無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【ブラジル大統領が「経済再開するぞ!コロナには7割はかかるけどな」と 発言した真意について考える!】

2020 4月 24 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【ブラジル大統領が「経済再開するぞ!コロナには7割はかかるけどな」と
発言した真意について考える!】
⇒編集後記で

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




【無料FX道場11時限目】を公開します!

【実践編】「ゾーン」からシナリオを考えよう!
⇒  https://fxdojo.online/refree/plan/

(今までの道場内容や動画やPDFはパソコンだと
右のリンク、

スマフォだと一番下にリンクまとまってます!)


【もっと理解が深まる!?】対談音声3本目!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/taidan3/
(音出ます♪スマフォでも聞けます♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





どうもゆうです!

おはようございます。



さてさて、この前ですが


アメリカで「反ロックダウン、反首都封鎖、反自粛」の


「本当の自由を重視する」

アメリカ人の保守派たちのデモが拡大してることを

メルマガで扱ったのですがすごい反響でした。


【動画】アメリカで大規模な
「反・首都封鎖 反ロックダウンデモ」がついに起こりだしました

⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2375#2375


ちなみに私は今日検索していて気づいたのですが

日本語だと、この前扱ったアメリカ人たちのこの数日の


首都封鎖に抗議するデモって全然

ユーチューブなりでも検索に出てこないのですね。


それらのワードで検索すると

「自粛しましょう~」みたいな間逆の動画が表示される

のが日本語の検索の状態となってまして


もう情報統制が日本語で進んでるのを強烈に感じました。


それで実はこの2日くらいでさらに上の

アメリカの「反ロックダウン、反首都封鎖デモ」は

拡大しておりまして


この前扱ったのはミシガンのデモでしたが

もうこの2日で

 ネバダ州、カリフォルニア州、ペンシルベニア州でも

この 反首都封鎖デモが拡大してます。


アメリカ ネバダ州でもデモ
⇒  https://youtu.be/lS5ATTf4c9w

カリフォルニア州でも
⇒  https://youtu.be/EN_5vI395EY

ペンシルベニア州でも
⇒  https://youtu.be/sruvqEXJ1TY



それでもう大多数のデモ参加者は私なんかもそうですが

トランプ支持者なんですが

(オハイオ、テキサスでも今日、大規模デモが起こってます)


もうここで自由を求める真正保守の

アメリカ人の本領発揮されてますよね。


もう多くのデモ参加者が

「行政権からの自由=FREEDOMフリーダム LIBERTYリバティ」


という文字をプレートに掲げてますが


上のネバダ州のおじさんとかはもう筋金入りで

彼なんかは


「俺らアメリカは社会主義でも共産主義でも
ファシズムでもねえ、

立憲主義の共和国だ!」


と大声で主張してますが


今回の新型コロナを 上級国民エスタブが主導して

それを口実として 私権制限をかけてるのに

本当のアメリカ人保守派たちが命をかけて抗議してると。


最初ミシガンでこのデモは数日前に開始されたけど

どんどんそれが各州に「点火」されており

ここで本当の 自由主義+民主主義を世界で初めて合体させて


近代デモクラシーを確立したアメリカの底力が発揮されてます。


それでそう・・・そんなアメリカに負けないで

これまた 首都封鎖に対して声を大統領があげてる国があり


そうそれが「ブラジル」ですね。

ボルソナーロ大統領が


「「経済再開するぞ!コロナには7割はかかるけどな。

コロナは単なる普通感冒である。」


と、本当のことを言ってしまい、そして世界中の「自称リベラルの

本当は単なる共産主義の左派メディア」に一斉攻撃を食らってます。


が、実はこのブラジルの情勢について今日は

説明しますけど


この「ブラジルの情勢」を見ると

「一体どういう勢力が ロックダウンや首都封鎖を主張しており

一体それに対してどういう人たちが経済再開を求めてるか」


が全部、分かるのです!


まあ私がこの2ヶ月書いてきた思想対立が

完全に証明されるのだけど。


そしてこの辺の首都封鎖、ロックダウン、日本だと自粛ですが

それに対しての 思想対立を明らかにするのは

すさまじく意味があることなので


今日は憲法21条言論表現の自由を持って

編集後記に書いていきます。


日本の東大出身の左派官僚たちを背後にしたマスコミたちは

故意に重要な視点、見かたを民衆に隠している。


全部 思想分析ができる私が暴露します。


編集後記で!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【無料FX道場11時限目の解説!】
予想や予測じゃなく「負けないシナリオ」を作成しよう】


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




さてさて、この前ですが11時限目の動画を

流し始めております!!


今までの10時限目はあくまで基礎ではありましたが

これから11時限目以降はどんどん

中級、発展の内容になっていきますが


基礎~11時限目以降をガッツリ学ぶことで

あなたもどんどん実力がアップしていくことでしょう。

逆に「世の中の人は何も勉強せずにFXとか株やってる・・・」

なんてこともわかって来ちゃうかもしれません。


そこであなたは基礎が身についてるので

これから「数年間、数十年間」で相当強くなれると私は思います!



そして

ずばり今まで「ゾーンの取り方、考え方」などを

学んでいただきましたが


さらにそこから今回の11時限目は

「シナリオを作成する」という

ことについて学べます!



予想や予測じゃなく

「シナリオ」を作っていくのが金持ちへの登竜門ですね!


【実践編】「ゾーン」からシナリオを考えよう!
⇒  https://fxdojo.online/refree/plan/



それで、この「シナリオを作成する」ということこそが

もっともトレーダーおよび長期の投資家にとって重要なことなんですけども


これについては対談音声なんかを聞いても

また色々と学べる点があると思いますので



特に対談音声なんかは移動しながら、

電車に乗りながら、寝る前など・・・


色々なシーンで聞いていただけると思いますので

ぜひ対談音声も聞いてみてくださいね~




また対談音声3本目はこちらです

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声3本目】をついに公開!!



直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/taidan3/

(スマートフォンでも聞けます♪)




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




【今までの音声はこちらです】

↓↓

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声1本目】をついに公開!!


直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/taidan1/
(スマートフォンでも聞けます♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声2本目】をついに公開!!



直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/taidan2/

(スマートフォンでも聞けます♪)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






さて、それでこの野田さんの動画ですが


初っ端から「ゾーンを引いてシナリオを作成していく」

ということをおっしゃってますが、



これこそが大事なんですね。


ちなみに私はこの前日本に帰国したときに

野田さんと色々

音声など録音する前後にもトレードの話していたのですが



この「予測予想しない」ってのはやはり


すごい彼も言われてまして、私も予測とか予想しないんですけど

これはとても大事な考え方です。





それで今回の主題の「シナリオを作成する」

ということと


「予想、予測しない」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ってことなんですけど


これすごい大事です。



ちなみにこの「相場とか未来は予想、予測できない」

っていうのは実は私はまた別のアキラさんという株式投資家が

いらっしゃってまあスゴイ人なんだけど


この人に学んだことですよね。

結局自分の今の利益ってこの考え方に担保されてるな~

と良く感じるのです。


これ実はまた別の億トレーダーの野田さんのおっしゃってること

とも共通してます。


【実践編】「ゾーン」からシナリオを考えよう!
⇒  https://fxdojo.online/refree/plan/


それでこれは実際にもう「未来、相場は予想・予測できない」

っていうのは実はずいぶん前に証明されてしまっているんですね。



だから例えばどんなにIQが高いAIが出てきても

IQ10000のAIが出てきても実のところ

100%の予測予想はできないわけです。


これが世界の面白いところでもありまして。


ちなみに私が聞いて知ってるのが実はこの「予想、予測」って

言葉がよく金融の世界で使われるようになったのって


株の取引を個人がやるようになって、確か証券会社かどっかが

言い出したのがきっかけだと。


それまではそもそも「予想、予測する」って考え方自体が

主流じゃなかったんだ、という話は以前その塾で聞いたことがあります。


これは意外に重要で今ってみんな「予測、予想」しようとするじゃないですか?



けどこれって近年のもので、この「予測」とか「予想」とか「予知」とか

ですね、これは実のところちょっとプロパガンダ性を持ってる言葉

なわけですね。


予測なんてできないのですから。


ただこの 予測とか予知とか予想とか、その辺の言葉を流行させて

そこで儲けたのが実際のところ金融にいる銀行家であったりとか

証券会社であるのだ、って話を私は以前聞いて知ってるんですね。


だから予測とか予知はしないわけです。


んで、やはりこれは稼いでる人ってどうもみんな共通なようで

稼いでるトレーダーは予測とか予知とかしないんです。






それでおそらく洗脳されてる人に「予測とか予知とかできないので

そんなのしても意味ないです」とか言うと


「何を言ってるのだ、相場は上に行くか下に行くか予想してなんぼだろ!」


なんていわれるとは思うんですね。


これはやはりけど洗脳されてるわけです。



じゃあ稼いでる投資家たち、例えば資産が数億円やら数十億円やら

ある人たちって野田さんみたく

実際にいるわけなんだけど

(※滅多なことでは表に出てこないので

彼らの考え方は知られていない)


彼らって上に行くか下に行くかみたいな予想、予測してるのか??


というと実はしてないんですね。



ただ彼らがしてることっていうのは相場をマッピングしまして

環境認識っていったりするけど環境を認識してですね、


そんで上に行っても下に行ってもどっちにいっても対応できるように

しているんです。



これを野田さんの今回の11時限目の動画で知ってほしい

わけですね。





【実践編】「ゾーン」からシナリオを考えよう!
⇒  https://fxdojo.online/refree/plan/






だから実際の話エントリーポイントが結構 大雑把な億トレーダー

というすごい人たちもいるんだけど

ただ彼らが優れるのがその後の


ポジションワークとか、両建てスキルとか、

それらの「臨機応変力」とか、「修正していく力」とかなんですね。



実のところ資産の多い人と小さい人、まあいるわけですが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どこで枝分かれしてしまっているのか??
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


というと実はこの辺なんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


資産が大きい億トレーダーみたいな人たちは対応力がやはり

高くて、臨機応変力が高いわけですね。



なぜか??


っていうと、


「あらかじめ相場は予想できないものだと知ってるから」


です。


たぶん多くの人は「どうやって相場が上に行くか下に行くか

予想しようとしている」のだけど


それは無理なわけです。



だから億トレーダーとかの金持ちトレーダーはそもそも予想事態を

していないというか


せいぜいチャート上でマッピングとか言いますけど

シナリオ構成をして、そしてそのシナリオや仮説通りいく場合、

いかない場合、あるわけですが


そこで「対応できる臨機応変力、修正力」に長けているから

金持ちになるわけです。


それで「じゃあシナリオを作成しているのか??」


というとそれが実はこの11時限目の動画の

「本当の意味」でして、



この11時限目の動画のように


野田さんは まずゾーンを上下2つに取って


そしてそこで「未来のシナリオを複数」作成されてる

わけですね~




【実践編】「ゾーン」からシナリオを考えよう!
⇒  https://fxdojo.online/refree/plan/









============編集後記=============

さてさて、今日はずばり

「ブラジル大統領のボルソローナ大統領」について扱います!


そう彼なんかは今「自称リベラルの本当は単なる共産主義の左派メディア」

に世界中でバッシングされているわけですが


それこそ この前

「経済再開するぞ!コロナには7割はかかるけどな」

ということを 公に発言して


それで大問題?になりました。


ただ実はこのBRICSのこれからの南米の大国の一つである

ブラジルのこの動きってのが


すさまじく大事でして


このブラジルの「ボルソローナ首相を支持するか」

「ロックダウンを支持する州政府を支持するか」


みたいなところで

一気に「思想対立」がブラジルで明白になってきたんですね。



それでまず最初に書くと、

日本でも緊急事態宣言となって

こう 官僚、メディア側の人たちが「自粛しましょう~家にいましょう~」

とかやってるわけですが


ブラジルではもう

「エスタブ官僚たち(上級国民)=外出制限、自粛、首都封鎖を支持する」


「一般の上級国民でもない市民たち、すなわち保守派が

=大して新型コロナはインフルエンザと比べても死んでいないんだし

マスコミが騒ぎすぎだ。早く経済を再開しろ、という主張をしてる」


という構造が鮮明になってきてるわけですね。


だからはっきり言ってしまうと

共産主義支持の左派=首都封鎖、ロックダウン支持


(近代デモクラシー)および資本主義支持の保守

=経済再開を支持


という構図が明確に出てきてるわけです。


これが明確になったのがブラジルの政治分析では

大変重要なことなんですね。



それで、まずブラジル情勢を簡単に説明したいと思うのですが

まずブラジルのボルソローナ大統領は極右とか保守とか言われてますが

彼が


「自粛政策反対デモ」なんかも支持した。


これ日本のマスコミは流したがらない映像ですが

ガーディアンは流してました。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【動画】ボルソローナ大統領が 反自粛、反首都封鎖デモに参加し応援!
⇒  https://youtu.be/jNIbMHWUyfs


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



それで今や アメリカのトランプ大統領、

ブラジルのボルソローナ大統領

あとは日本の安倍首相


なんかがまさに世界の左派メディアに一斉に集中攻撃されてる

わけですが


もはやボルソローナ大統領は「狂人」とも言われてます。



それでなぜこのブラジルをめぐる政局が混乱してるか?

ってことなんだけど


まず ボルソナーロ大統領は

「新型コロナを口実とした」経済自粛政策は反対であり

そしてそれらをブラジルの州政府が勝手に行ってるのですが


それに対して強烈な批判をしているわけです。


ブラジルのボルソローナ大統領は「南米のトランプ」とか

極右とか色々言われてるんだけども


ここで今回のコロナ騒動でも「新型コロナは単なる風邪のようなものだ」

という 左派エスタブの息のかかったメディアにとっては

一番言われたくないことを言ったわけであって


そしてここで州政府が行って民衆を苦しめてる

クアレンテーナ(外出禁止令)を強烈に批判したわけですね。



それでボルソローナ大統領はそもそも去年の大統領選挙において

「ブラジルの経済を再生させるぞ」という公約のもと

大統領になったわけでして



彼からしたら 「官僚の言うとおりに動く州政府」がいくら

ロックダウン、首都封鎖を言っても



そもそも新型コロナでは例年のインフルエンザほど人は死んでいない

ですから


そこでそれに応じないわけですね。


それでボルソローナ大統領が重視してるのが

そうアメリカのトランプ支持派の保守派と同じで


「経済活動の「自由」」なのですが


そこで

「州政府の勝手なやり方で民衆の経済活動の自由が

侵害されるのはおかしなことである」


という主張なわけですね。


だから実は私ゆうがこの2ヶ月くらいに書いてきたことと

全く同じ主張ではあります。


それで一応新型コロナ自体は死者数自体は例年のインフルよりも

少ないわけですがそれでもボルソローナは「感染拡大とバランスしながら

経済再開すればよい」という主張なんですが



が、もうこれを 世界中の左派メディアたちは許せない、のですね。



左派メディアたちは

「俺らがせっかく世界共産主義革命を世界中の官僚同盟を使って

行っているのに


お前ボルソローナはそれの邪魔をするのか。

あのボルソローナは命より経済活動を優先させる

頭のおかしい大統領だ!」



と、やってるわけです。


ちなみに日本の安倍首相もこれは以前までのメルマガで書いたので

割愛しますが


世界でも有数の

「官僚たちの新型コロナによるショックドクトリン戦略に抵抗した」

首相であります。


これは本来官僚たちは 憲法の自由権を骨抜きにする

新規立法を3月時点で安倍にさせたかったけども


安倍含め自民の本当の保守派議員たちが


私権制限のできない新型インフル特措法に

「無理やり」新型コロナをぶち込んだのは

以前書いたとおりです。


今の緊急事態宣言ってのはその法律から来てます。


が、やはりそこで 

エスタブ上級国民がこれから体制変換に使うための


憲法を機能させなくするための

ロックダウンや首都封鎖ができなくなったわけでして


簡単に言うと「官僚激おこ」しちゃったわけで

だから安倍バッシングになってるんだけど


これは世界中でも安倍が今叩かれてる。


それで同じく、ブラジルのボルソローナ大統領も

叩かれてるわけですね。


それでブラジルのボルソローナ大統領は


「経済自粛は人々を貧しく飢餓状態にさせてしまう。

経済を再開しないといけない。

そもそも新型コロナの死者数ってそんな多くないのに

なぜここまで 左派メディアは扇動するのだ?」


という主張ですが


一方それに大して 左派メディア、エスタブ官僚の

主張の代弁者がそう

「州政府」なんです。


だから州政府が勝手に自粛、経済封鎖を行ってるのだけど

それをボルソローナ大統領が批判するという構図でして


これはそうなんですアメリカと全く一緒で

トランプ大統領がロックダウンを勝手にエスタブ官僚と

共同して進めていく州政府を批判しだしてますが


それと全く一緒なんですね。



だからこれは日本でも同じ構図になる可能性はあるけど

中央政府国会に対して 地方議会っていう官僚たちの犬が沢山いる

場所があるけど


この中央と地方の対立ってのが日本でもひょっとしたら

出てくるかもしれない。


ちなみに世界各国の官僚からしたら

中央政府を攻略するよりも地方、州政府を攻略するほうが

簡単であるから


州政府には官僚の傀儡が多い傾向がある。


それでブラジルでは州政府がクアレンテーナ(外出禁止令)を行って

自粛政策を行ってますが



ここでブラジルの経済の中心部がサンパウロですが

このサンパウロ州知事のドリアってやつがいて

こいつがひどい知事なんですね。


もう官僚の言うとおりにサンパウロ州にロックダウンをかけて

サンパウロの人たちが自由に経済活動をできないように

したんだけど


ここでブラジル経済の30%を占めるサンパウロの経済が

止まった。


それでこのサンパウロのドリアって知事がとんでもない人間で

当初は ボルソローナ大統領を支持していたんですが


今回の新型コロナ騒動が起きたら一転して

「エスタブ官僚の犬としての本性」を見せまして


そこで 一転してボルソローナ大統領批判に転じた。


それでこのサンパウロのドリア知事は自粛政策はしてるけど

その経済補償をブラジル中央政府にさせようとしてるわけで

これに賛同しないブラジル人たちも多くなってきてるわけですね。


多くのブラジルの保守派からしたらまさに

上級国民、エスタブ官僚の犬に見えている。



それでここでマンデッタ保健相というのがいたのだけど

彼は当然 日本の厚労省なんかと同じで

世界官僚同盟の「健康ファシズム部隊」であるから



ここでロックダウン支持派なんですね。



が、ここでこのマンデッタ保健相は

その強固な経済封鎖を支持する姿勢によって

ボルソローナ大統領に解任されまして


後任は医師のネルソン氏が保健相となった。


このネルソン氏は自粛政策は一応支持してる人だけど

おそらくボルソローナ大統領の経済再開を本音では支持してる人でしょう。



それで近代国家における三権分立と言った場合

行政と立法と司法がありまして


これは「暴走する行政を縛り付けるために」

立法と司法があるというのが


近代デモクラシーの公理なんですが


(日本の官僚が検閲してる教科書における

「三権が互いに監視してる」は意図された間違いです。


実際は「行政官僚たち」を監視するために立法、司法がある

というのが近代デモクラシーの基礎です。


すなわち日本では教科書レベルで嘘が書かれてます)


ここでブラジルでは日本と同じくですが

「行政が裁判所も牛耳ってるため三権分立が機能しておらず」

なんですね。



だからこの前最高裁判所までもが

「行政、州政府の行ってる経済自粛政策は支持する!」

とやってしまった。



大統領には本来、州政府が勝手に行う外出禁止令を

解除する権限がブラジルではあるのですが


ここで「行政に飼われた裁判所」の

アレッサンドレ最高裁判事が

「ボルソローナ大統領がロックダウン、首都封鎖を阻止するような

言動を禁止する」


という司法判断を出した。


ここでボルソローナ大統領が州政府のロックダウン解除できる

権限が奪われたわけですね。



それで行政官僚たちってのは日本も同じく

裁判所だけではなくマスコミも牛耳ってますが


ブラジルのマスコミたちも官僚たちエスタブに支配されてますから

そこでブラジルのメディアは「反ボルソローナ」なわけでして


これはアメリカの主流メディアCNNなどが

「反トランプ」なのと一緒です。



ただもうブラジルの多くの人もそのおかしさに気づいており

そして多くはこれ本来は保守ですからね


そこで「右は経済再開を主張する大統領を支持して

左はロックダウンを主張する官僚側の州政府を支持する」


という構図が明白になってきたわけです。



それでもう多くのブラジル人たちが経済をストップされており

そこで困窮してきておりますが


そこで「私達は働きたい」というデモになってるわけですね。


ここで自粛政策に反対する保守派による

大規模デモがブラジルでも起こってるわけで


そこでボルソローナ大統領がまるでトランプ大統領と同じように

そのデモを支持した。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【動画】ボルソローナ大統領が 反自粛、反首都封鎖デモに参加し応援!
⇒  https://youtu.be/jNIbMHWUyfs


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



ということでもうブラジルなんかでは

この「ロックダウン、首都封鎖」については


「思想対立が明確」になっておりまして


「エスタブ側⇒ロックダウン、首都封鎖支持」
(新型コロナの恐怖を誇張する傾向)


「一般民衆⇒経済再開支持」
(新型コロナではそもそも例年のインフルエンザと比べて
大して死んでないというファクトを重視する傾向)



となってるわけですね。


それでこれはさらにもう一つ抽象化すると

イデオロギー対立となってまして



「エスタブ側⇒世界共産主義革命をしたい。

ベーシックインカムみたいな一律社会保障をやってみたい。

共産主義だから自由市場はいらない。自由な商売もいらない。

全部統制したい。


商品は配給制。


企業体は官僚と癒着してる大企業だけ生き残ればよい」


となってまして


一方

「保守の民衆側⇒商売、営業の自由が保障されて

自由に経済活動できることのほうが大事だ。


自由を担保した上でその上で自由市場における

資本主義を進めるのが大事だ。


経済の主体は中小事業者だ。中小事業者が元気でなくてはならない」


という考え方ですよね。


それでボルソローナ大統領は後者の保守側である

ということです。


だからもうここでさらに大雑把にいうと


左派⇒首都封鎖(ロックダウン)支持

右派⇒経済再開支持


という構図が明確になってるというのが

ブラジルの分析として重要な点ですね。



それでこれは各国でも同じで

日本でも 「自由を自称する左派メディア」たちが

ロックダウンを求めて、


なおかつ息のかかったユーチューバーとかに

「自粛しましょう~動画」なりを出させたり

工作活動をしてるわけですが



一方 本当の保守的な 

「今までの自由主義と民主主義を重視して

資本主義でいいんだよ」という人たちが


日本ではこう江ノ島に遊びに行ったりお花見したりしてる

わけですね。


だからもうこの思想対立が

ロックダウン、首都封鎖において

分析できてると全部今起こってることが見えてきますね。




それでまたアメリカ情勢に戻りたいけど

もうアメリカは4月20日以降、

どんどん「反首都封鎖デモが拡大中」なわけです。





アメリカ ネバダ州でもデモ
⇒  https://youtu.be/lS5ATTf4c9w

カリフォルニア州でも
⇒  https://youtu.be/EN_5vI395EY

ペンシルベニア州でも
⇒  https://youtu.be/sruvqEXJ1TY



☆日本のマスコミは流さない市民映像1


⇒  https://youtu.be/YkTfzduySTQ


☆日本のマスコミは流さない市民映像2(長編版)

⇒  https://youtu.be/hMBw40ubbEI




ここで自由=FREEDOM LIBERTYを求めるアメリカ人の

トランプ支持の保守派たちが


すごい勢いでブラジルの民衆と連動してるかのように

デモを拡大させてますね。


それでこのデモの規模は?というと動画見るのが一番早いですが

もうかなり大規模ですよね?


これがどんどん

「自由の国、アメリカ」では拡大しているわけですね!

そしてそれはブラジルでも拡大してるわけです。


それで実は今回これらを扱いたかったのが

「本当の保守って何だろう?」ってのを


多くの読者に知って欲しかったからなんだけど


「アメリカの本当の真正保守主義者たち」

がまさに「反首都封鎖デモ」をしてるわけですが


彼らが主張してるのが


「私たちの合衆国憲法で定められてる

自由を新型コロナ口実に奪い取るな!」

なわけですね。


それでこれはブラジルの保守派の主張も同じなのですが

そうそれはすなわち


「憲法にある営業の自由、商売の自由を

政府が新型コロナ騒動を扇動して奪い取るな!」


という主張になってるわけです。


そう、これは私がメルマガで書いてることだけど

日本で言えば


「憲法22条1項で職業選択の自由で

保障されるとされる営業の自由を勝手に

官僚たちが奪い取るな!!」


という主張になるわけです。


だから日本語で言うと護憲派ということになるわけですね。


ここで日本の多くの「政治思想を学んでいない人たちは混乱」

することになるわけです。


ってのは日本では 憲法守ろう~ってのは

左派?だと思い込んでる人があまりにも多いわけですね。


が、アメリカやブラジルでは「憲法守れ」と主張してるのは

これ「保守派」なんです。



そう、実はアメリカとかブラジルの保守が

本当の意味の「世界でいう保守派」なんです。



ここを理解しないと世界で起こってること、および

自国日本で起こってることも理解できない、のですね。



ちなみにこれは丁寧に説明しますが

おそらく日本の「ちょっと政治に興味を持ち出した

学問で政治学を学んでおらず

ネットで政治を学んだつもりになってる層」ってのは


「保守とは反中、反韓のことで

そして GHQの作った憲法を批判して大日本帝国憲法に戻ることを

良しとするのが保守だ、という勘違い」


をしてるわけですね。


いわゆる「ネットウヨ」と呼ばれる人たちがこれです。

そしてこれに洗脳されてる世代が大体日本では

30代~50代あたりで


彼らが 正直 痛いのが「自分は保守だという強烈な勘違い」

をしてるわけですね。


例えば在特会ってのが結構ギャグセンス高いですが

私は保守です、とか以前名乗ってたものですが


世界の英語圏の政治思想を理解してる人間からしたら

結構強烈なギャグでして


「いやいや、あんたは戦前の日本の体制を肯定してる

ってことは国家社会主義だろう?


日本の戦前は国家が企業を持ち社会統制、金融統制を

していたけどそれは社会主義であって


社会主義というのは「左」だよ?大丈夫かね君は。

君は保守を自称してるけど思想は立派な社会主義者の左翼だよ」


といわれるレベルです。



そう実は彼ら国家社会主義のネットウヨたちの

「究極の世論扇動目的」があり


それが「保守を日本人に理解させない」ということであった

と私は暴露します。


そしてネットウヨたちが官僚たちの味方であるのは

ご存知の通りですが


こうやって「日本に本来の保守を誕生させないという

世論扇動工作」が戦後の官僚機構の最重要な課題であった。


だから戦前では例えば共産主義者たちが

こう「お前は左翼だ~」とか言われて弾圧されていただろうけど


それを見て「じゃあ戦前の体制は保守なのだ、という勘違い」

をしそうですが


実際は違って戦前の体制は私は一言で説明しますが


「共産主義の左派とそして 

保守を自称する国家社会主義の本当は

左派同士の内ゲバ」


が戦前の日本の体制だったんですね。


ここで本当の意味のアメリカなどにおける

「本当の保守思想」は日本で誕生しなくなったわけです。



それで実はこの「本当の保守思想をねじまげるために」

日本の言論界は大きく工作されまして


そこで「変な言葉」が出てきた。


それが国家社会主義たちが攻撃するのが主に

共産党なり社民党なり立憲民主党なりの左派なんだけど


がなぜか左派の彼らは「左派リベラル」みたいな言葉を

使うわけです。



たぶん多くの人は「左派リベラル」って言葉を

ある程度の知識人は特に、当たり前に使ってるかと思う。



が、私なんかは普段英語で生活してたりするけど

だから欧米人とも政治議論を普通に英語でできるんだけど


そういう人からしたら「異常」なんですよ。


どういうことか?っていうと

これはよく書くけど


「左派リベラル」っていう言葉は

それは

「おっさん美人」みたいな言葉なんです。



「おっさん美人」って両立しませんよね?


それと同じで「左派でリベラル(自由主義?)」

ってのはこれ両立しないのであります。


もうこれをしっかり見破る次世代の言論が必要となる。

それでどういうことか?というと


自由と平等は両立しない、という一言で私は

パッと説明できちゃいますが


要するに「左派」と言った場合、それは

多かれ少なかれ 社会主義もしくは次ぎの段階といわれる

共産主義を支持してるわけです。マルクス主義ですね。


それは「平等主義」でもある。

共産主義とは平等主義がもっとも重要な要諦だ。


が、これは日本人であればみんな分かりますが

「平等であるべきところに自由なんぞ生まれませんよね?」

ってことです。


例えば学校や会社で日本人はみな経験してるだろうけど

「みんな一緒であるべきだ」という価値観が強くて


これははっきり言うと共産主義の価値観=平等思想なんだけども


そこで「自分が何か突出した成果を出したとか違うことを主張したら」

そこで「ボコボコに叩かれる」のが日本社会ですね?


「出る杭は叩かれる」という言葉がありますが

この「出る杭は叩かれて同じ高さに調整される」のが平等主義の

共産主義です。


ここにさあ自由はありますか?


実のところ、だから「自由と平等は対立するのである」。


PDFレポート【「私たちが洗脳されてきた平等思想は謀略概念である」
ということについて考える!】
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ontrol.pdf



だからここで「左派」と言った場合

そこでは共産主義とか社会主義で大きな政府を主張して

「国家が全部国民の面倒見ますよ~」の世界になるんだけど



ここに「自由は両立しない」のですね。


だから本来、厳密な意味で「左派とリベラルは両立しない」

わけです。



例えば今回の新型コロナのロックダウンを求めてるのが

「左派で自称リベラルのマスメディアたちと官僚たち」

ですが


「じゃあそのロックダウンに営業の自由や集会の自由などはあるのか」

ですが


どう見ても自由を放棄してます。


だから左派リベラルってのは嘘の自由主義、嘘のリベラルでありますが

もうこれを公言しても良い時代だ。


だから左派は左派であって 

共産主義支持であってリベラルとか自由主義はそこにはない

のですね。


例えば共産主義では警察国家というのが当たり前で

警察が全部市民の生活を見張るんだけども


そこに自由はありますでしょうか?


ただこれ面白いことにネットウヨという

国家社会主義者たちは「警察がもっと気軽に強制的に職質できるように

するべきだ」


とか言いますが、


それはだからやっぱり 共産主義とか社会主義の主張で

世界的には左の主張なんです。


が、面白いのがギャグっぽいのが

この単なる国家社会主義者たちが「自分は保守だという主張」

をしてきたのが日本ですね。


こうやって官僚たちが背後で思想解体ってのを行ってきたんですね。

全部見破ります。




さあ、じゃあ「本当の世界で言われる保守って何よ?」

ですが


これはだからアメリカのこの首都封鎖に反対する

人たちの姿なんですよ。




アメリカ ネバダ州でもデモ
⇒  https://youtu.be/lS5ATTf4c9w

カリフォルニア州でも
⇒  https://youtu.be/EN_5vI395EY

ペンシルベニア州でも
⇒  https://youtu.be/sruvqEXJ1TY



この人たちはトランプ支持者たちが大半ですが

とにかく重要なのが


「多くの人がFREEDOM LIBERTY という

自由を重視してる」


わけですね。



ちなみにアメリカという国は必ず政治学を学んでる人間が

学ぶ国です。


私の場合早稲田の政経政治学科で政治学を専攻してますが

そこでは「アメリカの自由主義」ってのは必ず学ぶのですよ。


なぜか?


そう「近代国家」と言った場合なのですが

近代国家においては近代のデモクラシー、


よく私が書く「近代デモクラシー」というのが

その要諦として存在するわけですが


この近代デモクラシーは「単なる民主主義じゃない」のです。

実は民主主義なんかはアメリカが誕生する前からあったし、

逆に自由主義なんかもアメリカが誕生する前からあった。


「じゃあなぜアメリカがすごかったか?」という話なんだけど

それは


「人類史上初めて、

自由主義と民主主義を合体させたから」


なんです。


これはもしあなたが興味あったら小室直樹の

「日本未だ近代国家にあらず」を読んでみると良い。


ここに全部 小室直樹という日本が残した天才学者が

生前に書いている。


ここで「自由主義と民主主義を合体させることによって

怪物リバイアサンのような怪物行政官僚たちを


ゴリゴリに縛り付けること」


ができるようになったのがそう、アメリカという国で「あった。」

古き良きアメリカとはそれだ。



それで「自由主義」を馬鹿にする風潮が日本にはありますが

全てそれは左派がリベラル自由を名乗ってることから

起こされた現象ですが


実は「自由主義」があるから「資本主義」があるんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


というのは資本主義においては「自由市場」というのがありまして

そこで売り手と買い手が自由に取引するのですが


そこでは「自由」市場があるわけですが

この「自由」市場が確立するためにはどうしても


自由主義ってのが大事なんですね。


ここで国家がなんでもかんでも価格を統制したがるような

統制市場の社会主義では 自由市場ってのは成り立たないから


すなわち資本主義も成り立たない。


しかし自由主義があるからこそ、そこで自由市場が

成り立つわけであって


そして自由市場においては「私有財産権」ってのがあって

「私のものは私のもの、あなたのものはあなたのもの」

ってのがあるけど


そこで資本主義も初めて成り立つわけですね。


これが実は本当は「左派でリベラル自称する人たち」が一番

言われたくない本質です。

なぜなら左派は資本主義、嫌いですよね?


金持ちばかり批判する。


しかし「リベラルでそれが本当に自由主義と言う意味ならば」

当然経済活動の自由は認められるべきであるし


資本主義の自由市場は認められるべきであって

当然自由市場で稼いで金持ちになった人は認められるべきなんです。


が、そうじゃない。



だからここまで説明されると左派リベラルと言う人たちが

困る実態はあるんだけど


だから日本の左派リベラルってのは

本当は単なる左派=共産主義支持者であって

自由主義はそこには存在していないのですが


表向きそれを冠にしてるだけなんですね。


そう、だからアメリカでいう保守派ってのは本当は


「自由主義+民主主義の合わさった近代デモクラシーを支持して

なおかつそこで生じる資本主義を重視していく立場」


でありまして、


そこで「政府による社会統制は一切拒絶」するし

なおかつ「政府、官僚たちがもしその自由を脅かしたら

例えば 言論表現、集会の自由や

営業の自由を脅かしたら


銃を持って抵抗する」


とまで考えます。


この銃を持って抵抗するというのは

アメリカ合衆国憲法修正2条で


「抵抗権」と言いますが


ここで「規律ある民兵団」なるものを組織して

官僚たち行政が暴走したら自分たちも抵抗できるのだ

というのが自由の本家本元のアメリカの自由主義であり


これを重視するのが「本当の保守派」であるわけですね。


それが上の動画のデモしてる人たちです。


だから本来の保守派ってのは近代デモクラシーの要諦である

行政に好き勝手させないための自由主義を大変重視しますし



そして全てを統制化において警察国家に仕立て上げて

人民を支配しようとする共産主義には抵抗するわけです。


このデモの動画に出てくる

「本当の保守のおじさん」が言ってますが


アメリカ ネバダ州でもデモ
⇒  https://youtu.be/lS5ATTf4c9w




「俺らアメリカは社会主義でも共産主義でも
ファシズムでもねえ、

立憲主義の共和国だ!」

と言ってますが


だから立憲主義、すなわち憲法というのは

行政官僚を「がんじがらめにするためのもの」でありますが


それを重視してこの保守のおじさんは

立憲主義を大変重視しているのが分かります。


アメリカ人の保守派は大なり小なり上記のような教育を受けてますから

だからそこで今回のように新型コロナ騒動で


官僚たちが州政府を利用して私権制限をしてくるのは

断固として立ち向かうわけですね。


それでこの保守派の人たちってのは

ブラジルもそうなんだけど


主に「中小事業者の小さな経営者の

日本でいうと大阪にいそうな商店の小さな経営者の

おっさんおばはん」

で構成されるんです。


だからプラカード見ても

「美容院を再開させろ!飲食店を再開させろ!」

と かかれてたりするんだけど


ここで「合衆国憲法にある営業の自由を踏みにじるな!」

ってのがこの 本当の保守派たちの考え方なんです。


近代デモクラシーを重視して

資本主義を重視する


中小企業のおっさんたちのどっしりとした態度、

なおかつそこで過度な支出をせず質素倹約を続けて

なんとか利益を上げ続ける経営者の態度、


これが本当の意味の世界基準で言う

保守的ってことです。


だからトランプもブラジルのボルソローナ大統領も

中小事業者の経営者や個人事業主から支持されてるわけ

ですね。



だから本当の保守ってのは上記のような意味であって

憲法にある「行政官僚が自由に動けないようにするための

自由権を重視する」のであります。


日本人がこの事実に気づくまで

だから官僚たちの情報工作によって100年かかってる

ってことです。


そしてそれをアメリカで体現しようという人たちが

リバータリアンたちですね。


それでここで日本で「自称保守たちの言う保守は

保守でもなんでもない」と気づくでしょうが


例えば 彼ら「自称保守」は反中とか反韓を良く言いますが

それは単なる差別主義であって


それはもっと言うと国家社会主義のヒトラーがやった

優生思想に通じますから本当は左派思想に通じる。


だから本当の筋金入りの保守の人間はそれも認めませんが


トランプ大統領はちょっとここは脱線して差別主義の

国家社会主義の人らも味方にするために当初そういった発言を

繰り返した、というズル賢さはあるけど


それは安倍首相も昔それをやった。

(が最近はネットウヨ達が本当の保守に近づいてる安倍を
たたき出してる)


ただいずれにしても日本で保守を自称する人たちは

世界的には単なる ファシズム支持の左派であるってことですね。



それでこの辺がわかってくると

「なぜ安倍は中小事業者たちで困ってる人らに

30万円給付をしようとしたのか」

も分かってきますよね。



安倍ってのは2013年から「自称」保守の立場だったけど

2016年から本格的なアメリカ側の本来の保守姿勢に

近づいてきたのだけど


ここでやはり中小事業者、スモールビジネスオーナーを

守らないといけない、という態度であったので


3月はそのことを言っていた。

ちなみに今まで 窓際族扱いだった経産省官僚たちなんかは

この立場なんです。


が、一気に

「旧内務省系の官僚たちがバックにいる野党に押し切られた」のですが

そこで「みんな平等に一律10万円」で押し切られた。


そう みんな平等=共産主義ですね。


ここで当初与党政治家たちは 給付金でも


「困ってる中小事業者たちにこそお金が回るように、


そしてそもそも行政官僚や行政の公務員たちは

給料満額なんだからそういう人には給付金はいらない」


という立場であって当初安倍はそれを記者会見で

繰り返し言っていたけど


ここで「官僚たちが背後にいる野党」に相当圧力をかけられて

ここで「みんな平等10万円」となった。



それで結果としてはこの数ヶ月公務員達は

感染拡大しちゃうから、とか言って全然仕事していないやつらが

沢山いるのを私は知ってるけど


そこで感染拡大を口実として仕事もしないで
下に仕事をただ振ってるだけで

給与満額貰ってるのが行政の公務員(官吏)たち

であるけど


この公務員たちには家族が数人いたら

さらに数十万円のボーナスが入るような 一律10万円の制度ってのが

作られそうなわけですね。


官僚、公務員たちは内心、大喜びだ。

安倍ざまーみろ、な感じで官僚、公務員は考えてるだろうけど


ここで 新型コロナ騒動で困ってる事業者たちをなんとか

助けようという スポット的な30万円給付と


公務員は実質ボーナスとなる「一律平等な」10万円給付の


政治家VS官僚たちの対立が日本では生じてるというのが

分かると思います。


与党政治家は最近はアメリカの保守に連動してまして


一方官僚達は 一律配布という平等主義から見えるように

明確に共産主義思想ですね。


それで官僚たちが記者クラブ経由で各省庁で押さえ込んでる

マスコミなんかは


官僚たちに合わせて「自粛しましょう~ロックダウンしましょう」

とかやってるわけですが


ここまで政治思想レベルで理解してしまうと

「全部 本当の意図や攻防が見えてくる」んですね。



それで私は近代デモクラシーと資本主義を支持する人間ですから

ここに気づく人をもう少し増やしたいと思って

頑張って文章で伝えようとしてるのだけども。



それでブラジルのボルソローナ大統領のことは

日本の官僚の犬であるメディアはなるべく報道を避けてますが


それはなぜか?分かりますね?


そう、「首都封鎖、ロックダウンをめぐって

エスタブ官僚たちが首都封鎖をしたがり


一方 大多数の民衆は近代デモクラシーと資本主義が

健全に発展すればよいと思っている保守主義に近く


経済再開を求めている」


というこの事実を知られたく、気づかれたくないからだ。


だからブラジルのことを報じないのが日本のメディアなのですね!

よーく出来ている!


それでもっと言うと 日本でいう「無党派層」こそが

本当の意味でのアメリカの保守派と思想が近い人たちであって


この人たちは日本でいう 

右(国家社会主義)でもなく左(共産主義)でもなく


「彼ら無党派層は 自由主義と民主主義が合わさった

近代デモクラシーを支持して


なおかつ民衆が自由に商売できる資本主義が

健全に発展すればよい、と思ってる人たち」


である。


これが日本の 無党派層の正体ですね。


そしてこの人たちは私も含めて反官僚思想であって

やはり近代デモクラシーというのは 民主主義で


それを代議制民主政体とか難しい言葉では言うけど


そこで「自分たちが選んだ政治家が代表として

国家運営をしていくべきだ」


と言う人たちであるから


そこで国会議員の上に官僚たちがいて官僚独裁で

共産主義が進められることを求めていないのであります。



ちなみにこの無党派層というのはアメリカでいう

本当の保守主義の人たちとかぶりますが


それはこの緊急事態宣言中に

日本で江ノ島に遊びに行ったり

花見をしてみたりする人たち


が、その人たちなんです。


ここまでわかってしまう媒体は日本語では私の媒体以外

なかなかないと思うんだけど


けどここまで見えると「全部分かります」よね?


ちなみに日本の外出率なんかを見ると結構高かったりするので

実はこの本来のアメリカ人なら

自粛反対のデモに参加しそうな層ってのは


そう明らかに日本では増えてるのが見えます。


そして一番官僚たちが恐れるのが

以前 自称保守で洗脳した 保守と自分を思いこんでる

似非保守のネットウヨたちが


本当のアメリカ側の世界基準の保守に転向していくことですが

どうもそれが大きく新型コロナ騒動で見られる傾向ですね。



それで日本でも徐々に気づきだす人が増えるから

ここで「反ロックダウン、反首都封鎖、反上級国民」

の動きは政治家達が主導して出てくる可能性があります。



ということでブラジル大統領の功績として

ロックダウン、首都封鎖をめぐる主張における

思想対立


を明確化したのが大きいですね!




それで結局この新型コロナ騒動は

「上級国民 VS 一般国民」の戦いに首都封鎖をめぐって

収束されてきたってことになりますね。


日本では旧内務省系の「大日本帝国をもう一度」の官僚たちが

必死にロックダウン、首都封鎖を進めたがっており


そこで一気に日本国憲法の自由権の骨抜きをして圧政に進みたがってますが

さあそんな 前時代的なクーデターが

戦後日本でも通じるか?という話ですね。


と言う感じで アメリカ、ブラジルのことが見えれば

俯瞰して日本の情勢も見えてくるってことです。


それで4月になって世界中の人がこの本当の構図

=エスタブ官僚たちが首都封鎖したがってるだけ

という事実に気づきだしておりますので


次はこれが 民衆からの世界中のエスタブ官僚たちへの

強烈なブローバックと発展していく可能性が大いに考えられる

ってことですね。



そしてこれが多くの人にばれてくると、

あのテレビに出てる有名人、コメンテーター

ネット上の権威オーサーの発言者や


自粛をやたら煽るユーチューバーまで

全部 左派官僚たちの権力側の人間である


というのも多くの人に認知されることになります。


それが既にアメリカでもブラジルでも見られる傾向であり

この「エスタブが求める首都封鎖に対して反旗を翻して

経済再開を求める民の声」はより大きく拡大していきそうです。


ある意味4月になって面白い動きが出てきたってことですね。


年初の1月~3月前半あたりまでは世界の官僚同盟の天国でしたが

いよいよ暖かくなってきた4月から

世界中で民衆の反撃が開始してるわけです。


そういう意味でこれから世界の動きに注目ですね!


それでは!



ゆう





追伸・・・それで私は世界情勢を見ていて

ここで思うのが

「日本と韓国と中国の政治家のある意味の狡猾さ」ですよね。


まず中国に関しては一応表向きは共産主義ですが

実際はもうバリバリアメリカ以上の資本主義である

ってのが上海とか深セン行った人は分かるでしょうが


中国なんかはちゃっかりと経済を先月再開して

なんと今月はカード決済が6割増でとんでもない売り上げ上昇が

見られている。


また一方日本と韓国はこれ 諸外国と違って

「外出禁止じゃなくて 自粛の要請」なわけで


実際は徐々にでも経済が再開できるように政治家たちが

事前に日韓で示し合わせたかのように


官僚たちのロックダウンの意図を骨抜きしている。


外出禁止ってわけではないですから

店も別に開店しようと思えば

タイミング見て開店できちゃうから日本では

経済再開しろデモなんかはまだ拡大していない。


そういう意味で第2次大戦後に なんだかんだ

資本主義を導入してきたアジアの国々の政治家は狡猾に

立ち回ってますよね。


こういう政治見てるとこれからやはり

アジアの時代なんだろうな・・・なんてのは感じるところです。


表向き、自粛しましょうと官僚に合わせて政治家は言っていても

実質やってることは集団免疫戦略ですから。


そういう意味でアジアの政治力は明らかにこの数十年で

上昇していたのだ、というのが私が驚いた点でもありました。


まあなんとも今回の新型コロナ騒動で各国の

特徴が見えてそこは勉強になりますね。


いずれにしても 首都封鎖とかロックダウンとかってのは

エスタブ官僚たちが求めてる政策だ


ってのが世界的にばれてきたのが大きいです。


それでは!










☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




【無料FX道場11時限目】を公開します!

【実践編】「ゾーン」からシナリオを考えよう!
⇒  https://fxdojo.online/refree/plan/

(今までの道場内容や動画やPDFはパソコンだと
右のリンク、

スマフォだと一番下にリンクまとまってます!)


【もっと理解が深まる!?】対談音声3本目!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……1/taidan3/
(音出ます♪スマフォでも聞けます♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

















«  【ブラジル大統領が「経済再開するぞ!コロナには7割はかかるけどな」と 発言した真意について考える!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください