無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






(写真51枚あり)バルト三国・エストニアの最大ショッピングモールを 散歩してみたら面白かったです!

2020 10月 25 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

(写真51枚あり)バルト三国・エストニアの最大ショッピングモールを
散歩してみたら面白かったです!
⇒編集後記で



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(大人気)EA+裁量の「The Third ザ・サード」がかなりの反響です!
今回はありえない3大特典、もついております。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



どうもゆうです!

いつも見ていただきましてありがとうございます!



さてさて、私は現在 バルト3国の1国であり
北欧であるエストニアにおります。


それでこの前いたギリシャと違うところがありまして
ズバリ冬になると・・・「天気が微妙」でありますね。


やっぱり天気は地中海あたりのほうが良いのだな~なんて
感じます。

ただ実はエストニアでは冬とかは雨降ったり天気悪くなったりするのですが

ちゃんと屋内で過ごせるモールなんかも首都タリンの中では

かなりの数あったりします。


モールの中はこんな独特の雰囲気です。

(写真)独特の雰囲気の 北欧のモール
http://fxgod.net/gazou/picture……mall42.jpg




ちなみに、エストニアとか北欧では夏はずっと日が昇ってる状態らしいですが
一方冬は日照時間が足りなくて

そのためのうつ病なんかも問題になってるそうなんですが
ちゃんとショッピングモールにはこうやってその対策として

日焼けサロンがあるんです。


(写真)エストニアのショッピングモールの中には
日焼けサロンがあったりする
http://fxgod.net/gazou/picture……mall37.jpg


それで私が行ったショッピングモールってのが

ウレミスタショッピングモールってところで

Ülemiste keskus(ウレミステ ケスクス)っていうところですね。


2017年にオープンした
エストニアで最大級のショッピングモールです。

今日はその辺を散歩したので、


写真も50枚以上あるので

編集後記で!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【THE-THIRDシステム】今週の運用もお疲れ様でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





さてさて、この前から扱ってる

The Thirdですがかなりの人気ですね~


正直コロナ前なんかはこういうコツコツ負けないで稼ぎましょう

みたいな 投機というか投資的な視点ってあまり

人気はなかった?ように思うのですが


おそらくどうもこの最中で多くの方の意識も変わりつつあるのかも

しれません。



さてさて、それで今日は引き続き

事務局市原さんよりあなたにメッセージです!


↓↓
=====================



【THE-THIRDシステム】今週の運用もお疲れ様でした。



ゆうさんのメルマガ読者の皆様、

いつもお世話になっております、
システム運営事務局の市原です。


連日お届けさせて頂いている
半裁量型システムのTHE-THIRD(ザ・サード)、
勢いが落ちることなく毎日続々と会員様が増えております。


現在、

ゆうさんの読者様限定募集という事もあって、
スペシャル特典も付属しておりますので、
こちらからご確認くださいませ。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【※ゆうさんの読者様 期間限定募集※】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



さて、前回のメールにて、

今回ご参加されたゆうさんの読者様が
既に運用をスタートされ初の利益を獲得した、
というお話しを共有させて頂きました。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

⇒  http://the-third.net/yuu/1022.png



他にも、

>>>

「まずは最小ロットでお試し。
1日1500円程ずつですが増えています」

「きちんと稼働しました。これからよろしくお願いします。」

「ドキドキです。負けない運用を忠実に守りたいと思います。
私も先輩方の様に長く運用することを心掛けます!」

>>>



といった報告がさっそく届いており、
私たちも一安心です。

まだ現段階で運用の準備中という方もいますので、
一つひとつ順番を進めて頂ければと思います。



そして、

週末になったことで、
今週の運用も無事終了しました。


会員の皆様には運用情報チャットで、
毎回共有をさせて頂いておりますが、
今月の運用は”ココまで”かなといった予定です。


まだ来週の相場の動き次第ではありますが、
月末に差し掛かるということ、

そして来月頭には、
~~~~~~~~~
4年ぶりにアメリカ大統領選挙が行われます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


本システムは2016年も経験していることから、
大統領選挙の前後はリスクを負わないためにも、
私たちは運用の停止を推奨しております。


その為、昨日運用情報チャットにて、
このようにシェアいたしました。

↓ ↓ ↓ ↓

▼運用情報チャットのシェア

⇒  http://the-third.net/yuu/1024.png



予測不能な相場の中で、
リスクを取ってドキドキしながら、
運用をするのではなく、

何もない安定した相場にて、
確率の高い運用をした方が、
メンタル面としても安心できますし、
何よりも結果に繋がると思っています。


「早く運用して稼ぎたい!」
————————–

と思う方もいるかと思いますが、
この先、運用するチャンスは幾度と訪れます。

無限にあることでしょう。


なので、
今回は「運用をしない」という
エントリーボタンを押していただくことを
会員様にはお伝えさせて頂きました。


それでも今月は、

通常運用で5~7%の利回り、
ハイリターン運用で20%前後と、
投資として十分な利益を確保できているので、
また次に訪れるチャンスを待ちたいと思います。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【※ゆうさんの読者様 期間限定募集※】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


今回ご参加された方、
これから参加を予定している方は、

このように本システムをうまく使いこなし、
負けない運用を実現させていきましょう。


最初は心もとない利益かもしれませんが、
それが積み重なることによって、
やがて大きな数字へと変わっていきます。


焦らずコツコツと…
じっくりじっくりチャンスを待ちながら、
狙えるところでしっかりと利益を確保していきましょう。


今回THE-THIRDシステムへご参加をされ、
今週の運用を終えた方々、お疲れ様でした^^

また来週以降の情報は改めて、
運用情報チャットにてお届けさせて頂きます。



何かご質問がありましたら、
お気軽にお問い合わせいただければと思います。



▼問い合わせメールはこちら

info@the-third.net
==========


今日もお読みいただきありがとうございました。

素敵な週末をお過ごしください。


引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。



システム運営事務局
市原




======================

以上です!!



さて、それでこれからいよいよ11月3日の大統領選挙となりますが

この号の前に沢山 トランプ大統領の演説であったり、


あとは民主党が郵便投票で不正を行う予定があること

そして、さらにそのあと相当それを巡って訴訟などで荒れるよね、


みたいなことを書いているのですが


どう見ても危険性がある相場にはなりそうです。


4年に1回ですけど、こういうときはこれ

じっくり見ているってくらいの姿勢が大事かな~と思います。


ちなみに、私なんかはもう長いことメルマガで

こういう情報発信をしてるのですが


マスコミがいわないようなことを書いてると

東京の中央線とか付近に事務所を構えてるであろう、


官僚からマネーが落ちていて株式会社の体になっている、

特殊な嫌がらせ専用の工作員たちがこれ私に嫌がらせを展開するわけですが


そういうのも実は大きな分析の指標になってるのですが
(そういう人はバイトなので、結構荒があり、
上層部の意図が見えてくる)


今回の大統領選挙は・・・

本当に民主党は最後のチャンスとばかりに

郵便投票不正で混乱を仕掛けることに本気である

と強く感じます。



それで11月3日以降ですけど

相場もその影響を大きく受ける可能性は考えられますから、


AIとかEAではまさに対応できない相場になる可能性も

考えまして


停止するのは重要な判断だと私は思いますよね。



「休むも相場」


と言う言葉がありますけども、

トレードには


売りと買いと「休む」ってエントリーポイントがありますので

この「休む・トレードをしないというエントリー」

を重視して 負ける確率を減らしていくってのが


これすごい重要ですね!!



ちなみに本当は、ここで差が出てくるんだけど

「それでも停止しない人」っているんですね。


勿論、サードの会員さんは素直にこれ停止して

欲望を制御して 


「投資」を継続できるわけですが


中には停止しない人っているわけで

この世界の一流学者でも誰も分からない大統領選挙の混乱でも

突っ込んでいく人ってのがいるんだと思います。


最初は「今まで利益がコンスタントにあがっていたのに

止めたくないな」と思ってしまうものですが


そこで「止める」っていう決断をして判断をして

行動に移す、


これがまず最初の成長の一歩なのかな~と私は思います。


そこでその投資家に

「自分は欲望を制御した上で利益が上がっていても
ちゃんとシステムを停止した」


っていう経験が生まれますよね。


その繰り返しが重要なのです。


EA+裁量では

EAが 売りとか買いっていうエントリーをしてくれますが

裁量では「止めるという3つめのエントリー」をするわけで


これができるかどうか?になるわけですね。




それで重要なのは月利5%~7%って

なんか少ないな~なんて思う人は多いだろうけど


本当にそうでしょうか?


その月利5%前後ってのをこのサードは4年半に

渡って続けてるわけですが


じゃあ月利5%を10年間やったらですが

資産は本来複利において348倍になるんです。


10万円の人であってもだからそれは

ずっと月利5%前後を負けないで継続すれば


3480万円になるという複利の計算になりますよね。


ただ一応、資金が大きくなればなるほど

利率が下がっていくってのが


実のところ投資の重要な数字の話でもありますが

資産数千万円くらいまでだと


結構この複利を定期的に生かしてそこまで

たどり着くことは難しいことではない、


わけですね。



ちなみにですが、私、このサードっていうシステムについて

私の友人のシンガポールのファンドやってる大金持ちが

いまして


彼と以前このサードについて話したことがあります。


彼なんかは世界中のEA検証してるプロでして

EAを数十個回してポートフォリオ組んでるんだけど


良かったら前号のポートフォリオの話見て欲しいのだけど

そこでポートフォリオ数も前号で書いたような基準で

やってます。


ただその中でも「4年半に渡って負けていないEA」ってのは

大金持ちの色々なEA知ってる彼からしたら珍しくて


「それ僕もテストさせてほしい」


ってことでおっしゃってましたよね。


まあだから、これが大事なんだけど

大金持ちの人ってのは この「月利5%前後をコンスタントに負けないで

継続してること」をしっかり


評価してくれまして、「すごい」と言うのですけど



初心者のこれ資産が1億円とかない人からすると

「5%?それってどうなの」みたいな反応が多いってことで

この辺の反応の差はすごい感じますね。



だから資産築いてるような富裕層は

負けないで5%継続の意味ってのを理解していて


例えば4年6ヶ月負けていない

=54ヶ月負けていない


ってことなんだけど


仮に55ヶ月目で負けたとしても

負ける月にあたる確率が

1÷55=0.018だから

1%~2%ほどで


その上で月利5%前後を期待できる

っていう計算を大まかに頭の中で暗算するわけですけど

だから彼らは評価するわけです。



そういう意味で色々な経験をしてきた人ほど

たどり着いて 評価してくれてるのが


今回の THE THIRDなのですね~






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(大人気)EA+裁量の「The Third ザ・サード」がかなりの反響です!
今回はありえない3大特典、もついております。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





ちなみに、世の中の富裕層たちの実態ってのがあって

世の中の富裕層たちはこれ ”月利20%”って数字を

どう考えるか?です。


そう、実は”月利20%”って数字が出てきた瞬間

彼らは少し距離を置くわけでして


彼等が目安としてるのが「年利10%~25%」あたりでしょうから

本当は月利ベースですと1%2%辺りを見るわけですよね、

基準として。



そういう意味で運用資金の最大額は

ある程度限られるとは思いますが


さすがに9桁の金額をサードで、とかは難しいかもしれませんが

ただそこで5%の運用利益を負けないで継続してる

ってのはすごい、って判断になるわけですね。



よく最近 持続性って言葉が出てきますけど

月利20%は持続性があるかどうか?ですと難しいでしょうけど


月利4%とか5%だと持続性がある、

一定程度の資産額に到達するまでは

継続できる数字ではありますから


そういう意味で持続性、継続性を重視するってのが大事なのかな~

と私は思います。



それで実はこのシステム、富裕層の方らも普通に裏で使ってる

システムではあるんですが


今回 人数や期間は限定的ではありますが

それでもこうやって富裕層たちがリアルに使ってる

EA+裁量を 一部のちゃんと「負けないこと」を理解されてる人は


ポートフォリオに取り入れられるってのは

すごい時代だ、と私は思ってますね~



それで上に書いてるような

あまり欲望にかまけて運用しないとか

あとは負けないことを重視して日々節制しながらも


コツコツ資産を拡大させましょう

っていう姿勢なのですが


ここでネタバレですがそれこそが

「資本主義の精神」なんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


資本主義の本場である

アメリカ人たちはこういう長期的な姿勢をめちゃくちゃ重視しますが

代表的なのがバフェットですが


そう本当は彼等のある種の指針としてあるのが


「資本主義の精神」なんです。


多くの日本の投資家とか、あとは私なんかも

別に意識してたわけではないですけど


一定程度勉強しているとこういう

「資本主義の精神に沿って」動くようになるわけですね。



ちなみに「資本主義の精神?なんじゃそれ」

って思うと思うんですが


すなわち上に書いてるようなことなんです。


それでこれは

嗜好品、アルコール、娯楽、性の行為を断つとか

そういう意味じゃないです。


ここは間違ってはいけない部分です。



この資本主義の精神ってのは

マックス・ヴェーバーが

「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」

ってところで彼の様々な社会形態を分析して

明らかにしたものなんだけど



それは それこそ私たちが自分の仕事の労働に一生懸命、
専心して コツコツ地道に励みながらですね、


その中で世俗的な富の追求や
過剰な消費には距離を置いて慎むといった行動的禁欲のことでして


これをちゃんとアメリカでやりきったのが

バフェットだったんですね。


大投資家の資産数兆円の

バフェットは毎朝3ドルのマクドナルドを食べるってのは

有名だけど

具体的にいうとこういう行動です。



だから「コツコツ地味で」良いのですが

そこで過剰に欲望にあおられて消費しまくるとか

まあそういうのはなるたけ慎む、わけですね。


これが資本主義の精神で 過去日本では

大思想家と言われた小室直樹先生がここにたどり着いて

それを説明されていたものです。


それでそこでさらに大事なのが勤勉さ、でもありまして

今回でいえば「負けないことを実現するために私には何ができるだろう?」

ってことで


私たち投資家は色々学んだりするわけですが

それこそ前号のポートフォリオ思想もそうですが

この勤勉さこそが資本主義の精神のひとつでもありますね。



勤勉、地味にコツコツ、欲望を抑えていく

なんていうと


もうめちゃくちゃ最近はこういう考え方が嫌われてるわけですが

それは共産主義がステルス化して進んだ社会の成れの果てです。


が、実はこの資本主義の精神こそが

私たちが資本主義で戦って生きる道を示してるわけですね。



ちなみにもう少しいうとこの資本主義の精神ってのが

アメリカのトランプ支持してる保守派たちの核となる精神にも

どうもなっておりまして


白人経営者たちの、中小企業のおっさんたちが多いのだけど

そういう人たちは まさに資本主義の精神を理解しながら

日々生きてるのだけど


そういう人がトランプを支持してるってのも

実態ですよね。


一方、共産主義の人たちってのがいて彼らは

努力とかそういうのをして競争するのは嫌です、と。


それよりもベーシックインカムとか国家にお金をもらって

暮らしたいとなるわけで


そして勤勉さなんてのも嫌だと。


だからこの人たちの多くは

自分たちの教祖であるマルクスの資本論も読んでないのだけど

(これは実は驚くべきことです。

マルクスを読んでいない共産主義者というと

聖書を読んでいないキリスト教徒みたいなものです)


この資本主義と共産主義のぶつかりあいが

今の世界の対立でもあって


それはコロナ騒動で明確になってきてます。


それで私たちはこの資本主義の精神を理解するのが大事なんだけど、

すなわちサードで言ってることってのは


資本主義の精神のことなんですね、平たくいうと。


月利30%とか40%とか持続性、継続性のないことを意識するより

月利5%を負けないように工夫して

コツコツ継続していけばいいじゃないか、という

この精神です。


だから ザ・サードを通してこの大変、身に着けるのが難しい

日本の学校でも会社でも学べない

「資本主義の精神」が身につくわけですから


それが私はすごいことだな~とも思います。



それでこの数日毎日メール読んでくれてるあなたですと

実はもう既に「資本主義の精神の要諦(ようたい)」は分かってきてる

状態にあるので


それは別にサードじゃなくても他のビジネスや投資でも

良い影響があると私は思います。


それでまあそんな中 この

「ザ・サード」も資本主義の精神を

実際は

「負けないこと、欲望を制御しよう」みたいなところで

投資を通じて会員さんに教えてるという立派さがありますので


是非あなたのポートフォリオの中に参加させる価値は

あるでしょうから


お時間ありましたら検討してみてくださいね~





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(大人気)EA+裁量の「The Third ザ・サード」がかなりの反響です!
今回はありえない3大特典、もついております。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






追伸・・・ちなみにですが

例えば私はですね、これ今北欧の電子国家エストニアに

住んでみてますが


ここで別に余裕は正直あるので高級ホテルに泊まって

リッチ生活をしても本当は良いはずなんです。


が、これ私はこの10年、韓国なんかにいるときはモーテル、

あとマレーシアにいるときは家賃5万円台のコンドミニアム
(といってもプールとかは物価安いからついてる)

そういうところで生活してきまして


あとは今は電子立国エストニアにおりますが

そこで「旧ソ連の団地」に住んでます。

たぶん家賃は日本の団地と同じかもっと安いところだと思います。


といっても、すごい部屋の中はセントラルヒーティングで

暖かいし、


家具とかはかわいらしいですからね、

全然気に入ってるのです。


それで別に禁欲はしないのですが

こう過度に強欲にはならないように常に考えるっていう姿勢ですね


これがおそらく資本主義の精神のひとつです。


一方NYのウォール街みたいな姿勢がこれ

強欲資本主義とか批判もされてるけど


あれが世界の不況の元凶の源であり、

だから本当はトランプ支持者のリバータリアンたちは

資本主義を進めたい立場だから


それを批判してるんです。


最初、トレーディングや投機的ビジネスで
お金を作るのは現実としては
必要だったりはするけど


多くの人はいずれにしても
長期の投資家になっていくべきだ、という
考え方をします。


それでNYウォール街の人らはこれ短期トレードをずっと
継続して そこで豪遊してそして
アメリカの金融制度も近いうちに限界に達するかもしれませんが


やはりここで「資本主義の精神」が大事なのですね。

そしてそれを体得した人の比率が高い国こそが

次の世界で影響力を持つ国や地域となるわけですね。


この辺を知りたい方は上のマックスウェーバーの書籍もよいし

日本語だと小室直樹の「資本主義原論」を読むことを

おススメします!



そして

「資本主義の精神」とか言うと難しく聞こえるかもしれませんが

実は分かりやすくいうと


今回のサードの事務局が強調してるような

そういう姿勢こそがまさに現代における

「資本主義の精神」なんですね!!


こうやって思想レベルで理解してると

長期的に考えることが可能になりますので


是非そういった資本主義の精神を大事にしながら、

運用に取り組むと長期的に私たちは前に進めますね~





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(大人気)EA+裁量の「The Third ザ・サード」がかなりの反響です!
今回はありえない3大特典、もついております。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆









===========編集後記=============

さてさて、私は現在 バルト3国の1つでもあり
北欧にカテゴライズされている 電子立国でも知られている

エストニアという国におります。


元々北欧だったけど、その中でソ連の地域にしばらくなっていて
今は独立してエストニアという国になっておりますが

北欧ではデンマーク、スウェーデン、フィンランド、ノルウェーなどが
有名ですが


その後を追って、北欧のラストランナーっていう言い方もされてる
今急成長してる雰囲気の国です。


ちなみに日本政府が政府の電子化って進めてると思うんですが
実は世界中で、この政府の電子化のモデルになってるのが
エストニアで

最近は日本の政府関係者もよく視察に来る国ですよね。


それでエストニアってのは昔はかなり貧しかったようですが
今や すごい暮らしやすい北欧の国で

さらに「北欧なのに物価が日本より相当安い!」
というネットで稼げる人にとっては
素晴らしい場所ですね。


それで最近続々とショッピングモールがオープンしていて
2017年とかだったかにオープンしたのが

今回のウレミスタっていうエストニア最大のモールなんですが

ここに行って来ました。


写真も50枚以上撮ってきたので

実際にあなたが行った感覚で見られると思います。


それでエストニアの冬は天気悪いときが多いのですが
そんなときにモールは重宝しますが

モールはこんな大きさで巨大です。


(写真)エストニア最大級のモール1
http://fxgod.net/gazou/picture……_mall2.jpg

(写真)エストニア最大級のモール2(アップ)
http://fxgod.net/gazou/picture……_mall1.jpg


ちなみに天気悪いから映えないけども

横にこうやって観覧車もあります。

(写真)横に観覧車
http://fxgod.net/gazou/picture……_mall3.jpg


それで日本のモールとかもそうなのかもしれませんが

北欧だと子供の遊び場所とかってのはどこのモールでも重視されて

作られていて


入り口には子供たちが遊べるキッズスペースなんかは

必ずといっていいほど設置されてますね。

子供を大事にしてるのが伝わってくる国です。


(写真)エストニアのモールには入り口に大体キッズスペースがある
http://fxgod.net/gazou/picture……_mall4.jpg




それで私が行ったのが平日でしたが

普通に駐車場の車はかなり埋まってましたよね。


(写真)駐車場は広い。車は少なくともバイデンの演説よりは
埋まっていた
http://fxgod.net/gazou/picture……_mall5.jpg



それで入るとこうやって新車が置かれていました。

エストニアの人は思ったのがかなり良い車に最近乗ってるのですが

税金が実際は安いから月収自体は日本の半分なのに、


実際は可処分所得がかなりあるようです。


(写真)入り口に車がおいてありました
http://fxgod.net/gazou/picture……_mall6.jpg


それでエストニアにいると基本的に冬なんかは

ぬくぬくと、モールの中にあったりするカフェでコーヒー飲んで

パソコン開いたり、あとはスマホで本読んだりする生活になるんですが


カフェでもPCで仕事してる人がいますよね。



カフェもおしゃれですね。


(写真)モールの入り口にあるBLENDERっていうカフェ。オシャレ。
電子立国ってこともあり、カフェでPCで仕事してる人よく見ます
http://fxgod.net/gazou/picture……_mall7.jpg




ちなみに私のメルマガもカフェでよく書いてるのですが

エストニアのコーヒーは日本と同じか、少し安いくらいで

コーヒー1杯2~3ユーロですね。


またこちらは ゴールドスミスっていう良く見る

アクセサリー屋です。


ゴールドは最近どの国でも人気でしょう。


(写真)ゴールドスミスっていうアクセサリー屋
http://fxgod.net/gazou/picture……_mall8.jpg


それでモール内はかなり広いため必然的に相当歩くことになるのですが

椅子が沢山用意されてまして


その椅子もこうやって椅子の中央に観葉植物が生えていたりして

オシャレな感じです。



(写真)こういうオシャレ椅子が沢山置かれてる。
http://fxgod.net/gazou/picture……_mall9.jpg



それで北欧のモールですからデザインのセンスが面白いな~と

思いますが


全体的にこういう雰囲気なんですね。


(写真)モール内のデザインがこんな感じ。歩いていて面白いです
http://fxgod.net/gazou/picture……mall10.jpg


それで欧州だとZARAはどこでも見るのですが

ZARA HOMEってのも良く見ます。


ZARAは服だけではなくて家具も扱ってるようですが

外から見るに高級家具屋のようにも見えますよね。


欧州のZARAはかなりオシャレで

ファストファッションのイメージではないようです。

日本の無印に近いのかな?とも。


(写真)ZARA ホームっていうZARAが手がける家具店
http://fxgod.net/gazou/picture……mall11.jpg


それでエストニアでもマクドナルドってのがありまして

こうやってマクドナルドの宣伝があるのですが


見ていただいて分かると思うのですが

ハンバーガーが巨大です。


(写真)エストニアのマクドナルドでは巨大なハンバーガーが
人気だ。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall12.jpg


ちなみにエストニアのマクドナルドですと

値段として日本と同じくらい、と一見見えるのですが


量がかなり多かったりするので

その分安い感覚ですね。


それでオシャレなお店は多くて

これは 「ラップンロール」っていうラップの食事を
扱ってる店ですよね。


(写真)ラップンロールという店。オシャレですね。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall13.jpg




それでこんな感じでとりあえずモール内はデザインにこだわっていて

「歩くだけで面白い」にこだわってるようにも感じます。



(写真)これは青のフロア。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall14.jpg


それでこうやって、少し歩き疲れたらソファーで

休めるようになってますよね。


(写真)少し疲れたら、このオシャレな空間でコーヒーとか適当に買って
休める。買わなくても休めます。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall15.jpg


ちなみにこの無料のソファーの前には

子供用のIPADみたいなデバイスがありまして


そこでゲームができるようになってますよね。


お母さんたちが疲れて休憩してる間、

子供たちにゲームさせて休む、というスキームです。


(写真)こうやって無料のソファーにゲームもついてる。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall16.jpg


それでこれはモール内にあるインフォメーションですが

インフォメーションでは英語も通じますので


どこか探してる店が見つからないとかだと

色々教えてくれます。



(写真)やたらオシャレなインフォメーション。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall17.jpg




ちなみに一応コロナなので、誰もマスクはしていない国ですが

とりあえず 世界の空気にあわせて インフォメーションの前に

透明のついたてもありましたけど


コロナはどうもあまり気にしていないっぽいのがエストニアですね。

写真見たら分かると思いますが

ほぼ誰もマスクはしないとなってますが、


一方持病がある人なんかはマスクをしてたりはします。


こういう状況を私は北欧で見ているのですが

その上で日本の田中宇先生の分析とか見るけど

ほんと素晴らしい分析するな~とかいつも思います。


エストニアはEU圏内で、通貨はユーロだけど

同時に非米圏でもあるように生活していて感じるので

(英語より上の世代はロシア語が達者)


このようなバランスになっている。


それでエストニアのモールで絶対に見るのが

「オシャレな本屋さん」でして


本屋は多いですね。

エストニアの人たちも読書を沢山するようになってます。


(写真)エストニアではオシャレ本屋が多い。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall18.jpg


それでモール内はこういうデザインの場所がとにかく多いですね。

岩が浮いてます。


(写真)岩が浮いてるデザイン。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall19.jpg



あとはこうやって子供たちが2階から1階に滑り台のように

移動できるものもありまして


こうやって子供連れの家族を集客するわけですね。



(写真)この滑り台で子供たちはモールの2階から1階に移動できる
http://fxgod.net/gazou/picture……mall52.jpg


とにかく感じるのは子供フレンドリーなモールってことですよね。

成長国の特徴として子供を大事にしてる社会風土がいたるところで

見られますがエストニアもそうなってます。



ちなみに私はここに買いたいリストがあったのですが

買いたかったのが セルフカット用のスキバサミです。


私はもう学生時代からセルフカットしていたのですが
(昔、シザーズリーグっていう美容師たちが技術を争う
テレビ番組のファンでした)


時々日本に帰ったら後ろとかはうまく切れない場合もあるので
美容院も行きますが

基本的にセルフカットです。


それで、スキバサミが無かったので買いに行ったのですが

なかなかありませんでした。


しかし見つけました。


犬用のスキバサミ。


(写真)犬用のスキバサミ。私の髪をすく用。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall21.jpg


ちなみに私は髪が多すぎるのですが

この犬用のスキバサミですいてます。


私のパートナーが笑ってましたが
意外にうまく切れました。

人間も動物です。


それであと電化製品なんかも私が興味ある分野ですが

こうやってエストニアでも同じく電化製品店があります。


(写真)電化製品がある
http://fxgod.net/gazou/picture……mall22.jpg



ちなみに私はここでフィリップスの髭トリマー買ったのですが

実は日本の沖縄でフィリップスの髭トリマーを紛失してしまったので

欲しかったのですが



これが沖縄の電化製品店には売ってなかったのですね。

コロナで。


けどエストニアはあってようやく目的のものを買えたわけです。

ちなみに実は海外にいるとき、

髭を生やしてると犯罪にあう確率が下がるのではないか説

ってのがあるんだけど


そういえば意外に犯罪にあわないのは髭のおかげかもしれません。

私の独断と偏見の、豆知識として。


さて、それで電化製品屋に入ると感じるのが

日本とか韓国とか中国の製品がエストニアでは強いです。

もう電化製品のテレビなんかですとアジアの独占状態です。


(写真)エストニアのテレビコーナー。

SONYのブラビアも目立つところにあり、
あとは中華のハイセンス、
あとはサムソンあたりが目立つところに置かれてます(1)

http://fxgod.net/gazou/picture……mall23.jpg

(2)
http://fxgod.net/gazou/picture……mall25.jpg

あとはこちらはアップルですね。


正直IPHONEって欧州では弱くなってる?と感じまして
サムソンが普通になってきてる印象はありますが

アップルも奮闘してました。
アップルのコーナーはオシャレですね。

私もマックブックエアー愛好者ですけども。

(写真)アップルもエストニアで奮闘。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall24.jpg


ちなみにエストニアのモールでは当然ですが全部の店で

クレジットカードが利用できますね。


エストニアでは通貨はユーロとなりますが

今エストニアに1ヶ月以上はいて生活してるけど

そもそもユーロ紙幣を使う機会がほとんどない、というのが

現状ですね。


唯一あるとしたら トイレが有料のモールってのが

結構ありまして、


そういったところではトイレに行くために

0.2ユーロ入れる必要はあるんだけど

その時くらいでしょうか。


ちなみにこのウレミスタモールはトイレは日本と同じで
無料です。


それで、どの国にもあるのが

マクドナルドやバーガーキングですが


ここがエストニアの若者のたまり場ともなってます。


(写真)モールの中にもマクドナルドやバーガーキングがある
http://fxgod.net/gazou/picture……mall26.jpg


ちなみに治安は?っていうと実はこのモールもエストニアも治安が

日本レベルでよいので、アジア人でも油断禁物ではあるけど

あまり心配しないで過ごせるのがエストニアの良いところですね。



ちなみに豆知識としては、よくマクドナルドの自動注文機のパネルの前で

陣取ってる高校生くらいの男の子らが時々いるのですが


ここで赤外線でスマホのQRコード読ませる機能が

自動注文機についてるのですが


ここで 「僕のQRコード使ったら割引になるからこれで

買ってみて」とか


お客さんに言ってる子が待機してたりするのですが


これは、何度も決済したら
ポイントをスマホでその子らがもらえる
仕組みなんだけど

さらにそこで何回かそれで決済したらハンバーガー一個もらえるので

そういうことを 客たちにお願いしてる高校生の集団とかも
時々いて私は観察してましたが


そこで断っても良いと思いますが

現地エストニア人も断ってる人が多いけど
システム分かってる人は別にいいよ、
っていう対応をしてる人もいる。


特にあるとしたらそれくらいです。
色々緩いですね。


といってもそこでカードが不正決済されるとかではないので、

すなわち日本でいう本当はよくないけど

ポイントカード持ってないで決済する人に
ポイントカードを渡して ポイント押してもらうくらいのレベルなので

あるといってもこれくらいなので
やんちゃな子達でも わきまえて一線は越えない、
っていう印象はありますかね。
(すなわちスリとか強盗とかひったくりみたいのはあまりないかと)

エストニアはおそらく欧州では比較的治安はよいほうなんでしょう。

それであとはこれは2階ですが2階もオシャレなお店が多いです


(写真)とりあえずどこもオシャレです。
そして日本の半分~3分の2くらいの価格で
飲み食いできるところも多い
http://fxgod.net/gazou/picture……mall27.jpg




あとはこれはエストニアのカジュアルな服が売ってるところですね。
照明オシャレです

(写真)照明オシャレなカジュアル服屋。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall28.jpg


ちなみにもしあなたがですね、

エストニアに旅行に来るならば現地で服買ってみてもよいと思います。

勿論店によりますが、全般的に日本の半額かもしくは場合によっては

4分の1くらいで良い服買えることがエストニアでは多いです。


服がとにかくしっかりしてるのに安い、という印象です。

マレーシアとかも確かに服は安いんですが、実際は縫製に問題がある商品とかも

あるんだけど


一方エストニアの服は 縫製もまあまあしっかりしていて

なおかつ、デザインもよいし安かったりします。


また現地の子供たちがかなり綺麗な格好してるのも気づくのですが

これは子供服なんかが日本の4分の1くらいで普通にスーパーとかでも

売ってたりするのですね。


だから、平均月収は日本の半分ちょっとくらいですけど

物価がそれ以上に安いので、


相対的にエストニア人は良い生活してるってのが事実かと思います。


旧ソ連に組み込まれていた国、地域がどんどんこうやって豊かになってきてる

という時代です。


田中宇先生がおっしゃる「多極化」ってのがまさにこれなんですね。


写真で見るとよく分かるかと。


あと、歩いていて面白いのが 韓国もそうなんだけど

エストニアのおじさんと若者の身長が明らかに違いまして

若者が大きくなってますが


これはこの30年で一気に経済成長して栄養が改善されたから
でしょうね。

(チーズや、ケフィアというヨーグルトを
沢山消費できるようになったのだろう)


そういう意味で近年の成長を強く感じる国です。


あとこれは紳士服ですが

実際は日本円で1万円もしないで買える服ですが

オシャレです。


(写真)オシャレな服。高そうだけど実際は数千円。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall29.jpg


あとはスポーツブランドも多くて

こうやってスポーツショップが多いです。


色々シューズとか売られてます。


そして店のデザインがこれ凄い面白いですよね。

青く光ってる。


(写真)青く光るスポーツショップ
http://fxgod.net/gazou/picture……mall30.jpg


モール内は歩いていてずーっとこういう光景が続くので

とにかく面白いです。


(写真)こういうデザインが多い。北欧のモールはオシャレです。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall31.jpg



あと、結構待ちが出来ていたのがこの

BOOSTっていう店で


マレーシアにもありますけど フルーツジュースの店ですね。

フルーツ=健康なんですが


待ちが出来てました。


(写真)マレーシアと同じくフルーツジュースの店が人気。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall32.jpg


ちなみに最近成長してる国、どこでもフルーツジュースの店が

相当売り上げ伸ばしてますよね。


韓国でもそうですけど。


成長国だとフルーツジュース屋さんってのは儲かるビジネスなんだと
思います。


それであとはこれサムソンショップですね。


やはりサムソンがこれ何を言っても欧州では強いです。


(写真)サムソンショップ。どこにでもある。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall33.jpg


それでエストニアのサムソンショップですと

これ実は同じサムソンのスマホとかでも


結構割引が行われてるわけです。


サムソンのEUモデルってのがあってEU全域で売ってるけど

エストニアはEUの中では所得低いから


割引が多くなっていて


ギリシャの3分の2の価格で同じスマホ売ってました。


ギリシャでサムソンのスマホ買った
私はかなり複雑な気持ちになりましたが・・・(笑)


ただサムソンのスマホ新品がかなり安く買えるのは素晴らしいですね。

ちなみに私はIPHONEとサムソンのスマホを今両方使ってるけど


サムソンのスマホはすごいですね。


最近は2万円台のスマホでも写真は4800万画素ですから。

画素数だけじゃないといってもやはり写真が綺麗に取れますし

スマホのスピーカーの音質が明らかにスマホのくせにすごいです。


欧州の人はあまりアップルブランドを強く信仰してるわけでもないので

シンプルに厳しく判定して機能で選びますが

サムソンが人気ですよね。


後はこの前私が韓国にいたときに扱った

折りたたみスマホが前面に出ていました。


(写真)折りたたみスマホ。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall34.jpg


私たちの多くは今のところ1画面スマホを使ってるけど

この折りたたみスマホは値段が下がったら一気に普及する可能性ありですね。



それであとはこういうチーズ屋さんってのが

エストニアは充実してまして


エストニアチーズって私も毎日食べてるのですが

「安くてめっちゃうまい」です。



エストニアはチーズが有名な場所ですので

こうやってモールの中にも

「チーズだけの専門店」がよく見られます。


チーズがケーキのように置かれてるんですね。


(写真)チーズがそのまんま誕生日ケーキのように置かれてる。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall35.jpg


ちなみにチーズが激安でして、

1キロで500円とか600円のチーズも多いし

エストニアにいるとチーズには困らない生活になりますね。


私は間違って大きなサイズのチーズを3ユーロで買ったら

なかなかなくならないので失敗しましたが

とりあえず、すごい大きな美味しいチーズを安く食べられるってのが


エストニアです。


あとはこれは紅茶の葉を売ってるお店で

チーズ食べて、紅茶を飲むのがこっちの人の日常なのでしょう。




(写真)紅茶の葉を売ってる店も多い。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall36.jpg


私も今こういう生活してるけどやはり

お金が出て行かないのに、安いのに幸せを感じる食生活になりますよね。





あとはこれ面白いのが エストニアのショッピングモールって

「日焼けサロン」があるんですよ。



私のメルマガでもよく出てくる「日焼けサロン」という言葉ですが

日本だと DQNご用達のイメージですが


エストニアでは日照不足からのうつ病を防ぐ目的で

日焼けサロンがショッピングモール内にあるんですよ。


(写真)エストニアでは日焼けサロンがショッピングモール内にあった。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall37.jpg


ちなみに私は沖縄に行ってたときは毎日那覇とか名護で焼いてて


東京にこの前いたときは
日焼けサロンに結構行っていたのだけど


それらの日焼けサロンのマシンってのは大体欧州のものなんです。

私は昔、日焼けサロンを 自宅におけないかな?と思って

色々調べていたけど大体の日焼けマシーンはドイツとかですね。


そしてよく私は「日焼けしてるギャル男にうつ病の人っていないですよね」

なんて書きますけど


実はこれ冗談でもなんでもなく

エストニアの人たちは太陽の光が極めて精神に影響を与えるって

知ってるので


うつ病を冬に防ぐために日焼けサロンを活用してるんでしょう。
ちなみにトランプ大統領も色々真実を知ってるので

おそらくあの方も日焼けマシーン使ってるはず。


ちなみに最近は日本でも医者たちがようやく日焼けの有効性を理解しだして

アレルギーなどの治療にもそれを活用しだしてますが、


既にエストニアでは民間事業者たちが日照不足による欝防止のために

こうやってショッピングモール内に出店するレベルになってるってのは

面白いですね。


日本ではコロナの自粛で欝が問題になるであろうけど

日焼けガンガンしてる人で欝ってのはあまり

私もガングロ友達で知らないですね。


エストニア人たちはこの辺の真実を知ってるのだろう・・・(笑)

ちなみに欧州って面白くて同じく北欧のノルウェーでは

風邪引いても 温かいコーラを飲みなさいって医者が言ったりするけど


実は私たちアジア人が知らない知識を欧州の人は持ってたりしますね。


それであとこれは2階のカフェですね。


オシャレなカフェが多い印象です。

(写真)カフェ。まったりできる。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall39.jpg


それであと日本の寿司ってのはもはや海外では

どの国でも楽しめるようになってまして


これは「寿司カフェ」ですね。

一見バーに見えますが、寿司屋です。


(写真)寿司カフェ。日本の寿司が楽しめる。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall40.jpg


ちなみにエストニアではまだ回転寿司ってのは滅多に見ないので

一方雑貨を扱う、1ユーロショップとかは人気なので


1皿1ユーロとかの回転寿司屋をエストニアでやったら

勝負しやすいでしょうね。


最近私もエストニアのスーパーでよくテイクアウトのすし屋があるので

時々買うのですが


待ち時間とか40分とかありますので

すごい人気ですから


それこそ くら寿司とか、かっぱ寿司とか、はま寿司とか
色々日本にはありますが

エストニアは面白い市場でしょう。


またこれは素晴らしいことで寿司のおかげで

日本に対しての理解がある人が増えてるはずなので

アジア人に対しての寛容さがあるのもそれが要因のひとつかも?

とは思います。


あと私が気に入ったのがこのカフェですが

いや~かわいらしいしオシャレなカフェですね。


(写真)かわいらしい、オシャレカフェ。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall41.jpg


こういうところでPC開くと幸福度、明らかに上がります。


先ほどのエストニアの日焼けサロンに行って

その後このカフェでPC開く、


なかなかよいコースかと思います。



そしてこれは2階からの雰囲気でして

とにかくデザインで目で楽しませてくれます。


(写真)目で楽しませてくれるデザイン
http://fxgod.net/gazou/picture……mall42.jpg


そしてこちらはBARですね。

(写真)エストニアのモール内のバー。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall43.jpg



それでこちらはモール内スーパーですね。

(写真)モール内スーパー
http://fxgod.net/gazou/picture……mall44.jpg



それで最近は自分でセルフレジが当たり前になってきてます。


(写真)セルフレジが当たり前。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall45.jpg


それでこのセルフレジとかもあるのですが

さらにすごいのがこの機械で、どのスーパーにも最近はあるのですが

初めて見た機械です。


いわゆる「リモートレジ」っていうやつです。

いや~こういうところが電子国家です。


(写真)エストニアのスーパーの入り口に必ずある機械。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall53.jpg



これが
「puldikassa”(リモートレジ)」というものなんですけど


Rimi っていう会社の会員になるんだけど

そうするとRIMIっていうところのカードが発行されるんですが


そんでそのカードを入り口でスキャンさせると

上の機械に自分の名前が表示されるわけです。


それでこの機械で自分で買う商品のバーコードを読むんですね。


だからみんなエストニアのスーパーでは 買うときに

エストニア人たちがあるきながら「ピッピッ」みたいに

バーコードを上の機械に読ませてます。


それで買う商品を入れて、商品の読み込みが終わったら

小さなレジに行ってそれでそこでRIMIのカードを読み込ませるんだけど

そこで支払いを自分でする、というものですね。


なんかハイテクですよね。

たぶんアジアもこういうシステムになっていくのでしょう。


ちなみに上のやり方だと、セルフレジの前で

みんなが待つとかそういうことも起きなくなるんでしょうから

効率的な方法です。


既に電子国家エストニアではこういうところも電子化されてると。


だからこういうチーズをスーパーで売ってるんだけど

エストニア人たちは 上の機械でチーズのバーコード読んでるわけです。


(写真)こういうチーズが沢山売られてる。安い。
そしてエストニア人たちは まるで せどりしてる人の のように
上の機械でこれらのバーコードを読んでる光景が見られる

http://fxgod.net/gazou/picture……mall46.jpg


まあそれでかなり色々進んでいて面白いな~とも思いますが

エストニアではアナログな本屋はかなり人気でこうやって


本屋もオシャレな空間で営業されてます。


(写真)本屋さん。エストニア人は読書を結構する
http://fxgod.net/gazou/picture……mall47.jpg


本屋の中ですが座って本を読めるようになってます。
気に入ったら買うんでしょう。

(写真)本屋。座って読める。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall48.jpg



あとはもうとにかくアジアでは見ないものを見るのですが

こういうのもありますよね。


なんかプロジェクションみたいに映されてる広告です。

これはまた別のショッピングモールですが不思議な物体です。



(写真)不思議な物体。ドラゴンボールのクリリンの気円斬 のようです
http://fxgod.net/gazou/picture……mall49.jpg


横から見るとこんな感じです。

クリリンの気円斬 のような広告です。

(写真)クリリンの気円斬 のような広告
http://fxgod.net/gazou/picture……mall50.jpg


またこうやって至る所にこういう広告があります。


これ斬新ですよね。


(写真)こういう近未来の広告を良く見る。プロジェクションみたいなものです。
http://fxgod.net/gazou/picture……mall51.jpg


こういうプロジェクションっていうのか

立体的な近未来の方法で人類はこれから広告するようになるんだな

と分かりました。


2次元じゃなくて3次元での広告が普通の時代になりそう。



ということで、これがエストニアのショッピングモールなのですが

なかなか新しい発見があって面白いですよね。



一気にハイテク化していてなおかつデザインとかのオシャレさもあって

大変快適な空間でありました。


エストニアは街並みも以前扱ったように中世の街並みも素晴らしいけど

こういうショッピングモールの近代的なところも


色々先進的な試みがされていたりして面白いですね!



ということで、世界では常に成長が起こっていますね~



それでは!



ゆう



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(大人気)EA+裁量の「The Third ザ・サード」がかなりの反響です!
今回はありえない3大特典、もついております。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






«  (写真51枚あり)バルト三国・エストニアの最大ショッピングモールを 散歩してみたら面白かったです!  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください