無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【海外投資家が疑う「日本の年金(GPIF)による 円売りドル買い米国債購入=実質の為替介入の動き」 について考える!】

2020 2月 23 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【海外投資家が疑う「日本の年金(GPIF)による
円売りドル買い米国債購入=実質の為替介入の動き」 について考える!】
⇒編集後記2で!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

NEW!【無料】富裕層が稼いでるシステムを体験できます
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/
(【「あなたが稼いだ後」の税理士さんも紹介してくれる
案件が登場です)


というまだ世間には知られていないシステムです。

ズバリ・・・聞いたことないと思いますが

トランプ大統領とパウエルの戦いでもお馴染み

「政策金利」を利用したシステムです。


10億円動かしてる方が2年間使って

22億円になって12億円利益が出たもので

結構ガチ 注目案件ですね~

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【無料】FXで年間9,975pipsを獲得し
勝率95.7%の”永久不滅の成功法則”とは?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/42/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


どうもゆうです!

あなた、こんにちは!!


さてさて、今日は2月23日の日曜日であります。


いや~とりあえず今週は何と言っても

「金ゴールド」が中心の週でした。


もうスポット価格でオンスで1640ドル行きましたね。

もう2019年くらいには 金ゴールドのポートフォリオを

増加させる戦略をよく書いていましたが


読者さんでも結構これをやってる方が多いようですが

まあ調子乗らないで、堅実に資産を増やしていきましょう~



ちなみに私が去年書いた内容が不気味だと思うのですが

2019年には「これから日本と韓国と中国の極東アジアが世界の

話題の中心になって、そんで金ゴールドが金融の中心になる」


ってことを書いて多くの読者さんに流してますが

まさに最近は日本と韓国とそして中国がコロナの話題(プロパガンダ)で


世界の中心でして、

金が中心となってるわけですね。


これはまあ色々この数ヶ月私も見ていたのですが

偶然ではなくやはり政治的な動きですね。


それで・・・

私なんかは政治分析をよくしてるもので

「今回のコロナ騒動たきつけて一番得をしてるのは誰か」

と、考えるのですが


そう、どう見てもこれ金融部分では「ドル防衛勢力」が得してます。

これはマスコミたちが 自分たちのコロナプロパガンダが大成功して

「ドルが安全資産(本当に?)になったから」大喜びしてる。


だからこれ、コロナ騒動で結果としては

金が上がったら通常「金の敵」であるドルってのは

弱くなる相関があるんだけど


今回はコロナのおかげで、ドルが防衛されてる面白い構造を

誰も言いませんが、うすうす 気づいてる人もいるのではないかな?

と。



私なんかはその辺興味深く見ておりました。


それで私は日本語と英語とあとは韓国語一応分かるから

3ヶ国語で情報取るんだけど

「日本ではあまり積極的に書くのがNGだけど

英語圏では記者たちが書いてる情報」


ってのがあるんだけど


それが「ドル円で日本の年金基金であるGPIFが円売りドル買い進めて

米国債買いまくりの(実質)為替介入している」

ってことですよね。



おそらくですが、しばらくして、数ヶ月とかして

今年中に日本の米国債保有額が増加した、と言うニュースが

出てくるんじゃないかな?と。




それで実はこの「年金基金が実質為替介入してる」

ってのは日本語だと少しNGが出てる媒体が多いようだけど


英語圏だと普通に書かれていました。


この辺の政治は私なんかは金ドルやってたりするから

ドル円直ではあまりやる機会少なくなってるけど

ただ知っておいて良いのかな~と。



すなわち「ドル防衛」のために必死に頑張る

日本の官僚たちとGPIF(年金基金)の姿がありますね。


編集後記で!






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


(【「あなたが稼いだ後」の税理士さんも
紹介してくれる 案件が登場です)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




さてさて、先ほどですがちょっと

特殊な?いや、相当怪しい?


けど実は結構ヤバい案件が登場したのですが

人気ですね~


やっぱりこういうのが出てくるのがこの業界の面白いところ

だと思います。


ちなみに今回の案件はたぶん多くの人が初めて聞くシステムである

はずなのですが


そう、ズバリ「政策金利の各国の違い」を利用した

システムですね!


「政策金利が各国違う」ってのは経済学では当たり前だけど

「けどその当たり前の間にチャンスがあるよね?」


と気づいた富裕層が開発したシステムですね~


一応 2年間ほどで10億円が22億円になってるので

かなり安定したシステムということなんですね~


NEW!【無料】富裕層が稼いでるシステムを体験できます

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/



それで実は今回の案件ですが、

ページ見ていただいてる方はご存知だと思いますが


そう・・・


結構他案件と違うのが

「稼いだあとはちゃんと 税理士も紹介します」

という案件ですね。



一応最近はもう「個人でネットで稼ぐ」ことをやってる人が

増えてるのですが


税理士さんつけてないで自分だけで確定申告やってる人が

多いですが、


やはり税理士はつけたほうがよいのですね。

ちゃんと顧問契約して。


それで今回は「あなたが稼いだ後も税理士を紹介」

してくれるので


なんと、稼いだ後もしっかりと税理士さんが色々

税金の部分のアドバイスもしてくれるんで


その辺がかなり強いと私は思いました。




NEW!【無料】富裕層が稼いでるシステムを体験できます

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/
(【「稼いだ後」の税理士さんも案内してくれる案件が登場です】




ちなみにこのインフォなんかをきっかけにして

個人事業主とか株式会社で独立してる人なんてのを私は数多く見てますが


やはり多くの教材とか塾の欠点ってのが

「稼ぐまでは教えるんだけどその後の守りを教えない」

ってのが実は弱点なんですね。


結局、最終的には資本主義の一つのスタート地点が

「働かないでも配当金なりが入って生活できる」

っていうところで


これがゴールじゃなくてスタートなんだけど

ただこれも「税務」の部分がちゃんとできていないと達成できません。



特に、日本は実質は世界一の重税国家ですが

(単一の税金は安いけど 全ての社会保障や税や
その他 特別会計なんかのも税金と考えると
世界一になる)


そこでやはり

「税金で食べてるお役人・お奉行様から資産を守る」

ってのが極めて大事ですが



そこであなたの資産を守ってくれる

顧問税理士がいる、頼りにできる税理士がいる

ってのは大事なことです。



それで実はこういう投資とかネットビジネスの税務できる

税理士さんって少ないんですが(知識ないおじいちゃん税理士だとキツイ)


この案件は「あなたが稼いで

「この収益処理どうしよう」となる可能性がありますが

その時に強い税理士」も紹介がついてるので


「稼いだ後までのアフターフォロー」があるため

なかなか強いと思います!



そして今回はずばり10億円を運用したのが

2年間はかかってますが

22億円まで増やしてるもので


富裕層たちが使ってるシステムですから

なかなか面白いです。


ちなみに稼ぐ公式は単純で

「(思考も行動も)富裕層の真似する」ですが


それをあなたがしたいなら良いでしょう。


NEW!【無料】富裕層が稼いでるシステムを体験できます

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/



ちなみに、こういうサービスは大変良いですね。

私なんかはメルマガやってると一番多いのが

稼いだ後の税金の話をしてくる読者さんですが


私もここは一応法律のあれでアドバイスとかは

微妙なので答えに窮しますが
(本当はめっちゃ色々知ってますが)


とりあえずこうやって稼いだ後もフォローする

というちゃんとした案件が出てるのは良いことだと思いました。



さて、それで今日はこちらの案件を

担当されてる池田さんよりあなたにメッセージです!



==============


どうも、はじめまして!
池田宣史(いけだよしふみ)と申します。


私が利用しているものの中で


一度も含み損を抱えること無く、
たった2年で12億稼いだシステムを

今回あなたに伝えたくてこうして手紙を書いています。


このシステムの特徴としては


・スマホさえあればOK
・運用金額最低10万円と少額からOK
・毎日必ず利益が出る(必ず、です)
・作業ゼロ。難しいことは一切しない
・不動産のように手間もかからない
・EAのように赤字リスクなどゼロ
・「お金が引き出せない」なんて縛りも無し



というまさに最強の資産運用システムになっています。


※システムの詳細を見る※

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/


正直、こんな話だけ聞いたら


「絶対詐欺だ!」


と思うかもしれません。


確かに私も昔はそう思いました。


ですが、実際に使ってみると、
どんどん資産が増えていってるのです。


私自身、今もなお、毎日利益が出ています。



それでも信じられない!


という方のために、今回は


「システム無料お試し権利」


をあなたにご提供します。



資金が無い、という場合は、
資金を増やすためのコンテンツまで用意してる、
到れり尽くせりの企画になっています。


受け取れるコンテンツの一覧はコチラ

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/


当然ですが、普通ならこんなシステム、表に出ません。


でも、今回特別に利用できるチャンスが
一般に広がっているのです。


たった数日という期間限定で。


あなたがもし安定的に、
そして長期的に資産を増やしていけるものを
探しているのならぜひ登録して動画をチェックしてください。


あなたの期待は絶対に裏切りません。


私にはそれだけの自信があります。


ぜひあなたの登録お待ちしています。


※今すぐ登録する※

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/






==============


以上です!!




ちなみにこの案件を扱ってるのが

実を言うと「私ゆうの大先生の会社」なんですね。


ちなみに私ゆうは「資本主義とはなんちゃらだ」とか

よく書いていますが


実はその「本質」ってこの大先生に全部学んでるわけです。


ちなみにエリオット波動とかも偉そうによく書いてますが

実はこれは私は正直に言ってしまうのですが


これはこの大先生に紹介してもらった

億トレーダーじゃなくて10億トレーダーに最初教わりました。

バルサラの破産確率も・・・



だから私は今では友達のように接してても

結局死ぬまで一生先生、みたいな人がいるのですが


その方の会社さんがやってる案件なんで

内容としては


「ここまでのもの、なかなかない」


というものになってるかと思います。



NEW!【無料】富裕層が稼いでるシステムを体験できます

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/




それで、私のメルマガなんかは主張がこう英語圏の人からしたら

そこまでおかしくないとは思ってるんですが


日本語圏の人からしたら「なんだこいつは」という

内容もあったりしますが


そこで 本当に メルマガ見る人、見ない人で分かれます。


が、メルマガかなり精読されて検証されてる読者さんは

去年に「金ドルトレードでプライスアクションで

買いだけ戦略が圧倒的に負けづらい」ってのも流してますが


その通りにやって稼いでるわけでして


あとは単純に金長期保有でも稼いでらっしゃる方

数え切れませんが


この辺はその方の自己判断、責任ですが

やっぱり稼いでる読者は多いんですよね。


それで解除する人とかは実は一番多いのが

「書いてる内容がいまいち自分の世界と違いすぎて分からない」

なんて人たちだったりするんですが


ただ今読んでる方は

この案件とか見ていて


「あ~~メルマガで学んでいてよかったな」と

思っていただけるかも?しれません。


まあそれくらいの内容なんですね。


ちなみに、一応最近読者さんで多いのが

時期的なこともあるでしょうが


税金の悩みなんですが


まあ稼ぐまでが一番楽しい

と私は思いますが


やっぱり稼いで資産を作ったら預金封鎖だの

税金で国家にいじめられるだの、これはこれで


また、悩みが発生するものです。


債券発行しまくって借金だらけの先進国に生まれてしまった

宿命です。



それで「稼いだ後の税務処理」に困ってる方もいらっしゃるでしょうが

今回の案件はよほどのことがなければ、ですが


ちゃんとやってる人は稼ぐ人かなり増える可能性が

100%とはいいませんが、可能性や期待値は極めて高いのですが


そこで税金の処理問題が出てくる人が多いだろうってことで


【プレゼント5】でありますが



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
「資産運用のプロ推薦!」


税金に強いおススメ税理士をご紹介

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



ってのがありますが


本当はこれが一番強いかもしれない・・・

と私は思いました。


FXとか周りの投資の収益とか

ネットビジネスの収益処理とかできる税理士って


探したら分かりますが実はすごい日本に少ないのですが

そこと人脈持てるってのが結構重要ですね。


だからあまり 稼いだ後の税理士まで用意してる

案件はありませんので


結構ガチものだ、と 目が肥えてる方は分かるかと。



NEW!【無料】富裕層が稼いでるシステムを体験できます

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/





それで今回の案件で収益が出る方もかなりというか相当

増えるんではないかなと想定はできますが、


ただそこで 今まで全く稼いだことない人が問題になるのが

「税金問題」ですが



今回は池田さんなんかが以前 税理士事務所で働いていたっていう

その辺の人脈もありまして


ネット上の海外絡めた収益とかその辺の処理とか

詳しい税理士さんも紹介してくれるそうなので、


「あなたが稼いだ後」も安心です。



ちなみに私なんかも顧問税理士なんかは

長いことお世話になってるんですが


個人的に思うのは・・・


「自分で稼ぐっていう事業やってるのに

顧問税理士いないとか 頭おかしい」


とは正直思います。


個人で もちろんやってる人のほうが多いんでしょうが

私の場合ですと税理士さんが色々税法を主として

国家とやりあってくれなかったら


色々な所で資産ぶんどられていただろうな、と思いますから。


だからそういう意味で本当は

「自分で稼ぐ」って誰でもできるんです。


これは日本人はサラリーマンが多いから感覚分からないでしょうが


私がいる韓国だとその辺の おっさん、おばはんでも

みんな何かしら事業やってお金稼いでますから。


(ちなみに韓国のおっさん、おばはんは事業やってる人は

愛想よくて接しやすいけど


公務員や大企業のおっさんおばはんはちょっと

威張ってるというか横柄な人多くて、これも日本と同じ)


だからちゃんと、サラリーマンとかアルバイトとかで

仕事してる感覚で取り組めば誰でも稼げるんだけど


ただ一番難しいのが「資産守る」ってところです。


この辺はやはり税法であるとか、あとは税法を官僚たちが

無視して、それで課税してきて、それが裁判になったりするんだけど


そんときの地裁とかもしくは最高裁の判例とか

普通の個人は知らないわけで


そこを甘く見られることはあるんですね。


だからやはり税理士さんがいるってのが大事なんだけど

この案件は「あなたが稼いだ後」のこともフォローしてくれて

税理士さんもついてくれるので


そういう意味ではかなり付加価値が付いてるから

「ヤバい」と思いますので是非見てみてくださいね~



あと、政策金利の違いってのが各国ありまして、

本当の富裕層は 定期金利には預金しないで

こういう「特殊な政策金利を活用した戦略」を使ってる


ってのが分かって

あなたにとって絶対に その辺のネットや

テレビでは学べない内容ばかりなので


面白いと思いますのでぜひ土日、ゆっくり見てみてくださいね~







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

NEW!【無料】富裕層が稼いでるシステムを体験できます

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






===========編集後記============


さてさて、今週は大変面白い週になりましたね~


2020年という年も本格的に攻防が開始された、

みたいな印象です。


それでまず、金ゴールドが強い、ですね。


まさか私の読者でこの金ゴールドを数年前に買って

あの日本を代表する経済誌である

日○新聞に煽られて売ってる人はいないと思いますが



「今世界一強い資産」となってるのがこれ金ゴールドです。

ちなみに2020年2月時点では スポットで強い資産

になってるのがドルと これまた 日本を代表する経済新聞は

ずっと書き続けてますが


金とドルの関係が金ドルですが、チャート的に

金ドルでドルに対しても金がぶち抜いてます。



現状・・・1643ドルになってます。


(チャートを見よう!)このチャート広場は日本語でも
分かりやすいチャート見られるサイト。月足から見ます。
⇒  https://chartpark.com/gold.html



だから、まあ金が一番強い資産となってきてまして

これは去年書いたように

「世界は金ゴールドを中心として回っていく」

というメルマガの話に沿った流れですね。



それで、やはり去年に書いたこの

「金ドルトレードの重要性」ってのがありまして、


これは 去年PDFで無料でお渡ししてます。

これは今とりあえず金がかなり上がった後なので

また急落なりを待つ感じにはなると思いますが


引き続き、これから大事な考え方だと思います。




PDFレポート2019年8月5日の号
【一時105円台つけたドル円と
1455ドルになった金価格から

「金ドル」トレードの優位性について考える】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gold_trade.pdf




ちなみに引用ですが

2019年8月の夏の段階で以下のように書いてます。


(2019年8月5日の号
【一時105円台つけたドル円と
1455ドルになった金価格から

「金ドル」トレードの優位性について考える】から引用)
↓↓
==============

日本の場合規制が強いのも影響してるんでしょうが

個人的にはFX証券会社で金ゴールドとドルだとか

取引できないってのはありえないかなと

思います。


ただ海外証券の場合は、金ドルない証券会社って

あまりないので、


やはり金ドル取引に特化してそういう金ドル使える

証券会社を活用するのは大事になってくるでしょう。


やっぱり「金融市場の中心はドルの敵である金」なので。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんで本当はFXの証券会社でCFDで

 金ドルだけじゃなくて 金ポンドとか扱えたら

最強なんですが


私はいくつも各国の証券会社使ってますが

金ポンドはあまり見ないですね。


けどネット上だと金ポンドチャートは

英語だとあります。


これです。

チャートの右側で「10Y」ってあるから

10年の意味ですが


日本語だとあまり出てこないのですが

英語だと普通にチャート見れるので

これで見てみましょう。


【金ポンドチャートです】
https://www.xe.com/currencycha……P&view=10Y



それで気づきますでしょうか?


そう、金ドルだとまだ2011年代の1900ドルの

高値を超えていないんだけど、


もう実はポンドではですね、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
金ゴールドはこの前2011年代の高値超えてるんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それでこれからの時代、FRBが利下げ(実質QE4)姿勢なんで、

となると金の優位性はかなり長期で強いと見えますよね。


それで現状では


金のゴールド・ドルペアはまだ2011年の高値更新は

していないんだけど、


既に

金のゴールド・ポンドペアはもう

2011年の高値更新してるんです。



この辺は100%でないにしても


金ドル側で上昇の乖離調整されていく可能性シナリオの

確率が長期的に高いと私は

見ておりまして


となると長期では金ドルなんかはやはり


2020年代には

以前2011年の1900ドル台を超えてくるシナリオは

見てますよね。


ちなみに多くの金融市場関係者たちが

なんとなく知ってるけど理由まではよく分かっていない相関

ってのがありまして


それが「ドル円とポンド円のチャートはなぜやたら

相関するのか」


ってことですが



このドルとポンドの相関係数の高さってのは

ぶれ はあるけどやはり相関しますよね。


これは実は歴史的な話でして、

アメリカの債券市場を作ったのが イギリスのシティの

まあ諜報機関の人なんですね。


これは田中宇先生が歴史を分析して以前書かれていた。



だからアメリカの金融市場ってのが世界の中心だけど

そのアメリカもやはり大英帝国の属国を長年やってる

ってのが現状です。


ちなみに私がいるマレーシアもイギリスの植民地だった。

やっぱりイギリスってすごかったんですね。


たださすがでして、諜報機関ですから自分たちの

影響力を隠してるすごさはあるんだけど


最近はトランプの誕生でこれがいよいよ世界にばれてきた。


トランプが戦ってるのが軍産複合体、官僚たちだけど

その後ろはやはりイギリスの諜報機関とかになる

わけですね。


このイギリス諜報機関が作ったのが歴史的に

アメリカの米国債なりの債券市場でその借金証書として

ドルっていうジャブジャブマネーしてる通貨があるんですが


こういう歴史があるからドルとポンドは相関するんだ

っていう話なんです。


そんでEU離脱で最初にイギリスが崩れてますから

もう 金ポンドなんかでは ポンドが最初にゴールドに

惨敗してるんだけど、


次に金に負けるのが米ドルなんでしょう。


トランプが金(ゴールド)を勝たせようとしているし、

たぶんですが、トランプは金ゴールドを相当保有してるはず。



というのがトランプってのは

「金持ち父さん、貧乏父さん」っていうので

有名なロバートキヨサキがいるけど


トランプは彼とは仲良しで このロバートキヨサキなんかは

私と同じで


「おまえら金を買え」っていう人でしたから


トランプとも本当はそういう話してるはずです。


そしてトランプ支持者たちのリバータリアン思想の人が

いるけど


このリバータリアンは「政府に抵抗するための

抵抗権としての武器所持を肯定」


していて


それはアメリカ合衆国憲法の修正第2条に定められている

ものなんだけど



これに加えて、「金ゴールド信者」なんですね。


だからリバータリアンたちは金ゴールドを沢山持ってる

わけでして、


彼らの実際の含み益はトランプの利下げで

今どんどん膨らんでるので、



「トランプさん、ありがとう」となってるはずです。


が、ここまで多くの人は知らないですから
今何が起こってるのかわからない、というのが

世界の状態でしょう。



だから私なんかはこの大きな政治と経済と金融の流れを

総合していつも分析して


それでテクニカルチャートなんかも参考にして

仕掛けますが、


これからだから

金ポンドチャートと金ドルチャートの乖離修正は

起こると思っていまして、


その修正は金ポンドで金が下がるというよりは

金ドルで金があがって高値更新という


確率のほうが現状高いので(ダウ理論や政治経済ファンダメンタルの

考え方による)


となると今はまだ1900ドル台の高値に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
到達していない金ドルなんかは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買い仕掛けの優位性は高いことが想定されるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なので


今からFXやりたい人なんかは

金とドルの取引できる証券会社使って、


それで買いのみで勝負、ってのは


今後かなり投機トレードでは強い可能性が高いですね。




それで現在の(2019年)8月5日なんかだと

既にゴールドは短期~長期の日足とかで

勝負するには


仕掛けが遅すぎるので、


次待つのは 何かしらの金ドルの急落ですよね。


今はもう高値なので、今からだと入りづらいですが

上がり続けることも相場ってのはないので


いつか調整は入りますから、


そういった調整(急落)で

ライン分析なりダウ理論なりプライスアクションなりで


金ドルでちゃんとストップ入れて

買いいれて行くってのは


これからの時代は相当優位性が高い投機スタイルに

なるかな~と思います。


もちろん、金地金を長期保有投資も強いでしょう。


両方やれば良いと私は思う。


それで今実は金ゴールドを動かしてるのが

昔はNYだったんだけど


もう実際の金ゴールドの取引主体が

上海に移ってるでしょうね。


トランプ大統領が「米中戦うぞ~」と

表向きやってるから


今まで抑えていた中国も金価格あげるのを

躊躇せずにやれそうです。



なのでこれから金ドルなんかが急落したところを

狙って、


それでストップ小さく、利益は伸ばしていく

という金ドルに特化したスタイル、


なんかは相当 勝率も上がりやすいでしょうし

利益率が最終的に高くなりやすい、と私は

分析してますね。


それでその際に

今まで色々ライン分析とか、ダウ理論とか

エリオット波動とか

サイクル理論とかあなたは学んでいただいてますが


まさにその知識が金ドルで生きる可能性は

非常に高いと言えるでしょう。



日本人は苦労や忍耐を重視しますが

それは稼ぐと言う部分では非効率的であって


「儲けやすい市場でしっかり儲ける」

ってのが大事ですね。


んで今FXの分野だと儲けやすいのは

私の個人的な憲法21条言論表現の自由内の意見で

やはり金ドル通貨ペアですね。



ちなみに金ドル取引は



別にドル円とかポンド円と

リスクリワードや勝率のバランス取ったり、

あとは「待つも相場」とかの基礎的な部分や


「損きりラインに意識集中していく」とか

「損失が2%になるようポジションサイジングしましょう」

とかは全部同じなんだけど



最初になれるべきはその ポジションサイジングの部分だけ

でしょうか。


ただこれはMT4とかではちゃんとストップ入れたラインで

想定損失額が出るはずなので


そこでポジションサイジングは容易かと思います。


最近は 金ドル通貨ペアは、もう

各証券会社、スプレッドも狭いですね。



ということで個人的には、

4時間足や日足使うスイングなのであれば

金ドル取引は 相当儲けやすくなってるので


資金効率が高いと考えております。


そして雑所得で税金が高いということなのであれば

その辺もパソコンで稼げるのがトレーダー、投資家の

利点ですから


住む国も選択すると普通は考えるわけです。


日本以外の国だと資本主義の原則で

キャピタルゲイン課税はしないのが

普通ですよね。


まあだから今の時代はやはり「知ってること」と

その「知ってることを検証、テストして実行する」

ことで一気に資産拡大する時代ですね。



それでおそらく大多数の日本の個人投資家はこの

金ドル取引の優位性知らないし、

やってる人は1%とか2%の割合だと思われるので


私たちは知ってるわけですから、そういう優位性を使うのが

大事かなと思います。


==============

以上です!



それで、これは去年の2019年夏にお渡ししてる内容ですが、

まあ100%とか絶対はないから

読者さんも自分で考えてほしいですけど


とりあえず、この半年は金ドル取引が相当儲けやすくなってます。

が、今だと高いのでやはり急落後に勝負仕掛けていくってのが

大事でしょう。


今だと金ドルは週足で見るとエリオットで5波に入ってますから。


それでこんな感じで金ゴールドがとにかく注目されてる相場

なのですが


そう、そこで「まるでドルを防衛するために

現れたんじゃないかとすら思えてしまう騒動」

があって


それがそう、新型コロナ騒動なんですよね。


ちなみに、最近の金融ってのは私のメルマガ見てる読者さんは

把握してるけど


結局 アメリカ帝国覇権を放棄したいトランプ大統領と
(強いドルをぶち壊したい)


あとは、


アメリカ帝国覇権、を守って行きたいドル防衛したい

イギリス諜報がバックにいる軍産官僚の戦いなんですね。


(日本の官僚やマスコミはこっち側に入りますので

テレビ新聞の論調分析はこの見かたで行うと

「今日は日○新聞はこの論調でドルについて書いてるだろう」

って見ないでも記事内容を大体当てられるスキルが付きます)



それでその過程で私が去年書いたように

「世界の話題の中心が 中東が終わったから極東アジアの

日本や韓国や中国になっていく」

って感じでコロナ騒動があったわけですが


これも事前に去年書いてるので読者さんは見ていただいてるわけですが


あまりにも気持ち悪いくらいの偶然ですよね。




そこで こういっちゃダメなのかもしれませんが

かなり面白い記事が出てきていて


この記事消される可能性ありですが

新型コロナの遺伝子配列見るとどう見ても

人為が加わってるとしか思えない、という


台湾の学者さんの言説が出てきましたね。


新型コロナは「人工的に作られた可能性あり」=台湾の学者
https://headlines.yahoo.co.jp/……ftaiwan-cn



ここで

他のコロナウイルスにはない4つのアミノ酸残基というのが

今回のウイルスには含まれているってことを

フランスの研究チームが発見したんだけども



これは以前に インフルエンザウイルスのことなどに

ついて私が相当な詳細を書いてますが、


PDFレポート【人間の免疫は「どのように」
ウイルスを殺してくれるのか?】
を知って考える!
⇒  http://fxgod.net/pdf/immune_system.pdf



それでここで


「「インフルエンザみたいな

RNAウイルスって他のDNAウイルスとどう違うの?」


って話になるんだけど


やはり「変化速度」なんですね。これは。


だから他のDNAウイルスと違ってはるかに変化速度が

早いのが


これインフルなどのRNA遺伝子ウイルスです。」



って書いてますが、実はこの台湾の学者さんが

調べた所、

進化における突然変異でこうなる確率は非常に低く、

実験室の中で人為的に加えられた可能性が考えられる


って、記事ですよね。


それで上の記事だと工作員の人間がコメントにかなりいるのですが

(以前このコメントの扇動の仕事ってのが普通にバイトであって

それは中央線の某駅のビルの中で若者たちが

書き込みの仕事していた、のを私は知ってるんだけどね)



おそらくですが、そこで「中国が研究所で作ったということにして

そういった認識になるようにコメント扇動しろ」といった指示が出てるだろう

と分析しますが、


実際の所は中国が一番攻撃されてるわけでここまで自国に不利なことを

自分でするのは考えにくいですが


ただ実際の話、「ドル防衛」にはつながっておりますからね、

やはり副島先生なりが言う軍産官僚たちが

RNAウイルスを遺伝子技術で作ったのではないか、


というのは台湾のこの学者の話なんかも加味すると

誰にも真実は分からないのですが、疑わしいところですよね。


ちなみに肺炎の死亡者ってのは

日本で年間男女で10万人超えてるんだけど

それと比べると比較的プロパガンダ性が低い死亡者数と


なってるのが今回の マスコミとネットで盛大なローンチを始めた

コロナ騒動ですが、



おそらく、ですが、もっと本当はトランプがツイートしたがるくらい、

強力なものを作りたかったんだろうけど、


そこまでのものは現状の技術では作ることが難しくて

とりあえずそれでも今回のRNA遺伝子いじったものを大きく報道させる

という戦略はそのまま突っ走ったのではないかな?なんてのは


私が強く感じる所です。


それでここで実は金融が関わってきてこれがまた

面白いのですが


「金が強くなった」わけですね。


それで金が通常強くなる地合いってのがもう去年あたりから

出てきて、ドル防衛を続けたいトランプと戦ってる

アメリカや日本や韓国の官僚たちや金持ち連中は結構


危機感を抱いていたはずなんだけど


そこで出てきたのがこれ コロナ騒動でして

ここでなんとか ドルを買う扇動をしてるわけです。


結果としてみると コロナ騒動で一番得をしてるのは

ドル防衛勢力だ、ということになった。


それでここで 日本の官僚たちの動きも入ってくるんですが

いや~ほんとよく出来てるんですよ。

















=========編集後記2=========

そう、それで今回のドルが買われてドル円なんかが112円台に

なってドル高が一気に進んだのですが


そこでマスコミは色々書いてるのはご存知の通りだけど

私が「大変不思議」だったことがあって


「英語圏のマスコミは書いてるのに

日本語圏のマスコミはこれぼかして書いてる」


部分を発見したわけです。



そう、それが

「日本の年金基金GPIFが海外債券を買って

すなわち米国債購入をして、それで実質為替介入してるであろう」



という視点ですね。

一応一般的なマスコミは大体が「(コロナの)リスク回避的な円売り」

みたいな視点が報道されてるのはご存知の通りですので


この辺、少し本質からちょっとずれてる感じがしたので

どのマスコミも似たようなこと書いてるのでご自身で見てほしいですが



ただ最近注目のトランプの敵であるブルームーバーグと戦ってる

ロイターなんかはですね、



全然違う視点というかこれが本質でしょうが

それをちゃんと扱ってるんだけど


それが英語版だけどこれですね。


英語だから分からないという人もいるだろうけど

かなり簡単に言ってしまうと記者は本音をそこまでダイレクトに

書いてないけど


記者の言いたいことは日本語だと


「日本が年金基金のGPIF使って米国債買って

実質の為替介入してるんやろ、これは」


みたいなことですね。為替介入とかは書いてないけど

本当はそう思ってるってのを匂わせてます。



Foreign bond spree probably pushed ailing yen – analysts
https://www.reuters.com/articl……SL4N2AL1ZI



ちなみに今週あたりのドル円の動きってのは

かなり海外の投資家の間では「なんか不自然な動きだ」って

疑われていて、


どちらかというと日本国内より海外のほうがこれ報じられてる感じが

あります。


日本国内だと「ドル高になって良かった~プロパガンダ」を

してる感じですが


海外の機関投資家たちが


「こんな巨大な日本円売りして米ドル買いで

買い上げするやつ誰やねん。」



と「疑い」出してるんですね。


ちなみに、これは初心者さんの人が色々騙されないように

知っておくべきこととして


「誰もその 売買主体を特定することはできない」


のが為替ですから


一応後で政府筋とかが買い上げたら

米国債購入額とかで後々分かったりするんだけど


リアルタイムには誰が売買したかある種の秘匿性があるのが

マーケットですよね。


だから日本のメディアだと

「○○が買ったから上がった」とか断定口調で書いてるけど

本当は誰も分からないんだけど


海外のメディアだと

「この資金規模からしてそれを扱えて政治的に

○○を買う動機があるのは あそこの機関投資家だ」


みたいな見かたで記事が書かれる傾向があります。



そこである程度対象が見えてくると

「買い上げ余地は何兆円あるか」とかの計算に入っていくわけですね。



まあそれで今海外の投資家の間で

「めっちゃ疑われていてほぼ確定視」されてるのが


そう「日本の年金基金のGPIF」なんです。


あなたも年金払ってますでしょう?


その年金が GPIFっていう「決算しないでよい独立行政法人」

で運用されてるわけですが


「世界一のサイズを誇る機関投資家」がGPIFでもあります。


そんだけ日本人は年金取られまくってるとも言えますけど

まあそれは置いておいて、


とりあえず「日本人の年金のクジラGPIF」ってのは

すごい世界の投資家たちの間でも有名。



それで海外にはFX、為替のストラテジストってのがいるけど

彼らが「なんかこの変な円売りは2014年とそっくりなんだけどな」

と言っていまして


それが上記記事で書かれてるんだけど


そこで「これはさ、日本のGPIF(Japanese Government Pension Investment Fund )

がさ、円を売ってドルを買ってそして米国債買ってるでしょ!」


って多くの経験値が多いストラテジストなりが疑いだしてる

わけですね。



それで3月の決算期前に前倒しして

どうもGPIFが円安誘導してるようだ、

ってことですね。



それでこの日本人の年金基金ってのは以前に

ポートフォリオ変更があって


日本国債じゃなくて積極的に株なり外国(ほとんどはアメリカの)

債券に振り分けて

日本人の年金を運用していくってのが


これ決まって大きく問題になったんだけど


そこでどうも最近は「米国債(海外債券)比率をさらに高めてる疑い」

がかかってまして


だから

「 GPIF’s allocation to foreign bonds could increase.」


ってことで日本の年金である

GPIFの海外債券の割合がきっと上がってくるだろう

みたいな話が コソコソとされているわけです。



だから今の日本円の続落、および米ドル買いが起こってるのですが

これもっと突っ込んでみるとですね、


私なんかが思ったのは

「ああ、コロナ問題だとか日本の景気が悪化してる問題を

「口実」とした実際は ドル防衛したい日本の官僚たちの

GPIFをかました為替介入なんだろうな」



ってことですよね。


ちなみに・・・昔はこれ「為替介入」ってのがありまして、

これは最近FXとか始めた人は知らないと思うんだけど


例えばドル円がどんどんドル安 円高になると

そこで「円安誘導マン」が現れていたものなんですよ。


これが実は為替介入ってやつで


日本の官僚たちがこれドル防衛できないで円がどんどん

強くなると自分たちの権限がどんどん弱くなりますからね


強いドル、があるからこそ官僚たちは権限維持できるのだけど

そしてその強いドルってのは米軍基地とも関わりますが


ここで「なんとしても強いドルを守るぞ~えいえいおー」


っていうのが軍産複合体プラス官僚たちの動きとして

あったんですね。


そこでやられていたのが「為替介入」でした。


が、これは言ってみれば「政府が価格統制してる」ってことで

到底自由取引とはいえませんから


すなわち 市場統制の一つですから、それは

資本主義に逆らう行為なんですね。



それでこれを批判する人ってのがなかなか出てこなかったけど

そこで「日本は為替操作国ではないか」と言い出したのがそう、


トランプ大統領ですね。


ここで 

「日本や韓国の官僚たちがやたら 強い米ドルを作ろうとして

そこで自国に有利に進めようとしている!!」


と怒ったのがトランプ大統領ですが


そこで 日本は為替操作国ではこれ監視リストに入ったのは

有名な話です。韓国や中国もそうですね。



ただこれ 日本の官僚たちからしたらですね、

おそらくこの数ヶ月、どんどん「ドルの敵である金」が強くなるから

かなり不安であったんでしょう。


「ああ、私たちの権力の源泉である米ドルの強さが

どんどん失われていく可能性がある・・・

どうするか」


となる。


しかし為替介入はおおっぴらには出来ませんからね、

ということはそこで活躍するのが


「独立行政法人のGPIF」ですね!!


こいつを「かまして」最近はどうも為替介入を行うっていう

スキームなんだろう、


ってのが本当の上のロイターの記者が書きたいことだろう

ってのは感じ取らないといけない。



Foreign bond spree probably pushed ailing yen – analysts
https://www.reuters.com/articl……SL4N2AL1ZI



だから「トランプにワーキャー言われないで

為替介入を実現して強いドルを実現」するためにはどうすればいいか?


でそこでGPIFなんですね。


しかもこれ、「あまりにも偶然に」

コロナウイルス問題で各国が 予防的な金利下げを行っておりまして


それも米ドル買いにつながったけども、

コロナ問題が結果としては各国の米ドル防衛したい官僚たちの

利権を守ってくれる騒動として機能してる


という構造があるわけです。



ちなみにこれはロイターの記者たちはここまでは書かないけど

本音では感じ取ってるはず。


それでこの上の 日本のGPIFが実際は動いたであろうってのは

トランプ大統領の為替操作監視国になってる手前、


結構日本語では情報統制されていて

だから 日本語ですと「本邦投資家が海外債券を買ってるのかも」

みたいな変な表現が使われてる面白さはあります。


「本邦投資家って・・・(笑)」って思いますが

要するに ダイレクトに 日本の年金基金GPIFって書くと日本人の記者は

色々面倒なことになるんでしょう。


だからまあ金が高くなっていく中で

危なかった米ドルを救うために


米ドル買い、円売りを行ってるのは

おそらくGPIFである可能性が超高い、といえます。



それでこれ、もうブルームバーグなんかもロイターと

一応情報で競争はしてますからちゃんと報道はしてるんだけど



「外国勢の米国債保有残高、3年連続で増加-中国は2年連続減」


と、ありますね。


2020年2月19日のブルームバーグ。これは日本語です

https://www.bloomberg.co.jp/ne……3ET0G1KX01




それでここで 

「米国債を最大に保有してる国は?」

っていうとやっぱり


「日本が米国債最大保有国」です。


日本の官僚が世界一強いっていう意味分かりますか?


それで実は最近中国は同じく本当はアメリカの属国であって

米国債保有額がトップ層に入っていたけど


以前は日本以上の保有だったけど今は

中国は米国債売ってるんで減少してます。


だから米国債を日本は最近はGPIFなりを通して買い捲っていて

それで ドル高が継続するように日本の対米従属のお役人様たちが

頑張ってるってのが分かりますよね。



ちなみに最近はこれロイター以外に

ワシントンポストもちゃんと書いてたりするんだけど



ここもダイレクトに2月21日に書いてます。


「Japan’s Pension Whales May Be Making Waves in Currency Markets 」


って書いてますが

日本の年金クジラ(GPIF)が為替相場で

波を起こしてきている


ってことで書いている。


https://www.wsj.com/articles/j……1582285660


だからこれ 英語の記事と日本語の記事比較すると

超面白くて私はニヤニヤしてみてしまったけど


日本語の記事でドル円関係だと

「(経済の統計がかなりやばいから)
日本売りを外国人たちがしてるのだ」とか

まあそんな論調なんだけど


英語の記事見ると

「いやいや、日本がGPIFかまして、トランプ大統領が

為替操作国の監視対象にしてるのを

GPIFでうまーくかわそうとして


それで日本円の資産売って米ドル買って

米国債購入して自分でドル高円安作ってるでしょ」



ってなるわけですね。


だから面白いですよね。

逆に日本語の記事で海外の投資家の「せい」にしてるのが

大変面白くて、


それだけトランプ大統領の為替操作国の監視対象となってるのを

官僚たちは警戒してる様子まで見えてきてしまいます。



それで官僚たちが今実は焦ってるのが

まずやはり 「ドルの敵である金が上昇してる」ってことです。


財務省なんかは海外によく行く人はご存知

「金ゴールドを日本に持ち込むな運動」をしていまして


この数年「とにかく金ゴールドを日本国内には入れない」

を徹底してます。


これは日本の空港の税関でそういうポスターがいたるところに

張ってあるから 海外旅行する人はよく分かってると思う。


あんなポスターが張ってあるのは日本特有です。

海外だと自国の通貨強くしたいから金は黙って通しますが

日本の場合は金を持ち込みさせたくないんです。


金が多すぎると結局日本円が金に担保されてる感じになっちゃいますが

まあ強い日本円を彼ら官僚は望んでいない。


日本円で貯金なりしてる民衆は

FXでいえば日本円の円買いポジションを取ってるのと同じだから

本当は強い日本円がよいのだけど。


それで最近官僚たちは 強いドルが崩れそうで

そしてトランプが 利下げでどんどん

米日金利差を当時2%作ったのに縮小させていって焦ってたわけですね。


これ、米国債金利が今10年もので

現時点では


1.47%で 


日本国債金利がマイナスで0.06%です。



だからもう米日金利差が実は今、1.5%台になってる。


トランプは「弱い米ドル」を求める人ですが
(アメリカ帝国覇権を潰したい人。)


そこで今回、日本と韓国の官僚たちの反撃が

「丁度よいときにコロナ問題も出てきたし」ってことで


ここで各国 政策金利も下げたこともありまして

米国にマネーの流れが少し作られたわけですが


ここで 一気に 日本の「クジラ」年金のGPIFを

「為替操作国といわれないように、かまして」


それで実際は米ドル買い、円売り為替介入をした

ってのが分かっちゃいますね。


ここまで見えてくるとすごい面白いですよね~


だからもう今回のコロナってのは本当は政治問題であり

そして金融問題でもあるってのが


かなり明白に見えてきてますが


そしてやはりプロパガンダを仕掛けてるのが軍産官僚側であろう

というのがよく分かってきますが


ここで

「トランプ大統領がどう動くか」がこれからの

注目ですよね。


ちなみにGPIFなんかは

「この戦いを事前に夏には分かっていたかのように」

振舞ってまして、


ここで権力者たちがどういう情報で動いてるのが

推測できてしまいますが


GPIFの担当者たち官僚や大手ファンドの連中も

ここで 米ドル買い、円売りを大きくGPIFがやったら

為替操作で責められるのがわかってますから


そう、「去年の2019年の7~9月の運用成績から

内外債券・株式別の保有額や構成比、

四半期ごとの収益額を非公表としてる」んですよ。


だから去年の夏くらいから


「GPIFは別に株式会社じゃないし決算の義務はないから

だから 「独立行政法人」だから、


米国債を買ってるかどうかの内容とか収益額は

公表するのをやめま~す」


とやってるんです。


まるで 今回のコロナ問題が起こって米ドル買いで

米国債買うための口実が事前にGPIFの担当官僚たちには

周知されていたような対応です。


それでトランプがこの日本の官僚たちの

米ドル防衛の狂った姿勢やGPIFがポートフォリオ非公表にして

実際は  違法為替介入をしてるってのは


当然把握してるでしょうから


ここでトランプ(たち)が黙ってるかどうか?が焦点です。


おそらく利下げ圧力はこれからかけて

それでトランプは米日金利差縮小をかけていくでしょうし

(日本はマイナス金利の深堀をしたいけど色々問題が発生する)



もうだからコロナを通じて金融部分では


「米国債買いをめぐる、米ドル防衛の戦い」

が顕在化してる面白さはあります。


それでここで 週足なんかを見ると

この数週間で日本のGPIFなんかが


米ドルを勝たせるために仕掛けてきてますが

ここでトランプも今年、応酬していくでしょうから


この辺のドル円なんかは注目ですよね。


それで予測や予想などは一切できない、と私は思うんだけども

ただ 例えば じゃんけん、 で一番勝率が高い方法は?


というと何でしょう?


そう、それは

「後だし」が一番勝率が高い。


相手がグーを出したら、それを確認して時差で

パーを出せば勝率が高いわけです。


何を言ってるんだという感じですが予測や予想は意味がないのですが

ここで米ドル防衛側が一時的に勝つ動きだと


週足なんかの下降トレンドラインがレジスタンスになっていたのを

ちょっと今髭では抜けて


そこで下に戻ってきてさらにそれをサポートとして

上がっていくケースだと これは米ドル防衛側の勝ちターンになって

ドル円買い戦略はありとなりますが

(いわゆる以前学んだ リターンムーブ、もしくは

ブレイクアンドフック アンドゴー の動きが形成されたとき)



逆にここで円高に戻されて、今は週足や月足だと三角持合の形も

作られてますが

そこでまた下方向で突き抜けて戻ってきて

再度下に動く動きなら そこで下の確率があがってドル円売りの戦略があり

となりますが


結局この攻防を見ながら、

ある程度勝敗が決するまで待つってのが

大事なのかなとは思います。


予想や予測はしないである程度勝敗が決したら

後だしでエントリー判断するってのが大事ですよね。


まあだからかなり面白い戦いが展開されておりますよね。

それでGPIFのクジラがどうも米国債購入を仕掛けてますんで


そこで相場操縦、実際の為替介入を仕掛けてる可能性は超高いので

その動きは知っておくのも大事かもしれませんね。


それでいわゆる 米ドルや日本円みたいな「統制通貨」ってのは

こういう為政者の統制が 大口として「物を言う」わけですが

すなわち統制市場に近いため リスクリワード比率が下がる

傾向がありますが



一方比較的 需給バランスを元として取引されて

価格が最近付いてるのが「正貨」の金ゴールドですので


取引としては リスクリワードなんかのバランスを考えると

やはり金ドルトレードが 資金効率が上がりやすいのかなと

思います。


あとは最近だと結構私は色々な証券持ってますが

海外証券だと 金ユーロ取引できるプラットフォームが

かなり出てきて


金は今一番強いですが

一方ユーロが弱い傾向がありますが


そこで 金ユーロなんかも今は少し入るの遅いですが

ある程度急落したら 取引する価値はある ペアになりますよね。


金ユーロなんかはこの10週間で

年末あたりは金1オンスが1300ユーロ辺りだったのが

1600ユーロまで上がってますんで


かなり面白い動きしてます。

(仕掛けるなら落ちるのをしばらく数週間以上は

待つ感じになるはず)


だから今なんかは 不換通貨である

ドルとか円とかユーロとかその辺は統制市場で不安定で

各国のトップの思惑に左右されてる相場ですが


一方それらの

不換通貨 VS 正貨である金


の取引はやっぱり面白い、リスクリワードが

高い取引になりつつありますね。

投機のトレードだと。


だから 有料の数十万円の生徒が育ってる塾では

最近 ある程度なれた生徒に金ドルトレード教えてる講師も

結構いらっしゃるんだけど


そういう意味でかなり面白い情勢にはなってきてますね。


それで大きく見る視点がないと、やっぱり

よく分からないプロパガンダで右往左往しちゃうんだと思いますから



日本発の記事だけじゃなくて海外の記事も

翻訳なりしながら見てみるなんてのも

少し大事になってきてるのかもしれません。


例えば 今金が強くて、ユーロ弱いから金ユーロとかも

ありだね、みたいなのは 私がオリジナルじゃなくて

英語圏で普通に書いてたりするんですね。


以前に山之内さんの相関分析で扱いましたが

やはり「どの通貨ペアで仕掛けるか」みたいのが

すごい重要性を増してますので


より深いところを知る必要性がでてきたな~なんてのも
思います。


ということでGPIFなんかをかまして

日本の官僚たちも自分たちの利権を維持するための

ドル防衛のために頑張ってる様子が

見えてまして、


一方トランプ大統領は 利下げであったり

あとはこれから日本への挑発、なんかも行うことが

考えられますから


トランプ大統領の動向なんかも注視したいところですね。



それでは!


ゆう



追伸・・・ちなみに私がトランプ大統領だったら?

とよく考えるのですが


まず本当の構造として

日本の企業がアメリカの消費者向けに色々販売して

その上がった利益の米ドルで米国債購入をするってのが


鉄板だったんだけど ここの日本企業に

圧力かけたいってのは

動機として出てきますよね。


だから日本の輸出企業たちに対してトランプの攻撃が

出てくることは想定したいところです。


まあなんにしても 色々な部分が絡み合って

価格が形成されてるから面白いものですね。


それでそんな権力者たちの完全なる都合で決定される

政策金利の「違い」「ひずみ」を利用して稼ぐってのが

昨日からの案件だからそういう戦略も持つと面白いと思ったわけです。


色々つながっていてほんと政治とか経済とか金融とか

面白いですよね~


それでは!


ゆう











☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

NEW!【無料】富裕層が稼いでるシステムを体験できます
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/
(【「あなたが稼いだ後」の税理士さんも紹介してくれる
案件が登場です)

これで稼いだ後の税金の心配もありませんね~)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★











«  【海外投資家が疑う「日本の年金(GPIF)による 円売りドル買い米国債購入=実質の為替介入の動き」 について考える!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください