無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【楽観主義はうまくいかない、失敗する、と言う 思想家ヴォルテールの言葉の重要性を考える!】

2021 7月 11 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【楽観主義はうまくいかない、失敗する、と言う
思想家ヴォルテールの言葉の重要性を考える!】

⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~




どうもゆうです!


いつもご覧いただきまして
ありがとうございます!!



さてさて、前号にて

私のメルマガでは頻出の「物価上昇」インフレについて

書きました~


最近は既にマスコミでもアメリカの物価上昇が注目され

そしてそれは「一時的だ」とはされるんだけど


実際は統計数値をコロナと同じく捏造するかどうかは別として

実質、アメリカの人たちは今後物価上昇で長年

大変になることはどうも構造的に分かってきてます。


が、日本も物価上昇はあるものの、アメリカほどそれが
進んでいないっていうのが面白いところですが

大きくはこの物価上昇が

軍産官僚VS多極派の闘争の中で政治的に出てるってのが

ポイントですね!




■バックナンバー
【アメリカの物価上昇は止まらない】(一時的なものではなく)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2991#2991


ちなみに私はこれ予測とか予想はできませんから

「未来を考える」ことをする場合ですね、


やはり重要視してるのが 構造を考えるってことですね。

「構造、structure」ですよね。



例えば構造といった場合、家を建てるときに

よく使われますけど、


そこで土台がないで家を建てたら、

その家に一定程度の衝撃を与えれば、その家は崩壊してしまいますが


これは「一定程度の衝撃を土台の基礎のない家に与えたら

崩壊するだろう」


ってのは予想っていうか構造の問題ですよね。


どちらかというと物理のような。


私は文系の人間ではありますがこの物理のような考えが

金融でも大事だと思っていて


金融の構造を理解していれば、

いつかは分からないけど近いうちにその構造に限界がくる

ってのはまあ分かってくるわけですよね。



だから徹底的に全体の世界の政治構造を見る、知る、

これがすごい大事なのかな~と思います。


例えば、玉を手に持って

「今から手を離したら玉は上に行くか、下に行くか」

という問題があったとして


「いや、下に行く、重力で下に落ちていくでしょ」

と答えるのはこれは予測や予想じゃなくて

重力などの構造からの答えでありますが



そしてその通りに玉は下に落ちていきますが、


金融でも

「買い支えの玉がなくなれば、物価上昇でそれが限界になれば

下に落ちていく上から下への下落圧力が急激に上昇してそれが長期化してく」

っていう物理のような視点がまあ大事ですよね。


それでそれが近年中、物価上昇がいよいよ深刻になったら

現れてくるシナリオが現在どうしても考えられると。



それで今日はズバリ


「楽観主義はうまくいかずに失敗する」

っていう偉大な哲学者のヴォルテールの言葉を

考えたいと思います!


金融とか社会とか政治経済でも何でもそうですが

「楽観主義」ってのが問題となり


それを見直すことが大事になってくるんだけど


昔昔、「どうせ楽観主義だと私たちはうまくいかないのだ

人生は厳しくつらい」


と、ちゃんと言ったのがヴォルテールでして

彼は今の先進国が福祉国家制度でまさにQEでボロボロになってるけど

ある意味それを事前に思想構造的に見抜いていた凄い人です。



それでやはり楽観主義の人ってのが

なんだかんだ世の中では多いのですが


だから投資でも 儲けることを先に考える人が多いわけですが

ただこれを見直すってことで


ヴォルテールの言葉を知るのは大事です。


編集後記で!














☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【今までのFXNとゆうの対談音声まとめ】


■1本目の対談音声
「FX・Nが負け組から一気にスーパートレーダーに這い上がった
実経験を暴露します!」

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……8641/fxn1/


■2本目の対談音声
「お金はどうせ増える」(サイクル理論の話)

⇒  http://www.fxgod.net/onsei/fxn2.mp3



■ 3本目の対談音声
「サイクル理論ではシナリオで考える!?
勝てる人と負ける人の違いとは?」

⇒  http://www.fxgod.net/onsei/fxn3.mp3


■ 4本目の対談音声
「FXワールドアカデミーの内容をFXNが暴露!」

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……fxn_4last/




■【音声♪】FX・N×ゆうの特典対談音声
「驚愕の5特典」について語っていただきました!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……n_tokuten/



【今までのFXNの生徒さんとの対談音声まとめ】


■3週間で360万円を稼いだ生徒の牧野さん×FXNの対談音声です!
(稼ぐ負けない考えを学ぶ!)
http://fx-ntre.com/traking/gro……65/makino/

・牧野さん 実績1
http://fx-ntre.com/photo/maki1.jpg
・牧野さん 実績2
http://fx-ntre.com/photo/maki2.jpg


【FXNと生徒さんの対談音声♪】
「月100万円以上」を稼げるようになって
「自分を馬鹿にしていた周りを見返した」生徒さん

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……n_shochan/
(直リンクです♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

(サイクル理論のコンテンツまとめ)


(最近発行したもの。上から新しい順。

「サイクル理論が全く分からない」と言う方は

下のほうから見てください)



■(音声解説) 【なぜ年間1億円稼ぐFXNは「ろうそく足の本数を1.2.3・・・」 と数えるのか?】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2972#2972


■【FXのサイクル理論は2020年代の今でも「未開発」の分野?】(それを教えられる人間は超少数です)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2970#2970


■【FX・Nから「サイクル理論の具体的な使い方」の メッセージです!】
(進捗:「すごい特典」が決まってきました!)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2969#2969



■【FX・Nが負け組からスーパートレーダーに
「這い上がった過程・プロセス」を学ぶ!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2967#2967



■【FX・Nさん×ゆうの「対談音声1本目」です!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2966#2966


■【1トレードで550万円利益確定の音声解説と画像が届きました】
(「説明できる投資」が大事な理由)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2964#2964



■【FXNと生徒さんの対談音声♪】
「月100万円以上」を稼げるようになって
「自分を馬鹿にしていた周りを見返した」生徒さん
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2962#2962

■【動画】みんな知らないサイクル理論を使って
「ブレイクの騙し」を 見破ってしまう方法とは?
(副題:自然淘汰されないために自然を学ぶ)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2960#2960


■【動画】「勝率は大事じゃない」と サイクル理論を使う億トレーダーFXNが考えてるのはなぜか?
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2959#2959



■【FXNの動画】【富裕層】出会いがお金を生むとはこういうこと
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2956#2956


■【動画講義】FXNは「どういうエントリー時の資金管理戦略」で
億トレーダーになったのか?
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2954#2954



■【年間1億円稼ぐFX・Nから動画で学ぶ!】
スキャル・デイトレ・スイングで 最もいいトレードスタイルは?
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2952#2952

■【億トレーダーFX・Nのサイクル理論講座の動画・PDF】
天井と底の時間帯がなぜドンピシャでわかるのか!?
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2949#2949


■FX・Nさんから
「サイクル理論フォーメーションの解説文」が届きました!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2947#2947


■【FX サイクル理論の動画】
ライト・レフトトランスレーションの
エントリー戦略とは?(FX・Nが徹底解説)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2945#2945

■【PDF・動画】FX・Nが使う分割決済と、
天井と底を捉える方法を伝授!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2942#2942



■【音声MP3】月収20万円の警備員⇒年収1億円になった
FX・Nから 「這い上がる秘訣」を学ぶ!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2940#2940



■【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?
(副題:今後の「陸の時代」では、本当の意味の
「自然科学」が台頭してきます)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2939#2939



■【PDF2つ】億トレーダーが使う
「サイクル理論の基礎」について知る!(「相場の波の性質」を見極める!」)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2937#2937



■【FX動画】年間1億の利益を達成した億トレーダーが
密かに使ってる 「サイクル理論」とは何か?(入門)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2935#2935



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★










===========編集後記===========


さてさて、それで今日はズバリ

偉大な哲学者であるヴォルテールの「楽観主義はうまくいかず失敗するんです」

っていうこの言葉ですね、


これをメルマガで扱って、一緒に考えて行きたいと

思いました。


なぜか?っていうと、やっぱり投資とか金融ってのは

「理想とか夢」っていうものが先行する業界であって


そしてその「理想と夢で生きていくと色々失敗する」

ってのが大人たちの教訓でもあるからですね。


ちなみに若いうちはこれ、まだ知恵が足りないから

大体理想と夢で生きてきて、


その中で「圧倒的な冷酷な現実」に打ちのめされて


それでその後人生が大変になるってのが

まあ公式というか、


私もだし多くの人が経験したことだろうと思うんですが


そこで民衆の知恵として

「人生は大変だ、そして思ったようにうまくいかないものだ」

っていうこの知恵があるわけですね。



それでこの知恵こそが凄い大事で

だから投資でも 利益確定じゃなくて

損失から考えるとか 勝つことは考えないで


負けないことに徹するとかそういう投資哲学につながってきますけど

そこで大多数の人たちが潜在的に持ってる

「楽観主義」を見直すことがやはり大事なわけですね。



それで、まず私たちは欧米における

楽観主義、楽天主義ですね、


これをちゃんと理解する必要があって


一言で言うと 楽観主義=知能が足りないこと

という認識がやはりあるわけですね。


だから以前にフランスで、オランダ大統領がですね、

知識人たちに「オランダはあいつは楽観主義のオプティミズムだ」

って評したんだけど


それはすなわち、日本語の馬と鹿さんだ、っていう意味が

あるわけです。



楽観主義、Optimism で

反対が悲観主義 Pessimism となりますが



この楽観主義ってのは物事を常に

明るく明るく考えることで


日本語ですと 以前にリア充とかそういう言葉があったけど

元気な大学生とかそんな感じで


まあウェーイとかやっていたような人たちで

この人達は、現実で社会に放り込まれて、もう笑顔もなくなりますが



この楽観主義ってのは逆を言うと

世の中を甘く見ているとかそういうところかもしれません。


それで悲観主義ってのは、ものごとを将来に向けて、

楽観できずに、悲観して考えて落ち込んでしまう人らの態度ですが



これもこれで問題で、100%悲観とかだと

自殺とかの問題につながってしまうから

考える必要があるんだけど

(そもそも人間は完全なる予測ができない。)


私たちはこの 楽観主義と悲観主義、

うまいことバランス取りながら生きていく必要がある

ってことですね。




それでこれ、副島先生なんかが哲学の部分で

かなり書籍に書かれてる大事な点で、



英語ですと楽観主義はオプティミズムとなりますが

このオプティミズムってのは


フランスだともっと深い意味があって


オプティマ=最高到達点、最適状態

ですね、


これを常に達成できるというそういう考え方ですね。


だから人間も何かやれば、それは楽観主義で

とりあえずうまいこと調和の取れた状態になるみたいな

考え方ですが、



それを批判したのがそう、

件名にも書いたフランス最大の思想家である

ヴォルテールです。



このヴォルテールの素晴らしいところは


「どうせ楽観主義などうまくいかないのだ、

それが世の中である」


ってちゃんと言ってる偉さがあるんですが


ここで「カンディード、その別名はオプティミズム」

っていう岩波文庫の本でそれを書いてる。





それでこの「カンディード」ってどういう意味か?というと

勘の良い人は気付くかもだけど



天真爛漫(てんしんらんまん)な、とか

純粋無垢(じゅんすいむく)な、とか


まあそんな意味ですね。



だからこれはどういう意味かっていうと

より簡単に俗的に言うと、アホっていう意味なんです。



カンディードってのはアホっていう単語をちょっと上品にしたような

そんな感じかもですね。



ちなみにヴォルテールが当時批判したがっていたのが

ライプニッツ主義者って言う人らで


この人らは簡単にいうと凄い楽観主義であって


「機械論的宇宙論」の人たちでした。



日本でいうと何でもポジティブ思考の人たちって

いらっしゃるわけですが


それに近いかもです。



それでこれはどういうことか?っていうと

「何でも世のなかは 全てが合理的に動いており、

だから必ず解決策があり、


そして現実にあるものは最善であって

全てはうまくいく」

っていう考え方でして



この世の全てはうまく行きますってのが

ライプニッツの考え方で



そこでは問題が提起されたのだから、

その問題は必ず解かれていく

っていう当時の支配層の取った考え方ですね。



ちなみに分かりやすい話で言うと

この楽観主義の考え方が取られてる国家制度が


日本でいう年金制度で、

「とりあえず年金で老後を国家が見ることは

うまくいく」


っていう楽観主義の考え方があったんですが

それは アホという意味でもあるんですが


それが多くの国で限界になってる今を見ると、

楽観主義はうまくいかないのも分かるんだけど



まあやはりライプニッツの考え方は現実を見れば

うまくいかないってのが分かってきてる。



それで現実の真実として

「世のなかはどうもうまくいかないし、

現実の人生は苦しくて大変で、苦しいことが多い」


ってのが大事な認識でして



これを当時理解していたのが 当時のフランスの農民たちであり

その中の賢い人たちが


このライプニッツの思想は嘘だ、と理解していた少数派ですね。



全ての物事はこれ、最善で最良に調整されていく

っていう、そういう考え方なんだけど



だからそこで人間は悩まなくていいんです、

みたいな考え方なんですが



まあこれは嘘と当時の農民たちは知っていたのですが

一方 支配者たちはこの 楽天主義、楽観主義を

保有していたわけです。



それで、当時はまさに欧州人たちってのは

産業革命もあって

18世紀くらいに近代学問で世界を支配していったから、

すごい楽観主義者であってカンディードだったんだけど


いわゆるこれはキリスト教の予定調和であって、


先回りした神の技巧において

そこで予め定められた調和があるっていう意味ですが



キリスト教のプロテスタントのカルバン派の思想ですね。


だからそこにはやはり楽観主義が隠れてるんだけど


全てが合理的というのはやはり嘘だし、


現実を見れば


「一定程度は合理的なこともあるけど

人間ってのは時に合理的に動かないで感情で動くことも

大いにある」


わけですね。



これは今回のコロナ騒動が大変分かりやすく、

数値やPCRやウイルスの性質、自然免疫を学んでいれば

やはり茶番劇であるというのは合理的な思考で分かりますが



しかし人々は合理的に動いてませんね。


テレビやらメディアだけではなく

ネットニュース、SNSなどに 非合理に影響して

行動してるのは見て取れますが、



要するに、現段階で、というか未来も人は合理的に動かない

ってのが面白いところです。



投資家のバフェットも

「世の中は合理的に動くこともあるけど

動かないこともある」


という風に考えてよく発言してるけど


必ずしも世のなかは合理的じゃないから、


「物事はそんなにうまくいかない、それが人生だ」


ってのがすごい大事な考え方なわけです。


「物事はそんなにうまくいかない、それが人生だ」



これが21世紀の大事な価値観でしょう。




ちなみにこの考え方を理解して初めて

例えば商売人たちは投資するにしても


「損失額から考える」だとか

「せいぜい、自分達が決められるのは損失額くらいだ」


とか気付いて対策を取れるのですが


例えば そこで予測とか予想とかで100%当たることなどない

とか気付くわけですが



実はこのボルテールの思想こそが

投資家や起業家など経済人では大事な考え方でもある

わけですね。




それで当時、ヴォルテールが批判したのが

絶対平等主義を唱えた、ジャン=ジャック・ルソーという

最も悪い思想家でありまして



このルソーってのは役人たちに現在も神格化されてますが

フランス革命における、


人権思想とか平等思想の血みどろの革命を引き起こした

そんな思想を唱えたのがルソーですね。



ちなみにこのルソーの名前は教科書なんかでも

日本人は肯定的に教えられるけど


実態は悪魔みたいな思想で、


あまりにも過激に平等を唱えすぎるとですね、

人間社会は地獄となるんですね。



例えば、「みんな」って言葉が過激な平等主義の社会では

唱えられるけど


コロナがあまりに分かりやすいけど

「みんながマスクしてるからあなたもマスクしなさい」

ってのがコロナのアジア社会では当たり前になってしまってますが



ここで同調圧力、相互監視、

あとは従わないものには 私刑ですね、


これは日本でも見られると思うんだけど

日本以外の地域でも同じで 「地獄の平等主義」


これは言い換えると


「地獄のみんなと一緒じゃなければいけない主義」


ってのはまあ この世の地獄となるわけです。



人々は恐怖の中で生きるわけですね。


「私の本音を言ったら、袋叩きにされてしまう・・・

自分の本音は違うけど、周りの「みんな」に合わせないと・・・」



という感じでして


これは日本人はよく分かる感覚だけど

それはたぶんこの世の地獄なんです。



人間の自由性はそこで消失するんだけど


この過激な平等主義が近年暴走したのが

中国の毛沢東時代であり、


あとは社会主義のソ連時代でもあったでしょうが


そこでは強制収容所に多くの人が収容され、

沢山の人が死んでいった。



当時ルソーってのは、フランス革命時の


過激な政党であるジャコバン派の生みの親であり、

ナポレオンもここに属しましたけど、



そこでヴォルテールはこのヤバさに気付いて

ルソーに怒った。


「そんなに世の中、うまくいくものか。

ルソー、おまえの考え方は過激で急進的であるぶんだけ

愚かである。



人類に災いをもたらす」



とまで主張したのですが


まさにそれは欧州からアジアにきて、日本でも

「過激に近い平等主義」ってのが導入されてしまったけど



そこで官僚機構はルソーの社会契約論が大好きだったりしますが

そこで役人たちが暴走する口実が得られまして


本当に人類に、特に欧州から離れてる

アジアの日本人にもこの

災いがもたらされてるわけですね。



だからアメリカには国民の3大義務ってのがないですが
日本ですと

ルソーの社会契約論の


「おまえら愚民は、生まれたときから

国家と契約を交わしてる状態なのだ~」


となるわけですが



そこで生まれた瞬間に契約書も交わしていないのに

アメリカにさえない、国民の3大義務ってのが謎に課せられて


そこで多くの人は役人による教育で洗脳され、

役人が贅沢するための税で収奪され、

役人と、あとは癒着した大企業を潤すために

就労して役人と大企業に一生を奉仕する体制


となってますね。



「生まれた瞬間に あなたは国家と契約したことになってるんです」


てのは


NHK受信料でも見られる考え方で

「テレビを置いたらあなたはNHKと契約したことになってるんです」


というヤバい論理が踏襲されてますが


これが今の先進国の、官僚機構の

民衆支配の基本思想となってるわけです。





しかしここでちゃんとした現実の反論があり

「いや、俺はただ かーちゃんの股からオギャーと生まれただけであり

国家と社会と契約を交わしたことなどないよ。


その「社会」の契約書を見せてくれ」



というこれは冗談のようで大事な考え方だけど

そういう考え方が考え直されないといけない。


国家は「生まれた瞬間にその人は国家と自動契約してます」

ってのは、まあやはりそろそろ人類は疑うべきです。


それでここで、社会契約論を書いたルソーですね、

このルソーの思想は危険で、


今後人類に災いをもたらすと警告し続けたのが

ヴォルテールという思想家であります。


「物事そんなうまくいかない」という重要な思想だ。



そこで経済学ですと、ケインズなんかが

ヴォルテールの考え方を引き継いでるともいえますが



ケインズはここで

「あらゆる物事がうまくいかないこの世のなかで

生きるのが苦しい世の中で、


なんとか真の方策を示せないものか」


と考えたわけですね。


ちなみにここで楽天主義、楽観主義の問題について

ケインズが


そのうまくいかない理由は有効需要の不足によって

起こると発見したのですが





ケインズの一般理論において当時の経済学者の

楽観主義はこれ、相当攻撃されることになるわけですね。


当時は世界恐慌でして、

世界中が飢えていたんです。



1929年にアメリカで暗黒の木曜日の大暴落があって

そこで7年が経過したのですが


人々が教会の前に慈善のパンとスープをもらって

なんとか生きていた時代です。



ウォール街の楽観主義で、大暴落して

そして人々は苦しんだのでありますが


その時の様子が映画の「怒りの葡萄」ですね。



そして当時の大恐慌時代に立ち向かったのがケインズでしたが

ここでケインズは供給重視の考え方を

大いに批判したのだけど



当時「供給さえあればなんとかいく」といった人々を

痛烈にケインズは批判した。



要するに「供給さえあれば それが予定調和で調整されて

うまくいくのだっていう嘘」


がそこで蔓延していたのだけど


現実はそうじゃないですね。


例えばラーメン店を開業して、そこで供給として

ラーメンを沢山店主が作っても、


そこに需要がないとその店は潰れてしまう


ってのが今の時代です。昔もそうでした。


自動的に調整などされないのが重要で。


現実は値下げしても潰れるところは潰れますね。


それでケインズが言った最も大事なのが

「需要が全て」っていうところで



供給のサプライ、製品を作って売ることよりも、


需要の買いたいという人々の気持ちのほうが

何よりも大事だと発見したわけですね。





ちなみにケインズは投資家としても成功者として

知られているのですが


彼は当時世界恐慌で徹底的に 民衆の味方として

言論していった。


それでここで彼は社会主義を提唱してるマルクスについても

批判しましたが、


そこでは ケインズは真面目のものを作って売っている

そんな産業資本家たちの味方でもあって


今で言うと、役人や大企業側ではなく

中小企業側に立っていた人とも言えるでしょうが


ここでだから家賃や株式配当だけで食ってる

レントシーカーも批判していったわけですね。


ちなみに当時、アメリカでは金融界が都合の良いように

アダムスミスの神の見えざる手ってのを

曲解して


なんでもそれがカルバン派の予定調和的にうまくいくと

NYウォール街ではされていたのですが



実際は結局 人間がやりすぎると市場原理ってのは

思いっきり暴落を招きますから

(市場の復讐)


結局そこにおける極度の楽観主義をケインズは

批判した。



どこの国の政府でも 何かしら

過剰な生産や、あとは最近ですとQEなどの過剰なマネーで

それが大不況を招きますが



それについてちゃんと考えないといけない

ということですよね。



それでここでケインズは「結局 総需要をなんとか

作っていかないとなんともならん」


となりまして


あの有名な

Y(国民所得)=C(消費)+I(投資)


を作りましたが



ここで国民所得が上がって豊かになるためには


消費、だから人々が欲しいと思うとか、

購買したいだとか人々がサービスを需要、欲しいと思うこと、



そしてそのためにI投資すること、


これが大事だとしたわけですね。


ここで重要なのが消費欲求、需要であり


サプライの ものを作れば何でも売れるってのは嘘だ

と商売をやってる、投資をやってる人なら

今は誰でも実感で分かることだけど


それをケインズはちゃんと公式にした。



それでこういったケインズが世界恐慌に立ち向かった

考え方ってのが


今後大事になってくるけど


もう既に日本のメディアは言いたがらないけども

そこで総需要を喚起するってのが一帯一路でありますが


もうここで無理やりにでも 需要をその場所に作るっていうことを

今は多極派の人らがやってるわけですね。


ドバイが分かりやすいですが、砂漠の中に

大きな都市をぼんぼん作ってしまう。


私のいる中欧でも、元々単なる森だったんだけど

こういうところに大きな都市を作ってしまって


無理やり「需要を作る」わけですね。


これが結局今後の世界戦略であって


無理やりにでもIで投資を活発化させて

Cで需要を作っていくという感じですね。



ちなみに自然と需要が生まれることはありませんから

だからIの投資家とか起業家ってのがもっと

育たないと結局なんともならないってのが


2021年には分かってることであり、

そこでだから中小の若い起業家やら投資家を

どんどん作り上げるってのが


今や多くの国の課題となってるわけです。

相反するようにも見える

イノベーション重視のシュンペーターと、ケインズの混合ってのが

どうも今後の世界です。



それでここで大変大事なのが

ヴォルテールの「世の中、なかなかうまくいかない、

厳しいことが多い。世の中は冷酷なものだ」


っていう達観であって


私たちはこれを知る必要があるわけですね。



ちなみに私はやはり大学時代に色々経済学とかも

学んで、ただ当時の教授たちもここまで教えてくれなかったから


その後も副島先生とか小室直樹の書籍だとかで

色々学んで、


あとはこのインフォっていう業界はある意味

すごいサンプルとして経済の流れが分かりやすい業界なので

ずっと見ているのだけど



そこでまず2010~20年代に分かってきたことがありまして


それが


「今の時代でもなんとか大変ながら生き残ってる

若い経済人たち、新興富裕層たち」


の姿がありましてですね、


これが結局ヴォルテールのことを知っても知らなくても

「世の中、厳しいものだ、と人生経験から知ってる人」


が結局今の時代はなんとか生き残り成功してるっていう

真実ですね。



ちなみにこれは 多くの今の時代でもなんとか

稼いで生き残ってる事業者たちを見ると分かるんだけど


みな、昔、若いころに 悲惨な、厳しい経験をしてる

共通点が見出せますよね。



例えば若いころに親を亡くして、施設暮らしで

色々悩んだ末に、這い上がったとか


そういう人が今は指導者になってきてる。

FXNさんとかがまさにそうですけども。



それでこの人達は色々人生を経験してその上で

「人生は本来大変なもので、厳しいことだ。

這い上がるのも並大抵のことではない」


と知ってる人たちであり


この人達は長期的には楽観するんだけど

しかし短期では中期では悲観的に物事を見る傾向が

あります。



だから私が感覚で分かるのが


最近の成功者は 長期で楽観はするけども

短期中期では極めて悲観的な要素で見ることが多くて



そういうバランス感覚の人が成功してる共通点は

見出すわけですね。2021年に。



だから、これは投資のスタイルでも出ていて


本来のNY金融街的な楽観主義ならば

「儲けばかり」見ますね?


「よし投資したら儲かるぞ~資金管理関係なく

突っ込んでやれ」


と楽観主義者はなる。


けど、これはバフェットもそうなんだけど

そこで最近の成功者たちは 人間の力を過信しておらず、


「人間は相場なんて決められない」という前提に立っていて



それこそNY金融街は神の見えざる手の自然を

全て調和できるものという楽観のみで考えたわけですが



それこそ自然には嵐もあるはずなのですがそれを無視しましたが


今成功してる人達はNY金融街とは少し考え方が
違うのですね。


自然ってのは確かに

近くにいると気持ちの良い、滝が流れて、

そしてその下で魚たちも自然の中で活き活きと泳ぐけど、


時にはまさに大地震も起こすし、大きな台風も起こすし、

大雨ももたらすし、


やはり自然とは美しい反面、災害も起こしていく

両面があるわけです。


それでだから最近の成功してる経済人たちは

楽観だけでは取らない、


NY金融街のように

なんでもかんでも人間がジャブジャブマネーしてうまくいく

なんて考え方は絶対取りませんが、


そこで 市場の復讐も考えるようになっていて


「いつか金利も操作ができなくなる」っていう悲観も

バランス的に楽観もちょっとはあるけどその中で取り入れており



だから考え方としては


「相場の暴落とか世界恐慌が来たとしても

なんとか大負けしないで生き残れるように」


と考える傾向なわけですね。

これが現代の経済人の哲学として大事になってきてる。



だから「負けないこと」という哲学が出てくる。



「世の中、甘くない」ってことですね。



経済の中で生きていればこれ

暴落は定期的にありますし、


不況だって今もアメリカでは本当は続いてるし、


もっというとアメリカは不況で物価上昇の

スタグフレーションなんだけど



あくまでそういった悲観部分をちゃんと

目を見開いてしっかり見るってのが大事ですね。



だから例えば各国中銀を見れば

アメリカの債券市場が崩れても大丈夫なように

金塊でリスクヘッジ取ってますし、



あくまで「大きく負けないこと、負けを減らすこと」

に主眼を置いてるってのが2021年に見られる哲学です。



だから「世のなか冷酷で、なかなかうまくいかないで

苦しいことのほうが多い」


っていう現実を見るからこそ


そこで「損切りから見ていく」とかですね、


「損失額から考えていく」っていう考え方になりますね。




だから今稼いでる人たちの多くは

NY金融街の過ちから学んでる人たちとも言えます。



それでここでヴォルテールの考えってのは大事で

基本的に人生大変なことだらけですからね、



その上で苦労が当たり前ってのはあるんですが

そういった現実をしっかり見た上で


そこでなんとかうまくいくように負けないように

対策していくってのが


今私たちが2021年に取ることのできる

重要な考え方ですね。


ちなみに特に人間の傾向として

短期、中期の思惑で楽観主義に陥る傾向が強いですから


今後、もしその楽観主義が自分の中にあれば

それを定期的に、見直していくことが大事となりますね。



「よしこれは儲かるぞ」として多くの人は行動するのですが

しかしそんな簡単に全ては進まないってのが


私たち投資家の経験としてもあるわけですが


そこで、ちょっとだけの未来の楽観はあっても

基本的にはヴォルテールの「世の中、なかなかうまく行かないことの方が多い」

も大事にして


そこで負けないことを常々考えていく。


これがすごい大事ですね。



それで今現状を見ると、アメリカでは表向きは景気良いのを

装ってますが、不況でありまして


そこで物価上昇で明確にスタグフレーションです。


マスコミはアメリカの市況は楽観視点だけを流しますが

実際はその楽観には危険性があるので


守りを固めるってのが今後大事となりそうです。


では!




ゆう






追伸・・・それでもっと深く書くと

現在の世界の情勢を色々見ると分かることですが


どうも今の世界ってのは自然の論理と人間の論理ですね、

これがやはりミックスしてる状態であって


だからバフェットはよく言いますが


「市場は効率的であるがみんなが思うほど効率的でもない」


わけですね。


だから合理的な部分も一部あるけども

全部合理とは言えないと。


だから実質的にサイクル理論なんかは自然科学ですが

その中で 80%という数値が出てきてますが


現実は厳しいところもあるから80%はうまくいっても

20%はうまくいかないわけでして


だからそこでは 


その際に人間が徹底できる損きり、損失額は限定する

という現場の考え方となりますよね。



そこではヴォルテールのような楽観しすぎないという

考え方も入ってます。



それで今の世界の中央銀行だとかNYウォール街のおかしいところ

ってのがもう2020年代によく見えてきてるけど、




結局 NY金融街は

表向きは神の見えざる手を彼らは言ったりするけど

実際は 彼らはそれに従っていないで


利益は貪欲に強欲に人間の自分達で決定しようとするし

時には損失額をどんどん広げたりするし

金利の操作をQEでしようとしたりするし、


あまりの強欲はそこで資本主義の本来の精神で否定されますが

しかし彼らはそれも肯定してしまってる。


人間が、ジャブジャブにお金刷って市場コントロールしようとしていて


むしろ、神の手を表向きでは言ってる中

実質は それを無視して人間が市場コントロールしようという

変な方向に向かってるってのがNY金融街ですね。


だから自然の論理にしっかり沿ってやっていこうとする人と
(本来の資本主義者)


自然の論理を表向き掲げて曲解して

自身の強欲に使っていこうとする人、
(新自由主義者)

実はこの対立がある。まだこの辺は言論されていない分野だけど。



ここで最近分かってきてるのは

新自由主義者は資本主義者ではないってことで


例えば日本でも新自由主義者がどう見ても共産主義にあたる

ベーシックインカムを推進してるところから見えてきますが

だから本当は新自由主義者ってのは社会主義や共産主義の亜種なんだけど、


ここで本来の資本主義とは何かってのをそろそろ

考えるのが次の時代の人類のターンとなりそうです。


皮肉なことにそれを一番考えてるのが最近だと

昔は共産主義と社会主義で苦しんだ中国やロシアですね。


先進国は逆に社会主義や共産主義に実質陥ってる。



そこで今、私たち人間に出来ることってのは

損失額を決めて負けないようにすることだよねとか

利益は自分じゃ決められないよね、っていう


少し遠慮した態度になりますが



また経済でも現実としては 供給増やして

例えばラーメン沢山作っても売れないものだから


だから需要をなんとか作っていくくらいしか

どうも人間には出来ないよね


とかそういう態度が大事ってことですね。



だから世の中、厳しいことが多く冷酷な現実があるから

そこでなんとかそういう現実に対処できるように


私たち人間が出来ることに徹していく、

この態度が今後は大事になるかと私は思います。


だから今後経済人の考え方として大事になるのが

経済”人”としては


まず需要を作ることに徹しますが

しかしそれは自然の論理だとかその辺に支配される傾向も

強いですから、支配的に全てをコントロールすることは

できないから、


そこでちゃんと負けから考える、負けないように工夫していく

設備投資などの損失額とかを事前確定して仕掛けていく


みたいなことになりますよね。


期待とは楽観ですが

しかし現実はヴォルテールの言うように厳しいものだから

そこでは悲観も取り入れて


楽観20、悲観80くらいのこの感覚が

すごい大事な時代だとは私は思いますね。


そのバランスを取っていくのがどうも

今後の経済人たちの考え方になるかとも思います。



特に今後、欧米社会が


キリスト教において楽観主義を金融政策で

取り入れすぎたために

そこで崩れていく様が近年中に現実化していくでしょうが



アジアの地域、国々は この辺を他山の石として

楽観主義、悲観主義、どっちに完全に寄るのではなく

バランス取っていくことが大事に成っていくのだろうと思います。




それでは!



ゆう










☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【今までのFXNとゆうの対談音声まとめ】


■1本目の対談音声
「FX・Nが負け組から一気にスーパートレーダーに這い上がった
実経験を暴露します!」

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……8641/fxn1/


■2本目の対談音声
「お金はどうせ増える」(サイクル理論の話)

⇒  http://www.fxgod.net/onsei/fxn2.mp3



■ 3本目の対談音声
「サイクル理論ではシナリオで考える!?
勝てる人と負ける人の違いとは?」

⇒  http://www.fxgod.net/onsei/fxn3.mp3


■ 4本目の対談音声
「FXワールドアカデミーの内容をFXNが暴露!」

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……fxn_4last/




■【音声♪】FX・N×ゆうの特典対談音声
「驚愕の5特典」について語っていただきました!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……n_tokuten/



【今までのFXNの生徒さんとの対談音声まとめ】


■3週間で360万円を稼いだ生徒の牧野さん×FXNの対談音声です!
(稼ぐ負けない考えを学ぶ!)
http://fx-ntre.com/traking/gro……65/makino/

・牧野さん 実績1
http://fx-ntre.com/photo/maki1.jpg
・牧野さん 実績2
http://fx-ntre.com/photo/maki2.jpg


【FXNと生徒さんの対談音声♪】
「月100万円以上」を稼げるようになって
「自分を馬鹿にしていた周りを見返した」生徒さん

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……n_shochan/
(直リンクです♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください