株取引とか

個人や中小で商品作り、決済を全て完結するのがこれ。


今の時代は個人が軽視され大企業が偉いという風潮なため

それを「怪しい」と解釈される時代でもある)


という考え方があるわけですね。


まあ要するに、今の時代ネットで稼ぐとなれば

「多国籍企業にあらゆる点で依存する収益モデルか」

「なんとかその依存度を減らす収益モデルか」

「もしくはその混合型か」


の3つがあるわけですね。


これを考える必要があるわけです。

個人的には長いこと、やはり多国籍企業にも依存しないで

なんとか稼ぐってことを大事にしてそれを書いてきたし

意識してきたのですが


実は今回のコロナ騒動で実は裏側で完全に見えてきたことがあって

それが「多国籍企業(GAFA等)依存型のネット収益構造の危険性」ですよね。


代表的なのは多国籍企業のアカウントがBANされて

収益が月収50万円から0円になったとかは私の読者にも

いらっしゃるし、


分かりやすい事例だと最近のユーチューブで

色々突っ込んだ、「マスコミとは違う意見」を言い過ぎて

チャンネルBANされて更新不可能になって収益止まった人


など結構裏側で多くいらっしゃるわけですね。


だから今回のコロナ騒動で確実に考えないといけないと

多くの人が潜在的に思ってることだろうけど


それが「多国籍企業に依存した収益モデルの危険性」は

やはり存在していて


それを表面化したのがコロナでした。


それで今後の時代なのですが、明らかに

個人主導の時代になっていきまして、法人主導の時代ってのは

色々限界がITの影響で出てくるのは間違いないのですが


そこで個人の時代になったとしても

「あくまで多国籍企業への依存度を低める収益モデル」

を作る必要性はやはり出てくるわけですね。


ちなみに私は今中欧とかで比較的のんびりと余裕持って

生活できてるものの、


もし私が今まで「GAFAなどに完全依存する収益モデル」だった場合

今頃大変だったろうなとも思うわけです。


だからネットで稼ぐとなった場合

「ツイッターやGAFAなど多国籍企業になるべく依存しない収益モデル」

ってのが今後見直されていかざるをえないのですが


それを今日の編集後記で

真面目に考えます!




■■■■■■■■■■■■■■

【ついに30名限定で最終募集を開始いたします】


■■■■■■■■■■■■■■



さてそれで今日は
いよいよメルマガで扱ってきた

サイクル理論を一年間に渡って学ぶ
FX-Nさんのワールドアカデミーの
最終募集のリンクを準備が整ったので

公開したいと思います。


今回は一年間という長い期間のNさんの
サポートもついてるため、

学ぶ意欲のあるあなたのような方が

強烈に成長できる環境 となっております。

おそらくこれからの一年間で
学ぶことを決断された方の中で

多くの方がありえないレベルの成長を
していくことでしょう。

それで、今回に関しては
色々とサイクル理論の考え方を扱った
多くの基礎コンテンツで既に学んで頂いてますが

これまでの基礎を徹底的に極めて
そのあと発展を乗っけていく一年間と
なっておりまして、

そこで一年間にわたってNさんと
あなたが現状LINEで繋がって


メッセージや通話で
かなり密にやり取りしていき、理解を深める、
そんなアカデミーになっておりますね。

トレーダーとしてのし上がって
富裕層になった人間と
一年間にわたりあなたが繋がっていき、

コミュニケーションを直に取って双方向で学び、
成長できる環境、

まず他に見ない環境ですが
今回はそんな素晴らしい場所を
Nさんと事務局が用意してくれてます。

こういった環境をなんとか構築できること、
これこそがネットの本当の強みかと私も考えてます。

それで今回に関しては
やはり入っていただきたい方、
というのはありまして、


一年間にわたり生徒さんは
Nさんや事務局と
双方向でコミュニケーションして学ぶことになりますから


そこで入っていただきたい方というのも
事務局やNさんからもいただいており、

それがズバリ


「一年間にわたって学ぶ意欲がある方」

「またそのために学ぶ時間を取っていただける方」

「およびお互い大人として
尊重しあって学習を進められる方」

になりますね。

やはりこれは本当の事として、

今までお金の部分で何かしら依存していたり
うまくいかなかった方が

自分でネットで稼ぐぞ

と思ったりするのですが

これは私の経験からも言えますが

やはり自分で自営業として
稼ぐスタイルを構築するというのは

本当は莫大なエネルギーを最初は
特に必要とすることです。

実際に多くの方が
ネットで収益を構築しようとしてきたわけですが
その中で結果に出した人は??

というとおそらく1パーセントを切ってきた、
というのが
ネットで収益を自分で稼ぐ、

という行為なわけですね。

FX以外でも株や物販、アフィリエイト
はたまたユーチューバーなど色々あるけど
どの分野でも同じで

これが私が知ってる真実です。


そこで現実の話として
本気で学んで取り組んで
先に成功した人から1を聞いて10を吸収しようという

貪欲さ、強烈な自立心が宿った人だけが
果実を得てきた、

これがこの10年くらいの
現実で見えてることです。

かくいうNさんだって本当はそうで、
サイクル理論を師匠に頭下げて教えてもらえるようになって
そこでと貪欲に学んだからこそ

結果として富裕層に成り上がった
彼の姿があるわけですね。

Nさんはあまり自分でおっしゃらないけども
以前音声でちょろっと話してましたが
家庭には恵まれず やはり大事な肉親を甘えたい盛りの頃に失われて

その後
施設暮らしで、それでも成人してからも
金持ちになるために

必死こいて学び生きてきた、という
過去、プロセスはやはりある方なのですね。


今の彼の成功している、
タイで豪邸に住んでる時系列の 点 だけを
見てるだけだと分かりませんが、

若くして成功を掴んでる人もやはり
細かく過去を学ぶと色々切り抜けて、
その時点でエネルギーを使って

今があるのは私たちに分かることです。


それで自分で稼ぐと簡単にいうけど
それは今までの思考の習慣、投資の取り組み方、


今までの人生全般の
全てを見直すことですから
時には自分のダメさを直視しないといけないから

やはり最初はエネルギー使うものなのですね。

が、その最初が一番楽しくもある。



だからやはりそこでは
楽して俺もNさんみたいに
一発数百万稼ぎたいなーレベルではなく

やはり



「ガチにこの這い上がった人間から
サイクル理論を始めとして考え方を学びたい
どんどん富裕層たちの素晴らしいところをある種盗んで
自分のものにしていく」

という知識欲や学習意欲や狡猾さ、および真面目さが
必須条件となると私は思います。

それでNさんも学ぶ意欲のある方に
教えるのはやはり教え甲斐があるとおっしゃってますので

ぜひもしあなたがそういった
自立して、真剣に学ぶ意欲があれば
検討していただきたい、

ということですね!

特に今までサイクル理論の基礎コンテンツや
音声などもお渡ししてますが
それらを熱心に何度も読んで聞いてる方、

なんかは学習意欲が高い方なので、
ずばり「今後成功していく土台に乗ってる少数」であるので
検討する価値は大いにあると私は思います。


それで今回はガチに素直に学ぶ意欲がある方のために
環境が構築されてまして


サポート期間も通常の6カ月から
学校などで採用される一年間

という期間になってるので

1年間の期間を通してちゃんと学ぶ意欲がある人こそ、
活用できる環境をNさんと事務局が
作ってくれております。

学ぶ意欲がある方なんかは
日々のNさんのサイクル理論の分析とかを見て、
オンラインサイトのコンテンツでも学び

およびNさんとLINEでもメッセージや通話で
ツーカーの仲で双方向で学ぶことになります。

おそらく大多数の人が
人生で富裕層の方とそこまで密に
連絡取って学んだことはないでしょうから

ちゃんと学ぶ方は
今まで受けた教育の中でも
最も印象的な

人生で記憶に残る教育となるかもしれません。

(これは実際に生徒の声を見てもらいましたが
Nさんと接して人生が大きく開けたという
生徒は多数実績としておりますので

根拠なき発言でもないかと。)



それで今回あなたが上記の学習意欲や
学ぶ基本的な姿勢があれば
なかなかありえない、
素晴らしい場所となっておりますが


しかし一つ問題はありまして
それがNさんや事務局が
ガッツリ生徒を一年間に渡ってサポートする関係上、

どうしても構造上、
大勢を受け入れられないという
問題は正直あるわけですね。

一年間に渡ってNさんが

メッセージだけではなく場合によっては
通話などでも今回生徒さんを
サポートするので

どうしても募集できるキャパは
限界が出てくるのは本当のところです。

例えばオンラインサーバーに動画だけおいて
それだけ再生して自分で学んでくださいね、

とでもやれば人数は増やせますが

しかしそれだと人は育たないわけです。

そして
Nさんがしたいのは自分みたいに稼げる生徒を増やして
海外なりでも語ったり遊んだりできる人を
増やすということなので

Nさんの考え方とも
ズレてしまうわけです。

なので今回は人数としては
「ガチに教える枠」として

30名

を取ってまして

少し少ないかもしれませんが
この枠で募集させていただく形ですね。



しかしこの枠に入った方はまさに
富裕層のNさんの動画を見て終わりとかではなく

細かいところまでLINEサポートなりで直接Nさんに
聞いたり話したり

コミュニケーションを双方向でしながら
成長できるので

凄まじい成長チャンスにはなるはずです。

実際にこの数年で
今までサポートの様子を見ていただいたように
多くの生徒さんが成長され、自立していきました。


それで、私もNさんと同じ頭脳を持った
AIロボットがあればもっと人数集められるのになとか
妄想するのですが


現実サイクル理論を実践で教えられて
トレーダーとしてもすごい
FXNという人間は残念ながら一人しかおりませんので

30名という枠になりますね。


それでやはりあまり多くない枠なので
入る方はやはりその環境をちゃんと活用して

結果に残してくれる人が一人でも多くなれば良い
とNさんは長期的に考えてるので


学ぶ意欲 および学ぶ素直さのある方


はぜひ今回の特典ページもご覧ください。


今回入る30名の方はこれらの特典も含め
Nさんがサポートしていきます。

特典は簡易的に以下となりますが


■期間限定特別特典1
損切り10pipsで+300pips取る手法


■期間限定特別特典2
超高等テクニック カバーリング方法


■期間限定特別特典3
負ける金額は同じだけど、
大きく勝てる不思議な資金管理方法


■期間限定特別特典4
シナリオの分岐点によるトレードテクニック


■特別特典1
サポート期間6ヶ月→1年に延長!


■特別特典2
アルティメット天井、底シグナルパッケージ


■特別特典3
自己資金調達リスト2021年最新版


■特別特典4
損小利大デイトレMAX


■特別特典5
自動売買システムGAIA


ありえないレベルの特典となりましたが

これら特典もアカデミー期間内に
知ってるだけではなく
あなたが使えるレベル

にまでしていく感じですね。

結局今の時代は知ってることだけは
意味を持たず

それを如何に現実に反映させられるか?で
人生の質が決まってくる時代ですが

サイクル理論を知ってる上辺の知識から
「使える知識」にするのが
アカデミーの肝です。

知識をただ与えてくれる場所は沢山ありますが
それを実践で使える段階までに引き上げる
環境はなかなかありません。

そういった意味で私は希少な環境と思い
メルマガでも扱わせていただいてるわけですね。

それで今回 枠はサポートの負担も考慮して
あまり多くは取れませんですが

入った方は最大限の環境で
のびのび一年

コミュニケーションもNさんと重ねてサイクル理論を
自分のものとして
成長出来るでしょうから

他者への思いやりがあり、
時には人を勇気持って助けたり、

コミュニケーション、理解し合うことを
大事にして生きてきた方なら、

そしてその上できれいごと抜きで
人生においての
お金を稼ぐ大事さを理解されてる
現実もちゃんと直視される方なら

Nさんとも馬が合うはずなので
そして強烈な成長を遂げられるでしょうから
ぜひ最終募集のページもご覧くださいね!


私も世の中は複雑で100パーセントうまくいくだとか
絶対うまくいくだとか、
これらは無責任だから言えないものの、

また世の中は得てして思った通りに
うまくいかないことも多いとは知ってますが

しかし少なくとも
私の経験上 間違いなく言えるのは

学ぶ意志、まっすぐな心
素直さを持った人は

勝負の土台に乗っかっており、

いわゆる優位性が確立されており
そういった人の多くはかなり高い確率で
道を開けるものですね。

この行まで離脱されず読んでるあなたは
たぶんそういう方なのでしょうから

ぜひページもご覧くださいね。


それでは30名限定で公開いたします。

限定公開の
リンクは以下となります。



【ついに30名限定で最終募集を開始いたします】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……e_tokuten/










追伸・・・それで特典などについては
より具体的に音声にて
さらに詳しく語っております。

また今までの対談音声はこちらです。


【新・対談音声3本目!】「不思議で気持ち悪い?サイクル理論」について
深く語っていただきました!(トレード回数、仮想通貨への応用などなど)
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_3/


■【新・「特典」についての対談音声を公開!】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……n_tokuten/


【新・対談音声1本目】タイで14日隔離を経験したFXNさんに
色々聞きました!(サイクル理論から見た
日本経済の今後の有力シナリオとは!?)

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_1/

【新・対談音声2本目】Nさんは 富士山の噴火や大震災なども
サイクル理論から想定して動いて準備している!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_2/



【無料】Nさんから「サイクル理論の基礎をまとめた
コンテンツ」が届きました!
⇒  https://fx-ntre.com/onlinesa/cyclekiso



それで今回はこちらのNさんとあなたが
1年間に渡って双方向でつながりながら

サイクル理論について実践を通して
学んでいく稀有な環境となっております。

私も全てを知ってるわけではありませんが
私の知る限り、アメリカにでさえ、このレベルで
サイクル理論を実践的に学べる環境はないはずです。



Nさんもおっしゃってましたが
今まで沢山の自立してきた
生徒さんを見てきた経験から

「本気と本気がぶつかり合うことで
成功につながる」


ということですので

あなたが本気で、
現在の一時的な感情だけではなく

1年間に渡って学び続けるまっすぐな意思があれば
大いに活用できる環境ですから

特典もNさんが本気で成功につながりやすい素晴らしいものを
用意してくれたので

ページもご覧くださいね。




【30名限定で最終募集を開始します】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……e_tokuten/











===========編集後記===========


さてさて、今日はずばり、この数年私がよく考えてきたことでも

ありますし


あとは友人たちとも色々話したり議論したりするトピック

なのですが


それが件名に書いた


「今後の時代は、GAFAなど多国籍企業に依存しない

収益モデルが必須になる」


という話ですが


これを今日は考えて行きたいと思います!

結構今の時代より大事な考え方じゃないかな?と。


ちなみにこの考え方は日本語ではあまりなぜか出てこない?

考え方で個人的には日本大丈夫かなって心配になりますが


やはりアメリカの保守派の方々でインターネットで収益を

立てている、30~40代くらいの人らの間では

やはり言われだしてるし、その動き、兆候はもう出てる、


そんな話ですよね。


といっても、日本でもやはり一部の人はこの辺りの

多国籍企業に依存しない収益モデルを作る重要性、は

感じ取ってるだろうし、


同意してくれる人も結構ネットで収益立てる経験が

長い人の間では多いと思うんですが


やはりそれを言語化して文字にするってのは

大事だな~と思いましたのでそれを今号で書きたいと思ったわけです。


個人的にはやはりこのメルマガですが


「多くの人が考える機会」をもてればよいなと思ってまして

まあそんな観点で書いてますね。

それがまあ近代デモクラシー下における個人メディアの役割でも

ありますんで。


だから誰も妄信しないで

読者さんそれぞれで自分で色々考えてほしいわけで

そのきっかけとしてメルマガがあるのかなと私は思ってるわけです。



それで私の読者さんの多くはやはり

「インターネットで収益を立てていく」ことに対して

既に実践してそれが出来ていたり、


これからそれをやっていくぞ、みたいな人が多いわけですが

2021年の今、まあ探せば色々なネットで稼ぐ方法とか

スタイルってのはあるわけですね。


それくらいネットってのは社会で広範的にインフラとして

活用されてるわけですよ。



ただここで、2021年の時点で「ネットで個人たちが稼ぐ」

となった場合、


選択肢が上のほうに書いたように主に2つありまして

それが


1 GAFAなどの多国籍企業プラットフォームを最大限活用して

すなわち言い方を変えれば依存して

その上で稼ぐ


という方法ですね、これがやはり収益化するための難易度が低いので

選択されがちですが


しかしあとはもうひとつ、


2 なるべくGAFAなどのプラットフォームへの依存度を

落として、

なるべく個人や中小たちでITを活用して稼ぐ


という方法論があるわけですね。



私ももう今やネットで稼ぐっていうのを色々学んできて

業界も見てきて10年以上になりますから



そこで大きく今の状態を俯瞰して

やはり今の時代は

「GAFAなど多国籍企業に依存する収益モデル」



「なるたけそこに依存しない収益モデル」


にきっぱり分かれてるな、とは思うわけです。



ちなみに前者で分かりやすいのが、

例えばそれはユーチューバーなんかがそうで


グーグルのアドセンスというアフィリエイトを

ユーチューブの動画マーケティング上で行って


1再生あたり0.2円とか0.4円のアドセンス収入得るとか

まああれは分かりやすく、グーグル(アルファベット)のプラットフォームに

全部乗っかった収益モデルとして有名ですよね。



それで同時に「今最も儲かっているのは

これらのGAFAなどのプラットフォームを最大限活用した

ビジネスマンたちだったり、そこに投資してる投資家」


であるわけですね。


だから多くの人は当然ながらお金の大きさに意識奪われますから

「なるべくGAFAに依存した収益モデル」に憧れるように

なってそこに参入するわけです。


ちなみに私は10年以上この「ネットで稼ぐ」ってのを

見てきたのですが


実はこの傾向は大体この5年前後かなと思いますが

それ以前のネットで稼ぐってのは


「個人たちが決済も集客も全部独自で準備して行って

その上で独立型で成り立つビジネスモデル」ってのが


当たり前だったんですね。


例えばLINEであったりグーグルのアドセンスであったりの

大企業をかます場合も、そこに依存しないのは当たり前で


まあぶっちゃけ、アカウント沢山作りまくって

BAN覚悟で、アクセスを独占的大企業から一時的に抜いていく

っていう発想がおそらく主体でした。


それがまあやはり大企業の独裁、独占がこの数年で進んで

多くの人がそれに抗えないとなって、


結局今はもう大企業、多国籍企業に依存するビジネスモデル

を追求する人が2021年時点では大半になったわけですね。



だからまあ私は10年以上こういう

ネットの「自分で稼ぐ業界」を見ていて


「ああ、どんどん多国籍企業GAFAへの

個人たちの収益依存度が

上がってるな」


なんていつも裏では考えて見ているのですが


最近は同時に


コロナ騒動もあってこのGAFAなどの多国籍企業への

依存が強いビジネスモデルの限界が

見え出してるなってのはよく私は感じるわけです。



それはよく言われる検閲問題なんかもそうなんですが

私の読者さんでも FXを学ぶきっかけとなったのが


「色々アフィリで多国籍企業のプラットフォームで

アドセンスで頑張っていたけど

BANされて収益がなくなってしまった、激減してしまった。

だから新しい収益源が必要だから学ぶことにした」


とかそんな人が結構いるわけです。


これはあんまりセンシティブ?な内容らしくて報道されないけど

実は裏側で

「最近のコロナ騒動でコンテンツ検閲などが激しくて

アカウントBANされて、

SEOなどでブログが検索結果から飛んで

その上で収益がゼロになった」


なんて人はかなりいらっしゃるわけですね。


だから昔、私が「多国籍企業へあまりにも依存する収益モデルは危険」

みたいなことを書いていたのを

「へん、こいつ何言ってるんだ、今はFACEBOOKでリスト取るのが

儲かるんだよ」


みたいな人達も、


最近これ、色々BANされて、再度メルマガみてくれてる方

なんかもいらっしゃるわけですよね。


特に今回のコロナ騒動が大きくて

実態としては情報コントロールがすごいものですから


もうあらゆるBANが影で進んでるわけですね。


例えばブログアフィリされてる方でしたら

SEO結果も色々情報が統制されるようになっていて


医療関係になると「御用医者のHPばかり」が上位表示されてる

わけですが



最近の主要検索エンジンで何か検索すれば

「大企業のつまらないHPか、

官公庁のページか

主要ニュースサイトの言ってる主張を繰り返すHP」


となってるはずです。


そこで「色々権威は嘘をつくもんだから真実を追求する」

なんて心意気持ってる人たちの作ってるブログやらHPなんかは

まあ完全に検索に引っかからないようになっていて


HPやブログの言論でも今の時代は

「権力者、マスコミに忖度したことを書く、言う、発言する

人しかアクセスが集まらない仕組み」


となってきてるわけですね。



それでここでちょっとでもそうですね、

最近だとワクチン関係で真実を述べようとしたユーチューバーなんかも

BANされて更新できなくなってる状況ですし


あとは「ネットで稼ぐ系の情報」ってのは

官僚機構が権力肥大化するためには当然、国民全員貧乏にならないと

権力肥大化できませんから(例:中国の毛沢東時代)


やはりこれも統制されていく情報になるんですが


そういうのを色々ネットの多国籍企業郡のプラットフォーム上で

発信していた人たちってのは

一斉にBANされてり凍結されたりしてるわけですね。



ちなみに、まあ最近の

多国籍企業で流行中のBAN手法ってのはあって


それがもし「チャンネルは削除されました」

「アカウントは削除されました」


とかを視聴者やユーザーに表示してしまうとですね、


それは検閲っていう日本の憲法21条違反の問題にも発展するから

問題が出てくるので


最近だと「発信者が更新できなくする」ってのが今は

多国籍企業のBAN手法として流行中なんですね。


これをやると例えばユーチューブで言えばみてる人は

「あれ?この人 更新止まったぞ?体調でも悪いのかな?」

とかになるわけで


そこで検閲がされてることに気付きづらいのですが

だから「発信者は検閲されてるけど、しかし

それがユーザーに悟られないように

チャンネル自体であったりアカウントの過去発言は

みられるようにして、


見てる人達が発信者が体調悪いと勘違いするような検閲手法」

がとられてるんですね。


これをやると発信者を検閲してるプラットフォームも

ユーザーが気付かないから、目ではチャンネルやアカウントが

消えていないように見えるから


そういった違法行為をその企業がやってるってことも

追及されずらくなるわけですね。


悪い意味で頭が良いですね。


こうやって世間は動いてます。

だから「ある日なぜかあの人の情報発信が止まった」とか

最近は増えているけど、実際はBANされて更新できなくなってたりする

わけですね。


最近はだから「情報発信が止まったその理由、

その情報発信を止めるように動いた意思・主体が

その発信者か、プラットフォーム側か分からなくするBAN手法」が

本当は多国籍企業で流行してます。



それでまあコロナ騒動で色々その辺の傾向が進んで

「多国籍企業に収益依存していた人たちは

そもそもそのアカウントであったり、チャンネルをなくして

収益が激減、もしくは0になった」


という現状があって、それはマスコミが多国籍企業側についてますから

報じられないだけで

実際今起こってることなんですね。


私の読者さんでもこの2年くらいでしょうか

色々多国籍企業の一方的なルール変更なりで

収益が一気に減った、0になったなんて人は


沢山いらっしゃるわけですね。


ちなみに、じゃあ何とかうまいこと多国籍企業の「ルール」に

引っかからないようにして生き残ってる

多国籍企業に収益依存してる人達がうまくいってるのか?


というとそれはごく一部でして

大多数の人が大変になってる現状はあるわけですね。



これは今日報じられたものですが

あのユーチューバーに転向されて色々賛否両論が起こってる

宮迫さんについてですが


登録者100万人いるけど「実際はジリ貧だ」

という記事で、今後グーグルのアドセンスかまさないで

企業の独自案件をやらないとダメになってきてる


っていう報道です。


■宮迫博之「お金儲け」発言でわかったジリ貧ぶり 
HIKAKINだけが別格の現実
https://news.yahoo.co.jp/artic……e60279c1ea


ここで

コロナがあってドン引きするほどユーチューブの1再生辺りの

単価が下がっているってことが書かれてますが


実際のユーチューブチャンネルの運営状態としては

まあ宮迫氏いわく「カツカツ状態」であると。



現状はユーチューブのグーグルの広告、アドセンス広告で

なんとかカツカツでやってるけど


このままだと倒れてしまうから

企業から直接 プラットフォームをはさまないで広告費としてもらえる

企業案件をやらないとどうにもならないっていう


状況になってきてるわけですね。



ちなみに、これがやはり多国籍企業へ収益依存してしまう

リスクでもありますが


再生単価、アドセンスなどのアフィリエイトの単価ってのは

その大企業の鶴の一声で変わってしまう現状でしょうが


こうなると「先月は単価がある程度あったけど

今月は単価を下げるといわれたので収益がガクンと減ってしまった」


なんてことが頻繁に起こるわけでして


これがやはり「依存」の怖さでありますよね。


収益モデルをそこに依存してるからこそ

他の代替選択が取れないので、立場として大変弱いものになってしまう

わけですね。


お金の余裕がない人の場合は特にそうなってしまう。



だからまあユーチューバーってのは一部の「今は」

優遇されてる人たちは別にして


そうじゃない人達は現実問題としては

大企業に対して 真っ当な契約書なしに完全成果報酬の請負契約を

してる請負個人事業主、請負社員みたいな状況になっておりまして


そこでも単価は交渉はできず、一方的に

単価を切られたり(チャンネルが削除されたり)


あとは単価が半額になってしまう、みたいな状況なわけです。


これは私はよく友人たちとビジネス構造を分析しながら

話すことなんですが


多国籍企業に依存度を強めると、

自分で自立したかったはずなのに


実態としては多国籍企業の請負社員みたいになってしまう

わけで、これが今の個人の収益モデルの大きな問題として

背後にあると分析できます。


だから例えば宮迫氏については色々言われてるけど

仮にプラットフォーム側が政治的に嫌気をさせば

理由は秘匿してチャンネルはBAN,停止できますから


そういう意味では実は結構ビジネスとしてみた場合

巨大なリスクはあるわけですね。



ちなみに今の現状は「官僚側やマスコミ側に忖度した

「安パイな」発言やコンテンツを作ってる限りはチャンネル削除されたり

はしない・時にはおススメに出してくれる」


のでありますが



この状態は意外に「上司の機嫌を見て働いてる雇われ社員」と

あんまり変わらないわけですね。



だからユーチューブ周りの政治を見ていれば

多国籍企業に依存する収益モデルが相当なリスクを持ってるってのは

まあ分かってしまいますよね。


といっても私も暇だったらユーチューブ見るときもあるんですが

まあユーチューバーの事情を知ると、実際は色々大変なのは

どうしても考えちゃいますね。



だからよく書くけど依存するってのはリスクの塊なわけですね、

それ自体が。



この「依存する」ってことに対して私たち現代人は

考えるきっかけを

失ってしまってますが


しかし私がいる中欧の人々は「以前に依存体質で大失敗してますから」


今は違うのですが、これは先進国の人間も今後考える必要がある

わけです。


そう例えば国家に老後を依存する年金ですね。


「年金を払っていれば老後は安泰、とされていた」

のですが


今の現役世代で年金で将来安泰と信じてる人は

一般的な知能以上の人ではあまりおらず、


相当な危険性が年金依存ははらんでるってのは多くの人は

気付いてるわけですね。


これなんかは9月10日に田村大臣が発言したけど

まあ年金制度の寿命はもう長くない。


■国民年金の水準低下緩和へ 厚生年金から財源振り分け
https://news.yahoo.co.jp/artic……47576de9cc



ちなみに以前はソ連だった中欧のジョージアは

昔この年金制度はうまくいかないって痛いほど知って

今はもうそれを廃止してしまって


なんとか家族や親戚でお互い不動産なりで投資して

人に貸したりして老後暮らすってのが普通になってきてるんだけど

(私はそういう家を借りてるわけです。私の払った家賃は

こっちの人の実質の年金になってたりするわけです。)



まあこっちの人は「依存は結局最大のリスク」ってのは

痛いソ連時代の経験で知ってるわけですね。



依存(いぞん)ってのは要するに

本来自分で自立していくべきところを誰か別の存在に

寄りかかって なんとかしてもらうってことなんだけど


その別の存在が自分のことをちゃんと

今後数十年考えてくれたらいいんですが


例えば会社や企業や国家に依存していたとして

それらが「自分を守らなくなれば」依存してたら

一発でアウトになってしまうわけですね。


そういう意味では依存ってのは楽なんだけども

投資の考え方からすると


ミドルリターンは取れるけど

リスクはスーパーハイリスクと言えますね。



ただ重要なのは「依存させて儲ける側」が世の中では

力握ってきたってのも事実で


日本の国家官僚があまりにも強いってのも

やはり多くの人を社会保障で依存させることに

この数十年で成功したからですし、


さらには

「多くの個人たちを依存させたことで

多国籍企業の時価総額は史上空前規模」となってるのが


2021年で見られる状況です。




よければご自身で、多国籍企業の時価総額を見てみればよい

です。


これら時価総額は


多国籍企業がプラットフォームを個人たちに貸して(実質使わせて)

その個人たちの営業活動から発生してる利益を中抜きして得られた

塊の収益であるのだけど


その多国籍企業の時価総額はもうすごいことになってる

わけですね。


ちなみに多国籍企業のビジネスモデルのなかなかエグイのは

例えば「稼げていないユーチューバー」がいるけど

実際彼らは動画作ったり労働をしてますが


しかしアクセス集まらない、つまらない動画作成者には

まあ賃金を払わなくてよいわけですね。


普通は企業は労使契約に縛られるんだけど

この多国籍企業のプラットフォームは労使契約に縛られないで

多くの人がほとんど無料で好き好んで労働してくれるっていうところが

すごいわけです。


「できる社員」にだけ、お金をあげればいいわけで

このビジネスモデル考えた人は逆にすごいな、と感心してしまうくらいです。



ちなみにこれを本当は搾取というんだけど

実はITの多国籍企業の支配体制がもたらした

「搾取体制の変化」ってのがあって


今までは各企業がですね、東インド会社以来の

株式会社システムを作って、


その上で労働者の営業利益を中抜きする搾取ってのが

まあ一般的だったんですね。


ちなみに税金の場合は収奪ですが(契約書は交わしてない)

契約を交わした労使契約の搾取によって

社会が成り立ってるのも事実ではありまして


私はそれを全面否定する立場でもないわけです。


そこでは労働契約書は交わしてるのは事実ですね。


だから搾取自体も冷静に感情抜きに見る必要がある。



ただ注目なのは、

以前の搾取方法、株式会社形態の搾取方法ってのは

近年変わってきたわけですね。



最近はそれを嫌って個人がまさに「好きなことで生きていく~~♪」


とか言い出して、個人で稼ぐってのを重視するようになって来たはず

なんですが


やはり新しい企業体が出てきてそれが多国籍企業なんだけど

そこでは「新手の搾取」ってのが出てきたわけです。

世界中の個人にコンテンツを作らせるんだけど


大多数の人にこれマネーは払わないんだけど

そこで企業から1再生1円とかの収益が入れば

0.2円だけ還元するとかそんなビジネスモデルですが


ここでは個人の営業利益を下手したら株式会社の雇用形態以上に

搾取できてしまうわけですね。


そうやって本当は多国籍企業ってのは成り立っていて

時価総額を膨張させてるんですが

なかなかまあビジネスモデルを分析していくと

エグイところはある。


ちなみにユーチューバーが企業案件にこだわるのはそこで

その企業案件では途中にプラットフォーム搾取が

入りませんからね


だから直接取引だから搾取が少なくなって「本来の取り分」が

手に入るからなんだけども。


ただここでも問題があって、そのプラットフォーム上で

サーバーや集客などを完全依存してビジネス展開してる以上、


その企業案件ってのはプラットフォーム側に

利益が全くないわけですから



当然のごとく「その企業案件の取り締まり、制限」ってのは

プラットフォーム側は考えるはずですよね。


だから私なんかはあのユーチューブの「概要欄」ってのは

いつまで存続できるのだろう?ってのはよく見てます。

本当はプラットフォーム側はやはり中抜きできない

企業案件は好まないはずなんですね。


だからまあ色々観察してると分かりますが

多国籍企業に収益モデルを依存するのは

すごいリスクがあるってことですよね。


ユーチューブ関係の政治を見ていると特にそれが

分かりやすいです。


それで今回のウイルス騒動もありまして

その辺は結構世界の若い層に認知されてきてるのでありますが


やはりその辺の認知が早いのがアメリカ人たちでありますね。


この「ネットで個人たちがスモールビジネスや投資をやって

自立して稼いで行く」


っていう思想はやはりアメリカから出てきたわけで

それこそFXだってネットビジネスだって


全部アメリカのリバータリアンたちから

メインで出てきてるわけですね。



だから最近のアメリカ人たちの若い現役世代層の

30~40代くらいの層は


動画配信とかでも特定のプラットフォームに乗っかることは

しなくなっていて


「なんとか自分でサーバー契約してサーバー立てて

自分のドメインで、

トラフィック管理して本当に独自のチャンネルを作る」


っていう流れではありますよね。


私も英語の発信者を見るのですが個別名は控えますが

私が見る人なんて大体 ユーチューブで削除されてるんで


最近は彼らの個人HPで動画見たり音声聞いたりすることが

増えてますね。



だから少なくともアメリカの「古き良きアメリカ」を信奉する

彼らは、やはりGAFAなどに依存しない収益モデル構築に

動いてるのは見えてまして


大変だけど、なんとか独自サーバー、独自ドメイン

独自のトラフィック管理をしてるわけです。


そこには思想として「依存こそが人生の最大のリスクである」

って考え方があるわけですね。



それでもうこれはアメリカだけではなく

日本の個人たちにも大事な話になってきてると私は思いまして


私個人としては

「個人たちが

GAFAなど多国籍企業に完全に依存する収益モデルについては

そろそろ限界が見えてきてるから


今後は なるべく大企業に依存しない

個人の収益モデル構築がより一層大事に成っていく」


という考え方なわけです。


また最近これについて日本のIT系の事業者たちとも

本当によく話しまして

この考え方は水面下で大きな流れになりそうな予兆は

出てきてます。


ちなみにこれは「0か100か」という極端の

2項対立で考える必要もないと思いまして


リスクヘッジってのは分散が基本でありますから


別に60とか70とか30でも良いわけですね。


「極端で過激は失敗する」というのはよく知られてます。


ちなみに頭が良い、悪いといいますが

私の考え方ですと頭が良いってのは


「うまいこと自分の思想や考え方もあるけど

極端にどっちにもいかず、そっちに寄せて

現実を戦えること」だと思ってるんですね。


例えばですがマスクをするかしないかってのは今は

世界中で議論対象となってますが


この辺の闘いで実際は勝ってる民衆の国ってのは

私は自分の目で見ていて分かるんだけど


それらの勝ってる民衆たちはマスクに合理的理由が見つからない

ってのもよく分かってるわけですね。


が、行政の言うとおりにそこでは一応モール内では

マスクはしてるんだけど


しかしそこでは、「マスクをしながらもそのおかしさを皆が言う」

わけです。


すなわち政治家で言うと面従腹背の考え方ですね。


メディアとしてはマスクをしないで過激にモール内に入って行く人が

いれば、

それをつるし上げて、過激な人は頭がおかしいという

レッテル張りをしてメディアを連動して

民衆を攻撃できるチャンスとなるのですが


少なくとも最近規制をどんどん撤廃させることに成功してる国の

民衆は マスクをしながらもそのおかしさをマスクしながら言う

わけで、


戦い方としてはこっちのほうが

過激ではないためメディアは叩きづらいし、真っ当なため

行政も戦いづらいわけですね。


東欧なんかはこういった戦い方を民衆はして

勝ってるのを私は見ている。


0か100に過激に寄らないで、中間の55に立ちながらも

100が良いとしたら100に寄せるように、

60、70となるように動いていく人たち


これがおそらく頭が良いってことで

それは日本の与党政治家達を冷静に見ていたら分かることでもあります。



それでこれはネットで稼ぐ、収益構造でも一緒で

0か100かのどっちかでなくてもよいわけですね。


1多国籍企業に依存する稼ぎ方



2多国籍企業に全く依存しない稼ぎ方


があるとしたら


3にあたる「なるべく」多国籍企業に依存しないように

ベクトル、方向性は持って、極力2に近づける


という考え方があるわけです。


それで今後の時代で重要な考え方としたら


まず2がすごい大事で独立した、多国籍企業に収益影響されない

収益モデルを作ることは大事でして


もしくは1と2の混合の3ですね、

この3の姿勢を取りつつ2に寄せていく


ってのがすごい大事になってくるだろうと。


そこで大事に成ってくるのが「独立とか自立」って単語ですね。


やはり多国籍企業や大企業にあまりにも依存してる

収益モデルは自立してるとは言いづらい時代になってきてます。

(昔は自由だったけど最近はそうでもない)


それでここで「じゃあ何が独立、自立した収益モデルだろう」

と考えるのが今後の時代は大事になってきまして


やはり投資もビジネスも長いことやるものですから

それを考えることが大事になっていくわけですね。



だからやはり暗号通貨、ブロックチェーンってのは

その辺でどうしても今後も注目され続けますし


あとは管理された株式市場での直接金融ではなく

ブロックチェーンを活用した


個人への直接投資システムなんかも未来では重要になっていく

わけですね。


今はクラファンなんかの脆弱なシステムしかありませんが

やはり暗号通貨ベースで個人投資家が能力ある個人起業家に

投資して、


そこで利益が出ればそのリターンを暗号通貨で得られるっていう

システム構築が今後スマートコントラクトなどを発展させて

進んでいく必要性はあるわけです。



あとはここで多国籍企業に意外に依存していない収益モデルとして

やはりFXもあり海外証券ではCFDも扱えますが


これらのビジネスモデルもやはり無視はできないわけでして


それこそ今は日本だけじゃなくて世界中の中小の

海外証券のプラットフォームってのは英語サポートOKであれば

使えるわけですね。


そこではやはりそれらの中小のプラットフォームの資金力とか

信頼性とかの評価は大事になって自分で調べ上げる胆力は必要だけど


分散することで 多国籍企業に依存しない収益モデルは

やはり作ることができるわけです。



昔はどの証券会社もB-BOOKで顧客の損失を

利益にしているようなおかしなところばかりでしたが


FOREXやCFDはやはり世界で競争が発生してるので

そこでは「なるべくA-BOOKに寄せていく(資金がある個人投資家に関しては)」

という流れも最近は見られますね。


そういう意味では海外証券をかました

FOREX,CFDなどが無視できないのはその辺になりますよね。


FXの場合は本質的には通貨の転売事業でありまして

通貨専用の転売屋ってことになりますが


通貨に関しては世界で市場が形成されてますから

そこでは多国籍企業に忖度しないでも

依存しないでも


収益モデルを作れるってのはこれ事実ですよね。



そういった意味ではやはり読者さんの一部も最近はおっしゃりますが

FOREXのスキルってのは多国籍企業に依存度を上げないでも

収益モデルを組めるっていうところが大きなところなんだろうな


とも私は考えてるわけです。


ちなみにこれは世界中の株なんかもそうで、

世界中の株を扱える証券会社は世界中にありますから


それは英語を必要としますが

あとは送金とかが大変だったりしますが


とりあえず自分で「選択」できまして

そこでは多国籍企業に忖度しなくても収益モデルは作れますよね。



2021年の今、多くの多国籍企業に依存していた

個人の収益モデルが音を立てて崩れ去ってますが


やはりここではなるべく多国籍企業に依存しない

独立型の収益モデルを意識していくってのが

今後は大事になりそうです。


まあそんな中に国内だけじゃなく海外証券使用も

前提としたFXとかも選択肢の一つとして

あるよな~と私は最近よく感じますね。


ということで今後の時代は

色々現代の教訓から

「多国籍企業になるべく依存しない収益モデル構築」

ってのをそれぞれが考えていくことが


大変大事となりますよね。


それでこれは何でなのかっていうと個人の側面での

意味は上に書きましたが


もっと大きな視点で言うと

今後「多国籍企業の独占状態などは世界中でどうしても

見直されていく」

のでありますね。


ちなみになぜ、近年、多くの個人で自立しようと最初は

考えた人たちが


多国籍企業に依存せざるを得ない収益モデルに

入ってしまったのかというと


その背後にはやはり独占問題ってのがあるわけです。


資本主義ってのは競争を是としますけども

しかしそこに一つだけ欠点がありそれは「競争の結果、しばらくすると

独占や寡占の弊害が出てくる」のですね。


独占や寡占が行き過ぎると、若い中小の健全な競争が

行われなくなりまして


独占や寡占した大企業が中小企業を潰すように、

時には吸収合併するように動きますが


ここで「競争は死ぬ=資本主義は死ぬ」わけです。


今はまさにこの状況でして

例えばですが「アマゾンに対抗できるオンライン書籍サービスはあるか?」

です。


ないですね。

こういった独占や寡占が「放置されてる」ってのが

2021年の状況なんですが


しかし今後の大きな時代の流れとして

これは「いずれ放置されないでメスが入る時期がそこまで

遠くない未来にやってくる」


のであります。


なぜか??


それは究極、これを放置し続けると資本主義が機能せず

世界経済が結局全体的に成長できないから

ですね。


多極派の人らはそのように考えますね。


それで近年、資本主義国として

超大企業に独占禁止法を適用する国ってのはほとんどなくなり

資本主義は先進国で死んでおりますが、


しかし最近の多極派側の新興国ではそうでもないわけです。


これらの国では 大企業独占ってのには相当厳しくて

最近だと中国ではプラットフォームのアリババの決済独占に対して

中国版の独占禁止法で罰金を課しましたし


最近は多極派が面倒見てる新興国では

「独占」について結構厳しいわけですね。


それは大企業独占の弊害で

中小企業たちの競争が活性化されないと

長期では資本主義が死んでしまうからです。



一方、現段階では先進国は、独占に甘すぎるくらい甘いですが

日本では公正取引委員会もほぼ大企業相手には機能しておりませんで

多国籍企業の独占もほぼ放置です。



が、これも今後の多極派が力を持つ時代ですと

「世界経済の成長効率が落ちるため

放置されなくなっていく」

のでありますね。


多極派ってのは軍産と違って世界全体の成長率を大事にして

世界全体が多極的に発展することで


それらに投資して利益を上げるっていう資本主義の考え方を

持ってますから。


それで「いつかその時」がやってきて

その時ってのはまさに多国籍企業の独占が政治議題になっていく

その時のことですが


そうなると、この多国籍企業に依存していた人たちは

一気に収益を失うことにもなってしまうわけですね。


近代デモクラシーの政治システムと

資本主義の経済システムがありまして


この資本主義を守るために各国の多極派側に合わせて

動く行政たちは本気で動くでしょうから


そうなると、やはり今後の時代では

多国籍企業への依存は 今はそれが密の味でも

今後は厳しくなることは想定できるわけです。


それでこういったGAFAの独占問題ってのはもう

アメリカだけじゃなく欧州でももう逃げられない議題になってるから

時間の問題なんですが


そこで多くの人の目が覚めてそこで価値観がようやく、


多国籍企業に依存しないでなるべく個人や中小で自立していかないと

いけないね



となるのはもう間違いなさそうです。



ちなみにこの価値観は経済効率といった部分でも

良くてですね、


IT登場前ってのは中央集権型の経済構造が伸びたわけですよ。


都市も東京一極に集中してしまって

優秀な人員も大企業に集中してしまえばよかった。


そこで法人の企業体が利益を出して

なんとか国民を養う体制がIT登場前は効率よかったわけです。



が、私はこの「自分でネットで稼ぐ業界」である種研究して

もう分かってしまったけど


「大企業に人員集中するより

優秀な人材それぞれに 自立して

「IT ICTをかましてビジネスや投資をさせてしまって」


そこで個人や中小の競争主体で経済構造を作ってしまったほうが

総GDPは大きくなる」


のでありますね。



これはITが登場する今までは沢山制約がありまして、


個人が動画マーケティングなんてとてもじゃないと出来ませんでしたし

個人がメディア発行もできませんでしたし

また個人と個人のファイナンスなんかもできませんでしたし

ましてや個人が物作りを正確に行うこともできませんでしたね。



けど今後の時代はテクノロジーがあまりにも進化してしまって

データと素材があれば


個人でもそれこそ電気自動車を作成できてしまう時代で

本当に日本とかだと個人で電気自動車を3Dプリンターを活用して

作ってるおっさんとかいるけど


もうしばらくすると、

そういうことが可能になってきてしまう。


今は転売屋ってのが馬鹿にされてるけど

しかしそれは政治であって、今までの転売ってのは

大企業の商社がやってたことなんだけど


今は・・・それを個人がやってるわけですね。


ちなみに最近の転売屋ってのは商社そのもので

中国の中小企業と契約を翻訳家つけて結んでしまって

商品輸入を独占契約してしまうんだけど


それをネット上で転売屋として売っていたり

あとはそもそも自分のオリジナル商品を中国の工場にお願いして

作ってしまって
(今後はおそらく3Dプリンター技術がより進めば

中国の工場にお願いしないでも 一定品質の製品を作れる。)


個人の転売屋がそれを日本で売って儲けてる事例も出てきますが

もうやってることは「個人商社」です。


これに大手の商社が危機感持ってマスコミに叩かせるっていう

政治が出てきてもおかしくないわけですが


ITっていう恐ろしい兵器が登場してしまったから

今は「法人である意味がほとんどなくなってきてしまってる」

わけですね。


「個人にはできなくて法人にしかできないこと」

ってのが技術が進歩してしまってどんどん減ってるわけです。



それで多極派の人たち、例えばピーターティールなんかは

この辺に気付いていないはずはなくて


だから配下のトランプ大統領に「スモールビジネスを応援せよ」

と言ってるのは間違いなくて



これは実はキッシンジャーも言い出してたことですね。


「世界経済全体の生産性」を考える場合、

個人にIT,ICT、AIなどを活用させて


それぞれの個人にビジネスや投資を中小間でさせてしまって


「一国の経済も多極化させる」のですが


そこで様々な「ITやAIを活用させる事業者を作り出してしまって」

そこで中小間の競争を活発化させて経済活動をさせたほうが


世界全体のGDPは上がるってのはもう彼らは気付いてないとおかしい。

私でさえ分析して気付いてるのだから。


実際に独立型で、ネットで収益立ててる人間では

「一人だけど年商は数千万、いや数億円、いや数十億円あります」

なんて人は実際は裏で沢山いるわけですね。


実際に私の友人なんだけど このNさんの案件を

まとめてるのがウメさんっていう社長なんだけど


そのウメさんの元で働いていた社員さんが

その後独立したんだけど


去年なんかは彼は独自に転売というか

自社商品を転売後に作り出して、それで年商が数十億円とかに

なってるんですけど


まあコロナで彼が作ったある女性用の商品が大ヒットして

大もうけしたけど


実は彼の会社は従業員はほとんどいなくて

少ないのだけどそれでもそこまでの生産性をあげるわけです。


だから1国の経済を考えた場合、

大企業に独占状態を継続させて 中小や個人を死に体にさせておくよりは


資本主義の原理原則に合わせて

大企業の独占を規制して、


その上で「ITを使いこなす中小や個人に自由に競争させたほうが

その1国の経済GDPは伸びる」わけです。



それでそういった国が多数あって

それぞれの個人たちがフラットタックスで16~20%とかの

所得税統一とした方が(その際には小さな政府が採用される)


世界経済は成長を続けてなおかつ、政治もうまくいくってのは

多極派が気付いてないはずがないですから


やはり今後そうなるわけですね。


それでこの未来ではやはり 多国籍企業に依存した

ネット収益モデルにこだわると弱くなるわけでして


やはりなるべく、1個の大企業に依存していない

独立型の収益モデルを持ってる人達が強くなりますよね。



ということで大きな世界の流れ、および

個人たちが抱える問題などを考えても


今後は多国籍企業に依存しない収益モデルが絶対的に

大事に成ることは明白ですね。



それで今 とりあえずネットで収益が出てるけど

そのあらゆる部分で 多国籍企業や大企業の依存がある場合、

ですね、


それを見直してそれをなんとか独自で出来ないか?

と考えるのは大事ですし


なるべく自立型、独立型の収益モデルに「寄る」ように

考えていくのは今後の時代は特に大事ってことですね。



それでFXなんかは特にその辺は分かりやすくて

国内証券や国内銀行だけに依存するのではなく


色々な国の証券、色々な国の銀行で分散することで

大企業依存のリスクも減らせますし、


その考え方が今は世界で一般的ですが

そういった意味で FXだとかCFDだとかの収益スタイル

は無視できないってことになりますね。



それで色々考えれば多国籍企業に依存しない

収益スタイルって結構あるわけですので


今後は「考える」ってことがますます大事に成るわけですね。


逆を言うとこういう視点で見ていると

今回のコロナ騒動は 「個人の自立」を推し進めてるようにも

見えまして


あえて多国籍企業が暴発することによって

個人たちの自立へのベクトルが形成されそうですが


それもひょっとしたらより知能の高い多極派の人達が

考えていることかもしれませんね。



中央集権的な大企業主体の経済構造ってのは

今後10年20年で徐々に限界が見えてくるでしょうから


今後は自立した個人や中小たちが競争していく

本来の資本主義体制が見直されるでしょうから


私たちはそういった未来を意識して

考えて生きたいものですね。



それでは!



ゆう






追伸・・・それでもう私が見えてる未来ってのがあって

とりあえず今はまだなんとか大企業が物作りの分野ですと

IT、ICT、AIを使う個人たちの「侵入」を防げてるのですね。


一方、元々コンテンツ産業であるテレビ、ラジオ、新聞などは

厳しくなってきてます。


テレビ以上に面白い動画コンテンツを作る個人のクリエイターたちが

どんどん増えてる。


テレビ業界の人ってのは旧来の思考を持ってまして

例えば動画がキレイでセットがキレイだとネットの素人たちには

勝負できるでしょ

って思ってるけど


彼らはユーザーが求めてるのはそこじゃないって

気付いてなかったりしますが



そこを個人の若い20代とかのクリエイターが今

旧来のおじさんクリエイターたちに襲い掛かってるわけですね。


簡単に言うと、キレイな映像のきれいな編集された動画よりも

DJ社長さんがただ話してる動画のほうが何故か見られるわけですね。

旧来のメディア人たちはこれが「何故か」を解析できないわけで


だから多くの若い人はテレビを見なくなってユーチューブとなってる。


しかしいずれ個人クリエイターたちはおそらく

多国籍企業に依存する体制に疑問を持ち出して


独自サーバー型で本当の意味の

「個人チャンネル」を持ち出す。

これはアメリカで2020年~2021年に見られる傾向。



それで今は大企業たちは「モノづくり」の分野では

このIT使いこなす個人の侵入を防げてるのでありますが


しかし上に私の友人の事例を書きましたが

そこまで高度な設計が要らないものに関しては


実際の「モノ」の分野で個人たちが安価な海外工場とIT通して

契約して独自商品を作ってしまったり

あとは3Dプリンターも活用して独自商品作ってしまったりして

生産性を上げだしてるわけです。


これは2021年に背後で見られる流れです。


今はまだ個人たちが、自動車作って大手メーカーと競争する

なんてのは考えられないでしょうが


それも3Dプリンターなどの「デジタル⇒アナログの現実」に

コンバートする技術進展の問題となりつつありますね。


例えば3Dプリンターなどで設計する個人用の

専用工場などが作られて、


データだけ持ってこればあとはそれに沿って高度設計できます

車検も通せます、

みたいなインフラが時代が経過して整っていくと


実はここで今までは個人の侵入を防いでいた大企業も

有能な個人数人とか数十人の横の関係の新しい企業体と競争せざるを

得なくなります。


その際に大企業は質が良いってのが強みですが

有能な個人たちが新技術を使って質まで埋めてくる可能性は

大いにあるわけですね。


今はフォルクスワーゲンなんかが3Dプリンターで

車作りを開始してますが


となるといずれ個人でも出来ちゃうなってことです。


実際にこの前、アメリカ人の親子が「ランボルギーニ」を

3Dプリンターで自作してしまった。


■3Dプリンターでランボルギーニを一般人が自作!?
さらにはプリントしたボディを取り替え可能な未来型自動車も登場
https://skhonpo.com/blogs/blog……3dprintcar


3Dプリンタ用のデータは秘匿されてるからエンジンだけは

作れなかったそうですが・・・


もう上の記事や中にある動画を見たら

「3DプリンターやITを使いこなす個人たちが

モノづくりで耐えてる大企業の分野にも侵入するのは時間の問題」

とも分かります。



普通に上にその3Dプリンターで作った

親子の自作ランボルギーニの動画があるんだけど


車にくわしくない人からしたら

本当にランボルギーニかもと一瞬思ってしまう

出来上がりになってますね。


いずれ「車のライトを3Dプリンターで自作する個人」とか

「エクステリア専門の3Dプリンターの個人」とか

出てきて

そこで「各パーツを組み立てる個人」とかで出てくるかと思われます。


だから今はコンテンツを扱う大企業たちの業界が

ITを使いこなす個人の侵入で恐ろしいレベルで崩れてきてますが

(新聞業界とかは大変そう)


いずれ技術進歩でものづくり業界までこの流れは

2030年代前後には及んでいくってことですね。



だから大きな流れとしては今後は大企業や多国籍企業に依存して

収益モデルを作るっていう考え方は


徐々に通用しなくなりそうで


やはり自立した個人たちが中心になりリバータリアンとして

多極的に存在して経済を回していくっていう時代に

IT技術の帰結としてなるでしょうから


それを想定して独立型、自立型の収益モデルを考えることが

大事になっていくってことですね!


それで課税としては IT使いこなして稼ぐ個人たちの

熱意なんかが冷めないように、多くの国で累進課税は見直されて

結局 中欧やエストニアとか旧ソ連地域が導入してる


フラットタックスが多くの国で採用されざるを得ないでしょうね。


ということで技術進展や最近の世界政治経済の流れから

ある程度今後数十年の人類の動きは見えてるわけなので


それに合わせて、私たちは人生をデザインしていきたいものです。


では!



______________

【CM】サイクル理論を学べるFX・Nさんのアカデミーの
CMが完成!

⇒  https://fx-ntre.com/yuuov/mp/pone.mp4


【サイクル理論を1年間に渡って学べる
FX・Nさんのアカデミーは
最終募集を開始しました】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……e_tokuten/
(残り18名)


【新・対談音声3本目!】「不思議で気持ち悪い?サイクル理論」について
深く語っていただきました!(トレード回数、仮想通貨への応用などなど)
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_3/



______________



コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください