無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【FX サイクル理論の動画】ライト・レフトトランスレーションの エントリー・出口戦略とは?(FX・Nが徹底解説)

2021 5月 31 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX サイクル理論の動画】ライト・レフトトランスレーションの
エントリー・出口戦略とは?(FX・Nが徹底解説)

⇒  http://www.snatchfx.com/cycle_trade

(かなり貴重な動画かも。)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



どうもゆうです!

いつもご覧いただきまして
ありがとうございます!



さてさて、前号にて

以下の号を流しました~


2043年までに日本の水道料金が43%値上げになる
っていう話についてですが

そこでボリビア水戦争などについて
「水って誰のものか?」っていう
今後人類にとって大事になる水とか空気の所有権の問題と、


あとは、実際の話、こういう水道などのインフラについて
もう政府や自治体に頼らないで

ご自身で 「井戸を掘る」という考え方が
日本で出てきておりまして


最近は井戸採掘業者も相当な精度で
井戸から水を出せるようになっていて

そこで地下水などを利用して塩素も入っていない
お風呂や飲料水を楽しんでる人たちが出てきてるなんて

話を書きました!


たくましい人たちが沢山日本で出てきてます。


■バックナンバー
【日本の水道料金は2043年までに43%の値上げがされるかも、
について考える!】(副題:じゃあ井戸を掘る)
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2944#2944


ちなみに昨日書きましたけど地球を循環する水とか空気の
所有権ってのは すごい大事な論点になっていくけど

今までは所有権の複雑な管理は難しかったけど
今後 STOセキュリティートークン・オファリングで

見られるように所有権管理も新技術でかなり柔軟にできる時代に
入っていくのですね。

今後はそういう生きるために必須なものは
民衆同士が所有権を分散して管理していく

みたいな解決方法が 行政と、多国籍企業をけん制する
ひとつの方法になりそうだ、

ってのが私が考えていたアイデアですね。

この辺の水と空気の問題ってのはまだ未解決な
人類の政治の課題ですが


所有権を分散管理する技術として
ブロックチェーンのセキュリティトークンなんかは
個人的に注目してるわけですね。


そういったことができれば
水源が他国であったり 、多国籍企業に牛耳られてしまうとか、

水問題というのは 安全保障問題ですが
その辺も解決できる可能性が高いですね。


まあ水問題ってのは考える思考訓練として
すごい面白い問題だ、とも思います。

ちなみにそんな話が長引くから

さっさと井戸を掘ろうという人も最近日本で
増えてまして、

やはり日本は 頭良い人たちが多いんだなとも
思いますね。
井戸あれば水道料金の値上げとか関係ないわけですし。


水に関しては多くの国の人々がまだ、
自治体などの水道管事業に「自宅に水を供給する事業」で
依存してますが

ここで水道管以外でも色々な水供給の方法があれば
そこで水道を自宅に供給する事業で
競争が発生するわけですね。


水道を自宅に供給する事業において
行政か多国籍企業たちの水道管が水供給を独占してる、

これが実は問題でありまして

そこで第2の水を自宅に供給する方法としての井戸ってのは
まさに日本にいらっしゃる民衆の知恵です。


昔は水道管しか選択肢がなかったけど
少なくとも 井戸の採掘技術とかが上昇してる
日本だと

水道管か井戸か、みたいな選択肢が出てきてる
わけですね。

頭を柔らかくすると何でも対抗策はある
ということですね!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【FX サイクル理論動画】
ライト・レフトトランスレーションの
エントリー戦略とは?(FX・Nが徹底解説)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



さてさて、それで最近はFX・Nさんの案件を扱ってますが

ずばり今は「サイクル理論」を扱ってますね~


ぶっちゃけ、トレードとか投資やってる人は

役立つのはそうですが、相当面白いというか

学べば学ぶほど「面白さ」は感じていただけるかと!


なんとなく相場では波が形成されてるように見えて

ちゃんと「一定周期のサイクルを作って」相場の

波ってのは作られてるわけです。


これはなんでか?わかりませんが

まさに 産業革命以降で軽視された自然科学の

相場の中の科学といえそうですが


そういった規則性を作る大きな力(神の見えざる手)が相場にある

その面白さですね。



それでここ最近はFX・NさんのPDFのほうで

サイクル理論を学んでいただきましたが



今日は・・・動画です!


それで今日の動画はずばり、

この前ライトトレンスレーションと

レフトトランスレーションについて学んだけど


その「ライトトランスレーションとレフトトランスレーションの
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
戦略・エントリー方法」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

についてのFX・Nさんの説明動画です!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ちなみにこのサイクル理論ってのは結構名前は知られているものの

これを実践レベルで落とし込んで

簡潔に教えられる日本人のトレーダーは数少なくて
数人しかおりませんが


その1人が年間1億円の収益をこの前

サイクル理論で達成したFX・Nなんで、


ぜひ 彼から学んでみてくださいね!


ずばり「シンプルだけど強烈」なやり方です!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX サイクル理論動画】ライト・レフトトランスレーションの
エントリ戦略とは?(FX・Nが徹底解説)

⇒  http://www.snatchfx.com/cycle_trade



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



それで以下が昨日までお渡ししている内容ですね~

サイクル理論の入門~から学べます!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【動画】スーパートレーダーFX・Nが教える「サイクル理論・入門」を公開!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……xn_cycle1/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




【FX・NさんのPDFレポート1】
「サイクル理論とは何か?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_theory.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【FX・NさんのPDFレポート2】


「サイクル理論トランスレーション編

トランスレーションを理解して「波の性質」を見極める!」

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_tra……lation.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


PDF【サイクル理論損切りラインの決め方とは!?】
⇒  http://fx-ntre.com/pdf/ci2.pdf

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf


PDF【サイクル理論天井と底はどこ!?】
⇒  http://fx-ntre.com/pdf/ci3.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【動画】分割決済の方法はこちら↓
⇒  https://www.youtube.com/watch?……uDd8YAX4qA


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



以上です!



それで今回はずばり

「サイクル理論」ってのが出てきましたが、


「理論はいいからさ~~実際にどう使えるのよ?」

っていう声もあると思いますが、


まさに「こうやってリアルな相場で使うんです」っていうのが

今回の動画です。



まさに今回の動画のように、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


サイクル理論は使っていくわけですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このように実践レベルでサイクル理論を教えられる人自体が

大変貴重ですが


FX・Nさんがこれを教えてくれてます。





それで今回はこの前もPDFのほうで扱ったのですが


「ライトトランスレーション」と

「レフトトランスレーション」について、

またそれを理解して、仕掛ける方法、について


解説されていますね~~


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX サイクル理論動画】ライト・レフトトランスレーションの
エントリ戦略とは?(FX・Nが徹底解説)

⇒  http://www.snatchfx.com/cycle_trade



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




それで動画でも説明されていますが

極めて「シンプル」ですよね。


相場には「波」「サイクル」があるのですけども

その波の 高値(天井)が 右側にあるのか

左側にあるのか、


ってそれだけであったりするわけですが


ここで 右側に天井があれば アップトレンド、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


左側に天井があれば ダウントレンド
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



っていう定義になりますね。




それで今回は

「ライトトランスレーション」(右側に天井、アップトレンド)



「レフトトランスレーション」(左側に天井、ダウントレンド)


での実際の戦略が話されています。


例えばメジャーサイクルの中に入ってる

4Hサイクルの場合、ろうそく足の数は60~80本ですが

そこでライトトランスレーションと想定できるシナリオの場合


定義として


「起点を割れることはない」


ってのがあるわけですね。



その定義を活用して、エントリーしていく戦略ってのが

語られています。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX サイクル理論動画】ライト・レフトトランスレーションの
エントリ戦略とは?(FX・Nが徹底解説)

⇒  http://www.snatchfx.com/cycle_trade



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




それで今回、大変重要なことが

開始4分くらいで言われているのですが


それが
~~~~~~~~

「損きりラインから探す」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ってやつです。
~~~~~~~~~~~~~~

すなわち最初から出口を作っていくわけですね。



多くの人は「どこでエントリーしようかな」とか

エントリーポイントから探す傾向があって


ずばり最初は「利益出すこと」を最初に見てしまう

わけですよね。


けどそうじゃなくて


「最初に サイクル理論を使って
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
損きりラインを見つける」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ってのが大事になるんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ぶっちゃけいうと、ここが最重要ですよね。




ちなみにサイクル理論で日本で昔すごい有名だった方が

松下誠さんでしたが、


彼がトレードで言っためちゃくちゃ大事な名言があって


それが、



「最初に損失額を明確にする。

これで投資で大事なあらゆる心理問題が解決する」



ってことでした。


そう、松下さんなんかがサイクル理論にたどり着いたのは

当然でしたでしょうが、



ここでやはりFX・Nさんも


「最初に損きりを考えろ」


ということを言ってるんだけど


そこで損きりのポイントを探すために
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
サイクル理論、
~~~~~~~~~~~~~~~

を使っているわけですね。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX サイクル理論動画】ライト・レフトトランスレーションの
エントリ戦略とは?(FX・Nが徹底解説)

⇒  http://www.snatchfx.com/cycle_trade



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




だからこれが大変大事で、


「サイクル理論って儲けるために使う」っていう風に

思われてるんだけど


それよりはFX・Nさんの考え方は


「うまく負けるためにサイクル理論を使う」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

わけですね。


んで、結果的に「うまく負けているから」


そこで利益が積み重なってきて、月利20%とか40%とか

連続するようになって


お金が増えて、それで金持ちになっていく、


っていうのがサイクル理論の大きな流れですよね。




これを、無料で教えてしまっている面白さが

あります。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX サイクル理論動画】ライト・レフトトランスレーションの
エントリ戦略とは?(FX・Nが徹底解説)

⇒  http://www.snatchfx.com/cycle_trade



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




それでここで

「損きり哲学」ってのが超大事なんだけど


FX・Nさんって「ちゃんと損失から考えてる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ってのが分かると思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これは大事な相場の考え方があって、


「唯一トレーダー、投資家が決められるもの、

それは損失だけだ」


っていう考え方があるんですね。



利益額なんてのは私たちは決められないんですね。


っていうのはマーケットメーカーではないから。


相場にはやはりマーケットメーカーといって

何兆円も動かしてる人間たちってのがごく少数いるんだけど


彼らがやはりマーケットに絶大な影響力を持ってる、

わけですね。


んで彼らに資金が集まっていくってのがマーケットです。



だから世の中で言われてる最大の間違いがあって

「みんなと同じ方向にポジション持ったら負けない、という嘘」

があるんです。



この「相場は多くの参加者がいて、彼らが市場を動かすのだから

彼ら多くの参加者に乗っかれば、勝てる、という嘘」


を信じてる人って超多い、というか

おそらく90%を超えるんですね。



けど、FX・Nさんはよく言うんだけど

「周りと同じことしてたら貧乏になる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ってことでして、


これが実は本質なんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どういうことか?っていうと


「大多数」は大体資産が100万円とか200万円とか

もしくは10万円とか20万円で回してたりする

わけです。



最近証券会社関係の人に聞くけど、

実際は100万円を入れてる人なんかは少ないんだそう。


日本も貧乏になった。



んで、だから大多数の人が10万円~30万円くらいで

やってるわけですね。


んで 一応FXの本とかによく言われてる

「みんなと同じ方向に持てば勝てるといううそ」


を考える必要があって、


冷静に考えれば分かりますが、


この10万円の人が1万人いたとしても、

たかだか、10億円ですよね。


けど「マーケットメーカー」と言われる人たち、

大口ってのがいて、彼らってのは銀行系だったり保険系だったり

するわけだけど


彼らって普通に数百億円、中には数兆円動かす

マーケットメーカーっているわけです。


んで人数は個人投資家と比べると少数。


けど彼らは大口の金持ちたちの資金を預かってる人たちで

利益を決算で出さないといけない人らで


選りすぐりのトレーダーを集めてますよね。


さあ、どっちが勝つか?というと

これは当然彼ら大口ですよね。



だから実際の話は「少数のマーケット動かせる大資金の少数の

大口が


大多数のマーケットを動かせない小口の投資家を食う」


ってのが本質ですよね。


だから「みんなと一緒=貧乏」になるってのは

本質的な話です。


それで実際に大口のディーラーたちなんかは

自分で動かせる範囲、力もわかっていますが

しかしそれでも全部は動かせませんが


だからやり手の人間はしっかり相場の法則性、

自由市場の法則性ですね、いわゆるアダムスミスのいう

神の見えざる手ですがこれをしっかり研究して


仕掛けていく。



それでここで個人投資家はただただ相場の動きについていくしかない

わけで、


そこは大口の、マーケットにある程度影響力を与えられる

彼らとは前提が違うわけです。


すなわち利益額の決定権は個人投資家にはない、と言えますよね?


そこでじゃあ「個人の投資家が決められるものはなにか」


っていうと


唯一決められるのがこれ「損失だけ」なんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



損失額だけは、事前に私たちは決められる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



「このエントリーはここで損きりするぞ」


って「決められる」んです。



けど利益額は決められなくて、

相場が伸びたら利益は伸びるし、


相場が伸びなかったら利益は伸びないし、


もうそれは相場次第です。


だから重要な考え方として


「損失は個人投資家が決められるけど
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


利益は相場さんが決める」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ってのがあるんです。


そして大口でも時々大損したとか報道がされるとおり、

やはり100%彼らも相場動かせるわけではないのだけど

結局 見えない大きな手ってのが働いて


相場は動きますが、利益額は厳密には決められないのですが

それを決めるのは相場の大きな力、ですが


人間の投資家が決められるのは、損失だけなんですね。


んでこれを徹底してサイクル理論で突き詰めてるのが

FX・Nですよね~


動画みたら彼の相場思想がよく分かると思います。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX サイクル理論動画】ライト・レフトトランスレーションの
エントリ戦略とは?(FX・Nが徹底解説)

⇒  http://www.snatchfx.com/cycle_trade



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




だから一応FX・Nさんは動画にて

「含み益が200万円超えてます~」

「利益確定500万円超えました」とかよく出すんだけど


これはぶっちゃけ、利益を動画で前面に

出してるのは本来の彼の姿ではなく



実際は彼は利益額より、「損失額をちゃんと根拠もって決める」

ほうを重視してるんです。圧倒的に。



だから彼は「損失額を決める部分の戦略、哲学」

を相当重視してる、ってことですね。



それでこの辺が分かると、

「なぜ多くの人は資産を築けないのか」も

分かってくるわけですが、



それは「儲けることばかり」見ているから、ですよね。


お金稼ぎたい、儲けたい、これは根源的な欲求だけど


実はもうそう思ってる時点で「大多数と同じ人」になってしまう

わけです。


一方そこで攻撃は仕掛けるんだけど

そこで「負けないように」してる人は実はごくごく少数で、


そういう少数が金持ちになるんだ、ってのが

サイクル理論学んでると、分かりますよね。



それでFX・Nさんはその考え方をサイクル理論でも

使っていて


「サイクル理論を使って、まず最初に損きりポイントを探す」


んです。


利益確定ポイントばかり見ていないってのがポイントで

むしろ「効率的な損きり場所を見つけるために

サイクル理論を活用してる」


ってのが動画見ると分かりますよね。



ちゃんと波がライトトランスレーションであれば

右側で天井の高値が形成された後に、

ローソク足の本数における

終点付近で、 ライトトランスレーションの起点の下に

損きり置いて仕掛ける、わけですね。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX サイクル理論動画】ライト・レフトトランスレーションの
エントリ戦略とは?(FX・Nが徹底解説)

⇒  http://www.snatchfx.com/cycle_trade



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ちなみに動画ではまだおっしゃっていませんが

サイクル理論ってのは相場における 

神の手の分析でありまして

(自然の大きな力が相場に与える作用の分析)


いわゆる自然科学の一つと私は判定してますが


そう、同じくフィボナッチトレードとか

エリオット波動論も 本当は自然科学のうちの一つでしょうが


だからフィボナッチなんかも当然使えますね。


例えばライトトランスレーションの波で

起点⇒右側の天井⇒終点

となるわけですが



「天井から終点までの距離」ってのは

基本的に



「起点から天井までの距離の

フィボナッチの38.2%~61.8%の間」
(50%のプラスマイナス 11.8%)


になるわけですね。



だから理由不明ですが、なぜか、いつも

このフィボナッチ数列の間で終点が訪れる謎は

ありますが


だから同じ、自然現象を解析しようとした

フィボナッチもサイクル理論と一緒に使うと良いですね。


大口、小口、多くの意図や意思、および月の満ち欠け、
天気まで

全部が影響して そういったサイクルが相場で
形成されていくことがあまりにも多いわけで

キリスト教の神の法則を解明しようとする
自然科学っていう学問はやはりすごいですよね。


私なんかは宗教とかない無宗教人間ですが
しかしこの 自然の規則性とか神の法則ですね、

これは相場をやってれば
稼げるようになるとみな理解することですよね。

だからなんでか知りませんが、

相場に大きな力が加わって


ライトトランスレーションなら

天井からの下落率ってのもフィボナッチである程度

見えてくるってことです。



あとそれでここで、

「いけていない損きり」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と、


「いけてる損きり」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


があるって話で


そこを「考える」ってのが超大事ってのが

FX・Nさんが教えてることですね。



だって、そうですよね?


「人間の個人投資家が唯一決められるのが損きりポイント、

損失確定額」


なんだから、



その損失を「一番考えるべき」ですよね??
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



それで損きりラインなんかも


考える必要があって


「いけてる損きりライン」


「いけていない損きりライン」


ってのが考えるとあるわけです。



それでサイクル理論で言うと、

ライトトランスレーションの場合は、アップトレンドと

想定できるわけですよね。


そこで定義として「起点を割れない」ってのがある。


ただここで多くの個人投資家のケースでは

「起点を割れていないのに、

その前の小さい安値とかにストップ入れて刈り取られる」


わけですね。


これが「やたら損きりにかかる人の共通点」

ということですよね。


そこでおきるのが「損きり貧乏」ってやつです。


んで最初は 講師が言うように


「ストップ入れていたのに」



けど損きりが5回も10回も連続するから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「も~~いや!」ってその人はなって、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
最終的には損きりいれなくなって
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ドカーンと負ける、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これが実は負けるパターンの大御所?です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



けどこれは単純に サイクル理論で根拠持って

損きりポイントをちゃんと「考えて」いれていくと


そこまでバンバン損きりにかかりませんから、


安定的に資産増える確率が急上昇する

って話なんです。


具体的に、損失1万円と決めることはできるけど

利益は相場次第なので 1万円の損失設定に対して

利益が5万円出ることもあるし10万円になることもありますが


利益はもう相場の大きな力が決めることなんで

私たち人間ができるのは損失額を決めるだけなんです。

バフェットも誰も稼いでる投資家はみな同じこと言いますが

それくらい大事なことです。



だからこの動画・・・すごい価値ある話をしてますよね??




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX サイクル理論動画】ライト・レフトトランスレーションの
エントリ戦略とは?(FX・Nが徹底解説)

⇒  http://www.snatchfx.com/cycle_trade



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




んで、最後に書きますと


ここで 中級の方から疑問が出てくるわけですが、


それはトレード技術の一つで

「ある程度 含み益が出たら

建値にストップを引き上げて 最悪建値決済する?」

という行為があるんですよね。



それで、この建値決済って、他の億トレーダーでは

肯定されてるし、


例えば4時間なんかだと17PIPS利益が出たら

建値に入れるっていうルールはある程度統計的に通用するけど、



FX・Nからしたら、

「建値ストップは意味がないケースが多い」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という話もされてます。



どういうことか?っていうと


建値ストップってのは「その人間であるトレーダーの都合」

なんですよね。


すなわち、トランプの弁護士のリンウッド弁護士の言葉を

パクれば、

「神の都合ではない、神のタイミングではない」

わけです。


すなわち相場の動きを決めるのは

やはりアダムスミスの神の見えざる手です。



一方建値決済ってのは、


「そのトレーダーがポジションマイナスになったら

困るから、そこで建値入れる」


わけです。


だから「その人間であるトレーダーの都合」ではある

と解釈は可能なんですね。


がこれはまさに賛否両論問題です。


が、相場は大口たちが影響力を持ち、個人は影響力が小さいですが

そこで大きくそれらが色々ミックスされて


大きな流れが森羅万象の力も働いて作られるわけで

「その建値入れてるトレーダーの都合」では動かないわけです。



それより、サイクル理論なんかの

相場の法則性、原理原則に基づいて

相場は動きます。


ちなみにもっと詳しく書くと

資本主義原論という素晴らしい本が

小室直樹先生によって昔生前出版されたのですが


本当にすごい本ですが

あの資本主義原論では「相場には法則性があるのだ」

と書いていて


その具体的な法則性(自然科学)については

当時もまだ検証されていなかったから書いていませんでしたが


実はその法則性の一つがサイクル理論であり

フィボナッチであり、エリオット波動でもあるわけですね。


それらの法則性に従って

私たちも損きり設定を考える必要があるわけです。


だからFX・Nさんは 「ちゃんとサイクル理論の根拠があれば」

建値決済は容認したりするけど、


「基本的にはサイクル理論の根拠通りにストップ入れるから

単なるストップを建値に引き上げるのも


損きり根拠としてはおかしい」


と以前言ってましたよね。



だからこの辺を理解するのは大事です。



だからサイクル理論じゃなくてダウ理論ベースの

ストップの引き上げ、なんかはダウ理論の根拠が

あるけど


そういう「損きりに 相場の原理原則に基づいた根拠を」ってのが


スーパー大事だ、って話です。



んでFX・Nさんはサイクル理論を元に

損きりポイントを「作る」わけですね。



んで損きりポイントを作ったら、

あとは、サイクル理論のオーブ(余分・許容範囲、誤差)を含んで

確率80%にサイクルは収まるから、


それで最終的には利益出るよね~っていう考え方です。


ちなみに「オーブ」ってのがあって、

サイクル理論のサイクルには


プラスマイナスで 大体6分の1の誤差はあるって言われてます。


例えば大体30週くらいがプライマリーサイクルの

周期とされてますが、


30週でボトムをつけるわけでもない、んですね。


余分、誤差があるから。


それで、そこで言われるのが「プラスマイナスで6分の1」

の誤差があるって話でこれを


「オーブ」って言います。



例えば平均30週のサイクルと見られる銘柄なら、


30週× (6分の1)=5ですけど


だから30週の プラスだと 30+5=35週、

マイナスだと30-5=25週


になりますが


だから「25週~35週」の間にボトムが発生する

ってのがサイクル理論の考え方です。


上の算数は小学生の算数だから私たちは分かりますよね。


それで、この25~35週の間で大体

80%の確率でサイクルが収まるってのが


サイクル理論の定義です。


それでこの定義に沿って、



「損きりポイントも原理原則に沿って、

構築していく」



ってのがFX・Nの相場思想ですが、


急激にこの 日焼けしたさわやかサーファーっぽい

FX・Nがお金持ちになったのは


この辺の本質に気づいたからだ、と分かりますね。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX サイクル理論動画】ライト・レフトトランスレーションの
エントリ戦略とは?(FX・Nが徹底解説)

⇒  http://www.snatchfx.com/cycle_trade



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



ということで多くのあまり結果出ていない人は

この動画見て気づくと思いますが



「そうか俺がぜんぜん資産築けないのは


「負け、損失についての考える量」


が足りていないからだ!


あとは相場の法則性を軽視していた。

だから結局 損していたのだ」



って気づくと思いますよね。


一方今ある程度資産が数億円とかある人は

今まで「うまく負けられていた」人ですが


そこで「よりうまい負け方」をこのFX・Nから

言い方返るとよい意味で盗めます!ってことです。




それでFX・Nさんの案件ってのは


実は私のこのメルマガを構築する際に実際に指導してくれた

師匠の1人がいるんだけど


もう億万長者です。表には出ていない人です。

実はその師匠が社長をやってる案件なんですね。


ちなみにFX・Nと同じで、結構見た目はヤンチャ系ですが

イメージ的にはダウンタウンの浜ちゃんです。


私が以前このメルマガを構築するときに

はっきりいうと全部色々教えてくれた人だけど


当時はすごい怒られた。


指導はガチの人でした。


んでその彼に私はメルマガの構築を教えてもらったものだけど

その方が独立して、


もう多くの人を稼がせまくった。


んで彼なんかはもう億万長者だけど

そんな彼がプロデゥースしているのが実は

FX・Nなんですね。


だからこのN君、ガチの本物の指導者ですよ。

私はそれ知ってるんで扱ってますね。


んでFX・Nさんは生徒に勝たせるために

「サイクル理論で損きりポイントを

考えさせる」

ってことをやっていて、


これがまあすごい生徒さんの結果につながっている

っていうことです。


こちらが実は事務局に来てるメッセージですね!


このメッセージも貴重かと思いますが

公開です



■今月も+28万円出て、
これで5か月連続+30万円近くの含み益に成功
⇒  http://fx-ntre.com/photo/saik.jpg


■仕事が忙しくても、
Nさんのトレードなら
十分にトレードができる。
安定して+40万円程毎月出てきている
⇒  http://fx-ntre.com/photo/gas.jpg


<他のリアルな声の画像1>

■今月最後のトレードで+14万円
今月は+65万円を出すことに成功
月収100万円まであと少し!

⇒  http://fx-ntre.com/photo/fas.jpg


<リアルな声の画像2>

■Nさんに出会ってから人生が大きく変わり、
6か月連続+70万円の含み益を出す事に成功
http://fx-ntre.com/photo/pli.jpg


<リアルな声の画像3>

■2か月で130万円を突破しました。
一緒に沖縄いきませんか?と
誘いの連絡が来るようになった。

⇒  http://fx-ntre.com/photo/oki.jpg





ちなみに上記の話がわかってくると

「ポジポジ病」って起こらなくなってくるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜかというと


4Hサイクルとかでやってると必然的に

損きりポイントってのは限られてくるので、


エントリー回数は少なくなるわけですね。


4時間足でやるから。


それで刈られるときは数日で終わるでしょうが

利益伸ばすときは数週間、利益を伸ばしたりするので


だから「損小利大」になるってのが

このFX・Nのやり方です。



だからポジション保有としては、実際の感覚としては


「損きりの時間がかなりあっさり早くて」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「利益確定を延ばしてる時間がめっちゃ長い」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

となります。



ちなみにこれが

「富裕層の時間感覚」でもありまして

ビジネスでも投資でも全て一緒ですが


稼いでる人は「損失が出てる時間は 撤退が早いため短く」

「利益が出てる時間は それに対して凄く長い」

わけですね。


現実的に、

この時間感覚を身につける必要もありますね。


逆に貧乏に成ってしまう人は

含み損やビジネスにおけるマイナスに耐える時間がやたら長く

利益が出てる時間がやたら短いってことです。


だから「富裕層の時間感覚」も身につける必要があるんですね。



ちなみに動画でもちょろっと言ってますが

「(サイクル理論の根拠を持って)

損きりになった場合は


サイクルのカウントが違ったと考えるので、


サイクルのカウントしなおす」



ってことでして、



あくまでもサイクル理論の忠実に従っていく

ってのがFX・Nのやり方。



なのでちゃんと学んだ人は一気に成果が

今後数年であがってくる確率が急上昇するはずですから


ぜひ動画も見てみると良いと思いますね~~




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX サイクル理論動画】ライト・レフトトランスレーションの
エントリ戦略とは?(FX・Nが徹底解説)

⇒  http://www.snatchfx.com/cycle_trade



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★








追伸・・・ちなみに相場でお金持ちになる人と

そうじゃない人ってのがいるんですが


その「違い」ってのは何か?というと

それは


「自由市場のアダムスミスの言う、

神の見えざる手の 市場の法則性を理解しようとした人と

そうじゃない人」


の違いなんですね。


ちなみに私は今中欧におりまして

やはりみんな回りがキリスト教ですから

理解はしようと頑張りますが


自分が無宗教ながら、やはりこの神学っていう

日本人の私からしたら最初は意味不明な学問を

理解しようとしてます。


そして、相場だといわゆる森羅万象がこれ市場に与える分析

自然科学に沿った分析がめちゃくちゃ強いってことも

これ分かってるわけです。


ちなみにそれに逆らって

「人間が市場も何もかも、全てをコントロールできる」

ってのが先進国のQE 金融緩和の発想なんだけど


これは最終的には、というか現状もそうだけど
負けていくわけですね。


人間が市場を完全にコントロールしようなんてのは

やはり難しい。


バブルってのは必ず

自由市場の大きな力の復讐を受けて崩壊してきたってのが

どの分野見ても私が冷酷に観察する事実です。


まあそれで、自由市場で富裕層になってる人らの

特徴ってのが私にもよくみえていて


彼らはそれこそトレーディングですと

自然科学といえるでしょうが


上記サイクル理論とかエリオット波動とか

ライン、ゾーン分析とか

フィボナッチとか色々あるんですが


テクニカルでは自然科学の自然分析、とでも

言いましょうか、


それを大変重視してるわけですね。



すなわち彼ら富裕層の特徴があり

「人間が全ての価格を決定できるなどと

信じてはいない」


のですね。


一方、相場で失敗してる人は

予想がすきでして

「あの大口が売った買ったをして
コントロールしてるそうだ」

とかですね、


そこで相場は人間が全て動かしてるんだ、

ってことでここで森羅万象の力の分析、

神学的な自然科学に立脚した分析が欠けてるケースが

多く見られます。



逆に、テクニカルだけで言えば

サイクル理論とかエリオットとかダウ理論とか

フィボナッチなど自然科学に立脚した分析を
熟知して重視してます、


損失を最初に決めて、

あとは利益は相場が決めるスタイルで

トレード戦略作ってます、


って言う人で大負けしてる事例ってあまり聞いたことがない

ですね。


これは小室直樹先生が資本主義原論において

語っていたことですが


市場には法則性があるわけですね。



【資本主義の「市場」には法則がある、と言う話】
⇒  http://www.snatchfx.com/archives/6435



それでこの市場での法則性ってのは

すなわちすごい大きな力が市場に働くってことで

その力を分析するのが自然科学の考え方でしょうが


これに忠実な人が金持ちになっていて

それを無視した人は貧乏になる傾向、


ってのが2021年にはすごい顕著となってきました。


だから実のところ、市場にはサイクル理論などの

法則、法則性がありますから


それに沿ってやっていくと、

資産を作るってのがかなり簡単になるってことでも

ありますね!



それでは!



ゆう








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX サイクル理論の動画】ライト・レフトトランスレーションの
エントリー戦略とは?(FX・Nが徹底解説)

⇒  http://www.snatchfx.com/cycle_trade

(かなり貴重な動画かも。)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください