無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【米大統領選挙で全米震撼の「ナバロレポート」が登場した意味 について考える!】

2020 12月 19 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【米大統領選挙で全米震撼の「ナバロレポート」が登場した意味
について考える!】
⇒編集後記で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

メルマガで期間限定で許可いただいて特別価格で

公開できていたEA+裁量で4年8ヶ月現状で負けていない

THE THIRDですが


【12月22日火曜日の深夜に現行価格から

値上げ】

になりますので

気になってる方はお早めにどうぞ~



【メルマガ読者様☆限定特典☆】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/
(残り 3 日で現行価格終了です)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(参考)▼運用履歴を毎日更新中!

⇒  http://the-third.net/sl_result/
※サード事務局でのハイリターン運用の結果となります
ハイリターン型に関してはリスク上昇もあるため

安定型で出た利益分で回す
という保守的な戦略を事務局さんは推奨してます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(参考:テレグラムの分析を使いながら

裁量で危ないところはストップしながら

危険性の少ないところだけEAを回していく


THE・THIRDですが

これから100%負けない保証はないのであなたで
ご判断いただきたいですが

現状としては以下のような声を2020年11月が終わった時点で
いただけてるものですね。

▼正直、すごいEAだと思います!

http://the-third.net/yuu/1204-3.png

▼ここまで続いているEAは今までありませんでした。

http://the-third.net/yuu/1204.png

▼$1239の利益でした。ありがたいことです

http://the-third.net/yuu/1204-1.png

▼約2万7千円程の利益確定となりました。

http://the-third.net/yuu/1204-2.png

▼12月1日の時点で10,000円の利益となりました。

http://the-third.net/yuu/1204-4.png


【メルマガ読者様☆限定特典☆】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/
(残り3日で値上げです)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




どうもゆうです!!

いつもご覧いただきまして
ありがとうございます!



さてさて、ここ最近マスコミはあまり報じませんが

実際は連日のように動きが出ている米大統領選挙でありますが


いや~とにかくすごいですよね。


ちなみにリンウッド弁護士のツイッターにおいては
彼が日本時間18日でツイートしたのが

ジョンロバーツ最高裁判事が実際はやはりエプスタイン島の
常連ではなかったか

という話もありますが


最高裁判事たち自体を機能させないために
最高裁判所長官であるジョンロバーツが存在している可能性
も示唆されておりました。


ちなみに以前もこのロバーツ判事は実際はそういった噂がある
ってのはちょろっと書いてましたが

リンウッド弁護士は飛行機のフライトログを持って発言してますから
まあ腐敗ここに極めり、という状況です。


それで、この1日で何よりも盛り上がってきてるのが

私が今書いてる時点ではマスコミはフォーブス英語版くらいしか
有名どころは取り上げていないのが現状ですが

そう「ナバロ・レポート」ですよね。
発音的にレポートはリポートじゃないか、という話もありますが

とりあえずこの「ナバロ・レポート」で名称は書いていきます。


それでまあとにかく最近は動きが凄くて

選挙の11月3日以降から大統領就任1月20日まで

実際は2ヶ月以上あるわけですが


アメリカではこのように「選挙不正する怪物が大統領にならないように」
選挙制度もしっかり作られておりますが

まさに「怪物へのけん制」として出てきたのが
ナバロレポートですよね。


現在ホワイトハウスの国家通商会議ディレクター
のピーター・ナバロ氏が発行したレポートですが


そう、トランプ大統領も大々的にツイートしておりましたね。

■(トランプがナバロレポートをツイート)
https://twitter.com/realDonald……8146683905

■トランプツイッターでリンクされていた記事
https://www.washingtonexaminer……y-to-trump



それで今回のナバロレポート


Outright Voter Fraud(明らかな投票不正)

Ballot Mishandling(投票の取り扱いミス)

Contestable Process Fouls(開票手順違反の疑惑)

Equal Protection Clause Violations (投票の平等性への違反)

Voting Machine Irregularities (投票マシーンの不正)

Significant Statistical Anomalies (重大な統計の異常)


が報告されており、


そして、このままだともうアメリカに二度と正当な選挙はやってこず、
アメリカは危機に瀕してるという内容が書かれていました。


とりあえずラトクリフ情報長官の報告については
少し遅れるということで情報が駆け巡っておりますが

それまでの中間報告としての意味合いがあるレポートでありますよね。


それでおそらくトランプ陣営が見ているのが戒厳令であるでしょうが

ただもう実はこの戒厳令自体も広義では随分前から有効であった
という話も出てきてますよね。


戒厳令martial lawというのは一般向けの言い方であり

法的にはSection 202(d) of the National Emergencies
Act (50 U.S.C. 1622(d))であり、

これが継続中なのをトランプはすでに議会に通知しており
これから注目されるのが具体的には

人身保護令状(Habeas Corpus)の停止であったりとか

あとは以前に扱ってますが副島先生もおっしゃっていた
「Insurrection Act (暴動鎮圧法)」
あたりなのでしょう。


■バックナンバー
【THE-THIRD】 投資で生き残る「1割」の世界に入りましょう・
残り5日
(副題:「Insurrection Act (暴動鎮圧法)」にリンウッド弁護士が言及した)
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2760#2760


もうこの情報合戦を見ていると最早戦争なのだな
と感じざるを得ませんが


今日は新しくこれから話題になっていく
トランプ大統領も大々的にツイッターで言い出してる
「ナバロレポート」などについて考えたいと思います!

編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■

【値上げまで残り3日】
我慢の継続が大きな資産へ繋がります。


■■■■■■■■■■■■■■■■

さてそれで上に私が見ている現状の視点で
書きたい点を書きました。


トランプおよび彼をガチで支えてるリバータリアンたちが
いよいよ腹を括って、今回のクーデターに
対抗していくことでしょう。


さて、そんな世界的な波乱の中、
なんとか負けないことを4年8ヶ月継続してるのが

裁量+AI(EA)のサードでありあすが

残り3日で現行価格は終わりとなります!



今日は引き続き事務局の市原さんより
あなたにメッセージです!


===============

【値上げまで残り3日】我慢の継続が大きな資産へ繋がります。



ゆうさんのメルマガ読者の皆様、

いつもお世話になっております、
システム運営事務局の市原です。


今週も早い事に週末、
1週間は本当に早いですね。

今回期間限定で募集しております、
THE-THIRDシステムの特別価格でのご案内も、
【残り3日】となりました。

12月22日(火)以降は、
現在の価格でのご案内ではなくなりますので、
悩んでいる方はこの週末にご決断いただけたらと思います。


【※特別価格終了まで残り3日】

⇒  https://the-third.net/tokuten_new


さて、

この2ヶ月間で大変多くの方に
本システムを手にしていただき、
既に運用をスタートして利益を
体感された方も続々と増えてきました。


毎日このようなご報告を会員様から頂き、
私たち運営側としましても、冥利に尽きると言いますか、
自分のことのように思えて嬉しい限りです。


▼運用日数は少なかったですが4万円のプラス

http://the-third.net/yuu/1217-0.png

▼大統領選挙もありましたが利益12%

http://the-third.net/yuu/1217-1.png

▼利益としては少額かもしれませんがとても満足

http://the-third.net/yuu/1217-2.png

▼推奨ロットで利益8,777円

http://the-third.net/yuu/1217-3.png



個々の資金管理であったり
運用日数は異なるものの、
皆さん大切にしていただいているのは、

常日頃から

『負けない運用』を心がける事。

『長期目線』で取り組むこと。

特にこの2つを重点的にお伝えしております。


その為、先月行われたアメリカ大統領選挙や、
先日のFOMC、毎月の雇用統計などの相場は、
事前にリスク回避するために運用も停止を促しております。


さらにこれから年末に差し掛かるにつれて、
毎年読めない相場となり得るため、

年末年始も基本的に運用はしない旨を、
予め会員様にお伝えしております。


中には、

「もっと運用したい・もっと利益が欲しい」
—————————————–

といった方もいらっしゃいますが、
それでは本システムのコンセプトとはマッチしません。

極力リスクを回避しながら狙えるところを狙って、
着実にコツコツと利益を抜いていくというコンセプトだからこそ、

これまで「4年8ヶ月間」という
長い期間負けずに運用をすることができたのです。


大切な事は負けないためにも、
とにかく1円でも利益が残れば十分と思う事。

このことを頭に入れておくかどうかで、
運用に対する考え方も大きく変わってくるはずです。


会員様の中には実際にこういった方もいらっしゃいました。

>>
11月の運用は2日間しかできませんでしたが、
利益が190円でした。
まだ検証中なのでこれからですがよろしくお願いします。
>>


利益が190円と聞くと、
“少ない”と感じてしまうと思います。

確かに、決して大きな利益では無いかもしれません。

ですが「利益が残っている」という時点で、
投資としては勝ちという事をまずは感じていただくことです。


今は190円の利益かもしれませんが、
この繰り返しが雪だるま式でどんどん膨れ上がっていくのが
投資の面白いところでもあります。


「我慢」という言い方はおかしいかもしれませんが、
投資を長く続けられる人は、我慢強い人が多い印象もあります。


たとえ小さな利益でも欲をかかず我慢して、
ぜひ続けてみてください。

我慢を続けた方々はこのように結果を出されていますので、
是非あなたも、その一員に加わって頂けると、
私たちとしましても嬉しい限りです。


☆★☆★☆★会員様からのご報告☆★☆★☆★

▼正直、すごいEAだと思います!

http://the-third.net/yuu/1204-3.png

▼ここまで続いているEAは今までありませんでした。

http://the-third.net/yuu/1204.png

▼$1239の利益でした。ありがたいことです

http://the-third.net/yuu/1204-1.png

▼約2万7千円程の利益確定となりました。

http://the-third.net/yuu/1204-2.png

▼12月1日の時点で10,000円の利益となりました。

http://the-third.net/yuu/1204-4.png

▼低リスクで結果11,500円の利益でした。

http://the-third.net/yuu/1204-5.png

▼私も2%という利益を出すことができました!

http://the-third.net/yuu/1204-6.png

▼コツコツと運用して結果がでております

http://the-third.net/yuu/1130.png

▼リアルでプラスになったのは初めてです!

http://the-third.net/yuu/1130-1.png

▼おかげ様で欲の制御ができるようになりました

http://the-third.net/yuu/1130-2.png

▼15.8%の利益を獲得することができました

http://the-third.net/yuu/1130-3.png

▼3日間で1%ほどの利益でした。

http://the-third.net/yuu/1125.png

▼10月は50万円近くの収益を上げることができました

http://the-third.net/yuu/1109.png

▼いつもながらありがたい事だと感謝

http://the-third.net/yuu/1109-1.png

▼より安全を心がけて運用しようと思います

http://the-third.net/yuu/1109-2.png

▼先月は9.71%の利益となりました。

http://the-third.net/yuu/1109-3.png

▼望外の結果に感謝の念にたえません。

http://the-third.net/yuu/1109-4.png

▼家族にご馳走できるようになってきました

http://the-third.net/yuu/1011-3.png

▼合計利益50万超え third凄すぎます笑笑

http://the-third.net/yuu/1011-2.png

▼9月月報は利益+92,698円でした。

http://the-third.net/yuu/1011-0.png

▼不運な損切りがありましたが無事利益確保

http://the-third.net/yuu/1011-1.png

▼お蔭様で30万円が120万までなりました。

http://the-third.net/yuu/1006-0.png

▼毎月10%以上の利益が出ております。

http://the-third.net/yuu/1006-1.png

▼約29万の利益となり9月を終え大満足

http://the-third.net/yuu/1006-2.png

▼昨年より確実に資産が増えたことを実感しております。

http://the-third.net/yuu/1006-3.png

▼EA飛んでるのが多い中しっかり利確

http://the-third.net/yuu/line18.png

▼唯一残り、驚きの実績でした。

http://the-third.net/yuu/line19.png

▼月利276,159円でした

http://the-third.net/yuu/line17.png

▼今年1年で30万くらいの利益が有りました

http://the-third.net/yuu/line7.png

▼稼働停止のタイミングで出金申請します

http://the-third.net/yuu/line8.png

▼結果プラスで終えて最高です。

http://the-third.net/yuu/line11.png

▼10か月が過ぎましたが毎月利益出ています

http://the-third.net/yuu/line14.png

▼オンオフ判断にも慣れて利益になっています

http://the-third.net/yuu/line3.png

▼利益率95.65%になります。

http://the-third.net/yuu/line5.png

▼約5ヶ月で110万ほど出ました。

http://the-third.net/yuu/line6.png

▼約1ヶ月で20%の利幅が取れております。

http://the-third.net/yuu/919-1.png

▼こんな優秀なEAは初めてです。

http://the-third.net/yuu/919-2.png
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



約2ヶ月間にわたってゆうさんの読者様へ
このようなメッセージをお伝えしておりますが、
今後一人でも多くの方が正しく資産運用を行っていけるよう、
弊社としても精一杯サポートさせて頂きます。

この先数ヶ月ではなく、
何年もご一緒できることを楽しみにしております。



ご参加を検討している方は、
今だけの特別価格の期間中にご参加頂きます様お願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼特別価格でのご参加は12月22日まで

⇒  https://the-third.net/tokuten_new
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



お電話が繋がりにくい時は、
こちらのメールよりお問い合わせ下さいませ。

▼問い合わせメールはこちら

info@the-third.net
==========



それでは本日もありがとうございました。

引き続きよろしくお願い致します。



システム運営事務局
市原



===============


以上です!!


それでこれ年末年始は稼動させない、ってのは

早く儲けたい、とかそういう焦りがある人は

ルール破ってしまいますが、


実は以前にほとんどのEAが破綻したことがあって

まさに2018年の年末年始にとんでもない動きが

あったわけですね。


そこでほとんどのEAがこれ、破綻した。



ちなみにこれは以前に募集したとき、

事務局さんが書かれていたのが以下の文章でした。



(2019年8月の事務局さんの文章より引用)
==============

どのシステムもそうだと思いますが、
普遍的な動きをする相場環境の中で、
完全に自動で運用することはリスクにも直面します。

ですがその際、いかに柔軟に対応できるか、
リスクを回避することができるかによって、
ドローダウンの大きさも変わってきます。


<<:氏名:>>様も記憶に新しいかもしれませんが、
年始に起きた暴落によって、

世の中に出回っている
~~~~~~~~~~
多くのシステムが”破綻”したといわれています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それはなぜか…?


年始に起こった暴落というリスクに直面した際、
完全な自動運用であるため、
想定外のことが起こり、
耐えることができなかったからです。


では、The-Thirdシステムは
どうだったかと言いますと、

「年末年始はシステムをオフにすること」
===================

これを会員様に徹底付けていました。


これには弊社常駐のトレーダーM氏の、
長年の経験と相場の動き、世界情勢から
読み取った、裁量判断です。

この判断があったからこそ、
本システムはリスクに直面することなく、
今日まで利益を出し続けているのです。


==============


以上です。


実はこのあくまでも守りを固める、という姿勢によって

The Thirdは負けないことを継続してきたのは

これ事実ですね。



それで今の状況ですが、上に書いてますが

米大統領選挙など世界はとんでもないことになっている。


私たちが生きてきてアメリカの近代デモクラシーが
守られるか、

もしくは共産主義国家のアメリカ民主主義人民共和国に
なってしまうのか


みたいな瀬戸際が訪れるとは

これ誰も想像していなかったことでしょうが

本当にそうなってきてます。


そしてその勝敗がある程度見えてくるのが

1月あたりでしょうが


これその後も荒れまくりは必須の状態ですよね。


ただそれでも人間でありますから

「やっぱり危ない相場でも稼動させたいという焦りと欲」

が出てしまうものですが



要するに投資とはこことの戦いですよね。


ちなみに2018年にこの欲や焦りに負けた人は

現実問題、多くのEAがそうでしたが


「退場」=淘汰されました。


これはやはり現実です。


2018年の年末の大きな動きで一気に資産吹き飛んだ

EAほったらかしの人たちってのは大多数いたわけですね。


ただそこで焦りや欲望を抑えたサードの会員さんたちは

そこまで利益は当時、年末年始は

稼動停止していたから出ていなかったけど


それでも「負けていなかった」のですが


実はその後、稼動のターンとなって利益出した人が

増えたってのはこれ この数年間見られた現実です。



だからまあ焦らない、というか

「1ヶ月や2ヶ月ではなく

1年2年5年10年というタームでしっかり考えていく」


のがすごい大事だと私は思いますね。



ちなみに私の場合、株で運用ってのも長くやってますが

その考え方は以下ですね。

負けることがほとんどない方式の長期保有戦略ですが
現実で出ているある種の戦略です。


↓↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【億万長者バフェット学】


PDF【資産10兆バフェットは大衆投資家が暴落で焦ってるところで買う】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory1.pdf


PDFレポート
【億万長者のバフェットが避けたがる
「コモディティ型企業」について知る!】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory2.pdf

PDFレポート【投資したら損する「コモディティ企業」を
バフェットが見分ける「7つの基準」とは?】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory3.pdf



PDF【バフェットが愛する「消費者独占型の企業」とは何か?】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory4.pdf


PDFレポート
【バフェットが「消費者独占型企業」を見極める
3つの方法とは?】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory5.pdf


PDFレポート
【バフェットが株を仕込む際に見る「ROE15%基準」とは?】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory6.pdf



PDFレポート
【「バフェットが消費者独占型企業を
割安かどうか見抜く計算式」とは?(億万長者バフェット学)】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory7.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



それでこのPDF読むのに数時間はかかってしまうかもだけど
読んだら分かると思いますが


「死ぬまでの数十年間で長期で考えてる」


のが分かると思います。


これまさにバフェットの考え方だけど

自分の寿命なども考慮して投資ってのは戦略立てていくのが

結局一番よいのです。



逆に不思議なのは世間の大多数は

1ヶ月とか2ヶ月の短期タームにやたらこだわります。


ここで私は疑問だけど

「その人は自分の寿命が1ヶ月後に終わるとでも
思ってるのだろうか?」


ということですね。


違いますよね、大体の方はあなたも、

2021年になろうとしてるけど


2031年も2041年も2051年も2061年も・・・

生きていくわけですよね。


人生ってのはずーっと続きます。


それで人生について真剣に考えるとですね、

リスクがやたら高い相場環境で勝負するってのは


なんというか意味があるのか?


という境地に達するはずですが


ここで短期視点の人は「もっと稼動させたい!!」って
イライラしちゃいますし、


一方長期視点の人は

「稼動できないからコタツでみかんでも食べて
大統領選挙の動き楽しもう~」


という感じでそこはうまく生活の集中する点を
分散していきますね。


私生活においてもオンオフの切り替えは大事ですね。

だから短期で見てる人はどうしても焦ってしまうけど
長期で見てる人は焦りませんから

最終的に長期で考えてる人が金持ち、資産家になってる
というのが資本主義の真実でしょう。



【※特別価格終了まで残り3日】

⇒  https://the-third.net/tokuten_new





それでここで

「なんで金持ちが投資で有利であり
一方貧乏な人は投資で不利か」


というのも分かると思うんですが

全てはその辺につながってるのですね。


ちなみに投資での真実は、これキレイゴト抜きで

「金持ちはすごい有利であって金持ちが投資すると
どんどん資産が拡大する」

のはどうしても、真実ですね。

ここにて私はリバータリアンでもあるから
キレイゴトは書きません。


それで今から書く「つながり」をあらゆる点で分かることが大事で

そこで金持ちたちの投資行動パターンを仮に今貧乏でも
自分の投資行動に反映させる工夫は大事です。


というのは金持ちの性質として重要なのが
「日々の生活に困っていない」というのが
現実あります。


すなわち彼らの場合衣食住で毎月お金がかかりますが

仮に1年とか2年、10年20年・・・と収入が「ゼロ」であったとしても
そう衣食住で問題がないだけの資産があります。


だからそこで「焦って今月稼ぐ必要はない」という
考え方が登場しますね。


「稼げる時まで待ってそれまでは休む」と言う行動を
取ることができるのが金持ちたちで

そこに焦り、がありません。


だからそこで 年末年始は停止で、って言われても
「そうだなリスク高いし停止しとこ」

という行動を起こせますね。


が、一方毎月の衣食住もままならないケースで
貧乏で資産がない場合・・・


ですが そうまず生活費に余裕がないため
「早く稼ぎたい」とどうしても思ってしまいます。


お金は生存に結び付けられるものだから
生存が脅かされるということを暗に感じる状態であるから

そこで余裕はなくなり、

「理屈では」年末年始トレードしなければいいと分かってるのに

「現実では」どうしてもトレードしてしまう


という心理が登場してしまうのですね。


だから戦略としては「危ないところは避けて
危なくないところで勝負すればよいと分かっているのに」


現実の投資行動がそれと矛盾してしまう、


これが実は今生活に困りまくってる人たちの
心理において不利な部分です。


これを「認識してるかどうか」で全く変わりますね。



それでじゃあ今どうしてもトレードしたい、
危ない情勢なのにどうしても勝負したい人は

間違いなく生活で追い込まれてるかそれに近い状態ですが


「その自分の状態、心理状態を客観視できること」

が大事になってきますよね。


その何でもかんでも勝負する姿勢はどうしても確率的に
いつか負けます。大きくですね。




そこでなるべく今金銭的に余裕ある 投資強者である
富裕層の人と資本金、証拠金は違えど

同じような投資行動が取れるように工夫する点はある
わけですね。


だからこの辺で自分と向き合って
自分の投資行動を工夫できるかどうか?

この辺の差で 富の差がどうも決まるというのが
真実なんでしょう。


それで現実をみれば特に心理面において
金持ちとお金ない人には大きな差ができてしまう

というのが投資の現状ですが


その大きな差を埋めるのが 心理面での工夫ですよね。

負けないこと、負けないことを常に言い聞かせるとか
そういうちょっとした工夫ですが


そこで金持ちたちのどっしりとした
運用姿勢と その人の投資行動が同期すると、

徐々に資産が拡大していくわけでして


そしてその徐々に、ってのは複利でどんどん大きくなる
わけです。


だからそこで上に書いた長期視点ってのも
複利を考慮して大事になるわけですね。


全てだから 独立した知識はなく全部つながってるんだけども
その際にそういう姿勢、心理状態を保つために

さらに上に書いたリバータリアンたちの家族、愛する人を守るとか
そういう姿勢が大事だ、っていう話にもなります。


ちなみにリバータリアンたちのほとんどは
金ゴールドの長期保有者たちであり
長期視点でどっしりと構えてるものです。


だから哲学部分、心理部分を勉強して
「自分を知る」のがすごい最近は

投資だけではなくどの分野でも重要視されて来てますね。


それなのでサードはこの「自分を知る」みたいな部分で
長期的に学び、運用したいと言う人、
自分の人生を大事にしてる人にとっては

良い商品だと思いますが、


一方、短期的に爆発的な収益を上げたいみたいな
ギャンブル気質の人は合ってないでしょうが


あなたがもし自分の人生はなんだかんだ
今後数十年は続くから

その中で資産形成したいという人生を大事にする
考え方をお持ちでしたら


是非3日目以降までは相当安いので
検討してみてくださいね~



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼特別価格でのご参加は12月22日まで

⇒  https://the-third.net/tokuten_new
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






それで今回最後に特典ですが

今回は3大特典がついてますね!


以下となります




============


まず1つ目、

利益特化型ハイリターン運用の、
システム追加ファイルを無料でプレゼント!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本システムの『THE-THIRD』では、
2つの運用方法を会員様にお伝えしております。


ひとつは限りなくリスクを排除し、
安定した利回りをコツコツと貯めていく
低リスク運用パターンと、

多少のリスクを取りながら大きな利回りを目的とした、
利益特化型のハイリターン運用の方法です。


投資を行う上で資産の分散は大切と、
会員様に常々お伝えしておりますが、
私たちの推奨として、


まずは運用資金・元金を
~~~~~~~~~~~~
低リスク運用で回収していただく
~~~~~~~~~~~~~~~


その後、資産を分散させて、
2つの口座で運用を行っていただくことで、
『守りの運用』と『攻めの運用』を実現することができます。


ハイリターン運用ではこのように
日々大きな利益となっているため、
会員様にも反響の大きい運用パターンとなっております。


ハイリターン運用を行う際、
本来有料でシステム追加発行を行いますが、

今回ゆうさんの読者様へは、
“無料”でご提供させて頂きますので、
今後長い目でご活用くださいませ。




次に2つ目、

システム専属サポートを
永年無料とさせていただきます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本システムを手にされた方々は、
弊社のサポートセンターと繋がって頂き、
様々なサポートを受けることができ、
6ヶ月間お付けしております。

ですが、今後何年も運用していくにあたって
6か月後のサポートが無いと不安に
思ってしまう方もいるかと思いますので、

今回、ゆうさんの読者様へは
永久的にサポートをさせて頂くことに致しました。


現在、弊社のもとに1年、3年、4年以上と、
長きにわたってシステムをご利用頂いている
会員様が沢山いらっしゃいますが、

あなたにも、
今後長い目でお付き合いさせて頂き、
正しく堅実な資産形成をして頂きたいと思い、
今回、思い切って【永年サポート】とさせていただきました。

なので安心していつでもご連絡を頂ければと思います。




最後に3つ目のスペシャル特典、

先駆者達から安定した利益を
生み出すための秘訣を大暴露!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


これまで本システムを手にされた方は、
総勢900名以上いらっしゃいます。

その中で、長い方だと3年、4年もの長い間、
安定して堅実な運用を確立することができています。


そして、これからお使いいただく方は、
ぜひ、このような方々のように正しく実践し
正しく利益を得て頂きたいと思っています。

そのため、数名の会員様にご協力いただき、
弊社で対談音声のインタビューを撮りましたので、
そちらをご提供させて頂きます。


運用資金はどれくらいから始めて、
どのような運用方法・戦略を練って、
今現在利益を出し続けているのか、

そして、正しく運用する際の注意点など、
とても役に立つ内容ですので、
参考にしながら運用を行ってください。




============

以上です!!



こちらも付いてますので、あくまで

長期運用を前提にした特典でもありますから


2021年、

新しいEA+裁量の負けない運用を学びたい人は


是非見てみるとよいと思います。



結局私たちも大人になっていろいろ気づくわけですが

短期的に富裕層になってやろうみたいな人は
どっかの時点で淘汰されてるけど


長期的に、長い目で富裕層になる戦略を描いて
動いてた人は今富裕層になってたりしますが


どっちの視点が強いかは歴史が教えてくれてますから
長い目で見る、これを大事にするとよいと

私は思った次第です。


長い目で見る
=自分の人生をちゃんと大事にして真剣に考える
ことであり

そこで破滅的な行動は抑えられるのだけど、


一方社会にあふれる情報ってのは大体が近視眼的になるように
作られてるものですから
そこに洗脳されず、

人生についても投資についても
大きく大きく捉えていくことが

なんだかんだ未来につながると私は思いますね。


では!






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

メルマガで期間限定で許可いただいて特別価格で

公開できていたEA+裁量で4年8ヶ月現状で負けていない

THE THIRDですが


【12月22日火曜日の深夜に現行価格から

値上げ】

になりますので

気になってる方はお早めにどうぞ~



【メルマガ読者様☆限定特典☆】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/
(残り 3 日で現行価格終了です)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(参考)▼運用履歴を毎日更新中!

⇒  http://the-third.net/sl_result/
※サード事務局でのハイリターン運用の結果となります
ハイリターン型に関しては安定型で出た利益分で回す
ということを事務局さんは推奨してます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆







=========編集後記==========

さてさて、ここ最近 米大統領選挙の注目度が

これハンパ無い感じになってますね。


ちなみに最近ですが主流メディアが全く裏側のトランプ陣営の

闘争を報じていないせいなのが

私のメルマガなんかも米大統領選挙関連で見てくれてる方が
いらっしゃいますが、


是非色々な情報を比較して自分で考えて、みて下さいね~

というのは私のメルマガは投資を中心に扱ってるメルマガで

そこで私も政治専攻の人間なので国際政治もよく扱うのですが


ただ疑問を持っていたのがメディアがやたら「俺を妄信せよ~信じろ~」
とか当時から言ってたのが気持ち悪くて

書き出してるみたいなところもあるわけです。


なので是非メディアだけではなく私もですし、他の人も
妄信はせず自分自身であなたが考えるきっかけになればいいな
ということで私は書いてますね。


その民衆姿勢が私が学生時代に学んだ
「学の独立」
みたいなところなので。


それで私がこの1日で出てきた流れでもっとも

注目だな、と思ったのがやはり上に書いた


ホワイトハウスの国家通商会議ディレクター
のピーター・ナバロ氏の

「ナバロ・レポート」


ですよね。


トランプは相当相手をこの1ヶ月興奮させながらも

地道に法廷闘争などで反撃を展開していましたが

強烈な一発がついに入ったようにも見えます。



トランプのツイッターでもトランプが今日、

日本時間の12月19日、大々的にツイートしてました。

■(トランプがナバロレポートをツイート)
https://twitter.com/realDonald……8146683905


ちなみにナバロレポートの本体がこちらのURLでして
PDF形式となっております。

副島隆彦先生の重たい掲示板の「かたせ2号」さんという方が
リンク張ってくれていてすぐ見つかりましたが

このURLのPDF自体がこれから
拡散されていきますね。



(ナバロレポートのPDF)
https://populist.press/wp-cont……5.20-1.pdf

(ナバロ補佐官のWIKIPEDIA)
https://ja.wikipedia.org/wiki/……1%E3%83%AD
(WIKIはCあいAの悪い情報が入ってるとも言われてますので
ナバロについては批判的に書いてます)



それであと思ったのはトランプ大統領もナバロさんもやはり
このレポートを多くの人に見てもらいたいと思いますから

PDFは拡散性が高いため
PDFファイルをしっかりダウンロードできるようにして

リンク直貼りして「みんなにシェアして」くらいのことを
したほうがよいとも私は感じました。

多くの人はさらにPDFを書籍のように印刷することができるのが
現代です。

マスメディアはきっとこのナバロレポートを批判だけして
実際のレポートを見せず、ということにするに決まってますから。


情報については動画や音声やPDFやテキストメッセージが
ありますが

トランプ大統領陣営の長文の主張というのは
基本的に多くの方に見られない検閲が敷かれておりますが
(説得力が増してしまため)


やはりそこでPDF媒体というのが大事になりますので
そこでこのPDFをトランプたちがURLなどでしっかり
多くの人に読んでもらうことがこれから大事になるでしょう。


それでこのナバロレポートに関しては
36ページの内容で、そこまで長いものでもないので

読みやすい内容ですが

ここで今回の2020年選挙の公正さを検証するもの
となっておりますよね。



あと、最近ですと個人メディアの方がやはり
なんだかんだ情報発信していて分かりやすいのですが

上英語ですが

この方ちゃんと日本語で説明してくださってますね。


「ナバロ大統領アドバイザーのレポートの衝撃」
https://ameblo.jp/sen-0077/ent……55357.html


それでまずこのピーターナバロ氏はWIKIでは以下のように
記述されてまして

この部分は本当である部分だと思います。

「ピーター・ナヴァロ(Peter Navarro, 1949年7月15日 – )は、
アメリカ合衆国の経済学者・公共政策学者。

現在、カリフォルニア大学アーバイン校
ポールミラージュ・ビジネススクール(英語版)教授。

2017年1月20日、ドナルド・トランプ大統領から指名を受け、
新設された国家通商会議(現・通商製造業政策局)の
トップに就任した。

教職に付く以前は東南アジアのアメリカ合衆国平和部隊に
所属していたほか、
ワシントンD.C.でエネルギー・環境政策の
アナリストとして勤務していた



こういう方ですよね。


ちなみに投資家はこのナバロっていう名前は
証券会社のニュースとかで時々出てくるので

名前は知ってる人はかなり多いはずなんですが

以前の米中貿易戦争の時にトランプ大統領の理論的支柱となった
人がこのナバロ氏でもあります。

それで現在 戒厳令、あとはInsurrection Act (暴動鎮圧法)
が大変注目されてるわけですが


いずれにしてもこれから米軍を投入して
再選挙・再投票revoteなりを行うシナリオ
が起こっていくかどうか、が注目でありますけども

ここで最近は中国の選挙介入というのがひとつの焦点となってますが
ここで通商会議トップのナバロ氏がレポートを出してきた
と言う状況ですよね~


ちなみについ数日前はラトクリフ情報長官のレポートが
注目されてましたが


やはりこういう戦術的なところで驚きの動きが
定期的にぶち込まれるでしょうが
(予定通りに大砲撃ちますよ~と予告して戦争は行われないから。)


ここでラトクリフ情報長官ではなく
通商会議トップのナヴァロレポートの提出という
違う角度からの攻撃となってますね。


ちなみにCBSは伝えてるのですが

ラトクリフの報告は既に完了していて、

中国に関する追加情報を
盛り込む前の報告書はナバロレポートとして提出した
というのが現状っぽいですよね。


だから今回のが強めのジャブで
次トドメのストレートの

中国に関する追加情報を盛り込んだ
最終報告=ラトクリフレポートが後々提出される、と
いう流れも想定できる現状です。


それで今回のナバロレポートはPDF形式で読める状態でありますから
これが一気にアメリカのまずはトランプ支持者から
読まれていき、


そして徐々にそうではない、マスコミ妄信の人らも
目にすることになるのかもしれません。


それでこれが いわゆる、という書き方になりますが
戒厳令の根拠になると。


実際は今注目されてるのが副島先生が前におっしゃって
リンウッド弁護士がおっしゃってる


Insurrection Act (暴動鎮圧法)



人身保護令状(Habeas Corpus)の停止

あたりでしょう。


私も今調べてるけど
この辺が米軍投入の根拠になるっぽいですよね。

ちなみに米軍に関してはこの前 海軍陸軍のスポーツ大会の様子も
メルマガで扱いましたが


【動画】トランプに対しての軍隊の忠誠は相当高い。
だって泥沼化していた中東から米軍の

殺し合いを憎んで祖国に帰りたがっていた
若者たちを徹底させたのだから。
⇒  https://youtu.be/2PPHtKg20m8


米軍の士気も極めて高い状態ですよね。

ただ実際は高官たちで裏切り者がいないかどうか
も問題となるでしょうが

その辺次第なんでしょう。

ただ心配とされていた陸軍海軍はどうも上の動画見る限り
大丈夫そう、には見えます。

(上官が仮に民主党側に都合のよい行動を米軍に要求しても
そこでそれを米軍たちが本当に呑むのだろうか、という話にもなる)




それで今回のナバロレポートに関してはネットでも
続々と分析が出ておりまして、


まず2020年の大統領選挙で6つの揺れる州の異常現象を
分析した報告書
となってますね。


そしてここでナバロは
疑わしい票の数が選挙結果を覆すのに
十分であることを発見してるわけですね。



ナバロ氏が
36ページに及ぶ今回のレポート・報告書において、


ペンシルベニア州、アリゾナ州、ジョージア州、
ミシガン州、ネバダ州、ウィスコンシン州の

6つの州・スイングステートにおける
選挙不正の主要な疑惑を評価・特定してるのが重要です。


 報告書では、違反行為を6つの分野に分類しており、

その中には、直接投票者の不正行為、
投票用紙の不当処理、

争議のある手続き上の不正行為、

平等保護条項違反、

投票機の不正行為と重大な統計的異常


などなどが含まれていまして、


これも実は何も勝手に根拠不明で言ってるわけではなく
最近まで行われている


50件以上の訴訟や司法判断、数千件の声明、
複数の州議会で証言された証言、
シンクタンクや法律センターの分析結果、

関連するビデオや写真、
パブリックコメント、
広範なメディア報道などが含まれてまして


その上で分析がかけられております。


それでこのレポートですが強烈ですよね。
このレポートをアメリカ人たちが読んだとしたら

反トランプ派といわれる人までも反論ができないような
内容となっております。


それでこれもやはりいわゆる戒厳令シナリオを実行する
ひとつの根拠となりそうではありますよね。


ちなみに私も色々調べてるけど
最近言われてるのがこれもまた後々詳細が分かってくるだろうけど


戒厳令martial lawというのは一般向けの言い方であり

法的にはSection 202(d) of the National Emergencies
Act (50 U.S.C. 1622(d))で

これが継続中なのをトランプはすでに議会に通知している

と言う話ですよね。


英語ですがこれです。

12月17日に注目されず「ひっそり」と出てきてます。

ちなみにこちら個人ページではなく
「アメリカ合衆国ホワイトハウス」の公式ページですね。


■Emergency with
Respect to Serious Human Rights Abuse and Corruption
(深刻な人権侵害と汚職の点についての緊急事態)
https://www.whitehouse.gov/bri……on-121620/



一応大事なので翻訳しますが

トランプ大統領が16日に通達した内容が
以下でして日本語で分かりやすく翻訳します。

↓↓

===============

「国家緊急事態法(50 USC 1622(d))の
セクション202(d)は、

宣言の記念日の前の90日以内に
大統領が連邦官報に公表し、

そして議会に、
緊急事態が記念日を超えて効力を継続することを
述べた通知を送信しない限りは

国家緊急事態の自動終了を規定しています。



この規定に従い、私(ドナルドトランプ)は

2017年12月20日の大統領令13818で宣言された

国家緊急事態は、


2020年12月20日以降も引き続き有効であるという

同封の通知を公表するために連邦官報に送付しました。



あまりにも広く行き渡っており深刻である、

そしてその全体もしくは一部の原因がアメリカ国外にある

人権侵害と汚職の蔓延と深刻さは


国際的な政治経済システムの安定を脅かし続けることになってしまう。



人権侵害と汚職は、


安定した、安全で、よりよく機能する

社会の本質的な基盤を形成する価値観を損ないます。


そしてさらにその人権侵害と汚職は

個人に大しても壊滅的な影響を及ぼしますし


さらには民主主義システムを弱体化させてしまう。


さらにはそれは法の支配を軽視させてしまい

暴力的な紛争を永続化させてしまう。


さらにはそれは危険な人物たちの活動をも促進させてしまいます。

さらにはそれは市場経済を弱体化させるし

そして、さらには米国の国家安全保障、外交政策、

および経済に異常で異常な脅威をもたらし続けることになる。


それゆえに、私は、深刻な人権侵害と汚職に関して

大統領令13818号で宣言された国家緊急事態を継続する

必要があると判断しました。


ドナルド・J・トランプ


===============


以上です。


それで今回、もう国家緊急事態は延長ですけども

流れとしては以前副島先生の言論を扱いましたが以下ですね。


私たちは投資家なんでどういう流れかも知っておく必要があります。


【副島先生の最新言論からアメリカ大統領選における
「1国家非常事態宣言⇒2Insurrection Act ⇒3戒厳令」
の流れについて考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2759#2759


それなので次はいよいよ

リンウッド弁護士もツイートしていた


2Insurrection Actが注目されますよね。

あと一般的には戒厳令と言われますが
現場ではおそらく人身保護令状(Habeas Corpus)の停止
がその次に大事になりそうです。


それでこの辺に踏み切るにあたって民意であったり
手続きプロセスも大事ですが

その際に重要な役割を果たすのがまず
今回のナバロレポートと、あとはその次ラトクリフ情報長官の
レポートもあるかもしれませんが

また他にもトランプ陣営のカードがあるかもですが
(誰もわからない、お楽しみ。)


これからどんどんすごい反撃が出てきそうです。



それで昨日時点でトランプ大統領が

以前に出された国家緊急事態は、
2020年12月20日以降も引き続き有効

ということを議会に通知、宣言しましたので


この状況を基盤、ベースとしてこれからトランプ大統領、

トランプ陣営は物事を進めていくことが確定ということですね。


ちなみに上の文章ですが私勝手に翻訳してますが
本来ですね、
マスコミがこういうのはやらないといけないわけで

趣味でメルマガ発行してる私がホワイトハウスの翻訳しないといけない
ってのはやはり最近の日本の情報事態もおかしいのですね。

だからトランプはこんな情報の状態もおかしいから
これからセクション230など検閲強化の動きについても
手をつけていくことでしょう。



ちなみにあなたはメルマガ読んでるから
トランプ大統領が緊急事態を20日以降も延長してると
議会に通知したという言う話、

こういう情報を現在知ってる
わけですが

ただ普通に生きてる大多数は知らないわけですね、
メディアが報道しないから。


私が見てる限りNHKも放送していないようですが
果たしてこれ公共放送といってよいのだろうか?

と海外にいる私は思います。


ちなみに日本語だと最近 鋭い情報発信してるのが
新興メディアのトータルニュースワールドですが
以下です。

リンウッド弁護士が発言してる
ジョンロバーツのエプスタイン関係も日本語で
説明されておりました。

■トータルニュースワールド
http://totalnewsjp.com/


あと現代ビジネスだけは果敢に報道しだしてます。
以前扱ったこれです。

https://news.yahoo.co.jp/artic……825?page=2



それであと上のホワイハウスで発表されてる
マスコミも報道していない

トランプ大統領の2日前の
大統領令13818号で宣言された国家緊急事態継続の
議会への通知でありますが


この大統領令13818号ってのがこちらですね。

これは英語ですが参考までに。

(大統領令13818号 国家緊急事態の詳細)
https://www.hsdl.org/?view&did=806614


とりあえず既にもう不正選挙に関わったエスタブたちの
資産凍結などは水面下で行われてるんだろう
とも思われる内容ですよね。



それで現代ビジネスでは

「リン・ウッド弁護士は、
トランプ大統領は今年の5月22日に、
国家緊急状態法202(d)条を1年延長しており、
国家緊急状態(戦争状態)は来年の5月19日まで続くことになる、

この国家緊急状態法は、大統領に憲法の条項、
例えば、人身保護令も中止することが出来る
非常に大きな権限を与えている、

トランプ大統領には、この最終手段が残っており
今回の不正選挙に関わったとされる、

ジョー・バイデン氏、オバマ元大統領、
ヒラリー・クリントン氏、ナンシー・ペロシ氏、
チャック・シューマー氏、元CIA長官、元FBI長官、
現在のCIA長官とFBI長官、など主要人物を始めとして、

不正を知りながら加担した全ての人々を
法的手続き無しで国家反逆罪として捕まえて
軍事裁判にかけることができる、

と述べている
(芹澤絵美「アメリカ”戒厳令”発令の可能性」、
リン・ウッド弁護士の演説)。




と書かれてますが


この上記の国家緊急状態法202(d)条の
英文はこちらですね。

https://www.govinfo.gov/conten……pg1119.pdf



なのでここで現実的には


リンウッド弁護士が言うInsurrection Act(暴動鎮圧法) および
人身保護令状(Habeas Corpus)の停止

この辺が注目となりそうですよね~


だから現状としてはナバロレポートが出てきましたが
これが人身保護令状の停止であったり
暴動鎮圧法であったりにつながっていく大きな可能性を

秘めておりますから大変注目、という感じですよね。


それで今回のナバロレポートにおいては
それこそいまや有名なドミニオン集計機械だけではなく
もう今までこの1ヶ月話題になってきた

壮大な大規模な不正手段が

それぞれの不正手法の詳細から

まとめられているわけですが


このまま何もその不正調査などがされないと
いよいよ今回の選挙戦が「最後の選挙戦」になってしまう
という危惧が示されてますよね。


ジュリアーニ弁護士が以前にクーデターである
ということを言ってましたが

まさに組織的なクーデターとしての不正、という
事実をどうしても考えざるを得ない、そういう内容でして


上記の

Insurrection Act(暴動鎮圧法) および
人身保護令状(Habeas Corpus)の停止
いわゆる戒厳令シナリオに正当性を与えるような

内容となってました。



それであと、この辺の流れ見ると
仮にいわゆる戒厳令シナリオとなれば

トランプ2期目に言及した
ポンペオ国務長官にこれまた権限が与えられてますから

これからポンペオ国務長官の発言なども
すごい重要になってきそうです。


ということで今回は ナバロレポートが出てきましたが
マスコミなどメディアは実際は余裕かましてますが

相当深刻に捉えてるかもしれませんね。


表では静かに、裏ではダイナミックに動いてる
そんな印象です。


そしてこの数日でここにハンターバイデン訴追の動きも
加わってきておりますから


引き続き超注目ですね!!

それでは!


ゆう



追伸・・・それでもう情報が早くて
書いてる途中にどんどん新情報が出てきてるのですが

さらにフリン将軍が戒厳令に言及してますね。


フリン将軍は戒厳令に言及
http://totalnewsjp.com/2020/12……trump-349/


またラトクリフ長官が

エリックス ウォルウェルに関するレポートを提出

という情報も出てきました。

http://totalnewsjp.com/2020/12……trump-350/



おそらくこれからこんなのがバンバン出てくると
思いますから引き続き注目していきたいものです。



それでは!


ゆう




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

メルマガで期間限定で許可いただいて特別価格で

公開できていたEA+裁量で4年8ヶ月現状で負けていない

THE THIRDですが


【12月22日火曜日の深夜に現行価格から

値上げ】

になりますので

気になってる方はお早めにどうぞ~



【メルマガ読者様☆限定特典☆】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/
(残り 3 日で現行価格終了です)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください