無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【ワクチン強制を検討する航空会社が ついに現れつつある、ことについて考える!】 (為政者によるワクチン強制接種スキームとは!?)

2020 12月 08 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【ワクチン強制を検討する航空会社が
ついに現れつつある、ことについて考える!】
(為政者によるワクチン強制接種スキームとは!?)
⇒編集後記で!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXの裁量×自動売買をあわせて


投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


”THE THIRD”。

「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

重要な教訓に基づいて

裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

未来の保証はできませんし100%はないものの、

ただ現状、

4年7ヶ月⇒4年8ヶ月で
負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



どうもゆうです!

いつもご覧いただきまして
ありがとうございます!!


さてさて、今日は件名にて

【ワクチン強制を検討する航空会社が
ついに現れつつある、ことについて考える!】
(為政者によるワクチン強制接種スキーム)


っていうちょっといかつい?件名となっておりますが

以前に私のメルマガのほうで ワクチン接種が実質の強制化される

流れってのをちょくちょく扱っておりまして


その流れがいよいよ冬になり、出てきたので

今日はその辺を扱いたいというか

扱わないと思い扱います。


それで今まさに米大統領選挙の不正選挙においてトランプ大統領が
闘争しておりますが


これに同期して世界中の腐敗したエスタブ官僚たちであったりは

コロナを口実にしてまさに全体主義国家化を進めている最中であります。


それで今年コロナ騒動があって、よくネット上で

マスコミたちに陰謀論と馬鹿にされながらも正義感ある人たちによって

言われていたのが


「DSはこれから強制接種もさることながら、

これから抵抗がひどい場合は、その後 公共交通機関であったり

飛行機であったりで コロナワクチンの接種記録が出ている

紙であったりアプリを使って大衆の接種状況を確かめて


そしてその上でワクチン接種した人だけまともな生活が出来るように

する予定だ」


なんて話だったのですが


そうこれはあなたもご存知のように

マスコミに「そんなのは陰謀論だ、信じてるほうがおかしい」

ということで馬鹿にされていたわけです。


要するに彼らは「真実言論を陰謀論とかレッテル張りして

大衆の思考停止を誘導して、その上で議論封鎖しようとした」

わけですが・・・


そう、まさにネットで以前言われていた通り、

最近ついに出てきたんですね。


「コロナのワクチンを接種してないと、
飛行機に乗れないようにする予定です」

なんて航空会社が。


ここ最近、アメリカのトランプの戦いがやはり最も重要なので

私は注目しているものの、


それ以外にも多くの国をチェックするようにしてますが

やはりひどいのが・・・

もう憲法もクソもなくなっているのが


最近だとオーストラリアとかニュージーランドかと思うのですね。


それでもうこのオーストラリアとかですと

最大の航空会社であるカンタス航空が

この前

「国際線に将来搭乗する際には
新型コロナウイルスワクチンを接種した証明が必要になる」


なんて発表をしたわけです。

カンタス航空のCEOは

「利用前にワクチン接種を受けるよう求めるようになる」なんて
発言してるわけですが


いよいよこういう航空会社が出てきたわけですね。


■ニュース

「カンタス航空「飛行機に乗りたかったら
コロナの予防接種受けてるって証明して」
https://news.yahoo.co.jp/artic……f/comments



それでこれらはまあコメントなんかを見ると

多くの方が批判的に書いてますが

以下のようにコメントもありますが真っ当な意見だと
思いました。

↓↓



■ワクチンを買うお金がない人は、
どの道海外旅行にも行けないでしょう。 
問題は、それをする事で、反ワクチンの人達がどう出るか。

mRNAワクチンは、ハッキリ言って、
今まで人間に使ったことのないワクチン。 

治験結果もまだ数ヶ月。
そんなワクチンを打ちたい人は、
危険カテゴリーに入ってない限りありえないのでは? 

長期的にどう体に反応するか、分からない事だらけです。


■フランスではマスクでさえ猛反発なのに、
ワクチンなんてことになればどうなるのだろう?

海外旅行が好きで、毎年のように行っていたが、
こんなことになったら行かないね。
まあ、5年ぐらいしたらワクチンの評価もはっきりするだろうし、

それまで自分が生きていたら再考するかも。


■予防接種をしなければday careに
子供を預ける事ができなくなった国だから、
これぐらいはやるだろうと想定できた。

ただ、一定数のアンチは居るし、
VIC州の富裕層が暮らすエリアで一番接種率低いと聞いた。

そもそも、それで免疫が得られる保証100%無いし、
国民に選択権を与えて欲しい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

豪州の片田舎ですが、マスクしてる人
週に1人か2人見るぐらいです。
看護師さんも出勤前後マスクしてませんから。


↑↑


以上です。


それで重要なのは以前に大富豪のマネーなどで

実際は操られて、官僚たちに忖度しまくるマスコミたちが書いていたのは


ネット上で言われていたビルゲイツ絡めた
ワクチン強制化させる話を 陰謀論だ、とか一蹴していたわけですが・・・


現実は思いっきりネット上で言われていた通りに

「外堀埋めて実質はワクチン強制化」
の流れが世界中で作られている現状ですよね。



ちなみにネット上で以前にこの辺の議論が相当話題になっていたのが

大体4月~6月でそれはまだ現状も続いてるわけですが

特に言われていたのが

「強制化して全体主義化を進めたい為政者の視点」なんですね。


それがどういうスキームか?というと

それが以下のようなものなんですね。


「まずコロナパンデミックを根拠ないけど恐怖をマスコミを使って

煽らせまくる。


そして大衆は恐怖で自立思考ができなくなり私たちが

マスクなどを強制したとしても逆らわないで従うことになるであろう。


ここでマスク着用率などを見て各国で大衆がどれだけ従順かテストをかける。

そしてその後、各国情勢を見極めてマスクの強制化を図っていく。


しかしそこで逆らう人間も出てくるから

その場合は外堀から埋めていく。


すなわちワクチン接種をしている人間でなければ

公共のサービスも電車もバスもまた飛行機も乗れないように

アプリで管理して実質、ワクチン接種しなければ社会生活を送れないようにする。


そしてワクチンが義務化できない国であっても

最初は推奨で進めていくが

そこで接種率を上げていく。


そうすると社会を接種した人間、接種していない人間で

分断させることができるが、


そこで再度、その後 パンデミックを根拠がなくても

煽る。恐怖を煽る。

そして接種した人間たちに その感染者増は

接種していない人間のせいだ、と扇動をかけていき


事実上、同調圧力、公共交通機関などの制限で

外堀を生め、ワクチン強制化を進めていく」


それでこれは私、ずっと警戒してみていた話で

それに付随する動きがないか・・・ずっと見ていたのですが

いよいよ上の「ワクチン強制化スキーム」が作動したわけですが


そう、それが「各国の航空会社が加盟する航空会社連盟全体で

ワクチンを実質強制化していく流れ」

が出来つつあるわけです。



それでこれが重要なことですが

本来の近代デモクラシーでは当然ですが

為政者たちが民衆に不利になる可能性のあることを強制できませんよね。

また身体の自由、身体はまさに私たちの私有財産の最たるものですが

それをどう扱うかどうか?は私たち個人にゆだねられるのが


全体主義ではない、近代デモクラシーの姿です。


が、実際は「外堀埋めて実質の強制化」を狙ってるのが

為政者の姿であり、


以前にネットで散々してきされていた動きを

性懲りもなく、堂々とやってきてるのが現在なわけです。



それで私の考え方というのは 

ワクチン賛成派とかワクチン反対派、その前の立場でありまして

上のコメントの方が書かれてる


「ワクチン接種するか否かについて

国民・民衆に選択権がなければいけない」


という立場ですね。


というのは自分の身体をどう扱うかってのは

まさに自由権の前提中の前提ですが

為政者がテキトーに口実作って

「はい、お前は気に食わないからこの注射を強要します」

なんてことは近代国家では本来、できないわけです。


やはりそこで口実が使われるわけですが今回はそれが

コロナであるわけですが


そのコロナの死者数は?というと以前に書いたように

1年で世界中の人口78億人の中で

150万人でありまして


死者数は「最大でも」人口の0.02%ほどなわけです。



■バックナンバー
【「世界人口78億人」の中「150万人のコロナ死者数」は
多いのか?少ないのか?】を考える!
(副題:不正選挙の証拠映像とペンス副大統領演説を見る!)
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2744#2744


世界平均で1年で「5000人に1人」が死んでるわけですが

それはどうみてもここまで騒ぐ問題でもないのですが


ただそんな数字のことは関係なく

この「実質の」ワクチン強制化の流れってのが形成されてきてる

わけですね。


それでそこでは世界中の市民に対して

「選択権が与えられない、強制である」ってのが大事な部分でして


まさに全体主義国家や共産主義国家のそれですが

強制、強制、強制なんです。


ちなみに今年の2020年を象徴する言葉はみんな一致して

コロナだろうけど


それ以上に2020年を象徴するのが

「強制」なんですね。


今までは任意であったことがどんどん強制化させられた

それがコロナ騒動の本質であったと思います。



それでこういう言論を一切できないように為政者たちが

憲法21条言論表現の自由を圧殺しようとしてるんだけど

それはやはりおかしいなというのが私の考え方ですね。



何でもかんでも強制化・・・選択肢を持たせない。

もうこんなのは恐怖国家というか今は世界中で恐怖政治そのもの

になってるわけですが


今日はこの辺についても考えたいと思います。


それでやはり今の世界中の「マスク行政」ってのは

このワクチン強制化のためのテストですよね、やっぱり。


編集後記で!!






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


会員様から続々と結果報告が届いております!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さて、それでここ最近扱ってる

「長期的に使うことが前提」である


The Thirdですがとりあえずすごい人気です。


一応今回のマーケティングにおいて

EAっていうと絶対100%稼げるといったような

そういう勘違いする人が多いので


「相場に100%はないですし、負ける可能性だってありえる」

という投資の当たり前のことを書いてるのですが


それも含めて、ちゃんと理解された

自立された投資家さんたちがまずは検証ってことで

購入されており、大変人気ですね。




こうやって、色々大変な時代だけど

どんな大変なことがあっても ガンガン這い上がっていくような

強い人間が生まれてこれば私は嬉しく思いまして


そのきっかけにこのメルマガがなれば嬉しいな~と思ってます。




それで以下 事務局の市原さんからメッセージです!

ちなみに事務局のトップもこれアメリカにいらっしゃった方で
世界基準をアメリカで学んだ方でもあるから

そういう意味で事務局も立派な人らが運営してるので
扱っておりますね~


それでは以下メッセージです!




===============

会員様から続々と結果報告が届いております!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【あなたが手に出来る
読者様限定3大特典】

⇒  https://the-third.net/tokuten_new

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


あなたのメルマガ読者の皆様、

いつもお世話になっております、
システム運営事務局の市原です。


今回THE-THIRDシステムを、
あなたの読者様限定で公開させて頂いてから
約1ヶ月半が経とうとしております。

この1ヶ月半で100名以上の方が、
新しくご参加をされ、改めて反響の大きさに驚いております。


そして早速ご参加された方々が、
実際に運用を始められており、
このような結果を得て頂いている事、
本当に嬉しい限りです。


日々ご報告いただいている内容を
一部共有させて頂きます。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


☆★☆★☆★会員様からのご報告☆★☆★☆★


▼正直、すごいEAだと思います!

http://the-third.net/yuu/1204-3.png

▼ここまで続いているEAは今までありませんでした。

http://the-third.net/yuu/1204.png

▼$1239の利益でした。ありがたいことです

http://the-third.net/yuu/1204-1.png

▼約2万7千円程の利益確定となりました。

http://the-third.net/yuu/1204-2.png

▼12月1日の時点で10,000円の利益となりました。

http://the-third.net/yuu/1204-4.png

▼低リスクで結果11,500円の利益でした。

http://the-third.net/yuu/1204-5.png

▼私も2%という利益を出すことができました!

http://the-third.net/yuu/1204-6.png

▼コツコツと運用して結果がでております

http://the-third.net/yuu/1130.png

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「コツコツプラス」
「初勝利を上げました」
「欲の制御ができるようになった」

などなど、
本システムを運用するにあたって、
大切なことを守っているからこそ、
このような結果を得て頂いております。


弊社だけでなく、
あなたもそうですが、
このサードを通じて、

あなたに一番お伝えしたいことは、


大きな利益を得ることではなく
~~~~~~~~~~~~~~
負けない運用を続けていくこと
~~~~~~~~~~~~~~

まさにこれに限ると思っています。


決して派手な魅力的のある数字を
叩き出すシステムでは無いかもしれません、

ですが、4年8ヶ月間一度も破綻することなく、
負けない運用を実現できているという点が
強みであり、そういったシステムは滅多にありません。


実際に運用をしていただくと理解できますが、
日々の積み重ねが本当に大切であり、
それこそが正しい資産形成という事だと思っています。


これまでド派手な数字ばかりに目がいったり、
目先の大きな利益を求めていた方々は、

このTHE-THIRDシステムをきっかけに、
投資に対する概念も変わってきたのではないでしょうか。


あなたも今回運用をされるのであれば、
数ヶ月といった短い期間ではなく、

何年にもわたって長期運用を
心がけて頂ければと思います。

そうすることで、
先々に参加されている方の様な
利益をしっかりと体感できるようになります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼4日間で1%ほどの利益でした。

http://the-third.net/yuu/1125.png

▼10月は50万円近くの収益を上げることができました

http://the-third.net/yuu/1109.png

▼いつもながらありがたい事だと感謝

http://the-third.net/yuu/1109-1.png

▼より安全を心がけて運用しようと思います

http://the-third.net/yuu/1109-2.png

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これらもまだまだ一部ではありますが、
沢山の方が結果を出し続けているシステムですので、
是非実感してもらえたら嬉しいです。


今年も残り1ヶ月となりましたが、
来年以降もザ・サードシステムは、
負けない運用ができるよう、

私たちも徹底したリスク回避のもと、
情報をお届けしていきたいと思います。


【あなたの読者様限定特典】

⇒  https://the-third.net/tokuten_new



それでは、引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。


本日もありがとうございました。



システム運営事務局
市原


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【読者様限定3大特典】

⇒  https://the-third.net/tokuten_new

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★












===========編集後記===========

さてさて、私は毎回このメルマガを書く際に

書きたいことがありすぎて何から書いたらよいのだろう

といつも考えるのですが


やはり今時流はアメリカ大統領選挙なんだけども

それと同じく無視できない動きがそれと関連した

コロナ関係でも起こってますから


これも書かないと、と思って今日扱っております。


それでまず私のメルマガは憲法21条言論表現の自由や

憲法22条の営業の自由など(職業選択の自由に担保される)

近代デモクラシーの自由権を元に発行してるものですが


ここで私がマスコミと唯一違う点があってそれが


「私のことを妄信していただかなくていいから

ひとつの意見として聞いて頂き

あなた自身で考えてください」

とちゃんと書けることです。



まあというのがやはり色々私は考えるところがあって

「教祖」のように人々を洗脳したい人ってすごく多いのが

現代社会であり、


そこで「自分で考えてくれ」って言う人がすごい少ないのですが

私はそれに昔から疑問を感じてまして

まあそれもあって上のようなことを良く書きます。


自分で考える、これが全ての基礎、基本であり

それはお金稼ぎでもそれがベースですから。


まあそれで私が今すごい警戒してる動きがあって

それが今年よく書いてたのが

「ワクチン強制化の動きが出てくるかもしれない」

ってことでしたが



これがいよいよ本格化してきてるわけです。


それで上に今最も 近代デモクラシーが陥落してる国である

白人国家のオーストラリアの最大航空会社が

「お前ら、飛行機乗って移動したいならワクチン接種な」

なんていってる記事を載せましたが


実はこの動きが今イギリスでも見られてまして

さらに最も重要なことがあって


それがIATA(国際航空運送協会)という機関があって

これが各国の航空会社に影響力を行使してますが


ここが12月7日あたりに言ってるのが

「今多くの国で14日間の隔離などの検疫要件を設けて入国制限をしてるけど

これからは国境を解放するために


出発前に必要な検査や対策と、その検査を受けられる場所を知ることが

大事で、


そのために検査結果が、

各国政府に安全に共有されないといけないよね!!

(ゆう:ここまでが口実。)


そしてそこで、私たちIATAが

「IATA Travel Pass」を開発してます。


ここで旅行者が、

検査や予防接種(ワクチン)の要件を満たしていることを証明する
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「デジタルパスポート」を作成してここで

入国管理局等と各種証明書を共有できるようにした

「非接触型旅行アプリ」のモジュールを組み込みます」



ってことを言ってるわけです。


要するにIATAいわく、これから多くの航空会社にその

気持ち悪いアプリを使わせて

「コロナなどの予防接種の要件満たしてる人」を

判別できるようにするってことで



これは当然そうきたら、

オーストラリアの航空会社のように

「コロナのワクチン受けていないと飛行機乗らせません」

みたいな流れにつながるわけで


どうみてもこれはそれを画策してるわけですね。


いよいよこれが出てきたと。


だから以前陰謀論とかなんとかマスコミが叩いていたけど

実際は「ワクチン打ってないと飛行機乗らせねーぜ」みたいな流れが

世界的に 全体主義、共産主義の流れに乗っていよいよ

本格化してきたというわけです。


だからネットで以前から言われていた

「実質」ワクチンを強制接種するスキームそのもので





「すなわちワクチン接種をしている人間でなければ

公共のサービスも電車もバスもまた飛行機も乗れないように

アプリで管理して実質、

ワクチン接種しなければ社会生活を送れないようにする。」



そのものとなってきたわけですね!!!


これは「マスコミたちに陰謀論でデモをしてる欧州の人」という感じで

欧州の人が叩かれていたけど


「実際にそうなってるじゃないか」


ってのがまさに2020年末の現在なわけです。


だから「ワクチン接種強制化のスキーム」がしっかり見えてきた

ってことですよね。


それでここで重要なのが2020年を象徴する言葉それが

「強制」

でありまして



私は一言で言って2020年は

「強制の年」であったと思います。


例えば私たちは今まで「任意で」「自分の意志で」

今までは色々行動できたわけですね。


海外に行くこと、移動もそうですし(移動の自由)

みんなと集まってクラブやライブでウェイウェイ言ったり、

みんなで集まってパーティーしたり、(集会の自由)

レストランを開けたり閉めたり(営業の自由)

宗教がある人は礼拝したり(宗教の自由、信仰の自由。)


あとはマスクにしてもするしないはインフルエンザの時のように

個人の選択があったわけです。(思想信条の自由)


が、一気にそれが変わりました。


上に()で囲ったのは実は全部憲法が近代国家で規定してる

当たり前の自由権の考え方なんだけど


そうそれが今回のコロナ問題でことごとく骨抜きされ

それが無効化されて


多くの国の民衆が

それらの行動をしないように「強制」されたわけです。



それで今回のコロナ騒動ってのはもう一言でいうと

日本の職務質問問題でおなじみの


「任意なのか 強制なのか問題」


これに尽きるのですが


要するに今まで「憲法を踏まえて」

任意だったのがどんどんコロナの口実を使って

実質は強制化された、これが2020年であったと私は思います。



それでWHOなり各国の厚労省やら健康省やらの官僚たちが

長年狙っていたのが

「ワクチン強制化」でありましたが


いよいよこの扉が開かれつつある・・・現状でして

ここで「強制化してしまおう」という既得権益の策略が

まさに今暴れだしてるわけです。



それで私が2020年の4月13日に書いた記事があるのだけど

これが分かりやすいと思いますが、


やはり大きくは 民衆の自由を各国の官僚たちが実行部隊となって

クーデターを起こし骨抜きにしようとしてるわけです。




<4月13日の記事より引用>

【ダビストック研究所が「大衆洗脳に利用した世論調査」から
新型コロナのプロパガンダについて考える!】
↓↓
===============
今は緊急事態宣言であっても要請であって強制力はないけど

いずれそこに「実質的な強制力」を働かせるという思考方法を

官僚たちは持ちますので


ここで憲法のことをいい加減知らないと本当に

大衆は奴隷になる。



ちなみに「刑務所の囚人」というのは

外出の自由や、移動の自由に当然制限がかけられます。


それは口実は新型コロナではなく再犯の恐れがあるから

でありますよね?



けど現実としては 今世界中で多くの人にとって

「自宅が刑務所の代わり」になりつつありまして



もちろんその自宅ではネットも見られるし食事もできるのですが

外出の自由や移動の自由も制限されてきてます。



憲法というのは何故あるのか?というと

まさに為政者の官僚たちや上にある300人委員会であったり

イギリスの諜報や王室やまた大銀行家など


とんでもなく力持ってる人間がおりまして

彼らはマスコミでも何でも動かせますが


彼らが「何かしらの口実に民衆のあらゆる権利を制限してしまうことが

できるから」

憲法があるわけですね。


彼らは怪物そのものだ。


今回は「目に見えない新型コロナ」が煽られてそれが

「口実」として使われてるわけですが


そこでどんどんと本来あった憲法で保障されてる

移動の自由、集会の自由、言論の自由、表現の自由

海外渡航の自由などなど・・・


それらが奪われている。


最終的には私有財産権に踏み込んでくるのは誰でも

想像できる。


そこで 例えば私たちの体は私たちのものであり

あなたの体はあなたのもの、ですよね?



けど国家はそれも飛び越えられるわけでして

例えばこんな状況でワクチンが出来上がりましたとなりましたら


「じゃあワクチンを強制接種にしましょう」なんてことも

出来ますよね。


そこに強烈な免疫を下げる効能や不妊の効能が隠れていたとしても

NOといえない社会になるかもしれませんね。


ここで気味悪い形でBCGワクチンやってる民族は

コロナにかかりづらいとか軽信して言い出してる人たちが

増えてきてますが


これこそワクチン強制接種化の前フリだと何故気づかないでしょうか。


このワクチンを強制化するってのは厚労省の官僚たちが

ずーっとやりたがっていたことですが


そこで色々と当時訴訟なども起こっていると記憶してますが

大きくは人類を監視していく全体主義国家化を進めるために

今回の新型コロナ騒動がある、ってことくらい


そろそろ想定しないとまずくなってきております。


ちなみに最近はもう分かりやすくて隠さなくなってきていて

以前のイギリス首相が世界政府などという言葉を平気で言い出して

時事通信も扱いだしましたし


またワクチン推進して人類の人口の削減を以前にTEDで普通に

話していたビル・ゲイツなんかも普通に各国首脳にアクセスしだしてる

ってのがニュースになっている。


この大きな「作られた」流れ・・・

そろそろ考えても良い時期かと思います。




それで私たちが気づかなければいけないのは

大企業系のマスコミもネットニュースもSNSも全て

あなたを騙そうという強烈な意図をその裏に持っている

ということです。


彼らがインフルエンザ死者数や感染者数は例年よりも多いというのを

必死に隠し続けるのはそれが理由だ。


このファクト=事実が大衆の中で常識になるとプロパガンダ効果が

一気に半減してしまうからだ。



日本の年間の肺炎死者数は11万人ほどである。


その中で新型コロナの死者数は3ヶ月で100名前後であるけど

どう見ても


ここで新型コロナの問題を厚労省の官僚たちが

やたら不自然に騒ぐのはおかしい、でしょう?


また厚労省の官僚たちは もう憲法のプライバシー権も何もかも

無視しだしておりまして


例えばラインアットで8400万人に「無断で」

アンケート送信をしましたが


これはまず オプトインといって 送信了承を取っていません。


私たちが例えばマーケティングする際には

メールアドレスやラインアット登録をご自身でしていただいて

そこでようやくメールやラインの送信ができるわけで


だからLPというのがあるわけですが


厚労省はそれをすっ飛ばして

ライン社という民間企業に圧力をかけた上で

ライン社も厚労省に言われれば逆らえませんが


そこで8400万名の個人情報を出させて、

そこで8400万名というのはラインアット配信した人は

分かるように 本名などが出てたりしますが


そこに「了承なしに」勝手にアンケート送信をしました。


これを民間企業がもしやれば犯罪で逮捕です。


が、平気でそれを厚労省がそれをやった。


それで「アンケート結果は人と接触しないことです」


とか言ってますが


これ問題とされないことがおかしいですよね。


「まず8400万名のオプトインを官僚達は取っていないし

なおかつそこで その8400万「リスト」に対して


新型コロナの危ない危ないキャンペーンをするというのは

いかがなものか。


それは憲法のプライバシー権および 

法律部分でもオプトインも取っていなければ

個人情報保護法もあれば


あらゆる問題があるのではないか」


という指摘が出ていないのがおかしい。



どう見ても官僚たちが暴走しております。


そしてその官僚たちの暴走をけん制するためにあるのが

この憲法21条言論表現の自由であります。


だから多くの人が「なんかおかしいな」と感じるのは当然で

それは「官僚たちやその上の世界の官僚組織束ねてるやつらが

日本人みんなを騙しにかかっているから」

でありますよね。



ここで彼らが進めたいのが現状

憲法のあらゆる制約があってできない


集会の制限や外出の制限や移動の制限や

プライバシー権の制限など


あるわけですが


これをどんどん進めていって

全体主義国家化を進めたいのですよ。



実際にヒトラーが当時ワイマール憲法を骨抜き、機能不全するために

全権委任法を成立させましたが


それを最終的には彼ら官僚達は狙っている。


それで憲法に関してはやたら どうでもいいとまで言いませんが

この際には重要ではなくなってる9条ばかり

左のやつらが言ってますが


そうではない。憲法21条、22条の自由権

第29条の財産権などのほうが大事です。


彼ら官僚達は新型コロナ騒動を「口実」として

財産権などへの侵害も狙っているでしょう。泥棒です。


例えば

「新型コロナの対策としてお金が必要です。

国債もこれ以上発行できません。


それなので 国民一人ひとりのご協力が必要です。

そのため国民の財産の40%を課税させていただき

新型コロナの復興のために使わせていただきたいと思います」


とか言われたとして


そしてそういってきたとして

それをテレビ新聞ネットニュースが「総賛成」で


「そうだそうだ、みんなで復興しよう!」となったら


簡単に財産権なんて侵害できてしまうわけですよ。


そんなの中国や北朝鮮の世界だ、と思うかもしれませんが

もう現実 

「外出や集会の自由度は奪われてますよね?」ってことです。


官僚達は民衆たちが憲法に対して無知であることを

最大限利用しているのがわかることでしょう。


それでここで本当の保守的な立場として

憲法だなんだと主張する人間が増えないように

情報統制を彼らは行っておりますし、


なおかつ、そこで「感染者数という絵=イメージ」を

マスコミやネットニュースで演出して作り上げて


それを扇動に使ってるのが分かると思います。


どうもおかしなことになってきました。

===============

以上です!!


それで上に書いた内容がこれ数ヶ月前の話なんだけど

とりあえず日本はまだ陥落していないのですが


ドイツはもう憲法が陥落しまして、

アメリカはなんとかトランプ大統領が踏ん張ってます。


とりあえず春あたりにメルマガに書いたストーリーに沿って

為政者が明らかに動いてるのが分かると思うんですね。


ちなみにまた2月とかあたりに書いていたのが

韓国からでしたが


ここで「大衆にマスクを強要してマスクしてるかどうか相互監視する

社会になっていく」


ってことを書いていたのだけど


その後世界中がそうなっていった。


今回のコロナ騒動の特徴は全世界的に世界官僚同盟みたいのが

昔から国際課税問題ではあるんだけども


それらと大金持ちたちがくっついて世界的に仕掛けてるクーデターですが

ここで「航空会社などでワクチンしないと飛行機に乗れないようにする」

みたいな方向性はいよいよ現実的な形として出てきてましたよね。



それで私が今号で書かないといけないと思ったことがあって

それが


IATA(国際航空運送協会)という団体がありまして


ここが変なワクチン接種してるかどうかを各国で共有するアプリを使って

それで各国の航空会社にワクチン接種の確認強要をさせようという

流れがあるのを

感じたわけですが


しかしそれは問題であり


「それって そもそも各国の憲法に違反してるよね??」


って話なんです。


というのはどの近代国家であってもまた発展途上国家であっても

移動の自由とか身体の自由であるとかその辺は

もう普遍的に憲法で書かれてるわけですが



このIATAが勝手に各国航空会社に使わせようとしてるアプリは

各国で設定されてる民衆のプライバシー権はもとより


さらに移動の自由権を侵害するものとなってるわけです。


憲法において問題ありすぎです。


確かに北朝鮮の航空会社であったり、中国の航空会社が

それをやるのであれば、


それは政体からして近代デモクラシーではないのですから

それでよいのですが


一方近代デモクラシーの国民までもが

「実質」ワクチンを強要される仕組みというのは大変問題がありますよね。


ちなみにもう上で書いてますが

為政者たちがどうこの辺をクリアしていこうと考えてるか?というと


そうそこで使うのは日本人で散々実験済みの


「同調圧力」です。



彼らはこれを使う予定です。


ちなみに「同調圧力」を作るのはマスコミなんだけど、

例えば2月3月あたりに 世間というかマスコミが

「みんな一斉にコロナコロナ」と言いましたが


ここで「コロナが危ないものだと振舞わないといけない空気」

はマスコミによって形成されてましたよね?


けど私はそこで 「いやこれは普通感冒ですね」っていうことを

書いていたけど


そこで「空気」が発生してると多くの人はそこで声をあげられなくなり

周りに同調しないといけなくなるわけです。


この「同調圧力を使ってでの実質ワクチン強要化の実験」


として政治学の視点で見ればマスク問題があると言えます。


ここで彼ら為政者は明らかにマスク政治でテストしてると思うんですが

ある程度データが採れたので、そこで

いよいよ 身体の自由にも関わるワクチンに手を付け出したと。



ちなみにマスクとワクチンは大変 政治問題では似ておりまして

両者とも政治構造上は「あくまで任意」が原則であり

「(本来は)強制化はできない」わけですね。


なぜなら 憲法で規定されてる

(為政者をけん制する)思想信条の自由をはじめとした

自由権も当然関係してきますから。


ちなみにですが世界で最もスムーズにマスクを強制化できた国

があり、


それはどこでしょう???


そう、北朝鮮ですね。


北朝鮮はもう7月の時点で

屋外でのマスク未着用者に3か月の強制労働を命じることに

成功してまして


マスクは強制化できてるんですね。


それで今は日本の航空会社でも北朝鮮を目指して

マスク義務化を頑張ってる状況ですが


実は日本が自由主義がない近代デモクラシー国家ではなく

北朝鮮のような将軍様と官僚支配の独裁国家であれば

これはできる、んです。


だからよくネット工作員で「マスク義務化に反対してるのは

困った人だ」みたいなことを言ってる人や


あとはテレビキャスターが「マスク義務化にすべきだ」とか

主張してるんだけど



そう、それは北朝鮮がしっかり7月の段階で

「マスク着用してないと強制労働」としてるわけで


すなわち日本のマスコミ、テレビキャスター、ネット工作員たちの

マスク義務化を求める主張は

「北朝鮮と同じ」なんです。


これをどう考えるかでありまして、あくまでも日本は

近代国家であるからそこで憲法を重視してマスクは強制ではなく

一応建前であっても任意なんです。


がここで問題がありそこで「空気」「同調圧力」を作ると

憲法を壊すことが出来るんです。


だからよく 空気読めないって言う言葉があるんですが

あれはまさに 同調圧力にもつながる問題だけど


ここで空気というのは政治の視点で言えば

「憲法を破壊するためにマスコミが操作するためのもの」

となります。


これは「空気の研究」という山本七平の著作があるけど

なんとどうもこの 「空気の研究」が日本を実験台として

世界中で裏で使われてる感じがありますよね。


それでこの

「空気、同調圧力を使ってでの

マスクだけではなくワクチンの実質強制化」


ってのが為政者のスキームであるってのがもう

上のような流れで表に出てきてるから


私は改めて書いてるんだけど


これからだから「マスコミ報道を使った空気や同調圧力を使ってでの

マスク着用義務化、ワクチン実質強制化」


を彼らは仕掛けようとしてるってことですね。


日本だけではなく全世界的に。


ちなみに、蛇足ですが私は各国回ってマスク行政を見ていて

分かったんだけど


マスクをしてるとアジア人の私も白人の彼らも

あまり見た目に差異がなくなるのです。


「より平等」な顔つきになるわけで

そうマスクをすると顔という個性がなくなりまして

「みんな似たような顔」になりますよね。


ちなみに私はこういう光景をマレーシアに移民にきた

中東からの厳格なイスラム教の女性に見出しますが


あのかたらも毎日姿を真っ黒な服で包んで

顔が見えないようになってるんだけど


実はそれに近づいてるのがマスク着用義務化ですよね。


「みんな同じような顔になる」ってのが面白いところで

まさに共産主義、全体主義の人は「みんな同じ」ことを求めるけど


ちゃんとマスクで顔が隠されて「みんな同じ」に近づくわけです。


すなわちその後ろには政治イデオロギーがあるんだけども。


北朝鮮では金髪や茶髪は当然許されず、

髪型も同じであることが求められるけど


マスク着用義務化ってのはそういったイデオロギーが潜むわけですね。


それでマスクとワクチンは大変似てまして

マスク着用義務化は当然多くの国の憲法に反するんだけど

だからそこで空気や同調圧力でそれを強要しよう、っていうのが

各国のスキームとして見られるんだけど


ワクチンも全くおなじで やはり身体の自由権ってのがありますから

憲法に反するんだけど

同じように「空気と同調圧力」でそれを強要しよう


っていうスキームが見えるわけです。


だからこれから各国で全く同じ指令が上からされて

「ワクチン受けていないやつは非国民でそいつらのせいで

感染者が増えたんだとプロパガンダしろ、とマスコミに命令」

が行くはずです。


またマスコミだけではなくネット上で多数を装うために

そういう書き込みばかりする工作員も活動するでしょう。


それで官僚たちは白々しく「世論がマスク義務化を求めてるので~

世論がワクチン義務化を求めてるので~」


といってここで なるべくワクチンを強要したがるだろう

ってのはもう今見えてる2021年の動きですね。


だから私たちは事前にそれを知って用心することが大事です。


彼らがこれから使う予定なのはプロパガンダでして

そして空気と同調圧力です。


逆にそこが多くの民衆に見破られると彼らは

憲法議論に持ち込まれるので不利になる可能性があります。



それで私は海外から日本を見ていて

実はすごいな、とも思いまして


というのは、

今欧米の国々がどんどん憲法を崩壊させられており


それこそ WHOとか厚労省や健康省の優生学の系譜を引き継ぐ

官僚たちが尊敬するナチスの手法で

西欧州ではどんどん憲法を越える法制化を許してしまってる。


そして陥落してるんです。


だからここで憲法を意地でも守って


マスクの空気による反強制化は

許してるものの


多くの欧州国のように強制化まで進ませてないで

あくまでも憲法に沿って運営されてる日本はすごいな、とは

思います。


ロックダウンもないですよね、要請ですから。


やはり腐っても日本はGDP世界第3位であり

近代デモクラシーではアメリカに次ぐ経済大国なだけあります。


だからそんな日本で「まさか」ないと私は思ってますが


日本の航空会社がIATA(国際航空運送協会)の言うような

ワクチン接種してない人を搭乗拒否などという

「日本国憲法に挑戦」

するようなことはまさかしないだろうと。


というのは、日本の航空会社は

素晴らしい会社であるでしょうが


ここでもし  ワクチン接種を実質

搭乗の際に義務付けるとなりますと


これやはり日本国憲法に挑戦する行為ですから

憲法訴訟になる可能性は高いですよね。


ちなみにこの「任意か強制か」というのは職務質問の警職法では

おなじみの議論なんですが


ここで任意なのにも関わらず、何時間も市民が拘束された場合

それは運用に問題があると裁判所に判断されますが


任意であるはずなのにそこで実質強制である

という状態になるとやはりそれは憲法上問題になります。




それで憲法を越えられない法律ではワクチンは強制できないわけですが

そこで航空会社がそれを強要するとなったら・・・


それはもう立派な強要罪となると言う主張も成り立つでしょうが

そしてさらにコロナの口実ってのはマスコミが勝手にやってますが


実際の死者数は例年のインフルエンザ以下であるってのは

裁判では 当然考慮される内容ですが


それを考えたら 日本の航空会社が

「まさか」IATAの案に乗ることはないだろう

と私は考えていたわけです。


だってそれをやったらワクチンの危険性を考えてる人で
ワクチン打ってないことで搭乗拒否をされた場合、


そこで一気に航空会社は

憲法に違反する行為をしたという話になるわけで


さらに 法律にもない項目を航空会社が

実質強要したとなると、民衆は訴えることができますから。



しかも、日本の航空会社は純粋な民間企業と言えない会社も多いですが

すなわち政府のマネーがやたら入っておりますが


ここで民間企業の体をして実際は行政が上で指導して

ワクチンやらマスクを強制化となるとやはり

行政の権力をけん制してる憲法においては

問題になるわけですね。




よく官僚たちは訴訟を逃れるために

一度マネーを民間企業に流して実質民間が勝手に規制をやってるという

体を作りますが


もしその会社の実態が半分行政であったら行政責任にも

当然及ぶ可能性は司法ではあるわけです。


また場合によっては

「どの航空会社でもワクチン義務化」なんてのも考えられますが


そうなると「日本の航空・検疫の行政は憲法に違反してないのか」

という話にもなってくる。


となるとそんな憲法違反みたいなことを

素晴らしい日本の航空会社はまさかしないだろう、


と私はせめて期待したいところですが


しかしそれをされた場合は民衆は訴訟を展開することは

可能になるだろうってことですよね。


それでこれが大事なことで、

IATAが勝手に、搭乗において変なワクチンを実質強制するような

ルールを各国の航空会社に作らせようとしてるわけですが


これは航空会社と言えども無国籍ではありませんので

ちゃんとそこはその航空会社が所属する国での裁判沙汰になり、


最終的には各国の憲法判断になってくるんだろう

ってことは私が見ていた点です。


だから強要したい官僚側としては、

行政をがんじがらめにしてる近代国家の憲法が

めちゃくちゃ邪魔なんだけども


だからそれを崩すために

「為政者はマスコミを使って 意図的に空気を作って

同調圧力で憲法を越える法制化を進めたい」


ってことなわけですね。


それでここで重要なのが


そもそもマスコミの機能ってのは

すなわち「同調圧力・空気を作る」ことに

特化してるわけです。


これだけがマスコミの機能と言えるかもしれない。



しかし逆の見かたをするとどういうことでしょう??


「なんで同調圧力が必要なのか」です。


そう、すなわち多くの民衆に「気づかれたら」ですね、

やはり為政者であっても

うまくいかないのです。


一応多くの国は民主主義国家ですから。

だから言論表現の自由が一切、憲法21条で保障されるんですね。


だから私たち自身が支配されないために

「自分で誰も妄信せず 自ら考える」ことが

すごい近代デモクラシーでは大事なんですね。


それでその

「自分で誰も妄信せず 自ら考える」

人の比率が高い社会では自由は何とか守られるだろうし

ここを全く考えない人、権威に従順で従うだけの人が多い社会では


どんどん決まりが増えて、規則が増えて、

そしてさらには色々な効果が疑問な何が入ってるか分からない

注射も強要される社会となるわけです。



そういう意味でますます

「自分で考える」ことが大変大事になってます。



あと、これから2021年にかけて今の流れで想定できることとしては


ワクチンの義務化についてやたら

肯定的な言論人をメディアは登場させるだろう

ってことですよね。


そしてこれから、


ワクチン接種してない場合は

航空会社が搭乗拒否できることを肯定する 

憲法無視の言論がやたら出てくるのが2021年であるでしょうが


そこで知っておいてほしいのが

「なぜ 努力義務という言い方なのか」

です。


これも大人の世界の話なので知っておく必要がありますが

まあご存知のようにワクチン行政の歴史は悲惨なもので


それこそ子宮頸がんワクチン訴訟で多くの若い女性が

足がまともに動かなくなったり、しゃべれなくなったり

ひどい状況になったものですが


その子宮頸がんワクチン訴訟も日本では続いておりますし

世界中でワクチンと自閉症やADHD などの裁判が起こってますよね。



それで日本の場合だとまず

「全てのワクチンは任意であり強制ではない」

わけです。


これは過去多くの裁判が起こされた結果そうなってるんだけど

ここで重要な事実があり


「義務・強制ではないのに義務を装って日本では定期予防接種という
名前でワクチン接種が行われてる」

事実はありますよね。


ちなみにこれが 日本のナチスと私は見てますが

厚労省官僚たちのなかなか”頭の良い”やり方ですが


「定期予防接種」以外に「任意接種」ってのがありますが

ここで任意接種ってあるからじゃあ定期予防接種は

義務のように「錯覚」してしまいますが


そうそれを狙ってる名称なんです。


そう実のところ定期予防接種ってのはこれも任意であるんだけど

あくまで努力義務=強制ではない、わけですね。


ここで役人たちは「義務です、と言いたいけど」

そうなると一気に訴訟になるのが分かってるから

強制にすると憲法違反になると分かってるから


「努力」義務なのです、という言い方をしてるんです。




だからもし学校や病院や幼稚園、これらが

そのワクチン接種を強要してきた場合、


それが行き過ぎてれば、また体力と資金力があれば

そこで戦う余地は出てくるはずなんです。


それで実は日本では予防接種法ってのがあり


「第8条 市町村長又は都道府県知事は、
第5条第1項の規定による予防接種であって

A類疾病に係るもの又は第6条第1項若しくは第3項の規定による
予防接種の対象者に対し、

定期の予防接種であってA類疾病に係るもの
又は臨時の予防接種を受けることを

勧奨するものとする。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ってのがあるんです。

これは以前に予防接種を 左派の共産主義ゴリゴリ官僚たちが

ワクチンを強制して大変な事態となったから

そこでそれらの法廷闘争をうけて


1994年に予防接種法の改正が行われて

そこで予防接種の強制ではなくなったわけです。


だから実は今 予防接種で「選択できる」ってのは

当たり前ではなく過去民衆の犠牲があったからに他ならない。


それでここで厚労省官僚たちの表記義務が本来あるのですが

ここでちゃんと国家官僚たちは憲法に沿って

「全てのワクチンは任意であること」をちゃんと

表記しないといけないのですが


ここでやはりWHOの日本支店とも揶揄される

旧内務省の厚労省官僚たちは

これを「強制接種」に戻したいわけですね。


彼らの思想は

「憲法なんて邪魔だ!!愚民にワクチン強制してしまえ!

そしてその口実は公衆衛生だ!」です。


この公衆衛生議論は大変面白くて

やたら獲得免疫を賞賛するけど


実際多くの感染症が減った国々の栄養や免疫が改善されたこと

自然免疫が強化されたこと、

は無視する議論でありまして

背後にやはり優勢思想があるんですけども。


それでやはり厚労省官僚たちはこれ

「強制接種時代に戻したい」わけでして


それがあって任意表記をあえて削ってるという

政治はあるわけです。


あと義務、強制ではないのだけど言葉遊びで

それが強制かのように勘違いさせるために

努力義務、とかいう言葉を言ってるわけです。


が、これはどちらかというと民衆に「勧奨」する役所の職員たちに

勘違いさせるという目的もあるでしょうが


が、そこでもし民衆がそこで強要されたら、
それはまあ裁判沙汰になることもありえるわけです。


だからマスコミは官僚の広報機関ですが

基本的に「民衆を騙そう」という意図で動いてる。



だからまあ日本でもアメリカと同じように

“Swamp”ヘドロ の官僚機構ってのが存在するわけで


彼らはアメリカのヘドロと同じくこれから

ワクチン強制接種を狙ってるわけですね。


それでこれは日本だけではなく各国官僚たちが使うのは

「マスコミを利用した同調圧力と空気」です。


それでここで大変大事なのが


「選択の自由」があることでありまして


というのはワクチンってのはもう世界中で議論を呼ぶ話題となってまして

それはコロナ前からそうなんだけど


特に今回のコロナワクチンは全く治験も出来ておらず

また数年とか5年10年した後の副作用も不明ですよね。


遺伝子組み換えのmRNAワクチンなんてこれ大丈夫なのか

と世界中の人が心配してますが


ここで何か後遺症、副作用が出ても

裁判になれば日本の行政や製薬会社はそれを 

副反応と言い換えたりするんだけど

(すなわち副反応って言葉をやたら使うメディアは
行政や製薬会社側に立ってると
疑ったほうが良い。)


そこで「因果関係は証明できてません」と

多くの裁判で見られるように製薬会社とグルになって

役人たちが言い張ることは大いに考えられます。


この「因果関係の証明」って実際は相当ハードルが高いので。

(特に5年、10年後の後遺症や副作用などは。
例えば慢性頭痛になりそれが悪化した、なんてのは

因果関係証明が極めて難しい、って
勉強エリートの官僚たちは悪いから知ってる)


だから何か問題が出ても なるたけ彼ら行政官僚や製薬会社に

責任が行かないように構造は作られてるものですね。

司法も腐敗しております。


そこで泣き寝入りしてきたのはいつも弱い民衆であった。


だからそんな状況だから余計に

「選択の自由」が大変大事でして


この選択の自由があるかどうかってのが

日本と北朝鮮を分ける最大の部分ですね。



それで今年2020年からどんどん

「強制の時代」となってきてるわけですが


これからワクチンやらマスクやら世界中で民衆が

実質的に空気などで強制される時代になっていきそうなので

(マスクは既にそうなってきてる。)



これから私たちは「任意と強制どっちか」みたいな話と

その後ろで なぜ任意(や要請)となってるか?


それは憲法が後ろにあるからなんですが

そのあたりもしっかり考えていくことが

大変大事になると思います。


このあたりの思考が遅れると、
ドイツみたいになっちゃいますので。

それでこれから日本でもあらゆることを

強制化するために


「同調圧力、空気」が使われていくと思いますが

逆にそこに為政者は気づかれたらプロパガンダをうまく使えないので

この「同調圧力と空気による扇動」


これに多くの人が早急に気づくのが大事となってますね。


それでは!!



ゆう










★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXの裁量×自動売買をあわせて


投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


”THE THIRD”。

「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

重要な教訓に基づいて

裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

未来の保証はできませんし100%はないものの、

ただ現状、

4年7ヶ月⇒4年8ヶ月で
負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください