無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【特別ゲスト対談Part6】「道場生の」中森社長が登場! (副題:「冷酷な自己責任」について考える)

2020 7月 29 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【特別ゲスト対談Part6】「道場生の」中森社長が登場!
(副題:「冷酷な自己責任」について考える)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【特別ゲスト対談Part6】
事務局・道場生の両方の立場から暴露フリートークを繰り広げた
事務局社長 中森さん
⇒  http://fxdojo.online/refree/sp6/


■一般販売価格の残り募集人数は9名となります
⇒  https://fxdojo.online/benefup/
(9名埋まり次第、
通常価格の54万8000円に戻る予定です)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



どうもゆうです!




さてさて、今日は新しい生徒さんと野田さんの

対談をお送りしたいと思います!!


これまで5人の対談を聞いていただきましたが

今日は6人目の生徒さんで



そう、この生徒さんこそが中森社長で

野田式FX道場の運営をされてる社長さんですね。



よく「そんな稼げるなら自分たちだけでやればいいじゃん」

なんてドライなことを言う人がいますが、


確かにその通りでして、


実はこの中森社長も野田さんに学んで

稼げるようになってきてるトレーダーさんなんですね。




今日は実際に生徒として稼げるようになってきた

中森社長が生徒として野田さんと対談しておりますので


ぜひ聞いてみてくださいね!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【特別ゲスト対談Part6】
事務局・道場生の両方の立場から暴露フリートークを繰り広げた
事務局社長 中森さん
⇒  http://fxdojo.online/refree/sp6/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




またその他の生徒さんの対談はこちらになります!



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【特別ゲスト対談Part5】
FX初心者から月収50万円を
稼ぐ力を身につけたMさん登場
⇒  http://fxdojo.online/refree/sp5/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【特別ゲスト対談Part4】

トレード歴7年目の経験者が野田式FX道場に入ったことで
明確に根拠を持ったトレードができるようになり

半年の期間で資金を2倍
9月は月収200万円オーバーを達成した中村さん

⇒  http://fxdojo.online/refree/sp4/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




【特別ゲスト対談Part3】
3ヶ月間のデモトレード練習後リアルトレード開始初月から
いきなり月収30万円を稼いだ2018年3月入門組 木田さん登場

⇒  http://fxdojo.online/refree/sppart3/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



【野田式FX道場生との特別ゲスト対談Part2!】
素人から始めて1撃100PIPS以上を
獲得できるようになった女性のツダさん登場!

⇒   http://fxdojo.online/refree/tuda/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【特別ゲスト=野田式の生徒のヒデさん
と講師野田さんの対談をお送りします!】

<1人目>「月単位で負けることのないトレード力を
身に着けた
道場歴2年半の30代男性ヒデさん」

⇒  http://fxdojo.online/refree/spguest/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




以上です!!



それで今日は6人目の生徒さんとして

出てくれた中森社長ですが


彼がこの野田式FX道場の運営などを行ってまして

野田さんが講師として活躍するのを後ろで

サポートしているんですね。


それで今日はこちらの中森社長から

あなたにメッセージです!



========================





こんにちは!

事務局社長のナカモリです。



突然ですが、、、


“質問をすれば返ってくるのが当たり前”


「えっ?当たり前じゃないの?」


と、あなたは思われていませんか?




世の中の多くの人は、幼児の様に、

この世の中を自分中心に求めれば、

周りが右往左往して世話をしてくれる。



そんなことを臆面もなく

考えている人が多いように感じます。




まぁストレートに言うと、、、


「甘えるな!」って話です。




以前、AbemaTV(アベマTV)で人気になった、

「会社は学校じゃねぇんだよ」というドラマがあって、



学生時代、渋谷のギャル男たちの代表をしていた、

主人公が様々な壁にぶち当たりながらも、


21世紀を代表する会社を作りたいという思いで、

仲間と共に起業し、上場を目指し、反逆と成功の

リベンジサクセスストーリーの現実を上手く描写した話なのですが、




で、そのドラマの中で主人公の決め台詞として

「会社は学校じゃねぇんだよ!!!!」


というのがあって、

確かに、会社ってのは社員を死ぬまで、

ヨチヨチと面倒を見てくれる所ではありません。




もっと言うならば、


“世間はお母さんではない”


わけなんですよね。




しかし、現実としては、

多くの人は社会や会社で甘えに甘え、

文句や愚痴を言い続けている人がいるのも現状です。




責任やリスクを負えない人に、

文句を言う権利など何もないのに。。。





で、このドラマの主人公は、


裏切り、創業メンバーの死、事業売却、

上司の理不尽な要求、ライバル会社からの嫌がらせ


などなど、幾度となる困難が待ち受けていても、

21世紀を代表する会社作るという夢に向かっていくのですが、


やはり、新しいことをチャレンジするという事は、

メリットの反対にデメリットも付きまとってくるものです。



それで、このドラマの中でも、

幾度となる困難=デメリットが襲いかかってきて、

それをひとつひとつ乗り越えて夢に向かっていくわけですが、


それを見て感じたことが、とにかく成すべきことは、



「ただ逃げ出さないこと」
~~~~~~~~~~~~



お金を稼ぐにしろ、

「稼げたらいいな~」じゃなくて、


“稼がなきゃダメ”



トレードや投資にしろ、

「増えたらいいな~」じゃなくて、


“増やさなきゃダメ”




稼ぎもせず、勝ちもせずに、行動にも移さずに、

甘ったれて、責任やリスクも負わず、困難にも立ち向かわず、

自分自身が掲げた目標に達成する努力もせず、

世の中に愚痴しか言えないのは、そもそも論外です。




やはり、それだと、どこまで行っても、

誰かの養分になり続けるしかありません。





このネットビジネス業界では、

詐欺集団のカモにされたり、

誰かに依存MAXの言い成りになったりと。。。




トレードや投資で考えると、

欧米人は「日本人は最高のカモ」

だと思われているわけなんです。




しかしここでまた現実から逃げ出して、

“学ぶこと”から逃げるような人、
~~~~~~~~~~~~~~


そんな人の運命なんてのは、

社会や会社が保証なんてしてくれないのです。




逃げ出さずに勝ち続けることが全てであり、

逃げ出すことは本当にクズなんですよね。




その為には、

現実から逃げ出さずにやるしかないのです。




私からこんな事を言われて、

イラッとしたかもしれませんが、


だったら愚痴愚痴言わずに、

結果で私をギャフンと言わせてみてください。




そんな気持ちさえ湧かず、諦めムードだと、

詐欺師や欧米人からナメられ続けて、

一生、誰かの養分でしか生き続けられないですよ。





という訳で、本日はストレートに書きましたが、

これが現実な訳で、今の現実と真摯に向き合って、

どう考え、行動をするかは、あなた次第でしかありませんからね。




ではでは!



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【特別ゲスト対談Part6】
事務局・道場生の両方の立場から暴露フリートークを繰り広げた
事務局社長 中森さん
⇒  http://fxdojo.online/refree/sp6/


■一般販売価格の残り募集人数は9名となります
⇒  https://fxdojo.online/benefup/
(9名埋まり次第、
通常価格の54万8000円に戻る予定です)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
========================


以上です!!



それで今回の中森社長のメッセージですが

かなりキツイようではありますが


重要なことが書かれている、と思いますよね。


今の野田式FX道場がかなり良い環境で

それで生徒が育っているというのも


実はこの中森社長の考え方があるから、

とも言えますよね。




はっきり言うと人間的に強い人たちが集結しております。



それで最近感じることがあって


日本だと「自己責任」と言う言葉がすごい嫌われてる、

と思うんですよ。



「自己責任社会の負」「もっと弱者に愛を」

みたいな内容の言説を私は日本のネットなんか

見ているとほんと頻繁に目にします。


これはどの国のネットみても大体そういう言葉は

あるものだけど


日本のネットなんかは特にその傾向が強いのかな??

と感じたりします。


ちなみにグーグルっていうのは統制されてる

検索サイトであって


私たちの多くが検索といえばグーグル、

若い人は統制されてるのを感じてツイッターやインスタ検索を

最近は使いますけど



例えばこのグーグルで「自己責任」と入れて検索するとですね、


最近だと


「自己責任という言葉に踊らされる現代人の哀れ | 」


とか


あとは


「「自己責任論」著名人ら反論」


みたいな感じで最近はこの自己責任を非難する

という言説が主流でグーグルが検索エンジンの

SEO結果に仕込んでいるというのが現状です。



「自己責任論はひどい論理だ」


という感じです。


それで色々検索して

「自己責任でもなんとか生きる方法」みたいなものを

私なんかは探そうとするけど、



しかし・・・そこでも出るのがやはり


「この国の冷たさの正体

一億総「自己責任」時代を生き抜く」



みたいな感じで自己責任に否定的な記事が

やっぱり上位に出るようになってきているわけですね。



だから今の時代ですが

「自己責任を唱える人=悪」という感じになっております。


それでこれはどういうことになるか?

というと


私はもう分かってくれる人だけ分かってくれれば良いと

思うので全部本音で書くけど


これはやはり政治学の視点が必要なんだけど


「自己責任が否定される社会=大きな政府」


なんですね。



ちなみに大きな政府っていうのはまさに日本が

そうなんだけど




「超重い税金」がかかる社会でして


ただその税金の口実は


「自己責任はひどい社会だから、

国家がちゃんと社会保障なりで弱者を支えてあげましょう」


という、社会です。




ちなみに私ゆうはこの弱者を支えるとまで

行かなくても


稼げない時の派遣時代から日本に住んでいたときほぼ毎日のように

ホームレスの人に

マクドナルドのポテトを買って、それであげる


という偽善行動をしていましたから

やはりこの考え方は分かる、んですね。



ただ・・・ここで問題があって

この弱者を支えるという甘い言葉の裏に、

「国家官僚が肥大化する」と言う問題が必ず出てきます。


社会保障を口実に重税でどんどん税金を徴収して

その税金を役人が仲介して分配します、


っていうスキームになるとここで

「仲介者」である役人たちが天下りだったり

そこに新しい特殊法人作ったり、独立行政法人作ったりで

どんどん肥大化するんですね。



これが実は政治学で大きな問題となっている話です。



だから簡単に言うと


「自己責任論を否定した場合、


税金が超重くなる(今の日本)」



ってことです。


そしてもっと言うと


「国家官僚がめっちゃ強くなる」ってことです。




必ず国家とは税のことであるから

税のことを交えて考えないといけないことでもあります。



ちなみに、これは私はマレーシアに普段いるので

分かるのだけど



マレーシアっていうのは「超自己責任社会」ですね。


だから年金なんてほとんどないも同然でしょうし

また健康保険なんかもないも同然です。

一応あるっちゃあるんだけど、ないようなものなんです。



「え??そんな健康保険もないのに生活できるの?」


とか思いますよね??



私ゆうは医者は行かないんだけど
(40度くらいの熱なら温めたコーラ飲んで直しますし
中森社長も台湾で風邪引いてそう治してました)

ただこれパートナーなんかが医者に行ったときに

分かることがありまして、


例えば日本だと健康保険で3割負担で

7割は税金なのであります。


それで弱者は安く診療が受けられると。


だから本来1万円の診療が3000円で受けられる

わけですね。


安い!と思うじゃないですか。



けど、ここでマレーシアではどうも違う現象があって

医療保険なしで医療を受けたとしましょう。


そうすると・・・医療費が例えば初期で全額負担ですが

2000円前後だったり

するわけですね。



公立病院になるともっと安いですよね。


だから「健康保険適用後の日本の医療費よりも

マレーシアの健康保険なしの医療の方が安い」


場合がかなりあるわけです。




ここでなんとなく分かったと思いますが

すなわち「大衆の依存心」をあおるわけでして


そこで日本では国家役人が

「社会保障なりであなたたちの生活を

支えますよ」


とは言うんだけど


そこで製薬会社とか日本医師会とか厚生労働省の官僚たちで

スクラムが組まれてまして


大きく医療が値上がりしている構図がどうもあります。


これが大きな政府の特徴です。


役人やそれとつるむ企業がどんどん増長していき、

結局物価はどんどん上がって


社会保障には回らず、

大衆が収奪される、みたいな構図になっていくわけですね。




だから役人、官僚たちの利益のある記事を

SEO上位表示するグーグルってのがですね、


自己責任否定論を出すのはちゃんと理由があるんです。



それでこの野田さんと中森社長はこの

自己責任を否定する今の流れに少し疑問を感じてる

2人なんですね。


けど重要だと思います。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【特別ゲスト対談Part6】
事務局・道場生の両方の立場から暴露フリートークを繰り広げた
事務局社長 中森さん
⇒  http://fxdojo.online/refree/sp6/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆







ただひとつ注釈を加えると、

「重税国家の日本で自己責任論」は少しおかしい

のがあるのも事実なんです。



これは政治哲学の話なんだけど


税金の根拠っていうのはあなたは

小学校でどう学びましたか?


私は大学で「税金とは何か」というのを

ちゃんと学んだけど、それがシェアすると


「自由市場にまかせていては民間企業だけでは

回せないサービスがあるから


だから国家役人様がお金を徴収してそれを

社会保障なり復興なりそういうものに使いましょう」


というものですね。


これを福祉国家論、と言います。



それで日本の場合は福祉国家論を前提に税金取ってる

わけでして


消費税が10%に上がったけど、

それも福祉国家論を元に上がるんです。



けど「おいおい待てよ」ってことで

日本人は世界でも屈指の重税で世界一の重税と

思われますが


実際は社会保障なんかはかなり手薄いわけです。

生活保護の方なんて私たち民衆があんだけ

お金払ってるのに、何故か生活保護費は縮小されてる。


しかし、全額税金を原資とする

公務員の給与は上がり続けてます。


だから日本人の多くの心象として

「俺たちは沢山の福祉のためという口実で

税金取られているのに


そこで 自己責任とか意味わからねーよ」


となります。



だから自己責任はおかしいのではないか?という議論には

必ず


「こんなに沢山の重税を払っているのに

自己責任は福祉国家論としては筋が通らないではないか」


と、本当は左派は言わないといけないのですね。

ただ左派は裏側でよく官僚の方々と料亭なんかで

食事してるなんてのも言われてるからそれは言えない。


ただ良かったらグーグルで検索してあなた自身で

私を妄信しなくていいから


調べてほしいけど


グーグルで検索して引っかかる自己責任否定論の記事は

全部「税金が日本で大変高いことを無視して」

話を展開しているのが分かります。



これは理由があって世界では左派が 

自己責任否定論を言うわけだけど


それで 社会保障を充実=大きな政府 を

作っていきたいという共産主義の考え方があるんですね。



だから左派が言うんだけど、ただその左派は役人の利益を

考えるところだから



重税は歓迎なんです。


だから自己責任論を批判するけど重税には言及しない

なんて変な状況になってるんですね。



だからもし本当に自己責任論を批判するなら


「「こんなに沢山の重税を払っているのに

自己責任は福祉国家論としては筋が通らないではないか」


という税金の視点がないと絶対的にいけないのですよ。

この議論が出てきたら


「そうか、じゃあ国家は税金を無駄遣いして

公務員の給与をあげることに消費税増税を使ってしまうから


もっと小さな政府を本当の意味で考えないといけないね」


という議論に入ってくるのだけど

(反税金、反官僚のリバータリアン思想)


けどそれは出てこない。


だから日本人はイマイチ自己責任の意味が分からない

という状態になっているわけですね。





結局そこで国家や会社に多くの人は依存させられて

自分で自立するという気概は失われるわけですね。


日本人が世界一

国家や組織に依存させられてる民族である

っていうのは


ある種国策だと思われます。


だからこの自己責任論って結構深い話なんですよ。



それで大多数の人は老後は国家に年金で依存しようとしているし


あとは日々の生活の最も重要なカネの部分は

会社に依存してるわけですけど



そこである日日々の生活に不満があり

もしくは独立したいと思って

投資家になるわけです。



けどこの投資の世界ってのは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「完全に自己責任の社会」なんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


例えばその人が100万円の資金を運用して

資金管理無視して30万通貨で打つのも

資金管理考えて2万通貨で打つのも


全部その人の自己責任なわけです。


逆を言いますと



「自己責任であるから極限まで自由」だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だから誰もそこで文句を言いません。

仮にその人が損きりしないで損を膨らませようが

資金管理無視しようが


コツコツドカーンで大負けしようが


もしくはその人がしっかりとトレードプランや

システムを組んで


資金管理通りに投資して利益をあげようが


究極的に自由、です。



自己責任であるからこそ自由なんですね。

表現の自由が最も生かされる場所は

これ市場であり相場です。



それで多くの人は制約されながらも国家や会社に

守られることに慣れているから


この完全自己責任の自由市場の相場で

大きな自由を与えられると


それが生かせなくて上記のように

自分のルールを作らないで律することができないで


そんでとんでもない投資、トレードをしちゃうわけですね。


「生まれて初めて自己責任論理を突きつけられる」のが

日本人にとっての 相場だと思われます。



これは証券会社の規約にもほとんどの人は

読まないだろうけどそう書いてます。自己責任の話。



ただこれ 例えばマレーシアの人だと受け入れやすい話で

ありまして、


例えば「信号」ってありますよね。


日本だと歩行者が信号渡るときに、

しっかり行政が信号を設置していて


ロボットのように


「青なら渡る

赤なら止まる」


をやればいいわけです。


最近はAIでもそういう半自動運転ができるように

なってきているけど


日本では歩行者もAIのように単純な演算をすれば

事故になりません。

守られてます。


けど、マレーシアだと信号が時々、故障してたりして

信号渡る時も、故障してるときがあるんで


「自分で」右も左も見て渡る必要があるんですよ。


車が来てないのを確認してダッシュ、です。

ちゃんとそこでは「事故にあわないように自分の責任で考える」

ことが求められる。


これが日常です。


んで私ゆうはその日常が楽しいと思ってます。



ちなみに跳ねられて死んでもきっと

政府なりは保障はしないとおもいます。


だってマレーシアの人ほとんど税金払ってませんから。


ただそれでもマレーシアの人の多くは

税金あげて社会保障なんてしてくれなくていい、


と思ってるようで

この前マハティール氏が政権交代した数年前の選挙でも

重税に反対する声があがりましたが



結局重税課せられるより、自己責任のほうがマシなんでしょう。


だからマレーシアの人ってみな笑顔ですよ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
   【新対談音声!】

【「マレーシアで野田さんと中森社長と対談音声」
を録音しました!】(前半)
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……malaysia1/

(マレーシア対談音声の後半!)
【「この国いたら心病まないよ」】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……malaysia2/




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



それで、上記の信号の例のように

そこは渡るのも自己責任なんだけど


これに慣れている人が多いからトレードで自己責任と

聞いてもみんな 当たり前と思うわけですね。



けど日本の場合は特に行政によって守られるのが

当たり前と刷り込まれて思ってる人は多いから


そこで投資で自己責任といわれてもなかなか

それを活用できないわけです。


今まで受けてきた教育と逆のこと言われてるわけですから。


政治においての自己責任は考えるところはあるんだけど

一方、投資の世界は完全に自己責任なんですね。



ただ自己責任である代わりに

「誰にも何も言われないで色々な投資対象に

投資できるし、

完全に自由」

であるわけです。


だから私ゆうは 為替以外でもそれこそ

日本株だけではなくて

中国株やら米国株やらマレーシア株やら韓国株やらインドネシア株やら

金地金やら銀やらオプションやら


投資は自分の管理できる範囲内でやってますが

まさかそこで社会主義の日本株だけとかドル円だけとかで

やるはずないですよね。



完全に自由なのだから、自分のマネーを生かしてくれる国の

素晴らしい企業や経営者に投資する。



この「投資は完全に自由な表現手段である」っていう

性質を知るのは大事でして


それが中森社長の言ってる内容とも

重なりますよね。



ということでこの「自分の責任で」

稼いで行くってのは大事な考え方ですけど


今回の対談音声でもそれが反映されてるから

良かったら聞いてみてくださいね!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【特別ゲスト対談Part6】
事務局・道場生の両方の立場から暴露フリートークを繰り広げた
事務局社長 中森さん
⇒  http://fxdojo.online/refree/sp6/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆







追伸・・・ちなみにですが、

私の上の文章はあなたに自己責任論について

考えてほしいから、そしてそれが重要で

投資心理学の要なので

書いたものですが



ただこれを日本で主張したら基本的に嫌われます。

それを知った上で書いてます。



ちなみに私ゆうはこの主張を自分が経済的弱者で

あった派遣社員のときから持っていました。



ただこの主張を世間で発言すればそれは嫌われるわけでして

そういうのは知っておいたほうがいいですよね。



真実や本質に迫る主張は

表向きで生きている人のコミュニティでは嫌われる

というのがこれ特徴なんです。


だからそういうのは知っておいたほうがいいですよね。


ただやはり嘘を書くのは良くないから書きますが

投資の世界、FXでも株でもオプションでも先物でも

仮想通貨でも、またアフィリエイトでも転売でも物販でも・・・


やっぱり自己責任の社長的な考え方がないと

すなわち「腹くくってないと」


成果にならないのは現実です。



例えば日本では「システムにお任せ運用」とかすごい

流行します。


「AIに運用してもらう」とかですね?


これすごいヒットしますよね。



けど、大多数が大損してるわけです。



なぜ人々がそこで「誰かに運用してもらいたいか」

というとそれは自分の責任と向き合うのを避けたいから

なんです。


AI投資で大損すればAIや開発会社のせい、にできますし、

シグナル配信で大損すればシグナル配信者のせい、

にできます。


自分は責任感を感じなくて良い。

自分を守れる。自己防衛バイアスとかいう。



こういう心理が潜在的に働いてるんです。


「損きりができない」というのは

まさに自己責任の考え方が身についていないから

出てくるものです。


だから全部の投資行動につながってるのが

この自己責任の話なんだけど


けど、嫌われるからみんな言いたがらないってことですね。


ただ私ゆうは嫌われてもいいけど


自分の本音で話すのを

政治哲学の考え方で重視していて

それが憲法21条の言論表現の自由だという考え方があるから


こうやって書いてるわけですけど
(誰も言わなくなるとすなわち民衆は国家に隷属して
奴隷状態になります)



少なくとも投資家という職業の人たちは

自己責任について考えることは大変重要ですね。



例えば第2のリーマンショックが起こったとしても、

誰も責任は取ってくれませんで


その損失は全部自分で引き受けないといけない

というのが相場です。



そういう腹をくくった姿勢ではじめて

資金管理だとか、投資心理学の重要性がわかってくる

ってことですね。


そこでこれはもうメルマガで何年間も扱ってる

重要な哲学だけど負けない技術、負けないこと、


これはバフェットを元とするけどそれが

最終的に大事だ、と分かってくるんです。


そしてそういう姿勢が確立されて

初めて「学ぼう」というエネルギーが出てくるわけです。


逆を言うと大衆を依存させることで

エネルギーを奪うことができる


というのが支配者の考え方です。

(新興宗教もおなじで、精神的に信者を依存させて
全財産を「寄付」させますね)


それにハマらないようにするのは現代の私たちには

大事ですね。


地獄までの道は大体善意で舗装されてる。


では!







★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【特別ゲスト対談Part6】
事務局・道場生の両方の立場から暴露フリートークを繰り広げた
事務局社長 中森さん
⇒  http://fxdojo.online/refree/sp6/


■一般販売価格の残り募集人数は9名となります
⇒  https://fxdojo.online/benefup/
(9名埋まり次第、
通常価格の54万8000円に戻る予定です)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

















«  【特別ゲスト対談Part6】「道場生の」中森社長が登場! (副題:「冷酷な自己責任」について考える)  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください