無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【続・副島先生の最新書き込みから 「バイデンがヤバイデンになってるっぽい」 ことについて考える!】

2020 11月 29 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【続・副島先生の最新書き込みから
「バイデンがヤバイデンになってるっぽい」
ことについて考える!】
⇒編集後記で


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXの裁量×自動売買をあわせて


投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


”THE THIRD”ですが

新特典も含めた特典ページが出来上がりました!】


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/

(「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

重要な教訓に基づいて

裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

未来の保証はできませんし100%はないものの、

ただ現状、

4年7ヶ月で負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/
(アクセス過多でサーバーが少し重くなっておりますが、
つながらない場合は時間を置いて試してみてください)




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【音楽♪】

ここ最近、世界中の人々が

「政治的に仕掛けられたコロナの茶番劇」に
気づきだしてます。

そして多くの人がこの大してインフルエンザと比べて
死んでいないコロナの茶番劇に飽き飽きしてます。

そんな中 日本のバンドから出てきた 
「コロナ茶番劇」を歌ってる新曲がこちらです♪

トランプの大統領選でも使われていた
クイーンのあの名曲に合わせて

日本のバンドが「表現の自由」を通して歌います。

その名は


【コロナラプソディ feat.大橋眞 (徳島大学名誉教授)
/ HEAVENESE(ヘヴニーズ)】

⇒  https://youtu.be/kRNzgCPDUlM

(メルマガでこの前紹介していた免疫生物学の大橋名誉教授も登場。
ちなみにいつか検閲で消されるかもしれません)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




どうもゆうです!


いつもご覧いただきましてありがとうございます!!!



さてさて、前号で上の日本の素晴らしいバンドの

コロナラプソディを流しましたが

はまりますよね~


一見パロディですが実は極めて重要なメッセージを伝えており

これが言論・表現の自由で音楽であるなんて思います。


ちなみに私は結構色々な国に住んだりしてるわけですが

やはり「表現の自由」が守られてる国の音楽が面白い心に来る音楽が

多いな、とも感じてます。


音楽はその国の自由度を理解するために重要な指標ですが

まだ上のような表現が出てくるから

これからも民衆は為政者たちと戦える、と私は思います。


さて、それでこの前ですが

【副島先生の最新言論
「トランプの勝ちだ。 副島隆彦が、勝利宣言を出します。」を読む!】

を流しました~

■バックナンバー
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2732#2732


それで今日はその続きみたいな感じですけど

そこで新しい書き込みで「ジョージソロスに関するあの情報」も

副島先生が書かれてますが


既にそれを反映するかのように今日あたりに

「バイデン陣営をBLMが批判」みたいな情報がアメリカで出てきてますよね。


なんでも民主党と懇意であったのが

BLMでしたが、そのBLMの創設メンバーが

「バイデンが自分達を利用してる」なんて言い出してる。


デイリーワイアーが伝えてますよね。
https://www.dailywire.com/news……the-police


それでこういう動きなんかも最近の傾向として出てきてるけど

どうもソロスの資金が入ってこなくなってるから

こういうバイデンとBLMが少し仲たがいしてる、みたいな状況になってる

と疑われますけど


この前はバイデンがマコーネル議員を通してトランプ陣営に
裏側で恩赦求めた?という情報も上がってますが

これら情報は真偽のほどは不明なのであなたにご判断いただきたい
という姿勢で書いてはおりますが

ただどうも「バイデンがヤバイデン」になってる可能性はあるわけです。


それでこうやってちょっとづつですけど

3日前あたりにパウエル弁護士が「クラーケンを解放する」とやってから

流れが変わってきてますね~


それで今日は引き続き副島先生の新しい書き込みが

ありますので、見てみましょう!


編集後記で!


■■■■■■■■■■■■■■■■

【トレードをすることが目的ではない!?】


■■■■■■■■■■■■■■■■



さて、そんな国際情勢だからこそ

「負けないこと」を重視してるのが


まさに今回の ザ・サードですが

今日は引き続き事務局の市原さんよりあなたにメッセージです!



==================
【トレードをすることが目的ではない!?】




【THE-THIRD】トレードをすることが目的ではありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ゆうさんの読者様★限定特典★】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゆうさんのメルマガ読者様の皆様、

お世話になります、
システム運営事務局の市原です。


毎日メールや電話でのお問い合わせを頂き、
ありがとうございます。

既に参加されている方から、
熱い意気込みや今後の抱負も頂き、
私たちも改めて気を引き締めております。


特に、

過去に失敗したことがある方々から
——————————————–

「低リスクでコツコツやります」

「とにかく減らさないことを目的とします」

「テレグラムの情報を参考にさせて頂きます」


という様なご連絡を多数いただいております。


他のEAと呼ばれる自動売買を
過去に使ったことがある方は
お分かりかと思いますが、

THE-THIRDシステムは、
他のどのシステムよりも運用日数は
極めて少ないと思います。


ほとんど運用しない月も時には相場状況によっては
存在します。

現在の会員様からも、時に

「もっと運用したいんですが…」
「今週こそはシステム稼働できますか?」

といった声をいただきます。


確かに、

システムを手にされたばかりの方は、

「早く運用したい・・・」
「早く利益を出したい」

というお気持ちはよく分かります、


ですが、、、

私たちはシステムを稼働させること、
トレードをすることが目的ではありません。


いかに1%でも利益を残すことができるか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いかに負けないトレードをすることができるか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を目的としており、
これまで4年7ヶ月以上の間、
このようにコツコツとした
長期の資産運用を実現することが出来ています。





▼ちなみに4日間で1%程の利益でした
http://the-third.net/yuu/1125.png


▼10月は50万円近くの収益を上げることができました

http://the-third.net/yuu/1109.png

▼いつもながらありがたい事だと感謝

http://the-third.net/yuu/1109-1.png

▼より安全を心がけて運用しようと思います

http://the-third.net/yuu/1109-2.png

▼先月は9.71%の利益となりました。

http://the-third.net/yuu/1109-3.png

▼望外の結果に感謝の念にたえません。

http://the-third.net/yuu/1109-4.png

▼家族にご馳走できるようになってきました

http://the-third.net/yuu/1011-3.png

▼合計利益50万超え third凄すぎます笑笑

http://the-third.net/yuu/1011-2.png

▼9月月報は利益+92,698円でした。

http://the-third.net/yuu/1011-0.png

▼不運な損切りがありましたが無事利益確保

http://the-third.net/yuu/1011-1.png

▼お蔭様で30万円が120万までなりました。

http://the-third.net/yuu/1006-0.png

▼毎月10%以上の利益が出ております。

http://the-third.net/yuu/1006-1.png

▼約29万の利益となり9月を終え大満足

http://the-third.net/yuu/1006-2.png

▼昨年より確実に資産が増えたことを実感しております。

http://the-third.net/yuu/1006-3.png

▼EA飛んでるのが多い中しっかり利確

http://the-third.net/yuu/line18.png

▼唯一残り、驚きの実績でした。

http://the-third.net/yuu/line19.png

▼月利276,159円でした

http://the-third.net/yuu/line17.png

▼今年1年で30万くらいの利益が有りました

http://the-third.net/yuu/line7.png

▼稼働停止のタイミングで出金申請します

http://the-third.net/yuu/line8.png

▼結果プラスで終えて最高です。

http://the-third.net/yuu/line11.png

▼10か月が過ぎましたが毎月利益出ています

http://the-third.net/yuu/line14.png

▼オンオフ判断にも慣れて利益になっています

http://the-third.net/yuu/line3.png

▼利益率95.65%になります。

http://the-third.net/yuu/line5.png

▼約5ヶ月で110万ほど出ました。

http://the-third.net/yuu/line6.png

▼約1ヶ月で20%の利幅が取れております。

http://the-third.net/yuu/919-1.png

▼こんな優秀なEAは初めてです。

http://the-third.net/yuu/919-2.png




今回ご参加された方、
これから参加をされようと思っている方、
改めて認識を頂きたいと思っております。


今年のコロナの荒れ相場で
資金がショートしている自動売買は多いと耳にしますが、

弊社の『THE-THIRD』はリスクを回避して、
運用をするという戦略を継続してます。


相場のリスクがあがると判断できる場所では
稼動させないこともありますが

目先の利益に捉われないで、
焦らず長期目線の運用を心掛けていきましょう。


引き続きよろしくお願い致します。


システム運営事務局
市原



===============

(以下 以前の市原さんのメッセージ)



【間もなく追加特典の受付終了】
長期的にプラスのループを作り出していきましょう!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【ゆうさんの読者様限定特典】

⇒  https://the-third.net/tokuten_new

※もう間もなく追加特典が終了となります。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



ゆうさんのメルマガ読者の皆様、

いつもお世話になっております、
システム運営事務局の市原です。


今回を機にTHE–THIRDシステムを手にしていただき、
“負けない運用”を心がけながら、
着実な利益を手にしている方も
続々と増えてきました。


日々、たくさんの会員様から、
嬉しい報告もいただき、
弊社としてもとても感謝しております。


今後とも多くの方に結果を出していただけるよう
徹底的にサポートさせていただきますので

何か悩みや質問がございましたら
いつでもお気軽にご連絡ください。



さて、前回のメールにて、

「1%の積み重ねが大きな資産へと繋ぐ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということについてお話しさせていただきました。


⇒  http://the-third.net/yuu/1125.png


1%という数字は
一見小さく思えるかもしれませんが
コツコツと積み上げていくことで
時間をかけて何倍にも何十倍にもなっていきます。

瞬間瞬間の利益を切り取って見るのではなく、
1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後と
一定のスパンにおいて
安定志向で考えていくことが大切なのです。


安定志向と聞くと
すぐに結果を求めたい一部の方にとっては
あまり魅力を感じないのかもしれませんが、

その考え方では
いつの間にか投資ではなく、
投機・ギャンブルになってしまいます。


そして、そうなってしまうと
もちろん金銭的に辛くなっていきますし、
精神的にも辛くなっていってしまうのです。

不安定な投資はメンタルを揺らがせます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


一喜一憂することで
感情の起伏は激しくなりますし、

常に相場状況・トレード状況が
気になってしまうはずです。

この状態では
冷静に論理的にトレードするのは難しいですよね。


もちろん、結果も出なくなり
どんどん悪循環に陥ってしまっては、
本末転倒です。


その点、安定志向の堅実な投資であれば
精神的にも安定して行っていくことができます。

たしかに、瞬間の利益を見ると
小さく思えるかもしれませんが
それを積み上げていくことで大きくなっていくため
気持ちの”落差”を最小限に抑えることができます。


特に、THE−THIRDシステムは
長期目線で『負けない運用』に力を入れ、
徹底的にリスクを抑えているため

他の投資やトレード方法と比べても
精神的な負担はとても小さいはずです。


安心して運用しているからこそ
常に冷静に判断することができますし、
冷静に投資できているからこそ結果が出てくるのです。

そして、その結果は更なる安心に繋がり、
プラスのループが生まれていくのです。


「結果」や「実績」も
もちろん大切ですが、

どういった環境で
どのような方法で「結果」を出していくのか
といった部分もとても重要です。


自分の資産を用いて
投資を行っていくわけですから
多少のリスクもありますし、
少なからずプレッシャーも感じると思います。


だからこそ、
これらを最小限に抑えることで

利益を生み出しやすいプラスのループを
————————————-
意識的に作っていくことが大切なのです。
————————————–


『負けない運用を徹底する』ことで
“安心して安定した投資“ができることの価値を
ぜひ改めて感じていただき、
THE–THIRDシステムで実現していただければと思います。


ゆうさんの読者様限定でお届けしている、
豪華特典の4に関しまして、
物理的なサポートの事情にて、

もう間もなく受付を終了させて頂く形となります。


受付終了後はこちらの特典は削除されますので、
今の内に手にしていただけたらと思います。


☆★☆追加特典間もなく受付終了☆★☆

⇒  https://the-third.net/tokuten_new



何か質問がございましたら
こちらにお問い合わせください。


▼問い合わせメールはこちら

info@the-third.net
==========


それでは、引き続きよろしくお願い致します。


本日もありがとうございました。



システム運営事務局
市原




===============









===========編集後記============

さてさて、今日は件名で「バイデンはヤバイデン」になってるのではないか

みたいなことを書いてるわけですが


いや~ネットってやはりすごいですよね。

このバイデンはヤバイデンっていう言葉は最近よく使われてるけど


うまい表現をする人がいるものだ、なんて私は勝手に感心してました。


それで上に扱ってますがどうも暴れ者のBLM内部でも

バイデンに対しての不信感が高まってる可能性が出てきてますが

(上のデイリーワイアーの記事見る限り本当っぽいなと)


こういう記事が出てくるってことはやはり

BLM側への資金提供がストップしてるのではないかってのは

真っ先に思うところですが


おそらく 「ソロスのあの噂」が影響してるだろうと。


ちなみに、政治の話ってのをこうやって発信すると

「個人を装って嫌がらせしてくるやつ」って必ずいるんだけど


政治系のユーチューバーさんなんかもお気づきだと思うけど

工作員ってのはああいうコメント書き込みの仕事とかしてるんで

そういう嫌がらせって結構日本でもあるわけですね。


ちなみに政治系ユーチューバーや一般ユーチューバーでも
思想分析ってのが行われているはずで、

そこで左派リベラルではない、保守的な思想、発言をしてる
発信者に対して嫌がらせをするってのが

スキームとしてあるのは私が長いこと分析していて
気づいてることですね。


私は諜報がやってる分野の思想分析が一応できるんで
そういう分析が比較的得意かもしれません。


ちなみに実は日本だけじゃなくて私は3ヶ国語話せるから
色々見てるんだけど

日本だけじゃなくて韓国にもそういう人がいるし、
マレーシアにもいるんです。

どの国にも同じような論調で工作してる人がいるっていうのを
私は昔気づいたものですが

だから司令塔はひとつなんですね。
司令塔からマネーが各国に流れて分岐して流れていくってのが
世論扇動のスキームとしてあるんでしょう。

(ちなみに日本の工作活動の分析ですと、
日本の場合はそういうマネーが流れていくと

そこに官僚と大企業が絡んでいきまして
実際は大企業の孫会社がそれらの汚れ仕事をしてるはずです。

行政官僚自体がそれをやると憲法21条において問題が発生するため

マネーを民間に流して孫会社にさせて民間の体で工作活動をする
というスキームであるでしょう)


が、最近それらが 何故か弱くなってるのを感じてる

情報発信者は多いと思いますが


やはり大元のソロスのマネーがおそらくですが
問題が生じてるってのは

私が見ているところですね。


どうも民主党内部での亀裂がこの数日、見えてきてる感じはあります。

あと、CNNが身売りするのではないか、って話も出てきますが


これは木村太郎さんがちゃんと伝えてますね。



■トランプ退陣で“目玉商品”を失ったCNNが売却?
アマゾンの傘下に入るか…ニュース専門局は軒並み減収予測
https://www.fnn.jp/articles/-/111127


一応トランプ退陣で、っていうことで木村さんは大人の世界の理屈で
一応書いてますが

本音ではそう思ってないでしょうが


やはりこれまでの ひどい報道姿勢、エスタブ側につきすぎた報道姿勢が

視聴者に見放されてるってのが大きいと思います。


CNNの親会社は現在

1500億ドルの負債解消のため売却を迫られている

っていうことですが


やはり表現や言論の自由を封殺してつぶそうとする

プロパガンダ報道ってのは短期的には洗脳効果があるだろうけど


長期になるとみんな気づいてくるので

収益出すのは難しくなるのだろうと私は思います。



以前にトランプ大統領がCNNはつぶれるってよくツイートしていたけど

現実、そうなってきました。



さて、それでそんな中、哲学者、思想家、政治学研究者

どういう表現で紹介すればよいのか分かりませんが


私も政治哲学や金融など幅広く学ばせていただいてる

副島先生がこの前の「トランプ勝利認証」の話に続いて

引き続き書き込みされてますので


見てみましょう!!


ここにソロスのことも書いてありますが

大変注目の内容が書かれてますね~



http://www.snsi.jp/bbs/page/1/


===============
【負けたバイデンたちが、命乞いを始めた。】

副島隆彦です。 今日は、2020年11月29日(日)です。


 アメリカで、この11月4日(大統領選挙の翌日の午前4時、現地)
から起きていた“トランプ政権転覆(てんぷく)クーデター”は、

ついにトランプの勝利、バイデンの大敗北、
さらには、バイデンの、逮捕、国家反逆罪での起訴、
にまで至りそうになってきた。


 私、副島隆彦は、日本で誰よりも早くと言ったら、
また、イヤがられるが、27日に、ここの重たい掲示板に意を決して、

「トランプの勝ちだ。副島隆彦が勝利宣言を出す」

を書いておいてよかった。


 11月25日(現地)の、
ペンシルベニア州の州都フィラデルフィアで開かれた、

州議会の公聴会で、不正選挙の実情が暴かれた。
それをネットを見ていた、アメリカ国民の優れた人々と
知識層の間に、真実が伝わり、


この時、一瞬のうちに、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アメリカ国民の全体の、気風が変わった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 さーっとそれが、まるで強力なウイルスの感染症のように
広がって行く。
この、一変する集団感情、雰囲気を、見極めることが、
思想研究、歴史研究の醍醐味(だいごみ)である。

このとき、アメリカ国民が一斉に、独立革命に参加したのだ。
私は、日本時間で26日の真夜中に、そのことを察知した。

 この一瞬の、その国の国民の気風、ニューマ(空気)が、
どこで変化したのかを、真剣に探り当てるのが、
本物の知識人、思想家の仕事だ。

そのための頭脳を持っている者が、本当の思想家だ。

幸い副島隆彦には、その才能があった。
だから、25日のアメリカ国民の気風の大変化に
気づくことが出来た。

 だから、このあと、事態は、一気にどんどんトランプ勝利で、
変わってきている。

遂には、反トランプの牙城(がじょう)である 
CNNの 中から、「トランプ再選が決まりそうだ」と
書く記者が出てきた。それは画面にも映って放映もされたらしい。

 さらには、バイデン親子が、恩赦(パードン pardon )を求めて
長年の同僚議員であり、

共和党上院議員の
ミッチー・マコーネル(院内総務、マジョリティ・リーダー)に
懇願してきた。

「もう逃げられない。私たちの悪事は露見した。助けて欲しい」と。

以下↓の匿名会員ともうひとり
(本当は、古ーい弟子です。なあ、かたせ君)の投稿文にもあった。

 ネオコンや、ムーニーで、
悪魔教の秘密結社(シークレット・ソサエティ)に入っている犯罪者である、
政府機関の大物の研究員や、学者たちまでが、

アメリカ国外に逃亡を開始したようだ。

 今、ヒラリー=バイデン派の悪人どもの、下っ端の連中が、
雪崩(なだれ)を打って、
「自分は刑務所に行きたくないよー」で、

どんどん自ら出頭して、自白を始めている。
彼らは、司法取引(プリー・バーゲニング)をして
自分だけは軽い罪で済むようにする。

だから、もう何でも、ゲロゲロ白状する。


 GAFA+MS の ビッグ・テック big tech の大物経営者たちも、
自分のクビの辺りが冷たくなってきて、泣き出している。

ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ、
ジェフ・ベゾス、お前たちも覚悟せよ。

国家反逆罪(rebellion リベリオン )で
起訴(本当は、この場合は、重大政治事件だから、訴追 そつい、
impeach インピーチと言う)されて、

証拠で犯罪加担が証明されて有罪となると、
終身刑(無期懲役)か、極刑、死刑だ。知ってたか?


 アメリカで起きた、今度の、巨大な規模での選挙犯罪を契機に、
大(だい)悪事は、すべて暴かれなくてはいけない。

関係者は、すべて逮捕されて
裁判にかけられなければいけない。

 そして、ドミニオンと同じような、不正選挙用の違法の 
票の移し替えとかをする コンピュータ・ソフトは、

日本でも、アリストス・システム、ムサシ(岸信介の系統)、
富士ソフト、それから、あの偽札見破り機や 
お札の勘定機で世界に名高い、何だっけあの会社。

そうだグローリー社だ。

これらは、自民党 によって選挙のときに選挙犯罪の実行として、
実際に使われてきた。選挙結果を操作した。

当選者と落選者を、上の方で決めてきた。もう20年前からだ。

 アメリカのCIAから持ち込まれたものだ。
いや、かつての日本民主党でさえ、その中のワルたちによって、
2008年の「小沢一郎を絶対に、首相にしてはいけない」として、

菅直人(かんなおと)や、野田佳彦、前原誠司(まえはらせいじ)
たちまでをグルにして、党の代表選の時に使われたコンピュータにも、

アメリカ製の、これら選挙用の違法集計ソフトが使われていた。
小池ゆりこの東京都知事選もそうだ。
そのずっと前からだ。

この者たちは、全員、よごれまくっている。

 そして、その周(まわ)りにいる、テレビ、新聞社、そして、
週刊誌を出している大手の出版社たちまで、
皆、汚(よご)れている。

はやく、今度の反トランプ・クーデターの失敗から大量に出てくる、
多くの、日本関係の不正、犯罪の証拠の山が、

私、副島隆彦は、待ち遠しい。

 今度のアメリカの 反トランプ・クーデター、
選挙犯罪クーデターの大失敗を契機にして、
日本関係の 選挙犯罪の証拠が、

アメリカから、もたらされることを、
私、副島隆彦は、強く期待する。

「政治には、元とも、悪(あく)が付きものだ。
大衆など、いいように操(あやつ)ればいいのだ」
と、平気で思って、言っているいるような、

腐れ切った本性をした人間たちを、
今こそ、日本でも大量に処分しなければいけない。

 今日、私は、以下に載せるのは、今の、日本で政治言論として、
一番、優れていると、私が判定する 「ヤフコメ」だ。

 もう、自民党のネトサポ・クラブ(ネットサポートクラブ)という、
2ちゃんねる(今は5ちゃんねる)サイトを破壊して、

自民党の政治家たちの悪事を匿名で書き込む、
ゲリラ言論が、潰(つぶ)されたので、今は、それらの元気な書き手が、
世代替わりと共に、ヤフー・ニューズ の 政治記事への 

コメント欄への書き込みとして、現れている。

 ほとんどは、これまで、反共右翼の ネトウヨ と呼ばれる、
偏屈(へんくつ)人間たちによって書き込まれてきたので、
私は、一切、近寄らなかった。

 ところが、今度の、アメリカでの 反トランプ・クーデター 
を機会に、この総称して、ネトウヨと呼ばれる人たちの中に、
英語で暮らしている 在アメリカ生活者を含めて、

かなり感覚の鋭い、頭のいい、優れた人々を発見した。

彼らからの、
「日本のメディアはヒドい。何、うそばっかり書いているの。
こちらでは、アメリカ人たちは、こんな話をしているよ」と。 


それと、ユーチューブ Youtube ユーチューブの、
Epoch Times Group 、大紀元(だいきげん)の系統の
コメンテイター(と呼ぶべきだろう)たちだ。

 彼らが、よどみなく、自分の考えと客観情報のニューズ報道は、
すでに、既成の大メディアの、テレビ局の司会者たちを、
その、能力で凌(しの)ぐものだ。

その人が持つ宗教的な立場など、どうでもいい。
その本人はしっかりしていて、優秀であるならば、
私は、彼らを尊敬する。

ユーチューブには、30代の若い.
元気な解説者たちも出現している。
彼らを皆で、大事にして育てなければいけない。

 トランプ大統領が、26日に言った、

「フェイクニューズどもに取って代わる、
新しいデジタル・メディアを作るべきだ。

サブスクリプション(有料制の)・ストリーミング・サービス
がいいだろう」と。 

すでに、Parler パーラー が、
Twitter トゥイッターに取って
代わりつつある。

 Newsmax ニューズマックス や、
OAN(ワン・アメリカン・ニューズ)や、
Marshall Report マーシャル・レポートや、

Gateway Pundit ゲイトウエイ・パンディット などが、
腐れ果てたメインストリーム・メディア
(幹部どもは、逮捕せよ。この4週間、いや、5年間の、発狂した、
本当に狂った、ウソだらけの報道を、私たちは断じて、許さない)

の対抗勢力として、出てきている。 

日本でも新しい、私たちの勢力を代表する
デジタル・メディアのネットワーク局が、出来ないものか。

私たちは本気でこの道を追求しないといけない。

 以下に載せるのは、私が、今朝からずっと採集した、
「ヤフコメ」の文章だ。

これらは、私が、内容を整序した。
その方が、みんなに納得して貰いながら、読めるからだ。

ところが、これらの投稿文は、勿体(もったい)ないことに、
すべて匿名(とくめい、アノニマス)で書かれている。

このことが、私、副島隆彦にとっては、非常に残念だ。
何とかしなければいけないことだ。

皆が、堂々と実名で、自分の考えと情報を公表して、
分かち合える世の中 にしなければいけない。
 
 以下に載せる、表題で取り上げた記事は、
天下の BBC(英国 国営 放送局)の昨日の記事だ。
内容は、ヒドいものだ。

よくも、こんなものを、恥ずかしげもなく、
世界中に配り散らすことができるものだ。 

イギリスの高級紙のFT
 (エフ・ティ。フィナンシャル・タイムズ)も、
ずっとヒドかった。

彼らもディープステイトの重要な一員であることが、
よーく分かった。

この記事を、皆さんに最後に読んで貰う。
しかし皆さんには、昨日のこのBBCの記事の、
何がそんなにひどいのかを、簡単に判断することはできないだろう。

 だから、これに対する ヤフーコメント(ヤフコメ)の方を、
先に読んで貰う。 

私、副島隆彦が、優れた文だけを選んで、整序したものだ。 
これらをずっと読むと、目下、アメリカで進行中の、
巨大な政治変動の、大きな真実が分かってくるでしょう。

何が、真実で、そして、トランプ勢力が勝ち、
バイデン=ヒラリー勢力が、
決定的に負け始めていることが分かる。

このままゆくと、オバマも、ヒラリーも、バイデンも、
逮捕、投獄だ。その他の、ワルたちも刑務所だ。

 ジョージ・ソロスは、すでに捕まって、
ペンシルバニア州のフィラデルフィアの
連邦拘置所(フェデラル・カストディ)に拘留されているようだ。 

 無惨な、あれほど世界で威張ってきた BBC と
それから、FT(ファイナンシャル・タイムズ紙)と、

それを真似ただけの、日本の読売新聞の、
同じ内容の記事は、一番、最後に貼り付ける。

そうしたら、一体、何が、フェイクなのかが、皆に分かる。

 そのとき、ゲラゲラ笑うだけの知能と知性が、
皆さんに備わるといいのだが、と、私、副島隆彦は、
この学問道場の先生として思う。

それでも、私たちが、日本では一番、頭のいい人の集団だと、
意地でも、私は、思わないわけにはゆかない。

もう、丁度20年も、この学問道場は、続いてきたのだから。

 トランプ大統領の再選を、日本で、私たちが、
まず、他のアホ人間たちよりも、先に、お祝い出来ることを、
私は、心から嬉しく思います。

 Viva Trump ! Viva  Republic America  !
「ヴィヴァ、トランプ! ヴィーブラ・リパブリーク・アメリカ !」
「トランプ大統領、万歳。 共和国(王のいない国)アメリカ、万歳」 

副島隆彦記

(転載貼り付け始め)
 
■【米大統領選2020】 ペンシルヴェニア州の連邦高裁、トランプ陣営の訴え棄却

 BBC News11/28(土) 11:58配信  

 の記事への ヤフコメの投稿文を私、副島隆彦が集めて、
内容を簡潔の整序したものを、以下に載せる。


■ どうもCNNが、「トランプが再選することになる」と言い出したぞ。
反トランプの牙城のCNNが、とうとうトランプ再選の可能性について報じ始めた。
選挙不正についても触れている。

CNN  by Kyle Becker:
“ So, the outcome would be to re-elect Donald Trump.
Trump doesn’t need to do anything 
other than to simply accept this outcome, which is Constitutional.” ”

「結果はドナルド・トランプの再選になりそうだ。
トランプはこの結果を受け入れる以外に何もする必要が無い。
この結果が憲法に合致している」だとさ。

aga*****  | 14時間前
アメリカ軍弁護士シドニー・パウエルが、
ジョージア州ケンプ知事、ラッフェンスパーガーを国家反逆罪で、
ミシガン州ウイットマン知事、ベンソン州務長官も訴えた。

全員終身刑になりそうだ。
そのことにビビった大勢の人たちが次々と寝返ったようだ。

shu*****  | 12時間前
 BBC 大丈夫? CNN が 早々に 
Potential path to Trump victory で 裏切ってるよ。
BBCは 何時、裏切るかな?

■ アメリカの現地のニューズでは、情勢は、
ほぼひっくり返って、トランプの再選確定みたいですね。

大事なペンシルベニア州の公聴会のことと、
別の裁判の判決が有ったことを、このBBCの記事は報道せずに、
よくもこんな記事をいつまでも書けますね。

■ 25日に、ペンシルバニア州の上院議会で公聴会が開かれた。
YouTubeでこの動画がライブ配信され、
15万人の人々が様子を見ていた。 

その結果、大規模な選挙不正が認められて、
バイデン側の勝利確定を凍結することが、
ペン州の上院議会で決まった。

syu***** | 2時間前
 このBBCの記事は本当ですが、前後に別の事実があります。
25日に、パトリシア・マカルウという
ペンシルベニア州の最高裁判所の女性判事が、

選挙結果の認定にストップをかけて、
「27日の公聴会の結果まで待て」という命令を下していた。
そこで色々証拠が出てきた。

 印象的だったのは、ダグラス・マストリアーノ州上院議員が、

「 州が発行した郵便投票は170万枚だった。
それなのに、回収された郵便投票が250万枚あった。
いったいこれは、どうなっているんだ」とお怒りだったことだ。

その他色々話が出てきたので、結局、
ペンシルベニア州の選挙人はペンシルベニア州議会が
決めることになりました。

BBCの記事は、なぜこのことを書かないのか。

etm*****  | 11時間前
 米ペンシルベニア州連邦地裁の
パトリシア・マカルウ(Patricia McCullough)判事は、
11月25日、同地裁で27日に大統領選挙の投票問題をめぐる
聴取会が開かれる前に、

州当局者が集計結果のさらなる認定をしてはならないと命じた。

同州のキャシー・ブックバー(Kathy Boockvar)州務長官は、
24日、同州で大統領選挙の結果について、
民主党候補のバイデン前副大統領の勝利を認定した
(副島隆彦注記。認定を強行した)。

 これに対して、マカルー判事は翌日、州政府に対して、
大統領戦の結果認定に関する「さらなる措置を取らないよう」と命じた。

tfq*****  | 13時間前
「大紀元」から抜粋する。  
サイバーセキュリティ専門家の
フィル・ウォルドレン(Phil Waldren)氏は、11月25日、
大統領選挙の不正に関するペンシルベニア州上院多数政策委員会の

公聴会に証人として出席した。
最大で120万票の投票記録が失われた可能性があると述べ、
さらに専門的な調査が必要だと主張した。

 ウォルドレン氏は30年以上の従軍経験を経て、
米国防総省(ペンタゴン)の情報分析、軍事航空、兵器処理
および戦略的計画を専門としている。

現在、同氏は戦闘および防衛訓練会社の
創設者兼最高経営責任者(CEO)を務めている。

 ウォルドレン氏のチームは選挙の投票機が工作されうる
問題について2年間調べてきた。

今年の8月からは米国における選挙での
投票システムの問題を研究している。

ウォルドレン氏は、自身のチームの他にも多くの組織が
「投票システムには問題がある」と結論づけていると語った。

(副島隆彦注記。ついにトランプ側の、本当に、
今回の選挙不正を初めのうちから監視して、
網を張っていたプロジェクトの専門家が、表面に出てきたようだ。)

■ ダグラス・マストリアーノ州上院議員が発表。
「ペンシルベニア州は、11月30日から、
州議会が選挙人を選ぶプロセスにはいる」と。

■ ペンシルベニア地裁のパトリシア・マカラウ判事が、
11月25日に「バイデン勝利をまだ認容してはならない」と判決した。

共和党のマイク・ケリーと他8名が、
「郵便投票第77号法案はペンシルベニア州憲法違反であり、
法を通して不在者投票を拡大する

郵便投票は1839年の軍事不在者投票法で禁止になった。
 それなのに民主党がこの法律を無効にして、
郵便投票を強行した」と訴えた。

これに対し、裁判所が、
「郵便投票(不在者投票)は憲法違反である」と、
「バイデン勝利の認容」を取り消した。

hog***** | 7時間前
 たった今、ペンシルベニア州で選挙(郵便投票)が
違憲であるって判決が出た。議会が選挙人を指名するという判決だ。

ペンシルベニア州の上院トップの人が、
「州議会で選挙人を選ぶということで、
州の上院下院でもう話はつけた。
11/30からそのプロセスを開始する」と言った。
 
 ペンシルベニア州議会 は、 
“ Recognizes substantial irregularities and
improprieties associated with mail-in balloting,

pre-canvassing, and canvassing
during the November 3, 2020 election.”
 
 ペンシルベニア州議会は、
「2020年11月3日の選挙期間中の、郵送による投票、
事前投票、および投票 に関連した実質的な諸不正と不適切 
を認識する 」 

これで、ペンシルベニア州議会が
不正投票があった事を正式に認定した。

zxt*****  | 9時間前
 ペンシルべニア州の公聴会が、25日と27日に行われた。
30日に州議会が、選挙人を選ぶプロセスを開始すると発表した。

ペンシルベニア州の地裁裁判事が、
「27日の公聴会の結果を待つまで州政府に
選挙結果認定の停止を行った」 とある。

記事より話はその先にすでに進んでいる。

ytf*****  | 8時間前
 現在ジョージア州 ミシガン州 ネバダ州 ペンシルベニア州の4州は、
第三者機関による集計をやり直す指示が裁判所から出ている。 

ペンシルベニア州においては、
州が認定した選挙結果確定を差し止める州の
最高裁判所判断が指示が出された。

 先の4州に加えてアリゾナ州とウィスコンシン州の6州は、
来週の初め(11月30日)には、

パウエル弁護士が、国家反逆罪で、重大犯罪者として、
訴追(impeach インピーチ)した 
ジョージアとミシガンの2州の 政治家のトップたちが行った、

「ドミニオン社の集計ソフトの投票改竄不正手口の方法」が、
すべて詳細に記述されている。

 このBBCの報道は、一部を摘み食いして
バイデン候補に都合の良い処しか報道してないので、
不当かつ悪質である。

リン・ウッド弁護士が、

「バイデン候補に関する6つの大きな不正の数々を
来週(11月30日)から明らかにする」とツイートしている。

ELEC  | 6時間前
 このBBCの記事が「切り取り」報道している裁判とは、
別の 裁判があります。

本日(28日)付で、
ペンシルベニア州の選挙は憲法違反だとする判決が出ました。

 私は、同州連邦裁判所の11/27のNo. 620 M.D. 2020(13ページ)
を読みました。
目に止まったのは次の2つです。

 州法77条の不在者投票(郵送投票)は憲法違反と認定
 同州の選挙結果承認差し止め これが重要


で、重要なのが承認への差し止めです。
州の承認を裁判所は肯定できないと。

という事は、州議会が選挙人を選ぶ、
という事になります。

ペンシルベニア州議会は下院・上院共に共和党が多数派なので、
共和党のトランプ陣営が、この州の選挙人20人を可能性が高い。
 

郵便投票が違憲となるので、他州の結果に影響を及ぼす。
正確にはPA州法77条が、郵便投票を違憲と言ってるので、
他州がどうだったかは調べないと分かりませんが、

他州の共和党トランプ陣営も当然提訴するでしょう。

Bhg***x  | 13時間前
「ペンシルベニア州の選挙結果の州による認証は無効」と判決。
それに対するトランプ陣営の弁護士ジェナ・エリス氏の弁。

We are grateful to the PA state legislature
for their COURAGE!

Their Resolution takes back their Article II authority
to appoint Electoral College delegates
after a RIGGED election!

saw*****  | 4時間前
 11月25日に続いた27日の
ペンシルベニア州議会の公聴会のあと、
連邦裁判所(控訴審)で、

「州の大統領選挙は違憲。選挙人は議会が指名する」
という判決が出た。

 この公聴会が開かれ、選挙不正の証拠が提示された事で、
「証拠を出せ」とずっと日和見をしていた共和党議員たちも
トランプに賛同せざるを得なくなった。

ペンシルバニア州では議会が選挙人を選ぶ事となる。

アリゾナ州の公聴会は11月30日。
ミシガン州の公聴会は12月01日。
ネバタ州の公聴会は12月03日。

いづれも議会の多数派は共和党だ。

 トランプ陣営が起こした訴訟とは別の、
州の上院下院議員たちによる訴訟に関しては、
証拠調べの審問が行われ、

その後、ただちに、
「選挙は違憲。選挙人は議会が指名する」という判決が出た。

pqt*****  | 6時間前
 米軍が、外国にあるCIAの拠点を急襲し、
(ドイツのフランクフルトや カナダのトロントで)
サーバを押収したらしい。

この中には、アメリカの選挙だけでなく、
他の国々の選挙も操作していたらしい。

もしそうなら日本も、という可能性がある。
日本のマスコミが、何故あれだけ焦って
バイデンさんを応援するのか? 納得がいったよ。 

日本はというより自民党はバイデンじゃ無いと
困るんじゃないか? 

トランプが勝ったら、そのあとマスコミ連中と
各国政府の動転する様子が見ものだ。

アクエリアス・エイジ  | 8時間前
 アメリカ時間の25日の現地の情報。

バイデン候補は、
上院多数党総務(マジョリティ・リーダー)の
共和党重鎮のミッチ・マコーネル上院議員にメールで、

「私は負ける事を知っている。
自分の犯罪を恩赦して欲しい。許して下さい」

と懇願した、とのことだ。

sun***** | 10時間前
 今日(28日)の日付なら、BBCは、
正確な情報を基に記載できるはずなのに。なぜしないのだろう。

ペンシルベニア州の州務長官である
キャシー・ボックバーは訴訟中であるにも関わらず
開票結果の認定を強行した。

 それを受けてペンシルベニア州最高裁判事である
パトリシア・マカラウ判事が

「27日に開かれる公聴会の結果を待て」
と州政府の選挙結果認定にストップをかけた。

 11月25日と27日に共和党議員のみで開かれた
ペンシルベニア州議会公聴会では、

チェスター郡が発行した郵便投票は12万枚なのに
集計されたのは20万枚であるとか、

ペンシルベニア州が発行した郵便投票は170万枚なのに
回収したのが20万枚あるなど様々な不正の証拠が噴出した。

11/27のEPOCH TIMESが、
「ペンシルベニア州共和党議員団が選挙人を指名する」
と報道した。

ペンシルベニア州では、11月30日から州議会が選挙人を選ぶ
プロセスを開始する。

e-su | 12時間前
 ペンシルバニア州に対して、米連邦最高裁判所のアリトー判事が、
(11月6日?に)緊急で出していた。

「11月3日、午後8時以降に届いた票は
すべて合法性、合憲性の問題のため除外し、
開封しないように」の指示。

これに対して、ペンシルバニア州の幹部たちは、
この最高裁判所の命令を無視しして開票結果の認証を強行した。

blu***** | 10時間前
(副島隆彦注記。どこからの情報か。発信元が分からない) 
・・・・連邦最高裁のアリト判事と
トーマス判事、ゴーサッチ判事(いずれも保守派)は、

ペンシルベニア州裁判所の決定について、

「選挙は憲法違反の可能性が高い。
ゆえに(12月14日の)選挙人選挙(electoral voting )の
前に審理を行うべきだ」との見解を示した。

 ただし
「投票日を目前に控えた現段階では、(自分たち最高裁選には)
選挙前にこの問題について決定を行う十分な時間がないと、
不本意ながら結論付けた」とした。.

連邦控訴審での訴え棄却は、
連邦最高裁に向けた電撃作戦の通過点だ。 


tad*****  | 11時間前
 イルミナティ13家族による支配構造。
「スイス政府民間防衛」より。武器を使わないで他国を侵略する方法。

第一段階「工作員を送り込み、政府上層部の掌握。洗脳」
第二段階「宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導」
第三段階「教育の掌握。国家意識の破壊。」
第四段階「抵抗意志の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用」
第五段階「教育や宣伝メディアなどを利用し自分で考える力を奪う。」←いまここ
最終段階「国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量植民。」 ←もうすぐここ。

gem*****  | 10時間前
 トランプ氏が負けてバイデン民主党政権になると、
日本はアメリカのCSISの暴力的要求をのまされる。

今でも駐留米軍の費用を払わせられているのが、
更に酷(ひど)くなります。

米民主党やマスコミは、ディープステイトに支配されている。
この10日間が最後の戦いだ。

ディープステイトをのさばらせてはいけない。
内戦になるという予言がいくつかあるが、あながち現実化しかねない。

swe***** | 11時間前
 このトランプ陣営負けの判決文を読むと分かる。
トランプ陣営側は、早く最高裁に持っていきたいから、
すごく簡単な判決を要求した。口頭諮問もいらない。

さっさと判決をくれと訴状を出した。
その要求を飲んで連邦巡回区控訴審裁判所は訴えを棄却したの。




副島隆彦です。 以上でヤフコメは終わりです。

 以下に、これらのヤフコメによって、串刺し、ボロボロにされた、
BBCの記事とヤフー自身、そして、
日本の腐った既成メディアどもを代表して、書いている、

いかにも、BBCの真似をして、
しかし真似であることがバレないように書いた、
読売新聞のBBCと同じ内容の記事も付けで載せます。
お前たち、本当に、こんなことばっかり書いて、大丈夫ですか。

( 転載貼り付け始め)

■【米大統領選2020】 ペンシルヴェニア州の連邦高裁、トランプ陣営の訴え棄却
US election: Appeal court dismisses Trump camp’s lawsuit in Pennsylvania 

2020年11/28(土) 11:58配信  BBC(英国 国営放送局)

■  ペンシルベニア州訴訟、控訴裁がトランプ氏側の訴え棄却
 2020年11/28(土) 16:49配信 読売新聞

(ゆう:全文はこちら
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/



(転載貼り付け終わり)

副島隆彦 拝


===============


以上です!!


それで最近はこれ大手メディアの報道ではなくて

それよりも「ヤフコメ」のほうが情報として鋭くなっており
よほど人々の知る権利を担保してるっていう

この皮肉な状況が生まれつつあります。

私のメルマガでもこの1ヶ月、ヤフコメ引用するのは
その辺感じてるからですね。

ちなみに昔はヤフコメってのはネットでは便所の落書きとか
言われていたものですが

最近はエスタブ側の方の誘導コメントとかが減ってるので
記事によっては見やすくなっておりますよね。


ちなみに、ヤフコメといえば実は昔私がブラック会社で
勤務していたころ、インターンみたいので海外からやってきた
まあお金持ちのお子さんがいらっしゃって、仲良しだったけど

彼が元々 日本の弁護士事務所で勉強のために働いていたんですね。
名前かけないですけども。

見た目は白人のM君としますがまあ仲良しだったわけです。
それで彼がよく言っていたのがその弁護士事務所の喫煙所が
廊下にありまして

そこでまさに上のコメント工作の仕事があって
そこで働いてるかたらとよく喫煙所で話していたけど

もう昔の話ですが 当時工作員の仕事があったころは
昔出会い系のサクラの仕事していたようなフリーターのかたらが
入っていて時給が1000円前後だったはずですけど

よくその仕事のことを愚痴ってたってのは聞いたことありますね。

そこは中央線の某駅のビルなんだけども。

そうやって当時はまだヤフコメ自体が工作されていてまともな情報が
なかったものですが


最近は・・・これらの工作の会社におそらくお金が
入らなくなってきてるんだろうなと想像しますが

ちゃんとヤフコメ自体が情報媒体として
機能するようになってきてますね。


だからヤフコメなどがジャーナリズムを発揮してる
という奇妙な状況ですけども

いずれこれから新世代の新しいジャーナリズムが
日本にも登場してくるんだろうと私も期待してます。


それでヤフコメってのが機能しだしてるってのが
おそらく上のジョージソロスの資金提供がなくなってきた
ってのが影響してる可能性は考えられますよね。

彼が拘留されてるかどうかは重要な情報だから
それは公開されないでしょうけど

ただそうとしか思えない現象は出てきてますよね。

CNNは身売りするという報道であったり
BLMがバイデンに対して反抗しだしたとか、

バイデン自体がそもそもマコーネル議員通して
恩赦求めだしてるとか

明らかに崩れかかってる動きがこの数日出てきてます。


それで今は予兆としてそういうトレンドは感じ取れますが
今週ですよね、これがさらに加速するか、が注目されますよね。

ちなみに本当の悪い側の思考としては
やはりこれから本当に捜査が進むと上に書かれてるように
「真実をゲロる」人が今まで工作活動の仕事していた人の間で

増えてくるわけで、そこを「証拠隠滅」しようとするはずなんですね。

だから工作活動ってのはネットで昔から指摘されてるけど
実際はその雇用の際に個人情報握られて恐ろしいことであるはずだけど

おそらく今まで日本でもバイデンやエスタブのために
工作活動していた方も
今戦々恐々としている。

それはアメリカでも同じでその辺の危機を感じて
ジュリアーニ弁護士、パウエル弁護士、リンウッド弁護士などに
内部告発をしてなんとか難を逃れようという人が急増してるんだろうな

ってのが私が見てるところですね。


戦争において最も重要なのは「情報」であるけど
情報分野、プロパガンダ分野が バイデン陣営でこの数日
急激に弱体化してるってのが私が注目した点です。



だから今週さらにとんでもない情報が山積で出てくると
思いますが

歴史上 かつて見られないことが起こるから注目したいものです。

またやはり以前書いたように歴史上見られなかった
前代未聞の判決も最高裁で出てくる可能性が極めて高いので

引き続き注目ですね!!


それでとりあえず最も重要なペンシルベニア州を
トランプ陣営はもう押さえつつあるってのが
実態でありまして

だから「最高裁判事のナイン」が立派でした。

実際はシックスの合衆国憲法の砦である

6人の保守派判事が偉いのだけども。


それで今回の合衆国の大統領選挙のわちゃわちゃした様子を見て

やはり「なんてすごい制度なんだろう」と私は思いました。


こうやって不正やってクーデターを起こす人がいても
他国の制度だと、やっぱりのっとられてしまうわけです。


ドイツですとこの前 コロナ法制で憲法を越える法律が
できちゃったけど

それはドイツが民主主義しか追求しなかったからですよね。

やはり民主主義+自由主義合わせないと駄目なんだ

ってのが エスタブと戦えてるアメリカとドイツの大きな違い、


ですよね。


それで私たち日本人はアジアですけど

やはり官僚たちは嫌がるでしょうけど 


このアメリカ型のデモクラシーと、
そして(平等ではなく)
自由を愛する憲法を見習っていくのが


これから大事になるのでしょう。


それで日本の憲法ってアメリカの憲法を参考に戦後作られてるけど

実はアメリカ憲法って 
自由主義+民主主義(代議制民主政体)なわけですが


ここで日本の憲法は実は 自由主義が骨抜きにされて

そこに自由とは逆の平等主義が入り込んでるのが問題でして

ここを未来の日本人が議論していくのが大事だって分かってくるんですね。


例えば投資家にとっては命の憲法といえるけど

私有財産権でも日本国憲法29条にあるのが


「第二十九条

1.財産権は、これを侵してはならない。

2.財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。

3.私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。」


ってなってるけど「あれ?」って思いますよね???

「公共の福祉に適合するやうに」って何やねん、ってことです。

資本主義における、所有権の絶対性が骨抜きにされてるんですね。


行政官僚たちが勝手に「公共の福祉とは」ってのを定義してしまえば
私たち日本人の財産権を侵害する法律を通せてしまう危険性がある
わけです。

例えば「コロナの対策は公共の福祉だから
財産税を作りましょう」なんてのもありえそうじゃないですか?
(だからこれをさせないために コロナの2類相当、実質超1類相当の
扱いを速攻、見直すのが大事。)


さらに
29条3項とかは最早 近代デモクラシー+資本主義の国家としては
存在してはいけない項目ですよね。

(共産主義ではありえるけど。)


だから実はこういう毒が戦後、

共産主義のニューディーラーや
そして日本の官僚たちによって憲法に注入されてるけど

この辺を考えることが今後日本の経済成長にとってキーポイントとなる

と私は見てまして


アメリカの今回の憲法制度の深さを知って

私たち日本人も 日本の形を議論するフェーズに入っていくんだろう

というのも私が見てるところです。


やっぱりアメリカの憲法ってすごいですよね。


もし、今回みたいに

怪物モンスターのエスタブたち行政が暴れまくって

不正をしてクーデターを起こしても


 最初は選挙人を勝者総取りで選挙人選ぶ仕組みだけど

ちゃんと不正で怪物が政治権力を得ないように


その後立法府の議会が選挙人選ぶ形式に 合憲的に、司法を通して

路線変更できるようにしてるわけで


これがすごいです。


2重にも3重にも「行政(ワシントン官僚、英語でswamp)が主体の怪物が
暴れられないように防護線が張られてる」

わけです。


それでこれからの時代、アジアにおける
近代デモクラシー国家としてリーダーシップをどうしても
取らないといけないのが

日本ですから、
(海外にいるとどうしても日本の影響力は感じざるを得ない。
やっぱりGDP3位の国です。
例えばいたるところにユーラシア大陸では日本車が走ってる。)


私たち日本人ももっと学んで、日本の政治体制において

もっと怪物の行政官僚たちが暴走しないように
縛り付ける体制を作る必要があるんだろうってことですね。

それなので色々と近代デモクラシーで生きる他国の人間にとっても
勉強になるのが
アメリカ大統領選挙だと思いました。


それでは!



ゆう





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXの裁量×自動売買をあわせて


投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


”THE THIRD”ですが

新特典も含めた特典ページが出来上がりました!】


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆













コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください