無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【安倍首相の辞任に歓喜するマスコミと官僚たち】

2020 8月 28 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【安倍首相の辞任に歓喜するマスコミと官僚たち】
⇒編集後記で



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!

こんばんは!!



さてさて、私は今日の28日、大変大事な会見でありましたが

日本の安倍首相の会見に注目しておりました。


というのは安倍首相は以前に新型インフル特措法に新型インフルを

ぶちこんで、役人たちが強制的なロックダウンや外出禁止などを

できないようにかなりけん制したのですが


その後相当攻撃されていた。


しかしこの数日安倍首相たちが一気に

新型コロナの指定感染症2類相当から通常のインフル扱いの

5類などへの見直しに言及したのですが


そこで今日の会見でありましたが・・・


すさまじく残念なことに

「体調問題を理由に(口実に)辞任」となりました。


https://www.sankei.com/politic……90-n1.html



私は、もうこの一報で、

「ああ、また田中角栄や小沢一郎のように脱官僚支配を試みた

政治家がつぶされてしまったか・・・」


と、1万キロ離れた土地でただただ残念、と感じておりました。


ちなみに安倍首相は私の友人にこの前聞いていた話が

河井夫妻の逮捕問題で 以前には田中角栄や小沢一郎をつぶした

検察が動いておりまして


そこがかなり効いてるというものでしたが


すなわち 官僚機構や左派たちから相当圧力がかかっていた状態でしたが

そしてその官僚機構の各省庁のタッグの圧力が直接的な辞任の理由であるのは

間違いありませんが


今回は 健康問題を口実としての辞任、となりました。



安倍は以前に首相になったときは腹痛、潰瘍性大腸炎を理由に

辞任していましたが


そのときはやはり官僚機構からかなり圧力があってそれが

本当の辞任の背景でありましたが、


今回も事実上、官僚たちがタッグを組んで安倍首相をつぶして

今、マスコミや官僚たちが高笑いしてる状況となってます。


政府高官、官僚たちの声なんかも左派マスコミたちは嬉々として報じてまして


官僚たち、高官が「安倍はすぐ辞めればよいのだ」と発言した内容も


左派マスコミが扱っておりまして、

もうマスコミ、官僚が高笑いしてる状況となっておりますよね。


今書いてる時点では安倍首相がこの前、ある種


新型コロナをあおりまくる官僚たちへの

クーデター的に言い出した新型コロナの2類見直しの話も

吹っ飛んでしまってまして


もう全面的に 日本の自立路線を2016年から官僚を裏切って

進めてきた安倍首相が再度官僚たちに降伏した感じとなりました。


私はもうこの会見で

「はあ」と大きくため息をつき、


そして


「ああこれから日本も マハティールがクーデターで

つぶされた後のマレーシアみたいになるんかな~」

と、考えておりました。



それで、実はこの動きですね、まさにマレーシアで数ヶ月前に

起こった動きが日本でも起こってる感じになっちゃてるんですが




ああ、これを私はメルマガで書くのはどうなんだろうと思いつつ、

やっぱりもうこれから想定しないといけないシナリオも出てきましたから


今日はそれを考えて行きたいと思います。


とりあえず、しばらくはこれからも

上級国民と揶揄される官僚機構の独善的な暴走は

定期的に継続していき、官僚機構の勢いは続きそうです。


そして「唯一世界では ちゃんと外出もできたし、外でも遊べた

日本では一体どうなるか」ですよね。


この辺も考えていく必要がありますね。


編集後記で!

















☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
  最近のメルマガ・バックナンバー

■【写真40枚】ギリシャ・アテネのショッピングモールを散策してみました
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2589#2589


■サラリーマンやりながらFXで年収3000万円稼ぐ人と
話して 分かったこと!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2581#2581


■【田中宇先生の今回の騒動の分析を見て
「自然免疫+獲得免疫」での ウイルス克服について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2588#2588


■【世界の観光業の損失が「リーマンショックの3倍」になったことを
UNWTO(国連世界観光機関)が発表したことについて考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2587#2587


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【すごい対談音声】中森社長と最近の「ウイルス恐怖で支配する
ショックドクトリン」
のこととか、マーケティングの真実、や野田式のことなど
雑談しました!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_shacho1/




対談音声♪【中森社長とさらに「恐怖と洗脳とプロパガンダ」
そして「分断社会から結合へ」について語りました!(後編)】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_shacho2/




【対談音声(台湾編 1本目)】
野田さんと「台湾で対談音声♪」を録音しました!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_taiwan1/




【台湾での対談音声2本目!】
野田さんが負けトレーダーから億トレーダーに転換した
「時間の考え方」とは?

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_taiwan2/



【台湾編の対談音声3本目!】(直リンク)

台湾ではFXより○○が人気で
「自分で稼ぐ」のが当たり前!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_taiwan3/




【「マレーシアで野田さんと中森社長と対談音声」
を録音しました!】(前半)
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……malaysia1/



(マレーシア対談音声の後半!)
【「この国いたら心病まないよ」】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……malaysia2/



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★














============編集後記===========

さてさて、新型コロナ怖いよ怖いよ報道のおかしさを感じていた

多くの人が注目していた


新型コロナの指定感染症2類を見直すという発言をしていた

安倍首相が 


大きく官僚機構の圧力に負け、辞任、となりました。



マスコミたちが報じている健康問題で危惧が出てきたから辞任ってのは

以前の安倍辞任のときと同じで


本質ではなく、どう見てもこれ、


旧大日本帝国の思想を受け継ぐ官僚たち

すなわち検察であったり、厚労省であったりの官僚たちが


大いにタッグを組んで安倍をつぶした上での辞任、となりました。



ちなみに今回ギリギリまでこの安倍辞任に関しては

闘争があったはずで


指定感染症2類相当を見直すっていう発言を安倍はしていました。


その背景として、


官僚たちは新型コロナ騒動を機会にして


日本の戦後憲法の自由権をどんどん喪失させたいってのがありまして


それが「外出禁止」であったり(外出したら逮捕)

「営業自粛」であったり

そんな動きですが、


一方安倍は 新型コロナ指定感染症2類の見直しをして

インフルエンザと同等の扱いにすることで


憲法で保障された営業の自由や渡航の自由を復活させて

そしてそこで アメリカと心中しないで


日本は中国と組んでその上でなんとかやっていこうという

ことを志向していたわけですよね。



が、官僚機構につぶされました。



ちなみにもう各紙でこれは報じられておりまして

特に「政府高官によると」みたいな報道もされていて


この政府高官ってのはまさに官僚機構の官僚たちですが

彼らは「安倍はすぐ辞めてしまえばよいのだ」と言っていた

なんてことも書かれていたりしましたが



しっかりと官僚の意向通り、安倍首相がやめる形になりました。

官僚とマスコミは大喜びとなってます。


一方、民衆たち、特に事業者たちは

「あ~また民衆の意見を代弁しだした政治家が

つぶされたか」

って感じになってますよね。




日本の主権者は民衆ではなく、ましてや民衆の代表である政治家でもなく

官僚機構である、というのが


まさに表に出ていた辞任劇です。


小沢一郎も、田中角栄も検察につぶされたのですが

安倍も実際は河井夫妻の話で検察に相当圧力をかけられていたでしょうが


やはり 東大法学部出身のお勉強エリートの、

選挙で選ばれていない官僚たちのほうが


民衆が選挙で選ぶ代表より強いのが日本なんでしょう。




ちなみに本当は安倍首相が健康をかなり危惧するようになったのが

安保問題のときで


ここで安倍首相は相当ストレスがかかり

潰瘍性大腸炎の治療方針でも


色々と対立がドクター内にあったわけですよね。



医療チームがそこで揉めていたのですが

本来の自然免疫を重視する医者たちは


「あまりステロイドなどの免疫抑制剤ではなく

体に負担の少ない弱い薬を使うべきだ」


と主張しており、

(こちらが免疫学を勉強すると正しい。)


一方、

「いやいや、(最終的にはリバウンドが悪化する)

ステロイドを使えばよいのだ。」


と主張する恐ろしい医者たちもいまして

このステロイドの副作用ってのは多くのアレルギーの人は

ご存知だろうと思う。



それで

ここで闘争があったのですが


結局「強い薬であるステロイドを使おう」ということになった。


強いステロイドを投与した後どうなるか?は

アレルギー持ってる人たちはみな分かるはずです。

依存的になっていき、最後は症状をコントロールできなくなって

大変な思いをする。


そこで安倍首相はその辺の知識がない人だから


この時点で騙されており、

おそらく医官や大学病院の教授に騙されて

強いステロイド、免疫抑制剤で頑張っていたわけですが



まあかなりリバウンド症状が深刻になってしまったのでしょうが

それもまた安倍が悪化したのも政治であると私は感じたものです。



ちなみに実はこの後に安倍首相の潰瘍性大腸炎を完治させるためには

IGGからIGEにクラスタスイッチさせればよいだけなので

それを書きたかったのですが


書く前に辞任となりまして、

想像以上におそらくリバウンドがきついことになっていたのでしょう。



それで現在安倍首相が辞任ってことで

もうマスコミなんて街中で号外を配りまくって


もう今日はマスコミと官僚が集まって

てんやわんやの

祝賀会でしょうが


官僚たちからすると「ようやく安倍を倒したぞ!!」

という歓喜の日が今日なんでしょう。




それで・・・実は私がそれ以上に分かってしまって

想定しなければいけないと思って考えていたのが


マレーシアのことなんですね。



実は官僚機構のクーデターみたいのがあって

それで官僚たちの思うように動く首相が立てられたのが


まさにマレーで


以前はこれ 安倍首相に考え方も近かったけど

マハティール首相であったのですが


いきなりここで選挙を通さず、


ムヒディンという人が王様に指名されて首相になったのですね。


そしてその後 タイミングよくコロナ騒動になったのですが

そこでマレーシアはどうなったか?というと


もう歯止めが利かないですから


「強制的ロックダウン」となりまして


「理由なく外出したら逮捕!」となりました。


一応、スーパーなんかで買出しはいけるのだけど

それも 家族で1人まで、と厳密にルールが作られまして


だから 夫婦で例えば買出しにいくと逮捕となるような

そういう国になったのですね。


以前の寛大な寛容なマレーシアが一気に変化した。


そこで人々は 道路に警官や軍人が検問してるから

外出して逮捕されないように、


恐る恐る暮らしてる姿ってのがマレーシアで見られたわけで

それは多くのブロガーたちが書いていたのだけど



私が危惧していたのは


「ああ、マレーシアでマハティールがクーデターのように

下野したときと極めて似ている。


これ日本もマレーシアのような強権的な形になってしまわないか」


ってことですよね。



それで 新型コロナで見られた構図としては


「新型コロナ 怖い怖い!キャーキャーキャー!

さあ、もうとにかく 外出禁止にして GO TOとかおかしいから

みんな家から出てはいけない!」


という左派と官僚と野党のタッグってのが

すごい力を持っており、


一方、そこで


「やっぱり 感染症対策より人権が大事だ。

営業の自由も大事だ。経済がないと結局人は生きられない。


だからバランスとって経済を再開させなければならない」


という右派や温厚な保守派などの声が出てきていたわけですね。


指定感染症2類を見直してインフル扱いの5類相当に

しましょうっていう主張もこちらから出てきたものでして


それを安倍首相が取り上げた。



が、官僚たちや左派メディアや野党たちはまさに

そこで強力な権限を行使して


安倍をつぶした、わけです。

おそらくですが 指定感染症2類の見直しを言及したことからしても

以前から 辞任を決めていたってのは口実で

ギリギリまで官僚との攻防があったと思われます。



それでこれはマレーシアでも見られたことで

マレーシアも以前は大変 寛容な国で


マハティールのときなんかは大変自由な国でしたが


いきなりそこで 官僚たちの意向を反映する首相になったとたん、

人々は外出も自由にできなくなったんですね。


だからマレーシアでマハティールが辞任して

新首相になった後、一気に社会が変容するさまを私は知ってますが


日本が・・・なんと発展途上国のマレーシアの後を追うかもしれない

そんなシナリオは無ければよいのだけど


どうしても想定しなくてはいけない状態になってきました。



それで マスコミは現状「第2波が来る! 怖いよね、怖いよね?」と

報道をしてるわけですが


その後「やっぱりもう次は第3波が来そうだ!怖いよね!」


と煽りまくってますが



安倍が負けたのですから、この官僚たち、マスコミたちの

声がより強化される可能性はどうしても考えられるのですね。




それでまず新型コロナ騒動で安倍は相当左派に攻撃されていましたが

それは何故か?といいますと


やはり新型コロナを新型インフル特措法にぶち込んだのが

原因でしょうが


本当は大日本帝国思想の官僚たちとしては 

戦後のアメリカ式の日本国憲法を骨抜きにしたいですから


そこで移動の自由やら営業の自由やらくそくらえ、と思ってるわけでして


ここで新法なりを制定させて

ロックダウンをさせたかった。


が、安倍が「そうやってしまうと圧政になってしまう」と

実際発言していましたが


そこで「罰則のない要請」となったわけですね。



すなわちこの新型コロナ騒動でアメリカ型の戦後日本国憲法を

守って動いていたのが実際は安倍であったわけですが


ここで官僚たちやそこと癒着する各都道府県知事たち

官僚機構たち、マスコミたちは


自分たちと対立することを安倍がやったわけですから

猛攻撃を加えた。


そこで以前に 小沢や田中角栄をつぶしに動いた官僚たちとして

検察官僚たちがおりますが


まさに日本の民衆側の動きをする政治家をつぶす役割の

東京地検が安倍をつぶすために河井夫妻の件でも動いた。



ちなみに安倍ってのは2013年~2016年までは

官僚たちに気に入られていたんですね。


しかし2016年以降、一気にトランプ大統領誕生が

分かってくる前後に 官僚機構に反旗を翻して、


それは以前の小沢一郎もそうだったんだけど


そこで 思想転向を明確にしていた。


ここで中国側とも戦わないで協調していく姿勢をとっていたけど

官僚たちにとってはもう 早くつぶしたかったことでしょう。




そして前日まで相当な闘争があったのは想像に難くないですが

今日、つぶされました。


私はただただ残念というか、

「ああこれからまた私の祖国日本の人々が

大変な状況が継続してしまうのかもしれない」と危惧していた。




それでマレーシアのマハティールも実は以前まったく同じ経緯でして

やはりMI6系の官僚たちやマスコミに猛攻撃されたんだけど


そこで結局 辞任となったわけですが


となると、今日からの日本も

数ヶ月前のマレーシアと似た状況になってしまったから


これから新型コロナを口実としてでの

憲法無視の罰則付きの外出禁止やら

ロックダウンやらを


都道府県知事や官僚やマスコミがタッグを組んで

扇動してくる可能性は十分に考えられるってことなんですね。




私が安倍首相辞任のニュース見て真っ先に危惧したのは

これです。



安倍首相が3月4月の 憲法無視したい官僚たちと対抗したからこそ

日本人はそれこそ今は湘南に集まり、渋谷でわちゃわちゃできるのですが


ただこれからですが、ひょっとしたら

流れとして二階さんなんかも

役人を押さえ込めないのであれば


やはり役人の主張を受け入れざるを得ないから

そういう 厳しい人権を制限した政治が日本で出てきてしまう可能性


も考えないといけない、となりますね。



いや~書いていて陰鬱になりますけど

けどもそれは想定しないといけなくなります。



もしそうなれば多くの人は「あれ、俺 安倍降りろとか言っていたけど

大きくマスコミに騙されていたのではないか」


と思うようになるかもしれない。



それで安倍は実際は現行の憲法の自由権

例えば 移動の自由はありますよ、とか

営業の自由はありますよ、なんていう部分にかなり配慮をして


官僚たちから嫌われてましたが


これから誰が首相になるのか分かりませんが


おそらく官僚側の意図を汲むような人間が首相になる可能性は

極めて高いのですが




例えばお父さんが官僚だった、みたいな人が首相になる可能性は

大いにありますが、


そうなれば・・・


やはりこれから心配すべきは、日本の経済が復活するどころか

アメリカに習って、さらに厳しいロックダウンなりが政策として

出てくることを

考えないといけなくなりますね。

(もちろん、そうじゃなければ良いのですが)



「新型コロナ怖い怖い騒動」ってのは

これからもだからマスコミに煽られ続け、


それを利用して官僚たち、役人たちが

憲法を飛び越えて、無視して

どんどん私権制限をかけていく政治なんてのが


日本で出てくるシナリオが想定されてしまうわけです。


そうならなければ良いのですがね、

これからさらに大変な時代が日本に押し寄せることは

覚悟する必要がありますよね。


安倍を攻撃する 東大出身の勉強エリートの

選挙で選ばれていない東京地検なりのお役人を支持するってのが


どれだけ危険なことか、

という話なのですが


実際そうなってしまって、そして安倍辞任となりましたから

上級国民、と揶揄される官僚たちが

さらに増長していくことは警戒する必要が

ありますね。



それでもちろん、安倍が最後のある種の遺言で

「新型コロナの感染症指定2類を見直し」ってのを言いましたが


それは遺言として残っていくかもしれませんし、


そして実際は日本は 自然免疫+獲得免疫で集団免疫に近い状態に

なってるのですから


ここで二階さんなんかが安倍の遺言次いでくれる

政治家を立ててうまく誘導する可能性もありますが


いずれにしても 怖い怖いを扇動してきた

「官僚の春」はさらに続くことは私は覚悟しておりますね。




それで私は実は安倍の動きにかなり注目していたのですが

そこで 安倍が

「このまま新型コロナでアメリカと心中するのか」

もしくは

「なんとか復活してる中国と寄り戻して

地獄への道連れにされないようにするのか」


というところで安倍は後者の動きを模索しておりましたが

辞任しましたので


ということはこれ 日本は没落してきているアメリカに追随する方向が

これまたしばらく続く可能性はあるってことですよね。


今アメリカのニューヨークがもう街として死んでいるってことで

アメリカでも8月に問題になっておりますが、


日本は対米従属の官僚たちが引き続き本当の主権者として

日本を回していく体制になっていくでしょうから


となると


安倍以降の首相次第では

アメリカに心中する方向になるのかもしれませんね。


そして 今はあくまで「営業の自粛」であって

強制力はないもので要請でありますが


都道府県知事たちはこれまた官僚たちとつながってるのが

ほとんどですから


そこで各都道府県知事も協力して 条例などで

強制力を持たせるという憲法を飛び越える裏技を仕掛けてきて


営業禁止、となる業種も増えてしまうことも考えられますね。


官僚たちが大嫌いな夜の街なんかはどんどん

警察の取り締まりが激しくなりそうです。

そうなると、多くの人が食えなくなるのですが


しかしそこで 官僚たちが全てを支配できる配給制なんかが

議論に出てくることもありえる。

(官僚たちの出身大学の東京大学は共産主義の方が多いです)



そして今回官僚たちの勝利となったことで

これからも引き続き、医学的な根拠も薄い中


新型コロナの恐怖が煽られて、そして自粛警察は増殖し、

相互監視社会は進み、


言いたいことも満足にいえない時代なんてのが

さらに進む可能性も出てきました。


また日本の野党たちも

「もっとPCR検査を増やせ!」とか

「外出自粛要請ではなくてなぜ外出禁止できないのか」


なんて主張していたものですが


それは日本国憲法に反するから安倍はそれを退けていたのですが

だから野党こそが反憲法の立場であると私たちには分かりますが


いよいよこの官僚や公務員の利益を代弁する、

「正義のフリした野党たち」も歯止めが利かなくなりますから


ここも危惧する点ですよね。



まだまだこれから色々動きがあるので

一概に言えないところはありますが


とりあえず言えるのが

民衆が選挙で選んだ政治家たち、特に


日本の対米自立を2016年から一気に転向して

志向しだした安倍首相は


小沢一郎と同じように東京地検に攻撃され

厚労省官僚たちにも攻撃され


辞任表明したわけで、

官僚たちが極めて強い状態が続いてるってことですよね。


これから 新型コロナ怖い怖いと扇動してきた

左派や官僚たちがさらに増長してあおってきて


ショックドクトリンを進めてくる可能性は大いにありますから

警戒したいものです。



それでは!



ゆう











☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
  最近のメルマガ・バックナンバー

■【写真40枚】ギリシャ・アテネのショッピングモールを散策してみました
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2589#2589


■サラリーマンやりながらFXで年収3000万円稼ぐ人と
話して 分かったこと!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2581#2581


■【田中宇先生の今回の騒動の分析を見て
「自然免疫+獲得免疫」での ウイルス克服について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2588#2588


■【世界の観光業の損失が「リーマンショックの3倍」になったことを
UNWTO(国連世界観光機関)が発表したことについて考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2587#2587


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください