無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「安倍首相の新しい記者会見動画」を見て「集団免疫作戦」 について考える!】

2020 3月 30 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【「安倍首相の新しい記者会見動画」を見て「集団免疫作戦」
について考える!】
⇒編集後記で!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2日前の土曜日3月28日に安倍首相の記者会見がありました。

たぶん 安倍嫌い とか安倍好きとか色々あるとは思いますが

今世界で大変重要な 日本という国のトップの会見動画1時間なので
情報価値はかなり高いと判断します。


それであまり日本のマスコミでは一部しか流れていないようなので
まだ40万人前後しか見ていないようですから
下にリンク張っておきます!

【動画】安倍内閣総理大臣記者会見
⇒  https://youtu.be/a9xFi8g7eiI


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<新>「億り人」から学べる!


「無料FX道場の8話目」を学ぶ!


【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンの
あわせ技講義】


※8限目※【基礎知識・分析】ホリゾンタルラインで混乱しないためには
⇒  https://fxdojo.online/refree/k……so_konran/


※「いきなり8話目から見たらレベル高すぎて分からない!」という

人もいらっしゃるかもです。そういう場合は


1話目から見てみてください!

1話目からのリンクはページ右側にまとまってます。
(スマホ出見てる人は一番下より)


そこで1話目からの動画やPDFを学べます!


⇒  https://fxdojo.online/refree/k……so_konran/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声1本目】をついに公開!!


直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx1.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




どうもゆうです!

こんにちは!!



さてさて、昨日ですが自粛を要請された

東京都の土曜日と日曜日が終わりました。


雨が降り雪が降りという感じではありましたが

ただイタリアやマレーシアのように外出は禁止されていなかった

というのがこれ 世界でも特殊な日本の現状です。



それでここ最近ですが私なんかは

アメリカのトランプ大統領、日本の安倍首相

なんかの直接の情報なんかは結構見ているのですが


この前ですが安倍首相が3月28日の土曜日に

1時間以上の記者会見をやってました。


一応メディアでは切り取り型で一部しか扱われていなかったですが

最近は大変便利なもので


もう 1時間丸々、このような記者会見動画も

ネットを通して私たち一般民衆でも見ることが出来ます。


それでまだこの ネットで記者会見動画がリアルに見られるってのは

知られていないようで


首相官邸のチャンネル登録者数はヒカキンの数十分の1ですが

ただ極めて重要性の高い情報ばかりでしょうから


下に張っておきます。


一応安倍好き、嫌いとか色々あるとは思うのですが

ただ現実に一国のトップが彼なので


実際に現状はどのような感じなのか?

知るのに大変役立つでしょうから


また安倍首相も以前はこれ官僚の原稿を読み上げるだけの人でしたが

この会見は自分の言葉で話していて本音部分もかなり多いでしょうから

あなたも幾分と参考になると思いましたので共有しておきます!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【動画】安倍内閣総理大臣記者会見(3月28日土曜日の会見)
⇒  https://youtu.be/a9xFi8g7eiI

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ちなみに最近はこの首相官邸の記者会見ですが

フリーの記者たちも入ってでの会見となってまして

聞き応えのある内容となっていると私は思いました。


安倍首相はこれ舌足らずではありますが

そして私は以前に「日本の安倍はいつも官僚の原稿丸読みしてる」という

批判を書いてしまってたものですが


今回は時々下は確認するものの、

ちゃんと安倍首相はこれ自分の言葉で話してますね。


ちなみに最近はフジサンケイグループが何気に

アメリカのFOXのように健闘しだしているってことを書いてますが


記者会見の全文で文字はこちらですね。

【首相記者会見全文】(下に1~続いていく)
https://www.iza.ne.jp/smp/kiji……17-s1.html




ちなみに昔はマスメディアなんかが記者会見出席して

それを勝手に色々と解釈して記者たちが記事を扇動で書いていましたが


今はアメリカのトランプもですが、

日本の安倍もですが


こうやって直接1次情報を私たち民衆がユーチューブなり

ツイッターで見られるようになったのは大きな変化ですね。


とりあえずもう少し首相官邸のユーチューブチャンネルを宣伝したら

どうだろう・・・(笑)

めっちゃ重要なのに。


それで、私が極めて注目したのがそう、

「首都封鎖」なんかの話が直接安倍首相によってされてるのですが


これは私のメルマガでも 政治家たちが官僚たちに抵抗して

頑張ってるのではないか、というストーリーを書いたけど


やはり安倍の会見見る限りではありますが

ここ多分みんな注目のところですが


安倍首相が言ってるのは


「そして、今おっしゃった、あのロックダウン(都市封鎖)のような状況、

これあのただフランスと比べてですね


これを強制的に罰則を伴ってやるということではなくて、

例えば、知事からはですね、


あくまでも要請と指示ということになるわけでございますが、

その中でご協力をいただかなければならないと考えております」


と、いうことですね。




52分30秒からの記者の質問に答えてです。

これおそらく多くの日本人が知りたいところでしょう。



「外出禁止はありえるのか?できるのか?」についての

安倍首相の回答。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

52分30秒から~

【動画】安倍内閣総理大臣記者会見(3月28日土曜日の会見)
⇒  https://youtu.be/a9xFi8g7eiI
(実際のロックダウンについての発言は56分から)

文章
https://www.iza.ne.jp/smp/kiji……31-s1.html
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ここで 「フランスのように強制的な罰則を伴ってやるものではなく

あくまで要請と指示なのでご協力お願いいただければ」

ということを言ってますが


これは朝日の記者への回答としてありますが

朝日はこの辺をちゃんと報道していないように私は感じました。


あくまで安倍が言ってるのは

「要請と指示であり強制力はない」ってことであり

現状その方向性でありさらに 本当に強制力を持って官僚たちが

望むようにロックダウン首都封鎖したいならば


「これあのただフランスと比べてですね
これを強制的に罰則を伴ってやるということではなくて、」


という発言をしないはずなんですね。

本当に強制したいなら 強制の部分を色々 遠まわしな言葉を

政治家は使うものですから。


だから左派新聞はこの辺の分析を故意に入れていないと思いまして

私は少し危険だなと思って今号を書いてるのですが


いずれにしても安倍は比較的強制的な首都封鎖は

このまま拡大してしまったらないとは言えないけど

現状 要請で強制ではないのだ、ってのをはっきり言ってるのは


きっと初めてこの記者会見動画を見て知る人も

多いでしょう。


これはだから 安倍嫌い!っていう人ほど見たほうがよいかも。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

52分30秒から~

【動画】安倍内閣総理大臣記者会見(3月28日土曜日の会見)
⇒  https://youtu.be/a9xFi8g7eiI
(実際のロックダウンについての発言は56分から)

文章
https://www.iza.ne.jp/smp/kiji……31-s1.html
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



それでまあ沢山色々書きたいのですが

今日はズバリ新型コロナ問題で、どうもイギリス式の

「集団免疫作戦」の方向に動いてきてる流れは見えてきます。


この「集団免疫作戦」というのがおそらく今の

対官僚の政治家たちの作戦の一つなんだろうと思いますが

文科省でも今度、学校を再開させます。


それでこの辺について田中宇先生も書かれていたので

首相の記者会見動画も見た上で

その辺の記事を今日は学びましょう!


たぶんよくある2次、3次情報見るより確実な情報だと

私は思います。


あと私たちは投資家であるけど私たち投資家はこんなとき

どう振舞うべきか?も考えたいです。


編集後記で!










☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【スペシャル動画!】「新型コロナ暴落相場で1438万円稼いだ方法」
⇒  https://fxdojo.online/refree/member311/
(3月のWEB勉強会の一部を公開してます!)





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【無料FX道場の現在公開してる10時限目までの
動画講義まとめ】


■1時限目
【オープニングコンテンツ】
あなたの常識が覆されるFXの世界
⇒  https://fxdojo.online/refree/openingfx/



■2時限目
【オープニングコンテンツ】
野田式FX道場 鉄則5か条

⇒  https://fxdojo.online/refree/opening_ts/


■3時限目
準備編
野田推奨のFX口座について
⇒  https://fxdojo.online/refree/zyunbi1/



■4時限目
FX経験者でも知らない便利機能が盛りだくさん!
チャートの見方とMT4の設定・基本操作
⇒  https://fxdojo.online/refree/zyunbi2/



■5時限目
ライン分析 初級編
⇒  https://fxdojo.online/refree/kiso/




【番外編プレゼント】
※最新版※野田式独自ライン(ゾーン)の引き方を徹底解説!
⇒  https://fxdojo.online/refree/2019new/



■6時限目
「億り人」FXトレーダーが教える
トレンドの真の見かた
⇒  https://fxdojo.online/refree/kiso_truth/



■7時限目
大切なお金を失わないための

「最重要」スキル 資金管理

⇒  https://fxdojo.online/refree/k……so_shikin/




■8時限目
ホリゾンタルラインで混乱しないためには

⇒  https://fxdojo.online/refree/k……so_konran/



■9時限目
億トレーダーが使う
指値、逆指値注文の

「現場の使い方」とは?

⇒  https://fxdojo.online/refree/order/





■番外編スペシャル動画

億トレーダーの真髄から学ぶ

「サポートレジスタンスの定義」

⇒  https://fxdojo.online/refree/bangai/



■10時限目(実践編)
トレードの練習で
総合力を身につける!

⇒  https://fxdojo.online/refree/z……sen_trade/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

   <NEW>【音声プレゼント】

「損失額を最初に確定して戦略的リスクテイクをしていくと

ガチに人生は変わる!」(確率が非常に高い)

という音声です!


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……settei.mp3



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆













===========編集後記============

さてさて、連日これ色々新型コロナ関係の話が

多くなって恐縮です。


が、やっぱり情報として色々私も調べていて

まあ参考になる人、役立つ人も多いかなと思って書いてます。



それで今日は何よりもやはり安倍首相の2日前の

記者会見動画ですよね。


これがもう最近はユーチューブで見られますから

これ見るのが一番 分かるのではないかと思った次第です。


ちなみに 原稿丸読みの記者会見は意味がないですが

安倍首相はこの数年少し変化がありまして

今回の会見なんかも自分の言葉で トランプ大統領のように


ちゃんと話すようになってますので


自分の言葉ですから本音が出やすいってのもありまして

そういう意味で参考になる。


特にみんなが気になる「ロックダウン、首都封鎖」に関して

日本のトップがどう捉えてるか?が


これ56分くらいで分かりますよね。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

52分30秒から~

【動画】安倍内閣総理大臣記者会見(3月28日土曜日の会見)
⇒  https://youtu.be/a9xFi8g7eiI
(実際のロックダウンについての発言は56分から)

文章
https://www.iza.ne.jp/smp/kiji……31-s1.html
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



ちなみにこれがマスメディアの怖いところでして

マスコミなんかはこの記者会見に出席した記者たちが


勝手に自分たちの背後の官僚に忖度(そんたく)して

そんで記事を書いて、それが大手ネットニュースサイトなんかで

報じられているのが現状でありますが


この会見動画を見て私が思ったのは

「かなり日本の左派メディアは歪んでおり、

官僚たちの 早く憲法骨抜きにして首都封鎖したい」


っていう欲望に沿って記事書いてるのがよく分かるわけです。



安倍はこの記者会見動画だとフランスの事例を出して


「これを強制的に罰則を伴ってやるということではなくて、

例えば、知事からはですね、


あくまでも要請と指示ということになるわけでございますが、

その中でご協力をいただかなければならないと考えております」




ということを56分くらいから発言してるわけで

「強制的な罰則を伴わない」

ということを明言した上で


要請と指示にしてるということを言ってますよね。

だから実のところ結構 憲法に配慮してる姿勢は見えるのですが

なぜか 左派メディアが「安倍の独裁で私権制限で大変なことに」

と報じてるわけですが


かなり歪んで情報が伝えられてるのが

上記記者会見動画を見ると、分かります。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

52分30秒から~

【動画】安倍内閣総理大臣記者会見(3月28日土曜日の会見)
⇒  https://youtu.be/a9xFi8g7eiI
(実際のロックダウンについての発言は56分から)

文章
https://www.iza.ne.jp/smp/kiji……31-s1.html
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ちなみに「所属と名前」を言うように記者たちは言われて

質問してますが


じゃあこの会見動画で質問した記者達はどう報じてるか?

見ると分かりやすいですよ。


「彼らはどのような流れに誘導したいのか」が全部分かる。


答えを言うとWHOとツーカーの厚労省官僚たちが

憲法骨抜きにして 私権制限を実質できる法案を立法

なりを実際は求めているけども


それを左派メディアは本当は以前に安倍に圧力かけたように

狙ってるのが見えてきます。


ただ最近はこれネットで直接1次情報をこうやって

見られることによって


そういう左派メディアの嘘が、トランプ大統領の時と同じように

日本でも「ばれて」きてますね。


この会見オープンは本当に素晴らしい、と思う。


特に最近は安倍首相なんかは

自称は保守の本当は国家社会主義者=左派の

ネットウヨにも嫌われてますが

だからこそ見る価値が高まってると私は思ってます。



まあだからこの会見見るに

「報道では全然伝わらないけど

直接見ると結構ちゃんとやってるような・・・」


という感想の人が多いのではないかと私は思います。


田中宇先生が以前指摘されてましたが

安倍も2016年以降から急激に変わってきてます。



それでその田中宇先生ですが、この方は副島先生のセミナーなんかにも

ゲストとして出られてたりする方ですが


そして安倍首相はこれ副島読者ですね。


まあそれでここで この会見動画見ると明確に

わかってくるのが

「どうも日本はイギリス式の集団免疫作戦に

切り替えたのではないか?」


という仮説は考えられると思いました。


やはり安倍の質疑応答見るに、それを念頭に置いてる感じは

しますよね。


それでこの辺についてた田中宇先生が記事で書かれていました。

ちなみに最近は彼の記事の一部は有料ですが


コロナ関係は公共性があるから、ということで

無料にされてます。


見てみましょう!

なかなか「前を向いてる記事」だと私は思います!!


ちょっと難しいと思う人もいるかもだけど

単純に「集団で免疫つけて立ち向かうぞ~」ってなってる

っていう話でその詳細を書かれてます。


田中宇のニュース解説
https://tanakanews.com/200329virus.htm

より引用
===============
2020年3月29日   田中 宇


新型ウイルスの発症が世界的に急拡大している。


日本でも、3月24日に東京五輪を延期した直後、

東京を中心に発症者(統計上の感染者数)の増加が加速し、


3月25日以降、東京都など首都圏で外出自粛要請が強化され、
都市封鎖の状態に一歩近づいた。


五輪の中止を決めたとたんに統計上の感染者数が急増し始め、
同時に都知事が危機感を煽る形式で自粛強化を発表したため、

タイミング的に不自然だ、ウラがあるはずだ、という読みも
マスコミで流れている。私も初めはそれを疑った。

統計上の感染者数は操作できる。


日本政府はこれまで、感染の検査をできるだけしないことで
統計上の感染者数を低めに出してきた。

この歪曲策が五輪開催のためだったと考えると、
五輪延期が決まった以上、歪曲策も必要なくなるので、

次は逆に、政権の権力強化のために危機感を扇動する策に
大転換したという見立てが可能だ。


だがその一方で3月28日、
千葉県東庄町の障害者施設で58人、東京都台東区の病院で60人以上の
集団感染が出現した。

このような大規模な感染の頻発は
これまでの日本になかったもので、発症者の急増が、
統計の歪曲によるものでない

(統計の歪曲を乗り越えて発症者が急増している)ことが感じられる。

「五輪を延期したので感染急拡大」でなく、
逆に「感染急拡大が予測されたので五輪延期を決めざるを
得なくなった」と考えられる。


アジアでは3月20日ごろから、
発症が急拡大する欧州からの帰国者の流入によって、

中国、香港、シンガポールなどで発症者が急増し始めた。

WHOは全世界に都市閉鎖(ロックダウン)など
厳しい対策を求め始めた。
日本でも発症者の急増が予測される事態になった。


日本政府が東京五輪の開催にこだわって
強いウイルス対策を採らないままだと、

日本に対する国際批判が急速に強まり、
日本政府が悪者にされる形で五輪延期に押しやられる。

それを避けるため、安倍政権は発症者が
急増する直前のぎりぎりの段階で五輪延期を決め、

翌日から唐突に「首都閉鎖」を視野に入れた
強い自粛要請を出し始めたと考えられる。

五輪固執のせいで強い政策の発動が
1週間遅れたと指摘されている。


これまで日本は、感染者統計の増加が異様に少ない
「奇跡の国」だったが、今後は毎日千人ずつ増え続けるような
「ふつうの国」になるかもしれない。


そうなると、東京など首都圏で今後、店舗の義務的な閉鎖や
人の移動の制限など、
今より強い規制が発動されて「首都閉鎖」の有事体制になり、


それが2-3か月は続く。

敗戦国である日本は、これまで政府が強権を発動しくにい
状態になっており、これまで強権発動の制度を作っても、
実際に強権を発動する機会が少なかった(311の福島など)。


今回の首都閉鎖は、東京で有事体制を挙行する初の体験となる。


▼都市閉鎖は一時しのぎの策。集団免疫の形成しか解決にならない

WHOは、世界中で都市閉鎖をやれと言っているが、
都市閉鎖は最良の策でない。


ワクチンがない段階での新型ウイルス危機の唯一の最終解決策である
「集団免疫」の形成は、都市閉鎖をできるだけやらない方が達成しやすい。

加えて、都市閉鎖をやらない方が経済活動をできるだけ
存続して失業や企業破綻を回避できる。


集団免疫と経済維持の両面で、
都市閉鎖はできるだけやらない方が良い。


都市閉鎖をやると、いったんは感染拡大を抑止できるが、
閉鎖を解いたら再び感染が拡大する。


閉鎖を解いて感染が再拡大したら
「閉鎖を緩めたからだ。早く元の閉鎖状態に戻せ」
という世論や権威筋からの圧力が強まるので、


なかなか閉鎖を解除できなくなる。


政府に小役人が多いほど、閉鎖は長期化する。


都市閉鎖は一時的な拡大抑止策にしかならず、
最終解決策でない。


しかも長期化しやすく、
経済(雇用、市民生活、教育)に大打撃を与える。


都市閉鎖は、一時的な安心感を得られるだけの策だ。


ワクチンがない中での最終解決策は、集団免疫の獲得しかない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

集団免疫とは、若者を中心に多くの人(住民の6割以上)が
軽症もしくは無症状でウイルスに感染した上で完治して

体内に抗体を得た状態をさす。


ある地域で集団免疫が形成されると、
その地域によそから感染者が入ってきても、

周囲のほとんどが抗体保持者なので他人に感染していかず、
ウイルス危機が再発しない。


完治して抗体を得た人は
一定期間(SARSなどの先例から類推して
新型ウイルスの抗体維持期間は数か月から数年)、


体内の抗体が維持され、その間は人に接しても他人から感染しないし、
他人を感染させることもない。


新型ウイルスの抗体を得ていることが確実な人は、
行動を自粛する必要がない。


いったん都市閉鎖に近い状態になっても、
広範な抗体検査を実施し、
抗体を得ていると確認できた人から順番に、


病院や役所や企業や店舗や学校に復帰して働くよう
にしていけば、ウイルス危機を克服でき、
安全に閉鎖を解いていける。


以前の記事「英国式の現実的な新型ウイルス対策」に書いたように、
欧州では英国が集団免疫の獲得をウイルス危機の解決策として掲げた。


英政府は3月15日の発表で、高齢者など免疫力が弱い人々に対し、
若者ら国民の大半が集団免疫を獲得するまでの3-4か月間、
自宅で隔離生活を続けるよう要請した。



国民の大半が集団免疫を得た後なら、
高齢者が外出しても感染しなくなる。


英国のほか、オランダとスウェーデンも
集団免疫の獲得を政策にしており、国民が集団免疫を得ることを優先し、

国民に対する行動規制(他人との距離をとることの義務づけ)を
半ば意図的に弱くしている。


ストックホルムでは今週末も飲食店が繁盛している。
(東京と同様、近いうちに店を開けなくなるかもしれないが)


とはいえ、集団免疫策にも欠点がある。


最大のものは、若者の中にも発症したら重篤ないし
死亡する人がおり、誰が発症時に重篤になるか
事前に予測困難なことだ。


集団免疫を政策として掲げた英国やオランダ、スウェーデンでは、
野党やマスコミや世論が

「集団免疫策は人殺し政策だ」
「人命を尊重せず倫理的に問題だ」
「国民にロシアンルーレットを強いている」と批判している。


加えて、集団免疫の形成を重視して国民への行動規制が弱いままだと、
発症者が増えて病院の集中治療室が満杯になって

医療崩壊を起こす可能性が強まる。


英国政府はこれらの批判を受け、
3月15日に発表した集団免疫策を5日後に撤回した。


集団免疫策は政治的に不評だ。


しかも英国など欧州各国では3月中旬以降、
感染者・発症者が急増しており、


都市閉鎖によって発症の急増を
抑止せざるを得ない状態になっている。


英政府は医療崩壊の回避策として、ロンドンの巨大な展示会場を
新型ウイルス専門の病院に改造するなどして

全英で3万人の病床を新設し、今後の発症者急増に備えている
(英国の現在の発症者は1万7千人。
英国でも日本と同様、顕著な症状がないと感染検査してもらえない)。


野戦病院らしくナイチンゲールの名を冠した
ロンドンの4千床の新設病院は、

軽症者、中程度、重症者に区域分けされ、遺体安置所も2つある。

今後確実に発症者が急増することを感じさせる。


しかしそんな中でも英政府は、

集団免疫を「事実上の政策」として維持している。


英政府は3月23日、集団免疫策の根幹となる

抗体検査用の検査キットを350万個、製造メーカーに発注した。


英国の医療界では異例なことに、アマゾンなど通販業者を通じて
急いで販売・配布する策をとり、

医師や看護師に優先配布する。


抗体検査によって、体内にすでに抗体があることが
確認された医師や看護師は、
新型ウイルス感染の恐れを抱かずに病院で働ける。


抗体の存在が確実な人は防護服を着ずに
感染者に接しても感染しない。


抗体検査キットが医療関係者に行き渡った後は、
その他の一般の英国民にキットが行き渡るようにする。


抗体の存在が確認できた人から職場に行けるようになり、
都市閉鎖を解いていける。


抗体検査は「血清学検査(serological tests)」と呼ばれ、
自分の少量の血液をとって検査し、結果が15分でわかる。


抗体の有無の確度は90%以上だ。
抗体は、感染してから1週間ぐらい経たないと
体内に作られないので、感染初期の人を探すためには使えない。


既存の感染検査であるPCRは、
喉や鼻の粘液を採取して新型ウイルスの遺伝子が
存在しているかどうか調べるもので、


感染初期の人も検知できるが、結果が出るのに時間がかかるし、
確度が60%前後と低い。


英国では従来、日本と同様、政府がなるべく
PCR検査を行わないようにしてきた。


軽症ないし無発症の状態の人が検査で陽性になって
感染が確認された場合、

そのまま帰宅させると周辺の人々に感染させてしまうし、
感染者が近くにいたことを知った近所や職場が
パニックになるため、病院に入院させざるを得ないが、


そうなると軽症者で隔離病棟が埋まってしまい医療崩壊する。

検査させなければ感染の有無もわからないままなので、
重症でない限り発症しても検査せず
自宅で外出禁止の生活を送らせれば、家族以外にはうつりにくく、

近所や勤務先も知らぬが仏でパニックにならず、
病院の医療崩壊も起こらない。


だから日英など多くの国々の政府が、
国民に感染検査を受けさせないようにしてきた。


検査拒否は「不正」というより「次善の策」である。


今回の英国などの積極的な抗体検査は、これと異なる考え方だ。

抗体検査を広範にやると、完治した人だけでなく、
軽症で感染している最中の人が無数にいることが露呈する。

感染者が免疫が弱い高齢者や持病持ちと同居している場合、
感染が発覚した以上、そのまま帰宅させるわけにいかない。


新設の病院があれば、完治するまでそこに入院させておくことができる。


積極的な抗体検査は、米国でも開始されている。
米国の発症者の半分を占めるニューヨーク州と隣のニュージャージ州では、

人に接することが多い医療関係者や
警察官、地下鉄職員の中から発症者が相次ぎ、
自宅隔離を命じられている。


現場の人出が足りないので、
完治した人から職場復帰させていく必要があり、
その際に抗体検査が行われている。

抗体検査は、その他の職種の人々の職場復帰にも役立つ。


トランプ大統領は3月24日に

「イースター(4月12日)までに米国経済を再開したい」
と表明した。


ちょうどNYなどで発症が急拡大しており、
私を含めて多くの人が「そんなのできるわけない」と考えたが、

意外にそうでもないかもしれない。


もしイースターの前後に「抗体検査を拡大し、
すでに抗体を得た人から順番に職場復帰し、経済を再開していく」
というシナリオが少しずつ現実になっていることが確認されれば、


米国民にとって明るい話題となり、
トランプは親指を立てて「オレの言ったとおりだろ」と言え、
支持率を上げられる。


英国の感染症専門家で、米英政府の新型ウイルス政策の
立案に参加してきたニール・ファーガソン(Neil Ferguson)は

3月16日に


「人類の7割が感染し、英国でも2百万人が死ぬ」という予測を発表するとともに
「ウイルス危機を乗り越えるには集団免疫の獲得しかない」
とも言っていた。


だが彼は3月26日に予測を大幅に改定し

「新型ウイルスの感染力が意外と強いので、すでに英国民の半分が
(ほとんどは無発症で)感染して抗体を持っており、

まもなく集団免疫が達成される。


新たな予測では、入院者が最盛期でも2万人以下なので
医療崩壊は起きない」とする新予測を英議会で発表した。



英政府は3月26日、発症者が急増しているにもかかわらず、
ファーガソンらの新発表をもとに、

新型ウイルスに対する危険性を格下げしてしまった。


英国の感染者はすでに1万7千人なので、
ファーガソンの新説は多くの専門家に否定されている。


政治的に歪曲された新説だと指摘されている。


同日、英政府の首相と保健相というこの件の最重要な
2人が新型ウイルスに感染(したことに)し、

マスコミや野党に合わずにすむ状態に入った。
確かに怪しい。

だが、ファーガソンの分析が間違っていると言うなら、
英国での抗体保有者の正しい比率は何%なのか。


他の人々は「間違っている」というだけで自分の説を表明していない。


日本は中国に近いので、英国より1か月ほど先行して
新型ウイルスの感染が国内で拡大している。


現時点で英国では人口の半分が抗体を得ているという
ファーガソンの説が正しいとしたら、


日本は英国より抗体保持者の割合がずっと多いはずで、
集団免疫がとっくに達成されていると考えられる。


中国などと異なり、日本は都市閉鎖を全くやっておらず、
人々は先日まで注意しつつも自由に外出し続け、

若者を中心に無発症の感染が拡大して
集団免疫に早めに近づく素地が豊富にあった。


日本は隠然と、もしくは無意識のうちに
集団免疫策を採ってきた「ステルス集団免疫策」の国だ。


しかし今、日本はこれから再び発症者の急増が
起きる可能性が高いとされている。

中規模なクラスターが次々と発生している。

集団免疫が形成されているようには全く見えない。
新型ウイルスは感染力がとても強力だと言われているが、
何らかの阻害要因があり、実際の感染力はそれほど強くないのか?。


もしくは、いま欧州で大感染しているウイルスは、
もともと中国や日本で感染拡大したウイルスから変異して
感染力や病原性が強くなっており(だから欧州の致死率が高い)、


日本人は最初の中国発祥のウイルスでは集団免疫が形成されているが、
その免疫力は変異後の欧州発祥のウイルスにあまり効かないので、

日本で再び感染が拡大しているのか?。


世界中で多くの研究者が新型ウイルスを遺伝子解析しており、
変異が起きているのであればすぐに発表されるはずだが、

何らかの理由で発表されていないとか??。わからない。


感染者急増の度合いにかかわらず、
日本でも英国と同様の抗体検査の拡大による抗体保有者の確認を行い、

集団免疫にどのくらい近い状態なのか調べた方が良い。


そうすれば、抗体保有者から順番に職場に出て行くことができ、
経済や医療システムの崩壊を減らすことができる。


英国などと同様に、
感染が確認された軽症者が入れる新設の病院を、
大きな展示会場などを流用して新設することも必要になってくる。


集団免疫獲得と経済維持の観点から、
都市閉鎖(ロックダウン)はなるべくやらないほうがよい。


若者の外出は、集団免疫の観点から黙認されるべきだ。



===============



以上です!


大変重要な文章である、と私は思いました。


「集団免疫の獲得」これが大変大事ですよね。


そしてどうも今回の安倍首相の会見を見る限り

田中宇先生の指摘である


「日本は隠然と、もしくは無意識のうちに
集団免疫策を採ってきた「ステルス集団免疫策」の国だ。



というのがありますが


おそらく意図的に当初からそれをやってることでしょう。



ちなみにこれに大反対してるのが左派の人たちで


「絶対に 憲法骨抜きにして外出禁止にして

首都封鎖しないと危ない!


警察と軍隊でも使って外出を押さえ込むべきだ」

なんて言ってるわけで


これは厚労省の非公開文書を吉村府知事が公開しましたが

そこで「積極的介入段階」というのを厚労省が計画してるのを

吉村府知事が暴露したんですが


この官僚たちの憲法骨抜きを支持して左派メディアが

記事構成を作ってるのは


日本でおそらく一番早く憲法骨抜きの魂胆を書いてる私から見て

間違いないですね。


だから安倍首相なんかが 人権介入が比較的ゆるい

新型インフル特措法なんかに新型コロナをぶち込んだのでしょう。


ここで日本人は大雪とか大雨とか地震とか

台風とか昆虫被害とか洪水とか津波とかが

なければ 外出をして集団免疫を獲得できるという


算段が当初からどうもあっただろう、というのが

仮説として成り立ちますね!


(ちなみにこれからそういう変な不自然な気象があれば

気象技術が世界で常識になってる現代において

疑われるのは 国交省や厚労省や文科省の官僚の方々になる。)



それで安倍首相なんかの動画を見ると分かるのですが

明らかに政策の方向性としては集団免疫獲得なんかは

言及していないものの


そっちの方向で考えてるのがよく答弁で分かります。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

52分30秒から~

【動画】安倍内閣総理大臣記者会見(3月28日土曜日の会見)
⇒  https://youtu.be/a9xFi8g7eiI
(実際のロックダウンについての発言は56分から)

文章
https://www.iza.ne.jp/smp/kiji……31-s1.html
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




ちなみに官僚側の左派メディアがよく

テレビで起用する教育評論家が

「学校を再開なんて信じられない!!」

なんて言ってるわけですが


まあそれは官僚達は首都封鎖しまくって外出禁止の根拠となる

法案をなんとか野党に頑張らせて作らせたいんですから


そこでそれに反するのが

「 自由に外出させて集団免疫作らせる」

なんて考え方だから、


官僚からしたら許せないものですから


それは批判となりますよね。


が、おそらく小さい免疫の強い子供たちに集団免疫を作らせる

と言う方向なんでしょう。



ちなみにですが、私ゆうの以前の間質性肺炎の経験も

一応誰かの役に立つかもしれない、と思って書きますが


これは100%嘘のない、真実だから一応

憲法21条の言論の自由を元に書きます。


ちなみに私は以前に日本に帰国したとき、おそらく新型インフルだと

思うのですが


普段からマレーシアの綺麗なコンドいるものだから

おそらく免疫がついてなくて日本で新型インフルにかかってるんです。


これ1年半近く前かな。


それで日本に帰っておそらくそれをもらって

マレーシアに帰国後すぐに

発病して 重度肺炎になりました。


おそらくですが間質性肺炎と思われる症状です。


それでこうなるとどうなるか?というととりあえず熱は

39度、40度になるわけですが


もう歩けませんであとは どんどん肺の中で炎症が広がり

ここで「息ができなく」なったんです。


正確には息が出来ない状態ってのは

「わずかに肺からの通気ができる状態」でして


もう なんとか空気を吸って吐いてを必死に繰り返す状態

ですね。


私の場合元々喘息持ちだったというのもあったと思います。

子供の頃喘息で救急車に運ばれそうになったときが

あったのですがその時以上の苦しさ、でした。


だからまあ1メートルとか歩くともう息が切れて

数分間動けないんですが

まあ肺炎ってヤバいんですよ。


ちなみに呼吸がどうなるか?と言いますと

もし今できれば 口をおちょぼ口にして口先を

数ミリの穴だけ開くように小さく

閉じて欲しいのですが


そこで鼻をふさいで息してほしいのですね。



息できますか?


この状態がずっと続く、のが肺炎ですね。

めっちゃ苦しいの分かりますでしょうか。


それで私はそれになってしまいましてマレーシアで

それと戦ったのですが


何をしたかっていうと私の場合はもう死んだら自己責任と

思って生きてますから真似はしないでほしいですが


私の場合は免疫を強くしないといけないですから

ここでノルウェーなんかではよく使われますがコーラを温めて

とにかく飲むってのをしまして、


そこでもう自分はメイド部屋に家族にその肺炎を移さないように

数日間、自己隔離しました。


それで息の状態は?というと私の場合

もう息がほとんどできないから、


呼吸筋をとにかくフル活用してなんとか息を吸って吐くをして

空気を取り入れたけども


ここで分かったのは呼吸筋が弱ってる高齢者の場合は

これで酸素取り入れられず死ぬだろうってことですね。


ただ私の場合筋力が結構あるので

そこは大丈夫だろうということで自分でもう1メートルも

歩けないのに自己隔離して治したのだけど。


まあそこでコーラを温かくして飲んでいたけど

ここで寝るのですがそうすると起きると

「汗びっちょり」でした。



もうベッドがびしょ濡れ状態でしたが

これは風邪のときコーラ飲んで治すときも同じ感じで

私の友人でも私と同じ治し方する人多いのだけど
(けど金持ちな人らで)


やっぱり起きたら汗びっちょりになるといってました。


まあそれでここで分かったことがありまして

「食欲がなくなる」んですよ。


高熱になると口が苦くなりますがこれは

免疫のNK細胞を働かせるためでしょうが


空腹だと人間の免疫細胞はよく働くのは知られてますが

ウイルスが入ってきたときは人体は食欲なくなる、んですね。


だから食事は私の場合一切食べられなかったです。

(味が何食べても苦くなるため)


が、その時「じゃあ免疫細胞は何をエネルギー源として使うか?」

というとそう「脂肪」でしたね。


私の場合若い頃よりおなかが出ましたけど

そのおなかの脂肪を使ってですね、


私の肺炎を免疫が退治してくれたんです。

だから加齢しておなかが出るとかってのは

本当は免疫の機能なんでしょうがまだこれも解明されておりません。


また咳きは異物を吐き出す重要な免疫反応でしたが

咳きをとにかく連続させるようにした。


が、ここで咳きをしすぎるとおなか周りで

咳きしすぎて筋肉痛が起こるのですがこれが一番大変でした。


ただとにかく咳きをする、あとは私の場合はコーラでしたが

おそらく漢方成分に近いと私は見てますが

それを温めて飲んでってことをやってたのですが


ここで食欲がないですがその代わりに「脂肪」が使われるのが

どうも人体です。この辺の研究が西洋医学でされておりません。


例えばWHOでは 痩せたほうが健康だ?なんて嘘ばかり言いますが

実際は 痩せた人のほうが早く死ぬってのは

多くの人が 亡くなる芸能人の体系を見て知ってることであり


それはおそらく 病気の時などに免疫細胞がエネルギーとして

使うのが脂肪だからでしょう。


だから私の場合1週間近くほとんどコーラ以外は体に

入らなかったからかなり体重が落ちてスリムになったんだけど

ただもうその頃には咳きはすごいけどマシになってました。


それで2週間くらいしたら治った感じで

いわゆるこれが 免疫を獲得した状態でしょう。


それで実はその前はちょっと軽い咳きが時々あったけど

それも同時に私の場合は治ってしまって


より体が強くなったような感じ、で今に至ります。


だから私の場合は免疫獲得を自力でしてるため

ちょっとやそっとの肺炎では死にづらい体になってるかもしれません。




それで思うのが死亡者のBMI値はWHOなんかは

彼らの自説の「痩せてるほうが健康という嘘」にしがみつきますから

調べないでしょうが


死亡者のBMI値は統計データとして調べたほうが良いですね。


私の上の経験は真似しないで欲しいですが

ただ私の貴重な経験でもあるのですが


ウイルスに強烈に犯されてるときはこれ脂肪が免疫細胞のエネルギーとして

使われるのは間違いないでしょうから


やはりそこでBMI値が高い人と低い人の死亡推移を

調べるのは大事だと思います。


おそらくですがBMI値がある程度ある人のほうが
生存率が上がってるはずです。


特に集団免疫の獲得の場合ですが

これは一切保障される

憲法21条言論表現の自由を元にした個人的意見では

ありますが


やはり痩せてる子供ってのは少しリスクをはらむ可能性を

私個人は考えるので


BMI値なんかは調べたほうが良いとは思いますね。

肺炎から生き残った?私の貴重な経験からの話です。


けどこれは私の自己責任の上での経験ですから
真似しないでくださいね。


ちなみに免疫のNK細胞なんかの働きは

栄養度合いにかなり影響受けますから

日本や韓国の生存率が高いのは栄養部分の豊かさもあると私は見てます。


今実は西洋医学では免疫研究が全くされていないといっても

過言ではないほど何もされていないのが現状ですが


(これ多くの人が知らない。けど本当です。

免疫学を取り入れるとほとんどの製薬会社が免疫抑制剤しか作ってないから

潰れます。一方人工呼吸器なんかを作ってるメーカーさんは

あれはあれで必要だから生き残る。)


ただ免疫を強化というか正常に働かせるためには

地球には実際の話 医療の統計学である漢方しかないわけですから


やはり 西洋医学だけに頼らず漢方なんかの処方も

ワクチンがないのであれば研究が必要になってくるでしょう。

免疫に作用するアプローチが限られてる
西洋医学だけではどうも限界がある。


それで上の安倍首相の動画の話に戻りますが

どうも、集団免疫獲得を前提に日本は動いてる様子が見える

ってことですよね。


これはアメリカのトランプ大統領もそうで

結構なんだかんだ自由に動けてそこでは

警察や軍隊が民衆の自由を束縛しない形ですが


ただこの集団免疫獲得の考え方で実際は

インフルエンザなんかも人類は乗り越えてるわけですから


その基礎に戻るべきなのでしょう。

(これみんな忘れてること。新型インフルも集団免疫獲得で
乗り越えてるはず)


イタリアなんかと違って日本では死者数が少ない現状ですが

これはまだ分かりませんがその辺も関係してるのかもしれませんし


イタリアでばらまかれてるウイルスが実際は

全然タイプの違う変異したものなのかもしれませんが

いずれこの辺は話として出てくるでしょう。


あとはイタリアの治療法が分かりかねますが

肺炎に免疫抑制剤のステロイドなりを使うのは禁じ手でありまして

これは日本の医者もそれをしませんが


イタリアは何かしらの免疫抑制剤を患者に投与してしまってる可能性

も考えられますよね。


WHOってのは本当に嘘ばかり言ってる

単なる優生思想の集団のような組織ですので


独自の免疫戦略も必要になることでしょう。


日本でもメルマガでは迷惑かかるから名前は書けませんが


京都大学出身で

日本で最も免疫に精通してる開業の内科医が

大阪におりますから

(西洋薬も漢方も精通してる)


政治家の方も 情報は持ってるでしょうから

(免疫学のことを知られたら不都合な
厚労省の役人たちが彼のHP表記で色々文句をつけて

HP上の論文を取り下げさせた方ですので

役人たちに直近の大阪の京都大出身の医師の
指導のデータ提供させればすぐ見つかるでしょう)



大体日本の 免疫に精通してる医者達は冷遇されてるものですが

今最も必要な人たちなのでこの人たちの英知を結集して

立ち向かう時期なのでしょう。



どうも日本もアメリカもイギリスも

あとは韓国あたりもそうでしょうが


いよいよ集団免疫獲得戦略で動いてる節は見えますので

これからこの戦略がうまくいくかどうか?


を見守りたいところです。


が、当然 官僚背後のマスコミは大反対でしょうから

情報は私の情報だってそうですが

何かしら全ての情報はバイアスがかかってるものですから


あなた自身で誰も妄信せず考える

というのが大事になりますね。


それで集団免疫が獲得できるようになってこれば

徐々に 免疫獲得者から社会復帰できるわけですので


こうやって人類はウイルスと共存していくしか

道はないのでしょう。



そういう意味で上の田中先生の集団免疫獲得の記事と

安倍首相の動画、


これは大変重要な情報だとも思いました。


やはり現状集団免疫獲得の考え方が最も大事な考え方ですよね。


家に閉じこもっても 結局外に出れば新型コロナにかかるのですから

それならば免疫を獲得するしかないってのが


人類の強い生き残りの考え方かと私は現状考えます。

それでは!



ゆう





追伸・・・それでもう、この集団免疫獲得っていう

賛否両論な言葉を使わずとも


世界中の企業の 獰猛な経営者 たちが


「俺たちが新型コロナ問題を解決してやるぞ」


とすごい勢いで動き出しております。


現状 マスクだけにあらず消毒液であったり

人工呼吸器などなど、足りない物品が多く出てまして

供給に問題が発生してますが


そこで多くの世界の企業たちが一丸となって

この新型コロナ騒動を解決して


新時代に向おうという動きが、これ見て取れます。


が、この暴落劇で財務も将来性もあった彼らの

時価総額も揺らいでたりしたのですが


そんな時、そう投資家の役割ですよね。


私なんかも微力ながら個人ではありますが数千万円分だけですが

それらの新型コロナに立ち向かってる企業にマネー入れてまして


もう既に 


それらの投資先の企業が 投資家のマネーを活用して

不足物品を世界だけではなく

アジア圏や日本の自治体に提供しだしてます。


このようなときに「新型コロナ何をコンチクショ~」

みたいに 解決しようとしてる企業たちが

多く出てきてるのですが


ただそこではキレイゴト抜きで


当然のごとく 例えばマスク製造においては

 工場稼動にも、

原材料調達にも、工場の人件費にも、輸送にも

全てに「カネ」がかかります。


一方多くのそれらの新型コロナを克服してやろうという

野心ある企業達は ちょっとこの暴落劇で時価総額落として

お金に困ってたりもするから


そういう時にこそ、そう

「投資家」の役割があると私は思いました。


私も微力ながら応援して暴落時にマネー入れまして

その企業たちが不足物品を早速もう日本に提供しだして

自治体にも回ってる。



あとは新型コロナの解決のために

ファンド立ち上げた企業やら


不足物品をどんどん

日本含めて提供してる企業や

あとは不足物品の製造に動いた企業にも株通じてお金入れました。


それらのマネーが全体として微力であっても


新型コロナ解決のための工場稼動や人件費や原材料費などなどに

活用されてるわけですが

やはりそういう方向の長期投資の考え方も大事ですね。



それでこういう時に物事を解決するのは

独創的なアイデアを提供できる

起業家や投資家しかおりませんから


個人投資家であってもそういうところに資金集中させたら

数兆円を超える結構な力になりそうですが

実際に市場もそのように動き出してますね。


ちなみにこんなに新型コロナでもう大変な経済状態でも

「新型コロナなんとかして供給品不足を解決するぞーおー!」

みたいな企業は


バフェットのROE分析でも良い数字だし

消費者独占企業だし、なおかつBPSでも買い付け時に近い価格で

まだ推移してたりします。


やはり本当の意味で強い企業、強い個人たちが

この新型コロナに立ち向かいだしておりまして、これが

人類の姿でしょう。


だからそんな企業にマネーを入れるってのが

これ投資家の一つの考え方、活動としては大事かもしれません。


私もヘッジは入れてるものの、もうそれらの頑張ってる企業さんに

いれたマネーは


新型コロナ解決して数年経過するまでは

決済しないので


そして倒産したら倒産したでも納得できますので

ちょっとでも役立てればとは 社会不適合者なりに考えてます。


ちなみにこの考え方が「日本のバフェット」といわれた

竹田和平さんの考え方ですね。



まあだから興味ある長期投資家さんは

新型コロナで発生してる供給問題とかを解決しようと

動き出した獰猛な起業家たちがトップに立ってる企業たちが

沢山ありますので


そしてこんな企業はピンチでもへこたれない強さもありますから

つぶれたら潰れたで諦めもつくでしょうから


そういう企業に応援の意味で投資するってのも

大事になってるとはこの3月に思います。

(もちろん最終的に利益があがってることを当然投資家なので

考えますが上記のような考え方で動いて失敗の確率は結構低いのです)


ということでこの新型コロナ問題の解決策を

役人に任せず私たち民間の人らが、


起業家、投資家さんたちが

色々考えていく、ってのが大事ですね。



起業家や投資家の基本は

「大変なときこそ腹を括って前を向く」ですね!


それでは!




追伸2・・・後今日の安倍動画では

意外に安倍首相は 事業者たち、中小のスモール事業者中心に

考えているってことですよね?


支援策もすごいものです。

5年間 返済義務ないマネー拠出というのは

すごいものです。


それで私が思ったのは 全世帯にお金配るってのが

あって


ここは富裕層は抜いてもよいのではないか?っていう議論が

ありましたが 私はまさにそうだと思いますね。


富裕層とかなんかはやっぱりお金あるんですから

あとは公務員なんかも給料普通に出るんでしょうし

そういう人は給付対象外とするのは大事だと思います。



私も死ぬまで困らない資金体力あるけど

そこでお金なんてもらってはいけないと考えますし、

受け取りもしないですよね。


本当に困ってる事業者とか、低収入で飢え死にしそうな人たちに

マネーを回すべきですね。

それが本来の税の使い方であり、税は上級国民が
キャバで遊ぶ金ではない。


それで富裕層とか給料もらえる人らなんかは

ここでやはり新型コロナ問題をぶち倒そうと動いてる

起業家なりが多く出てきてますから


獰猛な彼らをマネーで出来る範囲で
支援するってのが大事だと思います。

ちゃんと打ち勝てばいずれ時価総額が増えて
小さくない利益もおまけに出るのですから。



だからこれからの新型コロナ問題はまだまだ

荒れるかもしれませんが


投資家、起業家たちが主役となって戦っていく場所

になってきてるんでしょう。


なんにしても私は前を向くということを真剣に考えておりました。


それで無料FX道場も引き続き、

これから成り上がりたい人のために無料で、

学べるように


野田さんも中森さんも動いてくれるんで

こっちのほうも引き続き、こんな時代だからこそ

無料で素晴らしいコンテンツを、


あなたの「こんな大変なときでも稼げる力」

をアップさせるために扱いたいと思うそんな所存です。


「新型コロナをぶっこわす!」


ですね。


こんなときこそ本来獰猛な私たち日本人のパワーが

これ生きるときです。


では!




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2日前の土曜日3月28日に安倍首相の記者会見がありました。

たぶん 安倍嫌い とか安倍好きとか色々あるとは思いますが

今世界で大変重要な 日本という国のトップの会見動画1時間なので
情報価値はかなり高いと判断します。


それであまり日本のマスコミでは一部しか流れていないようなので
まだ40万人前後しか見ていないようですから
下にリンク張っておきます!

【動画】安倍内閣総理大臣記者会見
⇒  https://youtu.be/a9xFi8g7eiI


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<新>「億り人」から学べる!


「無料FX道場の8話目」を学ぶ!


【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンの
あわせ技講義】


※8限目※【基礎知識・分析】ホリゾンタルラインで混乱しないためには
⇒  https://fxdojo.online/refree/k……so_konran/


※「いきなり8話目から見たらレベル高すぎて分からない!」という

人もいらっしゃるかもです。そういう場合は


1話目から見てみてください!

1話目からのリンクはページ右側にまとまってます。
(スマホ出見てる人は一番下より)


そこで1話目からの動画やPDFを学べます!


⇒  https://fxdojo.online/refree/k……so_konran/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください