無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【驚愕!?】昨日の米公聴会で大手IT企業の「共通検閲システム・ タスクプラットフォーム」の存在が明らかになってきた、 ことについて考える!

2020 11月 18 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【昨日の米公聴会で大手IT企業の「共通検閲システム・
タスクプラットフォーム」の存在が明らかになってきた】
⇒編集後記で!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXの裁量×自動売買をあわせて


投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


”THE THIRD”ですが

新特典も含めた特典ページが出来上がりました!】


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/

(「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

重要な教訓に基づいて

裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

未来の保証はできませんし100%はないものの、

ただ現状、

4年7ヶ月で負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



どうもゆうです!


いつもご覧いただきまして
ありがとうございます!



さてさて、前号にて以下のPDFレポートを流しました~

実際にアメリカの不法選挙について現在訴訟を行ってる

ジュリアーニ弁護士の証拠のひとつである最近の宣誓供述書なんかも

扱って書いてます。


PDFレポート
【副島先生の最新書き込み「トランプの勝利に向かって。
米大統領選挙での不正・犯罪者勢力との闘いは、激しく続く」を読む!】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……p_victory/



さて、それで以前「今までの悪のバイデンが勝手に大統領と思い込むのが

第1章だとしたら、

次から訴訟の第2章が開始する」なんてことを書いていたわけですが


もう第2章で・・・
明らかにトランプ大統領側が優勢になってきてますよね。


ちなみに以前に 田中宇先生も指摘していた

「時間が経過するにつれて バイデン勝利を言っていた

FOXなどが裏切っていくことが考えられる」なんて話も扱ってましたが


もうこれこの2日~3日くらいで現実化してきておりまして

日本では一切報じられませんが

全米でもっとも視聴率持ってるFOXネットワークは


既にこの数日でトランプ大統領の最強弁護士の一人、

シドニーパウエル弁護士をこうやって登場させてます。


この動画は日本語訳付いてますが

既に見ていただいてる方も多いでしょうが


見ていない方は見てみるとよいでしょう。


今アメリカ人たちはこんな度肝を抜く内容の番組が放送されており

まさに驚愕してるわけです。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■2020年大統領選挙
サギのために作られた集計ソフト シドニー・パウエル弁護士
⇒  https://youtu.be/LoI-27B8bBg


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


まあそれでもう 最近のアメリカのメディアの微妙な動き見ると・・・

「バイデンは勝手に大統領だと自分を勘違いしてるが

事前より思った以上に証拠(宣誓供述書など)が集まりすぎて

風向きが変わってきた。これはヤバい。トランプ勝利の可能性も

ちゃんとこれから触れていかないとまずいぞ」


となってきていて、続々とバイデン勝利と当初は報じていたメディアも

腐敗した、不正だらけの民主党を裏切りだしてる流れですよね。


この辺の流れ見ていると、司法闘争において

トランプがやはり明らかに優勢となってきてますよね。


ミシガン州もどうもひっくり返りそうです。(ひっくり返ったか)


それでトランプ大統領が2期になると、これ以前から書いてるように

各国からの米軍撤退をさらに進めることになりますが

もうトランプが各国から特に中東からの米軍撤退を最近加速させてますよね。


こちらは日本語でも

「トランプ米大統領、アフガンとイラクの米軍をさらに削減へ」

なんて昨日11月17日に報道されだしてるんだけど


おそらく日本のマスコミばかり見てる人は

「トランプ負けたのではないの?なんか思いっきり2期目前提に

動いてるような・・・」


と意味不明な状況になってるわけですが

実はこの数日メルマガで書いてきたように不法な証拠が集まりすぎており

さらに3人の最強弁護士である ジュリアーニ、リンウッド、そしてシドニーパウエル

がトランプ陣営に固まってますから


もうトランプとしてはまさに昨日ツイートしたように

「私は選挙に勝った」ということで

それ前提に動いてきてますよね。


なので大変面白いことになってきましたね~~


それでさらに、大統領選挙の前に私のメルマガでは

GAFAの検閲問題についても扱っていたのですが・・・


そう昨日ですがこれまた 公聴会が開かれまして

フェイスブックのトップであるザッカーバーグと

ツイッターのトップであるドーシーが

呼ばれた。


ちなみにこの公聴会ってのは「ここで偽証すれば」

「最高で禁固5年の刑を科される」というものでして

嘘はつけないものなのですけど、


これ・・・すごいのがどうも、

Google FaceBook Twitter3社の

共通検閲システム 「タスクプラットフォーム」というシステム

があるのが分かってきたと。


「共通の検閲システム!?」とこれは実は以前から言われていたけど

陰謀論とかあしらわれて相手にされてなかった言論でしたが


これがどうもあるってのが分かってきた。


だから 大手多国籍IT企業たちが結託して

共通して情報交換してネットの情報検閲をする仕組み、システムが

どうもあるようだ、


ってのが全世界の民衆を昨日、驚愕させました。

これヤバいんですね。


まだ日本語で出ていないんだけど

昨日の公聴会の重要部分がこれです。


【動画】なんと大手IT企業が「タスクプラットフォーム」という
共通検閲システムを構築してるのがばれてきた。
https://mobile.twitter.com/Per……1068804096



もうここでどうも トランプの共和党側も相当諜報活動して

内部告発も実は得ていて 情報扇動の仕組みも一網打尽にするために

動いてきていたってのが見えてきますが


相当内部の情報を把握しており

「おい、ツイッター、フェイスブックよ。お前らは

民主党の有利な情報だけに偏るように共通の検閲システムを持ってるだろう。」


ということが言われてたわけです。

ついにそれなのでトランプ大統領が以前に言っていて

大手メディアやGAFAなどの企業が「陰謀論をトランプが言ってる」と

馬鹿にしてましたが


これが証明されていく段階となってきてます。


いや~とにかくすごい動きで

これどんな映画やドラマより面白いですよね。


おそらく後世でこれを題材にした映画やドラマも沢山作られるはずです。


私たちはそんなのをまさに2020年の今、目撃しております。


ということで今日は引き続き

まだ勝者は未定と議会も言い出してる

大統領選挙の動きを追っていきます!!


日本だと 不正選挙ムサシの件を見ても

うやむやにされてしまいがちだった

不正投票機械ドミニオンの件でもアメリカでは本気で司法闘争に

発展しており、証拠も米軍レベルで動いて押収したりしていて

面白いですね。


編集後記で!















■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【50個以上のEAで唯一生き残ったTHE-THIRDシステムの本質とは!?】
(副題:トランプ大統領がついに訴訟中のネバダ州での勝利に言及しました)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



さてさて、ここ最近ですが EA+裁量のThe・Thirdを扱っております!


それで今日はまたこちらのThe・Thirdの話を書こうかなと思ってますが

そうその前に・・・


同じくメルマガで扱ってきてる

「まだ議会でも決まっていない米大統領選挙」

ですが


そう・・・トランプ大統領がほんとつい先ほどですが

「ついにネバダで選挙結果を正式な裁判でひっくり返して

係争中であったネバダ州での勝利をツイッターで言及」


しましたね!!



もう裁判所で現在 トランプ側の超やり手、優秀すぎる弁護士たちが

アメリカだけではなく、世界の民衆のために戦っているわけですが


いよいよもう結果が徐々に出てきてるようで、

トランプ大統領が先ほど、このようにツイッターで言ってますね。


“Big victory moments ago in the State of Nevada.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

The all Democrat County Commissioner race,
on same ballot as President,

just thrown out
because of large scale voter discrepancy.

Clark County officials do not have confidence
in their own election security.

Major impact!”


トランプのツイッター
https://twitter.com/realdonaldtrump



ということで、

「つい先ほど、ネバダ州での大勝利となった。

大統領選と同じ投票用紙にある全ての

民主党郡政委員選は無効となる。


それは大量の投票不一致があったからだ。


クラーク郡は選挙の安全性に自信がない。

大きなとんでもないインパクトだ。」



ということで、これまたマスコミは全くこの

スーパー、(裁判を通してる上での)

超重要なツイートを扱ってませんが



先ほど確かにトランプ大統領がネバダでの勝利について

言及しましたね。


どうも投票用紙の認証自体が出来ていない不正票を取り除いて集計するってことを

訴訟を通じてトランプ陣営が可能にしたっぽい。


まだ表に情報が出ていないから

続報を待ちたいところです。


それでトランプ陣営の弁護団はこれとんでもなく強い弁護団たちが

現状ついており、



ジュリアーニやシドニー・パウエルや

あとはCNNとかワシントンポストに以前に多額の賠償金を支払わせた

損害賠償金を支払わせた実績を持つルシアン・リンカーン・ウッド弁護士も

ついていて、


とんでもない強い3人の弁護士がついてるわけですが


いよいよ係争中だからあまり表にでないけど

結果がひっくり返されてきたということなのでしょう。


EPOC TIMES エポックタイムズなんかは私も見てますが

現状、選挙人数では本当はもうトランプが優位な状況ですね。


現状では


ジョージア州 : 再集計中
ウィスコンシン州 : 再集計中
ミシガン州 : 訴訟中  
ペンシルベニア州 : 訴訟中
アリゾナ州 : 訴訟中
ネバダ州 :訴訟中

上記6州以外の法的に確定された選挙人獲得数
トランプ : 232 バイデン : 227


となってますが

どうもネバダでの訴訟が相当優位に進んでることを

トランプはツイッターで示唆しているわけで、


ネバダでは勝ったということを先ほど言い出してます。


ちなみにアメリカの議会も「まだ大統領勝者は決まっていない」

って確かつい数日前に本当は出していたはずですが


これ、勝手にバイデンで確定って決めて報道していた
マスコミどうするんでしょうね。


ちなみにバイデン陣営、民主党陣営が

「やたら最近焦ってる」わけで

「早く政権移行を!!!!」とかやりだしてるのですが



焦ってるのは間違いなくこれらの訴訟を受けてのことなんでしょう。

証拠がないどころか上記の3弁護士のツイッターやユーチューブを見ても

かなり余裕に見えまして


以下トランプ陣営の最強弁護士のツイッターですね。


ジュリアーニ弁護士ツイッター
https://twitter.com/rudygiuliani

シドニーパウエル弁護士ツイッター
https://twitter.com/sidneypowell1

リンウッド弁護士ツイッター
https://twitter.com/LLinWood



ちなみにジュリアーニ弁護士はこれユーチューブもやってるんですけど

見てる限り「(あまりにも不正の証拠となる宣誓供述書が集まってるから)余裕」

な感じとなってるのですが


これ上記とんでもなく強い3弁護士からすると

今までもっと証拠が少ない案件で戦ってきたのでしょうから

今回のは(嘘をついたら5年以上収監されてしまう)証拠となる宣誓供述書など

1000個以上あるってことなので


もう戦いやすくて仕方ないのでしょう。


NYダウも最高値を更新してますが、もうファンドなり投資家の多くは

実際はトランプが勝利するのを織り込んでるっぽい動きは見えますよね。


ということで、これから係争中の州において

トランプが不正票をネバダに続いてどんどん集計しないで

「合法な票だけ集計する」という当たり前の集計を要求して


どんどんひっくり返ってくる可能性が高まってますので

注目ですね!


さて、そんな中、人気が衰えないのが

ここ最近扱ってる The Thirdですね~



それで今日は事務局の市原さんより

あなたに引き続きメッセージです!!




=======================

50個以上のEAで唯一生き残ったTHE-THIRDシステムの本質とは!?



ゆうさんのメルマガ読者の皆様、

いつもお世話になっております、
システム運営事務局の市原です。



今回、ゆうさんの読者様だけに、
期間限定での募集を行っております、
『THE-THIRDシステム』ですが、

大変な人気となっております。



それに伴い、ゆうさんの読者様限定特典も、
近いうちに”削除”となるものも出てくるため、

それまでに手にしていただけたらと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ゆうさんの読者様☆限定特典☆】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●4年7か月以上以上のフォワード実績

●リスクを回避しながらコツコツ利益を得る

●負けないことが大切

●毎月5~10%前後を狙っていく

●完全な自動だけでなく裁量判断も入れていく

●出た利益をハイリターン運用


といったことをこれまでお伝えしてきた、
弊社の資産形成システム『The-Third』。



何故ここまで、

「リスクを回避する」「コツコツ増やす」
「ハイリターンは余剰資金で」「裁量判断を入れましょう」

と攻めよりも守りの方を、
何度も何度もお伝えしてきたかというと、
ある決定的な理由があります。


今日は、弊社がこれまでThe-Thirdシステムを
選んで使い続けてきている理由について、
お話しさせて頂こうと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆The-Thirdシステムを使い続けている理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


弊社ではこれまでEAと呼ばれる自動売買を
たくさん、たくさん扱ってきました。


スキャル・デイトレード・スイングを
メインにする自動売買から、
仮想通貨を売買するシステム、

トータルすると50個以上は社内で
検証・実践を繰り返し行ってきました。


弊社で、最低1年以上は検証期間を設けるので
その1年以上を生き残ったシステムは、
正直、片手で数えられるくらいしかありません。

50個以上のうち、数個です。
~~~~~~~~~~~~~


私たちはデモ口座やバックテストは
あまり信用していないので、


必ずリアル口座にて、実証していくため、
これまで無くなったお金も
“数百万・数千万以上”に当たります。


中には、月に20%・30%・50%以上と
大きな利回りの出るものはいくつもありましたが、

1ヶ月や3ヶ月と時間が経つにつれて、
相場の急変や大きな経済発表などのイベントが起きたとき、
出続けていた利益も含め資金がすべてショートしてしまったのです。

短期的に当てはまった相場で利益は出るが、
長期間で安定して出続けることは難しい…

そういったシステムをたくさん見てきたのです。



その中でも、
生き残ったシステムのひとつが、
今回の「THE-THIRDシステム」です。


このシステムを扱ったときに一番最初に感じた、
それまでとは”決定的に違う”運用方法こそが、

裁量判断を入れるということでした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~


完全な自動運用ではなく、
————————-
人間の目を入れてリスクを回避しながら
————————————-

運用していくという、
当時の私たちが扱ったことのない、
新しい運用タイプのシステムでした。


そして、実際にリアル口座にて
1年間以上の検証期間を経て、
『平均月利10%前後』の結果が出たことで、
改めてこのシステムの凄さを体感したのです。


1年、2年、3年、4年…と、

安定して利益を上げ続けている、
The-Thirdシステムですが、
このようにバックテストでもデモ口座でもなく、
フォワード運用で長期間安定しているモノは、
なかなかないのではないでしょうか。



どうしても目先のお金だけが
先行してしまうこの投資業界、

多くの人が●千万や●億円などの、
数字に目がくらんでしまいますが、

投資の本質を考えたときに、

お金をどうやって増やすかではなく
~~~~~~~~~~~~~~~~
いかに減らさない様に注力するか
~~~~~~~~~~~~~~~

ということにベクトルを向けることで、
このような息の長い運用が実現されました。


極論を言うと、
毎月1%でも1円でも口座資金が増えたら、
「投資として成功!」ということを、
会員様に日々お伝えさせて頂いています。


その1%・5%・10%の積み重ねが、
数か月・数年後にはいったいどれくらいの資金に
膨れ上がっているかということを
今一度お考えいただきたいと思います。



短期的に得た目先の大きなお金よりも、
コツコツ着実に積み上げたお金の方が、
ずっと重みもあり、信頼度も大きくあります。


そういったことをモットーに、
これまで数百名上の会員様に
お伝えさせて頂いております。


50個以上もの検証をしてきた中で、、
唯一生き残ったシステムの内のひとつですので、

今回手にされた方は
しっかりと正しい運用を心がけてください。


現在の価格で手にできる機会も滅多にないため


後悔の無いよう、
ご検討くださいませ。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/



それでは、宜しくお願い致します。


本日もありがとうございました。




システム運営事務局
市原


=======================


以上です!!



そう、それで今回のTHE THIRDなんですが

何がすごいっていうと


上に書いてあるように50個以上のEAなんかは

もうシステム会社で検証をされているわけですね。



そこで生き残ったのはほんの 数個であって

その中でもっとも強かったのが実は


THE THIRDなわけです。



だから多くの人は 色々EAを買って

あーでもない、こーでもない、


ということで すったもんだ するのですが


通常は何十個もEA回して 

実践に耐えられるものが見つかるわけですけども、



THE THIRDの場合はというと

50個以上のEA検証の上で


そこで生き残ったものがこのTHE THIRDなので

そういう意味で膨大な検証をした上で


現状「使える」と判断されてるのがこのTHE THIRD
なので価値があるわけです。



だから本来相場では

39万8000円くらいで販売できる

システムなのですが


ちょっと今回は事務局のかたがたも日本のコロナ情勢も

理解してるので


相当今回は交渉の末値段を

期間限定ではありますが下げていただいてる

ってことですね。


たださすがに

業界の相場で安すぎるので、
いずれ値上げになる予定ではありますね~




⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/



それで私なんかも実は

投資家の友人たちからこのTHE THIRDを私が

メルマガで書いてるから


まあ私のリアル友人たちが電話して聞いてくるんだけど

そのかたがたってのはもう何十個も何百個も

EAを見てきてる方なんですね。



それで実は リアルの実運用で

4年7ヶ月生き残ってるEAって実は

業界見渡してもほとんどない、というか


滅多に見ないってのが現状ですから、


それなのでよく現状知ってる社長さんとか投資家さんほど

注目してくれてるって感じですよね。



たぶん最近投資を始めたとかそういう人は

おそらく この月利5~10%前後を続けて

裁量入れながら4年7ヶ月生き残ってる


ってすごさは分からないかもしれないですが、

やはり知ってる人ほど、すごい、とみな言います。


というのは、ネット上にはEA開発者って

沢山いるのが現状ですが


結局分かってるのが、


「ほったらかしで勝ち続けるEAなんてない」


ってのが現状、(当たり前なんだけど)

分かってきちゃってるんですね。


実はこのTHE THIRDをリリースするにあたって

事務局さんが50個以上のEAも検証していて

市販のものも含まれるんだけど


実は大体の市販のEAってのが

バックテストとかのデータはあるけど


実運用の数年のデータってないんですが

それで販売されてるのが現状です。



こういうリアル運用で利益が負けずに出続けてるもの

てほとんどないのが現状で、


だからバックテストっていう過去検証だけで

売ってる EAが実はほぼ全部なんですね。



それで実際にそれらを回してみたら・・・

やはり実運用では数ヶ月は持つものはあるけど

やはり1年2年単位で生き残るものは ほぼない


ってのがシステム会社の検証で分かってる現実です。


ちなみに多くのEAが バックテストのデータだけで検証して

29万8000円くらいで売られてるものが多いけど


やっぱりEAほったらかしでは勝てないから、

数ヶ月で破綻しちゃうんですね。


だから上の事務局さんがおっしゃってる

検証結果である



スキャル・デイトレード・スイングを
メインにする自動売買から、
仮想通貨を売買するシステム、

トータルすると50個以上は社内で
検証・実践を繰り返し行ってきました。


弊社で、最低1年以上は検証期間を設けるので
その1年以上を生き残ったシステムは、
正直、片手で数えられるくらいしかありません。

50個以上のうち、数個です。
~~~~~~~~~~~~~


私たちはデモ口座やバックテストは
あまり信用していないので、


必ずリアル口座にて、実証していくため、
これまで無くなったお金も
“数百万・数千万以上”に当たります。


中には、月に20%・30%・50%以上と
大きな利回りの出るものはいくつもありましたが、

1ヶ月や3ヶ月と時間が経つにつれて、
相場の急変や大きな経済発表などのイベントが起きたとき、
出続けていた利益も含め資金がすべてショートしてしまったのです。

短期的に当てはまった相場で利益は出るが、
長期間で安定して出続けることは難しい…

そういったシステムをたくさん見てきたのです。



この情報ってすごい重要なんですね。


そんで、こんな数千万円の予算とっての

検証って普通は個人では行えませんから、



みんなこういう検証結果を知らないのですが、


ちょっと私の立場はある種ずるいんだけども、

こういう検証結果とか 私はこういうファンドさんや

システム会社さんに

友達なんで教えてもらえちゃうんですよね。



だから私や一部の人だけこういう重要な

数千万円の予算とっての検証結果を知ってしまってる状態

なんだけど、



一応ちゃんと今回は 情報に鋭い方のために

上に事務局さんがその検証結果を書いてくれてるわけです。




こういう情報価値に気づけるかどうか、ってのが

今の時代大事ですよね。


情報インテリジェンスとか言うけど。



それでネットでグーグル検索してもこんな

数千万円の予算とっての検証結果なんて書いてませんから、


だから知ってる人だけがお金増やしてるってのが

現状なんでしょう。


それで50個以上回してそれで生き残ったのが

「裁量プラスEA」で回してる THE THIRD


なんです。



そう、だからこれは裁量と同じで

「検証が大事だ」って良く書いてるけど


基本的なところは負けないために 検証をするわけですが

それはEAでも同じ、ってことです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だから以前、立派なトレーダーの

野田さんが口をすっぱくして


「検証が大事だ」って言ってたけど


まさにそれで 

「EAでも結局検証が命」です。


それで多くの人は フォワード、実運用の検証がかかっていないEAを

実のところ30万円前後で買ってるってのが現状でして、



ちょっと今回はそんな業界の事情も理解して

「じゃあ検証がかかって、さらに4年7ヶ月生き残ってる

EAプラス裁量のものをとんでもない価格で

期間限定で投入してみよう」


ってのが実は今回のマーケですね。


要するに、事務局も私も面白い

「ほかではやっていないこと」をやりたい

っていうことでやってるのがTHE THIRDです。



それであまり投資経験がない人は

「EA運用の現状」って知らないから


この価値は分からないかもしれないけど

結構私の周りの もうEA何十個も何百個も見てきた人たち


はこの「4年7ヶ月 月利5~10%前後で生き残ってきた」

って事実のすごさは分かるんで、


知ってる人ほど、電話で結構驚く方が多いです。


もちろん、これは今後

負ける確率ってのも0ではないので


やはりそれを想定しないといけないですけども、

ただ滅多に4年7ヶ月も負けずに生き残ってるもの

ってないですから、


そういう意味でこれが今は4万円台ってのは

まあ面白いんじゃないかな~と思います。


未来は誰にも分かりませんが

現状4年以上にわたって生き残ってるという実績が

あるシステムですね~



【メルマガ読者様☆限定特典☆】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/




それであと 世間では

みんな 呪文のように「AI AI」って言ってませんかね?



なんか取りつかれた信者のように、

AI AIって連呼してる人が多い。



大手証券会社とか。



けどあなた、

「大手証券会社の開発したAIほったらかしで

億万長者になった~」


って言う人知ってますか??


知りませんよね?


そうです、以前書いたけど実はほとんどのAIが

1年以内には破綻しちゃってるってのが

不都合な真実なんです。



というのが実は私の周りでAI開発してる人たちって

結構いまして、


投資でAIで ディープラーニングとか言うんだけど

そこで過去のパラメーターとかで統計とって、


そんで、研究室とコラボして、AI開発するわけですね。


それでまあすごい日本では誰でも知ってる名前がからむ

ところとくっついてAIの投資用の

システム開発をするわけですが


これが・・・ことごとく勝てないんです。


だから、世間では「AIすごい!」ってみんな

洗脳されてるんだけど、


もう現場では「AI単体ではまずほったらかしで

勝つのは無理」


ってなってきてるんですね。


だから世間では「AIすごい」だけど

AIを開発して現場で検証してる人の間では

「AI AIっていうけどたいしたことないし
意外に相場でほったらかしは難しい。」


ってのが認識として出てきてる現状ですよね。



だから結局 人間の裁量入れないと

ダメだよね、となっているという現状。



ちなみに、例えば私なんかが時々メルマガで

下線で文章を強調するけど




これは私自身が入れてるものだけど、


この「文脈上重要な場所に下線をつける作業」ってのは

AIじゃできないわけです。


文章の流れとか思想を読まないといけないから

AIじゃできないんですよね。


AIは思想を読めない、っていう決定的な事実が

あります。



だから世間ではAIすごいってなってるけど

「AIは結構限界があるな~」と現場では

なってるのが現状ですよね。


ただもちろん、単純な作業とか、統計取らせるとか

そういうのは向いてますけど



例えば道路っていう「自由が縛られた枠組み」があって

それにそらせて自動車を走らせるとかだったら

AIは良いのかもしれませんが


こと相場に関しては「極めて自由」ですから

そこでAIだけでは対応できないんでしょう、どうも。


ちなみに私は結構AI開発とかやってる

友人に聞いて AIの限界が分かったんだけど、


結局AIってのは過去統計を見るんだけども、

そこでパラメーター調整とかしてディープラーニング

ってのを使うのが主流でしょうけど


相場の「現在価格」は何で決まってるか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

っていう問題があるんです。



以前に書いたけどもう量子力学の分野で

分かってきてしまってることがあって


「過去、現在、未来」ってのがあって


多くの人は


「過去から現在、そして現在から未来」

に時間が流れてると思ってるわけですね。



だから過去から現在までの統計を取って

それを未来に活用しようとしてるわけです。




が・・・分かってきてしまってるのが

以前書いたのだけど量子力学の研究なんか見ていると
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


未来から過去に流れていく時間の流れってのも
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
存在していて、
~~~~~~~~~~~~~~

要するに
~~~~~~~~~~

1過去から未来に流れる時間の流れ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~
2未来から過去に流れる時間の流れ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これが2つの川がバッティングして濁流になるように
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それがバッティングしたのが現在だ、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

っていうことなんですね。



これは 以前にホイーラーの思考実験っていう

のを扱いました。


これはすごい重要なPDFだと思う。


もう2年以上前の内容ですが

以前にこれ書いてますね。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

PDFレポート
【なぜ金持ち富裕層たちは「未来の話」をよくするのか?】
http://fxgod.net/pdf/kanemochi_mirai.pdf

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



だから現在価格ってのは

過去からの統計だけで成り立ってはおらず


それぞれの人間の 思想とか想定シナリオとかが

あって、


そこで人間が 未来から現在価格に割り引いて

計算して、 現在価格に反映されてるわけですが



AIってのは上記の


1過去から未来に流れる時間の流れ


の統計を取るのは上手なんですが


最も重要な


2未来から過去に流れる時間の流れ


はこれ 分からないんです。


これを理解するためには まず

「人間の心」ってのが大事ですし、

「生きてきた人生経験」とかも大事ですし、


また本を読解して「思想を理解できる」という部分も

大事です。


が、これはAIにはできない。


おそらく シンギュラリティ問題とかいわれるけど

2040年代になっても、AIには思想が読めない。



だから上の量子力学の最近の研究知ってれば

「AIだけじゃ無理だわ、人間が裁量加えないと」

って分かるわけで



THE THIRDは結局 裁量プラスEAになってるわけですね。


この辺も当初は分からなかったんだけど


色々検証する中でそのアプローチが一番強いってのが

この数年で 事務局さんも分かってきたってことです。



ただまだみんなこの事実に気づいていないので


AI(EA)プラス裁量っていうものは少ないのですが

もう検証して事実を理解してるから


そこでこのAI(EA)プラス裁量を打ち出して


それで4年7ヶ月に渡って利益を負けずに出し続けてるのが

THE THIRDなんでしょう。



【メルマガ読者様☆限定特典☆】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/




だからEAとかAIの検証して現場でどうも

分かってきてるのが



「それほったらかしだと勝てない」ってことで


上の 「現在とは何なのか?」みたいな

哲学とか量子力学の話まで入っていくのだけど


この辺まで投資の分野ってのは考えないと儲からない

と言えると思います。



それで現状ではTHE THIRDが

4年7ヶ月で負けないで利益出してるってのも


うまーくその 現在を捉えてるからですよね。

これはAIではできないわけです。


だからこの数年はこれに気づきだした人たちから順に

「EAに裁量混ぜる」っていうアプローチになってきてる

ってことですね。



それでこの裁量プラスEA でミックスしたのが

THE THIRDでして


50個検証した中でそれが最も強かったというものなんで

そういう意味で検討される価値はあると思いましたので

あなたも是非じっくりページ見てみてくださいね~



それでは!!





ゆう






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【メルマガ読者様☆限定特典☆】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







追伸・・・だからよく

自己啓発系の人たちが言う

「未来を想像しまくってればその通りに

なっていく」

って言う話があるけど


あれはそれこそ ホイーラーの思考実験、

遅延選択実験の


以下のようなことがあるけど

これに関わる。


以前のメルマガから引用です。


==================

ホイーラーの思考実験ってのがあって


ジョン・ホイーラーと言う学者が行った実験ですが

ここで

「一般常識を覆す常識はずれの結果」


が得られたわけです。



つまり実験を行う前に

「よし今回は粒子性を調べよう」と、粒子性検出器に

切り替えて実験すると、


「実験は光の粒子性を示して、」



逆に


「よし今回は波動性を調べよう」として

「波動性検出器に切り替えて実験すると

実験結果は光の波動性を示す」

わけです。



その結果はあたかも

「実験者の意図」を知っているかのような

結果となってしまった、のですね。


だからそれは


「あたかも時間が逆に流れて実験者の意図が

これから到達する粒子に伝わったかのように見える」


っていう結論になってしまったわけで


これは今までの


過去⇒現在⇒未来の時間認識を完全に覆してしまった

ということで恐ろしい?実験だったと思います。


それで多くの物理学者が似たような実験をやったら

やっぱりそうなると。

なぜだ??


っていうのが今の世界ですよね。


私も分かりません。なんででしょう。


==================

以上です。


ということでよく、自己啓発の人がいう

未来を想像すれば 現在も良くなっていく

みたいな話


あれは何も知識の前提がない人はオカルトとか都市伝説と

断定しちゃいがちですが


量子力学の上の実験を知っていれば

単純にこの量子の性質を理解したものだ、と分かりますね。


すなわち 過去⇒未来への時間の流れも作用してるけど

それ以上に 未来⇒過去への時間の流れも

作用しているから、



それをうまーくバッティングさせて「現在」

作っていきましょう~


って話でして、


そのために 未来を想像して現在を作っていきましょう

ってのがおそらく上記自己啓発系で言われる内容

なんです。



だからあれは量子力学の話を分かりやすくした話

なんですね。


そんでそれを実務でまあお金稼ぎに生かそうと

応用すると



例えば裁量トレードだと 未来のシナリオを複数作っていく

っていう話になるし、



EA活用の運用なら

EA+裁量でTHE THIRDみたいなアプローチになるってことですね。



だから「自分で稼ぐ」を研究していくと

量子力学までたどり着く・・・


って超面白くないですか??(笑)



それで多くの人がここまでたどり着くためには

相当な年数を要しますが


あなたはメルマガ読んでるから知ってるんで

良かったらやってみないとわからないのが相場ではあるけど



4年7ヶ月そのアプローチで負けずにやってきたという

期待値はありますから


この裁量+EAを学ぶのはかなり人生に役立つでしょうから

検討してみる価値はあるかと私は思いました~





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXの裁量×自動売買をあわせて


投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


”THE THIRD”ですが

新特典も含めた特典ページが出来上がりました!】


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/

(「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

重要な教訓に基づいて

裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

未来の保証はできませんし100%はないものの、

ただ現状、

4年7ヶ月で負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆








============編集後記===============

さてさて、ここ最近ですが、大統領選挙が面白すぎて

メルマガで扱いまくってます。


ちなみにこんなに面白い動きが今週になって出てきてるのに

バイデン勝利って勝手に司法闘争も終わっていないのに勝者を決めてしまった

マスコミたちは一切この辺の動きを報じない・・・


となってますよね。



けど実はそれは日本のマスコミの話で

もうこの数日で私が見ていたのは

「ああ、FOXは田中宇先生が書いていたように

良い意味で裏切りだして トランプの敏腕弁護士である

シドニーパウエル弁護士を表に出し始めて


不正集計機のドミニオンについても話させているぞ」


なんてことですよね。



ちなみに日本でも本当の意味で勇敢な名前も私は知らないような方々が

多くいらっしゃってそういう方々が

ちゃんと日本人でも分かるように


日本語翻訳をつけてネット上に公開してくれてますね。


この数日、アメリカでも最もよく見られてるテレビ局の

FOX テレビでも


こういう内容を報道しだしている。

もうCNNとかNBCとかの放送局が勝手にバイデン勝利といってる中で

FOXは少し裏切りだしてますね。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■2020年大統領選挙
サギのために作られた集計ソフト シドニー・パウエル弁護士
⇒  https://youtu.be/LoI-27B8bBg


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




それであと最近注目されてるメディアが

前号で副島先生も書かれていましたが


EPOCH TIMESでして


エポックタイムズは今日の11月18日に

この動画をアップロードしました。

ネット上でも「どうも米軍が動いて

不正選挙の情報が蓄積してるドイツのサーバーが

押収されたぞ」


という真偽不明の噂があってそれも以前ちょろっと

真偽不明だけど、ということで扱ってますが


エポックタイムズが今日の18日にこの動画あげてきてますね。


おそらくある程度確信を得てでのことだろうと私は見てます。


ちなみにこれが言論表現の自由=英語でFreedom of speechの

重用なところで、その時点では真偽は分からないのだけど

後々分かってくることもあるから


だから言論表現の自由は近代デモクラシーでは「一切」保護される。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(動画)■米軍、米大統領選データ企業のサーバを独で
押収
トランプ弁護団「複数州で選挙結果をひっくり返す」

⇒  https://youtu.be/k8qRQ28mbNE


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



それでこの辺はもうトランプ大統領はツイッターで

おそらく 弁護士たちに


「トランプ大統領、もうこれから連邦最高裁での訴訟に入るため

大統領のツイッターも少し遠慮して

裁判が決着するまで

私たちに表に出してOKか確認してツイートしてください。」


ということをおそらく言われてると思いますが


彼の先日の訴訟が始まった後の

「I won the election(俺は選挙に勝ったぞ)」

ってのはこの辺の情報を把握してでのことだったんでしょう、


と今ちゃんと分かってくる。


それで最近ですと、もう 第1章の

バイデン民主党、エスタブ、イルミ陣営を泳がせて


そして彼らがマスコミを使って勝利を規定事実にする章から


第2章の連邦最高裁での訴訟のターンに入ってますので


なので以前にあげた


以下のツイッターなどは確認すると良いでしょう。



ジュリアーニ弁護士ツイッター
https://twitter.com/rudygiuliani

シドニーパウエル弁護士ツイッター
https://twitter.com/sidneypowell1

リンウッド弁護士ツイッター
https://twitter.com/LLinWood



ちなみにジュリアーニ弁護士とシドニーパウエル弁護士について

結構最近扱ってるのですが


実はリンウッド弁護士がこれすごい方で

以前にこの人はアメリカでクリントイーストウッドの映画でも題材として

描かれてるとも言われてる人ではなかったかなと思いますが


映画ではFBIとメディアが 善良な人助けしたアメリカ人を

勝手に犯人に仕立て上げてそれと戦う弁護士を描いてるわけですが


この題材となってるとも噂される人ですよね。


いずれにしても全米最強の弁護士とされてる人ですよね。



それでこのリンウッド弁護士がこの数日言ってることが

以下の内容です。


「多くの人々は(選挙結果の)不確実性にうんざりし、
真実が明らかになるのを待ち焦がれている。

最終的には真実が明らかになると信じ、
強い信念を持っていてほしい。

嘘は必ず一つ残らず暴かれる、これは自由のための私たちの戦いだ」



「社会主義のプロパガンダメディアマシンがフル回転で運行しており、
多くの嘘が解き放たれた。
中でも最大の嘘は、バイデン氏が選挙に勝ったというものだ。

しかし、彼は勝っていない。トランプ氏が勝った」


「それと同時に、真相に対する検閲も急増している。
左派の計画は、あなたに一つの声を聞かせようとしている。

もちろんそれは真実の声ではない」



「左派の計画の一部は、情報を制限および管理し、
私たちの意志をすり減らすことだ。

われわれはまだ敵と完全に交戦していないが、
まもなくそうする!真相は最終的に勝利する! 」



https://www.epochtimes.jp/p/20……64815.html
より



それでさらに


「2020年の選挙は操作された詐欺である。
トランプ氏がこの選挙で地滑り的勝利を収めた」


「ジョー・バイデン(Joe Biden)氏とその他多くの人たちは、
長い投獄生活以外、何も得られないだろう」



ということまで2020年11月18日のエポックタイムズの記事では
かかれてまして、


もうこれ止まりません。


さて、それで上の 最強弁護士ことリンウッド弁護士がおっしゃってるのが

まさに

「検閲問題」なんだけど


これは以前にメルマガでも扱いました。



【最新のトランプ大統領のアイオワ演説動画から
「相続税廃止・減税」および
「GAFAの検閲問題」(通信品位法第230条)について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2698#2698



ここで230条について


以下のように書いております。


(11月2日のメルマガより引用)
==============
それでここで GAFAを超え太らせた法律ってのがあって

それがまさにトランプが言及してる

通信品位法第230条です。


この230条ってのは

「企業がコンテンツを「誠意(good faith)」をもって

制御しているか否か次第にすることを目的とするもの。

この「誠意」基準の明確化は、連邦通信委員会 (FCC) が担うことになる」

となってるのですが


まあこれがあるから、例えばGAFAなりの大企業たちは

訴訟されないで済んでるんです。



ここでトランプ大統領は


検閲に近い形で検索エンジンが検索結果のSEOを操作したり

あとは動画サイトやSNS投稿で「一定の思想を持って扇動的に

コンテンツを操作したら」


そこで「誠意がない」とみなして

訴訟なりからGAFAが免責できないようにするだろうってことですよね。


それで現状GAFAたち大企業は

投稿の削除やコメント付けや警告なんかを自由自在にできるように

なっておりまして、


ここでは 例えば


「違法ではないのに、過激というだけで削除されるコンテンツ」

ってのが多く出てきておりますよね。


ここが重要で「GAFAの規約が多くの国の法律や憲法を上回ってる」

状態となっているわけです。



ソーシャルメディア企業が

自社プラットフォームでコンテンツを許可や禁止することが出来るのが

現状で


例えばそうですね、「マスク」なんかは日本でも

コロナ騒動があり大変議論を呼ぶ話題で色々問題になっておりますが


見えてくる構図としては


1 官僚の利益を代弁する

共産主義の左派たちやマスコミはマスクを強制させたい、自粛させたい、

経済活動を停止させたい


わけでして一方


2 近代デモクラシーと資本主義重視の保守派は

マスクは自由選択でよいと考えるし、

経済活動はちゃんとしないといけない、それに対して

行政が禁止などを言って介入するのは


営業の自由権の侵害であって憲法違反だ


という立場ですよね。


それで本来ですが1と2の意見が多く見られて

議論できるのが 近代デモクラシーの情報のあり方ですが


実際にユーチューブなんかでは

どうみてもグーグルたちは

「マスクを強制するべきだ、経済は停止すべきだ」という

思想を持つコンテンツが明らかに目立つように 「おススメ」などにも

表示させております。



それで1と2の論争があるのですから

2つの意見をコメントでも本来見られるはずですが

ユーチューブなんかはコメントがすごい面白くて


「しっかりと統制」されてきてる。


例えばホリエモンのマスク騒動の動画があるけど

これが最近だと分かりやすい。日本でも同じなのです。


このホリエモンは「マスクを強制化するのはよくない」といってるけども


それは当たり前の意見でもある。


北朝鮮ではちなみにマスクは強制であり

それを受け入れない人は強制労働になるんだけど


このマスクを強制することを支持させるようなプロパガンダを

GAFAなりの大企業が展開してる、すなわち「現代のGAFA大本営発表」に

なってるという大きな問題があります。


===============


以上です!


それで実際のコメント操作であったりSEO操作の問題点について
私は 数字を用いて以前の上の記事でかなり書いてるのですが


これがリンウッド弁護士が言ってる


「それと同時に、真相に対する検閲も急増している。
左派の計画は、あなたに一つの声を聞かせようとしている。

もちろんそれは真実の声ではない」


の意味なんです。


そして、「これこそが検閲(censorship)の恐ろしさ」でありますよね。



それで昨日ですが 公聴会が行われまして

ここで 

フェイスブックのトップであるザッカーバーグと

ツイッターのトップであるドーシーが召還されまして


ここでは嘘を言うと刑罰が発生するわけですが

そこで分かったことがあり・・・



なんとGoogle FaceBook Twitter3社の

共通検閲システム 「タスクプラットフォーム」というシステム

があるのが分かってきたと。


「共通の検閲システム!?」とこれは実は以前から言われていたけど

陰謀論とかあしらわれて相手にされてなかった言論でしたが


これがどうもあるってのが分かってきており


これが昨日公聴会で言われていたんですね。



これは世界中の人が「まさかとは思っていたが本当に検閲していたか」

ということで仰天したわけですね。



【動画】なんと大手IT企業が「タスクプラットフォーム」という
共通検閲システムを構築してるのがばれてきた。
https://mobile.twitter.com/Per……1068804096




ちなみに私のこのメルマガなんかも実際はよく検閲対象になっており

最早慣れてるのですが


到達率というのをやたら低くされたり、

後はこの前あったのはGMAILのユーザー全員にメールが送れなくなった

なんてのもありまして、


これ、だから私に最も多い問い合わせが

「なぜかゆうさんのメールが○月○日より届きません」

ってものなんだけど


これ私は毎日発行してるんですよ。

けどプロバイダ側というかメールサービス側が

メールを事前に検閲してるんです。


立派な憲法違反です。


それでこの問題を私は孤独にこれちょくちょく書いてきたのですが

いよいよこれを民衆側についてくれた天才であるトランプたちが暴いてくれてる。


それで彼ら大手IT、SNS企業は 

「検閲チーム」をどうも名前を適当に付け替えて持ってるのですが

ここでそれぞれコミュニケーションをして


「どのSNSユーザーをハッシュタグをウェブサイトを検閲対象にするか」
などの情報交換してると。



ちなみに「なぜそんなことを共和党側は把握してるか」

というとそう、内部告発者を彼らは確保しており


それで「GAFAなどの大手IT企業たちの情報統制がばれてきた」

ってことですよね。


ちなみに昨日の公聴会では

ツイッターとフェイスブックのトップ2人が召還されてまして

もうこれはネット上で生放送で報道されてるのですが


英語ですけど、これです。


【動画】昨日のFACEBOOKのザッカーバーグとTWITTERのドーシーが
召還された3時間の公聴会の様子。
⇒  https://youtu.be/oaXYYlQls7c


それでおそらくいよいよトランプ陣営の本丸が

ボスのグーグルであるでしょうが


おそらくグーグルトップが公聴会に近いうちに召還されるのではないか

ってことですよね。


いや~すごいことになってきました。


ちなみに私のメルマガなんかは実のところ政治のことをこれ扱うと

やたら迷惑メールフォルダにグーグルさんは入れてくれるようで


実は最近読者からそれに気づく人たちが本当に

おかしいと私に教えてくれるのですが


この辺の闇もいずれ出てきそうだってことですね。


恐ろしい 検閲制度、腐敗がどうも明らかになってきておりまして

そして 「検閲は明確に最高法規の憲法違反」にデモクラシー国家では

なるわけで


いよいよここにメスが入っていく。


すごい展開になってきてます。


どうみてもトランプ陣営が おとり捜査のように

証拠を集めて、軍産官僚たちのプロパガンダを行ってきた

大手IT企業たちを壊滅させようと動いてるわけで


これはもうある種の戦争ですよね。


ちなみにバイデンがこの前「これ以上敗北を拒むと多くの人が死ぬ」

みたいなまるで脅迫のようなことを言ってますが


やはり恐ろしい勢力である、と私も思います。


が、その検閲であったり情報統制、プロパガンダと

トランプたち、アメリカの自由を愛する本当の保守の人たちは

戦っておりますね。



ちなみに最近アメリカ人たちが言ってるのが

「リベラル左派の人たちがいう

リベラルではなく リバティーを」


ということですね。

彼らの言うリベラルが実際は為政者の口実のために使われてる言葉だ

ってのを見破ってる言葉であろうと思いまして

それに対して リバティー に言及してるアメリカ人たちが増えてますね。



それで現状内部告発を受けて

共和党に大手IT企業たちが

共通検閲システム 「タスクプラットフォーム」というシステムを

使っていて突っ込まれて 相当焦ってる状況ですが


徐々に バイデンやマスコミたちが勝手に主張してきた勝利、

それはまさに砂上の楼閣であったけど


それが徐々に崩れだしてる様子がこの2~3日の様子ですよね。


そして上に動画あげてますが、FOXたちが徐々に既存マスコミたちが

これから裁判で崩されることを想定して裏切りだしてると。


なんとか既存マスコミや民主党バイデン陣営は

「嘘を1000回言えば本当になる説」で彼らが勝ったということを

押し通そうとしましたが


なかなかトランプ陣営が敗北宣言を出さないので焦ってるわけですが

いよいよこれからまさにトランプ陣営の反撃がさらに本格化していくでしょう。



それでリンウッド弁護士が先日

以下のように言った。


英語だとこれですね。


Attorney Lin Wood:
Team has ’smoking guns’ to prove Trump won!
‘105% confident’ that Biden will never be president


Attorney Lin Wood:
Team has ’smoking guns’ to prove Trump won


日本語だと、

「我々トランプの弁護士チームはトランプ氏の勝利を
証明するための「決定的な証拠(smoking guns)」を持っている
バイデンが大統領になることはありません。」


「我々トランプ大統領の弁護チームは トランプが勝ったという
決定的な証拠を持っている」


というものです。

https://twitter.com/AngelWarri……1494139905



それでこの
smoking gunsってのは 火のないところに煙は立たぬって言葉が
ありますけど

それでして、


銃から立ちのぼる硝煙が発射の証拠となるわけですが

それから転じて「動かぬ証拠。 確証。」みたいな意味ですね!!


いや~英語の勉強になりますね。



ということでチェスでいうとどんどんトランプ陣営がチェックメイトに

近づいている状況と見えますね。



それでまたドミニオンの集計機以外でも

共和党側の選挙監視委員をこれ 民主側が投票所に入れなかった

問題がありますが、


もうこんなある意味笑える写真も出てきてる。


この望遠鏡で監視させられてるのは共和党員たちですが

写真ですね。


(写真)全然監視させてもらえない共和党員たち。
望遠鏡使ってる。
https://imgur.com/f0A5Y0V


もはやギャグの様相ですが、

それくらい民主党側が違法なことを稚拙にやってしまってるわけで

証拠が集まりまくってる。


そしてその 宣誓供述書これを英語でAffidavitとかいって

ジュリアーニ弁護士がよく最近言ってるんですが


これらの宣誓供述書の証拠を判断するのが

まさに 連邦最高裁になりまして


そしてその連邦最高裁はこれ10月に沢山書いていたように

トランプ陣営の思想に近い

保守派の最高裁判事が9人中6人となります。


民主党陣営は不正というよりは完全な違法行動を辞さず、

ある種のクーデターをかけようとしましたが


トランプたちはそれを事前に対策しており

今まさに この第2章でどんどん外堀を彼ら民主党は埋められており、


最初勝ったと思い上がっていたら

実のところ後ろで全て対策されており、


流れが一気に変わってきたってのがこの数日の動きですね。


そしてこの動きがあまりにもまずいから

その不法選挙に加担したマスメディアたちも今の動きを

報じられないとなってるのでしょう。


北朝鮮のように情報検閲すれば民衆を騙せるとでも思ってるのでしょうが

さあそんなにうまくいくかな?ってことですよね。


私はだから未だにトランプ勝利の確率がなんだかんだ高いだろうな

と思ってましてその確率はさらにこの数日で上がってきたという風に

見ておりました。



不正をして、そしてマスコミなどでプロパガンダかけて

人類を支配しようとしていた恐ろしい怪物でありますが


元祖近代デモクラシーの国、

アメリカの民衆たちが天才トランプを表に立てて支持して頑張って

この怪物に再度鎖をかけて

動けないように頑張っている。



恐ろしい戦いだけど同時に大変面白くもあり

さらに人類にとって勉強になるそんな戦いです。



そして昨日、大手IT企業たちが共通検閲システムを使って

ひとつの情報だけしか民衆がアクセスできないように細工してるのも

公聴会でばれだしてるわけですが


いよいよ恐ろしい、おぞましい怪物たちが

私たち民衆の前に姿をこのように現しております。


そして既存メディアは全て民衆を喰らうこの怪物の味方でありますので

私たちは騙されず、


自分自身で考えて、自立して考えて

前に進むことが求められてますね!!


勇者トランプ、

そして最強の弁護士ジュリアーニ、

パウエル

リンウッド


たちが怪物に挑んでます。



引き続き注目ですね!


では!



ゆう




追伸・・・そして「怪物」はまさにバイデンの最近の発言のように

世界中の人に外出時にマスクを強制しようとしてるけど

実は外出時だけではないのだ。


共産主義ってのは本質的に「家族制度自体がブルジョワジーを生む源泉だから

家族を解体して子供の教育は国家が行い、国家の子供を作る」

という恐ろしい思想を持ってるんですね。


私は学生時代 共産主義という謎のシステムについても
調べて勉強していたから
分かる。


それで最近「一人暮らしはよいけど家族はコロナで感染リスクが危ない」

と左派が言い出してるけど


これはすなわち国家が「家庭まで侵入していく」ということを

意味している。


共産主義では国家が家族にまで侵入するのですが

最近マスコミが コロナを口実に

家族は危ないみたいな論調を報じるのは

家庭内でのマスク着用などを求める布石である可能性が高いですね。


それでこんな家庭内でマスク着用などみんな守りませんが、

「守らないならば 警察が自宅訪問してそれを
遵守してるか確認する」

という工程になるのだけど

「現状コロナであっても世界トップレベルで自由な」日本人の感覚ですと

「そんなのありえない」と思いますが


実はもう既にある種のクーデターでマハティールが降ろされた

マレーシアでは 隔離状態が正確かどうか?で


警察が自宅訪問するということが起こってますから

本当にそういう警察国家になっていく危機さえあるのです。

政治システムが弱い東南アジアではそれが起こっているのですよ。


また

最近 夫婦間でも「同意を得ないと性の行為は違法」みたいな流れを

左派が作ってきてますが


それは 性の行為をする際に「同意書」を書いて性の行為に及ぶ

なんてとんでもない時代になりそうですが

実はこれも家庭に怪物が忍び込むためのスキームなんです。


このような怪物の動きをけん制するために

現状トランプたちが戦ってますが


「当たり前だった自由は失われないと分からない。」


1年前は自由に旅行に行けて、ストレス発散もできましたが

それらの基本的自由権はこの1年で急激に弱体化した。


こうやって民衆は長いこと支配されてきたのですね。


だから今回の大統領選挙は人類に運命を決めるため

大変重要であります。


そして民衆を守る最後の砦である、司法システムがアメリカで

始動してきてる、という見方となり


トランプたちが大暴れする怪物たちに合衆国憲法という名前の

鎖をかけて動けないように頑張っております。


すごい戦いですが現状、トランプたちが善戦しておりますね!


では!










★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXの裁量×自動売買をあわせて


投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


”THE THIRD”ですが

新特典も含めた特典ページが出来上がりました!】


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/

(「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

重要な教訓に基づいて

裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

未来の保証はできませんし100%はないものの、

ただ現状、

4年7ヶ月で負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆












«  【驚愕!?】昨日の米公聴会で大手IT企業の「共通検閲システム・ タスクプラットフォーム」の存在が明らかになってきた、 ことについて考える!  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください