無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【投資の神・バフェットは「アメリカ金融市場の限界がやがて来ること」 を知っている!?】

2021 7月 15 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【投資の神・バフェットは「アメリカ金融市場の限界がやがて来ること」
を知っている!?】

⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!

いつもご覧いただきまして
ありがとうございます!!


さてさて、前号にて

副島先生の新しい、重要な金融本がこの前発売されていて

それがまあ内容がすごい大事だと私は思いましたので


メルマガで扱いました!!


「目の前に迫り来る大暴落」っていう風に検索したら
普通に買うことができますが



昨日もこちらを詳しく扱ってます!



■バックナンバー
【副島先生の最新刊「目の前に迫り来る大暴落」(徳間書店)が
発売されてます!】
(副題:アメリカは立派なスタグフレーション)

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2995#2995



ちなみに副島先生の新しい本ですね、

これ私も読みまして、


まあほんと色々と、「現実中の現実」が書かれていたので

私個人としては予測というよりは

「今の現実の色々な危険な状況」を理解できるので


それなので副島先生の本は重視してるのでありますが、


それこそファンドマネージャーとの対談があって

そこで色々裏話ですね、


例えばファンドマネージャーたちの間では

もう「そろそろ(恐ろしい)金利上昇が近年で来る」

という話になってるようで


これは私のメルマガでもよく扱ってることなんだけど

そこでファンドマネージャーたちも「いつ業界から抜け出すか」

ということも考え出してるだとかですね、


もう詳しい学ばれてる方はもう今後、

このコロナでされた 超ジャブジャブマネーの後に

何が起こるか?


ある程度想定できてるので


「準備」してるってのが学べるたりして

すごい本でありますね。


ちなみに副島先生の本ってのは数万円しても良いと思うくらいの

内容なんですが、


それが1600円とかその前後でしょうから

知識への投資として大変素晴らしいですから


下手したらこの本の知識が将来のあなたの資産を

守ることもありますからね、


「目の前に迫り来る大暴落」


は読んでおいたほうが良いですね。


ちなみに私の周りも投資家とか起業家とかが多いのですが

彼らも自身の感性で

「そろそろ、どうも先進国がやべーぞ」となっていて


あえて先進国ではない、新興国に新天地を見出そうという

動き、これは本当はあるんだけど


私なんかもやはり 今は中欧、コーカサス地域にいて

時差がある中 こうやってメルマガを書いていたりします。



それでですね、色々「目の前に迫り来る大暴落」を読んでいて

大事なことは沢山あるんだけど


その中でもバフェットについて最後のほうに書いていて

簡単に言いますと

件名の通りで


バフェットはおそらくもうアメリカの金融市場が崩壊していくこと

限界に達してること、


これを、理解しだしているわけですね。


私のメルマガでもよくバフェットは扱ってるんだけど

バフェットについては、最近アジアマーケット、日本とか中国に

投資地域を変更、してることも書いてますが


バフェットはもう、マスコミでは好景気になってると宣伝される

アメリカ市場については


近年中に限界を迎えるということを

理解して動き出している。



ということで、今まで10年くらいは

これイケイケドンドンでなんとかなった時代ですが

今後は「防御力を高める」ってことが大事になるから


編集後記で!








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


最近のバックナンバー


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【電動キックボードのヘルメット着用を
「義務から任意」にする実験から 官僚機構の内部対立について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2994#2994



【「夢とか理想とか希望で生きると失敗する」ことについて知って
「現実の範囲」を広げることについて考える!!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2993#2993





【楽観主義はうまくいかない、失敗する、と言う
思想家ヴォルテールの言葉の重要性を考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2992#2992



【アメリカの物価上昇は止まらない】(一時的なものではなく)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2991#2991


【オハイオ州で記録的な聴衆を集めたトランプ大統領。
その現象の世界的な諜報闘争のダイナミズムとは?】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2989#2989





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【今までのFXNとゆうの対談音声まとめ】


■1本目の対談音声
「FX・Nが負け組から一気にスーパートレーダーに這い上がった
実経験を暴露します!」

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……8641/fxn1/


■2本目の対談音声
「お金はどうせ増える」(サイクル理論の話)

⇒  http://www.fxgod.net/onsei/fxn2.mp3



■ 3本目の対談音声
「サイクル理論ではシナリオで考える!?
勝てる人と負ける人の違いとは?」

⇒  http://www.fxgod.net/onsei/fxn3.mp3


■ 4本目の対談音声
「FXワールドアカデミーの内容をFXNが暴露!」

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……fxn_4last/




■【音声♪】FX・N×ゆうの特典対談音声
「驚愕の5特典」について語っていただきました!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……n_tokuten/



【今までのFXNの生徒さんとの対談音声まとめ】


■3週間で360万円を稼いだ生徒の牧野さん×FXNの対談音声です!
(稼ぐ負けない考えを学ぶ!)
http://fx-ntre.com/traking/gro……65/makino/

・牧野さん 実績1
http://fx-ntre.com/photo/maki1.jpg
・牧野さん 実績2
http://fx-ntre.com/photo/maki2.jpg


【FXNと生徒さんの対談音声♪】
「月100万円以上」を稼げるようになって
「自分を馬鹿にしていた周りを見返した」生徒さん

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……n_shochan/
(直リンクです♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

(サイクル理論のコンテンツまとめ)


(最近発行したもの。上から新しい順。

「サイクル理論が全く分からない」と言う方は

下のほうから見てください)



■(音声解説) 【なぜ年間1億円稼ぐFXNは「ろうそく足の本数を1.2.3・・・」 と数えるのか?】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2972#2972


■【FXのサイクル理論は2020年代の今でも「未開発」の分野?】(それを教えられる人間は超少数です)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2970#2970


■【FX・Nから「サイクル理論の具体的な使い方」の メッセージです!】
(進捗:「すごい特典」が決まってきました!)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2969#2969



■【FX・Nが負け組からスーパートレーダーに
「這い上がった過程・プロセス」を学ぶ!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2967#2967



■【FX・Nさん×ゆうの「対談音声1本目」です!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2966#2966


■【1トレードで550万円利益確定の音声解説と画像が届きました】
(「説明できる投資」が大事な理由)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2964#2964



■【FXNと生徒さんの対談音声♪】
「月100万円以上」を稼げるようになって
「自分を馬鹿にしていた周りを見返した」生徒さん
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2962#2962

■【動画】みんな知らないサイクル理論を使って
「ブレイクの騙し」を 見破ってしまう方法とは?
(副題:自然淘汰されないために自然を学ぶ)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2960#2960


■【動画】「勝率は大事じゃない」と サイクル理論を使う億トレーダーFXNが考えてるのはなぜか?
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2959#2959



■【FXNの動画】【富裕層】出会いがお金を生むとはこういうこと
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2956#2956


■【動画講義】FXNは「どういうエントリー時の資金管理戦略」で
億トレーダーになったのか?
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2954#2954



■【年間1億円稼ぐFX・Nから動画で学ぶ!】
スキャル・デイトレ・スイングで 最もいいトレードスタイルは?
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2952#2952

■【億トレーダーFX・Nのサイクル理論講座の動画・PDF】
天井と底の時間帯がなぜドンピシャでわかるのか!?
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2949#2949


■FX・Nさんから
「サイクル理論フォーメーションの解説文」が届きました!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2947#2947


■【FX サイクル理論の動画】
ライト・レフトトランスレーションの
エントリー戦略とは?(FX・Nが徹底解説)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2945#2945

■【PDF・動画】FX・Nが使う分割決済と、
天井と底を捉える方法を伝授!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2942#2942



■【音声MP3】月収20万円の警備員⇒年収1億円になった
FX・Nから 「這い上がる秘訣」を学ぶ!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2940#2940



■【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?
(副題:今後の「陸の時代」では、本当の意味の
「自然科学」が台頭してきます)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2939#2939



■【PDF2つ】億トレーダーが使う
「サイクル理論の基礎」について知る!(「相場の波の性質」を見極める!」)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2937#2937



■【FX動画】年間1億の利益を達成した億トレーダーが
密かに使ってる 「サイクル理論」とは何か?(入門)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2935#2935



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★










===========編集後記===========


さてさて、それで今日は

「もうバフェットはアメリカの金融市場の限界、崩壊を

既に理解して想定してる」


ってことについてですね、


これを書きたいと思いました。



ちなみに、今私がいる中欧地域ではもう既に

コロナ騒動は80~90%くらいは終わってるような

感覚で


マスクはしてもしなくても良い状況なんですが

時々、人が密集してるところではマスクする人もいたりいなかったり

という感じで


もうコロナ騒動ってのがひと段落したような、

そんな社会全体の雰囲気が漂ってますね。



それで私が最近、これ考えてることとして

それがこの前ちょろっと書いたけど



ボクシングに例えると、


「コロナ騒動はジャブであって、

次、数年後にとんでもない 強烈なストレートが

来るかもしれない」


ってことです。



ちなみに最近、金融の視点でですね、

コロナ騒動を捉えてよく考えるのですが


もう近年の世界は金融があって、政治があって、経済がある

くらいの感じになっていて


金融の世界となってるわけですが


コロナ騒動はそれこそ色々な捉え方があるんだけど

金融視点では


「世界中に、特に先進国にジャブジャブマネー(金融緩和)をさせるために

バブルを着実に形成させるために その口実として

コロナ騒動が仕掛けられた」(多極派によって)


という見方も出来るわけですね。


ちなみに「バブル」ってのは歴史的に


「必ず崩壊する」ものなんですが、



だから成長を確実にし続けたい国や地域は


「あえてバブルを潰す」ってことをずっとやってきていて

例えば中国の上海総合指数は徐々に上がってるとは言えども、

バブルとは呼べない、緩やかな上がり方なんですが


やはりその背景の考え方としては


「バブルを形成してしまうと、昔の日本がそうだったように

それは崩壊して、長期低迷をもたらしてしまう」


っていう考え方があるわけですね。



しかし今回のコロナ騒動で各国中銀が

どんどん市場にマネーをばらまいたのでありますが


まさにそれはヘリコプターマネーと言える位でありましたが


そこで明確にもう2021年7月時点で

コロナの口実があり、

「先進国中心にバブル」が形成されてしまってます。



それでバブルってのは短期で1年とか2年とか3年とか

それくらいはまあ良いんですね。


大きく金融投資が儲かります。バブルだから。


しかし私たち日本人は世界でバブル崩壊を経験した

民族でもあるから、


その崩壊後の恐ろしさ、悲惨さをよく理解してますが

崩壊したら・・・まあ大変ですよね。


ずっと日本人は30年間貧乏ですが

バブルが一度形成されて崩壊したらそのダメージは

これかなり大きい。



だからバブルってのは普通の成長国は作らないように

気をつけるんですが


少なくともアメリカではもうこのバブルは

明確に形成されていて、


そのバブルを作るための口実の決定打となったのが

コロナでしたが、



コロナ騒動が そのウイルスがあろうがなかろうが

プロパガンダ的に仕掛けられたのは


おそらく金融上でQEを肯定化する口実のためであり

そして、「アフターコロナっぽい感じ」になって


いよいよアメリカは

「どう見ても抜けられないバブル経済に本格突入した」

と言えますね。


それでその恩恵を一番受けるのは

金融業界でありまして、


だから今金融業界で大もうけしてる人が沢山

世界中で出てきてるわけですが、


しかし私たち日本人で、たぶんおっさん世代は


「そのバブルは短期では 面白く、ても

長期では恐ろしい」


のをよく知ってる。


この誰がどう見てもバブル経済がいよいよ

アメリカでコロナ騒動を経て、登場したわけですね。


それで

「アメリカはバブルに明確に突入した」ってのを

誰も言わないのが大人の政治の世界ですが



しかしどうもそれは間違いなくて、

そしてそれをちゃんと理解してるのが

まさに 投資の神様である


ウォーレン・バフェットなんですね。


それでどうも、バフェットは

「もうアメリカの金融市場は限界に近づいてる」

のをちゃんと理解しだしている。


今日はその辺について考えたいと思います!



ちなみに、もう一言で言ってしまうと、

以前からメルマガで書いてるように


「短期金利FFレートは 人間が操作できるけど

10年ものの長期金利レートは市場で決まるから

人間は 厳密には操作できない(限界ある)」



の一言に尽きるのでありますが


この「」内の言葉が、もう近年中に現実化されていく

これがやはり、日本のファンドマネージャーたちの

大声で言えない隠れた共通認識にもなりつつある

ってことですね。



それで、アメリカがこれ、金利を100%操作できる、

物価コントロールもできる

そんな自信があるのかと思いきや、



もうアメリカは物価上昇を止められない状況になってる

わけですね。



■バックナンバー
【アメリカの物価上昇は止まらない】(一時的なものではなく)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2991#2991



それでアメリカの景気はこれ良いのかって話ですが

やはり不況でしょうけど


となるとスタグフレーションであるから

いよいよ近年中の恐慌を意識しないといけない状況

になってるわけですよね。



「FRBも止められない物価上昇」が明確に出てきたのが

まあ決め手です。


まあ勿論、短期的には表面上はうまくいってるように

見せることはできるんだけど、


長期的には先進国で特にアメリカが

かなりのリスクをはらむ国、地域となってきました。



それで最近はバフェットですね、彼もこのことを

言及していて、


副島先生の新刊にある日経の記事がありまして

ここでバフェットの最近の総会での発言が

取り上げられてましてですね、



ここでもう簡単に言うと

「アメリカの金融市場が頂点に達しつつあり、

その限界を迎えつつある」



っていう認識ですね、これをバフェットは

いつもながらに


分かる人には分かるように


言葉を発してるわけです。



ちなみにバフェットの直近コメント見ていると

「ああ、もう今後 金融市場が限界に迫ってるのだな」

とどうしても 感じざるを得ないのだけど


それこそトランプ政権の時には

QEジャブジャブマネーを彼は推進したとは言えど

まだそれは甘かったですが



バイデンが不正選挙で政権取ってからですね、

コロナの口実も加わって

いわゆる「タガが外れた」と言えるでしょうが


どんどんジャブジャブマネーを拡大して

それで財政面でも明らかに「大きすぎる政府」

になってきてるわけですね。



バフェットは言ってないけど、旧ソ連のようで。



それでバフェットが言ってるのが

「資本家にとっては」資本主義はうまくいってる

ってことですが



しかしここで総会でバフェットが示唆してるのが


アメリカの資本主義は今まではうまくいっていたけど、

コロナ騒動の後 政府主導のジャブジャブマネーの

金融資本主義があからさまになってから

それはどうも いよいよおかしくなってる


っていう認識ですね。


それでここでバフェットは

バイデンの民主党政権のインフレ見通しについては


「全然分からない」として、

すなわち肯定する感じはなかったんだけど


どうもバフェットは

「投資家受難の時代」を想定しだしてると。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~




それでバフェットの言葉で大変重要な言葉が

以下でして


コロナ騒動の給付金について言ってるんですが


「みんな、一人当たりのコロナウイルス対策給付金額の

1400ドル、16万円ほどを重視するけども



財政支出の2兆ドル(220兆円)は気にしない」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを言ってるわけですね。



それでこれらをオンラインで集まった

株主たちにバフェットは言ったわけですが


そこで彼が暗に言ってることってのは


いよいよもう金融市場はその頂点に差し掛かりつつある


っていうことなわけです。



バフェットの


1資本主義はうまくいってる、資本家にとっては

2バイデンになってのジャブジャブマネーは危険で危ない


この1と2の認識を見れば


合体させると


「いよいよアメリカの金融を主体とした

資本主義らしきものが終わりに差し掛かってる」


という彼の認知を暗喩してるんですね。




もうバフェットも「アメリカの金融市場の行く先」を

よく分かって発言しだしてるわけです。



それでバフェットってのははっきり言えば

「真面目な投資家」でもあって


それがやはり私が彼を尊敬するところでもあって


彼の場合はよく書きますが

バリュー投資として知られてますが


価値のある企業を見つけ出して


そこで これなら間違いない、何十年も保有しておける


という企業に長く投資していくスタイルであって

実際にそういう企業が価値が何倍、何十倍になったりするんだけど


バフェットはずーっとそれを続けてきた偉さがある

わけですね。


ちなみにバフェットがどうやって投資してるかってのも

よくメルマガでPDFで渡してる通りです。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【億万長者バフェット学】


PDF【資産10兆バフェットは大衆投資家が暴落で焦ってるところで買う】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory1.pdf


PDFレポート
【億万長者のバフェットが避けたがる
「コモディティ型企業」について知る!】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory2.pdf

PDFレポート【投資したら損する「コモディティ企業」を
バフェットが見分ける「7つの基準」とは?】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory3.pdf



PDF【バフェットが愛する「消費者独占型の企業」とは何か?】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory4.pdf


PDFレポート
【バフェットが「消費者独占型企業」を見極める
3つの方法とは?】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory5.pdf


PDFレポート
【バフェットが株を仕込む際に見る「ROE15%基準」とは?】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory6.pdf



PDFレポート
【「バフェットが消費者独占型企業を
割安かどうか見抜く計算式」とは?(億万長者バフェット学)】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory7.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





資本主義においての投資家の役割に徹したってのが

彼の偉いところで



そこでこれバンバン短期でトレーディングをしまくって

そこでただ 差益抜くっていうことをずっとやってきたわけではなく


あくまで


「素晴らしい技術もあり、経営資源もあるけど

お金がない企業」


にちゃんとお金を出して、本来の資本主義に沿って

投資をしてきた偉さはあるんです。



ちなみに、大思想家である小室直樹先生は

こういった姿勢を 純資本主義のあり方と定義したでしょうが


バフェットこそ純粋に資本主義の本来のあり方に

適合して、それで投資を続けてきた。



しかし、そこでNYウォール街というおかしな、

強欲な人たちがおりまして


これは世界中のファンドマネージャーであったり

証券マンたちもそうですが


彼らは「1企業に投資してそして成長を待つ、ということはしない」

のですね。


何年間もその資金をどこかの企業に寝かしておくってことが

出来ないのが 強欲NYウォール街のあり方で


バフェットが質素に生活して当時300万円だったかの

家に住んでるのと違い
(今はそれでも長期保有して10億円くらいの価値がついてるらしい)


この強欲NYウォール街ってのは短期的な

贅沢を求めるわけですね。



だからどんどんトレーディングを繰り返すのでありますが

1ヶ月どころか1週間も資金を寝かすってことが

できないで


ころころ彼らは激しく売ったり買ったりするんです。



それで客たちにもそういった行動を採らせるのが

証券マンたちであって


そこで「この前の損失残念でしたね、

こっちで損失を取り返しましょう」



と彼らは顧客にも騙して言うんだけど


そこでまた大損させるんですね。


大体の人は投資の才能なんてないから

そこで暴落で恐怖であたふたして、大損こいて

資産失うんですけど



例えば私の父なんかがそこで大損した一人でもありまして

私の大事な反面教師となっている。



だから大多数の個人投資家とかってのは

バフェットのような真面目な投資手法を実践できないのでありますが


すぐ短期の「目先の金」に飛びつくわけですね。


だから短期トレーディングばかりやって結果としては

資産がゼロになったり、借金になったりするのですけど。



しかしバフェットはそういったバカなことをしなかった

そういう偉さがあって


バフェットだけはそういった投資の世界で

NY金融街の強欲っていうところから

(小室先生の言う資本主義の定義で言うと、

前期資本主義から)


一歩引いて、それで人々に色々教訓を与えてきたから

だから尊敬されてるわけですね。



ただおそらく、これは副島先生の書籍で語られてましたが

バフェットは間違いなく 自己矛盾を最近感じるようになっていて


それがバフェットの会社であるバークシャーハサウェイが簡単に言うと

「そのバフェットが嫌うバブルで時価総額が急速に、急拡大してる」

っていうことでしょう。


バフェットの投資思想ってのはメルマガでよく書くけど

あくまで「本質的な価値のある企業、消費者独占企業を

長く保有して、


そして 資本主義に沿って緩やかに、右肩あがりで

複利で時価総額が上がっていけばよい」


というものですが



ここでいまやバークシャーハサウェイは

バフェットの部下からの突き上げもあって


巨大IT企業の株主にもなっているわけですね。

アップルとか有名ですね。




そこでバークシャーハサウェイの時価総額にも

当然 バイデンたちによる「ジャブジャブマネーQE」が

入ってるわけで


それが時価総額拡大の主要因となってしまってるわけであって


本来これはバフェットの投資思想とは

違ってきてるわけですね。


だからバフェットいわく

「表面上はうまく言ってるように見える」

のですが


しかし副島先生がバフェットの心情を推察して

「バフェットは不愉快なはずである」


という形容をされてましてこれが重要なんですが、


すなわち本来緩やかに成長すればよいという、

バリュー投資を
してきたのがバフェットで


今までNY金融街と一線を置いてきたのがバフェットですが


結局自分のバークシャーハサウェイも大きくは

ジャブジャブマネーに依存するNY金融街に取り込まれてる


ってことでやはり不愉快なんだろうと。


だからバフェットの人生哲学からしたら

今のアメリカのNY金融街の気が狂ったような

金融資本主義のお化けみたいな人らが


市場をウロウロしてこの世の春みたいになってるのは

絶対不愉快であろうと思いますが


しかしそれでもバフェットは

自分を信じて 学んできた

投資家たちは大きく儲けてるわけですから


そこで「売れ」とはさすがに総会でいえませんが



そういった自分を理解してくれた投資家たちには 


総会で


「どうもこの金融資本主義(本当は純資本主義とは言えない)は

限界である」


というのを暗喩的に彼は示したのでしょう。




だからもうバフェットは、本音では、

コロナ騒動で、まさに彼が指摘したように


恐ろしいQE拡大をバイデンが実行している状況ですから

既に今はアメリカの金融市場最高に差し掛かってきてる

のを理解してるってことですね。


それで おそらくバフェットはこの大きな波が

いずれ2024年か2025年なのか2026年なのか

もしくはもっと早いのかは誰にもその タイミングは

分かりませんが


「しかるべきその時に」


おそらく自分のバークシャーハサウェイの時価総額が

30%とか10%になるってのも

おそらく覚悟しているってことですね。



バフェットは今までは、


アメリカの近代デモクラシーの上に

成り立つ 純資本主義 の上で世界恐慌時から

投資を開始して 大金持ちになりましたが



しかしそのアメリカの純資本主義が

いつかの段階で金融資本主義(前期・もしくは後期資本主義、

もしくはそれは社会主義かも)


に変わってしまったのですが



それが限界に達しつつある、のをもう察知してる。


特に 金融当局の過剰なマネー、QEによる

市場介入ってのはバフェットはここまで言いませんが

社会主義の市場統制そのものですが


それがいよいよ失敗の段階に迫りつつあるのを

よく理解してるんでしょう。



アメリカの資本主義が政治的に死なされたのを

バフェットはよく分かっていて、


それをなんとか総会で自分の言える範囲で

彼は暗喩的に説明したのだろうってことですね。




ただ、やはり世界を今後回していくのは

資本主義でもありますから


やはり共産主義の地獄の平等主義はうまくいきませんから


いずれ どこかの地域で、


昔の世界恐慌後のアメリカのように発展していく

地域、国が出てくるんですけど



そこではバフェットがアメリカでこの40年50年と示してきた

本質的価値、

要するに世の中のためになって、人が喜ぶ希少価値を

できる企業に長期投資すべきだ


っていう哲学事態は死なないわけです。



バフェットはもう高齢だけど

彼の哲学だけは言い伝えられて


各国で翻訳されてきっと残る。





それで副島先生の本とかを読んでいて私はすごい

自分の認識をまとめるためにも

すごい勉強になったのですが



とりあえず個人投資家ではなく


「現場の一線のなんとか稼ぎ続けてきた投資家たち」が


2020年のコロナ騒動以降

どういった姿勢に転じてるかをやはり

私たちは改めて考える必要性があるわけですね。



簡単に言うと2008年以降は

この12年くらいは


「イケイケガンガン」でなんとかなった。


おっさんなら分かりますが、 

RPGゲームのドラクエで戦う戦闘モードで

「ガンガンいこうぜ」

モードでなんとかなったわけです。


攻撃だけでなんとかなった。



簡単に言えばテキトーに投資していても

なんとか儲かってしまった時代でした。



しかし今の時代は特にコロナの給付金のジャブジャブマネーの

マネーが本格的に社会に回りだしてからというもの


多くの今まで負けないことを継続していた投資家は


「いのちだいじにモード」に

変わってきてるってことですね。



稼ぐというよりはこれ、

生き残る、ことに意識を向けだしてる人が

少なくともプロたちでは多くなってきてる。



一方、多くの人はコロナがあっても

マスコミが「アメリカ経済は回復~(ほんと?)」


とかやってるのに影響受けて


あえてここで「ガンガンいこうぜ」モードとなってしまっていて

今まさに 株なんかでは 最大の幸福感が

醸成されてるわけですね。



私は最後に生き残るのはやはり

「いのちだいじにモード」

の 守り、防御にこの1年2年で徹しだしてる人だと

思います。



時代時代によって 取るべき戦略は

変わってきますが


今の時代は今後数年は

「守り」を固めることが 


今まで以上に重要になってきてますね。

仮に市場が楽観だけで支配されていても。



ちなみにバフェットや、あとは彼の相棒のチャーリーマンガーの

動きを見てると


投資戦略では彼らは長期で儲けるっていうところではなく


「 その時 が来ても

負けのパーセンテージを減らす」


というところで動いてるのが私には見えてくるのですが



例えば、今後いつかの段階で近年中に


「市場需給で決まる債券市場の

長期金利が操作不能となった場合」ですね、


このときには 米国債金利だとかジャンク債金利が

どんどん上昇して


その際にはアメリカは実質の不況と物価上昇が

誰の目にも明白でしょうが


それは株式市場からの資金流出にもつながりますから

やはりダメージは避けられないわけですね。



バフェットの時価総額も相当影響を受ける。



ここで生き残るために大事な考え方があって


「仮に大恐慌が来ても

資産減を 90%まで拡大させるのか

もしくは40%とか30%で止められるのか」


っていう そういった「その時」がきたときに

資産減のパーセンテージを減らすっていう

考え方がおそらくバフェットにはあるはずです。



最近バフェットも相棒のマンガーも

「投資対象市場」ってのを


アメリカから 中国だとか日本に移しだしておりますが


これらに資金を割り振りだしたのは

おそらくですが


「その時=アメリカ金融市場が本当に限界を迎えて大暴落となった時

=金利上昇が止められない時」


にですね、



アジアに資産の投資先を分散をしていれば

なんとか全体のマイナス幅を小さくできるという

判断かと分析できるわけですね。




だから今の市場の本当の動きは

あのコロナの給付金ばら撒きで 金利上昇が

長期で防げるとは プロたちはみな思っておらず、



そこで「守り、防御中心」となってきていて

暴落があっても


なんとかそのマイナス数値を90%マイナスとかではなく

30%とか40%マイナスで耐え切れるように

再起できるように


ということで意識が移って来てるってことですね。



だからバフェットが最近日本市場に投資したのは

「アメリカが崩れて90%とか80%とか暴落しても

日本市場は40%とか50%の暴落で免れるかもしれない」


という考え方はやはりあるんだろうと思いますよね。


またチャーリーマンガーは中国に投資してますが

それは中国やらロシアが皮肉なことに


「今後の資本主義が栄える場所」


と分かってるからでしょう。



■バックナンバー
【中国とロシアがアフターコロナでは資本主義経済の中心地域と
なっていくという話】(アメリカは意図的に衰退へ)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2958#2958



資本主義の中心地は従来の

先進国から


中国やロシアなどのユーラシア大陸の国や地域に

移動していく


っていう大きな流れをバフェットもマンガーも

捉えだしてるわけですね。



だからバフェットたちは心中するつもりもなく、


「第2のリーマンショックもしくは世界恐慌が来ても

そこでその嵐に耐えられるように

資産のマイナス割合を減らせるように」



急速に戦略を守りに徹してきてるってことですね!



さすがに今までバフェットが批判していた

金ゴールドを買うという行動まではバフェットはしませんが、



しかし

バフェットが金ゴールドを重視して

カナダにあるグローバル鉱山会社バリックゴールド社

に投資したのは大きなニュースとなった。


色々批判にさらされたのもあって2021年5月には

売却してしまってますが、

やはり重要なバフェットの変化は2020年あたりから

出てきてる。




これは多くの最近の世界中の長年生き残ってきた投資家が

金ゴールドにアセットの割合を増やしてるのと


実は根本的には考えは一緒です。


「アメリカの債券市場の金利がコントロール不能になり

金利上昇、債券暴落しても

ドルが崩壊しても


その時は、ドルの敵である

金や銀などの実物資産にマネーが流れる」


の大きな法則に沿ってる。


だから本当はバフェットの投資哲学は

中国やロシアが 金塊を増強してるけど


それと最近は一致しだしてますね。


「しかるべき時がきても損失拡大を最小限にとどめるためには」

っていうところでバフェットも試行錯誤してるように見えます。



ということでもう既にバフェットなんかは

言ってることをちゃんと理解していくと


インフレも顕著になりつつあるアメリカ市場が

いよいよ約100年ぶりに

限界に達しつつあるそういった未来を想定しだして

対策を講じてきてるので


まさにそれがバフェットの「負けないこと」

の哲学でありますが



私たちも今後、強めのジャブのコロナの後に

しばらくバブルがあって


そしてその後・・・

さらに強烈なストレートが来ることも想定はできるので


もちろん何もなければよいですが

構造的に、その確率は近年中に起こる可能性は

かなり高いように見えますから


そこでしっかり守り、を固めたいですね。



台風が発生したと情報があれば

そこで台風に備えるってことを日本人は日々やってると

思いますが


感覚としてはそれに近いです。



それでは!



ゆう







追伸・・・それでキレイゴト抜きで言えば、

もし「その時」がやってきたらですね、



それまでは多くのマスコミが 好景気だなんだ

と盛り上がってる状況ですから


それに影響された多くの人が不意打ちを食らう感じで

大損していく・・・みたいな光景になるはずなんですね。


これは世界恐慌時もその前はNYダウは史上最高値でした。


市場が最高の幸福で満たされた時、

その「市場の復讐」ってのは起こってくる。

人間の脳の本質は変わってないから

歴史は繰り返される。



それでキレイゴト抜きで言えば

例えばトレーディングでも何が重要なスキルかっていうと


ズバリ

「天井付近を想定して負けを限定して売ることが出来る能力」

ですね。



これがトレーディングの世界だと大事になりますよね。


キレイゴト抜きで言うと、その際、暴落が発生したとしたら

多くの マスコミに煽られて買ってきてる人たちってのは

大損していき相場から退場していきますが


彼らの損失が、証券会社の手数料抜いて

この ごく一部の



「天井付近を想定して負けを限定して売ることが出来る能力」


を保有してる人たちに移転していく流れですね。



そうやって歴史は繰り返されてきた。


だからキレイゴト抜きで言ってしまうと

やはりトレーディングという短期売買の世界では

「ちゃんと空売りで暴落を捉える能力」

ってのがこれは大事になりますね。なっちゃいますね。



だから最近メルマガで


「天井をサイクル理論で想定して

そこで売る天才」である

FXNをメルマガで扱ってるのは


それなりに時代的な理由がありますね。


FXNさんも2025年前後の金融市場の大暴落シナリオは

常に想定されていたかと。



それでそうやってなんとか乗り切った一部の

強者たちが


いずれ新しく資本主義が栄えていく

ユーラシア大陸のBRICSなんかの地域に長期投資して

儲けていくみたいな時代になるんでしょう。


強い人ってのは今の時代は

攻撃力が強い人よりは

防御力が強い人、という意味になりつつありますね。



世紀の大暴落があったとしても

そこで資産減として90%に成る人もいれば

30%とか20%で済む人も出てくるし、


もしくはそこで大きく資産拡大してくる人も出てくる。



後者になるためにはやはり学習、勉強が大事ですから

そういった生き残る考え方で

人生を貫く知恵を身につけるために学習継続したいところです!


「負けないことを意識する」


これが本当に重要な時代に今後突入していきそうです。



では!










☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【今までのFXNとゆうの対談音声まとめ】


■1本目の対談音声
「FX・Nが負け組から一気にスーパートレーダーに這い上がった
実経験を暴露します!」

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……8641/fxn1/


■2本目の対談音声
「お金はどうせ増える」(サイクル理論の話)

⇒  http://www.fxgod.net/onsei/fxn2.mp3



■ 3本目の対談音声
「サイクル理論ではシナリオで考える!?
勝てる人と負ける人の違いとは?」

⇒  http://www.fxgod.net/onsei/fxn3.mp3


■ 4本目の対談音声
「FXワールドアカデミーの内容をFXNが暴露!」

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……fxn_4last/




■【音声♪】FX・N×ゆうの特典対談音声
「驚愕の5特典」について語っていただきました!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……n_tokuten/



【今までのFXNの生徒さんとの対談音声まとめ】


■3週間で360万円を稼いだ生徒の牧野さん×FXNの対談音声です!
(稼ぐ負けない考えを学ぶ!)
http://fx-ntre.com/traking/gro……65/makino/

・牧野さん 実績1
http://fx-ntre.com/photo/maki1.jpg
・牧野さん 実績2
http://fx-ntre.com/photo/maki2.jpg


【FXNと生徒さんの対談音声♪】
「月100万円以上」を稼げるようになって
「自分を馬鹿にしていた周りを見返した」生徒さん

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……n_shochan/
(直リンクです♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください