無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【1グラム=6800円まで高騰してきてる金ゴールド】から 世界経済や情勢について考える!

2020 7月 06 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【1グラム=6800円まで高騰してきてる金ゴールド】から
世界経済や情勢について考える!
⇒編集後記で

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【野田式FX道場生との特別ゲスト対談!】
素人から始めて1撃100PIPS以上を獲得できるようになった
女性のツダさん登場!

⇒  https://fxdojo.online/refree/tuda/

【野田式FX道場の詳細はこちら】
⇒  https://fxdojo.online/benefup/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



どうもゆうです!

こんばんは!



さてさて、私のメルマガではもう大きなテーマが

アメリカ帝国覇権が崩壊するってことで10年前から

書いてまして(といってもアメリカの文化とかは好きです)


そしてここで 金地金が注目されていき

金地金がこれから資産として重要になるから

金地金を買っていないのはどうかしてる、みたいな記事を


結構長く扱ってきたわけですが・・・


それもあって私の昔からのメルマガ読者さんは

金ゴールドを持ってる方が多いのですが


ついに金価格が1グラム6800円あたりにまでなってます。

以前なんかは1グラム4000円前後だったものですが

いや~あがりましたよね。


色々世界には商品ってのがあってそれこそ

不動産とか原油とかプラチナ、銀などなど数え切れないほどあるのですが

これからはやはり以前からメルマガで扱ってるように


金ゴールドってのが金融の主役となるのかな、というのが

まさに最近の金の動きを見てると分かることですよね。


ちなみに・・・FXでも金ドルトレードが出来まして

以前にもう1年前になるけど

「金ドルトレード」について


私から無料プレゼントのPDFを昔からの読者にはお渡ししてます。


2019年の8月に渡した号ですが

今でも現役!で負けない投資の戦略です。


【一時105円台つけたドル円と
1455ドルになった金価格から「金ドル」トレードの優位性について考える】
http://fxgod.net/pdf/gold_trade.pdf



最近 無料FX道場の野田式ライン分析とか資金管理とか

お伝えしてるんですが


正直言うと、この


金ドルトレード×無料FX道場の内容


だけでどう見ても負けるの不可能レベルのトレードは可能なんですね。

世の中の人は渡部さんの不倫とか、PCR検査増やしたら感染者数なんて増えるに

決まってるんですが


そんなことで結局脳内に変な情報が

マスコミやらツイッターから潜入してしまって思考力失ってしまってますが

こういう情報を知ってるあなたはそういう意味で

色々チャンスがあるのは知ってるわけでそれがあなたの優位性ですよね。


無料FX道場のラインのやり方での金ドルトレードで

是非検証されるとよいでしょう。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【野田式FX道場生との特別ゲスト対談!】
素人から始めて1撃100PIPS以上を獲得できるようになった
女性のツダさん登場!

⇒  https://fxdojo.online/refree/tuda/



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ちなみに金融商品も色々あるのですが

そこで 各種の金融商品は相関してまして、

例えば金ドルで金が買われてる相場では

ドル円って円安にはなりづらくなるんですね。


これは金がドルの敵であるから。

そこで最近は相関見ても金が相場を引っ張ってる地合が

多いですから、


やる気ある方は金ドルトレードなんかもいろいろ無料FX道場の内容で

検証するとよいかもです。


それですでに野田式に入られた方なんかは

ドル円、ポンド円だけではなく


メルマガで扱ってる野田さんのやり方は

金ドルとかNYダウとかその辺で最近 超絶強いので、


そしてこの無料のメルマガでは書けませんが

道場の5ヶ月目でやる「○○ライン」(特典でお渡ししてるやつ)

とかあると、もう恐ろしいくらいに負けませんから


是非こういう情報にたどり着いたのですから

野田式FX道場に入った方は

チャンス生かしていきましょう!


それで私は金ゴールド信者ですので、と自分で言いますが

やはりこのメルマガでもそれこそ2017年に仮想通貨が流行したときでも

「やっぱり金ゴールドが基礎で面白い」なんて書いていたのですが


金ゴールドが最近どんどん強くなっており、

そして去年あたりによく書いていたのが

「金がそろそろ買えなくなる」ってことで


あとは政府が金取引停止をさせたがる、みたいなことも書いたのですが

とりあえず新型コロナで「金がそろそろ買えなくなる」と私が

去年書いた内容は 悲しいかな、その状況が訪れて



金を買いたくても買えない事態が徐々にこの2020年に

起こりだしつつある。


だから与沢さんじゃないけど秒速で動くのが大事で

スピードが大事な時代です。



それでじゃあ 金の取引が停止されることはあるのか?

とか色々金を保有されてる読者さんも考えるところはあると思うのですが

それは・・・


編集後記で考えます!






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【野田式FX道場生との特別ゲスト対談!】
素人から始めて1撃100PIPS以上を獲得できるようになった
女性のツダさん登場!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さて、ここ最近メルマガで
無料FX道場をやっていますが

相当勉強になる、という事で
大変好評いただいてます。

それで今回はこの前道場生のヒデさんっていう方の
対談を聞いてもらいましたが、

今日は「素人状態から」

野田式で学んで
一回のトレードで100pips〜200pips
取れるようになり

稼げるようになった
まだお若い方ですが
女性のツダさんに

対談出演していただきました!

ちなみに今回の対談は
道場内のチャットワークで中森社長が

「すいません、今野田式募集してるので
道場生さんの生の声とか
録音したいので
対談録らせてください〜」

と呼びかけしまして
それで出てくれた方々なんですね!

ちなみに以前はチャットワークでしたけど
スラックのほうが使いやすいってことで
最近はスラック移行してたりするんですが

こうやって指導されてる生徒さんが対談に出てくれるって
あんま見ないと思いますけど

野田式のアットホームな雰囲気も
あってこその対談です!


それで今回の
対談で出てくれてる女性のツダさんですが

この方もハッキリ話される方で

聞いててあなたも
非常に学ぶ点があってまた
面白いと思います。

ツダさんが
素人状態からどのように野田さんから学んで
勝ち組になったのか?

がよく分かる
最近行われた生の対談ですので
是非見てみてくださいね〜

⇒  http://fxdojo.online/refree/tuda/





追伸…

それで今回の対談で
分かると思いますが

前のヒデさんもでしたけど

「結果出す人って素直」

ですよね。

もう話し方にそれが出てますよね。

あとは野田式を選んだ理由も
「野田さんが相場が大好きってのが
伝わってきてそういう人に学びたい
って思った」
とおっしゃってますよね。

こういう判断基準持ててる
賢明な方だったから
素人からでも稼げるようになって
当然だな、

なんてのも、わかって
大変学びある対談かと私は
思いました。

また、なんとなく元気付けられる対談ですから
良かったら聞いてみてくださいね〜





【野田式FX道場生との特別ゲスト対談!】
素人から始めて1撃100PIPS以上を獲得できるようになった
女性のツダさん登場!

⇒  https://fxdojo.online/refree/tuda/




追伸2・・・それでこのツダさん、かなり
正直に色々言われてるのですが

最初は FXに興味があって周囲の友人にそれを話していたけど

「FXは絶対損してギャンブルだからやめたほうがよい、という
素人アドバイス」

を受けていたわけです。


ただ野田さんとそれでも会ってみて学ぶうちに
「ぜんぜん資金管理してればリスクは管理できる」
ということが分かってきて


全然ギャンブルでもない、と分かったと。


そう、実は資金管理しっかりやればそれって
単なる運用、投資なんですね。


それで最初 野田さんが何も資金管理とか出来ていないころに
3000万円吹っ飛ばしたのをよく覚えていて

「自分はそうならないように」気をつけたそうですが
そこで「負けないトレード」を意識するようになって

今は負けないで利益がしっかり出て1回のトレードで
数百PIPS取れるのが普通みたいなトレーダーになってる
わけですね。



かなりリアルな生の声なので
特に初心者から負けないで稼げるようになるまでの
過程も分かる対談なんで

是非聞いてみてくださいね~






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【野田式FX道場生との特別ゲスト対談!】
素人から始めて1撃100PIPS以上を獲得できるようになった
女性のツダさん登場!

⇒  https://fxdojo.online/refree/tuda/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★








===========編集後記===========

さてさて、いよいよもう気づいたらって感じですが

金ゴールドが1グラム6800円となってます。(田中貴金属店さんの価格で)


もう私のメルマガで金を富裕層たちが買っており、

これからアメリカ帝国が終わっていくことを知ってる

中国やらロシアやらあとはそことつるんでるEUのドイツらへんは

どんどん金を買ってるんだ


って話を後付けではなく事前に書いていたわけですが


当時はまだ金価格は1グラム4000円台、
もしくは3000円台のときもあったけど


すでにもう金価格は1グラム6800円となってきました。


それでまず今日はあまり深くは書かないけど

金融知ってると世間のマスコミに騙されづらいんだけど


「じゃあ金価格があがりまくってるけど

そこで大もうけしてる国はどこなのさ~」

っていう話があるわけです。


そうです、やはり中国、ロシアなんですね。

あと、EUの盟主ドイツもこの数年で金を必死こいてかき集めてたけど

なんとか首の皮がEUは金をかき集めたことで

つながってるんでしょう。


ちなみにこれもまた私のメルマガで

「事前に、」

「権威ある自分たちだけが正しいと主張するマスコミやネットニュース

のような後付けではなく」


ちゃんと2017年4月のメルマガで書いてました。


以下

2017年4月8日メルマガでして
多くの方が当時見ていただいた号ですね。


こちらで「今の金上昇の際に本当に勝ってる国」が分かるはずです。



■メルマガバックナンバー(2017年4月号)

【なぜ最近、中国やロシアやドイツ政府たちは金地金(ゴールド)を
かき集めてるのか?】
https://04auto.biz/brd/BackNum……ID=343#343



それでこれは2017年の私の文章で引用だけど

やはりそこで3年前に動いてる中国、ロシア、ドイツあたりが

今は金価格が1グラム6800円あたりまで日本でも高騰していまして


勝利してる構図は本当はあるんです。



以下2017年の4月8日のメルマガ文章より引用

↓↓
================
それでこのトランプが最近イエレンに

「早く資産売却進めろよ、ゆっくりとかいうな。

お前は資産健全化したいんだろう?じゃあ

「早く」資産健全化しろよ」


と言い出してるわけで、


これはもう確信犯のように見えます。


だから茶会党の思想通り、トランプはどうも債券市場を

買い支える今の政策を任期中に、


翻すシナリオを思想的分析としては私は考えるわけですね。


もともとトランプの大統領選前の発言で

「米国債はデフォルトすればいい」という発言があるんです。


「」内の発言は私が要約したものだけど・・・


「債務の再交渉すればいい」といってる。これは

デフォルトという意味。それを「債務再交渉」という単語で

説明した。


果て、こんな言い方をする人が、頭悪いと思いますか?

トランプは確信犯ですよ。



んで、中国とロシアとドイツあたりはこの辺見えてるんですね。


だから彼らは最近やたら金地金をかき集めております。

2017年もこれまた資産買い集めてる。


もう彼らは近い将来、いつになるかはFRBとトランプの

政治駆け引き次第だけど何が起こるか見えてるんだと思う。



もし長期国債ばかり持っていたらですね、

これは紙くずなんですよ?


債券価格が市場で暴落して金利が5%6%とかになったら

もう紙くずとはいわなくても大損するんだ。


だからそれを理解してるから彼らは実物の金地金、

ゴールドバーをかき集めてるわけでして・・・


もう彼らは見えてるんですね、アメリカの思想分析対立とか

トランプの背後の茶会党の大きな金融にかける圧力の傾向とか

シュミレーション仕切っていて、だから、


それが金地金購入という超長期の

国家単位の投資行動になってきている。


だから金地金を彼らは「保険」で使ってるわけですね。

危機に強いのはやはり金地金だから。


だから「超長期的な保険」としての意味合いで、

彼ら中国ロシアドイツ政府は金地金をかき集める。


そして彼らは上に書いた構造をしっかり理解していて

その理解しているアドバイザーがおそらく政権内におりまして


それらが検討されてシュミレーションされて、

国家単位の投資行動につながってると思われる。


だから本当は超長期的な保険として考えれば

国内、海外債券運用とか株式運用とかされてる年金とか保険って

リスク商品なんですね。


日本の年金はリスク商品なんですよ、みんなご存知のように。


あれはまたいずれ大損するからまあ見ておいてください。


だったら年金があるけどもその年金の額は1年で20万円くらい

しますが、


20万円の金ゴールドを買い貯めるほうがよっぽどいいんです。


が、これはテレビは絶対教えてくれない。

官僚のグルだから。


私は勝手に私のこの文章を見て考え方変えた人たちが

将来本当に「金地金保険でなんとかなった」ということが

起こると思ってる。まあ大多数は行動しないけど。



んで債券市場はリーマンショック後蘇生したかというと

蘇生してないんで、


そしてトランプによって世界経済はなんかやっぱり大丈夫になった?

とか謎な分析が出てるけど、


そしてこの謎な分析をするのはヒラリーが勝つと吹聴していた

人々だけど私はこの人たち信じてないんです。


私はメルマガでトランプが勝つのだ、という言説ばかり

扱ってた人だから。


んで債券金融市場もこれ、回復してない。


むしろリスク要因が増えてるわけです。



FRBが債券放出をしだしたら、だから

「怖い」ですよね~



それで最後に書けば、たとえば現物株で

ウォーレンバフェットのような長期投資ということを


志向する人多いんだけど、


これは時代が時代だからその時代を理解しないといけなくて

上のような状況は理解する必要がある。


次、第2のリーマンショックくることを想定するのは

当然ですよね。


んで保有株がたとえば30%40%下落するかも

しれませんよ。


そのときにじゃあ「保険」あるのか、というと

みんな保険なしで投資してたりする。




これは私は無料で書くけどたとえば現物の長期投資やってる

って人で


FXで暴落時にショートで現物株の損失以上をカバーして

トータル利益計上する

という戦略がなかったり、


もしくはオプションのプット買いで大暴落すれば

プレミアムが何百倍になったりするんだけど


(たとえば、現物で1000万円運用の人なら、


プレミアム5円で10枚買えば5万円の保険料だけど、

が大暴落時にプレミアムが本当にそこで505円とかそれ以上つく場合も

ほんとあるんですね。だからそれが利益500万円くらいになるわけで。

ここで株の想定損失相殺というかそれ以上を利益にするためのヘッジ用

保険として使う方法もあります。)



そういう機関投資家がやってる保険としてのプット買いという

暴落時に利益だす戦略があるのだけど

(他にも複数ヘッジ戦略あります。金地金の話もそうで。)


そういうのを「知らない」ってのはこれ危険ですよね。


ちなみにオプションは間違って買いを売りでしてしまうと

本当に文字通り死にますから、


これは勉強しないといけないんだけど。


(私は個人的にはオプションの権利と義務って考え方は

恐ろしいと思っていて、

「義務」を新たに背負う必要はあるのか、と思う。


何十年も権利だけ主張できる立場と

何十年も義務を考える立場。どっちが長期で有利だろうという

抽象論も考えます。


だからオプションで売りって、色々組み合わせる戦略はあるけど

最近どうなんだろう、と思っている部分も正直あって、


権利持ったほうがいいですよね。


んでオプションの場合

買いと売り間違ったらこれ暴落時には利益どころか

恐ろしいことになるから

やはり学ぶの大事。)


だからこれからの時代、トランプの金融経済思想

政治思想なんかを理解すると、


やはりリスクヘッジ学というのが大事だと思いますよね。



それで、中国、ロシア、ドイツなんかは

今の情勢をよく分析して分かっていて


金地金を文字通りかきあつめてる、わけです。



だからまあ、私たち個人投資家もリスクヘッジがこれから

超重要な時代に突入するかもしれないから、


まあ金融市場が 

トランプの言うように「楽観を持ってあがれば」

それはいいんだけど


基本的に資本主義は一部の人が勝者になるように

作られてるから、みんなと一緒にならない、


みんなを俯瞰(ふかん)するというのがこれから大事になりますね。


素人が普通のサラリーマンが株買い出したら

暴落のサインとも言われるから、

世論にも、気をつけたいところです。




それではまた!



ゆう





PS・・・ちなみに上記のような金融市場の流れを知っていると

中国ロシアドイツなんかが金融シュミレーションして


あえて「実物資産」に超長期保険として資産比重をあげてるのが

分かるわけです。


金は重いんですよ。ゴールドバー持ったことある人は

分かるでしょう。


一方紙幣は軽い。トイレットペーパーにも使えそうなくらい軽い。


どんどん人類の持ってる資産は「軽く」なってる。

日本の昔は米や銀や金が資産だったけど今資産は「軽い」


最近はさらに仮想通貨でさらに軽くなったどころか

もう実体が消滅した。


「数字」を資産と、みんな考えてるわけだけど、


とりあえずこの動きは次の覇権国になる中国、ロシア、あとは

欧州のドイツの政府陣が行ってる金融ヘッジ戦略とは逆行してる


わけです。


ちなみに私は海外にいたりして、分かるんだけど

金持ちの中国華僑たちはそれが分かってるから実物資産に

移行してきてるんだけど



今の貧乏化してる日本ではこれ実体がない資産を人々が

求めてるわけで(債券とか仮想通貨とか)

私は超長期では中国華僑が投資判断としては勝つんじゃないかな・・・


とトランプの思想分析をしてみても、茶会党の影響見ても

そうなるんじゃないかな、と思います。


ちょっと次に何か大きなショックが来ることも想定しつつ、

その上でそういうショックが来てもしっかり利益があがるように

しておきたいところですね。



そしてもし株なんかを買うなら一度暴落待って

マスコミが暴落暴落、と騒いで一般の人たちが暴落大丈夫か

と会話しだすようなときがようやく買い時なんだろうとも思います。


基本的に大衆と逆張りが長期で勝つと思いますね。


大衆はいつの時代も間違えてきたし、

この傾向は2017年の今でさえもそうですから。


それではまた!



ゆう



================


以上です。


これを私は3年前に2017年に書いてるわけですが

やはり今見直してみると 


これはマスコミは絶対言わないけど金価格が1グラム6800円になって

なんとか生き残ってるのが 中国ロシアとあとはEUの盟主ドイツあたり

なんですね。


だからこの辺の構図は知っておいてもよいところですよね。

すなわちよくマスコミで中国はバブル崩壊するだの、なんだの色々

とにかく言われるけどそうはならない、ってことは

こういう金融の政治知ってると分かると思います。


むしろ中国なんかは金保有で今は実質世界最多になっているから

やはりどうしても中国の時代になるのでしょう。


それで国際ゴールド相場でいうと1オンスでは

1800ドルをこの前越えたけど


これは金相場ってのはFRBがQEのジャブジャブマネーの再開を

トランプ大統領によって余儀なくされてそれで上昇傾向であった

わけですね。


それでこれ知らないとまずいって認識があってそれが

上に書いてる「金のライバルはドル」であって


だからFRBやドルが弱体化すればするほど金は上がるんですが

今の金上昇ってのはドルが弱くなってるって話なんです。


それで今年の3月にはコロナの都市閉鎖で大恐慌がアメリカで

開始されてまして


それでFRBがジャブジャブマネーのQEで大恐慌の損失の穴埋めしよう

という動きをしたのですが


ここでQEを急拡大させた後にそのQEの資金が金市場に入って

それで巨額の金先物が売られたわけですね。


そこでいったん、金相場は暴落してあれが最後のチャンスであったけど

そこで金相場はいったんは1450ドルまで落ちたわけです。


が、その後20日間で1750ドルですから

もう今は金買い付けってのはタイミング逃したら

すぐにあがってしまう感じですから

スピードが命となってきてる。


それでこれからはこういう動きが繰り返されるだろう

ってのは見えてくるんだけど


おそらく素人の投資家で上がりきったところで買うタイプの人

がいますが


こういう人が 相当遅く気づいたのが

「アメリカはどうもやばそうだ、だから金を買おう」と

動いたわけですが


もう遅いですが、そこで売り浴びせて彼らを「狩って」

そしてまた上昇する動きが形成されましたよね。


これからもダウ理論の利食い期に入ってくる

短期でしか見られない金購入したあまり強くないトレーダーを

刈り取りながら金価格はあがって行く流れなんでしょうから


やはり買い付けるのを検討するなら

これはバフェットがよく言うことでもあるけど

暴落や急落があったときですよね。


それで今や金価格は1800ドルとかもこの前つけたわけですが

今後金が上がり続けるかどうかは

考え方が分かれるのは知っておいたほうがよいわけです。


要するにFRBなんかの先進国の中央銀行たちが

ずっとQEというあの債券市場を買い支えるジャブジャブマネーを

永久に続けられるのか?


という意見の違いがあるわけですね。


だからそこで


「伝統的な基礎を重んじる経済観

VS

MMT的ないくらジャブジャブマネーしても

大丈夫という経済観」


の対立が今、世界の先進国の金融市場では起こっている。


それで伝統的な経済観ではこれ

「ドルような不換紙幣ってのは刷りすぎていずれ

信用を失い、

そしてインフレと長期金利上昇が債券市場で起こって

破綻する」


というものですが


一方最近のMMT理論なんかがそうですが


このMMT論者の主張は


「世界のメジャーな通貨ってのはすべて

不換紙幣であってドルもユーロも円も中央銀行が

ジャブジャブマネーをやってるのだ。


だから金利は世界的にゼロであって

国債発行しても政府は利払いしなくてよいのだ。


だから不換紙幣が過剰発行して信用がなくなったとしても

代わりに買われる通貨なんてないのだ。


だから信用失墜は市場では具現化しないから

インフレも長期金利上昇も起こらないの!


そして唯一金ゴールドは怖いけどあの金ゴールドは

先物と現物の市場が合体してる特殊な市場であって


QEで作った巨額資金で金先物市場でNYスパイダーで

そこで金先物のネーキッドショート(空売り)仕込めば


金相場の上昇は防げるからドルから金への資金流出は

防げるんだ。だから ドルは永遠の世界基軸通貨であり

QEは無限拡大できるのさ!


そう、私たちMMT論者はとんでもないことを発見したのだ~~」

(苦笑)


っていう主張なわけですね。


すみません、苦笑、と書きましたが

とりあえずMMT論者の主張は 

一言で言うと

「経済学や投資教育を受けたことない人たちは

ころっと政治家含めて騙されるだろうけど


それらの教育を受けた人はだまされないもの」

であると気づくと思います。


まず、MMT論者が一番主張がやばいのが

長期金利が上昇することはないということを断言口調で

言ってることですが


例えばあなたは「円高になることは絶対ない、と断言する

論者」を信用しますか?


信用できないですよね?


というのは以前から書いてるように

「相場は神の法則で動くものであり私たち人間は

未来予測を完璧に行うことができないから」

です。


それくらい相場に影響を与える要因は多いわけで

それこそ天体の位置さえ、相場には影響を与えるわけで


その不確実性の中で自由市場で債券市場の10年ものってのは

価格が決定されてるわけで金利も決定されてる

わけですね。


それを「ずっと低金利が続くのは間違いない」といってる時点で

もう危険なんです。


「相場の低金利のトレンドはずっと続くから

トレンド転換は起こらないという断言」


ができるはずもない、と

少なくとも今まで無料FX道場で学んだあなたは

分かるはずです。


ただ今の世の中見てみると上のMMT論者の主張に

騙されてる人のほうがどうも多い?感じはあるので

やはり私たちはその辺冷静に騙されないようしていく必要がある。



それでここで面白いのがトランプ大統領ってのは

「実質のMMT」に近いことをやってるのですが


だから本当はトランプ大統領は民主党が以前MMTをやれやれ

言ってたのですが


ここでは民主党の主張にあわせた「ジャブジャブマネー」

をやってることになるんですね。


そこでコロナ大恐慌での不況や金融システムの両方の穴埋めを

そう、


「最後のジャブジャブマネー」でトランプ大統領は行っている

わけです。


それでそのジャブジャブマネーってのは

これからNYスパイダー先物なんかに入っていって


ネーキッドショート=裸の空売り(ジョージソロスが有名)


がされて金先物売りの元としても使われるのですが

こうやって金市場なんかは定期的に急落が演出されるわけですね。


だからこの前の金相場の一時的な急落なんかは

まさにMMT的な考え方に基づいてるのです。

トランプもそれに従ってるフリをしている。



ただ、トランプ大統領はMMTのようなジャブジャブマネーをやって

「表向きは」経済回復を言うけど


彼自身、不況なのを本音では一番分かってるんです。


じゃあ何がしたい?っていうと「市場を壊すためには

バブル作ればよい」のですがそれをトランプは

アメリカの債券市場を自分の任期後期あたりに壊す準備のために


QEジャブジャブマネーをある種自爆的にやってるわけです。




それでMMT論者の言うQEジャブジャブマネーってのは結局

最終的にはとんでもない結末になるのはもう見えてるのですが


彼らの主張の「前提」ってのがあってそれが

「ドルの代わりになる基軸通貨なんてこれからずっと出現しない」


ってものです・・・


果たしてあなた、そうでしょうか??

そう、あなたは以前に

この2020年の7月2日の号を見てるはずなのです。



■バックナンバー

【「日中韓の東アジア共同通貨構想」と
「観光バブル」 の関係について考える!】

https://04auto.biz/brd/BackNum……=2490#2490



だからこの

「ドルの代わりになる基軸通貨なんてこれからずっと出現しない」

というMMT論者の前提を崩しにかかってるのが


そう、日本含む、韓国と中国の東アジア共同通貨構想なんですよね。


だからドル防衛者にとっては

恐ろしい構想だ、って分かるでしょうか?


だから今 与党政治家たちが中国韓国と仲良くしたいのに

官僚たちから強烈な圧力がかかって

旅行バブルで中国や韓国をはずそうみたいな話になってるんですね。


通貨や金融が分かると政治も分かるわけです。



それでMMT論者はこの「東アジア共同通貨構想」というのを

中国の金融担当高官が正式に言ったのですが

これをまったく考慮していないわけですが


だからこれは大きくは 長期的には私のメルマガで書いたとおりに

なる可能性が高いのですが


やはりMMT論者は敗北します。


一応、MMTってのはステロイドなどの免疫抑制剤に近くて

最初は効果があるように見える対症療法なんだけど

根治療法ではないから


いずれその対症療法の効き目も落ちてきて

コントロールできなくなり暴発していく


というものなんだけど


人体と経済は似てますので

トランプが行ってる事実上のMMTはやはり近年中に

暴発せざるをえないのですね。


新型コロナがそれを 促進させてしまった。

そしてトランプは確信犯です。


だからMMT論者はそれこそアベノミクス信者たちが

敗北したようにやはり経済学の裏切りものであるから

長期的には負けていく運命なんですが

(が、短期、中期では効果があるように見えたりもする、けど

だまされないようにしてリスクヘッジが大事)


そこでMMT論者が考慮していない最大の事象が

「これから中国やサウジアラビアなどから

EUまでの諸国が 米ドルではない貿易決済を望むようになる可能性がある」

っていう部分です。


が、ここがもっとも可能性として考えないといけないところ

なんです。


だからシナリオとしては

「これから中国やサウジアラビアなどからEUなどの諸国が

米ドルじゃない貿易決済体制を望むようになってからの


相互の各国通貨での決済やIMFなんかのSDR利用や

人民元やユーロなどの国際化、

および東アジア共同通貨構想などが出てきて


いずれドルが他の主要通貨に対して安くなってしまって

そこでドル建ての物価がインフレになって

米国債の金利は上昇して


今のアメリカのジャブジャブマネーは破綻して

そうすると金地金は高騰するシナリオ」


ってのがあるわけですが

この可能性が今総合して見ると一番高いのですよね。



金価格の1グラム6800円到達ってのは

このシナリオを見てる投資家が相当増えてきてるってことですよね。


が、ダウ理論の「価格にすべては織り込まれてるは

ダウ理論の唯一の間違い」

なのですが(これは今度また説明できればします。
唯一ダウ理論の欠点がこれ)



だからこれからもっと上記の事象が価格に反映される可能性は

上昇してきてます。


ちなみにこれは田中宇先生が

「多極化通貨論」と命名してるけど

まあそうなる可能性が高いですよね。


特にこの前の中国が主導してでの

日本と韓国と中国なんかがつるんだ

「アジアのユーロ」みたいな通貨が出来る動きが


新型コロナ騒動で一気にこの数ヶ月出てきましたから

日本の円や韓国のウォンや中国の人民元やあとは金ゴールドなんかも

入るかもしれないけど


そこで加重平均した仮想通貨が貿易決済として

使われていく可能性が未来で見え始めてる。


これが実現するとMMT論者の「前提そのもの」が崩れるんですが

その動きが報じられないだけで今の世界の主流といえば主流に

なりつつあるんですね。



それで今まではアメリカがというか

アメリカに入ったイギリスのシティ出身の諜報機関が

開発したのが債券市場でしたが


そこで「強いドル」となりまして

ドル建ての金融システムが250兆ドル以上の大規模なものになった。


実体経済はというと金融システムの250兆ドルに対して

80兆ドルです。


それで急成長する金融システムがほぼドル建てであるから

そこで「今までは」「昔の常識ならば」

「ドル系資産を持つと有利ということになっていた」のですね。


世界の国々は多くの製造品なり石油ガスなりを

アメリカに売ってドルを稼いで、そのドルをこれまた

アメリカの債券市場に投資してアメリカの債券市場を買い支えていた

のですが


そこでも大企業たちは金融で儲けることができたわけです。


が、それを新型コロナを口実に破壊したのがトランプ大統領で

ここでアメリカはどんどん消費力が低下して


中国なんかも以前は中国製品をアメリカで売って

そのドルで米国債市場を買い支えていたのに、


今はトランプが中国を切ったのですね。


だからもうトランプは「QEでジャブジャブマネーで

債券市場を買い支えるしかない状態」

に仕向けたのですが


もう露骨にジャブジャブマネーでアメリカは市場を

延命させてるわけですが



もう最近は普通の人までも「こんなジャブジャブマネーで

市場買い支えて大丈夫?」となってきてる。



それでPCR検査なんかを増やせば簡単に

感染者数はコロナで増えるから、そこで

「感染者数が増えた!」と2波を簡単に演出できるのが


実際だけどそこで2波をアメリカが演出したら更なる不況ですし

それがなくても さらにアメリカの経済はひどくなるわけですね。



ちなみにこれは本当は、アメリカの失業者数は

4000万人なんて生易しいものではなくて


本当の失業者数は実はもう1億2000万人を超えてるのが

本当でしょうが


この上の2行はとんでもないことを書いてるけど

それを隠してるだけですよね。


アメリカ政府の所得税収の減少幅からすると

失業者が1億人を超えてないとおかしいわけです。


それでもう以前にメルマガで扱ったけど

フードスタンプ、フードバンクといわれるけど

食料配給に並ぶアメリカ人も相当数になってますが


だからアメリカの市場の消費はしばらくは回復しないんですね。


あとこれから数年でアメリカの公的年金の多くが支払い不能に

なりまして、


そして社会保障やメディケアもどんどん資金難になるのが

アメリカの実態ですよね。



それで今回の新型コロナ騒動ってのは安倍首相が

「こういうことになるのは第3次世界大戦になってからだと

思ったが違って新型コロナだった」


と言ったのが大事なんだけど

やはりどうもこの新型コロナは戦争の代わりに起こされてるものですから

数年間この騒動は コロナがあろうとなかろうと

国際政治的な都合で長く続きそうですよね。


最近言われてるのが世界的な食糧難であったり

貧困層が世界的に増えていくってことですが

無視できない言説です。


ただここで日本とか韓国とか中国とか東南アジアらへんは

これは国内が比較的安定してる地域であって

だから住む場所はこの地域が本当はよさそうってのが


現状認識でありまして


これらの地域は今までアメリカに輸出していたけど

地域内輸出に切り替えていく流れでしょうし


悪化の幅はアメリカほどはひどくならないかもしれないですよね。

日本や韓国やマレーシアらへんをみると

やはりそれでもまだ安定してる。


ちなみに北朝鮮が暴発ってのは昔から報道されてきたけど

それは演技ですから まあそんな戦争にはなりづらい、なりえない状況

ですが


プロレスにそろそろ気づく時期でもある。



それでここで見えてくるのが

「アメリカ一国が集中して負けていく」

わけでして


それが実はそう


「ドルの敵である金ゴールドが1グラム6800円」

となってる意味なんです。



ドルを見放す人がこれから徐々に増えてきて

金が見直される可能性が高まってますが


やはり金はそのときの新しい資金の行き先になるわけです。


それで金が高騰してドルが一方崩壊していくと

ここで心配なのが 金の取引禁止をこれ


世界の先進国の官僚たちが行うのではないか?

という懸念ですよね。



すなわち「ドルの敵が金」であって

その金ゴールドがどんどんこうやって上昇しちゃうならば

もう最終手段はそうです

「金を無理やり買えなくする」って方法です。


法的に金保有を違法なものとするわけですが

これはNHKなんかが以前 そういった方向性のプロパガンダを

ちょろっと記事として流したけど
(すなわち金が犯罪に使われてるなんちゃらという報道)



それこそアメリカでは昔金保有自体が違法とされた時代が

あったんです。


が、これは現状は可能性が低い?かもしれなくて

というのは今の米ドルってのは本質的に


憲法違反の通貨なんですね。金に担保されていないわけで

アメリカ政府がもし国民に金保有を禁止するにはこれ

憲法改定をアメリカがしないといけないのですが


現状無理かと思われます。


これは田中宇先生が指摘されてましたが

アメリカの多くの州では金ゴールドが通貨と認められており


これらの州がその合法性を主張しますからやはり

それを禁止するってのは昔のようには簡単ではない。

アメリカのリバータリアンたちが怒っちゃう。



それでもしそれでも強引に金保有を禁止したとしても

金は「世界価格」であって


結局金が取引できなくなればアメリカ人たちは

海外に金を流出させるだけであります。


中国政府は金保有を昔から人民に勧めており

そうなれば中国が喜んで買うでしょう。


それで今の日本や韓国はこれアメリカに従ったフリして

中国と仲良し状態となってきてますので


となるとやはり日本や韓国らへんでは金保有の禁止は

現状なさそうな情勢ですよね。


EUなんかの国々でも最近は金保有を重視するから

まさかそこでそれを禁止とはしづらいわけですから


そういう意味で金の保有が政府に禁止されるのではないか?

というのは ないとは言えないけど

現状、大きな情勢を見たら可能性は低いといえると私も思います。


だからやはりこれからの時代、金が大変大事な時代ですね。


結果的には


新型コロナ騒動が
~~~~~~~~~~~~~~~
金の重要性を高めた
~~~~~~~~~~~~~~~~~

といえます。


ということでやはり市場でもこれから金価格が

主役となって市場全体に影響が波及していくでしょうから


金には引き続き注目したいところです。


だから短期でスイングトレードなりでFXで回す資金、

長期で金などで保全する資産、と


いくつかアセットクラスに分けて

私たちは資産を

長期的に増やす戦略を

自分なりに考える時代なのかもしれませんね。



それでは!


ゆう



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

そして「金を買うお金なんてありません」

なんて方は是非 野田式FX道場で学んで

そのゴールドを買う元金作るために学ぶとよいと思います!


【野田式FX道場生との特別ゲスト対談!】
素人から始めて1撃100PIPS以上を獲得できるようになった
女性のツダさん登場!

⇒  https://fxdojo.online/refree/tuda/

【野田式FX道場の詳細はこちら】
⇒  https://fxdojo.online/benefup/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください