無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【世界の大きな現状・構造と日本の今後を、 田中先生の最新の分析記事を勉強して考える!】

2021 9月 06 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【世界の大きな現状・構造と日本の今後を、
田中先生の最新の分析記事を勉強して考える!】
⇒編集後記で!
________________________________


【新・対談音声2本目】Nさんは 富士山の噴火や大震災なども
サイクル理論から想定して動いて準備している!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_2/

________________________________

【新・対談音声1本目】タイで14日隔離を経験したFXNさんに
色々聞きました!(サイクル理論から見た
日本経済の今後の有力シナリオとは!?)

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_1/

________________________________




どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして

ありがとうございます!




さてさて、この前から新しいこの前Nさんが

タイでホテルの監禁?じゃなくて

隔離終わった後に録音できた対談音声をお送りしてますが


まあ本当に好評ですね。


私もNさんと対談音声をして、色々自由に語れることの

大切さってのを本当に痛感いたします。


ちなみに私はずっと学生時代から

政治学を学びたくて学んできた経緯があるんで思うんですが


やはり日本の強さって

「言論の自由がちゃんと残ってること、

他国と比べるとマシ」なことだな~と

最近本当に思いますよね。


他の国見ると、もう政府が怖くて何もいえなくなってるような

そんな国も見られる中、


やはり日本では市井の人がそれぞれの倫理とか正義感を

自分で騙さないで色々書かれていたり発言してるのを見るので


たぶんこれが、日本が戦後、分からないながらも

デモクラシーを勉強し続けた姿なのだな、と最近は思います。


まあそれで、私がもう昔から新聞代わりに取ってるのが

田中宇先生のメルマガなんですが



それこそ英語圏でもなかなか見ないレベルの分析を

自由に展開されてることが特徴なんですが


最近の氏の「コロナ帝国と日本」っていう号が

すごい個人的には学びになりました。


■コロナ帝国と日本
https://tanakanews.com/210905corona.htm




現状のコロナってのは

もう戦争の代替物みたいになってきてますが



そこで世界、およびその中の日本という部分で

大きく捉えてるのが特徴ですね。


ちなみに、そこではこの前ですが

ロシアのプーチンが

「ワクチン接種を国民に強要するのは間違っている」

って言った事なども扱われてるのですが


まさにこの前扱った 東欧の元ソ連から独立した

ルーマニアがワクチン接種政策自体を廃止したことなどとも

動きがリンクするわけですね。


それでやはり最も大事なのは何事も

「大きく捉える力」なんで、いわゆる大局ですね、


これを捉える力がすごい大事で

小さい細々としたことばかりに気を取られてると


人生全部が小さいことに気を取られて

人生の操縦権を失ってしまいますからね、


是非そうならないためにも

大局を学んで行きたいと思います。


編集後記で!





■■■■■■■■■■■■■■■■■

【Nさんの「災害だろうが戦争だろうが
何にもビクともしない生き方」から学ぶ!】
(新時代のIT活用の方法論)

■■■■■■■■■■■■■■■■■




さて、前号にて東欧の国ルーマニアでは

もうワク接種政策自体が停止されるという話を扱いました。


今はたぶん日本語で構成される情報だけを元にすれば

世界全体でワク推進真っ盛りでそれが常識となってると

思うのですが


しかしもうそれとは違う新しい動きが

多くの国で9月になってでてきているってことですね。


この前デンマークのそれも扱いましたし

ルーマニアでもワク接種政策を見直しどころか狡猾に停止となりました。




■バックナンバー
【東欧のルーマニアは「ワクチン接種政策自体を停止する」動きへ】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3049#3049


ちなみに私もルーマニアの近くにいたりして

このメルマガつらつら書いてますが


まあルーマニアも昔はソ連だったんですよね。


だから昨日の記事見て色々考えてきて生きてる方は


「今でこそ日本でもワクチン副作用が報道されだす中


なんでルーマニアの民衆はメディアが扇動しても

それに乗らず ずっと慎重だったのか」


と思うでしょうが


ルーマニアの人らは

一度社会主義で地獄を見て、「地獄を生き抜くトレーニング」を

数十年前にしてきてるんですね。


その上で自由だとかデモクラシーを取り入れたんで

だからその辺の歴史の流れからデモクラシーがより新鮮で

強固だから


ワクチン接種政策でデモクラシーに沿った政治の動きが

おそらく連動したわけです。


「政府とマスコミは嘘をつくのが仕事」とみな良く分かってますから

そこがルーマニアの強いところだろうなと私は思いました。


ちなみに北欧のデンマークに関しては

「デモクラシーが当たり前になりすぎて

その価値に人々が気付かなくなってしまうという事態を避けるために」


教育ですごい頑張っている北欧地域の国ですが

あの国は小学校の頃からデモクラシーについてディベートさせるような

国でありますから


その辺の知識の地力があって

今回のワクの狂った騒動からの

早期の脱却につながってますよね。


哲学で最も大事なのが政治哲学で

これが現代社会の基礎ですけど

その基礎が強い国が、なんとかこの騒動の中でも


経済衰退しないで発展軌道に乗ってるってのは

興味深いものですね。


ちなみにもう分かってることがあって

最近は旧ソ連地域から独立した国が、なんとかコロナ騒動でも

衰退しないで、そこで狡猾に経済成長していくのは間違いないですね!


ルーマニアは分かりやすい事例です。



それでじゃあアジア地域は??

っていうと私が見ている中で最も

生き残る姿勢を模索してるのが(自滅回避しようという姿勢が強いのが)

まさにタイであると思いますが



タイなんかはロックダウンなどはするものの

「オンラインで稼いでる富裕層カモン」

って感じでして


なかなかコロナであっても良い意味でアグレッシブですよね。


そんなタイに今いらっしゃるのがNさんです。

タイのビザの取得の話も今回はしてくれてますね。

________________________________


【新・対談音声2本目】Nさんは 富士山の噴火や大震災なども
サイクル理論から想定して動いて準備している!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_2/

________________________________

【新・対談音声1本目】タイで14日隔離を経験したFXNさんに
色々聞きました!(サイクル理論から見た
日本経済の今後の有力シナリオとは!?)

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_1/

________________________________






それで今回の新しい2021年のNさんとの新しい対談音声では

まあそれこそ サイクル理論の今後のサイクルの底、ボトムに

2024年当たりにむけて長期に日本が向かうシナリオ分析から


それこそコロナだけではその経済が底に向かうサイクルの動きとして

弱いので


今後、何かしらの自然災害、すなわち富士山の噴火であるだとか

大地震のようなそういった事象が自然の長期分析でもある

サイクル理論からは必要になってしまうわけであって


Nさんがそれを淡々と話してくださってるのですが


実はこれらが、Nさんがタイの師匠さんと日々話してる内容の

一部でもあるんですね。



いくつかシナリオは考えられるのですが

ただやはり日本はどう見ても災害国ですから

それらについてもヘッジをかけておくのが大事だっていう

投資家の 「考えられる恐ろしいシナリオ」を見てみぬふりせず、


ヘッジしていく姿勢が大事となるわけですね。


ちなみに私がマスコミ報道ですごい疑問なことがあって


それが


「災害で恐怖を煽りに煽って、

感情でかわいそう、ご哀悼申し上げますとか

表面だけキレイにするだけで


そこで今後私たち日本人は

どう生き延びるか?対策するべきか?


などを一切言わない欺瞞」


があるなと正直私は思ってまして


例えば災害があっても

災害で亡くなった方、遺族へのストーカーレベルの

取材はするけど


「災害で同じような環境で生きていたけど

生き残った人の取材」ってあまりしないわけですよね。



それはそうです。マスコミは災害を 恐怖を煽るツールとしか

認識していないからですね。

(表向きは視聴率を取るためという論点ずらした嘘を言う。)


対談音声1本目の最後らへんに

恐怖による統制についてNさんがおっしゃってる。


【音声1本目】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_1/



ただマスコミが報道しなくても実際は

「日本の民衆たち」は賢くて、

それは五輪でも日本の民衆たちであるボランティアのひとたちが

海外から相当高く評価されたけど



いわゆる日本の民衆はほとんどが面従腹背で

しっかり自分や家族や周囲の利益をちゃんと考えて

動いてると本当によく思いますが


たぶん多くの人が忘れてるだろうけど

つい7ヶ月前に東北で「震度6強の大地震」があったんですね。



しかし死者が0人でした。


■東北で震度6強…死者ゼロは進歩の証し、
絶えず対策必要
https://asahi.gakujo.ne.jp/com……il/id=3231




それであの7ヶ月前の地震は震度6強、7に近いものだったから

多くの人がまた亡くなるのかと、私は海外から

見ていたものですが



しかし私は驚いたけど、本当に死者が0人だったわけです。


マスコミとしては死者が一人も出ないのが

本音ではつまらないってことで

その後 大地震報道を急速に縮小させて行きましたが


本当は

「なぜ震度7近い地震なのに誰も死なず生還したか」

を掘り下げるほうが大事ですよね。


そういったインタビューはほとんど見ないのが日本の

報道であります。




それで今回の対談音声では

シナリオとしてどうしてもサイクル理論の長期サイクル分析から

Nさんの自然災害の分析が出てくるので


それをしっかり対談音声で扱ってるのでありますが


今後、サイクル理論として考えられるのが

富士山噴火であるとか それにもつながる

よく言われる大地震だとか

その辺ですよね。



ただマスコミのように恐怖を煽ることだけに

終始してるものではありませんので


例えば国内にいてもどう動けるようにしておくかとか

あとはNさんの場合は「国のヘッジをかけてる」とか

そういう考え方もちゃんと、学べるようになってます。




________________________________


【新・対談音声2本目】Nさんは 富士山の噴火や大震災なども
サイクル理論から想定して動いて準備している!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_2/

________________________________







============編集後記============


さてさて今日はズバリ田中宇先生の

最新分析である コロナ帝国と日本 こちらは

WEB上で無料公開されてるので


こちらで学びたいと思います!




■コロナ帝国と日本
https://tanakanews.com/210905corona.htm

■田中宇の国際ニュース解説
http://tanakanews.com/index.html




ちなみに私は「情報」といった場合ですね、

やはり「個人の相当分析レベルがすごい人」を追うように

しているわけですが


それは当然理由があって、情報を得る場合、

何か大資本であるとかそういうところが背後で絡んでる

通信社であるとか大手ネットニュースでは


本当の分析は絶対出てこないってのは一応知ってるからですね。


例えば自営業者間の友達の間での情報ってのは、

本当の真実の鋭い情報で溢れていて、


色々商売を通して把握されてる生の情報とかがほとんどなんですが


それはNさんとの対談音声聞いていただければ分かると思いますが

そういう話ばかりなんですね。

が、一方、大手ニュースサイトなんかではそういう情報って

滅多にでてこないわけでして


やはり情報をどう考えるかってのは私は大事にしてるわけです。


そんな中でやはり異彩を放ってるのが田中宇先生でして

その分析はやはり あまりにもすごいわけですね。



ちなみに最近で言うと、とにかく日本語圏の情報は

自由に発言できるはずなのに、多くの情報が「視点が小さい情報」が

多いのでありますが


だから必然的に多くの人の視点が狭く、短くなってしまうのですが

田中先生の分析は広く、長く分析されてるから

それが希少であるわけですね。


今は日本だけではなく世界中の人が大変な時代になってる

わけなんですが


そこで1日1日に一喜一憂してる人が大半の中、

大きな視点を持ってる人は こんな大変な時でもどっしりと

構えて人生戦略を作れるわけです。



それで田中先生がこの前

「コロナ帝国と日本」っていう文章を書かれて


これは無料で公開してくださってますので

是非それを見て、一緒に学んで考えて生きましょう!



内容としてはやはり一流の分析ですから難しいのではありますが

しかし、大多数の人が最近起こってることが意味不明状態であるわけですが


それを大きく上から俯瞰して見ていくことができるように

なっていくので


大変価値のあることが書かれてますね!


以下

田中宇先生のコロナ帝国と日本 の分析です!

↓↓


2020年の初め以来、

「コロナ帝国」が隠然と世界を支配し続けている。


「帝国」とは、国家を超えた国際的な支配のことだ。

その国の政府でなく、帝国の中心地の当局が、

その国の政策を支配しているのが帝国の体制だ。


顕然とした支配を「帝国」、

隠然とした支配を「覇権」と呼ぶので、

コロナ帝国というより「コロナ覇権」と呼ぶべきかもしれない

(わかりにくくなるので題名はコロナ帝国にした)。


コロナ(新型コロナウイルス)は表向き、

世界的な伝染病・感染症だ。


WHOや国連など「世界的な上の方」は、

世界の人々がおそろしい感染症にならないよう、


各国政府に都市閉鎖や外出禁止、マスク義務、

ワクチン接種の義務化、店舗の強制休業などの政策を

とらせている、というのが建前だ。


しかし実際、コロナの「おそろしさ」は誇張されたものであり、

コロナ危機が延々と続くような仕組みが作られている。


おそろしさを誇張して義務を強要するのが

コロナ帝国のやり方だ。


誇張の手口は偽陽性の放置だ。

コロナ感染の有無を判断するPCRなどの検査は

偽陽性がとても多い。


世界的に陽性者の大半が偽陽性で、

コロナでないのにコロナと誤診されている。


そしてWHOなどは、偽陽性多発の状況を改善せず

ずっと放置してきた。


発熱や肺炎でも、偽陽性なら他の病気だ。

しかし現状では、真の陽性か偽陽性か確かめられず

十把ひとからげ にコロナの感染者とみなされ、


コロナが大変な病気であると誇張する喧伝に使われている。

偽陽性の問題を解決せずコロナの問題を

実際よりはるかに大きいものに見せておく


巨大な詐欺の策略は、WHOなど世界の上の方の国際筋が、

各国政府(とくに欧米諸国の政府)に強要しているものだ。


各国政府は、WHOなど国際筋の意向を無視して

コロナの誇張や詐欺をやめていくことが難しい。


この点が、コロナの政策に関して国際筋が

各国政府を支配しているコロナ帝国体制の中心にある。

(米国などはコロナ判定用のPCRをやめていく方向だが、

PCRの代わりにどんな検査が主流になるのかまだ見えてない)



世界各国で毎日たくさんの人がコロナに感染していると

報じられている。


しかしそのほとんどは偽陽性であり、本当は感染していない。

コロナウイルスは一般に半年ぐらいで流行が終わる。


新型コロナのウイルスがいまだに地球上に

存在しているかどうかわからない。


新型コロナがもう存在していないなら、

陽性者のすべてが偽陽性だ。

発熱や肺炎のすべてが他の病気だ。


これは確かめようがないが、誇張することに
政策の要点があるので、

まだウイルスが存在しているかどうかはもはや重要でない。


豪州などは厳しい都市閉鎖を続け、

全国民にワクチン接種を強要しているが、


それでも感染者(陽性者)が減らない。

陽性者のほとんど(もしくはすべて)が

実はコロナでない偽陽性なのだから、


コロナを減らすためのいろんな策を厳しくやっても

(偽)陽性者が減らないのは当然だ。

(都市閉鎖は経済を自滅させるだけの愚策だが、それ以前の話だ)


コロナ危機は、偽陽性多発の仕組みによって

意図的に誇張されている。


偽陽性多発の仕組みがある限り、

都市閉鎖などの対策をやってもやらなくても

偽陽性は減らず、


コロナ危機が解決している感じが醸成されず、

危機が延々と続く。


欧米の多くの国でワクチンの接種率が高まっているが、

感染者(偽陽性者)が減っていない。


接種したのに感染(実は偽陽性)する人が多発している。

偽陽性はコロナウイルスの有無と関係なく発生するので、

ワクチン接種者が増えても偽陽性者は減らない。


ワクチン自体の効果を疑問視する声が多いが、

それ以前に偽陽性多発のからくりが放置され、

新型コロナウイルスがまだ存在しているかどうかも

不確定なのだから、ワクチンの効果以前の話である。



変異株が猛威をふるっていると喧伝されている。

コロナウイルスは変異するものだが、

変異するほど感染力が増すと同時に、


病気としての威力・重篤性が低下する。


変異するほど、

感染しても発症しにくい弱いものになり、

感染力が増すので短期間に社会全体・人類全体に感染して

集団免疫に達する。


ふつうなら最初の発症から1年も経つと、

もう誰も発症しないウイルスに変質している。


今回の新型コロナは、変異しても重篤性が

維持されていることになっているが、

これは事実なのだろうか。


すでに書いたような新型コロナをめぐる詐欺的な構図から考えると、

この話もきっと詐欺なのだろうと思えてくる。


偽陽性多発の仕組みと、マスコミのプロパガンダ発信力を使えば、

すでに「コロナのおそろしさ」の詐欺を軽信している人類に

「変異種の猛威」を信じ込ませるのは簡単だ。


「これは詐欺だ」と叫んでも無駄だ。

私のように妄想屋のレッテルを貼られて終わる。


WHOなど上の方がマスコミ権威筋を経由して

喧伝する公式論から外れた話は、

すべて危険な大間違い・陰謀論とみなされている。


恐怖心を使って人々を軽信させている。

巨大な詐欺の構図が世界的に確立しており、転換できない。


欧米では、公式論から外れた行動をする

コロナ否定論者たちが逮捕・解雇・差別されている。


世界はすでに北朝鮮並みになっている。


個人だけでなく、政府の上層部も、

公式論から外れると内外の権威筋から

猛批判されるので自滅策をやめられない。


コロナ危機は、医学のふりをした国際政治の策略だ。

世界の上の方は、なぜこんな策略をやるのか。


私の以前からの見立ては

「これは隠れ多極主義の覇権転換策だろう」というものだ。


世界の上の方(米英諜報界など)では昔(第一次大戦前)から、

米英の世界支配の恒久化をめざす

覇権重視派(帝国の側。軍産複合体)と、



米英が自分らの覇権維持のために貧困地域に陥れ続けてきた

非米側・発展途上諸国(人類の大半が住む地域)の

経済発展を誘発するために


米英覇権を自滅させようとする

経済重視派(資本の側。隠れ多極主義者)との対立、

帝国と資本の相克が続いてきた。



コロナ危機は、資本の側が引き起こした謀略だと

私は考えている。


コロナ危機の開始以来、同盟諸国の外務省など

軍産系の米覇権傀儡勢力は、

各国政府内で冷や飯を食わされている。


世界の上の方から各国へのお達しは、

米覇権傀儡である外交官でなく、

中共・隠れ多極のうっかり傀儡である

医療専門家を経由して行われている。


8月11日の記事に書いたようにコロナ危機は、

アングロサクソン(米英など)とNATO(独仏など)の

欧米諸国に経済と政治社会の両面で大打撃を与えている。


半面、中国やロシアなど非米諸国の多くは

コロナをうまく乗り越えて経済発展を再開しており、

政治社会的にも強くなっている。


コロナが長引くほど米国側から非米側への

覇権転換や多極化が進む。


コロナ危機の発生以来、人々の国際移動が極度に抑えられ、

米国側のマスコミや諜報界が非米諸国で

情報を集められなくなり、


非米諸国の状況が見えにくくなっている。

日本などではいまだに「中国(中共)はいずれ滅びる」

と軽信している人がけっこういるが、


実際は中国国内で習近平や中共が全権を把握し続け、

共産党から自立した権威を持っていたネット企業や著名人らを

次々に失墜させて独裁を強化している。


国際的にも中国はユーラシア全域で覇権拡大して

ブイブイ言わせている。

日本自身の国際的なジリ貧と対照的だ。


中国はロシアや途上諸国と組んで国連の運営権を

米欧から剥奪している

(トランプら米国側が国連を嫌って捨てた

主導権を中国が拾った)。




WHOは、コロナ危機開始から中国の影響力が強かった。

加えて、ダボス会議で「大リセット」を提唱・推進してきた連中など、

米欧側でコロナや温暖化の分野を主導している勢力は、

米欧側を自滅させる策ばかりやっている。



彼らは隠れ多極主義者である疑いが濃い。

中共と、米欧の隠れ多極主義者が裏で組んで

コロナ危機を長期化し、


米覇権の自滅と中国の台頭、覇権の多極化を

進めている感じだ。


地球温暖化問題も、中国とダボス会議系が主導している。

中国は温暖化対策をやるふりだけして

実際は石炭を使いまくり、中東などの石油ガス利権を

かき集めている。


対照的に、欧米は石炭も石油ガスも原子力も放棄して

エネルギー政策的に自滅している。

温暖化問題も、多極化を加速するための巨大な詐欺である。



コロナ危機前、アフガニスタンやイラクへの稚拙で過激な

軍事侵攻の挙げ句に米国が軍事外交面の信用を

(意図的に)失墜したテロ戦争や、


金融バブルを膨張させて下手くそに潰して

ドル崩壊の始まりとなったリーマン危機、


同盟体制や米中経済協調を潰したトランプ政権など、

資本の側の謀略がいくつかあったが、

いずれも1回の大打撃になったものの、


そのあと米国覇権は延命しており、

覇権潰しの決定打となっていない。


それらに比べてコロナ危機は、米国の覇権が

潰れるまでこれから何年でも、変異種だ何だと、

米国側を経済と政治社会の両面から

自滅させていく事態を継続させられる。


これから重要になりそうなのは、

欧米の各国政府が国民にワクチン接種を強要しているうちに、

ワクチンのマイナス面が露呈していくことだ。


ワクチンの効果がないことや、

接種の副反応で死ぬ老人が実は多いのに隠蔽されていること、

何度も追加のブースター接種をせねばならないこと、


度重なる接種で自然免疫が低下して

逆に感染しやすくなること、


広範な接種によってワクチンが効かない

変異種の発生が誘発されること、

などのマイナス面が指摘されている。


これらの一部が現実であると認められると、

コロナワクチンは「人類史上最大の薬害」になる。


危険を知りながら国民に接種を強要した

欧米各国政府の「人道上の罪」が問われだす。


ロシアのプーチンは先日、先を見越したかのように

「ワクチン接種を国民に強要するのは間違っている」と表明した。


ワクチン強要が大間違いの人道上の罪、

巨大な薬害であるとわかってくると、


最初は「そんなことを言っているのは妄想屋だけだ」

と言っていたマスコミ権威筋こそが

大間違いの犯罪者であるという話になっていく。


欧米は、都市閉鎖による経済的な自滅に加え、

ワクチン強要などコロナの超愚策の愚策性の露呈による

政治社会の混乱が加わり、


欧米全体の弱体化や覇権低下、そして多極化が進む。

コロナ危機は最初のころ、

有事体制として政府権力者の優勢を増加させるものだった。


だが今夏あたりから、ワクチン強制に加えて、

次々に変異種が出てきて危機の長期化が確定的になり、

コロナは政府の権力者にとってやっかいなものへと変質している。


コロナ危機は、政府を優勢にする「前半期」から、

厳しい対策をやっている欧米にとってマイナスが大きくなる

「後半期」に入っている。


今後コロナが長期化するともに、

いずれ米国でQEによる穴埋めの速度を上回って

インフレの悪化が加速していき、


巨大な金融バブルが崩壊してドルが基軸性を喪失していく。

米国側(米欧)は現時点ですでに、

軍事的にも消費市場としても製造業でもエネルギー利権でも、

中国側(中露)に比べて絶対優位でなくなっている。


ロシアの迎撃ミサイルS400は米軍を不能にした。

今後の世界最大の消費地域は中国主導のユーラシアだ。

製造業も世界一は中国だ。


中東などの石油ガスの多くが中露イランのものだ。

金融バブルとドルが崩壊すると、

最後に残っていた米国側の優位が失われる。


コロナの長期化は、この多極化の過程を前倒しする。

中共と、大リセット屋(諜報界の隠れ勢力)が組んで

WHOを牛耳ってコロナを長期化して欧米を自滅させ、

多極化を前倒している、というのが私の見立てだ。


米覇権が十分に喪失して多極化が一段落したら

コロナは終わる。


それまであと短くて3年ぐらいか。

当初からコロナは3-5年続くと言われていたが、

すでに1年半が過ぎている。


アングロサクソンやNATOの欧米諸国は、

まだまだひどい目にあう日々が続く。

中国とその傘下の諸国はこっそり発展していく。



欧米と中国の間にいる日本はどうだろう。

日本はこれまで、都市閉鎖やマスク強要、

ワクチン強制などの厳しいコロナ対策を

できるだけやらないようにしてきた。


これは日本政府の意思というよりも、

WHOなど世界の上の方(中共+隠れ屋)の意図が欧米潰しであり


「中国が東アジアの覇権国になるなら

日本は対中従属でいいですよ」と言っている

親中的な日本に対して寛容だったからだ。


日本でもマスコミ権威筋はいまだに時代遅れの対米従属で、

表向き中国敵視論が幅を利かせているが、


実際の日本の権力層は安倍晋三の時代から米覇権衰退を見越し、

対中従属を強めている。


WHOなどを握る中国は、日本に欧米並みの

自滅的なコロナ対策を取らせて潰すと、

その後の日本にポピュリスト色が強い政権ができたりして

何をしでかすかわからない(日本は追い詰めない方が良い)ので、

日本を今のまま生かしておくことにしたのかもしれない。



日本政府はWHOなどから寛容にやることを許され、

都市閉鎖もやらず、ワクチン接種の普及も遅く、

当初はPCR検査にも消極的だった。


すでに書いたように、都市閉鎖もワクチンも

PCRもやらない方が良いものだ。


しかし日本の中でもマスコミや左翼・野党は、

欧米のリベラル派と連動して、自滅性に気づかないまま


「ワクチンやPCRをもっとやれ。厳しいコロナ対策をやれ」

と言い続けてきた。


日本政府が欧米並みの厳しいコロナ愚策を

やらないことは「正しい」ことだったが、


マスコミを軽信する人々はそう思わず

「コロナに関して日本は劣等生だ」と勘違いしてきた。

勘違いは今も強い。


日本国内での劣等生のレッテルは、

もともとカリスマ性がない菅義偉に対して貼られ、

世界的なコロナの長期化が確定的になるほど菅の人気が低下した。


菅は昨年、コロナと日米関係について

カリスマ性のある安倍晋三が続投するより、


安倍が辞めてカリスマ性のない菅が

「いないふり戦略」をやった方が良いという

転換に基づいて首相になったが、


このまま人気低下が続く菅が続投すると

今秋の総選挙で自民党が負け、


豪州並みの自滅的なゼロコロナ策などを

やりたがる野党が勝つ事態になりかねない。


それは日本全体の大損失になるので、

自民党の政権を維持するため、菅が辞めて、

もっと人気が出そうな河野あたりを首相にすることにしたのでないか。



順当にいくなら、誰が次の首相になっても、

日本は無意味な損失が少ない寛容なコロナ政策を続け、

もっと厳しい策をやれとマスコミなど

旧軍産筋から言われ続ける。


だがそのうちに、厳しい策をやっている

豪州など欧米の崩壊がひどくなり、


日本は寛容な策で良かったという話になっていく。

劣等生が実は優等生だったことになるが、

それが公式論になるかどうかはわからない。


格好つけたがる虚栄心が強い者が

首相になって旧軍産筋に騙されるなどして、

この順当な道筋が何かの理由で崩れると、


日本も都市閉鎖やワクチンの強要など

欧米・豪州のような間抜けな自滅策をやり出して

国民が大損失をこうむる。






■コロナ帝国と日本
https://tanakanews.com/210905corona.htm

■田中宇の国際ニュース解説
http://tanakanews.com/index.html


より


↑↑



以上です!!


ということで世界全体の大きなコロナを巡る情勢と、

そしてその中での日本の立ち居地ですね、


これが私たちにもよく分かる内容でありますよね。


まあだから自民党総裁選で果てどんな人が首相になるのか


それこそ今の日本の複雑な状況がありますが

「格好つけたがる虚栄心が強い者」がこれ首相にならないか

この辺をじーっと見ていくのが大事ですよね。


またはシンプルに解散総選挙で与党が過半数取れず

負けることがあれば

上記で田中先生が書かれてるように 

恐ろしいことになるだろうと

私も思ってますが


本当にこの数ヶ月で日本の運命が変わっていくのだな

とは私は考えてますね。



「国民の大損失」といった最悪シナリオを

なんとか日本は防いでほしいなってのが私が海外から

自国を見ながら思ってることです。


ちなみに河野さんも以前メルマガで

彼のワク行政でのバランスの取り方の老獪さも書きましたが

だからその辺も大丈夫だと思ってるのですが


あとは岸田さんも以前の号で

最後のほうに私の考え方は書いてますね。


■バックナンバー
【モデルナ製の異物混入およびファイザーのデータ公表で
一気に日本から揺らぎだす世界のワクチン行政】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3043#3043


あの人もアメリカとも中国ロシアともうまくコミュできる人ですから

あとは左派の大きな政府には懐疑的な人でもありますから

あんまり人気はないけども、安定してる人ではありますよね。


あとは数少ない、日本語アクセントではない

アメリカのアクセントで英語話せる人ですね。

(元々 岸田さんは小さい頃、アメリカで生活していたけど

そこで差別経験したってのが大きかったみたい)


それで今 総裁選で名前があがってきてるのが

岸田、河野、高市、でありますけども


ここで高市さんが「格好つけたがる虚栄心が強い者」にならないか・・・

がやはり心配されるところですが


ただバックはマスコミに2016年以降、集中攻撃されてきた

トランプとも仲良かった安倍さんですから


この高市さんについては色々ネガティブ意見も目立つけど

今のこの世界のダイナミズムの中では

暴走することもできないんじゃないかな

とも個人的には思ってますかね。



それでやはり色々この2年近くコロナ騒動を見てきて

政治がなんだかんだ老獪、と私が思うのが日本でありまして


まさに田中宇先生が書かれてるように

日本は実際のところは権力層は安倍の時代から米覇権衰退を見越し、

対中従属を強めているわけですね。


だから安倍首相に対しての評価ってのは賛否両論なのは

存じているのですが


実際は安倍は非常に狡猾に、アメリカに道連れにされることもないように

2016年あたりからトランプ登場の情報を知らされて

今後の大きな覇権転換に 政策を寄せてきたってのが

私個人の持ってる見方ですよね。


それで安倍が

在日本中国大使館の建国68周年レセプションに

2017年にもうこれは日本の首相として本当に数十年ぶりに

出席しましたが


■在日本中国大使館の建国68周年レセプションに安倍晋三首相が出席
http://j.people.com.cn/n3/2017……75341.html


まあやはりこの前後から、官僚機構の広報機関である

マスコミたちの安倍攻撃が激しくなったのはよく覚えてます。


安倍は2013年~くらいからはまだ対米従属の官僚に

寄せていたんだけど

2016年~あたりから明確に反官僚機構の本来の

大事な政治家としての考え方を明確化しましたよね。


まあそれで安倍、菅と続いた政権では

なんだかんだ世界の多くの先進国がロックダウンされていく中

ワクチン強制化されていく中、


日本だけはロックダウンは巧妙に回避しつつ、

なおかつワクチン強制も実際は行われていないで

せいぜい同調圧力からの接種率上昇くらいしかできてませんから


欧米ほどはひどくなかったわけですね。

(この数年、報じられないだけで本当にアメリカはひどくなってる。

(動画)アメリカの路上がなかなかヤバいことになってきてる!?
(副題:確実に進むアメリカの衰退と貧困化)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3041#3041



この面従腹背しながら、米中どっちにも過激に寄り過ぎず、

徐々に多極派側に寄せていく

っていう政治をうまいことやってきたのが日本でありますが


その微妙な立ち位置を取れる政治家達が

沢山いるってのが自民の底の厚さではあります。


が、もしここで官僚側の野党に負けることがあればですが

こっちの野党は田中先生が書かれる

覇権重視派(帝国の側。軍産複合体)の巣窟と最近はなっておりますから


まあ恐ろしいことになるかもしれないわけですね。



それで正直言うと自民党総裁選については

もう今マスコミで大騒ぎしていて、


それにあわせて色々といわれてる現状ですが



しかし大きな視点で言うと、


少なくとも自民党政治家は誰が首相になっても


「今後の欧米の覇権衰退を見越して

対中関係をキープしていき、

今後の多極的世界にあわせていく」


部分は変わらないわけですね。


要するに首相によって、

ちょっとやり方が微妙に違ったりするだけで

あまり日本のスタンスの大きな変更はないっていうのが


おそらく世界が日本の総裁選を見てる視点としても

あるんじゃないかなと。


田中先生が書かれてるようにもうコロナ騒動ってのは

大きな枠組み、すなわち 欧米覇権の喪失、

今後の中国ロシアなどの多極派世界、ユーラシア中央部が中心の

世界観が作られてるのですが


基本的に日本の自民はそれに沿っていくしかないわけです。



それで私はそれに沿って菅さんがマスコミに攻撃されながらも

ヒーヒーいいながらも


なんとかやってるのを見てきたわけですが

(たぶん本当につらかっただろうと思います。)


軍産官僚のマスコミとしては絶対に欧米に道連れで、

ロックダウン、ワク強制とかしたいわけですからね、


今後もこういう攻撃に耐え切れる精神性のある人を

自民がなんとか立てて、


うまいこと、この「どっち付かずの姿勢を継続して

欧米が自滅するまでの時間稼ぎ」


ができる人がトップに立って頑張ってほしいものです。


それでワクチン行政なんかは分かりやすいと思うのですが

野党なんかは「早くワクチンを~」ととにかく

せかしてきたわけでして


ワクチン接種率をイスラエルレベルに上げたがっていたのが

今年の政治では見られた点でありますが


しかし与党たちは 表向き早くしてますとやりつつ

実際は相当遅らせてきたわけですが


その間に、今まさにワクの副作用(反応)問題であるとか

それらがでてきたわけですね。

まさに自民の政治家達が狙った展開になってきてる。


もうこれは当初からそれが出てくるのを自民の政治家たちは

理解してましたから


本音は、ワク強制化の圧力があったけども、従うふりして

遅らせたってことだったでしょうが
(だから河野さんはうまかった)


今うまいことやれてる国はどこも同じような政治実務が

出来てるわけです。


だから今は自民が色々と遅らせてる間に

どんどん

「欧米のやってるロックダウン意味なかったじゃん」

とか

「ワクチンの副作用やばくない」

とか


色々真実がでてきてるわけですけども


「どっち付かずの対応をしてる間に

欧米勢が崩れてきてる」


っていう状況ですよね。



それでコロナ騒動の後半戦に入ってきて

今後はますます 欧米勢の自滅具合が顕著になってきますから


そこで今後日本は 同じように

微妙などっちつかずの、けど多極派に寄せるというそういった


政策が継続できるかが注目されますね。



それでもうワクチンに関しては田中先生が書かれるように

近未来に「人類史上最大の薬害」となっていくのは

ほぼ「確定」してると私も見てますが


これも軍産の医薬複合体を本来は攻撃する材料として

元から多極派によって仕組まれた感じがしなくもないですが


プーチンなんかはそれをよく分かっていて

「ワクチン接種を国民に強要するのは間違っている」と

言ってるわけですよね。


それでこの前ルーマニアの件も扱いましたが

【東欧のルーマニアは「ワクチン接種政策自体を停止する」動きへ】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3049#3049



ルーマニアも元々ソ連でしたから裏でプーチンとやり取りを

当然してますから



もうこの未来の動きを理解して、

ルーマニアが動いてるのが分かるかと

思うんです。


今はだから本当の現場は 生き残りを図るどの国も

「今後のワク訴訟をいかに最小化できるか

そして治療薬中心の議論に持っていけるか」

っていうところで動くことになるでしょうが


そういう考え方から

ルーマニアなんかはだから そもそもワクの接種政策自体を停止させた

ってのが本当のことなんでしょう。


中国のシノバックやシノファームがあえて

今後薬害訴訟に発展するmRNAワクの市場投入を控えて、


単なる食塩水だと揶揄されても

現状は無難な非活性化ワクを主体にしてるのも

ちゃんと世界の大きな流れの把握があるからなんですね。



ちなみにこの辺の視点ってのは日本ではあまり言われませんが

最近の中央アジアの人たちの間では市民間のワク何受けるべ?みたいな

会話で言われてる話で


普通にmRNAじゃなくて非活性化のほうにしとけ

ってのは 例えば中央アジアの家族親戚間でも話されてるような

ことなんですね。



世界の人々、それぞれが考えながら

生き残りの策を講じてる現状であります。


ということでこれからも大きな情勢を把握した上で

色々考えていくってことが大事な時代であることは

変わりないですね。




それであと、田中先生が書かれていた



■「これは詐欺だ」と叫んでも無駄だ。

私のように妄想屋のレッテルを貼られて終わる。



ってのがあって、本当にこれが今の情報体系の怖さであって


それこそ多くの人がマスコミの「天動説」を信じており

一方「地動説」を唱える世界のガリレオたちは

まさに妄想屋だとか頭おかしいと言われてるわけですが


しかし今の時代はネットがあって色々両論比較もできるし


どっちが為政者側の 天動説(地球は宇宙の中心だ説)を言っていて


誰が真っ当な地動説を言ってるのかは

ちゃんと勉強してれば分かるわけですね。



それで情報というものを考えていった場合、

やはり「組織」から出てくる情報と

「個人」から出てくる情報では全く別物になりますが


組織は天動説を好みますし、

優れた個人たちは地動説を裏側ではちゃんと言論してる


ってのが今のネット上の情報でもありますので


そして幸い、日本では田中先生みたいに

すごい人が何人か見つかるわけですから


そういう人を色々フォローしていきながら

学んでいくという姿勢が 特に今の時期は重要となりますよね。



それであと、私は今中欧地域におりますが


実のところ「コロナで一見大変なのに、みんななんだかんだ

うまくやってる国」ってのは


アメリカや西欧など既存先進国以外の国にありますので

それで別にネットで稼げればそういうところに暮らすことも

十分可能な状態ですから


色々世界各国の個人のブログとかも見ていくと

面白いですよね。


私が知ってる中で、こういう世界の大きな流れを

なんとなく生きてる中で把握して


色々な国に移住してうまーくやってる日本人、


そういう人は結構いるのも事実です。


「大きな視点を脳内である程度理解していれば

人生の戦略もなんだかんだ立てやすい」


ってのは本当にありますので


今後もこんな大変な時代ですが

大きく捉える力を大事にして


その上でうまいこと乗り切っていきたいものですね。



それでは!!




ゆう





追伸・・・ちなみに今ですね、

以前から書いてるようにワクパスが西欧で炸裂して

デモであったり とんでもないことになっていて


西欧自滅してますよね。


フランスとか。


けどこれが 日本の政治だ、っていう分かりやすい例が

あるんですが


今日のニュースだと

「日本版ワクパス」の構想が出てますけど

さあその内容は?です。


【独自】接種証明「割引」「入場」に利用 政府の運用方針原案が判明
https://news.yahoo.co.jp/artic……6b52d76733



ここで

「割引やおまけの提供など」

とありますが


メルマガではこの前からフランスの件を扱っていたから

まあ随分と違う「ワクパス」となっている。


今世界の自滅策を取ってる国では

ワクパスってのがないと生活できないレベル、にしてるのですが


日本の場合は「ワク打ってたら、おまけとか割引」という

そういうレベルですが



そこでは

“一方、「就職や入学といった場面で接種を要件にすること」などは、
「不当な差別的扱いにあたる可能性が高い」と指摘している。”


ということで


フランスのような西欧の自滅的な運用からは

一歩距離を取ってるんですね。


一応ワクパスみたいな制度自体はやっては見るものの、

実態としてはそれが問題になるから

過激にやらないようにしてる、


っていうそういった政治が日本です。


西欧の自滅策に従ってるフリして 本音は従っていない

これが日本の本当の強さなんだろうな~

と最近海外から見て私はすごい感じますよね。


まあ何にしても過激に寄り過ぎず

うまーいこと、この大変な時期をやり過ごすっていう

その姿勢が今後必要になっていきますよね。


本当に色々考えさせられます。



それでは!



ゆう






追伸2・・・それで今後は基本的には

長期的に

田中先生がずっと書かれてきた


アメリカの帝国覇権が弱体化していき

中国ロシアなど多極派が世界経済を引っ張っていく


っていう流れになっていくんですね。


これはもうルールとして確定的ですね。


ちなみにそこでは覇権が交代するわけじゃなくて


「覇権が多極的」になっていくわけですね。


アメリカっていう今までは1国の王様みたいな帝国が

いたのだけど、


世界がいわゆるアメリカ(やイギリス)中央集権体制みたい

だったのが


イメージ的には世界全体で分権体制になっていく

感じです。


そこで中国やロシアだけじゃなくて

イランとかトルコとかブラジルであるとか

インドであるとか


力ある国が世界中でポコポコ 多極的に散らばっていく

そんなイメージですね。


だからコロナ騒動を通して今までは

「中央に何かを集中させて、支配させるのが効率的と考えられていた」

のだけど


それが分散されていきますよね。


こっちのほうが世界が長期的に成長できるっていう
資本側の発想になります。


それで今後も アメリカや西欧やアングロサクソン諸国が

元気なくなる中、


逆に今まで発展できなかった国が元気になっていく流れ

となりますから

(特に大陸の内陸部の地域や国々)


私たち先進国の民衆は、今まで発展途上国と思っていた国に

注目をしていく姿勢がすごい大事になるわけですね!


これが具体的に大きく先進国の若い人たちにとって

生き残りやすい視点となっていくわけですね~












________________________________


【新・対談音声2本目】Nさんは 富士山の噴火や大震災なども
サイクル理論から想定して動いて準備している!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_2/

________________________________

【新・対談音声1本目】タイで14日隔離を経験したFXNさんに
色々聞きました!(サイクル理論から見た
日本経済の今後の有力シナリオとは!?)

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_1/

________________________________






コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください