無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【これから上下の会社組織 ⇒横の自営業ネットワーク主体の時代になっていく】

2020 3月 22 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【これから上下の会社組織
⇒横の自営業ネットワーク主体の時代になっていく】
⇒編集後記で!
~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!

こんばんは!


さてさて、ここ最近ですがまあとにかく劇的に、

社会が世界全体で変化しておりますね。


それで 一応とにかく変わりつつあるな~

なんてのが「フリーランス」なんて言葉が結構普通に

安倍首相なんかも使い出してるってことでしょうか。


例えば今回は新型コロナの助成金を政府が出すってなったけど

まあそこで「フリーランスの人も対象」となったのは


これ前代未聞ですよね?


私は日本に在住してる人間ではないけど

日本在住のフリーランスの人たちはこういう制度が有利です。



それでもうこれはIT時代の大きな流れですが

今までは「上下の会社組織」が普通だったけど


これからはやはり「横の自営業ネットワーク」みたいのが

どんどん増えてきて 社会を引っ張っていく時代になっていくわけです。


これは実は私が2010年から書いていたことでもあるのだけど


本格的に、

2020年代~2030年代は劇的にこの流れが進んでいく

というか進められていくので知っておきたいところです。


編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【PDF】投資心理学を学ぼう
⇒「なぜ人間の脳みそは損失を出したとき 「誰かのせい」にしたがるのか?】


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



さてさて、昨日ですが

【すごい】吉村大阪府知事が「官僚たちの非公開文書」を公開しました。
(おそらく命をかけて)


という号を流しましたが すさまじい反響がありました。


大阪府の吉村知事が「私たち民衆に察して欲しいところ」とか
その辺を書いたのですが


とりあえず官僚たちが 今は段階1 警戒段階で

段階2の「積極的介入段階」を目指してるってことが

非公開文書で暴露されてるから
ヤバいです。


メルマガバックナンバー
【すごい】吉村大阪府知事が「官僚たちの非公開文書」を公開しました。
(おそらく命をかけて)
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2321#2321

私たちがトレードとかビジネスとかを学んで利益出して

生活できるってのも結局憲法が 色々保障してくれてるから

でありますから


やはり今回の新型コロナを利用して暴走しようとする
官僚たちには注意が必要であると思わされました。


さてさて、それで今日はずばり

「投資心理学」について学びましょう~



たぶんこの私ゆうのメルマガを読んでくれてるあなたは


どんな大変な状況でも

投資やビジネスで自分で稼ぐ、というところに興味がある方だと

思うのですけど


今回の投資心理学を学ぶことで

「あなたのこれからの成長度」に圧倒的な差が出ると思います!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ちなみにFXとか株とか現物とかこれはビジネスもそうでしょうが

もう「負けないで利益出る状態」になるためには


手法ロジックだけではなくて仕事の姿勢やら考え方を

強くする必要がありますが


「総合力」を作り上げてようやく利益が出るものなんですね。


たぶん「負けないこと」をずっと考えてるあなたは

普段もうこれを出来てるかもしれませんが


一応確認のため、

是非見てみてください!!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    ゆうPDFファイル

【投資心理学を学ぶ!】「なぜ人間の脳みそは損失を出したとき
「誰かのせい」にしたがるのか?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/jik……eibias.pdf
(多くの投資家が陥る「自己防衛バイアス」について書いています)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



それで・・・この投資心理学を知っていると

「あ、おれ、今の心理状態はまさに投資心理学で言われてるダメな状態だ」

って多くの人が「気づける」んですね。


んで行動修正ができるのだけど

逆に知らないとそれを「無意識」でやってしまってあなたの成長力が

阻害されるのです。



だから今号のPDFは知っておいて損はない内容です!




それで・・・


よく投資をやってる人で損したときに見られる発言があって


それがですね

「相場が悪かった」とか「ついていなかった」

とか「あの講師のせいだ」とか


そういう発言ですよね。


こういう発言って結構ネット上にも溢れていますよね?


例えば、今回の新型コロナ相場でも

「もうあんな相場では利益出せないのは当然だ、という人」

もいますが、


やはりここで利益出してる人たちってのは

結構いるんです。



そしてここで
~~~~~~~~~~~
「自分が下手だった」という発言をする人はほとんどいません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そう、「自分は相場はうまい」とか言う人はいるんですけど

ただ「自分は相場が下手だった」という人はほとんどいないんです。



ちなみに今回 野田さんの無料FX道場をやってるけど

野田さんなんかも「ここはちょっといけてなかったな」とか

よく生徒さんに自分のトレードの反省なんかもおっしゃったり

するんだけど


やはりこの辺の「姿勢」が彼の「負けないこと」を継続させてる。


そして実は・・・

ここに投資心理学の研究対象があるんですね。


例えば良く株式なんかであるのは

損したら個人投資家の多くが「証券会社のあの推奨銘柄のせいで」

とか「相場が悪かった」みたいなことを言うわけです。


それでよくあるのが、儲かった人から

「俺はこの相場で○百万円儲けたぜ!!」という自慢話を

聞かされるということですよね。


これ、あなたも経験あるんじゃないでしょうか?


ここで少し考える必要があって


「なぜ人間という動物は損したときに

「自分が下手くそでクズでどうしようもなかった」

とか、


「あのとき証券マンは良かったのだ、おれがダメだったのだ」


とは言わないのか?」


というこういう研究が実は投資心理学でされてる研究なんです。


重要なのは 多くの大衆投資家さんっていうのは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「損したときは原因を外部に求め、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
儲かったときは原因を内部に求め、帰属させる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という傾向があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


自分に都合の悪い出来事、すなわち連敗がどんどん

出てしまったときとかですよね。


リスクリワードを高くというトレードをやってると

時々そういうシーンも出てきます。


こういうときに「ちくしょーなんだこの相場の動き!

絶対おかしい!!」


「ちくしょーなんだよ、こっちの方向に進むんじゃないのかよ!

あの○○講師に騙された!あいつは詐欺だ!」


と怒る人は多いんですよね。


このとき、この投資家さんたちってのは原因を

外部に求めてるわけです。


この自分の損失を外部に求める性質というのが

個人投資家の多くの姿勢なのだけど


これを投資心理学では

「自己防衛バイアス」と言います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だからちゃんと欧米ではもうこの心理に名前が付いてるんですね。



逆にやたら儲かったときに

「俺って天才!相場うまい!」と自画自賛したりすること


これをですね、「自己高揚バイアス」って言うんです。


だから「自己防衛バイアス」と「自己高揚バイアス」

が人間のまあ「自然」なんだけど


その「自然」を抑えるのって大事なんですよね。


実は人間ってのはこうやって自分のアイデンティティを

守ってるわけで、これが私たちの脳みその傾向として

冷酷に存在している。


人間というのは痛みを避けたがる生き物だから

そこで「俺って相場へたくそだ」と発言するのは


やはり痛みの発言ですから、それをしたくないわけですね。


だから、原因を外部に求める傾向があって

これを投資心理学で自己防衛バイアスと言うわけです。



それで重要なことなんだけどこれは私は副島隆彦と言う思想家に

政治哲学金融なんかも学んでるんだけど、


それで彼が本で書いてることなんだけど


「世の中の大多数は自分を素晴らしい人と思ってる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

わけです。


実際は私も含めて世の中の単なる余剰人間で

とりあえず偶然生まれたらなんとなしに

生きてるくらいの人たちなんですけど


例えばそうですね、私ゆうが別に新型コロナにかかって

ゴホゴホ言って、そして肺炎で「うぐー息できへん」といって

死んだところで


まあ世界は通常に回っていくでしょう(笑)


人間1人1人の人権は素晴らしいなんてこう教えられるけど

実際は 自分ひとりいなくなっても世界は回るものである。

ってのが現実です。



しかしここで

「自分はとても立派な人間で、頑張っているんだ」

と思って世の中の人は生きてるわけですね。


だから例えば私は文章を書いてるときに

「私は今この文章をパンツ一丁で書いています」とか

よくメルマガでは書くんだけど


あまりこういうことを書く人っていませんで

やはり「なるべく立派に見てもらいたい」ってのがこれ

人間です。ずばり人間の脳みその性質としてあるのですね。


私ゆうの場合、基本的に世界からいなくなってもまあ

世界は回っていくだろうな、ともう達観してますから


だからある種余剰人間としての意識がありますから

承認欲求ってのが弱いのか、そういうことを良く書くわけです。


ただ世の中の人ってのは肩書きとか名声とかすごいこだわりますからね

だから尊敬されたい、立派と思われたいわけです。


これをうまーくついてるのがSNSです。

「リア充アピール」なんかそうです。


まあこれは人間らしいと言えば人間らしいのだけど

世の中の人は自分を立派と思ってるし、そして立派、常識人

素晴らしい人と思われたい、わけでして


SNSとして有名なFACEBOOKとかインスタグラムとかってのは

この人間の心理をよく理解して構築されてるわけですね。



ちなみに今回の新型コロナで世界中でセレブたちが

まあ「自宅軟禁」されていまして、


私は英語の彼らのSNSとか見てみるんだけど

「自分は軟禁されてます」とか書いてるセレブはあんまりいない。


今回分かったのは「資産何百億円持っていても結局

こういう騒動があって警察とか軍隊が外見張ってたら

軟禁されてしまうのだな」


なんてことでもあるんだけど

やっぱりみんな 惨めな姿はあまり見せたくないってのが

ありますよね。


が・・・これが投資では「あだ」となることが多々ある。


要するに何かその投資家がいけていないことをしていたとき

相場で明らかに入るべきではないときに入って

損失こうむったとき、


これは自己の至らなさ、自分のクズさを理解して

猛省しないといけないんですよね。


ただここで上の投資心理学の「自己防衛バイアス」というのが

働くわけです。



この辺をあなたがちゃんと言語化して「知覚」していると

おそらくこれからFXや株や仮想通貨や色々な投資をされるかもしれないけど

その中での「成長力」が圧倒的に他の人と比べて高まるのは間違いありませんので


是非見てみてくださいね!!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    ゆうPDFファイル

【投資心理学を学ぶ!】「なぜ人間の脳みそは損失を出したとき
「誰かのせい」にしたがるのか?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/jik……eibias.pdf
(多くの投資家が陥る「自己防衛バイアス」について書いています)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




それで、このあたりの投資心理学を知っておくと

長期的に利益が上がりやすい「体質」=儲かり体質、になっていきますから、

是非意識してみてください。


まあ最初は私も経験上分かるんですが

なかなか自分の損を自分のせい、と考えるのは

精神的に抵抗あると思うんですけど・・・(笑)


ただそこから「人間の成長」というものが生まれるという

人間の脳みその仕組みがあるということです。



この辺は今までの生き方が反映される点でもあって

今まで誰かのせいとかにしてきた人たち、っていうのは

やはりどうしても成長が遅くなるのですが


一方 自分の責任と常に考えて生きてきた人たち、

例えば元々経営者として経験があるとか

スポーツ選手である程度結果を出してきた、みたいな


人たちは全般的に結果出す比率が高いってのもこの辺が

理由だと思います。




投資とかビジネスを勉強することって何が面白いか?というと

こういう「自分自身との戦い」を通じて

自分の器を広げていけるってことかな?


って思いますので是非うえのPDFで学んでみてください。



そして、以下のプレゼント内容もここ最近配布しておりますので

是非是非、沢山学んでみてくださいね!





【今までお渡しした無料プレゼント一覧】
↓↓


★☆★☆★☆★☆★☆音声プレゼント★☆★☆★☆★☆★☆


<塾とか教材をどう活用するべきか?>にも関連します

  「判断」を繰り返す という考え方


http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……kaeshi.mp3

(30分くらいです!
音楽付きにしております♪スマートフォンでも聞けます♪

この判断を繰り返すという姿勢を持って、成長力がさらについてきます)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■ついに野田式無料FX道場6時限目のヤバい動画とPDFを公開します!
(10万円の価値あるかも!)


「億り人」FXトレーダーが教える

「【基礎知識・分析】相場の波に乗るためのトレンドフォローの真の考え方」とは?


⇒  https://fxdojo.online/refree/kiso_truth/


PDF資料はこちら!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/6045160/6/
【PASS:Follow3】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■野田式無料FX道場5時限目(初級)から学ぼう!


【基礎知識・分析】ライン分析 初級編

⇒  https://fxdojo.online/refree/kiso/


【補足PDFマニュアル】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/6045160/5/

【PASS:Line Kiso2】間に半角スペース有り



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




■野田式無料FX道場4時限目(基礎)




【オープニングコンテンツ】FXの準備編!億トレーダーが利用するFX口座は?
https://fxdojo.online/refree/zyunbi1/





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■野田式無料FX道場3時限目(基礎)


【準備編】チャートの見方、MT4の設定と基本操作
https://fxdojo.online/refree/zyunbi2/

【補足PDFマニュアル】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/6045160/3/

【PASS:Chart】


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   <NEW>

■野田式無料FX道場2時限目(基礎)


【オープニングコンテンツ】(PDFファイル) 
無料の野田式FX道場 「鉄則5ヵ条」を学ぼう!
⇒  https://fxdojo.online/refree/opening_ts/




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
  【メルマガ新企画!】

■野田式無料FX道場1時限目(基礎)



「狂人レベルの億トレーダー」こと野田さんがFXについて

詳しく語ってくれます!


【オープニングコンテンツ】FXの世界を知る
(直リンクでPDF付きで学べます!)

⇒  https://fxdojo.online/refree/openingfx/

【補足PDFマニュアル】
http://www.fxgod.net/a/groups/6045160/1/
【PASS:whatisfx】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




上記のプレゼントを今までお渡ししておりましたが

今号ではさらに以下の投資心理学のPDFもプレゼントとして

お送りしました。





かなりのボリュームではありますが、こういう内容を完全に自分に落とし込むと

これ、どんどん人間というのは稼げる体質になっていくものなので

あなたが今稼いでいたらこれからもっと稼ぐようになるだろうし

もし今からならこれから一気に稼げる脳みその思考構造を構築できるはずだから、


是非今日の投資心理学の話なんかも知っておいてくださいね!



ちなみに今回の投資心理学で知ってほしいのは


「稼げる投資家やビジネスマンの思考形態」として存在するのが

最初はハードル高いかもですが、


「痛みは積極的に受け入れて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(プロスペクト理論の逆)

負けたときは外部のせいにしないで自分の内部に原因を求め、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(自己防衛バイアスの逆)

勝った時は原因を内部の自分に求めないで、外部に求め、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(自己高揚バイアスの逆)

自分は大した人間じゃないとプライド全消去する」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(自己奉仕バイアスの逆)




というものなんだけど、


実際稼ぐためにはこういう精神状態を構築していくことが

必要になるわけです。


ちなみに野田さんなんかは結構すごくて

生徒さんとかとメールのやり取りとかしたら


上記の心理状態が構築されてるかどうかとか見えてしまうのですが

だからメールなんか見ると「ああ、この人は稼げるな」

「この人は少し心理の修正必要だな」とかそこまでわかるものなんですね。



また

これは何もFXや株や仮想通貨やオプションや金地金取引だけじゃなくて

ネットビジネスでもせどりでも転売でも

売りと買いという2者が存在する自由市場がある限り、

ぜーんぶ一緒です。


そして上に書いたことは

実は「人間として大変不自然な状態」なんですね。


上記のプロスペクト理論も

自己防衛バイアスも自己高揚バイアスも

自己奉仕バイアスも、


生物がなんとか生き残るためにDNAに組み込まれたものだから。





ただこの通りに動いていると結局

相場や市場においては資産を構築できないで貧乏になっちゃう・・・


っていうことですんで、

特に私なんかはこの辺を常日頃意識してたりするわけです。



だからプロスペクト理論なんて分かりやすくて

プロスペクト理論は

「人間は痛みを避けて先延ばしにして、快楽を早く求めたがる」ってやつだけど

その人間のDNAに組み込まれてる脳みその構図があるから


必然性を持って「損きりが遅く(ポジション塩漬け)利益確定がやたら早い」


という損大利小という多くの人が経験してる

結果になってしまうわけですね。


私たちは自分で判断してるように見えて、

脳みその構造通り、本能通り

行動してしまってることが多いってことです。


だからそう、この辺わかってくると

「自分は単なるアニマル、動物である」って分かるんです。


だから野田さんはよく自分をゴリラに例えるんですが

人間は自分を立派と思いこんでるけど

ゴリラとそんなに変わらないんです。(笑)


だから自分は単なるゴリラだから ちゃんと餌あげたり

あげなかったりして調教して上の心理状態を作り上げるんですね。


こういうことを投資家やトレーダーはしてる。


そして、その脳みその構造を「見直して」、

そこで損小利大ができるようなプロスペクト理論と逆の

脳みその状態を作っていくというのが大事だったりするんですね。




だから稼いでる人って率直に言ってよい意味で?変な人って多いと

思うんですけど


なぜ変と感じるか?というと人間としては不自然な心理状態を

常に維持しているからなんだと思いますよね。


だから稼いでる人は変な人が多い、っていうそういう

みんながうっすら感じてるところってのもこれ

投資心理学を知ってると説明できちゃっておもしろいね!


って話でもあります。


それでこういう話を理解していれば、それを自分の心理状態に当てはめて

「意図的に」その心理状態を作ることができるわけでして


これが「知識」のすごさです。

天才というのはこの心理状態を何かしらの原因で元から持ってる人のこと

なんだけど


が、知識があると、この天才たちが「無意識」にやってることってのを
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分自身で「意図的に調整して」できるようになるわけですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

すなわちこれが努力家が天才を上回る考え方です。


これが知識を身につける、そして行動することの面白さであって

学ぶことの面白さなんだけどそれをあなたにも知っていただければ

これ幸いです!!


世の中には多くの資産がありますよね。それこそ銀行の預貯金もあれば

金地金ゴールドもあれば不動産もあればワインもあれば

絵画もあって、色々ある。



ただ「一番の資産」というのはこれ資産を生み出せる知識である

というのが実際のところでして、


知識=資産なわけです。

これを多くの人に知ってもらえたらうれしいですね。


ちなみに今回は新型コロナ騒動でこのコロナ自体を心配してる人ってのは

本当はすごい少ないはずなんですが

(周りでコロナで死んだなんて人は結構少ないはずですし)


ただひょっとしたらですが、何か大きな事象がこれから

起こされて世間全体が大恐慌なんてこともあるかもしれません。


こればかりは誰もわからない。

そしたらまあペーパーアセットといわれる


債券、株、などの資産は吹っ飛んでしまうかもしれません。

実物は逆に残るかもしれない。


それで世界全体が大恐慌となっても、そう


「知識という資産があれば その後の復活期が必ず来るのが

歴史であるからなんとかなる」なんです。


だから今のうちに家に軟禁されてたりする人たちも

知識という資産を将来のために作っておくと良いですね。


何かしらの金融リセットとか、これからの時代

考えられますが、


その後の復活期に今まで学んだ知識が大いに役立つことでしょう。




ということで今号では投資心理学のことについても

重要だと思いましたのでお送りしました!!


そして世のお金持ちの人たちってのはこういうことも学んで

運じゃなくて必然的に(まさに運という確率をコントロールして)

お金持ちになってるというのが本当のところなので、



是非がっつり学んで「強く」なっていきましょう!


お金の学問というのは、奥が深く深淵(しんえん)で面白いですね!


それではまたこれからもどんどん有料級のあなたの人生に作用するような

プレゼントを用意してるから引き続きお楽しみに!


また今は新型コロナ騒動でゲンナリしてる人も多いでしょうが

そんな中で心理が崩れていないか?を確認するなんてのは

結構大事かな~とも思います。


では!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    ゆうPDFファイル

【投資心理学を学ぶ!】「なぜ人間の脳みそは損失を出したとき
「誰かのせい」にしたがるのか?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/jik……eibias.pdf
(多くの投資家が陥る「自己防衛バイアス」について書いています)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆








===========編集後記=============


さてさてもう最近劇的に、社会が変化しておりますね~


ちなみに私がパソコン一台で稼ぐなんて頃は


これスマホがなくてガラケー時代でしたが


そのときは パソコンでカフェで仕事して稼ぎます、

なんてのはかなり珍しいというか 珍しい通り越して怪しいと

なっていましたが


もう今は 日本でも韓国でもこれらは当たり前でしょう。


ちなみに各国で今多くの人たちが

「外出禁止」となっているわけですが


イタリアなんかではもう 

警察に見せる通行許可証が必要らしい・・・(笑)



けどそこでもおそらく インターネットで仕事してる人たち

ってのが結構おりまして、


「自宅で軟禁状態でも仕事できちゃう」


ってことですよね。


これが新しい時代なんです。


ちなみに私なんかは「どこにいても仕事ができるのは素晴らしい」

ってことでよくこのメルマガに書いていたのですが


以前、2010年前半くらいにですね、

これをオランダ人に自慢してみたところ


「けどそれは いつもネットがつながってるところだと

仕事しないといけないということだね。

恐ろしいことだ、笑」


と言っていたのですが


そう、良い面を見ると「どこでもカフェでも仕事できる」

だけど


悪い面?で見ると

「新型コロナで外出禁止になったから家でゆっくり

ネットでエンタメ楽しみたいのに


仕事できちゃうから仕事しないといけない」


なんてことにもきっとなってるんでしょう。


これが今の人類のリアル・・・(笑)


かくいう、私もこのメルマガなんかはかなり楽しみにしてくれる

読者が多いのですが


やはり新型コロナだろうと、カフェやら自宅やらで

やっぱりこれを書いている。


どこでも仕事できる

=どこでも仕事しなければいけない


という両面性があるわけですね。


ただ個人的には色んなカフェとかで仕事できるのは

気に入ってます。


だから外出禁止とか勘弁だな~と。



さて、それでここで多くの人がもう「自宅で仕事」

とかあとは

外出禁止令が出ていない国の人は

「カフェで仕事」


となってるわけですが


もうこれから間違いなく

「小さな個人事業主たち」ってのが爆発的に増加していく

ってのはこれ間違いないです。



ちなみに今

「無料FX道場」ってのをやっていて野田さんという

自身がトレーダーとしてもすごいのですが

コーチとしてもすごい 


社会にとって貴重な人材がいるのですが



最近はこれ、彼の生徒さんで1年間くらいですかね、

基礎の練習をずーっと数ヶ月やって


このコロナ相場でも月利17%前後とか出して

「頑張って学んできた甲斐がありました」

みたいな報告が 野田さんの塾生のSNSでされていたり

したんだけど



もうこうやって どんどん 「自分でネットで稼げる人」

なんてのは急増していくんですね。


それでユーチューバーなんかは実際は

ユーチューブの親会社のグーグルの請負契約してる

外資系社員

みたいな感じですが




ただそれ以外でも多くの「自分で稼ぐ」方法が出てきていて

これからこういう個人事業主、すなわちフリーランスですが

そういう人がどんどん激増していくのがこれからの時代、です。


それで私もそうですがこの人たちは基本的に


「上下の会社組織に属していない」

のですね。


これがすごい。時代の変化。


ちなみに一応 国によっては、会社作らないと経済活動してしまうと

違法になってしまう国もあるので


そういう国では法人作ったりもするけど


基本的には「個人」なんですね。



それで最近はこれ 個人でも年間数千万円~数億円、

もしくはそれ以上なんて人も結構増えてきてまして


こういう人たちが結局世界経済を引っ張っていく原動力

になるんだ、ってのが


私が2010年くらいに書いていた展望だったんですが

2020年の今見ると、これが劇的に進められてるのが


新型コロナ騒動だ、という見方もあります。


だからマイナス面が際立ってますが

プラス面もないわけではない。



ちなみに、一応 これらの反論としてかなり私が

注目してる反論があって


それが「自宅でテレワークなんかで働いていたら

人の往来がなくなって、みんな孤独の中で過ごすことになってしまって


それで 分断されて暮らすことになる」


っていう指摘があって


これはこれで為政者たちというか官僚たちは

本当にそういうことを考える傾向がある。



けど私自身この「自分でネットで稼ぐ」をもう10年以上

ですよね、やってきたので


実はかなり数少ない人だと思うのですが


そこで思うのは


「横のネットワーク」ってのが結構できるんです。


いわゆる「自営業ネットワーク」です。


それで基本的に自営業の人たちとメインで交流したりするように

なりますから、


意外に・・・分断ってのはないかな?と個人的には

感じます。


あと基本的には家族と一緒ですしね、

まあそれはそれで素晴らしいことだとは思います。



ちなみに今回の新型コロナで「ずっと家族と一緒になるお父さん」

なんかが多く出てきてるんだけど


今一度、家族について考えるきっかけにも

なりますよね。


今までは「お父さんが外に出かけていてコミュニケーションも

皆無だったけど 嫌でも家の中にいて

家族がコミュニケーションする」


わけですから。


これは良いところもあれば悪いところもあって

最初はうまい 距離感の調整に時間かかるだろうけど


まあうまくいったらそれはそれで良いライフスタイルです。


やはり家族と一緒にいる時間が多いほうが良いと思う。


それで、もう人類はネットがあるから大多数の人は

家なりカフェでネットで仕事ができるのですが


ここでもう「上下の会社組織」ってほんと古くなっちゃいますよね。


今まではこれ会社ってのは役員がいて

社員がいてアルバイトがいて


って感じで


指令が「上⇒下」に流れていたのだけど

意識せず社会は 上下関係の指令構造で動いていたわけです。



それがこれからも主流ではあるでしょう。



ただ実はもうネットの時代で起こってきてることなんですが

「自立した個人の事業主たちが横でつながる」


ってのが実はもう


20代~40代あたりのITでビジネスなり投資で稼いでる人の

ある種常識になってきてるんだけど



もう今はあらゆるツールがありますから

チャットワークもそうだし、各種SNSアプリなど


とにかく「横で自営業者同士でプロジェクトやる」なんてのは

結構普通になってきてるんですね。


プロジェクトなんかも

横のつながりで行われてるプロジェクトが増えてきてます。


ネット業界はむしろそっちが主流ですね。



それぞれ結構最近の自営業者はオールマイティーだったりして

例えば その人はWEB構築も出来たりするし、あとはプログラミングも

分かったりするし、マーケティングも分かったりするし

あとは自分で投資で利益出せたりするし、


みたいな感じで、結構オールマイティーな人たちが

それこそ数人集まってプロジェクトやるってことが増えてます。



当初言われていたのが、

それぞれのプロフェッション=専門性があって

その専門性に合わせて、横のつながりでプロジェクトやるケースが

増えるだろうってことでしたが



最近は違いましてですね、ある程度もう

例えば4人5人のそれぞれ個人事業主でフリーランサーで

仕事するにしても


みんなある程度 色々出来るんですね。

資産も数千万円~数億円とかあったりする。


それでそこで 役割分担を決めて

みんなある程度はそれぞれできるんだけど


Aさんはこれ Bさんはこれ Cさんはこれ

Dさんはこれ


みたいなプロジェクトが増えてるんだろうと思います。


一応今までの上下関係のプロジェクトの特徴ってのは

それこそ


営業部署があって、経理部があって

戦略企画部があって


みたいに色々「分化」してたんだと思いますよね。


だから「営業の人は営業は詳しいけど経理とか意味不明」

とか、なっていたと思います。



それがけど上下組織というものです。


全部の部門が分かってるなら独立できちゃいますからね、

だから上下の会社組織ってのは独立させないように?ってのも

あるんだと私は思いますが


「ひとつのプロフェッションしか担当しない」


のが基本的なあり方ですよね、例外はありつつも。



けど「横の自営業ネットワーク」みたいのはそれと最近違ってまして


みんなある程度 もう自分ひとりで大体の分野の重要なところは

把握してるんです。


それでそれなりにどの分野もまあまあ出来る。やろうとすれば。


だから「スキルが分化されていない」ってのが

これ「横の自営業ネットワーク」の特徴ですね。



それで今までは上下の会社組織が普通だったけど

これからは 横の自営業ネットワークのプロジェクトなり投資が

ガンガン増えていく時代ですが


まあ経済の効率性が高いのは・・・

今の時代は後者ですよね。



だから後者の自営業の横のつながりの

プロジェクトがどんどん強くなる。



ちなみに結構面白いのが自営業ネットワークってのは

それぞれに上下関係がないので、だから友達だったり

するんだけど


普通に一人当たりの生産性ってのが高いものなんですね。


これ、会社なんかだともう今は世界のどの会社も

なんだかんだ非効率な感じで運営されてるんだけど


「自立した個人が数名集まったら」なんですが

普通に数十億円のプロジェクトとかも組めてしまうわけであって


となる一人当たりの生産性で考えると

会社組織の比ではない、といえます。



それで最近は上に書いたような

「ある程度 色々なオールマイティーに対応できる

個人の自営業者たちが数人でプロジェクトを時限的に行う」


ってのが普通になってきてるんだけど


これはやっぱり強いわけですね。


みんなお互いの分野をある程度理解できてるから

細かいところの調整も いちいち全部説明しなくても分かりますし

それぞれが理解してるからスピードが早いんです。


そう、ここです、スピードが早い。


ちなみに今の社会ってのはまだ新型コロナでも

大企業中心ではありますが


やはり大企業ってのは図体でかいですから

いちいち時間かかるってのはありますよね。


簡単なお金の決定でも「稟議りんぎ だなんだ」

となるわけですが



その辺の意思決定のスピードののろさってのが

上下関係の大企業の特徴ですが


一方この「横の自営業ネットワーク」は意思決定スピードは

すごい早いものです。


数百万円、数千万円くらいの投資だったら

かなりのスピードで数時間で決まったりもする。


となるとこれ、これからの時代でスピードが主になりますから

やはり 上下の会社組織はどんどん生産性をあげられない中、


横の個人の自営業ネットワークがどんどん

利益を上げることになるから


ここで社会体制が変化していくってのが

2020年~2030年代に起こることだろうな~と

私は見てます。


新型コロナがそれを進めてる、

っていう見方もできる。





かくいう私なんかは実は 労働者のころは当然

上下組織を経験していて


なおかつ今は横の自営業ネットワークを経験してるけど


だから比較できるんですが


やはり後者のほうが圧倒的に強い・・・とほんと

思います。


それぞれが裁量持ってるってのはかなり強いですよね。


もちろん、それぞれがある程度の責任感があるのが前提ですが

それがあれば良い物が出来上がるってのが


これ横の自営業ネットワークの特徴です。


だからこれから大きく この60年近くの

上下組織主体の経済構造が


横のネットワーク主体の経済構造へ


徐々にシフトしていく、と。



大企業が全滅するとまでは言いませんが

ただ自立した個人の横のつながりで対抗してくる

プロダクトやサービスに、


かなり苦戦はしていくでしょう。



っていうのは私は会社員時代にわかってしまった

大きな構造ってのを知ってるんですが


まあどの会社にも従業員が数百名とか数千名とか

複数いるわけです。


が、私の場合営業会社だったのですが

そこで数字を引っ張る人ってのはほんとごく一部

なんですね。


そのごく一部の人が例えば

20人の部署の数字の80%以上を作っている


ってのが結構私が見ていた構図なんだけど


だからこれは言ってしまえばその契約取る社員が

本当は、構造上は 他の従業員の給料分を利益として

稼いできているっていう構図なんです。



これが上下組織の会社組織の最大の欠点なんですね。


ちなみに経済学者のケインズっていうこの人だけは

経済学で天才なんですが


このケインズで

Y=C+Iってのがあるんですよ。



これ「超恐ろしい、キレイゴトゼロの理論」

なんだけど


説明してよいのでしょうか。


といっても以前書いた。


「キレイゴトなしの世の中の本当の構造を知りたいです!」

って人は見てください。

PDFレポート
【若干タブーな「ケインズ経済学Y=C+Iの本質」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/keynes_y_c_i.pdf


それでケインズってのは経済学学んだ人は名前は知ってるはず

なんだけど


Y=C+Iっていう数式で


このYってのは本当のことを言うと


「世の中の生産活動、人間の営み全て」ですよね。


GDPとかもそれ。



それでじゃあ


Cってのはこれ経費ですね。

コストのCです。設備の全てですが


実は上下関係の会社組織では 給料って言うけど

本当はこの給料は 「人件費」であって


経営者からしたら「コスト」なんです。


だから実はCってのは労働者とか従業員の意味。


そんでこれはAIに取って代わる。



それでじゃあ「I」ってのは

これ上の例で言うと 有能な社員とか


あとは本当にR&Dとかの技術開発が出来る人たち


のことなんです。



だから


Y(人間の生産活動ってのは)

=C(労働者・従業員)+I(有能な社員やら技術開発が出来る人間たち)


ってのがこれ


Y=C+Iの本質なんですね。


が、これは今の時代は

「人間みな平等だから」っていうことでそれ嘘なんですが


そこで CもIも平等だってのが キレイゴトとして蔓延してます。


Y=C+Iってのは

世の中の生産活動や経済ってのは

Iの投資家だとか経営者とか有能な社員がいて、


そのIがCの労働者を食わせてる、

っていう、これを実は明らかにした式がY=C+Iなんです



だからキレイゴトも何もなくて

それを明らかにしちゃってるのが


ケインズのY=C+Iなんですよ。


恐ろしい 現実描写の式ですね。

人権団体の人が怒りそうです。



ただこれが経済学の最も重要な式なんです。



それで実はこの式から考えると


会社の上下組織の問題点ってのがあって


会社にも一部 大体パレートの法則で2割といわれるけど

「有能な社員たち」ってのがいるわけでして


この人たちが営業で言えば 他の8割が得られない営業契約を

持ってきて、会社の利益を出して


それで多くの人を食わせる体制なんですね。


これが上下の会社組織です。


だから会社組織ってのは本当はですよ、

本当は、8割の効率性を犠牲にしちゃってるっていう

とんでもない問題があるんです。


が、これ言っちゃいけない。みんな平等のマルクス主義と

対立する話です。


今の世界はマルクス主義の「みんな平等」と

言っておかないと


袋叩きにされる時代だから。


が、それでもやっぱり本当は上の構図なんですよ。

大人たちはみんな分かってるけど大声で言わないのです。



それでここで

「もうそんなキレイゴトは抜きでちゃんと

資本主義に順じて合理化していきましょう」


ってのが実は

これ


横の自営業者ネットワークの組織

なんですね。


この自営業ネットワークで例えば

数人でこれプロジェクトやるとなっても


その数人で利益出していくわけですが


結局それぞれその数人ってのは Iのタイプの人たちが

集まってるので


だからたったの数人で莫大な収益を出して「しまう」のですよ。


だってそうですよね。


会社では多くの 例えば 営業できない経理とか

税務分からない営業


とかが入り混じってるのに


この「横の自営業ネットワーク」では

「全部分かってる数人がプロジェクトを展開する」

のでありますから。



だからですね、効率性が馬鹿高いのが

横の自営業ネットワークの特性です。


これを研究してる人はほとんどいないと思うのですが

ここなんですよね。



それで意思決定なんかも例えば上下の会社組織では

やっぱり一応表向きは平等であるから


ある有能な社員のIさんが

「こうやって 営業スキーム組み立てれば

もっと利益でるよ!」なんて言っても


他のあまり営業取らない社員たちは

それよりも残業して残業代を取りたいのが本音ですから


「いやいや、効率化なんていいんですよ。

今までと同じで」

となるわけで



こんな戦いがですね、まあ日本中の会社では繰り広げられてまして

そこで大体有能な社員のIさんは妬まれちゃうんです。


だからうまくいかない。


上下の会社組織ってのはどの会社見ても

しばらくすると官僚的な派閥とかが出てきてしまって


結局 効率的な運営ができなくなって赤字転落するんですね。


が、自営業ネットワークの場合、そもそも

横のつながりですから


政治で言うと共和国みたいなものですから

そこでそれぞれが 考え方を出し合いつつ


意見をすぐ折衷して現実に適したものに変えていくから

簡単にその時点で最適解に近い


選択肢が戦略となって

その戦略に沿って動けてしまうわけです。



となると、これは上下の会社組織だと

横の自営業ネットワークにはこれおそらく


かなわない、んですね。



一応世間的には「大企業たちが素晴らしく

大企業が強い」という認識ですが


これは単純に 横の自営業ネットワークが

経済活動しようとしても何かしらの障壁が設けられてるから

そうなってるだけで

(例えばクレジットカード会社が審査通さない、とか、笑)


実際はそのまま公平な勝負になったら

大企業はこれ勝てません。



それでこれはまだ人類が理解していないことだと思うんですが


おそらく徐々に2020年代にそれが理解されていきまして


「横の個人事業主(フリーランサー)たちが集まった

プロジェクトがどんどん巨大な収益を上げる時代」


ってのがおそらくやってくる。


というか私の周りは結構このケースが多いですね。



それで今は日本のケースなんかを見れば

役人たちがこれ なるべく既存の大企業を守ろう、と動いてきましたから


それこそ分かりやすい話ですと

日銀ETFなんかが大企業を買い支えてあげたりするわけで


本当は淘汰されてる大企業が亡霊のように生き残ってるんですが


これらが淘汰されたら・・・


あとは次の時代を引っ張るのはやっぱり


個人事業主のフリーランサーたちで

しかも彼らは横のつながりで色々なプロジェクトを

作り上げていくから


結局彼らの影響力がどんどん増すってのが2020年代の姿

だろうと私は考えてます。


そして2030年代あたりになると

「そろそろ大企業より個人の横のネットワークの

売り上げのほうが強くね?」


みたいになってくるのかなと。



これは2010年に私は書いていたのですが

当時は頭おかしい扱いだったんですが


最近はちょっとは 理解してくれる人も増えました。



けどこれは本当はですね、ケインズの

Y=C+I のIの人たちだけで横のつながりで

プロジェクトやろうってことだから


成功するのは当たり前なんだけど


恐ろしい話でもあるんですね。


じゃあCの人たちどうするねん、って言う話ですから。

しかもCの人たちの大体の労働はこれAIが取って代わっちゃうのは

時代の趨勢ですから。



それでここで Iの人ってのは「自分で考える」のを

最重要視しますが


私がよくメルマガで「自分で考えましょう」って言ってるのは

リバータリアンの基礎でもあるのだけど


これは時代の流れでも大事なんですね。


「自分で考える人がI」ですから。


そういう意味で 今の時代、ネットがありますから

もっとも効率的な 経済の構造主体は


実は 自営業の横の少人数のネットワークなんですが

(大人数だときっと効率性が落ちる)



こういうネットワークが時限的に社会の中で

ポンポンポンと 国を超えてどんどんこれから増えていく


ってのが次の人類の経済構造になるわけです。


ネットがない頃は上下の会社構造がまだ効率的だったんですけどね、

ネットがある今は・・・やっぱり

横の自営業ネットワークで数人でプロジェクトやる構造が


効率性が圧倒的に、増してしまってるわけです。



だからとりあえずこれからの時代は

「上下の会社組織⇒横の個人たちのネットワーク」

が主体となる時代でしょう。




それでじゃあそうなったらその次

「投資家はどういう役割か?」と言いますと


ある程度もうオールマイティーにできる

個人事業主たちが時限的に


プロジェクトを展開するんだけど


そこで投資家たちがその時限プロジェクトに

出資するってのがこれ最も効率性の高い

新しい資本主義の形となるんです。



いまだとクラウドファンディングって言って

個人とか小さな企業に投資するのが主流だけど


それ以上に生産性が高いのが

これ 力ある個人事業主数人のプロジェクトですから


だからそこに投資すると極めて高い確率で

高い利益率を得られる時代になっていくわけですね。


まだそういう投資のプラットフォームは出来ていませんが

いずれみんな気づくからそういう

プラットフォームをきっと作る人が出てくることでしょう。


となると今までみたいに株式市場に上下の会社組織が上場して

出資募って、みたいなスタイルはかなり古くなって非効率的となりまして



それよりは 少人数の個人たちが行うプロジェクトに

出資するのが普通、みたいな時代が


いずれ2030年代くらいに来るのかもしれません。



法律の問題はありますがそれを早々法律部分を調整してやったら

かなりのスピード感で莫大な利益になることでしょう。


だからどんどん実のところ、

世界の資本主義は

これから可能性が増しているな、と思います。


それでここで結局

本質的には

資本主義と共産主義みたいな話になっちゃうんだけど


もうこれからは Cのコスト、経費がどんどんAIで減っていきまして

それを本当は人間がやるっていう時代でもなくなってきている

わけですから


だから教育部分では


Cの仕事やっていた人⇒Iの自分で考える仕事


への転換ができる教育が必要なんです。


これを早めにやった国や社会がおそらく豊かになっていく。

やっぱり教育事業なんかを自分で見ていると分かることがあって


「最初は全然ダメでも1年くらい訓練したら

自分で稼げるようになる」


って普通だったりしますので


本当は今の時代は C⇒Iへの流れを教育で作ったほうがよい

んですね。


ここでだから

「昔は労働者ですごいブラック会社で大変だったけど

今は自立して自分で投資やビジネスしてお金持ちになった」


みたいな人が増えるわけです。


この構造で世界全体の経済をあげていく、しか

実は道はないんですが


ここに多くの人が気づくのが大事かな~なんて私は思います。


ケインズの時代はこれCの労働者が いきなり Iの経営者

をやるなんてのは無理でしたが


今の時代は Cの労働者が

ちょっとネットの教育使って勉強や失敗や失敗分析して

Iになっていく


ってのがかなりスムーズにできるようになりましたからね

結局時代の流れに合わせて


Iの人を増やしていく、ってことですね。


これが大事。



ピケティが言った。


r>g

だと。


これはよく左派なんかがピケティ大好きなんだけど


このr>gっていう式は本当は


金持ちが儲かる率>一般の経済成長率


っていう意味でもあるんだけど


そこでどんどん金持ちがどんどん金持ちになるから



「金持ちを課税して 官僚たちが奪い取って

そして貧乏人に配布せよ~」なんですが


これが世界共産革命思想の人たちの笑える発想なんですが

どうせうまくいきません。


結局官僚たちが課税してお金を金持ちから奪うけど

そのカネは貧乏な人には配布などされず


官僚たちが上級国民化して彼らがベンツやらBMWに乗る社会に

収束するだけ。効率性悪い。


こんな社会はどうせうまくいかないで

途中で行き詰る。(今がそう。)


それよりは

金持ちが儲かる率>一般の経済成長率


なんだけども


上のCの労働収入得てる人たちが

これIのスキルを身につけるための学習をすればよい

のですね。


そしたら金持ち儲かり率ってのは実は結構低減していきまして

まあそこで「ある程度の金持ちたちが増えていって

中間層も増えていく」

のですが


本当はこれを経済学者が言わないといけないんですが

彼ら事態は 税金で食べているからやはりそれが分からない。



だから本当は、今がCで労働者で日々お金で苦しんでるならば

そこでIの技術を身につけて


自立してI側に立っていく、

C⇒Iへの変換ですね。


これをやればよいというのが 現実の2020年代に適用可能な

経済学です。



それでこの I同士の人たちが横でつながるのが

自営業の横のネットワークなんだけど


そっちのほうがこれからの時代は強いわけです。


だから上下の会社組織はどんどんこれから疑われる事態になっていきそう。


ということでこの辺が未来で必然的に起こってくることだから

それを意識して 生活スタイルなどを構築していくと良いと

思った次第です。


とりあえずこれからは


上下の指令系統の 

会社組織より


横の自立した自営業ネットワーク


が強くなっていく時代ですね。


それでは!



ゆう




追伸・・・ちなみに今の世界不況の本当の原因は?というと

色々QEジャブジャブマネーやりすぎたとか理由はあるんだけど


結局自然を馬鹿にしすぎたから、です。


本来生産性のない自然では淘汰される

大企業を銀行なりを QEで無理やり

生き残らせたんです。


これを経済学なんかでは有名なクルーグマンなんかが

やるように色々理論作ったけど

まあうまくいくはずない、ってのは私が2013年くらいに

書いてたことです。


2020年代前半にはダメになる。

私たちアジア人はそれを理解している。



結局世界が生き残るための経済学ってのは

まだ学者達は気づいていないけど


Y=C+Iですけども

このC⇒Iに転換する流れを研究すれば

一発で解決します。




これを日本語で分かりやすく言うと

「ブラック会社勤めから脱出するために

自分で稼ぐスキルをつけましょう」


なんです。



これを必死に官僚たちが 全力で邪魔してるから

うまく回らないだけであって


本当はそれで経済格差なりの多くの問題は解決するんです。


これを左派は官僚の味方だから言いたがらない。

r>g ですと。


そこで「じゃあ g(経済成長率)からr(資本収益率)主体になるように

教育すればいいじゃないですか」


といえば よい話なんです。

もちろんそうなったら大企業も官僚も困るでしょうけども。


今 新興でお金持ちになってる人は無意識にでもこれに気づいてるから

お金持ちになってるというだけですね。


だから自然に逆らわないで自然の流れを認めた上で

そこで人生を組み立てていくってのが大事ですね。


ということで人類は結局 遅かれ早かれですが


個人で自立して

その自立した個人でプロジェクト作っていく、

そこに投資家が出資する、

みたいなところで


生きていくことになりますから


これがこれからの時代の経済構造の主体に徐々に変化していきますから

早めに対応していきたいところです。


そして、とりあえずカフェで仕事できないと不便だから

外出禁止の軟禁状態だけは勘弁してほしいものです。


では!








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    ゆうPDFファイル

【投資心理学を学ぶ!】「なぜ人間の脳みそは損失を出したとき
「誰かのせい」にしたがるのか?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/jik……eibias.pdf
(多くの投資家が陥る「自己防衛バイアス」について書いています)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください