無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「インターネットを活用した凡人」が「天才を抜き去る」時代】について深見メッセージから考える!(残り1日)

2021 4月 29 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



どうもゆうです!!


いつもご覧いただきまして
ありがとうございます!!


さてさて、メルマガのほうで扱ってきた

深見さんの長期的な、期間の制限を撤廃した

電話やメールのサポートの上で


あなたが上下に行くかどうか予想をせず

具体的には複数の通貨ペアで 上下に予約注文を入れていき

そして投資哲学もしっかり学び、

月利5~20%前後を取っていく実力を養う


深見さんのコミュニティGYAKUSOU-FXですが

いよいよ残り1日、明日の4月30日で募集が終了となりますね!



【残り1日で募集終了です!】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……tokuten_g/



【対談音声5本目】GYAKUSOU(逆走)-FXの内情を暴露します!
⇒  http://fxgod.net/onsei/taidan_……ukami5.mp3


【超有料級の対談音声4本目を公開!】
深見さんが「福岡のFX師匠」に学んで
開発した「ミラーステップ投資法とは?」

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/fukami4/


【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】
みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/fukami3/



【深見×ゆうの対談音声2本目を公開!!】
インターネットは現代の「魔法」なのだ

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/fukami2/



【深見さん×ゆう 対談音声1本目を公開!!】

「今まで信じてきたことのほとんどは嘘かもしれない!?」
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/fukami1/
(スマホでも聞きやすく音質調整もしてます♪)



ちなみに普通は教材で3ヶ月~4ヶ月のサポートってのが
ついておりますが、

やはり期間が3ヶ月とか4ヶ月で終わるのもあり

「結果を出すための4ヶ月とかの時間制限」が通常はあるような
感じなのですが、


だからこそ多くの人がテストとか検証しないで
そんで取り組んで 大損しちゃいますが、


今回の深見さんの逆走FXのコミュニティは

特に期間制限がなく深見さんとつながっていけるのもあり


じっくりと検証とかテストに小さな通貨で取り組んで
あなたも取り組めるので


それが良いところだともいえますね!


ちなみに私も色々ですね、こういう教材を見てきたし、
中の実情も見てきたのですが

大体の人が負ける原因があって、それが
「焦り」だったのをよく覚えてます。


焦ってる人だけが みなどの教材でも焦って

ロット増やしてどんどん負けていくけど


一方、生き残るのはじっくりテストとかして

資金を増やすタイプの方々ですね。


それで今回の逆走FXは「期限が制限ないし、

以前は1年サポートでそれ以降は継続費用だったけど


今はそれも撤廃したからサポートがずっと付いてるから

焦らなくてよい」っていうのが


これが良いですね!



ちなみに正直、「スピードを意識する」ってのは

資本主義は「時は金なり Time is Money」ですから


めっちゃ大事なんだけど、


しかし投資で言う「時は金なり」の「スピード」については

「小資金の検証やテストに入るまでのスピード」をあげるのが大事ですね。


これかなり細かい 投資の実務のことなんですが

「テストのスピードを上げる」ってのが大事で


スピードってのは、資産を焦って増やすスピードではない

ってのがこれまた切り分けて実務では考える必要がありますね!!


既に入っていただいてる方も、また入らない方も

それはご自身の判断ですが


それが基礎なので是非、参考にしてください。


さて、それで今日は深見さんから

新しいメッセージが届きました。



ちなみに個人的には私は深見さんのこの「戦略」を最初

事務局のお金持ちの山本さんって方に教えてもらって

「これ作った彼、天才でしょ」って思ったので


深見さんは、天才とか言ってるんですが


しかし深見さんは「いや、僕は凡人で天才ではない」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ってことなんですね!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それで今日は、その深見さんから

あなたにメッセージでございます!


それで今日は、きっとあなたの今後の人生にも

役立つ?もしくは考える機会になると思いますが


天才VS努力 について考えましょう!

後半で!


それでは深見さんからあなたにメッセージです!


↓↓
===============


深見純です。


昨日のメールは
お読みいただけましたでしょうか?


もし、まだ読んでいない。

という方は、ぜひ
遡ってメールをご確認ください。


GYAKUSOU-FXの募集は

今日と明日で
完全終了になります。
(4/30の26時)


もし今ご検討中であれば

後悔のないよう、質問や疑問だけでなく

ただ単に
私に聞きたいことがあれば

遠慮なくメッセージを送ってきてください!


それで今日なんですが

今までいただいた
質問やメッセージの中で


「このやり方は、深見さんだからできたんじゃないですか?
自分には自信がありません」


という内容がいくつかありましたので

そこを少しだけ
お話できればと思います。


ゆうさんは、対談音声やメールの中で


私のことを「天才」なんて言ってくれてますが


当然、私はそんなふうに思ってません。


25歳まで、まともに読書もしたことがなかったですし


実際にFXや事業で借金まみれになっていました。

借金は最高で約2000万円にまでのぼり

けっこうなレベルで絶望してました。


まずこの時点で
天才ではないですよね(笑)


それでまあ
ゆうさんともお話しましたが


その時、福岡に
FXで勝ちまくってる

すごい人がいるっていうのを知ったんですね。


それで私はその時に

「ここで行かないと一生後悔する」

と考え


文字通り、身一つで

福岡に向かいました。


それでFXを教わって

勝てるようになってやる!と

意気込んでいたわけですが

まああっさりと
断られてしまいました。


だけど、ここで諦めるわけにはいかない!

ということで

二度三度と通い詰め

ついにお話する機会をいただいたわけです。


そこで、恐らくあなたと同じように


「何いってんだこの人?」

と思うようなことを
言われました。


チャートがどう動くか予想してる。

どのタイミングでエントリーすればいいか考えている

勝率やPFなどの数字を気にしている


「だから負けるんだ」と。


正直、頭の中は

「???」という状態でした。


それまで、こういった常識で埋まっていた私の脳みそは


真逆のこと(本当のこと)を受け入れられず

理解できるまでに

かなりの時間を要しました。


それからもまあ

悩んだり苦しんだり

紆余曲折あったわけですが


ようやく、その時師匠が言っていたことが

理解できるようになったとき

FXに限らず、様々なことが

本質的に考えられるようになりました。


この思考回路というか

ものの見方みたいなものは


はっきり言って、FX以外の部分でも

人生が変わるレベルのものでした。



何が言いたいかというと


つまり、私もあなたと同じ

「普通の人間」ってことです。


普通の人間だからこそ

たくさん失敗して
借金をこしらえたし


普通の人間だからこそ

間違った常識に
縛られていた時期もありました。


ただ、そこで転換できたのは

人生において非常に大きかったと

今でも思います。


私はこのFXでの学びを経てから


自分に対する学び、投資が

一気に加速しました。


今では年間1000万円ほどを

自分自身の成長のために

投資していますし

そこで得たものを

GYAKUSOU-FXの生徒さんに共有しています。


私は

「講師こそ最も学ぶべき」

と考えています。

講師が成長していなければ

人を成長させることができない。

と考えているからです。


私が学び続け、成長し続けるからこそ

私に師事してくれる生徒さんを

成長させることできます。


ぜひこの

「ともに学び、ともに成長し続ける」


という環境を

あなたとも共有できればと思っています。


GYAKUSOU-FXの募集は

残り2日で完全終了します。

少しでも不安があれば

遠慮なくメッセージしてきてくださいね。


info@gyakusou-fx.jp


深見


============


以上です!!


それで上記、凡人だけど、しかしちゃんと

ガッツリ多くの 稼げる自営業者たちを増やしてるのが

深見さんですね!


【残り1日で募集終了です!】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……tokuten_g/



さて、それで今回は深見さんが


「私は単なる凡人であります」っていうことですね、

これをおっしゃってるわけですが



「25歳まで、まともに読書もしたことがなかったですし


実際にFXや事業で借金まみれになっていました。

借金は最高で約2000万円にまでのぼり

けっこうなレベルで絶望してました。


まずこの時点で
天才ではないですよね(笑)



ってことで、


いやいや、今の私だけ見ていると分からないかもしれないけど

実際は私は凡人で元々どうしようもない人間だった

ってことなんですね。



ちなみに最初私がこのGYAKUSOU-FXの戦略を

教えてもらったときですが


正直本音では「この深見って人天才だわ」

って思ったのですが


っていうのはFXで強力なポートフォリオとか、(株なら一般的)

あとは、上にいっても下がってもしっかり収益性が出るようにして

負けないで イーブンか引き分けに持っていくやり方とか


あとは相関、逆相関の考え方を発展させて

その戦略につなげてしまうところとか、


正直これを考え付いたのは天才だな、って私は最初思ったんですが

ただこれ深見さんはご自身で「私は凡人なのです」

っていうことなんですね!



それでこれが面白いところで

深見さんも最初は全然FXで勝てなかったし、

あと借金2000万円もあったらしいですが


それこそ老後の費用2000万円問題が取り立たされる中

深見さんは逆に2000万円の借金があったわけですが


しかしそこで「福岡の師匠」に学んだわけです。


そこで「どういうことを学んだか?」の詳細は

良ければ対談音声4本目にさらに詳しく述べられてるから


聞く価値大有りなので聞いてみてくださいね!



【超有料級の対談音声4本目を公開!】
深見さんが「福岡のFX師匠」に学んで
開発した「ミラーステップ投資法とは?」

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/fukami4/




それでその後色々 最初

「何言ってるんだ、この金持ちのおっさんは・・・」

と深見さんも思ったそうなんですが


だから最初は師匠さんの言ってることが

「ぶっ飛びすぎていて意味が分からなかった」ということなんですが


しかし学び続けて福岡に行き続けてですね、

それで「ようやく分かってきた」わけですね。




それでその後、彼は周りから見て、多くの人から見て

「よくこれ考えたな」みたいなところで

正直、天才としか思えないような戦略を構築してしまって


それでそれを自分だけではなく仲良い友達や生徒さんに

教えてそれで収益化をさせてきたわけですね。


それで面白いのが「人との出会いで、

その人の能力は最大限発揮される」


ってのが実はありまして、


深見さんはこれ元々凡人だったってことなんですが

しかし、おそらく「福岡の師匠」に出会って

一気にその能力が開花したわけですが、


実はこれこそが「人間の面白さ、すごさ」だと思うんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ちなみにですが、

人間ってのは生まれたときから、

やはり能力の差ってのはあって


決して平等じゃない状態で人々は生まれるってのが

世界のいわゆる自然な現象なんですが


それこそ赤ちゃんでも、

最初から すごい声で泣く赤ちゃんもいれば、

小さい声で泣く赤ちゃんもいれば、


またそれぞれ姿形ってのは生まれたときから

全員違うわけですね。



生まれたときから私たちってある意味

不平等でありまして、


そこからそれぞれの人生がスタートする。



ちなみに私のケースですと生まれたときから

重いアレルギーがあったから


もう相当マイナスの状態で人生スタートで

幼少期なんかは苦しい思い出しかないのですが


まあそういう人生とか、

もしくは最初からすごい恵まれる人生もあるでしょうし


それぞれが千差万別、個性であって

それが人間社会の面白いところ、だと私は思います。



それで人間、生まれたときからそれぞれ

条件は違うんだけど


その中で「いかにその人が彼、彼女の能力を

伸ばして人生を謳歌できるか」


ってのがすごい大事なことだと。



ちなみにすごいことがあって

いわゆる「天才」みたいな人がいて、


そういう人たちって投資でも全く悩まず成功しちゃうような人

っているわけですよね。


全部最初から今まで熱かったような投資哲学なんかも

理解してしまって


「はい、負けないこと大事だよね、それなら

こうこうこうすればいいね、はい、資金管理、
テストして~

はい、資産増え続けてるわ~」


みたいな人って私の知る限り富裕層でかなりいます。


そういう 元から天才みたいな人はやっぱり存在してるけど、

じゃあ凡人の私たちはどうするか?

っていうと


そう、実は「そういう人からも色々学びつつ、

そこで「自由な教育で学び続ける」とですね、


そう、なんとその天才を時には超えることもできる」


ってのがこれ事実なんですね。


深見さんは凡人です、ってことですが

彼の現状を見ると、それをまさに証明してるな、と。



だから深見さんが福岡の師匠に出会わなければ

ひょっとしたら今も借金まみれで自己破産とかしてるような

生き方になっていたかもしれませんし、


「人との出会い」ってのはガチに
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生まれたときの能力の差以上に、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人生を変えてしまう
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これが世の中の本当の真実なんだろうと私は

今まで生きてきて思います。



例えば、あなたの能力ってのは

まだまだ使われていない脳の部分が沢山あるわけで

本当はもっと伸びるはずなんですが


それこそ人間は脳の99%を使わないで生きてるなんてのも

言われますが


じゃあ1%の脳しか使っていない状態を

人と出会うことで2%使うようになったら??


これはやはり人生変わっていくわけで

深見さんなんかがまさにそれですよね。


だからあなたの能力はもっと成人後も

ぐんぐん本来は伸びるわけですね。


なぜか?

「体は老化するけど、脳みそってのはこれ

認知症などから守れば、

死ぬまで脳だけは成長するから」


です。


【残り1日で募集終了です!】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……tokuten_g/




それで実は私がこういう民間教育って言うんですかね、

こういうのに注目する理由があって


これは政治学の対立ってのがありまして

詳しく知りたい人のために

書くと、


西欧およびアメリカでは16世紀以来、

「教育で人が改善できるか」が論争されてきたのですよ。


要するに一般人が努力や工夫次第で 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
元から能力的に恵まれた天才に対抗できるか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みたいな話がそれなんですが


これが

16世紀以来のネイティビズム(nativism)と

ビヘイビアリズム(behaviorism)の 対立


です。


ビヘイビアリズムってのは

「人間は教育の力で成長できるし、さらに

場合によっては、

生来の天才以上のパフォーマンスを発揮できる」


というものですが、


以前はこんな ビヘイビアリズムは相手にされず

あくまで遺伝子や能力で人生は決定される、という考え方が主流で


日本語の「才能」という言葉はまさにそれでした。

だから本当はネイティビズムの言葉で「才能」って言葉があるけど

その言葉の裏には優生思想もちょっと潜んでると。


あとは最近ですと「IQ」ってありますでしょ、

あれもそういう言葉なんです。


それで現実を見ると、やっぱりこれ天才ってのがどうしても
存在するのは真実ですが

ここで

「人間は生まれ持って能力決まってるんだから
能力がないならそれなりに生きるべきっていう
ネイティビズムの考え方」があり

あとは「いや 教育次第で人間の能力の伸びはハンパ無いっていう
ビヘイビアリズムの考え方」

があるわけですね。


ちなみに個人的立場としては

両方の中間でありまして


私は、

「確かに人間の知能とか脳とか体の能力は違うのが
自然で不平等なんだけど

しかし教育次第でこれ仮に才能がないとしても

天才を時に抜くことは可能だ」


って考え方ですね。


だから私なんかは 才能の違いとか不平等性は認めつつ、

しかしそれでも相当なレベルで

「ITが登場したから」その個人は能力を最大限伸ばすことが


2021年は可能である、という考え方なんです。


ITの登場が全てを変えてしまったのです。



それで、今はこの「天才をネットの教育を通じて

工夫と努力で抜いていく凡人」が沢山

現象として見られる時代で


それが実は深見さんが一例なんだけど、


そう、どうもこの400年以上の対立があった


人間の能力は教育なんてしてもさほど変わりませんという

優生思想の人が支持するネイティビズム(nativism)と


教育次第で、(情報次第で)一気に人のパフォーマンスは上がるという

ビヘイビアリズム(behaviorism)の 対立で


ビヘイビアリズムが強くなってきたのは

事実ですよね。


ちなみに私は机上の空論ってのを嫌うから

この後 私の事例も書くけど

やっぱり今の時代

「(うまいこと努力と呼ばれる行動取れる)
努力家」みたいな人が


深見さんを見ても、強い時代になってきてる。



天才を(情報を持った)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
努力家が抜くケースがあまりにも多く見られる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それで、ネイティビズムも嘘ではなく

どんなに最初から足が遅い子が努力しても


100メートル9秒台は無理かもしれません。

この辺は事実だ。


ある程度、生まれ持った能力で限界値はあるんだけど

今まではその才能や生まれ持った能力が過剰に評価されてきた時代

でもありますよね。


しかし今の時代は

足が遅い子でも9秒台は無理でも

11秒台くらいは鋭い情報の元の

努力次第で可能な時代になってると思われます。


11秒で100メートル走れるなら十分速い。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だから私たちは100メートルを9秒台では走れないけど

正しい情報の元


努力すれば11秒台とか12秒台くらいはできそうだ

ってのが分かってきてますので


能力を伸ばすその 情報 があるのが今の時代なので

それを活用して能力を伸ばすってのが

可能な、すごい大事な時代になってきてますね!!



小さいころから天才、神童といわれていて

現在お医者さんをやって年収2000万円の方もいるだろうけど


一方、ごくごく普通の人生を歩んできて

サラリーマンだけど


正しい情報や努力や視点を学んで

年収3000万円や1億円とかが普通の人、が登場してる


これが今の時代なんですね!!



要するに、今の時代は

「戦略次第では 努力と言われる行動を楽しく取れる人間が

生来の天才を抜いてしまう時代だから」


ですね、


これがすごいんです。


「情報社会」がもたらしたのは

優生思想のネイティビズムの淘汰であるのでしょう。



ちなみにですが、私ゆうもまさにそれを

この人生で経験してきた人間なんですが


例えば私の場合ですが、昔幼少期~少年期は

本がまず読めませんでした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いわゆるディクレシアというものでして


「音では本を読み上げられるけど

その本の意味が分からない状態」ですね、


これをディクレシアとか言うんだけど

だから仮に少年期の私が私の今のメルマガ見ても

意味が分からなかったはずです。


ちなみに私は今はこれ政治哲学とか色々書いてるけど

子供の時の話なんですが

「劣等生」であったわけですね。



ちなみになんとなくそれに気づいたのは

小学校の時、「先生の言ってることが良く分からない」

ってのがあって


そこでなんとなく「自分ヤバいのかな」みたいな。


ただそこで小学校のころずっと6年間好きだった子がいて

Aちゃんとしますが


この好きだった子がよく私が小学校低学年のころ

同じクラスで、


私が阿保ですから、よく鉛筆でひらがなとか

書いてる間、


鉛筆を折ってしまうわけですね。


鉛筆に筆圧かけすぎて鉛筆折れまくっていくわけですが

そこで隣にいたそのAちゃんがよく鉛筆を笑いながら

小さい、あほな子供である私に貸してくれたわけです。


まあそこからずっと好きな子だったんですが

小学生高学年になったときに

「Aちゃんは他の学校に行く」ってことを聞いたわけですね。


要するに公立学校じゃなくて

Aちゃんはこれ 日能研っていう塾が当時あって


そこでは子供たちの学力で能力分けがされるんですが

そこでトップ中のトップである 特待生クラスみたいのが

あって そこに属してる子だったわけです。


その特待生の子らってのは

私立の東大目指す進学校とか、早慶に行くわけですが

そこでこのAちゃんは絶対に公立校には行かないって

分かったわけです。



だから私は気づいて「ああ、中学校になったら

Aちゃんと同じ学校ではなくなってしまう」

と思ったのですが


そこで私は親に嘘付いて

「俺も沢山勉強してよい学校に入りたい!」とか

言ってですね、


無理やり塾の日能研ってのに入れさせてもらうんです。


本当は勉強なんて意味不明でしたから

「ただAちゃんと同じ学校に行きたい、挑戦したい」

って思いだけでした(笑)



が、そこで小学生である私は「現実」を見ましてですね、

まず小学校では「なんとなく俺は勉強できないほうだろう」
ってのは気づいてたけど


日能研っていう塾が当時進学塾で有名だったけど

そこに行ったら・・・


冷酷に「偏差値」ってのが出てくるわけですね。


それでその「偏差値」ってので

クラス分けがされまして


当時 Aちゃんのいる特待生のクラスをトップに

上から1~6組とありまして


また成績が悪い生徒は席が後ろ、

良い生徒は席が前、


と完全に その子の学力で仕分けされる仕組みだったんです。


んで私はAちゃんと同じ学校に行きたい!ってことで

高学年から日能研ってところに入ったのですが、


結果・・・


偏差値がギリギリ40に届くか

もしくは38くらいだったんですね。


まあいわゆる 勉強できない子ですから

そこでは


「最下位クラスの6組」に所属となりまして

さらにその中でも「6組のクラスの中

さらに下のほう」だから席も後ろのほうなんです。


「最下位クラスのさらに下」だったわけです。


たぶん偏差値ってのは37とか36くらいが

最下位だと思うんですが


すなわちその地域の生徒さんの中では

私は明らかに偏差値っていう基準だと

底辺に分類されるわけですね。



そこでとりあえず私は現実を知るんですが、

勉強してもこれ無理なわけです。


何言ってるか分からない、

「分からないことが分からない状態」です。


これ勉強できない人はみな分かることなんです。

「分からないことが分からない」のであります。


んでまあ「ああ俺勉強できないんだな」とか

分かりまして、


まあそこで、結局偏差値38前後の人間が

いくら頑張っても当時は限界ありまして、


なんとか40後半まで当時もっていったと記憶してますが

しかしそれでもダメでして、


まあAちゃんとは同じ学校には行けなかったんですね。

Aちゃんはこれ、すごい頭良い学校に行ったけど

私は結構勉強できない子達が集まる学校は受かった。


中学校は離れ離れでして子供時代、強く悲しみました。



それでまあ 俺は馬鹿で勉強できないな、って思っていて

まあ中学校に入るのですが


ただそこで「素晴らしい先生」と出会ったのですね。


その先生がこれ、K先生って言って、

よくマラソンをしてる人で、


数学の先生でした。


それで彼の授業はすごい面白くて

教科書とかほとんど使わない、のですね。


一言「自由」だったんです。


ちなみにK先生は、授業中にいっぱい色々話してくれて

彼の奥さんが病気で亡くなってしまったけど

今は教育に打ち込んでることであったり


色々、教えてくれて、授業中は演説を沢山してくれたけど

それが面白かったんですね。


あと、数学の授業ってのは普通の学校では

教科書使うんだけど


彼の授業が特徴的だったのは


「正解にたどり着くルートってのはな

教科書だけの方法ではなく

本当は「沢山ある」んだ」


ってことを教えてくれたわけですね。


だから彼の授業はいわゆる 問題が書かれてる

プリント用紙を生徒に配るんですけど


そこでその問題について、

「生徒で指名された4人が、

毎週、解き方を事前に考えて

みんなの前で自分なりの解き方をプレゼンする」


ってものだったんです!


それでここで感動しまして、

私は今まで勉強できなかったけど、

今までの勉強って 解き方も、回答も全部用意されていて


そのレールに沿わないとダメっていう教育だったんだけど


数学のその授業では毎週4人が解き方をプレゼンするんだけど

そこでは「それぞれ正解にたどり着くまでのルートが違う」

のですよ。


ある人は良く分からない公式をどっかから持ってきて
それを使って解きだすし、

ある人は教科書にあるような凡庸なとき方、


またある人は、とんでもなく全然違う方向から
解きだしたり、


そこで「問題の解き方ってのは1つだけじゃない」

って私は知ることになったんですね。


それでこの授業を2年以上は受けたんですが

それで私は思ったわけですね、


小学校のときは意味不明な学問だったけど

今はちょっとは分かるし、


文章も読めなかったけど沢山読んでいたら

文章も読めるようになってきた、と。


だからこれまたそこで地域で有名な中学生用の

塾に入ってみたんです。


そこで偏差値テストってあの冷酷な怖いテストがあるんだけど

それを受けたら、小学生時代は偏差値がこれ38とか40の私が

なんと、70くらいになっていたわけです。



これ実話なんですね。私の親は覚えてる。


それで特に数学がやはり強かったのですが

私もこれ驚いたわけです。


それで逆にその頃は私は特待生コースみたいのに
入りまして、

そこでは地域の頭よい子とか、沢山いるんだけど

意外についていけるわけですね。


間違いなくK先生のおかげなんです。


んで結局1年くらいその塾入って偏差値ってのが

70前後からスタートして75くらいが普通になったから

関東ですとどの学校でも入れるようになったんですが


そこで私の場合は受験勉強の偏差値教育っておかしいって

思ってたから 大学受験なんぞしたくなかったので

付属にいったんですが


そこでは いわゆる 「びりギャル」ってのがありますが

その中学生版ですね、私はそれを自分の身で

経験したわけです。


だから偏差値っていうあの恐ろしい言葉がありますが

あそこで30代の塾からは無視される勉強できない子だったのに


「K先生の自由教育を受けて」一気にですね、

学力は伸びたのは事実なんですね。


ちなみにその頃何が変わったか?を私は覚えてますが

小学生のころ「脳内に何か柵が存在していた」んです。


これはすごい覚えてます。


何か脳内に「柵で囲まれてる何か」があって

いわゆるリミッターみたいなものがあったんですね。


本来は子供時代みたいに自由に脳で考えられるはずなのに

それがどうも小学校教育で「柵」が脳内に作られておりまして


こう言葉でいうと「思考が包囲されてる」みたいな状況です。

たぶん実際多くの人はその状態で勉強できない子に

私がそうであったようになるんです。



しかしこれがK先生に出会って

「もっと世の中自由に考えてよいんだよ、

正解にたどり着く方法が一つなわけないじゃないか、

正解へのルートは、もっと沢山の方法がある」


って数学っていう分野を通して教えてもらったわけですね。


そこで何が変わったか?っていうと

「本来の子供時代にあった自由な思考」ですね、


これが一気に戻ってきたというか開花してくる感覚です。


だから「柵に囲まれて」今までは脳内が動かなかったんだけど

K先生の言葉で、おそらく私の脳内の構造が

「言葉による自由思考へのある種の外科手術」がされたんですが


それで一気に、脳内が思考で満ち溢れるようになったんですね。


それでそうなると国語とか英語も哲学って部分では

同じなんで


分かるようになってくるわけですね。


私がもっとも苦手に思っていたのが英語でしたが

もう意味が中学生1年の時分からなくて発狂しましたが


「なんで 「あ い う え お」じゃなくて

A B C Dなのだ。

こんな変な言葉でコミュニケーション取ってる人間がいるものか、

宇宙人じゃないか」


とこんな感じで 「別の言語が世の中にある」ってのも

意味が当初 勉強できない子だったので

分かりませんでしたが


それも 当時アルファベットも中学1年のとき

読めませんでしたが


「とりあえずそういう 日本語と全然違う言葉を話して

生活してる良く分からない人がいるようだ」

ってわかってきまして


英語も分かるようになってきたわけですね。


とりあえず私は中学1年生までローマ字も読めませんでしたね。


日本語以外の言葉が世界にあるってのが

よく分からなかったわけです。



がこれもK先生の数学の授業受けてる中で色々わかってきて

世の中には色々な人がいて、数学も正解への道は多くある

ってのも分かってきたわけですね。



ここで一気に「自由思考が開花」したのを私は

今でも鮮明に覚えてます。


それでそうなってくると受験勉強なんかはかなり簡単になりまして


「自由思考のあくまで一部の思考を

受験勉強ってのは

切り取ってそれを正解と位置づけてる」


ってのも中学生なりに分かるんで


もうそれは勉強が一気に簡単になるわけですね。



それで上記は私の経験した実話なんですが

要するに、


「人の脳ってのは色々「タガ・柵」がはめられており、

そこで能力が制限されてるけど


実はその「タガ・柵を取り払うと」一気にその人が

持っていた潜在能力は発揮される」


ってことなんですね。




だから簡単に言うと、

「自由な思考をその人が身につけていくと、

そうなると努力が努力ではなく「楽しいこと」になるので、

一気にその人の成長は最大限発揮される」

ってことです。


ちなみに私は結局当時

勉強が嫌いでありましたが


もう文章読んでも意味が分かりませんし

(もちろん音として読むことはできるが言ってる意味が分からない。
最近言われる 難読症ディクレシアというものです。)


勉強が嫌いでしたが

上記 K先生に「自由思考」を学んだけど


その後・・・なんと難読症ディクレシアは治っちゃいまして


今オッサンの私は 学者も読めない

英語の抽象的な論文とか普通に

読めるわけでして

(時々ムズイ単語は調べるけど)


そこで自由思考に出会って脳の成長が加速したわけですね。

子供時代 英語という意味不明言語で頭がおかしくなった私は

今英語で海外で暮らしてるわけですが


子供時代の私が今の私みたら驚くと思います。


それで重要なのが「自由に考えてよい自由思考」が身につくと

そこでは一気に「苦痛な勉強⇒勉強って楽しくね?」

と思うわけですね。


要するに感情としては

今まで勉強=苦痛でしたが


「楽しい」って感情がちょっとづつ出てくるんです。



自由だから、楽しい、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これです。


ちなみに「長い文章が読めないディクレシア」

ってのは 私もそれだったので良く分かりますが


これは実は「才能ではない」のが私の経験上で分かってることですが

それはズバリ、

「文章をどんだけ読んだかの経験の差」でしかない

のですね。


だから本当は病気扱いしてはいけないんです。


要するに 文章を読んで、人間は脳内にイメージを作って

理解するんだけど


その「イメージ形成をする能力がまだ育っていない」のが

私もそうだった ディクレシアであり、


しかしそれは 自由に考える=イメージを作るのが上手になります




ここで脳内の前頭前野で新しいネットワークが

出来てくるんですが


これが数を積み重ねることでおそらく

脳内に構築されて


それで文章を理解できる脳になっていくんですね。


インプットしてアウトプットする、

これを繰り返すと、実はディクレシアってのは治っていくわけで

極めて後天的なものです。才能ではない。


そんで学ぶのが楽しければ、

どんどん、これ文章を読み込むってのが苦じゃなくなるから

一気に 文章読解力は上がっていくんですけど

(すなわち脳内で抽象イメージを作る能力が上がっていく。)



だから世の中にある学問の話ってのは

大体が後天的なものであるわけですね。



だから実のところ、生まれて人々は能力の違いがあって

不平等に生まれてくるってのが世の中の自然ですが


そこで現実として、その不平等は認めるんですが

その上で自由に考えることを学び、

その上で脳内の「柵」を外すことで


多くの人の潜在能力はどうも相当数伸びるってことなんです。


これを示してるのが実は深見さんでもありますが


だから後天的な教育ってのがすごい大事なんですね。


そんで投資哲学ってのもよく最初は分かりませんが

「勝つことじゃなくて負けないことが大事」

とか

「上がっても下がってもよいようにする」とか


まあ最初は意味不明でしょうが


これも自由に哲学を素晴らしい方に学べば

意味がわかってきて


それをそれぞれの投資家が自分の投資行動に移せる

わけですね。




【残り1日で募集終了です!】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……tokuten_g/




それで、上の話の批判として

「元々そういう素質があった子供たちが

たまたま 思考を制限されて、

それが開放されたから良い結果になったのではないか?」


という考え方もあるはずなのですが、



そう実は、私は成人した後の営業マン時代に

「ある実験」をしました。


というのが営業マン時代、これ

営業成績が悪い社員さんがいじめられまくっていた

わけですね。



まあかわいそうですよね。


営業会社ってのはすごいもので

営業成績が悪い社員たちをこれ上司がみんなの前で

脅し上げるってのが普通でして、


私がいたところはそうでしたが

もうだから、大柄な日焼けしてガングロな上司とか

同じく大柄なラグビーとかやっていそうな

甲子園で活躍した元野球やっていた上司が、


例えば細くて弱そうな、営業成績が出せない社員さんに

毎時間、ミーティングがあるんですが


その際に 大声、もしくはシャツとか両手でつかんで

脅しあげるわけです。


だからまあ日本の会社ってのは怖いもので

大人もイジメをしてるわけですね。


ただ私はそれをおかしいと思いましたから、

「それを俺にやってみろ」とかよく止めていたんですが


まあそういう 上からの圧力で 物言わす上司たちが

いじめするのは私はスルーしなかったんです。


だから周りにいた人たちは冷や冷やしてみていた。


そんでそのいじめられてる社員さんがいて

まあほんと弱い見た目で、ターゲットになりそうな子だったけど


私は非正規でしたがどの社員よりも契約上げられる状況だったから

このいじめられてる社員何人かにですね、


「営業」を当時教えていたんですね。


ちなみにその時本当に私がやったのが

「その社員たちの脳のタガを外す」ってことで


K先生が私に昔やったことなんだけど

それを、した。


私はもう成人してましたから、ある程度会話すると

その人の脳内のネットワークがなんとなくイメージで

見えるようになってましたから、


「営業で契約取れない社員たちの脳内の柵、タガ」が

見えていたんですけど


そこを「外して」あげたんです。


ちなみにその会社も 今のマスコミみたいな洗脳を主体としており

色々な価値観操作を会社経営でしていたんですが


全部その会社の 社員扇動手法とか、

全部教えて、その上で議論したんですね。


そこでいじめられてる社員さんたちは「脳内にタガ」が

沢山組み込まれてるので


それを外してあげたんですが

そこでその社員さんは会社の全ての 洗脳構造とか

見えてる状況で


また上司や役員の言ってる「元気に話しましょう」とかの

全く役立たない教えが無意味であるってのも

気づく状態になるわけですが


さあそれらに気づいた社員さんたちは・・・

勿論、一気に知能、思考が上がるから


それは昔の私がそうでしたが


やはり等しくみな、同じように、

一気に営業成績伸ばすわけですね。


すなわちその辺の社員たちをごぼう抜きするくらいの

営業成績にそういういじめられていた社員さんたちは

しばらくして成っていくわけですが


そうすると上司も営業成績が良くなってくると

いじめられませんから、いじれませんから、


まあ私は相当感謝されたんですが


要するにこういう方々が私が 警察天下りのコンプライアンス部と

戦ってる時、


私に色々情報をくれて助けてくれた。


それで私の「実験」ってのはすなわち

「脳内の思考を自由にさせてあげたら

みな等しく成長するか?」


っていうある種の実験でしたが

これ、あまりにも頑なに洗脳されてる方でなければ

まあ普通に脳内の「タガ、既存常識」は外せまして、


そこで彼、彼女の能力が営業という分野でも

急激に上がるってのは私は確認したわけですね。



だから、いわゆる才能よりも

後天的な思考の自由さですね、


これを開花させてあげるほうが

人間の能力は最大限上がるってことです。


それを投資の分野でやってきたのが

深見さんですよね。


これが素晴らしいわけです。


もちろん断言はできませんが

しかしあなたが深見さんに学び続けたら

一気に能力が最大限発揮される可能性はおおいにあるわけです。



【残り1日で募集終了です!】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……tokuten_g/



【対談音声5本目】GYAKUSOU(逆走)-FXの内情を暴露します!
⇒  http://fxgod.net/onsei/taidan_……ukami5.mp3


【超有料級の対談音声4本目を公開!】
深見さんが「福岡のFX師匠」に学んで
開発した「ミラーステップ投資法とは?」

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/fukami4/


【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】
みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/fukami3/



【深見×ゆうの対談音声2本目を公開!!】
インターネットは現代の「魔法」なのだ

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/fukami2/



【深見さん×ゆう 対談音声1本目を公開!!】

「今まで信じてきたことのほとんどは嘘かもしれない!?」
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/fukami1/
(スマホでも聞きやすく音質調整もしてます♪)



それでここで

「ICT IT技術の意味」もお伝えしますが


当時は深見さんのエピソードのように

すごい方に「自由な思考を学ぶにしても」ですね、


福岡の師匠の話のように


頭下げないと学べなかったってのが当時でした。


が、今はいやらしい話、マネー出せば

その講師とつなげれて学べてしまいます。



しかもわざわざ 東京から福岡に片道2万円とか

かけなくても


電話で「自由な教育」が投資分野でも可能となってしまってますね。


それでここで大事なのが


「既存の(IQなどを寄りどこにしてる)天才を

IT活用して自由思考を身につけて学び続けた

ある種の努力家が ITを活用して抜き去ることが出来る時代」


それが2021年です。



正確にはたぶん2000年代後半から

そうなってきてます。



例えばですが、英語なんかでも

元々 神童って言われた東大生の方でも

英語のラジオとかは意味不明状態ってのが

本当のところですが


しかしスカイプ英会話で1日2時間を

2年「楽しく」継続した努力家は


英語のラジオでさえ理解できるようになってるわけですね。


例えば、全然元々自営業者でもない

サラリーマン家庭で育ってきた人間が


ITを活用して、その上で、自営業の哲学学んだら

神童って言われた東大出身の方を

年収や資産で抜いてしまうわけですが


そういった現象が沢山出てきてるんですが、


すなわち「ITを活用した凡人が天才を抜く現象」

ってのが沢山 最近、出てきてる。


これが実は今の時代でして

「天才であること、生まれたときから知能指数が高いこと

それらがあまり意味ない産物」


にしてしまったのがインターネットのすごいところ

なんですね。



どういうことか?っていうと

例えば今までは情報が等しく行き渡りませんでしたから、


そうですねスポーツにおいて

「100メートルを11秒台で走る」

ってのはなかなか出来なかったわけですね。



芸能人の井手らっきょくらいしかできなかった。


元から筋肉など身体能力に恵まれていて

足が速いわけですね。



しかし今の時代は、ネットで「早く走るための

人間工学」とか色々情報があるはずで


ネットでも動画とか、理論が日本語だけではなく

英語でも世界各国の言語でも取れてしまう状況です。


天才は努力しないでも、

100メートルを11秒くらいで走る人も

いるでしょうが



しかし最初100メートルが15秒の人も、

それが「ネットの情報を分析、活用して

それを11秒にすることは可能な時代」

ですよね。


さすがに身体の才能もありますから

100メートルを9秒台は難しいでしょうが


しかし11秒台ですと一般人ではトップクラスでしょうが

それは「ITを活用した 自由な考えに基づく努力」

でそれが可能な時代なんです。



だから今の時代は

「才能のある天才を、


これITを活用した適切な努力の上で

楽しく努力を継続できる人間が凌駕していける時代」


になったんですね。


だからひょっとしたらあなたは

「あの天才だからできるんじゃないか」とか

思うことがあるかもしれませんが、


今の時代は「ITを適切に使えば」ですね、


あなたには時間が天才と同じく

平等にありますから、



その天才を、しばらく時間かけて

楽しさを意識して学べば、ですね、


抜くことが出来る、これが実は

今の時代なんです。


だからこそ インターネット技術は

世界では ITじゃなくて

コミュニケーションのCを取って


ICTって言うんですけど、


ここで素晴らしい人と距離飛ばしてコミュして

時には会ったりもできますが

(この人物のマッチングってのがネットのすごいところ。

今まではそのスゴイ人に会うことすらかなわなかった)


そこでその人の能力ってのは最大限

活用できるようになるわけですね。



脳の99%が使われていないとすれば

天才はきっと脳の1%をフル活用できるわけですが


凡人が脳の2%を使えるようになれば


最初その脳の性質が 天才と比べて低くても

2%使った凡人が

天才をおそらく追い抜くのでしょう。


それが今のICTのネット時代です。



【深見×ゆうの対談音声2本目を公開!!】
インターネットは現代の「魔法」なのだ

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/fukami2/



それでこれが大事で、

学ぶのは「楽しく」学ぶってのが大事ですが


それはその人次第ですね。


正確には「楽しさを見出して学ぶ」のがよいのですが



これは幸せについてもそうです。


例えば私は 海外で多くの人と交流する中で

その交流で幸せを「見出し」ますが


すなわち「見出す意識」が大事で

楽しいってのも同じです。


例えば投資で「良く分からない哲学」を聞いて

反応は2つあって


1 なんか意味不明だな~頭おかしいんじゃないの



2 なんか良く分からない考えかただけど

面白いな



と2のように楽しさを見出そうとする姿勢が

ありまして、


実はこの2の「楽しさを見出そうとする姿勢」

は本来子供の時から備わってます。


子供の時はそれこそ何もおもちゃがなくても

身近なものをおもちゃにしてしまって、


そこで楽しもうとする気持ちがありますが

これは大人になればなくなってしまうものだけど


実は本来は人間に備わってる力でして


投資を学ぶにしても「そこに楽しみを見出す」わけですね。


したら続きます、継続しますね。


だから結果になる。


だから「楽しさをその哲学とか考え方で

投資の学習でも見出すこと」ですね、


これが大事でして。


そういう人は深見さんの教材は合ってると思います!


特に今回は以下の特典も残り1日で終わりですが

付きますので




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


メルマガ読者限定特典1

【通貨の相関関係、逆相関とはなにか?
FXの仕組みを理解する】
(動画特典)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


メルマガ読者限定特典2

常識を覆す「ミラーステップ投資法」の極意
(スペシャル動画特典)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


メルマガ読者限定特典3


複数通貨ペアを網羅するミラーステップ投資法の秘訣
(スペシャル動画特典2)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


メルマガ読者限定特典4

【激レア特典!深見のプライベートセッション】



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


是非上記の特典も活用して

あなたの能力を長期で最大限に

伸ばしていくとよいと、思います!!


だから今の時代はスゴイ時代なんですね、本当は。


それこそICT インターネットが登場する前は

「俺は才能ないからとか」

「俺は頭悪いから」

っていう、ある種の言い訳が実は出来たのですが



インターネットの登場で

一気に 「人間の成長の限界が引きあがったため」


それこそ 既存の天才たちを

ネット活用して スゴイ人とであって

楽しく学び続ける努力家が抜き去ったりしてるから



それがいえなくなってきてるんです。


だからある意味インターネットってのは

競争を公平にしてくれたんだけど


今までは天才エリートの1人勝ちの社会でしたが

ネットの登場で



特にITの民間教育を通して

既存の天才エリートたちを 凡人が抜きされてしまう環境

になったわけですね。


だからインターネットの教育、

ICTを使いこなしていく人間が


人間関係、人生全般、経済的にはどんどん豊かになるわけで

これが今の人類全体の流れですから


そこでこの環境を活用するかしないかは

まさに

あなた次第ということになりますね!


そういう意味で可能性に満ち溢れた時代なんで

是非私たちはこんな時代でも

成長したいものですね。


では!



ゆう















☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【対談音声5本目】GYAKUSOU(逆走)-FXの内情を暴露します!
⇒  http://fxgod.net/onsei/taidan_……ukami5.mp3


残り 2 日で
あなたも世間の常識を疑い
逆走していく GYAKUSOU-FXは販売終了となります!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……tokuten_g/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







追伸・・・

さて、それでもうこのIT使った民間の教育が

今後どんどんすごいことになりますが


既に海外では見られる現象ですが

「日本でいう小学生の年齢なのに

年収何十億円」という少年、少女たちが

沢山出てきてます。


日本でも出てきてる。


今後このITを活用した 学習を使いこなして

楽しく学ぶ凡人の若者が増えてきますが


その結果、彼らの中に絶対に今後

スーパーマンのような

 

「ネットで投資もビジネスも学びきって

とんでもない能力で稼げて、


なおかつプログラミングもプロレベルで

なおかつロボティクスでロボットやAIを自分で組み立ててしまって、

なおかつ語学は5カ国語以上 操り、

なおかつ 洗脳やプロパガンダも学んで

時にはそれを使うことも見破ることもでき、


なおかつ、数学や哲学なども一流学者以上に理解して

なおかつ、恋愛技術もその辺のホストを越えるレベルで

なおかつ、世界の事象のあらゆる現象を理解して

なおかつ、格闘技もプロ格闘家より強い

なおかつ 音楽や絵画などの芸術を

プロアーティストレベルに表現できる」




みたいな プロフェッショナルというよりは

何でもできる ゼネラリストみたいな


スーパーマンというよりは、

もはや何でもできるある種の


「IT教育が生み出した怪物」みたいな

とんでもない知性を持った子供が


今後 言い方悪いですが、

世界中で「大量生産」されます。


イギリスの産業革命前後の海の時代は

まさに工場労働者のロボットみたいな

大人を大量生産するのが人類の流れでしたが


今後の陸の時代では、


上記のようなゼネラリストで、

何でも出来る マルチな能力を持ってる若者が

ITの民間教育を活用して、大量に出現してくる。


これは不可避です。



もうその予兆が海外に住んでると見えまして

彼らが今後 旧来の教育受けてきた大人の

ライバルとなるわけですね。


そこでじゃあその時大人たちは

上記のほとんどが出来ないのが現状であり、


だからそこで私たちも学び続けて常にアップデートしていく

のが今後のためにも大事になりますね。


それで今はITの影響で 本当は、

大人であるあなたの能力はかつてないほど

すさまじく向上できる時代でもありますので


みなその可能性に気づくのは10年以上経過してからでしょうが

今のうちから力つけておくと良いですね!



そしてそうしておけば、そういうとんでもない能力もった

子供たちが台頭してくる10年後も


そういった子供をなんとか叩く大人ではなく

優しい目でその若者を見守ることのできる

時には彼らに投資できる、


大人になれることでしょう。




では!



ゆう










☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【対談音声5本目】GYAKUSOU(逆走)-FXの内情を暴露します!
⇒  http://fxgod.net/onsei/taidan_……ukami5.mp3


残り 2 日で
あなたも世間の常識を疑い
逆走していく GYAKUSOU-FXは販売終了となります!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……tokuten_g/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







追伸2・・・ちなみに何でそういった子供が

今後台頭してくるかなんですが


今まではそれこそ 投資を一流に極めようとした場合、

「すごい先生に出会って学ぶ=脳内の思考回路を変えていく」

ってのがハードルがあったんですね。


だから深見さんみたいに福岡県とかまで

バスとか新幹線で通って土下座しながら、

ようやく そういった知識にありつけて、学べたわけです。


しかしネットは距離の制約をなくしまして、

「凡人でも学びたい人と、すごい能力ある人間」

をマッチングすることが簡単になったんですね。


ということは、当然、今後の子供たちは

距離を乗り越えてすごい先生たちと接して

能力を最大限にあらゆる分野で伸ばしますから


とんでもない能力持った人間が今後育ってくるわけです。


それで子供だけではなく大人でも

それが実は可能でして


それは若ければ吸収が早いですが

大人でも子供で1ヶ月でマスターするところ

3ヶ月あればマスターできたりしますが


大人であってもまだまだ死ぬまで最大限能力があがって

成長できるんですね。


「体、身体は年齢を重ねれば、老化していくけど

あなた含めた、

人類の脳だけは死ぬまで成長する性質」


これに勝機を見出すわけです。


では!





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【対談音声5本目】GYAKUSOU(逆走)-FXの内情を暴露します!
⇒  http://fxgod.net/onsei/taidan_……ukami5.mp3


残り 2 日で
あなたも世間の常識を疑い
逆走していく GYAKUSOU-FXは販売終了となります!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……tokuten_g/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★











コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください