無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【実は日本の食品の多くは添加物問題などで 欧州に輸出できない?ことについて考える!】

2020 8月 16 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【実は日本の食品の多くは添加物問題などで
欧州に輸出できない?ことについて考える!】
⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!

いつも見ていただきまして

ありがとうございます!



さてさて、私は現在ギリシャにいるのですが

そこで最近すごい驚いたことと不思議に思ったことなのですが

それが・・・


「飯がうまい!」んですね。



この前ギリシャの物価についてちょっとメルマガで

写真付きで記事にしたところ


めちゃくちゃ反響があって驚きましたが


(写真あり)【ギリシャはヨーロッパなのに物価が マレーシアレベルに安い!?】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2568#2568


この写真の中で結構面白いのが

「野菜とかめっちゃ安いけど、その中で

全然 それぞれ形が違ったりする」わけですね。



この野菜とか分かりやすいけど

もう形がすごい まばらなんですね。


(写真)ギリシャのスーパーの野菜。
http://fxgod.net/gazou/picture……ukka23.JPG



ただこれが・・・本当に

「軽く調理するだけでうまい!」わけです。


鶏肉なんかもスーパーに1羽まるごと置いてあるわけですが

これが「簡単に焼いただけで謎にうまい」のですね。



正直、ギリシャに来て、真っ先に驚いたのはこの

「食」でした。


調理がどうこうというよりはもう

素材から美味しい、わけですね。


それで「なんで同じ素材なのに私の母国日本と

こんな味が違うんだろう」なんてどうしても考えてしまうわけですが


それで分かってくるのが

「実は日本の食品って欧州に多くが輸出できない」

のですね。


欧州の食品は日本に輸出できるけど

一方日本人が安全と思ってる日本の食品は・・・


欧州に色々添加物とかで引っかかって

輸出できないんです。


今日はその辺を編集後記で!








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





(前編)【すごい対談音声】中森社長と最近の「ウイルス恐怖で支配する
ショックドクトリン」
のこととか、マーケティングの真実、や野田式のことなど
雑談しました!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_shacho1/



対談音声♪【中森社長とさらに「恐怖と洗脳とプロパガンダ」
そして「分断社会から結合へ」について語りました!(後編)】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_shacho2/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【台湾編の対談音声3本目!】(直リンク)

台湾ではFXより○○が人気で
「自分で稼ぐ」のが当たり前!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_taiwan3/




【台湾での対談音声2本目!】
野田さんが負けトレーダーから億トレーダーに転換した
「時間の考え方」とは?

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_taiwan2/




【対談音声(台湾編 1本目)】
野田さんと「台湾で対談音声♪」を録音しました!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_taiwan1/





(マレーシア対談音声の後半!)
【「この国いたら心病まないよ」】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……malaysia2/



以下は前半の音声です!

【「マレーシアで野田さんと中森社長と対談音声」
を録音しました!】(前半)
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……malaysia1/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆













=============編集後記============

さてさて、私は現在欧州のギリシャにおります。

首都アテネですね。


それで日々、スーパーにいって、私のパートナーとかが

色々調理してくれるんですが、


ただ実は驚いたことがありましてそれが

「何を調理してもめちゃくちゃうまい」のですよ。


これ、たぶん欧州から見てくれてる読者さんもいらっしゃるので

そういう方は同意してくれると思うんですが


欧州の食材の美味しさってすごくないですか?


実際に欧州料理なんかは食べたことはあったけど

それでも


スーパーで適当に何か買ってきて簡単に調理しただけ

とかでも美味しいのは衝撃的でした。



例えばソーセージなんかがギリシャは激安で、

500グラムとかのソーセージが謎に100円とかで

売られているわけですが


味が・・・めっちゃ美味しい、のですよ。

本来のソーセージの味というのですかね、


なんか舌がぴりぴりする感じがなくて、変な加工や

添加物が使われていないんだろうと思いますが


すごく美味しいのです。


ただ問題があって、添加物や保存料がかなり少ないのだろうな

と思いますが


すぐ腐りますよね。


これ、欧州の食品に結構共通してるな~と住んでみて

分かったのだけど


油断してるとすぐ腐るんですね。


これはマレーシアでも韓国でも中国でも台湾でも

似た感じで、


食材買って油断して冷蔵庫に数時間入れないと

もう 駄目になってしまったりするわけです。


ただ一方・・・ここで「超優秀な日本食品」の姿があるんだけど

私はこの前日本にいてやはり感じたのだけど


日本の食品ってほんと 長持ちするんですね。


別に数時間冷蔵庫に入れ忘れても

梅雨であっても夏に入っていても


まあまあ食べられたりしてしまうわけです。


他の国だとすぐ腐ってしまって駄目になってしまうことも

あるのに


日本の食事や弁当はほんと長持ちするわけですね。


が・・・


それって良いことなのだろうか?と私は感じていて


私なんかは日本にいると海外で治ったはずの

アレルギーが出てくるのですが


これは食事より 建材などから出てくる空気や

化学物質と結合した花粉などの空気も大きいでしょうが


ただ「腐りづらい食事」って私みたいなアレルギー持ちなんかから

すると


結構脅威でして、ほんとアレルギーがそこから出てきたり

するわけですね。


それで、私は今ギリシャにおりまして、日本で出てきたアレルギーが

どんどん治ってるんですが、実はそれがギリシャに来た理由のひとつでも

あるけど


大体海外で普通に生活してるとアレルギーとかは

私の場合、不思議と消失してしまうのですね。


この重要体験をしてる日本人はすごい多いのですが

厚労省は無視!してます(笑)


まあ製薬会社が儲からなくなってしまうから仕方ないでしょうが・・


まあそれで欧州の食事って 実際に生活してると

すんげえな~と分かってきて


どのように調理してもある程度の味になってしまうわけですが

ここで


「ああ、これが本来の野菜の味なんだ」

とか

「ああ、これが本来の桃の味なんだ」

とか

「ああ、これが本来の鶏肉の味なんだ」


とか分かるわけですね。



これは欧州の食品規制ってのが実はすごくて

私の北欧の友人がよく私に昔よく教えてくれたのですが


欧州は色々 肉の飼料だったり、野菜の育て方だったり

農薬使用だったり・・・


それらが厳しいわけですね。


逆にこれは私たち日本人は知らないけど

実は欧州の人なんかが日本に旅行行く場合、


時には「日本の野菜は農薬値が基準を超えてるので

旅行中食べないように気をつけてください」


なんて言われる事例もあるそうです。



日本から見ると日本の食品は安全と思い込んでるわけで

「国産=安全だと思い込んでる人」はかなりの数に上るのですが


世界から見ると日本食品が安全ってのは

結構ギャグっぽい感じなのかなと思います。


私なんかはもう自分の体でアレルギーで分かってしまう

ある種の高機能センサーがあるわけですので


こういう嘘には騙されませんが

欧州では結構日本食品については厳しく見られているという。


それで私なんかは食品添加物についてかなり興味を持って

この数日調べていたわけです。



というのは「なんでこんな欧州の食品はどれも美味しいのだろう」

とちょっと不思議でして、


それで調べていた。


それで分かったことがあって

先進国の食品添加物でいうと


欧州の食品添加物は 日本やアメリカの半分なんですね。


特に最近「日本の美味しい食品を世界に輸出しよう!」みたいな

人たちが結構多いのですが


ただそこで問題になってしまうケースってのが

私が知ってる中であって


「日本の食品の添加物が多すぎて規制に引っかかって
欧州などに輸出できない」

っていう問題があるんです。


日本食品が実際に欧州のスーパーでは少ないけど

そういう問題があるわけですね。



それで日本では食品添加物が828種類も認められていて

厚労省はすごいですよね。


「どんどん食品添加物使ってくださいね~

死ぬわけじゃないし」


って感じでしてすごい食品添加物を認可している。


一方、アメリカやEUを含む世界主要18カ国・地域で

認められている食品添加物は・・・?


というと大体平均が「308」なんですね。


だから日本の食品は食品添加物が828種類も使用OKと

なってるものですから


スーパーとかに行ってみてほしいのですが

私は絶対裏側を見るのですが


裏側に日本の場合 人工の食品添加物、化学物質が

すごい添加されてるわけですね。



828種類も総計で使われてるそう。


だからその国の食品を ビジネスとして

欧州なり他国に輸出しようとしても

まあ添加物の規制で相当引っかかってしまうので



大体 日本食品の輸出ビジネスって

添加物問題で行き詰まってしまうことが多いのですね。


「それに対策するセミナー」とかもあったりするくらい。



逆に日本食品が沢山入ってる国ってのがあって

これが香港、シンガポール、マレーシア、カンボジアなんかですけど


この辺の国は実は食品添加物カモン!みたいな国で

規制や運用が厳しくないので、


だから実はマレーシアなんかだと何でも日本食品が

手に入るレベルなんですが、


そして何も知らない現地日本人は

「日本食品手に入る~」と喜んでる姿があるんだけど


私は実はマレーシアにいるときはマレーシアの現地のものを

スーパーで買って、


日本食品は危険だから(実際に私はアレルギーが出るので)

ほんと食べたいとき以外は少し避けてたりする。



それでこの辺が実は日本食品を海外に広めたいと

ビジネスで考えてる起業家の最近の障壁となっていて


そのまんま日本食品を海外に輸出しようとすると

あらゆる着色料・保存料・ph調整剤・増粘剤・

甘味料・酸化防止剤・安定材・ゲル化剤・糊料・発色剤・乳化剤


などで国境通れないわけです。



ただこれが「日本食品が夏でもなんでも

腐らないで食中毒にならない」


とかそういう話ではあるんだけど


私もこの前日本にいて本当に驚いたのですが

どの日本食品もすごい夏の暑さとか湿気に強いですよね。


例えば日本で売られてるカレーのルーでカレーを作ると

長持ちしますが


マレーシアなんかは年間平均28度くらいの国ですが

そこでカレールーとかでカレー作って

冷蔵庫入れ忘れてもう数時間もしちゃうと


カレーがしょっぱくなってしまって

腐りだしちゃうわけですが


それが日本のカレールーだと起こりづらくて

結構長持ちするんです。


だから保存料とか添加物とか調整剤とか安定剤とか

色々使われてはいるんだけど


化学物質のオンパレードなんだけど

その代わり、日持ちするのが日本食品、ですよね。


が、私なんかはそういう食品で苦しんできた人でもあるから

実は投資家として


自然な食料品を提供する日本の会社さんに昔から投資していて

頑張って自然な食品を人々に提供してほしいってことで


資金的にも応援してるんだけど

(ちなみに自然な食品の需要はどんどん高まるため

株価が最高値をこの前更新した。別に利益確定しないけど)



やっぱり投資家ってのはこういう企業を応援するのも

大事だ、と思ったり。


それで結構この辺の欧州の食品と日本の食品を調べていくと

例えばこんな過激な記事もあるんだけど


現代さんですよね。


タイトル過激ですが、ただこれ・・・

事実だよな、と。


■日本人だけが知らない!日本の野菜は海外で「汚染物」扱いされている

☆野放しの農薬・化学肥料大国
https://gendai.ismedia.jp/arti……0668?imp=0


それで私のメルマガでも 私自身がアレルギーという
ある種のエビデンスがあるから

日本の食品は安全ではないってのを書き続けてきたわけですが


最近はそれを言論する人が増えてきていて


私はもっとこのあたりの議論が進めばよいと思いますが



上の記事だと、

著者が

イタリアのミラノでスローフード協会が主催した農業関係者の集いに

参加したときの話で、



ここでエジプトの青年に

「日本の食品は本当に安全なのか?

野菜の硝酸態窒素の問題で日本では硝酸態窒素が多く

野菜に含まれて売られていると私は知ってますが


なんで日本人はそんなに無防備なのですか?」

と、聞かれたと。


そこで実はこの日本人の筆者は当時は

イタリアに「日本の食品の素晴らしさ」を広めようと

言ったのに


その周りの外国人たちも耐えていたけどそのエジプトの青年の

一言で 本音を出し始めて


「そうだそうだ」


とそこで この日本の著者はつるし上げを食らったと。



日本国内では 官僚たちに忖度するかのように

マスコミが

「日本食品は安全」とか

「日本の水は安全」とかやりますが


外国の人らはそんな洗脳にかかっていないですから

「日本の添加物はひどく多い種類が認可されてる」とか

知ってますから


そこで 海外で日本食品の素晴らしさをアピールするはずだった

著者がつるし上げを食らったという記事ですよね。


日本は

牛や豚、鶏なども、肥料の中に

硝酸態窒素なんかが残留してるのかもしれませんが、


ただ欧州なんかはこの辺がすごい厳しいでしょうから

だからこういうのが重なって「素材の違い」になってるんだな


と私なんかは調べて分かってきました。



それで ここでも現代さんが書かれているのは

実感とすごい合致するのだけど


パニックになる数字
https://gendai.ismedia.jp/arti……668?page=2


ここで1ページ目に野菜や肉なんかに残留してる

硝酸態窒素の話が問題として話されてましたが


実はヨーロッパでは硝酸態窒素に対して厳しい規制があって

EUの基準値は3000PPMなんですね。


それを超える野菜は市場に出したらおそらく罰則がある。



その野菜は汚染野菜とされてるのですが


しかし日本は・・・その基準がなく野放し状態で

農林水産省がそれをなぜか「スルー」してるのですね。


これやはり日本社会のいつもの大企業と官僚の癒着問題から

発生してるんだろうな・・・と私は見てますが



なんでも日本のスーパーでチンゲンサイを調べたら

硝酸態窒素がなんと 欧州の基準値の3倍を超える

1万6000PPMあったと。


米は「最低で」1万2000PPM。

高いほう(スーパーなんかでよく売られてる)は・・・

もう「ここでは書けない数値」とされてますが


私の場合、実は日本のスーパーの米ではアレルギーが

出始めるけど


一方有機栽培米って高い米を日本にいるときは

配達してもらうんだけど


それだとアレルギーが弱くなるので

実は分かってるんですが


まあ日本の国産米=安全という思い込みを

多くの人はしてるけど


実態としては

硝酸態窒素の観点だけからしてもそうはいえないわけですね。



また日本の農薬使用なんかはすごいわけでして

これは2010年のデータだけど

上から中国、日本、韓国・・・となってますが


実は日本米って農薬使用量はアメリカの7倍となってます。


この農薬は1度くらい米についてるものを食べても

まあたいしたことがないんだけど


蓄積するので、便秘とかになりやすいと思いますが

その後、めまい、吐き気、皮膚のかぶれ、発熱を引き起こす

といわれてまして


実は自然免疫を下げてしまうのが恐ろしいところです。



だから著者が書いてるこの言葉

「日本の食材は世界から見ると信頼度は非常に低く、下の下、問題外。

もう日本人だけなのです。日本の食材が安全だと思っているのは。」



これは・・・海外に住んで実際に自分の調子が良くなってくるのを

私は体感してしまってるので


これ、本当だよな・・・と思うわけです。


が、これ、日本国内から出たこと無い日本人に説明すると

怒る人もいるくらいで、


それくらい国内の食品は安全と

農水省の官僚たちのプロパガンダに見事に日本人は

洗脳されがちですから


この辺発言しづらい空気ってのもあって知られていない話になってる。


それでこの記事で面白いのが

ヨーロッパの知り合いの話があって日本に渡航する際に

欧州人が見るパンフレットに


「日本へ旅行する皆さんへ。日本は農薬の使用量が極めて多いので、

旅行した際にはできるだけ野菜を食べないようにしてください。

あなたの健康を害するおそれがあります」


と、書いていたと。


だから面白いことに日本人は日本の食品を国産=安全と思い込んでるけど

世界の人、特に欧州らへんの食品の規制がアメリカ以上に厳しい地域の人らは

日本の食品は結構警戒してるわけですね。




ちなみに日本の水なんかも同じで

各国の塩素規制なんかは「○○以上はだめ」ってものだけど


日本の場合は謎に「○○以上にしてください」みたいな意味不明な

規制ですが


ここで「日本の水が安全」とかこれまた日本人は

信じ込んでますが


これがだから実は洗脳のすごさなんですね。


欧州の人なんかがよく日本に来ると、シャワー浴びていて

その後肌がかぶれたりするって言いますけど


日本人はその水を安全と思い込んでるわけです。

(そう広報されるから。)



私はこの前日本にいて日本の水で風呂に入ったけど

その水がオゾン処理のにおいがぷんぷんしていて


「これ・・・安全なの?」って思っちゃったけど

何が安全なのか、っていう定義がおそらく違うんでしょう。



食べ物を作って何時間もほったらかして冷蔵庫に入れなくても

何日間も腐らないで風味がそのままの食品を安全というのか、


もしくは調理してほったらかしておいたら

すぐ腐っちゃうけど


その代わり自然食品に近いものを安全というのか


の違いなんでしょうが


日本の役人たちは前者を安全と定義してますよね。


逆に私たち民衆は後者を安全と定義してるわけでして

この辺の違いがあるんでしょう。


ちなみにこういう日本の食品の話で

「欧州は日本を馬鹿にしてる!」という謎反論がネットで

見られたことがあるけど


これ事態謎で

「日本の本来の 添加物や 化学肥料や 化学物質、などを

使用しない自然食品を作ればいいじゃん」


っていう議論が本来必要なわけですよね。


おそらくこのタイプの反応をネットでする人たちのバックに

官僚やら大企業のマネーが入ってるんでしょうが


やはりこれから日本の食品が安全で美味しくあるために

自然な栽培、食品がより重要になってくるんだろうな~

って私は考えております。



それでこの日本の食品の問題って実はこの10年で

結構ネットでこういう海外の情報との照らし合わせで

民衆に知られてきているのだけど


そこでこれからは「化学肥料や化学物質を極力使わないで

自然に育った野菜や米作り」


なんかが注目されてきますよね。



日本なんかだと私みたいにアレルギーある人が

本と何千万人もいるけど


これ実は国家問題なので確かに死ぬわけではないけど

生活の質は大きく落ちますから


自然食品ってのがこれからの時代大事ですね。



それで投資家はじゃあどうするべきなのか?ですが

私個人としては上に書いたように


日本の自然食品を広めよう、販売しようという

会社さんに投資してます。


最初は儲け度外視で 頑張ってという思いでこればかりは

数年前投資しましたが、


やはり世間自体が大きくこの「本当に安全な食品は何か」

っていう意識になってきたので

株価が数倍になってますね、現状。


なので投資家ってのはこういう本当に

自然な食品を作ろうと頑張ってるような
ところを資金的に支援すると言う意味でも

社会的な意義はあったりします。




それで日本食品は安全と思い込んでるのは

日本人とあとは日本に憧れを持ってる中国人あたりだと

思いますが


いずれアジアの人にもこの辺の細かい真実はばれてくるので

そろそろ日本人も世界一安全な


食品を構築するのが

これからの現役の若い世代の課題となりそうです。


私なんかはその部分で投資という形でなるべく貢献はしようと

最近は意識してますね。



それでこの 日本の食品は本当に安全だ、

みたいな洗脳がなくなるのが


やはり海外に出てからだったりするんですね。

だから興味ある人は欧州なんかは あらゆる食品の基準値が

厳しいから、


そして自然に栽培されてるものがとにかく多いから

実際に現地で少し滞在してみて


日常生活をしてみると良いと思った次第です。


ここで色々と


「なんで野菜ってのはそれぞれ個性があって

違う形してるはずなのに


自国の野菜はどれも似たような形、色なんだろう・・・」


とシンプルに疑問がわいてきて調べだすと色々分かってきますね。


実は私たちは食品関係でも色々洗脳されてしまってるので

それに気づくのが大事ですね


それでは!



ゆう




追伸・・・ちなみに日本の企業たちは実はさすがで

この辺の 民衆の 本来の健康志向、自然なものを食べたい

という欲求に気づいてそれに対して動き出してるけど


そういう企業が実は最近、こんなご時勢でも

時価総額上げてきてます。


薬品まみれのものよりも

自然なものをたとえ腐りやすくても食べたい・・・


というのが人間の本質的な欲求なので

それに沿った投資は負けづらいでしょうね。


それで上の話が分かりづらい人は

是非日本のスーパーに行って


「添加物が少なくさらに自然に育ったもので食事を固めてみよう」

としてみると良いです。


後ろに一応表示義務があるものは添加物なり表記されてる。

(表示されていないものも沢山あるけど)



実はそこで裏側に表記されてるものだけでも

相当数の添加物やPH調整剤や着色料がオンパレードなのが

分かると思います。


ちなみに カロリーゼロ食品なんかは

人工甘味料がすごいですけどアスパルテームとかアセスルファムKとか

日本は野放しですけど


例えば日本の食品の 甘い食品の後ろにかなりの比率で

「アスパルテーム」ってあるけど


あれって

米国サール薬品が胃薬(ガストリン)の研究中に強い甘みを

持つ成分を偶然発見したことから


広まったわけですが

世界ではスウィート・ポイズン=甘い毒といわれている。


天然には存在しない化合物を人間がちゃんと体外に出せるのか?というと

おそらく違って蓄積する可能性ありますよね。


まあそれで食品の裏側だけ見ても

農薬量とかはわからないんですけどね。

あとは野菜なりがどんな品種改良施されてるのかも分かりません。


それでなるべく自然な食品を手に入れようとすると

相当日本のスーパーでは難しいのが分かると思います。

私が日本でいつも苦労するのはここです。



日本人は日本の食品安全と思い込んでいながら

世界屈指の社会保障費となってしまってますが

(どう見ても健康な食生活してないから社会保障費が上がるはずなのですが

この矛盾に気づかないのだろうか)


食こそが本来薬であるべきなので

医食同源の考え方もこれから大事になります。



この辺の食の課題ってのが日本の課題のひとつでしょうが

これを解決するという流れがこれからの食のトレンドでは

想定できるところで


そこで頑張る企業は食品業界では生き残りそうです。


まあ欧州にいてあまりにもその辺の食材が美味しかったりするので

逆に

色々考えさせられる部分がありました。



それでは!










★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





(前編)【すごい対談音声】中森社長と最近の「ウイルス恐怖で支配する
ショックドクトリン」
のこととか、マーケティングの真実、や野田式のことなど
雑談しました!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_shacho1/



対談音声♪【中森社長とさらに「恐怖と洗脳とプロパガンダ」
そして「分断社会から結合へ」について語りました!(後編)】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_shacho2/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆













«  【実は日本の食品の多くは添加物問題などで 欧州に輸出できない?ことについて考える!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください