無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる 予想しない投資手法とは!?(副題:軍産複合体はアメリカ人たちの民意が本当は怖い!?)

2021 1月 04 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

軍産複合体はアメリカ人たちの民意が本当は怖い!?
(「特別検察官+テッドクルーズたちの特別委員会」の
ナバロ氏の新しい提言について)
⇒編集後記で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
予想しない投資手法とは!?

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……89/202101/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



どうもゆうです!

いつもご覧いただきまして

ありがとうございます!



さて、前号では以下の号を流してます!


ズバリ、いよいよテッドクルーズ議員たち11人の上院議員が
1月6日の上下合同委員で異議申し立てを行うことに

立ち上がる予定ですね~




■バックナンバー

【ついにテッドクルーズ含む11人の上院議員が
1月6日の異議申し立てに立ち上がる!
そしてペンス副大統領が「意を決した」か?】
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2780#2780




それで、ここでテッドクルーズ議員たちは

【「10日間の緊急監査」を実施する特別委員会の創設】

を1月6日の上下合同委員に向けて求めてますが


この前ナバロレポートでも話題となった

ナバロ氏なんかがこのテッドクルーズ議員たちの提案した委員会設立に

これまた特別検察官を絡ませていくプランなんかも

言い出してます。


大変面白い動きとなってきましたが

編集後記で!






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【FX新案件!】相場に「網を張って」
月利10~20%を継続してる
予想しない投資手法とは!?


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さてさて、それで今日は件名にも書きましたが

2021年の新しいFXの案件が登場してきてますね!!


ずばりこちらの案件、後ろにいる社長さんが長らく親しい方なので

よく存じてるのですが


まあ多くのちゃんと検証して実践されてる生徒さんが

ガッツリ結果出してる、という案件ですね~


それでズバリ今回の案件ですが

「証券会社の政治経済」に注目した案件でして


簡単に言うと

「FXのみんなが使ってる某国の証券会社ってさ
結局顧客が損すると得する仕組みなんでしょう?」


っていうところから戦略をスタートさせてる案件ですので

面白いと思います。



今日はこちらの


「相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
予想しない投資手法」の

事務局の大塚さんよりあなたにメッセージです!



==================

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
予想しない投資手法とは!?

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……89/202101/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■


<<:氏名:>>様、今回ご覧いただきまして
ありがとうございます。

事務局の大塚でございます。


突然ですが <<:氏名:>>様は

「FXの証券会社の闇」についてご存知ですか?


FXの証券会社選びに失敗すると、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いくらトレード技術を磨いても勝てない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この話を聞いてピンと来ませんか?


もし「ピン」と来る方は、経験があり

FXの闇についてよくご存知かと思います。



今回 私たちで紹介する深見さんですが、

「A-BOOK」「B-BOOK」のことをよく理解している
本物のFXトレーダーさんです。


「A-BOOK」「B-BOOK」とは何か?

これは、国内のFX証券会社が、
なぜ、あんなにスプレッドが低いのか?

このスプレッドの低さに答えがあります。


インターバンクからレートを引いているなら、
絶対に、こんなに低スプレッドは実現できないはず…。


ということは、証券会社の中の操作された
チャートシステムの中でトレードをしてる?


だとしたら、どんなにトレード技術を磨いても
勝てないということには、頷けますよね?


深見さんは、FXで数千万円の利益を出しながらも、

証券会社からの理不尽な「出金拒否」などを経験し、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
FXで本当に勝てる方法を極めた方です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もちろん、FXの証券会社(ブローカー)選びはもちろん、
トレード手法も他の人とは一線を画しています。


通常のトレーダーが、上がるか下がるか予想、
つまり、「BUY」「SELL」か予想する中、
深見さんは、上がっても下がっても利益が出る。


そんな、ポートフォリオを組んだ
トレード手法で、取引をされています。


「上がっても下がっても利益が出る手法」

と聞くと、詳しい方なら、アービトラージ?

って思うかもしれません。


いえいえ、アービトラージは、不正解です。


また、両建てを絡めたトレード法?

って思われた方もいるかもしれませんが、

両建ても、不正解です。



深見さんのトレード手法は、巷では実践している人が
おそらく ほとんどいないかもしれません。


簡単に今お伝えできることだけ言うと、


20通貨ペアを為替の相関関係で、
ロット調整をしながら、損益を各通貨ペアごとで
判断するのではなく、トータル損益をとして考える。


このような特殊なFX手法でトレードをしている方です。


トレードにかける時間は、

1日たった5分程度で、
エントリーのタイミング以外は、
チャートも見ない。


張り付きもせずに、月利5~15%はもちろん、
調子がいい月だと月利50~100%も出せる。


そんな嘘のような本当の話がここに存在します。


深見さんの、

「上がるか下がるか予想せずに「FXで勝つ手法」を

ウェビナーで公開する予定です。


以下のページから、メールアドレスを登録して、
深見さんのウェビナーを受講して見て下さい。

http://www.fxgod.net/a/groups/……89/202101/



これまで、<<:氏名:>>様が聞いたことない、
FXトレード手法が公開されています。



そして
「FX会社の闇」に迫った話も紹介されているので、
刺激が強いウェビナーになっていますが

だからこそあなたにとっても
役立つものとなるはずです。


ご覧頂くだけでも非常に価値あるでしょう。


今回かなり特殊な方法でもありますから
あまり多くの方にお知らせできないため
期間限定で


一部の媒体にて
2021年に公開させていただいております。


どうぞこのお正月の時間を活用いただき
ご視聴くださいませ。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
予想しない投資手法とは!?

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……89/202101/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■



==================




以上です!!


それで今回の案件ですがズバリ


「トレードがしたいのではなく

資金を増やしたいのだ」


という少し冷めた?

ある種 資産増加の明確な目的がある人にとっては大変面白い

案件ではないかな~と思います。



ちなみに今回この案件面白そうだな~って思ったのは

勿論講師の方がプロフィール見ていただいて面白いなってのも

あるんですが

(製薬会社の闇とか色々知ってる人ですね)



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……89/202101/



ただそれ以上に、実はこの案件を担当されてる統括の社長さんが

いらっしゃるのですが


まあ私と長い付き合いで ぶっちゃけな話

相当なお金持ちな方がやってる案件ですね。


実はまだこの案件の社長さん、

30代で若いのに

個人で資産数億とかまあそれくらいある方ですが


その方が統括してる案件ですね。


それで今回その若くして最早リタイア状態であるはずだけど

そこでビジネス大好きでお客さん稼がせながら経営も続けてる

社長さんが白羽の矢を立ててる

トレーダー兼講師さんが実は今回の深見さんなんですが



まず不思議に思いませんか?


世の中にはこれ稼げないでそれこそコロナの政府給付金に

頼ってなんとか食いつなごうと言う人が現状多い中、


そこで投資やビジネスで稼ぎまくってる人が実際いる・・・

わけですね。


その差は一体なんでしょう?


これは実は色々要素はあるんですが

「世の中の現実の厳しい政治経済を見ることができてるかどうか?」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なんですね。


たぶん多くのサラリーマンから副業で稼ごう、なんて
思ってる人は大多数が

「政治経済と、投資やビジネスで稼ぐって関係ないだろ!」

なんて思っちゃうんですけど


まあこの時点で稼げないわけですね。


なぜか?


と言いますと、基本的に全てにおいて政治は発生するから、

です。


それで実はこれは「金融行政」でも同じでして

上にちょろっと 私のメルマガでも以前扱ってる

A-Book と B-Bookの話が書かれてますが


まず金融行政について最初知らないと

大きく負ける可能性が急激にアップする、のですね。


ちなみに某国の金融行政は世界最悪と実は

詳しい人には知られておりまして、


某国のFXの証券会社のほとんどは

そう「顧客が損をしたら証券会社が儲かる仕組み」

となってるわけです。


そしてその某国の証券会社を使ってる人たちは

某国の証券会社を相当信頼してまして


言ってしまうと深い洗脳状態にあるんですけど

「まさかそんなことが行われてるとは夢にも思っていない」

のですが


実のところ 某国の証券会社では証拠金100万円とか

そんなレベルの個人投資家は内部の幹部たちの間では

クズというひどい言い方をしてる人たちもいたりして


けど一方、外面は コンプライアンス、コンプライアンス~

と、言ってたりするんですね。


それで実は某国の証券会社ってのは

昔は先物とかで電話営業とかがあったものなんだけど


そこで多くの先物の穀物とかを無知な個人投資家に買わせて

そこで大損させて生き残ってきた

海千山千の人たちが出世して、今リーダーとなって


FX証券会社を立ち上げてるわけですね。


そこで多くの個人投資家が文字通り刈り取られまくってる

わけですが



そうその某国は・・・官僚独裁国家の日本なわけですね。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……89/202101/




それで日本では未だに例えばですが

証券会社で信じられないことに「追証制度」ってのが

ありますよね??


まあこれがヤバいんですけども、

追証制度って要するにあなたが

100万円入れてレバ20倍で仮に2000万円を動かして

運用して


そこで相場大変動があって、ロスカットされて

マイナス300万円になってしまいました、


なんてことがあれば

証拠金100万円入れてただけなのに

損失は200万円になる、みたいなそんな制度ですよね。


まあヤバいですよね。


ちなみに海外証券会社は英語読める方は

ちゃんと読んで分かってるでしょうが


基本的にどこも最近は追証制度のないゼロカット業者

が普通ですよね。



日本の官僚ってのは実のところ世界最強でありますが

それが最も反映されてるのがまさにFXかもしれませんが


ここで表向きは個人投資家保護を言ってますが

本音と現実では「どの国の証券会社よりも

個人投資家をリスクにさらさせてしまっており

それを当局も大手証券会社に天下ってるから容認してしまってる」


現状ですよね。



まあこの変の金融行政を知ってる人と知らない人だと

大きな差が出るのは誰でもわかると思いますが


今回はその辺の金融行政もちゃんと理解した上で

そこで戦略を立てていきましょうよ


っていう案件ですね~



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……89/202101/



それでこの 政治経済の構造から分析して

戦略を立てるってのはすごい大事なんだけども、


この案件を担当してる社長さんも政治経済とか見る人なんだけど

そこで「大きな構造をしっかり自分で分析して」


その上で戦略を立てるわけですね。


だから金持ちになりやすい、わけです。


だからそもそも 国内の証券会社ってのもそういう人は

最初から信頼していないわけですが


ここでもう大きな差が出るってことですよね。


「なんかあそこの証券会社は大手企業らしいから

信頼できるぞ、ってみんな思ってトレードをする」んだけど


やっぱり証拠金まるごと、刈り取られますよね?


すなわち妄信が実は問題なんですね。


「自分で考える」ことが大事な時代なのであります。


ちなみにこれは予断だけど、私の知人で、大手証券会社の

社長やっていた人物がおりますね。


名前書けませんが、その証券会社はおそらく誰でも知ってるんだけど

昔、彼が社長でした。


が、そこでその社長の彼は 声を挙げた。

「こうやって顧客の資産が減ることで収益を上げる体制は

やはりおかしいです。

ちゃんとした手数料ビジネスモデルに切り替えるべきだ」


と言ったんです。


さあどうなったでしょう?

彼は役員解任となりましたよね。


私は彼が解任された後、彼に直接話を聞いて

存じてるのだけど


こういう裏側がやはり存在するわけですね。


それでだから、FXの証券会社についても政治経済が絡んできてる

わけですが


この辺の構造をしっかり知って

その上で戦略を立てたら素直に負けづらくなって

利益上がりやすくなるよね、


ってのが今回の案件ですね。



だから実際にページにもありますが決して派手ではありませんが

しっかり生徒さんの資産が増えてる案件、でもあります。




⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……89/202101/




それで例えばなんですが色々「自分で考える」のは大事なんだけど

例えば FXの証券会社を国内で開く場合ですね、


必ず ある項目があると思うんです。


それは「あなたの資産はいくらですか?」っていう項目があって

そこで、タブ形式であなたの資産を自己申告するわけですよね。


これってなんとなく、みんなスルーして

開く時に申告してますが


「じゃあそれって何に使うの?」って思いませんか??


これは例えばある証券会社では

ちゃんと「その顧客がリスクを管理してトレードしてる人間か

それか リスク管理できない素人か」


をそこで見てたりもするわけですね。


ここで例えば ポジションサイジングと言って

暦が長い、「稼ぐリスクのあるトレーダー」なんかは

一回の損失を2%前後で調整しますが


ここで自己資産の20%30%で張る人って結構いるんだけど

実はその申告されてるからそれって丸見えですよね?


だからそういうユーザーはちゃんと「それなりのシステム」

に割り振ったりしてるわけですが


しっかりそういう人は スプレッドがある日ガッツリ開いて

ロスカットされたりするんですけども、


まあ 海千山千の先物出身の方々がやってるだけある

わけです。


まあだから恐いものですよね。


だから稼いでるトレーダーたちからしたら

「日本人があまり使っていない証券会社をなるべく使う」ってのが

結構常識になってるかと思います。


それで、実は証券会社行政ってのはなんだかんだ

不透明なもので、


色々闇があるんだけど、


今回の案件は あくまでそういう闇の構造をちゃんと理解して

そしてその上で対策を考えて

戦略を作っていくのが大事だ、


っていう考え方を出発点としてる案件ですね。



なかなか勉強になると思いますので

是非新年のお時間利用されてみてみるとよいと思いますね~

それでは!




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
予想しない投資手法とは!?

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……89/202101/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





追伸・・・それでここで

「予想しない投資手法」ってことがページで

書かれていると思いますが


実はこれがすんごい大事ですね。


ちなみにですがこれは自慢になるからあまり良くないけど

個人的には一切予想しませんが・・・


まあ2020年は相当資産が増えたのは事実です。


そう 「予想しない」ってのが極めて大事なんです。


だから私のメルマガは一応 投資家の読者が読むものだから

なるべく予想しない、現状の情勢だけ書くってのを


これ編集で意識はしてて、
大統領選挙の記事でもそれは意識してるんですが

(競馬とかの予想屋さんではないので・・・)


「予想なんて できません」なんてのはもう

昔から証明されてるんですね。


ちなみに、もう少し書くと昔はですね、

まだ チャートもなかった時代があって

電話注文の時代があったそうです。


それで私はある優れた投資家に以前教わったことがあり

「当時は 相場予想という言葉は存在しなかった」

んだそうです。


なぜかというと予想はできないから、ですね。


実際は 現状、その価格を上に押し上げるプレッシャー圧力が強いか

もしくは下に押し下げるプレッシャー圧力が弱いか


またそれらがどれくらい持続可能な構造を持ってるか

くらいしか分からないのですが


当時の人はそれを考えて取引していたそうです。


が、いつの日か「相場予想屋」さんが出てきて

猛プッシュされるようになったんですね。


この時から 相場を予想するっていう概念が出てきたんだよ~

って私は大金持ち投資家さんに昔教わった。ラッキーでした。


だから実は予想なんてできないわけですね。


未来が分かるのは神様だけであって

人間が神様になれると思っちゃだめですよ、っていう話なんです。


それで今回の案件はまさに予想しない、ものですので

アプローチが強いやり方ですね。


勿論検証が必要かと思いますが真面目な方は

見てみる価値は相当あると思います。


だから実際は今の大変な世の中でお金持ちになってる人たち

ってのは その辺の人たちと全く違う視点で

物事を見て、批判精神を健全に保ち、


戦略を立ててるから

だから必然的にお金持ちになってるってことなんですね。


そういう意味でかなり勉強になる案件かと思いますね~




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
予想しない投資手法とは!?

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……89/202101/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★








=======編集後記========

さてさて、通常のメルマガですと、

新案件出てきたらあまり政治経済の話題は書いていないのですが


今回は

自由民主主義か、共産主義か、を選択する

アメリカ大統領選挙の真っ只中という 人類史上最も重要な

時期に当たりますから



編集後記でも最近のアップデートをちょろっと書きたいと思います。


というのはどんなにお金稼いでもですね

これから多くの国が共産主義の価値観に侵略されていき


その上で憲法が機能しなくなるとですね、

最終的には戦時中もそうでしたが


憲法で保障される私有財産権の絶対性がなくなってしまって

稼いでも全く意味がない、みたいなことになってしまうから、

です。

(当時日本でも戦時国債を口実に預金封鎖行われて多くの日本人が

全財産を怪物日本政府に奪われたって言うのは事実。)



それで私の祖母に昔聞いたことがあるけど

戦時中はまさに配給時代で、多くの人が配給を待ち望んで

生活していたそうですね。


自分で投資やビジネスで稼ぐとかではなく

政府の官僚に施しをもらってなんとか生きるみたいな時代が

本当に日本では数十年前にあったんです。


まさにそれは国家社会主義時代であったけど

それくらい自由主義と民主主義、およびその上で自由に経済活動

できる資本主義が機能しなくなるのは恐いことですね。



それで昨日扱った、

テッドクルーズ議員など11人の上院議員が立ち上がったのは

世界でも続々と大きく報道されました。


■バックナンバー

【ついにテッドクルーズ含む11人の上院議員が
1月6日の異議申し立てに立ち上がる!
そしてペンス副大統領が「意を決した」か?】
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2780#2780


それでここで「また新しいトランプたちの戦い方のカード」として

【「10日間の緊急監査」を実施する特別委員会の創設】

というのが出てきたわけですよね。


ここでもしそうなれば

おそらく委員会に配置されるのが上院下院の選ばれた議員たちと

あとは最高裁判事たちとなりそうですよね。


それでここで今実は「民意」がやはり大事でありまして

相当アメリカ人たちの民意による 最高裁判事たちや議員たちへの

圧力がすごいことになっていくのは昨日書いたように

間違いない、ですね。


それでテキサス訴訟の時に、まさに最高裁は審理さえせずとなってた

わけで民衆は失望したわけです。


そこでは

ロバーツ最高裁長官がこれ「ここで選挙ひっくり返すような判決したら

暴動がすさまじくなってしまうぞ、その責任をおまえらは取れるのか」


と若い最高裁判事を叱責したってのも言われてることですよね。


ここでとりあえず多くの最高裁判事たちが

ロバーツにそこは従って 審理さえせず、となったと。


が、今は実は逆の状態で、

ロバーツ判事の腐敗もリンウッド弁護士などに

よって明らかになってきてますが
(いずれリンウッドたちの保有するフライトログも
一部、公開されるかもしれない)


ここで最高裁判事たちの持ってる考え方が変わってきてるとは

思いますよね。


最高裁判事たちは以前は そんな政治に重要な決定を自分たちは

できないということでしたでしょうが


そこで審理しないとなったら逆に暴動が起こりそうな状況

と現状なってしまっていて

ロバーツ最高裁長官の言ってることと間逆な状況となりました。


だからここでやはり最高裁判事たちも憲法に沿って

これから動く必要性、を感じ始めてる可能性が高いってのが

現状ですよね。



それでここで大事になってくるのが民意でありまして

「アメリカ人たちの

不正選挙で怪物が

行政長官の大統領になるのを許さない民意」


ってのがこれから

大きく立ち上がってくる。


それでその民意を元として、力の源として

それが政治を動かすということがこれから起こることは

想定しておきたいわけですね。



ちなみにこれは実はあまり昔はなかったことで

それこそマスコミ人たちとか、既存の分析人たちってのは


「民意が政治を動かすことなんてありえない。

実際は民主主義は建前であって

全ては圧倒的強者の軍産などの為政者が都合よく決めていくものだ」


という立場であるわけで

これは実際 キレイゴト抜きで、

今までは彼らの思ってる通りだったんです。



だからこういうアメリカで民意で不正追及の動きが立ち上がるってのは

彼らマスコミ人たちは想像ができないのです。


が、今回は本当に民意が政治を動かしそうなわけですね。

それで民意が強くなったからおそらくテッドクルーズ上院議員たち11人も

今回動いたわけですね。


またこの動きに呼応してそろそろ最高裁判事たち
若い判事たちが

民意を感じ取って動いてくる可能性も考えられるわけで

これも無視できないわけですね。



だからこれから アメリカの民意が

政治を動かしていく姿を私たちは

見ることになるかもしれませんし


すごいものを私たちは大統領選挙で見ていることになります。


あと、その後、出てきたのが実は

「ナバロレポート」でこの前

扱ったピーターナバロ氏であって



このナバロ氏が先ほど言ってるのが


テッドクルーズ議員の提案に沿って

【「10日間の緊急監査」を実施する特別委員会の創設】をして

その上で特別検察官を雇って不正選挙を捜査して


その上で就任が20日を過ぎて遅れても実はそれは合憲だ

って話ですよね。


これが昨日FOXニュースにてナバロ氏によって提言された。


テッドクルーズの言う特別委員会+特別検察官の

新しい選挙不正追及のスキームですね。


一応そのFOXニュースにおいてはナバロ氏は


1月20日の憲法に定められた就任式を再スケジュールすることができる

その解釈根拠を示しませんでして、

それで批判は一部されてますが、


ただナバロ氏みたいなトランプ陣営の人間が

あえてテレビ出演して言うってことは

その根拠がないはずがない、わけですね。


シンプルに合衆国憲法は、不正などで行政が「怪物」になるのを

防ぐという目的で作られてますから

そこからナバロの言うように就任式リ・スケジュールというのは
解釈は出来そうでもある。


ただ そうなれば憲法解釈問題になるから

最高裁判事たちの出番がまた

近いうちにやってきそうともいえます。


ここで民意が彼ら若い判事たちを動かす可能性が見えてきてるので

それは注目となりましてそこでバレット判事が大事な役割を果たす可能性は

あります。


そういう意味で実のところ 6日に近づいてきてどんどん

情報が出てきてますが、予想や予測は意味がないとは書いてますが


しかし現状、トランプ陣営の持ってる戦術カードは

相当なカード数があるんだろうってのは

明確に分かってきてますよね。


そういう意味でナバロ氏のこの提案もすごかったと。

また特別検察官が言われてるのにこの特別検察官というカード

使わない理由はないですから


もちろん誰が特別検察官になるかはわかりませんが

特別検察官+不正調査委員設置みたいな流れ、シナリオも出てきた

ってのは注目です。


なんともすごいとしかいえませんね。


それで、私がこの数ヶ月見ていてすごいと特に思ったのが

昨日の段階で11月3日から2ヶ月経過したのですね。


例えば、日本だと不正選挙の疑いが強くても、

以前ムサシの不正選挙のことも言われていたけど

民意は2ヶ月もしたらしぼんで「陰謀論おつ!」となってしまっていた。


が、アメリカでは民意がしぼむどころか

トランプたちが諦めなかった結果、


2ヶ月で民意が急拡大して、世界にも飛び火して

そして民意が最高潮に達しつつあり、


それが上院議員や下院議員を動かしてきているし

その動きはこれからも続く。


民主主義ってのはまさに民衆=デモが

政治を決定することであるのだけど


その動きがとんでもない力を持って

これからアメリカを動かしていきそうです。


それで現状民意が 三権でいう 立法の議会を動かし始めており
多くの議員たちが 合同委員で立ち上がってきそうですが

次は今までダメダメだった
司法が強烈な民意というプレッシャーを受けて
動くかどうかが上に書いたように、注目ではありますね。


例えばポンペオ国務長官見ていると完全に2期目を想定して動いてますが


しかし最高裁がダメダメで2期目となったら
デモクラシーの国体をなしませんので

やはりここで最高裁判事たちに仕事させるってことも
なんとなく考えられていそうでして

そこで 特別委員会設置+特別検察官任命ってのは
最高裁に場を提供すると言う意味で

理にかなってるスキームでもある。


いずれにしても諦めないでここまで民意を高めることに
トランプ大統領は成功してるってのが

現状の理解かと思いますよね~


もちろん怪物の軍産複合体ってのはとんでもなく強いですから
舐めてかかってはいけないとも思います。

ここで舐めて負けてしまったら
世界中の民衆がコロナ騒動の行政による人権侵害で
苦しむことになりますから。

それなので今回の米大統領選挙は
勝った負けたの予想屋の世界ではなく

絶対人類の繁栄のために負けてはいけない戦い
でありますね。



そして
民衆が政治を動かす、なんていうのはキレイゴトのようにも
聞こえますが

今回はアメリカでまさにそれが起こっていきそうで
引き続き注目ですね!!


民意、これが重要なキーワードとなるのでしょう。

そして自由があるからこそ

私たちはビジネスや投資を自由に行えるというのも
大事な点です。


では!



ゆう









★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
予想しない投資手法とは!?

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……89/202101/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






追伸・・・あと、私はこの数ヶ月「民意」について
良く考えるから、民意と言う言葉がメルマガで良く出てくる。

それで私が考えているのが

「為政者からしたら 実のところ民意は怖い」はずなんです。


何故かと言いますと例えばプロパガンダっていうのが
大統領選挙で行われてますが

今回マスコミは「不正を報道しない自由」を行使して
民意形成を妨げようとしてます。

民意が怖くないのであれば、なんでもかんでも
不正でもして既成事実化してしまえば うまくいく、とでも
考えているようであれば

検閲をする必要もなければ、プロパガンダをする必要もない
わけですね。

やはりそれを考えると民意って本当は
為政者視点でもそれが「拡大したら」怖いはずなんです。


例えば国家ってのは暴力機関の軍隊を保有してますが
民意、それ自体が3億人の人口の中、10万人くらいなら
「トランプ支持者は頭おかしい少数派だ」と言って

軍隊を使って制圧できる。


が、しかしこれが数百万人もしくは数千万人に達して
なおかつ その「民意」が

修正2条で自動小銃を持ってる人らだったら?

ってことですがやはりこれは怖いはずなんです。


軍産複合体がアメリカ支配で最も苦慮したのが
実は修正2条を重視するリバータリアンの
武装した民兵、プレッパーたちであった。


それで現状の民意を見るに、数千万人単位で
不正に対して立ち上がるアメリカ人たちがいるでしょうが

こうなると民主党側が不正結果を強行したら
アメリカ国内はとんでもないこと
にもうなっちゃうんです、ということを

そろそろ民主党議員たちも気づきだしてる。


そういう意味で軍産たちも銃を携帯した数千万人の民意を
相当実際は 警戒してるでしょうし


これから民意がまさにキーポイントとなり
勝敗を決する重要要素となるんでしょう。


では!






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
予想しない投資手法とは!?

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……89/202101/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆









コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください