無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【Nさんの「災害だろうが戦争だろうが何にもビクともしない生き方」 から学ぶ!】(新時代のIT活用の考え方とは?)

2021 9月 05 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【Nさんの「災害だろうが戦争だろうが何にもビクともしない生き方」
から学ぶ!】(新時代のIT活用の考え方とは?)
____________________________


どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして

ありがとうございます!


さて、前号にて東欧の国ルーマニアでは

もうワク接種政策自体が停止されるという話を扱いました。


今はたぶん日本語で構成される情報だけを元にすれば

世界全体でワク推進真っ盛りでそれが常識となってると

思うのですが


しかしもうそれとは違う新しい動きが

多くの国で9月になってでてきているってことですね。


この前デンマークのそれも扱いましたし

ルーマニアでもワク接種政策を見直しどころか狡猾に停止となりました。




■バックナンバー
【東欧のルーマニアは「ワクチン接種政策自体を停止する」動きへ】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3049#3049


ちなみに私もルーマニアの近くにいたりして

このメルマガつらつら書いてますが


まあルーマニアも昔はソ連だったんですよね。


だから昨日の記事見て色々考えてきて生きてる方は


「今でこそ日本でもワクチン副作用が報道されだす中


なんでルーマニアの民衆はメディアが扇動しても

それに乗らず ずっと慎重だったのか」


と思うでしょうが


ルーマニアの人らは

一度社会主義で地獄を見て、「地獄を生き抜くトレーニング」を

数十年前にしてきてるんですね。


その上で自由だとかデモクラシーを取り入れたんで

だからその辺の歴史の流れからデモクラシーがより新鮮で

強固だから


ワクチン接種政策でデモクラシーに沿った政治の動きが

おそらく連動したわけです。


「政府とマスコミは嘘をつくのが仕事」とみな良く分かってますから

そこがルーマニアの強いところだろうなと私は思いました。


ちなみに北欧のデンマークに関しては

「デモクラシーが当たり前になりすぎて

その価値に人々が気付かなくなってしまうという事態を避けるために」


教育ですごい頑張っている北欧地域の国ですが

あの国は小学校の頃からデモクラシーについてディベートさせるような

国でありますから


その辺の知識の地力があって

今回のワクの狂った騒動からの

早期の脱却につながってますよね。


哲学で最も大事なのが政治哲学で

これが現代社会の基礎ですけど

その基礎が強い国が、なんとかこの騒動の中でも


経済衰退しないで発展軌道に乗ってるってのは

興味深いものですね。


ちなみにもう分かってることがあって

最近は旧ソ連地域から独立した国が、なんとかコロナ騒動でも

衰退しないで、そこで狡猾に経済成長していくのは間違いないですね!


ルーマニアは分かりやすい事例です。



それでじゃあアジア地域は??

っていうと私が見ている中で最も

生き残る姿勢を模索してるのが(自滅回避しようという姿勢が強いのが)

まさにタイであると思いますが



タイなんかはロックダウンなどはするものの

「オンラインで稼いでる富裕層カモン」

って感じでして


なかなかコロナであっても良い意味でアグレッシブですよね。


そんなタイに今いらっしゃるのがNさんです。

タイのビザの取得の話も今回はしてくれてますね。

________________________________


【新・対談音声2本目】Nさんは 富士山の噴火や大震災なども
サイクル理論から想定して動いて準備している!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_2/

________________________________

【新・対談音声1本目】タイで14日隔離を経験したFXNさんに
色々聞きました!(サイクル理論から見た
日本経済の今後の有力シナリオとは!?)

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_1/

________________________________






それで今回の新しい2021年のNさんとの新しい対談音声では

まあそれこそ サイクル理論の今後のサイクルの底、ボトムに

2024年当たりにむけて長期に日本が向かうシナリオ分析から


それこそコロナだけではその経済が底に向かうサイクルの動きとして

弱いので


今後、何かしらの自然災害、すなわち富士山の噴火であるだとか

大地震のようなそういった事象が自然の長期分析でもある

サイクル理論からは必要になってしまうわけであって


Nさんがそれを淡々と話してくださってるのですが


実はこれらが、Nさんがタイの師匠さんと日々話してる内容の

一部でもあるんですね。



いくつかシナリオは考えられるのですが

ただやはり日本はどう見ても災害国ですから

それらについてもヘッジをかけておくのが大事だっていう

投資家の 「考えられる恐ろしいシナリオ」を見てみぬふりせず、


ヘッジしていく姿勢が大事となるわけですね。


ちなみに私がマスコミ報道ですごい疑問なことがあって


それが


「災害で恐怖を煽りに煽って、

感情でかわいそう、ご哀悼申し上げますとか

表面だけキレイにするだけで


そこで今後私たち日本人は

どう生き延びるか?対策するべきか?


などを一切言わない欺瞞」


があるなと正直私は思ってまして


例えば災害があっても

災害で亡くなった方、遺族へのストーカーレベルの

取材はするけど


「災害で同じような環境で生きていたけど

生き残った人の取材」ってあまりしないわけですよね。



それはそうです。マスコミは災害を 恐怖を煽るツールとしか

認識していないからですね。

(表向きは視聴率を取るためという論点ずらした嘘を言う。)


対談音声1本目の最後らへんに

恐怖による統制についてNさんがおっしゃってる。


【音声1本目】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_1/



ただマスコミが報道しなくても実際は

「日本の民衆たち」は賢くて、

それは五輪でも日本の民衆たちであるボランティアのひとたちが

海外から相当高く評価されたけど



いわゆる日本の民衆はほとんどが面従腹背で

しっかり自分や家族や周囲の利益をちゃんと考えて

動いてると本当によく思いますが


たぶん多くの人が忘れてるだろうけど

つい7ヶ月前に東北で「震度6強の大地震」があったんですね。



しかし死者が0人でした。


■東北で震度6強…死者ゼロは進歩の証し、
絶えず対策必要
https://asahi.gakujo.ne.jp/com……il/id=3231




それであの7ヶ月前の地震は震度6強、7に近いものだったから

多くの人がまた亡くなるのかと、私は海外から

見ていたものですが



しかし私は驚いたけど、本当に死者が0人だったわけです。


マスコミとしては死者が一人も出ないのが

本音ではつまらないってことで

その後 大地震報道を急速に縮小させて行きましたが


本当は

「なぜ震度7近い地震なのに誰も死なず生還したか」

を掘り下げるほうが大事ですよね。


そういったインタビューはほとんど見ないのが日本の

報道であります。




それで今回の対談音声では

シナリオとしてどうしてもサイクル理論の長期サイクル分析から

Nさんの自然災害の分析が出てくるので


それをしっかり対談音声で扱ってるのでありますが


今後、サイクル理論として考えられるのが

富士山噴火であるとか それにもつながる

よく言われる大地震だとか

その辺ですよね。



ただマスコミのように恐怖を煽ることだけに

終始してるものではありませんので


例えば国内にいてもどう動けるようにしておくかとか

あとはNさんの場合は「国のヘッジをかけてる」とか

そういう考え方もちゃんと、学べるようになってます。




________________________________


【新・対談音声2本目】Nさんは 富士山の噴火や大震災なども
サイクル理論から想定して動いて準備している!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_2/

________________________________





それでそういった自然災害がいつ起こるのか?
ってのは私も分からないし、人間では分からないのが

原則であって神のみぞ知る、ということになりますが


しかしだからこそ

ここで投資家の大事な考え方が現実で生きるのであります。


「いつ、それが起こるか分からないけど

それが起こるシナリオになっても大丈夫なように

準備、対策して、


被害(損失額)を最小限度にする」


っていう考え方は同じように有効なわけですね!!


これこそが人間の知恵ですよね。


例えば富士山の噴火だと直接的に問題になりそうなのが

Nさんがおっしゃってる火山灰ですけども


これは私も箱根でホテル暮らししていて

富士山と隣接する箱根山の噴火寸前で 

火山灰まみれでダッシュで早朝に

下山したことがありますが


シンプルに火山の近くに住まないってのは当たり前として


仮に火山灰が経済インフラに影響与えた際に

どうしておけば大丈夫か?と考えておくとかですね、

この辺を事前にしておけば


なんとか私たち民衆は生き残れるわけですね。


だからNさんがおっしゃってますが

火山灰の飛散範囲も日本全国に飛んでインフラを

ずっと機能不全にはできないから


仮にそういったシナリオになっても

すぐ移動して住居確保して仕事が成り立つ体制にしておく

だとか


そういう準備をしておけば、実はおそらく

なんとかなるはずなんですね。


もちろんそうなればマスコミは大喜びで報じるだろうけど

恐怖を煽るだろうけど


民衆はそれに動じず知恵で生き残れるわけです。


リスクシナリオを全部割り出して

その上で全てのリスクシナリオに対して

戦略作り考えていく、



投資家からしたら日常ですがこれを

リアルな生活でも適用させていくことで

なんとかなることが多いのが世の中ですね。



それで富士山噴火のシナリオを私はNさんから聞いて

真っ先に思い出したのが

雲仙普賢岳のことですが大火砕流があの時は

大問題となりましたが


丁度30年として最近報道でも出てきてます。



■【復刻】〝灰熱地獄〟に看護師絶叫「今、水を飲んじゃだめ」 普賢岳大火砕流
https://www.nishinippon.co.jp/……/n/743796/




町そのものが火砕流に飲み込まれて

灼熱の町となり、多くの住民が皮膚ただれて亡くなって行った様子が

ちゃんと上記記事では書かれておりますが


本当に当時多くの方が火砕流の犠牲になった

雲仙普賢岳の件はおっさん、おばはんたちはみな忘れずに

覚えてる話であります。


それでここで、やはり生き残った人たちも多くいらっしゃるわけで

ちゃんと逃げた人は助かった人もいただろうし


そもそも噴火リスクを考えて

そこには住まなかった、移住した人たちは

今も生きて、年金生活してるだろうし


そこで「生き残った人たちからも学ぶ」ってのが

今の私たちが学ぶべきことですよね。



ちなみに対談音声2本目では

自然分析で相場でも使えてしまうサイクル理論の

長期のサイクル分析から 富士山噴火シナリオについて


Nさんが話してくれてるのですが


そこで本来100年周期で噴火してきた富士山が

もう300年は噴火していない


って話が出てきたのですが




________________________________


【新・対談音声2本目】Nさんは 富士山の噴火や大震災なども
サイクル理論から想定して動いて準備している!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_2/

________________________________





「じゃあ300年前ってどうだったのよ?」

っていう人も多いから


それも知っておきましょう!!



今から314年前の

1707年に富士山の

宝永大噴火ってのが江戸時代中期に

起こったのでありますが



■宝永大噴火
https://ja.wikipedia.org/wiki/……9%E8%88%88



被害の中心が

スコリアや火山灰よる火災やそれらの急激な堆積だった

わけですね。



今の東京である当時の江戸にも

100キロ離れていたけども

火山灰が降り積もった。



それで当時の被害を知っておくことが大事で

それが


「噴出した火山灰の総量は 1.7km3と見積もられており、

関東一円に降り注いで農作物に多大な影響をもたらした。


被災地の管轄は、小田原藩以外は幕領や旗本知行地が

多く細分されていたが、


幕府は全国各藩への石高に応じた課税により

資金調達し被災各地の復興に努めた。


小田原藩では自力での復興は無理であると判断し、

領地の半分を幕府に差しだし救済を求めた。


しかし、噴火から20年以上を経ても

復興できない地域が多くあり、


小田原藩の米の収量が元に戻るまで90年程を要した。

酒匂川流域では、堆積した火山灰(富士山周辺で推定40cm)により

水位が上がり堤防が決壊し、水没する村が続出した」


とありますよね。


農作物、河川の氾濫は想定する必要は当然ありそうですが

さらに当時の江戸、今の東京でも

その灰が2CMも積もってしまい風で吹き上がり


呼吸器疾患に多くの江戸の人達が苦しんだと

言われます。


「東京大学本郷キャンパスの発掘調査では薄い白い灰の上に、

黒い火山灰が約2cm積もっていることが確認された。

この降灰は強風のたびに細かい塵となって

長く江戸市民を苦しめ、多数の住民が呼吸器疾患に悩まされた。」


だから火山灰が最も大変な被害をもたらす可能性は

考えられるわけですが


2021年に生きる私たちは江戸時代の人達と違って

過去の歴史の詳しい部分を

ネット通して学ぶことはできるので


いつそれが起こるかは分かりませんが

事前に対策することくらいはできるわけですね!


例えばNさんがおっしゃってるように

国内にこだわる場合は

関西より西に拠点移動してしまうとか

(元々大阪が日本の中心)


個人レベルでいえば、今は特にITで

仕事とか生活インフラを成り立たせることが

可能な時代だから


いくらでも事前対策は可能なわけです。


さすがに政府も

「富士山の近くから移住してくださいとは言えない」

わけでそれが政治の難しさですが


私たち民衆はそういうことも理解して

一人ひとりが考えることが本当に大事な時代ですよね。




________________________________


【新・対談音声2本目】Nさんは 富士山の噴火や大震災なども
サイクル理論から想定して動いて準備している!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_2/

________________________________




それでNさんの場合は、

これらの自然災害リスクもあとは金利上昇の金融リスクってのも


国のリスク、として大きく捉えて

動いてるわけですが


そこでNさんは音声で話されてますが

タイのエリートビザを取得して、


日本にいて仮に問題が生じても

すぐに移動できる 体制 を作ってるってのが

重要な姿勢ですよね。



ちなみにもし何か国内で 考えられるリスクのうち

どれか1つが発生したとして


そこでビザがないとかになっても


日本人の場合はかなり強いパスポートがありますから

ビザがない人でもなんとか一時避難くらいは問題なく

Nさんがおっしゃるようにできるのであります。



ただその際に、日本国内の経済がごちゃついてるときにでも

私たちは衣食住は必要なんで

そこでキレイゴト抜きで大事に成るのがお金なんですね。


だからしばらく10年くらいは何もしないで

どこでもいいけど海外の某国や

日本の地方でやり過ごせる資産か


それがなければ

もしくは定期的な収入を得られる必要があるわけですね。


それでここで活躍するのが

やはりコロナ騒動でもようやく注目されてきた

「ネットで稼げる力」ではありまして


特に為替取引(FX)に関しては

全世界的なものですから


仮に日本で富士山が噴火しようが

冷酷に市場は回っていくわけです。


冷酷に市場は回っていくからこそ、そこを狩場としてる人からすると

常に収益チャンスはどんな自然災害があろうと

得られるわけですね。


それでNさんの場合はもうサイクル理論で

その収益体制を確保しておりますから


場所には制約を受けないので

現在はタイにいらっしゃいますが


こういう「国のヘッジ」ってのはもう

江戸時代と違って今は可能な時代になってるわけですね。


300年前の江戸時代と比べたら

現代は、民衆に取っては本当に色々選択肢が

取れる時代となっておりますよね。


________________________________


【新・対談音声2本目】Nさんは 富士山の噴火や大震災なども
サイクル理論から想定して動いて準備している!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_2/

________________________________

【新・対談音声1本目】タイで14日隔離を経験したFXNさんに
色々聞きました!(サイクル理論から見た
日本経済の今後の有力シナリオとは!?)

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_1/

________________________________



ちなみに音声の内容の訂正ですが


音声の中で私が自分の体験で箱根に住んでいた話を

していましてそのときの火山灰とかでやばかったって話も

してるのですが


あれは富士山じゃなくて


当時もう少しやばいことになっていた

富士山に隣接してる

「箱根山」の噴火がするか否かっていう

状況で私は噴火したら火砕流のシナリオもありえた

箱根山の上のほうに泊まっていた、

というもっとヤバい話でしたね。


昔のメルマガを読み直して今気付きました。


当時私はどうも、噴火しそうな箱根山の状況があったけど

そこで箱根の強羅近くのホテルに泊まり続けるという

なかなか変な行動をしていたわけです。



当時のメルマガが以下のようなものなんですが

もう6年以上前のものですが


当時私は概ね 以下のように書いてますね。


(6年前のメルマガの引用)


さて、もうニュースで大々的にやってるので
あなたもご存知だと思いますが

箱根山の噴火の件で警戒レベルが3に引き上げられました。

いや〜今日実はこの件を書きたくて仕方なかったのですが、
というのは6月30日に私はちょうど箱根にいたんですよ。

このメルマガ書いてるのが6月30日の夜なんですがね…

それでトレードも
メルマガの編集も箱根でしていました。

私は日本の関東だと
箱根とか熱海とかあとは
時々千葉とか埼玉の田舎行ってホテルぷらぷらしてる日々でして

年間のだいたい5分の4は最近ホテル住まいなんですが、
実はこの一ヶ月は3分の2ほど
箱根に滞在していました。

自然が好きなのもあるのですが、
何より

メルマガのネタになる

噴火前がどんなもんか体感して自分で感じてみたい

(もし死んだらまあ仕方ないですが
私が万が一死んでも特典は受け取れるようにしてます)

そういうのもあって箱根にいたりするわけです。

ゆうさん、あなたはクレイジーですね

とたぶん100人中99人くらいには言われそうですが、

ただ

私は実はあの戦場カメラマンの渡部さんがわざわざ危ないとこ行く
気持ちすごく分かるんですよね

単純に自分で見てみたい、
あとそれを生きてれば人々に伝えたい…

そういうのってやっぱりなんか
あるんです。

まあそれで昨日6月30日私はもろにメルマガのネタになるわ〜とか下心もあり

箱根にいたのですが、

一言で
やばかった、です。

実は一年くらい前はメルマガでよく書いてたのですが
箱根なんてすごい良いとこだったわけです。

地震なんてほとんどなかったですし、温泉いい感じだし、
あとは自然いっぱいだし。

けど箱根の火山活動が報じられたあたりから
結構地震が頻発するようになってまして

まあ宿にいると分かるのですが
夜中とか早朝に

ゴゴゴゴ…

と低い音が鳴り出してその後

グワ〜と地震がくるわけです。

このゴゴゴゴの音の正体は不明ですが
なんかマグマの音のようにも聞こえるし
何か爆発させたときもこんな音かもな、と感じましたね。


それで
私、たぶん政府が箱根開発した小田急電鉄とか
箱根らへんの開発に関わるゼネコンが結構あるので

これらにも配慮してるのかな?
とも思ったのですが

それこそニュースでは
震度1の小さい地震が…というじゃないですか?

けど実際現地はヤバくて
私の体感震度だと

揺れてる時は時間は短いんですが
東京で感じる震度4.5〜5くらい
の強度を感じるわけです。

これが数ヶ月前から続きまして
最近その頻度が短くなってきてました。

こういう現地のある種報道はマスコミでされてませんでしたが

実は震度1とかではなくて

震度5じゃねえの?っていうくらい結構ヤバイ揺れ方の地震が
芦ノ湖周辺あたりまでの家屋には

定期的にあったんですね。

しかし時間は短いもので
311の時のようなユラユラした揺れ方ではありませんでした。


ゴゴゴゴ…という感じです。
一瞬だけグワ〜と激しく揺れるので心臓に悪いです。

とりあえず相当鈍感な人じゃないと寝れません。

それで特徴があって

最初にすごい低い音がするのです。
ゴゴゴゴ、と。
地震自体に音がありました。

それで時間差で心臓とまりそうな揺れが来る、みたいな感じです。

それでこのタイプの揺れがここ数ヶ月は定期的に来ていたんですが

もう6月30日がやばかったです。

私は今この文は6月30日の夕方に書いてるんですけど

さすがに一度東京方面戻ろうかな、と思うくらいの感じで
今下山して書いてるのですが

もう深夜からすごいわけですよ。

心臓止まりそうな

ゴゴゴゴって音の後の大きな揺れ
(新聞の報じるような震度1なんてもんじゃないす)

これがもう10分とか15分間隔くらいで来るのですね。

今までは1時間とか2時間間隔だったのに…

それで私もこの心臓止まりそうな地震が周期短くなるもんだから

今日今メルマガ書いてる
6月30日は

さすがにまずそうだ

ということで一度箱根出たわけです。

ちなみにここ一週間のメルマガありますが
あれ私、

噴火でゴゴゴゴ…って中書いていた
メルマガですから読み直しといてください、笑


それでもう明らかに今までと違う事があって6月29日あたりから
駐車場の車にうっすら白い灰がつくようになっていたのですが

6月30日は結構白い灰が量が増えていて
青いクルマ、赤いクルマ、
黒いクルマはなんか

白い粒々が車全体についてるのが目立ってました。

「ああ、小規模な水蒸気噴火したんだな〜」と私は思ってたのですが

この灰が結構車のボディーにつくわけでして

たぶん洗車でこの灰で小さくボディーに傷ついて泣かされた人結構いたはずです。

だから6月30日は結構すごくて

ゴゴゴゴ…というけたたましい音の後
宿がグラグラ揺れまくる
かなりビビる強度の地震、

が15分ごとに来る感じで

さすがにリスクが高くなってきたと判断して一度下山しよ、

ってことで下山して私はこの
レポートをメルマガに書いてるわけです。


たぶん、この
箱根ずっといるローカル住民の私の声のほうが
朝日や読売の文より

報道的に正確に現地の状況を
伝えてる、と思ってます…笑

ただ結構面白いのがこの一ヶ月はなんだかんだ観光客来てました。

ガラガラと思われそうですが
結構ホテルもレストランも土日はまあまあ人がいましたね。

たださすがに6月30日の揺れは
現地の人々もビビったと思います。

深夜に
ゴゴゴゴ…っていってから
すんごい大きな揺れが
15分後にあってそれが連続ですからね…

それはビビります。

ただ結構現地の人はまあ死んだら仕方ない、
くらいなとこもあるのかもしれないのですが


ホテルのおじちゃんに朝私が

「なんか今日の揺れいつもよりかなりヤバくないすか?」

って聞いたんですね。

そしたらホテルのおじちゃんは

「そうですね、ヤバイっすよね、笑
はははは、笑」

みたいな感じで達観していたのが印象的でした。

一応3000年前の水蒸気噴火
7万年前のマグマ噴火

が箱根山ではあったはずですが
今回の噴火は傾向分析だと
まずは水蒸気噴火の確率が高いんですが

まあそれは一応ほんと目の前でなければ命の危険リスクは対策して
低める方法があるんです。

それもあって

宿の受付のおじちゃんも

はははは〜って感じでしたね。

まあそれで私は警報レベルが
3に上がったというのを

下山してからネットで知ったのですが

もうそのゴゴゴゴ…の恐怖を味わってきましたので


まあそうだろうな、
あれは警報レベルあげるわ

と納得しました。

自衛隊かなんかのヘリも飛んでましたね。
あと箱根町の音声アナウンスも
かなり頻繁に箱根山周辺に響いてました

ネットでは政府が警報レベルを
意味なくあげた、という批判も見ましたが

政府を批判するのは私も必要な事だと思うのですが

箱根山の件はガチに揺れが
30日の深夜からやばくなってましたし

個人的には箱根山に関しては
警報レベルあげたのは妥当な判断だな、と感じましたね。

それでこうやって現地に行くと

上に書いたような報道されていない全然違う情報が取れるわけです。

それをもって例えば言論者を見て


この人は正確なこと言ってんな、

とか

この人は的外れなこと言ってんな

ってのが体感するからわかって来るんですね。

だから噴火しそうな箱根山に
戦場カメラマンの渡部さん見習ってあなたも行きましょう!

とは言いませんが

まあやっぱり直接見て体験すると
全然人生の見方は変わるな〜と思いました。

ちなみに火砕流のときは
鉄筋の建物の中で窓閉めて空気いれないようにする

という事で助かる傾向が高い、

というのも過去の災害を調べていくと分かったりもします。

それで、最後に書きたかったのですが

箱根山は今噴火しそうです。
今日は火山灰が降ってきて車がうっすら白くなるくらいでした。


しかし!

こんなとこでも普通に
このメルマガは無線LANで発行出来てたし、

スマフォでFXの
ユーロドル私はトレード普通にピラミティング建ててしてました。


ネットの時代はすごくて

噴火しそうな箱根山にいて

ゴゴゴゴと地鳴りがして
グラグラ揺れるところでも

普通に仕事出来るわけです!
稼げるわけです。

それでFXでもビジネスでもあなたが自由になれば

安全なところでバカンスしながら
仕事してもいいし、

私みたいに


自分でなんでも体験したい病


の人は別にイスラエルでも
ウクライナでも
ネットさえつながれば仕事出来るしお金は稼げるわけであります。


ちなみに友人の根崎君(ゆう:2021年の今超富裕層)が
言っていたのですが
イスラエルの友人から聞いたらしいですが

イスラエルのユダヤの人らは
家の壁にミサイルが飛んでくるらしいです。

けどさすがというかなんというのか
彼らはミサイルが家の壁に突っ込んできても仕事するんだそうです。

彼らの考えというのは
戦争は経済を止めるためにあるのだ、だから俺は経済を止めない

というマインドらしいんですが
私もそれ聞いて驚いたんですが

とりあえず私はその根崎君から聞いた話に影響受けまして
イスラエル人には負けられへんと思いまして

箱根山がいくら
ゴゴゴゴ、とけたたましい音をあげて建物がすごい勢いで揺れても

普通にノートPCで文を書き
ポジションをとるわけです。


ゆうさんあなたはちょっとクレイジーですね

と言われそうですが

やはりこの世の中

他人と違う、独自の考えで
行動していく

ということに価値があり

そういう人がお金を手に入れるのだと私は思います。


根崎君も同じことを言ってました。

時々そういう人は早く死にますが
まあそれも人生です。


それで私はまるで昔のテレビ番組の電波少年のように
実験してみたわけですが

とりあえず山が小噴火しても
ノートPCとネットとスマフォさえあれば
問題なく稼げます。

日本でこれから大災害が起こっても
私はとりあえず業務を継続できるということが分かりました。

そういう意味で何か天災が起こったときとか
しばらく収入が止まりそうな時、

そういうときにこそ
ネットで自分で稼ぐってスキルが
威力を発揮します!



↑↑


以上です!


それで当時は箱根山が噴火間近か?

とも言われていて

本当に箱根がやばかったので下山したわけですが


「ただそこでも仕事できる」


っていうところを若いときの私は実感したわけですね。



それで今はユーラシア大陸のど真ん中で

コロナ騒動あってもなんとかなっちゃってますが



そういう意味では今の時代は

江戸時代と比べれば相当な可能性があるのは間違いない!


とはいえると思います。


NさんみたいにFXで稼げるようになって

タイでエリートビザ取るような人も増えてるし


本当に自分で考えて行動する人にとっては

色々リスクがあっても


思いっきりそれを人生の飛躍につなげられる

そういったすごい時代になってるのは間違いないわけですね。



ちなみに、私は見直して、今読んでいて

大変大事だなって思ったのが


上の一説で

友人の根崎君の昔教えてくれた

「イスラエルのユダヤの人らは
家の壁にミサイルが飛んでくるらしいです。

けどさすがというかなんというのか
彼らはミサイルが家の壁に突っ込んできても仕事するんだそうです。

彼らの考えというのは
戦争は経済を止めるためにあるのだ、だから俺は経済を止めない

というマインドらしいんですが
私もそれ聞いて驚いたんですが



この辺の話でして


このマインドさえあればどこでも生きていけるんだろうな

と今改めて思いました。


まあそれで今も戦争じゃないけど

似たような状況ですけど


ここで生き方も問われてきておりますよね。


どんなにリアルの世界で

戦争やパンデミックや災害があっても


ネットというバーチャル空間はもう人類の共有財産となっていて

その上で経済活動も何も可能になってきているわけですね。


これがおそらく江戸時代と全然違う

2021年を生きる私たちの現状です。



実際に私は去年エストニアにいたのですけど

そこで驚いたのですがエストニアはもう

デジタル国家として 全てがデジタルITでできるように

作られてるのですが


それは 電子国家という思想があるわけですね。


どんなにリアルがボロボロにされてしまっても

同じ言語、思想を持つ人達のネットワークを

持っておくことで


ブロックチェーンのバーチャル上で

その民族の集合体である国家は存続できる

という新しい思想ですが


そこには 上記ミサイル飛んできても

仕事を続けるイスラエル人に負けない


強烈な民衆の生きる力が反映されております。




今は見方を変えれば大変良い時期で

「今後何が起ころうが

戦争だろうがパンデミックであろうが飢餓であろうが

災害であろうが

何があってもしっかりそこで世界相手に商いをできる

自分のインフラを整えていく時期だ」


という強い考え方を構築できる時期でもあるわけですね。


それでそれを構築してる先生の一人がNさんなんで


彼の力強い生き残るための考え方を

学べるのが 新しい対談音声なんで


是非お時間あるときに何度か聞いてみてくださいね~



では!








________________________________


【新・対談音声2本目】Nさんは 富士山の噴火や大震災なども
サイクル理論から想定して動いて準備している!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_2/

________________________________

【新・対談音声1本目】タイで14日隔離を経験したFXNさんに
色々聞きました!(サイクル理論から見た
日本経済の今後の有力シナリオとは!?)

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……new_fxn_1/

______________________________

«  【Nさんの「災害だろうが戦争だろうが何にもビクともしない生き方」 から学ぶ!】(新時代のIT活用の考え方とは?)  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください