無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【世界では「月収より資産」が大事!?】

2020 8月 19 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【世界では「月収より資産」が大事!?】
⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!
こんばんは!!



さてさて、昨日ですが


【ギリシャではホテルより民泊のエアビーなどの勢いがすごい】
(副題:ギリシャ人は幸福度上げるバルコニーが大好き)


っていう号を流しましたが、

まあ反響がありました。


色々私なんかは自分の目で見たり体験したりして

学ぶってのを重視してるのですが


色々見える点がありますね~



こちらに書いてますので

是非ご覧くださいね~


【ギリシャではホテルより民泊のエアビーなどの勢いがすごい】
(副題:ギリシャ人は幸福度上げるバルコニーが大好き)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2574#2574


(写真あり)【ギリシャはヨーロッパなのに物価が マレーシアレベルに安い!?】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2568#2568


【ギリシャ・アテネの治安がやばい場所「オモニア広場」でギリシャ人たちが
スリの移民にジャンピング・キックをしているのを見たという話】
(平和なアテネの庭園の写真あり)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2572#2572







それで、今日は
月収より資産という考え方について
書きたいと思います。

これは長く投資やってる人から
したら当たり前な考え方かもしれませんし


私のメルマガでもちょくちょく登場する価値観なんですが

これから投資を学ぶ人には
とても大事な考え方かな?と。

特に海外に住む予定の人には
大事ですね。


特に最初、「これから負けないで稼ぐぞ~」みたいな人にとって

「月収○○万円達成するぞ!」ってのが大多数だと思うんですが

一方「資産○億円を作るぞ」っていう人のほうが少数なんですが


実は・・・後者のほうが最終的に達成してる人が多かったりするんだけど

それこそ月収と資産、両方大事ではありますが


その中でも今日はずばり「月収より資産」ってことについて

考えて生きたいと思います!


編集後記で!








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【音声】資本主義下の『お金の増やし方』


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さて、今日は音声をお渡しします。

これは昔からの読者さんには配布している

私の大事な音声なのですが


今でも私が最重視してることで

新しくメルマガ見ていただいてる方には


2020年の今でも普遍的に通用してる考え方なので

是非聞いていただきたい音声です!



FXや株やアフィリエイトや転売などなど・・・

全ての分野で応用できる話なんですが

「お金の増やし方」について語りました。


本とかに載っているような話ではなくて
私の経験から話をしている内容なので貴重だと思います!

どうぞ参考にしてください♪



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【資本主義下の『お金の増やし方』】
についての音声MP3


⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……hikata.mp3


(MP3音声なのでスマートフォン等でも再生できると思います。
30分くらい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


以上です!



今回のこの音声は私が日本にいたときに録音したものだけど、
もう現役で10年ほどずっと右肩上がりで
資産を増やしてきてくれた

私の「活きた考え方」です。


2020年はそれこそコロナ騒動が起こってますが

それでも通用してる考え方ですので

どうぞあなたの考えるきっかけにしてください。



それで今日配布した考え方はすさまじく重要です。
これをやってる日本人はたぶん
一般人の1万人に1人もいないかも
しれないです。


それで音声ではかなり表現も現実的な言葉遣いで
口語を使っていますが

「資本主義下の喧嘩の仕方」

という言いまわしもしています。


これは私の師匠の副島さんも言論というのは
格闘技だ、

と言っていますが、まさにきれいごと抜きに
現実的に戦略をたて、強く考えていく

という考えからこういう言葉回しになっています。

(好き嫌い、は別にして、です。
やっぱり資本主義というのは弱肉強食で甘くない、
と思います)



それで上の話、例えばFXで応用できますね?


例えば毎月5万円 捻出できたら5万円は
今ある例えば20万円のFX口座に追加していって・・・


それで運用をしていく。


それでこれは毎月やる必要があって、
毎月やらないと「経験値」もたまらないわけです。


こういう方法をとってる人は少ないです。

(大体は一回入金したらそれを元に大もうけ!
という思想でFXや株やビジネスをやってます)


例えば、よく色々な投資の広告があるけど

「30万円が1億円に!」とかは見ますよね?


けど、「毎月5万円づつ入金してそれで1億円になりました」

っていまいち、分かりづらいから広告なんかでも出てこない

のですが


実は今 人脈もコネも経験がない状態から

資産作ってる若い新興富裕層ではこの方法で

資産増やしてる人がおそらく多い。


FXなら

毎月FX口座にちょっとづつ
積み立てて運用する

なんてことも大事ですよね。


株なんかでも日々配当金を全部使わないで
ちゃんとそれを再投資に回す・・・

これはバフェットがずっとやっていたことでもありまして
ずーっと私がやってることでもあります。


これは精神負担的に軽くなるし、
すごい堅実な投資ができるので
私もいい方法だと思います。


こうやってあらゆる分野で応用できる話を音声でしましたので
参考にしてください。


この音声は何もFXや株や先物や金投資だけではなく、

アフィリでも輸入でもM&Aでも全ての
分野で応用が利きますよ!!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【資本主義下の『お金の増やし方』】
についての音声MP3


⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……hikata.mp3


(MP3音声なのでスマートフォン等でも再生できると思います。
30分くらい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



ちなみに私なんかはこれを10年近くやっていたのですが

結局海外移住するようになって、


今はもう色々なところから入金が得られるという

状態になったのですね。



あっそれで最後に・・・

「どういう投資がいいんだろう?」

という方、いらっしゃると思いますが

本気の人は税金で


「何が控除されるか?=経費として落とせるか」


を調べてください。


経費として落とせる、ということは過去の
経営者たちが

「これを経費で落としたら
その経費を投資として考えた場合
それ以上のリターンがある」


と判断しているから、だからそれは経費として
計上されるようになっているのです。


なんで「接待費」があるかといえば接待すれば
数ヶ月後とか1,2年後にビジネスが生まれて
儲かるからですよね?


税制、を勉強すると社会の儲けの構造が見えてくる、
と最近思います。


参考にしてください。


今回の音声の内容はかなり重要なので
ぜひ理解してくださいね!


いわゆる経済的に裕福になれるかなれないか、
というのは


音声で言われている

「お金を使うのが仕事」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という状況になれるか、なれないか、

なんです。


多くの人はお金稼いで資産を拡大させようと思ってますが

そこでロジックとか手法とかに偏りがちだけど


実は本当に大事なのは「お金をどう使うか」で

貧富の差が大きく分かれるわけですね。




今日の音声は理解できる人によっては
100万円の価値のあることを話しているつもりです。

それでは!!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【資本主義下の『お金の増やし方』】
についての音声MP3


⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……hikata.mp3


(MP3音声なのでスマートフォン等でも再生できると思います。
30分くらい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




追伸・・・それで今回のこの音声では

「資本主義における喧嘩の仕方」

を言ってるわけですが


実は本当にこれをやってる人はいないわけです。

それで音声で言ってますが



「資本主義においては、

毎月捻出できる投資金というのは


戦場でいえば

相手に投げつける

爆弾のようなものである」


という話をしてます。


毎月5万円でもいいから、資本主義で戦争するための

武器・爆弾(投資金)を持ってる人と、


その武器を全部消費で使ってしまって

投資金が捻出できない人、


が同じ土壌で戦ってるのが資本主義なんですね。


さて、数年経過して勝つのはどっちでしょう??
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それで最後のほうで言ってますが

「お金というシステムの脆弱性」は私がこれ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以前に発見したものですが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「数字に支配される」んですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1億円は1億円。1に0(ゼロ)が8つで1億円です。

ここで「大きいお金」とか「小さなお金」とかの

区分はなくて 1億円は1億円で数字に支配されるのが


お金というシステム自体の欠点でして

ここに複利かけたり、乗数をかけるのは自由っていう

欠点がお金システムの欠陥です。


私は昔貧乏であったから ここを突いて這い上がるしかない

と考えたわけで


その中で出てきたのがこの音声です。


これこそが学校で教えてくれない

非常に負けづらい資本主義の弱い個人用の

戦争の仕方なので


是非学んでみてくださいね~





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【資本主義下の『お金の増やし方』】
についての音声MP3


⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……hikata.mp3


(MP3音声なのでスマートフォン等でも再生できると思います。
30分くらい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






追伸2・・・それで、さらに具体的に書きますと

以前に2020年3月に

「株や金ゴールドがバーゲンセールだ」と書きましたが


【株が「バーゲンセール状態」になっています】(新型コロナのおかげ!?)
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2306#2306



こういう時期=本来価値あるものがプロパガンダなり

マスコミ扇動で 不当に安い価格が付いてるとき


ってのが必ずありまして、


そういうときに上記のプールした投資金を

追加投入していく、わけですね。



それで例えば株であれば、やはりまず上のバックナンバーに

書いてあるような


大きな視点で分析をかけまして

それで個別銘柄はバフェットの基準で絞り込むのですね。


消費者独占企業で、ROE、BPSなどをメインで見まして

それが割安かどうか算定します。


以下のPDFの考え方ですが、

全部、3回くらい読めば分かるかと。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【億万長者バフェット学】


PDF【資産10兆バフェットは大衆投資家が暴落で焦ってるところで買う】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory1.pdf


PDFレポート
【億万長者のバフェットが避けたがる
「コモディティ型企業」について知る!】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory2.pdf

PDFレポート【投資したら損する「コモディティ企業」を
バフェットが見分ける「7つの基準」とは?】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory3.pdf



PDF【バフェットが愛する「消費者独占型の企業」とは何か?】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory4.pdf


PDFレポート
【バフェットが「消費者独占型企業」を見極める
3つの方法とは?】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory5.pdf


PDFレポート
【バフェットが株を仕込む際に見る「ROE15%基準」とは?】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory6.pdf



PDFレポート
【「バフェットが消費者独占型企業を
割安かどうか見抜く計算式」とは?(億万長者バフェット学)】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory7.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




それで


PDFレポート
【「バフェットが消費者独占型企業を
割安かどうか見抜く計算式」とは?(億万長者バフェット学)】


ってのがあるんですけど、

ここで最適な買値になるのが大体、やはり

何かしら世間が騒いでるときに つられてその株なんかが下落するんですが

そのときにまさに割安価格に到達しますよね。


そこで、以前にやった無料FX道場の、テクニカル分析入れて、

買いですから

下降トレンドラインゾーンなんかにぶつけて買い付けしたりする


のですが


こうやって視点をどんどん 大きい視点⇒小さい視点

に落とし込んで買うわけですね。



ちなみに大きな視点で言うと、これから、

アメリカのトランプは覇権放棄していき

中国ロシアなんかの新興国が元気になっていく流れですから


株だとそれらのこれからまさに資本主義がスタートする

新興国の株を見るのが大事ですね。



だからそうやって 投資国選定⇒その国の消費者独占企業選定

⇒さらにその消費者独占企業の割安価格を割り出す

⇒それに到達したときに テクニカルでさらに細かく買っていく


わけですが


そして今回の音声の考え方で

その買い付けを定期的に行っていくとですね、

嫌でも勝手に時価総額(資産)は増えるものです。


世間では多くの人が知らないだけであって

ちゃんと這い上がっていく道みたいのが


隠れているだけで存在しておりますね~







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【資本主義下の『お金の増やし方』】
についての音声MP3


⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……hikata.mp3


(MP3音声なのでスマートフォン等でも再生できると思います。
30分くらい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



















============編集後記============

さて、今日はずばり「月収と資産」について考えて生きたいと
思います!!


ちなみに今私はギリシャにいたりして
それで海外に住むとなると、特に欧州なんかに住むとなると
色々各国のビザ情報とかが大事になるんだけど


そこで「最近の各国政府が月収やら資産どっちを重視してるのか?」
みたいのはすごいよく感じるわけですね。

なので最初に結論を書くと

やはり「月収より資産だ」っていう件名の話になるんだけど


今日はそれを深堀して考えたいな~と思います。



それで、よく月収◯◯円とか
年収◯◯円という表現をよく私たちは
使います。

なのでこのネットの業界でも
やはり便宜上とても分かりやすいから

月収◯円とか年収◯円、
って表現使いますよね。


例えば

「月収100万円を目指そう!」

という言い方はよく使われるけど

「資産1億円を目指そう!」

という言い方は実は頻度としては
月収と比べると

広告文とかでは使われない傾向があったり
します。

何故か?というと
単純に

資産◯円を目指そう、
よりも月収◯円を目指そう、

の方がウケや反応率が良いからですよね。


それでもっと言うと、やはり日本の場合は特にそうなんですが
会社なりで労働者してるサラリーマンの方が多く、

やはり多くの案件でメインの顧客はサラリーマンの方が
大多数を占めるわけですから


そこで「慣れてる月収(もしくは年収)の表現」が、これ
日本国内では良く使われますよね。

まあそっちが分かりやすいというのがあります。




ちなみにこれは男女関係でも
同じなようで、


例えば


大企業勤務
年収1000万円(けど資産300万円)

ニート投資家
年収600万円(けど資産2億円)

ではどうも前者の方がモテるという
話も聞いたことがあります。

やはり月収とか年収の表現というか
考え方が一般的な訳ですね。

実際に日本の婚活とかの市場だと
年収記入はするようですが

資産記入する、というのは
聞いたことないですよね。
(あったら相当いやらしくなりますけども・・・)


それで月収や年収という指標が
よく使われるわけですが

これは何故か?というと
上に書いたように

比率で大多数の人は労働者であるから、ですよね。


そこで月1の給与なりでお金を受け取るわけですね。
もしくはアルバイトならその日払いとかも
ありますよね。

だからここで
月収とか日給みたいな表現は
よく使われるし

多くの人からしたらその考え方は
感覚的に分かりやすい
わけです。

だからよく月収とか年収という表現はよく使われるし、
みんなその表現を疑いなく使う傾向があります。


また例えば子供のお小遣いなんかも
月1度あげるという教育をする家庭は多いです。


けど、私もそうですが投資家という人種を見ると


実際のところ月収、という枠組みで
考える人よりも


「資産、の枠組みで考える人」が多いです。


すなわち

月収を増やす、
~~~~~~~~~~~~~~
よりも
~~~~~~~~
資産を増やす
~~~~~~~~~~~
に思考をフォーカスしてる人は多く、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(もう少し突っ込んで書くと毎月のフローではなくて
ストック重視する人は多く)



実際、その人たちは
資産にフォーカスしてるので


だからこそ投資家という人種が

まさに
フォーカスしてる通り行動しますから
「資産家」になってるわけです。

それで上の例だと


大企業サラリーマンで
年収1000万円(けど資産300万円)


ニート投資家で年収600万円(けど資産2億円)


の二人がいたとしたら
前者は大企業社員によく
ある感じでしょうが

(実は大企業の30代くらいでも
貯金額300ある人は少ない。
実家暮らしは結構持ってる、って

この前 日本を代表する大企業勤務してた人に
聞きました)



下の年収600万円の人は2億円なりで
何もせずに
配当収入を貰ってたりする人な訳ですね。

配当収入が年収になってるだけで
それだけで暮らしてる人ってのが

実は日本にも色々問題があるから
フォーカスされないだけで
本当は結構いるんです。


それでこれは特に贅沢しない


ニート投資家で年収600万円(けど資産2億円)

のケースの人だと


さらにそこに余ったお金が投資に回り
複利でもキャピタルゲインでも

経済成長してるなら
資産は増えていくわけです。

ただ、いまいちそういう人は周りにいない

ものだからとりあえず肩書きと
月収とか年収で
判断する、

というのが労働収入で暮らす場合の
一般的なところですよね。


しかし、

私たちは死ぬまで投資家な訳ですが、

やはり月収よりは
資産を増加させる、

にフォーカスを当てた方が良いのだろう、
と私は考えています。


これは結構大事な考え方なんだけど

多くの人は
何か新しいことをして

月収を増やそう、とか
年収を増やそう、と考えるわけですね。

転職サイトで良い年収のところに
転職する感覚で

あくまで労働者感覚ですよね。


ちなみに私も労働者だったから分かるんだけど
労働者の市場において「資産」って言葉自体が

そもそも出てこないわけでして

「時給○○円の仕事」とか

「転職して年収600万円に」とか


そういうものが多いわけで


例えば

「転職して資産1億円を築こう」みたいな
そういう広告ってないですよね?


だから労働者をしてると実は自然と、

資産という言葉から遠ざけられまして

資産を築くっていう富裕層たちが意識してる思考が


ポカッと抜けてしまう傾向があるわけです。


それで今このメルマガを見てる人は

「俺も負けないで稼げるようになって自立したるぞ~」

っていう人が多いわけですが


これははっきり言うと


労働者から経営者への職業転換、でありますよね?


まったく別の職種に転換です。


使われる側から使う側とか、投資して労働者を雇う経営者に

投資する側になるのですから


まったく逆の立場になろうってのが

「俺も負けないで稼げるようになって自立したるぞ~」

っていうことなんです。



だから労働者から投資家になるってのは

そもそも考え方自体が 180度変わって来るわけですね。


労働者から投資家になる
っていうのは

すなわちケインズで言うと
Y=c+Iで言えば

Cの消費者、労働者側から
仕掛けるI側になると言うことだから、

立場がコロッと変わるような事なんですね。

だからそこで考え方も変えないといけないと。



すなわち今までは日銭稼いで月収を意識していた人も

「資産を増やす」という考え方に
立たないといけないんですね。


例えば 月収100万円を目指して実際に
月収100万円になりました。

しかし資産を増やすという考え方がないから
バンバン毎月60万円は消費して
そのあとなんだかんだ税金で消えて

資産や貯蓄は全くない…

そんな人って実はめちゃ多いわけですね。


というかそれ稼ぎ出した人の中では
多数派かもしれません。



例えば以前にメルマガで扱った起業家さんでいらっしゃった

実例が、

年収1億円が三年続いたと。



けど資産は1000万もたまりませんでした
なんて話を聞いたものですが

普通に月収とか年収というベースで
考えてしまうと
そんなことになってしまうわけで

こういう人は大変多いです。



すなわち頑張って月収100万円とか
200万円とか300万円になったのに

ずっとそれを継続するために
労働しなくてはいけないわけで

資産は拡大せず大きくならないので、

労働という罰はずっと続くわけですね。


ちなみにお金を稼ぐ、というのは
それを肯定するのはユダヤ教だけど

ユダヤの人らは好きなことだけなら
労働はして良いとはするようですが

基本的に労働はやっぱり罰みたいな価値観は
あるんでしょう。

日本以外の英語圏の国では
特にこの考え方は強いですね。


ちなみに私は今ギリシャにいてこのメルマガ編集してるんですが
もうギリシャなんか完全に

労働は罰ゲーム

と考えてる節がありましてそのギリシャ人の感覚を
現地で暮らしてるとヒシヒシと感じます。



それで多くの人は月収を気にするのが傾向としてあるんだけど


一方、そこで資産を拡大させる、
増やす、って思考でいる投資家的な
思想を持ってる人は、というと


その人に実力があれば

稼いだお金に複利がかかるのを
知ってるから
まさにバフェットみたく消費を減らして

代わりに投資に振り分けますよね。


投資家で有名なBNFさんなんかも
その辺よく考えてた人だと思いますが
大金持ちなのに大して贅沢せずに

安いものばっかり食べてたのは有名な話です。

それでバフェットなんかは税金も
考えて一度利益確定すると税金かかりますし

そこで複利パワーが落ちますし
なかなか利益確定しないわけで

例えば彼の会社のバークシャーハサウェイは
ほとんど配当金出してきませんが

利益確定のスタンスもまた
月収で考えるのか
資産で考えるのか

で変わってくるわけですね。


「負けないこと」でも有名なバフェットですが


それこそ
バフェットなんかで勉強になるのは
あの人は明確に「資産」を意識してるってことなんです。


バフェットが月収いくら、なんて
話はあまり聞かないですよね?

ちなみに人間ってのは
何か目標立てたらそれを達成したがるわけですが

ここで月収、を目標にしてしまうと

世の中には

資産が溜まらない、拡大しない落とし穴が沢山ありますので

それこそ税金や消費始め、沢山あるので
資産が拡大せず溜まりづらくなってしまいます。


一方、資産拡大を目的にすると
全く戦略も考え方も変わってくるわけですね。

その辺の落とし穴が冷静に分析できるようになる。

月収を目標にしてたら
そのあとの複利での資産拡大の視点が
弱いから

バンバン稼いだご褒美で
高級生活をしよう、

みたいな考え方になりますが

資産拡大を目標にしてたら
消費と投資の考え方で

どのようにお金の使用用途を
振り分けて資産に
複利の数字を掛け合わせて

長期で資産を拡大させるか?
という思考になるわけです。



複利乗数の計算が
常に必要だから、
電卓必須になります。


実はそれが上に音声がありますが
その音声の意味ですね。


目標が月収なのか?
資産なのか?

で随分行動もお金の使い方でさえも
変わるのですね。



それで傾向としては

労働者的な思考だと月収重視で
投資家的な思考だと資産重視なのですが

特に日本では労働に対する信仰が強いので
前者の考え方が強いですよね。

けど、これは海外はかなり違ったりも
します。


特に海外移住したい人は多いだろうけど
実は各国政府がビザ発給のために
条件として設定するもの、

それは月収ではなく資産
なんですね。

これは私は自分で最初に海外でビザを取ったとき
すごい感じたのだけど

もうほとんどの国が
資産を見るわけです。


ちなみに今は欧州にいるのですが

大体の国では「資産」が見られるわけで


「この不動産や国債に3000万円とか5000万円とか
1億円とか

「一括で」投資してくれるなら

投資家ビザ出して、それで永住権もあげまっせ」


みたいな内容が多いのですね。



一応ビザ発給のための
条件、審査として
海外の政府がビザ発給条件に書くのは

例えば

資産 数千万円、と、
月間 数十万円以上の収入を証明できるもの、

とかそんなのがあったりしますが

実は・・・実際の運用では

月間の月収なんかは
ほとんど見られなかったりするんですね。


だからその証明はなくても大丈夫なくらいで
エージェントには

月収はどうでもいいから
資産証明だけください、

と言われるのが世の中なわけです。

だからそこで銀行に英語なりで
資産証明を取る必要があったりします。

ちなみに更に露骨なのが
犯罪歴があるとビザ取れないとかも
国によってはあるんですけど

国によってはその犯罪歴も問わないけど
資産証明だけはください、

なんてところもあったりします。

すなわち海外の居住ビザなんかは
モロにほぼ資産しか見られない、

というのがあるわけです。


時々月収なんかを条件にしてるところもありますが
実はそこで資産証明を出したらそれらは不問に処す、みたいな
感じになってるわけですね。


すなわち本当の富裕層たちはバフェットみたいに
利益確定=円に換えたりドルに換えたりしないで
時価総額で資産を考えるのが普通ですが


月収という概念は「○○円」とか「○○ドル」ですが
富裕層たちは その資産が株であったり金であったり
原油であったり不動産であったり、様々な形式で資産を保全してるから

○○円 という通貨単位での証明が難しかったりするわけですが
海外政府はその辺良く分かってるわけですね。


そこで資産が証明できる人が
申請して

それがその政府のビザ発給を担当する
省庁の下の会議で月1回とか
複数人に審査とかされて

この人は資産があるから
我が国に受け入れて大丈夫だ、ということで
ようやく居住の
ビザってのは降りるのですね。


あとは欧州で多いのが

「とにかく ○○千万円国債買ってくれ、
国債買ってそれを 売却しなければ永住権あげまっせ」

ってやつですね。

そこで求められるのは月収ではなく資産でありますね。


だから日本だと上の例の


大企業勤務
年収1000万円(けど資産300万円)

ニート投資家
年収600万円(けど資産2億円)


だと大企業勤務の方が
完全に社会的地位は上とされることが多いと思うし
そういう人はクレジットカードの審査も日本だと通りますが


そしてニートに関しては
資産が2億円あって配当収入で600あっても

日本ではクレジットカードの審査さえ通らないかも
しれませんが、(そういう人が実際結構います)


海外でビザを取るとなると
上の大企業勤務の人は
海外の政府にはビザを却下され

一方、ニート投資家の方が通る

というのが
世界の現状としてあるわけですね。


私なんかはこの海外のビザの要件よく
調べるのですが


特に投資家であるので投資家ビザなんかを世界各国が
沢山発行してるんだけど

そこで本当に

「月収とかじゃなくて
資産を増やさないといけないんだな」

なんて気づいたものです。


と言いつつ私も分かりやすいから
月収◯◯円、年収○○円という表現は
風潮に合わせて使ってますが

けど本当は投資家は月収や年収より
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
資産で考える必要がある、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
って事ですね。



もっと言うと時価総額の資産で
考える必要があると。

だから時価総額資産を
1億円、10億円、100億円、1000億円に
増やしていくぞー

と言う方が数字ベースに
目標を持つならば
何かと良いと言う事ですね。

例えば月収ベース思考が抜けないと

月収100万円を目指してると

半年間は利益期待値はなくても
半年後に利益5000万円計上できるような
投資やビジネス案件が目に入らなくなるわけです。

短期視点は怖いんですね。

また資産を複利でとにかく拡大させていく
って視点も生まれなくなってくるから
稼いだものを全部使って
結局何も残らない

となってしまうと。


一方「よしおれは資産10億円作るぞ~」というひとが
いたとして

そういう人であるとかなり長期的に資産を構築していく
考え方が生まれますから

やはり視点は短期より長期で見てる人のほうが
圧倒的有利なので

結果お金持ちになるのは?というと
後者なんです。

だから「視点の違い」ってのがそのまんま
お金持ちとそうじゃない人たちの差を作っていて

お金持ちたちは長期視点で物事を考えるのが普通だけど
一方そうじゃない人は 短期視点で物事を考えてしまいがちで


それがもう普段のお金の使い方、稼ぎ方にも
影響を与えるわけで

結果貧富の差が拡大するわけです。



それで資本主義では
労働者目線の月収という見方よりも
資産を増やす、

と言う視点の方がどうも強いので、
資産を増やす、を
考えていくのは大事ですね。

資産を増やしたければ


インカムを増やす必要があるから
月単位の収入もある程度増やそうか、

みたいになるわけで
月収ではなく資産拡大を
目標にすると

数十年後に繋がる確率が
上がります。

また私は
色々な教材や塾を見ましたが

そこで 月収を目標に挙げる人は
多いですが

「資産◯千万円作ります」

「資産○億円作ります」

「資産○兆円作ります」

とかの目標を言う人はかなり
少数なので

思考的に少数になるのは
大事ですね。


ちなみに私は色々な塾や教材の募集なり中身を見たことがあるけど
そこで

「僕の目標は資産10兆円を作ることです」

というのは見たことないですが

こういう言葉を平気で言うことが出来る人が金持ちになる人ですよね。




と言うことで、色々なメディアの影響もあって
私たちは月収や年収をやたら
気にしがちですが

実は本当は資産を気にした方が
人生にはメリットが多いのが
資本主義の構図なので

思考も目標の基準も

月収増やすより

「あなたの資産を拡大させる」

に置いた方がこれからの時代強いってことですね!



例えばFXするにしても

「月収100万円を稼ぐためにFXするぞ」

よりは

「資産1億円を作るためにFXをするぞ」

のほうが


やはり成功率が圧倒的に高くなります。


資産で考えると、
まず 無理なスキャルとか無理なエントリーとか
しなくなってきますから。


それでは!





ゆう




追伸・・・そして目標というのは
脳内に形成されるイメージだけど

それは最初は現実と乖離・ギャップが
あるのですね。

だから目標です。

ただ人間は脳内に目標を持ち続けると
行動を最適化する動物でありますから

徐々に時間経過と共にその目標に
現実が近似していく傾向があるわけです。


そこで月収100万円という目標なのか
資産1億円という目標なのかで

行動が長期で変化しますから
月収より資産を目標にする資本家の思考を
身に着けると良いわけですね~




そして資産1億円を目指せるのが
実はこの前の「負けないこと」を重視してる
野田式FX道場であったりもしたけど


すなわち「(月収じゃなく)資産を作る」っていう考え方が
最初にありまして

そこで「負けないことが大事だな~」ってのが出てきて

「じゃあ負けない資金管理や分析などの技術身に着けていこう~」

みたいになっていきまして


そっちのほうが資産増やすためにスムーズな考え方ですね!




追伸2・・・それで「資産を意識していた人が生き残ったのが

実は今回の新型コロナ騒動」だったりするんです。


例えばフローとかの月収を意識していて
資産の積み立てがあまり無い人ってのが


実はすごく多いのですが、


今新型コロナで彼等の「フロー=月収とか」が弱まってしまっており

だから彼等月収とか年収を重視していた層が

大変になってきちゃってます。


しかしここで資産を重視していた一部の層ってのがいて
私の読者でも多いのですが


そういう人は・・・実はあんまり新型コロナ騒動があっても
本当はお金の部分でいうと余裕なんですね。


別に無理しなくても定期的に
資産から生み出される配当金やら家賃収入やらは
それでも入ってくるわけで

何とかなってる人が実は結構多い。


だから新型コロナ騒動は

月収より資産、みたいな考え方がより重要度が高いって

分かってしまうような騒動でした。


そしてこういう騒動ってのは定期的に私たちにあるわけでして

月収より資産を拡大させる、っていう思考のほうが

より大事ですよね。



それで多くの人は証券会社の広告なんかでも

「サラリーマン以上の月収をFXで」とかあったりするから

どうしても月収で考える傾向にはあるんですが


本当は投資ってのは「資産」拡大させるための手段でもありますから

資産で見るってのが大事ですよね。


それで自分の資産は時価総額ベースで考えないといけなくて

バフェットなんかも現金(ドル)なんかは比率としては
大して持っていないわけですが

時価総額で資産を考えてるわけですね。


私なんかが労働者してるときに分からなかったのが
この考え方でしたが

さすがに投資を10年とかやってると分かってきます。



ちなみにだから本当は「利益確定」って言葉がおかしいのですが

例えばあなたが株を買って日本円ベースでプラスになったから

その株を日本円に戻したりするとして


それを利益確定といったりしますが、

だから「買い付けた資産を法定通貨の円とかドルに換える事」を利益確定と

言ったりするわけですね。


けど金持ちたちは法定通貨だけが資産だとは思っていませんから

その株を資産と考えますから


例えばバフェットは基本的に利益確定しないでずーっと

ホールドして株価が何万倍にもなってたりします。



資産で考えるから、握力が生まれるわけですね。


時価総額で計算される資産で考えるから

すぐにプロスペクト理論通りの早い利益確定=早い円転とかドル転

はしないわけです。


それこそ株やら金やら不動産やら仮想通貨やら

さらには無形資産やら

色々な資産が世の中にはありますが


円とかドルの不換紙幣・通貨ってのは
あくまでその中のひとつでしかない
わけです。


だから日収とか月収とか年収とかの細かい考え方で考えると
色々 効率的ではない投資行動になってしまうのですが


生涯の資産を作っていくっていう考え方ですと
これかなり堅実に合理的に行動できるわけで

利益も極限まで伸ばせる投資行動を作れるわけですね。


だから本当は月収で考える思考方法ってのが
子供のころから刷り込まれた奴隷チックな思考方法なのかな

と個人的には思いますが

(そっちのほうが国家官僚は細かく投資家に徴税が出来て
なおかつ 国家官僚の敵がまさに金持ちですが金持ちが増えないで
支配継続できる)


一方長期で資産を構築する思考方法ってのは
まさに民衆が金持ちに這い上がっていくための

重要な考え方ですから

重視すると良いと思った次第です!


それでは!


ゆう



追伸3・・・あと、それこそオンライントレードの

FXも株もあとはネットビジネスも全部アメリカから来たものですが


アメリカ人たちはさすがに上のことは気づいていて

「早く自分で資産作っていって

アーリーリタイア・セミリタイアするぞ」ってのがすごい


この数年 アメリカの若者で言われてることですね。



セミリタイアとかアーリーリタイアってのは

月収なりのフローがあったとしても

資産がないとやはりできないものですから


アメリカ人たちはFIRE(ファイア)とか言うんですが

(FIRE=Financial Independence, Retire Early:
経済的に独立して早期退職 の意味)

「資産を30~40代くらいには
自分で作ってセミリタイアしようぜ運動」

が若いネット世代で盛んになってきてます。


長い目でライフスタイルを考えると

月収増やして一生労働から抜けられないのと比べまして


資産増やしてのんびりやりたいことやって暮らす
ほうが幸せだったりしますので

そしてことごとく多くの国がその個人の
月収より資産を重視してる現状なので


長期的に資産に焦点を置く
ってのがすごい大事な時代でもありますね!

FXや株やネットビジネスやるにしても

月収構築のためのFXではなくて
資産構築のためのFX

みたいな考え方のほうが


負けないことに意識が向けられるので

また短期的な単利よりも長期的な複利のほうが強いので


長期で強いってことでもありますね。


それでは!










■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【資本主義下の『お金の増やし方』】
についての音声MP3


⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……hikata.mp3


(MP3音声なのでスマートフォン等でも再生できると思います。
30分くらい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください