無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【実際のトレードで「大活躍」する「推進5波動」を学びましょう!】

2020 5月 02 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


どうもゆうです!

こんばんは。



さて、いよいよ無料FX道場の

新内容である

「野田式エリオット波動無料講義」が

公開されました。


かなり希少性の高い内容なのでぜひ見てみてくださいね~



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


※14時限目※【実践編】
ヤバイ!
「知らないことは恐ろしい」衝撃の原理原則 
野田式エリオット波動とは!?


【限定公開】
⇒  https://fxdojo.online/refree/elliot/


【PDFはこちら】
⇒  https://fxdojo.online/cont/elliot.pdf
pass: Fibo Elliot
※間に半角スペース有り


(14時限目までの内容はWEBページ上に
あります)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


実は日本の億トレーダーたちで本当に

使ってる人が多いのがこのエリオット波動でもありますね。


さて、それで今日は

こちらのエリオット波動で重要になるのが

「推進5波動」+「調整3波動」

になりますが


今日は推進5波動から

学んでみましょう!!


前号からの野田さんの説明の続きです!


===============

【いったん前号までのおさらい】

1波動分析は
「相場のサイクル性からトレンドを判断する」分析方法


2エリオット波動理論は

「推進5波動+調整3波動の計8波動で
トレンドを形成する」という理論

(時間足はなんでも良いので、自分なりに引いて練習する)


3 この理論をトレードに取り入れて、

トレンドに乗っていけるようにするのが目的


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

知識や考え方にも幅を持たせて

取り入れよう!

この世に100%正しくて

当てはまるものなんてないから


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





さて、ここからはエリオット波動の

各波動の特徴について説明していきます。





単純に8波動で1サイクルなんだな

とか考えてしまいますと波動のカウントが適切にできません。





「ここの上昇部分が1波で、次の下落部分が2波、、、

 てことはその次の上昇部分が3波だから、今は4波なんだな!」



こんな感じでは波動のカウントは上手くできません。





各波動の定義を抑えていないと

そもそもそれが何の波動なのか判断すらできません。



波動のカウントがあやふやな人は

この定義が曖昧なんですよね。





どうすればいいのか?

簡単です、覚えましょう。



じゃないと絶対使えない知識になってしまいますから。



折角学ぶんですから使える知識にしましょう。





テキストにも記載はされていますが(P13)

エリオット波動の基本ルールから見てみましょう。



⇒  https://fxdojo.online/refree/elliot/




【エリオット波動の基本ルールとして

最低限理解したいこと】



<各波動の特徴について>

各波動の特徴を把握しておくと、

波動の形成状況を判断しやすくなります。



<1>1波の始点を2波が下回ることはない

<2>1波の最高値と4波の最低値が重なることはない

<3>3波が最も短い波になることはない




重要なポイントですのでこれは必ず覚えましょう。

覚えてないと波動のカウントが適切にできません。





では、上記の基本ルールをふまえて各波動の特徴も見ていきましょう。





下記は、今まで下降トレンドが続いていて

上昇トレンドに切り替わるタイミングを

想定した場合のシチュエーションになります。





ちなみに、1,3,5波を衝撃波(しょうげきは)、

2,4波を調整波(ちょうせいは)と呼んだりもします。





衝撃波はトレンドを続伸させる波動(積極的)で

調整波は利確の動きで反対に動く(消極的)というイメージで結構です。




以下図はこちらで見ながら学んでいきましょう。
⇒  https://fxdojo.online/refree/elliot/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【トレンドを続伸させる衝撃波】

◆第1波(小さい衝撃波)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


トレンドが切り替わる前か、切り替わった直前くらいのタイミング。



通常ここが1波と気付くのは難しいので捉えようとしなくていいです。

(リアルタイムで想定することはできる)



あとから1波だったんだな、と気付けることが多いです。





全体的には下降トレンド中ですので、1波の上昇する力は弱いです。

まだ戻り売りを優先するプレイヤーが多い地合いだからですね。



なので、1波はちょっと戻すくらいの上昇で収まる時が多いです。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【利確の動きで反対に動く調整波】
◆第2波(単純な動きの調整波の時が多い)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


トレンドが切り替わる前か、切り替わった直前くらいのタイミング。



1波のあとの、下落部分になります。



2波の下落は、まだ戻り売りを優先させている

プレイヤーも少なからずいるとは思いますが



どちらかというと、1波の上昇部分に対して

利確がはいるから下落する、と解釈しておけばOKです。



ここの下落の時に1波の安値を下抜いてしまうとダメです。



これから安値を切り上げて形成して、

ようやくトレンドが切り替わって強く上昇していくよ

という動きのシナリオから外れることになってしまいます。





みんなが分かりやすいトレンドを発生させるためには

この2波の部分が要になってくるわけですね。



2波が1波の安値を下回らず安値の切り上げとして成功すれば、

ダウ理論のトレンドの定義の通り、トレンドと判断して

新規で参入してくるプレイヤーが増えてくるからですね。





私みたいなタイプは、この2波の戻しを形成している最中に

買いで入れるポイントを探していることが多いです。



そうすれば次の本格的な上昇をしてくる

3波を取りにいけますからね!



逆にここで入り損ねると、私はもうその後

結構何もできなくなるターンが続きます。



その理由は後ほど、4波の説明の時にします。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【※トレンドを続伸させる衝撃波】
◆第3波(衝撃波の中で一番大きい)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


3波はトレンドのメインの動きなので

1波、5波と比べて最も上昇してくる波動になります。



ダウ理論では、ここの部分を

本格トレンドの段階と指しています。





先ほどの2波の押し目を待って

押し目買いすると言っていたのは

この3波を取りに行きたいという目論見のもとでしたね。



日足、4H足くらいの時間軸でこの3波が取りに行けたら

ポジション管理の時間的な余裕もできますし
(数日とかしばらく放っておける)



なにより、値幅がかなり取れますので

是非取りにいきたい動きです。





3波が終わるまでしっかり伸びていく分、

入れなかったら指をくわえてただ眺めることしかできなくなります笑



短期足に視点を変えて無理やり入りどころを探してもいいのですが、



下手に入ってやられるより、次の4波の下落で

押し目を待った方が無難かもしれませんけどね。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【利確の動きで反対に動く調整波】

◆4波(2波より深い調整の動きになる傾向にある)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


4波も2波と同じように調整波ですので、

3波の上昇した動きに対して利確が入るから下落する、

という解釈でOKです。



ただし、4波は2波より複雑な調整波になりやすいです。



理由としては、いくつか挙げられますが

以下のような解釈で考えておけばいいかと思います。





a)3波が強く上昇してきた分、

  1波の時よりも多くの利確売りが入る



b)上の価格帯で新規売り待機していた

  プレイヤーがではじめる



c)短期足の小ダウ目線で安値の切り下げが発生すると、

  逆張りで新規売りするプレイヤーもでてくる

 (私みたいなプレイヤーの入り方はこれに近い)





2波の利確の動きより深く下落しやすい理由としては

上記のような感じで覚えておきましょう。



利確の動きにトレンド方向とは逆のプレイヤーの

視点も重なってくるので(小ダウ目線でも)



買いと売りの攻防が起きやすくなって

複雑な動きになりやすい、ということですね。





あと、反対方向のプレイヤーの視点が重ならない場合は、

ほぼ横ばいに近い動きだったりもしますので、

ややこしいといえばややこしい局面です。



ちなみに、先ほど、私が2波の押し目でエントリーできないと

その後何もできなくなる時が多い



と言っていたのは、この4波が横ばいの動きになってくる

動きを得意としていないからです。



調整の動きで浅い戻しでもいいから戻ってくる動きがないと

中々新規エントリーしづらくなってしまうんですよね。



逆にこういう時新規エントリーするのが

得意な人もいますし、好みの問題でもあります。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【トレンドを続伸させる衝撃波】

◆5波(3波よりかは小さい衝撃波)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


5波は推進波動の最後の上昇になります。



特徴として、3波よりかは上昇してこない時が多いです。



3波で強く上昇してきたので、

それ以上買いのプレイヤーが出てきにくくなるということもあります。



自分が買おうと思っていた価格帯より

だいぶ上の価格帯まで上がってきてしまったら

今更新規で買いエントリーしにくいですよね?



5波が3波より伸びづらくなるのは

こういう相場の心理状態もあるからですね。





このターンは、3波で強く上昇してきたのを見て

焦ったプレイヤーがまだ買いで考えているターンでもありますので

新規の買いで入ってくるプレイヤーもいます。



ただ、こういう所で慌ててついていこうとしても、時すでに遅しで

あまり勝ちづらいターンとは言えないかとは思いますけど。





小ダウ目線で割り切って、5波だけ取りに行く視点のもと

新規買いするのはOKなのですが



多分こういう局面で買う人は、大ダウ目線のスイング視点で買ってくるので

その後の調整下落のターンであっさり損切りされますかね。





私はしつこく会員の方に言っているのですが、

小ダウと大ダウの視点の違い(※13時限目のダウ理論の講義を参照ください)を

自分で分かっていてエントリーしていくのは

間違いではないのでいいですが、



これ以上さらに推進していくのをイメージしていて、

入っていくのは視点が適切ではないのでやめた方がいいです。





以上が推進5波動の各特徴と定義について見ていきましたが

結構ややこしく感じるかもしれません。



定義や特徴を覚えるのなんて、ただの慣れの問題なので

回数をこなして覚えていけば身に付きます。





リアルタイムの時に各波動のカウントをして

今が何の波動なのか判断していかないとならないので



定義が分かっていないと話にすらなりませんからね。





ということで、推進5波動の定義は

サクッと覚えてしまいましょう。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


※14時限目※【実践編】
ヤバイ!
「知らないことは恐ろしい」衝撃の原理原則 
野田式エリオット波動とは!?


【限定公開】
⇒  https://fxdojo.online/refree/elliot/

(14時限目までの内容はWEBページ上に
あります)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





==============================

以上です!!



それでこのエリオット波動は私ゆうからも

野田さんにぜひ今回の無料FX道場で扱ってほしいと

お願いした部分なんですけど

(野田さん改めてありがとう!)



この波動分析ってもう動画なりを

見ていただいた人は

お気づきかと思いますが


「予測するためのものじゃない」んですね。



たぶん初心者とか素人の人は

「え??予測するために色々ラインとか波動分析するんでしょ」

とか思うんですけど


それはかなり大声で「ブー外れです」

と言いたいくらいでして



実は予測するためのものじゃないんです。


ちなみになぜエリオット波動は密かに億トレーダーたちが

沢山使ってるのか??


と言いますと、これは「シナリオが描きやすくなる」

んですね。


野田さんもそういうことおっしゃってますよね!?



⇒  https://fxdojo.online/refree/elliot/




すなわち相場も経済も予測不可能なんですけど

だからもっと経済学の話をすると


シカゴ大学のロバート・ルーカスの

合理的期待仮説(予測)は嘘だ、


と言う話なんだな、と分かる人は分かるでしょうが


結局予測なんてできないわけですね。


予測する、という言葉が天気予報なんかもそうなんだけど

それが私たちの社会に浸透するきっかけとして

出てきたのが丁度ロバートルーカスがノーベル賞を

受賞した前後だったものだけど


実はアベノミクスなんかもその後ろの理論は

経済は予測できるのだというトンでもな考え方が

出てきてるんです。


が、人々の生活は豊かになっただろうか??

と言う話ですね。



実際は「世の中そんなに甘くない、現実は厳しい」

ってのが私たちが見ている世界であって、


だから予測とか予知とかそんなものはできないで

「人間ってのはその状況にシナリオ描いて対応すること
しかできない」


ってのが正しい。


だから予測予測って言ってる人は実は

この合理的期待仮設というシカゴ大学のトンでも

教授の言論に洗脳されてるんだけど


そこに気づかないといけないですね。


それで野田さんはそれに洗脳されてませんから

「相場の予測は不可能だから仮説シナリオを立てて

なんとかそれに対応しよう」

としているわけで


そもそも「予測しよう」としている人たちと

全然スタンスが違うのが分かりますでしょうか??



それで実はこのエリオット波動も

「予測したい人たち」にとっては

「なんか根拠がない」とか「使えない」とか

言われているんだけど

(そして彼らは金持ちにはなれないのが事実ですよね)



実は私なんかは色々な方に投資を教わったけど

億超える人でこのエリオット波動使ってるひとは 

「めちゃくちゃ多い」です。



私は自分の人脈でもうこのエリオット波動の

重要性を理解したのだけど


世間だとそれが理解されていないわけですね。


世間ってのはすなわち「予測できる洗脳」に

かかってる人たちが形成する社会のことであるから。



それで、このエリオット波動なんですけども


予測ではなくて
~~~~~~~~~~~~~~~~~

「シナリオをイメージして作成する」のに大変役立つもの
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


なんです。




すなわち今が現時点で推進波動の3波に入るのか

もしくは3波の中にいるのか、ってのは


実際は当然後にならないとわかりませんよね?


けどここで ダウンタウンの番組じゃないですけど

「説」を立てることができまして



「これから3波が来る説」とか


「今は2波の中にいる説」みたいな感じで


説を立てることができるんですね。


すなわち仮説を立てる、みたいな考え方が良いです。


その値動き、チャートの形状、ライン(ゾーン)の

状況でいくつか説を立てられるんです。


それで「これから3波が来る説」で考えた場合

動画で見れば分かりますが


定義に沿いませんでしたらそこは

損きりできるわけですが


一方それが「これから3波が来る説」通りの

流れで動いていけばその説の中で、シナリオの中で

トレードを展開できるわけですね。



ちなみに野田さん以外にも億トレーダーの有名な方が

いらっしゃるんだけど


彼なんかもエリオット信者でして

特に「今は○○波の中にいる説」をよく言いますね。



えっと分かりづらい方に説明すると、

ダウンタウンの番組で「説を立てて立証していく」

という番組ありますよね!?


例えば


「先生のモノマネ、プロがやったら死ぬほど子供にウケる説」


とかありましたが


それがウケるかどうか、実際に試してみて

説立証できるかどうか??


ってのをやってますよね??



たぶんネット上に動画あるから水曜日のダウンタウンは

見てみると良いでしょう。


あの「○○説」って考え方は実験思考であり
検証思考であり

実は結構大事な思考です。


それで、実は考え方はこの水曜日のダウンタウンの

「○○説」の考え方に似ているのだけど


「下降トレンドラインゾーンが破られて

今からリターンムーブつけて、これから

3波に入っていく説」


みたいに「説」を立てて、それで

説=シナリオ通り進んでいるようでしたら


3波はとても大きな動きなので利益取っていくし


逆に説立証ならず、となったら


そこで損きりで逃げる、というトレードプランとかを

例の一つですけど作り上げることができるわけです。



だから「予想予測していない」んですね。


これは水曜日のダウンタウンでも

「○○説」は立てるけどそうなるかどうかは

予測しないで実際の現実にあわせて説立証できるかどうか


やってますが


この野田さんのシナリオを立てるっていうのは

すなわちダウンタウンのあの番組と

考え方としては似ているんです。


すげー分かりやすい説明じゃないか?と勝手に思ってますが

分かりましたかね?




⇒  https://fxdojo.online/refree/elliot/





それで3波を取る場合なんですけど

もしシナリオとして3波を取る場合は


<3>3波が最も短い波になることはない


ということですから


やはり裏を返せば結構伸びる可能性が高いんです。

絶対じゃないですけども。


だからそういう想定で分割決済で

あまり伸びない前提で半分利益確定、

伸びる前提で半分利益確定みたいにしても


それはそれでプランとしてはありですよね。

(この際にはプロはフィボナッチ比率を参考にする

傾向が高いですね。

ただ野田さんの場合、トレンドラインゾーンだけで

全部できちゃう、ってのもあります。


だからトレンドラインゾーンのポイントとフィボナッチ数列は

奇妙に大体一致します。面白いですよね)



逆に3波説が立証ならずとなったら

すなわち定義が崩れましたら


そこで「3波説で入ったけどそうじゃなかったら

損きり」としてもこれは結構損きり幅は

小さくなるわけですね。


すなわちそこでやってるとわかるんですけど


リスクリワード比率も1:2とか1:3を

担保しながら、


そこで勝率が高いトレードというのが作れるように

なってくるわけです。



なのでエリオット波動は予想とか予測するんじゃなくて

あくまでもシナリオ想定するために使うんですけど


上記のように「説」を立ててそれで

そのエリオット波動の定義通りに進むか否かみたいな

感じで シナリオを大変楽に立てられるように

なるわけですね!!



それで前に話したダウ理論とか、ゾーンライン分析なんかを

使ってより精細なシナリオが立てられるようになりますから


当然成績が向上する可能性が飛躍的に上昇するわけです。


このエリオット波動を使って

今まで「予測じゃなくてシナリオ作成するんです」の意味が

分からなかった人も


「体感で」それが分かるようになるわけですね!!



たぶん今回の無料FX道場で最も多くの人が分からない言葉が


「予測・予想するんじゃなくて

投資家はシナリオを作成してそれに対応していく仕事だ」


という文章だと思うんですけど


まさにこのエリオット波動が分かればそれが

分かってくるわけです。



「なーるほど!そういうことか!」と。



だからエリオット波動なんかの知識はその投資家さんが

一歩先の水準に行くために大変役立つんですね!!



ということでレベルがかなり上がってきましたが

ぜひこの動画見てみてくださいね~



本当にあなたのこれからの投資とかの

考え方に大きな影響を与えて


人生が徐々に前に進んで行く可能性を秘めている動画なんです!!










☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


※14時限目※【実践編】
ヤバイ!
「知らないことは恐ろしい」衝撃の原理原則 
野田式エリオット波動とは!?


【限定公開】
⇒  https://fxdojo.online/refree/elliot/


【PDFはこちら】
⇒  https://fxdojo.online/cont/elliot.pdf
pass: Fibo Elliot
※間に半角スペース有り


(14時限目までの内容はWEBページ上に
あります)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★








追伸・・・それで私たち人間の

「生きる力」

とは何でしょう??



それはやはり上に書いたけど

予測できることではなくて


「何が起こってもそこに対処、対応できる能力」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のことなんです!!




日本では自殺者が多いのが大変問題になっておりますね。


年間3万人は下がってきたとは言われてますが

実際の自殺者は行方不明者とか変死や病死に含まれていますから

(実際に親族が自殺すると警察に

「病死ということにしておきますか?」

と聞かれます。)



実際はもっと数は多いはずなんです。



それでこの自殺もやはりその個人個人の考え方が

影響してると思いまして



例えば「予測、予想」を知らず知らずに常に行っている人

というのは何か事象が起きたときの対応力がないことが

多いですから


そこで脳みそや体が疲れ切ってしまって不幸なことになってしまう

ケースというのは多いと私は考えます。



しかしそれぞれの個人が

「これから何が起こるかは私たち人類には

誰もわからない。


だから何が起きても対応できるように準備して

強くなっていこう」



という考え方にシフトした場合、


そこでは成長がその個人におきますね。


例えば新型コロナ騒動でアフターコロナという言葉がよく使われたけど

予測や予知はあまり意味がないけど


「アフターコロナでもなんとか生き残れる強さを身に着けるぞ」

という人は、


きっとこれからもなんとか幸せをつかむわけですよね。


成長していれば

ウイルス問題が起きようが、大地震が起きようが

第2のリーマンショックが起きようが、

宇宙人が襲来しようが、


とりあえずなんとかなるわけです。

(書いていて思いましたが宇宙人が襲来したらさすがに

どうなるか分かりませんが・・・笑

がその上のことくらいはなんとかなりそうです)




そして幸せの重要な要素として「成長実感」ってのが

あるんですよ。



だからその個人は大変でもなんとかそこで

生き残れるという部分があるのだ、と私ゆうは考えます。


ちなみに私ゆうも投資やビジネス以外にも

普段マレーシアでは英語とちょっと中国語

また現在このメルマガ書いてるのは韓国のカフェですが

韓国語を学んでるわけですが


そこで何が将来起こるかは分かりませんから

そこで生きる人生の対応力をつけるために

生きる力、をつけているんです。



すなわち予想予測なんぞできない、だから

何がきても対応できるように準備しておく


っていう考え方になるとその個人個人は

強く生きられる可能性が高くなるのだと思います。


そういう意味でFXとか株とか相場を勉強するのは

実は人生に通じるすごい良い勉強になるんです!



単純に「自分の器を大きくするためにお金稼ぎの

投資やビジネスを学ぼう」っていう考え方ですね、


これが実は一番最強だったりします。


それでは!







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


※14時限目※【実践編】
ヤバイ!
「知らないことは恐ろしい」衝撃の原理原則 
野田式エリオット波動とは!?


【限定公開】
⇒  https://fxdojo.online/refree/elliot/


【PDFはこちら】
⇒  https://fxdojo.online/cont/elliot.pdf
pass: Fibo Elliot
※間に半角スペース有り


(14時限目までの内容はWEBページ上に
あります)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





追伸2・・・ちなみに お金を稼ぐ勉強って

最近は結構してる人が他所でも増えてきました。


けどおそらく大多数はやっぱり稼げないで終わってしまう

というのがこの世の中の厳しさ、なんです。


なぜでしょうか?


そう、それは「お金を稼ぐのを目的としているから」

ですね!


やっぱりお金って最近だとデジタルであるし、

またジャブジャブに刷られている、そんなものでありますが

それを目的にしちゃうと・・・


そうずばり継続できない、って問題が起こります。


すなわち大多数の人間の性質として、

高級車に乗るとか、高層マンションに住むなんてのは

なかなか長い学びの動機にはならないんですね。


じゃあどうするか?なんですが

そう


「自分の器を広げるために投資やビジネスの勉強をしよう」


っていう考え方が最も大事なんです。


それで不思議とこれを長くやってると


欲しければ(もしくは税関係のあれこれの理由で)

高級車とか高層マンションなんてのはいつでも買える

もしくは保有してる状態に

結果としてはなるんですね。


お金を稼ぐを第1目的とするとお金は稼ぎづらい、

っていうこの人間の心理の面白さがあります。


ただ「あなたの器を広げるために市場を学ぶ」

っていう考え方だと もう長期間で強いですから


勝手に負けないで稼げるようになって

資産増えてくる体質に変わりますから、


是非その考え方を持って学んでみてくださいね!!





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


※14時限目※【実践編】
ヤバイ!
「知らないことは恐ろしい」衝撃の原理原則 
野田式エリオット波動とは!?


【限定公開】
⇒  https://fxdojo.online/refree/elliot/


【PDFはこちら】
⇒  https://fxdojo.online/cont/elliot.pdf
pass: Fibo Elliot
※間に半角スペース有り


(14時限目までの内容はWEBページ上に
あります)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください