無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【副島先生とリンウッド弁護士の「トランプ勝利確定」についての 最新言論を見る!!】 (「緊急放送システム」についてトランプ陣営のリンウッドが先ほど言及!)

2021 1月 10 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【副島先生とリンウッド弁護士の「トランプ勝利確定」についての
最新言論を見る!!】
(「緊急放送システム」についてトランプ陣営のリンウッドが先ほど言及!)
⇒編集後記で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
予想しない投資手法とは!?

■隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略が期間限定公開です
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……89/202101/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


どうもゆうです!

いつもご覧いただきまして
ありがとうございます!!!!!



さてさて、前号でちょっとここ最近多くの方が
この米大統領選挙の行方で、また長い戦いなので

疲れてる方もいらっしゃるかもしれないので
(ネットのコメント見ると心配してる人が結構いる)


それなので以下の号を流しました!


ずばりそこで
「寝ても覚めてもトランプトランプ!」の石川さんの
動画を扱っておりますが


彼の動画の「ワシントンメッセージ」について
その真偽についての議論が日本のトランプ支持者の間でも
起こってますが


私実はこの数週間、ずっと彼の動画内容と
事後の政治経済の動きを検証してまして・・・(笑)


まあそれで前号で書いたわけですが
実のところ 先ほどの時点になって「さらに大事な内容」
となりました。


■バックナンバー
【息抜き♪】寝ても覚めてもトランプトランプ!
の石川さんの動画を見て、 息抜きしながら考える!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2789#2789


それで実は、こういう事前、事後検証って投資でも
よくやることだから作業は似てるんだけど

石川さんの言ったことがまんま

トランプ陣営のリンウッド弁護士やトランプの発言に
反映されちゃってまして、

その辺の諜報以外の
個人が作文とかで作ってできるものではないんですね。

だからNSAと近く動いてるトランプ陣営の情報を
一部 彼をフロントにして話させてるってのが
面白い戦略だと思いました。


それでそこでまあ「常識外」の話も出てくるので
なかなか受け入れられないと思ったんだけど


それで実は前号で書いたのが
以下の内容でしたが引用です、

まあ普通に聞いたらトンでもに聞こえるのは承知である
という理性はあって引用します。

世界緊急同時放送について、世間的に阿保扱いされるのは
覚悟の上(笑)書いてます。

(引用)
↓↓

「が、テキサス独立示唆の話はテキサス訴訟で実際に
起こってましたよね??


そしてなんと・・・今トランプ大統領はテキサス軍に
守られてるわけですが(リンウッドが言った)
あまりにも話しのリンク確率が高すぎます。


あとはネットではもう10年間おなじみの
世界緊急同時放送はテスト済みですよとかの話も
出てきますね。



【動画】ワシントンから今年初めてのメッセージ
https://youtu.be/KTfys8es2f0


ただこれも馬鹿に出来ないのですが


バイデンが「トランプ大統領国営放送に出てください」
って1月6日にこの石川さんの動画が出た4日とか5日後に
言っちゃってるんですよ。


この確率って・・・偶然だと思いますか??

っていうことで


そう、無視できないな~っていう話なんです。




そう、それでこれを前号で書いて配信開始した
2~3時間後・・・


な、な、な、なんと~~!!


トランプ陣営のリンウッド弁護士がSNSパーラーにて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
上の「緊急放送システム」についてさっき言及しました!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


正確には世界緊急放送システムではなく
緊急放送システムでありますが

いずれにしても 「たまげた」ってこれを言うんでしょう。


これは映画??いやいや、現実です。


以下SNSのパーラーで彼がさっき発言した
衝撃の内容です。


一応検閲されてるため、画像ですが以下です。

(画像)リンウッド弁護士が「緊急放送システム」に
ついての政治を語りだす。
⇒  http://www.yuhfx1.com/gazou/li……210110.jpg


だからですね、この緊急放送システムに
実はリンウッド弁護士が先ほど言及しまして

彼が言ってるのが英語で


“BE PREPARED FOR AN IMMINENT BLACKOUT.

President Trump will be using be using emergency broadcast system.

We have a man of courage & faith at the helm.

He will be at the helm for 4 more years per the RULE OF LAW.

Pray for President, our country & ALL.

Steady.”


でありまして誤字脱字?はスルーしますが
内容が日本語で



【リンウッド1月10日】

:「差し迫った停電に備えてください。

トランプ大統領は緊急放送システムを使用します。

実権を握っているのは勇気と信仰の人です。


彼は法の支配に従ってさらに4年間指揮を執るでしょう。

大統領、私たちの国、そして民衆のために祈ってください。」


というものですね!!



だから今までこれ陰謀論とされて叩かれがちであった
「緊急放送システム」についてリンウッドはさっき本当に
言ってまして


さらにその後彼はパーラーで

“Apple is going to do an update
on all phones to shut off the emergency broadcast system.
This is Nazi Germany 1938

Turn your auto update toggle off.”


ってことも言ってまして日本語だと

【リンウッド弁護士】:「Appleはアップデートを行う予定です

緊急放送システムを遮断するためにすべての電話で
それを行う。

これは1938年のナチスドイツのようだ。

自動更新をオフに切り替えましょう」


ということまで本当にパーラーで発言してますね。


ちなみにパーラーはもう近々検閲が入るという情報も
リンウッドは言ってました。


それでさらに「リンウッド弁護士の勝利宣言」が
その前に出されましたが


日本語だと以下ですね


【リンウッド弁護士】今日1月10日日本時間午前

:「今日は全ての嘘が明るみに出るよう
神に祈る良き日になるでしょう。

私達の大統領は、トランプ大統領だけです。
大統領の言葉を良く聞いて下さい。

大統領は我々の憲法と自由を守る為に
次の手を打たなければなりません。

メインストリームメディア(マスコミ)はウソなので、
スルーして下さい。

安全の為に、
10ー12日分の水、非常食、

ラジオなどを準備して下さい。


これらが不要であると願っていますが、
偽旗作戦により都市部での暴動がある可能性があります。

トランプ大統領とそして最終的に神を信じて下さい。

混沌カオスな状態になった時、計画に気付くでしょう。

トランプ大統領は地滑り的な勝利で再選しました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あと4年の任期を務めるでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
トランプ大統領にはこのコミュニスト(共産主義者)や
裏切者たちによってもたらされた
混乱を一掃する任務があります。

そしてやり遂げるでしょう。
 
神のご加護を」



と言ってまして、


今までは細かいニュアンスの違いなのですが、

リンウッドはトランプの勝利について


“Trump won the election”(トランプは選挙に勝った)

というwinの過去形のwonを使っていまして


「(本当はあの不正選挙がなければ)勝っていた」

とか

「本当に実は勝ったのだ」とか英語だとどっちにも取れる

表現をしていたんですね。


上の(不正選挙なければ)って表現は

だから選挙を正当な本来の
トランプ勝利の結果につなげられる確信があるかどうか?

微妙な表現を使っていたのです。


が、今日の朝のリンウッド弁護士の語り方が
相当確信を持ってるのが分かる表現で


彼は

“Trump “was re-elected” in a landslide victory. ”

ってことで「トランプは地すべり的に再選されました」

ともう、確定的なニュアンスで書いてるのが


かなりの違いですね。


それで私も先ほど石川さんの動画内容を検証した内容を
メルマガで扱ってますが


■バックナンバー
【息抜き♪】寝ても覚めてもトランプトランプ!
の石川さんの動画を見て、 息抜きしながら考える!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2789#2789



もう検証記事を書いていて

「ああ、もうトランプ陣営は計画通りに動いてるってのは
相当な確度でそうなんだろうな」

ってのは正直本音ではあるわけですが


もう上の緊急放送システムという
まさかのこの数年Q界隈で言われていた
単語が出てきてしまったこと、

(これ事態驚くべきこと。驚嘆。おったまげた。
いよいよ本番なのだ)


あとはリンウッドがトランプ勝利についての
表現を
単なる勝った wonから

re-elected 再選された、に格上げしたこと、


これはまあすごいことだな~と思ってみていました。



ということでリアルタイムでメルマガ見ている読者さんは
かなり面白いのではないでしょうか??


今日のお昼の号で 一見とんでも単語の
世界緊急放送システムって単語がメルマガで出てきたと思ったら


それをなんとトランプ陣営のリンウッド弁護士が
2時間とか3時間して

パーラーに書き込んでいるわけで


面白すぎますよね。




さて、それでこんな状況を見ると、

勿論一応メルマガで1月20日が就任式なので
そこで決まりますっていう立場ではあるのですが


まあもうトランプ陣営がしっかり負けないことを徹底して
最終的に詰めている状況、であるのは

分かりますよね。


「ペロシ下院議長の焦り」はやはりこの辺でしょう。


それでさらに日本のトランプ言論と言えば

やっぱり2016年にトランプは勝つ!

と大きく書籍まで発行してしまった


日本トップの言論人である私も尊敬する
副島先生ですが


副島先生が・・・


【トランプの最終的な勝利が確定した。
あと数日で、戒厳令で、敵 Deep State を撃滅する。】


を今日の日曜日に投稿されました。


副島先生もトランプの勝利だ、ってのは以前から書かれていて
メルマガでも扱っていたのですが

やはり米軍内部の政治影響力の不確実性とかは
依然として残っていたようにも感じ取れましたが


ここで「最終的な勝利が確定した」という用語で

今の状況を説明されてます!!


さあ、見てみましょう!!


世界がひっくり返りそうです。

そして「最強の面白い文章」であるから見てみましょう!


↓↓

===============

【トランプの最終的な勝利が確定した。
あと数日で、戒厳令で、敵 Deep State を撃滅する】

投稿者:副島隆彦

投稿日:2021-01-10 10:46:50



副島隆彦です。緊急で、冒頭に加筆します。
同日1月10日の 午後3時です。


 反トランプの筆頭の  ナンシー・ペロシ下院議長が、
軍に逮捕された。

この情報が、2時間ぐらい前から、
日本のSNS上に、流れていました。真実のようです。


 これで連邦議会(立法府)が停止状態になる。
さらに犯罪行為に加担した議員たちの逮捕が
相次ぐだろう。すでに 軍隊が動いている。


 それから、さらに驚くべきだが、

JFK Jr (ジュニア。1963年11月22日に暗殺された
ケネディ大統領の長男)通称 Jhon-Jhon が、生きている。


もうすぐ、トランプと並んで、
公の場に出てくるだろう。これも真実のようだ。



ユーチューブの 「BBニユーズ氏」が、伝えている。

https://www.youtube.com/watch?……OJFAoSTNow


【米大統領選挙】ジョン・F・ケネディ・Jr に関する
2つの情報開示!ワシントン(NSA & アーサーアライアンス)から
許可が下りました!【BBニュース】57,375 回視聴•2021/01/10



副島隆彦です。 
この情報は、Qanon 「キューアノン」で3年前から、
それとなく書かれていた。


Qanon は、ディープステイト勢力から、
本当に強く、目の敵(かたき)にされていたので、

私は、わざと言及しないようにしてきた。


しかし、Qanon を信奉する親トランプ派の、
若者たちの熱意を感じて、私も読むようになった。

「Q」とは、JFKジュニアだったのだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 1999年に、NYから、マーサズ・ビニヤード島に
向かう途中に、彼が操縦する小型機が消えた。


妻とお腹の子供と、それから確か、
妻の妹が乗っていた。21年前だ。


彼は、自分が、父親に続いて、
ディープ・ステイトに殺されることを知っていた。
だから隠れた。


3年前に、突然、トランプの前に、現れた、と Qanon の
 文章の中にあった。

二人は、若い頃(90年代から)の友人である。
彼らは、ディープ・ステイトとの、
命がけの戦いを決意したのだ。

(以上、冒頭加筆終わり。)


副島隆彦です。 今日は、2021年1月10日(日)です。


トランプ大統領と トランプ派の1億人のアメリカ国民は勝利した。
あと数日で、はっきりする。

数日中に、
戒厳令(かいげんれい、Martial Law マーシャル・ラー)
が発令される。


 トランプの、初めからの深慮遠謀(しんりょえんぼう)の、
大きく罠(わな、トラップ)を仕掛けた、

敵どもへの囮(おとり)作戦
(スティング・オペレイション 囮(おとり)作戦、
釣り(fishing フィッシング)作戦の勝利だ。


私は、11月6日に、トランプは、勝つ、と書いた。

トランプは、このあとの経緯のすべてを分った上で、
このあと、どんどん退却戦をやって、国民を粘り強く説得して、

「大規模な選挙不正が本当に、有ったのだ」と主張しつづけた。



 敵どもも、このことをイヤというほど、知っている。
自分の良心に問いかけて、それでも、
まだ自分たちの悪事を認めないのか。


それなら、やっぱり、お前たちは、犯罪者だ、と。
トランプは、どこまででも、敵の勢力を自分の方に攻め込ませた。


 だから、私は、トランプが、最後に勝つだろうと書いた。
トランプというのは、恐ろしい、政治戦略と、
軍略(ぐんりゃく)の天才頭脳をした男だ。 


ずっーっと敵たちを自分の陣営の中深く攻め込ませて、
自分の本陣の前まで、攻めさせて、そこで 
バシーンと一挙に撃滅する。


上杉謙信(うえすぎけんしん)のような戦国大名だ。

軍事の天才だ。


敵が思いもよらない手に出る。
決して卑怯なことをしない。

そして土俵際(どひょうぎわ)で寄り倒す。


 ディープ・ステイト the Deep State 側の、
大(だい)悪人たちは、政治家(議員)であれ、

裁判官、法曹(リーガル・ギルド)であれ、
財界人

(ビッグテック GAFA+MSを含む。
のビル・ゲイツたちであれ。ゲイツは、シアトルから、
カナダの方に、すでに逃亡したようだ)であれ、

聖職者たちであれ、ハリウッドの大物俳優や、
映画監督たちであれ
(数十人、もう判明している。すぐに私も公表する。
その前に自殺者が相次ぐだろう)。


 今回の選挙不正(選挙犯罪)に関与した者たちの全員を、
トランプ派の軍隊(憲兵隊、MP。ミリタリー・ポリス)が、
逮捕、拘束する。



 その他に、幼児性愛(pedophilia ペドフィリア)の
カルト( cult 秘密結社)の、悪魔の儀式で、
幼児たちを生贄(いけにえ、sacrifice )にして

その血(から出る、アドレノクローム)を飲んで、
丸焼きを食べた者たち、

超エリートたち全員を、逮捕して、証拠と共に、
軍事法廷( tribunal トリビューナル。 
日本の敗戦後の極東軍事裁判 のようなもの) で、


裁判に掛けて、数万人を、国家反逆者と、
人道に対する罪で、終身刑か、死刑にするだろう。


トランプは、今は、テキサス州の 西側の山岳地帯の 
Abiline アビリーン の国防軍事司令部(NDCC)にいる。


ここは、核戦争が起きたときの、
米軍の全体の 軍事指揮所である。


http://www.snsi.jp/bbs/page/1/



 トランプ派、1月6日の 首都ワシントンDCの 
議事堂突入事件のあと、

「みんな、痛みは分かる。だけど家に帰りなさい 
(誰が、最後のワル、裏切り者かも、分った。
アンティファAntifa の区別 designate デジグネイト)もした 」


「あとは、私たちがやるから、
みんなは平和に家にいなさい
(6日の大集会は、あれで計画どおり成功した)」と、

短く、ホワイトハウスの中庭で撮った映像を流した。


 このあと、トランプは、そのまま、
大統領専用機のエアフォース・ワンではなくて、

空軍の Boeing E4 機
(この機は、アメリカが核攻撃を受けたときに、
空中から大統領が指揮を執るための空中司令部)で、


テキサスに飛んだ。

これにメラニア夫人も、同行した。
立派な女性だ。トランプの側近たちも同行したようだ。

 だから、ホワイトハウスは、もぬけの殻か? 
いや、娘のイヴァンカとジャレット・クシュナーたちがいる。


どんどん、根性無しと、裏切り者の、補佐官たちが、
脱落して辞任してホワイトハウスから去って行った。

このあと、リン・ウッド弁護士 も
シドニー・パウエル弁護士(あの岩のような女)も、
マイケル・フリン中将も、

別の空軍機で、テキサスに向かったようだ。


1月6日の、午後8時から、仕組まれていた通り、
バカの ナンシー・ペロシ と、

ペンス副大統領(まだ、どっちの側かはっきりしない。
やはり、裏切り者のようだ)が、


上下両院議会を開いたのを、
トランプは、テキサスの軍事基地で、見ていたという。


 私が、前に書いたとおり、米空軍は、
トランプを強固に支持している。


それと、出来たばかりの 
宇宙軍( Space Force スペイス・フォース。
核戦争とサイバー戦争もする )が、
トランプの直属である。


国防長官(代行acting ) の
クリストファー・ミラー Chris Miller  が、
全軍の指揮を執っている。


それと、・・・・リチャード・ドナフュー司法省副長官だ。
ポンペイオ国務長官も、強力に、トランプを支えている。


 これは、カジノのカードの、
ロイヤル・ストレート・フラッシュだ。


 野球の9回裏、二死、ツー・ストライク・スリー・ボール 
での、
大逆転ホームランとなる。


トランプは、ここまで、ずっと、我慢に我慢で、

敵どもを炙(あぶ)り出し、引き寄せ、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大鰐(おおわに)が、汚れて腐った沼の底から、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
這いずり出てくるのを、待ち構えてきた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 そうしたら、最後の最後で、
イタリアの、ヴァチカンVatican の 
ローマ・カトリック教会が、遂に引っ掛かった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(ゆう追記:そのローマカトリック教会の恐ろしさを日本人で
勇敢に書籍で書き続けたのはまさに副島先生であります)


ドイツのフランクフルトのCIAのコンピュータ・ファームの、
ドミニオン社のサーバーから選挙データは、
ずべてヴァチカンに集められていた。


 それで、トランプ派の軍人たちの、
ペンタゴンのハッキング部隊(陸軍305部隊)が、

先日の、ジョージア州の2人の上院議員の決選投票(1月5日)の、
を放置して、監視していた。


そして、最終的に、本当に違法な票操作をする者が、
ヴァチカンの命令で、ローマにいた。

別のアルゴリズム(計算式)のウイルスを混ぜた。


このことが、本人の自白
(宣誓供述書 affidavit アフディビット)付きで、
1月6日に、ナポリの裁判所に出た。

これで、イタリアとヨーロッパは大騒ぎだ。


 これで、ディープ・ステイトの最高司令部が、
ヴァチカン(ローマ教会)で有ることが、はっきりした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それとイギリス国教会(アングリカン・チャーチ)
とイギリス王室だ。


私は、自分の最近の本で、ディープステイトの総本山、
本拠地は、この2つだ、と書いて来た。


このようにして、最後の大(だい)悪魔が、
遂に罠に嵌(は)まった。


日本のメディア(マスゴミ)は、
例によって、全く、報道しない。



 1月7日に、国家情報官DNI(ディー・エヌ・アイ)の
ジョン・ラトクリフJohn Ratcliffe が、

議会上院に、選挙不正の証拠の束からなる
報告書を提出した。


この瞬間から、
「外国の干渉による米国選挙への干渉、介入」が、
証明された、となる。

2019年9月12日の、大統領令の要件が満たされた。 


 これで、トランプは、数日中に、
戒厳令を出す。


もう、バイデン、ヒラリー、オバマたちも逃げられない。
全員逮捕だ。


そして、軍事法廷で、裁判に掛けられる。

前代未聞の事態が起きる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

トランプ側のブロガーのロン・ワトキンスが
トゥイートしたとおり、「地球が壊れるかもしれない」だ。 


 1月8日に、Twitter 社や、フェイスブックや、
グーグルが、トランプ以下の、アカウントを永久停止する、
と発表しているが、

もう、そんなものは、意味をなさない。



 トランプ勢力の 新しいプラットフォームが、
もうすぐ立ち上がる。

トランプ派の Parler パーラーを 止めても、
間に合わないだろう。


私、副島隆彦は、今朝、起きて、
以下のユーチューブのサイトを見て、大変、感動した。

このフリーマン長谷川 君という、まだ、
30歳ぐらいの若者が、堂々と発信する、

このユーチューブサイトが、現下(げんか)の、最新で、
最先頭の 情報を、私たちに教えてくれている。

皆さんも、急いで見てください。

#Freeman #アメリカ #アメリカ大統領選
https://www.youtube.com/watch?……ZuVmNYKkWw


【アメリカ】バチカンを敵に回しているトランプ陣営  
202.1.10


副島隆彦です。それと、私が、
ずっと11月始めから注目している、HARANO(原野?)君という、
若い、帰国子女の サイトです。 


なんと、ナンシー・ペロシ下院議長の、
執務室のPC(ICデヴァイス)は、混乱の中で持ち去られた。


そして、何と、今はトランプ派の海兵隊の特殊部隊が押収して、
今、ペンタゴンで解析されているという。

これで勝負は詰みだ。ペロシは狂乱状態だ。



 このように、フリーマン長谷川君が話している。
ペロシは、自分が、ワシントンDCのワルの市長と組んで、
アンティファを議場に、計画的に先頭に立って、

なだれ込ませた計画が証拠のメールで露見する。
それから、これまでの、2カ月の選挙不正への、
自分の関与の、悪事も全部、公然、満天下に、明らかになる。


 世界中のディープステイト側の、メディアたちが、
いい気になっていられるのも、今日、10日までだ。


さあ、ここからが勝負だ。それ


から、以下の原野君の ユーチューブが大事だ。

HARANO(原野)Times
WANA IN WANAの可能性について考えてみた – YouTube
https://www.youtube.com/watch?……68lVoHk-p8
「 WANA IN WANAの可能性について考えてみた 」
66,003 回視聴 2021/01/10 1.3万92 共有保存 


副島隆彦です。 それから、「闇の熊さん」と、
「文化人チャンネル」の数人と、「改憲君(君主党)」 と、
「リッキー社長」 という人と、「すずぽん」 という人。

その他、私の弟子である、杉山(すぎやま)君と。


 それから、前から、私が尊敬していると書いている、
 及川幸久(おいかわゆきひさ)氏(幸福実現党の 対外局長) と、
 それから 中国人なのに、すばらしい日本語で、

その、いかにも前頭葉(ぜんとうよう)が、発達して、
脳の額(ひたい)が前の方にせり出しそうな、
張陽(ちょうよう)氏という、


東北大学の助教授の、中国人と、
その他、金丸眞也(かねまるしんや)氏と、それから。


 他に、5人ぐらいの、中国系のニューズ解説者で、
自分の番組を持っている、

大紀元(だいきげん)Epoch Times 、
Epoch Media Group の解説者たちに、深い敬意を表する。



 この際、中国共産党に対する、考え方の小さな違いを、
私は気にしない。


彼らは、亡命知識人として、勇敢な戦いをやっている。
どうでもいいから、どんな政治的な立場でもいいから、

とにかく、温々(ぬくぬく)と大きな組織内で
生きている人間が、私は大キライだ。



 私は、前にも書いたが、この人たちが、
日本の新しいメディア人間として、登場したことが、
何よりも嬉しい。


私は、もう、ジジイだから、うしろに引っ込んでいい、
と思うようになりました。


彼らの成長が、既成の、日本の 汚れきった、
腐れメディア(マスゴミ)たちを、叩きのめして、
日本に言論、報道、知識革命を起こして欲しい。


 私、副島隆彦は、もし、トランプ勢力が、
ワシントンの政治的な 攻防戦で敗れて、

それで、テキサスにまで撤退して、
そこを本拠地(新首都)にして、

内戦(ないせん、シヴィル・ウォー)を戦うこのになったら、
国際義勇軍(国連に届けて成立する)の義勇兵として、


リバータリアン師団に加わって、
参戦しようとずっと考えていた。

テキサスは、新(ニュー)CSA(シー・エス・エイ)の 
本拠地となる。


CSAというのは、 
南北戦争(内乱、1841-5年)の、時の、南

軍の、政府である 
南部連邦( なんぶれんぽう。
The Confederate States Alliance
ザ・コンフェデレット・ステイツ ・アライアンス)のことだ。


それの、新しいバージョンが、「ニュー南部連邦」である。
このコトバは、もう、この数年、「テキサス独立論 」と共に、
公然と使われている。


この新南部連邦軍が、ワシントンや、ニューヨークに、
攻め上がる、ということだ。


つまり、「第2次南北戦争」という 
内乱、内戦の可能性が、今もある。


 ところが、どうやら、トランプ勢力の勝ち。

で、私はアメリカに参戦しなくて
(たったひとりで。笑)よくなった。


やはり、私は、日本の持ち場で、言論人として闘うのが、
一番いいのだろう。

西森マリーさんが、
「先生は、テキサスに来なくていいです(足手まといですから)」
(笑い)

「こっちは、だいたい1家族にひとりずつ
元軍人がいますから、彼らが、もう、ウイスコンシン州とかに、

トランプ派の証言人たちを防衛するために、
順番で交替で行っていますから、大丈夫です」

と、知らせてくれた。



 トランプの、釣り(fishing )作戦、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
囮(おとり)作戦 sting operation の勝利だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ディープ・ステイトの敵どもは、トランプの 
凄(すさ)まじい戦略家としての、頭脳に負けた。



敵どもは、この2ヶ月間にトランプが仕掛けた、
釣りと、罠(トラップ)と、囮(おとり)に 
まんまと引っ掛かったのである。 


だから、このあと、トランプ勢力の大勝利となる。



 それで、下↓に、 古村君が、書いていますが、
来たる1月17日(日)、もう、来週だ、

の私たちの学問道場の定例会(自力での講演会)は、
例によって、コロナ策略で、東京都の命令で、
入場規制が行われて、

会場定員の半分しか入れなくなりました。困った。
小池ゆり子という ディープステイトの忠実な子分の
バカ女の 

コロナ大本営発表(1日で2400人の感染者が出た、とか。
いい加減にしろよ。もう、みんな、飽き果てているよ。


そんな感染者なんか、どこにもいないじゃないか。
ゴロツキ、ペテン師 どもめ)の、

犯罪者としての炙(あぶ)り出しもしなければいけない。 


ですから、もう、これから申し込んでも、会場には入れないと思います。


 私は、今、弟子たちに相談することもなく、
決めたのですが、近く、


「トランプ再選、勝利。ディープ・ステイトの
クーデター撃滅 戦勝お祝いの集まり」

の集会を、やろうと思います。


 でも、会場が見つからないなら、青空で、
公園に集まって、やろうかなあ。寒いなあ。


皆で、集まれる場所を考えましょう。

私は、真ん中にいますから、皆で、ワイワイと、
おしゃべり大会でいいから、


同志としての「賀詞交換(がしこうかん)、
好漢、好感、興煥、好感会」でもやりましょうか。



「おい、副島。

まだトランプが勝ったと分ったわけでもないのに。

それどころか、トランプは、今から、
大統領弾劾(インピーチメント)で逮捕、起訴されるんだよ。


よくも、おまえ、そんな、お祝いなんか、言えるな」

と、言いたい人は言えばいい。


 お前みたいな、長年の属国(ぞっこく)奴隷で、
生来、背骨が曲がった、ひねくれ根性、
負け犬根性(そのくせ、自分はいつも、勝ち組の、
立派な体制側の人間だと思い込んでいる)の、やつらなんか、

始めから、私は相手にしていないよ。バーカ。 



 副島隆彦拝 



===============

以上です!!

ということで副島先生の2021年1月10日の
最新文章を見ていただきました。



いや~ということで、
勿論まだ1月20日でもないので
10日くらいありますが


もうトランプ陣営ですがこれからしっかりと
「ワシントンのヘドロ」の大掃除をしてくれる流れと
なってますね。


それでアメリカの大統領選挙ってのはまさに
こうやって民主党とか軍産が不正をしてもですね、

この選挙日11月3日から就任式1月20日まで

2ヶ月半あるわけですが



それもまた建国の父たちが民主を苦しめる怪物たちに政権を
握らせないようにするための大きな知恵ですが


トランプ大統領はその知恵に乗っかり
そしておそらく彼は歴史に残るだろうけど

天才軍師としてその期間を最大限に利用して、
ワシントンのヘドロをあぶり出し、

これから大掃除に入っていく流れですよね!


あとは群馬のゆみこさんという方がよく副島先生の
学問道場に書き込みされていて

大変感性が鋭い方だけど


以下のような内容も投稿されてますね!


「群馬のゆみこです。今日は2021年1月10日(日)16時半です。

副島先生、おめでとうございまーす!
 
今朝、副島先生ご紹介の、
ジョン・F・ケネディ・Jr が生きているという、
例のBBニュースをYoutubeで見て

「これで私は、
あなたたちからのキチガイの汚名返上だよ!」

と友達数人にLINEしました。


そしたら、そのうちの一人が
ウィキペディアのジョン・F・ケネディの
・Jr ページのスクリーンショットを送ってくれました。

内容を転記します。
すごいです。皆さん、トランプさんからの本物のメッセージですよ!


 (転載貼り付けはじめ)
 ウィキペディアの
ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・ジュニアのページから


・・・事故により38歳で死去。
2021年1月7日に、墜落死は偽装であった事が公表され、
実際は生存していた事が世界に向け公表された。

本人が登場しトランプ二期目政権の副大統領に就任。


(転載貼り付け終わり)

 読みました? ジョン・F・ケネディ・Jrが、
トランプ大統領の、2期目の 副(ふく)大統領ですよ! 

でも、この記述はもう消されて(削除)います。
私にスクリーン・ショットを撮って送ってくれた友よ、
ありがとう!

 おわり  



以上です!


ということでいよいよ、あのQ本人である
ケネディジュニアが登場してきそうですね。


これもリンウッド弁護士が最近ほのめかしてます。


それであとはアンティファの人間が動いたら
いつもトランプが有利な展開になるのが
私はいつも不思議でしたが
(今回もそう)

米軍やNSAでおそらくですが
アンティアの資金供給のルート、さらに
情報交換は全部傍受されてる状況なのか?

とか色々考えられるのですが

もうここでとりあえず、
アンティファの人間が逮捕されまくってる。

後はペンスが裏切り者なのか2重スパイなのか
色々憶測を呼んでますが

とりあえず私たちには諜報のそういった部分は
秘匿であるから分からないわけですが

いずれにしても

「今トランプ陣営の戦略がしっかりと進んで
クライマックスに向かってる」

というのは間違いない感じでして


トランプ劇場ですがまあとんでもなく面白い状況となってますね!


それでこれは色々理由があって書かなかったですが

実は私がずっと感じ取っていたことがあって

そう、このトランプの戦略が米朝首脳会談にこぎつけたやり方と
すごい似てまして

あの時もまさにマスコミが油断していたのだけど
一気に最後の最後でトランプが引きつけて引きつけて

一気に反対する軍産を一網打尽として
米朝首脳会談をしたものなんだけど


トランプの天才軍師としての腕は本当にすごいですね。
そしてこのトランプが民衆側に立っているという
幸運もあります。


それで今おそらくトランプ陣営が考えてるのが

あまりにもこの今起こってる出来事が
多くのマスコミ洗脳されてきた人々にとって

驚きすぎてびっくりするものだから
どうやって認知させるかって言うところでしょうが

だから今

「緊急放送システム」ってのが

その役割として大事なんでしょう。


以前、「バイデンがなんかトランプに塩送ってるような
事を言ってる」のも扱いましたが、


リンウッドによるとビッグテックがその緊急放送を
機能させないように悪あがきしてる

という書き込みがこれパーラーでされてますよね。


検閲もそれのひとつですが
おそらくそのトランプ陣営の対策も、いずれ近いうちに

出てきそうです。



それでこの動きですが前号で書いた

「今の時代は陰謀論が現実化する時代だ」

って話にもなるんだけど


【息抜き♪】寝ても覚めてもトランプトランプ!
の石川さんの動画を見て、 息抜きしながら考える!
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2789#2789



この陰謀論ってのはまさに
軍産複合体が真相追及を逃れるために

メディアに流布させたものでしょうが

(人間は社会性がある生き物だから
それを追及してると頭おかしいと思われるのを恐れて
人々は口にしなくなる、という効用を狙ってる)



それらがもうこれからどんどん出てくる時代
となりますよね。



それこそ以前ワクチン強制になってマイクロチップ埋め込まれて
なんやかんやの話も陰謀論で片付けられていたけど

それは現実化してるわけですが


要するに、軍産をけん制するための言論=全部陰謀論で葬り去る

でありましたが


もうこれが隠せなくなってくる時代ですね!!



だから副島先生がずっとローマカトリックとバチカン批判をしており
それを私はメルマガで扱ってきたけど

世間の人はやはりこう正面に向き合う勇気はなかったけど

これがまあもう裁判所で今月あたりから
前号あたりまでで扱ったとおり
リアルに出てきてるわけですね。



スゴイ時代、としか言えませんね!!

私たちはまさにそれを目の辺りにしている。


ということで、今号は

最新の副島隆彦先生とリンウッド弁護士の

重要な認識について扱いました!!


それでこれから反乱法・戒厳令などのシナリオは
いよいよ現実化しそうな状況でもありますので


そしてまさに前代未聞の出来事がどんどんこれから
起こってくるでしょうから


この「トランプ劇場」を私たちは見逃さないように
楽しみながら、

見て行きたいものですね!



ゆう










★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
予想しない投資手法とは!?

■隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略が期間限定公開です
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……89/202101/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





«  【副島先生とリンウッド弁護士の「トランプ勝利確定」についての 最新言論を見る!!】 (「緊急放送システム」についてトランプ陣営のリンウッドが先ほど言及!)  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください