無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【インターネットビジネスで月収180万円稼ぐ女子高校生が 出て来ている!?】ことから考える!

2020 2月 17 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【インターネットビジネスで月収180万円稼ぐ女子高校生が
出て来ている!?】ことから考える!
⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!


こんばんは!


さてさて、前号にて

【大変な状況を打開するには「運命を下僕(げぼく)」
にすることである】

っていう私の実体験からの話を書きました。


よく運命とか運とか言いますけど

実際成功する人ってのはこの運とか運命とかを

支配下に置くって考え方をするのですね。


サイコロってのは12回転がしただけでは

1の出る目の出る確率を6分の1にできないけど

1200回転がせば、1の出る目の出る確率を


自分の意図した6分の1にできるわけです。

こう考えるともう世界って確率に支配されてますよね~


さてさて、それで件名にも書いたのですが

なんでも最近


【インターネットビジネスで月収180万円稼ぐ女子高校生が
出て来ている!?】


ようです。



この前なんかは「折りたたみスマホ」が韓国で登場してる

なんて扱ったんだけど


時代が・・・すさまじい勢いで変化していて

やばいです。


ちなみにこの 月収180万円稼いだ女子高校生の話が

面白くて、


なんでもお母さんがアフィリエイターだったそうなんですね。

それを子供の頃見ていたんだけど

高校生になってネットビジネスデビューして

180万円を月間で稼いでしまったという、


そんな「インターネットビジネス2世」が登場してるわけです。

すごい時代です・・・


編集後記で!












☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【以下は世界経済の動向やFXや株などの関係の
最新PDFレポート・ゆうのエッセイ論文】などです


【解説】
最近コロナの件もあって
日本人含むアジア人が結構海外で差別されだしてる
なんていいます。

その辺を考えるPDFです。

私の場合はかなり少数な特殊な意見なんだけど

「私自身かなり長いこと海外生活してるけど
海外で差別されたと思ったことがない」

わけですね。


それでやっぱり あなたもいつかは海外生活とか
もしくはもう海外に住んでるかもしれないけど

そこで 「差別された~!」と常に感じてるのと、
「ああ~毎日海外旅行で楽しいな~」と感じてるのでは

人生の幸福度に雲泥の差があると思うんだけど

私は実は後者なんですが


その後者の変人の考え方を書きたいと思います。
人権派の人は理解できないでしょうが
私の考え方はさらに人類の思想哲学の先を行ってると思います。

今回はその辺のより強い海外でも通じる考え方に
ついてPDFに書きました!

この考え方があればあなたは
どの国でも生きられる?かもしれません!

PDFレポート【世界のコロナ騒動で
「日本人含むアジア人が差別されてる問題」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/corona_sabetu.pdf


【解説】
さてさて、この前ですが
私も政治経済や金融など昔から勉強させていただいてる
副島隆彦先生が新しい書き込みをされていました。


副島先生ってのはもう会員さんに

金1グラムが1000円台のときに
「次は中国が覇権国になり、そして金は上がるから
金を買え!」と言っていた人ですね。


今や金ゴールドは6000円となってるけども。


それでこの副島先生が色々と「すごいこと」書きまくってました。


私の読者でも「副島節」のファンは多いと思うのですが
今日のPDFで相当副島先生が


コロナウイルスのことや

カルロスゴーンのことや、

あとはヘンリー王子のイギリスの王室離脱の話・・・


マスコミでは言われない多くのことが書かれていて

大変勉強になると思います。

PDFレポート【副島隆彦先生の最新言論から
「ヘンリー王子の王室離脱」の真実などを考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/soejima_henry.pdf



【解説】たぶんメルマガ読んでくれてるあなたは
理解していただいてると思うんだけど


もう明らかに最近のアジア地域で

「ロボットはできるだけ導入して
人間の手間減らす」

ってのが もう時代の流れになってるんですよね。

私なんかはマレーシアに普段住んでいて
それでこの前は台湾行って、今韓国なんですが


例えば台湾なんかだとこの前ちょっと扱ったけど、
もう台湾の桃園空港あたりですと


フードコートの 食べ終わった後のトレイの片付けとかって
自動歩行ロボットがやってるんですよ。


トレードもロボットにさせて、それで人間が監視する時代に
なってます

PDFレポート
【トレードを命令した通りに実行してくれる
「忠実な奴隷ロボット」
が欲しいですか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/dorei_trade.pdf



【解説】私は現在韓国にいるのですが

最近やたら LGのGRAMっていう17インチなのに
1キロちょっとのPCの宣伝しているのを見てまして、

私はこの宣伝に洗脳されて実際に実機見てみたいな~と
思って電器店に行ってきました。

まあやっぱり韓国の電器店って最近面白いです。
テキスト
17インチで1.3キロとかのPCが展示されてるのですが
面白いな~と。

あとはとんでもなく音質がよいのに
4000円の無線スピーカーとか

5G対応のサムソンのギャラクシー10とか
ギャラクシーウォッチとか

結構面白かったです。

ということで韓国の電器店の様子なんかを

写真に撮りまして


PDFにまとめておきました!
PDFレポート
(写真あり)【韓国の電器店を散歩して
実際に17インチで1.3キロのノートPCを見てきた】
⇒  http://fxgod.net/pdf/lg_gram17.pdf


【解説】

【解説】多くの人は「全部自分でやろうとする」傾向が
あります。
それで挫折する、のが多くの人の特徴です。


しかしそこで「もう既に利益が出ているような会社やWEBサイトや
サービスを買収してしまって

それで自分の工夫を加えて、利益を増大させて
売却する」


みたいなのも最近世界的に流行しております。

すなわち「時間を買う」ために買収というのを行うわけですが
それは今まで「何か遠い世界のこと」だったけど

ネットの登場で最近「買収の自由民主化」が進みつつあります。
ここにチャンスは間違いなくあると私は感じました。


PDFレポート
【ネットのおかげで「買収の民主化!?」が進んでいる】
⇒  http://fxgod.net/pdf/baishu.pdf


【解説】ズバリ
「配当金とか家賃収入とか上げていこう」
っていう話をします。


もっと言うと別に例えばコインパーキングでもいいし、
要するに



「自分が一切働いていなくても
極端な話 新型ウイルスに感染してウーウー言うような状態に
なっても
お金が定期的に入ってくる環境にしよう」


っていう


「THE・資本主義」の話です。


PDFレポート
【2020年代は「配当金」や「家賃収入」など
インカムゲイン を増やしていこう!
(ある意味 新時代の年金対策)】
⇒  http://fxgod.net/pdf/income.pdf



【解説】学校で言えば理科の話です。
学校では「人間が持っている免疫機構の話」をしません。

またネット上でもほとんど免疫細胞、遺伝子レベルで
どのように免疫が動いてるか?は話されない。


ちなみに私がもうこういう免疫学は10年以上
医者が治せないといった
アレルギーを自分で治すために勉強してきた分野でもあって

NK細胞とかキラーT細胞とかリガンドとか遺伝子の話とか
入って来るので

難しい?と思うかもだけど
なんとなく分かればよいと思います。

それでこのPDFは
「(一切保障される)憲法21条言論表現の自由」を元に
書き上げてますので


是非お時間あったら見てみてくださいね~


PDFレポート【人間の免疫は「どのように」
ウイルスを殺してくれるのか?】
を知って考える!
⇒  http://fxgod.net/pdf/immune_system.pdf
(2月2日に配信したところ、その後一気にこの知識を言う人が増えた。)




【解説】ディズニーランドが値上げすることが
話題になっていました。

8200円くらいの入場料になるということです。

これを聞いて子供が「ディズニー行きたい!」と言って来る
家庭のお父さんお母さんは戦慄している。

が、実はそんな中で株主たちは利益を拡大しているわけです。
10年で10倍。

そんで、「なぜ実質は不景気なのに、どこも値下げで対抗してるのに
果敢に値上げできるの?」
ですが

実はこれがバフェット投資で言う、
「消費者独占企業」の特徴です。

こういう事例からリアルに投資を学んでいきます。

PDFレポート
【ディズニーランドの入場券が大人8200円に値上げ!?】
から「消費者独占企業」について考え学ぶ!!
⇒  http://fxgod.net/pdf/dizni_dokusen.pdf


【解説】

日本で以前にユッケを、店頭で出すことがほぼ禁止されました。
日本の支配者である官僚たちの天下り先を作るために
大きく報道され規制されたという視点もある。

けど、私が今いる韓国ではユッケは食べ放題の店があって
なんとお値段1890円くらいでした。

日本で禁止されたユッケが食べられてなおかつ
食べ放題な店ですが

サーモン食べ放題の店でもあるけど
韓国にいるととにかく韓国の20~30代に大人気で
いつも並んでます。


(写真付きPDFファイル)
【韓国では「ユッケ食べ放題」の店がある!?】(若者に常に人気な店)
⇒  http://fxgod.net/pdf/yukke_korea.pdf




【解説】実は最近流したメルマガでめっちゃ反響があったのが
この号でした。

私も驚いたんだけど韓国のカフェでPC広げてると

「めっちゃ大きいディスプレイで17インチはあるのに
やたら板のように薄いPC」

を使ってる人がいる。


調べてみたらこのPDFに書いてあるPCでした。
もう2020年代は17インチある大型パソコンが
1.3キロで20時間稼動で使える時代で


しかも乱暴に扱っても耐久性が高いようです。
最近どんどん個人がPCで仕事しやすくなってる。


PDFレポート【17インチで重さたった1.3キロで20時間近く稼働する
パソコンがアジアの若者に人気!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/lg_gram_yabai.pdf



【解説】
「稼げるようになったら
個人事業主なのか株式会社設立なのか問題」


ってのは「どっちが正解というのはなくて」
もちろん、「その人による」、んですが


ただ最近、特に若いIT業界とか投資系の業界では


「元々株式会社の形態で社長やっていたけど
会社たたんで個人になる」

みたいな動きが私の周りでは特にすごい増えてます。

今日はその辺は正解はなくてその人次第ではあるんだけど

稼げるようになったら
個人事業主にするのか株式会社にするのか?について
詳しく考えていきます!

(コラムPDF)
【稼げるようになったら「個人事業主」か「株式会社設立」
どっちがいいのか!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/kojin.pdf





【解説】プーチンが

「国連安保理5カ国P5の
アメリカとイギリスとフランスと
中国とロシアで 首脳会談しようぜ!」


って言いました。

日本ではマスコミがちゃんと伝えたがらないため
その本質的な意味が分からない人も
多いのですが


これ実現したら実は「新ヤルタ会談」になるんです。

「後世の歴史の教科書に残るある種の
歴史的な会談」


になるんですね~

その辺について書きました!


PDFレポート【プーチン大統領が国連5カ国
(アメリカ、イギリス、フランス、中国、ロシア)の
首脳会談を提案したことについて考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/putin_p5.pdf




【解説】1月は色々ありましたが
その中で「米中貿易協定」なんかは注目されまして
一応、好材料として扱われました。

が、実際その後の株高なんかは実際は
実質QE4のものであって

またトランプ大統領はいつでも
「米中貿易戦争を再開できるように」してる感じがあります。


トランプ大統領が軍産側に気遣って行ったものなので
マスコミは持ち上げますが

実態は
「かなり怪しい米中貿易協定」ですが
その辺について扱ってます~



PDFレポート【「米中貿易協定の怪しさ」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/beityu_kyoutei.pdf





【解説】アメリカのトレーダーたちの間で
使われてる トレードなどで使われる有効な負けづらい
プライスアクションのシナリオについてです。


トレードの話です。


サポレジを使ったものですが
騙しのひげなどを考慮するシナリオで
勝率が高く+リスクリワードは高いものです。


出現比率は少ないものの、検証すると良いかも

PDFレポート♪
(画像付き)【アメリカのトレーダーが最近よく使ってる
プライスアクションの戦略とは!?】
(サポレジ転換後⇒ピンバー)
⇒   http://fxgod.net/pdf/us_priceaction.pdf



【解説】韓国にいると分かるのが
「スピード」を重視する人が大変多いということです。


そこで「早く早く文化」というものが形成されています。
今の時代「早い⇒お金持ち」になる傾向が強まってます。

そしてこのスピードにブルーオーシャンをあわせると
最強だったりしますが


それについて書いてます

PDF★コラム☆【競争が少ないブルーオーシャンを取るための
「スピード感」】
⇒  http://fxgod.net/pdf/speed.pdf







【解説】以下は私が現在韓国にいるんだけど
そこで分かった「日韓の埋められない?違い」についてです!

私は収入が増えようと出費はリーマン時代の貧しいときと
あんまり変えないというのを
10年間続けてるためハングリー精神は常に維持してます。

そして普段は公共交通機関が充実してる
韓国では電車バスで移動してわけですが
そこで面白いのが 韓国の公共バスは 遅いベンツを煽り倒す
のです。

日本では考えられない光景だ。
けどこの後ろには「スピード重視」の哲学があって
それがきっと この数十年の韓国の躍進の背後にあるって話です。

「スピード」について真剣に考えましょう。

PDFレポート
【韓国の公共バスはベンツを煽り、
クラクションを30回以上鳴らす時がある!?】
(スピード重視)
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_bus.pdf






【解説】以下はFX関係で利益出ない方は読んだほうが良いかも。
たぶん成績劇的に改善するかも。


これをやっていない人はお金ない人多いし、
これをやってる人はお金ある人が多いのはこれ冷酷な世の中の事実、
です。

それでなぜそれをみんなやらないか?

というとマネーが絡むから。


逆にその辺に気づくと、負けない体質に変わって行きます。


PDFレポート【FXや株で「○○の時間」を長くすると利益でる】
(負けが超減る)
⇒  http://fxgod.net/pdf/forex_bunseki.pdf






【解説】以下は損きりできない人のためのもの。
また損きりもトレードと投資では考え方が違うっていう
みんな知らない話書いてます。

ちなみに大多数のトレーダーというのは
損きりができません。

なんででしょう?


が、一方「損きりが早すぎる人」も存在します。
が、トレンドが出たときなんだかんだ後者の人は
儲けている。

それでこの「違い」は何か?を説明してます。
私が自分で気づいたオリジナルではなくて
友人の億トレーダーが喫煙所で教えてくれた内容だけど

素晴らしい本質かも。


PDFレポート
【「プライド高い人」はFXや株トレードで
「損きりできない傾向」 がある!?】
(絶対価値の金融商品と相対価値の金融商品の話)
⇒  http://fxgod.net/pdf/anti_pride.pdf





【解説】以下は私がいる韓国でロボットが発展しすぎて
ハンバーガー屋の注文取るカウンターの仕事が消滅しつつある
2020年の現状をレポートしました。

私たちが生き残るためには?の私が発見した答えを書きました。

「機械やAIで人間の仕事はなくなる~」のは一部事実だろうけど
実は・・・生き残り方なんか 頭使えばいくらでもあるわけです。

むしろ機械やAIを配下におくのが大事ですね。


写真付きPDFレポート
【韓国のバーガーキングでは「店員のおねえちゃん」が
「カウンターの機械化」で
消えてきている!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_robot.pdf











【解説】以下はイラン爆撃時にチャートで
「おかしな動き」がNYダウや金ゴールドチャートで見えました。

この背後について考えます。2019年9月以降の銀行間市場OMOを使った、
FRBパウエル議長にトランプ大統領がさせてる
実質のQE4 の仕掛けの動きが観察されます

PDFレポート
【イラン爆撃で「おかしな動きをしたNYダウと金ゴールド」
の裏のマネーの動き、について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/iran_nydow_gold.pdf




【解説】大きなファンダメンタルを見て、私たちが世界の株式市場などで
企業に資金投下して利益上げる場合

その国の素晴らしい人口動態を示す人口ピラミッドや、

また政治経済において
近代デモクラシーとそれに付随する資本主義が回ってないと
どんなに素晴らしい経営者が経営していても

利益が上がりづらいです。


それでその視点で日本の政治体制は近代デモクラシーや資本主義を
導入できてるか?
をカルロスゴーン事件を元に考えます。

この視点だと日本市場は長期的な利益率が低くなる傾向が見えてきますが
その根拠が分かります


PDFレポート【副島先生の最新言論から
「世界に注目されるカルロスゴーン」
について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/soejima_carlos.pdf




【解説】アメリカの大金持ちたちの資金動向を学びます。
なぜアメリカ人の情報を得てる大金持ちたちが
100ドル札や金ゴールドを備蓄するのか?

テレビ新聞では報じられないアメリカの大金持ちたちの
生の経済観を考えます。

PDFレポート
【最近アメリカの大金持ちたちは
100ドル札と金を備蓄しだしてる!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/us_rich_1……dollar.pdf



【解説】韓国のインチョン空港では最近色々な芸術活動をする
ライブ会場が用意されていて楽しめます。

そこでかわいいバレリーナが踊っていまして
目の保養になりました。

またバレエはロシアですがそういったロシアと韓国の関係も
あるのかも?とか。


(写真付きPDF)
【韓国に着いたら空港でバレリーナが踊っていた】
(台湾の空港では「怪しいロボット」が働いていた)
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_taiwan.pdf







【解説】たぶんこれから孫正義の話が増える。
世界でも日本の孫正義が注目というか警戒されだしている。
彼はどうも「第2のロックフェラー」になりたがっており

さらになんとアリババの大株主で
これから世界の投資家の間でも無視できない存在となっていきそう。
マレーシアでもネットの書き込みで英語で

「SON がGRAB(マレーシアのライドシェアサービス)を買収したら
値上げされてきてる」と話題な彼です。

しかしアリババという価値あるサービスを提供してる
企業の大株主は孫さんでもある。

人間の価値は毛髪の有無ではなく
その中身の脳の強さであるのかもしれません。

PDFレポート
【「ソフトバンクの孫正義氏」と
「アリババ」と「ブロックチェーン」 について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/son_alibaba.pdf




【解説】ついに、私のメルマガで数年前から
しつこく金の可能性と金を買うべき根拠を書いてきたけど
(たぶん、私ほどメルマガでこれを書き続けた人はあんまいない)


金1グラムが以前の3000円とか4000円台から
6000円になりました。


そしてその後ろの世界の経済・金融環境について
一喜一憂せず、分析を書きました。
2020年代は金ゴールドが徐々に注目されるかもしれない。



PDFレポート
【ついに「金ゴールドが1グラム6000円」を超えた!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gold_6000.pdf




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆








============編集後記============

さてさて、ここ最近ですが

私がネット見ていてすごい驚いたのですが

あなたもご存知かもしれないけど


なんと・・・


「女子高校生でネットビジネスで月収180万円」

みたいな子が出ているようです。


昔はネットで稼いでる人なんていうと

本当にいるの?レベルでしたが


もう最近はユーチューバーや投資家もそうですけど

どんどんネットで稼いでる人が出てきている。


それで最近ある種、大人たちにとって怖いのが

「年齢関係なく月収7桁」ってのが出てきてることですよね。


ハーバー・ビジネス・オンラインさんが記事にしてますね。



【ネットビジネスで月収180万円の女子高生。
「お母さんを楽にさせたい」】
⇒  https://hbol.jp/212290



ちなみにやっぱり日本は心情的に共産主義の人が多いため

ネットなんかの声を見ると


この女子高校生に対して批判的な声もかなり見えたのだけど

要するに既存の既得権益になんだかんだ依存してる大人たちから

したら気分の良いものではないのかな?


なんて思ったけど・・・


まあ私はこの記事を韓国から見ていたのですが

単純に、

「高校生で月収180万円たたき出してるのはすごいな~」

なんてのは思いました。



ちなみに日本では稼いでることを多くの人が隠してたり

するけど


それはやっぱり「私たちから抜け駆けして稼いでずるい!」

みたいな強力な同調圧力がある社会ですから

それに警戒して稼いでることをあまりおおっぴらに言わない人のほうが

多いですけど


おそらくこんな高校生が最近はどんどん増えている、

んですね。



それで私はこの記事で

「ああ、ついにこんな時代になったのか」


と驚いたのですが


なんでもこの 稼いだ子ですが

ぴよめっと さんと言うらしいですが


はっきり言うと、記事見ると分かるけど

シングルマザーの子供なんですね。


私なんかもそうでしたのでよく分かりますが、

母親1人でまあ家計が大変なのは

子供は嫌でも感じ取るわけですね。


それで「(まだ40代の)お母さんをなんとか楽させてあげたい」

と思ってこの 

ぴよめっとさんはインターネットビジネスを開始したんだそうです。



ちなみに 高校3年生のピヨメットさんが

「インターネットで自分で稼ぐ!」

に興味を持ち始めたのが


高校2年生の頃からだったといいます。

引用ですが


「ちょうど進路について考え始めた頃でした。

高校で斡旋された求人を見ると一ヶ月まるまる働いて

お給料が12〜13万円程度の案件ばかり。


これには衝撃を受けました。

今やっているアルバイトのほうがマシだ、と……。


やはり高卒で女性だとこうなってしまうんだな、と

痛感しました。


何とかして自分で稼がなければいけないと思ったし、

今はもう一つの企業で働き続ける時代ではない。


そこで思い立ったのがネットビジネスでした」



ということですよね。


ちなみに私も似たような考え方で

会社と労働闘争を弁護団つけてやって

その後自立した人間ですが、


私が自立したころはまだ「相当なきわもの」

であったわけですが


もう多分今は 私のような考え方って

若い10代~20代くらいだと普通なんでしょう。


やはりこれからの時代は法人主導の社会ではなくて

個人主導の社会になっていく。


だからもう考え方が おそらく全く既存のサラリーマンや公務員の

大人たちとは違うので


そして日本は官僚利権を守るために新しいものを潰していく

というのがこの数十年の傾向であるから


こういう子も賛否両論となってるわけです。


ただ、もうわかってきていますが、

これからこのような新しいIT革命をベースとした

価値観についていかないと


やはり淘汰されていくことになるのだろう、

とは思いますよね。



それで実のところ2010年代も

高校生でネットで稼いでる、なんて人は時々いたのですが


私がこのピヨメットさんを扱った記事で

大変注目したのが


この ピヨメットさんって高校生ですけど

「インターネットで稼ぐ 2世」なんですね。


というのはこのピヨメットさんの両親が小学校4年生の時に

離婚したらしいんだけど


ともに暮らす母親が実は

アフィリエイトをしていたらしいのです。


だからよく家でお母さんがアフィリエイトブログの更新をする

のを見ていたと。


それでこのピヨメットさんのお母さんはアフィリエイトはするけども

収益は出ていなかったらしい。


趣味程度にやってるのを横目にして

ピヨメットさんは断片的な情報は持っていたんだそうです。



それで最初は「インターネットで稼ぐなんてなんか怪しいな」

とか思っていたらしいんだけど


「どうせやるなら頑張ろう」ってことで

そこで「ガチ」になって取り組んだということですね。



ちなみに その際に参考にしたのがセブ島のマナブさんだったそうで、

そこで


「もう片っ端からブログや動画を見て

吸収しまくった」


そうです。


それで最近流行しているnoteのほうで

これ彼女は稼いだらしいですが、

やはり 稼いでる人と会うこと


でリミッターが外れてるんですね。


ここでこれまた上のハーバードビジネスオンラインの

ほうでリンクありましたが


最近は月収6桁中学生ブロガーのキメラゴンという

子がいるらしくて


この高校生のピヨメットさんは キメラゴンに

会いに行ったらしい。


私たち大人(おっさん、おばはん)は

「「ピヨメット」とか「キメラゴン」とか

その名前は何・・・」


なんて思ってしまうものだけど


どうもこのネットネーミングセンスが最近の10代なんでしょう。


それでここで「(月収6桁の)キメラゴンと会うことで

何かの壁が壊れた」


ってことで ピヨメットさんはおっしゃってるんですが

その後・・・


今までは月数万円とかの感じだったけど

「一気に」そこから月180万円まで行ったそうです。


ちなみに私も昔やっぱり全く同じ経験をしていて

稼いでる人たちに会って、


そこで「一気に」なんか脳内で変わった感じがあって

それですごい金額行った経験してるんですが

やっぱり稼ぐ過程って大体の人って似てるな~なんて

思いました。


「稼いでる人間にあって同じ時間過ごすと」

何か変わる。


これは 発展途上学問の科学ではまだ説明できないところなんだけど

おそらく脳内の回路が何か変わるのでしょう。


稼いでる人って何か脳の回路がすっ飛んでるんですが

その後自分の回路もすっ飛んでしまうのですね。


私の場合もそれで7桁いって、時々もう一つ上の桁も

行くようになったりもしたけど


よく言う

「友達7人の年収の平均が自分の年収」説は

これ本当だと思います。



いずれにしても高校生の女の子で

まあ月収180万円とかいっちゃう時代ってのが

ほんと2020年代を象徴してますよね。



それで・・・


私は上の記事かなり面白い体験談だなって思って

見ていたのだけど


高校の先生は当初ネットビジネスで稼ぎ続けるってのに

なんと・・・「反対」したらしい。


これは私はマレーシアとかに住んでるから

「あ~日本的な話だな~」とか思っていたけど


マレーシアでもし自分の子供が月200万円くらい

稼ぎ出したら


「この子は天才よ!ギフテッドよ!

もっともっと個性を発揮させて稼がせるわよ!」


となるのが通常ではないかな?と思いますが


このピヨメットさんの高校の先生は

当初は反対だったそうです。


ちなみにピヨメットさんいわく引用ですが


「ネットで稼ぐのは怪しいというイメージがあるのは確かだし、

先生たちの世代は特にそうだと思います。


でも、先生もネットビジネス経験があるわけではないし、

私の人生に責任を取ってくれるわけでもないので、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
何か言われてもあまり気になりませんでした」



ということです。


それで私がこの言葉見て大事だと思ったのが



「私の人生に責任を取ってくれるわけでもないので、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



という言葉ですよね。


要するに例えばあなたが

「ネットで稼いでやるぞ~~」とでもやれば


日本の場合はもう気持ち悪いくらいに

「そんなのやめときなよ~」みたいな人が

出てくるものです。


私の場合はあまりそういう人はいませんでしたが

読者さんだとか周りの友人から話聞くと


最初は家族に反対されるとか周囲の友達が

足引っ張ってくるとか


そんな感じらしい。


これは共産主義の日本の場合

「みんなと一緒じゃなければいけない圧」ってのが

常に発生してますから


そこから抜け出す人は 村民たちで叩き潰す

というのが 日本村の風習なんだけど


その古い風習が今でも残っている。

が、本人たちは思いっきり左の共産主義者だけど

自覚がないのが興味深い。



それで日本では成功者を引き釣り降ろす文化

というのが形成されておりまして、


その結果、官僚たちに逆らう金持ちが事前に潰されて

官僚独裁社会が成り立っているわけですが



ただこの

ピヨメットさんは 周りの大人とか学校の先生(私立でなければ公務員)

に何言われようと

自分の信念を曲げなかった強さ、


はあると思います。



それは「苦労しながら育ててくれた母をちょっとでも楽させたい」

みたいなところであったり


「雇われたくない、女も自力で稼ぎたい」


みたいな話なんだけど


これぞ・・・究極のリバータリアン思想ですよね。


本人は意識していなくてもこれこそが実は

リバータリアン思想なわけです。


それでそれが「自然と」もう日本の10代の

感性が鋭い人たちに芽生え始めてるすごさ


がありますよね。


ちなみに この30年くらいは

男女共同参画社会で

「女も働くのよ~運動」がすごかった。


私の母もその運動の中で 女性労働者となったわけですが

やっぱり生活は大変なわけですね。


私はその子供であるからよく分かる。


ここでフェミニズム運動ってのが

ある種「女性労働者運動」となったわけですが


もっと強い運動が

「女性は働くけど雇われないで自分で稼ぐのよ」

みたいな強烈な思想が存在していて


私はこの思想が新しい女性運動の潮流になるのかもしれないな

なんて思ってみておりました。


もうそういう「芽」がですね、

日本社会には出始めている、のがこの記事から

分かる。


ちょっとディープなことを書いてしまうけど

フェミニズムってのは共産主義の亜種でして

共産主義の階級史観闘争ってのを男女間に

応用したのが実はフェミニズム運動の本質なんだけど


だからそこで共産主義のプロパガンダって性質は

やっぱりこれは私が知ってることを

本音で書くとあるわけですね。


が、ここで「雇われず(労働者否定)そして

女も自力で自由市場で稼いで行くぞ~」


ってのは思いっきり自由市場で勝負していく資本主義思想

であって


だから資本主義思想に根ざした女性運動ってのが

出てくる気配が出てきてるってのが本当は私が

すごい注目した点ですね。


これから「自分でネットビジネスや投資をやって

稼いで行きながら子供を養う強い女性」


ってのが徐々にこれから出てくるんですね。


この新しい兆候ってのはまだ、実は全然政治学では

研究されていない。


ちなみにマルクスの考え方では家庭、家族ってのを

こう壊していくのをまず第一段階として考えるけど


上記の「自分でネットで稼ぐのよ~」となってくると

家にお母さんはいますからね、家族とか家庭は守られるから

やはりこれは共産主義をベースにフェミニズム運動をしている


東大出身の女性エリートたちには手ごわい敵と

なっていくんでしょう。


だからこの ピヨメットさんってのが一部の人らに

批判を受けてるのも実は政治的な動きだ、と私は考えて見ていた。


が、私は10代の女の子が自分で稼いで

貧しくて大変なお母さんを楽させてやりたいってのは

重要な 感性、考え方だから


それをなるべく応援するようなそういう大人でありたいな

なんて思います。


とりあえず10代の女の子が頑張って自分でビジネスやって

成功してるのを攻撃する大人ってのは

どう見てもまともな感性ではない、ってのは私が感じるところです。



それであと、私が何よりも注目したのが

「お母さんがブログアフィリエイトをやっていて

ネットビジネスをやっていた」


ってことなんですね。


これをこのピヨメットさんは子供の頃から

お母さんが稼げないながらも ブログ更新してるのを

「見ていて」


それでお母さんは収益は発生しなかったらしいけど

それでも子供はそこから多くを学び、


そして10代なのに

月180万円稼ぎ出してるわけです。


だから「インターネットビジネス2世」

が出てきて稼ぎ出してるってのが


私が実は驚いた点でもあります。



それでこの ピヨメットさんの現状のはじまりに過ぎないけど

とりあえずの成功ってのは


やはり「お母さんが頑張って稼げないながらも

背中見せていたおかげ」


だとは思うんですね。


ひょっとしたらお母さんは 教材や塾に入ったりして

当時なんかはアフィリ塾とかすごい多かったけど


そこで稼げなかった人、かもしれない。


けどそれでもお母さんはブログ更新とかは続けていて

ちゃんとそれを娘が見ていたと。


そして娘が年頃になって

「私がブログで稼いでやるわ」となって


それで娘が お金で大変なお母さんのために

ブログで稼ぎ出したわけです。


そういう意味で、お母さんのインタビューは上記のURL

にはなかったけど


私はこの40代のお母さんの継続力が立派だなとは

思いました。


稼げなかったのは問題だけど

ちゃんと娘がそれを見ていてリベンジしたわけですから。



それで・・・これからこういう

「インターネットで稼ぐ2世」

が2020年代とか2030年代は増えてくるんだろうな


ってことです。


ちなみに有名な人だと「ゆたぼん」もそうです。


彼も子供なのに、小学生なのに

最近は朝倉未来さんとのコラボなんかもやっていた。


小学生ユーチューバーとして月収300万円はやってる

なんて噂もあるけど


彼のお父さんもこれまたインターネットビジネスの人だ

って話は聞く。


だから「インターネットビジネス2世の世代」

が徐々にこうやって2020年になって表に

出始めるようになってきてますよね。


「親にネットで稼ぐっていうところを教えてもらって

稼ぐ子供」


なんかがこれからもっともっときっと増えてくる。


それで、実は最近、私がメルマガやっていて

変化を感じることがあって


私のメルマガってこう 内容はかなりディープなことを

書いてる号もあるんですが


それでも家族で見てくれてる、なんて連絡くれる方も

ちょくちょくいるわけです。


いや、なんか恥ずかしいな、と思いつつ感謝なんですが

ただもうこれからの時代って私は思うんだけど


「家族全員で お金稼ぎや資本主義の勉強をして

それで家族で力を合わせて稼ぐ時代」


なのではないかな?と思うのですね。


っていうのが私の場合、韓国にいるのですが

韓国では「一家で自営業」みたいな家がかなり多いのですよ。


きっと日本も昔は今のように

大企業と官僚たちが支配する体制になる前は

そうだったはずなんですね。


韓国ではまだこの「一家で自営業」みたいな家が

結構残っていて、


だから実際の生活でもそういうお店で私は消費してるし

例えば私がよく行く韓国定食屋さん(キムバプ屋)は


深夜は母ちゃん、昼は娘、が店頭に立って24時間

店を回してたりします。


また韓国のテレビなんか見ていてもバラエティーとかだと

自営業の一家なんかがよく出てきますよね。


微妙にその辺日韓の違いを感じます。


例えば韓国ではカフェ文化がすごいけど

カフェ店を家族で経営してたりして


1階はカフェで2階3階は家族の居住スペース

みたいな住居・物件も結構あるんですね。


それでこれからの時代はもう会社っていう制度がですね

あれはぶっちゃけ言うと 株式会社システムが

東インド会社の奴隷制度ってのを


少しオマージュというかうまーく綺麗に隠した制度が

株式会社システムっていう見方も出来てしまうんだけど


もう最近はみんなそれに気づきだしてますから


結局

「自分でネットもかまして稼いでいく」流れになるのは

間違いはないですよね。



それでこのネットで稼ぐってのは勉強すれば

家族でできますから


そういう一家が徐々に増えてくるんだろうと思います。


だから今回のこのピヨメットさんみたいな

「お母さんがネットビジネスやっていて

自分もネットビジネスやって稼ぐ」


みたいな家庭はきっと増えてくるんでしょう。


実際に、私の友人たちでもやはり

子供たちにFXや株やネットビジネスの知識を

教えてたりするけど


小学生あたりになったら自分の子供が

投資やビジネスに興味あれば


月収100万円は稼がせたい

みたいな人もいたし、


実際に中学生の娘さんだかが

ネットビジネスのPPC広告なんかで

稼いでる友人がいます。

(もちろん名義はお父さんでしょうが)


だからすごい時代ですよね。


「家族でインターネット技術を使って稼ぐ時代」


ですよ。



それでこんなタイプの人たちが

この2年くらいで一気に増えてきてます。



それで私はこの

「家族でネットビジネスやFXなり株なりで稼げばよい」

みたいな話ってのは


昔から書いてまして、


ますますこの考え方が重要な時代になってきてるのではないかな?

と感じるわけです。



ちなみに蛇足ですが

私が派遣時代にあった友人がいて


こいつがすごい奴でW君って言うんだけど

営業マン時代に

契約を取り捲っていた奴だった。


20歳そこそこだったんだけど東大をホリエモンみたいに

途中で辞めた男だったんだけど


勉強のために営業を学んでいたけど

20歳なのにすさまじい営業成績の男でした。


それで彼なんかと時々 話してたりしたんだけど

なんでも東大を途中でやめた彼のお父さんも東大らしいけど


そのお父さんの「帝王教育」みたいのがあるらしくて

彼なんかは小学生のころから「株取引」をしていたんだと

聞いた。


だからもう大人になるころ、20歳くらいでは

彼より年上の大人たちを断然引き離すような強烈な営業力が

あったんだけど、


やっぱりお金稼ぎの教育は早ければ早いほどよいのでしょう。


投資家のバフェットも小さい頃に商売を学んだから

今大富豪なんです。



それでもう今の時代は お父さんとお母さんがネットで稼いで

なおかつ息子娘もそれを真似してネットで稼ぐ


なんてのが可能な時代ではありますからね、


そういう意味ではこの可能性に気づいてる人にとっては

素晴らしい時代になってますよね。


特に近親であるから かなり深い情報交換も

お互いできるし、何よりもネットで稼ぐってのは

デメリットが


「1人で寂しい傾向はあって

そこで孤独耐性が必要」といわれていたものだけど


家族でやってればそんなこともない。


そういう意味で家族でネットで稼ぐっていう方向に

舵を切るのは、素晴らしいことではないかな、


と思った次第です。


2020年代にはそういう家族が徐々に増えてくるでしょう。


ということで 

技術的に5Gは出てくるわ、

さらに17インチのPCは1キロくらいで持ち運びできるように

なっているわ、


スマホは折りたためるわ、

高校生でも月収180万円稼ぐ女の子現れるわ、で


本当に時代が明らかに変化しておりますよね。


今までの時代は 従来の大きな流れに無思考で従っていれば

なんとかなった時代ですが


今は潮流、トレンドが変わる大きな境目の時代

となってますから


新しい潮流にも敏感になっておきたいものですね。



そして、仮にお父さんお母さんがその時稼げなくても

もちろん稼げていたほうがいいのですが


そうじゃなくても

その頑張って検証なりブログ更新してる姿を

子供に見せることは無駄にはならないケースが

あるってことですね。



それが一番の教育にこのピヨメットさんの場合は

なっていたってことです。


それでは!



ゆう




追伸・・・ちなみに今回のように

ネットビジネスとか自分で

投資やらビジネスで稼ぐなんてのはかなり世間ではまだ

変わり者扱いでしょうが



ただ2020年代は家族で稼いで行くことを学んでいく

みたいなファミリー教材があってもよいのではないかな?

と思いました。


例えば最近だとなんだかんだBUYMAなりの

転売は稼いでる人の比率高いんですが


あれも1人じゃなくて家族でやったほうが情報効率性上がったりは

しますからね。


そういう意味でこれからはファミリーでそれぞれ

稼いで行くみたいな流れも小さく出てきそうですから

それも面白い傾向だなと思った次第です。


では!




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【以下は世界経済の動向やFXや株などの関係の
最新PDFレポート・ゆうのエッセイ論文】などです




PDFレポート【世界のコロナ騒動で
「日本人含むアジア人が差別されてる問題」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/corona_sabetu.pdf




PDFレポート【副島隆彦先生の最新言論から
「ヘンリー王子の王室離脱」の真実などを考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/soejima_henry.pdf


PDFレポート
【トレードを命令した通りに実行してくれる
「忠実な奴隷ロボット」
が欲しいですか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/dorei_trade.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







«  【インターネットビジネスで月収180万円稼ぐ女子高校生が 出て来ている!?】ことから考える!  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください