無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【投資での負けは大体が「コツコツ勝ってドカーンと負ける」 ことであるのを深見さんのPDFから考える!】

2021 4月 12 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【投資での負けは大体が「コツコツ勝ってドカーンと負ける」
ことであるのを深見さんのPDFから考える!】
⇒メルマガ後半で!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その4)

⇒  http://m-academy.biz/one/groups/0826/
(※トレードの種類と最適な選択をお送りします!)


【深見さん×ゆう 対談音声1本目を公開!!】


「今まで信じてきたことのほとんどは嘘かもしれない!?」
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/fukami1/
(スマホでも聞きやすく音質調整もしてます♪)


【特典についての深見×ゆうの対談音声です!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……en_fukami/
(直リンクの音声となってまして
スマホでも聞きやすく音質調整してます)




【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その3)

⇒  http://m-academy.biz/one/groups/0823/
(※FXの口座複数でポートフォリオを組むことや
個人投資家のあり方など!)

(前回の2つの無料レポートは以下です)


【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その2)

⇒  http://moneyacademy.xsrv.jp/fu……i/0820.pdf
(※損失を受け入れること、そして
入り口エントリーから出口戦略へ。)




【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その1)

⇒  http://moneyacademy.xsrv.jp/fu……i/0817.pdf
(※「概念が投資や人生全般で大事である」という話)



【こちらの深見さんから
電話やメールサポートで3ヶ月や4ヶ月とかの

期限がついていないで

長期間、あなたがつながって
学び続けられるのが 深見さんのGYAKUSOU FXです!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……tokuten_g/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



どうもゆうです!

いつもご覧いただきまして
ありがとうございます!



さてさて、前号にて深見さんの

新しいFXの無料レポートプレゼント4つめを

お渡ししましたが、いや~すごい反響ですね。


ちなみに私は比較的、日本について楽観的に見たりすることは

増えてたりするんですが(昔は超悲観でしたが)


それはやはりコロナで明らかに

「考える時間」が増えた人が多くて、

例えば、今まで満員電車の通勤で疲れきっていた人たちも
まとまった文章を読む時間が増えたわけで


結構多くの日本人がこれすごいことに
哲学とか、本読むとかに再度、目覚め始めてる感じは
すごいするんですね。

日本は元もと、勤勉さで世界的にも有名でしたが

といっても、この10年くらい少しおかしな感じでしたが


またこれコロナを機会に?勤勉さが戻りだしてるような
雰囲気もありまして、

だからこれ私は日本について時に
楽観的になったりします。

まあ油断はできないのですけども。



それで今回扱ってる深見さんのPDFなんですが

いわゆる「投資哲学」に分類されるところでもあると

思いますが、


結局なんだかんだ 

投資哲学を究めて言った人たちが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
負けないで、収益性を出すってのが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今の時代なので、
~~~~~~~~~~~~~~~~~


是非PDFを見ながら

色々考えていく時間、を作っていただくと良いと思いますね~



【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その4)

⇒  http://m-academy.biz/one/groups/0826/
(※トレードの種類と最適な選択をお送りします!)




それで、深見さんのレポートや言葉ってのは

とにかく大事な内容が色々含まれてるので


解説が必要だと思ってますが



とりあえず初っ端から書かれてることがありますが

それが



「相場はそもそもどう動くか分からない」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


っていう考え方なんですね。


ちなみに、私はこれ自立してから、一気に人脈というのか、

付き合う人が変化したわけですが



私の場合は昔こういうネット上の塾とかに入って

いきなりですね、若くして富裕層みたいな


いわゆる当時の私からしたら「異次元な人」と

話す機会が増えたのですよ。


ちなみにこの深見さんの案件を支えてるのが

山本さんって大金持ちですが



深見さんとの対談で声で出演されてますが
この人なんかも当時、話すのさえ緊張する
スゴイ人ってことで有名だった。


【必見】深見純インタビュー動画(音声)を公開!
⇒  https://vimeo.com/439660719/7049afa0c8

(インタビューしてる方がこれまた億万長者の
経営者、株式投資家の山本さんという方で、
2人の富裕層たちの対談となります)


ちなみに今回の深見さんの案件は何が面白いかっていうと
やはり山本さんと深見さんっていう富裕層たちがメインで

作ってる案件ですから独特で面白いと思ってますが


まあそこで私は独立してからというもの
色々な富裕層に出会って
分かったことがあって


要するに多くの成功者たちは

「世間とは間逆、全然違う認識」を持ってるものなんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だから時に天才すぎて変人に見えたりもする。



例えば多くの人は「予測、予想」と言う言葉が

金融では大好きですが、


私はこれについては株式投資家のあきらさんって
すごい投資家に学んだのですが


投資ってのは実は

「未来の予測とか予想はできない」

ってことからスタートするんですね。



ただじゃあそこで、相場には法則性がありまして

「波」ってのは必ず発生するわけでありまして


これがまさに 学者のアダムスミスが言っている

神の見えざる手であるわけですが


ちゃんと波のように上にも下にも動くってのが

相場の面白いところでもありまして


そういった相場の構造上の性質がいくつかあるのですが

それを活用して 負けないように投資するってのが


多くの富裕層たちが行ってることでありますよね。


それで重要なのが、相場ってのは

定期的に暴落が起こるわけでありますが


それは去年のコロナ相場なんかがまさにそれでしたが


「いつその暴落が来るのか?

その暴落のすごさはどんなものなのか?

誰も分からない」
~~~~~~~~~~~~~~

んですね。


ちなみにネットでは「為政者がそれを全て操作してる論」

も勿論あるわけですが


私も相場とかで投資をしていて分かるのが

「おそらく為政者たちでさえそれがいつなのか?とかは

分かってないかもしれない」のですね。


だから結局暴落とか急落がいつ起こるのか?は

一言

「神のみぞ知る」、

「自然だけが知ってる」


っていうくらいの話であって


私たち個人は未来予測や予想を放棄して

事前対策するって姿勢がすごい大事なんです。
~~~~~~~~~~~~~

だから最初はこういう深見さんみたいな成功者が

言ってることって意味不明であるはずで


全然世間の人と言ってることが違うから、

それこそマスコミや金融サイト見ても


「予想、予測」という言葉であふれてる時代なんですが

そこで「最初から予想や予測をなるたけ放棄していく」

ってのは最初は意味不明なのですが


しかし徐々に 予測を放棄していくトレードや投資戦略を

実行していくと


「体でわかって来る」面白さはあるのですね。


深見さんの生徒さんたちはそれを体で理解して、

それで資産を増やしているわけですよね。


それでこの「予測を放棄して生活する」ってのは

実は多くの人が日常生活でもやってることなんですが


例えばそれはよく書きますが

「雨」ですよね。


天気予報ってのが出始めて、それに人類は依存するように

なりましたが


やっぱり当てにならないもので、

雨と予報が出ても翌日天気だった、なんてことは

かなりあるわけです。


本当は人類はすなわち明日の天気さえも分かりません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ただ雨は降っていないけど、

明らかに空に厚い黒い雲がどんよりかかっていたら


多くの人はそれを見て

「念のため、今日は 折りたたみ傘持って行こう」

とするわけですね。



ここで「今日は降らないと予想する!だから折りたたみ傘は

持って行かない!  とは日常生活で考えない」

ですよね。


けどそれを投資では何故か多くの人がやっている。



本来は日常生活では

「もし雨が降っても大丈夫なように」

そのシナリオを作って その雨が降るシナリオが

実現するかどうかは分かりませんが


ちゃんと事前に準備、対策するものですが

こういった 予測や予想に賭けない態度ってのは


投資では大変大事なのですね。




【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その4)

⇒  http://m-academy.biz/one/groups/0826/
(※トレードの種類と最適な選択をお送りします!)


まあだから過去の検証や経験の結果


「歴史から

今後こうなる可能性は高そうだな、くらいしか

人間は判断できない」わけでありまして


逆にそうならない最悪のケースはいつでも起こりますから

常に、暴落を想定しておいて、

雨が降るのを想定しておいて


事前にその場合に、以前深見さんがおっしゃっていたように

「出口を作っておいてあげる」わけですね。



この出口戦略は以前にお渡ししてますが

全て「繋がって」ます。



【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その2)

⇒  http://moneyacademy.xsrv.jp/fu……i/0820.pdf
(※損失を受け入れること、そして
入り口エントリーから出口戦略へ。)



だから出口戦略ってのも大多数の人は

「利益になった場合の出口しか作っていない」のですが


そうじゃなくて、利益にならなかった場合であったり

損失が出た場合の出口戦略も作ってあげる必要がありますし


また相場が全然動かないでお金の効率性が宙に浮いてる際に

出口戦略を出直しのために作り直すのも

ありですよね。


逆に上記のような投資哲学が固まっていないと

どうしても確率的に負けてしまう、

資産が減ってしまうってのも分かるかと思います。



世間的にはこれ なんかのインジケーターが

シグナルを出してその通りに売買して大もうけ??
みたいな

そんなものは多いのですが


上記のような投資哲学が固まっていたら

結局負けづらいから利益になるし、


逆にそこが弱いとどんなシステムやロジック使っても

稼げないってことになっちゃうわけですね。



それでこのレポートの知識がありますと、

トレードや投資をしてる際に、


「自分の精神状態が正常か?を

自分でチェックできるようになる」


のでありますが、



その多くの人が焦り出す損失額ですね、


これが

「個人の金銭感覚とリンクしてる場合⇒危険な兆候」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
でありまして


ちゃんとそこで「自分で気づける」わけですね!!


「もう俺はこの 損失額20万円を

毎月の給料20万円に結び付けて考えてしまっている。


もうきっとこれはまずい兆候だ。

一度損失確定して、出直そう」


と考えられるわけです。


これが資金を守ります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だから必ず投資では損失が出る期間が

「必ず、絶対」これは出てくるんですが


その際の自分のメンタルのマネージングが出来れば、

その人は負けを小さくして最終的にトータルで資産増やせるし、


それが「出来なければ、」

これは実は大多数なんだけど

最終的に資産が ドカーンとなくなってしまうわけですね。



日本語で「テンパる」って言葉がありますが

要するに損失出したり出てる時に

「テンパらない」ってのが大事なわけですが



そのためには損失が出た時に関しても

ちゃんと事前にシュミレーションを行っておく必要があって


その際に損失が来たら

「あ、事前に考えていたように暴落きたぞ」

って姿勢から始められるので冷静に対処しやすいですね。



ちなみに事前に暴落の想定をするのは大事なんだけど

これはよく書いてますよね


■バックナンバー
【「暴落を事前想定するFXや株や金のトレード・ポートフォリオは
やっぱり強い」】 っていう話
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2288#2288


やっぱり今後何が起こるか分からないから

その時のために準備しておく、
~~~~~~~~~~~~

これが投資家の取れる唯一の態度なのだろうと

私は思います。




それで今回深見さんは

「心理」を相当掘り下げてるわけでありますが



「動かせるお金がいくらというよりも、

自分がパーセンテージで見られなくなる金額。


見られる金額と、見られなくなる金額の境目を、

知っておかないといけないわけです



なぜそうなのか。


個人の金銭感覚と、

リンクしてしまう分岐点を見つけるのです。





と、書かれておりますが

これがすごい大事なのですね。


だから

投資=自分と向き合う時間がめちゃくちゃ増える


のが特徴で面白いところでもありますが、


深見さんなんかは最初生徒さんに

「少額で検証」を必ずさせてるのでありますが


それは「ちゃんとパーセンテージで考えられる感覚」

が少額で検証してる時点で、分かるからですよね。



例えば1000通貨で損失が2000円出てしまいました

っていっても


これは多くの日本人は大体 月の平均所得は20万円前後

あるわけですから


そこで「ああ運用金は本来100万円だけど

そのうちの0.2%減っちゃった」


とは考えられますね。


それでこの小資金での検証の「運用感覚」を覚えておく必要が

ありまして


その のんびりした感覚を


実際に動かす 本来の運用資金でも
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
保持できてること、ってのが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大事なわけですね。
~~~~~~~~~~~~~~~


だから運用資金の決定ってのも ちゃんと

考える必要がありますが


深見さんがおっしゃってるように


「個人の金銭感覚とリンクしないゾーンを発見してください。」


ということで


例えば損失20万円が出たとして

それをもし「俺の月給が・・・」とか

「旅行行けたのに・・・」とか思ってしまうようであれば



それは「あなたの器」を越えてる

損失額とも考えられますね。



逆に1000万円くらい1口座で運用してる人からすると

20万円は2%に過ぎないって感じですが


その人はその20万円の損きりしてまた

悠々とトレーディング、投資を積み重ねればよいわけですね。



だから正解がないってよく言いますが

この「運用金はいくらがいいですか?」なんてのは

まさに


「人による」ものなので


そこで

損失金額が自分の金銭感覚とリンクしないゾーンを
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分の心と感情と相談して決めていく
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ってのが実はすごい大事なんです。



【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その4)

⇒  http://m-academy.biz/one/groups/0826/
(※トレードの種類と最適な選択をお送りします!)




ちなみにですがこれも自分だけで見つけていくのも

大変ってのが正直なところですが


それについては深見さんのコミュニティに入った方は

今回、特典4で

「プライベートセッション」ってのがありますが


これはあくまで話す内容は自由ですが

もしあなたが最適な金額を相談したいようであれば


深見さんに話したら

色々 お互いに考えて、最適な運用金額もわかって来るでしょうから


もしよければ特典のプライベートセッションなんかも

使っていただけると良いでしょう。




【こちらの深見さんから
電話やメールサポートで3ヶ月や4ヶ月とかの

期限がついていないで

長期間、あなたがつながって
学び続けられるのが 深見さんのGYAKUSOU FXです!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……tokuten_g/




■■■■■■■■■■■■■■■■


投資で損する理由は

「コツコツ勝ってドカーンと負ける、

コツコツドカーンに集約される」。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だから「負ける方法」は少ない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方 稼げる方法は多数ある。


が多くの人は「負ける方法」に集中する
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■■■■■■■■■■■■■■■■



それで上の話ってのは実は

「投資で負ける人の大多数はコツコツドカーン」

であるってのとつながってまして


いわゆる適切な資金管理、

その「適切な」って意味は


まさに自分がパーセンテージで考えられる金額で

運用しましょう、ってことでもありますが



それが出来る人は実は

コツコツ勝ってドカーンと負けるとかは

しないわけですね。




ちなみに「投資の真実」ってのがありまして

私なんかは実は最初

「負けてる人を研究した」んですね。


要するにシンプルな発想で

「負けてる人のあらゆる点で逆を行けば

最終的に勝てる」


って考え方でして、



私の場合 勝ってる人に学ぶのも大事だとは思いますが

それ以上に


「負けてる人の考えてることの
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
逆に真実があるからそれを学ぶ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ってのはよくします。


深見さんも書かれてますが

実際、世の中って逆張りって言いますが、


逆張り発想にこそ真実はあるわけですね。


コロナだってそうですよね。


マスコミが言う表の情報の裏側に真実が

ありますよね。

基本的に大衆は間違えるんです。だから逆を見る。




まあそれで私は実は

「面白い投資の真実」を知っていて、


これもまたFXの書籍とかではあまり書いていないけど

しかしすごい大事なことなんだけど



「負けてる人のほとんど全ての人は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
間違いなく コツコツドカーンで負けてる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

んです。




これがすごいすごい大事なことなんですね。


実は投資で負ける方法ってあまり多くなく

少ないはずなんだけど


「負ける心理パターン」って決まっていまして


最初は 多くの方が


コツコツ利益計上して

感情的に「嬉しく」なるわけですよね。

そこで今後資産が増える未来「だけ」を考えてしまって


脳みそがやられちゃうんだけどそこで

楽観に陥っていくわけですね。



そして「ある日」ですね、その持ったポジションと

間逆の事象ってのがこれは「確率的に必ず」起こるわけですね。



相場ってのはちゃんと 成長の後 調整があるのが常ですから。


しかしここで 心情的に「楽観だけで過ごした人」ってのは

その暴落という大悲観の現実に耐え切れませんね。



さて、ここで彼、彼女は

「コツコツ利益を計上してきた」のでありますが


そこで事前準備もしていないから

「大きい損失」を経験するわけでありますが



ここで、その損失を受け入れられないっていう

事象がまさに深見さんが今回レポートでおっしゃられてるように

大多数の方に、起こるわけです。


これは事前に、ちゃんと

「自分が許容できる、自分の金銭感覚と結びつかない

損失額を想定していたら」


起こりえないんですけども、


大多数の人は事前にそこまで考えて

資金管理を徹底しませんから


それよりは最初欲望だけで入りますから、

だからその「いつかある日」に これ気が動転するんですね。



ここでもうどんどん含み損が拡大して
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それでまさに「ドカーンと負ける」んですけど
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


実は負ける方法論ってほぼこの1つの
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感情の挙動に集約されるわけですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



だからあるFX塾でそこではセミナールーム貸し切って


参加者にインタビュー取っていたんだけど

そこで


「今負けてる人~~」って手を挙げてもらうわけですが


そこでその方々全員に

「どのようにして負けたか?」を講師さんが聞いたんです。


私その光景自分の目で見ていてよく覚えてるのですが


負け方って色々ありそうじゃないですか?



が、これ「本当に全員同じ」でして

「コツコツ勝ってドカーンと負けた人「しか」いなかった」

んです。



逆にコツコツ負けて損きり貧乏で負けました なんてのは

これ滅多に聞かないですよね。

(それは普通にB-BOOK使ってるから 注文を事前に見せないで

裁量EA使って決済すればよい話。)


だから面白くて、これはFXだけに限らず

私なんかはもう長年 世界各国の株もやってるんだけど


利益上がっていない人って


金融分野ですとFXだろうと株であろうと暗号通貨であろうと、

「コツコツ勝ってドカーンと負ける」人に

集約されるんですね!!


これが私が最初注目したところで


「じゃあ投資ではその間逆の考え方を持てば

長期で資産が増えるということだろう」


と最初仮説を立てましたが

やっぱりその通りでした。


みんなは予想しようとする

⇒自分は予想放棄


みんなは最初に資金管理考えない

⇒自分は資金管理を最重視


みんなはロジックや手法ばかり追い求めてる

⇒自分は投資哲学と投資心理ばかり考える


みんなはマスコミの情報通りに投資する

⇒自分はマスコミを逆指標に使う


みんなはポートフォリオとかアセットアロケーション考えない

⇒自分はポートフォリオもアセットアロケーションも考える


みんなは勝ちにこだわる

⇒自分は負けないことにこだわる


みんなは人気ある権威ある講師のスクールに殺到する

⇒自分はマイナーなアットホームなスクールで

一般的には変人の素晴らしい講師に学ぶ



例えると、こういった姿勢ですよね。


実はこれらの「みんな」とちょっと距離をとりますと
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コツコツドカーンって起こらないわけですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



それで投資では

「コツコツ勝ってドカーンと負ける」

いわゆるコツコツドカーンくらいしか


負ける方法ってなかったりする、といっても

過言じゃないと私は思ってるんですが



一方「稼げる戦略」なんて沢山あります。



が これ面白くて


負ける方法が1だとして稼げる戦略が99だとしてですね、


しかし・・・「90%、いや99%が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

負ける方法1つに集中しがち」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


なのが投資のすごい面白いと言うとよくないけど

人間社会を反映してるところなんです。



だから世間には

負ける戦略は極少数で

勝ちにつながる戦略は沢山あるのに


人間ってのはその極少数の負ける方法である

コツコツドカーンに集中しちゃうってのが


投資の特徴なんですね。



これは人間の脳でプロスペクト理論ってのがあって

結局「人間は気持ちよいことは早く確定して

痛いことは 先送りしたい」


ってのがあるんですが


基本的に多くの人はこの脳の本能に逆らえない

ってことですよね。



気持ちよい利益確定は早くしてしまって

痛みがある損失確定は遅くしたい、


これが人間ですね。


逆を言うと 投資で稼げる=人間として不自然

なんですが


実はその心理を構築するのが投資哲学の肝でして

それを深見さんは教えてるからまあ価値があるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ちなみにこの辺の資本主義で負けづらい精神状態を

作るプロフェッショナルが実は

世界一の投資家であるヲーレンバフェットでありまして


彼は「資産10兆円を超えた」のがこの前報道されたけど

もう億万長者中の億万長者ですね。


しかし彼は昔300万円だとかで買った家に今でも住んでおり

そして、毎朝、これはドナルドトランプ大統領もそうですが

マクドナルドで3ドルくらいで食事してるわけです。


ちなみにですが、大投資家バフェットと、トランプ大統領の

出身は ペンシルベニア大学のヲートンスクールでありますが



おそらくですが、ヲートンスクールでは

この辺の 経済界における心理の作り方を学べるのが

強いのでしょう。 イーロンマスクもヲートンスクールだ。


それで、実は私はバフェットのバリュー投資など

銘柄選択基準などの本とかも

色々読んだけど


それ以上に書籍で重視してるのが

「バフェットの日常生活」を描いた書籍で


これはあなたも興味あれば


「ヲーレンバフェット 本」とか探せば

沢山あるから


何冊か読んで欲しいんだけど


とりあえず「10兆円あるのに普通の生活」をしてるのが

バフェットの特徴ですね。


これは今ワクチン行政で悪いところもあるんですが、しかし

ビルゲイツもそうですね。



さて、それでこれは当然もうここまで読んだら

気づくでしょうが


「バフェットがそのような生活してるのは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
投資家としての意味」があるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


というのはバフェットはたぶんですが資産が10兆円超えたのも

この前報道されてるけど


彼は「10兆円だ~わーいわーい、とはなっていない」のですね。


冷静に「運用金額が10兆円になったな」くらいに捉えてるだろうと。


バフェットの思想を見ていると。



ただこれが大事で普通はですね、

例えば「コツコツ儲かれば」ですよ、


多くの人は「このお金で何か服を買いたいな、旅行したいな」

とかそんな感じで


「自分にご褒美」考えちゃいますよね??


そうこの時点で深見さんが指摘されてる

「お金と個人の金銭感覚を結び付けてますが」


ここでその後の投資判断で問題が生じるのは

想像に難くない。



それでバフェットであったり、あとはトランプ大統領もですが

毎日マクドナルドやバーガーキングですが


ここで「個人の金銭感覚と 運用金額のリンクを

断ち切ってる」

わけですね。



ちなみに私ゆうもこれは昔、相当バフェットの書籍で

学びまして、バフェットはそれを推奨してるわけではないけど


バフェットの成功の裏は間違いなく彼の 銘柄選択にあらず

日常生活の心情にあると分析して

真似したわけです。


だから普通は「稼げるようになったら贅沢して

生活レベルを上げます」よね??


が、私の場合


「稼げるようになって資産が増えていったら

逆に生活レベルを落としていった」


わけで


これ今もしてますが、

私は今 東中欧におりますが、

そこでは生活費とかは 日本の生活保護以下で済んじゃってます。

(といっても物価安いから毎日タクシー移動で

我慢はしてないですし、食べたいものもちゃんと沢山食べられる)


それでこれは私の中では結構大事なことで

すなわちこれをやると

「仮に利益があがっても全然嬉しくなくなってくる」

わけですよね。


だって数字で時価総額が増えてるだけで

別にそれで贅沢するわけでもなく、

自分の生活レベルを上昇させるわけではないから

ですね。


それでこうなると「運用金と感情が完全分離」できるのですが

そうなると、別に増えても嬉しくもないし、

減っても特に心動きませんし


本当に「運用」になるんですね、感覚としては。


だからここで感情的な判断がなくなっていくわけでして

冷静に「負けないことへの工夫」に集中できるわけです。


ちなみにこの 投資で最も問題になる感情の解決策を

バフェットはいち早く発見したわけですが


だから彼は天才なんですね。



ちなみに「稼いだらちゃんとそれを使うべし」っていう

派閥もいまして、


特に起業家の方だとそういう人って多いでしょうが


しかし、資産で言うと冷静に見ると

バフェットの資産が彼らの数万倍とか数十万倍あるわけですね。


それは当たり前で 大して普段消費もしないで

生活で幸福感じられて、


定期的に大きなお金が入ってきても

それを再投資に回してる投資家であれば


その再投資割合が高ければ、


当然そういう人は複利が味方になるわけですから

資産が数字の必然で増えるわけで


その人たちが金持ちになるのはこれ当たり前と

いえます。


ちなみにバフェットなんかは昔300万円とかで

買った家に住んでると言われますが


これも「長期保有」になりますが

今その家の時価は10億円前後になってると聞きますが


彼は本当は不動産でも長期保有のすごさを

見せ付けてますね。


ちなみに「多くの人が出来ないのが長期保有」ですが

例えば、「1つの株を3年や5年以上持ったことのある人」

ってのはほぼいないわけですが


実は長期保有がもっとも難しいと言われる。


なぜか?っていうとやはり生活と投資収益をあまりに

結び付けてしまうと

利益確定を早めにしてしまうのが人間ですから


伸ばしきれないわけですね。


が、稼げるようになったら逆に生活レベルを落とす

くらいのことをやってると、


円転やドル転を、世間では利益確定と言いますが

それは別に利益確定してもあんまり使うものないんですから


だったら市場の神の法則に任せて

伸ばせるだけ伸ばすようになるわけですね。


実はこの 過度な欲望は持たないようにして

だからといって一定程度の欲望は認めるってのが


資本主義の考え方としてあって

それが資本主義の精神と言われますが


それを実践すると投資だと色々な問題が解決してしまう

ってのが私が体感で分かってることですかね。




【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その4)

⇒  http://m-academy.biz/one/groups/0826/
(※トレードの種類と最適な選択をお送りします!)




ちなみにですが、ここで重要なのがさらに進んで言うと、


投資家が運用金を増やすことで

世界の多くの、最近ですと

新興国の起業家が実際は 需要があるのに

資金が足りないで サービス拡大できない状態なのですが


この起業家たちをファイナンスすることが

先進国の個人投資家は今後、可能になってくるわけです。



例えば目の前に1万円があったとして

単なるおっさんの私が

それをテキトーに高い食事で消費するよりは


私がその1万円を適切な起業家に提供して

その代わりに株式取得をしたほうが


世界経済成長率ってのはあがるわけですね。


例えば、年利20%前後は平均で負けないで

上がるだろうという運用能力の「負けない確信」が

その投資家にある場合、


その1万円ってのは30年後には

複利で237万円になると考えますね。


本来、今あるその1万円は 30年スパンで見れば

私たち投資家が運用すれば世界経済で

237万円の価値を作るわけですよね。



と考えると、やはり投資家で負けない技術があるならば

自分の消費に使うより、

ガンガン素晴らしいビジネスを展開してる起業家に

投資を進めたほうが良いっていう


そういう前代未聞の考え方があるわけですね。


例えば、私が3万円の高級料亭で毎日のように、

食事するより


世界の遺伝子組み換えの流れに危機感抱いて

子供のアレルギー増加などを懸念して、


自然な農産物や食事を提供しようという企業が

30年後に時価総額を拡大したほうが 良いわけですね。



例えばですが、これはあくまで私個人の経験で

憲法の言論表現の自由の元書くことですが、


本当にありがたいのはバフェットが昔、投資してくれた

コカコーラでありますが



私は海外に住んでますが、病院に一切いきませんから

風邪を引くといつもコーラを温めて

自分の自然免疫で完全に40度の熱とかも

治してしまうのですが
(その際大量の汗が出るのですが、笑)


これができるのも「世界のどこでもコーラ買える」ってのが

あるから可能です。



もしバフェットが昔投資していなければ、

コーラはどの国でも買える状態になっていなかったかも

しれませんね。


だからまあ 「年間で年利10%でも20%でも

ちゃんと負けないで運用できることを

かなりの確度で確信できてる投資家である場合」


に限りますが


そういったケースですと消費を減らして

投資を増やしたほうが良いわけですね。


例えば毎月30万円の税引き後の

所得があるサラリーマンがいたとして


その人は 相当勉強して、

年利20%くらいは運用で負けないで

出せる能力がある人だとします。



その人は今まで生活費で28万円使っていて

2万円は投資に回していたとしたら


そこで本来は生活費を15万円におさえて

15万円を今後人類の発展につながる


特に今後成長する新興国などの世界の企業に

投資したほうが


世界全体の経済は上昇するわけですね。


ちなみに貧困解消とよく左派の方は言いますが

今までの歴史を見れば日本もそうでしたが


貧困を解消してくれたのは

歴史を見れば日本含めて

その国の「資本主義ベースの経済成長」でありました。




まあそれでそのサラリーマンが仮に

そういった再投資をすれば


その人もその恩恵を受けて

例えばその15万円はまあ年間で180万円くらいの

投資になりますが


その1年目の180万円ってのはこれ

バフェットなど「負けないこと」を徹底的に学び、

複利で毎年20%平均であればですね、



30年後にはその180万円は

4億円くらいになってるわけですね。

4億円の世界経済拡大に貢献することになります。


が、2年目、3年目でも同じく180万円くらいの

投資が追加されるから


合計では数十億円になるでしょうが、


そう考えると「負ける可能性が極めて低いと

自分で確信できるレベルならば」ですね、


消費はほどほどにして、

投資の割合を増やすほうが


その人にとっても世界の今後にとっても

なんだかんだ良いって見方はできるんです。



だから、バフェットはもう相当な確信で負けないで

結果的に増やせるのが自分の経験でわかってますから


消費減らして投資を増やしますし、


これは日本でもBNFさんとかも有名な投資家ですが

将来の複利を考えると


上記のような思考になりますから

節制することになるわけですね。



ただこの節制の目的は、

別に贅沢を敵だとか思ってる左翼思想なわけではなく、


むしろ人類や後世が将来より贅沢できるようにですね、


そこで有能な哲学持ってる起業家が

経済活動するための


投資金をファイナンスするために


「消費割合を減らした結果、

投資割合を増やすのが目的」


であるわけですね。



バフェットなんかはそれをずーっとやってきた

凄さがあります。



それで色々投資哲学ってのは存在するのですが

それを理解すると、


実はコツコツドカーンは起こりづらくなりますよね。



【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その4)

⇒  http://m-academy.biz/one/groups/0826/
(※トレードの種類と最適な選択をお送りします!)



だから投資ってのは成功してる人の多くが

哲学者みたいな人が多くて深見さんなんかが

まさにそれですが


レベルは時に高すぎて意味不明かもですが

何度も読んで理解していくと


実は投資の面白さ、が分かるってのがあります!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それでそういう強い投資家が増えたら

人類は 恐ろしい共産主義にも対抗して

資本主義を繁栄させられる可能性はあがりますよね。



それで資本主義社会の主人公は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
官僚でもなく、官僚と癒着する多国籍企業でもなく
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やはり投資家と起業家ですから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今後はより投資家サイドも色々勉強して


強くなっていくことが大事かな~と

深見さんの無料レポートを見て

私は思った次第です。


こういった投資哲学とか知っていくと

色々今まで抱えてきた問題が クリアになっていくものなので


それこそ自然と、コツコツドカーンの癖が

治ってたりするものだから、



本当に面白いですよね。


それでは!!




ゆう










★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その4)

⇒  http://m-academy.biz/one/groups/0826/
(※トレードの種類と最適な選択をお送りします!)


【深見さん×ゆう 対談音声1本目を公開!!】


「今まで信じてきたことのほとんどは嘘かもしれない!?」
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/fukami1/
(スマホでも聞きやすく音質調整もしてます♪)


【特典についての深見×ゆうの対談音声です!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……en_fukami/
(直リンクの音声となってまして
スマホでも聞きやすく音質調整してます)




【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その3)

⇒  http://m-academy.biz/one/groups/0823/
(※FXの口座複数でポートフォリオを組むことや
個人投資家のあり方など!)

(前回の2つの無料レポートは以下です)


【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その2)

⇒  http://moneyacademy.xsrv.jp/fu……i/0820.pdf
(※損失を受け入れること、そして
入り口エントリーから出口戦略へ。)




【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その1)

⇒  http://moneyacademy.xsrv.jp/fu……i/0817.pdf
(※「概念が投資や人生全般で大事である」という話)



【こちらの深見さんから
電話やメールサポートで3ヶ月や4ヶ月とかの

期限がついていないで

長期間、あなたがつながって
学び続けられるのが 深見さんのGYAKUSOU FXです!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……tokuten_g/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆














追伸・・・・ちなみに

上に書いたような投資の資本主義を全肯定した考え方ってのは

日本ですとあまり聞かない考え方だと思うんですね。


しかし最近成長してる新興国の指導者の間では

おそらく上記の考え方、価値観は

共通の考え方となっておりまして、


要するに今 コロナであってもガンガン成長してる

新興国は一言、

「投資家カモン!状態」なんです。


これは私も外国人ですがビザ発給の戦略を見れば

分かります。


成長しまくってどんどん中間層が出来ている新興国では

もう分かりやすいのですが


まず「投資家カモン!」で投資家を呼び込んで

需要がどんどん社会に

作られるわけですね。


その投資家のマネーが多くの業者に流れていき

起業家は 需要を捉えるサービスを展開しますね。


それでその需要もさらに増やすために

消費をしてくれる先進国の外国人たちも旺盛に

ビザ発給する。


こうやって知らぬ間に、今まで貧困だった国々の

生活レベルが 中間層が拡大して

アメリカや日本や西欧などに肉薄してきてる

てのが今見られる現状です。



それで今までは個人投資家の役割はまだまだであって

個人投資家時代ってのはIT普及でせいぜい10年で

始まったばかりですが、


今後は個人投資家がより重要になって行きまして

「負けないで資産を増やしていき、

再投資してくれる個人投資家」ってのは


多くの資本主義を取り入れる国単位で重視されていきますね。

裏側で実は報道されてますが、投資家保護協定ってのも

2020年~2021年、多くの国家間で締結されてきてます。



それなので投資の「負けないこと」ってのを私たちは

今学んでるけど


それは今後数十年、すごい重要な考え方となりまして

世界では投資家がすごい大きな役割を果たしますね~


その結果、今まで貧困だった国も投資家を呼び込んで、


まさに東南アジアのシンガポールのように

富裕国家になっていくなんて事例は


2030年代に増えていきそうで

その際に 投資家のあなたの役割は

さらに重要になっていくわけですよね!



では!











【PDF】深見からあなたへの
FX無料レポートをプレゼント!(その4)

⇒  http://m-academy.biz/one/groups/0826/
(※トレードの種類と最適な選択をお送りします!)


【こちらの深見さんから
電話やメールサポートで3ヶ月や4ヶ月とかの

期限がついていないで

長期間、あなたがつながって
学び続けられるのが 深見さんのGYAKUSOU FXです!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……tokuten_g/













コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください