無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「菅新首相のフル会見動画」を見て「既得権益打破】の流れについて考える!】

2020 9月 15 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「菅義偉 新総裁」の記者会見動画です(2020.9.14)


⇒  https://youtu.be/6ADMszYpA8s
(開始3分~~から菅新総裁の会見です!)


FNNでも別アングルでアップロードされてました
⇒  https://youtu.be/EdIR_1kd1lo


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





どうもゆうです!

おはようございます!!!


さてさて、いや~~もう昨日あなたもチェックされてると

思いますが、


「菅新首相誕生」となりましたね!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まさに叩き上げの、明らかにこの数年で反官僚姿勢が強い

政治家が・・・首相になりました。


もうマスコミなんかは安倍首相が辞任で

8月末は歓喜をしていたわけですが



そこでその後 それでも官僚たちに逆らおうとする

二階さんや菅さんの動きを見て


もう首相になる前から「官僚の広報機関のマスコミや野党」たちは


菅が官僚利権にとって不都合だ、ということで

大きなネガティブキャンペーンを

やっていましたが、


しかし、菅、二階さんが負けないで抑えきり、

無事、菅さんが、首相となりましたね。


いや~色々な意見はあるんだろうけど

そして官僚たちに対抗するため、

これからマスコミに菅新首相は一斉に叩かれるだろうけど


個人的には頑張ってほしいな

という前向きな気持ちで見てました。



まあそれで副島先生も書かれていましたが


やはり多くの政治分析者が今の大きな

トランプ大統領も絡む国際政治の情勢もありまして、


菅新首相の話で田中角栄の名前もどうしても連想するから

時に出てきたりするんだけど

そして私も菅氏が田中角栄を超えられるか、を見ているんだけど


そう、バリバリの反官僚支配思想の、政治家主導をなんとか

実現しよう、という田中角栄思想に近い政治家が


官僚たち左派の方々につぶされた安倍さんの

後を引き継いで首相となりました。



それで私が何か書くよりも、まずは「フルの菅新首相の会見動画」

を見たら分かりやすいってのが今のネット時代の良さですが


現在、ネットでフルで見られるようになっておりますね~


おそらくマスコミ報道では菅新首相の一部を切り抜いて

変な印象報道をするかもですが


今の時代は「フルで無編集で」こうやって私たちはネットで

新首相の言った言葉を見ることが出来ます。


特に・・・「最初っから既得権益について言及」してるのが

もうこれは個人的に爽快でした。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ライブ配信(録画版)】
菅義偉新総裁記者会見(2020.9.14)


⇒  https://youtu.be/6ADMszYpA8s
(開始3分~~から菅新総裁の会見です!)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



いや~~もうですね、マスコミたちがこの前

2016年から反官僚姿勢を明確にした安倍前首相を

徹底的に叩いて、


そして 日本では反官僚姿勢を明確にした政治家ってのは

必ず田中角栄やその弟子の小沢一郎のように


東京地検特捜部につぶされてきたもので

安倍も河井夫婦の件で東京地検に間接的につぶされたような

ものでしたが、


そこで安倍前首相は 体調を理由に(おそらく口実に)

辞任をしておりますが


そこでも最近の自民は層が厚くて、


「安倍以上の反官僚支配の政治家」である菅氏が

これ新首相となりました。


まあそれで、以前も菅さんはこれ法政大学出身であって

反官僚姿勢が強い人なんです、ってのは書いていまして


そして多くの人はそれを知ってるはずですが


もう今回の会見が爽快で

「会見のしょっぱなから」ですよ、


「既得権益の打破」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
についてまず、言ってますよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この日本国のトップの首相がですね、

既得権益について堂々と言う姿勢ってのは


ほんと久しぶりに、2009年ぶりに見たなんて人も多かったようですが

菅さんは最早 以前の安倍首相のように自分の思想を隠すこともなく


「既得権益をなんとかする。

(お役人の)縦割り行政をなんとかする。

(同じくお役人の)悪しき前例主義をぶち壊す」


ってのを最初で言ってるんですよ。


これをですね、「最初に」言ったってのが

もう菅新首相の本質ですよね。



これはもう 論より証拠で実際に会見動画見れば、

分かります。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ライブ配信(録画版)】
菅義偉新総裁記者会見(2020.9.14)


⇒  https://youtu.be/6ADMszYpA8s
(開始3分~~から菅新総裁の会見です!)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




いや~だから日本の官僚機構であったり、その

官僚機構の利益代弁者のマスコミたちからしたら


8月下旬に、2016年から官僚支配に逆らうようになってきた安倍を

なんとか辞めさせたと思ったら


自民の政治家たちも裏で別プランをトランプとおそらく打ち合わせしながら

準備していて


そこで「安倍以上に反官僚色が強い、政治家主導を進めようと言う

叩き上げの人間が首相となった」


わけですから、


いよいよ官僚たちは焦りだしておりますよね。


もう、菅さんが首相になる前から「マスコミによる

ネガティブキャンペーン」が展開されていましたが


それくらい、民衆の敵である官僚たちからしたら


民衆の叩き上げ出身の菅という人が

不都合な人であるのだろうってのは


多くの人がうっすら、感じ取ってる通りでしょう。



それで、日本の首相ってのは今まで悲惨でありまして

もう安倍首相もそうであったけど

「官僚に逆らったら、マスコミや検察などの官僚たち、に

メディアスクラム組まれて一斉攻撃でつぶされてきた」



ってのが実際であって


田中角栄のときはリクルート事件、

左から官僚攻撃を仕掛けた小沢一郎のときは陸山会事件

そして右から官僚攻撃を仕掛けた安倍のときは河井夫妻事件


ってことで徹底的に 反官僚の、対米従属を仕掛けようと

「(官僚からしたら)裏切った政治家」はマスコミを通じて


つぶされてきたのですが、


いよいよ、ここで「トランプ大統領がおそらく

在日米軍撤退議論、在韓米軍撤退議論をぶつけそうな

最高の局面で」



安倍以上の 反官僚思想の 元秋田の農家出身の菅が

これ首相となったわけです。


いや~これ、日本の政治面白すぎですよね。

私なんかはこの菅さんの会見とかギリシャいながら見てたんだけど


やはり最近は世界の話題の中心はアジアでありますよ。


世界の欧米なんかでアジアの政治見てる人間は

反エスタブのトランプとつるんでいた安倍が辞任して

エスタブがアジアで増長するのを警戒していたはずですが


しかし、ここで

その後任でそれ以上の反官僚首相が出てきたわけですから

まあこれは世界の注目も集まらざるを得ないですね。



それでとにかくこの会見では


菅新首相は


「1既得権益、

2役所の縦割り、

3前例主義をぶち壊す」


みたいな内容を普通に言ってるわけですが

政治勉強してる人ならみんな察しますが


「全て官僚機構の利権をけん制した話」をしていたんですね。


安倍なんかは2012年から2016年あたりにかけては

かなり表向き官僚たちに従う「フリ」をして


実際は例えば外交の窓口を対米従属の外務省ではなく

経産省にしてみたりして

これを面従腹背というのですが


「官僚たちに従ったフリして官僚たちと戦っていた」

のですが、


それで2016年に反エスタブのトランプが誕生する前後に

一気に 従うのをやめて反官僚姿勢に転換したわけですね。


やはり時期を間違えて反官僚姿勢を見せると

すぐにマスコミなどを操作してきて彼等官僚は自分たち

政治家をつぶしてくるから、


日本の政治家の基本姿勢は官僚たちに対して

面従腹背だったわけです。


が・・・今回の菅新首相は・・・


もう面従腹背の面従、がないのですよ。


それがすごいことだ、と私は驚いたわけです。






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ライブ配信(録画版)】
菅義偉新総裁記者会見(2020.9.14)


⇒  https://youtu.be/6ADMszYpA8s
(開始3分~~から菅新総裁の会見です!)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



それでこの菅新首相ですが、もう最近、自らの

思想を隠さなくなっていて


例えば ロックダウンやら、経済自粛を求めてきたのは

どう見ても厚労省の役人たちでありましたが


この役人官僚たちのアジトである悪いデータ捏造省庁である

厚労省について 改革すべきだ、なんてことも最近言ってますし



さらにはコロナ問題に関して

「いつまでコロナ問題を官僚やマスコミたちはやってるのだ。

経済が死んでしまうではないか」


と言う民衆の声が強まっておりましたが


ここでしっかりと

「経済再開、経済と感染対策を両立すること」

なども今回の会見で 言及されていましたよね。




安倍がやったGO TOキャンペーンってのは

経済を停止させて支配力を強化させたい

頭おかしい官僚機構からしたら


大変嫌なものでしたでしょうが、


それも肯定する形で、結果としては


「安倍の2016年以降の反官僚姿勢をさらにより

強くした人が首相となった」


感じですよね、現状。



それで菅新首相は

「安倍首相のコロナ対策を進めていきたい」

ということでおっしゃってまして


このコロナ対策で、安倍首相が最後に仕掛けたのが

メルマガでも以前に書きましたが


「コロナの指定感染症2類の見直し」であって


コロナってのは実際は単なる普通感冒であるってのは

「数字上はばれてる」のですが


そこで毎年インフルエンザの死者数が圧倒的に多いのが

本当ですが、


ここでインフルエンザと同等の5類などへの見直しをするかもしれない


という動きが安倍首相辞任前にありました。


このあたりを菅さんが 「官僚たちの抵抗にあっても」

進められるかどうか


は大変注目ですよね。


ちなみに私はいち早く 日本より早く 経済再開に舵を切った

ギリシャにいるから 感覚が分かりますが



おそらくギリシャの中小企業の社長たちが支持する

今のミツォキタス首相と近い対策になっていくのだろうな~

ってのは見ていて思いました。



まずは中小事業者たちの元気を取り戻す、みたいな政策が

経済では主となる可能性高しです。

(安倍首相もそれをやろうとしたけど官僚につぶされた)


それでデジタル庁創設の話も開始23分過ぎに出てきてるのですが


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ライブ配信(録画版)】
菅義偉新総裁記者会見(2020.9.14)


⇒  https://youtu.be/6ADMszYpA8s
(開始3分~~から菅新総裁の会見です!)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


まずここで 各省庁の官僚たちの利権を見直す、

というのをこれ 堂々と菅新首相が言っております。


この言葉を大きく公言するのが、今まで日本の政治家たちが

怖くてできなかったことでしたが


それを今回菅新首相が堂々と 反官僚姿勢を表向きにもう

隠さず出してるのは、驚きですよね。


もちろん、その土台を作ったのは面従腹背で官僚たちと

戦ってきた安倍の功績でしたでしょうが


いよいよ、日本で反官僚姿勢を明確にする首相が誕生したわけです。



それでデジタル庁創設でも既得権益見直しも触れてますが

ここでさらに光ファイバーが入っていない地域もまだまだありますが


予算を取って日本全国に光ファイバー入れていくという

具体的な話もされておりますよね。


これは私は素晴らしいことだと思いますし、

日本は少し光ファイバーが遅れてるとはいえなくても

光ではなく未だにADSLの人もいるわけですから


これはもう早く進めてほしいものですね。



それで今回の菅新首相の会見ですが


省庁改革、それはダイレクトに言ってしまえば

「官僚機構の改革」を正々堂々と宣言してるのが


実はすごいことなんだけど


2009年に小沢一郎が無残にも左から攻撃しようとして

つぶされましたが


今回はこういうことを堂々と言う政治家が


「右から」出てきたわけですね。



そして菅さんは官僚機構内部の分裂具合もしっかり

理解されてるのが会見動画で分かる点ですが


「官僚機構の内部でもやはり今の体制に疑問を

感じてる方は増えてるはずだ」


という内容をおっしゃってますよね。


彼は官僚機構というダイレクトな言い方はしないで

省庁、という言い方をしてますが


私も分析して知ってるのがやはり官僚機構の内部でも

対米従属、一本槍の今までのおじさん官僚たちに対して

疑問を持つ若い世代の官僚たちは増えておりまして


彼らの突き上げがあるはずなんだけど

菅さんは官僚たちの間でも官僚機構のあまりの横暴、統制に

疑問を持ってる人が大勢いらっしゃるってのを


暗に言及されてますよね。


まあそういう意味ですごい価値のある会見動画です。


これをフルで見られるのは良い時代です。


ちなみに私がいるギリシャではADSLで光ファイバーがまだ

日本ほど普及していないので


この動画でさえ途中で止まるんだけど(笑)

だからやっぱり光ファイバーは大事です。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ライブ配信(録画版)】
菅義偉新総裁記者会見(2020.9.14)


⇒  https://youtu.be/6ADMszYpA8s
(開始3分~~から菅新総裁の会見です!)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




それでもう以前に次の首相に決まったら、みたいな

話を書いていますが


もうこれから焦点は


「対米従属を続けるのか

もしくは対米自立を進めていくのか」


というところが焦点になってきますよね。


それでおそらく安倍首相がやめた理由っても体調悪化は口実であって

これからおそらくなんですが



アメリカの帝国覇権をどう見ても自滅させようと動いてる

トランプ大統領がいよいよ


中東から極東アジアに軸足を移して、

在日米軍撤退議論や在韓米軍撤退議論

につなげていく可能性が高まってると私は見てるわけです。


ここで安倍がトランプにそれを事前に聞いて、

そしてそうなれば、 対米従属の裏に利権こしらえてる官僚たちが主導して

相当な世論圧力がかかるから


安倍はこれ以上耐える体力がないとして


菅さんにバトンタッチした感じがすごいありますよね。


それでここでトランプ大統領は「対米従属・依存をやたらしてくる

日本や韓国を強制的に自立させる方向性」を国際政治で

作っていく可能性が高まってるんですが


そこで出てきたのが 対米従属に利権を持ってる官僚たちに対して

戦う姿勢の菅新首相であるわけですね。


だから思いっきり官僚の利権に切り込む姿勢を菅新首相は

見せておりますが


ここにトランプ大統領の在日米軍撤退議論が近年中に仕掛けられれば、

菅は戦いやすくなります。



それでもう菅さんはバリバリの反官僚ですから

菅さんはこれ、相当マスコミのネガティブキャンペーンで

叩かれまくるはずです。


だからある程度新首相を持ち上げるのは短期間で

その後は一気に マスコミたちや左派や官僚たちは

菅たたきを加速させる、


ってのはもう見えておりますよね。


ただ、大きくはトランプがその背後でこれから

官僚たちの利権、権力の源泉となってる米軍撤退議論を

開始していく可能性が高まってますから


そうなりますと既得権益側のマスコミや官僚にとっては

菅は安倍以上に手ごわい相手ということになるでしょう。


米ドル世界基軸体制というのは今回の新型コロナ騒動で

どんどん長期崩壊していく流れになってきてるわけですが


トランプと菅が表向き喧嘩をしながらも

それを進めていく可能性も見えてきてますね。


それで今まではこれ 官僚たちが泣いて嫌がっていたのが

まさに田中角栄や小沢一郎が当時進めようとしていた

アジア地域の協調でありましたが


これは実は通貨の問題であり、アジアが協調=

結局EUがユーロでやってるように

アジア通貨構想に話は発展するという話なんです。


アジア共同通貨なりが作られたらですね、

官僚たちの利権である強い米ドル、ってのは崩壊しますから



だからその基盤となるトラベルバブルなんかで

日本 中国 韓国ラインなんかがつながらないように

必死こいて渡航制限を官僚たちは継続していたわけですね。



が、おそらく菅新首相時代に実際は安倍が下地を作ってきた

「アジアの時代の幕開け」が

見られるようになるかもしれません。


おそらく二階さんが背後で対米自立の方向に誘導していく

のではないかなと見えます。




それで、私たち日本人はこれ今まで、

「いじめっ子のような官僚と面と向かって対立してくれる

政治家が現れた!」


と思ったらこれ、いつもその政治家がつぶされて

「あ~あ・・・負けちゃったよ」と残念な思いを繰り返して

今にいたるわけですが


仮に菅さんが今は反官僚を言っていて その後

うまく取り込まれてしまって


軍産官僚の一部である外務省などが復権してしまったとしたら


実は今の世界情勢では 短命政権になってしまうわけですね。


だからむしろ逆の、菅新首相が安倍首相が下地を作りましたが

中国やアジア各国との協調を裏側ではさらに進める流れ

が加速するかもしれませんね。


菅新首相と金正恩なんかの首脳会談もひょっとしたら

妨害を乗り越えれば、ですがありえますよね。


そうなれば「在日米軍ってなんか意味あるのかな?」

という話にもなってしまうのですけども。



そういう意味で日本に本当の意味の反官僚思想を明確に打ち出してる

新首相がなんと誕生したわけですので


まさに小卒で東北出身の田中角栄とすごい似てる境遇ですが

菅新首相がどれだけ 軍産官僚たちからネガティブキャンペーンを

されても


勇猛に戦えるか、注目でありますね。


とりあえずこれからはこうやって日本や韓国などの

政治がとにかく 民衆からすれば面白いダイナミズムがおきそうでして

大変注目であります!


それでは!



ゆう







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「菅義偉新総裁」の記者会見動画です(2020.9.14)


⇒  https://youtu.be/6ADMszYpA8s
(開始3分~~から菅新総裁の会見です!)


FNNでも別アングルでアップロードされてました
⇒  https://youtu.be/EdIR_1kd1lo


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






追伸・・・それで多くの心情左派の方が

おそらく最後にすごい気になったのが

憲法改正4項目の話ではないかな?と思います。


今回の会見ってのはもう 菅さんの敵である官僚側のマスメディアによって

囲まれた会見となりましたけども、



例えばネットで 憲法改正4項目を検索すれば

出てくる結果としては

「日本は軍事大国になってしまう~」とか

そういう左派側の意見ばかりヒットするようになっておりますよね。


要するに「他の意見」が見えないようになってます。


が、これは別の見かたがありまして

田中宇先生が以前に書いてるのだけど

実はこれらの憲法改正の大きな本質は


対米従属の官僚利権にあるって見かたが、隠されてるだけで

あるんです。


この見方は民衆に知られると不都合すぎるから

マスコミ報道されないのだけど


2018年に田中先生が書かれた記事ですが
これですね。



================


自衛隊「いずも」空母化の意味
http://tanakanews.com/181220izumo.htm



自衛隊「いずも」空母化の意味
2018年12月20日   田中 宇

日本政府が最近、従来はヘリコプターのみを

搭載・離発着させる「ヘリ空母」だった

海上自衛隊の「いずも型」の護衛艦(「いずも」「かが」の2隻)を、

戦闘機(F35)の搭載・離発着もできる
本格的な「空母」に改造することを正式決定した。


いずも型は、2010年にヘリ空母としての建造計画が決まった時から、
いずれ本格空母に改造することもできる軍艦として作られていた。

空母への改造は昨年から取り沙汰されており、
今回、12月18日に安倍政権が閣議決定した
防衛大綱に明記され、正式決定となった。


戦後の日本では、空母を持つことが2つの意味でタブーだった。

法律的な「合憲性」と、政治的な「対米従属」の2つの意味だ。
そのため「いずも」は「空母」でなく
「多用途運用護衛艦」と呼ばれている。

空母は「敵国」の沖合まで行って、
そこから戦闘機で敵国の大都市を空爆して破壊して多数の人を殺す
「(侵略的)戦争」の道具だ。

日本国憲法は「戦争」を禁じており、
どこかの国が攻撃してきた時に防衛すること以上の
戦闘行為が「法的」に禁じられている。

日本が空母を持つことは「違憲性」が高くなる。
空母に搭載する飛び道具が、

比較的トロい「ヘリ」
(固定翼機より、速度も航続距離も大幅に劣る)だけなら、
戦争をやりにくいので違憲性が低い。

だから、これまで「いずも」は「ヘリ空母」だった。
これが戦闘機搭載になると、好戦性=違憲性がぐんと高まる。

同時に、日本が空母を持つと、
米国に守ってもらわねばならない度合いが減る。

「日本は自衛できるようになったので、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
在日米軍が撤退しても大丈夫だ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という話になる。
~~~~~~~~~~~~~~

日本は憲法ゆえに空母を持てないので、
空母をたくさん持つ米国に従属せざるを得ず、

米国とのパイプ役である
日本外務省など官僚機構が選挙結果に無関係に独裁的に
日本を恒久支配する、というのが官僚好みの戦後体制だった。


日本が空母を持つと、米国に頼らず自衛隊が
日本を防衛できる度合いが増し、

官僚がのさばれてきた対米従属の構造が失われてしまう懸念が増す。

そのため、官僚機構の一部である防衛省は
「いずも」の空母化に消極的だった。

空母化の決定は、安倍政権の官邸と自民党の主導で行われた。
(「いずも空母化」は自衛隊の要望ではなく実は「自民党主導」だった)



空母だけでなく、日本が自前の核兵器を持つことも、
同様の対米自立への道になる。

だから日本の官僚機構は、空母や核兵器の保有について非常に消極的で、
この問題になると官僚やその傀儡たちが、急に「護憲派」になる。


日本左翼=反戦・平和主義者=護憲派

=うっかり対米従属・官僚傀儡

=無意識のうちに米国の大量殺害戦争に加担する人々

=日本右翼という、


左翼=右翼の奇妙な方程式が成立する。

(ゆう追記:日本の左翼と自称右翼は、実際は官僚の手のひらの上にある
ってよく書いてる通りですね。)


日本の右翼と左翼は、対米従属の固執に(うっかり)加担させられる
経路が左右どちらの道をとるかというだけの違いで、

両者とも無意識な官僚独裁の傀儡だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は、左右両方から誹謗される至福を得る(笑)。


================


以上です。


だから実は 日本の自称右翼で ネットウヨという
中国韓国大嫌いという人らと、

左翼の「戦争~はんた~い」の人たちですね、


実は本当は同じ官僚たちの息がかかってる人らなんです。


それは例えば 最近だと日本の街頭で左派の人たちが

官僚たちが求めていた「PCR検査拡充を!」とかやっていましたでしょう?


この辺なんです。


こうやって官僚たちは戦後、右と左を交互操作して

エスタブの利権を維持してきたんですね。


ちなみに私は海外に普段おりますが、日本以外の国ではやはり

「侵略は当然、肯定しないけども、
侵略された場合は防衛するための軍隊」ってのは

やはりあるもので、

それは韓国にだってマレーシアにだってあるわけです。

だから実務の話で 日本が仮に独自にアメリカに守ってもらうのではなく
自分で守りますとなりますとですね、


そこで日韓の既得権益の官僚たちが対米従属支配できなくなる

っていう事情はあるわけですね。


自立されると支配できなくなる、ってのが官僚の本音ですから

だから官僚たちは大衆に依存することを求めます。

(菅さんが自助重視で公助はその次って言ってるのはそういう
反官僚的な意味。)


この辺、私は昔勉強して知ったものですが、

菅の姿勢が分析すると明らかに反官僚姿勢で、対米従属支配を

いよいよ終わらせていく動きを進める可能性が高まってると言えます。


それでこの辺の大きなアジア地域の変化にあざとく気づいてるのが

実は投資家のバフェットだろうななんて感じまして


彼、日本株に今まで投資していなかったのに・・・

日本株に投資しだしましたよね、最近。


バフェットはアジアでは韓国に投資していたけど

いよいよ日本に投資しだしたんですが


事実上、米国株一辺倒であったバフェットがアジア投資を

やりだしたのは 時代ですよね。


それで日本で新首相が決まりましたので

これでいよいよトランプ大統領が


アジア各国に「強制的に自立を迫らせる」ことが可能になってきました。


大日本帝国思想を受け継ぐ官僚たちは

今までは日本国内の反官僚政治家の突き上げだけを押さえつけて、

「もぐらたたき」のようにつぶしておけば

良かったのですが、


いよいよここにトランプ大統領などの

反軍さんの米国覇権を自滅させようという多極派たちが


これ、日本と韓国の軍産官僚に海外からも襲い掛かる。


これからまさに 日本や韓国や中国や北朝鮮など、

アジア地域が世界の話題の中心となりますので


大変注目ですね。



また以前書きましたが、外務官僚たちであったり防衛省の役人たちで

この情報をキャッチしてる人らが


沖縄で 文字通り、単なる草むらになる可能性がある

軍用地の投資をあおって、情報弱者に買わせようとしておりますが


買ってしまうと大損の可能性がありなので

気をつけたいものですね!



沖縄の辺野古あたりは一応米軍基地が出来るっていう体ですが

実際は2025年以降あたりに自衛隊が使うことにもなりそうです。


そういう意味で 菅新首相の本質は

「対米従属の戦後初めての脱却をできるかどうか」

にありますので、


そして国際政治的にはそれができる公算が高まってきてる地合いなので

マスコミのネガティブキャンペーンはいずれ開始されるでしょうが


官僚たちの扇動に騙されないように、

冷静に私たち民衆も見ていく必要がありそうです。


では!




ゆう








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「菅義偉新総裁」の記者会見動画です(2020.9.14)


⇒  https://youtu.be/6ADMszYpA8s
(開始3分~~から菅新総裁の会見です!)


FNNでも別アングルでアップロードされてました
⇒  https://youtu.be/EdIR_1kd1lo


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★













コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください