無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【FRBが緊急利下げしましたね~】 (メルマガで流したトランプVSドル防衛勢力の流れ)

2020 3月 04 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【FRBが緊急利下げしましたね~】
(メルマガで流したトランプVSドル防衛勢力の流れ)
⇒編集後記で

~~~~~~~~~~~~~

どうもゆうです!

こんにちは!!


さてさて、昨日なのですが

【トランプ大統領が「FRB議長パウエルよ、もっと金利下げろ」と
再び圧力をかけだしたことを考える!】


という号を流しました~


ちなみに世間というかコロナ問題でも

「私たちマスコミたちだけが

絶対正しいのだ!それ以外はデマであって都市伝説である!」

とか言ってるマスコミたちは


「緊急利下げ なぜ??」とか今日報じていて

なかなか笑えますが



一応私は権威ではありませんが

昨日の夕方あたりにこちらの

【トランプ大統領が「FRB議長パウエルよ、もっと金利下げろ」と
再び圧力をかけだしたことを考える!】

でトランプが金利下げさせて米日金利縮小で

円高圧力がかかるって話も「後付けではなく事前に」

昨日3月3日の夕方に配信してますね~



それでまさにこのストーリーの通り、

トランプ大統領が圧かけてFRBが利下げしてきた


って感じです。


バックナンバー
【トランプ大統領が「FRB議長パウエルよ、もっと金利下げろ」と
再び圧力をかけだしたことを考える!】
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2289#2289



ちなみにこれ相当リアルタイムで動きましたが

まあほんと昨日これ流して


米日金利差縮小を使ってシナリオ立てていく話を

書いたのですが


まあほんと、マスコミは「なぜ」とか言ってますが

たぶん私の読者さんは

「ああ、想定したシナリオに沿ってるな~」

と感じたはずですね。



結果としては円高がさらに進みまして、

金ドルが急騰しました。


これもまた、米日金利縮小で

円高が進んで 金が上がっていく傾向の話を

書いていますが


ある意味素直に動いてる、と私なんかは

思いましたね。



それで面白かったのが

昨日の内容で


G7の話も書いたのですが


これですね。



「このGPIF、通称クジラですがこのGPIFを使って、

そしてコロナ問題を過剰に煽った上で(隠れ)為替介入してる。



ちなみに何故 隠れて為替介入してるのか?

っていうと


昔はトランプが登場する前は日本の官僚たちも

普通にG7とかの協調為替介入といいまして


このG7ってのが本来はドル防衛のための組織なんだけど

ここで為替介入して「なんとか強いドルを維持してきた」

んですね。


だからこれ日本の官僚が世界一強いって私が書く理由

分かると思うんですが、


そう、実は日本ってやっぱり影響力はある国で

それを隠してるけど


強い米ドルってのは日本のマネーなしには存続しえないわけ。

それくらい日本の官僚たちってのは権力源泉が

「強い米ドル」なんですけども


昔はそれを守るために為替介入なりなんでもしていたんですね。

日本の官僚機構ってのはすごいを通り越して怖い、のですよ?



それで今までは為替介入とかして強い米ドル維持してたけど

「強い米ドルはいらない」という


これは アメリカ帝国覇権放棄主義である

トランプ大統領が現れた。



以上です。


それで昨日これを書きましたが

「トランプの米日金利縮小の攻撃で

焦ったG7」が急に出てきたのをあなたもチェック

してると思います。


たぶん世間の人らからしたら

「うわ、急にG7出てきたんだけど」

となってるはずですが


これもメルマガでちゃんと政治構造理解してる読者さんは

「おやおや、ドル防衛のための組織である

G7の方々が焦ってるな~」

くらいの感じで見られると思います。


まあそれで実際は今日の朝NHK報道されてましたが



G7声明と米利下げ 日銀 追加の対応策検討へ 」


なんて出てきてますよね。


https://www3.nhk.or.jp/news/ht……01000.html


ちなみにここで

「ああ、ほんと日本のマスコミは本質を大衆に知られないように

情報統制してるのだな~」なんて


私は感じるのだけど


ここで

「コロナ問題で世界経済の下振れリスクがあるから

だからそれを守らなければ!!」


なんて話をG7がしたらしいけど

それが報じられてるけど


さあ、あなたは「このストーリーが嘘」と分かりますよね??


私のメルマガで昨日は


米日金利縮小攻撃をトランプ大統領が行っていきまして

そこでドル防衛勢力の官僚たちと戦っていくのだ


って言う話を扱ってますが


そこでG7の話も扱いましたが


やっぱりというかそこでG7が出てきましたが

ちゃんと見てる人からしたら


「トランプが米日金利差縮小で

アメリカのドル覇権放棄で動いてきたから


官僚達は強い米ドルを権力源泉にしているから

今回の 米日金利差縮小⇒円高の流れは自分たちの

権力を脅かすものであるから


ただただ為替介入なりしたい、

けどトランプがそもそも為替介入を監視してきている」


っていう政治がしっかり分かるはずです。


すなわちその 彼らが為替介入なり

あとは日銀なんかもマイナス金利深堀したいんでしょうが


その「口実としてコロナ問題煽ってるな~」くらいは

感じ取らないといけないですよね。



ちなみに私のメルマガでは

トランプとドル防衛勢力の官僚たちの「感情」とか「思想」

を扱ってるのですが


なぜ、マスコミとかネットニュースの記事ってのが

こういつも後付になるか?というと


これは私は トランプが米日金利差縮小しかけてくるのも

事前にちゃんと その背後関係まで書いてますから言いますが


そう、感情とか思想の分析が皆無だからです。


結局、人間って思想で動いてますからね。


例えば、コロナ問題でも コロナ危ない!危ない!言ってる人の大半は


思想的に 反中国になってきていて、反安倍になっていて

そしてマスコミを妄信しちゃいけないと言いつつ

マスコミ情報に思いっきり洗脳されてる人で


例えばこの前なんかはGPIFの実質為替介入があったけど

そこで「日本売りされている」ってのを信じてしまう傾向がある

わけです。
(実際に日本円売ったのは、GPIFなどの日本の年金基金ファンドです)


ちなみにこれを書くと中には「あれ、俺のこと言ってる?」

と思うかもしれませんが


違って結局人間って 特定の思想でみんな行動してしまってるのだけど

だから考え方や何かの問題があったときに

取る態度ってのが 思想に沿ってるので似てくるというか


ほぼ同じになるんです。


だからこの辺わかってきてしまうと

世の中の流れとか嘘とか色々見えてきちゃう面白さ、

はあります。


だから私の読者さんは トランプの米日金利差縮小攻撃があって

FRBが緊急利下げに動いて


G7なんかも出てきたのを見て


「ああ、ドル防衛勢力の世界の官僚同盟が

対トランプで焦りだしてるぞ」


っていう本当の構図が見えると思います。


それでこれも書いちゃいますが、


米日金利差縮小ってのがされるわけでして


この米日金利差縮小の見方、「本当の構図」

は昨日書いたから参考にしてほしいけど


バックナンバー
【トランプ大統領が「FRB議長パウエルよ、もっと金利下げろ」と
再び圧力をかけだしたことを考える!】
⇒  https://04auto.biz/brd/BackNum……=2289#2289



例えば アメリカのトランプ大統領が

金利を縮小の圧力をFRBパウエルにかけて


実際にどんどん昨日説明した

米日金利差が縮小していくんだけど


そうなって 昨日書いたのが


体重100キロの円高マンが体重150キロになって

体重50キロの円安マンを押しつぶしていく流れ


でしたが


そうなってくるとこの円安マンってのは

本当は 日本のドル防衛勢力である官僚たちなんだけども、



そこで焦りだして大体そこで

「日銀黒田が緊急会合」とか

今回みたいに「G7の緊急会合、ミーティング」

みたいなニュースが出てくるってことなんですね。


この辺の彼らドル防衛勢力の官僚たちが焦ってるとか

その辺の感情が感じ取れると


もうこれ、すごいこれからの動きも驚くこともなければ

手のひらの上でその部分については

為政者たちが動いてる感じ、は出てくるんですね。



だからこれ私のメルマガを見ている方は

こうやってリアルタイムで「分かっちゃう」と思うんですが


そう、トランプ大統領と戦ってるのは


ドル防衛勢力の大日本の生き残りの官僚たちであるし、

さらに彼らの背後はイギリス諜報であるし、


彼ら官僚たちってのが「強いドル」を欲して

必死こいて操作しようとして


トランプに対抗しようとしている、なんて

本当の構造もこうやって時系列に検証したら

分かっちゃいますよね?


ただこれ、面白いことに、世間の権威者は

情報統制して日本人たちに情報を与えず


洗脳、扇動したいものであるから


こういう話を陰謀論?(笑)とか謎な言葉で

世間がそれらを見ないように扇動してるわけですね。


ただやっぱり金融の面白さがあって

それは「市場の価格は嘘がつけない」ですし、


だからそこでは本当の大口のマネーの動きが反映されるので

そこでは真実が出てきてしまってますね。



最近は日本人が年金なんかも払わないと

差し押さえされるようになってますが

(私、日本に住んでたとき、経験してます)


そこで集めた年金をGPIFっていう独立行政法人に集めて

そこをかまして


為替介入をするわけですが


だから厚生労働省なんかやGPIFはとんでもないところで

「どこからともなく現れたコロナ問題を口実に

日本売りを自分たちでやる組織」であるけど


そこでドル防衛のために動いてたりする。


日本人の民衆たちの利益のためでもなんでもなく、

単なる官僚の省益のためなんですね。


ちなみにこういうのまで見えてくると



「ああ、年金については以前は差し押さえがされなかったけど

厚労省やら官僚たちが動いて


年金を払わないと最近はガンガン差し押さえ入っていく

理由は すなわち こういうときのドル防衛のマネーが

欲しいからか!」


ってのも分かってきますよね?


だから日本人から役人が強制徴収してる年金なんかは

表向き、口実は日本人の老後のためとなってるけど


実際はそんなの嘘であって


それは官僚たちの財布であるし、

さらに彼らの権力源泉である「強いドル」を守るために

実際為替介入の玉として利用されてるわけです。



これらの裏側のドロドロとした動きも

ちゃんと読んでる読者さんは見えてくると思いますよね。


が、昨日書いた「ゴジラ・トランプ大統領」が現れて

ここで


「日本の官僚どもめ。

俺が為替操作で監視してるって言ってるのに


見えないGPIF使って実質為替介入しやがったな。


じゃあ俺もやってやろう。俺を怒らせたらこうなる。


(FRB議長)パウエルよ。利下げだ。」



となったわけで


すごいスピード感で


利下げです。



だから昨日書いたトランプが本当に戦ってるのは

日本の官僚たちだ、ってのも分かってきたと思います。



ちなみに私もこういう認識でしっかり捉えられるようになるために

何千時間も勉強してきたけど


まあそういうのをこうやってメルマガで

読者さんに教えられるってのはすごい面白いことですね。


昔はせいぜい、リアルの友達には教えられるだけだったけど

今はちゃんと読んでくれてる読者さんには

こうやってメルマガ通して伝えられる。



だから情報って大事なんですね~




だから今の

「本当の政治構造」

もあなたは見えてきてしまってるだろうけど


そう、


「アメリカ側はトランプが大統領だから

ドルの基軸化を破壊するために 利下げをガンガン

これからもやっていき


昨日書いたようにマイナス金利まで持っていきたいだろうけど

アメリカ側は米ドル防衛なんかは放棄しようとしている。


「しかし」日本の官僚機構が実は

強い米ドルを求めて色々 イギリス諜報とともに工作してるのだ」



っていう本当の政治構造が見えてきてしまうでしょう。


これは一応私のメルマガの場合、後付解説ではなくて

なるべく事前に彼らの思想分析して行動パターンで想定されるものを

書いてるので


(全ての人は意識していないだけで無意識に思想で行動します)


嫌でもわかってしまうと思います。



それで思想分析ってのは政治哲学学ぶと出来るようになるんだけど

だから政治哲学って面白いですよね。



そう、だから本当の国際関係論、世界の政治構造ってのは



「アメリカは覇権を放棄してもよいと思ってるけど

必死に日本が日本の民衆から強引な課税をしたマネーを使って


アメリカの強いドルを演出して、なんとか

そこで官僚たちの権力を守ろうとしている」


っていうことですよね。



ちなみに左派の人たちの考え方が

「アメリカが横暴で、日本はアメリカの属国そのもので

アメリカが強引に日本に在日米軍を駐留させてる」

というものなんですが


これで見ていると説明できない事象がいくつか出てくるのだけど


実のところ最近 マスコミで出てきている

コロナの問題での 安倍叩きとかあとはトランプ叩きとか

あるんですが


あれは実は 官僚機構の問題に人々が「気づかないために」

そういう誘導してるわけですね。



トランプからしたら本音は


「俺らアメリカは在日米軍撤退させてもよいし

強いドルもいらない。


けど日本や韓国の官僚たちがこの強い米ドルであったり

在日米軍撤退を嫌がるから俺も苦心してる」


でしょう。


だからこの構図が見えてくると・・・

まあ全部分かるわけですね。


ちなみにだからこれからトランプがどう行動するか?


というとまず 「大日本官僚」たち に

圧力をかけていきたいわけですから


ここで米日金利差縮小であったり


あとは日本の官僚たちと結託した米国で活躍する

日本の大企業たちをより追い込んでいく、


あとは米軍駐留費負担なんかをさらに

日本の官僚たちに求める、などでしょうか。



とにかく、トランプ大統領としては中東問題は

去年あたりである程度決着つけて


中東の米軍撤退なんかもうまくいってるし、


あとは「極東アジア」なんですね。



それで日本の官僚たちもある意味頑張っておりまして、

もう精一杯コロナ問題を煽りに煽りまくって


ここで緊急事態宣言を安倍に出させたいでしょうが

政治家安倍は最近政策を見れば

2009年の小沢一郎の路線になってきてまして

官僚に対抗してます。


ただトランプ大統領たちは日本の官僚たちに本格的に攻撃を

仕掛けておりまして


金融では一気に彼らが行った違法円安誘導を

米日金利差縮小でつぶしましたね。



もうすごい戦いが金融市場で展開されているわけです。


この辺まで見えてくるとテクニカルチャートの

月足とか週足とか日足の攻防ってのが


モロに


トランプたち米ドル帝国覇権を放棄していく勢力と

日本の官僚たちを主体とした

米ドル防衛勢力の戦いだ、っていう本当の構図も


見えてくるわけですね~



ただここまでの認識になると、もうかなり多くの政治事象が

事前想定できるようになってしまいますので



さすがに大衆にそれを知られるのはマズイ・・・

ってのがありますから


必死こいて官僚たちは嘘をマスコミに流させて

その情報で大衆を混乱させてるってことです。



そのために共同認知作成機能っていうプロパガンダとして

スマホで見せるニュースとかテレビなんかが使われてる

ってのはこの前書きました。


PDFレポート
【悪の官僚たちは今回の騒動で「憲法21条の集会の自由の制限」
を計画している】(2月29日メルマガより)
⇒  http://fxgod.net/pdf/shukai_jiyu.pdf


PDFレポート【トランプ大統領「フェイクニュース達はコロナ問題を
できるだけ深刻に見せようとしている」】 という発言
について考える!
⇒  http://fxgod.net/pdf/trump_corona.pdf




それで私なんかは今回の 官僚たちがやたら煽ってる

コロナ問題なんかも

結構冷静に見ておりまして、


そこでトランプたちの米日金利差縮小を仕掛ける流れとか

まあ色々分析して見ているのですが



やはり感じたのは

「多くの人は短期でしか見ていないから

だから月足なんかはまず見ていないし、

(チャートさえ見ない人が多い)


さらに15分足や1時間足みたいな短期足ばかり

見てるから


すぐ焦って騙されるし、


情報で囲まれたら人はこんなに簡単に

洗脳され、為政者の思惑通り行動してしまう」


ってことでしょうか。


ただ逆を言うと、皮肉にも

そういう人が大半であるからこそ

私達は学べば稼げるんだとも思います。



例えば世の中が今回、転売やってる人たちが

マスクで月収1000万円とか行ってる人も出てますが


そんな人ばかりだったら相当競合強くて

稼ぐのも難しくなりそうだけど


そうじゃないですからね。


大体の人はマスコミやネットニュースやツイッターを

妄信して


自分で考えるのを放棄するってのが

よーく今回の騒動で見えてきます。


だから私はよく 「私を妄信しなくていいから

自分で考えて欲しい」とよく書くけど、


実はこれは 私が以前お会いした小沢一郎さんが

よくおっしゃってたことなんです。


やはり自立心、独立心ってのはそういうものですね。


それで自立心とか独立心がありますと

結局 メディアの仕掛けてくるプロパガンダで

目が濁りませんから


本質が見えてくるようになって


お金を稼ぐ部分でもめちゃくちゃ有利だし

人生の幸せを考える部分でも自分なりの幸せを追求できるようになる


わけですね。


だから私は読者の中でより多くの

本当の意味で強い人が現れればな~なんて思ってます。



やはりプロパガンダなんかは見破れる力が今の時代

スーパー大事ですよね、ほんと。


そうじゃないと多分、投機やってる人は

チャートに振り回されることになりますから。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【政治の注目現象を軽く?分析!】


日本の安倍首相が韓国のムンジェイン大統領と中国の習近平国家主席と

協力していく姿勢を明白にしてる

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


それで以前にこれ

日本と韓国が色々表向き言い争ってる中で

安倍首相なんかはこれから韓国と中国と結局仲良くしていくんだ


みたいな話を書きましたが


今回のコロナ問題でこの


日本 中国 韓国の 本音での協調体制


がしっかり見えてきてるのは私が注目してる点です。



日本の安倍首相と韓国のムンジェイン大統領が

それぞれ協力して危機を克服していこうということで

話が進んでますよね。


すなわち今回は政治家同士はプロレスはやらなくなっていて

日本と韓国と中国の3カ国の首脳たちが


協力していこう、という本音の動きが出てるのが特色です。


安倍が ムンジェインと話したいと言って

ムンジェインもまた安倍と話したいと言っていて


安倍首相なんかも 韓国や中国と仲良くして

「アジア人同士戦わず」の思想ってのは


今までなるべく隠していたのですが

もう最近はそれを隠さなくなっております。


そう、だから 日本と韓国と中国が協調していこうっていう

姿勢を安倍首相は出してるんだから


実は2009年の小沢鳩山政権のときの小沢さんの行動

と極めて近似してるというか同じになってるわけですね。



さあ、じゃあこうなったら「ドル防衛勢力の官僚たち」

はどうでしょうか?


彼らはアジア各国が分断されず団結してしまいますと


結局「なんの脅威もないし、北朝鮮も中国もいまや脅威じゃないから

官僚機構の権力の源泉である

在日米軍とかいらなくね?」


っていう方向になるのが嫌で嫌で仕方ありませんが




だから今必死こいて 外務省官僚たちが

安倍とムンジェインと習がくっつかないように

邪魔している。



ちなみに面白い現象が現れておりまして


まず2013年~2016年までは安倍は

表向きは


反中、反韓でネットウヨという本当は官僚の利権を代弁する

人間たちを味方にしたわけですね。


ただこのネットウヨたちってのは結局

単なる国家社会主義の人らの集団であって

実は左なんだけども


そして彼らは単なる「官僚たちの犬」なんだけど

そこで 2016年~~から安倍が


中国、そして最近はもう隠しませんが韓国と

協調していこうという姿勢を打ち出したものですから
(それまでは表向きは喧嘩を装っていた)


彼ら本気のレーシストのネットウヨたちが

どんどん「反安倍」に回ってるってのが


見えてる人には見えてると思います。

以前に安倍を支持していた百田ってのがいたけど

彼も安倍支持ではなくなった。


そして日本のマスコミは まるでCNNがトランプをコロナ問題で

叩いてるように


ここで同じく安倍をたたき出している。


よく左派の人たちは「マスコミに洗脳されるな」といっていたと

記憶しているけど


彼ら左派の批判の矛先はまさに「マスコミが扇動してる」

安倍叩きそのもの、となってきてます。



安倍の場合は2013年~2016年まで

官僚に面従腹背していたけど


2016年から一気に反官僚姿勢に転じてきてるのは

もうこれ明白で


そこで韓国と中国とも協調姿勢を最近は

隠さなくなってるわけですが


まさにそこで 本当は官僚の犬である

ネットウヨたちってのも反安倍に最近はなりだしている、


わけです。



逆に2009年あたりに小沢鳩山を私なんかは

支持していたのだけど


この人たちの中で特に資本主義を支持する人たち

ってのは反官僚ですから、



そこで2013年~2016年は安倍が官僚の犬として

振舞っていたので安部を批判していたけど


2016年から安倍が 反官僚姿勢で

ちゃんとアジア同士戦わず、の思想に沿いだしてるので


だからここで実は彼らがトランプやムンや習と協調して

反官僚で動く安倍を批判しなくなってきてる。




さて、じゃあ「日本の野党は?」というと

実はこの前かなり「本音」が見える面白い状況が起こりました。



多くの日本人が「与党もおかしいが、なんとなく野党もおかしい」

って感じ取ってるわけなんだけど


そう与党だろうが野党だろうが


「官僚の利益代弁勢力」が主体です。


だからちょっとでも反官僚に回った行動を取ると

以前までマスコミが散々 持ち上げていた安倍でさえも


今回のコロナ問題みたいのを扇動されて一気に

潰されかかるわけですね。



それで私はここで 

「民衆の味方のフリをして

実際は官僚の傀儡である野党たち」


の姿にしっかりと気づいてますが


そうそれが「緊急事態宣言」です。


ちなみに私ゆうは思想としては

自由主義と民主主義が合わさった近代デモクラシー、

すなわち近代国家思想を重要と考え


なおかつそれには必ず

公的部門の役人たちと私的企業の起業家や投資家が分離されてる

資本主義の思想が付随するのだけど



それを支持する人間であります。


ちゃんと私は自分の思想信条は自由であって

それを堂々と書きます。


またそれを妄信しないでも良いとも書いてます。


それでその上で書くのですが

この「緊急事態宣言」ってのは


以前は実は日本の左派、野党たちが

「危険だ!!」といっていたものでしたよね??


これは日本人は最近物忘れが激しくなっておりますが

(アルツハイマーの原因は神経細胞に巣食うヘルペスウイルスなんだって

これは医療利権が消失するからタブーになってるけど

そろそろ臨床研究すべき。)



以前は パフォーマンスとして、

野党が批判していたものなんです。


ってのはこの緊急事態宣言ってのは

思いっきり「官僚たちが暴走できる体制」

なんです。


以前にこのPDF渡しました。読んで欲しいです。


PDFレポート
【悪の官僚たちは今回の騒動で「憲法21条の集会の自由の制限」
を計画している】(2月29日メルマガより)
⇒  http://fxgod.net/pdf/shukai_jiyu.pdf




ここで憲法21条や22条の自由権があるのですが

これはやはり近代デモクラシー思想では必須のものなんだけど


それを「骨抜きできる手段」として存在するのが

緊急事態宣言でありますよね。


そう、緊急事態宣言ってのは


「日本人のあらゆる自由権を縮小したい

軍産や官僚たちのためにある」わけ。


ちなみに左派の工作ってのがあってこの工作について

多くの人は知りませんが


実は左派で「一見正義に見える人」ってのがいるんだけど

実はこの人たちの多くは官僚たちからのマネーが入ってるブロガーが

結構いらっしゃる。


私は分析力が結構ありますからね、ある程度

言論や思想分析してわかってしまう。


それで彼らは「それを仕掛けてる仕掛け人が官僚たちなんだけど

それを民衆が選んだ政治家のせいにして

批判の矛先をずらす役割」をしてるんですね。



私は諜報の分析とか自分でやってる人間だから



それを多くの人に考えて欲しくて書きます。



それでトランプ大統領は実は以前にこの緊急事態宣言ってのは


官僚たちの利権のためにある、


すなわち米国人たちのあらゆる自由権を縮小するために

ワシントンの官僚たちなんかが緊急事態宣言を使いたがってるってのを

知っていて


あえて緊急事態宣言を乱発させて「使い物にならなくさせた」

んですね。


これが本当の政治。

政治家ってのはこうやって 官僚に立ち向かうために

あえて過激にやって失敗させるっていう政治を仕掛けたりします。


最近はそれが効果的。



例えば安倍が以前に 自民党の憲法改正草案ってのを

7年くらい前かな、発表させたものだけど


「本当にあんな自由権の縮小をするための

憲法改正をしたいならば」


ですが


「事前に出さない」と思いませんかね?


実は私が不思議だったのがこれだったんです。


憲法改正の中身見る限り、他の憲法21条やら22条の自由権は

圧倒的に縮小させてるし、

こんなの大きな反発にあうのは普通は分かる。



あとはこれ 知られていませんが

実は「公務員という存在が違憲」なんですね。


公務員の項目が憲法でありますが

私たち日本人はよく「公務員」と言ったりするけど


本来は政治家が公務員であって

それ以外の人は官吏(かんり)なんです。



だってこれ選挙経ていないのだから。


政治家は選挙で民衆に信認受けてるけど

官吏の代表である官僚たちってのは


受験勉強エリートの単なるお勉強秀才たちであって

日本人たちの民衆(デモ)にデモクラシーで選ばれてません。


だから本来は公務員を官吏と言うのです。


ただこの官吏を国家公務員法で強引に「公務員」にしてしまってる

わけでこの国家公務員法ってのは実際は憲法違反なんですね。


だから実はちょっと政治状況が変わってそれが

訴訟なりで司法に持っていかれれば

国家公務員法ってのも見直される可能性もあるんです。


それは官僚たちにとってのリスクです。


・・・というのを頭良い官僚達は理解してるから

憲法改正草案では


この本来官吏である公務員たちをちゃんと公務員とする

みたいな内容が入ってますが


憲法改正草案はどう見ても 

冷静に分析すれば自民の政治家の発想ではありませんから

官僚たちや官僚側の政治家たちが作ったものだ。


それでこれを安倍がもう数年前に表に事前に出してしまった。


それで「なんだこんなとんでもないことを自民は考えてるのか」

と世間を刺激したのだけど


「なぜこれを事前に出したのか?」が私には

疑問だったわけです。


なぜなら本当に そんなとんでもない憲法改正をしたいならば

まさに今回のコロナ問題の「どさくさに紛れて」

スピード感持って

「いきなり憲法改正の草案出して」


そして議論もさせずに、国民投票させたほうが

早いからですね。


私が官僚ならそう考える。


だから私はあの憲法改正草案を事前に安倍が出したのを見て

「安倍は思想分析が少し難しい」って当時書いていたのですが


最近これがわかってきまして

トランプに近いことをやっていたのでしょう。


事前に出したらうまくいかない 大日本憲法のような

近代国家とは到底いえない、


改正草案を事前に出したのだから

自滅させるためであった可能性があります。



それで最近はその安倍の反官僚的な姿勢が

いよいよ表に出てきたという感じでして


もう韓国や中国と協調する姿勢も隠さなくなってきました。


だから今、日本の官僚機構は実は「左派、野党の後ろ」

に付きだしてるんだけど



だから最近はなんと野党たちが

「早く緊急事態宣言を出すべきだ!}

と言い出して官僚たちの声を代弁している。






ちなみにここで 野党議員で日本維新の会の

松沢議員がまさに「コロナ怖い怖いよ」という感じで


「世界的な蔓延でこれはパンデミックなのです!!

緊急事態であるとなぜいえないのですか!!!!」



と安倍首相を叩いてる。


なるほど、死者はじゃあ10万人くらい超えてるのでしょうか!????
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


近年の日本の肺炎の死亡者は年間で男女あわせて11万人ですが

それが倍増するくらいの今回の騒動が2ヶ月ですが

大体2万人くらいの死者が出てるだろうか?


です。


そうここは極めて不都合だから

「感染者」で煽ってるのがマスコミや官僚たちのスキームだ。


「恐怖でIQを下げさせて

ショックドクトリンで 大衆がオロオロしてる間に

緊急事態宣言を出させて


一気に社会情勢を変革したい」


のが官僚たちです。


まさに最近は野党たちが 官僚たちの意見の代弁者となりつつある。



それで一方、安倍が 緊急事態宣言を出さないという

対応をしているわけですね。



だから今は以前と全く逆でして


以前は左派が「緊急事態宣言は自由権の圧迫だ!と

民衆の味方のフリをして言っていた」


けど


今は 安倍が緊急事態宣言をするのに反対しており

一方野党たちは緊急事態宣言を出せ!!


と言ってるわけです。



官僚たちが いよいよ野党のバックに回った疑いがある。


私が書いたように

官僚たちは憲法21条であったり22条であったりの

自由権を


緊急事態宣言で圧迫したいはずだ。


緊急事態宣言でセミナーなどの集会は行えなくなるように
官僚達は「統制」したい。



ちなみにこのPDFレポートの内容はかなり大事で

いきなりこの内容配信した後に


緊急事態宣言の議論が出てきてるところが

不思議でした。


PDFレポート
【悪の官僚たちは今回の騒動で「憲法21条の集会の自由の制限」
を計画している】(2月29日メルマガより)
⇒  http://fxgod.net/pdf/shukai_jiyu.pdf



官僚たちは民衆たちがどのような議論展開をしてるか?

を監視しているでしょう。


しかし安倍が

「いや、緊急事態宣言を出す状況ではない」


と「緊急事態宣言を求める野党」に対抗

している構図も報じられてる通りですよね。


だからどうも緊急事態宣言を利用して

民衆の自由権を圧迫したい官僚たちと


以前は面従腹背で官僚たちに従っていたけど

一気に反官僚姿勢に転じた

政治家たちの戦いがどうも存在してると見えます。



ちなみにトランプ大統領なんかは

以前非常事態を2019年に出してまして


これをバンバン出して使い物にならないように

非常事態宣言を乱発したわけですが


今回安倍が事実上これをどれだけ骨抜きできるのか?

が注目されますよね。


とりあえず明確に以前に書いたように日本の官僚たちは

憲法21条なんかにある集会の自由制限を狙ってる

PDFレポート
【悪の官僚たちは今回の騒動で「憲法21条の集会の自由の制限」
を計画している】(2月29日メルマガより)
⇒  http://fxgod.net/pdf/shukai_jiyu.pdf




ってのが見えてきたと思います。


ちなみにここでちょっと書きすぎると

本当に民衆のことを考えてるほんと一部の政治家たちを邪魔してしまう

可能性があるので詳しくは今回書かないですが


とりあえずトランプ大統領は非常事態宣言乱発しまくったんだけど

そこでもう時期の大統領になっても

非常事態宣言が 「民衆の取り締まり」

に使い物にならないようになってきてるんですね。


本来非常事態宣言ってのは軍産官僚たちの

ショックドクトリン時の「とっておきの武器」だったけど


ここでトランプがいわば 換骨堕胎して骨抜きしたんです。


2019年です。


それで今回 政治家たちが官僚たちと立ち向かえるか?

が注目になりますよね。


この辺、私も今調べてる最中なのですが

とりあえず例えば集会の自由としてセミナーなんかがそうだけど


そこで 「罰則付きの法律」 が出来たら終わりますが

「罰則なし」であるかどうか、とかですね、


その辺の法律の立法の詳しい中身の話になってきますよね。

(罰則なしなら事実上民衆からしたら

「勧奨」でしかないから。)


例えば政府は支持が「できる」となっていても

「支持に従わなければ罰則あり・逮捕」とかの法律を官僚達は

求めるでしょうが そうなれば警察国家化が進むだけであり


そうなると本格的に 憲法21条なんて骨抜きされますが

その辺の 立法の部分での攻防がどうも起こってます。


だから私たち民衆は パニックになって

マスコミやネットニュースで「危ない!危ない!という恐怖あおり」

でパニくらないで


冷静に為政者の官僚たちの思惑を見破っていき

けん制するのが大事になってくるのかなと思います。


恐怖扇動でIQ低下したら終わりです。

これは株式でも為替でもそうですね?


それで官僚たちも負けてませんで、

安倍が中国の習と会談しようとしていたのだけど


外務省の官僚たちがどうもそれを妨害していたんだけど

そこで延期となりそうですが、


日本の官僚たちが必死に事務方として裏で工作して

日本と中国と韓国が分断されず協調していくのを

妨害しております。



だからどうも「日本人の敵は日本国内にいる」でありまして、

これは以前から書いてきたことですが


じゃあその敵は?というと見えてきたと思いますが

やはり官僚機構です。


明治以降どんどん力を肥大させてきたのが

イギリス諜報バックの日本の官僚機構でしたが、


そこで彼らは太平洋戦争はさんでも

生き残りましたが、


いよいよ、彼らもトランプ大統領が誕生して

2019年中に中東の米軍撤退が進んでいき


本当に焦りだして


もうトランプが 極東アジアの米軍、

すなわち 在日米軍や在韓米軍撤退議論を


いまやいまやと出しそうなので

また民衆にも


「新型コロナ問題の危険性煽ってるのは

官僚たちが後ろについてる左派のメディアや工作員たち

ばかりである。


その目的は憲法21条の言論表現の自由や

集会の自由や憲法22条の商売の自由などの


官僚たちを規制する自由権を骨抜きにするためだ」


とばれて来てしまったので



「気づかれる前に急いでこの混乱に乗じて

社会情勢を変革しようとしている」


わけですね。


そう、これがショックドクトリンだ。


私はだから今回この「ショックドクトリンを仕掛けて

官僚たちがどう動いていくのか」を研究してるけど


本当にパニックなのは彼ら官僚たちだ。


それで彼らはマスコミやスマホで民衆が見る

ネットニュースやSNSで


共同認知作成機能を利用してプロパガンダ工作をすれば


民衆が怖い怖い!となって


それで扇動が成功すると思ってるのはもう見えてます。


私がこの前「集会の自由制限を日本の官僚達はたくらみだす」と

韓国にいて分析して書いたのですが


この2日くらい、そんな報道が相次いでませんか?


私たち民衆は騙されないように


彼ら「見えない東大出身の民衆利益ではなく

自分たちの保身と省益しか考えていない

官僚たちの思惑」


を冷静に見ていく必要がありますね。



それで既に為替や金ゴールドなんかでは

米ドル防衛勢力は劣勢となってますので


実のところこの辺の金融が 


最前線といえるでしょうが


そこでドル防衛の官僚たちが追い込まれてきてる姿は

大いに見て取れますので


暖かくなる3月後半~6月あたりですね、

この辺が注目です。


すでにアメリカではトランプ大統領が相当突っ込んだ発言をしていて


「コロナ騒動を作り出し煽ってるのは

左派たちが企てるトランプ攻撃のためだ」


レベルで発言してしまってます。



ちなみにプロパガンダってのは結局洗脳ですから

それは「効果が短期」なんですね。


一方それは長期で見てる人には冷静に見破られるものだ。


それで民衆がそろそろ


「そういえば感染者感染者ってあおってるけど

アメリカのインフルエンザは2000万人以上の感染者だぞ?


っていうか死者数をあまり言わないで感染者を誇張しだしてるのは

なぜ?


そういえば日本は自殺者数が3万人だけど

こっちのほうが圧倒的に死んでるからストレスは気をつけよう」


みたいに気づくころです。


要するに官僚たちの権力源泉は米ドルであって

在日米軍であって


そしてそのプロパガンダ力であるのだけど


ここに気づく冷静な

「自分で考える民衆」

が増えてきたら彼らはプロパガンダを展開できなくなるため

支配をできなくなります。



そういう意味で私達は今回のコロナパニックが

明確に ショックを民衆に与えてその「どさくさ」に紛れて


民衆を恐怖でIQ下げさせて


その間に社会体制を変えていこうという官僚たちの思惑があると

気づいて、


思惑に乗せられないように気をつける必要がありますね!



ということで金融を見ればもう3月あたりから

これからは恐怖あおりをしてきた官僚たちへの

反撃ターンに転じつつありますので


2020年パニックが色々起こされてますが

かなり面白い攻防が展開されると思いますので


こういうときは恐怖ではなくて

楽しむ姿勢が大事になりますね。



また何かしらアップデートがあったりしたら

引き続きメルマガで扱っていこうと思います!



それでは!



ゆう






追伸・・・それでやはり2019年に

在日米軍撤退議論と在韓米軍撤退議論を控えている

「日本と韓国が世界の中心となる」

と書いたとおり、


まああまり嬉しいことではないけど

今回のコロナ問題で日本と韓国が中心となっちゃいました。

偶然ではないでしょう。


とりあえず日本人と韓国人は海外渡航の自由の制限が

徐々に実質は始まっている。


日本人や韓国人が入国できない国も増えている。


それで、やはりそんな中でも面白い現象が

上に少し書いた構図で


今までは日本では左派野党が民衆の味方気取りで

韓国と中国と分断されないで日本と中国と韓国で

協調しようという姿勢で


与党なんかは比較的 反中 反韓姿勢でしたが


2016年以降徐々に逆転が起こっており

2020年の今は逆で


与党側は


反中、反韓の似非ではなく

本来の保守の人間たちが 韓国や中国と協力して


「分断して統治する」に対抗しようとしていて


一方野党・左派側はまさに

反中、反韓になってきてるわけですね。


明確に 官僚たちが2013年~2016年からは

言うことを聞く政治家たちの背後にいたけど


彼ら政治家たちがトランプ誕生とともに 2016年あたりから

反官僚で反発してきたから


官僚達は野党の背後に乗り換えてるんでしょう。


そういう意味で与党野党の政策のあり方とかも

数年前と全く逆転してきてましてこれが面白い。


私が大学時代に学んだのが 政治家の面従腹背姿勢なんだけど

まさにこれなんですね。


途中まで官僚たちに従うんだけど

機がこれば、民衆の代表の政治家たちは

官僚たちを裏切って 本音を出して対抗していくと。


小沢一郎さんなんかも昔はそうでして

最初は官僚の犬だったんだけど

その後一気に、反官僚で反旗を翻したものですが


この辺の官僚VS政治家の戦いが注目だったりもします。

昔の2009年は「左からのエスタブ官僚攻撃」でしたが

これは失敗しましたが


2016年~2020年あたりはこれが

「右からのエスタブ官僚攻撃」となってまして


これはこの数年書いていることなんですが

いよいよその攻防が激しくなっていると。


それで大きな流れ、トレンドではやはり

トランプなどの反軍さん官僚勢力がこの4年以上、

強いですから


今は官僚たちがコロナ問題とパニックを引き起こして

勢いづいてましたが


また春夏と暖かくなる時期で

彼ら官僚たちが押されていくターンになる確率が高いと

私は見てます。


だからやはり在韓米軍撤退議論、在日米軍撤退議論が

無慈悲に今回の米日金利差縮小のトランプ攻撃のように

官僚たちを襲っていくでしょう。


トランプ大統領もこのコロナ問題は1ヶ月以上

言及を控えてましたが


いよいよ2月後半から反撃してきてますので

これからが実は楽しみでもあります。


では!









★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



PDFレポート【トランプ大統領「フェイクニュース達はコロナ問題を
できるだけ深刻に見せようとしている」】 という発言
について考える!
⇒  http://fxgod.net/pdf/trump_corona.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆









コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください