無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【電子国家エストニアでは「電車・バスの無料化」が進んでいる!?】 (「X-ROADシステム」のヤバさ)

2020 10月 20 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【電子国家エストニアでは「電車・バスの無料化」が進んでいる!?】
(「X-ROADシステム」のヤバさ)
⇒編集後記で


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(大人気)EA+裁量の「The Third ザ・サード」がかなりの反響です!
今回はありえない3大特典、もついております。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

どうもゆうです!

いつもご覧いただきまして
ありがとうございます!



さてさて、私は現在北欧のエストニアっていうところで
生活しながらこのメルマガを、旧ソ連の団地の部屋の中で
書いているのですが、


やはり初めてきた国ということで
毎回色々驚かされることがあります。


それで今日は件名に書いたのですが

エストニアって世界でおそらく初めて?だと思うんですが

「バスや電車の無料化」に成功しつつある国なんです!


一応日本ではバスとか電車って当然のごとく

200円とか300円とか払って乗るものだと思うんですが


私が現在いるエストニアでは・・・

どうもエストニア国民はこれバスも電車(トラム)も無料なのです。

一応外国人の私は エストニア国民ではないので

30日間で30ユーロの乗り放題パスってのを使ってるのですが


それでも激安ですが、


ことエストニア国民についてはバスも電車も無料・・・と。


それでエストニアってのは首都タリンなんかが中世の面影残してるわけですが


この前写真で共有しましたが

普通にこういう城壁があったり


(写真)城壁ある
http://fxgod.net/gazou/picture……rden31.jpg


夜はこんな雰囲気だったり

(写真)中世っぽい。
http://fxgod.net/gazou/picture……onia62.jpg

旧市街はこんな雰囲気なのですが

(写真)旧市街
http://fxgod.net/gazou/picture……onia40.jpg



こういう歴史の遺産を保護してる部分があるんだけど

一方・・・とんでもないIT先進国となってるわけです。


それで中でもすごいのが X-ROADっていう電子システムなんだけど

実はこれを利用して


「公共交通機関無料」を達成してしまってますよね。


こういうトラムとかバスなんかが無料なんです。

(写真)街中を走るトラム。エストニア国民は無料だそうです
http://fxgod.net/gazou/picture……onia72.jpg


電車もバスも無料ってすごいですよね。



今日はその辺を

編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【大反響】1年以上運用している女性の会員様をご紹介致します!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さてさて、前号にて

アメリカの大統領選挙について流しました~


マスコミの世論調査ってのは隠れトランプ支持者を含んでませんが

隠れトランプ支持者たちを含めた調査なんかも含めた話を

書いてますが


とりあえず現状、マスコミが報じるのとは違い

トランプ大統領はすごい人気ではあるのですが


民主党が11月3日以降も伸ばして伸ばしていく作戦を

するでしょうから


その間相当 相場も荒れる可能性が高いので

アメリカの選挙の現状を知っておきたいところですね~


【米大統領選挙】立ち上がる「隠れトランプ支持者」たち
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2677#2677


まあそれで私なんかは予測とか予知はしないで

現状把握して考えるってことをするのですが


いずれにしても、アメリカ帝国が長期的にこれから威信を落とすというか

放棄していきまして

次は私たちのアジア地域ってのが世界の中心となりますので


そしてアジアで富裕層たちがどんどん増える時代になるから

ある意味 アジアに生まれてる人たちは恵まれてる時代にも

なってきそうなので、


ガンガン人生を豊かにしていくために学びたいものです。


さて、それで、そんな中

EA(AI)+裁量で「負けない運用」を学びながら

資産を増やしてる人が激増してるのが


「ザ・サード」でしてなんかすごい人気ですよね~


昔はこういう 負けないことを重視した真面目なものは

多くの人に見てもらえなかったけど


最近は見てくれる人が増えてまして嬉しくもあります。

コロナがあった影響なのか、


「ちゃんと学んでまずは基礎を固めていこう」みたいな人が

増えてるのかもしれませんね。


色々今まで大変だった方も多いでしょうが

実のところそれらの経験って無駄ではないので

雨降って地固まるじゃないですけど


そういう経験があって「負けないことを意識する重要性に気づける」

のですね~


世の中に無駄なことはひとつ足りともないです。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(大人気)EA+裁量の「The Third ザ・サード」がかなりの反響です!
今回はありえない3大特典、もついております。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




さて、それで今日は引き続き事務局の市原さんより

あなたにメッセージです!


ちなみに投資ほど老若男女が実際は関係ない分野も珍しいですが

女性も会員さんで多くてですね、

しっかり「負けないこと」を実践して稼がれてるのですが


今日はそのあたりを扱ってますね~




=========================



【大反響】1年以上運用している女性の会員様をご紹介致します!


ゆうさんのメルマガ読者の皆様、

いつもお世話になっております、
システム運営事務局の市原です。


「自動」と「裁量」を掛け合わせた
資産形成システムの『THE-THIRD(ザ・サード)』
公開から4日が経ちました。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【※ゆうさんの読者様 期間限定募集※】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


週が明けて少し落ち着いてくるかなと、
事務局内で話し合っていましたが、
勢いが一向に落ちることなく、

今日もお問い合わせのメールと電話が
ひっきりなしに鳴っており、
大変大きな反響を頂いております。

誠にありがとうございます。


時間帯によって電話が繋がりにくい場合がございますので、
メールでもご連絡を頂けますと幸いです。

▼問い合わせメールはこちら

info@the-third.net
==========



また、今回ご参加された方々で、
既に運用スタートまでの準備が整った方もいらっしゃいます。

運用情報など専用のチャットアプリにて、
毎週1~2回程度共有させてきますので、
そちらもご確認頂きます様宜しくお願い致します。



▼1年以上運用を続けている会員Kさん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、

これから本システムを利用して、
長期の資産形成を行っていく方へ、
現在ご参加を悩んでいる方へ、

是非、参考にしていただきたいと思い

弊社のもとで1年以上運用を続けている
女性の会員Kさんのご紹介をさせて頂きます。

※ご本人様の許可を頂いております。


ちょうど一年ほど前の夏に、
会員様からのご紹介でKさんがご参加されました。

ご参加される前に色々とやり取りをさせて頂き、
半信半疑のもとご参加されたというのが、
一番最初の出会いという形でした。


Kさんはもともと裁量もシステムも、
FXの経験が多くあり知識も豊富な方でした。

高額なコンサルティングを受けた過去もあったそうで、
内容に関しての良し悪しは分かりませんが、

そういった経緯もあって、
このような投資情報に疑いを持たれていたそうです。


そんな中、

信頼できる知人の方が弊社のシステムを利用し、
結果を出し続けていたという話を聞き、
ご連絡をいただく経緯となりました。


結論からして、

運用し始めてから1年以上が経ち、
現在は、毎月このようなご報告を
頂くことができております。

↓ ↓ ↓ ↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼運用開始の元本はとうに越えました!

http://the-third.net/yuu/1019-2.png

▼Kさんの先週の運用履歴

http://the-third.net/yuu/1019-1.png

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Kさんに限らず会員の皆様には、


「目先の利益ではなく長期目線で
———————————
 焦らず運用をしていきましょう」
———————————

と、常々お伝えしておりますが、
本当にこの事を徹底するか否かで、
今後の投資人生も大きく変わってきます。


投資だから長期的は当たりまえ…
~~~~~~~~~~~~~~~

と思っている方も多くいますが、
“思っている”ことと、”実践する”ことでは大きく違ってきます。


⇒  http://the-third.net/yuu/1019-2.png


Kさんも初めはそうでした、
利益重視を求めていた感じがしたので、

まずは運用に慣れていただいてから、
まずは元本を回収してから、

といった形でリスク管理を
徹底していただくようお伝えしたところ、

1年以上経った今でも忠実に守って頂き、
正しく資産運用ができております。


一時の欲、一時の感情は誰しもあることです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それをどのようにコントロールすることができるかで、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
結果は大きく変わってくるかと思いますので
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
焦らずに息の長い資産形成を心がけてください。。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そうすることで、

先々に参加している会員様のような、
結果も見込めるようになってきますので、
参考に頂けたら幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼家族にご馳走できるようになってきました

http://the-third.net/yuu/1011-3.png

▼合計利益50万超え third凄すぎます笑笑

http://the-third.net/yuu/1011-2.png

▼9月月報は利益+92,698円でした。

http://the-third.net/yuu/1011-0.png

▼不運な損切りがありましたが無事利益確保

http://the-third.net/yuu/1011-1.png

▼お蔭様で30万円が120万までなりました。

http://the-third.net/yuu/1006-0.png

▼毎月10%以上の利益が出ております。

http://the-third.net/yuu/1006-1.png

▼約29万の利益となり9月を終え大満足

http://the-third.net/yuu/1006-2.png

▼昨年より確実に資産が増えたことを実感しております。

http://the-third.net/yuu/1006-3.png

▼EA飛んでるのが多い中しっかり利確

http://the-third.net/yuu/line18.png

▼唯一残り、驚きの実績でした。

http://the-third.net/yuu/line19.png

▼月利276,159円でした

http://the-third.net/yuu/line17.png

▼今年1年で30万くらいの利益が有りました

http://the-third.net/yuu/line7.png

▼稼働停止のタイミングで出金申請します

http://the-third.net/yuu/line8.png

▼結果プラスで終えて最高です。

http://the-third.net/yuu/line11.png

▼10か月が過ぎましたが毎月利益出ています

http://the-third.net/yuu/line14.png

▼オンオフ判断にも慣れて利益になっています

http://the-third.net/yuu/line3.png

▼利益率95.65%になります。

http://the-third.net/yuu/line5.png

▼約5ヶ月で110万ほど出ました。

http://the-third.net/yuu/line6.png

▼約1ヶ月で20%の利幅が取れております。

http://the-third.net/yuu/919-1.png

▼こんな優秀なEAは初めてです。

http://the-third.net/yuu/919-2.png
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



それでは、

ゆうさんの読者様限定の公開にプラスして、
スペシャル3大特典を受け取ることができるのは、
今だけですので、ご検討いただければと思います。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【※ゆうさんの読者様 期間限定募集※】

⇒  https://the-third.net/tokuten_new/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



何かご質問がありましたら、
お気軽にお問い合わせいただければと思います。


▼問い合わせメールはこちら

info@the-third.net
==========



引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。



システム運営事務局
市原


=====================


以上です!!


それで今回ですがKさんと事務局さんのやり取りなんかも

ご覧いただけるのですが


最初はこれKさん、今まで色々な教材で結果が出なかった

ということですが


今回の「ザ・サード」を友人から聞いて入ってみたけど

最初は「いきなりやたらハイリターンをやりたがっていた」

ってのはあったようですね(笑)


ただKさんの偉かったところはそこで

事務局さんに言われて

ちゃんと素直に焦り、欲望を抑えて

「負けないこと」に意識を切り替えたことですよね~


以下のように書いていただいてます


「こんにちは!


いつもお世話になっております(わんちゃんマーク)

運用を開始してから何度か出金させていただき、

運用開始の元本はとうに超えることができました!



今まで情報商材とかで痛い目に遭ってきたのもそうだし、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あたしの性格上もありますが、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ハイリスク運用で早く増やしたい!!という気持ちを、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
事務局さんに何度止められか・・・(笑)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

でもこうして出金も経験して、

無事運用できてるので、本当に感謝です(お願いマーク)


裁量の勉強も並行してやっていきたいですが、また引き続き

お世話になります!


宜しくお願い致します(☆マーク)





以上です!!


ちなみに今回の「ザ・サード」ですが多くの方の

声を掲載させていただいてますが


見ていただいて分かると思うんですが

「めっちゃ雰囲気良い感じ」で回ってるサービスなんですね。



ちなみに事務局さんもやはりお客さんの声がすごい嬉しい!

ってことで


だからこそ「長く存続できるサービスを提供していきたい。

短期的にということは考えずに長期で考えて

良いサービスに昇華させたい」


って方針で動いている教材なんですね。


それで実は、今回のKさんの収益って

おそらくだけど


「EAのサードだけが良かったわけではない」

のですよ。


すなわちこれはKさんが今まで色々なロジックや教材で

されてきて結果が出なかった要因ってのが


ここにあったわけですね。


「今まで情報商材とかで痛い目に遭ってきたのもそうだし、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あたしの性格上もありますが、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ハイリスク運用で早く増やしたい!!という気持ちを、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
事務局さんに何度止められか・・・(笑)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




それでこうやって書いていただいてますけど

実はこれが「最初は普通」なんです。


普通ってのは人間の原始的な動物的な状態で動いてしまうって

ことでもあるけど


普通は大多数の人は人間の脳みその性質に沿って

「早く儲けたい!早く気持ちよい利益確定したい!

損失は痛いから確定したくない!」


ってなってしまうのですね。



そして


投資で儲かる=人間として不自然なこと


ではあるんだけど


それに自分の性格とか適性を合わせていくことで

「負けないで稼げる体質」となりますよね。


それでこのKさんは最初はハイリスク運用を希望されていたけど

事務局さんに

「いや・・・ハイリスク運用は 低リスク運用で

増えた資金を振り分けるようなので

まずは低リスクでコツコツ負けないことを優先してやりましょう」


みたいに諭されて


ちゃんと素直にそれを聞き入れて

実践されて


今回のような結果となってるわけですね。




だから本当はEAが優秀ってだけではなくて

ちゃんとこのKさんが焦りや欲望制御して

「負けないことに意識を集中できた」ってところが


勝因の大きな部分であろうと私は思います。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(大人気)EA+裁量の「The Third ザ・サード」がかなりの反響です!
今回はありえない3大特典、もついております。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




それでこのKさん、おそらく相当この1年で成長されたんだな~

と私は文章見ていて思いましたが



「あたしの性格上もありますが、」


と、ちゃんと自分の性格を自分で客観的に見られるように

なってる、んですよ。



これおそらくKさんに直接聞いたわけではないけど

以前にKさんが教材で稼げなかったときは


「自分の性格を さらに自分の上から見下ろして

理解してる状態ってのは存在しなかった」


はずなんです。


けど「負けないこと」を意識していると、自分の性格の分析とかも

自然とするようになりますが


ここで成長してくると


「ああ、自分は焦ってしまう、欲望を満開にしてしまう

性質がある動物であるから


そこを理解して自分をうまく制御していこう」


っていう風に「自分という動物を上から客観的に分析する視点」


が出てくるんですね!!


もうこの文章見るだけでもKさんにはそれがある

って分かりますが


実はEAが優秀なだけではなくて

このKさんの「自分の心理をちゃんと客観的に見られる姿勢がある」

ってのが本当の勝因かと思います。


だから実のところ、Kさんが昔はうまくいかなかった

情報教材なりで再度やってみたら


意外にうまくいっちゃうかもしれませんね。


本当は大事なのはロジックとか手法じゃないんだよ~


ってのはまさにこういうことです。


だからKさん、相当成長されまして

サードだけではなくて他の運用方法でも


おそらく「負けないこと」の意味を体感で理解されてるから

うまくいっちゃうかもしれませんね。



それで「EA(AI)の良いところ」ってのが

まさにここで、


大多数の人は投資というと「ロジック手法」ばかり

目に留めます。


そういう人はこれ1億円でさえも
資産を築けていないものですが


初心者の特徴というのは

「自分の心理と客観的に向き合えていない」

ってことですよね??


最初は私も含めて誰しもそうなんだけども。



ただEA(AI)ってのは素晴らしいところがありまして、

「面倒くさいトレードのポジショニングを自動でやってくれる」

わけですよね。


そこで私たちは「EAを稼動させるか否かの人間が必要な判断だけ」

に集中できまして


ずばり「自分の心、心理だけに向き合える」っていう

良い部分があります。


これが100%裁量の取引と少し違うところで

裁量だとそれこそ 資金管理やポジションサイジング

ライン引いたりのテクニカル分析であったり
ダウ理論・エリオット・グランビルなどの考慮


利益確定時のポジションワークなどなど


色々考えることがあって

そこで同時に「負けないこと」を考える必要があるんです。


だから同時並行で総合力がすごい大事なのが
裁量オンリーのトレードですね。


だからこの辺のマルチタスクとか苦手な人は

裁量が難しいと感じるのだけど


一方 AIとかEAに裁量を混ぜていくっていうものだと

大変なところはAIがやってくれるので


あとは私たちは「自分の心と向き合って負けないことだけに

集中できる」


のです。


Kさんも自分の心理と向き合ってEAのオンオフや

出金して あとは利益をどう振り分けるか?とかの

資金管理に「意識を集中できた」から成長されたのでしょう。



だからよくアメリカなんかで言われる

「投資は手法2割・心理8割」の意味をあなたが

分かってるようであれば


今回のザ・サードはすごい期待値はあると思いますね~




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(大人気)EA+裁量の「The Third ザ・サード」がかなりの反響です!
今回はありえない3大特典、もついております。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



だからこのKさんの事例見ても

この半AI(EA)ロボット+半裁量ってのが



今の、2020年の、私たちが生きる

現代の稼ぎ方ですよね。


家の掃除なんかもそうですよ。

ルンバみたいな掃除機ロボットに簡単な掃除は

させて


ルンバではうまく掃除できないところを

私たちが掃除するってのが


一番効率的な掃除だろうけど


こうやって半分はロボットに任せて

半分は裁量でやっていき、


私たち人間は「人間にしかできないこと」に

意識集中するとよいですよね。


それで例えばですが、EAなんかにまかせっきりにしてしまうと

11月3日以降の大統領選挙とかありますが

(11月3日で決着がおそらく付かない)

これは危ないですよね。


これもAIやEAとかは政治が理解できないので

やっぱり私たちが


「これ民主党が色々不正しかけて

実際に民衆には支持されてるトランプと揉めるから

この相場で戦うのは危ないぞ」


とこれ判断をして


「この相場ではEA稼動させない」


ってことができるわけです。


こういう感じでリスキーなところは避けていく姿勢

負ける確率が低いところだけで戦うっていう姿勢が


すごい大事なのが投資ですよね。


傍から見て面白いのは

大統領選挙で荒れてようとなんだろうと


そこでポジション取って

「○万円勝った~○万円負けた~」


みたいな人でありますが



私たちは別に芸人でもないのですから

面白いことは要求されてませんので


仕事は

「資産増やす」ことなので


そのためには面白くなくても、負けないことに集中する

ってのが大事ですね。


仕事はトレードすることではなく

負けないで資産を増やすこと、


ですね!!


それでそのために大変現代で効率的なのが


EAに半分ポジショニングは任せておいて

心を分析できる、市場の空気を理解できる

人間が 大きくはEAの稼動や停止を司る


っていうスタイルです。


たぶんこれから多くの人がさすがに

EAとかAIでほったらかし運用して資産ふっ飛ばしまくって

「ほったらかしでは稼げないのではないか」

といずれ気づきだして


半裁量+半EAのスタイルに落ち着くでしょうけど


今はまだみんな気づいてませんから

そういう意味でチャンスはある時代ですね~




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(大人気)EA+裁量の「The Third ザ・サード」がかなりの反響です!
今回はありえない3大特典、もついております。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





追伸・・・ちなみにですが最近

大手証券会社とかで流行中なのが

「AI投資信託」なるものですよね。


これ私からしたら

「長期的に資産を大企業に寄付したい人以外

相当危険」

と言う認識ですが


既にこのAI投資信託で資産溶かした人たちが多くいるのに

なぜか報道にあがってません。


THE 利権 かもしれない。


まあそれで私は絶対とか必ずとかそういう言葉は

なるたけ不確実性があるのが市場だから避けてるけど


ただこれは確実に言えることがあって

AI投資信託とかで大損する人たちが増えて問題になる時期が

こればかりは必ず近いうちに来るんですね。


何故かというと、AIでは過去統計からのデータであったり

ディープラーニングっていう大きな

「神学から来る数学を基準とした縛り」

があるからですよね。


これはもっというと 

政治哲学を学んでいない数学者の驕りってのがあって

彼らは「数学で全ての現象を説明できるという宗派の信者」

なんです。


んなことできるわけないだろ、って私なんかは思っちゃうけど

数字のデジタルではアナログの世界を全部表現できるはずないんだけど


それを頑なに出来るって信じてる数学者が多くおりますよね。


キリスト教からやってくる

数学のイコール=っていう概念自体が

もう時間という重要なファクターを考慮できないわけですが


だから原因と結果という仏教などで重視される因果とかの

話を数学はこれ説明できないのですが


だからこそ 経済学なんかも近代で数学が混じりこんで

おかしくなったんですね。


簡単に言うと、経済成長ってのは

個人個人の商店主たちが頑張ってですね、

それで お店に

多くの客が入ってきて、


そして店主は値上げをしても売れますから


値上げしていってそれが全体的に進んでいき

その結果、インフレ現象が発生するっていう「因果」なんだけど
(これは海外に住んでると体感的に分かる。)


そして

そのインフレが進まないように
中央銀行は通貨流通量を調整するくらいしか

できないのです。

通貨流通量を調整して景気を加速させることはできませんね。


これが本来の経済学の基礎です。


ここで変な人たちが現れてマネタリストみたいな人が

登場してきて


彼等が経済学に無理やり数学を使い出したけど


数学では それらの因果を考慮せず

「インフレ=経済成長」みたいな謎のイコール関係を結んでしまう。

時間の因果をこれ無視しちゃうと。


ここで「じゃあイコールで同じだからインフレにしたら経済成長するよね

っていう謎理論」になってしまった。


これが先進国のQE(金融緩和)の理論の根幹になっちゃってるけど


本当は

イコール=っていう概念が実社会では適用できないケースが多すぎる。


私が2010年代初頭に

「アベノミクスやアメリカのQEは必然的に

不況を加速して人々は貧しくなり、

そして物価は上がるスタグフレーションになります」って書いたのは


上記のようなことを理解してたからです。

本当は安倍さんだって官僚に言われるがまましていただけであって

そのおかしさを自分でよく分かっていたはずです。


(シンプルにその目的は、米日金利差を2%以上にして

日本の資金が米債券市場に流れるようにして

米国債を支えてドル防衛を官僚たちがしたかったから、ですね。


これ誰も言いませんが。

それを説得する嘘理論としてインフレターゲティング論とか
リフレ派ってのが出てきただけ。)



それでもし経済を数学で説明するのであれば

無限にある変数、それこそ天体の動きから全ての自然法則を

数学で解明し、説明しなければいけないのだけど


2020年の発展途上の人類の学問レベルではまあ無理です。


それでAIなんかも過去統計であったり

ネットで「こういう用語を使ってる人が多いですよ」

みたいな統計分析くらいはできるけど、


それ以上の人間の心理が必要な 分析なんかは独自には出来ない

わけですね。


多くの人間は「人生」を背負ってそして

投資してるんだけど


AIには「人生」がこれないのであります。


それで現在価格ってのは

最近明らかになってる量子力学の分野だと


1過去から未来までの時間の流れ

+

2未来から過去への時間の流れ


がバッティングしたところで 濁流と濁流が

合流するところで形成されるわけですね。


これは以前説明したので説明省きます。


ただAIは数字というツールを使うから1を捉えるのは得意だけど

2の人間の心理から生じる流れは捉えられませんね。


それでAI投資が大損するってのが

定期的に来る2の流れが強くなる

1の流れだけでは捉えられない

地合いの相場で起こるんですが


そういった相場は定期的に数年に一度どころか

最近は1年に数回とか起こりますので


これ、AIだけのまかせっきりの投資信託では

やはり無理があるんです。


だから多くの人は「何千万円も大損して気づく」ことになる。

これはもう予想とか予測とか予知ではなくて


構造の問題なので、


AI投資信託で大損する人が社会問題になる時代が

近年に見られると思いますよね。


AIの限界は
数学という神学から派生するツールに依存してるところ
から生じますね。

数学者は、神学から来る考え方の「美しい」を重視するけど
私たちの生きてる世界は実際は美しくなくても

そこで人々は生きてるのであります。



それで多くの人たちが痛い思いして

「AIだけに任せるのは限界があるから

人間として心を大事にしないとね」

って気づきだすわけです。


だから人間が心と向き合って

人間にしか出来ない部分で裁量加えて


半分ロボット+半分人間

みたいにするのが大変大事だと私は思いました。


それでもしあなたが

「AIとかEAほったらかしの運用なんてどうもうまくいかないぞ」

って「気づいてる」のであれば


その「気づく」ってのが人間独自の能力でもありますので

ザ・サードなんかは検討に値すると思いますので


是非ページもご覧くださいね~



では!



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(大人気)EA+裁量の「The Third ザ・サード」がかなりの反響です!
今回はありえない3大特典、もついております。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆











============編集後記==============

さてさて、私は現在エストニアっていうところにおりまして

日々生活してるのですが


色々とすごいな~なんて思わされるところが大変多いです。


特にすごいなって感じたのが

エストニアではこういうトラムとかバスとかの

公共交通機関が首都タリンは充実してるんだけど


なんとこれらのトラム(路上電車)とかバスがエストニア国民は

無料となってしまってるわけですね。




(写真)街中を走るトラム。エストニア国民は無料だそうです
http://fxgod.net/gazou/picture……onia72.jpg


それで私なんかは旧ソ連の団地にいるので

ちょくちょく最近はバスを利用しますが


バスは日本と同じ様な雰囲気ですよね。

すごい綺麗な車内です


(写真)バスの中の様子
http://fxgod.net/gazou/picture……onia73.jpg



ちなみにバスもこれ面白くて日本と違うのが

日本のバスの車体ってのがあると思うんですが

あの車体を2台、前後でつなげてしまって


大きなトラックのようにすごい長いバスとなってるのですが


これが街中をよく走ってます。


それで驚くのが、これなんとエストニア国民は

特に首都タリンでは

「電車もバスも無料」であるってことですよね。


そしてこの試みは2013年位前に始まったそうなのですが

当時はまだヨーロッパのほかの首都としては初めての社会実験

でありまして


そしてエストニア国の首都タリン市民の9割が支持して

これが進められたそうです。


それでエストニアの首都タリン市民の多くは

賛成したのですけど


私たち日本人からしたら

「電車もバスも無料なんてやったら
ここで財政負担が増えてしまうんじゃないか?」

と思うわけですが


最近のタリン市の計算だと

実際はコスト増どころか、


住民の誘致による税収増が重なって

「年間2000万ユーロの利益をあげていて」


さらに同時にチケット販売とかチェックに必要な機械や人件費の

コストも削減できており


かなりうまく回っているってことなんですね。



それで現在はタリン市民以外は、例えば私たち外国人なんかは

このバスやトラムは有料で乗ることになるんだけど


それでも相当安くて

30日間で30ユーロ、みたいな値段で


日本でいうスイカとかみたいな交通カードを買えるのですが

これがスマートカードとかタリンカードと言いますが


スーパーマーケットとかコンビニとかで

どこでも売ってます。



それでその場でクレジットカードで買ってチャージしてもらって

30日間無料のカードを作れるんだけど


1ヶ月で4000円未満で3000円台で

乗り放題ってのはかなりすごい値段ですよね。


それでタリン市民に関しては、この辺で無料となりますので

毎月大体 4人家族で平均所得の7%が節約できる

わけでして


だから最近のエストニア国民ですが

「意外にお金持ってる」なんてのが日常生活で感じることです。


というのは 私はよくBOLTっていう他国でいうウーバータクシー
をよく使うのです。


日本でもウーバーイーツってあると思いますが

本来あのウーバーってのはタクシーサービスで有名なんですね。

白タクの。


それで エストニアではBOLTっていう欧州企業が

このライドシェアタクシーをやってるのですが


「そこでBOLTを呼んでやってくる車」がすごくて

BMWやらメルセデスベンツEクラス(しかも新しいやつ)とかを

保有したドライバーがバンバン来るわけですよ。


「なんでエストニアの人は月収10万円~12万円前後のはずなのに

こんな高い車買えるのか?」ってのはすごい疑問だったんですが


こういうシステムが効いて可処分所得が上がってるんだな~

なんてのが現地で感じ取れることです。



それで私なんかは最近よくバスなんかも利用するのですが

車内もこれ、すごい清潔で綺麗でして


しかも日本に似ていて時間の遅れがあまりないのですね。


グーグルマップなんかでトラムやバスのルートが

色々表示されて乗るんだけど、

時間ぴったしに近い感じで最近はやってくる。


しかも空いてます。


細長い車体であることが多いため、

席数が多いので大体座れる印象です。



それで北欧の国ですが車内は温かいですし、

あとはベビーカーでもそのまま乗れるようになってまして

そのスペースがあるため


子連れの人なんかもすごい楽そうです。

あと見たことないけど犬も一緒に乗れるらしい。



それで今まで私の場合ですと座れないことがなかった

のですが


それくらい座れる確率が高いので

めっちゃ公共交通機関が「使える」印象です。


それで驚くのがやはりタリン市民たちはこの

バスやら電車が無料ってことなんだけど



そのシステムがすごくて、バスに乗ると

私もなんだけどみんなこういうカードを

「ピッ」とかざすわけですね。


これ私のカードですが

スマートカードってやつです。



(写真)グリーンカードとも呼ばれる
スマートカード。

タリン市民はこれで「ある方法」で無料で乗れて、
外国人は30日間で30ユーロ(以前23ユーロだったけど値上げされた)
http://fxgod.net/gazou/picture……onia74.jpg



それで上のスマートカードのシステムが実はすごくて

これが肝なんだけど


外国人は普通にこれスイカと同じように

コンビニやらスーパーやWEB上でチャージできるんだけど


一方 タリン市民はこのグリーンカードを

「無料交通のバスポート」みたいに有効化できるらしいのですが


まずタリン市民はこのスマートカード買ったら

専用のウェブサイトにアクセスするんですけど


そこで自分のグリーンカードの番号にエストニアの居住者全員に

割り当てられてるID番号を登録して紐づけるわけですね。


それでこれは大体数分で

カード上の公共交通機関の無料化の手続きが終わるそう。


それでここで実際内部で行われてることとしては


 タリンの公共交通のカードシステムを

管理してるのが企業のリダンゴ社っていうところで


この会社が

タリン市の住民登録を管轄する部署が

保有してる住民登録データに基づいて


それでその買ったグリーンカードを

無料の公共交通機関乗り放題パスに

変更するんだそうです。


すなわち全てオンラインでそれらの手続きが完了するわけですが

まさに電子国家、ですよね。



それでその根幹となってる

電子国家エストニアのシステムってのがあって

それが「X-ROAD」ってやつなんです。


企業とか行政が各機関の保有してる情報を

ちゃんと不正できないように共有できるシステムで


例えば 誰がエストニア市民のAさんの情報にアクセスした

っていうログとかも全部残るようになってるんだけど



2001年から始まった分散されたデータベースの連携を

行うシステムですよね。


それでこのX-Roadっていうハイテクなシステムによって

エストニア居住者たちは


日本だとあの面倒くさい、証明書の取得とか提出などの

面倒な事務作業をしなくてもよくなっているんですね。


そして何よりも注目なのが

「行政の労働時間も1年間あたり

「820年分」の削減」が

達成されたそうです。


820年分ってヤバいですよね。


逆を言うと日本だと 公務員がめっちゃ多くて

私なんかが日本に住んでいたころ区役所・市役所なんかに行きますと

後ろでほとんど仕事していない公務員ってよく見たものですが


こういう公務員の労働作業をエストニアの場合は

電子化で820年分も削減できたわけですね。


それで、エストニアのタリンに住む人たちは

無料で公共交通機関乗り放題となってますが


ここでタリン市民と外国人の区別ってのも

XROADの電子データ上で一瞬で出来てしまうため


そのあたりの行政コストがほぼかかっていないわけです。

だから数分で交通カードの無料化の手続きが終わる。


すごい・・・と思いませんか?


日本で仮にこれをやろうとしたら

市役所とかに行って申請手続きをして、

ようやく1ヶ月とかかかって無料化が終わって、


みたいに大変な労力を要するだろうけど


X-ROADっていうシステムでこれが一瞬で出来てしまうと。



ただ勿論これは議論がありまして

無料化による経済的な影響としては


移動の自由が促進されることで都市中心部の労働力は増加したし

住民登録の増加で税収増となってますが


まだ消費行動の促進については期待以上とはならなかった

ってことで


今も議論が続いてる政策なんですね。


だからいつか政権が交代したりしてそこで

無料化が終わる可能性も当然考えられるわけですが


ただ現状、税収増にはつながってるのは事実なので

継続されてる政策ってことのようです。


それでエストニアとしてはですが

これを世界初の エストニア全域の交通機関無料化に

つなげようとしてるのですが


まあある種の「社会実験」でありますが

私が見る限り、意外にうまく進んでるのではないかな?


って感じですよね。


ちなみに「あ~だから治安いいんだな」ってのも

私が思ったことなんだけど

私が今いる 旧ソ連の地域であるラスナマエってところなんだけど


以前はこれ治安がすごい悪いって言われていたらしい。


ちなみにラスナマエなんかはロシア系の人も多くて

大体平均身長183センチくらいで190センチ超えの人間が

ごろごろいますが、


ここで治安が悪かったらなかなかな迫力ですが


が、実際はすごい治安が良い訳ですね。



今は低所得の人らでも別に移動しようと思えば

電車でどんどん遠くまで移動できるわけで

ストレス溜まりませんから


そういう部分でストレス溜まるのを防げてるんだろうな~

ってのはすごい現地で感じる点です。



それで何よりもすごいのがこの

X-ROADっていう分散型システムでして


これを使って

無料化の社会実験も速やかに首都タリンで

稼動してしまったわけですが


これセキュリティも強固で誰がいつアクセスしてきたか?

とかの利用履歴も常に記録されていて


どの組織の誰が個人情報を閲覧したのかってのも

IDレベルで個人まで特定ができるようになってるわけですね。


そのデータベースを不正利用することが極めて難しいシステム

となってるようです。


それで例えば個人間の連携なんかもできるようで

Aさんの車をBさんにあげるなんてこともすぐに出来るわけで


車の名義変更なんかはものの数分、で出来ると。


さらに選挙もデジタルID認証で不正ができないように

行うことができると。

(アメリカは郵便で投票して揉めてるのに・・・笑)



それでさらに引越しした場合ですと、日本だとこれ

引越ししたら色々と住所変更手続きとか面倒な手続きが

沢山各所で発生するけど



これ引っ越したらX-Roadのデータを書き換えれば

一発で住所変更申請も終わると。


すなわちFACEBOOKのプロフィールを書き換えるレベルで

迅速に、面倒な役所周りの手続きが終わってしまうんだそうです。


特に確定申告はオンラインで3分だそうです・・・(笑)


それであと、教育にも力を入れておりまして

デジタルIDカードってのを介在して教育をするけど


もう国内で94%の人がそれらを使ってオンラインサービスを使って

教育を受けてると。



それで分散型って聞いてピンと来る人は多いだろうけど

そうここでブロックチェーン技術が導入されてるようで


それもあってセキュリティが強固となってるってことですよね。



それで、ここで調べてみると分かってくる構図があって

「世界における個人情報取得の対立」ってのがあって


今のネットではこれGAFA-Mっていう大企業たちが

世界中の人間の個人情報を押さえてるわけですね。


現状は国家よりも多国籍企業のGAFA Mのほうが

個人情報を保有しておりまして、


そして個人とか中小企業がこれらのデータベースを

参照してアクセスしてビジネスを行うことは不可能となってまして


いわゆる「個人情報の独占問題」ってのが発生してきてます。


一方、エストニアで見られるのが

この個人情報を民衆が互いにセキュアされた状態で


プライバシーが確保された状態で

活用できるようになっておりまして、


これって本質は GAFAに対抗する動きなのではないか?

ってのは感じますよね。


大きくは トランプ大統領とかプーチンとか習近平とかって

完全に 反GAFA側だと思うんだけど


そしてトランプに関してはそれを隠しもしないで

グーグルバッシングを強めてますが


エストニアなんかはEU圏内でもあり

そしてなんだかんだ

ロシアともうまくやってますので


ここでGAFAに対抗するツールとして

X-ROADってのが本質的に存在するんではないか?


って政治バランスはすごい感じますよね。



それで日本だとこれGAFAを官僚たちが守ってる構図ってのが

ありまして、


例えばですが現在はユーチューブが動画サービスの覇者

となってますが


普通に考えれば

「なぜユーチューブに動画サービスでの独占禁止法が適用されないのか?」

と言う問題はあると私は考えております。


動画サービスのシェアを見ても明らかに独占禁止法に引っかかるはず

なんだけどなぜか日本の役人はそれに対してすごい優しいし


なおかつ、FC2という競合サービスが以前は相当日本でも

視聴されていたのだけど

(音楽はユーチューブだったけど、コンテンツの多くはFC2で再生されていた
時期があった)


なぜかこれ日本では警察がFC2をぶっ潰しました。


その結果ユーチューブの覇権となって

ニコニコ動画なんかは・・・頑張っているけど

ユーチューブには対抗できてませんね。


それでこうやって 多国籍企業と役人たちが癒着してるシステム

それが新自由主義であってそれは資本主義とは全く違う

共産主義の亜種のシステムなんだけど


X-ROADってのはこの先進国で問題になってる

多国籍企業の暗躍、独占状態をけん制できるシステムになる可能性、

はありますよね。


それでここで私が重要だと思ったのが

X-ROADによって

行政サービスが「820年分の削減」を達成したのですが


そこで税金がすごい安くなってるわけですね。


ちなみに世界で本当の意味の公平な税制が

フラットタックスであります。


一方それに反するのが累進課税でありまして

日本だと

「頑張れば頑張るほど行政に収奪される仕組み」ですよね。


実際に日本である程度稼ぎますと

住民税も混みで、まずは所得税関係で55%は取られて


さらにそこに健康保険やら年金やら社会保障費もかかってくる

構図で

更にはその後 取られた後の消費に対して

消費税が2重でかかる構図で


さらに残ったものに関しては相続税とかで

2重3重課税がされてるわけですが


「頑張って個人で稼いでもトータルとして60%~65%もしくは

相続税や消費税を考慮すると70~80%は国家に収奪されるケース」


ってのが結構見られるわけです。


この根本思想は共産主義の思想ですよね。

突出した金持ちを登場させず「みんな平等」にさせるんだけど。


が、この「みんな平等の土台」に乗らない人たちがいて

天下りの役人たちはその税金で4000万円以上年収あったりするのが

問題とされますよね。


一方、エストニアだとフラットタックスといって

所得税が一律20%となってまして


社会保障を受けたいのであれば165ユーロは払ってください

みたいなシステムですよね。


ちなみに世界ではロシアも10%台のフラットタックスを導入しており

実は現状 皮肉にも昔社会主義を目指したロシアが

最も資本主義思想を重視した税制を取ってるけど

エストニアも追従してる。


またエストニアでは

法人所得税は配当をしない場合はゼロとなっていて

内部留保を続ける限りゼロとなってまして


配当を出す場合は20%の課税というシステムとなってます。



だから税制では世界ナンバーワンの税制国家となってますよね。


さらに本当は、個人所得税は20%だけどかなり控除があるので

実際は10%台後半であると。




それでさらに二重課税にならないようにシステムが作られてるけど


法人・個人に対して地方税はゼロだし

当然2重3重課税になる相続税・贈与税はゼロだし

不動産譲渡税はゼロだし、

不動産取得税はゼロだし


そして固定資産税なんかはこれ

首都タリンの60平米のマンションで

毎年・・・1500円~1600円くらいなんです(笑)


ほぼこれは固定資産税はゼロといってもいいくらいの

パーセンテージですが物件価格の0.014%の固定資産税です。



だからすごいですよね。


一見「公共交通機関無料」なんて聞くと


「大きな政府で役人がめっちゃ多い国なのかな?

そして税金高そうな国だな」


と思いそうですが


これ私は驚くんだけど逆でして、


「公共交通機関無料とか実施できていてしかも

税収増となってるのに


税金での収奪が極めて少ない国」


なのですよ。


それでこんな 大きな政府と小さな政府の良いところだけを

両立させたのが、そう


「X-ROAD」っていう分散型システムです。



頭良すぎますよね。


ここで日本でこういうシステムが導入されたら

既得権益とか持ってる官僚や公務員の多くが仕事なくなってしまうので

反発はありそうですが



エストニアのX-ROADシステムとかを見てさらに

現地で生活してるとかなりうまく行ってるっぽいな~

という印象であり、



明らかに人々はのんびり幸せそうに暮らしてて

そしてやたら 「無表情なのに親切」であるし、

(ギリシャのように笑っていないけど、無表情だけど
静かながら親切な人が多い)


治安もよく


あとは最近の若い人、余裕でベンツEクラスの最新版に

乗ってたりして結構「お金の余裕」がありそうな人が多い。


最初は「なんで君は20代前半なのにベンツEクラスに乗ってるの?」

と思いましたが



結局X-ROADで行政が効率化されて取られる意味のない税金が

少ないから


可処分所得がめちゃくちゃ多いからなのでしょう。


だから油断は禁物だけど明らかに街歩いていても治安が良いわけです。

スリがある国では一定数の人が「スリをする相手を鋭い眼光で見定めてる」

ものだけど


そういう人がいないのですよ。


それで実は最近、日本の政治家たちが

電子国家のエストニアに学びに来てるってのは私も知ってるんだけど、


たぶん日本でX-ROADみたいなシステムを導入したい人たちが

特に地方自治体で増えてきてるんでしょう。


それでまずこの辺のシステム作るとなると

明らかに「セキュリティ問題、およびプライバシー問題」

ってのが大きな問題としてあると思うんですね。


マイナンバー制度なんかも私は正直

日本の役人たちにこれを実行させるって大丈夫なのかな?

と思ってしまうのだけど


完全に役人たちがより支配を強める監視強化ツールとして

使ってくる危惧は長いこと言われてますよね。


ただエストニアのX-ROADのようなブロックチェーン技術を活用して

なおかつアクセスログが絶対に確実に残って

それを追跡できる分散型システムですと


役人たちやGAFAなんかの多国籍企業が個人情報を支配して

民衆をコントロールしようなんてことが


おそらくしづらくなってまして


役人やGAFAたちが勝手に不正を働けないような

システムになってますから、

それがすごいわけです。


役人が意味不明にプライバシーにアクセスしたら

そこで役人に対して訴訟が起こしやすいわけですから。


この辺の(役人たちが悪用できないようにするための)

セキュリティの強固さを

日本の政治家たちが民衆に説明できるならば、ですが



日本でも将来的に何十年も経過して

こういうシステムが社会に浸透してくる可能性はありますよね。

(その代わりエストニアのように行政は効率化されて

政府は小さくなっていく。)



だから私はなんとなく現地で生活してみて

実感としてX-ROADの導入されてる社会を体験してみて

分かったけど


これが未来の国家のあり方なんだな、ってことですよね。


基本的にはフラットタックスで所得税は実効税率としては
16%とか17%均一で、


そして大多数の先進国の問題としては

税収自体がほとんど公務員や準公務員の人件費として

消えてしまう問題があって


さらに公務員と企業が癒着することで競争が機能せず

大企業独占の格差が問題となって、


さらに中小企業が利益出せず

経済は衰退するのですが、



新しい国家像としては

そのフラットタックスで得られた税収でちゃんと

公共サービスを提供できるように


X-ROADみたいな分散型システムを活用する、と。


それで役人たちがこれ X-ROADというシステムによって

天下り先を談合で作り上げたりなどの

不正がしづらくなっていくので


行政も透明化されていくということですよね。

また中小企業たちも面倒な手続きを簡略化できるので

ビジネスもしやすくなると。


日本でもしこれを実現しようとしたら既得権益からの

強烈な抵抗がありそうですが、


エストニアはそれをいち早く進めてしまったので

ヤバい国だな、と思います。



それでX-ROADの根幹であるブロックチェーン技術なんかは

やはり思想としては リバータリアン思想を反映した技術だと

私は見てますが


ここでX-ROADっていうシステムが


小さな政府を実現した上で

公共サービスも両立するっていう良いとこ取りが

できるシステムなので


これがおそらく

これからの世界の多くの国家の経済成長のための突破口となっていく

のでしょう。


そういう意味でエストニアは

すごいシステムを作り上げてる国だなと

感心しました。



個人でも国家でもテクノロジーの優位性を

政治哲学とうまく融合したところが


豊かになっていく時代ですね。



それでは!


ゆう




追伸・・・あと公共交通機関無料化を

X-ROADを使ってエストニアが実現しつつあるのが印象的ですが

そこで 税収増となってるのが注目ですよね。


ちなみにですがそこで

「なんで移動の自由が達成されてるのに

そこであまり消費につながらないか」

ってのは、私、現地にいて分かるんだけど


「消費するものがほとんどない」ってのが問題として

あるんだろうなと。


例えば、私はカフェがすごい好きなのですが

エストニアではカフェの多くが

19時とか20時で閉まるわけです・・・(笑)


20時なんてまさにこれからでしょ、みたいな時間だと

私は思うんだけど


ここで私はカフェに行かなくなってしまってるけど

その辺の自由度に問題があるのだろうな、ってのは

感じましたかね。


あとは、シンプルに道を歩いていても飲食店とか

日本や韓国や台湾ほど多くありませんし、

その辺のレギュレーション(法律)のバランスがきっと

エストニアの問題なんだろうとは感じます。


一方、アジアの国々ではなんだかんだ飲食店やら

消費する対象が多いのですが


ここでX-ROADみたいなシステム導入されて

そして無料化が推し進められたら


アジアの経済やばいことになってしまうだろうな

というのが私が考えてることです。


人が多く移動しますと、その間、視覚、聴覚、触覚などで

多くの広告にさらされることになるので


消費はしてしまうものですが


この「人の流れを最大限にする」と言う意味で

これを行政が無料化してしまうってのは

かなり面白い発想であります。



ちなみに、今回のコロナ騒動ではその「人の流れ」ってのを

一時的に行政が止めたわけですが


これは実験結果としてすごい面白いという見かたもあるんだけど

「人の流れを減らしてしまうと当然のごとく

経済が強烈に悪化する」という実データが取れたわけです。


人の流れを狭めて遅くしてしまえば、これ経済が停滞するのが

各国で証明されましたが

逆に人の流れ、流動を拡大させて速くしてしまえば


経済成長率はかなり上がるのではないか?ってのも

私たちの生活の感覚的にも分かってきますよね。


広告と言う面でいうと1企業が店舗に掲げてる広告を見る人が

1人よりも10人見たほうが当然、消費につながるわけでして。


広告の費用対効果をあげるためにも

おそらくこの公共交通機関の無料化はさらに実験を続けていく意味は

あるんだろうと私は思いました。


(※ちなみにエストニアの問題は
リアルビジネスの起業家、経営者がアジアほどいないのでは?
ということで

シンプルな例だと飲食店とか意外に少ないな~と思いますが
それはどうも理解してるようで起業家を世界中から招致してる。)


そういう意味で、人の流れを加速させていくってことを

研究したら経済は活性化するんでしょうから


そのためのインフラである公共交通機関を無料化してしまう

ってのは面白い試みですね。


そしてX-ROAD使ってしまうと、税金もむしろ安く維持できると。


いや~なんともすごい国があるもんです。

それでは!


ゆう







★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(大人気)EA+裁量の「The Third ザ・サード」がかなりの反響です!
今回はありえない3大特典、もついております。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……the_third/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆













«  【電子国家エストニアでは「電車・バスの無料化」が進んでいる!?】 (「X-ROADシステム」のヤバさ)  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください