無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【副島隆彦先生の「魂の」最新言論 「トランプは先の先を考えて動く。人類の歴史がひっくり返った。」 を読む!】

2021 2月 02 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【副島隆彦先生の「魂の」最新言論
「トランプは先の先を考えて動く。人類の歴史がひっくり返った。」
を読む!】
⇒編集後記で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXの裁量×自動売買をあわせて


投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


”THE THIRD”。

「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

重要な教訓に基づいて

裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

未来の保証はできませんし100%はないものの、

ただ現状、

4年7ヶ月⇒4年10ヶ月で
負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。


【残り2日で販売終了】(2月2日水曜日23時59分で販売終了!)
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



どうもゆうです!
いつもご覧いただきまして
ありがとうございます!!



さてさて、私はここ最近色々な情報を調べたり、見たり聞いたり、
色々してるのですが

そんな中・・・私も長く学ばせていただいてる
日本のトップの言論人である、
副島隆彦先生が「魂の最新投稿」をされておりました。


今まさにトランプ大統領はコロナ騒動でも隠れることなく
表に出てきたNWOと戦っているわけですが、

そこでこの数日、一気に「空気」は変わってきました。
トランプ大統領たちにポジティブな流れ、が形成されてきてますよね。

それで、「後ろで何が起こってるのか?」」を
私たちは知りませんが、

副島先生がそれを全部書かれており、
そして「この戦いの意味」を書かれていまして

私も色々な文章を生きてきて見てきたけど
その中でもトップレベルの「魂の文章」でした。

素晴らしすぎる副島先生の文章なので、
見てみましょう!!


編集後記で!







■■■■■■■■■■■■■■■■■


【ラスト2日】お友達に話を聞いていましたが
素敵なEAだと感じています。


■■■■■■■■■■■■■■■■■


さて、それでこの3日くらいですか、
明らかに「雰囲気」が変わってきたのは

多くのトランプ頑張れ~と念力?を送ってる世界中の人は
感づいてることですけど


まあこれから、色々動きがあることでしょう。


それで、今この大統領選挙ってのは

数百年に一回の、大きな歴史的な転換点とも
なっておりますが、

その中で4年10ヶ月、
負けないで運用されてる商品が
このEA+裁量の「ザ・サード」ですね。


今日は引き続き事務局の市原さんから
あなたにメッセージです!!

↓↓

===============

【ラスト2日】お友達に話を聞いていましたが
素敵なEAだと感じています。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【2月3日にて募集終了となります】

⇒  http://the-third.net/thethirdy……index.html

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ゆうさんのメルマガ読者の皆様、

いつもお世話になっております、
システム運営事務局の市原です。


さて、

いよいよザ・サードシステムの募集も、
最後のカウントダウンが始まっております。


今回、ゆうさんの読者様限定の特別特典も、
ザ・サードシステムも手にすることができるのは、
あと、2日限りとなります。

最後の最後で悩まれている方は、
お早めにご決断いただき、手にして頂ければと思います。


【残り2日で募集終了となります】

⇒  http://the-third.net/thethirdy……index.html



この2,3ヶ月間にわたって、
ゆうさんの読者様に沢山のメッセ-ジを
お届けさせて頂きました。


弊社運営事務局にも直接ご連絡を頂けた方、
お電話で直接お話しいただいた方、

本日までお付き合いいただき、
本当にありがとうございました。


今回、ゆうさんの読者様独占で、
このような募集を行わせて頂きましたが、
基本的にこの「ザ・サードシステム」の、
一般募集は一切行っておりません。



その為、

「次はいつの募集でしょうか?」

「来月に参加したいのですが?」

「いつでも参加できますか?」

といったお問い合わせも数十件頂きましたが、
申し訳ありません。

次回の募集は未定となっており、
【2月3日(水)】募集終了以降の、
参加受付は一切行っておりません事ご了承くださいませ。


「2月3日以降」は弊社でも
会員様のサポートに注力していくため、
次回の募集はしばらく行いません。


唯一、

本システムを手にすることができるのは、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会員様からのご紹介のみといった形となります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


もともと、本システムは弊社に近しい方だけで、
少人数で密かに運用をしておりましたが、

運用していた方が、
「知り合いに紹介をしたい・お友達にも教えたい」
といったところから、少しずつ広まっていきました。


なので、基本的に”完全紹介制”といった、
クローズドでのご案内のみ
といったスタンスを取っております。


昨日、会員様からご連絡を頂いた、
この女性の方もそのうちの一人です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼お友達のお話を聞いて知りました!

⇒  http://the-third.net/yuu/130.png
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


実際に運用をしていたお友達から話を聞いて、
ザ・サードシステムを手にされた女性の方ですが、
こういった嬉しいメッセージをいただきました。

>>>>>>>>>>>>>>

稼働日には負けることなく、
コツコツ資金を積み重ねてくれていて驚いています。

お友達のお話を聞いていたので、
そういう素敵なEAだとは聞いていたのですけど、
それでも嬉しい驚きです。

>>>>>>>>>>>>>>



私たちも投資事業を運営していく中で、
会員様からこのようなご連絡を頂けることが、
なによりも嬉しい瞬間です。

それも本システムを正しくお使いいただき、
しっかりと資産運用を実現できている、
“お友達のおかげ”だと思っております。


日々このように私たちからもメッセージを
お届けさせて頂いておりますが、

ネット上だと顔が見えない状態ですので、
どうしても信憑性に欠ける部分もあると思います。

インターネットの普及は便利であるが故に、
怪しい・怖い・危険といったリスクも付きまといます。


そんな中、

実際のお友達のお話しや
知人・親族からのご紹介となると、
信用の度合いもグッと高まると思うのです。


そういった人と人との繋がりがとても大切であり、

会員様・ご紹介された方・弊社、

『三方良し』

『win-win-win』

の関係であると思っております。


そのような事を考えながら、
長年運営をしておりますが
皆様のおかげで改めて考えさせられた次第です。



これからも三方良し、
良い関係が築けるよう私たちも精進し、
最高のサービスをご提供させて頂きますので、
ご指導ご鞭撻の程何卒よろしくお願い申し上げます。


それでは、ラスト2日ではありますが、
最後の最後までお付き合いくださいませ。


ザ・サードシステムに関するご質問は、
こちらにご連絡ください。


▼問い合わせメールはこちら

info@the-third.net
==========



それでは本日もありがとうございました。

引き続きよろしくお願い致します。



システム運営事務局
市原



===============
(※スペースの都合上 説明省略してますため前号ご覧ください)





========編集後記=========

さてさて、ここ最近、ネット上にも色々な
アメリカ大統領選挙関連の情報はあるわけですが

その中でも「完全にトップの、すさまじい魂の文章」

があります。


そう、それが副島隆彦先生の最新言論なのですが

私も昨日これを見ていてシンプルに感動いたしました。


私も今まで色々な文章を人生で見てきましたが
その中でもトップレベルの、
すさまじい文章を、副島先生が書かれている。

それでトランプ大統領がこの数ヶ月実際はどういう動きを
していたのか?とか

あとは今の状況から大きくこのトランプの戦いの意味であるとか
すごい内容が書かれておりました。


今回の副島先生の文章は、すごいですよ。


見てみましょう!!


副島隆彦の重たい掲示板
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/……より!

===============

副島隆彦です。
今日は、2021年1月31日(日)です。


私の最新の考えを書く。


 トランプは、軽々(けいけい)には動かない。
これからの戦略をじっくりと練(ね)っている。
トランプは、今も実質的には、アメリカ合衆国の大統領である。
 
1月20日の、大統領就任式を、テレビの画面で見て、
おかしな光景が連続したことで、
「あれは、真実の映像ではない。ほとんどが、ヴャーチャルの、
ホログラムの映像だ」と、私たちは気づいた。

ジョー・バイデンには、アメリカ国民の何の支持も信頼もない。
バイデンは、ディープ・ステイト(陰に隠れた政府)が
操(あやつ)っている、 “空虚な”大統領だ。

 1月20日に、トランプ夫妻は、ホワイトハウスを出て、
フロリダ州のマール・ア・ラーゴの、自己所有する、
会員制のホテル式の邸宅に落ち着いた。

翌日には、さっさとゴルフをしに行った。
ここも自分が所有するカントリークラブだ。
こういう時こそ、体を鍛えて健康を維持することが、
なによりも大事だ。

 私たち、日本のトランプ支持勢力も、今は、
ゆっくりとした気持ちになって、

自分の生活を重視して態勢を整えるべきだ。
 
闘いは、これからもずっと続くのだ。


総司令官のトランプが、これだけの余裕を持っているのだから、
私たちも、それに従おう。

 トランプは、先の先を見て動く。
これから書くことは、私が1月20日の午前2時に、
ここの重掲(おもけい)に書いたことの延長である。

私、副島隆彦の大(だい)戦略は、金融・経済が、
すべてに優先する、である。

だから、トランプは、一旦、うしろに引いて、
アメリカの国家破産(財政破綻、金融崩壊)が必ず来るので、
それを、

あいつら、ディープ・ステイト
(その総本部は、ローマ法王とヨーロッパの王族たち)の責任で、
処理させるべきだ。 

アメリカ合衆国が、財政破綻すれば、
ディープ・ステイトが、最大の打撃を受ける。 

 なぜなら、アメリカ合衆国の財務省とFRB(中央銀行)を、
借金漬けにしている、大株主は、
Cabal カバールと呼ばれる、国際銀行団、国際金融資本、
パリ会議(世界債権者会議)だからである。

彼らに責任をとらせて、大損を彼らに押しつけて、
アメリカ合衆国もろとも、破綻、消滅させるべきだ。

そして、そのあと、アメリカは、
新しい共和国 the America Republic ジ・アメリカ・リパブリックとなって、
再生するべきだからだ。そのとき、大借金は、消えている。

 今、急いで、トランプが、政権を取り戻して、
大統領の座に復帰することは、却(かえ)って、
彼を苦しめる。

なぜなら、アメリカは、財政が火の車だから、
どうせ、政権運営は、行き詰まるからだ。
だから、この責任は、形だけの政治権力にしがみついた、
ディープ・ステイトたちに、取らせるべきだ。 

トランプは、だから、あと2年は、じっとして、
その先の、国家経営を考えた方がいい。

トランプには、このことが見えている。
彼は分っている。彼は、先の先を見ながら動くのだ。

 だから、私たちの闘いも、しぶとく続く。
今度のトランプ政権破壊のクーデターは、始まって、
まだ、3カ月だ。

11月4日に始まって、たった 3カ月しか経(た)たない。
歴史上の戦争や革命の動乱は、だいたい、
3年半から、4年続くものである。

日本の太平洋戦争(第2次世界大戦の一部)は、3年半だ。
第1次大戦も、4年だ。アメリカ独立戦争も、
激しい山場は3年間だ。

フランス革命も4年で峠を越した。
ナポレオンが現れて収束させた。だから、

 今度の、私たち日本人のトランプ支持勢力は、
遠くからの傍観者であるが、私たちが参加したトランプ革命は、
始まって、まだ、3カ月だ。

だから、まだまだ続く。
トランプ自身が、「私たちは、今、ようやく闘いを始めた」
「私たちの旅は、いま始まったばかりだ」と言った。
 
 トランプは、アメリカ国民の7割が自分を支持していることを
腹の底から分かっている。

それと、米軍(国防総省)の軍人の7割も自分を支持して、
軍人としての忠誠心で今も自分を大統領だと認めている、
と知っている。

このように、国民の圧倒的な多数派と、軍 の2つを
自分の大きな支持基盤にしている指導者は強い。
どれほどの策略に遭(あ)っても、敗北することはない。

 アメリカ国民の総数は、3億人だ。
そのうちの有権者が、3分の2(66%)である。
だから丁度、2億人だ。

有効な票の 投票率(投票日、昨年11月3日)は、
67%だったとはっきりしている。
だから1億3千4百万人である。このうち、

バイデンの得票は、たったの2千五百万票(2500万票)である。
ということは、残りの1億1千万票(1億1000万票)は、
トランプへの投票だ。 

これが真実の選挙の結果の数字だ。

 だから、「バイデンは、8千1百万票とった。
トランプは、7千4百万票だった」と、バイデン派と、
主流派メディア(日本を含む)は、言い続けているが、

真実は、5600万票を、トランプから、
泥棒したものだ。

5千6百万票も、不正選挙の大犯罪で、泥棒しておいて、
よくも、それで、自分たちのことを、まともな、
正しい生きたかをしている人間だ、と思い込めるものだ。 

 日本にも、そういうバイデン・ヒラリー、
ディープ・ステイト側の人間たちがいる。
お前たちは、ここまで来ると、もう、良識のある人間とか、
では済まない。

お前たちは、犯罪者だ。犯罪者体質の、
「自分たちがいつも勝ち組だ」の悪質人間だ。
そういう人間と、私は、口も利きたくない。

 このバイデン大統領肯定派の、悪質人間たちでも、
「相当な、インチキ選挙をしたんだろうなあ。
日本でも、これまでずっと、アメリカが仕掛けて、
やってきたんだろうなあ」と、分っている。

 今から20年前の2001年の7月の、
小泉純一郎が突如、子分のひとりもいない男が、

「ランドスライディング(雪崩=なだれ=現象のような)」
の勝利と呼ばれて、登場して、
そのあとの郵政民営化の選挙でも、圧勝した。

あの時の選挙から、ずっと、ドミニオンを使った、
違法選挙がずっと行われてきた。

 薄々とでも、知っている者は、皆、知ってる。
そういう噂が日本でも政界で流れた。

そのあとの選挙も、ずっとそうだ。都知事選挙もそうだ。
こういうことを、まだ日本でも、これから先もやるのか。
それでいいのか、おい、犯罪者体質の人間ども。

「自分たちが勝ちさえすれば、それでいいのだよ。
世の中は、穢(きたな)くて、
汚れているのが当たり前だ」と、こいつらは、

今も、居直って生きている。

 日本にもいる、こういう腐れ果てた人間どもを、
相手に、私たち真面目な、この世にあるべき正義を
主張する者たちは、しぶとく闘い続けなければいけない。

これらのアメリカ大統領選挙の投票の数字とかのことは、
私とB・フルフォード氏との対談本
「今、アメリカで起きている本当のこと」
(秀和システム刊、2021年1月20日)

で詳しく私が話している。

 民主政治(デモクラシー)の根幹である、
選挙制度をこれほどに、汚して、それが、満天下に露見し、
全米で、この3カ月間、大騒ぎになった。

昨年の11月4日からだ。
開票速報のテレビ放送そのものから、大騒ぎが起きて、
目の前で、不正選挙が、どんどん行われた。

 それを、恥ずかしいとも思わないで、
その2カ月半後の、1月20日の、大統領就任式を、
あんなにも、恥ずかしい、みっともない形で、押し切って、

それで、平然としている。お前たちには、天罰が落ちる。

 そして今、この悪質な犯罪者どもが、
形のうえだけアメリカ合衆国政府を乗っ取っている。

このバイデン政権 など実際に、
本当に存在するかどうかも、今も分からない。
空虚でバーチャルで、ホログラムでできている政権だ。

この政権の顔ぶれは、女が多くて、2016年に、
ヒラリーが、当選したら、そのまま、閣僚になる予定だった者たちが、
ズラズラと、並んで出てきた。 

 この顔ぶれを、私は、自分が、2015年に書いて出した、
「ヒラリーが大統領になったら、第3次世界大戦を起こすだろう」
と冒頭で書いた

『日本に恐ろしいラージ・ウォー(大きな戦争)が迫り来る』
(講談社刊)の中に、見開きで、予想される閣僚たちの、
写真時の一覧表のとおりだ。
そのうち、画像で貼り付けて、ここで見せます。


 国務長官になったトニー(アントニー)・ブリンケンは、
あの悪魔島、幼児殺しの生贄(いけにえ)の儀式をやっていた
「エプスタイン島」行きのお仲間である。

 私が、あとで画像で載せる1枚に、トニー・ブリンケンや、
ジェイク・サリバンや、ミシェル・フロノイたち、
私が2015年に書いた本のページに載っている。

ヒラリー政権ができていたら、この顔ぶれになる、
と予言していた者たちが並んでいる。

今のアメリカ民主党は、こういう気持ちの悪い
特殊な犯罪者集団で乗っ取られている。

 本当は、アメリカ民主党は、
真面目な労働者と貧しい移民たちの党として、
自分たちの待遇改善と賃上げ要求をする健全な、

無産者階級の 政党でなければいけないのだ。
それを、こんなにも、恐ろしい、子供、幼児殺しの、
犯罪者たちに乗っ取られている。

 私、副島隆彦は、トランプ革命についての本を書き始めている。
書名は、もう決まっていて、何と、
アマゾンの発売予定の新刊書の所に、もう載っていた。
著者である私が、驚いた。 

 ドナルド・トランプが、どれぐらい知謀(ちぼう)のある
人間で、先の先まで読みながら、
戦略を立てて動いているかが、分かる。 

トランプは今、フロリダ州のウエストパームビーチという
超高級の別荘地の中の、
自分の会員制邸宅である「マール・ア・ラーゴ」にいる。

 最新の西森マリーさんのメールの文では、
マール・ア・ラーゴの上空の飛行制限(航空監視規制)が
解除されて、

トランプは、サウスカロライナ州のチャールストンの
軍事空港に移動した、という説もある。

しかし、今、あまりに急激な動きをすると、
かえって、性急な政治変動を起こす。
トランプは、動かないで、じっとしているのがいい。

バイデン“空虚”政権の実態の無さが、
ボロボロに表れるまで待つべきだ。
あいつらに、全部、責任を取らせる、のが一番いい。

 米軍(国防総省、ペンタゴン)の中は、
どのようになっているか。

トランプ派の優れたブロガーの、
英国人のサイモン・パークス氏の情報では、1月21日の時点で、
今も、トランプが米軍の中で、

実質的な軍事命令権(統帥権、とうすいけん)を握っている、
という。 

 具体的には、20日に首を切られたはずの
クリストファー・ミラー前国防長官と、
DHS(国土安全保障省)と、急いで、

1月始めに、FEMA(フィーマ。緊急事態管理庁)
の両方の長官になった、ピーター・ゲイナーPete Gaynor 
の二人が、米軍内で、

実質の軍事命令権を握っている、という。私もそう思う。

 1月31日現在で、大統領専用機である
「エアフォース・ワン」の搭乗記録が、
ジョー・バイデンにない。

これは、空軍が管理しているから、空軍は、
強固にトランプ派であるから、バイデンを、
正当な大統領だと、空軍は認めていない、ということだ。

 インチキ選挙で、無理やり受かったことにした、
違法の、ならず者の男だ、と多くのアメリカ人の
軍人たちが考えている、ということだ。

しかも、バイデンは、息子のハンターと共に、
幼児性愛症(ペドフィリア pedophilia と、
大量の幼児殺害( infanticide インファンティサイド)
の行為に参加した証拠がたくさん挙がっている、

凶悪な犯罪者である。

 それでも、ディープステイト側の軍人たちである、
「8人の4つ星将軍(大将)の最高幹部たち」は、
形だけ命令系統の上に乗っかっている。

この8人の中の代表が、
マーク・ミリー統合参謀本部議長
(ジョイント・チーフ・オブ・スタッフ)である。

私は、この男については、11月4日から、
「根性なしのフラフラしている軍人だ」と書いた。

 それでもこの男が、今も軍人制服組のトップである。
ところが、国防長官には、この8人とは別の黒人の
4つ星将軍(陸軍大将)であるロイド・オースティンがなった。

この男は、実際は何の力もない飾りのような軍人あがりだ。
汚職まみれの軍人で、一般の兵士の支持はない。

 前述した8軍の軍人トップたちが、何と、
「日付のない」命令書を出した。

そこには、「軍は1月20日からのバイデン政権従う」
と書いて有った。日付がないのである。

日付のない文書は、法律上は無効である。
効力を発しない。こういう奇妙な事態が、起きていた。

 だからある種の軍事クーデターを、
1月11日(月)に起こした、
そしてトランプ大統領に反逆した、ということである。

こういう場合は、軍紀違反で、即刻、
憲兵隊(MP ミリタリー・ポリス)が、逮捕、
拘束しなければいけないのだ。
以下に、この1枚の日付無しの軍事命令書の画像を載せる。

(ここに、1枚、軍事命令書を貼る)
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

 この国防総省の統合参謀本部が発令した、
ぺらりと1枚の紙の、下の方に前述した8軍の大将たちの
署名が、2列で並んでいる。

これが、1月11日に出された、と
私、副島隆彦は、分析して、判断した。

 この1枚が、世界中の、すべての米軍の兵舎に
貼られていたことを私は知った。彼ら8人の幹部は、
米軍内の腐敗したディープ・ステイト側の軍人たちである。

細かい内容は、私の次の本でいろいろと説明する。

 トランプは、この日、1月11日(月)に、
ワシントンDCに非常事態宣言を発令した。
それで続々と各州からの州兵と、
特殊部隊とDHSとFEMAが、DC(首都)に入った。

合計で7万になった。

 同じく11日に、ディープ・ステイト側だと判明した
DHSの長官のチャード・ウルフが首を切られて、
前述したピーター・ゲイナー(トランプ側)に代わった。

それで、私はここの重掲に1月15日に書いた。

「 米軍が首都で両派に分かれて一触即発の
睨み合いの状態に入っている」と書いた。

 トランプ勢力の参謀クラスである
リン・ウッド弁護士とマイケル・フリン中将は、
直ちに反乱法(インサレクション・アクト)を発動すべきだ、

とトランプ大統領に進言していた。
これが発令されたら、ワシントンDCのテレビ局や新聞社に、
米軍の部隊が突入してディープステイト側の

悪質な虚偽の報道を執拗に行ってきた
ジャーナリストたちを逮捕、拘束する動きになっていた。

 彼らは、保安官代理(デピューティ・シェリフ)の資格を
与えられて、踵骨付きで犯罪容疑のある民間人をどんどん、
逮捕できる。

および、中央官庁のディープ・ステイト側の高官たちも、
不正選挙に関わった証拠が挙がっている者の名簿に従って、
次々に、逮捕される予定だった。

 1月9日の時点から、議事堂の地下の通路(核戦争用に、
奥深く、トンネルが、何層にも掘られている)に
待機していたトランプ側の

海兵隊の特殊部隊(スペシャル・フォーシズ)が、
不正選挙の犯罪に加わった議員たちを
逮捕するべく態勢を整えていた。

 しかし、最終段階で、トランプはこの1月11日の時点で、
この軍事強行路線を中止した。

 軍事用の 全軍に伝達させる緊急の警報システムである、
E Com con (イーコム・コン)での発令も止められた。

 トランプは、
「私が、この命令を発令すると、軍人が、
相互の撃ち合いで、何人死ぬのか」と聞いた。

「大統領。首都DCだけで、2千人ぐらいが死ぬでしょう」と、
側近の軍事スタッフが、答えたという。

だから、トランプは、
「そうか。それなら、私は、この命令を出さない」と、
首都戒厳令(マーシャル・ラー martial law )
の発令を中止した。

 米軍同士で、撃ち合いになって、同じアメリカ人の
軍人、兵士たちが、殺し合いになることの、悲劇を、
トランプは、この11日に、決断して回避した。

このとき、トランプは、テキサス州の西部の山岳地帯の
アビリーン Abiline の、核戦争のときに使う
米空軍の軍事指令基地にいた。

空中から戦争指揮ができる大統領用の
専用機に乗っていた。しかし結果的に、トランプは、
反乱法と戒厳令(マーシャル・ラー)の発動を止めた。

 米軍どうしが撃ち合いになって、
たくさんのアメリカ軍人たちの死者と負傷者が
出るからである。

私が11月10日ぐらいから書いてきたとおり、
アメリカ空軍と宇宙軍(スペイス・コマンド)と、
特殊作戦軍(ソーコム。SOCOM、各軍の特殊部隊からなる。

デルタフォース、海軍シールズ、陸軍レインジャー部隊
=旧グリンベレー、海兵隊の特殊部隊も)が、
トランプ側についている。

 このトランプ軍に対して、主に陸軍の将軍および
大佐、中佐クラスが、ディープ・ステイト側である。

海軍も上の方は、どうも「英女王陛下に忠誠を誓っている」
という奇妙な構造になっている。

だから、米軍内は、真っ二つに割れて伯仲(はくちゅう)して、
極度の緊張状態にあった。私は、そのように書いてきた。

だから、今のアメリカは、ある種の、
奇妙な軍事政権の下にある、と考えることもできるのだ。

権力の空白、伯仲、真空状態が続いている。
まるで、応仁の乱(1467年から)のときの
京都のようだ、ととも考えられる。

 今も、ペンタゴンの中は、そういう緊張状態にある。
だから、トランプは、米軍どうし、即ちアメリカ人どうしが
殺し合いをするということの絶望的な状況を、

回避しなければならないと判断した。

 それで、1月11日の朝に、米軍の形上(かたちじょう)の、
トップたち8人が軍律(ぐんりつ)違反の、
大統領に反逆する行動に出たことを機に、
戒厳令の発動を中止した。

 この頃、日本国内でも、
米全土への緊急放送(EAS エマージェンシー・アラートシステム)
が発令されて、すべてのテレビ、ラジオ放送で、

一斉に軍事行動の発令が行われる予定だった。
その予行演習は、7日に行われた。

 これに対し、1月9日から、GAFA(ガーファ)
+MS(マイクロソフト)のbig techビッグテックの
反トランプの激しい怒りで燃え盛っている

マーク・ザッカーバーグや、ジェフ・ベゾスや、
ビル・ゲイツたちが、トランプのツイッターやフェイスブック、
さらにはパーラーなどのトランプ側に、SNSの発信を止めた。

 これは言論か封殺の手段である。
即座に、ドイツのメルケル首相たちが
「これは、言論統制、言論規制であるから、
民主政国家では、許されないことだ」と即座に批判した。

 トランプが、11月4日の開票作業の最中から、
「大規模な不正選挙が行われてる」と、その証拠と共に、
それらの事実を、主に6つの激戦州を中心に、

不正が、次々に暴かれて、たくさんの不正行為の
目撃証人(アイ・ウイットネス)が出てきて、
州の議会や、テレビ放送に出てきて証言した。

それらは、アメリカ全土どころか、世界中に、
知れ渡って、次々と、満天下に、報道された。

 以来、2ヵ月半にわたって、トランプは、
自ら、徹底的に米国民に
行われている不正選挙、選挙泥棒を説得した。

 ずっと、この巨大な選挙犯罪の事実を認めないで、
居直って悪質な犯罪者メディア、放送局となっている、
主流派メディア
(NYT,WP,CNN、FOXも、ABC,
NBC,CBSも)などに対しても、

強権を発動して、不正選挙への加担の証拠が
挙がっている者たちへの逮捕、拘束する準備をトランプは、
着々と進めていた。

 すでに最高裁判所の判事たちまでも腐敗していた。
とりわけ、ジョン・ロバーツ長官は、
エプスタイン島の大量の幼児殺害、

生贄の儀式(インファンティサイド、nfanticide )
たくさんの赤ちゃん殺しの罪に問われるべき
人間である。証拠が挙がっている。

 このことをリン・ウッド弁護士が、再三、
ツイートして、証人の証言を伝えた。
それで、3億人のアメリカ人がこの事実をもう知っている。

世界中の人々が知ってしまった。
私たち日本人も、SNS やユーチューブを見る、
5百万人ぐらいの人々が、もう、これらのおそるべき、

人類史上も例を見ない、恐るべき凶悪犯罪の、
事実を知ってしまった。世界中で、十億人ぐらいが、
この事実を知ってしまった。

これを、もう、無かったことには出来ない。
この犯罪者たちは、必ず、厳粛な、法の裁きを
受けなければいけない。

 アメリカの最高裁の長官とあろう者が、
これほどの屈辱を受けて、それでもなお居直った。
そして、1月20日の就任式には、

バイデンのすぐ横で、宣誓を聞く証人を務めていた。
恥知らずにも程がある。

リン・ウッド弁護士は、「ジョン・ロバーツ長官よ、
自分の犯した凶悪犯罪を自覚して、即座に辞任せよ」とまで、
激しく書いた。

これが、アメリカ合衆国で実際に起きた
恐るべき歴史的事件である。

 普通なら、これほどの辱め、屈辱を受けたら、
公職の顕職(けんしょく)に有る者は、ピストル自殺するのが、
人間として当然である。

「そんな事実はない」と言って反論したり、
激しく怒ることもしないた。

このことで、アメリカの裁判官や高級弁護士、
検察官たちというのは、数万人単位で、、
これほどの汚れ方をしているのだ、と世界中に分った。

連邦議会の議員(政治家)たちも同じである。
各省の高級官僚たちも同じである。
これが、大きく世界中に知れ渡ってしまった。

これほどの大事件は、私たちが、生きている間に、
あるものではない。

これは、500年に一度の、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人類の、大掃除、大洪水の出来事だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 だから、アメリカ帝国は、もはや立ち直れないくらいの
大打撃を受けた。これほどの巨大な悪事の露見は、
人類史上かつて見ないものである。

この激しい戦いを一切、知ろうともせず、考えようとしない
人間たちは、真の臆病者であり、かつ意識的に
無知蒙昧(むちもうまい)の人々である。

 この人々が日本でも95%の人々だ。
あまりにもおぞましい事実が、公然と語られるようになると、
人間は徹底的の臆病になり、うしろに引っ込んで、

我(われ)関せず、で、無関心を装う。
自分のとばっちりが来ることを、まず先に心配する。

この大きな歴史的な大暴露は、1月6日に、
大きく判明した。

 それは、イタリアのヴァチカンの、
ローマ・カソリック教会の中のヴァチカン情報部が、
アメリカの不正選挙の実行犯の元締めであることが
判明したことによってである。

2カ月前に、11月7日に、トランプ側の特殊部隊(デルタ・フォース)
によって、ドイツのフランクフルトのCIAのコンピュータの
サイバー・ファーム(集積所)が襲撃されて、

ドミニオンという選挙の違法操作をする機械が
摘発され押収された。このときにデルタフォースの5人が死んだ。

ジーナ・ハスペルCIA長官の女が、拘束された。
彼女は、これまでの悪事のすべてを白状して、
その証拠は、トランプ派の米軍がすべて握っている。

このドミニオン集票、違法改竄の機械を、
実際に動かしていたのはローマの、
ヴァチカンであることが判明した。

レオナルディという軍事衛星を介して、電波の送信で、
この違法な操作を行っていた。これには、
ローマのアメリカ大使館の高官と、元国防省の幹部たちが、
指揮を執っていた。

この者たちは、逮捕された。


 そして、3日後の、1月9日に、イタリア警察と検察庁が、
米軍の特殊部隊と共に、ローマ法王庁を襲撃した。

攻撃用のヘリコプターで、夜中に、閃光弾を投じて、
停電を起こさせながら、中庭に舞い降りて、
ローマ法王フランシスコを拘束したようである。

イタリアという国の長い歴史の中で、この事態は、
1500年のローマ教会の実質の創立以来の大変な出来事である。

ローマ法王までもペドフィリア(幼児性愛の病気)と
インファンティサイト(幼児殺害)および、

多くのチャイルド・トラフィキング
(child trafficking 幼児人身売買)の凶悪犯罪で
摘発されたのである。この知らせを聞いたとき、

私、副島隆彦は、
「ついに人類史(世界史)がひっくり返った」と、叫んだ。

 これをイタリア語で
「エプール・シ・ムオーベ・アル・コントラリオ 」 
“ Eppur si muove al contrario . “ という。

このイタリア語が正しいか、どうか、今、
編集者に調べてもらっている。 
(副島隆彦が、追加で記。調べて貰って、これに決まった)

 西暦1533年に、ガリレオ・ガリレイが、
太陽中心説(ヘリオセントリック・セオリー)を不屈に唱えて、

2回目の異端裁判(宗教裁判、オーディ-ル)に掛けられて、
有罪判決で、ローマ教会に焼き殺される寸前にまでなった。

これをメディチ家の大公のコジモ2世が、ガリレオが、
焚刑(ふんけい。火あぶりの刑)にならないように、
救援して、ガリレオはフィレンツェの
はずれの家に閉じ込められた。

 このときにガリレオの弟子に言った言葉が、
「それでもなお、地球は回転している」という言葉である。

英語では “ And yet it (the earth ) moves . “  

「アンド・イエット・イッツ・ムーヴズ」
「 それでも地球は回転している」 である。

 この言葉を私が使って、ガリレオ裁判から、
約500年後の今、ローマ教会という人類にとって
諸悪の根源が大きく崩れ落ちつつある事実に直面したことを、

何とか言い表わそうとしている。

 ガリレオは、ラテン語ではなく、
自国語のイタリア語(フイレンツエ、トスカーナ地方のコトバ)で、
ガリレオが言ったであろう

、(なぜなら、ラテン語で話すと、
また、裁判に掛けられるからだ)、

この「エプール・シ・ムオーヴェ・コントロ」 
と書いて、

「地球の歴史(人類史)が逆回転を始めた」
という考えを、ここに初めて披露する。

 これほどの大きな考えは、この東アジアの島国の、
土人たちの国、日本では、私以外では、
思いつかないし、生まれようがない。 

私は、私の邪魔ばっかりして、
私の足を引っ張る者たちを、叩きのめす。 

世界基準(ワールド・ヴァリューズ world values )
である、副島隆彦の並みはずれた頭脳が
分からない者たちは、学問同条に近寄らなくていい。

 ことの重大性は、昨年の11月4日からアメリカで起きた、
トランプ政権打倒のクーデーターの不正選挙などという、
政治問題にはとどまらないのだ。

今回の大事件は、人類の、
この500年の歴史がひっくり返る、
ぐらいの大きな事件なのだ。

この3か月、どれほど巨大な事実が人類
すなわち世界中の人間たちの目の前に出現したことか。

この大きな事実を自覚するほどの能力が始めからない、
もともとゴミのような小さな人間たちが何を言おうが、
すべて蹴散らしながら、私は前に進む。

これが、世界基準の知識人、思想家、言論人
というものの姿である。

 私は、1530年に、おそらくパリで、
ガリレオと、デカルトと、ホッブス(イギリスの思想家)の3人が
出会って、真剣に話し込んだ、という事実をなんとか立証して、

証明しようとしている。
当時の人類最高の知性と知能たちは、
そこらのゴミのような人間たちとは生き方が違うのである。

 巨大な事実を大きくとらえる能力のない者たちが、
蠢(うごめ)いて、「バイデン政権で決まりですよね。
トランプを応援した人たちはバカですね」などと言う程度の

低能たちなど、踏みつぶして前に進んで行く。
私は、トランプと脳が繋がっていると書き続けた。

デカルトやガリレオとも脳が繋がっている。
500年の時間の違いがあるだけだ。

そして今、この近代西洋白人文明の500年が、
逆回転(カウンタ-・リボルブ counter revolve )
を始めたのだ。

だから、さっき私が、勝手に思いついて、
イタリア語で、「エプール・シ・ムオーベ・コントロ」という文を、
私は作文した。

きっと、イタリア人は、「ちょっと違う」と
訂正してくれるだろう。

 この文の訳は、「なんということか。世界史が逆回転をし始めた」
である。これは、私、副島隆彦の30年間、

いやこの50年間の、知識、思想、学問の研究の答えを
求めようとして苦悩してきたことへの結論でもあったのだ。

 私は、この1月6日に、この謎が、
ローマ教会、ヴァチカンにまでたどり着いたときに、
一人で感、極(きわ)まった。

「遂に謎が解けたぞ」と。ヨーロッパ白人文明の
諸悪の根源は、私が、ずっとこの10年ぐらい、
本を書いて、明確に論及してきたとおり、

ローマ教会、そして、ヨーロッパの現存する
国王たちと大貴族たちであった。

 英国女王エリザベス2世が、この世界は、
「悪(あく)が支配する世界だ」と、彼らは、本当に、
本気で信じ込んで、だから、彼女が、ローマ法王と共に、

この地上の 悪魔教 、悪魔崇拝の、
現存する最高幹部である。

この他に、オランダ王室と、スペイン王室、ベルギー王室、
スウェーデン王室、これらも、ひどく今の
ヨーロッパ民衆に嫌われている者たちである。

 今度こそ、これらの者たちを、逮捕して、
人類全体の裁判に掛けて、叩き潰さなくてはならない。
彼らの王宮は、すべて博物館になるべきである。

幼児殺しや、子どもの人身売買などに
たくさん関わってきた、
この者たちは、すでにたくさん証拠があがっている。

 それらが、公表され、世界中で公然化し次第、
世界の自然正義(ナチュラル・ジャスティス natural justice )の、
法廷で公開裁判にかけられて、処刑されるべきである。

これ以外に何の解決方法があるのか。

このことは、私、副島隆彦が
自分勝手な妄想で書いているのではない。
 人類の歴史がついにここまで来てしまったのである。

しかもたくさんの証拠つきである。
これらが公然と表に出て来てしまった。

世界中の感覚の鋭い人たちが、もう、
これらの事実を知ってしまった。もう人類は後戻りしない。

 大きな真実を知ってしまった者たちに対して、
「陰謀論を信じる愚かな人たち」というレッテル貼りも、
もう通用しなくなった。
 
人類にとっての正真正銘の、この悪魔どもの、
ディープ・ステイト側は、今回も何とか、
すべて騒ぎを押しつぶして、

主流派メディア(マスゴミ)の力で、国民洗脳と、
世界民衆洗脳を続ける気である。 

だが、もうそれは手遅れである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
世界民衆は知ってしまったのだ。

お前たちの悍(おぞ)ましい凶悪犯罪は、
大きく露見した。 
お前たちは、今回、本気で、世界民衆(人類)を、
怒らせてしまった。

 なぜなら、大量の幼児殺害という恐るべき犯罪を、
1000年も行ってきた。
そのことを、ヨーロッパの民衆は身に染みて知っている。

もう彼らも黙らないであろう。
発端は、アメリカ大統領選挙の大規模不正という
事件からだった。

話は再び始めに戻る。
今、米軍(ペンタゴン)の中で、睨み合いが続いている、
もし、トランプ側の軍人たちに、
ディープ・ステイト側の軍人たちが、もし手出しをして、

逮捕や拘束を始めたら、どうなるか。
とたんに高級軍人たち自身が、軍人として携帯している
ピストル(拳銃)で、殺し合いが始まるだろう。

 もし、トランプとその一族に、危害を加えたり、
逮捕、連行 などの行動が起きたら。

その時は、もう本当に米軍と、そしてトランプ派の
警察官たちも大勢いるので、軍人と警官どうしの、
アメリカ人どうしの、殺し合いになる。

 それこそ、まさしく内乱、内戦である、
この一触即発の、睨み合いの緊張した対立を、分かる人間は、
日本には私以外にいないだろう。

私、副島隆彦がこう書かないと、
この切迫した異常事態は誰も理解できない。

 日本政府の国家情報部員たちであっても、私が、
こうして、今の情勢を教えてあげないと、理解できない。

腐れ果てた日本のマスゴミどもも、今の、
アメリカの政治状況を正しく、大きく理解できない。

 何度も書くとおり、今、トランプを守っているのは米空軍と、
宇宙軍(核戦争とサイバー通信部隊)と、
特殊部隊の最精鋭たちである。

現代の戦争では、空軍の方が陸軍や海軍より、
ずっと強い。軍事衝突(撃ち合い)が始まれば、
一気に、空軍が勝つ。

かつ、同じ国の軍人どうしで血を流しあうことの
恐ろしさを、自分の脳で、少しは考えてみるがいい。

 もし、トランプ派の軍人たちが、少しでも形勢不利で、
追い詰めらるよだったら、即座に、テキサス州に、
新しい首都をつくって、トランプもそこに移動して、

まさしくアメリカ国家分裂の「第2次南北戦争」である。

 だから、どちらも、先にピストル(拳銃)を発射する
軍人幹部はいない。笑い話だが、
今も大統領専用機である「エアフォース・ワン」は、
トランプが乗れるようになっている。

なぜなら、空軍が管理しているからである。

話は再び1月20日の前の、緊張した10日間に移る。 
 トランプがなぜ、1月11日に決心して、
「私が一旦、後ろに引く」と決めたか。そして翌12日には、
アリビーンの軍事基地司令部から異動して、

テキサス州の州都サンアントニオの郊外にある
アラモの砦( 私もここに行ったことがある。
ここで愛国者たち200人ぐらいが、デビー・クロケットたちが、
メキシコ軍に攻められて全滅した)に行き演説した。

 そのあと、すぐに国境線の壁のところまで行って演説した。
「中南米の違法移民をこれ以上いれないためのこの壁を、
私が、苦労して作ってきた。どうか壊さないでくれ」
と演説した。

アメリカ国民は、移民たちであったも、
この国境の壁の完成を切望している。
そしてその夜のうちにホワイトハウスに帰った。

 そしてペンス副大統領を呼びつけて、彼を使者として立てて、
向こう側(ディープ・ステイト側)と交渉させた。

「私は、戒厳令を敷かないから、お前たちも手を出すな」
という休戦の合意を取り付けたのである。

マイク・ペンス副大統領は、トランプを裏切った
二重スパイのように言われているし、それは事実である。

 だが、それでもペンスのような、両方に繋がっている
人材がいなければ、使者として動くことは出来ない。
ペンスはそのように動いたのである。

ペンスもディープ・ステイト側に、
スキャンダル写真とかの、弱みを握られている。
だから、トランプを裏切るしかなかった。

こういう、どっちのも顔が立つ人間でなければ、
仲裁や連絡係はできないのである。

 トランプという人は、人間の使い方をよくよく
知っている。だから、1月はじめの段階で
ウイリアム・バー司法長官が、裏切った時も。

バーは、もともと、善良で、いいやつなのだ。
だが、ワシントンの、パワーエリートである
超高級弁護士事務所(ラー・ファーム)に所属して、

ほとんどディープ・ステイト側の中で、
腐敗の限りを尽くしている超エリートで、
法曹(リーガル・ギルド)の仲間である。

だから、バーが司法省の長官(最高検察庁でもある)として、
ちっとも不正選挙の捜査をしない、とトランプは苛立っていた。 

バーにしてみれば、自分の骨がらみの汚れた
高級法曹の仲間たちを、絶対に裏切れない。
同じ穴のムジナである。

アメリカで、最も悪質なエリートたちが、
大学時代の超エリートの秘密結社である

「ファイ・ベータ・カッパ」の
学寮(学がくりょう。ドーミトリ-)の秘密結社に入って
以来の、秘密の儀式にも参加している。

その頂点がジョン・ロバーツ最高裁長官の
幼児殺害現場への参加である。
ここまで汚れたアメリカの支配階級の惨状が、
満天下に暴かれてしまった。

もう、世界中の人々が知ってしまった。

辞任する前に、バーは、トランプに会いにいって
3時間話し込んだ。トランプという人は、こういう人だ。 
「そうか、お前の立場も分かる。ここらで、
お前も辞任して消えた方がいい」と分かる人だ。

これがトランプという人間の温情主義である。

トランプは自分に寄ってきた人間を決して
残酷な扱いをしない。はじめからスパイで潜り込み、
裏切り者である者たちには厳しいが。

だから、不正選挙の勃発から2ヶ月、トランプは我慢に
我慢で、すべての人々に対して、説得を続けた。

 その代表がジョージア州のケント州知事と、
ラッフェンスバーガー州務長官である。
彼らを呼びつけたりして、話し込んで、

「これほどの違法な、無茶苦茶な選挙を
やったのだから、その悪事を認めて反省しなさい」と、
トランプは、イヤがる相手に向かって、

面と向かってはっきりと言う人だ。
そのように相手を説得する人間である。

 面と向かって、正しいことを公然という人間ほど、
恐ろしい人間はいない。
まして大犯罪を犯したと自覚のある者にとっては、
相当に応(こた)える。

それでもなお、居直り続けて、自分は悪魔の側に
身売りしている悪人だから、
悪人をやり続けるしかないのだ、と言うのであれば、

もう救いようがない。

 だからトランプがこの先、アメリカ国内で
やる政治活動も、ただ単に新しい共和国を
つくるだけではない。

あくまで悪事を働いた人たちに、
「自分が超エリートとしてみんなの上に立っていた
分だけ、深く反省して、自分の罪を認めよ」
という運動をするのである。

公然たる正当の主張の前に勝てる者はいない。
 
 日本のマスゴミ程度の愚か者たちで、
「トランプ勢力が悪あがきをまだ続けている」
と書き続ける者たちまでも、やがて追い詰められていく。

 秘密結社の恐ろしい儀式に参加させられた
日本の超エリートたちも、次第に真実が暴かれる。

さらには、赤ちゃんの丸焼きまで食べた者たちは、
必ず、裁判にかけられて処罰されなければならない。

 あるいは、幼児たちを拷問に掛けて殺し、
その時、脳から絞り出されるアドレノクロームという
悪魔の液体を飲んだ者たちは、必ず、裁判に掛けられる。

「私は、しかたなくそこに連れられて、
儀式に参加させられた」と、政治家や官僚トップや、
メディアのトップたちや、財界人のトップたちが泣き喚いて、

言い訳するのは、それはそれでいい。

もう、ここまで人類は行きついてしまった。
今のところは、日本では、500万人ぐらいの
スマホのSNSに参加している、勘の鋭い日本人たちしか、
この真実には到達していない。

しかし、1月20日にバイデン
“空虚”政権の就任式に出てきたレディー・ガガや
トムハンクス、ジェニファー・ロペスたちが、次々と歌を歌って、

このこと自体が、彼ら、エプスタイン島の悪魔の島の、
オールスターの全員集合の、勢ぞろいとなった。
そのことを彼らも分っていて、やる。

ここまで来れば、「やるか、やられるか」の関係だ。

「なんて気持ちの悪い人たちでしょう。
私たちは、もう真実を知ってしまったんです。
犠牲になった多くの子どもや赤ちゃんたちのご冥福をお祈りします」と、

ヤフーやユーチューブのコメントに書く、
多くの中年女性たちまでが、日本に出現したのである。

 この事実を今さら否定することはできない。
消し去る事は出来ない。

人類の歴史がここまで到達したということの証明である。
世界民衆を、お前たちは、本気で怒らせてしまった。 

 ただ単にトランプとトランプ派国民の今後の闘いの
動きだけでは問題はもう済まない。

ついに、近代欧米白人文明の500年の逆回転現象が
起きてしまったのである、

世界はわずか、この3か月で、
急激にひっくり返りを始めたのである。

“ Eppur si (la monde) muove al contrario . “
「エプール・シ・ムオーヴェ・アル・コントラーリオ」

( 終わり)  

副島隆彦拝 



(副島隆彦の重たい掲示板
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/……り )

===============

以上です!

それで今回の内容ですが私も色々アメリカ関係の文章を
これ日本語や英語でも最近見てますが
その中で世界中の言論の中でも、

圧倒的な格の文章だと思います。
大体70年とか80年の間、
1億人に1人くらいの割合で

こういう副島先生みたいな天才は人類の中に
現れるのですけど

今号はメルマガのスペースの関係であまり書けませんが
是非この上の内容ですね、これを多くのあなたの周りの方に
(特に陰謀論だなんだと いってるような方に)
見せていただくとよいと私は思います。

彼らは絶句するしかないでしょう。
陰謀論という言葉で権力者たちの共同謀議を隠すのは
無理な時代となってきてます。

もう大きく人類の500年停滞してきた歴史は動き出した。

200年どころか欧州の血塗られた歴史も含めて
「500年に一度の出来事」の中に
今回のアメリカの騒動が起こっており民衆の最前線で戦ってるのが
トランプだ。

そしてトランプ大統領は「不思議な旅」を先を先を読みながら
今後も続けていくでしょうし


そしてその中でトランプたちが目に見えないところで
戦ってる戦いの成果が 定期的に私たちの目に見える形で
出てくるでしょう。


私たち民衆は私たち民衆のために命張って戦ってくれてる人たちを
邪魔せず、下手に急かさず、
応援することが大事ですね。

そして今トランプ大統領はどっしりと、構えておりまして
副島先生がおっしゃってるように戦いは今後も続くので

(私たち民衆は)
「自分の生活を重視して態勢を整えるべきだ。」 

と言う部分も大事ですね。
前号で書いてますがトランプたちが命かけて
世界の民衆のために戦ってますから

私たちは「焦らない」ことですね。



それでは!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXの裁量×自動売買をあわせて


投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


”THE THIRD”。

「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

重要な教訓に基づいて

裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

未来の保証はできませんし100%はないものの、

ただ現状、

4年7ヶ月⇒4年10ヶ月で
負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。


【残り2日で販売終了】(2月2日水曜日23時59分で販売終了!)
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆







コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください