無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【副島先生の最新言論から最近の日本の政治や政局、 及び「職業政治家である菅首相」の動きについて学ぶ!!】

2021 8月 21 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【副島先生の最新言論から最近の日本の政治や政局、
及び「職業政治家である菅首相」の動きについて学ぶ!!】
⇒編集後記で




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Nさんが最近、ポンド円の暴落で500万円の
利益取りましたが(153円⇒149円の400PIPS超え暴落にて)

その収益画像の生画像です。


■一撃500万円トレード(ポンド円)

↓↓

https://gyazo.com/df75ba7a32aa……f62bdeb8e9

https://gyazo.com/75d501128b70……b81ec9f5be

https://gyazo.com/a5c6278c52db……9abaafdf81



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【FXNの新動画】日本で想定しておくべき
2024年~2025年シナリオの話、ロックダウンの危惧などなど
⇒  https://fx-ntre.com/onlinesa/acabn
(タイトル:アカデミーに入会するとどうなれるのか?)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【10万円の資金を248万円まで増やした
「根拠とシナリオ」を大事にした生徒さんの声】
⇒  https://fx-ntre.com/photo/acad……myssss.jpg
【FX-Nのアカデミーで学んでる会員さんから事務局に届いた
最新結果報告の画像です♪】 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【特別公開】FXNの「プール付きのタイの家」を公開!
https://fx-ntre.com/onlinesa/taivide


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして

ありがとうございます!



さてさて、前号にてちょっと最初に

世界中で最近行われてる


「ロックダウン(するかしないか)でびびらせて

その後ワクパスにつなげる戦略」ってのを扱いました~



私は多くの世界の政治にやっぱり海外在住だから興味あって

見るんだけど


どの国も首相とかが「ロックダウンはしたくないな~」とか

言い出してその後急遽ワクパスが始まるシナリオだったりするんで


まあその辺もちょっと書きました。



■バックナンバー

【特別PDFと画像付き】500万円超えの利益を
直近のポンド円の153円⇒149円台の暴落を取った
Nさんのサイクル理論の解説!

(副題:ロックダウンでびびらせて、ワクパスにつなげる為政者戦略)
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=3033#3033


さて、それでこの前なんですが

私が長年政治経済や金融などを学ばせていただいてるのが

副島先生でして、ぶっちゃけ「負けないことが大事だ」みたいのも


副島先生の書籍をずっと読んでたら勝手に身についたってのが

本当のところなんだけど


その副島先生が 今、かなり闘争が激しくなっている

日本の政治、政局について相当詳しく、


掲示板の文章で説明してくださってました。



私なんかも海外にいるため日本の政局情報なんかは

副島先生の内容から学ばせていただいてますが


まあここでマスコミ情報とは対照的に

菅首相ですね、彼が実際は力を拡大してるって点は

ありまして、


この辺の裏側、詳しい情勢を相当詳しく説明されていて

色々と学ぶ点があります。

ということで見て、勉強しましょう!


編集後記で!






■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「500万円の利益を
直近のポンド円の153円⇒149円台の暴落を取った
Nさんのサイクル理論の解説!」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さて、今日はNさんから

あなたに新しいメッセージです!



今ポンド円が以前の153円台から149円台に

一挙に400PIPSほど暴落しましたが


Nさんがそれを「天井で売って」取ってますね!


ちなみにNさんのところで長く学んでる生徒さんも

一気にショートで利益獲得してますが


今日はその辺のリアルタイムな話です!




それではNさんより


↓↓

どうも、FX Nです。


ゆうさんの読者さん、こんばんは!

いつもご購読頂き
ありがとうございます!


私に学び続けてるアカデミー生さんが

直近で結構な利益を得ています。


なぜなら…


お持ちのMT4でポンド円のチャートをご覧ください。
======================================

いかがですか?

153円からの暴落がすごいですよね!
=================================

このポンド円の暴落を
狙ってトレードできた方いますか?


このポンド円が大暴落するかもしれない…

8月12日に分析を行い、

8月13日に動画をアップしよう…

そう思っていた矢先、

13日からポンド円が暴落を開始しました。


その時の動画がコチラになります。

↓↓

→  https://fx-ntre.com/onlinesa/pddo0f


動画をアップしているのも

8月13日ですね!
=============
(すなわち後付け解説ではありません)


そして、

【8円の大暴落かも?】

というお話をしていますが、

現在は4円程、暴落していますね。


今の段階ではなんとも言えませんが、

私は一撃500万円程利益が乗りました。
======================

ちょっと3口座になりますが、
私の口座です。

(あまり公開してないですが特別に・・・)

↓↓

https://gyazo.com/df75ba7a32aa……f62bdeb8e9

https://gyazo.com/75d501128b70……b81ec9f5be

https://gyazo.com/a5c6278c52db……9abaafdf81


こんな感じです。



私の分析では、

一旦戻るのかな?


という感じではありますが、

ボトムがどこなのか?

レストランスレーションである事に

違いはないでしょう。


現在もまだ下目線ですが、

私はすべてのポジションを決済し、

現在はスイス円のみを保有しております。


今回のような暴落で

トレードがちゃんとできるのか?


これものすごく大事になってきます。


多くのトレーダーは、

「下がりだしてから売る」

「上がりだしてから買う」

このトレードの繰り返しです。


でも、本物のトレーダーは、

「下がる前に売る」
===============
「上がる前に買う」
==============

このトレードを基本としています。


案の定、今回私はド天井を捕まえて

下落の波に乗ってトレードを行う事ができました。


こういった暴落、

逆パターンでの暴騰でも

いかに分析を行ってこの波に乗れるのか。


そして、乗れたら

どこでちゃんと利益を確保して

どこで損切りするのかを考えます。


私は一旦保有しているポジションの

9割は売ってしまっているので

仮に今のポジションがダメでも

プラスの状態でトレードをしています。


損切りラインをしっかり決めているので

負けないトレードをしているわけですね!



FXにおいては、

資金がたくさんあっても

トレードが下手くそだったら

全く意味がありません…


せっかくこの暴落に乗れたらのに、

トレードが下手くそだと、

微々たる利益…

むしろ、損失が出てしまう場合もあります。



■一撃500万円トレード(ポンド円)

↓↓

https://gyazo.com/df75ba7a32aa……f62bdeb8e9

https://gyazo.com/75d501128b70……b81ec9f5be

https://gyazo.com/a5c6278c52db……9abaafdf81



サイクル理論では、

トレード回数は比較的少ないかもしれません。


しかし、一撃が大きいです。


スキャルピングや

デイトレードでは味わえない

トレードを行うことができます。


とにかく天井まで待つ!

とにかく底まで待つ!


これを徹底してトレードを行うことができれば、

今回の私のように

大きな利益を出すことができるんですね!


実際に私だけではなく、

私の友人にも教えて

100万円以上の利益を得ている方もいました。


せっかくこのメールを見てくれている方には、

「サイクル理論」の可能性を伝えたいですし、

体感してもらいたいと思っています。


最後のアカデミー募集を

楽しみにしていてくださいね!^^



最後までお読み頂きまして
ありがとうございます。



↑↑


以上です!!



それで今回ですが、一気にNさんが

500万円超の利益獲得でありますが


数ヶ月(大体半年以上)Nさんに学ばれてる生徒さんたちも

かなりショートで取られてるようですが


(ちなみにこの前アカデミーに入られた方は、

まだ見習い段階なんでそこを取れていなくても

大丈夫ですね。こうやって定期的にシナリオにハマって

天井売りが暴落するってのをチャートで見るだけで

今は勉強になるかと!)



まあ普通にこうやって収益がサイクル理論のシナリオに

はまったときに取れるのであれば


上に書いたロックダウンであろうがワクパスであろうが

正直あんまり人生に関係ないってのが本当のところでしょう・・・


ぶっちゃけ為替のインターバンクを閉じたり

東証閉じるロックダウンとかはあまり考えずらいですね。


まあそれで、このNさんの分析なんだけど

重要なのが



「後付けじゃないですよ~」ってことです。




ちなみに私のメルマガでNさんのサイクル理論の考え方

についてこの数ヶ月扱ってるから


是非これバックナンバーでご覧いただけるから

ガチ派の方は何度も読んで欲しいのだけど


それこそ私も昔は貧乏でしたがしかし今はまあ

一生働かないでもなんとかなっちゃう状況になりましたが


それでも中国のトウ小平の先富論を重視していて

「先に豊かになった奴らに学んで

「今は」まだ貧乏な人らも豊かになれ」


ってのを尊敬してますから色々毎日、

正直ビジネスの観点もありながら実質は趣味的に書いてるんだけど


まず理解して欲しいのが「シナリオ」の考え方ですね。




■バックナンバー
【100%の予測は投資では不可能!?】なことを考える!!
(Nさんに届いたユーチューブ視聴者からのクレームとは?)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3027#3027


ちなみにサイクル理論の基礎が分からない方は

バックナンバーの6、7月にあわせて読んでください。


もう2ヶ月書いてるからさすがに「レフトトランスレーションって何やねん」

だとサイクル理論で話が通じないので。


それで基本的には今回のNさんが500万円を

ポンド円の暴落取って利益取ってるのは


あくまで「予測じゃなくて予想じゃなくて

サイクル理論でシナリオ建てて、そのシナリオにはまった」


ってのがその理由なんですが


まあこれは見てみないと分からないと思うんで

「Nさんの会員さんが受け取ってる

サイクル理論の相場分析PDF」を見て欲しいのですが



これは一応事務局さんで掲載OKってことで聞いて

特別あなたに見てもらいますが



これが実は会員さんたちが受け取ってる

相場分析ですね。


8月12日時点で私も受け取ってますが

こういうサイクル理論分析を


事前に 分かるのが実はNさんのアカデミーのヤバいところですね。



今私がこのメルマガ編集してんのが

8月20日だけど1週間ちょっと前の

8月12日に会員さんに配布されたシナリオ分析です。



毎日Nさんが配布されてるPDFは実際は結構

会員さん限定の内容が色々あるんですが



その中で

ポンド円分析のところだけ抜粋したPDFが以下ですね!


このPDFはまあ検討されてる方には

貴重かもしれません。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】ポンド円暴落「前に」
8月12日に配布されたNさんのサイクル理論からの分析PDFからの
ポンド円分析部分の引用

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/fxn_20210812.pdf




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



それでNさんはかなり頻繁にこういう

サイクル理論の分析PDFを会員さんの学習になるから

送ってくれてるんですが



まあ・・・見たら「思いっきり後付けではなく

事前に今回のポンド円がしっかり天井つけて

暴落するシナリオ」を


8月12日時点で「事前に」想定してるのが

分かると思うんですが


その後8月20日の今日の時点では


153円⇒149円と400PIPSほどの暴落となってますね。



それで上記の分析は会員さんに8月12日付けで

送られてるPDFの中からの抜粋なんだけど


8月11日時点で「サイクル理論で今後どういうシナリオ想定が

できるか?」


っていう視点で解説されてますね!


それで簡単に分かりやすく解説しますと、

まず8月11日にNさんが会員さんに配布してる分析の

1ページ目の4時間足のチャート説明と

3ページ目の日足チャートの説明を見てほしいのですが


ポンド円の高値の153.3円前後あたりをつけてでの分析が

入ってるんですが


ここで3ページ目の解説では

赤色でメジャーサイクルで2つのシナリオが形成されてるのが

分かりますね!




【PDF】ポンド円暴落「前に」
8月12日に配布されたNさんのサイクル理論からの分析PDFからの
ポンド円分析部分の引用

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/fxn_20210812.pdf


3ページ目の赤色のサイクル理論から考えられる

メジャーサイクルの2つのシナリオが分かりやすいですが、


左側の赤色のサイクルはレフトトランスレーションのシナリオ

右側の赤色のサイクルはライトトランスレーションのシナリオ

でありますね。






それでここでポンド円で 153.3円前後の高値をつけてますが


ここでNさんが分析してるのが以下ですが

↓↓


「153.31は4HC32本目につけた高値なので、
ライトトランスレーションを形成することも、

レフトトランスレーションを形成することも可能なので判断しにくいです。



ただし、高値更新をしたのはポンド円と加ドル円のみです。


それ以外のクロス円は高値更新を見ていません。
====================================


そして、スイス円の4HC は既に起点割れを見て

レフトトランスレーションを確定させている事からも、


今のところはクロス円の4HC は

レフトトランスレーションを形成する可能性が高い!と

みております。



なので、ポンド円も151.16を割って

レフトトランスレーションを形成していく想定


です。




↑↑



以上です!!



それでまさにサイクル理論では各通貨のサイクル理論に沿った

相関も見るんだけど



そこでこの153.3前後が天井の

シナリオに今回は沿って、


このサイクル理論でショートで暴落狙いで


仕掛けたNさんや生徒さんってのが



152円台後半~153円台前半~で

サイクル理論の戦略から売りを仕掛けて


それで損きり設定では大体153.3の上くらいに

損きり設定置いておく感じですが



だから大体損きりまでの距離が20~30PIPS前後

もしくはさらにうまい人だと損切りまでの距離が

10PIPS台の人もいたでしょうが



それに対して1週間以上経過して


400PIPSほどの収益が出てるってのが現状ですね。


だから取った損失リスクが1に対して

利益が今回は10~15前後(うまい人だと20くらい)



ということで



例で言えば1万円の損失設定の人は

収益として15万円~20万円は利益として取ってる

サイクル理論トレードとなってますね!!



まさに「損小利大」となりますが


Nさんも500万円くらいの大もうけしてますね。



■一撃500万円トレード(ポンド円)

↓↓

https://gyazo.com/df75ba7a32aa……f62bdeb8e9

https://gyazo.com/75d501128b70……b81ec9f5be

https://gyazo.com/a5c6278c52db……9abaafdf81





ちなみに今回特別にNさんが

1週間以上前に サイクル理論をシナリオ想定してる

PDFお渡ししましたが


実際の運用はこうやって「予測じゃなくてシナリオを

複数立ててそれぞれにベットしていく」


っていう感じですね!!



「予測や予想なんてできないから

その時点でサイクル理論から想定できる

有力シナリオを複数立案して


それぞれに損小利大スキームを作って

仕掛けていくんだよ~」


って話はこの前書いてますが


■バックナンバー
【100%の予測は投資では不可能!?】なことを考える!!
(Nさんに届いたユーチューブ視聴者からのクレームとは?)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=3027#3027





一番 理解してほしいのが

「予測に頼ってない」ってことなんですが


ここでもNさんはPDFにて

シナリオ立案をめちゃくちゃ重視されてるわけですね!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】ポンド円暴落「前に」
8月12日に配布されたNさんのサイクル理論からの分析PDFからの
ポンド円分析部分の引用

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/fxn_20210812.pdf




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



ちなみに上のPDF意味不明って方は


以下のPDFで以前にサイクル理論の構成について説明してくれてます!


【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf


だから今回は有力シナリオの


「153.3前後(証券会社によっては

高値がずれてるケースもあるが)

のメジャーサイクルトップを想定して


メジャーサイクルではレフトトランスレーションを

形成しながら


下落していくシナリオ


(メジャーサイクルの上の

プライマリーサイクルPCがまだレフトトランスレーション

最中のシナリオ)」


このシナリオに はまってるんですが


それに沿って、メジャーサイクル天井からの400PIPS暴落

となったわけですね。



ただ実はPDFで8月12日の分析でNさんが

書かれてるように


「可能性は低くても、今回のような

メジャーサイクルがレフト・トランスレーションじゃなくて

ライト・トランスレーションになる可能性も0ではなかった」


わけですね。




Nさんがちゃんと


以下のように4ページ目で書かれてますが



「なので、今回MC(メジャーサイクル) は

レフトトランスレーションの可能性が高い!

とみております。



仮に今回MC がライトトランスレーションを形成する場合は、

148.46でPC(プライマリー) スタートの可能性に繫げます。



ただ、この場合は前回PC が44週目にボトムを付けている!

事になるので、


PC 延長のイレギュラーなので可能性は低い!と見ております。



なので、今回MC はレフトトランスレーションで、

PC ボトムに向けて下落していく可能性が高いと思っています。」



ってことで分析されてますが


もし今回ですね、このメジャーサイクルがレフトトランスレーションの

シナリオじゃなかった場合、


すなわちショート入れていたけど損きりになって

高値を再度更新するシナリオと成っていたら



シナリオとしては

以前のプライマリーサイクル148.46を基点として



プライマリーサイクルでは

ライトトランスレーションを既に7月20日から形成しだしている

シナリオに移行してる、と考えていって

そっちのシナリオに移行していくわけですね。


だからサイクル自体は


4Hサイクル⇒メジャーサイクル(MC)

⇒ プライマリーサイクル(PC)


とサイクルは大きくなっていきますが


大きな波に小さな波が入れ子構造になってるんですが


また小さな波は大きな波に支配されて

さらに新しい動きは小さな波から大きな波に波及しますが


こういった点から、シナリオを作成していく

Nさんのサイクル理論の実践運用のすごさはあるわけですね。



だから実は仮に損きりになっても

「シナリオが変更して移行しただけ」となるんだけど


いずれにしてもシナリオが移行しても

その後仕掛けても「損が小さく利益が大きい

損小利大スキーム」に入って行くので


原理上なかなか負けないで資産が増えていく流れになっていく

ってのが 


最初は少しムズイかもだけど

サイクル理論の実践トレーディングの特徴ですね!



だから今回、特別にNさんの

ポンド円暴落を「事前に」サイクル理論で捉えてる

1週間前の8月12日分析を PDFで見ていただいてますが




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】ポンド円暴落「前に」
8月12日に配布されたNさんのサイクル理論からの分析PDFからの
ポンド円分析部分の引用

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/fxn_20210812.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



ちょっと分かりづらいって方は

サイクル理論のサイクル構成の知識が曖昧だから

これ見てほしいけど



【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf




基本的にはサイクル理論の原理原則から

シナリオを複数 作っていって、


それらのシナリオは全て損小利大であるのだけど

それにベットしていくって感じになりますね。



だから上のメジャーサイクルで今回は

シナリオにはまって 損きり設定としては

10PIPS~30PIPSくらいの設定でのトレードで

400PIPS暴落となってますが




しかしもし、仮に高値更新していたら、

可能性はその時点で低かったけど

一番大きいプライマリーサイクルPCの


ライトトランスレーションシナリオに移行したと

考えて、そっちに移行していくだけなんだけど


だからトレードとしては

「予測するのではなく

シナリオについていく」


ってことになるわけですね。



Aシナリオに沿わない場合は小さく損きりになりますが

その際にAシナリオに沿わない場合は

Bシナリオに移行するんで


またBシナリオで攻めていくわけですが

そっちでハマるとやっぱり損失小さく利が大きいんで


トータルとしては利益乗っかっていくっていう

戦略となるわけです。




こんなのを無料で説明するものだろうかと

私も思ったりするんだけど


現場で稼いでる人たちは多かれ少なかれ

大体似たようなことをやってるものでありまして


予測とか予想みたいに競馬場の予想おじさんとは

全然違うことをやってるわけですね!



だからこういう世の中には知られていない戦略立案方法が

存在するってことですね!!




それで上の話を最初に見て

「意味分からない」って人が大半かもしれませんが



これは長く見ていれば2~3ヶ月くらいで

分かってくるんだけど


生徒さんで結果出し始める人が2~3ヶ月で

増えて


6ヶ月目前後で月収50とか100万円を

たたき出す人が増えるってのは


この辺の理解度の差なわけですね!!




ちなみに上のサイクルのPC、MC、4Hサイクルの

入れ子構造からの見かたが最初はいまいち分からないって

人がたぶん多いのですが



だからここで サポートが大事に成りまして

サポートにてNさんに通話とかLINEで聞けますんで


ここで色々具体的に


「私のサイクルの取り方、認識、

これであってますか?」みたいに


Nさんに色々聞いて、理解度が深まっていくわけです。


期間は1年。
==========

最初は難しいですが、なれてきたら

分かるようになってきて


あなたも予想とか予測に振り回されないで

根拠持った、シナリオに基づいた戦略で


資金投下できるようになるんで、


だから負けづらくなるってことですね!!



だからよく投資の業界だと予測や予想が

当たった~外れた~とかやってるものですが


その超低いレベル、ですと投資で生き残るのは難しいってことで

もう少しNさんの

自然科学に根ざしてるサイクル理論を使ってでの

シナリオ戦略という レベルの高い視点がありまして


これがNさんみたいな新興富裕層たちが持ってる

戦略的視点であるってことですね!!



それで今回の号のPDFを色々見ていくと

「ああ、こうやって考えてるから

謎に生徒とか結果出てるのか」ってのも分かると

思いますので


是非見て いろいろ「うーん」といいながらでも

この「サイクル理論(の構成)を使ったシナリオの考え方」ですが


学んでみてくださいね!



それでこれを1年間に渡って学べるのが

Nさんのアカデミーですので


また最終募集する際には

すごい特典も準備してるところなんで、

お楽しみに!


では!





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】ポンド円暴落「前に」
8月12日に配布されたNさんのサイクル理論からの分析PDFからの
ポンド円分析部分の引用

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/fxn_20210812.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆











===========編集後記=========

さてさて、私は今中欧で生活しているのでありますが

日本から6000キロも離れているものですから

なかなか日本の情勢ってのが日本在住の時ほど入ってこないのですが


そんな中、個人的には昔から学ばせていただいてる

副島先生の分析などで学ばせていただいておりまして


「ああ、日本はこうなってるのか」みたいな感じで

よく勉強になってます。


ちなみに、最近はもう・・・マスメディアの情報だけ

見ていると何が何だかさっぱりの時代ですが


辻褄が合わないって言葉がありますが

マスメディアの情報だけで生きてるとおそらく

辻褄合わないことばかりの時代だろうなと。


ただそんな中副島先生の分析とかあとは田中宇先生の分析ですね、

この辺が日本の言論のトップでしょうが


この人達の分析見ていると、いろいろ本来の現状が見えてくる

面白さはありますね!



ちなみに副島先生の書籍だと最近買って面白かったのが

「目の前に迫り来る大暴落」ってやつで


7月に出た本なんですが、


これはまあ面白いですよ。


例えば暗号通貨やってる人なんかは

ビットコインが今後中国の金融兵器となっていくなんて

視点は知らなかったりしますがその辺の裏情報も書かれていて

まあ勉強になります。


それで、この前副島先生がご自身の重たい掲示板にて

今の日本の政治状況を詳しく叙述されておりまして


これはマスコミでは一切言わない動きなんだけど

すごい大事な、日本の動きだと思いまして


是非今日みて 学びましょう!!


ぶっちゃけ自民党の内部に、いわゆるネットウヨみたいな

統一教会系のヤバい 対中国強硬派の戦争したいしたいみたいな

そんな人がかなり力を持っていたけど


どうも、彼らの力が弱まってること、

どんどんそこから安倍⇒菅に支持を切り替えてること

などが色々書かれており、


大きく日本情勢の今の闘争を

理解するのに役立ちまして


特に副島先生は民間のシンクタンクで色々情報が
集積する立場でもあるので

大変重要なことが沢山書かれてますね。


それでは見てみましょう!


http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

より

==============

横浜市長選(22日)が、自民党内 ” 
7.21反菅(はんすが)クーデター” の勝敗を決する。



投稿者:副島隆彦



副島隆彦です。今日は、2021年8月18日(水)です。


 「横浜市長選(22日)が、自民党内の
“7.21反菅(はんすが)クーデター” の成否を決める」と題して、
私は、日本の政治状況への最新の 分析を公表する。


 私の判断では、9月末(29日)の自民党総裁選(そうさいせん)で、
菅義偉が首相に再選されるだろう。


その背後に大きな政治ドラマがあった。 


この流れを決めるのは、22日に迫った横浜市長選挙である。

「菅(すが)が、自分の地元で負ける」という新聞の 
世論調査の結果が次々と出ている。

(転載貼り付け始め)

●「自民党で現実味を帯びてきた菅退陣とポスト菅 
横浜市長選で野党候補がまさかのリード」
2021年8月17日 AERA ( アエラ 朝日新聞のネット版)
https://news.yahoo.co.jp/artic……db56752f20



 8月22日に投開票が行われる横浜市長選が
とんでもない展開になってきた。

8人の候補者が出馬しているが、菅義偉首相の「盟友」、
小此木八郎前国家公安委員長(56)と

立憲民主党が推薦する横浜市立大学教授だった
山中竹春氏(48)の一騎打ちの様相となってきた。


 当初、菅首相のお膝元でもある横浜市で圧倒的な
知名度、強固な地盤を誇る小此木氏が楽勝かと誰もがみていた。


しかし、マスコミなどの世論調査、
期日前投票の出口調査では、山中氏が先行。

小此木氏が追う展開になっている。



副島隆彦です。 日本でオリンピックが開かれている最中に、
日本の政界では激しい大きなドラマが展開していた。

今から私が書くことは、とてもそんなことは信じられない、
というような事実の羅列となる。

私が、この文を書いている8月18日(水)で、
私は「菅政権の継続」と予想、予言している。


この22日の横浜市長選挙で、上記の通り、朝日新聞でも、
上記のアエラでも、


「自民党が負けて、立憲民主党の候補が勝つ」

という出口調査の結果が、発表されている。


 新聞各紙と文芸春秋までが、

「予想外の展開で、菅首相にとって手痛い打撃となる。
首相が推す、小此木八郎氏(6月18日まで、国家公安委員長だった)が
負けると、菅政権が受ける打撃が大きい。

だから菅政権は倒れる」という論調が出ている。


私は、そうは思わない。


これはあくまで政治評論における予測、予言に属する。


 さあ、これから、私、副島隆彦が縷々(るる)解説する。

当否は読み手の皆さんが自分で判断してください。


「それは、いくら何でもありえない」と思う人は、
そのように思っていていてください。

 始まりは、7月23日の東京オリンピック開会式の
前々日(7月21日)の真夜中に起きた。

現職の中山泰秀(やまなかやすひで)
外務省副大臣(50歳)が、

ユダヤ人差別のホロコーストをコントのジョークを
たった一言しゃべっただけ(23年も前の古いもの)が、
Youtubeで流れたという理由で、

この小林賢太郎というコメディアンあがりの
舞台演出家が、やり玉に挙がった。

 これを中山副大臣は、21日の真夜中、午前1時に、
日本政府にこの問題の自分の意見を言うべきなのに、
いきなりアメリカのユダヤ人種差別糾弾団体の
SWC(サイモン・ヴィーゼンタール・センター)に通報、告げ口した。

 すると、SWCの所長が即座に、真夜中に声明文を出して、
「ホロコースト問題を笑いの種にするような人物が、
オリンピックの主催者側にいることは許しがたいことだ」と発表した。

これで、日本政府とJOC、大会組織委員会が大騒ぎになって、
この小林賢太郎は、即座に解任され、
橋本聖子大会組織委員長が悲痛な謝罪声明文を出した(22日)。

その翌日が開会式なのである。

 開会式が中止にある可能性が、
この時、本当にあったのだ。 
だから、安倍は開会式に自分は出ない、と言ったのだ。

それは菅首相の責任となって、日本だけでなく、
世界中から非難轟轟(ごうごう)の嵐となって、
それで菅政権が倒れる、という事態になっていた。


私は、だから、これを、
“ 7.21 反菅(はんすが)クーデター ” と名付けた。

このクーデターを仕掛けたのは、誰あろう安倍晋三である。

 ところが、この直後、22日から、
日本国内のテレビ新聞、週刊誌、ネットニューズが、
一斉に「中山泰秀副大臣のとった行動はおかしい」と報道を始めた。

日本国内のメディアが全く同じ論調になったことは
極めて珍しいことである。及ばずながら、
私、副島隆彦が22日の早い時間に、

この中山泰秀事件のひどさと謀略性について、
急いで書いて公表した。これが影響を与えたようである。

 この直前に、安倍晋三前首相は、
「自分は開会式に参加しない」と表明していた。
このことは、極めて異常なことなのである。

なぜなら、安倍晋三は、首相だった2016年に
ブラジルのリオデジャネイロの閉会式で、
自らスーパーマリオの恰好をして出てきて、
次の東京オリンピックの宣伝をぶちあげた。

彼は、2013年9月のアルゼンチンで、
東京オリンピック誘致が決まったときの「ばんざーい」以来の、
開催の責任者だ。

だから、安倍が、名誉顧問になっていたのに、
開会式に出ないと周囲に漏らしたことで、激しく非難された。

 安倍は、この時、東京オリンピックの開会式が流れて、
オリンピックがぶち壊れなることを想定して、
菅義偉にクーデターを仕掛けたのだ。

 安倍晋三の勢力が、東京オリンピックを妨害することで、
菅首相に大打撃を与えることを計画していた。

オリンピック終了後に行われることになっている
自民党総裁選挙(9月29日予定)と衆議院選挙(11月中旬だろう)で、

菅義偉に対する国民からの大きな失望と
激しい責任追及の嵐が起きることを想定しての
安倍たちの行動であった。

私は、これを7月21日の“安倍の反菅クーデター”と命名した。

 そして、これは見事に失敗した。

なぜなら中山泰秀は、激しく国内メディアから非難され、
それと連携して動いた安倍晋三への批判も沸き起こった。

だから菅首相と二階自民党幹事長の勝利である。

二階俊博は、自民党内で権力闘争が起きるときに、
必ず、「上等、上等」と言い放って受けて立つ。

 このあと、安倍晋三クーデターが、成功して、
彼が首相に再び返り咲いて「安倍再々登場」など、
許されざることである。 

あれほど、7年8ヶ月も(2020年8月まで)
ヒドい政治を行ってきた人物が、再び首相に復帰するなど、
日本の政治が許していいわけがないのである。

 私が、あのとき(7月22日)、
もっとも強く警告を発したのは日本の左翼リベラル派の人たちに
対してである。

彼らの知恵の足りない見方では、
現職の自民党の首相を引きずり降ろすことが常に念頭にある。

ということは、菅内閣が倒れると安倍晋三が
復帰することになるのである。

このことは、日本の左翼リベラル勢力が、
安倍晋三の勢力に利用されることになるのだ。
このことを分かってほしい、と私は訴えた。

 それは、今度の22日の横浜市長選挙でも起きている。

 私の大きな見方では、安倍の勢力は、
中国と戦争しようという危険な思想の集団である。

このことは、そのお仲間である櫻井よしこ氏の
「今こそ中国と戦おう」というような本たちの
タイトルを見ていると分かる。

 私たちの日本国はアメリカとも、中国とも仲良くやって、
====================================
世界情勢の厳しいところを、
==================
うまく生き延びていかなければならないのである。
==============================

だから私は7月21日の安倍クーデターが失敗して
本当に良かったと思っている。

 そして23日の開会式を菅義偉政権は、
無事なんとか乗り切った。

何が何でもとにかく世界との約束のオリンピックを、
どんなにみっともなかろうが「無観客」ででも、
乗り切って、開催し、終了させなければならなかったのだ。



幸い、日本国民はオリンピックの試合をテレビで
ずっと見て、大いに楽しんだ。
テレビの視聴率はかなり高かった。

私がこれで菅義偉が勝った、と判断した。


国民には、お楽しみであるタダで貰える
「パンとサーカス」を与えれば、それでいいのである。
それが、政治というものだ。

 このあと、菅義偉と二階俊博からの安倍晋三への
激しい反撃が起きた。

このことが今日の私の主題である。
前置きが長すぎたて、あまりにもダラダラと書き過ぎると、
読み手がきついので、このあとは要点だけをサクサクと書く。

 菅政権を倒そうとしていた安倍勢力の主要人物が、
一人ずつ引きはがされるように
安倍から離れて菅首相についていく姿が如実に見られた。

その始まりは、7月30日に起きた。
例の法務省、検察庁の 検察審査会による、
安倍晋三の後援会の「桜を見る会・前夜祭パーティ」
(2013~2019年の開催分)でのお金の動きについて、

安倍晋三を不起訴にした検察庁の判断があった(2020年12月24日)。
 
 それをひっくり返す議決が行われた(7月15日らしい)。
検察審査会が下した「不起訴不当の議決である。

これで安倍晋三は再び公職選挙法と政治資金規正法の
2つの違反での被疑者の立場に戻った。

このあと、安倍晋三議員は検察庁に数回、呼ばれて
厳しい取り調べを受ける。


この7月30日の決議の公表が、
政治的にものすごく大きい。

菅と二階の側からの、
「7.21オリンピック・クーデター」への
強い反撃と逆襲である。

このあと安倍晋三は、黙りこくって表に出られなくなった。
このあとの動きを時系列で書く。

 この7月30日に、なんと3A(安倍、麻生、甘利明)の同志である、

1 麻生太郎副総理が、安倍前首相の自宅へその日の夜、
走り込んだ。そして2人で何を話したかである。

この時から、まるで煙幕を張るがごとく
女性議員の高市早苗(たかいちさなえ)を総裁選挙に出そう、
という妙な動きが表に出た。


すでにこのとき、麻生と安倍は腰砕けになって、
もう菅・二階ラインを崩すことはできないと分かったのだ。

だが、まだ横浜市長選挙がある。


■「自民総裁選 高市・岸田氏出馬は安倍・麻生氏の思惑通りの展開か」

※週刊ポスト2021年8月27日・9月3日号
https://www.news-postseven.com……83581.html



 この7月30日の検察審査会の不起訴不当は、
オリンピックの最中であったから新聞各紙の社会面の
本当に小さな記事でしか扱われなかった。
朝日新聞だけが比較的大きかった。

この記事のことで私はすでに評論を1本書いている。

 そして、月が替わって8月3日に菅首相は、
ずっと犬猿の仲で口もきかないと言われていた 



2 加藤勝信官房長官を自室に呼びつけた。


そして2人で話し込んだ。それまでは周りの番記者
(ばんきしゃ。メディアの政治部記者の若手)たちに、
加藤は、

「首相は会ってもくれない。意見を言おうとしても
『うるさい、出て行け』 と言われる。これじゃやってられないよ」
と、ぶつぶつと発言している。

 おまけに官房機密費も菅に取り上げられて、
使わせてもらえず、“名ばかり官房長官” と
政治部記者たちから呼ばれている。


ところが、菅首相が加藤官房長官を呼びつけて
話し込んだのだ。菅は加藤に何といったか。

 翌日、8月4日にフジテレビ(FNN)の番組だけに、
なぜか加藤官房長官が出て来て、

「今の菅政権を支えるのが、私の仕事であります」と、
いつもの、記者会見での、昼行燈(ひるあんどん)の
ボソボソとした口調では違って、ペラペラと能弁な感じで話していた。


■「加藤官房長官「菅首相への信頼つくる」 自民党総裁選めぐり」
2021年8月4日 FNN
https://www.fnn.jp/articles/-/219162

 加藤勝信は安倍晋三の直系の子分というよりは、
さらに晋三のお母さんの洋子(ようこ。93歳)に、
いちばん気に入られて、かわいがられて育った政治家である。

元は岸洋子で、岸信介の長女である。
写真でも、見るからに恐ろしい鬼のような女だ。

このゴットマザーが安倍政権を裏から操っていたと言われていた。


 だから菅が呼びつけて、口もききたくない関係の
加藤と2人で何を話したか。
ここを考えるのが政治を見る重要な目である。

かなりの政治分析ができる者たちであっても、
まさかそんな、という事態が起きたのだ。

 菅は加藤に直接、「これからも、私を支えてくれますね」と
切り出したはずなのである。
これは加藤にとって相当に堪える。

加藤は、このとき「はい、そうします」と答えたはずだ。
このとき加藤は、自分を育てて引き上げてくれた、
安倍(岸)洋子と安倍晋三を裏切ったことになるのだ。

これが政治の世界である。

 加藤勝信 は、どうやら、もう菅の方が強いと思い知って、
自分の政治家生命を守るために菅につくと決めたのだ。

ここが見えなければ、自分には床屋政談、
政治談議をやる能力などないと思ったほうがいい。

 その前から3A(安倍、麻生、甘利明)が、
激しく菅義偉を激しく揺さぶって、

「俺たちの言うことを聞け。
そうしないと首相は続けられないぞ」と言い、

その為には、
「二階俊博を幹事長から下ろせ。辞めさせろ」
と圧力をものすごく掛けていた。

 春ぐらいから3Aが2F(二階)に勝ちそうな勢いだった。

しかし、7月21日クーデターが見事に失敗して、
安倍晋三は、もんどりうって倒れた。
そして、2週間後に、オリンピックは何とか終わった(8月8日)。

 それでも、菅はオリンピックは失敗、
コロナ対策でも失敗していると言われて、

「菅内閣は、国民の不興を買い、
世論調査の数字もひどくて、29%の支持率しかない」
と言われた。


しかし、こういう記事を書いている者たち自身が
安倍晋三の勢力のジャーナリストや、記者たちであり、
安倍勢力の引力に引きずられているのだ。

それでも彼らも、どうせ自分たちの勢力が
どうも負けたと自覚せざるをえない。

 ただし、左翼リベラル派は、全く、
その人生が汚れていない人たちなのだが、
ちょっと頭が弱い人たちだ。

だから、「とにかく自民党を倒せ」のスローガンしか言えない。

 彼らの目には、菅・二階と安倍勢力の
激しい戦いが見えないのである。


私は、自分の身近の人たちであり、何かの時には、
一緒に闘わなければいけない人たち
(彼らが、私を呼んでくれれば、だが。笑い)なのだが。

 私は、彼らに対して、「もう少し頭が良くなりなさいね。
その代表が日刊ゲンダイだ」と書いてきた。

本当に、自民・公明党連立政権と官僚政治を 
うち倒して、立憲民主党を中心とするリベラル政権を
作りたいと考えるならば、

まず為すべきことは、真っ正面から

「枝野幸男立憲民主党・党首がおかしい」

と彼を批判することなのだ。


 枝野幸男のやっていることは、

裏側で自民党や財界とつながって、

野党勢力の統一と、政権奪取のための努力をないがしろにし、

削ぎ落としている。


私たちは枝野幸男を激しく批判し、

党首から引きずり降ろす運動をしなければならないのである。


この本筋を忘れて、菅政権打倒ばかりを言っているのは、
頭が足りないのである。

 話を元に戻すが、この 

2 加藤勝信がひっくり返ったと思われる
8月3日の同日に、菅首相は、

3 山口那津男(やまぐちなつお)公明党党首と
45分間、食事をして話し込んでいる。

ここで菅首相は、「公明党も私を支えてくれますね」と
言ったはずなのだ。ところがその翌日、8月4日に、
公明党の遠山清彦(とうやまはるひこ)元議員の秘書たちが、

取り調べを受け、事務所にガサ入れ(家宅捜査)が入った。

 この遠山元議員は、安倍政権のとき
(第4次安倍第2次改造内閣)に財務副大臣を経験している。


だから、公明党の中でいちばん安倍に近くて、
おそらく菅政権倒しを公明党の中で行っていたのであろう。


そこに突如、検察庁がガツンとくらわして、
汚職の容疑で捜索した。これで公明党は震え上がって
「はい、菅首相の言うことを聞きます」と完全に折れたはずなのである。

 ここで、はっきり書いておくが、政治評論や、政治談議をしたい人に
教えておく。

公務員は、そのときの首相の言うことを聞く。
命令に従う。公務員の上のほうである官僚たちも、
「自分たちの首を切る権限を持っているのは首相である」と
死ぬほどよく分かっている。

上司の命令に従う、のが、公務員の本能であり生態である。
警察や検察庁といえども、行政官であるから、
内閣の指揮、命令に従う。この政治体制の基本を甘くみてはいけない。

 だから「検察庁は、政権とは別個独立に司法の権限として、
犯罪捜査をしています」と、

あまりキレイごとは言えないのである。
どこの国の政治もこうなっている。

 とりわけ今の検察庁(林眞琴=やはしまこと=検事総長の体制 )は、
とにかく安倍晋三前首相と統一教会(ムーニー Moonie)
という特殊な宗教団体に激しく怒っている。

 検察庁は法務省と内側が同じ組織なのだが、
その中に何十人もの統一教会のメンバーが入り込んでいて、
それが例の河井克行・案里事件を起こした。

河井克行(かわいかつゆき)は、たった1ヶ月で
辞めさせられたが、安倍が任命して法務大臣にまで
なったのである。
これらのゴタゴタの激しい内部の事件は、すでに私は別で論じた。

 さらに続いて、文科大臣を務める 
4 萩生田光一(はぎうだこうちいち)がいる。

彼は東京の西のはずれの、八王子市を地盤とする政治家で、
市会議員あがりの、たたき上げだ。
まるで暴力団かと見紛うがごとき傲慢な政治家である。

彼もずっと安倍晋三の最側近として支え続けた。

 だが、萩生田は 統一教会員ではないようだ。
だから安倍晋三への忠誠心と言っても、
政治信念(イデオロギー)を共にしていないので、

必ずしも安倍と一蓮托生ではない。忠誠心にも限度がある。 
8月11日の日経新聞が、大きく萩生田が、
「私は自民党幹事長になりたい」というインタビュー記事を載せた。

■「雌伏の安倍氏最側近、「いつかは幹事長」 萩生田光一」
2021年8月11日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article……0C2000000/

 何か異様な感じのするインタビュー記事だ。
なぜ、このような時期に二階幹事長を押しのけ、
「私が幹事長になりたい」と奇妙なことを言い出したか、である。

この真実は、8月11日の時点で、
「すでに萩生田は菅義偉の軍門に下っている」としか言いようがない。

「私は菅首相と二階幹事長の言うことを聞くので、
順番が回ってきたら私を登用してください」
と懇願しているとしか思えない。

すなわち萩生田も安倍から取り上げられて
菅の側についたのである。

 さらにもう1つ重要なことは、この間近の22日の
横浜市長選挙の投票日で、 

5 小此木八郎(おこのぎはちろう)が当選するか、
の問題になる。

冒頭で載せた、アエラ誌の8月17日が、
大きく投票予想で、野党が勝つ。
自民党が負ける、という投票率予想を大きくだした。

●「自民党で現実味を帯びてきた菅退陣とポスト菅 
横浜市長選で野党候補がまさかのリード」
2021年8月17日 AERA
https://news.yahoo.co.jp/artic……db56752f20

 立憲民主党から出ている
山中竹春氏(やまなかたけはる。元横浜市立大教授)が
当選しそうだと書いた。


「そんなことはない」と私は予言しておく。

この横浜市長選挙は、複雑な構造が背景にある。

現職で再選を目指す林文子(はやしふみこ。75歳)
のばあさんは、今回で、お払い箱である。
彼女は、キレイさっぱり責任を取らされて捨てられる、
その係である。

 IR(アイ・アール。カジノを含む統合型リゾート施設)
というカジノを横浜に持ってくるという話がずっとあって、

もうカジノ場は横浜には作られない、
ということはハッキリしているからだ。その責任を一身に取ってやめる。

 なぜなら、シェルダン・アデルソンという、
むくつけき顔をした「ラスベガス・サンズ」のカジノの大物が、
1兆円(100億ドル)を持ち込んで、

東京お台場の「船の科学館」に、
カジノビルを建てることになっていた。

ところが、アデルソンは、マカオ(澳門)のカジノ場が、
中国の習近平による腐敗摘発の締め付けを受けて
儲けが出なくなった。

シンガポールのあのビルの上に
船が乗っているようなカジノ場もうまくいっていない。

そしてアデルソン自身が死んでしまった
(2021年1月11日)。 
だから東京と同じ運命で、横浜も大阪のカジノ場もできないのだ。

 アメリカの命令でIRを推進してきたのは、
安倍政権とそれを受け継いだ菅政権である。


だから、菅としては林文子に責任転嫁して、
自分はコロリとIR反対派に回ってしまった。
これが政治家の絶妙な動きである。


 5小此木八郎は、横浜を地盤とする有力政治家の
小此木彦三郎(おこのぎひこさぶろう)の息子である。

彼は、なんと6月18日に突然、国家公安委員長を辞めた。
菅首相に直接、「横浜市長選挙に出ます」と言いに行った。

このとき2人に緊張が走った。両者にらみ合いである。
なぜなら、菅は長い間(20年以上)、
横浜で小此木彦三郎の秘書を務めていて、

それから横浜市議になり、そして衆議院議員になったからだ。
ここには深い深い因縁がある。
そのことは私はここではもう書かない。

 小此木八郎を支えていたのは、横浜の
“港湾のドン”と呼ばれる藤木幸夫(91歳)である。

なんと、この 横浜の沖中士(おきなかし)組合の
大親分の藤木は、今は、コロリと立民の中山を推している。 

それなのに、
「(小此木)八郎の名付け親は、私だ。八郎が、
どうせ当選するだろう。IRをやるなら、私は切腹する」
と言っている。もう、めちゃくちゃな選挙なのだ。

 これを言うと、嫌われるだろうが、
横浜は、「ブルーライト ヨコーハマ―」というような
綺麗な港湾都市だ、というのは表面のきれい事で、

裏側は、汚れ切ってものすごくキタナイ都市だ。
いろいろの古くからの恐ろしい勢力がいる。
これ以上は書けない。

 藤木と菅は、この数年、激しく対立し、
仲が悪くなっていた。

ところがなんとこの土壇場で、
菅が7月29日の神奈川新聞に出たのだが、
小此木八郎を支持する、と言ったのである。


こういう離れ業の、すごい態度転換ができるのが、
菅義偉である。

大喧嘩をしているはずの相手と簡単に手が組める。


 この離れ業のようなことを菅がするから、
みんなが判断を誤るのだ。


しかも、菅は、このカードを土壇場の一番最後で切る。


すべてのカードが出揃って、手口が見えたところで、
自分は最後に出てくる。

そして事態をひっくり返す。


政治家でずば抜けた頭脳をしている者はこの
「八艘(はっそう)とび」ができる人間だ。

それが本物の職業政治家だ。
========================


 だから、5 小此木が勝つことで、菅が勝つのである。
左翼リベラル派は、こういうところで大きく判断を間違える。

自分たちがいいように、自民党内の抗争に利用され、
使われるのだ。 


菅首相が、自分に逆らった小此木を支持すると
言った瞬間に、横浜市どころか、神奈川県全体の、
自民党が一斉に小此木支持で動きだした。

だから、自分の横浜の叛乱も菅が抑えた。
このように私は考える。しかし、まだ、安倍晋三の残党たちの動きがある。

 菅義偉を熱心に支えているのは、同期で国政に出てきた
(衆議院議員になったという意味)、

本当に泥臭い、寝業師の、ドブ板政治を
ずっとやってきた政治家たちである。

彼らが菅を強く支えている。
彼らの動きのことはここでは書かない。

 私、副島隆彦は、安倍晋三と統一教会の勢力を叩き潰さないと、
日本のためにならないと強く考えている。

ここで、政権を奪い取れないと分かった安倍勢力が、
バラバラに壊れつつある。

しかし、安倍(岸信介)の統一教会の勢力を、
簡単に瓦解させることは出来ない。
私の希望、願望が急に実現することはない。
 
 なぜなら政治は闘いだからである。
これ以上は言いようがない。

しかし、ここまで私が解説してきたことで、
質の高い、政治談議というものは、どういう風にするものなのか、
を分かってもらいたい。 

どうせ、私たちは、事態の傍観者(ぼうかんしゃ)であり、
戦いを遠くから見ているだけだ。

私たちは、自分の運命を
自分たちで握ることのできない哀れな人間たちだ。 

副島隆彦拝


http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

より
============


以上です!!


いや~すごい文章でした。


それで、菅首相の判断についてはもう

政治分析をガチに、何も組織に属さず、孤高に分析してる
副島先生のようなトップ言論人と、

そして組織に属して、組織の論理で本当の意味で汚れることを
肯定して生きてる記者たち、


ここでは評価が変わりますが、


海外ですとそれこそ東南アジアのメディアですと
菅をしっかり「反官僚思想の政治家」と、分析して
紹介されていたりしますが


それこそ日本でも彼が出てきたとき、

私も書きましたが、これはタイミングにも恵まれていて
次の田中角栄になる可能性はあるいわゆる職業政治家という
評価もあるわけですね。


やはり彼が他の政治家と違うのは
明らかに叩き上げであり、這い上がってきた人ですから

その辺の育ちが良くて恵まれたところから
スタートしてきた人達とはいわゆる喧嘩慣れですね、

この辺が違ってくる。


藤木氏の影響力ってのはまあ横浜の人の間では
かなり知られてるだろうけども、

私も友人の自営業者たちから色々まあ、かけないレベルの
恐ろしい横浜の話ってのは海外で聞いたりするんだけど

まあ横浜のドン、(ハマのドン)とかいわれてるようですが
菅首相はあまり仲が良くないといわれながら


土壇場で仲直り?してしまって
小此木八郎氏を支持となったわけですよね。



だから仲が悪いように見えたのもひょっとしたら
政局で必要な演技だったようにも思いますが


大局を分析して、そこで一気に仕掛けた、のが
菅首相ですよね。


メディアで報じられる菅像とは違って
実際はとんでもなく頭が切れる人であり

民衆政治家になる可能性がある人だ、と私はまあ
海外にいながらもずっと見てるんで


だからあまり私はマスコミに乗っての菅批判とかは
しないようにはしてますね。


ちなみに副島先生の最も立派なところは何か?というと
まあいっぱいあるんですが、

その中でも政治の部分でいうと

「アジア人同士戦わず、決して戦争をしてはならない」
という、今後下手したら極東アジアを引っ張る標語を

もう20年近く前に発したことですね。


この思想がどんだけ強いかってのは 私は多くのアジア国で
実際生活していたから分かりますが、

何か政治的な部分の感情が発端となって
ちょっとした民間同士のいがみあいが出た場合でも

「アジア人同士戦わず」の思想をちゃんと説明したら

まあ仲良しこよし、でアジアでは生活できちゃうんですね、これ。


この言葉はまあ本当にすごい言葉ですが

やはり今後の田中先生なんかがよく書く多極的世界ですと


(なんとか開催成功した)五輪でも重要視された
アジア間の協調思想が大事でありますから


そこでアジア人同士戦わずという副島先生の言葉が
各国に翻訳されて、力を持つことが今後大事ですね。


それで、上の文章を見ると分かるのですが

個人的にはムーニーはあとはその同調する団体で幸福某も

ありますが


この辺がどうもこの数年、明らかに内部分裂してるのは
見てまして


この中の 本当の意味の対中強硬派ってのが
どうも安倍のバックで相当力を持っていたのでありますが、
(特に2013年~2016年にこの人達が相当力を持っていた)


だからいわゆるネットウヨと呼ばれる勢力もおそらく
それらの所属なんだけど

ここで日本型の保守ってのは少しおかしくなってましたね。


世界的に保守というと、まさにトランプが今引っ張ってる
軍産を追い出した共和党なんですが

実は共和党もつい数ヶ月前までは軍産が内部にいて

「本当に小さな政府を目指してる真っ当な議員

+

軍産系のムーニー議員」の構成でしたでしょうが


この後者の軍産の共和党からの排除をアメリカの共和党は
実現してるわけです。


それで日本でも問題が保守派であり、

それは保守派といった場合日本では


田中角栄のような本来の政治家主導を目指す政治家

+

ネットウヨが分かりやすいけど単なる反中の人達
(思想は実は左と似ている国家社会主義)


がいまして、


この後者の人達ってのがまあ色々おかしかった。


実際は、野党とも後者は背後で連携と協調しながら

日本を意図的に右と左に分けて、


どっちにいっても軍産支配になるように、世論戦略が
取られていたわけですよね。


それで安倍はこの後者のムーニーの過激派の勢力がバックで
どうも強かったように私個人は見ておりましたが


菅と二階ラインはこの危ない勢力を
トランプに習って?どうも今のところ、
保守勢力から切り離し、制圧しそうな感じです。


だから副島先生が教えてくれてる構造を見ると
よくわかるけど


「保守を名乗ってるのに、やたら二階叩きする人」

ってのが報道やネット言論でも目立つけど


「左のメディアも二階叩き。

右の自称保守も二階叩き」


っていう左右連合してでの二階叩きの
構造に私たちは気付くわけですが

まあ右側の二階叩きをしてるのがそういった団体の人らだ
ってのは分かっちゃいますよね。
(あとは単純に
その辺の団体の工作に騙されてしまってる人ら。)


彼らのアイデンティティが保守でもなんでもなく
単なる中国嫌いで構成されてますから

まあ中国とうまいことやって地獄に道連れにされないように
っていう自民党の二階は邪魔で仕方ないってことなんでしょう。


ちなみに今思い出せば、トランプの選挙の騒動で
色々な自称保守の人達が彼の小さな政府の思想をあまり
言及・理解しないで

(例えば、トランプはアメリカ憲法の自由権を
守ろうとした人だけど
それに言及しない自称トランプ支持の人が多かった。)


ただトランプが表向きは反中だからってことでユーチューブとかで
支持しだしたユーチューバー達が沢山いたんだけど、


そこで視聴者を獲得しつつ、その後は日本政治に戻って
二階叩きに入ったわけですが


だからこれも恐ろしいもので、

本来の小さな政府と近代デモクラシーを求める
トランプを支持してる人達の思想を

単なる中国嫌いのそっちに引きこもう
って

動画サイトを使った世論工作もされてるんだなってのも
気付くわけですよね。


意外にそういう人達のユーチューブチャンネルがBANされてないのは
まあそういう背後関係がおそらくあるだろうと。


それで今日本の保守勢力の中で、
自称保守じゃなくて、

アメリカの現在の共和党みたいな
本来の真正保守みたいな勢力がようやく少し出来つつあって

単なる反中の自称保守みたいな人達が力を以前より
失いつつあるわけですが


そうなると菅はメディアで言うと右にも左にも
両方に攻撃される構図となりまして

今まさにそういう状況でありますが


しかしどうも、今菅は五輪成功させたし
一定の力を身につけており、その力を拡大してきている、と。


この菅、二階ラインが粘っていくか
もしくは追い落とされるかで


結局日本の運命が変わって行きそうです。


ちなみにかなり簡単な判定基準があって

それが「マスコミが左右同時に総攻撃する人ってのは
民衆側の思想を持ってる人」

なんですね。


これはかなり突っ込んだ話で、マスコミたちが
左右連合して例えば週刊誌が記事で攻撃するかどうかを
判定する際に

「その人物の政治思想分析」ってのを本当に
SNSの発言などからするんだけども、


これは諜報機関で分析⇒週刊誌に叩く指示
というプロセスでしょうが


ここで民衆側の思想ですね、

要するに例えば

税金をあまり上げて苦しめないでほしいとか
その税金はちゃんと使い道をしっかり考えて使ってほしい
役人たちが贅沢でそれを消費しないでほしい

最近でいうとウイルス対策でやたら行政が暴走しないでほしい


とか当たり前の考え方ですが

まあ結局民衆思想としては、

最近はリバータリアン思想でも
重視される、アメリカ共和党の本来の保守思想である

小さな政府に準じた思想になるわけですけども、
(ちなみにこのリバータリアン思想を、日本に導入したのが
副島隆彦です)


ここでそういった民衆側の思想を持ってる人間を
発言から洗い出して、

そこで週刊誌などに攻撃させるってのが
軍産がやってきたことですね。


日本人がやたら週刊誌に扇動されて民衆叩きをしてる
ってのは本来の日本人の性質ではなく扇動された結果です。


それで

菅首相の言葉でいうと

自助、共助、公助って言葉がありますが


公助を縮小させて、自助、共助で行きましょうよって
思想の人を 思想選別して、攻撃するってことを

本当はメディアはしていて
そこだけは一貫してますね。


福祉国家論ってのは、行政役人が膨張するために
必須の理論だから、それを批判する民衆は潰すっていう
大きな流れがある。

まあだからメディアが総攻撃を加える人は
例外なく民衆側の思想を持ってる人であるってのが
重要な点ですね。


かつて2009年に「左からのエスタブ攻撃」をしたのが
田中角栄の弟子である小沢一郎でありましたが
彼も左右両方から攻撃されたものですが

元々小沢さんを昔から支えていたのが二階さんでありました。


今は、これが右からのエスタブ攻撃となっておりますが
そこで菅首相が頑張っておりますが

ここで危ない勢力も保守勢力から排除して
強い体制となりつつありますが


今後 菅首相が戦後初、この恐ろしい勢力たちに
勝てるかどうか、でありますね。

民衆はずっと田中角栄失脚後、ボロ負け状態だった。


ちなみに日本でいう巨大な無党派層ってのが
いわゆる日本における右も左もない人で、

思想としてはアメリカ共和党型の
本来の保守勢力に近いのでありますが


この人たちは、私も含めて、

一定の福祉は必要であっても過剰な福祉には
そこに行政の利権が 福祉国家論を口実として拡大してしまうため
問題提起するし


また政治体制としては王様のいない、
共和国としての民主主義と自由主義のあわさった
デモクラシー体制を重視いたしますし


また経済でいうと資本主義は否定しませんで
そこで資本主義では独占禁止法をちゃんと適用することを
重視したりしますし


お隣さんのアジア近隣諸国とは喧嘩しないで
アジア人同士戦わず仲良くやって狡猾に貿易、人的交流をして
お互い金持ちになって発展すればええやん


という人らですが


今後日本で菅と二階ラインがこの無党派層の支持を
取り付けられるかどうか、が

日本政治は個人的に注目する点ですね。

この辺の無党派層はちゃんとその辺の

「民衆側の思想に沿ってれば」

どんな政党でも支持する人達だ。



そこで横浜市長選は今後の試金石として
日本政治の分かれ目となるから、注目ですね。

だから横浜でどれくらいの無党派層が動くかってのも
個人的には見てます。



それで日本の政治ってのは(多極派の前進であった)
田中角栄失脚後、
時間が止まってしまってるのでありますが

それが日本の本来の衰退理由でありますが


今後日本が失われた30年 40年 50年とならないために
第2の角栄の登場は必須ですから

今の日本政治の動向は民衆として見守りたいものですね。



では!


ゆう




追伸・・・ちなみに最近は面白くて

上の話わかっていると


「自称保守の人達が急に、

菅ではなく高市氏を総裁候補に」とか言い出したのも

よくわかるわけですね。


左も(日本型の)右も、なんとしてでも

このまま放って置いて左右からマスコミ攻撃を加えないと

第2の角栄的な立ち位置になりそうな


自称保守ではなく本来の真正保守思想に近い

菅と二階ラインをつぶしたがっているのは

よく見える。



アメリカの共和党は、軍産を追い出すことで

本来の保守政党としてトランプを司令官に添えて

力を取り戻しつつあるけど


まだ日本の与党はそうではありませんから

日本の与党がちゃんと世界基準の保守政党に徐々に変化できるかどうか
が注目ですね!


この辺の与党の形態の変化に成功すれば

日本はなんとか地獄への道連れを防げるだろうし

それに失敗すれば・・・まあ最悪ですね。


ただ今はマスコミで報じられないだけで

菅・二階ラインはマスコミに総攻撃されながらも

結構今のところは、良い勝負をしてるということですね。

(といっても民衆の敵はあまりに強かったのが戦後の歴史だから
副島先生が最後でおっしゃってるように油断できないのであります)



自民の本来の弱点は、


田中角栄を尊敬する本来の穏健な真正保守と


あとは軍産の極東アジア分断統治戦略に沿った議員たちが

混在していてまとまっていないことなんですが


ここを加藤官房長官の事例のように

菅二階たちがなんとか今後もまとめあげられるかが

焦点ですね。


だから今後総裁選に向けて日本の運命が変わってくるから
目が離せませんね。


では!







★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【FXNの新動画】日本で想定しておくべき
2024年~2025年シナリオの話、ロックダウンの危惧などなど
⇒  https://fx-ntre.com/onlinesa/acabn
(タイトル:アカデミーに入会するとどうなれるのか?)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【10万円の資金を248万円まで増やした
「根拠とシナリオ」を大事にした生徒さんの声】
⇒  https://fx-ntre.com/photo/acad……myssss.jpg
【FX-Nのアカデミーで学んでる会員さんから事務局に届いた
最新結果報告の画像です♪】 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【特別公開】FXNの「プール付きのタイの家」を公開!
https://fx-ntre.com/onlinesa/taivide


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください