無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






「寝ててもお金が入ってくるインカムゲイン」を世界を相手にして 作る大事さ、について考える!

2021 5月 05 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

「寝ててもお金が入ってくるインカムゲイン」を世界を相手にして
作る大事さ、について考える!
⇒編集後記で
~~~~~~~~~


どうもゆうです!!


いつもご覧いただきまして
ありがとうございます!!



さてさて、前号にて副島先生の言論から

「WIKIPEDIAなどを使って世界人類の頭脳を操作していく
という為政者たちの情報戦略」について


扱いました!



昔はこれネットが出てきたWINDOWS98とかWINDOWS95時代は
個人たちが作り上げる時代であったため、
すごい情報ばかりがネットで見つかったものですが、


最近はこれ、ネットが第2のテレビみたいになっており
もう多くの情報がウィキもそうですが、統制されてきてるんで

ここで「情報」についてどう捉えていくか?
が私たち民衆にとって大事になっていきそうですね!


さて、それで今日はズバリ、
これ資本主義における投資家にとって

すごい重要な考え方なんだけど

「寝ててもお金が入ってくるインカムゲイン」

について考えたいと思います!!


ちなみに、今の日本人の「感覚」ってのがあって

それが「寝ててもお金が入ってくる??怪しい」とか

そんな感覚があるはずで、


それは日本では「金利がつかない」からそういう

感覚がこれこの成長しない30年で当たり前となってしまった

わけでありますが、


しかし実は日本でも昔、高度経済成長期あたりには

定期金利で5%以上付いていた時代がありまして


多くの日本人はこれ「寝てても100万円貯金しておけば
翌年は5万円増えて105万円になっていた」


わけですね。


が、バブルが崩壊してもう「失われた30年」となりまして、

その後、人々は「寝ててもお金が入ってくるインカムゲイン」

のことを忘れまして、


だから「投資といえば値上がり差益を狙う」ってのが

当たり前になってきたわけですね。


値上がり収益のキャピタルゲインに対して

配当金だったり家賃収入だったりの寝ててもお金が入ってくる

インカムゲインってのは


日本の多くの投資家は忘れ去って、

あまりこの「インカムゲイン」が注目されなくなったわけです。


QEジャブジャブマネーがされまくった

金利0%前後の低金利、マイナス金利時代の

社会主義国家の悲しい成れの果て、とも言えそうですが



しかし、一歩海を渡って海外に行けば・・・


そう、「インカムゲインが当たり前」であって

「寝ててもお金が入ってくる=投資家にとっては当たり前」

だったりするわけです。


すなわち 定期金利だけでも10%前後つく国ってのがあって

もちろんインフレもあるんだけど


100万円銀行に預けたら1年で110万円くらいになってるんですが

物価上昇を考慮してもまあ資産がインカムで寝てても増える、


これは成長国の市民にとって当たり前だったりするわけですね。



だから大きな特徴として



■日本などの金利0%の国の投資家(不動産投資家除く)

⇒値上がり益、もしくは空売りでの差益を狙う

キャピタルゲインなどの差益狙いの取引主体で

インカムゲインはほぼ無視状態の人が多い。


■成長国などの金利が高く定期金利でさえ10%前後付く国の
投資家

⇒キャピタルゲインも同時に意識するけど

それ以上に何もしないで入ってくる配当金や家賃収入などの

インカムゲインをすごく重要視する、


わけですね!



それで私なんかは海外に住みながら、

日本の投資家と海外の投資家を比較することが多いのですが


まあやっぱりインカムゲインを意識して

組み立てていく、


この考え方が私たち日本人にとっても

大事だな~と思うわけです。


私なんかは日本にいるだけだと、配当金も金利もクソもないため

海外にいって、あとは海外の素晴らしい企業たちから

配当金もらうってのがもう当たり前になってますが



今日はITを活用してでの

「インカムゲインを構築する」ってことについて

その大事さを考えたいと思います!



特にA国は金利0%でもB国は成長していて

金利がついてたりしまして



実は今後、日本人であっても

ちゃんと世界の「まともな金利」の上で

差益狙うキャピタルゲインだけじゃなくて


寝ててもお金が増えていく

インカムゲインを構築できるわけですね。


これがまさに資本主義の要諦ともいえるでしょうけど

これがまだみんな気づいていないですけど

ITの発展で可能になってきてるわけです。



特に「寝ててもお金が入ってくるインカムゲイン?

そんなの当たり前でそれで暮らしてるよ」


なんて言う人もいるでしょうが


一方「寝ててもお金が入ってくるインカムゲイン?

怪しい」なんて人は


実際は口でどういっても日本の社会主義状態に

慣れてしまってる人なので

インカムについて考える価値があるのかな~と思います。


編集後記で!







【以下、今まで流した投資関係で学べる知識、記事です!

内容はかなり勉強になるかと!】

↓↓


■【副島先生の最新言論からWIKIPEDIAウィキペディアの裏側と 「世界頭脳」という考え方の問題について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2918#2918


■【日本の市場には有名じゃないスゴイ人ってのがウヨウヨいるから、 そういう人たちを発掘して学ぶと日本では強い、という話】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2917#2917


■【「バルサラの破産確率」に「投資の資金管理」を合わせる応用について 考える!】(世界株や、暗号通貨やFXなどなど共通)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2916#2916

■【なぜマスコミはオリンピック開催を嫌う言論を中心に扱うのか?】 について「裏側の政治」を考える!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2915#2915


■【私が数十万円の塾で学んだ 「テストをする⇒中間層、富裕層へ
這い上がる法則」 について!】(副題:自分の行動を「作成する」方法とは?)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2875#2875



■【世界一の投資家「バフェットの月利は約2%」という
「現実」を 考える!】(「月利の世界基準」とは?)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2894#2894


■【よく言われる「損きりは必須という常識」は
「どういった前提条件で」成立するか・もしくは成立しないか?】
を対談音声3本目から考える!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2898#2898









==========編集後記===========

さてさて、今日は、投資とか経済活動の根本的な話、

を書きたいと思うのですが


それが

「寝ててもお金が入ってくるインカムゲインを

意識して作っていこう」


なんて話を書きたいと思います。



ちなみに、このインカムゲインを作る大事さってのは

定期的に書いてたりするんですが


また以前は


「世界の企業に投資して、お金貸して、

世界の企業たちから配当金もらうと良い」


なんて音声を渡してたりもします。



ちなみに、これは日本だとあまりやってる人はいないけど

別に今の時代、ネットがあって、


ちゃんと成長してる国の金利がちゃんと付いてる国の企業の

株主になるってのは簡単にできますから、


そこで海外で活躍してる海外企業に投資して

インカムゲイン、配当金をいただいて、


それも混みでインカムゲインで生活するってのは

まあ普通に本当はできるわけですね。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【音声プレゼント♪】世界各国の企業の株主になって、
配当金をもらっていく事を考える!

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……unushi.mp3

(スマフォなどでもお聞きいただけます。

音声なので何かしながらとかでも聴けるので

通勤通学、寝る前、運動中、などなどお好きなときに

気楽に聞いて活用くださいね~♪

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……unushi.mp3





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




ちなみに、最近だとこれ以外に

暗号通貨のイーサリアムのスマートコントラクトなどを

活用してでの 暗号通貨の貸し出し、分散型金融DEFIとかも

すごい世界では盛り上がってますけど、



実際の話は、日本がどんだけ官僚独裁社会主義で

衰退して金利が0%状態であっても



ネットがあれば、実際の話、

海も国境も飛び越えて、


それで金利もらえますってのは

これ今2021年のみんな気づいてない現実なんですね。



さて、それで今日は件名に


「寝ててもお金が入ってくるインカムゲイン」を作る大事さ、について
考える!



ってしたんですけど、


私のケースだと、金利がついてる成長国に住むようにしているので

それは当たり前なんですがやはり

日本に住んでないため感覚は、日本の一般の感覚からすると

ずれてる、って分かってるんですが



一方、日本で例えば街頭インタビューをしたとして

「寝ててもお金が入ってくるインカムゲインって

どう思いますか?」


と聞いたらおそらく大多数は「怪しい」と言うでしょうし、

一方、日本では例えば不動産投資家みたいな人が

一定数おりますが


それこそ5億円のマンション1棟を保有していて

ローンなんかも返済し終わって

40部屋とか貸し出ししていて


寝てても何してても毎年3000万円とか4000万円は

普通に入ってきてます、


みたいな人も、表には出ないけど

いるわけですね。


そういう一定数はそういうインタビューがあれば

「インカムとか当たり前です」って言うでしょうけど

まあ割合としては少数かと思います。



が、私が海外に住みだして、もう結構な年数ですが

成長国ですと「寝ててもお金が入ってくるインカムゲイン」

といった場合、


やはり定期金利でさえ10%前後付く国って

知られていないだけでありますので


最近の中欧なんかはそうなんですが

彼らからしたら

「何を言ってるんだ、そんなの、ソ連から独立した後の

資本主義経済では当たり前のことだよ」


って話になるんです。



だから今の先進国の金利ってほぼ0%で

米日欧ですね、アメリカと日本と西欧ですが

この辺だとインカムゲイン=怪しい、そんなの無理


みたいなのが普通になってるでしょうが


しかし金利がちゃんとついてる成長国では

それが「当たり前」と言う感じなんですね。


ちなみにいくら政治のマスコミ記事が嘘をつけても、

一点だけ嘘をつけない「数値」ってのがあって


それが長期国債金利なんですが


金利を見ればその国の表向きじゃなくて実質は
分かるんだけど


金利0%前後

=資本主義放棄して、社会主義、共産主義に向かってる


わけで


一方 金利がちゃんと5%でも6%でも付いてる国

=表向きはどうであろうと実際は資本主義を重視してる国、

か、もしくは悪性インフレが発生してる国


ですよね。



それで大体の金利がちゃんと定期金利でもいいけど

ついてる国ってのは、


資本主義の価値観で、「インカムゲイン?当たり前じゃん」

って感じですし、


逆にもう金利がついていない国では

実際は人々は共産主義の価値観に洗脳され疑ってませんから、


「インカムゲイン?寝てるだけでお金が増えていく?

そんな幻想を言うな」


っていう感じの感想になるわけですね。


これが私が海外に住んでいて、自国日本の情報も

時々色々見ながら比較して


よく思うことで、気づいたことです。


ただ実は日本ではそういう金利の違いから来る

価値観の違いってのを世界基準で理解してる

投資家、起業家も沢山いまして、


すごいのが沢山いるんだけど


彼らなんかは普通に、金利がつかない日本であっても

ちゃんと工夫しながら、


金利をしっかり付くようにしている、

ってのが特徴ですよね。


だからほんと投資家の中のさらに一部の人たちだけですが

「私は配当金であったり不動産の家賃収入などで

何もしないで暮らしてますよ」


っていう人は結構いらっしゃるわけです。



私の友人でもマンション2棟とか持ってる

先物の投資家が日本の東京にいるんですが


彼とは英語で政治経済を討論する場所ってのがあって

そこでたまたま知り合ったんですが


まあ「普段なんもしていない」わけですね。


私の場合、キャピタルとビジネスで収益があるわけですが

だからまあ平日とかもそういう場所に行けたけど


この人は、本当に普段なんもしていないけど

なぜかお金に困っていないわけです。


んでよく聞くと、親御さんからちゃんと

マンションを受け継いで、それは海外だと相続税が安いから

当たり前なんですが


そこでマンションもまた2棟とか持っていて

普段から何もしなくても収入入るから


それでノンビリ暮らしていたわけですね。


私は当時そういう出会いがたまたまありましたから

「インカムゲインってすげえな~」とか思っていたわけですが


しかし・・・

テレビなんかを日本でつけても

そんな資本主義の情報ってないわけですね。


テレビではいわゆる「トレーダー」っていって

キャピタルゲインの差益狙う人たちはやたら

登場してたりしたけど


しかし「私は何もしないで

株の配当金と、家賃収入だけで暮らしています」


なんて資本主義を体現してるような人は、


やっぱり日本のテレビってのも社会主義、共産主義思想ですから

登場させないわけです。


クレームの嵐、になるってプロデゥーサーも考えてる可能性が

ありますね。


これは日本が近年やってきたジャブジャブマネーが

日本の金利を0、もしくはマイナスにしてきましたから、


そういうインカムゲインで暮らす人

=日本の役人たちの社会主義の金融政策にはちょっと反する人


ですから、そういう人ってのは

沢山存在してるんだけど


まああまり、表には出てこないわけですね。



けど街を見れば分かる話で

あなたが外を歩けば、マンションが建設されて

沢山のマンションが見えると思うんですが


そのマンションには当然1棟とかで買ってるオーナーってのが

それぞれ存在していて、


大きなマンションだと年間で数千万円くらいは

インカムゲインの家賃収入を得てる人ってのは

当然いらっしゃるわけですね。



だからこの辺知ってると

「実際は表に出ないだけで

多くの日本人の投資家さんが、インカムゲインで

資産拡大させてるんだな~」


くらいはマンションが沢山ある光景からわかってくる

わけです。




まあだから、日本の場合ですと

ジャブジャブマネーのQEですね、金融緩和が

これ国策ですから金利はマイナス金利かゼロ金利なんですが


そこで「定期金利でもほぼ0%近く」でありますから


この金利から判断すれば

日本は社会主義か、もしくは共産主義でありまして


表向きは資本主義といってるけど

実質は、そういうことなんです。


金利だけは嘘がつけないですね。


だから、本当は、よく民間人装った保守を自称してる人たちが

よく 金利がちゃんとついてる中国と韓国を叩きますが、

そこで例えば中国が共産主義だ、とは言うんですが・・・


あの国は金利だけ見れば 米日より資本主義そのものであって

それは上海とか深センに行った事ある人はよく分かるでしょうが


金利でいうと、

米日より高いですからね、


だから表向きはどうあれ、金利は嘘をつけないから、


米日が社会主義か共産主義であって

中国やらロシアやらが 資本主義だ


ってことになるんですね。


だから金融知識がある投資家には、
あまりそういった政治扇動は通じなかったりするんですが、


今は日本でも世界中に投資してる投資家が一部出現してるから

彼らからしたら

「いや、日本のほうが共産主義でしょ、

資本主義国家で金利0%とかないから」


って話になるわけです。


まあそれで私なんかは海外に住んでるけど

特に成長国に住むようにしてますが


そういうところだと

まあ インカムゲインの代表格かもしれませんが


定期金利でさえ高いのですよ。


定期金利でプランとか期間にも寄るんですが

例えば、1年限定とか色々期間が決まってるけど


年間10%超えの定期金利プランも結構あったりするわけですね。


だからイメージとしては

100万円をもし預ける人なら

1年後は10万円増えて110万円以上になりますし、


1000万円をもし預ける人なら

100万円増えて、

1100万円以上になるわけですね。



ちなみに成長国の定期金利ってのは

当然物価上昇のインフレ率以上の金利出さないと

人々はお金入れてくれませんから



それ以上の金利を提示するのが当たり前ですが

だから


「何もしなくても、お金が増えてますってのは

珍しくないというか ほぼみんなそう」

なんですね。


大体の人は生活に必要なお金だけ残して

あとは定期金利に回すってことをやりますから


インカムゲインで寝ててもお金増える=当たり前であって

それが日本と最近の成長国の大きな違いですよね。


ちなみにこれを理解できない人が多数なんだけど

それはやっぱり 日本ってのは実際は北朝鮮に近い情勢で

海を越えた外の金融情報って半分、遮断、統制されてますから



海外の邦人からしたら当たり前のことを

日本では情報さえ取れなくなってるってのが

現状なんですね。


だから日本の官僚のすごさってのがあって

「実質 日本の国体・政治制度は、

社会主義か共産主義に寄ってるといえるけど


しかし人民には資本主義と信じさせてるすごさ」


があるんですが


これが外から自国を見たときの

ある意味、洗脳機構の凄さでありますね。



だから、例えばこの前ある日本の「証券会社の人」

がユーチューブに登場していて


私は見ていたんだけど

彼なんかは若くて、やり手だったそうですが

しかし海外に住んだ経験がないのですが


そこで

「ネット上では年利10%が投資で取れるとかあるけど

そんなの嘘で詐欺だ、おいしい話はない」


とか言ってたわけですよ(笑)

それでみな、コメントとかでそれに同調してるっていう。



ただ・・・成長国ではその辺の何も金融知らない

おっさん、おばはんでも

定期金利で年利10%もしくはそれ以上

付いてたりするわけで
(もちろんある程度のインフレはあるけど)



成長国のおっさん、おばはんからしたら当たり前なことが

日本では嘘、怪しい、詐欺だ、とか色々言い方あるけど

言われていて、


しかも証券会社勤務の人間がそれを言ってるから

「ああ、日本だな~」とか私は見て思っていたわけです。


ただ実は日本でも、昔はこれ定期金利でさえ

5%10%超えていた時代もあったわけでして


その時代に資産増やした人たちは今高齢者となってるけど

まあそういう人たちからすると大声で言わなくても


「ああ 最近の若い人は金利が低いのが当たり前だから

成長してるときの金利を知らないのだな」


って感想を持ってる金持ちは結構いるはずなんですね。


だから日本ってのは

「この30年間で、資本主義のインカムを忘れた国」

となってるんですが


それを自覚するってのが私は大事なのかな~とか

思うわけです。


ちなみにそういった成長国では

定期だけで10%付くのでありますから、



インカム+キャピタルで最低でも15%は年利が出ないと

これ「投資とは言えない」わけでして



たぶん年利で言うと15%が最低ラインですよね。


そこで年利でバフェットの23%~26%なんかは

かなり難易度が高いけど


しかしそれでも年利20%はやっていくぞってのが

今の成長国の投資家の姿勢かとおもわれます。



投資してリスク取ってんのに、

収益が定期金利10%以下なんてのは

投資とは言えないわけですね。


が日本では、年利10%何もしないで稼げます

=怪しい ってなってるわけで


これが成長国と日本みたいに資本主義を忘れた国の

金融の共通認識の

「悲しき違い」なわけですね。



ちなみにそういった成長国ですと

まだまだ月収自体が5万円前後だったりするんだけど


しかし「なぜか人々の暮らしは豊か」なんですが

車も大型セダンが多かったりするってのも

私が撮った写真見たら分かるかと。




(写真)中欧の2021年の道の様子。
もうほぼ日常といっても良い1
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……chuou1.jpg



(写真)中欧の2021年の道の様子。
もうほぼ日常といっても良い2
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……chuou2.jpg


(写真)路上ライブしていて、みんな日常生活へ。
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……chuou3.jpg


(写真)公園で子供たちが楽しそうです
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……chuou4.jpg



(写真)昔の建物が残ってる、夜の雰囲気。
ライトアップが最初驚いた1
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……chuou9.jpg




(写真)昔の建物が残ってる、夜の雰囲気。
ライトアップが最初驚いた2
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……chuou8.jpg



それで「なんで平均月収が日本の数分の1なのに

みんな結構消費していて豊かなの?」

っていうと


やっぱりこれ定期金利とかの金利がついてるってのが

大きくて、


そのインカムの収入ってのがあるんですね。

相続税なんかも0に等しいから、

ここでちゃんと家族代々、資産を受け継いで


子供の若い世代たちに富がちゃんと受け継がれてるわけでして

そこに金利がかかる構造となって子息がちゃんと

インカムゲインを得られる構造となってるんですね。


THE 資本主義ですね。


一方これ日本は共産主義の人が多いですからね、

「相続税をもっとあげて みな平等に~という

反資本主義政策」をしますから


例えばそうですね 紀州のドンファンなんかは

大変な資産家ですが


本来彼の家族に資産が受け継がれるはずですが


なぜか 市の役所に「全額寄付」されることになったようですが

まあ自営業者が

敵の公務員に寄付をするなんて遺書残すなんて

まずありえないと私は思いますが

(ちなみに紀州のドンファンは以前に国税査察に入られているが

その自分を脅した国家役人に寄付するって

そのコピー用紙に残された超短文の遺言書で少し謎なんです)



それで本来はそれでもちゃんと資産の一部が家族の奥さんに

譲渡されるはずですが


しかしここで警察が逮捕して奥さん有罪に持っていけば

相続が無効化され、

ドンファンの遺産は 

「全額 官僚や公務員のもの」になる構造ですが


これとかも私は 遺産についての

家族と国家との取り合いっていう相続周りの


国家VS民間の戦いがあると疑ってますが


そして最近それが地元住民でも言われてるって報道が

あったばかりですが、


いずれにしても日本の場合は 

あの手この手で資産を国家が奪うのが

通常でして、だから日本においては


資本主義における 私有財産権が確立されていないっていう

大哲学、小室直樹の問題があらゆるところで

出てきてるんだけど、



いずれにしても「代々の資産家をぶっつぶす」ってことで

共産主義国家の毛沢東をロールモデルにしてそうな

日本が、


相続税周りを厳しくしてるのは多くの人が

知ってることです。


が、それは日本の昔からの国体ですから


それこそ日本は戦後も預金封鎖して 民衆のお金を

放蕩を尽くした役人が

泥棒した前科がある、気合はいった社会主義国ですから


驚くことではないのですが



一方成長国ではそんなことしたら民衆全員が貧乏になる

って社会主義のソ連時代の教訓から知ってますから


資本主義導入後、

相続税がないか数%+定期金利で10%前後とか

つくわけで


だから人々がどんどん豊かになってるわけで

20歳くらいの若者が日本でいうレクサスのような

トヨタのカムリに乗ってたりするわけですね。



全ては「元の相続された国家に収奪されない資産と

インカムゲインがあるから」と言えるでしょう。


だからインカムゲインと、あとは日々の労働収入とかが

みんなあるから


月収数万円でも物価も安いから

意外にみんな日本人以上に贅沢してるってのが

面白いところですね。



それで私なんかは最初、20代のころ韓国に住んでみて

そこで初めて

「あ、金利ってのが付くのが世界では普通で

資本主義だとインカムゲインは当たり前なんだな」


って分かったわけですが、


そこからすごいそれを意識しだしたわけですが


これが今につながってると思うわけです。


それでその際に大活躍したのが「ネット IT技術」

でありまして


例えば 日本語だけで、日本の経済だけで

インカムゲインを得る、


これは当然難しいわけじゃないですか。



だって国家の金利政策が、アメリカの債券市場に
マネーを流すため、

ゼロ金利かマイナス金利で取られてるわけで


日本のマネー⇒なるたけアメリカに流れるようにして

米国債の価格暴落(金利上昇)を防ぐ


ってのが日本の金融の役人たちの国策で

なんとしても 米国債市場、米ドルを守るってのが


国策なわけですから


そこで民衆が定期金利もほぼゼロの状態で

インカムゲインを作るってのは


まあ至難の業ですよね。



ただなんとか日本でも資本主義の考え方で

上記の不動産投資家とか


あとは株でも日本株での配当金や優待で暮らすみたいなことを

してる人は ほんの一定数いるわけですが


ただやはり まだまだ超少数ですよね。


しかしよーく見るとチャンスってのはありまして

IT技術が進展して


そこで「分かってる人は海外の企業に投資できます」

みたいなインフラはすごい沢山出てきたんです。


だから今までは多くの国の多くの人々にとって

「株投資といえば、自国の企業に投資するってのが常識」

だったわけですね。


バフェットだって自国のアメリカだけに投資していましたが

それは、当時はネットがここまで発展していませんから


そこで投資は自国企業だけしかできない

ってのが当たり前の時代だからそうなっていたんです。


しかしネットのインフラが多くの企業努力で

整いまして、


ここで、まだまだ手数料は結構高いですが

最近ですと


各国企業の株に投資してインカムゲインを得る、

すなわち配当金を得るなんてことは

もう普通になってきてるわけですね。



ちなみに配当金というと、日本ですと

配当金3%も出してくれるところはありがたいっていう

感じでしょうが


世界の企業に株を買ってお金を貸すことになるわけですが

すなわち株ってのは本質は 金貸しになるんですが


しかしそれらの企業ってのは基本的に

ちゃんと金利が付いている、定期金利が数%とか10%超えてたりする


そういう国で活動してたりするんですが


だから、配当金もまあ5%とかそれ以上あったりする

わけですね。


だから「衰退を30年以上続ける金利がゼロの日本市場に

こだわりすぎると」


ですね、これはインカムゲインを得るってのは

相当ハードルが上がるんですが


一方、世界には日本以外にも何百カ国もありますから

そっちに目を向けると


シンプルに可能性は100倍以上になるわけですね。


逆に、ゼロ金利あたりで30年以上続けてる国は

日本くらいしかないでしょうが


だから日本ではインカムゲイン=怪しいという

共通認識がこの数十年で出来上がってしまったけど、


海外に目を向けると、逆でインカムゲインは

大なり小なりの差はありますが

普通だったりするんで



そっちに目を向けるとインカムゲイン、

だから寝ていても資産増えますってのは


まあ当たり前にできるわけです。



ちなみに日本ですと「トレード」ってのが

すごい流行してると思うんですが


これも インカムゲインがない国の姿でありまして

それはインカムがつかないのが普通だから


いわゆる投機、トレーディングで 差益狙うしかない

ってことになるわけでして


だから日本ではNY金融街を発端とする

トレーディングが人気なんですね。


すなわち インカムゲインがないから

キャピタルゲインを狙うしかないってのが

日本の現状で、多くの投資家は、やはり


トレーダーになるってのを夢見るわけです。


しかしどうしても本来の長期投資家、インカムゲインで暮らす

「投資家」よりは


負ける確率が上がるのがトレーディングですから

3%は勝ち続けるけど97%は負けるみたいな

なかなか過酷な環境となってますね。


だから日本の金融情勢ってのはかなりゆがんでると

いえますが、


それがバレるとですね、色々まずいと国家役人は考えますから

「なるたけ海外の正常な資本主義の様子を教えない、

見させない」

ってことになってますね。



しかしこういう大きな構造を知っていればですね

「ああ、今の時代はIT技術で距離が関係ないから

日本がゼロ金利であってもマイナス金利であっても


その土壌で勝負しないで

ちゃんと金利が付く、まともな資本主義の国で

勝負すればよいじゃん」


って気づくわけですね。



それで海外企業に投資する

=海外の素晴らしい企業にお金貸す


ってことなんだけど


そこでちゃんとその投資によって企業の経営者、

従業員たちが必死に頑張って経済活動を

その国やその地域でして収益上げるわけですが



そこで配当金もちゃんと投資家に入ってくるんですね。


その投資家が日本人であっても

「おまえはゼロ金利の日本人だから配当金あげないよ、

なんてことはない」


わけです。


株で言うと値上がり利益がこれキャピタルで

配当金はインカムですが


ちゃんとインカムも結構なもの、付くわけです。


だから成長国企業に株を通してお金貸すと

当然、


収益としては 

インカムゲイン+キャピタルゲインとなるわけで


トータルの損失確率ってのは長期視点で

すんごい下がるのですね。


たぶん日本だと値上がったら売って、

それで利益確定~ってやつで


そこで資金を増やしていくってのが普通ですが


例えばある海外企業に株でお金貸しました、と

しかしその企業はなかなか実績が上がりませんが

株価も少し10%くらい下がってますと。


しかし配当は年間4%出してくれていて

10年保有しましたってなると


実はそこで配当金でインカムゲインとして

30%40%はプラスになっちゃいますが


だからそこで、株価が10%下がっていも

実はプラスなわけですね。



んで以前にバフェットの億万長者学ってPDF渡してますが

あの買い付けで消費者独占企業買っていって

ポートフォリオ組みますと


10年保有で株価がそのまんまです、って

滅多に起こらないわけでして


だから実は 金利が0の日本に

いわゆる自国を好むバイアスで投資活動し続けるよりは


金利がちゃんとつく、まともな資本主義体制を

取ってる国にちゃんと投資していき、


そこでインカムを得るって発想のほうが

先進国の人に取っては大事なわけです。


ちなみにこれをちゃんと意識していくと

「配当金なり定期預金なり家賃収入の

何もしないインカムゲインが定期的に入ってきて

それである程度生活できる」


みたいな状況に数年したらなっていくと思うのですが

そうすると、本音では

「年金とかいらないよね、だって

何もしなくても入ってくるインカムゲインがあるから」


って感じになってくるわけです。


これが実は本来の

「投資家」ですよね。



まあどっちも重要ではあるのですが

投資家ってのはやはりインカムゲインも重視しますけど

投機家ってのは逆にキャピタルゲインをすごい重視しますが


やはり投資のメインはインカムゲインでしょうから

それを意識していくのがすごい大事って事ですね。



例えば今30代くらいの人だったら

まだまだ スキャル、デイトレのトレーディングは

負担にならないけど


しかし50代、60代、70代になって

トレーディングって結構負担が増えますね。


やはり労働の要素を持ってるわけです。

トレードしないとお金が入らない・・・


これはこれでまあ自転車操業になる可能性も

秘めてるわけですが


一方、毎月でも年に数回でもインカムゲインがあれば

それが年金代わりにもなるんですが


ここで暮らすことは可能なんですね。


インカムが生活費で、

キャピタルとかビジネス収益は、また再投資用で

インカムをさらに拡大させる


これがすごい大事なわけですね。



まあだから 長期投資というと必ず

インカムゲインの配当金なり、家賃収入なりもらえるように

なりますが


それは若い人なら早いうちに

小額でも体感したほうが良いですし、


ある程度年齢が行ってるのであれば

今まであまりインカムゲインについて考えないで

差益抜くことばかり考えていた人は・・・


やっぱりスピード感持ってインカム構築を考える

ってのが大事になってくるのかな~と私は思います。



それで大体の「投資」の本質ってのは

金貸しにあるってのが事実であって


例えば株投資家なんていうと なんかかっこよく聞こえたり

もしくは日本だと怪しく聞こえたりするわけですが


本当は 株を通してその企業にお金を貸してあげてる

わけですね。


企業ってのはどんどん拡大するために

お金を必要としてますから


社債・株式なんかを企業が発行して

それで投資家が直接お金を貸してあげてるわけです。


これを直接金融って日本語で言いますね。


だから直接金融でお金貸してあげて配当金をいただく

ってのが本当は株式投資家ですね。



そこで企業が社会で希少価値を提供したら

時価総額もあがって、そこで株価が上がってついでに

キャピタルも結構乗ってくるわけですけども。


それで定期金利なんかは一方、

銀行っていうのが介在しますから


そこで銀行に誰かが預金するんですが

それを銀行がこれまた企業にお金を審査なりかけて

貸すわけでそこで利息を得ますが


それは間接金融ですが

定期金利なんかはそういった金融機関の収益の一部が

分配されるわけですが


当然 金融機関が途中に介在するので

直接金融よりは利率が低くなるわけですね。


だから本当は投資家ってのは銀行ではない

直接金融のための金貸しって意味であって


たださすがに金貸しっていうと、

言い方が悪い印象ですから

「投資家」って言われるわけですね。


それで今色々世界の投資家が言うのは

間接金融の銀行ってマージン手数料取りすぎじゃない?

みたいなところでして


自分でいわゆる「貸し出し審査」できる

長期投資家は直接金融の株投資をして

配当金を各国からもらう、


ってのがこの数年だと韓国とかですと

一般化されてきてますね。


日本ではまだですけど。


だから年金問題とかありますが

あれなんかは簡単で


国家なんて民衆から奪うことしか考えてませんから

民衆はどうでもよくて、

年金のグリーンピア問題で見られるように


役人たちがその年金を使い込むってのが当たり前ですからね、

それで年金問題ってのは日本だけじゃなく

世界各国で同じようなことが起こってるんですが


だから最近の成長国では、年金なんて廃止して

「自分で老後のインカムも作る」ってのが常識でありまして


だから中欧だとこれ、私も色々調べるんですが

人によって、インカムゲインの作り方は個性で違うけど


それこそ定期預金を多めにする人もいれば、

家賃収入を得るために家族全体でアパートやマンションの

部屋を何室か貸してみたりして インカム作ったり、


それに自分の労働収入もヘッジで作ったり、


結構そういう人は多いわけです。


年金はだから国家に頼るのではなく

資本主義のルールの下に、自分で作っていくってのが

まあ普通になってきてますね。


特に東欧、中欧ですとソ連時代に、こういう

国家に老後頼るリスクってのがあるって

ちゃんとみな洗脳されていないで認識してますから、


その辺は自分達家族、や親族で

支えあって、


そんで老後の収入を確保するってのが普通です。


だから年金問題なんかは本当は

各自がインカムを意識するってのを

やっていけばこれ本来はなんとかなるんだなってのは


私が海外で見ている現実ですよね。


それで投資の本質はこれ 一応それぞれに

かっこいい名前が付いてるんですが


やはり貸し出しなんだってことですが


だからITの発展で

簡単に世界の企業に投資できるようになった

⇒世界の成長してる国の企業たちに

衰退してるアメリカ人でも日本人でも

お金を貸せるようになった


ってことですから


それはやはり、すごいことなのです。


ある国、例えば日本やアメリカや西欧が

金利低くて 実質共産主義へ一直線であっても


資本主義は今や先進国⇒新興国に移動してますから

そっちの資本主義ベースの国に投資していき、


そして金利、配当金や家賃収入を得ていくっていう

考え方ですと


まあなんとかなるわけで

それを可能にしたネットのすごさがあるんですね。



ちなみに今まで、間接金融ってのがあって

それが銀行たちが仲介するものでありましたが


そこでいわゆる既存の銀行業ってのは

色々規制がありましたね。


だからその辺の個人やら中小がお金を貸して利息を取る

ってのは本来出来なかったわけですが


しかし最近ですと

イーサリアムのスマートコントラクト機能なんかを使って

このイーサリアムはビットコインと違って

ロシアが絡みが強いところだけど


もう世界ではイーサリアムなんかも活用して

その上で 暗号通貨で世界中の人にお金を貸す、

レンディングして、 利息をもらうってのが


2020年から一気に普及しはじめているわけです。


だからこれも新しい流れでして

今まで例えば 私たちはお金があっても


これ、日本国内の人にせいぜい無利子で貸すとか

銀行とか企業に低い利息で貸すくらいしかできませんでしたが


最近は「世界中の人にイーサのスマートコントラクト機能を

使って暗号通貨マネーを貸せる」


時代に入ってきてるわけですね。


これDeFi(decentralized finance:分散型金融)

と言いますが、これは世界中で流行してますね。

まだまだリスクは当然ありますが


しかし私の周りですと、インカムゲインでもうある程度

生活できますみたいな人が結構いるのですが


しかし引退するには若すぎるから何か投資やビジネスをやってる

みたいな人が


最近面白いからってことでDeFiとかで

世界中の人へのイーサリアムのレンディングとか

してるんですが



彼らの場合、相当情報取得してるから

まあスゴイ利率が今は出てると。


インカム+キャピタルで大体、

2000万円から2億円になった、とか

5000万から5億になったとか

そんな感じですよね。


もちろんそこでリスク算定してやるわけですけど

そのリスクをなるべく消していくってのは

彼らの得意分野でまあ色々私も聞いて知ってる。



それで最近ですと貸し付けを英語でレンディングっていうけど

そのレンディング用の暗号通貨専用のプラットフォームもありまして


基本的にドル防衛のためのビットコインというよりは

ロシア側が絡むSWIFTに対抗する

イーサリアムになりますが


そのイーサリアムでスマートコントラクト機能ってのがあって

おそらく今後、人類の中では


スマートコントラクト機能を使って

不動産取引を迅速にするっていう

のは普通になっていくだろうと。


というかユーラシア大陸では既に

不動産取引にまだスマートコントラクトではないにしても

イーサで決済する形態・スキームは浸透しはじめてますね。


1秒、1分、1時間、1日で金利が発生する

資本主義において最も大事なのが

「スピード」ですが


そのスピードを担保するってのが

本当の暗号通貨の価値ですよね。


SWIFTネットワークなんかですと

例えば、先進国民が海外で数千万円で不動産買いたいって

なれば


時に送金制限などがありすごい時間が

かかったりするわけですが


イーサリアムなんかはそのスピードの部分で

重宝されていると。



それで貸付のレンディングプラットフォーム、

ってのがありましてCompoundコンパウンドとか有名ですが


銀行を介さず、個人と個人が結びついて

貸付できるプラットフォームが今出来ていて


そこで世界中の人を相手に 個人個人が

国超えて貸付や借りたりする時代になりますが



もう速い人だと、アメリカ人はじめ、

結構これをやりだしてるわけですね。



あとはイールドファーミングっていって、

ここで上記、貸付のプラットフォームに暗号資産を提供して

そんで利回りを得て、あとは様々な分散型金融のDEFIアプリを

組み合わせて資産運用するってのが


今は 知ってる人の間では浸透してきてますね。


ここで上記のDEFIアプリがユーザーに無料トークンを配布したりして

そこでユーザーを惹きつけてますが



ここでそのトークンの値上がりも期待できるってもので

流動性マイニングとか言いますが


これが最も世界の投資家で最近は人気ですよね。



だから最近の大きな世界のテクノロジーの動きとして



今までは例えば、先進国の共産主義に苦しむ、

アメリカ人民や日本人民や西欧人民は


QEっていう金融緩和という名の下の

社会主義政策によって、インカムゲインを得るのは

相当な金持ち以外はなかなか難しかった現状でしたが


最近はITの進展によって

かつて海の時代の資本家たちがその国を発展させるために

必要とした主権国家思想に縛られないで、


その上で国境関係なく、インカムゲインを得られるように

変わって来てるわけですね。


ちなみにそれを加速させてるのはコロナ騒動ですね。


ただ大体が英語を一定程度使うから

出来れば中学英語くらいは

わかっていたほうが良いですが


その辺の障壁クリアしている人が先進国では大半ですから

まあ今後の世界は技術進歩として


世界中に投資したりレンディングして

値上がり利益だけではなく


どちらかというとインカムゲインを得ていくってのが

これ普通になっていくってことです。


社会主義政策を実質採ってるその生まれた国に固執、

こだわりすぎると、


世界で起こってる資本主義の潮流ってのが分からないため

色々 その個人の可能性が数百分の1になってしまいますけど


今後の世界は資本主義ベースで

本格的に世界の個人たちが交流して投資やレンディングや

ビジネスをしていくってのが


当たり前になりますから


そこで「インカムゲインを構築して拡大する」

ってのが世界中の投資家たちが見ている部分ですから


それにあわせて考えていくと

将来的に強いのだろうってのがわかってきますね。



ちなみに、今までITが登場する前は

インカムゲインを得る手段なんて極めて限定されてましたが


例えば日本では 以前は定期金利がついたバブル前は

多くの人がそれに依存しまして


その後ゼロ金利でインカムゲインは途絶えたでしょうが


しかし「世界では常にどこかの国で資本主義が花開いて

強烈な成長が起こってる」


わけでして、


世界を追っていって、その上で

資金需要がある人たちに何かしらの形で

直接金融でマネーを投資、貸し出しする


それでインカムゲインを得るってのが

成長していない先進国の人が取れる

現実的な策になりますね!



特にDEFIなんかの分散型金融は

色々今後も すったもんだでトラブル起こしつつも


浸透はしていかざるを得ないので


今後人類の多くがインカムゲインを構築していく時代

ってのはIT技術で進化していくのは間違いありませんから


キャピタルゲインにこだわらず

何もしなくても寝ていても入ってくる

インカムゲインをメインで意識する、


これがすごい大事ですね!



最初元手を作るために

FXとかネットビジネスとかで頑張るわけですが


まあそこで元手作っていったら

なるべくインカムを作ることに最初から集中する


これが今後の富を生み出す流れとなりますね~


そういう意味で先進国数カ国だけを見ると、

可能性は限定されますが


資本主義ってのは世界全体でいよいよ

本格的に今後進んでいきますので


その大きな流れを知って

インカムゲイン作っていくっていう

新しい時代にアフターコロナでは入って行きますね。



事前にそういうのを知ってる人は激有利ですが

(例:シンプルに多くの人がレンディングに参入すると

得られる金利が下がります)


やはりなるべく早い段階から

学校では教えてくれない、インカムを作るを

意識して 資本主義体制に馴染んでいくってのが


大事になっていくことでしょう。





それでは!



ゆう






追伸・・・ちなみに

海外株であっても DEFIなんかのレンディングにしても


「大きく、どの地域の誰が 

どの地域のどこに貸していくか」

っていうと、


まず先進国では強烈な商売規制のため

資金需要が少ないのです。


「ガラガラの店」って結構ありますよね、日本で。


しかし成長国ですと例えばスーパーに行けば

寿司SUSHIが高いのに、すぐ売り切れます。


すぐに売り切れる。が、なかなか供給量が増えない。

寿司の取り合いですよね。


これひとつ取っても強烈な需要が存在していて

だから店を開店して、サービス提供すれば

相当な可能性で儲かる 強烈な需要がそこにあるんだけど


成長国の企業経営者たちは、マネーがないわけです。


それが成長国の実態ですね。

間接金融の銀行も貸し出しは限界があります。


だから成長国の起業家たちってのは

お金さえあれば出店して、莫大な利益あがるって

分かってるのに、


指をくわえてそれをみている状況ですよね。


だからそこで海外企業への株であったり

レンディングなどの IT活用した直接金融が

「物を言う」わけです。


だから今後は

「先進国のあまり成長できなくなった国の

個人投資家たちが


成長国の成長真っ最中の起業家たちに

投資やレンディングして資金調達させていく」


ってのが2020年代に顕著になっていく動き、

これが本当の世界の流れでして

コロナ騒動はこの流れを加速させるのを目的として


先進国の商売規制を強くして

成長国の商売規制を隠然と緩めるという


ことがされてる可能性が高いですね。

誰にでも分かる茶番をやり続けるのはやはり
世界的に、意味は隠されてるわけです。


そこでユーラシア大陸の内陸なんかに

どんどん先進国の需要を吸収できないマネーが

流れていくわけでして


そのマネーがこれ、成長国の強烈な需要に吸収されていく

ってことでして


そこで今後、ユーラシア大陸内陸とか

アジア中心に中間層が爆発的に増えて、

世界経済が構築されていくのでしょう。


私が中欧とか東欧で自分の目で見てる光景がそれです。


実はこの1年で先進国政府の省庁が

焦って成長国と投資保護協定を背後で静かに

締結してるんですが


もうこの流れが不可避っておそらく

理解してる人も政府内部に増えてるんでしょう。


ということで大きく

先進国はしばらく衰退してますが


その間にコロナもあって成長国が一気に成長を

強めていきますので


そっちにお金投じて、

インカム得ていくってのを意識するのは

現代では有効な戦略ですね。



それでは!


ゆう






■【副島先生の最新言論からWIKIPEDIAウィキペディアの裏側と 「世界頭脳」という考え方の問題について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2918#2918


■【日本の市場には有名じゃないスゴイ人ってのがウヨウヨいるから、 そういう人たちを発掘して学ぶと日本では強い、という話】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2917#2917


■【「バルサラの破産確率」に「投資の資金管理」を合わせる応用について 考える!】(世界株や、暗号通貨やFXなどなど共通)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2916#2916

■【なぜマスコミはオリンピック開催を嫌う言論を中心に扱うのか?】 について「裏側の政治」を考える!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2915#2915





コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください