無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?(副題:今後の「陸の時代」では、本当の意味の「自然科学」が台頭してきます)

2021 5月 25 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

■今後の「陸の時代」では、
本当の意味の「自然科学」が台頭してきます
⇒後半の追伸で!


<以下 年間収益1億円を達成した
FX・Nさんのサイクル理論の
新しいPDFと前回のPDF2つです!>

↓↓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■NEW!
【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【FX・NさんのPDFレポート1】
「サイクル理論とは何か?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_theory.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【FX・NさんのPDFレポート2】


「サイクル理論トランスレーション編

トランスレーションを理解して「波の性質」を見極める!」

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_tra……lation.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






どうもゆうです!

いつもご覧頂きまして
ありがとうございます!


さてさて、前号にて

【なぜダウ理論の先行期に仕掛けた人々は
コロナでもお金持ちになっているのか?について考える!】


っていう号を流しました~~


これまさに今の2021年ですね、

コロナ騒動もはさんででの


お金持ちになってる人たちは先行期で入ってる人たちだし
一方資産失ってる人たちは トレンド3段階目の利食い期に
入ってる人たちだし


まあ今は格差がさらに拡大してるって色々問題になりますが

実際はその主因がこれなんで、


是非、「知っておくのは超大事」だと私は思いますから
この号で考えてみてくださいね~



■バックナンバー
【なぜダウ理論の先行期に仕掛けた人々は
コロナでもお金持ちになっているのか?について考える!】

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2938#2938




ちなみに今、旬の話題でいうと、

日本ですと暗号通貨、ビットコインの暴落の話とか

まあすごい金融ですと盛り上がってると思いまして


そこで「うわ~~資産が吹っ飛んだ~~」とか

やってる人ってかなり多いわけですね。


要するにビットコインが600万円台あたりのとき

買い付けてる人たちですよね。


この人たちは資金管理も何もないから

それこそ全財産ぶっこんだような人もいるから

もう出口戦略もなく、どうしよう、となってますが

もうそれは予測や予想できないから


生き残るか、破産するかは運任せとなってるんでしょう。



一方、けど世の中ってのは広いですから

それこそ世の中には2011年くらいに

ビットコインが当時1BTC=100円前後だったけど、

そこで買い付けてホールドしてる長期投資家ってのが

いるわけで


彼らの場合はまさにダウ理論で言う

先行期に入ったわけですが

そしてその際仕込んだいくつかは失敗してるかもですが、


しかしビットコインに関しては


「当時100円のとき投資したけど

2021年では

6万倍だったものが4万倍に減ってしまった」


という感覚であるわけで


良い出口なんて簡単に作れる状態であるわけですね。


だからダウ理論でいう先行期で入ることを

意識してないで マスコミに乗って利食い期で

入ってしまう人と、


あとは先行期を常に意識し続けた投資家ですと

本当に資産が何倍どころではなくて

何万倍も変わるってのが 

恐ろしい世の中の真実ですよね。


みんなと一緒であることは大体損失になる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
わけです。


だから「既に人気=儲からない」わけですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(正確に言うと儲けが限定される)




そういう意味で前号で書いたことは

本当に大事だな~なんて2021年のあらゆる金融で

起こってること見ていても分かりますよね。



ちなみにこの考え方で一気に近年のし上がったのが

アメリカで影の大統領といわれてる

ピーターティールでして


彼なんかは競争をあえてしませんが

競争が激しく発生するのであれば

そのやり方や分野は儲けが限られるので


人々が気づいていない時期、見放した時期に

仕掛けたりして競争がまだ成熟していない分野で

かれは仕掛け続けますが


本当はピーターティールはバフェットの資産を越えた?
という噂もありますが

まあやはり世の中沢山

投資のやり方もビジネスのやり方も沢山ありますから


「競争のレッドオーシャンを避ける」ってのが

すごい大事ですよね。


競争を避けるために色々考える思考競争

ってのが資本主義のあり方なのかもしれません。


だからダウ理論のトレンド3段階はこれ、

極めて大事ですよね~~


それでポイントは「これを何年もずーっと

意識「し続ける」」ってことでしょう!


その辺の練習だとかも前号で書いてます。

■バックナンバー
【なぜダウ理論の先行期に仕掛けた人々は
コロナでもお金持ちになっているのか?について考える!】

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2938#2938





■■■■■■■■■■■■■■■

【PDF】
大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?


■■■■■■■■■■■■■■■



それで個人的に以前から注目して

私も時に取り入れさせていただいてますが


それが「サイクル理論」ですね。


ポイントは「世間であまりみんな知らない」

ってことかと思います。


なぜ「みんな知らないのか?」っていうと

サイクル理論を使って年間収益1億円を達成してる

億トレーダーで


サイクル理論を教えるレベルで

実戦での使い方も含めて極めてる人って

ほとんどいらっしゃらないわけですから


今のところそれをちゃんと教えられる人材が

日本ではFXNさんくらいしか

いらっしゃらないわけですね。


だからあまり日本では

サイクル理論は知られていないわけです


が、やはりそれは強力でして


これが実際にそれを教えてもらってる人の

生のサポートで事務局に届いてる声ですが


この方は2ヶ月で130万円突破した方ですね。


■2か月で130万円を突破しました。
一緒に沖縄いきませんか?と
誘いの連絡が来るようになった。

⇒  http://fx-ntre.com/photo/oki.jpg



<他のリアルな声の画像1>

■今月最後のトレードで+14万円
今月は+65万円を出すことに成功
月収100万円まであと少し!

⇒  http://fx-ntre.com/photo/fas.jpg


<リアルな声の画像2>

■Nさんに出会ってから人生が大きく変わり、
6か月連続+70万円の含み益を出す事に成功
http://fx-ntre.com/photo/pli.jpg




ということでまだまだ他にもいらっしゃいますが

とにかく実績が良い意味でヤバい傾向がありますが


これが まだ世間ではあまり知られていない

サイクル理論を教えてもらって


ちゃんと自己責任の上、資金管理して

自立して学んできた生徒さんたちの

現状ですよね。




それでこの前は FX・Nさんのサイクル理論の基礎のPDFを

お渡ししましたが・・・


今日はさらに「サイクル理論の構成」についての

PDFをお渡しします!!






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





また以下は今までお渡しているPDFです!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【FX・NさんのPDFレポート1】
「サイクル理論とは何か?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_theory.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【FX・NさんのPDFレポート2】


「サイクル理論トランスレーション編

トランスレーションを理解して「波の性質」を見極める!」

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_tra……lation.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




さてさて、それで今日はずばり

「サイクル理論の構成」についてのPDFですね~


FX・Nさんなんかは以前は

動画でこんな動画をアップしてました。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  【動画】
■+5,140,000円利益確定!(動画)
https://youtu.be/S17rXO6EnOI


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




それでそんな彼が弟子に教えてるのが

「サイクル理論」というものなのですが、



その基礎が最近お渡ししてるPDFになりますね~~




一応独学でガッツリ検証できるタイプの人で

そういう読者さんはすでに月100万円くらいは行ってたりして

メールいただきますが、


既に利益が出ているっていう読者さんなんかは

このサイクル理論を学ぶとより、利益率が上がるのではないかな、

と思いますね~(もちろん、いつも通り検証必須で)


それでこれからFXを学ばれる方なんかは

この大きな波の性質ってのは滅多に他では

学べませんので


これから動画やPDFなどを中心にかなり

色々学べる予定なので、


是非検証などしてみてくださいね~。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




特に色々FXの情報ってのはあると思うんですけど、

「ファンドなんかのディーラーたちが使ってるトレード戦略」

って実はほぼグーグルなんかでは出てきません。


それで20~30代で富裕層の基準となる1億円ってのは

大きく資産で目標にされる額ですが


この辺に到達するにはやはり

「他と違う戦略」ってのが大事なんですね。


日本全体だと50人に1人が1億円あるって言われるけど

実はこれ20代から30代とかになると

0.2%とかそんなものだったと思います。


「じゃあ0.2%に入ってる人間たちは

何をしてるのか?」

を学べるようにしてるのが私のメルマガでもあります。


そんであなたはそれを最低でも資産として

作ろうとしているわけで、これから何十億円、何百億円を

目指してるかもしれませんが、


そういった場合、やはり

「圧倒的に他と違う、差別化された戦略」は必要ですよね。


そんな中でやはりこのサイクル理論はまだ

あまり日本では知られていないので


今学んでおくと相当強いのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特に、多くの人が持ってる悩みが

「やたら損きりにかかってしまう」ってことですが


それはおそらくこのFX・Nさんのメルマガタイアップの

今回の講座で相当解消されるのではないかな、

と思います。


あとはポジポジ病も改善する人が多いでしょう。



そんでそのためには・・

「学ぶこと」って大事ですよね。




FX・Nさんも結構やんちゃな格好してるんだけど、

やはり「他より学んだ」と言う点のすごさはある

投資家・トレーダーです。


それで学ぶ対象もやはり本質的なものである必要があります。


それで今回学んでる「サイクル理論」ってのは

もう歴史の法則、なので、


ずばりある程度学ぶと長期投資でも

「202■年あたりで大体暴落が想定される」

とか分かってきます。



サイクル理論的には大体2025年前後になってくる。
(が、その前後でズレがあるから
2020年半ばは気をつけたいですね)


そんでやはり私も色々若くして富裕層になった人たちに

会うんだけど

みんな、やっぱりこういう原理原則を知ってるものなんですね。





それで今回はずばり「サイクル理論の構成」についてです。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



ちなみに、これからサイクル理論のことについて

色々FX・Nさんが教えてくれる予定なのですが、


ずばり、今後もガチ内容が連続します。



ファンドなんかも色々研究内容が違いますが

それらの一部ファンドなんかでも教えられてる内容かと

思います。


そういうのがこうやってネットに「ぴょこん」

と でてくる面白さってのがあるんですね~



それで、彼なんかが動画講義なんかでよく言うのが

「プライマリーサイクル、メジャーサイクル、4Hサイクル」

って言葉なのですが



これはもうサイクル理論の基礎となりますので

こればかりはもう是非覚えておきましょう!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それで大きい順に


「プライマリーサイクル、メジャーサイクル、4Hサイクル」


となっているのですが



覚えておく必要があるのが


「大きなサイクル、波の中に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
またこれ3つから4つの小さなサイクルの波で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
構成されていく」
~~~~~~~~~~~~~~~

ってことですね。




一応イメージも大事なので

是非PDFの図を見てみましょう。


1ページ目に解説あります。

ちなみにこの前学んだ

「波にはライトトランスレーションと

レフトトランスレーションがあるんだよ」

っていう話も理解して


PDFの図を見てみましょう!

ちゃんとそれが各サイクルに反映されてますので。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



それでこれが大事なのですが

相場では 波ってのが形成されていますよね。


波の中にろうそく足があったりするんだけど

そのろうそく足が集合して「波」が形成されます。



それでこの波ってのは 大きな波と小さな波

があるんですけど


基本的には


「大きな波が小さな波を支配する」


ってのが基礎ですね。



この辺は以前にメルマガでエリオット波動を扱ったので

そこで「フラクタル構造」なんかも

書いたから、


エリオット波動を検証してる人にはかなり

なじみやすい考え方だと思います。



PDF【エリオット波動論を理解して
FXや仮想通貨の「神の見えざる手」を知ろう!】
http://fxgod.net/pdf/fx/elliot2.pdf



それで重要なのは


「相場ってのは大きなサイクルの天井を目指して上昇して、

そして大きなサイクルの底を目指して下落する」


んですね。




それで トレンドってのは

大きな波が小さな波を支配するんだけど


しかし・・・トレンドは小さな波から
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
発生して大きな波に派生する
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のであります。



それなので、このレポートでもっとも大事なのが

この辺ですが


相場では



「プライマリーサイクル、メジャーサイクル、4Hサイクル」


とありますが、


相場でプライマリーサイクルトップを付けたら

メジャーサイクルはダウントレンドに入っていくし、


メジャーサイクルトップをつけたら、

4Hサイクルはダウントレンドに変わりますよ~


ってことです。



これは言葉で書いたら

「なんか 横文字だけでわけわからん!」


ってなるかもしれませんが、



今回はFX・Nさんが図解で説明してくれてるから


ぜひ図解の「イメージ」で覚えておいてくださいね!



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




ちなみに・・・もういきなり マニアックな話かも

しれないのだけど、


この「波の性質」が分かったら

あなたが一気にある種「覚醒」する

可能性がありまして、



今実は読者さんで月7桁の方って結構いらっしゃるんだけど

ここで月200万円の人は

かなり早い段階で月500万円とか超えてくるかもしれませんし、


また今まったく 資産築けていない、月0万円しか

稼げていない、もしくはマイナスです、


なんて人もこのサイクル理論で


「波」が分かったらかなりトレードなんかは

変わってくるかもしれません。


(ちゃんと学んで検証すれば、という条件付きですが。

やはり学ばない人はいつまでたってもお金がついてこない

のが世の中です。


学んで実践の経験つむことで器がついてきて

その器にお金が付いてくるので。)



それで、今回の図で理解してほしいのが

メジャーサイクルの中に4Hサイクルがある図ですよね。




3ページになります。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




それで同時にこの前は


「ライトトランスレーション

レフトトランスレーション」


学びましたよね。



波のてっぺんが、左側にあると弱気で

波のてっぺんが、右側にあると強気ですよ、


ってやつです。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【FX・NさんのPDFレポート2】


「サイクル理論トランスレーション編

トランスレーションを理解して「波の性質」を見極める!」

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_tra……lation.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




それで今回のサイクル構成の説明PDFの3ページの

図ですと


ちゃんとこのライトトランスレーションと

レフトトランスレーションが考慮されて、



それで図解で説明されてますよね。


3ページの図で、


メジャーサイクルの中に内包されている

4Hサイクルですが


上昇時のアップトレンド時には、

(第1、第2と書いてるやつ)

ライトトランスレーション、


それで第3と書いている 4Hサイクルでは

レフトトランスレーションで


相場が下落している図が描かれてると思います。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



実は相場って基本的にはこういう波の性質で

動いていくもの、なんですね。


それでまた


プライマリーサイクルの中に

3~4つのメジャーサイクルが入ってくる

といった感じです。



それで今回のPDFは図でかなり詳しく説明してるので


じっとにらめっこしながら、学んでほしいのですが


例えば6ページでは

プライマリーサイクルの構成が実際のチャートで

説明されていますが、


このサイクル構成を使って


現在がアップトレンドなのか、ダウントレンドなのかを

判定する方法が説明されてますね。


例えば プライマリーサイクルが

アップトレンドを形成するようにシナリオ作成できる相場なら


その下の3~4つで構成される

メジャーサイクルの構成ってのは


第1アップトレンド⇒第2アップトレンド


⇒第3ダウントレンド


になる確率が高いっていう風に

相場の波を判定できるわけです。



今回のPDFはちょっと内容が、少し高度になってるかも

しれませんが、


何度もあなたが読んでいただいて

理解できれば


そして実際のチャートで「波」を見たら


「うわ、これが波の構成だったんだ!」


っていう発見はあると思います。



そういう意味でこれを作ったサイクル理論のメリマンさん

すごいな、と思いますが



最近は日本でもFXNさんがきっかけとなって

それで急速に広まってきてる理論ですね。




それで今回はまず基礎として

サイクル理論の構成を理解するのが大事なんで


ぜひ学んでみてくださいね~



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





追伸・・・ちなみに結構このサイクル理論の面白いところですが

これはメリマンの名前を取って

メリマン・サイクルとも言われますが


これこの前少し書きましたが

アストロロジー、金融占星術なんかも


入っているんですね。



これを聞いて多くの人は思うかもしれません。


「え??金融占星術??占い師っぽいやつ?

あやしい!」


って。



けどこれが以前に書いた「科学とは宗教だ」

って話にもなるんですけど



実はこのサイクル理論っていうのは

天体の動きと、過去の金融市場の動きを照らし合わせて

そこにテクニカル分析を加えて

それで相場の天井や底を導き出す戦略ですが、


それが100%ではなくても今にいたるまで

ずっと機能してるってのは現実、事実なんです。


だから単純に現代の宗教である

科学が現実の事象の分析に追いついていないだけ

ともいえますね。



ちなみに「波」といった場合、海の「波」を例に

この前話したのですが、


それはやはり金融占星術も絡んでいて、

潮の満ち引きってのは月の引力によってもたらされていて


人間の生死もこれまた、干潮、満潮に関係すると

言われるわけですね。


これが実は金融市場の動きに連動すると発見したのが

メリマンさんですよね。


それでこの金融占星術も絡めた、

サイクル理論を使ってる有名投資家がいます。


さあ誰でしょう?

そうこの前書きましたが



答えはジョージソロスです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ジョージソロスなんかは金融占星術とからめた

サイクル理論を良く使ってると言われますね。


あとはさらに有名な財閥があります。


日本の支配者のような財閥です。


そう、JPモルガンチェースです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本の大企業の大株主はたどっていくと必ず

モルガンにたどり着きますが、


そのモルガンが使ってるのがサイクル理論で


モルガン財閥の彼は

「百万長者は占星術を使わないが

占星術を使わない億万長者はいない」


とまで言ってるのもこの前書いたとおりですが

資産1億円はサイクル理論を知らないでも作ることが
できるかもしれないけど

資産1000億円はサイクル理論を知っておくべきだ
ってことなんでしょう。


すなわち科学に洗脳されて天体の動きと相場の相関について

馬鹿にしてる人たちをモルガンの場合はやはり

実力はあるのは事実ですから、


上の言葉で揶揄(やゆ)してます。


そして有名どころだとこれ

ジムロジャースもサイクル理論を使ってると

これはうわさですが、彼の書籍なんかの文言で

推定されてます。



それでそんな大富豪たちが使ってる

サイクル理論をようやくネット上でも体系的に

学べるようになってきた、ってことですね。



ちなみによく書くアダムスミスの

「神の見えざる手」を分析するってのが

おそらく投資家の仕事の重要な部分ですが


それはあらゆる森羅万象も相場の価格に影響する

ってことだけど

分かりやすい話ですと地震があれば


相場はよく動きますね。


天候の良し悪しも 先物の穀物関係とか

影響与えますが


それが他の市場にも影響与えるわけですが

この自然現象も森羅万象が相場に影響を与えるっていう

ところの分析で

優れてるのがフィボナッチ数列ですが


これはMT4でも装備される大事な機能ですよね。

フィボナッチも森羅万象、自然の

力の分析でありまして


自然には黄金率があってそれに沿って

相場は動くことがあまりにも多いので

投資家に愛用されてますが


私も唯一使うインジ?かもですが

フィボナッチは相当使いますね。


ただ現代の科学では

「なんでフィボナッチの38.2%とか61.8%の数値が

やたら機能するか?は説明できない」

わけでして


現代人は科学に全面の信頼を置いてますが

実際科学ってのは未発展学問で現代の宗教となってます。


それで世の中にはサイクルってのがありますが

それを体系的に、投資でも実用化できるように

したのがメリマンのすごいところですが


これが素晴らしいところでもあるんですが

「科学に全信頼を置いてる人は

金融占星術という言葉を聞いて避けてくれる」

んです。



だから参入者が少ない戦略でありますよね。


そこでFXNさんとか知ってる人たちだけは

こうやって大きな富を長期で築いてるわけです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  【動画】
■+5,140,000円利益確定!(動画)
https://youtu.be/S17rXO6EnOI


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



それで「なんでこうやってサイクルが規則的にやたら
構成されるのか?」

は正直、現代科学では分かりませんが


世の中には私たち人間が分からない法則性ってのが

やはりあるもので


それを研究しようって姿勢が

自然科学の姿勢ですがサイクル理論はまさに

その一環ともいえます。



それでまあ 多くの投資家とか、経済人はこれ

傲慢であるってのが私が思ってるところでNさんの言葉でも

時々それに近い認識が出てくるんだけど


例えば、利益とか相場によって変わってくるし

私たち投資家はちゃんと利益額は決められないわけですね。



Nさんも損きりのことばかりやたら書きますが

損失額くらいしか投資家は決められないのです。


この姿勢だけが投資の成功につながるのだけど。


それでこれは

資本主義の神の見えざる手を重視した

神学の考え方でもあるんだけど


こういう考え方を取ってる投資家はほぼいない、

のが現代ですね。(しかしバフェットとかはそれを重視)


だからまあ強いと。


人間ってのは傲慢で、例えばそうですね、

コロナ騒動では人間のまさに「神の遺伝子」があり

それがNKキラー細胞であったりして自然免疫がそれですが


その自然免疫を強化するのではなく

遺伝子改変をしたワクチンで、人間の遺伝子も一部改変して

ウイルスを制圧しようとしますが


まさに「自然に楯突く・反神」ってのが現代人

というやつです。


そこでは「人間は自然を制圧できる」と彼らは考えて

神になったように振舞うんですが


しかし一方、大きな世界にかかる力、それは

月の引力もそうだし、それらの自然現象と需給で成り立つ相場の

関連性などを


「ちゃんと観察する」って姿勢があり

それがサイクル理論ですね。

「自然(資本主義は神学で成り立ちますがそこで自然、というのは
神学では重要な要素だ)

をコントロールするのではなく

自然の傾向、アダムスミスの言う神の見えざる手を
観察し、分析する」


という考え方です。


たぶん江戸時代までの商人たちも

「雨が降ったら、米の相場はどう影響を受けるか?」

などを考えていたでしょうが


それこそ自然を冷静に観察する視点ですが

サイクル理論なんかも自然を冷静に観察する視点があり


だからこそ実績が出てるという面白さはあります。



それで「なんでこんなサイクルが毎度形成されるのか?」

は分からない、に尽きますが


しかし実際、そういうサイクルが形成されて

相場は動いてますから


この自然現象を知っておくってのは大変今後も

有意義かと思われますね!



それでは!



ゆう




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■NEW!
【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【FX・NさんのPDFレポート1】
「サイクル理論とは何か?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_theory.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【FX・NさんのPDFレポート2】


「サイクル理論トランスレーション編

トランスレーションを理解して「波の性質」を見極める!」

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_tra……lation.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






追伸2(よりサイクル理論の「意味」を理解したい人向け)

・・・

ちなみに

「なんでサイクル理論はすごい使えるのに

人々に知られないか?」

っていうと


ずばりこれは私のメルマガでよく神学って言葉が

出てきますが


その理解が足りていないからなんだと思ってるんですね。


ちなみにですが多くの人が「資本主義」ってのを

言葉としては使うんですが


これをちゃんと理解してる日本人はほぼいないと

私は分析してますが


それこそ資本主義においては

あなたのものはあなたのもの、


でありますよね?


「所有権の絶対性」ってのがあるんです。


が、実は

これは川島博士とか山本七平さんという学者が

発見したのですが


「島国日本には元から所有権という概念はなかった」


のが正しい。


びっくりするかもしれませんが、

島国の政治後進国日本において所有権がなんとか

確立されたのはつい最近であり

歴史が浅いのです。



またヨーロッパの古代、中世においても

ヨーロッパ以外でも世界のどこにおいても所有は絶対である

という考え方はなかったんですね。


だから日本と同じでヨーロッパの中世とかには

その考え方はなかったんです。



それで

所有が絶対である、ってのはキリスト教から来たのですが

キリスト教では神の被造物に対する所有権は絶対的であると

考えたわけですが


この「縦の関係の絶対的所有権」ってのが

「横の民衆の間の絶対的所有権」ってのにつながってきた

のがまさに私たちが当たり前と考えてる

「所有権」ってものですね。


それで市場において、

その消費者に私的な、絶対的な所有権が

あるから

「商品購入を検討する」

ってことができるわけですね。


そんで私たちはこの資本主義における所有権を

当たり前といまや考えてますが


本当はだから神学が背後にあるわけですね。

これを日本の義務教育では役人たちに不都合であるから
教えない。



ちなみに簡単に言うと、

まさに産業革命以降で「骨抜き」されたのが

神学の考え方でありまして


「ちゃんと自然の森羅万象と向き合う」って姿勢が

これなくなったのが 現代”科学?”であり

それを当たり前とおもってるのが現代人なんだけど



さらに知りたい人はこのサイトが優れてますね。


■2つの自然観:牧歌的自然観と帝国主義的自然観
https://home.hiroshima-u.ac.jp……enkan.html


引用ですが

少し難しいかもですが

簡単に言うと現代人は「その科学という宗教で

自然を制圧できる」と

日本なら明治以降、

欧米なら産業革命以降、

勘違いしだしたってことです。



だから大勢が投資で負けるわけですね。

哲学家のゲーテはその行過ぎた考えに
警鐘を鳴らした人でもある。


引用です。




===========


2.近代科学と機械論:帝国主義的自然観

 ゲーテの生きた時代、
十八世紀中葉から十九世紀初頭は、

通常、啓蒙主義の時代と呼ばれているが、
より正確に言うならば、

自然に関する知識も含めてあらゆる知識から
神学的身分を剥奪し、知識を世俗化した「聖俗革命」を通じて、

十七世紀に登場した「機械論」が
強力で普遍的な原理となった時代だと言うことができよう
(村上陽一郎『近代科学と聖俗革命』、新曜社、一九七六年)。


ここで言う「機械論」とは、
デカルト哲学に代表される自然観であり、

自然現象を運動する(単なる)物質の現れとして捉え、
結局のところ自然を精密な機械仕掛けとみる考え方であった。


たとえば、時計のように、いかに複雑な機械であっても、
その裏側・内部を点検してみれば

個々の部品・要素の寄せ集めにすぎないことが分かる。

それと同じように自然も単純な要素である
根源的な物質とそれら物質相互の接触と衝突から生ずる
運動の集積にすぎない。

そして、機械仕掛けとして理解された自然は、
通常の機械がそうであるように、

人間による操作の対象となる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

かくて、人間は自然を自由に操作し、
そこから価値を生み出す。


十七世紀の哲学者F・ベーコンの言葉
「知は力なり」とはまさにこの意味だったのである。

 その結果、一見複雑な自然の事物や現象を分析して
単純な要素に還元し、

さらに数学的・定量的方法を駆使して現象を
予測したり操作したりすることが
正しい自然理解=科学的方法ということになった。


このような科学観からすれば
ニュートン力学に代表される物理学こそ
あるべき科学ということになる。


しかしゲーテは、機械論的自然観とそれとセットになった
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
物理学的科学観とそのチャンピオンたる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ニュートンに我慢がならなかったのである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もっとも、皮肉なことだが、
ゲーテに不倶戴天の敵だと目されたニュートンその人は、

前述の意味での「機械論」から逸脱していた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
というのも、周知のように、
ニュートンは相互に接触していない二つの物体の間に作用する

「万有引力」をその力学の基礎に置いたからである。

 

3.生きた自然を求めて:牧歌的自然観

 ゲーテは、ニュートンやその後継者を自認する
科学者たちが自分たちの抽象的・定量的な方法を

唯一絶対のものとしていることに強く反発した。


ゲーテは、自然の質的側面を重視しようと務め、

分析の結果「死せる自然」となり果てた自然ではなく

「生きた自然」それ自体を探究しようとしたのであった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さらに言えば、ゲーテは、主体を排除することなく、
人間が全体として再発見されるような科学を、


すなわち

「自分をとりまき、自分が一部をなす
世界のダイナミックスを把え」

たいと願ったのであった

(P・チュイリエ「異端の主唱者ゲーテ」、
『反=科学史』所収、新評論、一九八四年、一八九頁)。


換言すれば、
ゲーテは「対象が思惟のなかに、思惟が対象のなかに
深く入り込んでいる」ような思考方法、

すなわち「対象的思惟」を目指したのである。

「このような思惟は自然を対象化するのではなく、
逆に思惟が自然の対象にぴったり寄り添うのである」
(高橋、前掲書、一五-一六頁)。

 機械論的な自然観とそれとセットになった
科学のあり方に反発したのはゲーテだけではなかった。


アメリカの文学者で先駆的なエコロジストとしても知られる
H・D・ソロー(一八一七-一八六二年)もその一人であった。

フィールド・ナチュラリストとしてのソローは

「安らかな共感を込めて自然を覗き込む自然になりたい」
と願いつつ、自然を観察し記述した
(D・オースター『ネイチャーズ・エコノミー-
-エコロジー思想史』、リブロポート、一九八九年、一○七頁)。


ソローの言う「自然を覗き込む自然」とは
ゲーテにおける「対象的思惟」に他ならないだろう。


多少の時代的ずれはあるものの、大西洋を挟んで、
ゲーテとソローは、ほぼ同じものを目指していたのである。


アメリカの環境思想史家オースターは、
ゲーテやソローの自然観を

「牧歌的自然観」あるいは
「ロマン主義的自然観」と呼んでいる。


すなわち、牧歌的自然観とは、

支配の対象として自然をみるのではなく、
自然の一部としての人間は、

生物界を含む自然全体との調和・共存を
目指さねばならないとする生物中心主義的自然観であり、

エコロジー思想の根幹を成す考え方でもある。


この牧歌的自然観は、

生物=有機体をモデルとして自然を捉える
「有機体論」と密接不可分な関係にある。


一方、前述した機械仕掛けをモデルとした
機械論に立脚した自然観は、

前述したように自然を支配搾取することを目指すことから

「帝国主義的自然観」と呼ばれる。


以上の議論を整理して、
二つの自然観の特徴を次のように比較対照することができる。


(中間に表がある)    
https://home.hiroshima-u.ac.jp……enkan.html

4.2つの自然観の相克

 西欧における自然観の歴史は、
この二つの自然観のせめぎあいの帰結とみることができよう。

とはいえ、少なくとも、十七世紀における
近代科学の成立以降は、

機械論に支えられた
帝国主義的自然観と

それを具現した物理学的な科学が時とともに勢いを
増してきたことは明らかである。

すなわち、物理学的な科学は、

力学や天文学など物理学固有の領域を越えて、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
化学のみならず生物学・地質学にも大幅に進出したし、
人間や社会を対象とする学問さえも
物理学化しようと試みる人々もいる。


しかも、この種の自然観と科学は、

本質的に自然支配を指向しているので、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

技術と結びつくことによって、
我々の世界や生活に圧倒的な影響を及ぼしてきた。

 しかし、帝国主義的自然観はその影響力が
余りに強力なため、

時には様々な行き過ぎをもたらす。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たとえば、帝国主義的自然観に内包される粗野な
人間中心主義や物質主義--

その結果としての人間以外の生物に対する
配慮を欠いた取扱いや自然の破壊。


ゲーテやソローの生きた時代は
いわゆる産業革命の時代でもあった。


そのため、この種の行き過ぎが
各所で顕在化しつつあったはずである。

いや、たとえ多くの人々には感じられなかったにせよ、
ゲーテやソローのような鋭敏な精神には
耐えがたいものと映ったに違いない。


かくて、伏流として地下にもぐっていた

牧歌的自然観がゲーテやソローという
思想家を通じて表面に出てきたのである。


彼らの声は孤独ではあったが、
帝国主義的自然観の行き過ぎの是正に
いくばくかの役割を果たしたはずである。

 その後、十九世紀の後半から二○世紀の中葉にかけては、
電気の利用や多種多様な化学製品の
開発利用に代表されるように、

科学と技術の相互作用が一層強まって、
帝国主義的自然観に依拠する物質文明が謳歌され、
牧歌的自然観は再び地下にもぐる。

 ところが、二度の世界大戦、特に第二次世界大戦における
核兵器の開発に象徴される科学技術の軍事化や、

一九六○年代以降噴出した公害問題や
八○年代に顕在化した地球環境問題など

帝国主義的自然観の弊害が様々なかたちで
露呈するに至った。

このような状況の中で、
牧歌的自然観は、十九世紀末以来、

多くの知見を蓄えてきた生態学を基盤にして、
たとえば環境保護運動やエコロジー運動という装いをとって
帝国主義的自然観にあらためて挑戦を試みているのである。


このように考えると、

帝国主義的自然観と牧歌的自然観という
二つの自然観は、

時には互いに反発しあい、また時には相い補いながら、
欧米人の自然観と歴史を形成してきたと言えるのである。

 

5.結語

 我々日本人の伝統的な自然観は、
どちらかと言えば牧歌的自然観に近かったと言えよう。


しかし、明治以来の近代化の中で、
また戦後の経済成長の中でやってきたこと、

また現在行いつつあることをみると、
我々は、開国の際、欧米の諸制度や科学技術とともに
帝国主義的自然観も輸入し、

牧歌的自然観をあっさり捨ててしまったようである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、暴走する可能性を内包している
帝国主義的自然観だけでやっていくのは危険である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その行き過ぎを糾弾し是正する対抗思想ないしは
カウンター・パラダイムとして
牧歌的自然観は不可欠である。


捨てられ忘れられてしまったかにみえる
我が国における牧歌的自然観の伏流を、

今こそ掘り起こし、
新たな息吹を与える作業が必要なのではあるまいか。


============

以上です!



それでこれはさらに理解深めたいようでしたら
現代は「海の時代⇒陸の時代への転換」がコロナ騒動で
起こってるのですが


こちらのバックナンバーを読むとより深く分かるかと。


(写真あり)【世界が「海の時代⇒ユーラシア大陸の時代」
に変化した後 コロナ騒動も終わっていく、という話】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2902#2902


それで、今までのイギリス産業革命以降、
明らかに勢いを200年以上増していた「海の時代」
ですが

この海の時代は「自然」を考えると

「人間が科学技術で自然を制圧しようとしていた時代」

でありまして


これは日本人の大多数の人の姿勢もそうでしょうが


それを帝国主義的自然観、というんですね。


帝国主義的自然観は

「自然を支配し、搾取する」という考え方で

客観的で分析であり、

そこでは


「自然は機械仕掛けである」という機械論で

この考え方を無意識に持ってる
(持たされてる・洗脳されてる)

のが現代人です。


それで一方ゲーテたちもそうですが

牧歌的自然観ってのがあり


それは自然と共存、共生を重視し

共感的であり全体論的で俯瞰する視点があり


そこでは自然は有機体、有機体論で見るんですが


現代人ってのは産業革命で変な影響を与えられて

明治以降ですね、帝国主義的自然観を知らず知らずに

持ってるわけですね。


だから神の見えざる手っていうのは

まさに森羅万象の自然を重視する考え方ですが


その考え方は日本では自然の八百万の神を重視する

多神教の民俗神道ってのがありましたが


しかしそれは明治以降、

国家官僚によって

バンバン自然を破壊して軍事を強めることになった

国家神道にすげかえられましたが


しかし明治前はこれ人々は日本でも

歴史を見ればやはり自然にかなりの重きを

置いていたはずなんですね。


これはどの国でも近年、日本だけにあらず、


自然観の変化として

牧歌的自然観⇒帝国主義的自然観への変化が

見られるわけです。


要するにこの数百年、

現代人は「自然?そんなのしらねーよ。

自然なんて支配すればいいのさ」


と 喧嘩自慢の不良みたいな姿勢になってまして



ここで明治以降、為政者たちは

「自然に関する知識も含めてあらゆる知識から
神学的身分を剥奪した」

わけですね。


だから食べ物であっても

自然に沿って食べ物を有機で製造するよりも


神の遺伝子をいじくって、自然に逆らって

遺伝子組み換え食品を作りまくればいいじゃん


ってのが現代ですね。


当然、自然に逆らうから帝国主義自然観は問題が

出ます。(具体的にはアレルギーなど各種慢性病)


それでこの海の時代に特徴的な価値観が

まさに帝国主義的自然観なんですが


それは西洋医学もそれですが

もうさすがに限界ですと。


例えば金融でも市場の自然な原理を無視して

各国中央銀行がジャブジャブマネーやって

金融市場の「神の見えざる手をコントロールしよう」ってこと

なんですが


これは 神の遺伝子に逆らう遺伝子組み換え食品を

食べて子供たちがアレルギーになってるように


同じく金融でも アレルギーのような物価上昇が

起こってるわけですね。


人体と金融は最終的に自然に支配されるってところが
似てます。


それで私が投資で観察してる事象としては、

「自然に逆らって

自分で「1億円稼ぎたい!」みたいな

「利益を勝手に自己中心的に神にでもなったように

決めてる自然に逆らう投資家は

大損しており」


ですね、


一方バフェットみたいに

「投資家にできることは負けないように工夫することだけだ。

あとは利益は相場が(自然が、神が)決める」


という牧歌的自然観を持ってる人は

これ稼ぎまくってるわけですね。


それでここで実はサイクル理論を私が扱いたいな~

って思ってるのが私も牧歌的自然観を重視する人間ですから

「自然を支配するのではなく

理解し、その自然の原則と共に投資する」


のを重視するのですが


そこでサイクル理論なんだ、って考え方があります。


サイクル理論を開発したメリマンさんは

まさに「自然現象を理解しようとした」人であり


それが相場でも自然現象がサイクルを作って

動いていくのを発見した人でゲーテの姿勢に近いです。


それでそういった自然に逆らって支配しようとするのではなく

自然を受け入れて、その上でその自然の性質を理解しようとして

自然に乗っかって相場も戦略立てるのが


サイクル理論を使った投資ですが


だからこそ、時代が 自然軽視の海の時代から

再度自然が重視される陸の時代の転換時期の今において


サイクル理論を学ぶ意味はあるってことですね。


ちなみに現代人はこれ気づいてなくても大多数が

科学という新興宗教を重視する

帝国主義的自然観 でありますから


だからメリマンのサイクル理論なんかの

天文学も絡む理論はまだ、理解できないわけです。



だからまあ本当はすごい深い哲学的な意味があるんですが

しかし上のこと、↑理解できなくても大丈夫なので


そこでは

「自然の現象とそれが相場にどのような影響を与えるか?
をなるべく理解しよう」という

姿勢があれば成長につながるので


是非「自然が何故か作るサイクル」を学んでいくと

今後に生きていくと思います。


それでは!





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■NEW!
【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





追伸3・・・ちなみにもう少し書きたいのですが

今後ですね、イギリスが影響を持っていた海の時代から

新興国などが経済を引っ張る

陸の時代になっていくわけですが


そこでコロナ騒動でも大きなアプローチが

海の時代の覇者である先進国と

今後の覇者である陸の時代の新興国で

違いが見られます。


まず先進国は

遺伝子操作したmRNAワクチンでなんとかしようという

姿勢で「自然」免疫機構を軽視し、

神に対抗し、

神の遺伝子を組み替えて対応しようとしてますが


未だにこれコロナ騒動を終えられていない。


が、中国はこれ神の遺伝子を重視し

自然免疫を強化する

中医学の清肺拝毒湯を大いに使った。


実はこれがIMFが発表した謎の中国の

経済成長率が復活した主要因ですね。


すなわち医学分野でも

帝国主義的自然観から発展した西洋医学の敗北、


および牧歌的自然観に沿った中医学の台頭が

観察できます。


すなわちこれがあらゆる分野で

今後数十年起こってくることです。


投資やビジネスで言えば自然のサイクルなどの理論を

重視した人たちはお金持ちになっていくし、


医学でも漢方などは今後どんどん重視されていくし

人間が何が何でも市場を操作していくっていう

社会主義のようなQE政策をしてる先進国市場は勢いを落として


一方市場をなるたけ操作しないで

自然に任せますっていう資本主義を取り入れた国は

新興国中心にどんどんお金持ちになっていく。



それなので学問としては、私たち日本人は

自然科学分野であるとかあとは神学とか

無知ですが


それが今後すごい大事な時代となるわけです。



それでサイクル理論ってのは次の時代、

陸の時代で影響を発揮する考え方、理論ですから


また今でも既にその力が発揮されてるのが

観察されてますので


是非学んでみると面白いと思います。


多くの人が自然の支配・搾取という価値観に

これイギリス産業革命時代を発端とする

義務教育で洗脳されてるからこそ、



(また帝国主義的自然観を象徴する

あのニュートンでさえ、


「万有引力」をその力学の基礎におかざるを得なく

牧歌的価値観には逆らえなかったわけであって)



だからこそ

この「ちゃんと自然を理解し、それに沿っていく」

ていう、自然科学にちゃんと向き合う

考え方が投資でも今後は特に強いわけですね。






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■NEW!
【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?

⇒  http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






«  【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?(副題:今後の「陸の時代」では、本当の意味の「自然科学」が台頭してきます)  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください