無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






(すごい)【テキサス州など20州近くから一気に トランプ陣営の「最大の反撃」が開始された】 ことについて考える!(最高裁でも受理へ!)

2020 12月 10 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

(すごい)【テキサス州など20州近くから一気に
トランプ陣営の「最大の反撃」が開始された】
ことについて考える!(最高裁でも受理へ!)

⇒編集後記で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXの裁量×自動売買をあわせて


投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


”THE THIRD”。

「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

重要な教訓に基づいて

裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

未来の保証はできませんし100%はないものの、

ただ現状、

4年7ヶ月⇒4年8ヶ月で
負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



どうもゆうです!

いつもご覧いただきまして
ありがとうございます!!


さてさて、この1日ですがこの前もちょっと書きましたが

「テキサス州」がもうネット上では超話題となってますね!!


私もこの辺見ていたのですが

もうどうやらテキサス州以外にこのメルマガ書いてる時点では

「アメリカ正義の20州連合」



「ジョージア、ミシガン、ウィスコンシン、

ペンシルバニアの4州」



いきなり最高裁で訴える
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という流れになってきましたね!!


いや~~トランプ陣営、マジスゴイです。


ちなみに前号で分散的な戦いがめちゃくちゃ民衆にとって

大事だってことを書いたのですが、


■バックナンバー
【ネットが昔よりせまく、つまらなくなっている、と感じるのは
「情報検閲」の影響である、という話】(副題:アリがゾウを倒す戦略)

https://04auto.biz/brd/BackNum……=2750#2750



そうまさにこのテキサス州からの動きがそれなんだけど

これ昨日の時点で情報錯綜しておりましたが


どうもこれ受理されたので


これから以前扱っていた合衆国憲法修正第12条の
下院投票で決定する例のあれで

もう決まってきたみたいな感じでして

トランプすごい!という感じですね。


それで放置されていたハンターバイデンの捜査開始された

なんて話もありましたが


一気に不正をやってきた民主党が崩落してきた感じが

強まりました。



ちなみにトランプ大統領は 合衆国憲法修正第12条で

決めるシナリオの成功確率を今回見ていたらちゃんと

最高裁受理という流れになるので


ぐっと上げまして、さらに、ここで負ける確率は1%以下ではないか

という声も多いのですが


そこで万が一のことが想定される自体になっても

戒厳令シナリオも持ってるので


いよいよトランプ大統領2期の2021年がまだ正式ではないけど

ほぼほぼ決定してきてるように、私は感じてみておりました。


それで面白いのがこの前テキサス州の動きが少し出てきたので
一応冒頭にまだ分からないけど、って書き方で書いてましたが


■バックナンバー【副島隆彦先生の最新言論
「トランプが、戒厳令(マーシャル・ラー)を発令するだろう。」を読み
「1億人の立ち上がるアメリカ国民」について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2749#2749


この時点ではテキサス州が単独で

ジョージア、ミシガン、ウィスコンシン、ペンシルバニアの4州を

いきなり最高裁で訴えるみたいな話でしたけど、


ここでその後一気に「アメリカの正義」が発動して

テキサス州だけじゃなくて


「俺たちもアメリカのデモクラシー守ってやるぞ!!」ってことでですね、

続々と他の州も不正が行われた

ジョージア、ミシガン、ウィスコンシン、ペンシルバニアの4州

を訴える形となりまして


それでアメリカの憲法ではこれ私もこの奇策はすごいなって思ったんだけど

2州以上の訴えですとダイレクトに最高裁にいく手法があるわけですが


ここで一気に最高裁へ、となりました。



アメリカってのは多くの州が集まっているまさにUnited Statesだけど

2つ以上の州の間で裁判での闘争があれば

それらの複数の州にたまがる問題を解決できる元々の管轄権は

「最高裁判所」にあるって考え方になるのだけど


そこで一気に最高裁に行けるわけです。


だからこれトランプ陣営の奇策でもありますが

ここで一気に バイデン陣営は多くの州が選挙人確定しないってことになって

結果修正第12条の下院での投票方式で


トランプ大統領再選って感じの流れが強烈に見えてきましたよね~


トランプ大統領、やはりすごすぎます!!!


それで、ここでさらに戒厳令の必殺技もまだ後ろにあるので

トランプとしてはやはり最高裁を通じてでの 通常のやり方での

決め方を求めてるだろうけど


上のテキサス州での方法でも勝てるわけで

「負けないことを何重にも対策してる」のがめっちゃ私たち投資家にとって

勉強になりますね。


トランプ大統領、そして自立的に動くほかの州のトランプ側の人ら

この戦い、あまりにすごすぎますね!!


ということでこの1日ちょっとである程度

もう戒厳令以外でもトランプ陣営からしたら

確実な方向性が出てきたので


トランプはこれでビッグテックの検閲も

DSなど軍産官僚のおかしな策略を一気につぶしにかかる。




編集後記で!






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【特別価格は12月22日火曜日までとなります!】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






さてさて、それでまさに今は嵐の前の静けさ、でありますが

今日は引き続き 

EA+裁量でおなじみのザ・サード事務局の市原さんより
あなたにメッセージです!!



==================
【重要なお知らせ】12月23日より値上げが決定致しました。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【ゆうさんの読者様限定特典】

⇒  https://the-third.net/tokuten_new

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ゆうさんのメルマガ読者の皆様、

いつもお世話になっております、
システム運営事務局の市原です。


ゆうさんの読者様へこのようなメッセージを
お送りさせて頂いてから早くも2ヶ月余りが経ちました。

いつもお読みいただいているあなた、
本当にありがとうございます。


そして、この2ヶ月間で大変多くの方が、
半裁量型THE-THIRDシステムを手にしていただき、
弊社としてもより一層、会員様のサポートに尽力して参ります。


そしてご案内させて頂いている、
システム費用に関しましてですが、

2020年様々な影響による不況という事もあって、
【今回限りの特別価格】でのご案内をさせて頂いておりました。


この2ヶ月間で多くの方がご参加いただいたこともあり、
今後は会員様のサポートに徹していくため、


この特別価格でのご案内を、
~~~~~~~~~~~~~
【12月22日(火)】まで
~~~~~~~~~~~~

とさせていただくことを、

つい先日、ゆうさんと話し合いを重ねた結果、
決定致しましたことをご報告させて頂きます。


明日から…ということだと、

今現在ご参加を悩まれている方の決断に時間が無いかと思い、
少し時間を設けさせて頂き、12月22日までと致します。


ですので、

今検討をされている方は、
ぜひそれまでにご決断を頂きます様、
宜しくお願い申し上げます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼特別価格でのご参加は12月22日まで

⇒  https://the-third.net/tokuten_new
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


また、

既にご参加をされ、
11月、12月に入って運用をされている方々、
是非ご報告の程心よりお待ちしております。


特に12月は年末に差し掛かる為、
運用日数は限定されるかと思いますが、

「負けない運用」が一番大切ですので、
どんな時もリスクを軽減しながら、
息の長い資産形成を行って参りましょう。


今現在参加を検討されている方は、
是非お気軽にご連絡を頂ければ、
今現在の悩みや相談も承らせて頂きます。


お電話が繋がりにくい時は、
こちらのメールよりお問い合わせ下さいませ。

▼問い合わせメールはこちら

info@the-third.net
==========


引き続きよろしくお願い致します。


本日もありがとうございました。



システム運営事務局
市原


☆★☆★☆★以下、会員様からのご報告☆★☆★☆★


▼正直、すごいEAだと思います!

http://the-third.net/yuu/1204-3.png

▼ここまで続いているEAは今までありませんでした。

http://the-third.net/yuu/1204.png

▼$1239の利益でした。ありがたいことです

http://the-third.net/yuu/1204-1.png

▼約2万7千円程の利益確定となりました。

http://the-third.net/yuu/1204-2.png

▼12月1日の時点で10,000円の利益となりました。

http://the-third.net/yuu/1204-4.png

▼低リスクで結果11,500円の利益でした。

http://the-third.net/yuu/1204-5.png

▼私も2%という利益を出すことができました!

http://the-third.net/yuu/1204-6.png

▼コツコツと運用して結果がでております

http://the-third.net/yuu/1130.png

▼リアルでプラスになったのは初めてです!

http://the-third.net/yuu/1130-1.png

▼おかげ様で欲の制御ができるようになりました

http://the-third.net/yuu/1130-2.png

▼15.8%の利益を獲得することができました

http://the-third.net/yuu/1130-3.png

▼4日間で1%ほどの利益でした。

http://the-third.net/yuu/1125.png

▼10月は50万円近くの収益を上げることができました

http://the-third.net/yuu/1109.png

▼いつもながらありがたい事だと感謝

http://the-third.net/yuu/1109-1.png

▼より安全を心がけて運用しようと思います

http://the-third.net/yuu/1109-2.png

▼先月は9.71%の利益となりました。

http://the-third.net/yuu/1109-3.png

▼望外の結果に感謝の念にたえません。

http://the-third.net/yuu/1109-4.png

▼家族にご馳走できるようになってきました

http://the-third.net/yuu/1011-3.png

▼合計利益50万超え third凄すぎます笑笑

http://the-third.net/yuu/1011-2.png

▼9月月報は利益+92,698円でした。

http://the-third.net/yuu/1011-0.png

▼不運な損切りがありましたが無事利益確保

http://the-third.net/yuu/1011-1.png

▼お蔭様で30万円が120万までなりました。

http://the-third.net/yuu/1006-0.png

▼毎月10%以上の利益が出ております。

http://the-third.net/yuu/1006-1.png

▼約29万の利益となり9月を終え大満足

http://the-third.net/yuu/1006-2.png

▼昨年より確実に資産が増えたことを実感しております。

http://the-third.net/yuu/1006-3.png

▼EA飛んでるのが多い中しっかり利確

http://the-third.net/yuu/line18.png

▼唯一残り、驚きの実績でした。

http://the-third.net/yuu/line19.png

▼月利276,159円でした

http://the-third.net/yuu/line17.png

▼今年1年で30万くらいの利益が有りました

http://the-third.net/yuu/line7.png

▼稼働停止のタイミングで出金申請します

http://the-third.net/yuu/line8.png

▼結果プラスで終えて最高です。

http://the-third.net/yuu/line11.png

▼10か月が過ぎましたが毎月利益出ています

http://the-third.net/yuu/line14.png

▼オンオフ判断にも慣れて利益になっています

http://the-third.net/yuu/line3.png

▼利益率95.65%になります。

http://the-third.net/yuu/line5.png

▼約5ヶ月で110万ほど出ました。

http://the-third.net/yuu/line6.png

▼約1ヶ月で20%の利幅が取れております。

http://the-third.net/yuu/919-1.png

▼こんな優秀なEAは初めてです。

http://the-third.net/yuu/919-2.png
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

==================



以上です!!



さて、それでメルマガのほうで扱わせていただいてる

The Thirdザ・サードでございますが


そろそろもうこの、ありえない現在価格は終了となりまして

今度12月22日いっぱいで、23日から値上げ

ということになりますね~~



ちなみに既にもう早い段階で入られて

テスト運用などをされて徐々に回してらっしゃる方も

出てきてますが


まあほんと購入された方は これとんでもなく安い

のが分かったと思います。


実のところ1年半くらい前に募集したときは

もちろん100%勝つとかはないからリスク管理は

しっかりしてね、みたいな感じで扱っていたのですが


実際はですね、ちゃんと運用してる人はおそらくほとんどが

もう購入代金以上をペイしたはずなのですが


これが「負けないことに集中する強さ」なんですね。


負けないことに集中すると、教材代とか塾代とか

それらの何倍どころか何十倍、何百倍もペイするケースが

出てくるってのが


この「自分で稼ぐ業界」の面白いところだと私は思いますね。




まあそれで・・・今回はまさにこの価格で

コロナだしまあいいか、挑戦価格でってことで

ぶっちゃけノリみたいなところもありやってみたのですが



やっぱりこれ 多くの方がその後

それ以上の結果出してるわけであって

安すぎたかもしれません。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


それでこの価格を決める際に実は結構葛藤がありましてですね、

まあ事務局さんと価格決定は色々実は話し合っていたのだけど


本当はこの価格でやる予定はなかったんですが、


ただコロナ騒動でロックダウンやらなんやらと

世界中が騒いでる状況で日本でもどんどん貧困化進んでるしな


みたいなところがありまして


最初はこの価格、冗談交じりで話していたんだけど

話し合って、「これでやってみましょう」ってことで


この価格を「コロナ限定価格」ということでやってみた

わけですね。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


それで正直私はやはりここで「ちゃんとお金の余裕ある人たちが

マーケティングをやる」重要性を感じるのだけど


正直この値段が実現したのは

事務局さんも私もですがコロナで打撃ないどころか

ぶっちゃけ世間の空気的に言いずらいですが

今回のコロナってかなりのチャンスだったので


相当良い感じ、だったわけですね。


ちなみに詳しくはプライバシーなので書きませんが

事務局のトップの方も自分で色々投資されてる方で

相当儲かってる方、くらいは書いてよいと思って書きますが


まあそういう条件があって

「この価格でやっちゃおっか!!」ってことで

私が ノリの良いギリシャにいたのもありまして、


それでこの価格になったってことですね。


やはり世界中の今の情勢みると何かしらまあ

値段で表現できる事業家、投資家のやり方があるよな~ってことで

それでこの価格になりました。


だからおそらくコロナ以降はこの価格って

まずお目にかからないでしょうが


ピンチをチャンスに変えていく、という強い思考を

保持できてる方は


このサードはすごい良い、「長く使う前提での」

買い物、投資になると思います。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/




ちなみに本当はフォワード運用で4年8ヶ月負けないで

資産増やしてる 裁量+EAのシステムなんて

世間でまず見ないのですから


実はですね値段としては本当は10倍はないけど

今のこの価格の7倍くらいが妥当価格で

はっきりいえば売れる価格なんだけど、


今回は、この価格でやってみたってことですね。



だからここで重要なことがあって、

効率的市場仮説っていうのがあって


世の中の値段は合理的に常に効率的に決まっている

なんてのがあるけど


それは嘘なんですね。


やはり商売とかやってる人はその際の世間の情勢とか

状態を見て 

あえてそこで完全に合理的といえる価格に設定しないことも

こうやってあるってことで


そうやって市場経済ってのは成り立ってるわけですね。


ちなみにもう既に、ある程度元から資産があった方ですと
購入費用は余裕でペイしました、って方も
多く出てきてるわけですが


是非その買い付け、を覚えていただきたいわけです。


そういう方は、

サードを明らかに上でいう「非効率に決まった安い値段」で
購入されてペイされたわけですが


この買い付け方がそのまんま株なんかのバフェットの
バリュー投資の買い付け方なんですね。



内在価値のあるものを安い時点で買う、

この投資行動ができるとですね、長期的に

どんどん差ができます。


だから 実は株も金も銀も多くの資産も

そうやって買い付けるわけですね。


それが投資家マインドですね~


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/






============編集後記=============

さてさて、ここ2日~3日ですが

いや~もうトランプ大統領「すごい!!」の一言です。


ちなみに前号で分散的な戦いが為政者たちに対する検閲の対抗方法だ

ってことなんだけど



そうこれはだからその続きみたいな感じですが

まさに今回「テキサス州など多くの州が

4つの腐敗した州を訴える」


というのがまさにその方式ですよね。


トランプすごいですよ、本当に。



それでトランプがもう相当優勢だってのは12月あたりになって

明確になってる感じでしたが

(バイデンやCNNが崩れだしてから)


ただこれがもう 一層明確になってきた状態で

さすがにメディアもテキサス州の動きに対しては


「やばいよやばいよ」っていうことで一気に報じてます。



まさに以前から書いてる

「怪物」が一気に うぎゃ~~と声を上げて


崩落してきてます。



ちなみにこの辺大変分かりやすくまとめてるのが

ネットではもう相当有名であります

「闇のくまさん」でして



私も色々ユーチューブなんかの隠れながら検閲に立ち向かってる

個人発信者を見てますが


彼の説明がこの辺大変俯瞰力があって

分かりやすいですね。


マスコミではジャーナリズムは機能していないけども

こういう個人たちが検閲に対抗しながらなんとか

発信を頑張ってますね!


【テキサス州の提訴を連邦最高裁が受理!待ちに待った奇跡の大逆転劇開幕!】
テキサス州含む9州の訴え
「ジョージア州含む4つの激戦州の投票規則の変更は
米国憲法『選挙人条項』に違反している」を連邦最高裁が受理

⇒  https://youtu.be/xRrlzoGykB8


あとはブログだと紹介されてるこちらです。


【アメリカから見た日本】
https://yamatogokorous.com/tex……stoscotus/



それで、最高裁が受理したのが大きいですが

もうこれでトランプ勝利は 修正第12条シナリオ以外にも

戒厳令の必殺技も残ってる状況なので


相当固い状況だろうってのが私が見ていたところです。



それで最初はテキサス州司法長の弁護士であるケン・パクストン氏によって、

テキサス州が最高裁判所で

ジョージア州、ミシガン州、ウィスコンシン州、

そしてペンシルベニア州を訴える提訴が起こされたっていう流れでしたが


ここでテッドクルーズ議員が司法の腐敗も言及していたから

どうなるか、ということで私は見ていましたが


結果、受理されまして

2つ以上の州の間で紛争があれば一気に最高裁というのが

アメリカの制度であるので


そこでテキサス州から一気に最高裁への道が開かれまして

これからいよいよ最高裁での判決待ちですよね。


それで今回の訴訟は


テキサス州がまず最初に言ってたのが

訴える4つの州が州議会ではなくて

郵便投票などについて裁判所または行政措置で

投票日直前に投票規則と手続きを変更したという動きが

あったわけですが


これが憲法の選挙人条項に違反してるだろうが、


ってことでテキサス州が最初狼煙(のろし)をあげた。


トランプ大統領がおっしゃっていた数日以内にとんでもないことが起きる

ってのはこれだったのかもしれませんが


トランプ大統領、戒厳令シナリオも同時に持ってるので

もう「負けないこと」を徹底してますよね。すごい。



それで今回不正が行われた4つの州が選挙法に対して

非立法上に行われた変更というのが


具体的にはアメリカ合衆国憲法の第2条第1項と第2項の

選挙人条項に違反するってことですが



憲法の投票における平等保護条項に違反してるでしょう

っていうことになるわけですね。



ちなみにこの主張が面白くてやはり「平等ではないですよね」

っていう平等ばかり主張するリベラル派の判事たちも

「う・・・確かに・・・」


と言わざるを得ない内容となっておりまして


一応9人中6人は保守派であってもロバーツは怪しいから

実際は保守5対リベラル4の最高裁ですが


このリベラル4の人間も最高裁判事は終身制ですから

変な判決出したらこれからアメリカ国民全体に責められることになるので


逆にリベラル4の人間たちも今回の最高裁での判決で

裏切りを誘発するような訴状ですよね。



それでここで面白いのが上記サイトで説明されてるのですが

原告側のテキサス州たち現在は20州の原告が


これら腐敗した4州で彼らが行った詐欺を証明する必要がない

ってのがすごいところで


そこで4州の全ての知事と州務省が勝手に変更を公然と

行っていたことが最高裁によって裁かれることになりますから


原告としては相当有利な状況でして

今言われてることとしては


さすがにここで最高裁で負けることはないだろうってことですよね。

(が、買収などの危険性もいずれにしてもテッドクルーズが

おそらく心配してるように残ってますがその際は

限定的な戒厳令シナリオもある)



それで今回彼らが勝手に変更を行った根拠が

「コロナパンデミック」であったと思いますが


そうそこで合衆国憲法条項II、セクション1条項2においては

そんなの書かれていないわけですね。



彼らの憲法飛び越える目的、すなわち憲法骨抜きにするための

戦略がまさにコロナであって


まさに今年メルマガで扱っていたコロナは憲法骨抜きの戦略だ

っていう話がありましたが


まあただそれを最高裁判事が認めるかどうか?ですが

現状トランプ陣営、原告のテキサス州たちの陣営が

有利という状況ですよね。



それでここでテキサス州たちが主張してるのが


「これらの違法行為により、

被告州は自州民の投票の完全性を汚しただけでなく、

彼らの行動は原告州および憲法に忠実であり続けた

他の州の市民の投票を弱体化することになった」


ってことですが


【アメリカから見た日本】
https://yamatogokorous.com/tex……stoscotus/



これは最高裁で判決が出てくるでしょうが

まあやはり憲法から見たら違憲であるわけですね。



ちなみにこれが英語の訴状ファイルでして


【英語の訴状】
https://www.texasattorneygener……&utm_term=


現状、これらの訴訟の原告がテキサス州1州だけだと

やはり弱い印象は否めませんでしたが


ここで今日の12月10日時点では

原告がなんと以下の州まで拡大してるという情報になりますね。


■テキサス

ミズーリ
アラバマ
アーカンソー
フロリダ
インディアナ
カンザス
ルイジアナ
ミシシッピ
モンタナ
ネブラスカ
ノースダコタ
オクラホマ
サウスカロライナ
サウスダコタ
テネシー
ユタ
ウェストバージニア
アリゾナ


(アラスカ
ジョージア州上下院も加わるかも?)



こんな感じですが、



これはめちゃくちゃ重要な動きですよね。


それでこれが進んで一気に最高裁の戦略で

原告が勝利となりますと


ここで選挙人未確定となりますけども



そうなるとやはり各州1票で大統領を決めていく

修正第12条の

方式となるんでしょうが



こうなるとトランプ勝利となりまして


ここで面白いのが上のような訴訟があって

最高裁でちゃんと判断が出された上で


「じゃあ憲法でも規定があるし、州の間でも

いざこざがあったからさ、

州1票の方式が最適だよね」


という世論形成にもつながります。



それで今まで バイデン勝利確実とかのたまっていた

マスコミたちが一気に焦りだしてこれを報道してるのだけど



■大統領選結果に異議唱えるテキサス州の訴訟、トランプ氏も参加求める
https://news.yahoo.co.jp/artic……bcd19a87b4


ここでコメントが面白くてみんな最近は

マスコミ妄信していなくて

自立して自分で色々調べて見てますから

分かってるわけです!



↓↓
(以下コメント)
■>法律の専門家は最高裁が審理する可能性は
全くないとの見解を示している。

最高裁が受理しちゃったみたいだよ


■この記事は古い。そして間違っている。
戦いの論点は、選挙不正があったか無かったではなく、
各州の選挙が合衆国憲法に違反しているかいないかである。

テキサス州の訴えに、即座に18州が同意して一緒に戦う姿勢を示した。
助っ人はまだまだ増えるだろう。

■>テキサス州の訴訟は、これまで多くの裁判所で退けられた
郵便投票を巡る主張を繰り返す内容


何でここまで内容理解しておらずに記事が書けるんだろう?
訴えられた4州が違憲・違法に郵便投票のチェックを
甘くしたことを訴えられているので、

別に原告側が証拠を示す必要もないぞ。

ちゃんと調べてから報道し直してください。



■バイデン側の不正疑惑、何も無かったのであれば
好きに調べろと堂々としていれば、むしろ白の証明になるもを。


必死に報道規制、揚げ句にはYouTubeも規制って…
とんでもない裏があったから絶対に調べさせるなと
自ら(メディアも含め)言ってるようなものだろ。

ここまで必死に規制したら逆に国民は
バイデン氏を信用出来なくなるのは当たり前だと思うのだが。

最早、世間に出せないとんでもない事情が有るのは事実なのだと思う。



■テキサス州が訴訟の論点にしているのは
選挙前に郵便投票の審査を正規の手続きを行わないで変更した事が憲法違反である
これであって不正投票がどうのこうのは論点にしていない


■アメリカは憲法によって救われるかもしれないですね。
メディアは、憲法の大切さを伝えて欲しいですね。

日本は、憲法によって安全保障が脅かされてる状況です。
日本人を危険な状況に追い込む憲法ってなんなんだ?




以上です!


ということでもうマスコミたちが勝手に

バイデン勝利なんていってるのは相当な情報弱者?みたいな

人以外は信じていない状況であって


実際はバイデンの過半数割れがおそらくよほどのことがなければ

決まっていく形ですよね。


それでこの辺について私も勝率を調べていていたのですが

今回の違憲訴訟ですがテキサス州1州だけだと少し弱い印象は

ありましたが


ここでもうこの1日で一気に 原告がテキサス州だけじゃなくて

20州以上に拡大しそうな状況です。

(今書いてる時点だと18州だけど、

他の州も「勝ち馬に乗る論理」で乗ってくるかと)


それで今回このトランプ陣営の奇策というのは

もう素晴らしいとしか言えないのですが


これがアメリカのすごさだな~と私は正直あまりにも

大変、感動しておりました。


トランプ大統領は勿論すごく尊敬の対象ですが

この自分達がデモクラシーで選び出したトランプ大統領を

しっかり守ろうとして動き回るテッドクルーズであったり

ジュリアーニ、パウエル、リンウッド弁護士たちであったり


それぞれが自分で戦略を考えて、

お互い連絡は取り合ってるでしょうが


ここで前号で書いたように、分断ではなく

分散的に動き回って


怪物をついに倒しつつあります。


こんな歴史的大事件を自分の目でこうやって見ることができるなんて

って感じですが


もうこれでトランプ大統領が王手をかけまして、

トランプの勝利、2期目以降の話となりますね。


金融でいえばNYダウはジャブジャブマネー継続想定ですし

トランプが狙ってるのが実際は エスタブ官僚、スワンプ、

ワシントンの腐った変な儀式参加してる官僚どもの


既得権益として存在するドル基軸体制を弱体化することですが

これも2020年代前半に一気に進むことが想定できますね。

(アメリカのリバータリアンたちは強いドル、なんてトランプが

発言してるように求めていない。

彼らは私もそうですが金ゴールド信者です。)



それでまだ一応 トランプ大統領に決まっていないので

油断は禁物ですが


今回テッドクルーズ議員が動いたこのテキサス州から

狼煙が上がったこの動きですが


これは相当確度の高い戦い方となってるので

おそらくここで選挙人不確定⇒下院での州1票方式で


トランプは勝利を固めそうですが


もし万が一、裁判所までが腐敗をするのであれば

すなわち4州側についてしまう判決が万が一の話で

出てしまったとしても


限定的な戒厳令は出せるでしょうから


実際トランプ大統領は相当守りを2重に固めており

しかもそれが後半の12月段階での動きですから


いよいよトランプが勝利を固めつつあるような動きですね。



それでアメリカの憲法ってやはりすごいな、と私は思いましたが

こういう手段が沢山残ってるわけで


怪物がコロナ騒動を勝手にでっちあげて騒ぎまくって

それを口実に 郵便投票などのルール変更したとしても


その行政の変な口実を許さないってのがアメリカ憲法でして

暴走ができないように本当に綿密に作り上げられてるわけですね。


このアメリカ憲法を作り上げた人たちの

故人たちの知恵が


アメリカ、ひいては世界のデモクラシーを守りそうですね!!


それであと、これは書いてる途中にまたビッグニュースが

出てきまして


一言で


「CIA終了のお知らせ」ですね。



”Pentagon plans to cut most of its support
to CIA’s counterterrorism missions”

「国防総省ペンタゴンがCIAの反テロリズムミッションに対しての
サポートを辞めていくことを計画してる」

https://abcnews.go.com/Politic……itter_abcn



ここでCIAがテロ対策を色々名目にして

外観誘致であったりフランクフルトのCIA所有のサーバーを

愛国派の良心的な米軍に押さえられましたが



このCIAの内部で反トランプの悪いのがうようよいたのだけど

彼らは一気にこれから弱体化していくことになる。


ちなみにですがこのCIAってのはそれこそ日本の芸能界でも

大きく指令出してるような組織だけど


日本の芸能界なんかもどんどん膿みがこれから
出てくることでしょうし、

日本の警察と半グレの癒着なんかもこれから大きな問題と

なっていくかもしれない。



それでまだ限定的戒厳令とかにはなっていないのですが

仮にそうなればですが 軍事法廷でCIAが実質解体されるシナリオ

なんかも出てきましたよね。


ちなみにCIAってのは恐いところであって

それこそマスコミだけではなく各国の個人たちもスパイして

そこで嫌がらせ展開したりしてたわけですが


最近明らかに弱ってきてますので

いよいよこの悪の巣窟CIAもそろそろヤバくなりそうです。



それでまだ連邦最高裁の判決、判断は出ていませんので

これから注目なのですが


ここでテキサス州他20州以上がおそらく原告となる勢いですが


ここでの勝率はかなり高いというのが

今世界で言われてる状況ですが

というのは不正の証明は必要なく、実際は証拠が

「4州が勝手に変な口実を使って憲法無視して選挙制度を変更した」
ってことなので。


それで本来選挙制度を変更する場合には

プロセスとして

・州の上院下院双方で過半数で2回議決必須
・その後、最低でも二つの新聞の全面広告を出す
・さらに住民投票の結果を経なければならない

となるわけですが

これを破ってることは憲法違反なので

変更プロセスそのものが違憲ということに

最高裁判事が腐敗していなければですがなるわけです。



それで無事、最高裁の真っ当な判決が出ればですが


ここで上記腐敗した4州の62人の選挙人は

投票できないってことになりますから


バイデンはそこで正式に過半数に到達せず、となるわけで

これマスコミはしっかりと報道しないといけませんね。


それでそうなればもう州それぞれで腐敗があったのだから

ちゃんと民衆を代表して 代議制民主政体として


州1票で決める方式は憲法で指定されてるのですから

それは選挙結果をひっくり返すでもなんでもなく


れっきとした 憲法に保障された選挙プロセスです。



それであとはバイデン息子のハンターについても

昨日司法当局の捜査が開始されてるのですが


いよいよこのハンター問題について司法当局が動き出しておりまして

もう明らかにトランプ優勢のターンがさらに進んだ状況ですよね。



ということでまさに大統領選挙が本格的に開始した

と言えるでしょうが


2020年の大統領選挙の本番は

修正第12条の下院で州1票の方式か


もしくは裁判所が腐敗を極めていれば限定的戒厳令も

これまた選択肢としてありそうですが


いずれにしてもトランプ大統領がしっかり

「本当の意味での大統領選挙本番」に

負けない状況を作り上げてきました。


といってもまだトランプ大統領に完全に決まったわけではないから

引き続き油断禁物で勝って兜の緒をしめよ

ですから


これからトランプ陣営には

確実に負けないことを進めていってほしいものですね!!



いや~~とりあえずほんとすごいですね。

不謹慎かもだけどやはり面白いのが米大統領選挙です。



それでこのトランプたちのワシントン官僚や英国王室たち

DSやらヘドロとも言われますが

この腐敗した勢力の戦いってのは


日本でもその一味の官僚機構たちがおりますから

私たち日本人も学ぶ点が多いにありますね。



それでは!





ゆう





追伸・・・ちなみに超面白いのが

元もと

「あいつCIA要員だろ」と噂されていたテレビ要員たちが

結構な数日本にもいるんだけど


一斉に今日 トランプに発狂してました(笑)

ここで誰が本当に要員だったのか?も分かってきますね。


それでトランプが2期目になったらどうなるか??

っていうとそうなんです、


「いよいよ中東の次は 極東アジアからの米軍撤退議論」

となりまして


以前からメルマガで書いてきた

在日米軍撤退議論と在韓米軍撤退議論になるんです。


ここで実は菅首相はDSの仲間だっていう言論があるけど

私はまあ違うだろうなと見ていて


菅は以前に書いたようにトランプ勝利シナリオに沿って

バイデンにあえて祝意を送ってる節がありまして


トランプ2期目となりましたら「おい、こら菅、てめえ

バイデンに祝意送りやがったな」とトランプが演技できますが


ここで「じゃあ米軍とかもう撤退させるぞ 駐留負担費もっと増やすぞ」

とトランプはいえるわけですから


ここでトランプは中東の次、もっとも難しかった

極東アジアの米軍撤退を進められることになるわけですね。


ここで日本は結局そこで「自立で自守防衛」っていう

他の国では当たり前の体制を模索していくことになりそうです。


まだ決まっていないのであれですが

トランプが今回負けずに無事勝利したら、

いよいよ世界の話題の中心は日本と韓国となりますね。


私たち日本人は自力で官僚機構を倒すことはできませんでしたが

しかしアメリカのトランプたちの援軍があって

日本もいよいよ本当の意味で自立していけそうですね。


それで今回アメリカ大統領選挙での不正選挙について

日本でも相当関心が高まっておりますが、


これこそが次のトランプの

中東だけではなく極東アジアからの

米軍撤退への布石ともなりそうです。



それなのでこれから引き続き 

民主党バイデンをフロントとした

怪物たちが崩れ去っていく歴史的な光景を


私たち日本人も見守っていくことのが

大事ですね。




それでは!!



ゆう


















★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXの裁量×自動売買をあわせて


投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


”THE THIRD”。

「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

重要な教訓に基づいて

裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

未来の保証はできませんし100%はないものの、

ただ現状、

4年7ヶ月⇒4年8ヶ月で
負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
















«  (すごい)【テキサス州など20州近くから一気に トランプ陣営の「最大の反撃」が開始された】 ことについて考える!(最高裁でも受理へ!)  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください