無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「サイバー戦争であること」を明らかにした トランプ大統領を支えるリンデル氏】

2021 2月 08 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【「サイバー戦争であること」を明らかにした
トランプ大統領を支えるリンデル氏】

⇒編集後記で!

~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!

いつもご覧いただきまして
ありがとうございます!!



さてさて、前号にて
若干詰め込みすぎましたが(笑)

以下の号を流しました!!

ちなみに最後のほうに書いた「民主主義を考えるかもしれない中国」
については実はそういった構想が

トウ小平時代にありまして、
MI6との駆け引きでそれは実現しませんでしたが

今後起こる可能性が出てきてるので
書きました~


あとやはりGAFAやツイッターの検閲がすごいですが
今日もゲートウェイパンディットのトップがアカウント削除されて
問題になってますが

この「大企業たちの検閲問題」ってこれから
大きくなりそうです。



【アマゾンのベゾスがCEOから退いたこと・着々と進む
トランプ大統領の 新SNS構想、や
「民主主義を考えるかもしれない中国」や リンウッド最新発言について考える!】

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2823#2823



それで今日なんかは副島先生のサイトが一時的に見られなくなっており
「ひょっとして検閲か?」なんて思ってしまいましたが

実際はサーバー代の支払い忘れっていうことで
今日書き込みがありまして「ほっ」としましたが
(これ実は結構 私たちの業界でもあるあるです)


まあ復活してよかったです。


さて、それで実は今アメリカと欧州あたりで
この1日半くらいで 話題になりすぎて

もう2000万回以上の視聴がされたとも言われてるものが
あり、

それが「枕屋さんのマイピローのCEOであり
トランプ大統領をずっと支えてきた マイクリンデルさんの
番組の動画」

ですね。



これ、私も昨日時間あって全部見ていたのですが
まあすごかった。

何よりもすごかったのが、以前にこのトランプ大統領と常に
連絡してるマイクリンデルさんですが

動画リリース前に 不正選挙の証拠を色々羅列すると
おっしゃっていたのだけど

見てみると、様相が違いまして

「2020年の大統領選挙はサイバー戦争の一環であるのだ」

ってことでサイバー戦争に入ってることを証明してるんですね。


これ英語ですが、分からなくても
なんとなく音声とかも音楽が時々入ってきたりするので

流しておくだけでも面白いと思います。


特に開始の1時間43分~からはアニメーションで
どのようにアメリカの大統領選挙が
海外からアタックを受けていたか?が

分かるので見てみるとすごいです。


【動画】アメリカの大統領選挙は
サイバー戦争であったことを証明してる

トランプ側近のマイクリンデル氏の
既に削除されたものも含めて全世界で
2000万回再生されたという動画
https://rumble.com/vdlbl7-abso……tv&mrefc=7

(Absolute Proof – Mike Lindell )

ちなみに最近ビッグテックの検閲がひどく
上の動画はユーチューブなどから既に削除されてますが


こちらのオリジナルサイトでご覧いただけます。(少し重い)

https://michaeljlindell.com/?f……nsUljnkIO8



それでこの動画、トータルで多くのサイトで合計して
2000万回は昨日で再生されてるということですよね。


ちなみにこの上の動画がまあ色々なところで
削除されまくっており、

現状、
RUMBLEとかオリジナルサイトで見るしかないのだけど
それくらい「見られたくない動画」なんだけど


まさに上の1時間43分~からの
100%のサイバーアタックからの証拠を持って
作られた サイバー攻撃のアニメーションがあるのだけど

これがすごいのですね。


それで 今日はズバリ「サイバー戦争」になってきてる
っていうところと

そこで最高裁が絡んできそうなので

編集後記で!










■バックナンバー
(編集後記に件名の内容があります。)


■【アマゾンのベゾスがCEOから退いたこと・着々と進む
トランプ大統領の 新SNS構想、や
「民主主義を考えるかもしれない中国」や リンウッド最新発言について考える!】

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2823#2823



【「リンウッド弁護士潰し」に民主党陣営が必死な理由、
を改めて考える!】
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2822#2822



【リンウッド弁護士が「最高裁での再闘争」に言及しだしたこと、
および ダボス会議でファイブアイズが出席できなかったこと
などを考える!】

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2821#2821



【副島先生の最新言論「やっぱり ローマ法王フランシスコが、
昼間、逮捕されている写真(画像)は、本物だろう」から
世界のローマカトリック支配の終焉について考える!】
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2820#2820



【「不正選挙のミャンマーでの再選挙実施」と
反トランプのヒラリーと仲良しのアウンサンスーチーが
軍隊に拘束されたこと、について考える!】
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2818#2818



■【副島隆彦先生の「魂の」最新言論
「トランプは先の先を考えて動く。人類の歴史がひっくり返った。」 を読む!】
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2816#2816


■【リン・ウッド弁護士の最新ラジオ分析から
「バイデン政権はフェイクであり現在はやはり
アメリカは FEMAなどの軍政下である可能性」について考える!】

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2814#2814



■【「アメリカの個人投資家とイーロンマスク」が
ヘッジファンドを 「刈り取った」ゲームストップ株の騒動から考える!】
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2812#2812


■【「トランプ・バイデン・軍隊」の3者で
「今誰が実権」を握ってるのか? を

リンウッド弁護士の英語表現を分析して考える!】
(副題:ついに最高裁が「トランプ大統領を好む判決」を出してきた。)
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2810#2810


■【世界各国の内閣や首相が
「同時に総辞職・辞任」していること、、

さらに「検閲のない自由なSNS」を
トランプ陣営とイーロンマスクが 作っていく流れについて考える!】
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2808#2808





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   【ゆう音声プレゼント】

「損失額を最初に確定して戦略的リスクテイクをしていくと

ガチに人生は変わる!」(確率が非常に高い)

という音声です!


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……settei.mp3



 【ゆう音声プレゼント】


【「負けない技術」について考える!】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……skill_mp3/

(MP3音声です♪スマートフォンでもお聞きいただけますので
気軽に聞けるように後ろにBGMも入れておりますので
移動中や寝る前などなど、お好きなときにお聞きください♪)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
      








==========編集後記=========

さてさて、ここ最近ですが

「ツイッターやGAFAなどの検閲がひどい」ですね。

一言で。



今日なんかは

ゲートウェイパンデットのトップもですし、

あと今日扱う 枕屋さんのマイクリンデルさんもそうですが


とにかくトランプ大統領側を応援する要人たちのアカウントが

どんどんツイッターに削除されてしまっている。




それで今もっとも検閲されてしまっているのが

今日のこの動画ですが



もうこれがおそらく民主党陣営に最も不都合だってことで

それで各種SNSだとか、動画サイトから

削除されておりまして


ユーチューブやVIMEOでも削除されたそうです。


これもいつまでご覧いただけるか分かりませんが
今の日本時間2月8日の夜時点では
見ることができます。


【動画】アメリカの大統領選挙は
サイバー戦争であったことを証明してる
トランプ側近のマイクリンデル氏の2000万回再生されたという動画
https://rumble.com/vdlbl7-abso……tv&mrefc=7

(Absolute Proof – Mike Lindell )

■こちらのオリジナルサイトでもご覧いただけます。(少し重い)
https://michaeljlindell.com/?f……nsUljnkIO8




それでこれは 今トランプを支持してる
1億人以上のアメリカ人たちの中でも

特に情報を追ってる人たちの間で
注目されてる動画ではありますが、


削除されたもの含めると
たった1日ちょっとで2000万人前後が
見ているようです。



そして何がすごいって、


この動画の 開始1時間43分~~

あたりの 


11月3日以降に、大統領選挙で行われた

「サイバー攻撃のアニメーション」
ですよね。


ちなみにその前に、多くが65%以上が

これ中国からの攻撃となっておりますが


証拠となるIPアドレスで

どのような大統領選挙において

サイバー攻撃が何時に行われて
っていうログなどが全部説明されておりまして、


まさにこれから最高裁裁判で注目の
アメリカのミシガン州とかジョージア州に向けてこの

サイバー攻撃が行われたのがわかる。


そこでそのIPアドレスを元に、
実際の攻撃がどういうものであったか?

ってのを示してるのがこの動画の開始1時間43分~~
のアニメーションなんです。

これヤバいですね。




【動画】アメリカの大統領選挙は
サイバー戦争であったことを証明してる
トランプ側近のマイクリンデル氏の2000万回再生されたという動画
https://rumble.com/vdlbl7-abso……tv&mrefc=7

(Absolute Proof – Mike Lindell )

■こちらのオリジナルサイトでもご覧いただけます。(少し重い)
https://michaeljlindell.com/?f……nsUljnkIO8




それで今回のこの動画ですが

トランプ大統領を資金面でも支えてきた

枕会社社長で、大成功されたマイクリンデル氏が
私財を投じて作り上げた長編動画なのですが


見たら分かるのだけど


「単なる動画ではない」のが分かるんですね。


私もこれまあ

「ああ、もう知ってる今までの不正選挙のことを
まとめた動画なんだろうな」とか


最初は思っていたけど


見てみたら「重さ」が違いました。



実際は「2020年の大統領選挙で

不正選挙が明確に行われていた証拠

が多く提示されておりまして、


そしてそれらで証言してる人たちも

内部告発者であったり、


また政権中枢に近い方々、

またこれから最高裁での訴訟を控えてる方々」


なわけですね。


普通にあの選挙マシーンであるドミニオンとか

スマートマティックとかサイトルとか、

そういったパウエル弁護士がおっしゃっていた

名前も出てきますし、


ドミニオンで働いた女性なんかも途中登場してますし、


さらに プロの情報分析官たちが集合して

最後には あのマキナニー中将も登場してるのですけど



明確にマイクリンデル氏とおそらくですが

米軍サイドが組んで、


その上で不正選挙の証拠をしっかり出して

それで作り上げた動画となってるわけです。


特に1時間37分~あたりがすごくてですね、


もう普通にサイバーアタックってのは通常、

色々な国を経由しながら ステルス化して 踏んで、

その上で仕掛けられるでしょうが


ただおそらくこれは元のサイバーアタック元の
IPアドレスなんだけど

それが全部1時間37分~あたりから


大量に全部掲載されてるのですね。



ちなみに大多数はやはり、

トランプ大統領の以前の中国制裁で
利権を失う、中国共産党内の軍産勢力の
サイバー部隊からの攻撃であろうな、

とも分かるのですが

また面白いのが日本JAPANの名前も実はちょろっと入っていたり
しますね。


けども実際はやはり米国債の大量保有国でもある

アメリカの金融と実際は利権のつながりが強かった
腐敗した官僚勢力が多い

中国からのサイバーアタックが顕著なことが
重要ですよね。




【動画】アメリカの大統領選挙は
サイバー戦争であったことを証明してる
トランプ側近のマイクリンデル氏の2000万回再生されたという動画
https://rumble.com/vdlbl7-abso……tv&mrefc=7



それで私はこれ見てすごいな、と思いまして、

「単なる大統領選挙の不正選挙の証拠を
あげていく動画ではなかった」

のですね。


要するに、色々このアニメーションの前に
多くの情報解析者が暴露していくんだけど


それこそEメールシステムの開発に携わったと言われる
シバ博士も登場しておりましたが

明確に今回の動画は、


今回の米大統領選挙は


「歴史上類を見ないサイバー戦争である」


っていうことを

証明するための動画となってました。


だからこれ、以前に安倍首相がコロナ騒動で

第3次世界大戦について言及したのでありますが


実際は、今はやはり以前書いたけど

第3次世界大戦下であるっていう認識になりまして、


「ウイルス戦争の最中の

かつてないサイバー戦争」

が起こってる現状なんですね。



ちなみにこれは実は11月~12月くらいに

パウエル弁護士が言っていたことで、


あなたみたいな詳しい人は
なんとなく感じ取ってることでしょうが


しかし、一般的には「サイバー戦争?なんじゃそれ?」

って感じでしょうから


今回のマイクリンデル氏と、おそらく米軍サイドのかたらが

協力しながら


人々に理解させるために、今回の番組を作り上げたと

思われます。


ちなみにバンバン拡散してほしいそうですが、

この1時間37分~以降の

サイバー攻撃元のIPアドレスの表

(これはサイバー攻撃、不正選挙の証拠ですね。)


その後のIPアドレスの表から作られた

アニメーションなんか見たら

たぶん誰でも「サイバー戦争が行われてる」


ことが分かるんですね。



【動画】アメリカの大統領選挙は
サイバー戦争であったことを証明してる
トランプ側近のマイクリンデル氏の2000万回再生されたという動画
https://rumble.com/vdlbl7-abso……tv&mrefc=7



それで今回、選挙での集計システムで

実際に海外の多くのサーバーを介して

不正選挙っていうか、サイバー空間での


選挙干渉が行われたのがよく分かるんですが、


とりあえずこの動画見て分かるのが

ネットワークにつながって、


それでパケットがアメリカから見て海外の

中国やヨーロッパなどのサーバーも経由して


投票数の割り当てがいじくられていたってことが

よく詳しく語られてるわけですね。



感じとしては、

一度投票用紙を読み取って、それを

イメージファイルに変えてしまうけど


そのファイルを海外サーバーに転送して

それがインプットですが、



それでおそらく海外サーバーで設定された

アルゴリズムで

事前に設定された統計データに基づいて


「アウトプット」がされていくっていう

シンプルな流れなのだろうな~


って(ネットで以前に言われたように)
分かってきますが


インプット(実際の投票をイメージファイル化)
⇒謎のアルゴリズム経由して
⇒アウトプット(投票結果)

となってるわけですが


これがまあ世界をまたいでされたってことがしっかり
示されている。


この謎のアルゴリズムを統計的に、偏差なども

使ってこのリンデル氏の動画では各種専門家たちが

説明してるのが印象的で



さらに インプットからアウトプットまでの

中国をメインにして欧州など全世界をまたいで


データがやりとりされて アウトプット(選挙結果)が

出された一連のパケット送信のやり取りが

全部暴露されてるわけです。


まあ動画の中には 一部の郡で

バイデンに数百票入って、

トランプに8票しか入っていないという

確率的にありえないことも


ちゃんと数字で証拠として出てきてるんだけど

これもアメリカ国内だけで起こったことではなくて

海外サーバーとサイバー空間で連結して


行われたものであるってのが

見てる人には分かる編集構成となっている。



だから

これは動画見て私は驚きまして、

単なる不正選挙を扱った陰謀論動画では

済まない動画なんですね。


思いっきり 攻撃元のIPアドレスなども

見せてますので。


これは・・・民主党側の

グーグルバックのユーチューブは
削除するだろうな、
と一瞬で分かる内容となっていて、

今アメリカだけじゃなくて世界中で
見られており、全世界で今拡散されていて
2000万回は全部で再生されたそうです。



【動画】アメリカの大統領選挙は
サイバー戦争であったことを証明してる
トランプ側近のマイクリンデル氏の2000万回再生されたという動画
https://rumble.com/vdlbl7-abso……tv&mrefc=7




それでこれ「最後に登場する人物」がそうです、

あの不正選挙追及にて沢山名前が

出ていたけど


「マキナニー中将」なんですね。



だから今回の動画を作成した

「プロデゥーサー」はまさに


トランプ大統領を資金面でもバックアップしてきた

枕会社で大成功されてるマイクリンデル社長ですが


そのマイクリンデル社長は

トランプ大統領と、そして米軍、両方に通じてる

存在であるから、相当警戒されてるのでしょうが


実際は、トランプ大統領側というよりは

米軍の情報解析の人間たちと一緒に作ったのが


今回の動画であろうってのが見て分かるんですね。


それで最後のほうに

あのマキナニー中将が

登場して


「みなさん、見ていただいて分かるように

今回の大統領選挙は 

過去に事例を見ない、

(外国からの選挙干渉である)

サイバー戦争だったのです」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを

私たちにしっかり明言して教えてくれるわけです。


ちなみにマキナニー中将は

米国空軍退役中将であり、

大統領と国防総省の下で最高位だった人物ですが


要するに・・・今回のマイクリンデルの動画は

「単なるアメリカの枕屋さんの動画ではなく」


国防総省側が作成に関わった動画、と言えるんです。


それでマキナニー中将がおっしゃるのが

まず今回のこの動画のプログラムで一貫して説明されてる通り、


今回の2020年の大統領選挙ってのは

単なる不正選挙ではなく、


人類の歴史の中で経験していない、

サイバー戦争攻撃であり、


実際はサイバー戦争が起こってる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ってことですね。



そしてさらに アメリカ建国の父たちはこの

サイバー戦争について何も知らなかったので

対策はできていなかったけど


実際に 「私たちアメリカ人はこれ

サイバー戦争の渦中にあるし、


それが今回サイバー戦争によって 

選挙システムが侵入されて


今回の問題につながってる」

ってことを

マキナニー中将は最後に

おっしゃってるわけですね。



それでこのサイバーアタックで最も

重要な役割を果たしてるのが中国などの国々であり


そしてマキナニー中将は空軍で35年を過ごして

そしてゴア副大統領時代も経験してきたけど


その中でも見たことのない、

事態に直面していると。


しかし軍隊はアメリカ国民をしっかり守っている

という、これリンウッド弁護士もおっしゃっていた

ことを言ってまして、


一方、敵はアメリカを

グローバリズムに推進させようとしており



そして敵は、これ社会主義や共産主義の

入り口として進歩主義を言うけども


実際は進歩主義は単なる共産主義の入り口であり

最終的に世界的な共産主義化を敵は望んでいると。


その上で本当はトランプ大統領がこれ

7900万票以上を獲得したわけで

それが重要であるってことを


マキナニー中将は言っておりまして


何よりも

「現在は、歴史上類を見ない、
「サイバー戦争の渦中」であるという認識」


を示したのが大きいです。


それで今回の動画は何よりもすごいのが


「焦点を、今回の不正選挙自体において

「歴史に類を見ない

サイバー戦争が行われていたことを証明した」


ことであり、


不正選挙のやり口は色々ナバロレポートとかでも

言われていたのだけど


それよりも「パウエル弁護士がずっと追っていた

海外からのサイバー空間を通じた選挙介入」


などについて集中的に説明してるのが

すごいのですね。



だからやはり以前メルマガで

今は第3次世界大戦の最中ではないか?なんてことを

仮説で書いてますが


まさに 今はウイルス戦争とサイバー戦争による

第3次世界大戦みたいな認識に

この動画見ると

なっていかざるを得ないですよね。



だから不正選挙って単語よりも

サイバー戦争っていう単語が

2020年の11月3日に大統領選挙では重要なものである


ってことを今回の動画は証明して示したわけです。



それで戦争の形態はもう大きく変化したのが

分かるわけですが


元々インターネットってのも

DARPAが開発したアーパネットっていう軍事兵器で

ありましたが


その「インターネットは軍事兵器である」っていうのが

もろに、人類の歴史上初めて


今回の大統領選挙で大規模に確認されたってことですよね。



それでここで

「戦争の目的ってなんだろうか」

と考える必要がありまして、


ここで現代の戦争では核兵器打ち込んだり

そんな物理的な戦争ではなくなってきてる

わけですよね。


基本的には戦争ってのは


表向きでは
相手国から資源を強奪するのが目的であったり、
自国を防衛するものですが、


しかし実質では自国民に借金が多い政府部門の役人が

借金を帳消しにする口実として戦争が起こされたり
(日本人も太平洋戦争で資産を失った)



基本的には 為政者が民衆から

カネと命を強奪する手段として

戦争の目的がありますよね。


だからどの戦争見ても 戦争時には

民衆の権限ってのは

究極に縮小するもので、


最終的には私有財産制が為政者の毒牙に必ず

かかっていくもので、


いつの時代も戦争で 

金と命を失って、損するのは民衆なんですね。


ただその「目的」を達成するために

昔は 大きなこれ物理的な戦いが必要でありましたが


今の時代は、やはりサイバー戦争にて

相手国や自国のシステムに諜報がもぐりこんで


そこで私有財産制度を守ろうとする政権を

不正選挙なりで打破して



私有財産制を否定する共産主義政権を

打ち立ててしまうことは可能なわけです。



だから今の時代はサイバー戦争が

戦争の形態の主流となってるのだな、


というのが私がこの動画見て 改めて認識したこと

でありますが


まさにその渦中にあるのがアメリカなわけですね。


ここでバイデンなんかは思いっきり共産主義政策の

政権ですが、


やはり最終目標は アメリカ人の私有財産権を

骨抜きにしていくことでしょうが


そこでマキナニー中将が最後におっしゃってる

全体主義の共産主義の、グローバリズムを推進させること

であるでしょうが(いわゆるNWO)



その目的達成のために最も効率的だったのは


各種憲法が骨抜きされる

コロナ騒動(ウイルス戦争)


+

選挙制度そのものを破壊する

海外サーバーからの「サイバー戦争」による

政体改革


であったのでしょう。



要するに安定した国があっても

この ウイルス戦争+サイバー戦争で

その国の政体を 近代デモクラシー体制から


実質の共産主義体制に変更が可能ってことで

まさにその背後には「恐ろしい革命思想」

がありまして


この世界共産主義革命のひとつとして

米大統領選挙のサイバー戦争が発生しているだろう


という見かたとなりますね。


ちなみに私はコロナ騒動においても

丁度1年前くらいに 世界共産主義革命のひとつとして

今回の騒動が起こされてるって書いてるんだけど


やはりそうだったんだと思いました。



世界各国の官僚たちは実のところ共産主義思想であり

そこで世界各国の官僚同盟みたいのが実際あるんですけども


これは陰謀論でもなんでもなく、よく背後で世界の官僚たちが

集まって会議してますが


彼らは実働部隊となって、

そして世界各国の体制を ウイルス戦争+サイバー戦争で

共産化させていく動きがあるってことですね。



それで今回のは単なる不正選挙があるかないか?

の議論で矮小化させてはいけないってことで


今回トランプ大統領とつながっている

マイクリンデルさんが軍隊の方とも協調して


「今回の選挙騒動は 歴史的なサイバー戦争なのだ」


と人々に知らせるために今回の動画を作り上げたってのも

見ていて分かったことです。



というのは途中 動画で誰かが言っていましたが

サイバー戦争って「目で見えづらいから」なかなか

分かりずらいから 


多くの人に「サイバー戦争が起こってることを

認知してもらえない」のもあるんですね。


それが敵の目的でしょう。

だから今回

「明確にサイバー戦争が起こってるということを
認知してもらう」


ってのが大きなこの動画の目的としてありまして


だからこそ、ユーチューブなどGAFA側が

一気に上の動画の検閲をかけてきてるのも

分かりますね。



この検閲騒動ってのも大きくは

歴史的なサイバー戦争の

一環でしょう。


それで今回の動画で分かってくるのは

要するにこれからトランプ陣営は1月20日までの

裁判闘争では、


「不正選挙」に絞って闘争を繰り広げてましたが

おそらくこれから まだ裁判が30ケースくらい

あるのでしょうが


それに関しては明確に

「歴史上類を見ないサイバー戦争が行われており

外国からの選挙干渉があって


アメリカは戦争中であり内外から

攻撃されてる、という前提」


で裁判の主張が展開されていく可能性が高いだろうな

ってことですね。


それで前号まででお伝えしてますが

2月下旬に リンウッド弁護士、および

上のサイバー攻撃の主張を展開してたパウエル弁護士の

訴訟案件が


最高裁判事の間でもこれから協議されていくわけですが

そしてアメリカの状況は以前の大統領令からも

「戦争中」であるため、



おそらく軍隊に防衛されて最高裁判事たちは

今後動いていきそうですけど


もうそこでは以前の 単なる不正があったかどうか

を超えて、サイバー戦争の一つとしての選挙不正という

形で裁判が展開されそうです。



今回のリンデル氏の動画でも、

最高裁が今まで取り合ってくれなかったなどの

話が沢山出てきまして


「証拠は十分すぎるほどある。

しかし、その証拠自体を最高裁たちが

審理さえしてくれない」


ということを多くの人が指摘してますが


これが審理されれば 外国からの選挙干渉、

すなわちサイバー戦争であるってことも判事たちに

認められることになりますから、


そうなると全く事情が変わってきますよね。


要するにそうなればアメリカ国内外の左派勢力が

海外の官僚機構とも一緒に共謀して


アメリカというデモクラシー国家に

クーデターを起こしたってこと

になりますから。



と言うことで今回のリンデルさんの動画ですが

私も当初、今までもう散々みてきた不正選挙の証拠を扱った動画

と思ってましたが


実際は違って、「現在はサイバー戦争であることを

人々に知らしめる動画」でしたので


すごい動画だなと思って

憲法21条言論表現の自由を元に扱わせていただきました。



だから今後やはり、最高裁などでの

裁判は30ケースほど控えているので


この辺は注目したいところですね。



そしてこれらを踏まえると、明確に

コロナ騒動も、米大統領選挙の不正騒動も


最終的には 私有財産権を否定する

世界各国の共産主義化を目的としてるのは


もう明確ですから、


すなわち「結局カネの話」となるので

私たちも 考え方を色々見直して

自立して考えることが大事な時代となってきてますね!



では!


ゆう



追伸・・・あとここで

「点と点が線でつながる」のはありまして


「もし1月20日で全て終わったとするならば」

説明できないことが多いってのは

以前から書いてるけど


その中で「一体あのパウエル弁護士は何だったのだ?


クラーケンとか言ってたけど

何もないし、大人しすぎるでしょ!」



って突っ込み、矛盾があったわけですが


そうこのサイバーアタック、サイバー戦争の

可能性をずっと追及していたのが

パウエル弁護士でありましたが


そしてリンウッド弁護士でありましたが

ここでいよいよパウエル弁護士のおっしゃっていた

「サイバー戦争である外国からの選挙干渉」


に焦点が移りだした、というのが

重要ですよね。


明確に今までの 単なる不正選挙の追及劇から

「サイバー戦争におけるアメリカ国家の対応」に

焦点が移っていきそうなのが


今の状況で、そのためにマイクリンデルの動画が

重要な役割を果たしているってのが分かります。


ということでこれから 徐々に

今まで バラバラだった点が線となって

つながってくるようなことが


沢山起こってきそうですから

目が離せませんね!


では!










★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【動画】アメリカの大統領選挙は
サイバー戦争であったことを証明してる
トランプ側近のマイクリンデル氏の2000万回再生されたという動画
https://rumble.com/vdlbl7-abso……tv&mrefc=7




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   【ゆう音声プレゼント】

「損失額を最初に確定して戦略的リスクテイクをしていくと

ガチに人生は変わる!」(確率が非常に高い)

という音声です!


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……settei.mp3



 【ゆう音声プレゼント】


【「負けない技術」について考える!】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……skill_mp3/

(MP3音声です♪スマートフォンでもお聞きいただけますので
気軽に聞けるように後ろにBGMも入れておりますので
移動中や寝る前などなど、お好きなときにお聞きください♪)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
      








コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください