無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「人間のIQは恐怖によって低下する」そしてその対策とは!?】

2020 6月 30 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

どうもゆうです!
こんにちは!!


さてさて、今日はずばり


「人間のIQは恐怖によって低下する」

っていう話をしたいと思います。


これは最近新型コロナなんかの話がありましたから、

ちょくちょく書いていたことでもあるのですが

やはり改めて考えるのが大事だな~と。


というのが最近、東京でまた感染者数が増えただどうの

ってのがあると思うんですが


普通に理屈で考えればPCR検査数増やせば増えるに決まってるわけですが

もうそういう理屈じゃなくて感情で人々が右往左往、

マスコミ報道にさせられてるのですが、


これ、ずばり「恐怖をコントロールされてIQ下げられてる」事例なわけですね。



実はこれすごい大事なことだから最近定期的に書くんだけど、


私たち民衆は本当に情報の点で盲目にされていると思います。

さて、それで今日は

【「恐怖は人間のIQを下げる」という投資やビジネスで

大変重要な事実について考える】としました。


実は投資でもビジネスでもどうもこの「恐怖という感情の克服」

というのは大変重要で、


例えば行動力が異様に高い人って恐怖の部分の克服が大変

進んでる人なんですね。


投資で利益上げてる人というのもこの恐怖の克服が上手い人です。


それで重要なのは逆を言うと

「人間のIQは恐怖を与えると下げることができる」ってことです。


大きく人類はこの点で搾取されてる。

恐怖を明確化すると行動ができるってのは以前書いたけど

やはり恐怖自体が人間のIQを下げるってのは知っておきたいところ。


編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【移動平均線を使って「トレンド変化の予兆を発見する方法」
を無料FX道場で学ぼう!】



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






さて、前号で無料FX道場21時限目を

流しました!


それで今回は


1移動平均線



2今まで学んできたライン(ゾーン)分析をあわせる


動画になっておりますね~


もっというとこれ自由市場におけるトレーディングの

原理原則のひとつでもある


グランビルの法則の考え方

入ってるのですが、


まずは基礎なのでぜひ見てみてくださいね~





※無料FX道場の21時限目※ 長期・中期・短期の
複数の移動平均線を使って

トレンド変化の予兆を発見する方法とは!?
⇒  http://fxdojo.online/refree/3type/



それで、この動画でどれも重要なことが話されている

わけですが、


今回移動平均線というかなり多くの人が使ってる

指標をつかってるため


若干危惧するのが「移動平均線だけでトレードする人

出てくるんじゃないか」


っていうことですね。


たぶん21時限目だけ見た人とかも中にはいるはずで

そういう方は21時限分、色々な要素の動画を

お送りしてるので


まずはページに今までの大量の講義がまとまってますので

それを見て21時限目を見てみてくださいね。


またすでに先行募集で入られた方はやはり

しつこいようですが、「基礎がくっそ大事」なんで

無料FX道場に基礎は固めてるんで、


やっぱり読者が負けずに稼げるようになるってのが

私のメルマガの意義でもあったりするんで

復習していただけるとうれしいです!





21時限目から前の動画は

PCで開いたら右側に、

スマフォで開いたらページの下にまとまってます。



※無料FX道場の21時限目※ 長期・中期・短期の
複数の移動平均線を使って

トレンド変化の予兆を発見する方法とは!?
⇒  http://fxdojo.online/refree/3type/




それで今回の動画はまずは最初を理解するためには

小ダウ大ダウの考え方を理解している必要がありますよね。


これは野田さん以外の億トレーダーさんで

女性の億トレーダーなんかがよく言っていたのを覚えていますが


「あなたたち、大きな時間足のトレンドの中で

小さな時間足の逆張りをするのよ」


なんて言っていたものですが

基本的に大多数の金持ち投資家は

「大きなトレンドには乗り(大ダウの流れに沿って)

小さなトレンドでは逆張り(小ダウでは逆張りっぽく大衆には見えてる)」


みたいなトレードしますけど

そっちのほうが確率があがるわけです。


それで気づいてほしいのが

前半で野田さんが短期、中期、長期移動平均線で

説明してることっていうのは


その辺のダウ理論の基礎の考え方と合致していたりするんです。


だからたぶん、私のこのメルマガって色々な教材を
買った人が見てくれてもいますが


億トレーダーって基礎的な考え方はみんな一緒なんですね。

ちょっと細かいところで違うくらいです。


細かいところってのは例えば上の大ダウのトレンドフォローには
なってるけど

小ダウでは逆張り的発想って話ですと


その小ダウのエントリーとして野田さんなんかは

思いっきりリターンムーブが発生してる際中の際で入りますが

一方、また別の億トレーダーはそこで

リターンムーブが発生してある程度反発確認して入る、


とかその辺の違いですよね。

ただやっぱり基礎は一緒なんです。


その辺が分かってくると普通に利益は出てくるし

負けがずいぶん減ってくるんですが

そこで同時に資金管理と投資心理学の関連性に気づいてくると


お金持ちになっていくターンになっていくと。


それで動画の26分あたりでですね、

ここがやはり個人的には最も重要だなと思ったんですが


やはりこの26分あたりの話が非常に大事なんですね。


えっとこの25分から26分あたりのチャート画像で

赤枠で囲まれてる左側、真ん中、そして右側の

3つのターンがありますけど


この右側のターンで売れてるかどうかってのが

経験値が物を言う世界なんですね。


野田さんもたぶんだけど右側で

その人が売れるかどうか

を大変重視してるはずです。


それで説明では

「移動平均線とローソク足の位置関係が

崩れてきたよ」


っていう話をしているわけですが


これはもう即答で今度やりますが

「グランビルの法則ですね」

と出てくる必要はあるんです。




※無料FX道場の21時限目※ 長期・中期・短期の
複数の移動平均線を使って

トレンド変化の予兆を発見する方法とは!?
⇒  http://fxdojo.online/refree/3type/



一応、この移動平均線とローソク足の位置関係の話って

実は原理原則の一つで


私のメルマガでも昔からやたら書いていたこと

ではあるのですけど


以前なんかはまた別の億トレーダーの

の案件を扱ったときにもグランビルの法則を

学んでもらったと思いますよね。


今回の動画はあくまでも初心者さんが分かるように

野田さんが初心者さんに向けて行った

丁寧な動画なんですけど


私のメルマガではちょっと私ゆうが使ってる

発展方法も昔からずいぶん扱って書いてますから


もっと深く知りたい人のために以前のメルマガから

引用です。



2016年のメルマガからですけど

【FX】グランビルの法則を使った8個の売買法則とは何か??

って号を

昔からの読者さんなら学んでもらってるはずです。



ダイスケさんっていうまた別のショート専門?

のファンド出身の億トレーダーさんの案件のときに扱った内容で

別の案件ではあったのですが


本質は全部強い人は一緒なんで


引用です



==============================


それで、こちらの案件ですが、無料でかなりの部分を

教えてくれるということなのですが


ずばり言いますと彼の使ってるやり方が

「グランビルの法則」になります。



こちら移動平均線とろうそく足の関係性を使った

判断方法になりますね~今日はせっかくなので

このグランビルの法則について、

「グランビルの法則と8つの売買法則とは何か?」

ということについて考えていきます。



メルマガ後半で!



ちなみにこちらの案件ですが担当者に色々聞きましたが

やり方としては


「グランビルの法則」を元にしたものになりますね。


結構有名な分析方法なので聞いたことある方も

多いと思います。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

グランビルの法則と8つの売買法則とは何か?


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



それでこのグランビルの法則というのは有名な投資分析官である

ジョセフ E グランビルが考案したものでして

1960年代に書かれた相場についての著書が元になりますね。


だから今からもう50年以上も前の取引手法になります。



それでこのグランビルの法則では移動平均線を使うのですが

この1移動平均線、2ろうそく足 これらの

位置関係から相場のシナリオを立てていく、そういう

やり方になりますね。



それで当時グランビルが書籍で言ったのは

「移動平均線MAで取引するなら、8つの売買ポイントがあるのだ」

ということでした。


まず、買い法則が4つありまして、


まず


【グランビルの買い法則1】





相場が下落基調、下落トレンドを形成していて、


移動平均線が下落します。


そのあと、レンジの横ばいか、もしくは

反発で上昇しつつある局面ですね。


ここでろうそく足が移動平均線を下から上に突き抜ける瞬間。



ここが買い法則1、とされます。


ちなみにシンプルな仕掛けで


MA10、とか20は使う場合、


1例えばどちらかのMAを上に突き抜けました(グランビルの買い法則1)

2そして戻ってきました

3MAがサポートになって、そんでプライスアクションで

買いのピンバーがエンゴルフィンバー出ました。


というところだと、売りのショートの利益確定=逃げ

をしたり、もしくは両建ての

つなぎ買いしたりというシンプルな考え方もあります。



この買い法則1だけでも十分使えます。
(ちなみに売り法則1はこの逆です)


これらのグランビル法則というのが

教えられるメインのやり方になる、ということです。





それで【グランビルの買い法則2】

なんですが

これは例えば上昇相場のとき、移動平均線も上昇していく

傾向があるわけですが


そのときに ろうそく足が一度売り崩されたときとかに

移動平均線を上から下にクロスする場合があるんですね、



上昇の勢いが弱まったときに見られる形です。



この一度下抜けたときに押し目買いするってものですね。


ちなみに売り法則2はこの逆。



※ただ上記グランビルの買い法則2で

指値で押し目買いすると

さらに急激な下落がある場合がありますから


その後押し目つけたのを確認するために

上記上昇示すピンバーでもエンゴルフィンバーでも

ダブルボトムネック抜けでも

三角持合いぬけ、でも、逆ヘッドアンドショルダーネック突破でも

いいんですが、


そういう形が出た後に逆指値エントリーで買いをいれたほうが

より確率が高まると個人的経験では思います。







また

【グランビルの買い法則3】とは何か?というと


これは価格が上昇トレンドにあって

ローソク足が上昇する移動平均線の上にあって


一度売られてローソク足が下の移動平均線に向けて

下落するんだけど


そこでクロスをしないで再び上昇。


ここで押し目買いしましょう、というやり方ですね。



これもまたグランビルの買い法則3の形が出て

プライスアクションなりライン分析で買いが出たとき、


という根拠2つあったほうが勝率高くなるってのは

私が個人的に体で理解しているところです。



ちなみに売りの法則3はこの逆バージョンですね。






それで【グランビルの買い法則4】とは何かというと


これは正直書くのやめようかな、とか思ったのですが

というのはこれ、「結構使い方間違えると危険」です。



いわゆる逆張りなんだけど


この買い法則4ってのは移動平均線が下落相場で

下落している局面があるんですね。



そこでローソク足が移動平均線とかけ離れて大きく下落してきた

という相場です。


もうローソク足の下落が速すぎて移動平均線ついてきてない・・・


みたいな暴落相場をイメージするといいかもです。


この際に買えってやつなんだけど、これは

かなり危険なのでやめたほうがいい

とは「言われます。」


ただこれは玄人の人は検証するといいでしょうが

フィボナッチを使うとこれも有効に使える場合があって



例えばフィボナッチで23.6%戻しとかありますが

それが全部戻しちゃって100%以上

戻しちゃった場合ですね。


そういうときにさらに下落すると結構相場は

ガンガンとストップロスを巻き込んで下落するわけなんですが



そこで大体グランビルの買い法則4が出ます。



そのときに138.2%とかみたいな100%超えてる

フィボナッチ数列の部分が

反発ポイントとして使われることは多くて


この形がグランビルの買い法則4の状態で出て、


そしてちゃんとフィボナッチのどこかが

反発ポイントとして使われて


なおかつそこを起点として

(ライン分析も踏まえつつ 下位時間足も見ながら)

 買いのピンバー、もしくはエンゴルフィンバーが

出たらそこで買い、はありなんですね。


逆にそのパニック売りのときにショートしている場合

利益が相当計上されるのですが


私なんかが利益確定するポイントはフィボナッチよく利用しますが


そういう

動きが出たら一度利益確定して逃げたりつなぎ買いしたりっ

てことはよくしますが

大体その後反発上昇に転じたり、


って動きをします。


このように今回MR.Yさんが教えているグランビルの法則ってのは


他の講師さんの教えてる

プライスアクションとかフィボナッチとか

あとはライントレードなんかと一緒にあわせると


結構判断の根拠として使えたりしますね。




ちなみにグランビルの売り法則8は買い法則4の逆です。

だから売りも買いも基本的に実務的には

グランビルの法則使った場合でも プライスアクション、

ダウ理論、フィボナッチを使うと安定性があがりますね。




それで、実はグランビルの買い法則4と

フィボナッチをあわせるのは結構有効でして、


例えばトランプ大統領がオハイオ勝利した、というあたりで

バンバン円高が今回進みまして



月曜日の安値103.7~大統領選挙前の

105.4のところをフィボナッチ引っ張るのですが



そこでトランプ大統領で円高ががーんと進みましたが


ここで「グランビルの法則4」が出ていますね。


私は円高の部分はとれたけど円安のところは

入らなかったのですが


グランビルの法則4の形を形成して、


円高が進んだのが4時間足だと

フィボナッチで100%超えの

261.8%まで

進んだ感じでした。
(これはかなり稀なケースです。)


そこでフィボナッチ261.8%で

ピンバーつけて、その後買いのエンゴルフィンバーが

出て、という感じでしたので



ここで買いを狙うという機関投資家も結構いたんだと思います。

私はその検証していませんでしたから円安の動きは

入りませんでしたが、ここでフィボナッチ261.8%まで

戻した過去検証をしていた機関投資家とかはこの動きをとったんでしょう。


そこで円安に結果としてはなっているな、という

感じです。


だから今回の すごい円高⇒円安に全戻しの動きがありましたが

これはグランビルの法則やフィボナッチを引いてる人からすると

決して無秩序な動きでもなかった、ということですね。





だからグランビルの法則ってのは

プライスアクションとかダウ理論とか、あとは

フィボナッチとかエリオットとか、

その辺と合わせると結構使えるっちゃ

使える考え方でして


うまく使えば勝率があがる傾向があります。


==============================


以上です!!


ちなみに私はこの後野田さんにも

無料FX道場のトレンドラインゾーンなり

ここでは書けない分析方法も学んだわけですが


それは強力で

まあやはり知識は「つなぎ合わせる」ものだと思います。


それでグランビルの法則は結構ネットでもあるんですけど

「グランビルの法則」って検索してみてください。


沢山出てくると思います。


それで売りの法則1ってのがあって

上には買い法則1の反対って書いてますが


売りの法則1は


「移動平均線が上昇後、横ばいになるか

下落しつつある局面で、

ローソク足(価格)が移動平均線を上から下にクロスする。


そしてそれが上昇トレンドが終了して

下降トレンドへと変わる初動を示す

非常に重要な売買ポイントとなる場合が多い」

(これもエリオット波動やダウ理論と同じで100%じゃないです)


ってものですね!!


これは良ければたくさんネット上にグランビルの法則は

あるから独習してみてください。


それで知識的には今回の動画の

25分とか26分くらいの話は


「グランビル売り法則1だな」


って分かってる必要性はあったりします。




※無料FX道場の21時限目※ 長期・中期・短期の
複数の移動平均線を使って

トレンド変化の予兆を発見する方法とは!?
⇒  http://fxdojo.online/refree/3type/




あと上に書いてる買いの場合の
グランビル法則4は完全に発展ですので


正直ファンド連中が使ってる方法でもあるんだけど


「大衆が暴落で ひえ~~~ ってビビッてるところで

買いいれるグランビル法則4をつかった方法」


ですね。


これは損きりができないとかの投資心理学を克服していない
初心者さんは絶対やらないでほしいですけど
(普通に終わります。一応逆張りのやり方なんで)


もう投資歴が5年とかある人で

資産が1億円くらいは超えてるよ~って読者なら

検証してみると良いでしょう。


同じくエリオット波動と組み合わせまして

ショートでA波⇒B波⇒C波への調整波動の下落を

根こそぎ5波終点を想定してとる場合も

やはりグランビルの法則4を利用します。


が、実はそこで野田さんのゾーン分析のすごいところってのは

それひとつでその5波終点ポイントってのは想定もできるんですが

これがまあすごいんですけどね、

全部の知識がつなぎ合わさるととにかくすごいことになります。


それでたぶん初心者の人は上に書いてること

意味不明だとは思うのですが


移動平均線とろうそく足の関係性も突き詰めていくと

結局大衆心理の関係性ですから

結構「深い」のですね。



それで・・・


今回の21時限目で野田さんが話してるのが

グランビルの法則1だなってのは上の説明見たら

分かると思うんですけど


ただ野田さんがおっしゃってますが

「ただ移動平均線だけだと少し弱い」

わけですね。



だからここで野田さんの場合はトレンドラインゾーンの

分析方法を良く使いますし、(大ダウ小ダウの目線は学びましたよね?)



また別の億トレーダーだとプライスアクションとか

MACDダイバージェンスを利用したりもしますし、



ちょっとした違いはあるってことなんです。

ただ原理原則に忠実なのは稼いでる人はみな一緒
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なんですね。


この辺に無料FX道場で学んでる人には気づいてほしい

ってのが私の考え方です。



それで、この動画の25分前後の野田さんの説明みて

きっと21時限目までしっかり学んだ人は

「視点」が備わってるから


またもう一つ、違う視点でも分析できてるはずなんです。







そう、この動画では初心者さんのためだから

言ってないけど


波動分析、エリオット波動ですね??


これもろ「B波終点でC波シナリオで暴落取ったるぞ」

という視点が入ってるのに


気づく人は気づくのではないでしょうか?





※無料FX道場の21時限目※ 長期・中期・短期の
複数の移動平均線を使って

トレンド変化の予兆を発見する方法とは!?
⇒  http://fxdojo.online/refree/3type/




ここで「あ、これはダウ理論・グランビルの法則

そしてエリオット波動(調整波C波)

の3つの原理原則で売りの根拠は出ているな」


と気づく人は気づくと思うんですね!!


それで動画ではまだ初心者さんように話してるから

野田さんは言っていませんが


まずはダウ理論の話はされてまして、

あとは移動平均線とろうそく足の関係性の

いわゆるグランビルの法則の解説をしてくれてますが


実はこれってC波取りたい人からしたら

すごい良いチャート形状なんですよね。



そう、だから昔から書いてるように

「強いトレーダーは原理原則で

ダウ理論とグランビルの法則とエリオット波動を

ミックスして使いこなしている」

のですね。


ちなみに今回、難しすぎるので扱ってませんが

野田さんが相当テクニカル分析の部分ですごいのが

やはり波動論なんですよね。


これは、難しすぎるので最初は基礎からやって

後々、負けなくなってきた人なんかにはかなり

波動論も野田さんが教えていくでしょうが


そうすると負けるのが逆に難しくなるって感じですよね。



ある程度経験ある方はそういうことも動画で

読み取れるのではないでしょうか。


だからこの動画は一応インジケーターの

移動平均線を使ってますから


こう「あ、このインジケーター取引の分かりやすいやつね」

とか思う人もいるかもしれないんですけど


(失礼ながら単純な思考回路の人で

連立方程式のように考えられない人)



野田さんもおっしゃってるように


「移動平均線だけじゃなくて

ライン分析も使うし、

ダウ理論の解釈も使うし、

色々な解釈を総合させてやっていく」


のが優位性が高いトレードになるんですね!


動画の最初の説明でも、

長期移動平均線の押し目で拾うという単純な話

をしているようで


ちゃんと水平線ゾーンと合わせた場所で

リターンムーブ(英語でBreak and hook and goといわれる動き)

で拾うということもおっしゃってます。


だから「根拠を複数もってトレードすること」

ってのは大変重要ですね。


ちなみに私の知ってるまた別の億トレーダーさんは

長くポジション保有してると、


例えばこのエリオットC波シナリオで

グランビルとダウ理論と

ライン分析いくつかの根拠を持って仕掛けるわけですが


(あとはもっと発展を書くと

私が2016年当初にメルマガで書いていた


ドル円だと米日金利差の2%未満への縮小がこのとき

起こっていて、ジャンク債が危うくなってる状態でして

その相関性分析も海外ファンドですと使うんです。


ただ日本だと債券市場分からないでファンドマネージャー

とかやってる人も多くいて意外にこの()内の分析は

知られていない。


資金数千億円とか兆単位のファンドはそういう大きな

債券市場に関わる政治の動きも諜報レベルで分析かけて

その上でテクニカルでしぼって仕掛けていくわけです)


仕掛けた後利益が出始めたら

そこで暴落後に

数ヶ月とか利益引っ張るわけですね。



ただそこで損きりは数日だったりします。

損きりはかなり早く、

デイトレ感覚、利益確定は長期スイング

という「時間感覚」ですね~


これ超重要ですよ


大衆は勉強してないからその逆で 

損きりはスイングで、

利益確定はスキャルなんです。だから損するんですね。


このトレーダーの時間感覚ってすごい大事で

だから本当は「スタイルがスキャル」とか「スタイルがスイング」

っていう言い方より


「損きりはスキャルだけど利益出すときはスイング」

みたいな言い方のほうがよいのかも知れないですね。

野田さんなんかも損きりや同値撤退とかこの前履歴画像見た人は

気づいたと思うけど かなり早い感じですが


一方利益確定はかなりの時間伸ばして スイングになってますが

この損きりはスキャル、デイトレ

利益確定はスイング(場合によってはさらに上のキャリートレード)

の時間感覚は


金持ちになるために必須です。



ぶっちゃけ言うとこの辺は練習が必要なんですけど

だから以前学んだC波を取るってあらゆる原理原則が

頭に一瞬でチャート見て出てくるくらいに

使いこなせていないといけないんですけど


このように「複数の原理原則による根拠」

を持つことは大変重要ってことですね!!


それで今回の動画では移動平均線とろうそく足の

関係性を 判断に生かす方法

について野田さんがめちゃくちゃ丁寧に解説してくれてるので


ぜひ見てみてくださいね!!




※無料FX道場の21時限目※ 長期・中期・短期の
複数の移動平均線を使って

トレンド変化の予兆を発見する方法とは!?
⇒  http://fxdojo.online/refree/3type/












追伸・・・それで野田式FX道場では上記に書いた内容のほかに

ちょっと難しいということで実は今回の動画は

以前変更された後のものなんですが


特殊なライン分析とかその辺も合わせて判断加えていきますので

また特典にありましたツナギ売買の

更なる発展も学ぶので



だからここで利益率が激高くなる生徒が激増してきてる

ってことですね。


ただ今回は初心者さんもかなり見ていただいてるようなので

発展を書きすぎると頭混乱すると思いましたので


そして基礎をまずやるのが大変大事なため、

なるたけ抑えてはいるのだけど


実はこの辺を総合して判断できるようになると、

「FXだけじゃなく」


例えば



「株とか仮想通貨とか先物とか」


全ての市場でそれらが活用可能です。


だから例えば全く市場が為替で動いていない場合は

株の個別銘柄で利益出していくこともできますし



実は無料FX道場で学んでる内容を

「総合できるようになると」

全部の市場で応用可能ですね。


ただなんとなく分かったと思いますが

それがもう意識しないで自転車漕ぐのと同じで

意識しないでできるようには


相応の時間は必要なので、

生徒さんたちが今野田式で学んでくれてる

ってことでもありますね!





追伸2・・・そして学んで分かったと思いますが

FXだけじゃなくて株も金もNYダウも仮想通貨トレードもそうですが


みんな大多数が何も知らないで相場に入ってきていて

大損してるわけです。


が、同じ参加者の一部は

上記のようなことは当然踏まえてますから


そこで彼らは当然のごとく資金管理を徹底して

合理的に仕掛けていきますから

要するに強い者が勝つわけです。


例えば「シグナルに沿って売り買いすれば誰でも稼げる」

みたいので入ってくる素人の人もいるんですけど


これはやはり上記のような原理原則を全部理解して

総合してる人間にはかなわないとなりますよね。



逆に

「シグナルに沿って売り買いすれば誰でも稼げる」って

教材やツールでも


原理原則が分かってる人間が使えば

ガッツリ稼げてしまうということです。


だから基礎力こそが一番大事でして

それがこの動画で説明されてるから


ぜひ学んでみてくださいね~








※無料FX道場の21時限目※ 長期・中期・短期の
複数の移動平均線を使って

トレンド変化の予兆を発見する方法とは!?
⇒  http://fxdojo.online/refree/3type/




追伸3・・・追伸多くて恐縮ですが

それで気づいてほしいのは


上にちょっと書いたけど思考的には

「連立方程式」みたいな考え方が結構大事ですよね。



例えば

3x+y = 1
5x+2y = 1


としたらxは1でYはマイナス2

なんですけども


ダウ理論とかエリオットとかグランビルとか

あとはそれに付随したライン分析とかありますが


それらの思考を同時に走らせる必要はあって


投資ではこういう連立方程式的な思考は大事で

原理原則で連立方程式を解いていくみたいな

感覚になりますよね。


それこそライン分析ひとつでも

大ダウ、中ダウ、小ダウの流れなんかは脳内に入っていないと

それを同時に処理できていないと

イメージやシナリオを作れませんよね。



これがいわゆる「相場観」ってやつだと思います。

そしてこれは現代のAI(人工知能)トレードでは

全くできてませんね。


みんなAIを過信しすぎてるんでしょう。


そして

スキャルがムズイのはそれを一瞬で解かないといけないですが

長期スイングだと結構ゆったりと時間があるなか

それらを考えていけばいいので


長期スイングのほうが良いわけです。

さらに長期で利益出す投資・投機方法は時間軸長い

投資ですね。


資産数兆円の

バフェットがスキャルやる姿は誰も想像しないと思います。




ただこれらが一朝一夕で身につくものではないので

最低でも4ヶ月とか5ヶ月はかかるものでして


だから生徒さんが結果出るのって大体

数ヶ月経過してから、なんですね。


この辺が分かってると利益が安定するまで

スムーズですし


分かっていないと一生 ああでもないこうでもない

と彷徨う事になるので


やはり知識、知ってるかどうかってのはとても

大事な時代でありますので


是非 スーパートレーダーの野田さんに

基礎、本質をガンガン学んでいきましょう!






※無料FX道場の21時限目※ 長期・中期・短期の
複数の移動平均線を使って

トレンド変化の予兆を発見する方法とは!?
⇒  http://fxdojo.online/refree/3type/








============編集後記=============



さて、今日はずばり「恐怖」について話したいと思いました。


というのが私が色々な塾とか教材で投資やビジネスを学んだんだけど

未だに「すごい重要だな~」って思う知識があって


それが「人間のIQは恐怖を感じると劇的に下がる」という

知識だったんですね。


ちなみに今回は新型コロナ騒動ってのが長引いておりまして

そこでかなり抽象化してみると、官僚たちってのが記者クラブを通して

マスコミの記事内容をコントロールしてるのが日本の報道体制ですが


そこで感じ取れるのが「恐怖を定期的に与えて大衆コントロールをする」

というものです。


最近だとNHKが外出禁止に60%以上が賛成みたいな世論調査を出してきたけど

あれ、一言で憲法違反でも法令を作ってしまえ!という

官僚たちの意図を汲んだ報道でありますが


ああやって恐怖を与えて大衆をコントロールしよう

ってのがショックドクトリンだと以前書きましたが


まさに今ってのは感情面で喜怒哀楽とか色々ありますが

「大衆の恐怖心」にフォーカスが当てられていて


最高法規の憲法も関係なく、どんどん法制化が進みそうな

そんな現状なわけですね。


だから「恐怖」についてちゃんと真正面から向き合って

考えるのが大変大事です。



これを知ってる人と知らない人ではおそらく雲泥の差があらゆる場面に

おいて長期的に

できると私の経験上 確信を持って言えまして、


だから時々この「恐怖」については書くのだけど


その「恐怖心」とどう向き合っていくか、ていうのがまあ

色々な分野においても大事なわけですね。



例えば普段海外に住んでますが


この「見知らぬ言葉も文化も違う海外に引っ越す」ってたぶんだけど

多くの人にとってある種の見知らぬ恐怖みたいのはあるのかも

しれません。



けど実際そこに大きな人生の可能性が眠ってるのも事実ですよね。


私のメルマガ見ている人はそれを感じ取ってくれてるかな?

と思います。



ロックダウン前のマレーシアも活気ある雰囲気でした。


(写真)活気あるマレーシア
http://fxgod.net/gazou/picture……kakki3.JPG
http://fxgod.net/gazou/picture……kakki1.JPG



「少しある恐怖」というものを克服して前に進むと

結構面白い未来や選択肢があったりするのだけど


恐怖心というのは人の歩みを止めてしまう

可能性を狭めてしまう、恐ろしさがあったり

するわけですね。


あらゆる場面で人間は何かしらの恐怖心を意識せずとも

感じてるものでして、


それがあらゆる行動に制限をかけて可能性を狭めてしまっている

わけです。



ビジネスなんかでは一歩踏み出せばいいのに、

やっぱりなんか潜在的に怖いから

踏み出せないという人が大半なわけです。

(投資やビジネスに限らず、
恋愛なんかもそう。


ナ,,ン..パは普通の人は1人で
異性に拒否されたりするのが怖くて路上で声かけたりできませんよね?

だから多くの独身者が恋人いないわけです。
カフェやコンビニの気に入った
あの娘に声をかけるということができない。


これを固まってしまうことを揶揄して
「地蔵」と言ったりするんだけど

なぜ人が異性に声をかけるという点で「地蔵」になるか
というと潜在的な恐怖を感じてるから。


これを克服すると誰でも恋人はできるんでしょう)


そして

そこで踏み出している人たちが今

あらゆる分野において果実を得ているわけですね。



また投資においては特にこの「恐怖心」ってのは向き合うことが

大変重要になるけど


例えば「大暴落」とは普通は恐怖ですよね。


そこで「冷静に考えられる人」というごく一部の人は

そこで大衆が狼狽している中で それを冷静な表情で見ながら

仕掛けることができるわけですが


例えば新型コロナの大暴落でNYダウ19000ドルのときに

私はメルマガで「バーゲンセール状態だ」という号を流したけど


ああいうところで恐怖心ってのを克服して買える人、

逆に怖くて動けない人、


で大きく資産が変わるわけです。


この恐怖に弱い人ってのはまさに狼狽売りをしてしまったり

もしくはもう恐怖でIQが急低下してですね


それでFXのようなレバかけた投機ならば損きりは絶対必要だけど

それができなくなってしまうわけです。



どう考えても冷静な時は

「レバかかってる投機では損きりしたほうがいい」と

頭では分かってるのに


そっちが「合理的だ」と分かってるのにですね、

すごい非合理的な損きりをしない、という選択を人間の大半は

取ってしまうわけですね。


これは上の()内に恋愛の、俗的なことを書いてるけど

恋愛でもそうで、恋人作りたいならいっぱい異性に道なりで

話しかけて友達作ったほうが良いとわかってるのに


そっちのほうが恋人作るためには合理的だ、と分かってるのに

人間はできない、恐怖に支配されると。


恐怖は人間のIQを大きく下げるといわれてるのだけど

ここで人間は恐怖にやられるとお金も失うし、

稼げなくもなってくるわけです。



また投機ではなくて

現物の長期投資においては

まさに暴落して価格が本来の価値よりも安くなってるとき

逆に買い増しということをしたりしますが

(バリュー投資の考え方)


それがバフェットなんかも言うように投機ではなく投資では合理的行動に

なるわけですが

(ダウ理論でもそれはトレンドの先行期に入るという考え方で合致する)



そこで投資の場合は長期保有をしないといけないんだけど


ここでやはり暴落なんかが来ると恐怖によってIQが下がって

狼狽売りをしてしまう・・・


ということがあるわけですね。



(※この損きりについての合理的な考え方というのは

現物投資とレバかけてる投機によって変わってきます。

その違いを理解するのも大事ですね。)


ただ「リスクを最初に限定するのが大事」と言う点は

投機も投資も共通です



だから多くの儲かっていない原因というのは

「恐怖によって脳みそが

やられてしまってる頻度が高くて合理的判断ができなくなってるから」

といえると思います。



それでこれは一つの違った見方なんだけど

「人間の頭を悪くするためにはどうすればいいだろう??」


ってことなんです。


実は「人間の頭を悪くする方法」というのがありまして
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それがその人間を「恐怖で支配する」っていうことなんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こういうことをテレビは自分たちがその戦略をとってるから

私たちに教えてくれないのだけど

これ大きく事実としてありまして



「恐怖を感じた瞬間に人間のIQは急降下する」


といわれておりまして、これは


私たちの経験上でも納得できる事実だろうと思います。

たぶん新型コロナなんかで恐怖でIQが下がってる人が多い

なんていうと心当たりがあると思いますよね。


例えばですが、今回の新型コロナ騒動で あくまで

政治家たちは「外出禁止などをしてしまうと圧政になってしまう」

と例えば最近批判されてる安倍首相が言いまして


それで「外出自粛の要請」となりましたよね?


まああれは近代国家はあくまで憲法が行政官僚を縛り付けるという

思想ですから


憲法22条の移動の自由をあくまでも重んじて

そこで「行政公務員たちへの命令である」

憲法22条の移動の自由などに反しないように



民衆から投票で選ばれた政治家たちがそのようにしたわけです。


が、そこで官僚たちやその官僚のサポーターである

マスコミたちはそれが気に食わないわけで


「外出禁止を諸外国のようにできるようにする法律を作るべきだ!

そう、勝手に外出しやがった下級国民、民衆を警察が逮捕できるように

法改正すべきだ!

俺ら役人様に憲法なんて関係ねえ!」


という感じでして、そしてNHKなんかが

「外出禁止を役人たちが民衆に強制できる法制化に賛成が62%」


となっていますが、ここで本格的に憲法の骨抜きを

かつてワイマール憲法を骨抜きしたナチスのように


「日本の官僚、公務員たちは考えてる」わけですね。


だから彼らからしたら 今回、自粛を「要請」でとめてしまった

安倍なんかは敵であるから、

今マスコミたちに安倍をたたかせてる。


ちなみにこの本質に気づかせないように各種言論機関が

プロパガンダを展開してる状況でして


場合によっては日本でもそういう法律が議論される時代になってきた

ということですよね。


あとは「マスク着用を強制する法律」なんかも官僚たちは強制したい。



まあそれで最近はそんな政治情勢ではありますが

これ・・・「恐怖があおられる新型コロナ騒動前なら議論になっていただろうか?」

ですよね。


新型コロナ前に例えば 官僚側に立つ政治家の誰かが

「外出を禁止して 外出時はお役人様に許可をとる許可制にするべきだ!」


と、例えば新型コロナ前の2019年に言っていたならば

「あなたは何を言ってるのか。憲法を知らないのか。北朝鮮にでもなるつもりか」

とでも言われたはずです。


が・・・今は?というと新型コロナで恐怖を与えられた結果、

そうゆうに62%がそれに賛成してるっていう世論調査が

流されてるわけですね。


が、世論調査の方式にも疑問符がつきますし、

実際にどのような設問、どのような対象に、どのような質問方法で

それがされたのかも明らかでありませんから


プロパガンダの域を超えませんが、

いずれにしても「恐怖を与えられた結果

大衆は恐怖を与えられる前は非合理だと考えていた選択肢を

支持するようになっている」


ってことです。



すなわち今回の新型コロナ騒動は明確に役人たち


特に今回は旧内務省系の厚労省の官僚たち、

とくに医政局の役人が暗躍してるのがよく見える

ショックドクトリンですが


何か恐怖が人に襲い掛かると人は冷静な判断というのが

できなくなるわけです。



だからある人間の集団がいたとします。

実験として恐怖を与える100人の被験者

実験として恐怖を与えない100人の被験者

がいたとして



頭が悪くなるのは前者の恐怖を与えられた被験者になる

わけですね。



こういう実験は実際に表に出ているわけではないのだけど

実験しないでも新型コロナの前後を思い出すだけで

容易に結果は想像できますよね。


ちなみにですが、会社経営者で破綻しやすい社長

っていうのがいるのだけど


これはどういう社長さんだろう?

と考えたことはありますかね。


これはよく言われてることでもあるけど

「恐怖」に脳みそが支配されだした社長さんは

大体その後会社を廃業、破産させるなんて言われてます。


それで 大多数の社長の恐怖とは何か、といいますとですね、

これは世間一般ではやはり代表的なものは


銀行への借金の返済とか資金繰り、です。


大変有能な恐怖耐性がある社長とかはそこでも挽回するんだけど

大多数の社長はそうではありませんから


この借金の恐怖、ってのに取りつかれてしまうと

その社長さんは非常に高い確率で経営判断でミスを犯す

といわれてるわけですね。


そして必然的に倒産する・・・という流れです。


中には心臓に毛が生えている経営者もいますから

いくら借金しても俺は平気だ、と這い上がってくる人も

不動産業時代のトランプ大統領のようにいるのですが

大多数はそうじゃないので


この恐怖に支配されると合理的な冷静な判断ができなくなるから

やっぱり破産するわけです。


これはFXとか株とか仮想通貨でも同じで

これらの相場の世界で起こる恐怖はやはり


「暴落」だと思いますよね。


その「暴落の恐怖」で脳みそをやられたら大多数の人が

破産、退場するわけですけど



投資と実業の差はあれど、本質的に破産するための

心理的な部分の共通点は一緒なんですね。



これはまた今度書きたいことなんだけど

お金の本質ってなんだろう??

って考えたことがありますかね。


それは最近言われてる信用経済の話で信用とも言えるだろうし

価値の代替物がお金だ、ということもいえるでしょう。



けどもっともっと本質的にお金とは何か、

と考えるとよく言われるのは欲望だ、といわれます。



けどですね、これは「フェラーリ買いたいからお金稼ぎたい」

という人も中にはいるだろうけども


私は東南アジアとかにいてよく分かるのだけど



人類のお金の「本質」はこれ実のところ恐怖なんですよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

欲望はその次でしょうね。


みんな要するに「お金が無ければ飢え死にする

=生存できない」というのを大きく言葉に出さずとも感覚として

理解してるわけでして


実のところ人類の経済を動かしている重要な感情として
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
恐怖があるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「いいや、お金の本質は欲望だ」という人もいるかもだけど

それはおそらく誰でも食える、物,乞いがストリートにいない

日本で育った人たちが本質が見えなくなっているだけでして


実際にお金の本質は「恐怖」なんですよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これ私以前気づいちゃったんですけどね。


これは今のなんとか貧困から這い上がってきている

東南アジアにいると感じてくる点なのですが


結局アジアでもまだストリートに貧困は一部残ってたりして

そこで物乞いの人も時々見るのだけど


じゃあ彼らが欲望で「フェラーリ乗ってキャバで豪遊したい」

と考えてなんとか日銭を稼いでるだろうか?というと

私はそれが彼らの行動の本質的原理となってるわけではない

と強く感じるんですね。



おそらくですが「稼がないとその日の生活の食事もままならない」

というこの生存するための生存欲求、もしくはお金がなくなって

飢えることへの恐怖、それが

彼ら、そして人類を動かしてしまっているのだろうと強く感じます。


生存欲求だから大きな意味では欲望なんだけど

その背後にあるのは「金稼げないと子供を餓死させてしまう

自分も飢えてしまう」

というような部分ですよね。


だから必死にアジアの父ちゃん母ちゃんは商売して稼ぐ。

ここには家族への愛情とかそういう人間の共同体的な部分も作用してます。


ただ大きくはお金ってのは本質的に背後に恐怖って感情が

あるだろうと私は分析してます。


だからよく最近「上がり人」という言葉を聞く様になったけど

これは意味としては

「もうお金稼いで人生上がった
(生存に関する不安なりがなくなった)」


みたいなニュアンスが入ってると思うんですね。


年金世代の高齢者が時々使う

「逃げ切った」とかそういうニュアンスが入ってるわけです。

要するに背後に「何かに追われている恐怖感情」が作用してる

言葉であるわけです。


んでこの微妙なニュアンスの言葉の後ろには

人類のお金に関する本質が隠れてまして


その後ろには「お金がないことに対する恐怖」があって

要するにそこからもう逃げ切ったみたいなニュアンスなわけですね。



金というのはその人間本人や家族の生存と直接に

つながってますから


そこでこの「恐怖」ってのは大事な感情なわけです。


だからお金の本質ってのはこれ欲望もあるだろうけど

それ以上に恐怖、なんですね。


これはお金の本質というのは欲望だ、と

アメリカのマーケターたちが言ってたからみな

それを信じてるけど


そのアメリカのマーケターたちも

実のところ本質に気づけていなくて(やはりアメリカも先進国であるから)


実のところお金の本当の本質はこれ恐怖に根ざしているのだ

ということに徐々に人類はいずれ気づきだすだろうと

私は考えてるわけです。


ここが分かると色々分かってくるんだけど

例えば「暴落」で多くの人は「恐怖」を感じるわけだけど


それは「ああ、暴落でフェラーリ買えなくなるよ」

という恐怖ではないと思いませんか?


人間というのは衣食住がお金で満たされているのは知ってるから

実のところお金、含み益がなくなるとか

損失が拡大する


というところで

「生存に関する恐怖」を感じる脳みその構造になっているわけですね。



私も昔利益が安定しない時に、

このような恐怖とどう向き合うかというのを考えたのだけど


ここでどうもお金の本質というのは欲望論は正確ではなくて

実際のところは恐怖なんだろう、ということに

気づいたわけです。



だってお金がなくなると生活できなくなって

メシも食えなくなりますよね?


結局そこにたどり着くと。



もっと言うと政治支配において、どんなに自由がない国でも

大衆の腹が満たされておれば、その政治は安泰なんです。


が、本当に大衆が飢餓に陥って恐怖にさいなまれると

その体制は崩壊するんですね。


私に韓国語を教えてくれた中国の朝鮮族の友人に私が

聞いたことがあります。


「中国の方々みんな、自由はほしくないのですか?」と。


しかし彼女は言いました。


「うーん、今は普通にご飯も十分食べられていて

生活に余裕があるし、だから自由ってのはまあ

なくてもいいかな、なんて考えちゃう」


と言ってました。


だから結局の話日々のメシがちゃんと食える保障があるかどうか

この辺が政治においては重要なんでしょう。



それで投資なんかだと


暴落で人々はカネというのが生存に関わるものだから

そこで暴落による恐怖、に襲われるわけだけど、

そこでIQが低下するわけですね。


逆を言うと、大衆を支配するためには
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
恐怖を一定的に与えれば支配できてしまう、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ってことでもあるんです。



実のところ相場とか投資の世界ではこの

「大衆=一般投資家に恐怖を与えて巻き上げる」

っていうことが頻繁にされていて


順調にあげていた相場が急落、暴落して

人々がパニックになって大損するってことが


繰り返されてきてるわけですね、歴史を見ると。


これは私は以前から書いてきましたが ほら、とか言っちゃうとあれですが

去年「NYダウで今あがって調子こいてる人たちが大損する未来を想定しよう」

とか書いてましたが


やっぱり新型コロナで信用取引の人はしっかりと刈り取られた。


ちなみに私はその後激安になったのを買い上げまして大きく利が伸びたけど


あれは自分でやっていて分かりましたが
かなり多くの人が恐怖で脳みそが支配されたと思います。


そしてレバ利かせてる人なんかは冷静な判断ができず

大多数が退場、大損したと思います。


ただここで「大口」といういわゆる超大金持ちってのが

いるんだけど


彼らは「大衆を恐怖でコントロールできる」ってことも

知ってるんですね。


だからそこで一気に大暴落を仕掛けると人々が

長期保有の人も狼狽売りをしたり


もしくは短期のレバ利かせた人も損きりできず

ロスカットになるのを分かっているわけでして


そこで大口ってのは「大衆に恐怖を与える」ということを

実際に頻繁に仕掛けてくるんですよね。



ここが分かっていないとやはりいつの日かその人は

退場してしまうことになるわけです。




一方、ここで冷静に恐怖なんかに支配されないで

合理的に振舞える人というのがいて


それがウォーレン・バフェットだったり、ジョージソロスだったり

するわけです。


バフェットはルールを破って本来 消費者独占企業じゃない

コモディティ企業のデルタを買ってしまったけどまあすぐ損切りしました。


ジョージソロスなんかは分かりやすいけど

彼は逆に大衆に恐怖を与えるような暴落を

空売りで作り出したというのは有名な話だけども


そこで大衆の恐怖を利用してショートで大きな利益を上げる

わけですよね。



それで一方バフェットなんかは本来は


大衆がそこで

狼狽売りして


「本来の価値より圧倒的に安くなった株価」で

長期保有でお得な値段で買うわけですね。



だから稼げない人っていうのは脳みそに恐怖耐性

ってのがなくてそれに支配されやすく、



一方圧倒的に稼ぐ人ってのは脳みそに恐怖耐性が

強くありまして、



そこで心臓に毛が生えてるような感じで

恐怖にものともせず、


立ち向かっていけるわけで、それで稼げる

わけですね。



ちなみにFXなんかだとすごい億トレーダーになると

「え、ここで売るの??」と

相場が大きな急騰を続けてるときに売りを入れますよね。


例えば今回の新型コロナ騒動でもNYダウが29000台のときに

売りいれていた大口が結構いるのがチャートで確認できる。


これはなかなか普通の人は真似できないわけだけど

トレードがうまくなると恐怖心が麻痺してるというか

もうそれをコントロールできますから、(慣れてるから)



だからそこでふみ上げの恐怖も何も関係なしに

売りいれるわけです。


んで、はまったらそれが大暴落して

爆発的な利益になったりするんですね。


要するに儲かる人ってのはこういう大衆の恐怖心を

大きく俯瞰してまして


「恐怖を与えられると人間の脳みそのIQは下がる」

っていう事実を良く知ってましてですね、



それを踏まえて恐怖なんかに合理的行動を支配されずに

淡々と合理的な行動が取れるわけです。



これが儲かる人の特徴、と言えますね。


ビジネスなんかでもそうですよね。あらゆる恐怖とか

リスクってのがあったりするけど



そこで大多数は行動が取れないわけですが

そこで恐怖に脳みそがやられていない人なんかは


どんどんビジネスとか仕掛けてお金持ちになっていく

という循環が見られるわけでして


だからビジネスなんかで稼いでる人なんかは極めて

恐怖耐性が強い人の集まりなんですね。


だから少し頭がぶっとんでるように見えることが多いわけです。



ただ彼らが稼ぐわけです。


それで大衆は恐怖によってIQが下がるということを

自覚していないわけで


まさに主観で恐怖を捉えて、自然とIQが下がって

冷静な判断ができなくなって損をしてしまうわけだけど


一方「恐怖によって人間のIQは大きく下がる」と「認知」してる

人はその恐怖を極めて「客観」で捉えられるんですね。



これが重要で、「自分の脳みそが今どういう反応をして

どういう恐怖がこの事象で与えられて

自分のIQを下げているだろう」


と冷静に「自分自身を観察」することができるように

なるわけです。



天才といわれる人はいろいろ環境などの影響があって

10代20代と生きる中で恐怖耐性がついていて


そこで勝負できるわけだけど


普通はそうじゃない。



ただじゃあこの凡人たちは恐怖耐性をもてないのか?

というとそうでもなくて、


それは練習と自分自身の観察、それを続けると

徐々にそれは克服できるようになってくるんですね。



そこで「人間というのは恐怖によってIQが下がる」

と認識していれば


投資の場面では

「今暴落して自分の脳みその中に恐怖という感情が

出現した。


これが大きく自分のIQを下げる可能性がある。

ということはこれに注意して恐怖に支配されず

合理的な判断ができるように「意識」していこう」



という思考方法が取れるようになるんですね。



これは最初は「意識」するのだけど徐々に「慣れ」

というのが生じてきまして


世間が大暴落とか騒いでる時でも自分は

ノホホーンと冷静に判断ができるようになってくるものです。


そう、全ては「慣れ」だと思います。


それでこの恐怖に対しての「慣れ」を作るってことを

するためには


「人間のIQは恐怖を与えられると低下する」


って「認識」してる必要があると私は思いまして



ここで徐々に恐怖に対峙する練習をしていくとですね

何かあってもびくともしなくなるわけですね。


これが「器 うつわ」と呼ばれるものかもしれません。


ちなみに私ゆうも最初は暴落とかもう

すごい恐怖で支配されたのを覚えていますが


「うわ~~こんなに含み損が!」みたいな感じで

損きりできない時代ってのも最初あったわけですね。


たださすがに長くやってるともう暴落ってのは

つき物だと分かってくるので


「慣れて」くるわけですね。



んで 恐怖に支配されてIQが低下してるその時ってのは

もう冷静に合理的判断ができませんから



投機のFXであれば損きりできない、とか

塩漬けになってしまうとかになるわけですけど


だから損大利小になってしまうわけです。



けどそこで「慣れ」ってのが生じてくると

「あ、何度も経験してる暴落だ。

損きりだな」


ということで損きりができるようになってくるわけですね。



人間の「慣れ」ってのはすごいものだと思います。




それで逆に恐怖で脳みそが支配されずIQが

低下しない状態になったら


「今きっと大衆は阿鼻叫喚で悲鳴をあげて

この暴落に振り回されてるはずだ。


ここでストップがどんどん狩られた後に

買いでエントリーすれば儲かるぞ」



みたいなかなり冷静な判断ができるようになるわけですね。


ちなみに上記「」内の考え方のロジックというのは

相当強いロジックがあって


パニック相場で大衆が刈り取られた後に

利益を出す方法ってのがあったりします。


フィボナッチ使うんですけども。

ヘッジファンドがそういうロジックを取り入れてますね。




だから重要なこととして人間は弱いもので

確かに恐怖を与え続けるとIQが下がる傾向があるのだけど


一方「恐怖は慣れてくる」ってのがあるわけですね。


「恐怖は慣れる」わけですが要するにそれは

「腹が据わってる態度」になるわけです。



ちなみに私の経験だと、よくメルマガに書くのが

私がブラック会社にいたころに


コンプライアンス部っていう警察の天下りの

元右、、翼担当の方に真っ白な部屋の中で脅された


というエピソードですが


当時実はもう恐怖という物に慣れていたので

この警察の天下りの人の大声の脅しってのは

全然私は響かなかったんですね。


というのがその前に色々危ない経験をしてきたから

やっぱり歌舞伎町とかでバイトしてるときに

ヤバい頬に傷を持ってる人に事務所つれてかれそうになったりとか

変な若い人にナイフで脅されたりとか

あとはクラブのイベントオーガナイズしていたけど

そこでもやっぱり揉め事で変な人に脅されたり


ってのは結構経験してたんです。


んでそこでもうある程度慣れてきたってのがあって

これは面白いことに一般的に言われる

恐怖ってのは慣れてくるわけですね。


だから普通は恐怖で「ブルブルブル」と震え上がるけど

そこでIQが下がらずに次の策、戦略を打って闘えるようになるわけです。


一般の社会でも、ですね。


だから重要なのは、人間のIQってのは

恐怖で下げることができるんだけど


「人間はその恐怖に慣れる」ことができまして、

そこで冷静な判断ができるようになる成長性も

兼ね備えているっていうことなのです。



だから投資なんかでもそうで、最初は暴落で

資金ぶっ飛んでテンパっちゃうっていう経験を

みんなするんだけど


そこで続けてく人は「慣れてくる」わけで


これが究極になると野田さんだったり

ジョージソロスとか、あとは神様投資家である

バフェットに近い投資行動が取れてくるようになる


ってことなんですね。


バフェットなんてちょっと普通の人からしたら

頭がぶっとんでますよね。


だって暴落してみんなが阿鼻叫喚してるような相場があっても

そこで

「おお、本来の価値よりも相当株価が安くなった

買いだ」


と笑いながら立ち向かって買いを入れるのですから。


大衆が阿鼻叫喚の中、バフェットは笑顔で

株を買い付けるわけですけど


あの人は今でこそ投資の神様ですけど

普通に考えたらある意味サイコじゃないでしょうか。



けどやはりそれが彼のすごいところで、ずっと

冷静に合理的な判断を恐怖に支配されずやり続けたところが

バフェットのすごいところで本質だと思いますよね。



それでもう一つ言いますと、

バフェットが生活レベルをあげない理由というのが

あります。



それはお金というのは本質的に恐怖とリンクしているものだけども

バフェットの場合、


それを良く理解してるのだと思いまして


だから彼の場合贅沢はしないでチェリーコークばかり

飲んでるわけです。



ただこれは重要な意味があると私は分析しておりまして

すなわちいくら儲かっても損してもバフェットからしたら


それは自分の消費、生存を保障するお金の使い方には

まわっていかないわけですので


究極、儲かっても損しても彼の生活は変わらないわけですから

そうなるとたとえば含み益が減ろうが恐怖に支配されませんよね?


だって儲かっても損しても自分の生活変わらないのですから。


だからバフェットが億万長者なのに

質素な生活をしているというのは


こういう心理面での重要な考え方があると思いまして

彼の生活スタイルだといくら損しても得しても


生活レベルが変わらないから、


そこで恐怖もしくは欲望に支配されることがなくなる

わけですね。


なので極めて合理的な投資行動を継続できちゃうって

カラクリですよね。



だからバフェットがチェリーコークばかり飲んで

毎日ハンバーガー食べているってのは


投資の心理学を知ってると結構合理的であると

分かります。

実は投資心理学などで計算された上での質素なわけですね。


そんな生活してたらそもそもある程度の金額さえあれば

飢え死にしませんし、

恐怖に支配されないのですから。


一方、ここで散財がすごい場合だと

とにかく稼ぐ金額を保たないといけないから


そこで「なんとか稼がないと」と追い込まれるわけでして

ここで暴落が来ようものなら一気にその人の

脳みそは恐怖で支配されてしまって


IQが下がってしまうわけですね。


そして普段取らないような非合理的な行動を取ってしまって

大損してしまうわけです。



なので、私たちが知るべきことは


「人間は恐怖で支配されるとIQが下がる」


ということでして、これを認識するのは大事だと思いまして、



同時に


「その恐怖はトレーニング次第で克服ができるようになって

そのあと、恐怖なんかが恐怖じゃなくなって

その時に冷静な判断を取れるようになる」


ってことですね。




動物世界では恐怖という感情は生きるために必要なもので

ライオンの群れに恐怖を感じないで

立ち向かったら死んでしまいます。


だから恐怖は人類の生存を守ってきたのも事実なんだけど


一方現代の人類というのは為政者によって極めて

恐怖で支配されることが増えてきましたので


この恐怖に慣れて、その上で冷静に考えることができる


ってのはとても大事なことになってきているわけですね。


もっというと

「その対象が本当に恐怖という感情を持つに値するものなのか?」

を考えていくのも大事です。


年間インフルエンザの死者数は1万人以上、

一方新型コロナの死者数は半年以上経過して1000人前後、


じゃあそれは恐怖する対象だろうか?


あくまで理屈で考えます。



「暴落で資金失っても、そもそもその資金は余剰資金であって

飯は普通に食えるし、生活も変わらない」


と考えたら暴落は怖いものだろうか?と理屈で考えるわけですね。

その恐怖が本当に恐怖を持つに値する事象なのか?

理屈で考えるのが大変大事です。



なので何か稼げないとか、暴落して損してるとか

何かしらの、一般的に見たら大変な状況というのが

ビジネスや投資だと あるあるだと思うんですが


ここで自分を内省して

「その恐怖は本当に恐怖を持つだけの事象なのか」

「自分の脳みそは恐怖によって

IQが下がっていないか」と自省して


自分の脳みそと会話していくというプロセスは成長のために

とても大事です。



この自分との会話をしていくと、

徐々に恐怖感情などに支配されずに合理的な行動を

積み重ねられるようになるので、器がついてくるので、


利益がついてくるようになる、ってことですね。


これが本当の本当の本質かな??


って思います。



なので恐怖は人間のIQを下げるのだけど

その恐怖感情というのは実際の話コントロールできるものですから

そしていわゆる「場慣れ」しますから


こういうのを知識として知っておくと良いと思います。


昔のインフォ教材というのは怪しいものが多かったけど

上記のようなことを教えてくれる教材も結構あって


私は当時すごいそういうのに学んで今につながってると

思いましたので


一応メルマガで共有しました。



どんな大変な状況が人生にあっても

恐怖に支配されず、脳みそを回転させて合理的に判断して


その判断を継続できるようにしたいものですね。



それではまた!




ゆう





追伸・・・ちなみに、逆の仕掛ける側の見かたとして


大衆の頭を悪くさせるためには

恐怖を与えるとIQ下げられるのですから


「恐怖を与えれば大衆支配ができる」


という冷酷な政治支配の考え方が

あるんですね。


これを私は数年前から書いていたけどそれを


ショックドクトリンといいます。これは以前の記事の引用だけど


2018年くらいに書いていたのが以下

↓↓


(ショックドクトリンとは)
大衆に地震とか津波とかあとは戦争リスクをあおることを

するのだけど


そこで恐怖の中に大衆を引き込んで判断力を低下させて

社会体制を一気に為政者の都合の良いように変革してしまおう


という支配戦略です。


これをショックドクトリンといいます。


実のところ日本ではこれが社会実験のように頻繁に

行われてる、と気づく人は気づくでしょう。

官僚たちがおそらく米軍の洗脳手法を教わって実行してるでしょう。


また私がいたブラック会社もそうでしたが明確に役員たちが

「従業員に恐怖を与えて支配せよ」ということを

やっていました。


だから役員の部下たちに「従業員を怒鳴りつけろ」とか

実際に指示してたりしたんですよね。


ここで従業員を恐怖で支配して、IQ下げて支配する

ということを私がいた会社はやっていた。



んでブラック会社では恐怖というのが社内に充満してるから

社畜状態の人が増えるわけでここで反旗を翻せる人は

いなくなるわけです。



ちなみに、私のいたブラック会社は元祖ブラックだったんですが

他の会社にもこの会社統治方法を経営者たちにコンサルしてる

っていう話も以前聞きました。


だから今日本のブラック会社といわれるところでは

恐怖を与えて従業員コントロールするっていうのが良く

行われてるはずなんだけど


これは上記ショックドクトリンの政治支配の考え方を

会社の統治に用いたものであります。


これを意図的に行ってる人たちというのが日本でもいる

わけですね。


ただ最近はそれを人々に見破られだしている。


そう、そろそろ大衆も気づいて覚醒する時期で

いつまでも支配されてばかりじゃいられないとなってきた。



ちなみに日本の場合は最近はもう北朝鮮ミサイルだ

地震だなんだ、とやりすぎてしまって


大衆がまさに上に書いたような恐怖に「慣れ」てきてます。


地震が来たくらいでみんなもう「予行練習」は沢山

してきたから この数年でちょっと免疫がついて

うろたえなくなって来た。


良いことだと思います。


それで冷静に考える人が増えてきたわけで

こうやって恐怖でびくともしない民衆が増えてこれば

日本も少しは変わってくるかもしれませんね。




以上です!

これを2018年に書いたけどその後やってきたのが

新型コロナ騒動。


ここで「場慣れ」しつつある人たちが

今経済再開を言ってる構造ですが

これがどうなるか注目です。






追伸2・・・それでこの恐怖感情というのが

実のところ「行動力が出ない」という人の本質的な部分に

ある、と気づくと思います。


だから「やればいいのにできない」とかそういう人が

世の中多いわけですね。


それはめんどくさいという感情もあったりするんだけど

もし自分がこう行動するべきと分かってるのに行動できない場合、


自分の中でどういう感情が発生していて

それがどうやって足かせになってるか??



っていうのを徹底的に自己分析するといいんですね。


この自己分析は就職活動のような空虚な

「私はリーダーシップがあり、協調性があり~」みたいな

自己分析じゃなくて



本質的な自己の感情に対する分析ですね。


そうすると自分の感情が自分の行動にどういう影響を与えてるか

というのを「客観視」できるようになるわけで


ここで「自分にとって合理的な行動」が取れるようになってくるので

あらゆる分野で自分の思ったとおりの状況にはなってくるんです。



それでここで重要なトレーニング方法というのはありまして

それは例えば投資で言えば「普段から暴落が来た時に自分が

どういう行動を取るかイメージトレーニングする」

ってのはあります。


これをやってると、徐々にそのイメージトレーニングの通りに

そのとき行動できるようになってくるのですね。



それは「脳内でイメージしたとおりに人は行動していくようになる」

という原理があるからなんだけど。



だからスーパーエリートの富裕層たちや為政者なんかが仕掛ける

恐怖で支配されないためにイメージトレーニングを積み重ねておくと

さらに強くなるかと思われます。



それは最終的に人生を切り開く原動力になりますね。


それでは!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

※無料FX道場の21時限目※ 長期・中期・短期の
複数の移動平均線を使って

トレンド変化の予兆を発見する方法とは!?
⇒  http://fxdojo.online/refree/3type/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください