無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【2020年代はIT起業家や投資家から順番に 「世界が事務所」となっていく】

2020 8月 16 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【2020年代はIT起業家や投資家から順番に
「世界が事務所」となっていく】

⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!

いつも見ていただきまして

ありがとうございます!


さてさて、昨日ですが

私が今居るギリシャのアテネが

ヨーロッパなのにやたら物価安いってことで


記事にしました。

私たちの常識ではヨーロッパ=物価高いイメージですが

暖かい南欧とかはまだまだ安いですね~


(写真あり)【ギリシャはヨーロッパなのに物価が マレーシアレベルに安い!?】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2568#2568



さて、それでここ最近コロナで色々テレワークなんかも

普及してきましたが、


これからもうパソコンやスマホでトレードやネットビジネスで

稼げるスキルつけた人から順番に


「世界が事務所状態」になっていきますね。


私なんかも今はギリシャのアテネにおりますが

どんどんこういう人が増えてくる。


それで、世界各国が既にそれらに対してビザなども

出し始めてます。


編集後記で!











★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





(前編)【すごい対談音声】中森社長と最近の「ウイルス恐怖で支配する
ショックドクトリン」
のこととか、マーケティングの真実、や野田式のことなど
雑談しました!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_shacho1/



対談音声♪【中森社長とさらに「恐怖と洗脳とプロパガンダ」
そして「分断社会から結合へ」について語りました!(後編)】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_shacho2/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【台湾編の対談音声3本目!】(直リンク)

台湾ではFXより○○が人気で
「自分で稼ぐ」のが当たり前!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_taiwan3/




【台湾での対談音声2本目!】
野田さんが負けトレーダーから億トレーダーに転換した
「時間の考え方」とは?

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_taiwan2/




【対談音声(台湾編 1本目)】
野田さんと「台湾で対談音声♪」を録音しました!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_taiwan1/





(マレーシア対談音声の後半!)
【「この国いたら心病まないよ」】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……malaysia2/



以下は前半の音声です!

【「マレーシアで野田さんと中森社長と対談音声」
を録音しました!】(前半)
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……malaysia1/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆













=============編集後記============

さてさて、今日は

「これからの人類の多くは「世界を事務所」」として

仕事していくって言う話です。


実はこれは去年くらいに書いた話なんだけど


そう、その後に新型コロナ騒動がありまして、

それが一気にこの数ヶ月で進みました。


新型コロナの捉え方ってのはまあ色々あるんだけど

ひとつ、仕事のワークスタイルで言うと、


今まで日本ってのは大変先進国の中でも

ウーバーイーツのようなものに見られるシェアリングエコノミーとか

そういった世界中で普及してるものが


遅れていたのが事実でしたが、


これからどんどんそれが進んでいくという見方が

ありますよね。


それで、今の日本は?というと、

大きく リアルと ネットのバーチャルがあったとして、


リアルがあくまでも前提でネット、バーチャルがある

みたいな感じでして、


例えばリアルの飲食店があって、そこでネットの技術を使って

ウーバーイーツなんかで配達、みたいな感じには

なってきてます。


が、これ、日本以外の国見ると違って

「ネットが前提で リアルはそれに追従するもの」


になっているのですね。


日本だと

「リアルの店舗とかが前提でネットもそれにオプションとして

かましている」

感じのサービスが多いのですが


もう既に世界では「ネットが前提で、リアルがオプション、補足として

存在してる」状況になってまして、


例えばこの前の野田式FX道場なんかもその流れなんですが

これからどんどんそういうスタイルが一般化していきますね。


さて、それで・・・


この「ネットがリアルよりも先にありき」の社会に

どんどんこれから進むわけですが


そこで「世界全体が事務所」みたいな働き方が

実は普通になってきますね。



それで、これは私が新型コロナの「前」に書いた記事が

ありまして、


新型コロナ騒動の最中の今、見ると結構分かりやすい記事でも

ありますので


見てみましょう。



【未来の人類はネットの発達で「世界が事務所」になる!?】


という号で


去年の2019年8月7日に流したものなんですが

それこそ新型コロナの仕掛け人がメルマガ見てくれてるんじゃないか

っていうくらいのレベルで今 そういった流れに入ってきてるので


見てみましょう!!



それでは2019年8月7日の

【未来の人類はネットの発達で「世界が事務所」になる!?】

から引用です


↓↓

=================



さてさて、ここ最近ですが「テレワーク」なんて言葉を
よく聞くようになりました。


あとは「フリーランス」とかもよく聞きますよね。

私ゆうなんかも普段ビジネスとか投資とか

もう昔のようなオフィスや事務所ではなく、


自宅やカフェで仕事するってのが当たり前になってるのですが

どうもこの大きな流れは世界で起こってます。


それでどうも未来の人類はネットの発達で

「世界が事務所」みたいになっていきそうですよね~


編集後記で!


==========編集後記==========

さてさて、ここ最近ですがよく

「テレワーク」とか「フリーランス」とかいう言葉を

聞くようになっております。


大きくこの数年で劇的に人類の働き方自体が

変化してきていますよね~


ちなみに私なんかが「特にネットがあればどこでも

投資もビジネスも仕事できるし不便ない」

なんてことを2010年代初頭に書いていた頃は


やはり キワモノ扱いで

「何それ?」っていう反応が多かったんだけど



最近はそういった新しい働き方を理解してる人が

かなり増えたな~と思います。


特に最近は自営業だけじゃなくて

労働者でも「テレワーク」って徐々に浸透してきている。


ちなみにこの「テレワーク」ですが

自宅にいながら仕事するってものだけど

以前にマイクロソフトが

「テレワーク」という働き方を導入し始めたのが

6年くらい前だった。


多くの人が利用している
「WINDOWS」の会社ですが


この会社では既に本社の品川に出社せずとも
自宅でソフトを使ってそれぞれ社員をつなげて
それで仕事をさせているようです。


パソコンで仕事をするのにわざわざ満員電車に乗って、
郊外の自宅から品川まで出勤する必要なんて全くないわけですから、
すごい便利ですよね。


それで実は
ほとんどの大企業の社員は在宅勤務でも本来よいわけですね。


そrで私はこの号については
マレーシアで書いている記事なんですが

まあ今はネットでデータがやりとりできますからもう
「場所」にこだわる必要がなくなってきています。


このメルマガもマレーシアのクアラルンプールで書いて
それでメルマガセットしたら日本や世界中にいる読者に
届けられるわけです。


昔メルマガで「日本の大企業はスピード遅いだから
こういう場所の自由を重視した労働スタイルは
まだ何十年もかかるだろう」


みたいなことを書いたことがあるのですが
マイクロソフトはそれに近いことを数年前にやってきて

それは最近は徐々に日本でも浸透しだしておりますね。



それで
実際会社に出社しないとできない仕事って
かなり少なくて、たとえばコールセンター業務なんて
完全にスカイプでOKです。




またちなみに
英会話サービスで以前に私が使っていた
レアジョブってサービスがあります。


最近はDMMに買収されたと思いますが


あれは面白くてフィリピン人の英語しゃべれる講師たちを
それぞれ在宅で雇って、

それでスカイプで日本の生徒に英語教えさせる
っていうビジネススタイルなんですけど

もう完全に社員在宅化に成功させてます。
しかも外国と日本、と2国に渡って。


私は10年くらい前にそのサービス使っていたのですが
まあ先生も家事しながら英語教えたり、

自宅でリラックスして仕事できるので
私は当時それを経験して

「ああ、日本もこうやって在宅化が広まればいいのにな」

と思ったものです。


ちなみに以前に日本に帰ったとき、

久しぶりに「満員電車=奴隷輸送列車」に乗ったのですが

これがまあすごかったです。


あれはほぼ人権がない状態ですよね・・・
あれが毎日だと、心病む。


「ああ、これは奴隷だ、アウシュビッツに今から
この満員車両と共に連れて行かれるのだろう」


と思ったくらいです。


一方在宅で仕事するのが広まれば満員電車なんて
過去のものになりそうです。


最近はもう新しいネットを使った自営業者の間では
SNSなりチャットワークなりLINEなり色々
便利なサービスが多いですけど

オフィスってものはほとんど利用されなくなっていて
みんな自宅やカフェなんかで仕事して

それで連絡取り合って仕事するってのが当たり前、
になっておりますよね。


投資のファンド事業やってる若者なんかも
オフィスではなくて、

やはりそれぞれ自宅にいて連絡しながら
投資判断してたりするわけですね。

まあやっぱり最近は自宅でかなりの仕事が
簡潔します。



それで
マイクロソフトなんかのテレワークを見たら
少なくとも私の孫あたりの世代には

在宅でのんびり仕事というちょっとは幸せな
仕事スタイルが定着しているかもしれません。



ちなみに私が日本にいたとき、アルバイトさんを
雇っていたことがあって


彼女にはLINEでいろいろ説明したりして
家で作業やってもらって


メールで作業内容送ってもらう、
みたいなことをしてもらってたものです。

(私が例えば韓国、彼女は日本にいるのに、LINEは
国関係なしで、日本~韓国間でも無料で電話もOKですし
通話品質も良い。





それで
このバイトの子が会って仕事したい、と時々言うので
そのとき一緒に仕事はして、

時々いろいろ確認作業をするってことを以前していたけど、

まあやっぱり最近は自宅でかなりの仕事が
簡潔します。


ちなみに以前に
私のバイトさんが最初に私に言った言葉それは

「ねえ、事務所とかないの?」

って言葉でした。


ないです、なぜなら自宅でできるし
音楽が流れるカフェでいいから・・・


「世界中が事務所だよ」


とでも言おうと思いましたがちょっと
当時はひかれる気がしたので言いませんでしたが・・・


そう、最近は事務所構える必要がそもそも
なくないか?

とさえ思ってます。


まだ誰もやっていませんが、
たぶんこれから おそらくですが
私の後の世代では

ネット事務所、みたいのも増えてくるんじゃないかな~と

思います。


要するにクラウドで

URL教えて、ID,PWだけ得意先には教えて
そこに訪問してもらう、

みたいな。


中ではチャット機能やらメール機能で
本人にアクセスできる、というようなものです。


事務所の機能をネット上で完結できるように
パッケージ化したもの、ですよね。

最近はそれに近いのがチャットワークですよね。
バーチャル秘書まで雇えてしまう。


それで
要するに「場所」について、
価値の低下が起こる可能性を私は考えています。


オフィスビルなんて今はいいけど
将来きつそうだな~と思います。


ネットでは不動産投資がいい!いい!

ってあるんですけど

私がより興味を持ってるのは


「人類の歴史上不動産が価値を持つ時代はどれくらい
続くか」

ってことです。


少なくとも私みたいに投資やらビジネスをして
生計立ててる人にはもう

事務所自体が必要なくなってきています。


必要なのはオシャレな良い音で音楽聞けるカフェであって

固定費がとられる、自分で掃除もしないといけない

場所を変えられない事務所というものはナンセンスなので

あります。

(だからこのカフェ分野はすさまじく需要が高いです。
例えば韓国人はそれに気づいていて、カフェが50M歩けばある、
というくらいソウルにはカフェがあります)


「情報革命」ってのはこれくらい劇的に
人類の生活スタイルを変えてしまいます。


それでたとえば「飲食なら場所は必要じゃないか」

という声もあります。

私も「当面は」そうだと思うんですが

マレーシアに住んでると、それも最近疑問を感じます。


これは技術進歩のスピードで私が生きているうちには
おそらく見ることができると思ってますが


おそらく将来的にはGPS機能を使って車を
動かす 自動操縦システム


が試験的に始まるのは間違いないですよね。


例えばIPHONEあるじゃないですか?

あのマップ機能、は世界中で当然使えるわけです。



しかもかなり正確に私のいる場所を
示してくれます。

プライバシーの問題はありつつも、


やはり


「ああ、人類はついに自動車を
GPSで自動操縦するようになる」と

私たちはもう未来がなんとなく想像できますよね。



たとえば自動車の「運転」という人間の作業が
ありますが


自動車の動力エンジンの挙動を操る
右に行ったり左に行ったりという
調節をする 


自動運転は最近どんどん開発されていて、


それがGPSの場所機能に連動して動くようになるはずだけど

いずれ自動車の自動操縦システムは

完成できます。



たぶん私たちが生きているうちに試験的に
こういう実験は始まるわけですが

これが完成するとどうなるかっていうと
まず物流が変わりますよね。

ドライバーが必要なくなるわけです。


これは要するに完全に
人類から

「場所」という概念がありますがその
価値を奪います。


飲食店はどこかで調理専門に作って

それをGPS操作している車みたいなものに
乗っけて

お客の家に届ければいいわけです。


お客はネットの「レストラン街」みたいなところから
家にいながら注文するわけでして


これが最近だと日本ではウーバーイーツがそれに近いと
思いますし、

マレーシアだとフードパンダってのがあって、
もはや生活インフラになっております。


私もよく使うんだけど

「自宅がレストラン化」するんですよ。


それで街中のレストランで注文できて、
それが自宅に届いて、自宅で食べるわけですが

それは感覚的に自宅がレストランになるわけです。


それで
こうなると完全に「場所=オフィスとしての不動産」
って意味があるのかな~なんて感じますよね。


たぶんこうやってものの価値は
どんどん変わっていくだろうな~


それで最近なんかはアジアでは接客ロボットとか
あとは自動でカウンターでタッチパネルで注文する
機械が流行してるわけですが


これが進んでくると

少なくとも「マニュアル対応の店員さん」は
いらなくなってしまいます。


マニュアル対応の会社はいらなくなってしまいます。
それはロボットで代替できるわけですから。


たぶんそういった時代には高度に哲学性を兼ね備えた
人だけが

価値を持つので、


例えば接客でも「人間の情」が分かる人が

価値を発生するわけですから、

彼らがお金を稼ぐ時代になると思います。


ずばり哲学者がお金を稼ぐ時代、です。


私は最近こんなことをよく考えています。

考えるきっかけは自分がFXとかビジネスで


「インターネットを使った場所の自由」

を使って

自分の経験から考えざるをえなくなったからです。





あと「労働」に関しても今の常識だと
それこそ日本企業は日本人雇ってたわけですが

それは大きくは「言語」があったから
意思疎通の問題でそうなってますが

同時翻訳してそれを音声発信や文字発信するソフトが
近年開発が進んでますから、

そうなると言語も関係なく他の国の人と
意思疎通が可能になります。

思考盗聴って問題になってるけど
もう実際、脳内の言語を読み取って、
それを音声にすることって技術的には可能で

フェイスブックがやってるけど、

ここで期待されてるのが最近だと
「脳内のイメージ」ってのがあってそれが言語になるけど

その脳内のイメージを読み取って、
それを各言語にアウトプットするっていう
技術ですよね。

これができるようになると、相当程度、
言語の壁が取り払われる。


そうなると完全に「労働」に関して国籍の
制約がなくなります。

さらにおまけが前に書いたようにLINEやWHATSAPPなんかで
場所関係なく意思疎通できるから

世界中の人と仕事するのが当たり前になります。


これが私が見ている近未来のひとつなんですけど、

「いつこの未来がひとつづつ技術制約を
乗り越えて実現していくか」

というのが私が今見てるところです。


とりあえず今日書いたネット事務所とか
GPS操作の車とかの技術ですが

こういうところで日本という国家がリードできればいいのにな~と
思いますが

やっぱり官僚たちの規制も強いから時間がかかりそう。


けど規制が弱いマレーシアとか韓国なんかの
アジア圏で最近は
それらが急激に進んでますよね。


が、今はやっぱり情報革命の中にあるので
こういう上に書いたことは

絵空事ではなくて

単純にもう技術の進歩というか

技術はある程度あるのであとは
トライ&エラー&検証の世界なので


いずれ実現してくるわけです。


こんな時代に・・・


「東京都内、大阪府内のオフィス」に集まって

それこそぎゅうぎゅうの電車に無言で乗って

人生終えていくのって


なんか考えさせられますよね。


おそらくそれらも過去のものになるでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とりあえず上に書いたことは
きっと将来

近い形で実現してきて私たちにとっては

当たり前のことになる。


今世界で起こっている現象は昔

アルビントフラーという学者が言ったとおりに

なっているように。


それで今の人類でひとつ実現しつつあるのは

「仕事する場所や時間はもう自由ですよ」

ってことです。


こんな人は最近どんどん増えている。


インターネットというインフラの発達と

後はトレードなんかのソフト開発が進んで

もう仕事の時間、場所の自由は



享受できるようになりました。



100年後の日本人は



「昔の日本人というのは満員の

電車に乗って黙って東京の中心部に向かい

みんな同じ場所で仕事していて

社長や部長に命令されて生活していたんだよ。

今なら信じられないよね」


ときっと話していることでしょう。



まあ本当に世界はネットの台頭ですごい勢いで

発展して、変化していますよね。


私たちの働き方はどんどん変化していってますね。


それでこういった技術の発展を享受するためには

やはり企業で働いていると変化スピードが遅くて


こういった自由な労働スタイルを享受できるまで

時間がかかってしまうので、


それを早く享受したい人はネットで自分で稼ぐ

というスタイルを学ぶといいですね。

それではまた!


ゆう



====================


以上です!!



それでこの上の文章を書いたのがちょうど1年ちょっと前ですが

その後新型コロナ騒動が起こりまして


まさに書いたとおり


「「東京都内、大阪府内のオフィス」に集まって

それこそぎゅうぎゅうの電車に無言で乗って

人生終えていくのって


なんか考えさせられますよね。


おそらくそれらも過去のものになるでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




ってことで過去のものになるような、そういう

流れが出てきましたよね。



それで意外に面白いのが今回の新型コロナ騒動で

ワクチン強制化させたがってるビルゲイツがめっちゃくちゃ

世界中で叩かれてるのはご存知の通りですが、


実は彼のマイクロソフトがテレワークとか以前推進していた

直後、


そのテレワークが当たり前になっていく新型コロナ騒動が

起こったっていう面白い偶然がありますね。


今、1年前の記事みるとわかると思うんです。


まあそれでもうこれからなんですが

ある程度分かってることがあって


「場所の価値」ってのが少しづつですけど

失われていくと。


例えば今までってのは中央の東京に

省庁が集中しておりまして、特に大企業たちなんかは

許認可権限を官僚たちが持ってますから


東京に一極集中させるしかなかったんだけど


例えば・・・電子国家のエストニアなんかですと

ここでもう許認可やら全てITで ネット上でやるわけですね。


もうこの電子化ってのは急速にこの数年進んでいて

韓国なんかですと免許証をスマホに落として使うとか

進んできたし、



こうなってくると、中央の官僚にロビー活動するために

東京に本社構えるっていう意味事態が希薄になってきますよね。


特にオフィス代高いわけですから、東京って。



そういう意味で、すぐに東京の中央の価値が落ちるって

わけではないかもしれませんが、


長い目で見ると、IT化が進むようになると一極集中する意味が

なくなってきますから、


比較的これからは 東京中心なのが

地方にばらばらに散らばっていく、みたいなイメージですよね。


私なんかはもう6,7年早く地方の熱海に散らばった人間ですが

当時は少し早すぎた感じですが


これから嫌でもネットで稼げる人が増えてくるから

そうなっていきますよね。



それで「なんで場所の価値自体が旧来ほど未来では

落ちてくるのか」ってのも実は


これ世界経済の大きな考え方があって

「なんとか世界人類を食わせるためにどうやって

無理やり需要を作るのか」


みたいな考え方があるんですよ。


これ、私が今居るギリシャってのが中国の一帯一路地域

なんだけど



じゃあなんで中国って一帯一路やってるんでしょう?


これ日本のマスコミは色々 覇権を取ろうとしてる、とか

そういう対立図式でしか説明できないのだけど


そうじゃなくて ケインズの有効需要の創出っていう

考え方があって


「無理くり需要作る論」みたいのがあるんですよ。


簡単に言うと、美術品を扱うお店があったとして


そこであなたが今例えば

アートに興味がなかったとして


そこで無理やりあなたにアートに興味持ってもらって

そこで無理くり需要を作って 

あなたに絵を買ってもらう、


みたいなそういうイメージです。


無理くり、需要作るっていう大きな考え方があって

これが今の世界を回してる大きな考え方なんですね。


中国の一帯一路もそうで、今まで貧しい、砂漠みたいなところに

ぼんぼん人工的にドバイのように人口100万人くらいの

街を作ってしまうんだけど


そこで無理くり需要を作って、これから世界の何十億人食わせよう

みたいな考え方があるわけですね。


だから世界中に中間層がこれから増えてくるんです。


それでここで「実際の地球の面積」ってのも問題があって

まあ限界はあるわけですね。


私は今ギリシャにいるけど、移動して分かるのが

意外に地球ってせまいんだな、ってことでした。


まあ地球の資源なり、面積ってのは有限でして、

広げられないんだけど


そこで登場するのが「バーチャル空間」でして

ここで人類の生活というか時間の半分以上を生活させられれば

ですね


ここでどんどん バーチャルだから空間を無限大で作れる

んですけど


そこで需要を強制的に作れるんですよ。


だから中国が一帯一路とVR(仮想現実)を同時に進めてるんです。


これは日本のマスコミの記者たちはケインズの有効需要の創出の観点で

見ていないから分かってないところですけど、


これから 一帯一路で無理やり地球上に需要作っていって

なおかつ同時に ネット上に無理やり需要作っていくみたいな

世界になっていきます。


それでネット上に需要、場所の需要が移転するからですね、

これは大きな流れとしては リアルの場所の需要がネットに

移行することになりますから


リアルの場所の需要が長期的に下がっていく

みたいのがこれからの人類の姿なのかな~と思います。



ネット上で仮想の家があったとして

リアルの家がワンルームでも

ネット上の仮想の家のほうが豪華なほうが


自尊心得られる、みたいな時代になっていくんでしょう。


そこでネット上の仮想の家にお金払う、みたいな時代です。


だからこれからのお金儲けしやすいビジネスってのは

もうリアルにあるものを


ほぼ100%ネット上に持っていく、みたいなビジネスが

儲かるわけでして、


この考え方が分かれば、飢えることはまずないでしょう。


それで、新型コロナ騒動も手伝って?

もう「世界中が事務所」になってきてますよね。



もうネットがあればどこでも仕事できる、なんて人が

急激に世界中で増えております。



それでこれからの人類はどんどんリアルとネットで言えば

ネットが主でリアルが従 みたいなビジネスモデルに従事することに

なりますから


ここで「ネットだけで仕事完結しちゃう人」ってのが

もっともっと、増えてきますから、


そこで 特に一箇所に居る必要もなくなってきてるわけですね。


なんで人類が一箇所に固まっていたかっていうと

シンプルに仕事場所がオフィスで固定していたから


その周りの通勤時間1時間以内くらいのところにみんな

住んでいたわけですが


そもそもその必要性がなくなってくるわけですね。


となると、これは頭の固い会社さんは別だけど

もう早い会社だと世界中に散らばっても良いとか

言うかもしれませんし(本当は、そっちのほうが会社の諜報能力があがるのだけど)



もしくは自営業の人なんかは世界中にどんどん散らばっていくと。


だからこれから「事務所は世界です」みたいな時代に

本当に入っていくわけですね~


それを促進させてるのが新型コロナ騒動、です。



それで実はもう最近世界各国で先進的な政府たちは

「パソコンだけでネット使って仕事できる人カモン!」

とやりだしており、

デジタルノマドのビザ発給も開始してたりしまして、


これがすごいのですね。


世界各国政府がビザ発給するにあたって一番心配するのが

その人が現地の人々の雇用を奪ってしまうということですが


ネット上で稼げる人はそういうのがないので

「そういう人沢山やってきて、うちの国で消費してよ」

みたいな国が何カ国が出てきておりますよね。



だからこれから

「ネットで稼げる人を世界中の政府が誘致して奪い合って

その土地で消費していただく」


みたいな流れがこの1年くらいで急速に進みました。



それでこれから国、という単位で言うと

どういう国が勝つか?というと


今までの世界ではシンプルに金持ちを誘致しまくった国ってのが

シンガポールみたいに勝ってましたが


これからはネットで稼げるかどうかってのが重要な指針になってくる

わけでして


そのネットで稼げる人ってのを世界中からどんどん

集めまくって、そこでそのネットで稼げるスキルってのを


どんどんその国に広める体制を整えた国、ですよね、


そういう国が豊かになる時代ですよね。



インフォなんか見ていると分かるのですが

ネットで稼ぐってのは独自の色々な考え方であったり

その後ろにノウハウがあったりするんだけど



結局みんなそれらを知らないけど、そういうノウハウある人を

世界中から集めたらですね、


知識自体はやはり人からコロナ以上に伝染していきますから


その国がこれからの デジタルが主でリアルが従の時代で

勝ち抜けるんです。



少子高齢化の日本が勝ち抜くとしたら

たぶんしないと思いますけど

そういう人を世界中から誘致する政策とるしかないのですが



やはり大きな世界のトレンドに乗るってのが大事ですよね。


それで日本企業はおそらくですが

テレワークなんかいっても「従業員の監視ができない!」とか

その辺の問題をすごい気にするはずなんですが


今の時代、監視しないと仕事できない人が作るプロダクトに

まったく価値はありませんので


すなわち楽しく仕事する人が作るプロダクトこそ価値が

生まれますから、


そもそも論点がずれてるように私は思いますね。


それよりは例えば従業員を47都道府県に敢えて

散らばせてみるのですが


これはやはり大事な考え方で諜報機関のMI6とかCIAってのは

世界中で諜報させて情報を取らせるんだけど


本当は企業経営にもこういう考え方が大事ですよね。


今まで日本の47都道府県に一律に売ってる会社ばかり

でしたが


従業員が47都道府県に散らばっていたら

そこからそれぞれの地域情報を取得できるわけで


そうやって会社は存続できるのですが


日本だとそういう発想自体がないでしょうが

そういう方向のほうが会社は強くなる時代ですよね。



中国の華僑たちなんかはまさにこの発想で世界で強くなっている

わけです。




東京に従業員が集中してる

=東京しかメインで知らない視野がせまくなってる従業員多数


なわけでして、


こうなると東京中央の価値観に縛られて

革新的なアイデアは出なくなりますよね。


日本企業が世界の時価総額ランキングからトヨタでさえ

はじかれたのはその辺があると思います。


それで既存の監視強めの会社経営していたおじさんたちは

この変化に対応できないで


弱体化する可能性が高まってますが


おそらく若い会社はこの辺の考え方が取れるので

そういう会社が日本でもアジアでも世界中でおそらく増えてくる

んだろうな~と思います。




それで私たち個人に関してはもうこれから

世界で仕事するのが当たり前みたいな形に

若い世代からなっていくと思うのですが


国、国境という概念自体がもう実は希薄化していく

わけですね。


今まではグローバリズムといって

とにかく世界中をマーケットとして多国籍大企業が

荒らしまくっていたわけですが


やはりそれだと世界経済全体が発展しませんから

これからはインターナショナリズムってことで


世界中で小さい中小事業者たちが沢山現れて

そこで商売していく時代とならざるを得ないですよね。


ここもやはり多極化が進む方向。


それで、私なんかは今欧州にいて分かりますが

今はギリシャだけど 通常だと 別にイタリアだとかフランスだとか

LCCで行けるわけで


国という概念が 地域という概念に拡大しているわけで

もう国を選ばないで仕事する、とかが当たり前になってきてる

わけですね。


アジアだとまだ 東アジア共同体も出来ていないから

まだ時間はかかりそうですが、遅かれ早かれの問題です。


やはりこれからの時代は日本と韓国と中国なんかが

ある程度 共同通貨を作ってそれで交流する時代を見据えていく

わけで


そのためのトラベルバブル構想でもある。



だからこれからどんどん世界の国とか国境という概念は

希薄化していき、


私たちのようなネットで稼げる人はどんどん

世界中に散らばっていくみたいな時代になっていきますね。


(そしてそういう人を世界中から

吸収しようとしてビザなりの政策を整えた国が

資本を獲得していく)


すなわち、事務所は世界、事務所は地球みたいな

時代になりそうです。


その流れを促進させてるのが新型コロナ騒動でもありますね。


ある程度世界各国で デジタル化、電子化の準備が整ってきて

そこで国境広げだしたら


そうなっていく。


ということで世界が事務所、みたいな考え方は

以前は突飛な考え方でしたが


これから意外にそれが普通になってきますので

実のところ、今世界中は鎖国状態に見えますが


それはそういった世界に入るための準備段階ともいえますので


世界中を事務所として働くワークスタイルがそこまで

変わったものでもない時代に入ってきますので


新しい常識に対応していきたいところです。


それでは!!



ゆう










★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





(前編)【すごい対談音声】中森社長と最近の「ウイルス恐怖で支配する
ショックドクトリン」
のこととか、マーケティングの真実、や野田式のことなど
雑談しました!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_shacho1/



対談音声♪【中森社長とさらに「恐怖と洗脳とプロパガンダ」
そして「分断社会から結合へ」について語りました!(後編)】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……i_shacho2/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください