無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「アメリカの最後のジャブジャブマネーQE2020」 がもたらすものとは?】

2020 4月 12 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【「アメリカの最後のジャブジャブマネーQE2020」
がもたらすものとは?】
⇒編集後記で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【2020年スペシャル動画】初心者から8ヶ月で100万円を400万円
にした生徒さんから「負けない姿勢」を学ぶ!
⇒  https://fxdojo.online/refree/report/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


どうもゆうです!

おはようございます。


さてさて、ここ最近ですが新型コロナ騒動で

もう倒産企業もまたお金がなくなる個人も続出しておりまして

大きな問題になっております。


そんな中でも一応ネットなんかで仕事が完結する人たちは

実のところ以前と今は特に変わらなかったりはするのですが、


だからそういった記事も良く見ます。

マレーシアのマハティール前首相も

「自宅でインターネットでできるスキルを

身に着けなさい」

なんて国民に言い出してるくらいです。



が、もうこれから数年でどうも

強烈な金融の流れを想定しないといけない状況になってきましたよね?


そう、「アメリカはじめ、全先進国がついに

強力なジャブジャブマネー政策」を

本格的に再開してきました。


以前MMT議論ってのがありましたが

かなり批判されたものでありまして私も批判しておりましたが


もう世界見ると


「これ実質のMMTを世界中がやってるのと同じだよね」

という感じになってきました。


それでそうなってるなら・・・当然想定しないといけないことは

ありますよね。


世界全体がジャブジャブマネーをやるならば・・・


編集後記で!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【新動画の解説!】
【「負けないこと」を意識すれば初心者でも
資金を8ヶ月で4倍にすることができる】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さてさて、昨日ですがこちらの

新しい無料FX道場の動画を流しました!


ずばり、1年間コツコツこの基礎の内容をやり続けて

それで「負けない技術」を身につけて


そして100万円から運用開始して既に

400万円以上に増やされてる

すなわち8ヶ月で4倍以上に増やされてる生徒さんについての


動画ですね~



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【2020年スペシャル動画】初心者から8ヶ月で100万円を400万円
にした生徒さんから「負けない姿勢」を学ぶ!
⇒  https://fxdojo.online/refree/report/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



さて、以下は野田さんからあなたに

メッセージです!


↓↓


===========================

【番外編スペシャル動画】
「負けないことを意識しまくった」ことで、
8ヶ月で100万円を400万円にしたFX未経験者から学ぶ


こんにちは、野田です。



本日の講義では、私が主宰するコミュニティに入会して、

まだ1年目の会員さん(FX未経験者・副業)が



リアルトレードを始めて8ヶ月目で、



100万円を400万円にしたトレード実績の一部共有と、

なぜ初心者の彼が、本業の側でも

元本を4倍までに利殖することができたのか?



こちらを取り扱ったWEB勉強会の収録動画の公開となります。





さらにそれだけではなく、新しい学びと気づきのある

トピックも色々と動画内でお話ししておりますので、



今回は35分程度で、見やすい長さにしていますから、

ぜひ、ご覧くださいませ。


WEB勉強会動画の見どころポイント

◆00:10〜

物を買うのは、価格ではなく『価値』で決定する
◆04:36〜

FX未経験者さんが1年間学んだ結果、
副業でも元本100万円⇒400万円に利殖した話

◆06:25〜

元本を4倍に利殖できた理由は、資金管理と○○

◆13:03〜

偏屈なプライドこそが人間の成長を妨げる

◆16:00〜

テクニックよりも重要な○○の話

◆19:48〜

【億トレーダーの過去】圧倒的敗北をチャートを使って赤裸々に告白

◆25:50〜

勝率80%でも勝つことばかりに囚われると、残りの20%で大負けする話


◆27:57〜

毎年、何かひとつでも新しいアップデートを積み重ねている人が時代を生き残る


◆30:10〜

勝ちを優先するか、負けを優先するかでトレードが変わる


◆31:30〜

テクニックだけでは、一時しか稼げない。稼ぎ続けることは不可能




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【2020年スペシャル動画】初心者から8ヶ月で100万円を400万円
にした生徒さんから「負けない姿勢」を学ぶ!
⇒  https://fxdojo.online/refree/report/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





上記、WEB勉強会の動画でもお話をしておりますが、



100万円の資金を1年間で400万円に利殖された方は、

私が主宰するコミニティに入門してからが初めてのFXトレードでして、



ご家族もいらっしゃりながら本業のお仕事の合間の時間を使って

1年間、日々勉強をされてきましたし、



何度も私に質問や連絡を頂き、

とにかくインプットとアウトプットの質と比重が高かったです。





そして何より、私も驚かされたのは、



『マインドセットをとにかく重視』されていて



私が口煩く言ってきた『資金管理』に対しても

忠実に、徹底したルールで守り、自身の感情と向き合って、



如何に

『負けないための、再現性を持ったトレードができるか?』

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



ということをすごく意識されていたんですよね。







その結果もあって、最初の3ヶ月間は、

基礎学習とデモトレードでの検証を繰り返し、



4ヶ月目でリアルトレードに移り100万円の資金を使って、

初月は14万円ほど勝てるようになっていました。





その後、月単位では負けることなく続き、



当初100万円からの資金を

リアルトレードに入ってから8ヶ月目くらいで、



400万円を超えるまでの利殖を達成しました。







そしてこの1年間、彼がやってきたことは、

高度な分析テクニックを用いたわけではなく、



基礎基本の土台となる、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回の無料FX道場で扱っている講義の深掘りをして、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そこから、使える知識と技術に昇華してきたこと。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



そして、負けないための資金管理を徹底

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



たった、これだけ なんですよね。





当たり前ちゃ当たり前のことを、素直に継続してきたからこそ、

この結果も、偶然ではなく、必然なわけです。





ですから、彼のように日々、


1知識の吸収

2実践

3体感する

4腑に落ちる



1知識の吸収への繰り返し。



このサイクルを何度も繰り返し継続していけば、





仕事が忙しかろうが、FX初心者であろうが、



『トレードで結果を出すことは十分に可能』



ということを彼が証明してくれていますよね。





そして彼のようなトレードができるようになるだけでも、

1年もあれば100万円を1,000万に増やすことは、



普通にできるレベルになっているはずです。







さて、



下記は、動画の04:44でお見せしている、

100万円を400万円にした道場生さんからの



3月の成果報告とメッセージも掲載しておきます。




■道場生からのメッセージ■



今回は、私の成果報告をさせていただきます。

是非とも会員の皆さんのお役に立てればと思います。



ちなみに、今月(3月)で野田FX講座の受講が

満1年となり節目の月となります。


【3月の月間成果報告】


総収益額 1,000,183円

損失額   173,959円

純利益額  826,224円

取得pips   1652pips

勝率     72.34%

損益率    2.11%

プロフィットファクター 5.75



使用している分析手法:初級コースのみ(ライン分析、移動平均線)

取引量:3万〜5万通貨



============================

■野田追記:

上記は2020年3月21日時点で報告を頂いた成果報告となりますが、

最終的に3月は総収益120万円まで達成した報告を頂いてます。

============================





野田さんに教えてもらった

「負けないこと」を意識しまくってトレードに向き合いました。



また「大きく負けなきゃ、死ななきゃ、またチャンスはあるし」

と日々自分に言い聞かせました。



こんな自分でも、諦めずに毎日毎日、

毎月毎月コツコツと思考と手法の訓練を積んだら


野田さんの言っている事が体現できるようになってきました。



是非とも、最近FX講座に入会した方や

数ヶ月経ってるけど思うように結果が出せないという方も


諦めずに頑張ってください。





成果報告のメッセージは以上です。





この方からのメッセージで感じ取れる通り、

「大きく負けない限りはチャンスがある」という信条で、



上手くご自身の感情との向き合い方を理解されながら、

資金管理を徹底し、コツコツと学習されてきたのが分かると思います。





多くの一般投資家は、

お金と時間の両方を簡単に手にしたいがために、



この、実力以外のところで楽して儲けられる可能性のある

相場の世界へと安易に飛び込んでくる方が非常に多いですが、



これこそ、無知以外のなにものでもなく、

ほとんどの方は、無知・認識の甘さによって



お金・時間の両方を

失ってしまっているのが、リアルな現実です。





だからこそ、欲望ばかりに駆り立てられる気持ちをグッと抑えて、

腰を据えてじっくと学ぶ期間は、必ず必要になってきます。



そして相場で、大怪我をしたくなければ、

資金管理を徹底的に守れるように訓練を積み重ねていくしかありません。





相場は時として私たちの想像を遥かに上回る値動きをし、

好ましくない結果が生じる可能性も多々あるわけですが、



相場をコントロールすることは、私たちにはできず、

唯一、私たちにだけコントロールできることこそが、



資金管理となる「負け方」であり、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いかにして、上手に負けることができるか でしかないので、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





勝ち方や利益ばかりに目がいってしまう気持ちも分りますが、

改めて、先述の彼から大いに学ぶことができる



(1)マインドセット

(2)資金管理



この2つをご自身の腹の底に落とし込めるように、

何度も繰り返し反芻することを心がけて下さいませ。





また、ゆうさんから送られている下記のコンテンツも

復習も兼ねて、改めてご覧になられてみると、



重要性の再認識と新しい発見があるかと思います。





※各タイトルをクリックすると、見れます



(資金管理)

●【年間1億以上稼いでしまう
野田さんから「FXの損きり哲学」を学ぶ!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2295#2295


(資金管理)PDFレポート

●【欧米の億トレーダーたちの常識である
資金管理(ポジションサイジング)を学ぶ! 】
http://fxgod.net/pdf/fx/shikinkanri1.pdf


(資金管理)音声プレゼント♪(クリックすると音出ます)

●【損失額を最初に確定して
戦略的リスクテイクをしていくとガチに人生は変わる!】(確率が非常に高い)
http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……settei.mp3


(資金管理)

●【ゼロカットのFX証券会社を利用したちょっと発展的な資金管理方法とは??】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2296#2296


(投資心理学)

●【なぜ人間の脳みそは損失を出したとき 「誰かのせい」にしたがるのか?】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2322#2322


(マインドセット&資金管理)

●【証券会社でも極秘情報データの 「トレードピラミッド」とは何か??】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2324#2324


(マインドセット)

●【アメリカの若者の間で勢いを増す「リバータリアン思想」とは何か?】

 (副題:新型コロナをあおる官僚たちの根本思想とは?)

https://04auto.biz/brd/BackNum……=2339#2339





本日の動画では、道場生さんの成果報告以外にも

新しい学びと気づきのある内容も色々あるかと思いますので、



35分程度で、見やすい長さにしていますから、

ぜひ、最後までご覧ください。




WEB勉強会動画の見どころポイント

◆00:10〜

物を買うのは、価格ではなく『価値』で決定する
◆04:36〜

FX未経験者さんが1年間学んだ結果、
副業でも元本100万円⇒400万円に利殖した話

◆06:25〜

元本を4倍に利殖できた理由は、資金管理と○○

◆13:03〜

偏屈なプライドこそが人間の成長を妨げる

◆16:00〜

テクニックよりも重要な○○の話

◆19:48〜

【億トレーダーの過去】圧倒的敗北をチャートを使って赤裸々に告白

◆25:50〜

勝率80%でも勝つことばかりに囚われると、残りの20%で大負けする話


◆27:57〜

毎年、何かひとつでも新しいアップデートを積み重ねている人が時代を生き残る


◆30:10〜

勝ちを優先するか、負けを優先するかでトレードが変わる


◆31:30〜

テクニックだけでは、一時しか稼げない。稼ぎ続けることは不可能





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【2020年スペシャル動画】初心者から8ヶ月で100万円を400万円
にした生徒さんから「負けない姿勢」を学ぶ!
⇒  https://fxdojo.online/refree/report/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


========================

以上です!!

それで今回の動画

投資やトレードやビジネスなどなど


経済活動をされてる方にとっては大変面白い内容ではないかな?

と個人的には思います。


野田さんもかなり自由に敢えて話されているのですが

実はこういう野田さんの普段の話なんかも

大変役立ちますよね~


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【2020年スペシャル動画】初心者から8ヶ月で100万円を400万円
にした生徒さんから「負けない姿勢」を学ぶ!
⇒  https://fxdojo.online/refree/report/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



ちなみに最初のほうにファッションの話とかも

出てきておりますが、


これ実は結構業界の中でも言われてる話です。


「ファッションと稼ぐ能力」なんてのは

多くの人は関係ないとか思ってたりしますが

実は大有りでして、



実際にこれは何千名とか指導してる講師さんも本当に

よくおっしゃいますよね。


ファッションとかまあオシャレな人ってのが

いるものですが


やはり「毎日着る服を考えてる」なんてのが

結構関係するのかもしれません。


ちなみにふとこの 動画の話を聞いていて思いだしたけど

私のいた高校なんかが


私服でも制服でも選べる学校で

「今日は制服で行こうかな」

「今日は私服で行こうかな」

なんて選択できる学校だったのですが


それこそ

そこで「着る服も生徒に考えさせる」なんてことを

していた学校でした。


そこで例えばそうですね、

黒色のアウターなら中は赤色のインナーが差し色になる

とか


上のコートと下にジーンズ着るなら

コートが大きめならジーンズで細くしめて

バランスを作る、とか


なんというかそういうのを

私の場合高校の頃から学べる環境であったのですが


こうやって着る服についても考えるなんてのは

かなり稼ぐ能力に直結してるなんてのは

ありますよね。


といっても全身ユニクロの人で年収何十億円とかも

いるから一概には言えないところですが


ただファッションとか気にしてる人はこれ

稼ぐ人多いよね、なんてのは


よく 自分で稼ぐ系のスクールやってる講師たちが

言う話ですよね。


ファッションと稼ぐ能力

全然関係なさそうですがリンクしてるものがあるんだよ

みたいな話です。



おそらく右脳の処理とかそういうのに関わるのかもしれない。


あとはよく言われてるのが

路上でこう女性に声をかけるのがうまい人なんかは

そういう技術が高い人は


これネットビジネスや投資が強いと。


これも一見関係なさそうですが実は関係があって

結局統計なわけですね。


女性に声をかけて連絡先を得たり

遊びに行くなどで成功するかどうか?みたいなところも


100人声をかけて3人だけ成功するのか

20人成功するのか


ってのも確率の問題ですが


結局確率思考が身についてる人がそういう

異性に声をかける行動がうまかったりするので


その思考を当てはめて投資なりビジネスに活用して

稼ぐ事例はこれまた多いです。



だからよく営業会社なんかでは新入社員に

路上で女性に声をかけさせる練習を取り入れてるところも

ありますが


それはそういう関連性を知ってるからなんですね。


全てのことってのは独立して存在してるのではなくて

結構つながってるわけです。


全てはつながってるんだよ、みたいな

話がこれ


すごい面白いと思います!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【2020年スペシャル動画】初心者から8ヶ月で100万円を400万円
にした生徒さんから「負けない姿勢」を学ぶ!
⇒  https://fxdojo.online/refree/report/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



それでこの生徒さんですが

まあすごいのがとにかく


「負けないこと負けないこと」と言い聞かせて

それでずっとやってきたわけで


結果として100万円が400万円になったってことなんですね~


8ヶ月で4倍ってすごいパフォーマンスじゃないですか?


だからこの方の場合ですと

よく言われてる老後2000万円問題の2000万円なんて

すぐクリアしていくでしょうし


今は400万円まで増やしましたが


すぐに資産数千万円クラスにはたどり着くでしょう。


それで野田さんが今回の動画でもおっしゃってますが

やはり面白いことに


稼げるかどうかって文章に出ると。


「野田さんに教えてもらった

「負けないこと」を意識しまくってトレードに向き合いました。


「是非とも、最近FX講座に入会した方や

数ヶ月経ってるけど思うように結果が出せないという方も


諦めずに頑張ってください。




ということが書かれていますが


もう彼の文章に器が出ておりますよね。

こう変に 一喜一憂していないし


なおかつ資金4倍に8ヶ月でするってのは本来すごいことだけど

それでも調子乗らず


最初に「負けないこと」について書いてます。


この辺の思考の型がかなりガッツリ出来上がってる方が

今回の生徒さんですが


もうあとはその上に手法なり分析を乗っけるだけなので

負けないで利益が出て当然、といえる方かも

しれません。



それで野田さんが書かれていますが



唯一、私たちにだけコントロールできることこそが、



資金管理となる「負け方」であり、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いかにして、上手に負けることができるか でしかないので、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



ということで


やはりトレーダーにコントロールできるのは

負ける金額、うまく負けること、だけですよね。


だから実は今回の「無料FX道場」の色々な分析がありますが

おそらく多くの人は

「沢山稼ぐために勝つためにそれらを見てると思うけど

それは違う」


んですね。


そうじゃなくて


「うまく負けるために、上手に負けられるようになるために

無料FX道場がある」


わけです。


簡単に言うと例えば トレンドラインをゾーンで取って

なおかつ トレンドラインと水平線の重なったところの


リターンムーブの入り方なんてのがありますが


あれだと負ける際に 変に髭で刈り取られることが減るし

負ける確率が減る、ただそれだけではあるわけです。


これから移動平均線とかダウ理論とかエリオットとか

一通りやりますが


これらも勝つために学ぶと、意味がありませんが

「負けないために」学ぶと相当な力になることでしょう。



だから「負けないために」それらの知識や技術を使う、

ってのが正しいですね!




それで結構大事だと個人的に思うことがあって

それが投資やってる際なんかは


もう常に


「負けないこと、負けないこと、負けないこと」


って口癖のように自分に言い聞かせるってのが

実はかなり効果的です。


やはり人間は放ってると

勝つぞ、稼ぐぞ、という心理状態になりやすいので


そこで「負けないこと、負けないこと」と

常に心で唱えるくらいが丁度よいのだと思いますよね。

そうすると 

「負けないためには?」

という思考回路が徐々にあなたの中に


形成されてきますから


「負けないために」資金管理考えよう

「負けないために」分析しよう

「負けないために」エントリーを待とう


という行動につながってきます。


意外にこの心の中で

「負けないこと」を唱え続けるってのは


巣晴らしい効果があるから

そしてこの生徒さんもきっとやっていたことだろうから


是非実践してみてくださいね!


ちなみに私のメルマガでも常に負けないことばかり

書いてますので


こういう文章読んでるだけでも勝手に

そういう思考が身についてくるかと。



それでそうなってくるとあとはもう

お金に関しては 負けないことを意識し続けてると

増えてくるだけのターンになりますので


あとはよく書く資産保全を考えるとかそういう話にも

なってきますね。


まあだから面白いことで

考え方ひとつで稼げるかどうか変わっちゃうってことですよね。


ちなみにこの辺がもう稼げるかどうかの

分かれ目になってるのですが


というのは大多数の人は

「稼いでる人間のロジックや手法を知れば

自分も稼げる、と思い込む」ものなんです。


それだけ自分を立派とみんな思いこんでいる。


が、実際はそんなことなくて

かなり投資で利益を出すためには調整しかないといけない

考え方の部分なんかがあるわけでして


そっちのほうが収益に影響する比率は高い

わけですね。



例えばですが私は

負けたときに他人のせいにするタイプの人で

稼いでる人って見たことないですよね。


そういう人ってのは実際は精神性が弱いわけでして

例えば自己肯定みたいなところがありますが

それが弱い場合


自分が間違ったことをしたことを認められないわけです。


だから自分が改善するのではなくて

他者を攻撃することで うさを晴らすわけでしょうけど


が、やっぱりその精神性でお金持ちになる人って

いないわけですね。



自己責任っていう言葉がありますが

投資の世界ほど100%自己責任の世界ってないくらいでしょうが


一方じゃあ「自己責任」って検索してみてください。



おそらく検索サイトには自己責任について

ネガティブな話ばかり上に出るはずです。



例えば私が今検索してみたところ

「自己責任」の検索1位は


「自己責任という言葉に踊らされる現代人の哀れ」


というものでしたが


まあどう見ても自己責任っていう言葉を攻撃する

そういった内容ですよね。



私たち日本人はじゃあ「自己責任肯定論」を見たことがあるか?

というとあまりないはずなんです。


だからグーグル検索なんかは思想としては

「反自己責任」なんですね。

その思想に沿って検索結果を作ってるのが見えてくると思います。


が、これが大事で自己責任を否定すると

必ずそのあとは


「自己責任はひどいことです。

じゃあ国家の官僚たちがなんとか国民を徹底的に監視して

そして税金を徴収して福祉で食わせましょう」


みたいな話になりまして


そこで官僚独裁社会につながるんですけどね、


まあ自己責任ってのをこれ認めないと

結局人類は支配されるのだ、っていうことですよね。

これが近年わかってきてることです。


それでここで一切その 自己責任放棄の姿勢が認められないのが

投資の世界で


例えばそのトレーダーが負けないことを一切考えないで

欲望だけでトレードして大損して


「これはきっとあの悪い講師のせいだ

社会のせいだ、国家のせいだ」


とか言ってもそれはやっぱり

欲望を制御せず「負けないこと」について

考えなかったその人のせいになるわけです。



官僚独裁社会の日本では大変嫌われる言葉が

自己責任という単語ですが


が、その自己責任を認めた上でようやく

自分の改善という考え方が出てくるってことですよね。


シンプルに負けたときに

自己責任の考え方が身についてる自営業者さんなんかは特に


「自分の何がいけなかったか」と考えるけど


一方自己責任の考え方が身についていない人なんかは

「あの講師が悪い~また別の教材で別手法使って勝負だ」

となってしまうわけですが


さあ 最終的にどっちが金持ちになるか?

は分かりますよね。


だから

稼げなかったから何か自分がおかしくて

稼げたら誰かのおかげ


みたいに考えられるところ、ってのがこれ器ですよね。


実はこのへんの姿勢が何かしら今まで人生で大変な経験をして

得られてる人なんかは


トレードや投資なんかでも修正がかなりスムーズになるので

結果につながりやすいってのは言われてることです。



それで投資なんかでは必ず損失というのが

つき物ですが


それこそ野田さんも損失を時々出すこともあるけど

やっぱりその損失を受け入れないといけないのが

投資家なんです。


損失が出たら その損失は誰かのせいにはできない、

損失出たら全部自分のせい、になっちゃうわけですね!


だから、


「負けないこと」って考え方がここで大事になるわけです。


結局負けたら、損失額は全部自分で引き受けないといけない

のですから


まさに冷酷かもしれませんが

それこそが自己責任ルールの世界ですから


だからこそそこで「腹を括って」ですね、

「負けないこと」を意識していくわけですね。


それでこういう精神性が誕生したとき、

ようやくその個人は 「負けない投資、ビジネス」などが

出来るようになって


結果としては収益が後にもたらされるってのが

大きな稼げるまでのルート、過程です。



それでまた負けたときの損失額は全部自分のせいでは

あるんだけど


しかし稼げたらその稼いだ分は丸々税金抜かしたら

あなたのものになるってのが


この世界ですよね。


だから負けたら全部自分の責任、みたいな

昔の日本の戦国時代の武将みたいな考え方になりますが


その上で負けなければ極めて大きなリターンがある


それがこの投資の世界かと思います。


それで今回の生徒さんなんかはまさに

そういった武将のような姿勢を1年間で身に着けて

「負けなく」なった人なんだけど


この生徒さんにまつわる話はかなり

色々とあなたの成長にもつながってくるかと

思いますので


是非こちらの動画、かなりぶっちゃけ話ばかりで

面白いと思いますので


聞いてみてくださいね~










★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【2020年スペシャル動画】初心者から8ヶ月で100万円を400万円
にした生徒さんから「負けない姿勢」を学ぶ!
⇒  https://fxdojo.online/refree/report/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆









===========編集後記============

さてさて、今回の新型コロナ騒動ですが色々な見方があるのですが

そしてそれを色々と扱ってますが


今日はズバリ「金融」の部分で新型コロナ騒動を見てみたいと

思います。


それでこれはもう新型コロナ騒動がある種のプロパガンダだ

と気づいてる人のための号でして


おそらくそのタイプの人は比較的投資やビジネスなんかでも

稼いで来たタイプの人が多いのではないかなと推測します。


まあそれでもう分かってることですけど

新型コロナで怖いのは死ぬことではないですよね。


実際はそれ以上に 新型コロナを「口実」として

大きく憲法なんかが機能しなくなってしまうことであったり


あとは経済が完全に機能しなくなってしまうことです。


例えば集会の自由、外出、移動の自由および

営業の自由

など憲法で保障されたものはもう脆くも


崩れようとしておりますよね。


日本の場合はまあ必要ならば外出はできますけど

海外なんかだともう封鎖がひどいところだと

写真を外に取りに行って本当に逮捕とかになりまして


ロックダウンが厳しい国だと

「自宅が刑務所代わり」に使われてるという

こういった実情がある。


刑務所の囚人は外に出ようとしたら

当然看守に捕まるものですが


まあ特にそれらの 警察や軍隊に行動規制される国で

起こってることはそれらの刑務所で起こってることと

大差ない。


それなので 怖いのは新型コロナそれ自体ではなく

それがもたらす ショックドクトリン、社会変化だったりするけど


ここで金融部分では、そう「中央銀行群のジャブジャブマネー政策」

が正式に4月あたりから開始してきた感じがあります。



まずアメリカのFRBや日本の日銀、欧州のECBなんかの

中央銀行群が


世界的に経済が閉鎖、自粛されたことで

経済が停止しまして金融が崩壊したのが3月中旬でしたが


そこで一気に ジャブジャブマネーであるQEを拡大しました。


今は各国中央銀行が 経済停止だとか金融崩壊による

損失をQEのマネーで穴埋めし続けております。



それでその勢いがすごいですが

まずFRBは毎週「5000億ドル」のQEを行っており

3月の11日にはFRBの資産総額は


これ4.27兆ドルでしたが

これが3月18日には4.62兆ドル

3月25日には5.21兆ドル

4月1日には5.72兆ドル


となってすごい勢いで増えてるんです。



それで日本の日銀も3月前半までは

10日間ごとに1兆~3兆円のQEをしていたけど


その後かなり増やして3月下旬には10日間で

10、3兆円のQEを実施してます。


日銀の資産総額は3月12日で

588兆円

3月24日で594兆円

3月31日で604兆円で


ついに600兆円を超えた。



それで欧州のECBは3月中旬までは毎週100億ユーロ以下の

QE規模だったけど


3月20日までの週にはなんと2230億ユーロ

3月27日までの週に1354億ユーロの資産増加へと

急拡大、となってます。



それで2月後半以降にコロナ危機があって

株や債券が暴落したけど


その後反騰して再暴落して


ここで激しく上下する乱高下が作られていると。


今はNYダウなんかはあがっているけども。


それで売りの流れを作ってるのは

コロナの経済全面停止を反映した投資家の動きがメインですが


買いの上の動きってのは

アメリカと日本と欧州の中央銀行群が

QEの資金を市場に注入して買い上げた結果ですよね。


世界の金融市場を買い支える唯一の最大の要因が

この中銀たちのQEとなっている。


このQEがアメリカ中心の世界金融システムを延命させて

新型コロナ問題が 金融危機になってるのを

なんとか防いでる、という状況ですよね。



それでここで注目なのは

アメリカ、日本、欧州という先進国3地域の中でも

ずば抜けてアメリカのFRBのQE増加幅が大きいってことです。


「毎週50兆円、60兆円規模の資金投入」

してるんですからとんでもない規模なんです。



新型コロナ問題が起きる前は?というと

FRBは実質のQE4といわれる レポ市場でのレポ介入をしていた

ってのは去年あたりかなり書いてますが


ただそれでも規模としては毎月日本円換算で

7兆円前後だったんです。


今までアメリカはQE QE2 QE3とやってきたけど

月額ベースで800億ドル台でしたから


日本円で月額9兆円くらいだったんですね。



が、これが今回のコロナ危機になってからは

(誘導されてからは)


どうなってるかというと


それがもう20倍以上の週6000億ドル前後で

月額2兆ドル以上、です。


月額2兆ドル、ですよ。

日本円でいうと月額220兆円規模、って

ヤバいの分かりますでしょうか。


それで今回のコロナショックってのは

瞬間風速的、短期的な事態悪化のスピードとかでいうと

それは大きさはリーマンショックや百年前の大恐慌よりはるかに

大きく


もうプロパガンダの規模でも世界規模であり

FRBなんかも以前はQEを嫌がってましたが


もうそれらの姿勢を捨てて、

「超巨額QE」を再開しているわけです。



ちなみにリーマンショックが起こった後に

なんとか債券市場を救おうとして


米ドルを守ろうとしてそこでFRBは3回公式にQEを

やってますが

その総額はいくらか?というと


実は4兆ドル台なんです。

日本円で440兆円前後です。


その前はFRBの資産総額は?というと

1兆ドルだったけどそれが5兆ドル台に

増加したわけですね。



が、今回の新型コロナ騒動で・・・

その過去3回のQEをたった数ヶ月で超越してしまいそうな、


「毎月2兆ドル以上」のQEになってるわけですね。


このすごさ、そしてヤバさが分からない人は

投資とか投機は・・・控えたほうが良いかもしれない。


わずか2ヶ月でリーマンショック以降数年間やってきた

QE~QE3の総額を超えてしまいそうなわけです。


それで現時点で2ヶ月後の6月末時点において

新型コロナ騒動がきれいに終わって 


アメリカ経済がV字回復しているか?


というとこれは可能性は・・・微妙ですよね。



ちなみに回復への最速の道が集団免疫作戦の考え方ですが

これは今のところ棚上げされております。


むしろ 回復がされないように

「敢えて」経済を止めるように各国が動いてる感じは

しますよね。



それでもしアメリカや世界の経済回復があるとしたら

早くて秋以降で


そしてマスメディアが感染再発!とかやるでしょうから

そんな中での不安定な回復、ですから


V字回復になってほしいところだけど

そうはならず、L字回復になるってことですよね、

あるとすれば。



経済成長がなんとかプラスに転じても

金融システムが自力安定するまでは時間がかかります。


そもそもの話、リーマンショックが2008年にあって

そこで12年間が経過しましたが


世界の金融システムはそれ以降

「自力で回復したことはない」のですね。


あくまで ジャブジャブマネーのQEに依存しており

それで経済回復を装ってきたのが

今まででした。


だからかなり楽観的に見たケースでも

その場合だと FRBは月額2兆ドル(220兆円)規模の

このQEを少なくとも半年は続けなければいけないですが


その後にQEを減額したとしてもQE自体は

ずっと続けないといけないわけですね。



2兆ドルのQEを6ヶ月だから12兆ドル、ですが


そうなるとなんとFRBの勘定がこれ

18兆ドルになる。



それでもその後も減額しながらでもQEを継続しないと

いけないから


FRBの資産総額は来年の2021年には

アメリカのGDPである22兆ドルを超えてしまうと。


ここで

「中央銀行の資産総額がその国のGDP超えるのって

やばいのかどうなのか?」


っていう議論はあるんですけど


実は日本なんかが中央銀行の資産総額が

QEによってGDPを超えてるわけですね。

イギリスは同じくらい。


例えば日本のGDPは554兆円で

日銀の資産総額は600兆円、


イギリスのGDPが5236億ポンドで

イギリス中央銀行の資産総額が5130ポンドです。


日本は既にGDPを資産勘定が抜いておりますが

イギリスもどんどんQE拡大をやってるから


4月~5月で資産総額がGDPを超えると想定されます。


ただ日本もイギリスもこんな感じなのに

そこで中央銀行が危ないとかそんな話は出てきませんよね?


「じゃあそれならアメリカの資産総額が

アメリカのGDP抜いても大丈夫じゃね?



と思いそうですが、


それが違うんですね。


日本もイギリスも金融システム的には

これアメリカと一心同体であるわけです。


それで当初このアメリカの金融システムを作ったのは

イギリスの諜報でしたが


いずれにしても今は世界の金融中心がアメリカでありまして

親分がアメリカ

子分が日本とイギリス、となってます。


だからここで日本やイギリスがいくら不健全な

ジャブジャブマネーをして


アベノミクス~とか言ってバンバンお金刷りまくって

ジャブジャブマネーしても


そこで親分のアメリカの金融市場が健全な状態が

維持できておれば


それは大丈夫だったわけです。


しかしここでですね、親分のアメリカのFRBが

不良の資産激増で その資産総額がGDPを超えてしまうと


これFRBやドルや米国債やアメリカ覇権の不健全さを

象徴する状態になってしまうわけですね。


そこで世界中の投資家はこのアメリカ中銀の

バランスシート、資産総額なんかは見ますけど


ここで「おいおいアメリカどんどん資産総額増やしてるけど

これさすがに危ないよね」


って話になってきます。


ここで親分であるアメリカ様の金融システムが不健全すぎる

状態になりますと


いよいよそれは危ない状態です。



それでここで考えるべきが

GDPってのはこれ実体経済の分、ですよね。


それこそ今はそうですね、

飲食店とかカラオケとか多業種が

業務停止に追い込まれてるけど


これらのお店が営業で利益出すわけですが

こうやって実体経済が動いてるけども、


これら実体経済とは別に、また今の世界は

250兆ドルの金融システムを持ってるわけです。



だからもし経済が止まってしまったということならば

各国1年分のGDPの穴埋めをするためにジャブジャブマネーをして


アメリカも年間の22兆ドルの実体経済の穴埋めをするために

ジャブジャブマネーをすればいいのですが


ただ同時に金融システムもありますから

そっちも穴埋めしないといけないのが今の世界の構造なんです。


そうしないと、債券金利が急上昇して、そして金融破たんを

引き起こす。


それで4月前半なんかはNYダウがかなり上がったところから

見て、


中央銀行群は株価の暴落も認めない、という姿勢が

見えてます。


となると例えば株式市場への資金注入もQEの役割となる

わけです。



それでアメリカなんかでは

FRBが 不動産担保債権とか石油ガス業界などの

ジャンク債の損失もQEで穴埋めしてあげる


ということになったのですが

これからアメリカ政府が新型コロナ危機の対策として

発行する赤字国債もこれまた


QEの資金で買い支えられるわけです。


これからだから このQEジャブジャブマネーが

あらゆる借金の穴埋めに使われるのですが


これを想定すると最悪のケースだとこれ

FRBは250兆ドルのQEをやらないといけない

って言う話になってきてるんです。


これ報道されてませんが恐ろしいことです。

毎月2兆ドルのQE続けたらこれは10年で

250兆ドルになるわけですね。


だからそこまで行く前にどうも巨大な金融崩壊が起きて

肩代わり不能、という状態が私たちが生きてる

極めて近い未来に想定できると。


それでこれはすぐに起こりはしないと私は思いますが

(すぐ起こったらごめんなさいだけど)


ただもう

「そこまでの道が作られた」わけですね。



それでこれがどのように起こるのか?というと

株や債券の市場閉鎖であったり

米国債からジャンク債までの債券の金利が高騰しすぎて


取引不能となり 市場が凍結される、などです。

取引できず金融商品の金利も価格も定められなくなりまして


金利がないのですから融資やローンも存在しないと。

銀行なんかも世界中で閉鎖される可能性はあるし

これまでの債権債務が凍結されて 徳政令状態に陥る

とかもう 色々考えられるのですが


とりあえず何かしらすごいことになるのは

多くの人が薄々感じ取ってる通りです。


そこでは当然金地金の高騰はするのは想定できますが

ただ最近出てきてるのが 民間保有の金地金を強制売却させる

みたいな考え方であって


実際はそれは昔アメリカでされたのですが

このようにしてなんとか 金本位制への逆戻り、逃げ道を

塞ごうと 各国中銀たちが動く可能性も出てきている。


すなわち何度も書くように

行政ってのは怪物そのものであって


時には私たち民間人の資産を丸ごと奪ってしまうことも

可能な 怪物リバイアサンですから


そのリバイアサンの前ではこれ金ゴールドでさえ

安泰資産とは言えないかもしれません。


古来ユダヤの人たちはこういうことを知っていて

だから「知識だけは為政者も奪えない」と言ったものですが


本当の意味で安全な所有物というのはなかなか見つけづらくなってる

ってのが今の状態ですね。

(といっても 一国が何かしらの資産保有を禁じても

それを何百カ国が一斉にというのはどうも難しい)



それでいずれにしても今回の

FRBの勘定の増額率などを見るに


「アメリカ連銀FRBのドルシステムの崩壊は不可避な

状態に入った」


とはわかってくるんです。


以前からメルマガで書いてきたことだけど

新型コロナ騒動でそれがより確定的になりました。


そしてそれはどうもほんと近年に起こる。


逆を言うと今回の新型コロナ騒動がこの状態を作るために

使われてるような感じも個人的にはします。


それで いつどのようにアメリカのドルシステムが

崩壊していくか?


ドル覇権が崩壊していくか?の問題になってきておりますが


ここでトランプ政権を見ると分かるのですが

どう見ても彼は コロナによるアメリカの閉鎖を長引かせようと

そうしてる感じが見えますよね。



これはだから 以前書いたけど トランプサイドの

ネオコンたちが新型コロナ騒動を仕掛けたのではないかみたいな

仮説は成り立つんだけど


トランプはまるでアメリカ経済の停止状態を長引かせて、

そしてドル崩壊への道を確実なものにするために

動いてるようにも見えます。



ちなみにこれは以前からメルマガで書いていたことですが

トランプは?というと思想は

「アメリカ帝国覇権を放棄する主義」ですね。


米ドルの世界基軸性を破壊するためにトランプが誕生した。


実際にトランプ大統領が「唯一本音で語っていたのが」

2016年の大統領選挙でしたが


彼は何度も

「米国債の債務再交渉」について語っていたんです。


これは米国債のデフォルトの意味です。



トランプ大統領はどうも今回の新型コロナ騒動を

うまーく利用して、


そして大きな金融危機、米ドル覇権崩壊の道筋を作るために

今回の新型コロナ危機を扇動してるようにも見えるわけです。



ちなみに、このアメリカ帝国覇権が崩壊すると

次はやはりG20なんかの新興国中心の世界体制になっていき


まさに多極的な新しい世界体制になるわけですが

そこでやはり「アジアが中心の時代」になるでしょうが


ここでじゃあ 「アジアの日本はどうするのか」っていう

問題があるわけですね。


ここで日本の日銀の対応を見てみると、

QEは確かに新型コロナ騒動で増額しつつも、


その増額幅はアメリカよりずいぶん小さいわけです。



さあここから見えてくる日本の対策は??

分かりますでしょうか。


そう、どうも遅まきながら、かなり遅れた感はありますが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本がようやく
~~~~~~~~~~~~~~
「アメリカに追随して日本は破綻したくない」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
として動いてきたことが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日銀のQE増額幅の小ささから見て取れるのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私があまり最近安倍とか自民を批判しないのも

この辺のQE部分の増加幅の小ささを見てるってのが

理由なんですが


ここでアメリカのトランプに合わせて自滅の道を

取っていないのです。


イメージとしては分かりやすくいうと

トランプ大統領が安倍に言ってるわけです。


「おい、日本の安倍よ。

とりあえず俺らアメリカは先にでっかいQEジャブジャブマネーを

ぶっぱなして 昇天していくわ。


そのあとは・・・どうなるかは知らない。


が、日本、お前らはまだダメだ。なんとか生き残れ。」


見たいな感じでしょうか。



ちなみに、今回安倍が緊急事態宣言となりましたが

あれは アメリカ宛のエクスキューズ、言い訳に使われており


本来日本のジャブジャブマネーってのは

今までアメリカの債券市場を買い支えるためにほとんど

使われてきたのですよ。


けど今回の自民党議員たちの動き見たら分かるけど

かなり国内向けの対策に使われる方向です。


だから「日本も緊急事態宣言なので

日本にもお金使わないといけないので

アメリカさんはアメリカさんで頑張ってください」


という感じで緊急事態宣言がQEの資金の使い道で

アメリカに流さない言い訳として機能してる構図は

感じ取る必要がある。


これは韓国なんかもそうで、アメリカに道連れにされないように

緊急事態宣言なんかは2月に出たんですよ。


けど最初の1週間はみんな家にいたけど

そこで徐々に経済も再開していったわけですが


実際世界の政治家たちで本音ベースで新型コロナの殺傷性を怖がってる人は

あまりいませんから


(日本の自民党の安倍さんの下の

某トップが全くマスクしていないのはそれです。)



そこで狡猾に経済が縮小しないように韓国の政治家達は

動いて経済がストップしないようにしてたんですね。



日本でも厚労省の官僚とかは

これ結構クレイジーなので思いっきり経済ストップさせるために

動き回ってマスコミに そのようにプロパガンダさせてますが


彼ら官僚機構はアメリカと心中することを考える人間ですから

そういったプロパガンダをする。


が、やはり政治家達は官僚たちがようやく崩れていく流れが

新型コロナ騒動で出来上がったのですから


ここでなんとか日本を道連れにしないように動いてきた流れ

は見て取れますよね。



日本語圏ではこのような分析は田中宇先生を除いては

ほとんど誰もしていないと思いますが


やはり私はこの見方が極めて現実を反映した見方だろうと

現時点で判断してます。


それで私は予想とか予測はあまり意味がないと思うので

現状の環境認識ばかりするようにしてきましたが


日本でいうと


■選挙で選ばれた政治家たち

⇒経済をあまり止めないで 日本の経済が

アメリカに巻き込まれて地獄に道連れにならないように

動き出している。


感染問題は結局 集団免疫しかないのですから

そっちの方向にいずれ舵を取りたい。

が官僚が後ろにいるマスコミとそれに洗脳された大衆が

それを批判している。


■選挙で選ばれてない官僚機構たち

⇒ とにかくロックダウンをしたい。経済を完全に止めたい。

その上でQEをもっと急拡大させて

アメリカ様の債券市場を買い支えるために


日本の長期金利が跳ね上がってもなんでも

アメリカ帝国を維持したい。

そして強烈なプロパガンダ力を持ってるので

民衆を未だ洗脳下においている。



という状況ですよね。

(全額一律給付のお金を配布して、ってのは官僚の案でしょう。

ああやってジャブジャブマネーに依存させて抜けられなくして

勘定を拡大させたいのでしょうが、政治家たちはそれをかわしました。)



ちなみに日本と韓国なんかは似た状況ですが

政治部分だと韓国のほうが早く動きがでる傾向がありますが


最近は韓国ではムンジェインなんかの政治家たちが

官僚たちを押さえ込みだして選挙で勝つ確率が上がってますので


日本も政治家優位となっていく確率は上昇してますね。



ちなみに、事業者さんたちで

日本の官僚たちが参入しだしたラインアットなんかで

もうアカウント止められてる人も増えてきてるけど


彼ら官僚達はとにかく経済を止めたい。

本当は厚労省なんかがラインアットで打った

8400万人へのアンケートはオプト取っていないのですから

違法中の違法ですが


それでもなりふり構わずそう動いてる。


日本の官僚達はクーデター集団である。



そこで日本では政治家たちがこれから戦っていくことになります。

民衆たちもそろそろ 周りで新型コロナで死んでる友達とか

滅多にいないわけですから


何かプロパガンダのおかしさに気づいて

私たち日本の民衆の敵は自国内にいる官僚勢力である

って気づくときです。


それでもう金融部分では本当の動きが見て取れて

上に書いたように


「アメリカが本当に最後の旅」に出始めたわけですね。


アメリカのQE増加率を見ると異常です。


一時的な増額で好景気を自称することはありえますが

数年先のことを考えていないのは明確ですが


だから今後世界で一番大変なのがアメリカ人たちです。

それで日本であったり韓国であったりのアジアの国々が

このアメリカの動きから逃げ切れるか、


地獄への道連れされないか?


というのが今後の焦点ですね。


「アメリカ帝国地獄への道筋」が新型コロナ騒動で

整えられつつあります。



それで私達はマスコミやネットニュースや

官僚たちに飼われた大物ユーチューバーたちが何を言っても

動じず、パニックにならず、


冷静に彼らが狙ってる目的を見破って

先に先に考えて対処していきたいところですね。



それでは!



ゆう





追伸・・・

それで以前に新型コロナ騒動はどうも

「過激にやって失敗させる」ネオコン派が仕組んだものではないか?

ということも書いたけど


今回の新型コロナ騒動の諜報分野の分析である程度

見えてることがありますね。


それがまず最初は

田中宇先生がおっしゃる隠れた極主義的なネオコンのような

勢力が


「中国に経済的な打撃を与えてそして

アメリカをしのぐのを止めるぞ!」


と言う感じで動いていたのだけど


その後、それは中国よりアメリカ側諸国の経済に

大打撃を与えるブローバックとなったと。


すなわち「過激にやって失敗させてる」構図は見えてきてます。


もう中国なんかは経済再開させており


一番大変なのが先進国地域となっている。


■新型コロナウイルスの影響が残るなか、中国は徐々に日常を取り戻そうとしている
https://wired.jp/2020/04/06/ch……elsewhere/



以前もトランプ大統領が

「イランはけしからん、制裁だ!」といいつつ過激にやったけど

実際は そのイランは中国とロシアとくっついて


そしてこれから発展していきそうな流れになってきてるんだけど

こうやって 「過激にやって失敗させる」ってのが

ネオコン派の特徴ですね。


それで結果としてはQEの行き詰まりがこれから出てきて

近いうちにアメリカ帝国覇権が本気で崩壊していくわけで


世界がアメリカ帝国一極支配から

G20+国連の世界政府が台頭していく新世界秩序になっていくと。


以前は陰謀論とか言われていた世界政府と言う言葉が

イギリスのニュースから出てきたところから分かります。


本当はアメリカはリーマンショックで一度潰れていたはず

なのですが


そこで無理やりQEで蘇生して生き残ってますが

ここにトドメを差すための新型コロナ騒動が引き起こされてる感は

あります。


それでアメリカが崩れて

日本がすっからかんになるのか、


なんとか耐え切るのかという瀬戸際ですが

そういった意味でこれから日本の政治家たちの動きに

注目となりますね。


安倍首相だけではなくて

小沢さんの側近であって今は安倍さんの右腕として動いてる政治家さんも

いますが


彼らの動きがこれ日本の民衆の運命を大きく左右することに

なりそうです。




追伸2・・・またこれから日本は政治家優位で動けるか否か?

の問題でやはり大事になるのが韓国大統領選挙です。


現状はムンジェインの共に民主党が有利ですが

野党の未来統合党が不気味な動きを見せております。


ここで簡単に言うと 共に民主党ってのは私はもう2017年に

メルマガで韓国にいて分析を書きまくって送ってましたが

やはり反対米従属官僚の勢力なんです。


韓国にも昔の第日本式の官僚たちに有利になる検察制度なんかが

あったけどもそれをムンジェインが改革した。


が、日本の官僚たちと韓国の官僚たちってのはここは

つながってるのが現状ですが


この韓国の官僚たちの代弁勢力が野党の未来統合党ですね。

この分かりやすい説明を、日本の大手メディアやネットニュースは

絶対言いたがりませんが。


ここで選挙でムンジェインの与党が無事勝てるかどうかが注目です。
(現状はムンの有利)


ここでムンが順当に勝てば

日本の政治家たちにとっては良い風となり

日本の官僚たちには本音で打撃となる。



そういう意味で最近は同じ対米従属の国として

韓国と日本の政治の動きは連動してきてるので

(日本では安倍、韓国ではムン、が官僚勢力と戦いだしてる。

だからマスコミには批判されるが)


だから今度の韓国大統領選挙は極めて注目でありますね。


それでは!





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【2020年スペシャル動画】初心者から8ヶ月で100万円を400万円
にした生徒さんから「負けない姿勢」を学ぶ!
⇒  https://fxdojo.online/refree/report/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆








コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください